HOME -> 秋田の方言 

そうだよ、最もだよ という意味です。

 

「そいでいぐねが?」「あいさあいさ!」
(それで良いと思いませんか?)(そうだよそうだよ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あい~」があります。
これは「あらまあ(大変)」などと、感嘆する際、主に女性が使う言葉です。

 

「あい~しかだねな」
(あらまあ(大変)・・・仕方ないね)

 

という風に使われます。

あいさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あれでは という意味です。

 

「あいだばやざね」
(あれじゃ駄目だ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「あえだ」があります。
これは「あいつら、奴ら」という意味です。

 

「こんたごとすんなはあえだへ」
(こういうことをするのは、あいつらだよ)

 

という風に使われます。

あいだば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歩く という意味です。

 

「いっしょにんでけねが」
(一緒に歩いてくれませんか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あぐでつく」があります。
これは「悪口ばかり言う」という意味です。

 

「あぐでばかしついであれすくね」
(悪口ばっかり言って憎らしいねえ)

 

という風に使われます。

 

また、「あぐど」では「踵」ということです。

 

”あぐ”は、他にも「灰」という意味もあります。

あぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

難しいことを言う という意味です。

 

「あんますあぐだえるごどばっかししてるとこじけでしまうよ」
(あんまり難しいことばかり言っていると拗ねてしまうよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「あでめられね」があります。
これは「あてに出来ない、頼れない、信用できない」などという意味になります。

あぐだえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

朝 という意味です。

 

「あさまのままくたが」
(朝ごはんは食べましたか)
「あさまのうぢにそさいってけれねべが」
(朝のうちにそこに行ってもらえないでしょうか)
「こいんだば、ねふてぐならねうぢにあさまにやるべし」
(これだったら、眠くならない朝のうちにやりましょうよ)

 

という風に使われます。

あさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ああだこうだ という意味です。

 

「あだこだいってねでちゃっちゃどやれ」
(あーだこーだと言ってないでさっさとやりなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あだ、あだぁ」があります。
これは「あなた」という意味です。

 

「あだぁいまなしてる」
(あなた今何してるの?)

 

という風に使われます。

あだこだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そこら辺一帯、その辺、周辺 などという意味です。

 

「しっかりまなぐっこあげであだりほどりみでからきゃえな」
(しっかり目を開けて、周辺を見回してから帰りなさいよ)
「あだりほどりはさっとこばしえあんべにしでおげな」
(そこらへん一帯は少し適当に処理しておいてちょうだい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あち」があります。
これは「他所、知らないところ」というニュアンスの言葉ですね。

あだりほどり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あてにする、頼りにする という意味です。

 

「あまりあでめでばっかしいればごしゃがれるぞ」
(あんまりあてにしてばかりいると怒られるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あだりめ」があります。
これは「当たり前、普通」という意味です。

 

「そえなばあだりめだじゃ」
(それは当たり前のことです)

 

という風に使われます。

あでめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① あそこ という意味です。

 

「あっこさいぐが」
(あそこに行きましょうか)

 

という風に使われます。

 

② 水 という意味です。

 

「ひゃっけぐで、あっこだばまずごめしてけれ」
(冷たくて、水だなんて勘弁してよ)
「すこたまうめーあっこのむが」
(めちゃくちゃ美味しいお水飲む?)

 

という風に使われます。

あっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お母さん、奥さん、妻 という意味です。

 

主に旦那(夫)さんが奥(妻)さんを呼ぶ時に使われます。

 

「おらいのあばだばいっつもこえーこえーばっかすしゃべってるものな」
(うちの奥さんはいつも疲れた疲れたばかり言っていますものね)

 

という風に使われます。

 

また、「あね」では「若い女性、若妻」などという意味です。
姉でも姐でも無いのですね。

あば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さようなら という意味です。

 

「あばえ / へば、あしたな」
(さようなら / じゃあ、また明日ね)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「あばや」があります。
これは「おやまあ!」というような、驚いた時や困った時に発する感嘆の声です。

 

「あばや!がおたぁ」
(あらま!困った~)
「あばや、なしたなや」
(あらら、どうしたの)

 

という風に使われます。

あばえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんまり、あまり という意味です。

 

「そいだば、あましいぐねな」
(それじゃあ、あんまり良くないなあ)
「いまじゃあやこもびんどりこもあんますやんねな」
(今ではお手玉もおはじきもあんまりやらないね)

 

という風に使われます。

あまし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

吐く、もどす、嘔吐する という意味です。

 

「ばすさよってあましてしまた」
(バスに酔って吐いてしまいました)
「あんべわりいぐであましそだ」
(調子が良くなくて吐いてしまいそうです)
「あどはらつえしてかえね、あますぞは」
(もうお腹いっぱいで食べられない、吐いちゃうよ)

 

という風に使われます。

あます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暴れる、機嫌が悪くて八つ当たりする、大声で怒る などという意味です。

 

「まんずあらげるもだごど」
(なんと暴れる人でしょうか)
「あのひとだば、さげのめばあらげるもだもな」
(あの人ってば、お酒を飲むと暴れるんですもの)
「となりのあねだらまだあらげった」
(隣の奥さんてばまたご機嫌が悪いよ)

 

という風に使われます。

あらげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体裁が悪い、みっともない という意味です。

 

「そいだばおがあやわりなや」
(それだととっても体裁が悪いな~)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「あやっこ」があります。
これは「格好」という意味です。

 

「あいっすかあ、あまりあやっこつけんな」
(あらまあ、あんまり格好つけないで)

「さっとこばしあやっこつければあんべいいよ」
(ちょっと格好つけたらちょうど具合がいいよ)

 

という風に使われます。

あやわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はかない、あっけない という意味です。

 

「あやーしんだってが、あわけねなぁ・・・」
(あらぁ、亡くなったんですか、はかないですねぇ・・・)

 

という風に使われます。

 

”はかない”よりも、あまりにも呆気無い死を惜しむ気持の方が強いように感じられる言葉です。

あわけね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 行こう、行きましょう という意味です。

 

あべ とも言います。

 

「やまさあんべ」
(山に行こうよ)
「あっちゃどこっちゃさあべ」
(あっちとこっちの方に行きましょうよ)

 

という風に使われます。

 

② 具合、塩梅、調子 という意味です。

 

「そいだばあましあんべいぐねな」
(それですとあまり具合が良くないなあ)

「あんべみでけれねべが」
(具合を見てくれないでしょうか)

 

という風に使われます。

あんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっと変だ、おかしい という意味です。

 

「おらさいきんちょごっどここがいがれできだみだいだ」
(私、最近ちょっと、頭が変になってきたみたいなの)

 

という風に使われます。

 

「良くない、悪い」という意味の言葉ですと「いぐね、よごね」になります。

 

「てんすういぐねがったは」
(点数が良く無かったよ)

 

という風に使われます。

いがいでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいでしょう という意味です。

 

「そいでいがべ」
(それでいいでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いがいん」があります。
これは「行きなさい」という意味です。

 

「けぶてっていわねでまずうるだがねであっちゃがいん」
(邪魔だって言わないで、まずは慌てないであちらへ行きなさい)

 

という風に使われます。

いがべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

惜しい、痛ましい、勿体無い という意味です。

 

「おがしんだどや、いだましねがあ」
(奥さんが亡くなったそうです、痛ましいですね)
「いだまししてかいね」
(勿体無くて食べられない)
「こいんだばいだましねくてあだほうさだばやられね」
(これだと勿体無くてあなたの方にはやれないなあ)

 

という風に使われます。

いだまし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっとの間 という意味です。

 

「いっとこまになもかもおじゃんになったしおらぁすこたまへづね」
(ちょっとの間に全てが駄目になったし、私はすごく悲しいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっき」があります。
これは「いい気」という意味です。

 

「おや、いっきんあっでなまいぎだごど」
(おや、いい気になって生意気ですこと)

 

という風に使われます。

いっとこま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① いつも、しょっちゅう という意味です。

 

「あえー、いっかどやがなってなんす」
(あらー、いつもお世話になっております)

 

という風に使われます。

 

② 何かと言うと という意味です。

 

「いっかどくぢっこばりかえしてきで」
(何かと言うと、理屈ばかり並べてきて)

 

という風に使われます。

いっかど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えっつん とも言います。

 

とっくに、とうに という意味です。

 

「ばすだばいっつにいったや」
(バスならとっくに行きましたよ)
「もういっつにそっちゃいったは」
(もうとっくにそちらへ行きましたよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いましがだ」があります。
これは「たった今、ついさっき」という意味です。

 

「いましがだおめさでんわあったなや」
(たった今、あなたに電話がありましたよ)

 

という風に使われます。

いっつに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっぺけえ、えっぺけ とも言います。

 

たくさん食べなさい という意味です。

 

「このぼだっこすこたまうめがらいっぺけえな」
(この塩鮭はとても美味しいのでたくさん食べなさいね)
「えっぺけるがら、えっぺけ」
(いっぱいあげるから、たくさん食べなさい)

 

という風に使われます。

いっぺけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

燻った大根の沢庵 という意味です。

 

「いぶりがっこ、け」
(いぶりがっこ、食べて)

 

という風に使われます。

 

”いぶりがっこ”は訳しようの無い言葉です。
”がっこ”は「漬物」全般のことを言います。

 

ですから「いぶり(燻った)がっこ(漬物)」ということですね

 

その昔、雪のため、漬物を外に干せずに天井から吊るしておき、
煮炊の煙で燻製になった大根を沢庵漬にしたものでした。

 

今ではこれがお土産となり、わざわざ40日間も燻し続けて作るのだとか。
秋田の代表的なお土産のひとつですね。

いぶりがっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

断る、詫びる という意味です。

 

「へば、いっしょにんでいわげでけるか」
(それじゃあ、一緒に言って断ってあげましょうか)
「そりゃおがだ!いわげねばなんね」
(それはひどいね!詫びなければいけません)

 

という風に使われます。

いわげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うだで、うだでえ とも言います。

 

気持ちが悪い、悲惨、嫌だ、気が進まない という意味です。

 

「あのやまさへびっこいっぺでてたなや、うだてごと」
(あの山に蛇がたくさん出ていたね、気持ち悪いったら)
「あのはなしっこだば、ぎゃんげにうだでぇなっ」
(あの話の事ならば、とっても悲惨でイヤだなぁ~)
「うーしごどうだでー」
(あ~仕事やりたくなーい)

 

という風に使われます。

うだて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① のぼせる という意味です。

 

「きょうはあんまりにもぬぎぐでうだるおうなあんばいだな」
(今日はあまりにも暑くて、のぼせるような感じがしますね)

 

という風に使われます。

 

② 捨てる という意味です。

 

「はえぐうだてけ」
(早く捨ててこい)
「ごみどごうだれ」
(ゴミを捨てなさい)

 

という風に使われます。

うだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふやける という意味です。

 

「あましはってればうるげでしゃうど」
(あんまり(長く)入っていると(指などが)ふやけてしまうよ)

 

という風に使われます。

 

これを「うるがす」と言うと、
水に「浸す」ことであって、ふやけるまではいきません。

 

「ままうるがしてけろ」
(お米をといで水に浸しておいて)

 

という風に使われます。

うるげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うるたぐ とも言います。

 

慌てる という意味です。

 

「そんたにうるだいでなしたげ」
(そんなに慌ててどうしたの?)
「おがそったにうるたぐな」
(あまりそんなに慌てないでよ)
「そったにうるたいでだってだめだ。ひまずれもよぐはねけども」
(そんなに慌ててても駄目だよ。暇でもまずいけれども)

 

という風に使われます。

うるだぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嫌だ という意味です。

 

「うんかうんかど、いっかどしゃべてねで、さきたのはなしっここさきでもっかいだけしゃべてみれ」
(嫌だ嫌だと言ってばかりいないで、先ほどの話をここに来てもう一度だけ話してみなさいよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「うんて」があります。
これは「たくさん」という意味です。

 

「つらましね、どじぇねべがらうんてなげ」
(可哀相に・・・寂しいでしょうからたくさん泣きなさい)

 

という風に使われます。

うんか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 家 という意味です。

 

「えさいぐ」
(家に行く)
「おらいのえっこさあべ」
(私の家に行きましょう)
「えっこさはやぐけな」
(家に早くおいでね)
「わのえがいぢばんだ」
(自分の家が一番だなあ)

 

という風に使われます。

 

② 良い という意味です。

 

「あのおなんこえな」
(あの娘さんは良いですねえ)

 

という風に使われます。

え 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よく という意味です。

 

「えぐあきたさおざってけだなやあ」
(よく秋田に来て下さいましたね)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「えっかだ」があります。
これは「いつも」という意味です。

 

「えっかだやっけなっさげ」
(いつもお世話になっているから)

 

という風に使われます。

えぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えさどし とも言います。

 

留守番 という意味です。

 

「えさどすあんていがいねの」
(留守番するので行けないのです)
「おめ、きょうだえもえねがらえさどししてくえじゃ」
(あんた、今日は誰もいないからお留守番してちょうだいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「えさけ」があります。
これは「家においで」という意味です。

 

「たまにえさけ」
(たまには家においでよ)

 

という風に使われます。

えさど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

格好付け、見栄っ張り という意味です。

 

「あきたしゅだばえふりこぎだ」
(秋田県人は格好付けです)
「あのひとだばえふりこぎだっけなー」
(あの人は見栄っ張りだからなあ)

 

という風に使われます。

 

「えふりこぎ」は体裁の良い恰好をしたがる人のことを指します。
つまり”ええかっこしい”ということです。

えふりこぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えぷくえる とも言います。

 

すねる、ふてくされる、ごねる、文句を言う などという不機嫌な様子を表します。

 

「すんぐえへであんだもの」
(すぐにふてくされてああだもの)
「さきだあえさあたばえぷくえでこのましけ」
(さっきあの人に逢ったら、ごねて大変でしたよ)

 

という風に使われます。

えへる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

当てつけ・・・というニュアンスでしょうか?

 

標準語にするのが難しい言葉です。

 

例えば

 

「えへんだしてあめふてく」
(当てつけがましく雨が降ってくる)
「あえなばえへでやてるあだぜ」
(あれは当てつけでやっているんですよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「えらしぐね」があります。
これは「忌忌しく腹が立つ」というような意味です。
かなり性格の悪い人に対して使われる言葉です。

えへで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

俺、私 という意味です。

 

「おいだばさきたままくた」
(私はさっきご飯を食べました)

 

という風に使われます。

 

これが「おえがだ、おえだ」ですと「我々、私達」という意味です。

 

「おえがたさもおしぇでけれ」
(私達にも教えてくださいな)

「おえだもえてもええ」
(私達も行ってもいいですか?)

 

という風に使われます。

おい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんまり、行き過ぎ という意味です。

 

「そいだばおがだべしゃ」
(それじゃああんまりじゃないですか)
「おがのみすぎるなよ」
(あんまり飲みすぎるんじゃないよ)
「そえなばおがでね」
(それはちょっとやりすぎじゃない?)

 

という風に使われます。

おが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

育つ、成長する、伸びる という意味です。

 

「いやー、くさだばよぐおがるもんだなや」
(いやー、雑草は次々生えてるものですよね)
「いぐおがったごどー」
(よく育ったこと~)
「あのぼっこぎゃんぎゃにおがってだど」
(あのお子さん、かなり大きくなっていたよ)
「おめ、まだおがたんでねが」
(あんた、また成長したんじゃない?)

 

という風に使われます。

おがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

誰かに何かを”驕る”わけではありません。

 

病気やできものなんかが悪化する という意味の言葉です。

 

「むりへばおごっからえさえてねれ」
(無理をすると悪化しちゃうから、家に帰って寝なさいな)

 

という風に使われます。

おごる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おじぁさえね とも言います。

 

手に負えない、収拾がつかない という意味です。

 

「もっちゃくちゃておじゃさいね」
(乱雑で手が付けられないわね)
「ものわがらねしておじゃさいね」
(物が分からなくて手に負えないね)
「かたづけるもんいっぺあっておじゃさいね」
(片付ける物がたくさんあって収拾がつかない)

 

という風に使われます。

おじゃさいね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

折れる という意味です。

 

「おだれるだげやへだものな」
(折れそうなくらいに痩せているものね)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「おだってたいん」があります。
これは「来てくれませんか?」という意味です。

 

「そっちゃのほからおだってたいん」
(そちらの方から来てくれませんか)

 

という風に使われます。

おだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おづげ とも言います。

 

味噌汁 という意味です。

 

「がっこけ、おづげっこもんめよ」
(お漬物を食べてください、お味噌汁も美味しいですよ)

 

という風に使われます。

 

ちょっと難しいのですが
「おづげくえ」は「味噌汁を食べろ」では無く
「お味噌汁下さいな」という意味になります。

 

”食べろ”という場合は「おづげけ」となります。

おづげっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんと という意味です。

 

「おっしゅ!そいだばは」
(なんと!それじゃあもう・・・)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おっしゅかける」があります。
これは「けしかける」という意味です。

 

「おいどさおっしゅかげだもんだ」
(俺に(犬を)けしかけたのだな)

 

という風に使われます。

おっしゅ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お父さん、父 という意味です。

 

「おどだばまちさえっていね」
(お父さんは町へ行っていて留守です)

 

という風に使われます。

 

つまり「おどゆび、おでゆび」ですと「親指」ということになります。

 

「おどゆびねごがってかっちゃがいだ」
(親指を猫に引っ掻かれた)

 

という風に使われます。

おど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おどげならね とも言います。

 

容易では無い、ただごとでは無い、侮れない、油断できない という意味です。

 

「おどげならねかおしてきたっけ」
(ただごとでは無い顔をしていたっけ)
「わげとおもておどげならねで」
(若いと思って侮れませんよ)

 

という風に使われます。

 

これが「おどげ」だけですと「顎」という意味になります。

おどげでね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お昼のことではありません。

 

教える という意味です。

 

「とっきゃるだげどでんしたども、まだどでんしたごどおひるがあ」
(ひっくり返るほどビックリしたけれども、まだそれ以上にビックリしたことを教えましょうか)

 

という風に使われます。

おひる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おべはじ とも言います。

 

知ったかぶり、知ったかぶりをしている人 という意味です。

 

「まだそやっでおべたぶりして」
(またそうやって知ったかぶりをしちゃって)
「おべたぶりするんでね」
(知ったかぶりをするんじゃない)
「あれなどうせおべはじだがらだめだ」
(あいつはどうせ知ったかぶりだから駄目だ)

 

という風に使われます。

 

「おべた」は「覚えた」で「知っている」位の意味だそうです。

おべたぶり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おぼでえ とも言います。

 

重い、重たい という意味です。

 

「このおひつっこすこたまおぼでえごど」
(このご飯のお櫃、とても重いですこと)
「おぼでぐでやちがね」
(重たくて駄目だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おべでる」があります。
これは「覚えている」という意味です。

 

「うんかうんかたたっておべでるもんだ」
(嫌だ嫌だと言っても覚えているもんだ)

 

という風に使われます。

おぼで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おもへ、おもひ、おもしぇ とも言います。

 

面白い という意味です。

 

「えーがおもせがったなー」
(映画面白かったね~)
「おもへこっこだ」
(面白い子供だ)
「おもひふとだ」
(面白い人だ)
「こさきておもちぇはなしっこなんかしゃべってけねべが」
(こちらへ来て面白い話を何か話してくれませんか)

 

という風に使われます。

おもせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

億劫、面倒だ、心配、気が重い、気が進まない という意味です。

 

「どさいぐってもおもやみだな」
(何処に行くっていっても、面倒で億劫だね~)
「あのひとどごおもやみだ」
(あの人のことが心配です)

 

という風に使われます。

 

語源は”思い病み”でしょうか?

おもやみだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私達の住んでいる所、俺の方、私のいる所 という意味です。

 

「おらほのかいしゃのひとだばねんじゅのーまるたいやだど」
(我々の会社の人達は年中ノーマルタイヤですよ)
「おらほのがっこ」
(僕達の学校)
「おらほさこいな」
(私達の住んでいる所にいらっしゃいよ)

 

という風に使われます。

おらほ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんじ とも言います。

 

お兄さん、兄、次男 という意味です。

 

「あそごのおんちゃっこいっかどきげんこわるかったども、そっちゃいったがは」
(あそこのお兄さん、とっても機嫌が悪かったけど、そっちに行きました?)

 

という風に使われます。

 

しかし

 

「おえなばうだりおじゃだったがら」
(俺は家督を継ぐことのできない次男(三男~)だったから)

 

などと言うことがありますので、次男以降はみな「おんちゃ・おんじ」なのかもしれません。

おんちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かぁ とも言います。

 

お母さん、母 という意味です。

 

「むこうがら、となりのとうと、かぁが、ひわしねぐこっちさきたっけよ」
(向こうの方から、お隣のお父さんとお母さんが、落ち着きなくこちらに来たわよ)

 

という風に使われます。

 

「かが」ですと「妻」という意味になります。

 

「おめのかが」
(あなたの奥さん)

 

という風に使われます。

か 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かぁうぅ、は~え~ とも言います。

 

ごめんください という意味です。

 

「か~う~、だえがいるが」
(ごめんくださ~い、どなたかいらっしゃいますか)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「ごめしてたんえぃ」があります。
これは「許してあげて下さい、勘弁して下さい」という意味です。

か~う~ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても疲れる、バテる、疲れ果てる、衰弱する という意味です。

 

「いねかりしたらがおってまった」
(稲刈りをしたら、疲れ果ててしまいました)
「いぐたんびにどうもがおってきたみだいだなあ」
(行く度に、どうやら衰弱してきたみたいですね)

 

という風に使われます。

がおる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眩しい という意味です。

 

「わー、かがぺー」
(わー、まぶしー)
「あさひはほんどにかがぺなぁ」
(朝日は本当に眩しいですねえ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「ががい」があります。
これは「壊れている」とか「不良品」という意味です。

 

「このとけい、ががいだもの」
(この時計、壊れているんだもん)

 

という風に使われます。

かがぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けだがる とも言います。

 

傾く、水平垂直ではない様 という意味です。

 

「たいふうきてでんきばしらかしがった」
(台風が来て、電柱が傾きました)
「もすこし、こっぷどごかだげれじゃ、びーるつがいね」
(もう少しコップを傾けてちょうだい、ビールが注げない)
「はい、からだどごかだげないごど」
(はい、身体を傾けないで)

 

という風に使われます。

かしがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 仲間に入れる、入る、参加する という意味です。

 

「かでる、かだる」とも言います。

 

「おらどごもかででけれ」
(僕のことも仲間に入れてください)
「さげのみさかだる」
(飲み会に参加する)

 

という風に使われます。

 

② 片付ける、整理する という意味です。

 

「へやかたしてからいげ」
(部屋を片付けてから行きなさい)

 

という風に使われます。

かたす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意地っ張り、偏屈、意固地 という意味です。

 

「おめなば、むがしがらかだぱりだものな~」
(あなたは、昔から意地っ張りですものね)
「あぁめんどもよ、かたつぱりなどごあてな」
(ああ見えても、意固地なところがあってね)
「かだぱりでなにゆてもきがねじゃ」
(意地っ張りで何を注意しても聞かない)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「かだげわり」があります。
これは「居心地が悪い、心情的に具合が悪い」などという意味です。

かだぱり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

爪を立てて掻く、引っ掻く という意味です。

 

「かいいがらどて、あましかちゃぐな」
(痒いからって、あんまり掻くんじゃないよ)
「ねごからかちゃがえでしまたて?かがだべ」
(猫に引っかかれてしまったって?奥さんでしょ)
「へっぺがまんしてだども、かゆぐてかっちゃいでしまったっ」
(一生懸命に我慢していたけれども、痒くて引っ掻いてしまったの)

 

という風に使われます。

かちゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かしめぇ、しょわしね とも言います。

 

うるさい、耳障り、落ち着きがない という意味です。

 

「あいー、このわらしだば、かちゃましね」
(あらまあ、この子供ったら落ち着きが無いわねえ)
「おが、かしめぇぐすなよ」
(おまえ、うるさくするんじゃないよ)
「なんだってはっあの、わらしっこってばかっちゃましねぇ」
(何ともあの子供さんといったらうるさいわねぇ)

 

という風に使われます。

かちゃましね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かじける、かづげる、かずける とも言います。

 

人のせいにする、口実をつける という意味です。

 

「なすて、ひとさかつけんなや」
(なんで人のせいにしようとするのよ)
「なんだてあのひとなばいっつもかづげる」
(どうしてあの人ってばいつも口実をつけるの)
「わるぐねのにかずげられた」
(無実の罪を被せられた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かつぐ」があります。
これは「追いつく」という意味です。

かつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっちゃ、かっちゃま、かちゃま、かっちゃめ とも言います。

 

裏返し、逆さま、反対、後ろ前が逆 という意味です。

 

「そのさらかっぱにへ」
(そのお皿を裏返してちょうだい)
「きものかっちゃにきてだぜ」
(着物を反対に着てますよ)
「あぇー、しゃつどごかっちゃまにきてだ」
(あら~、シャツを後ろ裏返しに着ていた)
「くづ、かちゃまにはいでらど」
(靴、左右反対に履いていますよ)

 

という風に使われます。

かっぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

カビが生える、腐る という意味です。

 

「このぱん、かぷけだで」
(このパン、カビてしまってるよ)
「わっ!かぷけったえば!」
(うわっ、カビちゃってるじゃないの!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「かぶり」があります。
これは「頭」という意味です。

 

「かぶりふってあるいてら」
(頭を振って歩いています)

 

という風に使われます。

かぷける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かまげす、かまきゃす、かまどけし とも言います。

 

破産する、倒産する という意味です。

 

「あのみせこのまえ、かまきゃしたど」
(あの店はこの前、閉店(倒産)しましたよ)
「そのえなばかまげしたじゃ」
(その家なら破産したよ)

 

という風に使われます。

 

「このかまけしやろ!」
では、財産やお金を浪費する人を罵って言います。

かまけす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっちゃます、けます、かもけす とも言います。

 

掻き混ぜる、混ぜる という意味です。

 

「ふろのゆをかます」
(お風呂のお湯を混ぜる)
「こーひーにくりーむいれでかまけす」
(コーヒーにクリームを入れて掻き混ぜます)
「なっとうどごけましてけれ」
(納豆をかき混ぜてください)
「このめんばーにはかっちゃますせいかぐのひとだばいれねがら」
(このメンバーにはかき回す性格の人は入れないから)

 

という風に使われます。

かます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

盗む、盗る という意味です。

 

「おめ、ひとのものがめなよ」
(あんた、人のもの盗るんじゃないよ)
「おいのじぇにこがめたべ!」
(俺の金を盗んだだろう!)
「あのみせやからがめできた?かんじょわりな!」
(あの店から盗んできたですって?感じ悪いなあ!)

 

という風に使われます。

がめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鍋物 という意味です。

 

「きょうのばんげのままなによ」「とりっこかやぎだ」
(今日の夕飯は何ですか?)(鶏鍋です)
「すこたまがおってだがら、うんかってだどもむりやりにかやぎかへできだ」
(とても嫌がっていたけれども、弱っていたから無理矢理に鍋を食べさせてきた)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「かやで」があります。
これは「茅葺屋根の補修をする職人」さんということのようです。

かやぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かじぇね、かぜね とも言います。

 

幼稚、稚拙、幼い、無邪気、子供っぽい という意味です。

 

無邪気に騒ぐことを戒める時などに使用されます。

 

「わらしだがら、がんしぇねべ」
(子供だから、幼稚なのよね)
「おみゃなば、なんぼなたたてがじぇねごど」
(あなたってば、幾つになっても幼稚ですね)

 

という風に使われます。

がんじぇね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きがきがじい、きがきがでえ とも言います。

 

透明度が高い水や氷を表現する時に使う言葉です。

水や氷が透き通るほど綺麗 という意味です。

 

「じゅひょみにやまっこさいっだら、どこもかしこも、きがきがじぃがったよ」
(樹氷を見に山へ行ったら、どこも見渡す限り、キレイな氷だったよ)
「うみしずかできがきがってぃた」
(海が静かで綺麗に透き通っていた)
「あそごらへんのたろんぺだば、すこたま、きがきがでがった」
(あの辺りの氷柱は、ものすごく透けるようにキレイだったよ)

 

という風に使われます。

きがきが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① その気が無い という意味です。

 

「おめさなばきがね、ごめんしてけれ」
(あなたに対してはその気がありません、ごめんなさい)

 

という風に使われます。

 

② 言うことを聞かない、耳を貸さない という意味です。

 

「そったごどきがねじゃ」
(そんな注意には耳を貸しません)

 

という風に使われます。

 

③ 落ち着きが無い という意味です。

 

「あのやろこなばきがねぐでなもきがねし、やるきがね」
(あの男の子は落ち着きがなくて何にも言うことを聞いてくれないし、やろうとする気がない)

 

という風に使われます。

きがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

知ったかぶり という意味です。

 

「きだふりこぐ」または「きだふりまげる」
(知ったかぶりをする)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「きしゃわり」があります。
これは「うっとうしい、面倒くさい」という意味です。

 

「あぃ~や、まんづきしゃわりごど」
(あ~あ、本当に面倒くさい)

 

という風に使われます。

 

また「からっぽやみ」も「面倒くさがりな人、不精」という意味の言葉です。

きだふり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きっちゃる とも言います。

 

突っ込む、衝突する、激突する という意味です。

 

「とらっくがえにきちゃった」
(トラックが家に突っ込んだ)
「くるまとくるまがきちゃってでどでした」
(車と車が衝突していてビックリした)

 

という風に使われます。

 

”来ちゃった”とは発音が違います。

きちゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おがえー とも言います。

 

いい気味だ という意味です。

 

「ざまーみろ、きびえ!」
(ざまあみろ、いい気味だ!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「ぎごわ」があります。
これは「ぎこちない感じ」の様子を表す言葉です。

 

「おっかねぎごわだな」
(ずいぶんぎこちないわね)

 

という風に使われます。

きびえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きまったがれ とも言います。

 

怒って、短気な人 などという意味です。

 

また「きまげる」では「根気が果てる、やる気がなくなる」という意味です。

 

「きゅうりょぅやすぐてきまげるな」
(給料が安くてやる気がなくなるなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きじたげる、きじこぐ」があります。
これは「ヒステリックな」というニュアンスの言葉です。
キーキー地団駄を踏むようなイメージでしょうか。

 

「なにへてもきがねし、こどきじたげんなやな」
(何を言っても聞く耳持たないし、もうヒステリックになっちゃって)

 

という風に使われます。

きまたげで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けね とも言います。

 

弱い という意味です。

 

「あのぼっこだば、なんでかんで、すこたまきゃねっがらなぁ~」
(あの子供さんなら、何だかんだ言っても、とても弱いからなぁ~)
「うめはんのあだまっこだば、すてこきゃねぇなぁ~」
(あなたの頭では、ちょっと弱いわねぇ~)

 

という風に使われます。

きゃね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きゃんど とも言います。

 

道路 という意味です。

 

「こごのきゃどなば、まんじじてんしゃはしりじりゃな」
(ここの道路は、本当にたくさん自転車が走っていますね)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「きゃんどぽんぽんじ」があります。
これは「道路が乾いている様子」を表す言葉です。

 

「きゃんどぽんぽんじごど」
(道路は乾いていますね)

 

という風に使われます。

きゃど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けり とも言います。

 

お釣り のことを指す言葉です。

 

「きゃりっこけるが?」
(おつり貰ってもいい?)
「けりなばける」
(お釣りならあげるよ)
「おつかいいったらきゃりっこけねが?」
(おつかいに行ったら、お釣りをくれませんか?)

 

という風に使われます。

きゃりっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰りなさい、帰れ という意味です。

 

「きゃるっていうがらとっとどきゃれ!」
(帰るって言ったんだから、さっさと帰りなさいよ!)
「あまりごしゃいだっけ、とっとときゃれたら、すぐにいねぐなってしまったもんだ」
(あまり怒って、さっさと帰れと言ったら、すぐにいなくなってしまった)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「けってけ」があります。
これは「帰っておいで」という意味です。

きゃれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 食べる、食べます という意味です。

 

「か、け。わ、く」
(お母さん、食べて。私も食べます)
「おめ、くか? / く!」
(おまえ、食べるのか?/ 食べる!)

 

という風に使われます。

 

② 来る といういみです。

 

「くにくな」
(食べに来るんじゃない)

 

という風に使われます。

 

”苦肉な”ではありませんよ。

く 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐぐど とも言います。

 

早く、速く という意味です。

 

「えーがらぐどこえ」
(いいから早く来なさい)
「こちけでねでぐぐどせ!」
(いじけていないで早くやりなさい!)
「ぐぐどかたしてまえ」
(早く片付けてしまいなさい)
「ぐぐどこさけ!」
(早くここに来なさい!)

 

という風に使われます。

ぐど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

絡まる という意味です。

 

「けりのひもくまがってといねー」
(靴の紐が絡まって取れない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くとまる、くとめる」があります。
これは「塞がる、塞ぐ」とうような意味です。

 

また「くま」だけですと、失態や欠陥といった「あら」のことです。
熊さんのことではありませんよ。

 

「くまみる」
(他人のあらをさがす)

「くまかぐす」
(他人の失態を庇ってあげる」
「くまめる」
(あらが目立つ)

 

という風に使われます。

くまがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐみっこ とも言います。

 

三つ編み という意味です。

 

「かみのびでぐみっこゆえるようになっだ」
(髪の毛が伸びたので三つ編みが結えるようになりました)
「めんけぐ、へあすたいるぐみっこゆってやるが?」
(可愛いように、ヘアースタイルを三つ編みを結ってあげましょうか?)

 

という風に使われます。

ぐみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 食べろ(食え) という意味です。

 

「はえぐけぇ」
(早く食え)
「これけ」
(これを食べろ)

 

という風に使われます。

 

② 来い、来なさい という意味です。

 

「こっちゃけぇ」
(こっちに来い)
「ここさけ」
(ここに来なさい)

 

という風に使われます。

 

③ かゆい という意味です。

 

「せなかけ」
(背中がかゆい)
「ここけ」
(ここが痒い)

 

という風に使われます。

 

3つとも発音は同じなので、状況で判断して理解しましょう。

け 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けぇなり とも言います。

 

羨ましい、羨ましくてちょっと悔しい というような意味です。

 

「ええきものきけぇなりな」
(良い着物着て羨ましいですね)
「かいしゃっこさえげば、みんなだまごのはなしばりすもんだがらけなりなやな」
(会社に行けば、皆、孫の話ばかりするので(孫がいない私は)羨ましいのよね)

 

という風に使われます。

けなり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げっぱ とも言います。

 

ビリ、最下位、どん尻、最後 という意味です。

 

「まだげっちゃだったでば」
(また最下位だったってば)
「うんどうかいではげっぱばりだ」
(運動会ではビリっけつばかりです)
「おえなばさらえばえっつもげっぱだった」
(私は走ればいつもビリだった)

 

という風に使われます。

 

また「こべはえ」ですと、逆に「俊敏、行動が早い」という意味になります。

 

「あえなばこべはえぐて、えっつんえったけ」
(あの人は行動が早くて、とっくに行っていたよ)

 

という風に使われます。

げっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげる、くれてやる という意味です。

 

「このぱそこんどごおめさけるがらな」
(このパソコン、あなたにあげますね)
「おめさほんけるや」
(君に本をあげます)

 

という風に使われます。

 

これが「けれ」では「頂戴、下さい」という意味です。

 

似た言葉では「けね」があります。
これは「身体が弱い、病弱」という意味です。

 

イントネーションによっては「食べられない」という意味にもなります。

 

「おめもけねがらけねなんで。もばっこがばてくてみれ」
(あなたは食べられないから体が弱いのよ。もう少し頑張って食べてみれば?)

 

という風に使われます。

ける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けでけれ とも言います。

 

下さい という意味です。

 

「おれどってもへでぇけれ」
(私の所にも入れて下さい)
「どけれ」
(避けて下さい)
「すてこでいいがら、あっちゃ、きゃでけれねべがぁ~」
(ちょっとでいいから、あっちに付いてきてくれませんか)
「おらほさも、なんとかけでたいん」
(私の方にも、どうか下さいませんか)

 

という風に使われます。

けれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げげな、げげに、げんだ とも言います。

 

随分、結構 という意味です。

 

「げんげさっとだな」
(随分と少しですねえ)
「おえだなばげんだえけ」
(私たちは随分良かったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「げげだ」があります。
これは「すごく」という意味です。

 

「あや、げげだうめそだごど」
(あらま、すごく美味しそうですね)

 

という風に使われます。

げんげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えぶて、けぶてゃ とも言います。

 

煙い、煙たい という意味です。

 

「いどばだでひさたいでけんふってなあー」
(井路端で火を焚いて煙たいなあ)
「こっちゃけんふってがらあっちゃさいっでけ」
(こっちは煙たいから、あっちに移動して)
「なまぎでねが、えぶてなや」
(生木じゃないか、煙たいなあ)

 

という風に使われます。

けんふって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こいぇ とも言います。

 

疲れた、くたくた、くたびれた、しんどい などどいう意味です。

 

「あぃやー、こえなー」
(はぁ~、疲れたなあ~)
「あんまりままくてこえ」
(あまりにも(たくさん)ご飯を食べたのでしんどい)
「しごどしたばこえじゃ」
(仕事をしたら疲れたよ)
「こえぇくてこえぇくて・・・ねまらへでたいん」
(疲れて疲れて・・・休ませてくださいよ)

 

という風に使われます。

こえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くしゃる、こさえる、こしゃる とも言います。

 

作る という意味です。

 

「ゆうめしごこしぇれ」
(夕御飯を作りなさい)
「ぷらもでるこしゃだよ」
(プラモデルを作ったよ)
「なにくしゃるどごだ」
(何を作るところですか?)
「そんまこしゃでけるがらな」
(じきに作ってあげるからね)

 

という風に使われます。

こしぇる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意地悪する という意味です。

 

「ごじがれだ」では「意地悪された」ということです。

 

「あいづにごじがれだぁ~」
(あいつに意地悪されたよ~)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「これぱてする」があります。
これは「懲りる」というような意味合いの言葉です。

 

「あえのあじゃこなばこれぱてした」
(あの子の子守には懲りてしまった)

 

という風に使われます。

ごじぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごげる、ごしゃげる とも言います。

 

怒る、叱る という意味です。

 

「あんまりごしゃぐな」
(あんまり怒るなよ)
「すったにごしゃげんなって」
(そんなに怒るなって)
「さささ、ごしゃげらしてしまた」
(あらら、怒らせてしまった)
「ちごくしでごしゃがえでしまた」
(遅刻して怒られてしまった)
「あ~あ、まだごげられえる」
(あ~あ、また叱られちゃうよ)

 

という風に使われます。

 

これが「こしゃぐ」になりますと
「しったかぶり、お節介」という意味になります。

ごしゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こっちょわしね とも言います。

 

落ち着きがない という意味です。

 

「おめなばなんとこちゃしねごと」
(あなたったらなんて落ち着きが無いのでしょう)
「あっこなえのわらしだばこっちょわしねな」
(あの家の子供は落ち着きがないね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こみじめ、こちぎでね、こったれね」があります。
これは「憎たらしい、小馬鹿だ」という意味です。

こちゃしね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごじぇ、ごじょけ、こちょかい とも言います。

 

くすぐったい という意味です。

 

「わ~、ごじぇがらやめれ~」
(わ~、くすぐったいからやめて~)
「おめ、そんたどごさわればこちょけがらやめれ!」
(おまえ、そんなこと触られるとくすぐったいからやめてよ!)

 

という風に使われます。

 

また「こちょがす、もちょこす」では「くすぐる」という意味になります。

 

「こちょがすなて、このわらしが」
(くすぐるんじゃないよ、この子ったら)

 

という風に使われます。

こちょくせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かなり という意味です。

 

「とうきょがらあきたまでこでかがる」
(東京から秋田まではかなり(時間が)かかります)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「こでらえね」があります。
これは「最高、感無量」という意味です。

 

「ふろあがりのえっぺなばこでらえね」
(お風呂上りの一杯は最高ですね~)

 

という風に使われます。

こで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふくらはぎ という意味です。

 

「いで~っ、こぶらあがった!」
(痛ーい、足が攣った!)
「こぶらつたぁー」
(ふくらはぎが攣った~)

 

という風に使われます。

 

”コブラ”ではありません。

 

標準語の”こむら返り”の”こむら”が訛ったものですね。

こぶら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ブツブツと小言を言う という意味です。

 

「となりのじしゅうだば、いっかどごもらめいでるな」
(隣のおじいさんは、暇さえあればブツブツ小言ばっかり言ってるねぇ)
「こんたらばっこもたったどで・・・てごもらめいでだ」
(こんな僅かばかりもらったって・・・と、ブツブツ小言を言っていた)

 

という風に使われます。

ごもらめぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんなに という意味です。

 

「おらのこずがいなばこんたにばっこだ」
(私のお小遣いはこんなに少ないんです)

 

という風に使われます。

 

また「こんけ」ですと「このくらい」という意味です。

 

「こんけまげでけれって、しゃべったども、しかっめつらされでしまったよ」
(このくらいまけて頂戴と言ったんですが、嫌な顔されてしまったよ)

 

という風に使われます。

 

「こんたごど」ですと「このようなこと」という意味です。

こんたに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こちける、むつける、こじける とも言います。

 

いじける、へそを曲げる、拗ねる という意味です。

 

「またこちけった」
(またいじけてる)
「せんせにごしゃがれたらこんちけた」
(先生に叱られたらへそを曲げてしまった)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「こんべかすけ」があります。
これは「ずるがしこい、要領が良い」という意味です。

こんつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごろじぐ、ごんしょたげる とも言います。

 

駄々をこねる、わがままを言う という意味です。

 

「ごんぼほれば、わがねど」
(駄々をこねるんじゃないよ)
「そんたに、ごんしょたげるな」
(そんなに駄々をこねるんじゃない)
「となりのおんちゃだば、いっつもさげっこのめば、やってば、ごんぼほるもんな」
(隣のおじさんは、いつもお酒を呑むと、すぐに怒ったり、わがまま言うものね)

 

という風に使われます。

ごんぼほる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっさ とも言います。

 

しまった という意味です。

 

「あっ、さい!」
(あっ、しまった!)
「さい!わすいでだ」
(しまった、忘れてた!)

 

という風に使われます。

 

ちょっと失敗した時や、何かを忘れていたときなどに
無意識のうちに口をついて出てしまう言葉です。

 

「さいさいさいさい!」と、重ねて使われたりもします。

さい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

賢い という意味です。

 

「なんぼこのぼっこさがしいべ」
(なんてこの子供さんは賢いのかしら)
「なんとさがしわらしだごど」
(なんて賢い子ですこと)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「さかしい」があります。
これは「ずる賢い」という意味になります。

 

「まんずさかしいわらしだな・・・」
(本当にずる賢い子供ね・・・)

 

という風に使われます。

さがし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっき という意味です。

 

「さきたきたけで」
(さっき来ましたよ)
「さきたおめさおなんこきたったや」
(さっきあなたを訪ねて女の人が来ていましたよ)
「おいさきたでかしたけんど、おめまだが」
(私はさっき終わらせましたけど、あなたはまだですか)

 

という風に使われます。

さきた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さげっこ とも言います。

 

お酒、日本酒 という意味です。

 

「あ~、さげのみでぇ!」
(あ~、お酒飲みたい!)
「まずさげっこのめ」
(とりあえずお酒を飲みなさい)

 

という風に使われます。

 

さ”け”では無く、さ”げ(濁音)”ですよ!

 

これが「さがつぐり」になりますと「酒を飲んで暴れる人」という意味です。

 

また「鮭」のことは「さげのよ」と言います。

さげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんび、さんびい、さみ とも言います。

 

寒い という意味です。

 

「きょうなさびなー」
(今日は寒いなあ)
「3ねんBぐみのきょうしづさんびい」
(3年B組の教室は寒い)

 

という風に使われます。

 

また「さびまげ」ですと「寒さに弱い」という意味になります。
お年寄りが寒くて風邪等ひいた時なんかに使われます。

 

「なんとさびまげしてよ」
(なんて寒さに弱いんでしょう)

 

という風に使われます。

さび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大した事が無い という意味です。

 

「なったもんだも、なもかも、さもねがった」
(どんなもんでした?と、聞かれても、全てが大した事が無かったよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「されかもね」があります。
これは「構わない」の強調形の言葉です。

 

「んたものされかもんな!」
(そんな奴構うんじゃない!)

 

という風に使われます。

さもね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お金、小銭 という意味です。

 

「じぇんこけれ~」
(お金ちょうだ~い)
「じぇんこねくてかまどけしてしまった」
(お金がなくなって破産してしまった)
「じぇんここさおぐや」
(お金をここに置きますね)
「じぇんこよんだか」
(お金いりますか?)

 

という風に使われます。

じぇんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しんしゃぐ とも言います。

 

遠慮、遠慮する という意味です。

 

「おいさまがせれ!じぎすな」
(俺に任せろ!遠慮はするな)
「しんしゃぐしねで、へっぺままけ」
(遠慮なさらないで、たくさんご飯を食べてください)

 

という風に使われます。

じぎする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下着のことではありません。

 

唾液、唾 という意味です。

 

「したぎかげでける」
(唾をかけてやるぞ!)
「あぢぐであぢぐでしたぎもでねくらいのどかわいだ」
(暑くて暑くて、唾液も出ないくらいに喉が渇きました)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「したげ」があります。
これは「にわか雨」という意味です。

したぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぶとい という意味です。

 

「あいんだばしなじれして」
(あいつってばしぶとくって)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「しゃげにゃ」があります。
これは「しつこい」という意味です。

 

「まんちしゃげにゃわらしだな」
(ずいぶんとしつこい子供ですね)

 

という風に使われます。

しなじれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しなぶげる とも言います。

 

水分が無くなった、萎びる、しおれる という意味になります。

 

「しなぷけだきゅうりなば、かわね」
(萎びたきゅうりだったら買わない)
「でごんしなぶけでしまった」
(大根が萎びれてしまった)
「しなぶげだふうせん」
(空気の抜けた風船)

 

という風に使われます。

しなぷける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

抓る、つねる という意味です。

 

「いうごどきがねばしにぎるど」
(言うことをきかないと抓るわよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「じゃける」があります。
これは「拗ねる、いじける」という意味です。

 

「あれまだじゃけでしまったで」
(あいつはまた拗ねてしまったよ)

 

という風に使われます。

しにぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しんね、しない、すね、しね という意味です。

 

噛み切れない、柔らかいが噛み切れない などという意味です。

 

「このにぐしにゃ」
(このお肉噛み切れない)
「このするめしんねな」
(このスルメ噛み切れないよ)
「このガッコすねしてかいね」
(この漬物硬くて食べられない)

 

という風に使われます。

しにゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しびじげねぇ とも言います。

 

不潔、汚い、だらしが無い という意味です。

 

「どろかましてしたねごど」
(泥だらけで汚いったら)
「まんちしびじげねぇわらしだごど」
(なんと汚らしい子供ですこと)
「しびじげねぐしでっどやめるぞ」
(不潔にしていると痛くなるよ)

 

という風に使われます。

したね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すまっこ とも言います。

 

隅、隅っこ という意味です。

 

「とだなのしまこにてこのべで」
(戸棚の隅っこに手を伸ばして)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しなっと」があります。
これは「そっと、そろっと」という意味です。

 

「しなっとやれ、しなっと」
(そっとやりなさい、そっとだよ)

 

という風に使われます。

しまこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しめし とも言います。

 

おむつ、おしめ という意味です。

 

「しみしあらうベ」
(オムツ洗いましょう)
「ぼぼこのしめしとっける」
(赤ちゃんのおしめを取り替える)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しめる」があります。
これは「捕まえる」という意味です。

 

「こいどごしめできだど」
(鯉を捕まえてきたぞ)

 

という風に使われます。

しみし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せゃっこ とも言います。

 

ごはんのおかず という意味です。

 

「きょうのしゃっこ、なに?」
(今日のおかず、何~?)
「きんなのはしゅでしゃっこだったなや」
(昨日のご飯はひどいおかずでしたね)

 

という風に使われます。

しゃっこ  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしゃべり、口が軽い という意味です。

 

「このしゃべちょめ」
(このおしゃべりが!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃべこ」があります。
これは「女の子」の総称になります。
”男の子”の「やろこ」と同じですね。

 

また”じゃべ”は「女性」のことなのですが、品の無い表現です。
”(この)アマ!”のような感じです。

 

「あのじゃべ、きがねくてきじかげる」
(あの女、気が強くてヒステリック)

 

という風に使われます。

しゃべちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どれほどか という意味です。

 

「こんたごどして、じゅっぽかこごろやめだべな」
(こんな事をしてしまって、どれほどか心を痛めたでしょうね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しょったこ」があります。
これは「急に」という意味です。

じゅっぽか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お菓子などが湿気っている という意味です。

 

「しゅもどってら」
(湿気っちゃってるよ)
「このせんべ、しゅもどでるねが」
(このお煎餅、湿気ってるじゃない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「じゅんぶが」があります。
これは「飽き飽き」という意味です。

 

「じゅんぶがした」
(飽き飽きした)

 

という風に使われます。

しゅもどる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょすい とも言います。

 

恥ずかしい という意味です。

 

「しょしぃー」
(恥ずかしいー)
「そったにおっきたこえだして、しょしいねがぁ」
(そんなに大きな声を出して、恥ずかしいじゃないの)
「そったらごどまづしょしいがら、やめでけれねべがぁ」
(そういう事は本当に恥ずかしいから、やめてもらえないかなあ)

 

という風に使われます。

 

「しょししびしらね」ですと「恥知らず」という意味です。

しょしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっぽねわりい とも言います。

 

根性が悪い、性根が悪い、意地悪 という意味です。

 

「ばばどこいじめて。おめだばしょっぽねけしだもの」
(おばあさんんのことを苛めて、あなたは性根が腐ってるんだから)
「しょっぽねわりくて、なもかもおじゃされねし、つらましねっなぁ~」
(根性は悪いし、どうにもこうにも手には負えないし、憂鬱だなぁ~)
「あれだばしょっぽねけしでせ」
(あの人は性悪でねえ)

 

という風に使われます。

しょっぽねけし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

染みる、沁みる という意味です。

 

「このくすりしょむでぇ」
(この薬しみるよぉ)
「みずしょできた」
(水が染み込んできた)
「ずぼんさしょうゆどごこぼしてしょできだばそのしたのきずさもしょできた」
(ズボンに醤油をこぼして染みてきたらその下の傷にも染みてきた)
「みずしょんでぐっちゃりだ」
(水が染み込んでびっしょりです)

 

という風に使われます。

しょむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょうがない という意味です。

 

「そごまでしゃべるんだば、じゅっぽかするし、しょわねなっ」
(そこまで話すんだったら、全く飽き飽きするし、しょうがないなぁ~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しょがさえね」があります。
これは「どうにもならない」という意味です。

 

「あらげでしょがさえね」
(荒々しく騒いでどうにもならない)

 

という風に使われます。

しょわね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じょんず とも言います。

 

上手だ、上手い という意味です。

 

「あやー、じょんだごど」
(あら~、上手ですこと)
「あんよがじょんず、あんよがじょんず」
(あんよが上手、あんよが上手)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「しょんだ」があります。
これは「変だ」という意味になります。

じょんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しおびき とも言います。

 

焼いた塩鮭、鮭の塩焼き という意味です、

 

「このしょんびぎだばしょあめーな」
(この焼いた塩鮭ってば薄味ですね)
「すっけすぎるしょんびぎだな」
(しょっぱすぎる焼き塩鮭ですね)

 

という風に使われます。

 

また、「しょっぴりかんど」ですと「塩漬け鰊」という意味です。

しょんびぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずぐね、じくなし とも言います。

 

臆病者、怖がり、意気地なし、根性なし という意味です。

 

「すぐねぐで、ばんげべんじょさつでたなへ」
(怖がりで、夜お手洗いに着いて行ったのよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「しんけたがれ」があります。
これは「神経質な人」を指します。

ずぐなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

助ける、手伝う という意味です。

 

「すてやっこすけでけれ」
(ちょっと手伝ってちょうだい)
「すけでけてもえべや」
(助けてくれたっていいじゃない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すっける、しっける」があります。
これは「交換する」という意味です。

すける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっぺ とも言います。

 

酸っぱい という意味です。

 

「このがっこさっとすっけな」
(このお漬物は少し酸っぱいですね)
「なづばはすぐにすっけぐなってまう」
(夏場にはすぐに酸っぱくなってしまいます)

 

という風に使われます。

すっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しったげ、しんたげ とも言います。

 

とても、すごく、超、十分に多く、いっぱい という意味です。

 

「きょうだばしったげだりぃー」
(今日は超だるい~)
「しったげきれい」
(とっても綺麗)
「しったげべんきょしたがら、あしたのてすとなんてよゆうだべ」
(すごく勉強したから、明日のテストは余裕だね)

 

という風に使われます。

すったげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしゃれ という意味です。

 

「あえだばまんずずでぇな」
(あいつは本当におしゃれだなぁ)

 

という風に使われます。

 

何となく似たような言葉では「すてきゃした」があります。
これは”素敵”などという意味ではなく「とんでもない」という表現です。

 

「あれなばばすてきゃしたおどごだ」
(あいつはとんでもない男だ)

 

という風にあまり良い意味では使われません。

ずでぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すてやっこ、してゃっこ、さっと、さっとが とも言います。

 

ちょっと、少し、今少し、ちょっとだけ という意味です。

 

「おらどってすてこかさへでけねべが」
(私の所もちょっと仲間に加えてもらえないでしょうか?)
「すてやっこまっでけれ」
(少し待ってください)

 

という風に使われます。

すてこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しなぶる、しなびる、すなずる、すまずる とも言います。

 

吸う、しゃぶる、吸い付く というニュアンスの言葉です。

 

「すなぶれ」
(しゃぶれぇ)
「わ!こぼしてしまた!すなぶれ!」
(わ、溢しちゃった!吸って吸って!)

 

という風に使われます。

 

標準語ではっきりと表現出来ない言葉のひとつです。

すなぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しなさい、やれ という意味です。

 

「べんきょせ」
(勉強しなさい)
「ちゃっちゃどしごどせ!」
(さっさと仕事しなさい!)
「しずかにせ!おどなしくせ!」
(静かにしなさい!大人しくしなさい!)
「ぐぐどせ」
(早くしろ)

 

という風に使われます。

 

※「せ」の発音は、勢い良く発音するほど「へ」に変わることが多いようです。

せ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぇやみ とも言います。

 

億劫 という意味です。

 

「さみぐでさみぐでせやみさなてしまうは」
(寒くて寒くて億劫になってしまうよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「せやみこぎ」があります。
これは「怠け者、面倒くさがり屋」という意味です。

せやみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょわしね とも言います。

 

落ちつなかない、忙しい、せわしない という意味です。

 

「なもかもせわしね」
(なかなか落ち着かないね)
「あのすごどもひとはたえねなさせわしぐで、おえもあどてっぺだ」
(あの仕事も人が足りないのに忙しくて、もう私もギリギリです)
「あのわらしっこだば、すこったましょわしねど」
(あの子供さんてば、すごくせわしないですよ)

 

という風に使われます。

せわしね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぜ、じぇんご、じゃんご とも言います。

 

田舎、在郷 という意味です。

 

「おらのえじゃごさある」
(俺の家は田舎にある)
「おえ、じぇんごしょだもんでしょしな」
(私、田舎者なもので恥ずかしいわ)

 

という風に使われます。

 

これが「ぜごたろ、じゃんごたら、じぇんごしょ」ですと
「田舎者」という意味になります。

ぜんご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弱々しいこと、野菜など育ちが悪いこと を指す言葉です。

 

「こどしのでぁごそぐなってまんちうみゃぐにゃ」
(今年の大根は育ちが悪く美味しくない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そごなれ」があります。
これは「役立たず、出来損ない」という意味です。

そぐなり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざふ とも言います。

 

雑、大雑把 という意味です。

 

「そそにやるなよ」
(雑にやるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ぞさね、じょさね」があります。
これは「簡単だ」という意味です。

 

「このしごどだばぞさね」
(この仕事は簡単だ)

「なにするってもぞさねっていうごどはこえもんだ」
(何をするにしても、簡単だということは疲れるものだ)

 

という風に使われます。

そそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿者 という意味です。

 

相手を罵る際や、相当の悪意を込めて使われるようです。
”馬鹿”とは違った意味合いがあるようにも思えます。

 

「そらぐたかれ」
(馬鹿野郎が)

 

という風に使われます。

 

”たかれ”が付くと、かなりたちが悪い言葉になります。

そらぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そま、そんまが とも言います。

 

もうすぐ、間もなく、もう間もなく、至近、すぐ という意味です。

 

「そんまままだな~」
(もうすぐご飯だね)
「そまえさつくころだ。あがってまてでけれ」
(間もなく着く頃です。家に上がって待って居て下さい)
「そんまがけってくるべおの」
(もうすぐ帰ってくるでしょう)

 

という風に使われます。

そんま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、非常に、大変に、本当に という意味です。

 

「たいして、あんべいすな」
(とても、調子が良いですね)
「たいしたゆるぐねがった」
(非常に難儀でした)

 

という風に使われます。

 

これが「たい」だけですと「下さい」という意味になります。

 

「やってたい」
(やって下さい)

 

という風に使われます。

たいした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たげるな とも言います。

 

するな、するんじゃない という意味です。

 

「ばすこいだりして、はんかくしぇごどたけるなっ」
(嘘ついたりして、いい加減な事をしないで!)
「ちゃぱたけるな」
(何にでも口を出すんじゃない)

 

という風に使われます。

たけるな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たごつぐ とも言います。

 

掴まる、物などにしがみつく という意味です。

 

「てすりさたごつであるぐ」
(手摺りに掴まって歩く)
「さがっこですべってあっこのしゃっちさたじまったば、ちちたじまらっけ」
「坂で滑ってあの子のシャツにしがみついたら、乳を掴んだ)

 

という風に使われます。

たじまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意地っ張り、怠けもの、言うことを聞かない、ふてぶてしい という意味です。

 

「おめなばだじゃぐだ」
(あなたは意地っ張りだ)
「あまり、だじゃぐこげば、えさえれにゃど」
(あんまり言うことをきかないと、家に入れないよ)
「あえもだじゃくなどこあて、やだばさねおの」
(彼もふてぶてしいところがあって、嫌だとやりませんからね)

 

という風に使われます。

だじゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少しだけ という意味です。

 

「どかつかじかったたて、のむともなれば、たちっとしかやらねみたいだど」
(そそっかしいようだけれども、呑むともなれば、少しだけしか呑まないみたいだよ)
「たちっとでいいがら、こさなんぼがたしてもらえねもんだべが」
(少しだけでいいから、ここにいくらかでも足してもらえないでしょうか?)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「たったふて」があります。
これは「あっという間」という意味です。

たちっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たがで、たがで とも言います。

 

持って という意味です。

 

「さっとばし、そさあるのをたないでけねべが」
(ちょっとでいいですから、そこにあるのを持ってくれないでしょうか)
「おぼでにもつどごたがいでけれ」
(重い荷物を持ってちょうだい)
「こめぶぐろたがだらこすやった」
(米の袋を持ったら腰を痛めた)

 

という風に使われます。

たないで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おねだりする、頼む、お願いする という意味です。

 

「なんぼたねだってねでぇ」
(いくらお願いされたって出来ません)
「おどさんさじぇんこたねるべー」
(お父さんにお金をおねだりしようよ~)
「だぢんこたねねどてづだえねのが」
(お駄賃をねだらないないと手伝えないの?)

 

という風に使われます。

たねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

呆れてしまう という意味です。

 

「あったごどで、すこたまごしゃぐんだがらたまげだもんだな」
(あんな事で、とても怒るのだから呆れたものですね)
「なんとあいなかってだば、たまげだ!」
(何と、あの人については、呆れたっ!)

 

という風に使われます。

たまげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしない という意味です。

 

「あのえなば、まんつだらぐだっけ」
(あの家ってば、本当にだらしないんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たがらもの、たからもの」があります。
これは「役立たず」という意味です。

 

(宝物のように)過保護に育ったために、何も出来ない奴という意味を含んでいるようですね。

 

”あなたは宝物だよ”なんて囁いたらフラれちゃうので気をつけてくださいね。

だらぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お尻、底 という意味です。

 

「なんだが、だんこけなー」
(何故だか、お尻がかゆいなー)
「おげにおもてもんいれだら、だんこぬけだ」
(桶に重たい物を入れたら、底が抜けた)

 

という風に使われます。

 

”だんこぬける”では、

「意欲を喪失して何もやる気が起こらない状態になる」ことを
指すこともあります。

だんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乱暴、自己中心、ふてぶてしい という意味です。

 

「うらのあにぎはだんじゃぐものだ」

(裏の兄は乱暴者です)
「あっこのおやんずなばだんじゃくだがらあいでにすな」
(あそこの親父は自己中心的だから相手にするんじゃない)
「あいんだばだじゃぐこきだごとばりしゃべるからなぁ~」
(あの人ったらとても乱暴なことばかり話すからなぁ~)

 

という風に使われます。

だんじゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馴れ馴れしい という意味です。

 

「あれだばないだがちかしくてやんかったぁ~」
(あいつったら何だか馴れ馴れしくて嫌だったわ~)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「ちけ」があります。
これは「近い」という意味です。

 

「おめのえだばちけがらわがいぐは」
(あなたの家、近いから私が行くよ)

 

という風に使われます。

ちかしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちっちぇ、ちっちぇけ とも言います。

 

小さい という意味です。

 

「あんやぁ~、このびっきちゃっこくてめんけごど」
(あら~、このカエル小さくて可愛いこと~)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ちんこり」があります。
これは「ちんまり、ちょこんと」というニュアンスでしょうか。
子供が正座などをしている様を表します。

 

「こさちんこりへ」
(ここに座りなさいな)

 

という風に使われます。

ちゃっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐぐど とも言います。

 

急いで、さっさと、早く という意味です。

 

「ちゃっちゃどひ」
(急いでしなさい)
「ちゃっちゃどかだつけでまえ」
(さっさと片付けてしまいなさい)
「ちゃっちゃっどこさけ」
(早くこっちに来なさい)
「じっぽかとじぇねぐなったべ、ちゃっちゃっどけってけ」
(よっぽど淋しくなったのでしょうね、さっさと帰っておいで)

 

という風に使われます。

ちゃっちゃど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

触る という意味です。

 

「それどごちょすな」
(それに触るな)
「ちょへばおごるぜ」
(いじると(吹き出物などを)悪くするよ)
「ちょこっとでいがら、ちょさへでけねべがぁ~」
(少しでいいから、触らせてくれませんでしょうか)

 

という風に使われます。

 

これが「ちょしまし、ちょしこめくら」では
「触りまくる、手玉に取られる 相手からいい様に扱われる などという意味になります。

ちょす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つまずく という意味です。

 

「ひさびさにはしったば、つまけりしてぶっころんでしまった」
(久々に走ったら、つまずいて転んでしまったよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「つまぎ」があります。
これは「つま先」という意味です。

 

「あしのつまぎいてはー」
(足のつま先が痛いよ~)

 

という風に使われます。

つまけり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気にしなくて良い という意味です。

 

「どさいっでもぶっちょぅづらしてるどもづらだぁ」
(どこに行っても仏頂面しているけれども、気にしなくていいんですよ)

 

という風に使われます。

 

間違っても頭の薄い方に

 

「づらだぁ~」
(気にしなくていい)

 

なんて言わないように注意しましょうね。

 

ちなみに「禿頭」のことは「でら」と言いますよ。

づらだぁ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

図々しい という意味です。

 

「あえだもあんまりつらつけねぐで、えらしぐえな」
(彼らもあまりにも図々しくていまいましいわね)
「へねつけしてつらつけねっだら」
(出来ないくせに図々しいったら)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちらばしね」があります。
これは「邪魔な様子」を指します。

 

「わらしだちらばしねぐではがえがね」
(子供達が邪魔で仕事が捗らない)

 

という風に使われます。

つらつけね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見ていられない、可哀相、呆れた という意味です。

 

「おら、もう、つらましね」
(私、もう見ていられないわ)
「そいんだばすこたまつらましねぇ~はなすっこだごど」
(それはたいそう可哀相な話だこと)
「あんでもね、こんでもね、せばいったいなんとせば、いいって?つらましねな」
(ああでもない、こうでもない・・・それならば一体どうすればいいのよ?呆れてしまうよ)

 

という風に使われます。

つらましね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でがす とも言います。

 

完成させる、終わらせる という意味です。

 

「はえぐ、しゅぐだいでがせって」
(早く宿題やっちゃえよ)
「はえぐでがしてどっかさえご」
(早く終わらせてどこかに行きましょう)
「こえきょうじゅにでかさねばねんだ」
(これ今日中に終わらせなければいけないの)

 

という風に使われます。

 

似た言葉ですと、

 

「ではる」は「出かける」

 

「でぎね」は「駄目だ」

 

という意味になります。

でかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てぼっけ、てぼけ、てぼこ とも言います。

 

不器用 という意味です。

 

「おれだばてどねがらだめだ」
(私ったら不器用だから駄目です)
「おめなばてぼこだものな」
(あなたは不器用ですもんね)

 

という風に使われます。

 

逆に「てどある」ですと「器用だ」という意味になります。

 

「おめなばてどあるごど」
(あなたったら器用ですこと)

 

という風に使われます。

てどね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① だろう、だろう という意味です。

 

「んだでろ」
(そうでしょ?)
「ほんどはねふてんでろー。ちゃっちゃどねろは」
(本当は眠いんだろう?さっさと寝ろよ)

 

という風に使われます。

 

② 泥 という意味です。

 

「でろちょしすっぺす」
(泥遊びしましょうよ)

 

という風に使われます。

でろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てっきし、でぁっきり とも言います。

 

全く、まるきり、少しも という意味です。

 

「あだのしゃべるごどだば、でろっとちがうんたなっ」
(あなたのお話する事は、まるっきり違うようですね)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「でらり」があります。
これは「すっかり、全く」という意味です。

 

「でらりものわへできたおな!」
(すっかり物を忘れてきてしまったよ!)

 

という風に使われます。

でろっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でんきばしら とも言います。

 

電柱 という意味です。

 

「なんと!でんきんばしら10ほんもあるんできた」
(なんと!電柱10本分も歩いてきた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「てんぎだ」があります。
これは「天気」のことではなくて「億劫だ」という意味です。

でんきんばしら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

相手をする、構う という意味です。

 

「わらしのでんざぎとる」
(子供の相手をする)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「でじぐ」があります。
これは「ドンドンと音を立てて騒ぐ」ようなニュアンスの言葉です。

 

「てんざぎしねがらてでじぐなって!」
(構わないからって騒ぐなってば)

 

という風に使われます。

でんざぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ど、とど、おど、で とも言います。

 

父、お父さん、夫 という意味です。

 

「と、か」

または

「ど、あば」

 

 

(父、母)

 

になります。

 

これは主にセットで使われますね。

 

「で」「ど」「おど」の呼び方で家の格式の違いがあるようです。
この中では「おど」が格上になります。

と 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そそっかしい、慌て者 という意味です。

 

「あいんだば、どかつかじっくて、おじゃされなっ」
(あの人ったら、そそっかしくて、どうにもならないなぁ~)
「そったにどかつかじっぐしたってなもならねがら、まずそっちゃやれ」
(そんなに慌てていたって何にもならないので、まずはそちらを先にやりなさい)

 

という風に使われます。

どかつかじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

取れる、剥がれない という意味です。

 

「このしーるびったりつでとげね」
(このシールぴったり付いて剥がれない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とっける」があります。
これは「取り替える」という意味です。

 

また「どげれ」では「避けて下さい」という意味になります。

とげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どすべがす、どどめがす とも言います。

 

大慌てで、急いで、慌てて勢いをつける という意味です。

 

「どしめがしてきたっけ」
(大慌てで来たよ)
「どすべがさねばまにあわね」
(急がないと間に合わない)
「となりのおんちゃっこ、どどめがしてえさはいってきたどよ」
(隣の兄さん、慌てて勢いつけて家に入ってきたんですってよ)

 

という風に使われます。

どしめがして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とぜね とも言います。

 

淋しい、寂しい、心細い という意味です。

 

「ひどりでいるなばとじぇね」
(一人でいるのは寂しくて心細いね)
「あにゃだえねぐなて、とじぇねぐねが?」
(息子たちがいなくなって、寂しくありませんか?)
「あのひとがいねぐなったけとぜねな」
(あの人がいなくなったら寂しいね)

 

という風に使われます。

とじぇね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どちらに、どっちに という意味です。

 

「どっちゃ、いぐな?」
(どちらに行くのですか?)
「きんなは、あっちゃいったがら、きょうはどっちゃいぐ?」
(昨日はあちらの方に行ったから、今日はどちらに行きますか?)

 

という風に使われます。

どっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~と言って という意味です。

 

「しゃべればしゃべたどてわるくちいわれるし」
(話せば話したで悪口言われるし)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「どご」があります。
これは「~を」という意味です。

 

「そさあるしょうゆどごとってけれ」
(そこにあるお醤油を取って下さい)

 

という風に使われます。

どて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どでする、どでんした、どどめぐ とも言います。

 

びっくりした、驚く、驚いた、動転する という意味です。

 

「あぃ~、どでした」
(うわ~、ビックリした)
「とっくりげでどでんした」
(転んでびっくりした)
「あんますおがそんたにどどめぐもんでね」
(あまり大袈裟にそんなビックリするもんでもないよ)

 

という風に使われます。

どでした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無駄にする、浪費する という意味です。

 

「おめ、ほげ、でごんどこどでへばいだましで」
(あなた、そんなに大根を無駄にしたら勿体ないわよ)
「じぇんこどでしてばりいだらやざねえど」
(お金を浪費してばかりいたら駄目だぞ)

 

という風に使われます。

どです 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とんどりとっぺね、とどりね とも言います。

 

真意が分からない、筋が通ってない、訳が分からない という意味です。

 

「あのひとはとどりとっぺねしてわがらねい」
(あの人は筋が通ってなくて分からない)
「いそがしぐてとどりねぐなった」
(忙しくて訳が分からなくなった)
「さげのみすぎでとどりとっぺねぐなった」
(お酒を飲みすぎて訳が分からなくなった)

 

という風に使われます。

とどりとっぺね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんぶく とも言います。

 

綿入り半纏(はんてん)、どてら、ちゃんちゃんこ という意味です。

 

「おめどごみればさびそだ。どぶぐきれ」
(あんたは寒そうに見えるね。綿入り半纏を着なさい)
「さみがらどんぶぐきた」
(寒いのでちゃんちゃんこを着ました)

 

という風に使われます。

 

秋田の冬には欠かせないアイテムです。

どぶぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どぶでゃ、どぶてぇ、どぶでぇ とも言います。

 

ずるい、ずるい奴、図太い という意味です。

 

「どぶでけしでやざね」
(ずるい奴で駄目だね)
「あのとっちゃだば、すこたまどぶでぐておじゃしねっな」
(あの父さんなら、とても図太くて話にもならないねぇ~)

 

という風に使われます。

どぶでけし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうやく、どやく とも言います。

 

友達、友人、仲間 という意味です。

 

「となりのおやずどどやぐだがらねげこどしてきた」
(隣の親父さんとは友達だから頼み事して来た)
「おど、どやぐとのみかたばりしてら」
(お父さんは、仲間と飲み会ばっかりしている)

 

という風に使われます。

どやぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とっとど とも言います。

 

さっさと早く、とっとと、次から次へと という意味です。

 

「どんどど、こさ、け」
(さっさと早くこちらに来なさい)
「へげさどんどどごみよごしてくるおの」
(堰に次から次へとゴミが押し寄せてくる)

 

という風に使われます。

どんどど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなた、おまえ という意味です。

 

「なのなめなにや?」
(あなたのお名前は何といいますか?)
「ながわさもってきてけねが」
(あなたが私に持ってきてくれませんか)
「なもわどあべ」
(あなたも私と一緒に来なさいよ)

 

という風に使われます。

な 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

脚(足)を伸ばしてゆっくりする、リラックスする という意味です。

 

「まずながまていげ」
(とりあえず、ゆっくりリラックスしていきなさい)
「つかえたべ、ながまってけれ」
(疲れたでしょう、足を伸ばしてゆっくりしてよ)

 

という風に使われます。

 

客人をもてなす時の一言ですね。
足を長く伸ばして座る様子からきているのでしょうか?

ながまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ながらまちけ とも言います。

 

中途半端 という意味です。

 

「あまりながらまじなごど、しゃべねでけねべが」
(あんまり中途半端なことを話さないでくれないでしょうか)
「ながらまじやるがらだめだなや」
(中途半端にやるから駄目なんだよ)

 

という風に使われます。

ながらまじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なずき、なづげ とも言います。

 

おでこ、額 という意味です。

 

「あんだのなじき、すこたまめんけぇな」
(あなたのおでこ、とても可愛いねぇ~)
「なんたらなじきっこひれぇわらすっこだごど」
(なんとおでこの広い子供さんですこと)
「おめのなずぎおっきな」
(あなたのおでこは大きいですね)

 

という風に使われます。

なじき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なしたど、なしたとが とも言います。

 

どうした?、どうしたって?、何をしたって? という意味です。

 

「なしたど、たがらくじさあだたてが」
(どうした?宝くじに当たったって?)
「さっぱしわがらねども、なしたどや?」
(さっぱりわからないんですが、一体どうしたのですか?)
「あっゃ~たまげだぁ、なしたどがぁ」
(あらぁ~呆れたことだわ!何をしたって?)

 

という風に使われます。

なした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうして、なんで という意味です。

 

「きょうなかいしゃどごやすむ~、なしてや?」
(今日、会社を休むですって?どうして?)
「なしてが、きょうなのみがだになってしまた」
(なんで(どういうわけ)かわからないが、今日飲み会になってしまった)

 

という風に使われます。

なして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なでかんで とも言います。

 

何でもかんでも、必ず、どうしても という意味です。

 

「おめぇだばなでかでほすがるな」
(あんたってば何でもかんでも欲しがるね)
「なんでかんでごしゃいでばがりいるがら、いっかどこえぇぐなってきた」
(なんでもかんでも、怒ってばかりいるからとても疲れてきた)

 

という風に使われます。

なでかで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいえどういたしまして、いいえ何にも という意味です。

 

「なもだ。なもなも」
(いいえ、どういたしまして)
「やっかになってごめしてけれったら、なもなもってしゃべられだ」
(お世話になってすみませんって言ったら、いいえ何にもですよと言われた)
「なもなも。しょしいがら、そったにきにしねでけれ」
(いいえ、どういたしまして。恥ずかしいからそんなに気にしないで下さいね)

 

という風に使われます。

なもなも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

思いっきり という意味です。

 

「こさきでなりったけなげなっ!へんぜどするよ」
(こちらに来て思いっきり泣きなさいよ!せいせいサッパリするよ)
「こさきてらへっぺしゃべって、なりったげげんきなれ」
(こちらに来たらいっぱい話して、思いっきり元気になりなさいね)

 

という風に使われます。

なりったけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なぼ とも言います。

 

いくら、どのくらい という意味です。

 

「このがっこだば、なんぼだ」
(このお漬物は、お幾らですか)
「このじぇんこ、なぼある?」
(このお金は、幾らあるんですか?)
「なぼしゃべってもわがらねがら、あまりごしゃぐなよ」
(いくら話しても分からないから、あまり怒るもんではないよ)

 

という風に使われます。

なんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なも とも言います。

 

何にも、何ともない という意味です。

 

「…なんも、すぐでぎるで~」
(何ともないよ、すぐに出来ますよ)
「なんもすったごどねーって」
(何にも気にするんじゃないよ、そんなことないって)

 

という風に使われます。

なんも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

煮立ったお湯 という意味です。

 

「にだぢゆでやげなった」
(煮立ったお湯でやけどしました)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「にそまる、にしょまる」があります。
これは「十分に煮詰まる」などという意味です。

 

転じて「服などが汗や泥で茶色く汚れる」状態を言ったりします。
こうなると不潔な状態を表します。

にだぢゆ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のぎ、のごい、ぬぎぃ とも言います。

 

暑い という意味です。

 

「きょうなばまんずのごいごど」
(今日はずいぶんと暑いです)
「こどしのなづなばぬぎがった」
(今年の夏は暑かった)
「ぬぎがらぬげ」
(暑いから脱ぎなさい)

 

という風に使われます。

 

これが「ぬり」になりますと
「ぬるい」という意味になります。

ぬぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬたくる とも言います。

 

お化粧をすること を指します。

 

「あだどこれがらあうのに、ちょこっとぬったぐってがらそっちゃいぐがら」
(あなたとこれから会う為に、少し化粧してからそちらに行くから)
「そなにぬったぐるな、みったぐなし」
(そんなにお化粧濃くするものじゃないよ、ブスになってるよ)

 

という風に使われます。

ぬったぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お願い、お願い事 という意味です。

 

「なとが ねぇぎゃこどだ」
(なんとかお願いします)
「なさねぇぎゃこどあるのだども」
(あなたにお願い事があるんだけど)
「ねぇぎゃこどきーてけろ」
(お願い事聞いてくれる?)

 

という風に使われます。

ねぇぎゃこど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大きな吹出物 のことです。

 

「しりさ、ねごぼでぎでしまっていすさねまらいね」
(お知りに大きな吹き出物が出来てしまって椅子に座れない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねこばる」があります。
これは「力む、踏ん張る」という意味です。

 

「ねこばってしゃべる」
(力んで話す)

 

という風に使われます。

ねごぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寝ようよ という意味です。

 

「そろそろねね」
(そろそろ寝ようよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ねねね」になりますと「寝なければならない」という意味になります。

 

「あすたあさまはえがらばんげはえぐ、ねねね」
(明日の朝が早いので、今晩は早く寝なければならない)

 

という風に使われます。

ねね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しなければ(いけない) という意味です。

 

「めしたがねばね」
(ご飯を炊かなければいけないね)
「べんきょしねばね」
(勉強しなきゃいけないなあ)
「あっこさいがねばねべ?」
(あそこに行かなくてはいけないでしょう?)

 

という風に使われます。

ねば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねぷかぎ、ねぷかげ とも言います。

 

これは「居眠り」という意味です。

 

「ねぶかぎうんてんじこのもど」
(居眠り運転事故の元)
「ちょうれいなんげけな。ねぷてくてねぷてくて、ねぷかげしてしまた」
(朝礼、長かったね。眠くて眠くて、居眠りしちゃった)

 

という風に使われます。

 

「ねぷて、ねぶてゃ」で、「眠い、眠たい」という意味です。

ねぶかぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

座る、座ってゆっくりする という意味です。

 

「こっちさきてねまれ」
(こちらに来て座りなさい)
「こえだべ、まずねまれ」
(疲れたでしょう、とりあえず座ってください)
「きのこえっぺあってよ、ねまったままとえだけ」
(きのこがたくさんあって、座ったまま採れたよ)

 

という風に使われます。

ねまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬぐだまる とも言います。

 

温まる、暖まる という意味です。

 

「これ、のごだまるな」
(これ、温まるねえ~)
「そどさびがったべ、まんずぬぐだまれ」
(外は寒かったでしょう、とりあえず暖まってください)
「さげのめばからだのすんがらぬぐだまる」
(お酒を飲むと身体の芯から暖まる)

 

という風に使われます。

のごだまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のさばる とも言います。

 

甘えん坊 という意味です。

 

「まんず、のさばりだごど」
(ずいぶんと甘えん坊ですこと)
「このぼっこは、すこたま、のさばりだからな」
(この赤ちゃんは、大変に甘えん坊さんだからね~)

 

という風に使われます。

のさばり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬだばる とも言います。

 

横になる、うつ伏せになる、寝る という意味です。

 

「はい、こごさのだばってくだせ」
(はい、ここに横になって下さい)
「あどのだばでだ」
(もう横になって寝ている)
「こしもむげ、そさぬだばれ」
(腰を揉むからそこにうつ伏せになりなさい)

 

という風に使われます。

のだばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬかがる とも言います。

 

寄りかかる という意味です。

 

「おぼでがら、おいさのっかがるなやめでけね」
(重たいから、私に寄りかかるのはやめてちょうだいね)
「ねまんなもこえくて、ぬかがりでなやな~」
(座るのもしんどくて、壁にでも寄りかかりたいのよね)

 

という風に使われます。

のっかがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とてもたくさん、ごっそりと という意味です。

 

「えのめさゆぎのっちりつもってらよ」
(家の前に雪がとてもたくさん積もっていたよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のっちめぐ、のっちめがして」があります。
これは「大騒ぎする」という意味になります。

 

「わらすがにがいでのっちめがしてあそんでら」
(子供が二階で大騒ぎして遊んでいるよ)

 

という風に使われます。

のっちり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飲み会 という意味です。

 

「らいしゅ、のみがだすっがら、おめもかだれ」
(来週、飲み会をするから、おまえも混ざれよ)
「ちゃっちゃどのみがだはじめっぺ」
(早く飲み会を始めましょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のめす」があります。
これは「やっつける」という意味です。

 

「んがどこのめしてけっか」
(お前をやっつけてやろうか!)

 

という風に使われます。

のみがだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はがえぐ とも言います。

 

捗る、量が進む という意味です。

 

「きょうははがえがね」
(今日は捗らない)
「おが、すこたま、はがいぐなぁ~」
(大袈裟だけども、大変に能率があがってるよねぇ~)
「みんなでやればしごどがはがいぐな」
(みんなでやると仕事が捗るね)
「ふろあがりのびーるははがいぐ」
(風呂上りのビールは量が進む)

 

という風に使われます。

はがいぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はっかめぐ とも言います。

 

びくびく、おどおど、ハラハラ、ドキドキ という意味です。

 

「ごしゃがれるかと、はかはかした」
(怒られるかと思ってびくびくした)
「でんしゃ、のりかえねばならねくてはかはかでじゃ」
(電車の乗り換えをしなくちゃならないのでドキドキする)
「あのひどといだらいっつもはかはかでなぁ」
(あの人といたら、いつもハラハラするよねぇ)

 

という風に使われます。

はかはか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばしまげる、ばすこぐ とも言います。

 

嘘をつく、ほらを吹く という意味です。

 

「おめえ、ばしこぐなよ」
(おまえ、嘘つくなよ)
「このばしこぎめ」
(この嘘つきが!)
「ばしこぐんでね」
(嘘を言うんじゃない)

 

という風に使われます。

ばしこぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はづめ とも言います。

 

利発、頭が良い、天才 という意味です。

 

「おめのおんじなばはずめだなや」
(あなたの弟は頭がいいんですね)
「はづめなこだなぁ」
(頭が良い子だなぁ)
「このわらすはずめなかおしてるな」
(この子供は利発そうな顔していますね)

 

という風に使われます。

はずめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きれいに取り去る、剥ぎ落としてかき集める という意味です。

 

「ままどごはだげれ」
(ごはんをきれいに食べなさい)
「こんびままもさいごまではだげでくえよ」
(オコゲのご飯も最後までかき集めて食べなさいね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はだぎ」があります。
これは「畑」という意味です。

はだげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

イナゴ という意味です。

 

「はったぎやびっきつかまえにいったら、べごっこいだのさ」
(イナゴやカエルを捕まえに行ったら、牛がいたのよ・・・)

 

という風に使われます。

 

殿様バッタのことも”はったぎ”と言うことがあるようです。
コオロギや鈴虫のことは言いません。

 

また”ばった”では「円形のメンコ」という意味になります。

はったぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばっぱ、ばう とも言います。

 

おんぶ という意味です。

 

「わらすがばっぽぉ~とあまえでだ」
(子供が”おんぶ~”と甘えていた)
「ほれ、ばばさばっぱへ」
(ほら、おばあちゃんにおんぶしなさい)
「つかえだ、おいでごばってけれで」
(疲れた~、おんぶしてよ~)

 

という風に使われます。

ばっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むせる、喉に詰まらせて吐く などという意味です。

 

「ぎゅうにゅどごあましいっきのみせばはばげるど!」
(牛乳をあんまり一気に飲むとむせるよ!)
「うるだでくちさものいれればはばげるがらちゅういせ」
(急いで口に入れると、むせて吐いてしまうから注意しなさい)
「もぢはばげできゅうきゅうしゃではごばえだどや」
(餅を詰まらせて救急車で運ばれたって)

 

という風に使われます。

はばげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

切る、切り分ける という意味です。

 

「ようかんもらたがらはやしてけ」
(羊羹貰ったから、切り分けて食べなさい)
「がっこねぐなったがら、はやしてきてけれ!」
(お漬物無くなったから、切ってきて下さい!)
「それはやして」
(それ切って)

 

という風に使われます。

はやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はらつえぇ とも言います。

 

お腹いっぱい、満腹 という意味です。

 

「ままくって、はらちや」
(ご飯食べて、お腹いっぱい)
「こえぐなるだけずっぱりたべたっけ、はらつえぇ」
(疲れるくらいにたくさん食べたら、お腹がいっぱいになった~)

 

という風に使われます。

はらちや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

憂鬱だ、嫌になってくる という意味です。

 

「何するっても、すこたま、はらやみするなっ」
(何をするにしても、とても憂鬱だし、イヤになってくるねぇ~)
「なんぼかんがえでもいっかどはらやみするなっ」
(いくら考えても、どうしても憂鬱だね)

 

という風に使われます。

はらやみする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はらあんべわり、はらべわり とも言います。

 

頭にくる、怒る、腹が立つ、胃痛がする という意味です。

 

「あえどしゃべってだっけ、はらわりぐなったで」
(あいつと喋っていたら、頭にきたよ)
「わいや、はらあんべわりぃの」
(私、お腹の調子が悪いの)

 

という風に使われます。

はらわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はんかくしぇ とも言います。

 

馬鹿馬鹿しい、役に立たない、中途半端、格好が悪い という意味です。

 

「そんたはんかくせごど言うな」
(そんな馬鹿馬鹿しいこと言うんじゃない)
「すこたまはんかくさいなぁ~なしたもんだべ」
(物凄く格好が悪いなぁ~、一体どうしたものでしょう・・・)
「あんだの今日のつらっこだば、すてこはんかくしぇっな」
(あなたの今日の顔は、ちょっとだけ格好がわるいなぁ)

 

という風に使われます。

はんかくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① むかつく、はがゆい という意味です。

 

「てんではんげ」
(超~むかつく)

 

という風に使われます。

 

② すごい という意味です。

 

「おめはんげな~」
(君はすごいなあ~)
「おめはんげあしはえなあ」
(あなたはすごく足が速いねえ)

 

という風に使われます。

はんげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夜、晩、夕方 という意味です。

 

「ばんげでんわするは」
(夜に電話するね)
「ばんげのままけ」
(夕飯を食べなさい)
「きょうのばんげ、きてたいん」
(今日の夜に、来てください・・・)

 

という風に使われます。

ばんげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無理だねー という意味です。

 

「なんだってばんぽだおの」
(どうしたって無理だもの)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ばがしゃべ」があります。
これは「おかしなこと、無理なことを言う様子」を指します。

 

「おが、ばがしゃべすなや!」
(母ちゃん、無理なことを言うなよ!)

 

という風に使われます。

ばんぽだな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

墓石、石塔 という意味です。

 

「じっちゃすんだがら、ひげどこしゃねばねな」
(お祖父さんが亡くなったので、墓石を建てなければね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひんじぇど(する)」があります。
これは「すっきりする、肩の荷が下りる」という意味です。

 

「てすとおわっでひんじぇどしだ」
(試験が終わって肩の荷が下りた)

 

という風に使われます。

ひげど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蛙(カエル)のことです。

 

「びったらけびっきどばっこべってびっきどえだけ」
(平べったい蛙と少し小さな蛙がいたよ)
「おたまじゃくしがいっとこまにびっきになるって、どでんするなぁ~」
(おたまじゃくしがいつの間にか蛙になるなんて、ビックリするよねぇ)

 

という風に使われます。

びっき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ビックリする という意味です。

 

「なもかもどでんするやらびっくらこぐやらで、たまげたもんだな」
(とにかくひっくりかえるだけビックリだらけで、呆れたもんだね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぴくめぐ」があります。
これは「倒れている様子」を表す言葉です。

 

「おど、ぶっころんでぴくめでらっけ」
(お父さん、転んで倒れていたよ)

 

という風に使われます。

びっくらこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びっこたっこ、びっこたっご とも言います。

 

アンバランス、左右反対、長さが違う、不揃い という意味です。

 

「おんび、びっこたんこになってらよ」
(帯、アンバランスになってますよ)
「いそいででできたどもくずびっこたっこはいできた」
(急いで出てきたので靴が左右反対に履いてきた)
「くづしだどごびっこたっごにはでだ」
(靴下をばらばらに履いていた)

 

という風に使われます。

びっこたんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひとかたげ とも言います。

 

一食分(のおかず) という意味です。

 

「ひとがだぎだどもとってけれ」
(一食分だけ取って下さい)
「おめぇがざっことっきでてけだもんだがら、ひとかたげたすかった」
(あなたがお魚を捕ってきてくれたものだから、一食分助かったわ)

 

という風に使われます。

ひとがだぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひとめわりい とも言います。

 

(世間様の目が気になって)恥ずかしい という意味です。

 

「このかっこだばなんとひとめわりで」
(こんな格好ではとても恥ずかしくて)
「こったごどだばひとめわりくて、やってられねっ」
(こんな事ならば恥ずかしくてやってられないわ)

 

という風に使われます。

ひとめわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひまづれ、ふまづれ とも言います。

 

お手間を取らせる という意味です。

”そんな事に付き合ってる場合じゃないのに”という感じを含むようです。

 

「きょうなひまだれかげでもうしわげにゃがったんし」
(今日はお時間をとらせて申し訳ありませんでした)
「かがのかいものさぎきあわされんのはまんずひまづれだ」
(妻の買い物に付き合わされるのは本当に時間の無駄だ)

 

という風に使われます。

ひまだれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふゃーほろぎ とも言います。

 

灰皿 という意味です。

 

「そごのひゃーほろぎとってけれ」
(そこにある灰皿を取って下さい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひぃもどる」があります。
これは「湿気る、湿気ってしまう」という意味です。

 

「このせんべひぃもどった」
(このおせんべい湿気ってる)

 

という風に使われます。

ひゃーほろぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びゃっこ、ばっこ とも言います。

 

少し、多少、僅か という意味です。

 

「それびゃっこけれ」
(それ少しちょうだい)
「びゃっこしょっぴゃ」
(少し塩辛い)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひゃっこ」があります。
これは「蠅(ハエ)」のことです。

 

また「ひゃっけ」ですと「冷たい」という意味になりますよ。

びやっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひやみこき と使う場合もあります。

 

腰が重い、面倒くさがり という意味です。

 

「あのひとだば、なんとひやみで・・・」
(あの人ってば、本当に面倒くさがりで・・・)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひやしね」があり
これは「騒がしい」という意味です。

 

「なんだて、ひやしねごど」
(なんとまあ、騒がしいこと)

 

という風に使われます。

ひやみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばんがり とも言います。

 

殴られる、叩かれる という意味です。

 

「きんなせんぱいにひんがりやられだ」
(昨日、先輩に叩かれた)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「ひんで、ひで」があります。
これは「ひどい」という意味です。

 

「まんずひでなぁ」
(本当にひどいねぇ)

「ひでそらだ」
(ひどい天気だ)

 

という風に使われます。

びんが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

久しぶり、元気だったか という意味です。

 

「おお!ぶじょほだったな、まめでらが?」
(おお!しばらくぶりですね、元気でしたか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ふうじょ」があります。
これは「値札、プライスカード」という意味になります。

ぶじょほ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叩く という意味です。

 

「おどにぶったがれだー」
(お父さんに叩かれた~)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ぶちゃぐ」があります。
これは「殴る」という意味です。

 

「なしてべったどごぶちゃぐなや」
(なんで弟のことを殴るのよ)

 

という風に使われます。

 

また、「ふたばる」ですと「死ぬ」という意味になりますよ。

ぶったぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

放り出す という意味です。

 

「あやーおらのもんふっぽがしてった」
(あらー私の物を放り出して行った)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぶっちゃぐ」があります。
これは「破る」という意味です。

 

「はらわりしてぶっちゃいだ」
(腹が立って引き裂いてやった)

 

という風に使われます。

ふっぽがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっと という意味です。

 

「ふてこ、あべでゃぁ」
(ちょっと付き合って下さい)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ふとやっこ、ふっとやしんま」があります。
これは「少しの時間、ちょっとの間」という意味です。

どちらもほとんど同じように使用されます。

ふてこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふどぢ とも言います。

 

同じ、似ている、ほとんど同じ という意味です。

 

「あのふたりはかおがふとじだ」
(あの二人は顔が似ている)
「そいだばおめもふとじだ」
(それだったらお前も同じなんじゃないの)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ふとめわり」があります。
これは「恥ずかしい」という意味です。

ふとじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暴れる、駄々をこねる という意味です。

 

「さげのんでふんじぐるなよ」
(酒を飲んで暴れるなよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぶなげる」があります。

これは「捨てる、ぶん投げる」という意味です。

 

「あああれぶなげでしまたで」
(ああ、あれなら捨てたよ)

 

という風に使われます。

ふんじぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひづね、へづね とも言います。

 

つらい、疲れた、切ない という意味です。

 

「な~んと、へじねなぁ」
(うわー、つらいなぁ)

 

という風に使われます。

 

これには心労も含みますよ。

 

似たような言葉では「へづらね」があります。
これは「落ち着かない」という意味です。

 

「なんだがへづらねくて・・・」
(なんだか落ち着かなくて・・・)

 

という風に使われます。

へじね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひじゃかぶ、ひざかぶ とも言います。

 

膝小僧 という意味です。

 

「ぼぼごのへぢゃかぶしたげめんけな」
(赤ちゃんの膝小僧が超可愛いね~)

 

という風に使われます。

 

体の部位を指す言葉には、他にも「へっちょ」があります。

これは「へそ(臍)」という意味です。

 

また、「へのご」は「男性器」を表し
「べった」だと「女性器」という意味になります。

へぢゃかぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小さい という意味です。

 

「いいふりこぎでも、おめのなりべってな」
(格好つけてるけど、あんた身長小さいよ)
「おえんのやろこ、いずまでもべってくて」
(うちの息子、いつまでも小さくて)
「べってめんけな」
(小さくて可愛いね)

 

という風に使われます。

べって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

背中 という意味です。

 

「へながけー」
(背中がかゆい~)
「あ~、へながかいてけろ~」
(あ~、背中をかいて下さいよ~)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「へげ」があります。
これは「側溝」という意味です。

 

「へげさおちだ」
(側溝に落ちた)

 

という風に使われます。

へなが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

したらしぇ とも言います。

 

そうしたら、それじゃあ という意味です。

 

「へばこぇがらのみにいぐが」
(それじゃあ、これから飲みに行こうか)
「へばな~」
(それじゃあ、またね~)
「へば、おめはそえでえなが?」
(それなら、あなたはそれでいいの?)

 

という風に使われます。

 

これが「へばなしたっちょ!」ですと
「それがなにか?」という意味になります。

へば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

姉さん女房の夫婦のこと、奥さんが年上であること を指す言葉です。

 

「あこのえなばへらだど」
(あそこの家は奥さんのほうが年上だそうよ)
「へらのほがうまぐいぐんだど」
(夫婦は姉さん女房の方がうまくいくんですってよ)

 

という風に使われます。

へら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へらづぐ とも言います。

 

① 口を挟む、いらぬ手出しをする という意味です。

 

「おえだあづまったばへらへらどきたけおんな。ほんてんへらづでえらしぐね」
(私達が集まっていたら、またおせっかいに来たものね。本当に何にでも口出して腹が立つ人だわ)

 

という風に使われます。

 

② 胸焼けの状態を指します。

 

「えっぺくいすぎでへらへらで」
(沢山食べ過ぎてむかむかする)

 

という風に使われます。

へらへらで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① せいせいする という意味です。

 

「うるせあばいねしてへんじぇどするな~」
(煩い女房がいないとせいせいするなあ~)

 

という風に使われます。

 

② たくさん という意味です。

 

「さげだばへんじぇどのんで、なんもしごどさね」
(お酒ばっかりたくさん飲んで、何も仕事をしない)

 

という風に使われます。

へんじぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弾む という意味です。

 

「よぐほげるぼーるだごど」
(よく弾むボールですこと~)
「このぼーるぜんぜんほげねなあ」
(このボール全然弾まないなあ)
「おどのはら、ぼーるみたいによぐほげてら」
(お父さんのお腹、ボールみたいによく弾んでるわ)

 

という風に使われます。

ほげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんなこと という意味です。

 

「ほだなごといったってわがらね」
(そんなこと言ったってダメだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほでね」があります。

これは「知らない、覚えが無い」という意味です。

 

「おえなばほでねな」
(私は知らないね)

 

という風に使われます。

ほだなごと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追いかける という意味です。

 

「おなごのけつばり、ぼっかげるのだばひといぢばいだな」
(女の子のお尻ばっかり追いかけるのは人一倍ですねえ)

 

という風に使われます。

 

これが「ぼう」ですと「追い払う」という意味です。

 

「はえうるせな~、ぼってけれ」
(ハエうるさいなあ~、追っ払ってちょうだい)

 

という風に使われます。

ぼっかげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほけす とも言います。

 

掘り起こす、掘り返す という意味です。

 

「ここさはなうえるがぁ?よし!こごどごほっけす!」
(ここに花を植えましょうか?よし!ここを掘り起こそう!)
「はがどごほけせばででくるど」
(墓を掘り返すと(幽霊が)出てくるぞ)

 

という風に使われます。

ほっけす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼぼこ とも言います。

 

赤ちゃん という意味です。

 

「あのぼっこめんけな~」
(あの赤ちゃん可愛いね~)
「そごのえのよめこぼっこもったど。えがたな~」
(あの家のお嫁さんお腹に赤ちゃんが出来たんだって。良かったね~)
「めんけぼぼこだごど」
(可愛い赤ちゃんだこと)

 

という風に使われます。

ぼっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼこす、ぼっかす とも言います。

 

壊す という意味です。

 

「そのはごいらねがらねぼこしてけれ」
(その箱いらないから壊して下さい)
「おもちゃぼこしたのおめだべ」
(おもちゃを壊したのはおまえだな)

 

という風に使われます。

 

これが「ぼこえる、ぼこいる、ぼっこえる」になると「壊れる」という意味になります。

 

「あんまりちょすとぼこえんぞ!」
(あんまりいじると壊れるよ)

 

という風に使われます。

ぼっこす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほろう とも言います。

 

払う、払い落とす、振る という意味です。

 

「せながさごみついてら、ほろってけろが?」
(背中にゴミが付いてるよ、払ってあげようか?)
「すなどごほろてけ」
(砂を払い落としてきなさい)
「おなごだえっぺつでほろぎたてならね」
(女にモテてモテて払いきれない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほへる」があります。
これは「乾く」という意味です。

ほろぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほじね、ほんじね とも言います。

 

常識がない、馬鹿な、間抜けな、思慮が浅い という意味です。

 

「ほんとにほんじねぇごどした」
(本当に馬鹿なことをした)
「ほんじねぇわらし」
(物分かりが悪い子ども)

 

という風に使われます。

 

学力が無いというよりは、適切な判断力に欠けるという意味で使います。

 

関連する言葉では「ほんずげなす」があります。
これは「この馬鹿者」という意味です。

ほんじなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

信じる という意味です。

 

「なんでもほんにしたたてでぎね」
(何でも信じたところで出来ない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほんとこ」があります。
これは「本当のこと、本当の勝負=真剣勝負」などという意味です。

 

対して”嘘っこ”は「やぐど」と言います。

ほんにする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぼす という意味です。

 

「じゅーすまがしたべ」
(ジュースこぼしたでしょう)
「こっぷのみずまがしてしまった」
(コップの水をこぼしてしまった)

 

という風に使われます。

 

これが「まがる」になりますと「こぼれる」ということ。
また「雨が大量に降る」という意味もあるようです。

 

「きょうのあめはまがったな」
(今日の雨はひどかったね)

 

という風に使われます。

まかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ダメ、良くない、まずい という意味です。

 

「こごでたばごすえばまぐね」
(ここでタバコを吸うのはまずい)
「まぐねって?いやいやまさがや、そんたごどねでゃ」
(ダメだって?いやいやまさか、そんなこと無いでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まんじぇね」があります。
これは「幼稚だ、幼稚な」という意味です。

まぐね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

転がる という意味です。

 

「ほれみれ!あのいぬまぐれでだ」
(ほら見てみろ!あの犬転がっているよ)

 

という風に使われます。

 

これが「まぐれんこ」ですと「前転」という意味になります。

 

似た言葉では「まぐらう」があります。
これは「食う、喰らう」という意味です。

 

「まままぐらう」
(ご飯を喰らう)

 

という風に使われます。

まぐれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

股、分かれている部分 という意味です。

 

「まっかさみずつでだど」
(股に水が付いているよ)

 

という風に使われます。

 

例えば”まっか大根”というのは
”根元が二本とか三本に分かれた不良品”で、こういう代物は売り物にならないんですね。

 

似た言葉では「まっぺ」があります。

 

「まちぺ、まつぺ、まっちぺ」とも言います。
これは「眩しい」という意味です。

 

「あ~まちぺ!」
(あ~眩しい!)

 

という風に使われます。

まっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

丁寧、真面目で慎重 という意味です。

 

「までにあらってけれ」
(丁寧に洗ってください)
「おめのしごどはまでだなあ」
(あなたの仕事は丁寧ですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まじぇね」があります。
これは「何事にも臆することなく取り組める様」を表します。

 

「あそこんちのあんこはまじぇねな」
(あそこの家のあの子は物事に臆さないね)

 

という風に使われます。

まで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眼、目 という意味です。

 

「まなぐいでは」
(眼が痛いよー)
「かふんしょでまなぐのあべわりよー。うだでー」
(花粉症で目の調子が悪いよー。うっとうしい~)
「おめのまなぐはどこさある♪」
(おまえの目玉はどこにある♪)

 

という風に使われます。

まなぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

負けじと、張り合って という意味です。

 

「まえがてく」
(張り合って食べる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まひ、まひぇぼ」があります。
これは「ズボンのジッパー、チャック」のことです。

 

「まひぇぼあいでるど」
(ズボンのチャック開いてるよ)

 

という風に使われます。

まへがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご飯 という意味です。

 

「ままけ」
(ご飯食べなさい)

 

という風に使われます。

 

これが「ままきゃし」ですと「大食い」という意味です。
「ままじゃめ、ままざめ」では「炊事、ご飯の支度」という意味です。

 

「ままざめさねもね」
(ご飯の支度をしなければならない)

 

という風に使われます。

 

また「ままじぇん」で「お膳、食卓」という意味になります。

まま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弁償する という意味です。

 

「がらすわったなまゆえよ」
(ガラス割ったのなら弁償しなさいよ)

 

という風に使われます。

 

「まゆえよー」ですと「弁償しろよ」という意味になります。

 

「まゆったが」ですと「弁償したか?」と、疑問形になります。

 

「まゆったよ」ですと「弁償したよ」という肯定の形になります。

 

「まゆわねば」ですと「弁償しなければならない」という意味です。

まよう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ろくな という意味です。

 

「まるくたものにゃな」
(ろくなものが無いな)
「やづはまるくたもんでね」
(あいつはろくな者じゃない)
「まるくたごっつぉでねがったは」
(ろくなご馳走が出なかったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まるぐ」があります。
これは牧草や藁を束ねる時に使われます(草まるぎ、藁まるぎ)。
今は全部機械がやってくれますから、手でまるぐことも少なくなりましたね。

まるくた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

本当に という意味です。

 

「きょうばまんずさみなー」
(今日は本当に寒いねー)
「まんずきれいだな」
(本当に綺麗ですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まんつ」があります。
これは「まず、ひとまず」という意味です。

 

「へば、まんつ~」
(それでは、さようなら~)

 

という風に使われます。

まんず  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

好き嫌い という意味です。

 

「あれなばまんすくれぇするから」
(あいつは好き嫌いをするから)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まんちくれ」があります。
これは「丸ごと、全部」という意味です。

 

「ほえ、まんちくれくえじゃ」
(それ、丸ごと全部頂戴)

 

という風に使われます。

まんすくれぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

短い という意味です。

 

「おめのたいそうふぐのずぼん、みちきゃな」
(あなたの体操服のズボン、短いですね)
「みちきゃ!おめそれだばみだぐねどー」
(短かいな!おまえそれではみっともないだろ~)
「このひもみちきゃな・・・とどかんね」
(この紐短いなあ・・・届かないよ)

 

という風に使われます。

みちきゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みたいだ という意味です。

 

「きょう、おおゆぎふるみったで」
(今日、大雪が降るみたいですよ)

 

という風に使われます。

 

また、使い方によって「見てみなよ」という意味にもなります。

この場合は

 

「あのとりどごみでみった」
(あの鳥の所を見てごらん)

 

という風に使われます。

みった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

今に見ていろ、見ていてごらん という意味です。

 

「みでれっこの! / そったもの、みでられねでゃ」
(今に見てろ!この野郎! / そんなもの、見てられないよ)
「みでれ、たごかかるど」
(見ていてごらん、蛸がかかるよ)

 

という風に使われます。

みでれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

臆病者、いくじなし という意味です。

 

「このねごっこおがだぢこえのが、みのごなしだな~」
(この猫ったら雷が怖いのかしら、臆病者だねえ)

 

という風に使われます。

 

「みみのしり」という言葉もあります。
これは「耳の後ろのあたり」を指すようです。
子供はよく「みみのしりよぐあらえ!」と言われるようです。
大人は加齢臭が出る場所のようなので、やはり良く洗うことが大事みたいです。

みのごなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みのはじ とも言います。

 

親戚、身内 という意味です。

 

「おどさんのほのみまぎなば」
(お父さん方の身内の方なら)
「けっこんしぎには、いながのみのはじまんちくれくる」
(結婚式には、田舎の親戚が全部来ます)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「まぎ」があります。
これは「親族、血族」という意味で、親戚よりも範囲が広くなるようです。

みまぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みじゃ とも言います。

 

台所、流し、炊事場 という意味です。

 

「ちゃわんみんじゃさもってげ」
(お茶碗を流しに持って行きなさい)
「あばなばみじゃさえだ」
(妻は台所にいます)

 

という風に使われます。

 

これは”水舎(みずや)”が語源で転訛したものと思われます。

 

「みじゃしり」では「下水を流す」という意味になるようです。

みんじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むんじける、むんちける とも言います。

 

言うこと聞かない、すねる、怒る、むっとする という意味です。

 

「わえのとらくたーむぐれでわっぱがだ」
(うちのトラクターは言うことを聞かなくて大雑把だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「むげっちょね」があります。
これは「へそ曲がり、頑な」という意味です。

むぐれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むしあげる、むしあがる とも言います。

 

ひきつけを起こす、心臓麻痺になる という意味です。

 

「あまりこちょがすな!むしおごすは!」
(あんまりくすぐるんじゃない!ひきつけ起こすわ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「むじな」があります。
これは「寝たふり」という意味です。

 

「むじなこいでるやづいだな」
(寝たふりしている奴がいたなあ)

 

という風に使われます。

むしおごす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めどつれ、めどつれね とも言います。

 

かわいそう、気の毒 という意味です。

 

「となりのおど、がんでしんだど・・・むどちらだな~」
(隣のお父さん、癌で亡くなったんだって・・・気の毒だなあ)
「あのわらす、ほんどにめどつれねな」
(あの子供、本当にかわいそうよね)

 

という風に使われます。

むどちら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めくしぇ、めぐせゃ、めぐせぇ とも言います。

 

醜い、みっともない、ブス、目障り などという意味です。

 

「めくせな~、しゃきっとしろ!」
(みっともないわね、きちんとしなさい!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「めくされ」があります。
これは「目の病気、眼病」ですとか
”周囲を良く見ていない人”に対して罵る場合に使ったりします。

 

「このめくされ」
(どこに目つけてんのよ)

 

という風に使われます。

めくせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

紛失、失くす、どこかにやってしまう という意味です。

 

「だいずなほんどご、めなぐすなよ」
(大事な本とか、失くすんじゃありませんよ)
「なじょしましょう、こんやくゆびわめなぐすてしまった」
(どうしましょう、婚約指輪を失くしてしまいました)

 

という風に使われます。

めなぐす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見えない という意味です。

 

「むんじんめねんたぐもねでも」
(まったく見えないと言う訳でもないようだけど)
「あっさまきりひんでぇくてまえめねもの、うんてんすなさこえ」
(朝は霧が濃くて前が見えないんですもの、運転するのが怖いわ)

 

という風に使われます。

めね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

申し訳ない という意味です。

 

感謝の意をこめた「すみません」という使い方をします。

 

「いろいろもらってめぶがねんす」
(色々と頂いてしまって申し訳ないです)
「そのざっしっこおらさもめひぇでけれ、めぶがねんす」
(その雑誌を私にも見せてください、すみませんねぇ)

 

という風に使われます。

めぶがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めんけぇ とも言います。

 

可愛い という意味です。

 

「めんけこだごどぉ」
(可愛らしい子だなぁ~)
「めんけおなごだな)
(可愛い女の子ですね)

 

という風に使われます。

 

これが「めんこ、めんちょこ」ですと、
「甘やかされている子、お気に入りの子」という意味になります。

例えば、教室でひいきされている子は、「○○先生のめんこ」という言い方をされます。

めんけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お化け、化け物 という意味です。

 

「いうごどきがねば、もーくるど!」
(言う事をきかないと、お化けが来るよ!)
「こんつけでばかりいるどもーがでるど~」
(いじけてばっかりいたら、お化けが出るよ~)

 

という風に使われます。

もー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もたもた という意味です。

 

「もかもかするな」
(もたもたするんじゃない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「もっけ」があります。
これは「困った、困りもの」という意味です。

 

「あえももっけなもんだぜ」
(あの人も困ったものね)

 

という風に使われます。

もかもか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もじゃね とも言います。

 

幼い、分別のない、子供っぽい、年齢より幼い、考えが足りない という意味です。

 

「はだちすぎだなさ、もじゃねなー」
(二十歳過ぎたのに、幼いわねえ)
「なんぼえなてももじゃねくてもっけなもんだ」
(いくつになっても子供っぽくてね、困ったものです)

 

という風に使われます。

もじゃねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もへぇあがる、もへしょう とも言います。

 

調子に乗る、おだてに乗る という意味です。

 

「おがもへなるとけがするど」
(あんまり調子に乗っていると怪我するよ)
「ほめればもへぇあがって」
(褒めれば調子に乗っちゃって)
「ぶだももへしょわへればきさのぼる」
(豚もおだてりゃ木に登る)

 

という風に使われます。

もへなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もごす とも言います。

 

(大便、小便を)漏らす、お漏らしする という意味です。

 

「おみゃ、きのう、しょんべ、ももしたべ」
(あなた、昨日おしっこ漏らしたでしょう)
「はやぐいってけれー!しょんべももす~」
(早く行ってください、おしっこ漏れちゃう~)

 

という風に使われます。

ももす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もよう、もよおす とも言います。

 

着替え、着替える という意味です。

 

「はやぐもよえ」
(早く着替えなさい)
「ねるめにぱじゃまにもよる」
(寝る前にパジャマに着替える)
「かーてんしめねでもよえてら」
(カーテンを閉めないで着替えているよ)

 

という風に使われます。

もよる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

紙などをぐちゃぐちゃにする という意味です。

 

「あますもじゃぐな」
(あんまりぐちゃぐちゃにするんじゃない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「もじゃにゃ」があります。
これは「散らかっている、汚い」という意味です。

 

「おれのへやはもじゃにゃ」
(俺の部屋は散らかっています)

 

という風に使われます。

もんじゃぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

厄介になる、お世話になる という意味です。

 

「やがなったじゃ」
(ご厄介になりました)
「やがなっていでありがでじゃ」
(お世話になっていてありがたいです)
「ゆべなやがなてわりがったな」
(昨夜はお世話になってすみませんでした)

 

という風に使われます。

やがなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やきもちを妬く という意味です。

 

「おめ、ぼんぼばりめんけがれば、やろこやがごむでろ」
(あなた、赤ちゃんの方ばかり可愛がったら男の子が妬くでしょ)
「なにおめ、やがごんでるのが」
(何よ、あなた、やきもちを妬いているの?)

 

という風に使われます。

やがごむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

情けない という意味です。

 

「おらえのおやずなば、やざねった!」
(うちの親父ったら、情けないったら!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やうぢもめ」があります。

これは「家庭内争議」とか「家内揉め?」というニュアンスの言葉です。

 

「あのはなすひろがてよ、やうぢもめしたどや」
(あの話が広がってね、家庭内争議になったんだって)

 

という風に使われます。

やざね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やじがね、やぢがね とも言います。

 

駄目だ、良くない という意味です。

 

「そえだばやざねえ」
(それじゃあ、駄目だよ)
「このくるまちょうしわりしてやじがねな~」
(この車、調子が悪くて駄目ですね~)
「んたごどへばやじがねでろ!」
(そういうことしたら駄目でしょ!)

 

という風に使われます。

やざねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

困る、大変なこと という意味です。

 

「あのわらしなばやじまげだ」
(あの子供は困った子ですよ)
「やじまげだごど~」
「困ったもんだねえ~)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「やしぇこしぇね」があります。
これは「痩せて体力がない様子」などを表します。

 

「やしぇこしぇねもんな」
(体力がなさそうだもんね)

 

という風に使われます。

やじまげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いじめる、からかう、馬鹿にする という意味です。

 

「あんますやしめるなよ」
(あんまりいじめるんじゃないよ)
「おえだのこうじょなばいながだとてほんしゃのもんだからやしめらえでよ」
(私達の工場なんて田舎だからって本社に馬鹿にされててね)

 

という風に使われます。

やしめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やせうまっこ、やへまん、やへうまんこ とも言います。

 

お年玉、金額の少ないお年玉 という意味です。

 

「やへうまんこださんてこっちゃこい」
(お年玉あげるからこっちへおいで)
「やせまこもらったが?」
(お年玉はもらったかい?)

 

という風に使われます。

やせまこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介