HOME -> 青森の方言 

はい、分かりました、分かった という意味です。

 

「あぁ・・・んだんずな」
(はい・・・そうですか、わかりました)

 

という風に使われます。

 

「ああ~?」ですと「いいえ、いや」という意味です。

 

「あぁ~?そえだばちがる」
(ううん、それでは違います)

 

という風に使われます。

あぁ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ああへば、あせば、あへば とも言います。

 

ああすると という意味です。

 

「ああせばみんなさめいわぐかがるんだんでぇ」
(ああするとみんなに迷惑がかかるんだよ)
「ああへばしっぱいしてまるして、かいでらどぉりにやんねばねぇの」
(ああすると失敗してしまうから、書いている通りにやらなくてはならないの)

 

という風に使われます。

ああせば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あれ、あの人、あいつ、あの野郎 という意味です。

 

「あいっきゃ、わいのくるまだんでぇ」
(あれは、私の車なんだよ)
「あいわとばわしえだんだって」
(あいつったら私を忘れたんだって)

 

という風に使われます。

 

これが「あいど、あいんど、あらんど、あらど」 では
「あの人たち、彼等」 という意味になります。

あい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あいでなね とも言います。

 

弱くて相手にならない、力量に差があって勝負するのに不足である という意味です。

 

「あっこのちーむっきゃ、あいでくせ」
(あそこのチームは、相手にならない)
「わどしょんぶすたってあいでなねね」
(私と勝負しても相手になりませんよ)

 

という風に使われます。

あいでくせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんでで とも言います。

 

あれでいて という意味です

 

「おうようだよんでで、あいででながながだに」
(鷹揚にみえるが、あれでいてなかなかな性質だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あいでば」があります。

これは「了解」などの”相づち”になります。

 

「あいでば、んだべ」
(そうなんだよ、判ったでしょ)

 

という風に使われます。

あいでで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あえどり とも言います。

 

餅つきの相手、助手  のことを指します。

 

「おめあえどりじょじだなあ」
(あなたは餅つきの相方が上手いね)

 

という風に使われます。

 

転じて単に”助っ人”の意味で使うこともあります。
しかし、お餅を杵でつく風習が無くなりつつある昨今では、
この言葉も使われなくなりつつあります。

あいどり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あがしっこ、あがしこ とも言います。

 

灯り、明かり、灯明(神棚や仏壇の蝋燭の火、提灯などの火)のことを指します。

 

「ほどげさまのあがしばけしてけ」
(仏様(仏壇)の灯りを消してちょうだい)
「あら、ていでん、あがしっこつけでけろ」
(停電だよ、明かり(ローソク)を下さい)

 

という風に使われます。

 

厳密に区別されているわけではありませんが、
「あがし」は「火」を使うものを指すことがあるようです。

あがし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蛍光灯、ランプなどの灯り のことです。

 

「部屋のあがりついでらった」
(部屋の灯りがついていた)

 

という風に使われます。

 

「あがりっこ」で「明るい」という意味になります。

 

「あっちさあがりっこめできたなー」
(あっちの方に明かりが見えてきました)

 

という風に使われます。

あがり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飽きた気分、飽き という意味です。

 

「ずっとまってらったっきゃあぎっきしてきた」
(ずっと待っていたら飽きてきた)
「たんげねすてあぎだじゃ」
(そろそろ飽きてきました)

 

という風に使われます。

 

「あぎらがす、あぎだ」も「飽きる」「退屈する」 という意味です。

 

「おもちゃこかっでも、すぐあぎらがすはんでな」
(おもちゃを買っても、すぐに飽きてしまうからな)

 

という風に使われます。

あぎっき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

”あくと”の転訛です。

 

”あくと”を、漢字で書くと「踵」。

つまり、かかと のことです。

 

「あぐどかゆーい!」
(かかとがかゆーい!)
「あぐどぶつけだ」
(かかとをぶつけた)
「あぐど、いでぃなくすりねな」
(かかとが痛い、薬はありませんか)

 

という風に使われます。

 

「あぐどがらみ」は 「踵(かかと)当て」という意味になります。

あぐど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あくたいる とも言います。

 

悪さをする という意味です。

 

「あぐだればこぐなっ」
(悪さをするなっ)
「このわらしあぐだればりこいで」
(この子供は悪さばかりをして)
「むがすあくたいだもんだー」
(昔は悪いことをしたもんだ)

 

という風に使われます。

あくだえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

顎、口の中の上の部分、口蓋、顎の下 のことです。

 

軟口蓋、硬口蓋を含めた広い領域を指します。

 

「あげたさ、もぢふかがたじゃ」
(上顎に、お餅がくっついたー)
「あげたぁーはんじぃだー」
(顎がはずれた~!)

 

という風に使われます。

あげた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげほげ とも言います。

 

神仏への供え物 のことです。

 

「ほんけさあげものもっていった」
(本家に(仏前に供える)供え物を持って行った)
「ほどげさまさあげほげすたな」
(仏前にお供物をあげましたか?)

 

という風に使われます。

 

油で揚げた食べ物も「揚げ物」と言います。
アクセントも同じです。
会話の前後で判断が必要ですね。

あげもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人に対する悪口、文句、苦情、不満 などのことです。

 

「あこもこばりしゃべってればわがねよ」
(文句ばかり言っていればだめだよ)
「あこもこほる」
(悪口を言う)

 

という風に使われます。

 

「あこもっこ、あっくもっく」とも言います。

漢字で書くと悪口(あっく)文句(もっく)。

”悪口(あっく)” は仏教用語で、人をいかにも悪いように言うことで、
”文句” も ”相手に対する不服、苦情” のことです。

 

「あのふとあっくもっくばりしゃべるして、いやだじゃ」
(あの人文句ばかり言うから、嫌だ)

 

という風に使われます。

あこもこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あさぎ とも言います。

 

徒歩、歩く という意味です。

 

「よるおそぐまであさぐんでね」
(夜遅くまで出歩いてるんじゃない)
「あさぐじこいどもねが」
(歩くのはつらいと思いませんか)
「まいあさあさぎじっきろ」
(毎朝、徒歩10キロ)

 

という風に使われます。

あさぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

朝 という意味。

 

「あさまおぎだっきゃつもってだ」
(朝目覚めたら(雪が)積もっていた)
「あさまっからさげっこのんでら」
(朝間から酒を飲んでいる)
「あさまがられんしゅだど」
(朝から練習するんだって)

 

という風に使われます。

 

漢字で書くと ”朝間”、つまり、朝の間=朝 ということですね。

あさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あずましい、あんずましい とも言います。

 

ゆったりして落ち着く、心地よい、気持ちが良い という意味です。

 

「このごろあじましぐままくっでね」
(この頃、落ち着いて御飯を食べていない)
「やっぱし、うぇのえがあずましいじゃ」
(やっぱり、うちの家が落ち着く)
「あだらしいえっこ、あずましいな」
(新しい家、落ち着きますね)

 

という風に使われます。

あじましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんずがう、あんずがる、あずがる とも言います。

 

世話する、養う、食べさせる、育てる、飼う という意味です。

 

「ばばいぬあずがってら」
(お婆さんが犬を飼っている)
「むがしはねごのこっこあずがってだもんだ」
(昔は猫を飼っていたものです)
「ままあずがってかへでもらてらね」
(ごはんを食べさせてもらってます)

 

という風に使われます。

あずがう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

脳卒中、脳梗塞など脳血管系の疾病にかかりやすい家系 を指す言葉です。

 

「うぇのえあだりまぎだしてなぁ・・・」
(うちの家は脳卒中にかかりやすい家系だからなぁ・・・」

 

という風に使われます。

 

「まぎ」は親戚をあらわす言葉の「おやぐまぎ」からきています。
また、「あだりがえし」は「脳卒中の再発」ということです。

 

あだる」のページも併せてご覧ください。

あだりまぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 脳卒中、脳梗塞など脳血管系の疾病にかかる という意味です。

 

「わいのほのじじあだって10ねんさなる」
(うちのおじいちゃんは脳卒中になってから10年になる)

 

という風に使われます。

 

② (暖をとるため)火にあたる という意味です。

 

「こっちゃきでひさあだれ」
(こっちに来て火にあたりなさい)

 

という風に使われます。

あだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっからど とも言います。

 

口を開けて、ぽかんとしている様子 をあらわす言葉です。

 

「なにあっからどしてらんだば」
(何ポカンとしてるの?)
「あっかどしてればはえはるね」
(口を開けているとハエが入るよ)

 

という風に使われます。

 

「あっけね」では「つまらない、少ない」という意味です。

 

「あっけねんたこどさべてもまえねね」
(つまらない話をしてもダメ)

 

という風に使われます。

あっかど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① あそこ という意味です。

 

「さがな、ほれ、あっこさいだべな!」
(さかなが、ほら、あそこにいるじゃないの!)
「あっこさいてきたな」
(あそこに行って来ましたか)

 

という風に使われます。

 

② 水 という意味です。

 

小さな子供に向かって

 

「あっこのむのが?」
(水を飲むのかい?)

 

などと使われます。

あっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① お母さん のことです。

 

”あば” では、「叔母」「母」 という意味。
”あっぱ”になると、「奥さん」という意味になります。

 

「おいのあっぱまだかえってねじゃ」
(うちの奥さんまだ帰ってきていません)

 

という風に使われます。

 

② あっち、あちら という意味です。

 

「あっちゃさあだまさげねいぐ」
(あちらの方に謝らないと)

 

という風に使われます。

 

これが「あっちゃこっちゃ」になると「あっちこっち」という意味になります。

 

「あっちゃこっちゃ歩がさな!」
(あっちこっち歩きなさんな)

 

という風に使われます。

あっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

向こう、まあ!、あらまあ!(大変だ)という意味です。

 

「なーあっつぁーいげ」
(君は向こうに行ってください)
「あっつぁたんだでねえな」
(うわあ、大変だなあ)
「あっつぁつぁつぁ、なんぼまんだやー」
(あらららら、よくまぁーやるねぇー)

 

という風に使われます。

あっつぁ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あづばさる とも言います。

 

集まる という意味です。

 

「わげものどあづばって何がしてら」
(若者たちが集まって何かをしている)
「こごさみんなあずばるはんで」
(この場所に皆が集まりますので)

 

という風に使われます。

 

”あつまる”の転訛ですね。

 

「あつ」だけですと 「暑い」という意味。

 

「きょうあつきゃ」
(今日暑いね)

 

という風に使われます。

あづばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あとひき、あどふぎ とも言います。

 

反省会、なおらい、後かたづけ、祝いの後などの飲み会 などという意味です。

 

「しゅうかいじょであどひぎしてら」
(集会所で反省会をしてるよ)
「まづりおわったして、あふひぎしてらよんた」
(祭が終わったので、後かたづけしているようだ)
「このあどあどふぎあるはんで」
(この後は二次会があるから)

 

という風に使われます。

あどひぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あどぼっていぐ とも言います。

 

後を追う、跡を追う、後姿を追う、後をついて行く という意味です。

 

「おっけどそどさいぐってば、ちゃっけあどぼる」
(大きい子たちが外に行くとすると、小さい子が後を追う)
「あどぼるきがてさすねふて」
(後を追う態度がうるさくて・・・)
「おどごのあどぼっていてまたねぇ」
(彼氏を追って行きました)

 

という風に使われます。

あどぼる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あぽし、あへんずがす とも言います。

 

せかせかする、イライラする、せわしない という意味です。

 

「なんぼあへずがしのよ」
(どれだけせかせかしているのよ)
「なの、しごとあへずかしてや」
(あなたの仕事を見てるとイライラするわ)
「このしごどなんぼあへんずがすばな」
(この仕事はずいぶんとせわしない内容です)

 

という風に使われます。

あへずがし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あまげし とも言います。

 

漢字で書くと「雨返し」です。

 

「きょうのてんきあまげしだねー」
(今日の天気は雨返しの様です)

 

という風に使われます。

 

冬の寒い間に雨が降ると(雨が雪にならない、暖かい日ということ)
次の日は、必ず、荒れた天気(猛吹雪)になりますよ、

ということを表した言葉です。

あまがえし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あまっこい、あまどろい とも言います。

 

(甘過ぎるくらい)甘い、甘ったるい という意味です。

 

「このかしなんぼあまっとろいしなぁ」
(このお菓子ずいぶんと甘いもんだなぁ)
「なんぼあまだろいしるだば」
(ずいぶんと甘ったるい味噌汁ですね)
「あまっこいかすだな」
(甘ったるいお菓子ですね)

 

という風に使われます。

あまっとろい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あぐる とも言います。

 

あふれる という意味です。

 

「とくばいのチラシいれだごどで、ふとで、ふとで、あまってらった」
(特売のチラシを入れたことで、人、人で溢れていた)
「おおあめだじゃ、このままだばみんつあぐるな」
(大雨です、このままだど水があふれてしまいます)

 

という風に使われます。

あまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食物が腐る、食物がいたむ という意味です。

 

「きなのおつゆあめでまった」
(昨日のお味噌汁がいたんでしまった)
「どんだ、あめでらんた?」
(どう、腐ってるみたい?)
「そごさおげばあめるねー」
(そこに保管していると腐ります)
「あめだままけば腹くだる」
(腐ったご飯を食べればお腹を壊します)

 

という風に使われます。

あめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

荒っぽい、やることが雑である という意味です。

 

「あらげねわらしだ」
(荒っぽい子どもだ)
「あらげねぐやるはんでまねんだね」
(荒っぽく行うからダメなんです)
「おぎゃぐさんあらげでら」
(お客さんが暴れてます)
「あのまっこあらげねんたふだきゃ」
(あの馬は荒々しいようですね)

 

という風に使われます。

あらげね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

危なげで、心もとない、はらはらする、ハラハラドキドキ という意味です。

 

「わい、あれねじゃ」
(あらっ、危なっかしいわあ)
「そのやりがだだばあれね」
(そんなやり方ではハラハラしちゃう)

 

という風に使われます。

 

「あれ」で「危険、いらいら」という意味になりますよ。

あれね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

味 という意味です。

 

「このあんつこみでけせ」
(この味をみてちょうだい)
「おずげのあんつこみでけ」
(汁の下味をして下さい)

 

という風に使われます。

 

もしも「あんみつの味」という場合は「あんみつのあんつこ」と言うのでしょうか??

 

「あんこの味」の場合は「あんこのあんつこ」??

 

なんて可愛いんでしょうね♪

あんつこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あいでで とも言います。

 

あれでいて という意味です。

 

「このわらしっきゃきかねたって、あんででやさしいどごある」
(この子はきかん坊だけど、あれでいて優しいところがある)

 

という風に使われます。

 

「あんで」 だけですと「(ある金額)分、代」などと値段につける言葉です。

 

「にぐしぇんえんあんでかってきてけせ」
(肉を千円分買ってきてちょうだい)

 

という風に使われます。

あんでで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんぶらっこ とも言います。

 

食用油、灯油、ガソリン、軽油、機械類の潤滑油 など、油のことです。

 

「くるまさあんぶらいれさいがねばね」
(車にガソリンを入れに行かなくてはならない)
「あんぶらっこはてねじゃ」
(ガソリン(軽油)が入ってません)

 

という風に使われます。

 

また、ガソリンスタンドは「あんぶらや」「あぶらや」といいます。

あんぶら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 行こう という意味です。

 

あべ とも言います。

 

「なも一緒にあんべ」
(あなたも一緒に行こう)

 

という風に使われます。

 

② 具合、調子 という意味です。

 

「けさがらあんべわりぃじゃ」
(朝方から具合が悪いよ)

「あんべえぐねはんでしごどやすみ」
(気分が悪いから会社を休みます)

 

という風に使われます。

あんべ  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あもこ、あもっこ、もっこ とも言います。

 

お化け、怪物、恐いもの  という意味です。

 

「わりぃわらしだいで。あもこくるど」
(悪い子は誰だ。おばけが来るぞ)
「あもっこけでやるど」
(おばけにくれてやるぞ)

 

という風に使われます。

あんもうこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 家 という意味です。

 

「いさあしびにこねが」
(家に遊びに来ませんか)

 

 

という風に使われます。

 

② 良い という意味です。

 

「そえでい」
(それで良い)

 

という風に使われます。

 

これが「いー」ですと「分かった、了解しました」などという意味です。 

 

「いーんだのがぁー」
(あーそうですか、判りました)

「いー?ほんとねいー?」
(いんですか?本当に良いんですか)

 

という風に使われます。

 

アクセントで状況が変わる言葉です。

い 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良いところがないくらい、きれいなところがないくらい という意味です。

 

「いいどごねぇだげもふぐばよごしてきてまって」
(きれいなところがないくらい服を汚してきてしまって)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いぃもんだけにして」があります。
これは「自慢しているのをけなす」という意味です。

 

「ふとりすていぃもんだけねすてほろー」
(自分勝手に動いても正しくないけど)

 

という風に使われます。

いいどごねぇだげも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

故障、壊れる という意味です。

 

「ねづできけえいがれでまった」
(熱で機械が故障してしまいました)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いがえる」があります。
これは「行かれる(連れて行かれる)」という意味です。

 

「ばんげさなえばわらすつでいがいる」
(夜になると子供が連れて行かれる)

 

という風に使われます。

いがいる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えがべ、いがんべ とも言います。

 

①良いか(疑問)という意味です。

 

「これでいがべ?」
(これで良いか?)

 

②良いであろう という意味です。

 

「いがべどおもってしたことだた」
(良いと思ってしたことでした)

 

③(~さ)良いでしょ? という意味です。

 

「こんくれぇやったらいがべさ?」
(これくらいやったら良いでしょ?)

 

④(~さ)良いんじゃない という意味です。

 

「どんたもんだべ?、いがべさ」
(どのようなものでしょうか?、良いんじゃない)

 

という風に使われます。

いがべ  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いぎやある、いぎやる とも言います。

 

行き会う という意味です。

 

「しょうがっこじだいのせんせさいぎあったは」
(小学校時代の先生に行き会ったよ)

 

という風に使われます。

 

そのまんま「行き会う」の転訛ということですね。

いぎあう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いぎやある、いぎやる とも言います。

 

交際、つきあい という意味です。

 

漢字で書くと 「行き来」 となります。

 

「むがしだばいぎきあったたて、だいがわりしたっきゃねぐなった」
(昔ならつきあいがあったけども、代替わりしたらしなくなった)

 

という風に使われます。

いぎき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いぎしがげ とも言います。

 

行く途中 という意味です。

 

「いぎしま、ぎんこうさよっていった」
(行く途中、銀行に寄っていった)
「おめきのうがっこいぎしま、よりみぢしたろ」
(おまえ、昨日学校に行く途中に、寄り道しただろう)
「かいしゃのいぎしがげじぇんふらったおん」
(会社に行く途中お金を拾いました)

 

という風に使われます。

いぎしま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いずくそいぐね とも言います。

 

意地悪 という意味です。

 

「なもいじくされだしな!」
(あなたも意地悪ね!)
「おめやーいずくそいぐねふてまねね」
(あなたは意地悪でダメです)

 

という風に使われます。

 

漢字で書くと ”意地腐れ” となります。
意地が腐ってる=意地悪 ということですね。

いじくされ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いんじくらしい、いんずい とも言います。

 

なんだかきゅうくつ、なんだか心地よくない というニュアンスの言葉です。

 

「へながいんじくらしい」
(背中がなんだか心地よくない)
「なすてだかいんずいんだじや」
(なんでだかしっくり来ないんです)

 

という風に使われます。

いじくらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 注意する、教える という意味です。

 

「いぐねわらすさぎりっといずげることだ」
(悪い子供にはしっかりと注意することだよ)

 

という風に使われます。

 

② 甘える という意味です。

 

「わがまま いずげるんたわらすはままかへな」
(わがままな子供には飯を食わせるな)

 

という風に使われます。

いずげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いだが とも言います。

 

居ますか?、いらっしゃいましたか?、

おりますか?、ごめんください という意味です。

 

たとえば、親しい間柄の人の家を訪ねたとき
「ごめんください」の意味で用いたりします。

 

「おやんずーいだな」
(旦那さん居らっしゃいましたか?)

 

という風に使われます。

いだな? 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いだわし とも言います。

 

もったいない、大切な という意味です。

 

「このふぐいだわしいはんで、まだきるがな」
(この服もったいないから、まだ着ようかな)
「なんでもいだわしがる」
(なんでももったいながる)
「いだわしい、たがらもの」
(もったいない、大切な宝物)

 

という風に使われます。

いだわしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一回に物事を成そうとすること。

 


また、その性分、性急 という意味です。

 

「あれもいっきもっきだせいかくだもんだして」
(あいつも性急な性格なもんだから)
「いっきもっきあさてどごさいぐだば」
(忙しそうに歩いて何処に行くんですか)

 

という風に使われます。

いっきもっき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減に という意味です。

 

「いっくらかげんにせばいいのさ」
(いい加減にすればいいのに)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっからに」があります。
これは「いいからいいから」という意味です。

 

「いっからにへばえんだね」
(いい事にすればいいんです)

 

という風に使われます。

いっくらかげんに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつだろうが、常時、しょっちゅう、

 

時間を気にせずに という意味です。

 

「いづでもかつでもさけばりのんでいる」
(いつだろうが酒ばかりを飲んでいる)
「いづだりかづだりきてもまね」
(時間を考慮せずに来てはいけない)

 

という風に使われます。

いづでもかつでも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっから とも言います。

 

だいぶ前から、早くから、いつから という風に使われます。

 

「わいだっきゃ、いっつからおべでだんで」
(私なんか、だいぶ前から知っていたんだよ)
「それっていっからきめだんず」
(それはいつから決められたのですか)

 

という風に使われます。

いっつから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっつね、いっつか、いっつにが とも言います。

 

一気に、もうとっくに、もう既に という意味です。

 

「いっつにやってまる」
(一気にやってしまう)
「いっつにおべでら」
(もうとっくに知っている)
「いっつにがにきしゃいてまた」
(もう既に汽車は発車しました)

 

という風に使われます。

いっつに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

偏食、一つのものに片寄って食べること を指す言葉です。

 

「えいようかたよるして、いっちょぐいしさな」
(栄養が片寄るから、片寄った食べ方はするんじゃないよ)
「いっちょぐいばすしてからにまねんだね」
(偏食ばっかりしているから駄目なんだよ)

 

という風に使われます。

いっちょぐい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一人前 という意味です。

 

「いっちょめにがんばってら」
(一人前に頑張ってる)
「いずねなえばいっちょめさなるだば」
(いつになれば一人前になるんですか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっちゃまいね」があります。

これは「もうすでに、だめ」という意味です。
この言葉を合わせると・・・
なんだか悲しいことになってしまうのでやめておきましょう。

いっちょめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっとごま、いっとまが とも言います。

 

ちょっとの間、少しの間 という意味です。

 

「いっとぐままってけせ」
(ちょっと待ってちょうだい)
「わさいっとごまじかんっこけれ」
(少しの間、私に時間を下さい)
「そごさいとごまいてくるはんで」
(そこにちょっと行ってくるから)

 

という風に使われます。

いっとぐま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっぺ、いっぺえ とも言います。

 

たくさん という意味です。

 

「ゆぎ、いっぺなりつもったでば」
(雪、たくさん積もっていたよ)
「いっぺあるよ」
(たくさんあるよ)
「りんこばいっぺもていげ」
(りんごを沢山持っていきなさい)

 

という風に使われます。

いっぺなり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動く という意味です。

 

「そのいすいのがしてけろ」
(その椅子を動かしてちょうだい)
「いのぐはんでだまってみでろ」
(動くから、じっと見てなさい)
「いのぐなみんじこんぼえる」
(動くと水がこぼれます)
「わんちかでもいのげばくんじぇる」
(少しでも動くと崩れます)

 

という風に使われます。

いのぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良くて という意味です。

 

「からだのあんべだば、たいしたいふてら」
(体の具合だったら、すごく良いよ)
「うるせぇのどこねっきゃしずがでいふていふて」
(うるさい者(子供など)たちが来ないと静かですごくいいね)
「えいがいふたきゃー」

(映画は良かったねー)

 

という風に使われます。

いふて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 間食ばかりする という意味です。

 

「むたどいらけるんずえくせねや」
(いつも間食ばかりしていると体に良くないよ)

 

という風に使われます。

 

② へらへらしてないで という意味です。

 

「なすてそやていらけるんだば」
(何故そうやってヘラヘラするんだろうね)

 

という風に使われます。

いらける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いやじゃ、いやでゃぁ とも言います。

 

いやいや(違うよ) という意味です。

 

「これでいんだが?ーいやさ、ほんでねくてさ」
(これでいいのか?ーいやいや、そうじゃなくてさ)
「いやじゃ、なもかまんでおがせ」
(いやいや、何もおかまいなく)

 

という風に使われます。

いやさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらる、いらさる とも言います。

 

いる、欲しい という意味です。

 

「そえだばいらうなー」
(それは欲しいです)
「あめっこいらうが?」
(飴いるかい?)

 

という風に使われます。

 

知らない人が聞いたら”いらん”と勘違いしてしまいそうですね。

もし「飴いる?」と言われて「いらう(いる!)」と言ったのに
「あ、そう」と飴を仕舞われてしまったら「いるよ!」と言ってみましょう。

いらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

色あいが悪い という意味です。

 

「このシャツ、いろっぺわりぃしのぉ」
(このシャツ、色合いが悪いわねぇ)

 

という風に使われます。

 

”色っぽくない(色っぽい悪い)”という意味ではありませんよ。

 

ちなみに「いろっぺ、いろけじゃま」で色具合 という意味です。

 

「そのいろっぺやっぱおがすぐねー」
(その色合いやっぱりおかしくない?)

 

という風に使われます。

いろっぺわりぃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良いのか悪いのか という意味です。

 

「いんだがわりんだがわがらねたって、やってみるべさ」
(良いのか悪いのかわからないけれど、やってみるよ)

 

という風に使われます。

 

”良いんだか悪いんだか”ということですね。

 

同じように、「いんだもわりんだも」では
「良いのかも悪いのかも(わからない)」という意味になります。

いんだがわりんだが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(目に何かが入って)ごろごろする ことを表現する意味です。

 

「まなごさものはていんつこい」
(目に物が入ったのでごろごろしてる)

 

という風に使われます。

 

目に関係する言葉では、「いんどまなぐ」があります。
奥二重の、ぱっちり目の という意味です。

 

「なのまなごいんどまなぐだでば」
(あなたの目は奥二重ですね)

 

という風に使われます。

いんつこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

道理で、やっぱり、思った通り という意味です。

 

「いんでもおがしどおもったた」
(道理で変だと思っていたよ)

 

という風に使われます。

 

「いんでねっぐ」では「そうじゃなくて」という意味になります。

 

「いんでねぐやー、こやてやるんじやー」
(そうじゃなくて、こうしてやるんです)

 

という風に使われます。

いんでも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

上の方 という意味です。

 

「おっきじぇんだばうえっかさかぐしてら」
(大金を上の方に隠している)
「おっきじゃまだばな、こいうえっかおいでけ」
(身長が高いですね、これを上の方に置いてくださいよ)

 

という風に使われます。

うぇっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うちの という意味です。

 

「うぇのとっちゃ」
(うちのお父さん)
「このわらすうぇのごばんめだ」
(この子どもはうちの五番目の子です)

 

という風に使われます。

 

”上の”も、”うえの”と言います。

 

その字の通り”うぇ”と発音して使い分けましょう。

うぇの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うしろがっき、うしろこんべ とも言います。

 

後頭部 という意味です。

 

「うしろこんどはしらさぶつけだ~」
(後頭部を柱にぶつけた~)
「うしろがっきがいで」
(後頭部が痛い)
「うしろこんべはぢさささえだ」
(後頭部を蜂に刺された)

 

という風に使われます。

うしろこんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後ろと前が反対なこと を指す言葉です。

 

”後ろ前(うしろまえ)”の転訛です。

 

「ふぐうしろめにきてらよ~」
(服を後ろ前に着てるよ~)

 

という風に使われます。

 

「うしろかっこ」は「後ろ姿」という意味です。

 

「うしろかっこだばえんだばって」
(後姿はいんだげど)

 

という風に使われます。

うしろめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気弱だ、度胸がない、ぱっとしない、

または、気迫がない、シャッキっとしていない などという意味です。

 

「あそごのおやんじうすけねっきゃ」
(あそこの亭主はぱっとしないわねぇ)
「なんぼうすけねやづだば」
(情けない奴だ)
「うすけねやづだばなー」
(度胸がない奴だよなあ)

 

という風に使われます。

うすけね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嘘を言う人、嘘をつく人 という意味です。

 

「このぉーうそしこのぉー」
(この嘘つきめぇ~)
「うそすけこのぉ、こっからではていげ」
(偽善者め!この場所から出て行け)
「なみたうそたらすだばしゅっせさねね」
(あんたみたいな嘘つきは出世しませんね)
「うそぶぢまげこのぉー」
(この嘘つき野郎め)

 

という風に使われます。

うそし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゲームなどの遊びで、本当の勝負ではなく仮の勝負をすること を指す言葉です。

 

「いまのはれんしゅうだして、うそっこだよ」
(今のは練習だから、本当の勝負じゃないよ)

 

という風に使われます。

 

「うそこそねぐ」では「あべこべ」という意味です。

 

「うそこそねぐさべねばまねよ」
(あべこべに言うとダメだよ)

 

という風に使われます。

うそっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 不快な、気が重い、気持ち悪い、ずるい という意味です。

 

「あすたもいがねばねってうだでっきゃ」
(明日も行かなければならないなんて気が重いよ)
「あのふとうだでふとだな」
(あの人はずるい人ですね)

 

という風に使われます。

 

② いっぱい、凄まじく という意味です。

 

「ワランビうだでぐとてきたな」
(ワラビをすごく多く採ってきましたね)

 

という風に使われます。

うだで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

納得、そうですか という意味です。

 

「うだべ、わさべたとおりだべ」
(そうでしょ、私の言う通りでしょ)
「うだべなぁ~、そさべらえれば」
(そうだよねぇ~、そう言われると・・・)

 

という風に使われます。

 

「うだべが~」になりますと「そうかな~」という疑問系になります。

 

「うだべが~わだばそうもね」
(そうかしら、私はそのように思いませんけど)

 

という風に使われます。

うだべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歌う という意味です。

 

「きげんいんだが、うだっうだってら」
(機嫌が良いのか、歌を歌っている)
「わ、そのうだうだる」
(私はその歌を歌います)
「えっ!わがうだるんず」
(えっ!私が歌うんですか)
「こんだわがうだるんず」
(次は私が歌うんです)
「こんだなうだれ」
(この次はあなたが歌ってください)

 

という風に使われます。

うだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うずぐ、うずる とも言います。

 

伝染する、感染する、風邪やインフルエンザ等の病がうつる という意味です。

 

「はしかうんづぐ」
(麻疹がうつる)
「うずぐはんでそんばさよな」
(伝染するから傍に寄っちゃダメ)
「えんふるえんざさうずる」
(インフルエンザに感染する)

 

という風に使われます。

うづぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 売ってください という意味です。

 

「そのすなものうってけ」
(その品物を売って下さい)

 

という風に使われます。

 

② 打ってください という意味です。

 

「ちゅうしゃこうってけ」
(注射を打って下さい)

 

という風に使われます。

うってけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うぬうぬど、うぬふめる とも言います。

 

急ぐ、急いで、慌てて という意味です。

 

「うぬうぬどあるげばケガすね」
(急いで歩くとケガしますよ)
「うぬうぬどあさてどごさいぐだば」
(忙しそうに歩いて何処に行くんですか)
「うぬふめるはんですっぱいするだね」
(冷静になれないから失敗するんです)

 

という風に使われます。

うぬうぬ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 好ましくない、いまいち という意味です。

 

「うまぐねね、そえだば」
(いまいちだね、それじゃあ)

 

という風に使われます。

 

② 美味しくない という意味です。

 

「このらーめんなもうまぐねな」
(このラーメンは全然美味しくないよ)

 

という風に使われます。

うまぐね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 放置しておく という意味です。

 

「はんにんとばうるがすみはれ」
(犯人を放置しながら見張れ)

 

という風に使われます。

 

② (水など液体に)浸す、水につけておく という意味です。

 

「そのいもうるがしておげ」
(その芋を水の中にいれておいてくれ)
「こめうるがしておげ」
(お米を水につけておきなさい)

 

という風に使われます。

 

これが「うるげる」ですと「ふやける」という意味になります。

うるがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① めだか という意味です。

 

「うるめっことてあそんだもだね」
(めだかを捕って遊んだもんです)

 

という風に使われます。

 

② 煙草の吸殻 という意味です。

 

「たばごのみ、うるめっこさがしてらじゃ」
(喫煙者が、煙草の吸殻を探しています)

 

という風に使われます。

うるめっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うろじぐ、うろめぐ とも言います。

 

うろうろする様子、ふらふら、方向が定まらない という意味です。

 

「うろかろどすてねんではえぐもどれ」
(うろうろしてないで早く帰りなさい)
「うろじでればちかんさもらえるね」
(うろうろしてると痴漢と間違われるよ)
「うろめがねんでまっしぐあるげ」
(ふらふらと歩かないで真っ直ぐ歩け)

 

という風に使われます。

うろかろ  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うずげる、うんずげる とも言います。

 

弱虫、甘える という意味です。

 

「このワラシすぐうんずげる」
(この子はすぐ甘えたがる)
「がっこさはたらも、うんずげるな」
(入学したらもう甘えるんじゃありません)
「すっつぁーまんだうんずげでー」
(あらまぁー、また甘えてー)

 

という風に使われます。

うんずげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん という意味です。

 

「うんとかへがねばならんね」
(たくさん稼がねばならないね)
「うんとけよー」
(たくさん食べてくださいね~)

 

という風に使われます。

 

「うんとやればえでばし」
(たくさんやった方が良いよ)

 

という風に使われます。

うんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 運動 という意味です。

 

「うんどすてらんだが」
(運動をしていますか)
「うすけねからだだはんでうんどつけろ」
(弱い身体なので運動をしなければ)

 

という風に使われます。

 

② うどん という意味です。

 

「うんどくってげんきだへー」
(うどん食べて元気をだしなさい)

 

という風に使われます。

うんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 良い という意味です。

 

「おえのええーべぇー」
(私の家、いいでしょ~)

 

という風に使われます。

 

② 家 という意味です。

 

「おいのえさそびにこいへえ」
(私の家に遊びに来てください)

「ゆきどげでええがってまる」
(雪解け水で家が溢れてしまう)

 

という風に使われます。

え 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えーあんべ とも言います。

 

けなす言葉、いい気味だ という意味です。

 

「ちょえぎさんねんてえあんべや」
(懲役3年だって、いい気味だ)
「あのえふりおけた、えーあんべ」
(格好つけてる人が転んだ、いい気味だ)

 

という風に使われます。

 

また「ええきなな」ですと「いい気になるな」という意味なりますよ。

えあんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ええきがる、ええきなる とも言います。

 

威張る、威張ってる人、いい気になる という意味です。

 

「あのふとえきがてらー」
(あの人は威張ってる)
「わだすええきがるふとでっきれえ」
(私、威張っている人は大嫌い)
「えっとうとえばいいきなるふと」
(一等賞をとったら威張る人)

 

という風に使われます。

えきがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良い という意味です。

 

「そえだばなもえぐねね」
(それだと全然良くないですね)

 

という風に使われます。

 

逆に「良くない」は「えぐね」と言います。

 

「そえだばおめのほじえぐね」
(そういう事であれば、あなたの方が悪い)

 

という風に使われます。

 

これは「えぐねど、えぐねっきゃ」とも言います。

えぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

内弁慶 という意味です。

 

「なのわらすえのめのおにっこだなや」
(あなたの子供は内弁慶だね)

 

という風に使われます。

 

「えのめ」で「家の前」という意味になります。

 

ですから、”家の前では威張る人”、つまり”内弁慶”ということですね。

えのめのおにっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えぱだんだ とも言います。

 

変、変な、奇妙な、妙だ という意味です。

 

「えぱだだかまりっこすー」
(変な臭いがする)

 

という風に使われます。

 

発音が似た言葉には「えぷて」がありますが
これは「煙たい」という意味です。

 

「わらやぎのけむりえぷて」
(ワラ焼きの煙でけむたい)

 

という風に使われます。

えぱだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見栄っ張り、格好つける人 という意味です。

 

「あそごのカッチャえふりこぎだっきゃ」
(あそこのお母さん見栄っ張りだよねぇ)
「えふりこえでもすぐわがる」
(格好つけてもすぐバレる)
「あのふとえふりたがりでー」
(あの人は格好のつけ過ぎだー)

 

という風に使われます。

 

「ええふりをこく」、つまり「いい格好しい」ということですね。

えふりこぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すねる、怒る という意味です。

 

「ちょっとしゃべったっきゃえへだ」
(少し話したらすねた)
「そへばえへるね」
(そんなことするとすねるよ)
「えへるどからださよぐね」
(怒ると身体によくないよ)

 

という風に使われます。

 

「えへらっ」は「怒られてもへらへらしている様子」を表す言葉です。

えへる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えらしぐね、いらしぐね とも言います。

 

愛らしくない、可愛いげのない、面の皮が厚い という意味です。

 

「えらすぐねわらすだごど」
(可愛げのない子供だこと!)
「あいづえらすぐねやづだば」
(あいつは面の皮が厚い奴だ)

 

という風に使われます。

えらすぐね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

要らない という意味です。

 

「そったらものもえらね」
(そういうものはもう要りません)

 

という風に使われます。

 

逆に「欲しい」は「えらる」になります。

 

「そずのほじえらる」
(そっちの方が欲しい)

 

という風に使われます。

えらね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

色 という意味です。

 

「あがのえろえんぺつねがー」
(赤い色鉛筆ありませんか)

 

という風に使われます。

 

”エロ”ではありませんよ~。

 

では、色眼鏡・・・つまりサングラスは何と言うのでしょうか。
・・・そうです、「えろめがね」です(笑)

 

「あのえろめがねのふとだーれだ」
(あのサングラスの人は誰ですか)

 

という風に使われます。

 

決しておかしな意味で言っているわけじゃないのでご注意を!

えろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家の中 という意味です。

 

「えんながであそべ」
(家の中で遊びなさい)

 

という風に使われます。

 

「え」 で、「家」 という意味になります。

 

「家に帰る」
(えさかえる)

「あら、えんのほさいったな」
(あらまぁー、私の家の方に行ったね)
「えんさあしびねこいへ」
(家に遊びに来て下さい)

 

という風に使われます。

えんなが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいでしょ という意味です。

 

「こじのほじえんべー」
(こっちの方が良いでしょ)
「えんべが、えぐねって?、えごとにすれば」
(いいですか?良くないって?良いことにしようよ)
「んだんだ、それでえんでね」
(そうそう、それでいいんじゃない)

 

という風に使われます。

えんべー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自分の という意味です。

 

「おいのえさあそびにこいへ」
(私のうちに遊びにおいで)
「おいのはだげはむのうやぐだよ」
(自分の畑は無農薬栽培です)
「おいのいぬうっせーべ」
(うちの犬うるさいでしょ)
「おいであすたのみだんず」
(うちで明日飲み会をします)

 

という風に使われます。

おい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おやまぁ という意味です。

 

「おいやらー、たまげだはなしだ」
(おやまぁ、たまげた話だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「おーやげ」があります。

これは「資産家、金持」という意味です。

 

「むがすおいのえおーやげだ」
(昔、我が家は金持ちだったたのに)

 

という風に使われます。

おいやらー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おでばよ、おーでば とも言います。

 

そううなんだよ、その通りなのよ、そうなのよ というニュアンスの言葉です。

 

「おうでばよ。まんず、どもなんねっきゃ」
(その通りなのよ。まず、どうにもならないよね)
「おーでば、そんでねばまねだね!」
(そううなんです、その通りでないとだめ)

 

という風に使われます。

 

また、「おでば、おでば」と繰り返して言うことで、より一層強調されます。

 

「まったくだよ!」という気持ちを込めて言うことが多いようです。

おうでばよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おがしっけだ、おがしけだ、おがしげんた とも言います。

 

おかしな、変な という意味です。

 

「おがしねわらしだ」
(おかしな子どもだ)
「おがしっけだはなすだっきゃ」
(おかしな話だよね)
「おがしけだかまりっこするべ」
(変な香りがするでしょう)

 

という風に使われます。

おがしね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

育つ、大きくなる、成長する という意味です。

 

「やっとおがれよ」
(早く大きくなれよ)
「こどしのいねおがるじはえーな」
(今年のこめは早く育っている)
「そたはだげだばやさいおがねね」
(そんな畑だと野菜は育たないね)

 

という風に使われます。

おがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おけてまた とも言います。

 

転んだ、転倒した など、転ぶの過去形の言葉です。

 

「わい!おけってまたじゃ」
(わっ!転んでしまった)
「はしたきゃおけた、いだぐした」
(走ったら転んだ、痛かった)
「はけだきゃおけてまた」
(走ったら転んじゃった)

 

という風に使われます。

おけた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はなはだしい という意味です。

 

「まあまあおそろしねぇやづだばな」
(あいつは非常識的にもはなはだしい奴だ)

 

という風に使われます。

 

これが「おそろしねぐ」になると「とてつもなく、ものすごい」という意味になります。

 

「おそろしねぐきゅながげだな」
(とてつもなく傾斜の崖ですね)

 

という風に使われます。

おそろしねぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疲れる、へたる という意味です。

 

「わい、おたってまたじゃ」
(わぁっ、疲れてしまったよ)
「まらそんはおたるすぽちだ」
(マラソンは疲れるスポーツです)

 

という風に使われます。

 

「おたてまる」になると「疲れ果てる」という意味です。

 

「こえだばおたてまるね」
(これじゃ疲れ果てるよ)

 

という風に使われます。

おたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大きな という意味です。

 

「おっきたいびぎかいでねでら」
(大きないびきをかいて寝ている)

 

という風に使われます。

 

「おっき」で「大きい」という意味です。

 

「な、じゃまなぼおっきぐなたば」
(あなたは身長が高くなりましたね)

「なんぼおっきじゃまだばな」
(ずいぶん身長が高いですね)

 

という風に使われます。

おっきた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おやがだ とも言います。

 

長男、長子、上の子 という意味です。

 

「ちゃっけかじぇふいだっきゃ、おっけもかじぇふいてまった」
(下の子が風邪をひいたいら、上の子も風邪をひいてしまった)
「おめのおやがだどこさいただば」
(あなたの長男は何処に行ったのですか)

 

という風に使われます。

 

「大きい」の転訛と思われます。

 

反対語は「ちゃっけ」になります。

おっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

押しつける、押す という意味です。

 

「このてんぶるそっちゃおっつけでやれ」
(このテーブルをそっちに押してやれ)
「もとおっつけでけー」
(もっと押して下さい)
「なすてそおつけるだば」
(何故そんな風に押すんですか)

 

という風に使われます。

おっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おづげ とも言います。

 

お味噌汁 のことです。

 

「おつゆのむが?」
(お味噌汁飲むか?)
「わさおづげけ」
(私に味噌汁ください)
「おづげ、もういっぺけ」
(味噌汁をもう一杯下さい)

 

という風に使われます。

 

まれに醤油や塩で味付けした汁ものにも使うことがありますが、
主にお味噌汁に使われます。

おつゆ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんどでな とも言います。

 

一昨日(おととい) という意味です。

 

「おどでなだばあづふたた」
(一昨日だと暑かったもんだ)
「おどでなじこしだね」
(おととい爺ちゃんが亡くなりました)
「おんどでなかみさいてきた」
(おととい東京に行ってきました)

 

という風に使われます。

おどでな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おどゆんび とも言います。

 

親指 という意味です。

 

「おどゆんびつぎゆびしたんず」
(親指を突きゆびしました)

 

という風に使われます。

 

”おど”が、お父さん・パパ を意味するので
「お父さん指」つまり「親指」のことになります。

おどゆび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんどろぐ、おどがる とも言います。

 

起きる、目覚める という風に使われます。

 

「わらしおどがったんでねぇが?」
(子どもが起きたんじゃない?)
「とろっとねって、おどがったっきゃあさだった」
(うとうとと寝て、目覚めたら朝だった)

 

という風に使われます。

おどろぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おはよごしてす とも言います。

 

おはようございます という意味です。

 

「せんせい!おはよごす!」
(先生!おはようございます!)
「おはよごす、へばな」
(おはようございます、それでは失礼)

 

という風に使われます。

 

「おばよごす」ですと「おばんでございます」という意味です。

 

「おばよごす、ばげままくた」
(おばんでございます、晩ごはんは済みましたか)

 

という風に使われます。

おはよごす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

教える という意味です。

 

「わ、なさおへるして」
(私が君に教えるから)
「さんすおへるが」
(算数を教えましょうか)

 

という風に使われます。

 

「おへね」ですと「教えない」という意味になります。

 

「わのけいたいおへね」
(私の携帯番号は教えません)

 

という風に使われます。

おへる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

覚える、知る という意味です。

 

「あだらしいうたばおべる」
(新しい歌を覚える)
「おべるきがてももうとすだ」
(覚えようとする気があってももう年ですね)
「このやろぉー!おべでろ!」
(こんちくしょう!覚えていろ!)
「わばおべでら?」
(私を覚えている?)

 

という風に使われます。

おべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お前、君、あなた という意味です。

 

「おめぇ」などと語尾を伸ばさないで発音します。

 

「おめまぶだなー」
(君は美しいねえ)
「おめんどどっからきたば」
(あなたがたはどちらから来たんですか)
「おめだのえさいってきたんだ」
(あなたの家に行ってきましたよー)

 

という風に使われます。

おめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おもへ、もしれぇ とも言います。

 

面白い という意味です。

 

「おもしぇーはなすだ」
(面白い話だ)
「おもしぇふとだば」
(面白い人ですね)
「このふとなんもおもへぐもね」
(この人全然面白くもない人ですね)

 

という風に使われます。

おもしぇー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

重たい という意味です。

 

「このカバンおもで」
(このカバンは重たい)

 

という風に使われます。

 

これが「おもし」ですと「重量をかける」という意味に、
「おもすかづ」ですと「重石をのせる」という意味になります。

 

「ちけものさおもすかづ」
(漬物に重石をのせる)

 

という風に使われます。

おもで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おもいやみ とも言います。

 

思い悩むこと、心痛、悩みの種 という意味です。

 

「こんどのけんだば、ほんにおもやみだじゃ」
(今回の件は、本当に悩みだよ)
「あのばがおやぐにかっておもいやみだ」
(あのバカな親戚のせいで思い悩むよ)

 

という風に使われます。

おもやみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おやまぁ という意味です。

 

「おやなぁ、どごのふとだべどおもったきゃ」
(おやまぁ、どこの人かなと思ったら)
「おやなぁ、むがすおやげであったばって」
(おやまぁ、昔は金持ちだったというのに・・・)

 

という風に使われます。

おやなぁ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恐山街道 のことです。

むつ市小川町から恐山に向かってのびる県道号のことを指します。

 

また、「おやま」ですと「岩木山」のことになります。

 

「どっからみんでもおやまさまはいじばん」
(どこから見ても岩木山は一番です)
「おやまさんけいさいぐが」
(岩木山に登るお祭りに参加するよ)

 

という風に使われます。

おやまけんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私、自分 という意味です。

 

「おらはかめんらえだぁだ」
(私は仮面ライダーです!)
「おらだっきゃむらいづんのびずんだおん」
(私は村一番の美人だよ)

 

という風に使われます。

 

「おらんど、おらほんど」になりますと複数形となり、「私たち」という意味になります。

 

「おらんどこえがらでがせぎだ」
(私たちはこれから出稼ぎに行きます)

 

という風に使われます。

おら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弟 という意味です。

 

おんじ、おんじっこ、おんちゃ、おんちゃま とも言います。

 

「おんずばめごがるあんちゃ」
(弟を可愛がる長男)
「おんじさあどつがへる」
(弟に跡継ぎをさせます)
「あんちゃどおんちゃま」
(長男と次男)
「おんちゃまはあだまえ」
(弟は頭がいんです)

 

という風に使われます。

おんず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんどっこ とも言います。

 

神社の中、お堂 という意味です。

 

「なげばおんどっこさへる」

(泣いたら神社のお堂の中に置いてくる)
「奥のほさ行げば、ちゃっけぇおんどこある」
(奥の方に行くと、小さいお堂がある)

 

という風に使われます。

おんどこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

博識の人、何でも知っている人 を指す言葉です。

 

「なもまんだおんべはがせだしなぁ」
(君もまた、何でも博識だもんだねぇ=揶揄した感じで)

 

という風に使われます。

 

また、同じような言葉では「おんべさま」があり

これは「ものしり」という意味です。

 

「わのじっこおんべさまだね」
(私のじいちゃんはものしりです)

 

という風に使われます。

おんべはがせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 覚える という意味です。

 

おんべる とも言います。

 

「すたごとだばおんべねばまね」
(そういう事は覚えなくちゃ駄目だよ)
「おんべだふりすてもまねや~」
(覚えたふりしてもダメだよ)

 

という風に使われます。

 

② 溺れる という意味です。

 

「うみでおんぼいる」
(海で溺れる)

 

という風に使われます。

おんぼいる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おぽこ、おんぼこ とも言います。

 

赤ちゃん、赤ん坊 という意味です。

 

「このおぽこずんぶもでじゃ」
(この赤ちゃんは重い)
「おんぼこおぼってかいものさいっだもんだす」
(赤ちゃんを背負って買い物に行ったものです)
「なんぼめごえおんぼっこだば」
(なんて可愛い赤ちゃんなのかしら!)

 

という風に使われます。

おんぼっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おぼる とも言います。

 

背負う という意味です。

 

「なばおんぼるはんでぎりっとつかまれ」
(あなたを背負うからしっかりつかまってね)

 

という風に使われます。

 

「おんぼさる」ですと「おぶさる」という意味です。

 

「ちかえだはんでなさおんぼさるじゃ」
(疲れたからあんたにおぶさるよ)

 

という風に使われます。

おんぼる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おぉ!、すごい、めずらしい という意味です。

 

「おんろぉ~なんぼおっきばぁ~」
(おぉ~ずいぶん大きいですね~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おんも」がありますが
これは「外」という意味です。

 

「おんもであしんでこえへ」
(お外で遊んできなさい)

 

という風に使われます。

おんろぉ~ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① どうぞ貰ってください という意味。

 

「か、なさけるね」
(どうぞ、あなたに差し上げます)

 

という風に使われます。

 

② 食べましょう という意味。

 

「か」

(さぁ、食べましょう)

 

という風に使われます。

 

③ お母さん という意味。

 

「か、け」

(お母さん、食べて)

 

という風に使われます。

 

もちろん「蚊」のことも「か」と言います。

 

「か、かえっ!」
(蚊だ、痒い!)

 

という使い方もできますよ。

か 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

妻、奥さん、女房 という意味です。

 

「さぎのかがのあいださわらしふだりいる」
(前妻との間に子どもが2人いる)
「おえのかがやきかねどぉ~」
(うちの女房は怖いよ~)

 

という風に使われます。

 

これが「かがさま」になると「奥様」という意味です。

 

「おいのかがさまちゅいくて・・・」
(うちの奥様は強くて・・・)

 

という風に使われます。

かが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頭に血がのぼる、かっかする という意味です。

 

「すぐかかめぐしてなぁ」
(すぐ頭に血がのぼるからなぁ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ががめぎ」があります。

これは「勢いよく、積極的に」という意味です。

 

「なんさでもががめぎはけるふと」
(何に対しても積極的に突っ走る人)

 

という風に使われます。

かかめぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かさかんぶる とも言います。

 

傘をさす という意味です。

 

「あめばふってきたして、かさかぶってげ」
(雨が降ってきたので、傘をさして行きなさい)

 

という風に使われます。

 

”帽子をかぶる”の「かぶる」と同様に、
頭の上にかけるものなので「かぶる」を使うようですね。

かさかぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かしげる かすげる、かしらぐ とも言います。

 

傾むく、傾ける という意味です。

 

「くびばかしがってみでらった」
(首を傾げて見ていた)
「かげじぐかしがてらよ」
(掛け軸が傾いていますよ)
「あんますかしげねんでけ」
(あんまり傾けないで下さい)
「ふきょでかいしゃかしらぐ」
(不況で会社が倒産状態です)

 

という風に使われます。

かしがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がだえっぽ、がだっぽ、かだくた、がたふた とも言います。

 

片方 という意味です。

 

「かだがださよれ」
(片方に寄れ)
「わのてぶぐろかだふたねじ」
(私の手袋の片方が無いんです)
「かだっぽのくずしたさあなあいでら」
(片方の靴下に穴があいてる)

 

という風に使われます。

かだがだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっちゃくっちゃねー とも言います。

 

めちゃくちゃ、訳が分からない、心地良くない、

わずらわしい、むしゃくしゃする という意味です。

 

「なんだがかちゃくちゃねぐなってきた」
(なんだか訳が分からなくなってきた)
「かちゃくちゃねへやだごと」
(めちゃくちゃな部屋ですこと)
「なんぼかちゃくちゃねば」
(非常にむしゃくしゃする)

 

という風に使われます。

かちゃくちゃね  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かず とも言います。

 

縫う、(鍵を)かける という意味です。

 

「ゆがだぬうのさしつけかづ」
(浴衣を縫うのにしつけ糸で縫う)
「げんかんのがぎかづ」
(玄関の鍵をかけます)
「ちゃんどがぎかぜでけろ」
(きちんと鍵をかけてください)

 

という風に使われます。

かづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっちゃく ともいいます。

 

ひっかく という意味です。

 

「ねごにかっちゃがいだ」
(猫にひっかかれた)
「このつめでかっちゃぐ」
(爪で引っかく)

 

という風に使われます。

 

「がっちゃぎ」は「痔」という意味です。

 

「がっちゃぎですわればいでー」
(痔のために座ると痛い)

 

という風に使われます。

かっちゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追いこす という意味です。

 

「まえばはしってらせんしゅばかっとしていっだ」
(前を走っている選手を追い越していった)

 

という風に使われます。

 

これが「かっつぐ、かつぐ」ですと「追いつく」という意味です。

 

「わんつかへばなばかつぐはんで」
(あともう少しであなたに追いつきます)
「いっとぐまにかっついだ」
(あっという間に追いついた)

 

という風に使われます。

 

「追いつかれる」という意味ですと「かつがいる」になります。

かっとす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うつ伏せになる、顔を伏せる という意味です。

 

「かっぷしてねだっきゃ、かおにあどがついでだ」
(うつ伏せになって寝たら、顔に跡がついていた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かっぱがす、かっぱねす」があります。

これは「ひっくり返す」という意味ですよ。

かっぷす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっぱり、かっぽり とも言います。

 

水に落ちる、水にはまる、水に浸かる という意味です。

 

「かっぽってまった」
(水にはまってしまった)
「みんつたまりさかっぽりしてまたー」
(水たまりの中に落ちちゃったよ~)

 

という風に使われます。

かっぽる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①(子どもや年配者を)世話する、面倒をみる という意味。

 

「むげのジジ、まごばかででだった」
(向かいのおじいさんが、孫を面倒みていた)
「わらしばかででけー」
(子守りしてちょうだい)

 

という風に使われます。

 

② おかずなどと一緒に食べる という意味です。

 

「すずごかででままけ」
(筋子をおかずにご飯を食べなさい)

 

という風に使われます。

 

「かでぐさ」「かで」「かでもの」で「おかず」という意味です。

 

③ 仲間にはいる、仲間にする という意味。

 

「おらもかでて」
(私も仲間に入れて)

 

という風に使われます。

かでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんな、かないど とも言います。

 

木綿糸 という意味です。

 

「かなかげる」または「かなかづ」
(木綿糸で縫う)
「かないどかすてけろ」
(木綿糸を貸してくれませんか)
「かんなくまがるてかちゃくちゃねー」
(木綿糸が絡まってしまってイライラするわ~)

 

という風に使われます。

かな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かせる とも言います。

 

食べさせる という意味です。

 

「トッチャさままかへる」
(父にご飯を食べさせる)
「わらしさままかせる」
(子どもにご飯を食べさせる)
「おめさめものかへる」
(あなたにおいしいものを食べさせます)
「かへるものかておいだな」
(食料は買っておきましたか)

 

という風に使われます。

かへる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かまがす、がほめがす、かちゃがす、かちゃます とも言います。

 

かき混ぜる、かきまわす、探す という意味です。

 

「ふろっことばかましてけろ」
(お風呂の湯をかき混ぜてください
「どぐばごかまがへばあるね」
(道具箱の中を探せばあります)
「わんつかかほめがしてけー」
(少しかき混ぜて下さい)

 

という風に使われます。

かます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家庭持ち、所帯持ち、結婚している という意味です。

 

「あのふとっきゃかまどもぢたでぇ」
(あの人は所帯持ちだよ)
「かまどもづっつことはたんだでねぇんだよ」
(家庭を持つということは大変なんだよ)

 

という風に使われます。

 

「かまど」で「財産、家計」または「家庭そのもの」を指すこともあります。

 

逆に「かまどけす、かまどけし」では

「家の財産を無くする、家系が途絶える」という意味になります。

かまどもぢ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かもんな、かまな とも言います。

 

かまうな、触るな という意味です。

 

「あれさかもな」
(あいつにかまうな)
「いいしてかまな」
(いいからかまうんじゃない)
「いぬさかもなー、がりっとやられるど」
(犬に触るな~、噛まれるよ)

 

という風に使われます。

 

丁寧に言うと

 

「わだしさかもねんでけ」
(私にはかまわないで下さい)

 

という風に使われます。

かもな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かまうことができない、相手にできない という意味です。

 

「まんずかもらいねっきゃ」
(本当に相手にできないわ)

 

という風に使われます。

 

これが

 

「かもね」だと「相手にしない」

「かもねんでなが」だと「世話してくれない」

「かもねんでらが」だと「関わりをもつな」

「かもらえる」だと「面倒を見て貰う」

 

という意味になります。

かもらいね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からがえる とも言います。

 

しばる、くくる、束ねる、結ぶ という意味です。

 

「からがって」では「絡まって」ということ。

 

「しんぶんしひんぼでからがいておいでけ」
(新聞紙を紐で束ねておいてくれ)
「そのひんぼでふぐろばからがえる」
(その紐で袋を結ぶ)

 

という風に使われます。

からがぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からきんじ、からきしゃぐ とも言います。

 

わがまま、好き嫌いが激しいさま を表す言葉です。

 

「ねんだのババからきんじだしなぁ」
(おたくのおばあちゃん、好き嫌いが激しいわねぇ)
「なんぼからきじわらしだばー」
(相当わがままな子供ですねー)
「まんずからきんじさおがたもんだきゃ」
(ずいぶんとわかままに育ったもんだね)

 

という風に使われます。

からきじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からくじ とも言います。

 

生意気な口をきくこと、口答えする、屁理屈 という意味です。

 

「いっつもからくぢきぐ」
(いつも生意気な口をきく)
「そえとばからくじってさべるんだね」
(そういうことを屁理屈と言うんです)
「からくぢきくわらすだばな」
(口答えする子供だね)

 

という風に使われます。

からくぢ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

模様、柄 という意味です。

 

「こっちのほががらっこいい」
(こっちの方が柄が良いです)
「そんがらっこのきものだば、がっばだべ」
(その柄の着物を着るなら、おしゃれ下駄でしょう)
「きれだがらっこのきものだなー」
(綺麗な柄の着物ですねえ)

 

という風に使われます。

がらっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からっぽにやむ、からっぽやみ、からっぽねやみ とも言います。

 

怠ける、不精する、めんどうくさがり屋、怠け者 という意味です。

 

「きょうだっきゃ、からっぽねやんでえさいだじゃ」
(今日は、怠けて家にいたよ)
「からっぽにやんでればバヂあだるやー」
(怠けれているとバチが当るよ)
「からぽやみってなのごとだべ」
(怠け者とはあなたの事です)

 

という風に使われます。

からっぼねやむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からもぐ とも言います。

 

何度も寝返りを打つ、布団の中で体を動かす という意味です。

 

「ふとんぶふらばふらしてからふるぐな」
(布団をバフバフと上下させて、体を動かすんじゃありません)
「なのねがたなんぼからもぐきゃ」
(あなたの寝方だと、ずいぶんと寝返りするね)

 

という風に使われます。

からふるぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がりっとかがる とも言います。

 

しっかりと、ちゃんとする、きちんとやる という意味です。

 

「がりっともだねばこしぬげる」
(しっかり持たないとぎっくり腰になる)
「きけんなすごどだはんでがりっとへ」
(危険な仕事だからきちんとやりなさい)

 

という風に使われます。

がりっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

買う という意味です。

 

「これかるびゃ」
(これを買おうよ)
「くるまかる」
(自動車を買う)

 

という風に使われます。

 

「かるけ、かるこい」になりますと「軽い」という意味です。

 

「かるけにんもづだなー」
(軽い荷物ですね)

 

という風に使われます。

 

また、「かるやし」ですと「軽はずみ」という意味になりますよ。

かる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

棺桶 という意味です。

 

「このとすさなば、がんおげさあすはんぶんつっこんだよんたもんだ」
(この歳になると、棺桶に足を半分つっこんだようなものだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かんおかい」がありますが
これは「花見」という意味です。

がんおげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんぜ、かんじゃ とも言います。

 

風邪 という意味です。

 

「すっかりかんじぇふいでまったてばな」
(すっかり風邪をひいてしまったではないか)
「わかんじゃふいだんた」
(私は風邪をひいたみたい)
「おいのわらすかんじゃけでつぁ」
(うちの子供は風邪気味なんです)

 

という風に使われます。

かんじぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんちか とも言います。

 

鰍(かじか) という意味です。

 

「このけばしのかんつかつれだ」
(このくらいの大きさの鰍が釣れた)
「かんつかはえしてとえね」
(鰍は早くて捕れません)
「これかんちかってさべるさがなだ」
(これが鰍という魚です)

 

という風に使われます。

かんつか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんどっこ とも言います。

 

角 という意味です。

 

「かんどさたってらった」
(角に立っていた)
「ちぐいのかんどっこさあだまぶちけだは」
(机の角に頭をぶつけました)
「ぎんこはそのかんどこぎぐらとまがるんだ」
(銀行はそこの角を大きく曲がるといいよ)

 

という風に使われます。

かんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言い張る という意味です。

 

「なんぼ「ほいはちがうど」ってさべっても、がんばっていうごどきがね」

(いくら「それは違うよ」って言っても、言い張って言うことをきかない)

 

という風に使われます。

 

もちろん、共通語の「努力する」の意味の「頑張る」も使います。

使い分けに注意しましょう。

がんばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かびる、かびがはえる という意味です。

 

「ぱんかんぷけでら」
(パンがかびている)
「このもじかんぷけでらー」
(このお餅カビはえてるわ)

 

という風に使われます。

 

「かんぷげあだま」は「使わないでカビの生えた頭」
つまり、「頭が悪い、馬鹿」という意味です。

 

「なのあだま、かんぷけあだまでねぇが?」
(お前、バカなんじゃないか?
「ばがぁーこの!このかんぷけあだまめ」
(馬鹿やろう!この悪たれが)

 

という風に使われます。

かんぷける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

砕く という意味です。

 

「みぢのあづくなったこごりばきかす」
(道路の厚くなった氷を砕く)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きかじ」があります。

これは「話を無視する人」という意味です。

 

「なー、きかじだなー」
(君は人の話を聞かない人だね)

 

という風に使われます。

きかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きがね とも言います。

 

きかんきの強い、元気な、言うことを聞かない という意味です。

 

「まんずきかねわらしだっきゃ」
(本当にきかん気の強い子どもだ)
「わのさべるごとなんもきかねわらすだ」
(私の言う事を全く聞いてくれない子供です)
「わらすおきぐなえばきかねぐなる」
(子供が成長すれば気も強くなる)

 

という風に使われます。

きかね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

切る、荒く切断する という意味です。

 

「そごのえだきたぎってけろ」
(そこの枝を切ってくれ)
「このききたぎてまる」
(この木を切断します)
「でっけきばきたぎるはんで」
(大木を切ってしまいますので)

 

という風に使われます。

きたぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きっくらへんき とも言います。

 

ぎっくり腰 という意味です。

 

「まんだきっくらおぎでまった」
(またぎっくり腰になってしまった)

 

という風に使われます。

 

また、「きっくり、きっくらおごす」ですと「足首をひねる」という意味になります。

 

「あるてらきゃいぎなりきっくりやてまたね」
(歩いてる時、給に足首を軽く捻ってしまう)

 

という風に使われます。

きっくら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昨日の朝 という意味です。

 

「きなさまいえばででもどってね」
(昨日の朝に家を出て戻っていない)
「きなさまがらはいでして」
(昨日の朝から歯が病んでて)

 

という風に使われます。

 

「きな」で「昨日」という意味になります。

 

「きな、あれどデイトしたず」
(昨日彼女とデートしたんです)

 

という風に使われます。

きなさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きぱしね とも言います。

 

すばやい、機敏な、気がよくまわること・人 という意味です。

 

「あれっきゃきばしっこいして、どごさ行ってもよぐかへぐ」
(あの人は気がよくまわるから、どこに行ってもよく稼ぐ)
「なんぼきぱしねやずだばな」
(随分とすばしっこい奴だなあ)

 

という風に使われます。

きばしっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きまげ、きまげる、 きもやげる とも言います。

 

くやしい、腹が立つ、頭にくる という意味です。

 

「ほんにきまやげるじゃ」
(本当に腹が立つよ)
「さきたがらきまやげでやー」
(さっきからおもしろくない)
「あのはなしきいできまげる」
(話を聞いてからいらいらしている)

 

という風に使われます。

きまやげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きれだだ、きれんだぐ とも言います。

 

綺麗だ、綺麗な、美しい という意味です。

 

「きれんたはなっこだしのぉ」
(綺麗な花だよねぇ)
「きれんだにそんじすねばまねよー」
(綺麗に掃除をしなくてはだめですよ)
「きれんだぐくるまあられ」
(綺麗に車を洗わないとね)
「きれだだなーこのきもの」
(綺麗な~着物ですねー)

 

という風に使われます。

きれんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐぐど とも言います。

 

早速、急いで、さっさと という意味です。

 

「わいだっきゃぐうぐどねでまったじゃ」
(私はさっさと寝てしまったよ)
「おごってらんだがさ、ぐぐどいってまった」
(怒っているのだろうか、さっさと行ってしまった)
「ぐぐどあるがらが」
(急いで歩きなさい)

 

という風に使われます。

ぐうぐど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

空気 という意味です。

 

「くきえぐねな」
(空気が良くないですね)
「(自転車などの)くきえれかすてけろ」
((自転車などの)空気入れを貸してください)
「くきじゅでしんじめおどせばまねだ」
(空気銃ですずめを打ち落とすなんて駄目です)

 

という風に使われます。

くき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口答え という意味です。

 

「なんぼなくずきぐおなごだばな」
(ずいぶんとあなたは口答えをする人ですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぐずめぐ」があります。

 

これは「不満でぐずぐずくすぶる」などという意味です。

 

「そったらねぐずめがねふてもえでばな」
(そんなに不平を言わなくてもいいんじゃないの)

 

という風に使われます。

くずきぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くそでるだげ とも言います。

 

めちゃくちゃに、懸命に、ぼろくそに、手加減せずに という意味です。

 

「ふとのことだばくそみそもなぐいう」
(人のことだとぼろくそに言う)
「くそでるだげけっぱねばまねんだよ」
(めちゃくちゃに頑張しかないよ)

 

という風に使われます。

くそみそもなぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐだ、ぐだめる、ぐだまぐ、ぐだめぎ とも言います。

 

愚痴を言う、愚痴をこぼす、文句を言う、不平を言う という意味です。

 

「よぐしぎあだまさきたんだが、ぐだめいでらった」
(よくよく頭にきたんだか、愚痴をこぼしていた)
「ぐだめがいでまったー」
(愚痴を言われてしまいました)
「あすたやりがだだばぐだめるさ」
(あんなやり方では文句も言うさ)

 

という風に使われます。

ぐだめぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くっつぐ とも言います。

 

噛み付く、食いつく、身体を寄せ合う という意味です。

 

「ほろーこのいぬくつぐきがってらー」
(ほらーこの犬噛み付こうとしているよ~)
「わりごとへばあしばくっつぐど」
(悪い事をすれば足に噛み付くぞ)

 

という風に使われます。

くつぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くわえる という意味です。

 

「たばごっつめであるいてら」
(タバコをくわえて歩いている)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くっつぁへる」があり、
これは「口に入れる」という意味になります。

 

「あげたばくっつぁーる」
(入れ歯を口に入れる)

 

という風に使われます。

くつめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くそも とも言います。

 

ちっとも、全く、少しも という意味です。

 

「くそもこねふてもいいじゃ!」
(全く来なくてもいいわ!)
「くっそもとばねして」
(全く飛ばないったら)

 

という風に使われます。

 

これが「くっせ」ですと「臭い」ということです。

 

「わいなんぼくっせば」
(ずいぶんくさい匂いするね)

 

という風に使われます。

くっそも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くっちゃんべ、くっちゃんべる とも言います。

 

ペラペラとしゃべる、おしゃべりし続ける という意味です。

 

「くっちゃべってねんで、しごどしろ」
(おしゃべりしていないで、仕事しろ)
「なぼくっちゃべるおなごだばー」
(ずいぶんと喋る女だねえ~)
「あれくっちゃんべでめごぐねな」
(あの人、おしゃべりで可愛くない)

 

という風に使われます。

くっちゃべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 食べることが出来る という意味です。

 

「このりごくねいんたよ」
(このりんごは食べられるよ)

 

という風に使われます。

 

「くねえな」になりますと「食べられますか」という意味です。

 

② 来ることが出来る という意味です。

 

「こっちゃくねいが」
(こちらに来ることができますか)

 

という風に使われます。

くねい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くらしんび、くらすみ とも言います。

 

暗いところ、暗闇 という意味です。

 

「くらしまさいで、なんしてらの?」
(暗いところにいて、何しているの?)
「くらしんびだはんできーつけろ」
(暗い場所だから気をつけて下さい)
「くらすみだばおかねきゃ」
(暗闇は怖いです)

 

という風に使われます。

くらしま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全部 という意味です。

 

「いいどごねぇだげぐるっともくってまった」
(良いところがないくらい全部掘り返してしまった)

 

という風に使われます。

 

「ぐるぐるど」ですと「くるくると」という意味です。

 

また、「ぐるぐるめ」では「非常に忙しい状況」という意味になります。

 

「しごどよげでぐるぐるめさないまる」
(仕事が多すぎて目が回るみたい)

 

という風に使われます。

ぐるっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

絡む、こんがらがる という意味です。

 

「ひもくるまってまった」
(紐がこんがらがってしまった)

 

という風に使われます。

 

これが「くるめる」では「包む、巻き込む」という意味です。

 

「すんぶんすさくるめる」
(新聞紙で包む)

 

という風に使われます。

くるまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 暗い という意味です。

 

「くれな、ろそぐねな」
(暗いね、ロウソクありませんか)

 

という風に使われます。

 

「くれすみ」ですと「暗闇」という意味です。

 

「そごのくれすみでなにしてらだばー」
(そんな暗闇で何をしてるんですか)

 

という風に使われます。

 

② 黒 という意味です。

 

「このえろくれな」
(この色は黒いね)

 

という風に使われます。

くれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ワラで作った履物、冬に履くワラ靴 という意味です。

 

「このくんずだばたげぐうねえな」
(このワラ細工の履物は高価に売れますね)
「くんずはげばあったげ」
(冬のワラぐつは暖かい)

 

という風に使われます。

 

② (まだ)食べるのですか という意味です。

 

「なまんだくんず」
(あなたはまだ食べるというんですか)

 

という風に使われます。

くんず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 食べなさい、食べる という意味です。

 

「これ、け」
(これを食べろ)

 

という風に使われます。

 

② 下さい という意味です。

 

「けぇへぇ~、これけー」
(ごめんくださ~い、これ下さい)

 

という風に使われます。

 

③ かゆい という意味です。

 

「あー、どんずけ」
(あー、お尻がかゆい)

 

という風に使われます。

け 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けがんじ、けがんず、けがず とも言います。

 

不作、凶作、飢饉 、食べ物が少ないこと 

 

「むかす、けがじさなったとぎ、こればくったもんだ」
(昔、飢饉になった時は、これを食べたものです)
「けがずうまれだもんだして、かなりがまんだばしたもんだ」
(食べ物の少ない時代に生まれたものだから、かなり我慢をしたものだ)
「こどすもけがんずのとすだべな」
(今年も凶作の年なんだろうね)

 

という風に使われます。

けがじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貝殻 という意味です。

 

「はまらけっからふらってきた」
(浜から貝殻を拾ってきた)
「ほだでのけっからゆうせつさちかう」
(ホタテの貝殻を融雪に使う)

 

という風に使われます。

 

「けこ」は「貝」という意味です。

 

「けこなぼとたば」
(貝を幾つ捕りましたか)

 

という風に使われます。

けっから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おかゆ という意味です。

 

「けっこつぐってやった」
(おかゆを作ってやった)
「けっここさえるが」
(おかゆを作ってあげましょうか)
「けっここへでけだはんで」
(おかゆを作りましたから)

 

という風に使われます。

 

「けっこまま、けっこめし」で「ちゃんと煮えてないご飯」という意味になります。

 

「どんだばして、きょうのめしけっこめしだー」
(どうしたんだ、今日のご飯きちんと炊けてないよ)

 

という風に使われます。

けっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かちゃ、かっぱ、けっこ とも言います。

 

裏返し、反対、裏表にする という意味です。

 

「しゃっつけっちゃにきてらよ」
(シャツを裏返しに着ているよ)
「かっぱにふぐきてらー」
(裏返しに服を着ている)

 

という風に使われます。

けっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ビリ、最後 という意味です。

 

「ときょんそげっぱさなってまった」
(徒競走でビリになってしまった)
「うんどかいでまだげっばだじゃ」
(運動会では、またビリっけつになってしまったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「げっろと」があり
これは「根こそぎ」という意味です。

 

「げっろとふんじゃむえでまるだ」
(根こそぎ無理やり取ってしまうんだよ)

 

という風に使われます。

げっぱ  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一生懸命努力する、頑張る という意味です。

 

「けっぱれー」
(頑張れ~)
「うっとけっぱれ」
(おもいっきり頑張りなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けつぼる」があります。
これは「女の人にまとわりつく」という意味。

 

「けつぼるじやめらが」
(女を追うのはやめなさいよ)

 

という風に使われます。

けっぱる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けぇな とも言います。

 

腕、かいな という意味です。

 

「けないだぐした」
(腕を痛めた)
「けぇなぢがら」
(腕力)
「けぇないでえ」
(腕が痛い)

 

という風に使われます。

 

「けなが」ですと「下さい、くれませんか」という意味になります。

 

「それわさけなが」
(それを私に下さい)

 

という風に使われます。

けな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 食べられない という意味。

 

「これけね」
(これは食べられない)

 

という風に使われます。

 

② あげない という意味。

 

「なもけね」
(なんにもあげない)

 

という風に使われます。

 

③ 弱々しい という意味。

 

「けねわらしだね」
(弱々しい子供ですね)

 

という風に使われます。

 

④ 大丈夫、心配ない という意味。

 

「なもけねね」
(私は大丈夫)

「なんもけーねーよ」
(全く心配ありませんよ)

 

という風に使われます。

けね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげる、くれる、あげます という意味です。

 

「じぇんこける」
(お金をあげる)
「なさーこれけるぁー」
(あなたにこれを上げます)

 

という風に使われます。

 

これが「下さい、くれ」という意味だと「けろ、けれ」になります。

 

「こえどこれけれ」
(ここにある物とこれを下さい)

 

という風に使われます。

ける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

毛虫 という意味です。

 

「げんだがみればうじゃめぐ」
(毛虫をみると身震いする)
「へながさげんだがついでらよ」
(背中に毛虫が付いているよ)

 

という風に使われます。

 

また、「かめんこ」ですと「カメムシ」のことになります。

 

「はるのおわりからではてくるかめんこ」
(春の終わる季節から出てくるカメ虫)

 

という風に使われます。

げんだが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

これ、この人 という意味。

 

「こいっきゃわいのだ」
(これは私のだ)
「こいどいぐんず」
(この人と一緒に行くんです)
「こいとばなんとがすねばなー」
(これを何とかしないとね)
「さぁーこいがらしごどだ」
(さーて、これから仕事ですよ)

 

という風に使われます。

こい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こいひゃった とも言います。

 

疲れた、疲れる という意味です。

 

「なんぼこえ、とすだべなー」
(非常に疲れます、年なんでしょうね)
「こんきもやえばこえぐなる」
(これだけやると疲れてしまうよ)
「やまのぼりしたっきゃこえくた」
(山登りをしたら疲れた)

 

という風に使われます。

 

「こいふて」ですと「疲れ過ぎて」という意味になりますよ。

こえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ここふかげる とも言います。

 

どもる、言葉が詰まって上手くしゃべれない状態、どもり、吃音 という意味です。

 

「ごこつまらせる」
(言葉を詰まらせる)
「さべがだここふかげるんだえなー」
(話し方がどもってしまってるんだよなぁ)

 

という風に使われます。

ごこつまり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こごろもづ、こころもず とも言います。

 

気分、考え、気持ち、考え方 という意味です

 

「こごろもじわんちかえぐね」
(気分が少し良くない)
「こごろもづぎりっともだねば」
(考え方をしっかりと持たなくては)

 

という風に使われます。

こごろもじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腰骨 という意味です。

 

「こしっぽねわっつりぶつけで、いでくた」
(腰骨をおもいっきりぶつけて、痛かった~)

 

という風に使われます。

 

「こすまぎ」では「腰巻」という意味です。

また、「こすぱね」ですと「うるさい」という意味になります。

 

「なんぼこすばねやづだば」
(ずいぶんとうるさい奴だ)

 

という風に使われます。

こしっぽね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こったらに とも言います。

 

こんなに という意味です。

 

「こったにわいさけるの?」
(こんなにも私にくれるの?)
「こったらにしゃべってもわがらねのが」
(こんなに言ってもわからないのか)
「こったらによげあってもまえねね」
(こんなにたくさんあってもダメだよ)

 

という風に使われます。

こったに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こったらもの、こたらもの、こつくたらだ、こたらだ とも言います。

 

こんなもの という意味です。

 

「こったらものいらねじゃ」
(こんなもの要らないよ)
「こったらものなんさもならね」
(こんなもの何にもならないよ)
「こたらものだばやえでまる」
(こんな物なら焼いてしまう)
「こつくらだものだばじゃまさなる」
(こんな物は邪魔になるだけ)

 

という風に使われます。

こったもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こっちに、こちらに という意味です。

 

「こっちゃかせ」
(こっちに来なよ)
「おめもこっちゃーこえへー」
(あなたもこちらへいらっしゃい)
「こっちゃくねいが」
(こちらに来ることができますか)
「こっちゃきへぇー」
(こっちのほうにおいで)

 

という風に使われます。

こっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご馳走、食べ物 という意味です。

 

「ごっつおさなるじゃ」
(ご馳走になります)
「きょうのごっつぉーすんでなー」
(今日のご馳走はすごいね~)

 

という風に使われます。

 

これが「ごっちょする」では「おごる、ごちそうする」という意味になります。

 

「ごっちょするはんでえさこえへ」
(ごちそうするから家に遊びにおいで)

 

という風に使われます。

ごっつお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

このくらいだけ という意味です。

 

「ひもこのけばしきってけ」
(紐をこのくらいだけ切ってください)

 

という風に使われます。

 

「これっけ、これんき」ですと「これっぽっち、これだけ」という意味。

 

「わさこれっけしかけねんず」
(私にこれだけしかくれないんですか)
「わさこれんきぶんうてけろ」
(私にこれだけの分を売ってください)

 

という風に使われます。

このけばし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かがむ、頭をさげる、お辞儀をする という意味です。

 

「ものとるのにこまったきゃ、こすいだぐなった」
(物を取るのに屈んだら、腰が痛くなった)
「せんせさこまる」
(先生に挨拶する)
「あいさだばこまるな」
(あいつだけには挨拶しなくて良い)

 

という風に使われます。

こまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゴロっと、突然に、で~んと、すっかり という意味です。

 

「ごろらっとねでらおど」
(で~んと横になっている父)
「わがくても、いつごろらっとしぬがわがらね」
(若くても、いつ突然に死ぬかわからない)

 

という風に使われます。

ごろらっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冗談を言って悪ふざけすること を表現した言葉。

 

「な、まんだごわがししてらべ?」
(お前、また冗談言って悪ふざけしてるんだろ?)

 

という風に使われます。

 

「ごたぐ」も「冗談」または「余談」という意味です。

 

「まだそすたごだぐならべで」
(またそんな冗談をならべて)

 

という風に使われます。

ごわがし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひねくれる、へそを曲げる という意味です。

 

「ほれみろ、あいこんじょまげでまったべな」
(ほろみろ、あいつがへそを曲げてしまっじゃないか)

 

という風に使われます。

 

これが「ごんじょまぐ」になりますと「いい訳する、嘆願する」という意味です。

 

「いっしょけんめえねごんじょまぐ」
(懸命に嘆願する)

 

という風に使われます。

こんじょまげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんだ とも言います。

 

今度、次から という意味です。

 

「こんたおめさふぐかってけるして」
(今度はあなたに服を買ってあげるからね)
「こんだまだくるはんで」
(今度また来るよ)
「こんだそすってさべたべ」
(今度からそうしますって言ったでしょ)

 

という風に使われます。

こんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんじこ とも言います。

 

小路 という意味です。

 

「うぇのうらのこんつこまってげば、おっきいとおりさでる」
(うちの家の裏の小路を通っていけば、大きい通りに出ます)
「ちかみぢしてこんじこまってきた」
(近道をして小路を通ってきました)

 

という風に使われます。

こんつこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゴミ箱 という意味です。

 

「このごみごんばごさなげでけ」
(このゴミをゴミ箱の中にに捨ててください)

 

という風に使われます。

 

「ごみくんだ」は「ゴミ屑」、

 

「ごみなげ」は「ゴミの収集日」

 

「ごみとり」では「ちりとり」 という意味になります。

ごんばご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こび ともいいます。

 

① ご飯につく焦げの部分、つまり”お焦げ”のことです。

 

「こんびつでらままってめんだよ」
(おこげのついてるご飯は美味しいよ)

 

という風に使われます。

 

② 垢 のこと。

 

「こんびたがる」ですと「不潔」という意味です。

 

「つらさ、こびたがてりゃでねな」
(顔に垢がついているようだ)

「ふろさはねばこんびたがるんだ」
(風呂にも入らないと不潔で垢がたまるよ)

 

という風に使われます。

こんび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

牛蒡(ゴボウ) のことです。

 

これが「こんべ」ですと「神戸」ということになります。

 

「こんべー、なえでどおなるのがー」
(神戸、泣いてどうなるのかー)

 

という風に使われます。

 

また、「こんぼい」ですと「キモイ!」という意味になるのだとか。

 

「マジコンボイ!」
(マジでキモイ!)

 

なんていう使われ方もあるようです・・・(涙)

ごんぼ  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごんぼほる とも言います。

 

わがままを言う、いじける、駄々をこねる、くどくど文句を言う という意味。

 

「わらすごんぼけでたんだでね」
(子供がわがままを言って大変だよ)
「すぐごんぼけるして、つぎあうにゆるぐね」
(すぐに駄々をこねてしまうので、付き合うのが大変だ)
「かしかってけろってごんぼほってるのさ」
(お菓子を買ってくれって駄々をこねているのよ)

 

という風に使われます。

ごんぼける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さぁ、あらら という意味です。

 

これが「さぁーささ」ですと「あらまどうしましょ」という意味になります。

 

「さぁさ、みでけさまい」
(さぁ、見て下さい)
「さぁさ、しっぱいしだ」
(あらら、失敗しちゃった)
「さぁ~ささすっかどわしえでらじゃ」
(あらま~完全に忘れていました)

 

という風に使われます。

さぁさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざいご、じゃいご とも言います。

 

田舎 という意味です。

 

「ざいがらきたもんです」
(かた田舎から 来た者です)
「おらのざいごさいげばでんきもてれんびもね」
(私の田舎に行くと電気もないし、テレビもありません)

 

という風に使われます。

ざい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さがし、さがしな とも言います。

 

賢い、利口 という意味です。

 

「そのほうがさがしい」
(その方が賢い)
「あらまなんぼこのわらすさがすな」
(あらまぁ~この子供はお利口さんだね)
「なんぼさがしよめだな」
(随分と賢いお嫁さんですね)
「さがしだけんたつらだばってえぐねやづ)
(利口そうな顔してるけど悪い奴です)

 

という風に使われます。

さがしい  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さがる とも言います。

 

腐る、魚や肉などの鮮度が下がる という意味です。

 

「さがたさがなだばねごもかね」
(腐った魚なら猫も食わぬ)
「れぞこさへねばさがるでばな」
(冷蔵庫に入れないと鮮度が落ちます)
「さがてまたさがなもらた」
(腐ってしまった魚をいただきました)
「しょみきげんきえだきゃせんどさがる」
(賞味期限がきれたら鮮度がおちた)

 

という風に使われます。

さがた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① (紙など)破らない という意味です。

 

「そのかみっこさがねんでけ」
(その紙は破らないで欲しいです)

 

という風に使われます。

 

② 咲かない という意味です。

 

「てんきわりふてざぐらさがね」
(天候不順で桜が咲かない)

 

という風に使われます。

さがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叫ぶ という意味です。

 

「でっただこえでさがぶ」
(大きな声で叫ぶ)
「まねだばまねってさがんべばい」
(ダメならダメって叫んだらいいでしょ)
「さすねはんでさがんぶな」
(うるさいから叫んじゃだめですよ)

 

という風に使われます。

さがぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さきた とも言います。

 

さっき という意味です。

「さきたがら、さぎたっから」では「さっきから」という意味になります。

 

「さきたきいだはなしだ」
(さっき聞いた話だ)
「さきたきたふとだえだっけ」
(さっき来た人は誰ですか)
「さきたがらしゃべてらふと」
(さっきから話している人)
「さぎたっからなにもそもそしてらだば」
(さっきから何でモソモソしているのよ)

 

という風に使われます。

さきた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さぎのばげ とも言います。

 

一昨夜、おとといの晩 という意味です。

 

「さぎばんげはのみしぎで」
(昨夜は飲みすぎた)
「さぎのばげ、のみかいしてらった」
(一昨夜、飲み会をしていた)
「さぎのばげつだだね」
(おとといの晩に到着したんです)

 

という風に使われます。

 

「さぎおどでな」では「3日前」という意味です。

さぎばんげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お酒 という意味です。

 

「さげまぐり、さげほいど」では
「酔っ払い、お酒に対して欲ばりな人」という意味です。

 

「まんださげっこのんじゃーだな」
(またお酒を飲んでいるんですか)
「さげほいどばれあじまったでば」
(お酒に強欲な人ばかりが集まった)
「ろーさげまぐりまだきたー」
(あっちから酔っ払いが来たよ)

 

という風に使われます。

さげっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

入りびたる、首をつっこむ、路外逸脱、突っ込む という意味です。

 

「なんさでもささる人だごっと」
(なんにでも首をつっこむ人だこと)
「くるまけんどがらはんじぇでささてまた」
(車が路外からはずれて事故を起こしてしまう)

 

という風に使われます。

ささる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっぱ とも言います。

 

さっぱりと、さっぱりする という意味です。

 

「あーあさっぱどした」
(あ~、さっぱりした~)
「さっぱどおどさだねぇ」
(さっぱり音沙汰がありません)
「このかまりさっぱすな~」
(この香りはさっぱりするねー)

 

という風に使われます。

さっぱど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

砂糖 という意味です。

 

これが「さどあめ、さどあんずこ、さどめー」ですと
「砂糖味」という意味になります。

 

「このかすあんますさどあめふてかえね」
(このお菓子はあまりにも甘くて食べられない)
「さどあんずこすさげだべ」
(砂糖味のするお酒のようですね)
「わーこのこへなんぼさどめば」
(このコーヒーは砂糖味が濃い)
「さどめったらだかすだっきゃ」
(砂糖味の濃いお菓子ですね)

 

という風に使われます。

さど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんび とも言います。

 

寒い という意味です。

 

「さびひだなあ」
(寒い日ですね~)
「あさっからさんびぃっきゃ」
(朝から寒いよねぇ)
「ぼんしぎればさびぐなる」
(お盆を過ぎれば寒くなります)
「さびがってらねご」
(寒そうな猫)

 

という風に使われます。

さび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~して下さい、~して下さいませ という意味です。

 

例えば
「ねまれ(座れ)」→「ねませ(座って)」→「ねまさまい」と、
右にいくほど丁寧な表現になります。

 

「ねまさまい」
(お座り下さい)
「うぇのほさもででかさまい」
(うちの家の方にも出て来て下さいまし)

 

という風に使われます。

さまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すくい取る という意味です。

 

「そごがらこそっとさらってけろ」
(底から静かにすくい取ってくってくださいな)

 

という風に使われます。

 

共通語の「どぶさらい」の”さらう”が語源です。
※どぶさらい=どぶにたまった汚泥を取り除くこと。

さらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鍵をかける という意味です。

 

「まどのさんかってけろ」
(窓の鍵をかけてください)

 

という風に使われます。

 

「さん」は「鍵」という意味です。
つまり「さん(鍵)」+「かる(かける)」ということです。

 

共通語ですと”窓のさん”となると、

サッシや窓枠を指しますので県外使う場合はご注意くださいね!

さんかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

参拝、参詣、お宮参り という意味です。

 

「こんべすなぐねさんけさいてきたね」
(朝早くにお宮参りしてきましたよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さんじゃもんじゃ」があります。

 

これは「めちゃくちゃにする」という意味です。

 

「あっつぁーさんじゃもんじゃさなてまたね」
(あらまぁ~めちゃくちゃになってしまったね)

 

という風に使われます。

さんけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

財布 という意味です。

 

「さんとぐおどすて」
(また財布を落としちゃったよ)
「おえのさんとぐどさやったべ」
(私のお財布、どこにやったかしら)

 

という風に使われます。

 

なんとなく響きが似ている言葉には「さんべいだ」があります。

 

これは「まな板」のことです。

 

「さんべいだのこいってきだごとね」
(”まな板の鯉”って聞いたことがない)

 

という風に使われます。

さんとぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じぇねっこ とも言います。

 

お金 という意味です。

 

「じぇんこねぐなたー」
(お金が無くなった)
「おなごわらすはじぇんこかがる」
(女の子はお金がかかります)
「わらすでけぐなたきゃじぇんかがるぇな」
(子供が成長するとお金がかかります)
「じぇねっこねはんでままかえね」
(お金がないのでごはんが食べられない)

 

という風に使われます。

じぇんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

相当な頑固者 という意味です。

 

「あのわらしはしおこごりだ」
(あの子は相当な頑固者です)

 

という風に使われます。

 

塩が固まると強固となって、
なかなか砕けないことを例えたところからきた言葉のようです。

相当に固くなるんでしょうね・・・。

しおこごり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しかえで、しかえる とも言います。

 

怒られた、怒られて、怒られる という意味です。

 

「きょうもわったどしかえだ」
(今日も厳しく怒られました)
「しかえでまたねろ」
(怒られてしまったよ)
「まんだしかえる」
(ま~た叱られれるよ)

 

という風に使われます。

しかえだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じがじがど、じかじか とも言います。

 

炭酸飲料が口中で発泡する感覚、ずきんずきんと、チクチクする という表現です。

 

「うぉんろぉーじがじがどすー」
(あらまぁ~口中で発泡してるよ)
「いでぐしたどごじがじがしてきた」
(痛くした傷がずきずきしてる)
「おけたどごくすりっこつけだきゃじかじかすー」
(転んで傷ついた処に薬を塗ったらチクチクします)

 

という風に使われます。

じがじが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はっきり、明らかに という意味です。

 

「しかどはなしっこきがねばまえね」
(きちんと話を聞かないとだめです)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しかどご」があります。
これは「すっかり」という意味です。

 

また、「しかしかど」ですと「次々と片付ける」という意味になります。

 

「しかしかどかたづげねば」
(次々と片付けないと)

 

という風に使われます。

しかど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しかふぇる とも言います。

 

知らせる、教える という意味です。

 

「わいなさしかへるして」
(私があなたに教えるから
「なさだきゃーしかへね」
(君には教えない)
「せんせいせいとさしかふぇる」
(先生が生徒に教える)

 

という風に使われます。

しかへる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 肥料 という意味です。

 

「はだげさじぎまえだな」
(畑に肥料をやりましたか?)

 

という風に使われます。

 

② 時、もう少しの時間 という意味です。

 

「じぎにくるねー」
(もうじき来ます)

 

という風に使われます。

 

似た言葉は「しぎ」があります。

これは「ごまをする」という意味です。

 

「なーあいさしぎしちゃべー」

(あなたはあの人にゴマをすってるね)

 

という風に使われます。

じぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぎさる とも言います。

 

引きずる という意味です。

 

「にもつばしぎすてもていぐがー」
(荷物を引きずって運ぼうか)
「なすてしぎすてもていぐだばー」
(なんでひきずって運ぶんですか!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「しぎす」があります。

これは「えこひいき」という意味です。

 

「なあえばしぎすてらでばー」
(あなたはあの人をえこひいきしてますね)

 

という風に使われます。

しぎす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

勇気 という意味です。

 

「なんぼじくねば」
(勇気がないね)

 

という風に使われます。

 

これが「じぐなし」となりますと
「怖がりなひと、気持ちが小さい」という意味です。

 

「じぐなしこのぉー」
(怖がりな人だねぇ)

 

という風に使われます。

 

さらに「しげね」ですと「寂しい」という意味です。

 

「ふとりものねるとぎしげねくて」
(独身の寝るときはさびしい)

 

という風に使われます。

じぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

機嫌をとる という意味です。

 

「あえさしたぱらきへでどだだばー」
(あの人の機嫌をとる事ばかりして、おかしい)

 

という風に使われます。

 

「したばらこする」では「ごまをする、お世辞を言う」という意味なります。

 

「したぱらこすてなんがあるな」
(ごまをすっったりなんかして何かあるようだね)

 

という風に使われます。

したぱら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さしつけかづ、すづげる とも言います。

 

(裁縫で)仕付をする という意味です。

 

「すそあげするのさしつけかづ」
(裾上げをするのに仕付をする)
「ゆがだぬうのさしつけかづ」
(浴衣を縫うのに仕付けをする)

 

という風に使われます。

しつけかづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かまう という意味です。

 

「ワさしづがねでけれる」
(私にはかまわないで欲しいです)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しづげる」があります。
これは「据え付ける、躾をする」という意味です。

 

「うえのほうさたなばしづげだ」
(上のほうに棚に据え付ける)
「よぐおやにしづげらいだわらしだ」
(よく親に躾をされた子供です)

 

という風に使われます。

しづがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しつこい、しみったれ という意味です。

 

「しつこたがりだばきらわれるど」
(しみったれだと嫌われるよ)
「こんのぉしつこだがりが」
(このしみったれが!)
「しつこだがりでばばづあだるね」
(しつこいと罰があたりますよ)

 

という風に使われます。

しつこだがり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しっけくせ とも言います。

 

酸っぱい、ツンとする、酸っぱい臭さ という意味です。

 

「めんぼすはやっぱしっけ」
(梅干はやっぱり酸っぱい)
「しっけくせなかわてらでねな」
(ツンとして腐ってるんじゃないの)

 

という風に使われます。

しっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑張る という意味です。

 

「なやしなじぃな」
(あなたは頑張り屋だね)

 

という風に使われます。

 

これが「しなじぐかがる」になりますと
「粘り強く頑張る」という意味になります。

 

「じぇんとるまんてでしなじぐかがる」
(お金を貰うまで、粘り強く頑張る)

 

という風に使われます。

しなじぃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なめる、しゃぶる、吸う という意味です。

 

「あめっこばしなぶる」
(飴をしゃぶる)
「ちゅいぐしなぶればちこでらぁーね」
(あんまり強く吸うと血が出ますよ)
「しなぶればまんだあんちこではるね」
(しゃぶるとまだ味が出てくるよ)

 

という風に使われます。

しなぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずなる とも言います。

 

怒鳴る、大声で叫ぶ という意味です。

 

「おどごむごうでじなってら」
(男性が向こうで大声で叫んでいますね)
「なもそったらねじなねふも」
(あなたもそんなに怒鳴らなくたって)

 

という風に使われます。

じなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しなべる、しなんぷける とも言います。

 

しなびる、干からびる、しおれる という意味です。

 

「ながねぎしなんぷけでまった」
(長ネギがしなびてしまった)
「このなすしなべでりゃー」
(このなす水分がなくなってきたね)

 

という風に使われます。

しなぷける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すね、しない、しねぇ とも言います。

 

粗剛で噛み切れないこと、すじが多いこと、

なかなかかじりにくい という意味です。

 

「このにぐしねな」
(この肉はすじが多いな)
「しねぇにぐだな」
(噛み難い肉てですね)

 

という風に使われます。

 

決して暴言ではありませんよ・・・。

しね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

納める、片づける、終わる、閉じる、入れる という意味です。

 

「なづものたんすさしまれ」
(夏物はタンスに納めなさい)
「もうしまるべ」
(もう終わりましょう)
「こえどそれこござしまるべし」
(それとこれはここに片づけましょう)

 

という風に使われます。

しまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凍る という意味です。

 

「そどさだしてだっきゃしみでまった」
(外に出しておいたら凍ってしまった)
「さんびくててしみできた」
(寒くて手が凍ってきた)
「そどさおげばしみでまるねー」
(外に置くと凍ってしまうよ)
「しみらがすもずとばほすもずどさべるんだ」
(凍らせた餅を干し餅と言うんです)

 

という風に使われます。

しみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

田舎、田舎者 という意味です。

 

”田舎物”は”じゃいごもん” とも言います。

 

「じゃいごからきたずな」
(田舎から出てきたのか)
「じゃんごもんだはんでわがねんず」
(田舎者だから判らないんです)

 

という風に使われます。

 

また、「じゃいごわらす」ですと「田舎の子供」という意味。

 

「そえだばじゃいごわらすだね」
(そんな格好じゃ田舎の子供みたい)

 

という風に使われます。

じゃいご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うるさい、せわしない、やかましい という意味です。

 

「しゃしねしゃしねって、おめしゃしねじゃ」
(『うるさいうるさい』って言ってるおまえがうるさいよ)
「しゃしねワラシだ」
(やかましい子どもだ)
「しゃしねわらほんどだがさや」
(うるさい子供たちだよ)

 

という風に使われます。

しゃしね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃっけ、しやしや、つべて、すぺで、すぺでぇ とも言います。

 

冷たい という意味です。

 

「なのあししゃっこいべ」
(あなたの足冷たいね)
「しゃっけみちこだな」
(冷たいお水ですね)
「こんやしやしやするよるだっきゃ」
(今夜は冷え冷えするような夜ですね)
「てぇもあしつべて」
(手も足も冷たい)

 

という風に使われます。

しゃっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

残飯、捨てる食べ物、屑、残り物、不要なもの、ガラクタ、
(魚の)あら という意味です。

 

「じゃっぱじるめべー」
(一杯具の入った魚の鍋、おいしいでしょ)
「じゃっぱばりあづめでらった」
(残り物ばかり集めていた)
「じゃっぱじるこへだして、け」
(じゃっぱ汁をつくったので、食べな)

 

という風に使われます。

 

じゃっぱ汁(じゃっぱじる、じゃっぱずる)は、青森県の郷土料理。
冬によく食されていて、
鱈のあらで作ったものをさして「じゃっぱ汁」というところもあれば、
鮭などの魚の荒汁を総称して「じゃっぱ汁」とよぶところもあります。

じゃっぱ  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

話し方 という意味です。

 

「おめのしゃべがだなんだば」
(あなたの言い方はなんですか!)

 

という風に使われます。

 

「しゃべぐぢ」ですと「言い方」という意味です。

 

「おめのしゃべぐぢわりくてやー」
(あなたの言い方が悪いね)

 

という風に使われます。

しゃべがだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃべくっちょ とも言います。

 

おしゃべり という意味です。

 

「あっこのカッチャしゃべっちょだっきゃ」
(あそこのお母さんはおしゃべりです)
「まぁまぁしゃべくっちょばすでろぉ」
(あらあら、おしゃべりばかり集まって)

 

という風に使われます。

しゃべっちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言い方を知らない という意味です。

 

「しゃべるよしらねだばわんかべんきょせねば」
(言い方が判らないならもっと勉強しないとね)

 

という風に使われます。

 

これが「しゃべようね」ですと「なんて言っていいのか判らない」という意味です。

 

「そえだばしゃべようねね」
(もしそうならなんていっていいのか判らない)

 

という風に使われます。

しゃべるよしらね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

身長 という意味です。

 

「じゃまたげ」は「身長が高い」、

「じゃまちっぺ」は「背が低い人」という意味になります。

 

「じゃまおがたなぁ」
(身長伸びたねぇ~)
「おめじゃまなんぼだづば」
(あなたの身長はどのくらいですか)
「なんぼおめじゃまたげば」
(あなたはずいぶんと背が高いですね)
「じゃまちっぺでもけんかちえね」
(背が低くても喧嘩は強いですね)

 

という風に使われます。

じゃま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃわめぐ とも言います。

 

身震い、寒気がするような感じ という意味です。

 

「さむけすてじゃわじゃわってらじゃ」
(寒気がして、身体が変な感じがします)
「からだじゃわめくじゃー」
(身体が身震いしてきたよ~)

 

という風に使われます。

じゃわじゃわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

正月 という意味です。

 

「しょがずになればでがせぎがらおどくる」

(正月になれば父が出稼ぎから帰ってきます)

 

という風に使われます。

 

これが「しょがじなが、しょがぢなが」になると「正月中」という意味です。

 

「わしょがじながもしごどだね」
(私は正月中も仕事です)

 

という風に使われます。

しょがず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

強情を張る という意味です。

 

「どごまんでもじょっぱればわがね」
(どこまでも強情を張っていてはいけません)

 

という風に使われます。

 

これが「じょっぱり」ですと「強情張り」という意味になります。

 

「なんぼじょっぱりだばー」
(ずいぶんとこ強情張りな人ですこと)

 

という風に使われます。

 

良い意味として使うことはあまり無いようですね。

じょっぱる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっぺー、しょぺ とも言います。

 

しょっぱい、塩辛い という意味です。

 

「あじんみすたっきゃしょっぺがった」
(味見したら塩辛かった)
「なんぼしょぺさがなだば」
(ずいぶんとしょっぱいお魚ですね)

 

という風に使われます。

 

これが「しょぺたら」になりますと「塩辛そうだ」という意味です。

 

「しょぺたらだしなそばだな」
(塩辛そうなラーメンですね)

 

という風に使われます。

しょっペ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

背負う という意味です。

 

これが「しょらさえる」になりますと「背負わされる」という意味です。

 

「らんどせるばしょる」
(ランドセルを背負う)
「わしょるにもつどいだー」
(私が背負う荷物はどれですか)
「こめしょらさえでまぢざうねいたもんだ」
(米を背負わされて町まで売りに行ったもんだよ)

 

という風に使われます。

しょる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

神経質、神経質な人 という意味です。

 

「ちょっとしんけたがりだふとだ」
(ちょっと神経質な人だ)
「なんぼしんけたがりだば」
(ずいぶんと神経質ですねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しんこかがり」がありますが
これは「進行係」という意味です。

 

「ワうんどかいのしんこかがりだんず」
(私は運動会の進行係りです)

 

という風に使われます。

しんけたがり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しんぷたれる、しんぷたいる とも言います。

 

みすぼらしい、よれよれ、みじめになっていく、しなびる という意味です。

 

「とすいげばしんぷたれだからださなてくる」
(年を取っていけばみすぼらしい体になっていきます)
「あれしんぷたいでまたな」
(あの人、みじめな人になっちゃって)
「あっごのてらんどしんぶぷたえでまって」
(あの家の子供達はみすぼらしい子ばかりです)

 

という風に使われます。

しんぴたれだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

我慢、辛抱 という意味です。

 

これが「しんぼす」になると「辛抱する」ということです。

 

「そったらにしんぼしなくてもかえばいいっきゃ」
(そんなに我慢しなくても、買ったらいいじゃないの)
「こごだりでなんぼがしんぼさねば」
(ここら辺で少し辛抱しないとね)

 

という風に使われます。

 

”倹約家、けち”の意味で使うこともあります。

しんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

教える という意味です。

 

これが「すかへどぐ、すかふぇどぐ」ですと「教えておく」ということ。

 

「べんきょワすかふぇるね」
(勉強は私が教えましょう)
「なささんしーしかへどぐ」
(あなたに算数を教えておきます)

 

という風に使われます。

 

逆に「すかへねー」になりますと「教えない」という意味です。

 

「だーさもすかへねー」
(誰にも教えない)
「あいさだきゃーすかへね」
(あいつには教えない)

 

という風に使われます。

すかふぇる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

好きなだけ という意味です。

 

これが「すぎでに」だと「好きなように、自由に」という意味になります。

 

「てっぺぇすぎだぶししゃんべってらじゃ」
(めいっぱい好きなだけ喋っているよ)
「すぎでにえらんでおっけだね」
(自由に選んでいいですよ)

 

という風に使われます。

 

「すぎだいにさなが」ですと「勝手にしろ」という意味になります。

 

「どだだばー!すぎだいにさなが」

(どうなってるんだ!勝手にしろ)

 

という風に使われます。

すぎだぶし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すぐむ とも言います。

 

冷え切っている様子、体の芯から冷える という意味です。

 

「そんどさいってすぐだまってきだ」
(外に行って体の芯から冷えてきた)
「こんきさんびばすぐむね」
(こんなに寒いと身体が冷え切ってしまいますね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すぐめる」があり、これは「背を丸める」という意味。

”すくめる”の転訛です。

すぐだまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

七癖、悪い痺 という意味です。

 

「まんだすずくせおぎだ」
(ま~た悪い癖が起きました)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「すず」がありますが
これは「数字の七」のことです。

 

「すずってすずのこどだべが」
(七って鈴の事でしょうか)

 

という風に使われます。

 

ややこしいです・・・。

すずくせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっかい とも言います。

 

酸っぱい という意味です。

 

”すける、しける”で”酸っぱくなる”ということです。

 

「このブンドすっけ」
(このブドウは酸っぱい)
「このぎょざすけるかまりっこしてねが」
(この餃子は酸っぱい臭いがしませんか)

 

という風に使われます。

 

「酸っぱいでしょう」と言う場合には「すけべ」と言いますよ。

 

「このめぼしすけべ」
(この梅干、酸っぱいでしょ)

 

という風に使われます。

すっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すたもの とも言います。

 

そんなもの、そのようなもの という意味です。

 

丁寧に言うときには「そったらもの」となります。

 

「すったもの、いらねじゃ」
(そんなもの、いりませんよ)
「すたものもらたなもなね」
(そのようなもの頂いたってなんにもなりません)

 

という風に使われます。

 

「すたの」で「そのような」という意味になります。

 

「すたのだばワいらね」
(そういうのは私はいりません)

 

という風に使われます。

すったもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じっぱり とも言います。

 

たくさん という意味です。

 

「ずっぱりどしごどこさねばまえねよ」
(たくさん仕事をしなければいかんよ)
「ずっぱりままけ」
(たくさんご飯を食べなさい)
「まっこばじっぱりもらった」
(お年玉をたくさんもらった)

 

という風に使われます。

ずっぱり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

中指と親指で額などを叩く、指で弾く、デコピンする という意味です。

 

「なんづぎさすっぺはる」
(おでこにデコピンする)
「えぐねごとへばすっぺだ」
(悪い事したら中指で額を叩きますよ)

 

という風に使われます。

 

”しっぺ返し”などの”しっぺ”の転訛ですね。

すっペはる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かまう、面倒を見る という意味です。

 

「なしてすとすだば」
(なんでかまうんだよ!)

 

という風に使われます。

 

逆に「すとかもな」になりますと
「相手にするな、放っておきなさい」という意味になります。

 

「あえさすとかもな」
(あの人にかまうんじゃないよ)

 

という風に使われます。

すとす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すね、脚 という意味です。

 

「すねからだして、さむぐねぇがか?」
(すねを出して歩いちゃって、寒くないのか?)
「あいのすねからきいだだなー」
(彼女の脚は綺麗だね~)

 

という風に使われます。

 

また、「すね~」は”脛”ではなく、「硬い(噛み切れない)」という意味になります。

 

「すね~にぐだなー」
(なかなか噛み切れない肉ですね)

 

という風に使われます。

すねから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

尻などにはね上がる泥、泥はね という意味です。

 

「せながさすぱねあがってら」
(背中にはねあがった泥がついていますよ)
「すぱねけっつのどごまんてあがてらね」
(泥はねがお尻の所までついているね)

 

という風に使われます。

すぱね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずぼんすた、ずぼした とも言います。

 

ズボン下、つまり ”ももひき” という意味です。

 

「ずぼんしたはがねば、かんじぇひぐど!」
(ももひきを履かないと、風邪をひきますよ!)
「ずぼしたはがねばさび」
(ももひきをはかないと寒い)
「さんびな、ずぼんすたはぐ」
(寒いね、ももひきを穿こう)

 

という風に使われます。

ずぼんした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずるい人、悪ガキ という意味です。

 

「あいっきゃずるすけだ」
(あの人はずるい人だ)
「こんのずるすけがぁ」
(このーこのワルガキめ!)
「なんぼずるすけだごどまあ」
(なんてずるい人なんでしょうか、全く)

 

という風に使われます。

ずるすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

随分と という意味です。

 

「すんぶしごどすすんだってばな」
(随分と仕事が進んだものですね)
「ずんぶまたぁー」
(随分と待ちました)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ずんぶだ」があります。
これは「ひどい」という意味です。

 

「ずんぶだひとだな」
(ひどい人ですね)
「ずんぶだっきゃそんはなす」
(かなりひどい話ですね)
「まぁまぁずんぶだはなすだな」
(あらまぁ、とんでもない話ですね)

 

という風に使われます。

ずんぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

咳をする という意味です。

 

「せぎすのはかんじゃでねぐだばごだね」
(咳をするのは風邪ではなくて煙草のせいです)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「せずね、せづね」があります。

これは「苦しい、切ない、虚しい」という意味です。

 

「こいだべが、このむねせずね」
(恋かしら、この胸がくるしい)
「わのむねはせづねくて」
(私の胸(想い)が切なくて)

 

という風に使われます。

せぎす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急ぐ という意味です。

 

「そうせがねくてもえんずなぁ」
(そんなに急がなくてもいいでしょうに)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せわしね」があります。

 

これは「落ち着きのないようす、忙しい」という意味です。

 

「さいぎんせわしねくてやー」
(最近は忙しくてねえ~)

 

という風に使われます。

せぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おせっかい、手出し という意味です。

 

「いらねせっこするな」
(余計なおせっかいをするな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せっこぎ」があります。

これは「横着者」という意味です。

 

「なせっこぎでまねね」
(おまえは横着者で駄目だなあ)

 

という風に使われます。

せっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へば とも言います。

 

それじゃあ、それでは という意味です。

 

「せば、まだのぉ」
(それじゃ、またね)
「せばバイバイ」
(それじゃ~ばいばい)

 

という風に使われます。

 

これが「せばい」になりますと「もうそれで良い、やれば良い」という意味です。

 

「せばいいな、しんぺえしてあったんだじゃ」
(それは良いですね、心配してたんです)
「とへばえがわがねってせばいんでねが」
(どうすればいいのか判らないって?やればいいんじゃない)

 

という風に使われます。

せば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せめけ、せめくって とも言います。

 

狭い(せまい) という意味です。

 

「なんぼせめへやだばな」
(ずいぶんと狭い部屋ですねえ)
「せめくってものはねじゃー」
(狭いから物が入りませんよ~)
「なんぼせめけたらだきゃな」
(ずいぶんと狭いようですね)

 

という風に使われます。

せめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それ という意味です。

 

「そいばとてけー」
(それを取ってください)

 

という風に使われます。

 

”そい”が付く言葉は他にもあります。

 

「そいがや」は「それがさ~」
「そいさかって」は「それによって」

 

という意味になります。

 

「そいがやたんだでねふてやー」
(それがさ~大変なことなんだよー)
「そいさかってたんげそんすたんだよな」
(それによってだいぶ損をしたんだよなあ)

 

という風に使われます。

そい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そごんだり、そごだり とも言います。

 

その辺、その周辺 という意味です。

 

「そごらふぇんがわがねぇんだじゃ」
(そこら辺が疑問なんだよな~)
「そごだりわんつかとろけれ」
(その周辺を少し片付けて下さい)

 

という風に使われます。

そごらふぇん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そすもんだな、そすもんでね とも言います。

 

そうするんじゃない、そんなことをしてはいけない、そんな事はダメ という意味です。

 

「あればがだって・・・そすもでねー 」
(あの人は馬鹿だって・・・そういう言い方は良くないよ)
「そすもんだなしておやなえでらよ」
(そんなことをするんじゃないよ、親が泣いてるよ)
「あえさそすもんでねよ」
(あいつにそんなことしちゃ駄目だよ)

 

という風に使われます。

そすもでね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たったそれだけ という意味です。

 

「そったらべっこのことでおごってらのけ」
(たったそれだけのことで怒っているの?)

 

という風に使われます。

 

「そったらに」では「そんなに」という意味になります。

 

「そったらにしなくても・・・」
(そんなにしなくても・・・)
「そったらにもてこすいでぐすね」
(そんなに持つと腰が痛くなりますよ)

 

という風に使われます。

そったらべっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

突っぱねる、すべてを突っぱねる という意味です。

 

「すねでまってそつぱる」
(すねてしまい、すべてを突っぱねちゃってる)

 

という風に使われます。

 

また、「そっちゅ」は「反っている、沿っている」という意味。

 

「あんてなそぢさそっちゅだね」
(アンテナはそちらの方に反っている)

 

という風に使われます。

 

これが「そっくりげる」は「ふんぞり返る」という意味です。

 

「んだ、そごでそっくりけえるんだね」
(そうです、そこでふんぞり返るんですね)

 

という風に使われます。

そつぱる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介