HOME -> 福井の方言 

飽きた、飽く という意味です。
「もう あいてもたわ」
(もう飽きてしまったよ)
「え!もうあいたんか?」
(え!もう飽きたのですか?)
「このあじつけにはもうあいたわ」
(この味付けにはもう飽きたよ)
という風に使われます。

あいた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

平日、休みではない日 という意味です。
「あいのひはだれもえんよ」
(平日は誰もいないよ)
「あいのひはぁつかれてるでぇ、どにちがいいざぁ」
(平日は疲れているので、土日がいいですねえ)
「いや、あいのひではあかんわ」
(いいえ、平日では無理です)
という風に使われます。

あいのひ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 動悸、ドキドキする という意味です。
「あぁ、はしってきてむねがあうつわ」
(あぁ、走ってきて動悸がするよ)
「おどかすなま!むねあうつが」
(驚かすなよ!胸がドキドキするじゃないか)
という風に使われます。

 

② 点滅する という意味です。
「きれかかったけいこうとうがあうってる」
(切れかかった蛍光灯が点いたり消えたりしている)
という風に使われます。

あうつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

会う という意味です。
「えきまえのみせであおっさ」
(駅前の店で会いましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あおつ」があります。
これは「扇ぐ」という意味です。
「すみをあおつ」
(炭を扇ぐ)
「うちわであおつ」
(団扇で扇ぐ)
という風に使われます。

あお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(器から液体を)こぼす、こぼれる という意味です。
「ちゃんともたんとあかるよ!」
(ちゃんと持たないとこぼれるよ)
「あかってまうやろ!」
(こぼしてしまうだろ!)
「ちょっとすれたらあかってもた」
(ちょっと触ったらこぼれてしまった)
という風に使われます。

あかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ダメ、無理 という意味です。
「ほんなしたあかんて」
(そんなことしたらダメだよ)
「もうあかんわ」
(もう無理だ)
という風に使われます。

 

② 開かない という意味です。
「とぉー、あかんが」
(戸が開かないよ)
「どああかんて」
(ドアが開かないよ)
という風に使われます。

あかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あかる とも言います。

 

① ひっくり返す、ひっくり返る という意味です。
「あ~ぁ、あけてもた」
(あ~ぁ、ひっくり返しちゃった)
という風に使われます。

 

②(水などを)捨てる という意味です。
「ばけつのみずあけてきて」
(バケツの水を捨ててきて下さい)
という風に使われます。

あける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっこ とも言います。

 

あそこ という意味です。
「こっちいやだ、あこがいい」
(ここは嫌だ、あそこがいい)
「ほなら、あこ、いこか?」
(それでは、あそこへ行きましょうか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あごた」があります。
これは「顎(あご)」という意味です。
「ころんであごたうってもた」
(転んで顎をぶつけてしまった)
という風に使われます。

あこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

朝、朝に、午前中 という意味です。
「あさまあめふったんか?」
(朝に雨が降ったのですか?)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あさっぱち」があります。
これは「早朝、朝っぱら」という意味です。
「わるいのう、あさっぱちからへんなようで」
(すみませんね、早朝からおかしな用事で)
という風に使われます。

あさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貰う、配られる、与えられる という意味です。
「おやつ、あたったんか?」
(おやつを配られたのですか?)
「ぼーら、みんなあたったかー」
(子供達、みんな貰ったかい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あくれる」があります。
これは「腹を立てて文句を言う、暴れる」という意味です。

あたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あつこぶたい とも言います。

 

分厚い、厚い という意味です。
「このあぶらげ、なんてあつこぶたいんや」
(この油揚げは、なんて分厚いのでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あつこぶとい」があります。
これは「暑そうな」という意味です。
「けいとはあつくらしいしの」
(毛糸は暑そうですしね)
という風に使われます。

あつこぶとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うんち、大便 という意味です。
「ああ、あっぱこいてるー」
(あら、うんちしてる)
「おぇ~、あっぱふんでもたげや」
(うわっ!うんち踏んでしまった!)
「いぬのあっぱふんでもたが」
(犬のうんちを踏んじゃったよ)
という風に使われます。

あっぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっぱくさい とも言います。

 

嘘だろう、あほらしい という意味です。
「ほんなもん、あっぱくさ」
(そんな話、嘘だろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あっぺ」があります。
これは「汚い」という意味です。
「ほんなもんなぶったらあかん、あっぺやぞ」
(そのような物を舐めてはいけない、汚いよ)
という風に使われます。

あっぱくさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

穴 という意味です。
「これ、ほっちのあなんぽにはめてくれ」
(これ、そちらの穴に挿してください)
という意味です。

 

似た言葉では「あのぉ~」があります。
イントネーションが独特で、語尾が波打って上がる感じです。
これは、話し始めの「あー、えー、あのー」という意味です。

あなんぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あばざける とも言います。

 

ふざける、はしゃぐ という意味です。
「あばざけんなって、ゆうてるやろ!」
(ふざけるんじゃないって、言ってるでしょ!)
「あばさけたらあかん。おとなしゅうしてろ」
(ふざけてはいけない、大人しくしていなさい)
という風に使われます。

あばさける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

溺れる、倒産、死んだ という意味です。
「あんま、あばざけてると、あばばすんぞ」
(あまりはしゃぎ過ぎると、溺れてしまいますよ)
「ああ!こどもがあばばしてるぞ!」
(ああ!子供が溺れているぞ!)
という風に使われます。

あばば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

甘くない という意味です。
「それ、あもねぇーんけや?」「あもねぇ」
(それって、甘くないの?)(いいえ、甘くありません)
という風に使われます。

ちなみに、「甘い」を「あもい」とは言いません。

 

似た言葉では「あぼけなし」があります。

これは「人が良い(ちょっとアホな)」という意味です。
「ほんなもんやってまうの、あぼけなしや」
(そんなことをやってしまうなんて、人が良いね・・・)
という風に使われます。

あもねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 幼い、幼稚な という意味です。
「おめぇあやなやっちゃなぁ」
(あなたは幼稚な人だねぇ)
という風に使われます。

 

② 馬鹿、危なっかしい、危ない という意味です。
「あやなことすっなよ!」
(馬鹿なことをしてはいけないよ!)
「あやなことしたあかんよ」
(危ないことをしたらいけないよ)
という風に使われます。

あや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぞこない とも言います。

 

怪我、くじいたり、寝ちがえ という意味です。
「あやまちしたんけ?」
(怪我をしたのかい?)
「としょったらあやまちしたのがなかなかなおらん」
(年を取ると怪我をしたところがなかなか治らない)
「あばさけてるとしぞこないすっぞ」
(ふざけていると怪我をするよ)
という風に使われます。

あやまち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

間、隙間 という意味です。
「かべとたんすのあわさにはいってもた」
(壁とタンスの間に入ってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あんまし」があります。
これは「あまり、あんまり」という意味です。
「あんましすきでない」
(あまり好きではない)
という風に使われます。

あわさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

持っている、そうである という意味です。
「あめふってきた、かさあんなるか」
(雨が降ってきた、傘を持っていますか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あんぽんたれ」があります。
これは「馬鹿、あんぽんたん」という意味です。
「ほんなことやってあんぽんたれや」
(そんなことするなんて馬鹿だ)
という風に使われます。

あんなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いーざ とも言います。

 

良い、了解 という意味です。
「いこか?」「いいざ!」
(行きましょうか?)(いいよ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いかな」があります。
これは「まさか」という意味です。
「えー、いかな!?」
(えぇっ、まさか本当に!?)
という風に使われます。

いいざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっかい、いっけえ、えけえ、えっけえ とも言います。

 

大きい という意味です。
「いかいすいかやなあ」
(大きなスイカですね)
「ひってもんに、えっけかったんやて」
(本当に(びっくりするくらい)大きかったんだ)
「いこ、なったなぁ」
(大きくなったねえ)
「いっけざまして、ほんなことでなくな」
(大きな体して、そんなことで泣くんじゃない)
という風に使われます。

いかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えがむ とも言います。

 

歪む、曲がる という意味です。
「ここまっすぐでないとあかんのに、いがんでるぞ」
(ここ真っ直ぐじゃないといけないのに、歪んでいるぞ)
「ほのいた、ちょっとのったら、えがんでもた」
(この板、ちょっと乗ったら、曲がってしまった)
「ほんなちからいれたらえがでまうやろ」
(そんなに力を入れたら曲がってしまうだろう)
という風に使われます。

いがむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いきしな という意味です。

 

~へ行く途中 という意味です。
「がっこうのいきしまにてがみだしといてくれ」
(学校に行く途中に手紙を出しておいて下さい)
「すーぱーへいきしなにこうてきて」
(スーパーへ行く途中に買って来てください)
という風に使われます。

いきしま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

揺さぶる という意味です。
「あんまいさぶらんといてや」
(あんまり揺さぶらないでよ)
「ほんないさぶったらあかんて」
(そんなに揺さぶったら駄目だよ)
「あたまいさぶるな」
(頭を揺さぶるんじゃない)
という風に使われます。

いさぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いずかる とも言います。

 

しゃがむ、座り込む という意味です。
「いずかってやすもうさ」
(座って休憩しましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いこる」があります。
これは「粉など沈殿している様子、淀んでいる」という意味です。
「ようかきまわさな、しお、いこってるよ」
(よく掻き混ぜないと、塩が沈殿しているよ)
という風に使われます。

いざる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

石ころ という意味です。
「いしなにつまづいてころぐなよ」
(石ころに躓いて転ぶんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いっしょくた」があります。
これは「ごちゃまぜ」という意味です。
「よごれもんもまだきるもんもいっしょくたにしたらあかん」
(洗濯物も、まだ着る物もごちゃまぜにしてはいけない)
という風に使われます。

いしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一張羅、持っている着るもので一番良いもの、余所行き という意味です。
「このべべは、いっちょらいだ」
(この服は、一張羅です)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いっぷく」があります。
これは「休憩」という意味です。
「いっぷくやとー」
(休憩だってー)
という風に使われます。

いっちょらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いともねえ とも言います。

 

痛みが無い という意味です。
「おい、いとねぇーんか?」
(おい、痛くないのか?)
「ほんなもんいともねえわ」
(そんな事をされても、全然痛くありませんよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いっぺん」があります。
これは「ちょっと」という意味です。
「いっぺんひかしての」
(ちょっと火を貸して下さい)
という風に使われます。

いとねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動かす という意味です。
「こっちいのかしておいてや」
(こっちに動かしておいて)
「それ、いのかしといて」
(それを動かしておいて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いなる」があります。
これは「居られる」という意味です。
「いなるけのー」
(居られますか=ごめんください)
という風に使われます。

いのかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引っ込み思案、活発ではない という意味です。
「うちのこはいもけやでようしゃべらんわ」
(うちの子は引っ込み思案だから、全然喋らないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いものこ」があります。
これは「里芋」という意味です。
「やっぱいものこのにたのはうまいのう」
(やはり里芋の煮物は美味しいね)
という風に使われます。

いもけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

結ぶ、結う という意味です。
「ひもでいわいといて」
(紐で結んでおいて)
「しんぶんしは、ひもでいわかなあかん」
(新聞紙は、紐で結ばなければいけません)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「いらちか、えらちか」があります。
これは「ゴム紐」という意味です。
「ぱんつのいらちかがのびてもた」
(パンツのゴムが伸びてしまった)
という風に使われます。

いわう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うざい とも言います。

 

無精な、面倒臭そうな という意味です。
「ほんなうざくらしいときらわれるぞ」
(そんな無精にしていると嫌われるよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「うそうそ」があります。
これは「むさ苦しい、汚れた、汚らしく」という意味です。
「しゃつうそうそなってもたげ」
(シャツが(汚れて)汚くなってしまった)
という風に使われます。

うざくらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うつくそい、うつくせい とも言います。

 

美しい、綺麗な という意味です。
「うつくさいひとやったなあ」
(綺麗な女性でしたねえ)
「あのむすめはうつくさいのお」
(あの娘は美しいですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うつくそ、うつくそう」があります。
これh「根こそぎ、完全に」という意味です。
「うつくそうのーなった」
(完全に無くなりました)
という風に使われます。

うつくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鈍い、馬鹿、知識が乏しい という意味です。
「あたまうといのぉ」
(頭鈍いねぇ)
「あれはうといやっちゃ」
(彼は馬鹿なヤツだ)
「てんでうといもんで」
(本当に知らないもので)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あざとい」があります。
これは「卑怯な」という意味です。
「ほんなあざといまねしたらあかん」
(そんな卑怯な真似をしてはいけない)
という風に使われます。

うとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

美味しくない、不味い という意味です。
「これ、うもないわ」
(これ美味しくないよ)
「あんま、うもねえな」
(あんまり、美味しくないですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うなじがいい」があります。
これは「運がいい」という意味です。
「ほうなったのもうなじがいいからや」
(こうなったのも運が良いからだ)
という風に使われます。

うもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うらぁ とも言います。

 

私 という意味です。
「うらんとこぉ、いぬいっざ」
(私の家には、犬がおります)
という風に使われます。

 

これが「うらら」ですと「私達」という意味です。
「うららかってよんでんざ」
(私たちだって読んでいますよ)
という風に使われます。

 

また、「うらら、うららぁ」ですと「私の住む所」という意味です。
「うららぁ、ざいごやさけの」
(私の住む所は、田舎ですから。)
という風に使われます。

うら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うらっかしま とも言います。

 

表と裏が反対、裏返し という意味です。
「ふくうらかしまやがの」
(服が表と裏が反対だよ)
「おめえのてぃーしゃつうらかしまや」
(あなたのTシャツ、裏返しだよ)
「おめぇ、ふくうらかしまやざ」
(あんた、服が裏返しですよ)
という風に使われます。

うらかしま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いどる とも言います。

 

選り好み、選んで という意味です。
「いどってばっかりいるとよめさんあたらんぞ」
(選り好みばかりしていると、結婚できないぞ)
「ほんなにいどたらむこさんえんぞ」
(そんなに選んでいたらお婿さん来ないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いみずりがえり」があります。
これは「生き返る」という意味です。

えどる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えれえ とも言います。

 

① 疲れた、辛い、酷い という意味です。
「ふとったら、ちょびっとあるいてもあしがえらい」
(太ったら、少し歩いても足が辛い)
「きょうはえらかったな」
(今日は辛かったね)
という風に使われます。

 

② 行儀が良い、賢い という意味です。
「なんた、えれぇこや」
(本当に賢いお子さんですね)
という風に使われます。

 

③ 程度が甚だしい という意味です。
「えれぇおおきいな」
(とても大きいですね)
という風に使われます。

えらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① いない という意味です。
「だれもえんかったわ」
(誰もいなかったよ)
「くろーなったら、だれもこうえんにえんよんなってもた」
(暗くなったら、誰も公園にいなくなってしまった)
という風に使われます。

 

② しない という意味です。
「そんなことしてえんとー」
(そんなことしていないで)
という風に使われます。

えん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらっしゃる という意味です。
「おたくさん、どっからおいでたんえの」
(あなたはどこからいらっしゃったのですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おいこつな」があります。
これは「大変な、苦労な」という意味です。
「ひとのせわするのもおいこつなことやでの」
(人の世話をするのも大変なことですね)
という風に使われます。

おいでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おえっ とも言います。

 

おい!、君 という意味です。
「おえっなにしてんじゃ」
(おい!何をしているんだ)
という風に使われます。

 

これが「おぇ~」ですと「うわっ!、あちゃー!」という意味です。
「おぇ~しっぱいしてもた」
(うわっ!失敗してしまった)
という風に使われます。

おえー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ありがとうございます という意味です。
「こんなよーけもろて、おーきんのお」
(こんなにたくさん頂いて、ありがとうございます)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おおごっちゃ」があります。
これは「大事だ、大変だ」という意味です。
「ほりゃおーごっちゃ」
(それは大変だ)
という風に使われます。

おおきんのお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おおて とも言います。

 

会った、会って という意味です。
「よんべ、ひさしぶりにあいつにおーた」
(昨夜、久しぶりにあいつにあった)
「おおてなにはなした」
(会って何を話したのですか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おうじょ(う)こく」があります。
これは「酷い目にあった、大変だった」という意味です。
「おうじょこいてもた」
(酷い目に遭ってしまった)
という風に使われます。

おおた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

台所、お勝手、食事の用意など台所の仕事 という意味です。
「あんたんとこおかてだれしてるの」
(あなたのお宅では食事の用意は誰がしているの?)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「おかてがある」があります。
これは「食べていける技術(才能)がある」という意味です。
「おかてがあるとなんとでもくらしていけるでの」
(食べていける才能があれば、どうやっても暮らしていけるからね)
という風に使われます。

おかて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おくんなった とも言います。

 

~してくれた、してくれました という意味です。
「よういうておくんなした」
(よく言ってくれました)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「おくんね」があります。
これは「下さい」という意味です。
「これいっこおくんねの」
(これ一個下さい)
「ちょ、ほこ、もっておくんね」
(ちょっとそこ持って下さい)
「ぎょうさんいれておくんね」
(たくさん入れて下さい)
という風に使われます。

おくんなした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

押し入れ という意味です。
「ほのおしこみんなかあいれといたんやけどぉ」
(この押し入れの中に入れておいたのだけど)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おすまし」があります。
これは「醤油」という意味です。
「おひたし、おすましかけていただいて」
(おひたし、醤油をかけて食べて)
という風に使われます。

おしこみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おぜぇ とも言います。

 

① 格好悪い・粗末 という意味です。
「なんやほれ、おぞいの」
(なんだよ、その格好悪いのは)
という風に使われます。

 

②(精神が)まいる・大変 という意味です。
「おぞいやっちゃの」
(大変なことですね)
という風に使われます。

 

③ 恐ろしい という意味です。
「きゅうにさるぁでてきておぞかった」
(急に猿が出てきて恐ろしかった)
という風に使われます。

おぞい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっちん とも言います。

 

(子供が)座る、正座 という意味です。
「そこにおちょきんしね」
(そこに座りなさい)
「ちゃんとおちょきんしてなさい」
(ちゃんと正座していなさい)
「ぎょうぎよー、おちょきんしてたべなあかんざ」
(行儀よく正座をして食べなくてはいけないよ)
という風に使われます。

おちょきん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

味噌汁 という意味です。
「おつけをいただく」
(味噌汁をいただく)
「きんののやどのおつけは、うまかったのー」
(昨日の宿の味噌汁はおいしかったね)
という風に使われます。

 

漬物のことではありません。
漬物のことを言う場合は「おここ」になります。
「このおここ、くどい」
(このお漬物、くどい)
という風に使われます。

おつけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①(人が)居た という意味です。
「あのひとおったけや」
(あの方は居ましたか?)
という風に使われます。

 

②(物が)落ちた という意味です。
「やねからおってもたんか!?」
(屋根から落ちたのか!?)
という風に使われます。

おった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やりっぱなし、ほったらかし という意味です。
「ものをつかったら、おぱなしにせんと」
(物を使ったら、ほったらかしにしないで片付けなさい)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「おっぱっぱ」があります。
これは「わけもなく、普段着」という意味です。
「あるかねおっぱっぱでつかうで、のなってまうんや」
(持っているお金をわけもなく使うから無くなってしまうんだ)
という風に使われます。

おっぱなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おてしゅ とも言います。
小皿 という意味です。
「ちょっと、おてしょにわけて」
(少し、小皿に分けて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おてんつ」があります。
これは「めいっぱい」という意味です。
「あそこはなんでもおてんつでとる」
(あそこは何でもめいっぱい取る)
という風に使われます。

おてしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おとましい とも言います。

 

① もったいない、惜しい という意味です。
「そんなんしたら、おとましいが」
(そんな事をしたら、もったいないでしょう)
「これやるのおとましいな」
(これをあげるのは惜しいな)
「こわれてもた、おとましな」
(壊れてしまった、もったいないね)
という風に使われます。

 

② 鬱陶しい という意味です。
「こどもぁまとわりついて、おとましこっちゃった」
(子供がまとわりついて、鬱陶しいことだった)
という風に使われます。

おとまし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おとろっしゃ、おっとろっしゃ とも言います。

 

恐ろしい、怖い、困った事に、心配な事に という意味です。
「あっこのおっつあ、おとろしぞお」
(あそこのお父さん、恐いぞー)
「かみなりがおったんやて、おとろっしゃー」
(雷が落ちたそうですよ、怖いですね)
「しぞこないしたんやてか、おとろっしゃー」
(怪我をしたそうですね、大丈夫ですか?)
という風に使われます。

おとろしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

子供っぽい、若い、可愛い、うぶな、幼稚な という意味です。
「ほんなことしてるんでは、まだまだおぼこいのー」
(そんなことをしているのでは、まだまだ子どもっぽいねえ)
「うちのぼうはおぼこいんで」
(我が家の息子は子供っぽいもので)
という風に使われます。

おぼこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

君、あなた という意味です。
「おめぇ、いけま」
(あなたが行きなさい)
「おーい、おめえ、なにやってんだ」
(おーい、あなた、何をしているの)
という風に使われます。

 

これが「おめぇら」ですと複数形になり「君たち、あなた達」という意味です。
「おめぇら、なにしてんじゃ」
(君たち、何をしているんだ)
という風に使われます。

おめぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

満足、心に残る、とても良かった、楽しかった という意味です。
「りょこういっておもいでやったわ」
(旅行に行ってすごく楽しかったよ)
「よんべのおんせん、おもいでなぁ」
(昨夜の温泉、とても良かったなあ)
「こんどのりょこうは、おもいでやった」
(今度の旅行は楽しかった)
という風に使われます。

おもいでな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 変な という意味です。
「あんたおもっしぇえこやの」
(あなたは変な子ですね)
「あいつちょっと、おもっしぇえんやあ」
(あいつちょっと、変なんだよ)
という風に使われます。

 

② 面白い という意味です。
「ほんとおもっしぇんやって」
(本当に面白いんだよ)
「よんべのえいが、おもっしぇかった」
(昨夜の映画、面白かった)
という風に使われます。

おもっしぇえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かい とも言います。

 

痒い という意味です。
「むしにさされて、かえ」
(虫に刺されて痒い)
「ああ、あたまがかえかえ」
(ああ、頭が痒い痒い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かえりしま」があります。
これは「帰り際、帰る時」という意味です。

かえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引っ掻く、掻きむしる という意味です。
「かぐらいでほんなもんにかきさくでちがでてきたげ」
(蚊ぐらいでそんなにも引っ掻くから血が出てきたよ)
「かきさいたらあかん」
(掻きむしったら駄目だ)
という風に使われます。

かきさく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

担ぐ、持つ という意味です。
「たんすのほっちかいてや」
(タンスのそちら側を持ってください)
「おい、ちょっとほっちかいてくれや」
(おい、ちょっとそっちを持ってくれ)
「このつくえおぼてーで、おめ、ほっちかいてくれや」
(この机は重たいから、お前、そちらを一緒に持ち上げてくれよ)
という風に使われます。

かく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

臭い という意味です。
「くさってえんか、かざかいでみんとよーわからん」
(腐っていないか、臭いをかいでみないとよく分からない)
という風に使われます。

 

この「かざかく」は「臭いを嗅ぐ」という意味です。
「かざかいてみ」
(臭いをかいでごらん)
「ほんなとこかざかすなま」
(そんなところの臭いを嗅ぐんじゃない)
という風に使われます。

かざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かしく ともいいます。

 

(米を)研ぐ という意味です。
「おこめかしいだんけや?」
(お米を研ぎましたか?)
「ごはんたけたか。まだこめもかしいてえんのか」
(ご飯炊けましたか?まだ米も研いでないのか)
「こめかしーてたいといとっけま」
(米を研いで炊いておいて下さいよ)
という風に使われます。

かしぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かすが とも言います。

 

とても、大変 という意味です。
「おまごさん、しばらくみんまにかすないこなんなした」
(お孫さん、しばらく見ない間にとても大きくなられた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かさっぱち」があります。
これは「瘡蓋」という意味です。
「かさっぱちはがしたら、ちがでてくるぞ」
(瘡蓋を剥がすと、血が出るよ)
という風に使われます。

かすな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

風邪をひいたときなどにできる口角炎、口内炎 という意味です。
「くちんなかが、かぜねつできてしみるんや」
(口の中に、口内炎が出来て沁みるんです)
「かぜねつできてるで、あついもんたべるとくちのはたしみるわ」
(口角炎ができているので、熱いものを食べると口の端が沁みるよ)
という風に使われます。

かぜねつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かてー とも言います。

 

元気、調子がいい という意味です。
「こんにちは、かたいけの?」
(こんにちは、お元気ですか?)
「ひさしぶりやの。かたいんけのお」
(お久しぶりですね。お元気でしたか?)
「ながいこと、あわなんだけど、かてーけの」
(長い間会わなかったけれど元気かい)
という風に使われます。

かたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傾く という意味です。
「うちがかたがる」
(家が傾く)
「はしご、かたがらんよにもっといてや」
(梯子が傾かないように持っていて下さいね)
という風に使われます。

 

これが「かたんでる」ですと「傾いている」という意味です。
「ほっちちゃんとかかんとかたんでるぞ」
(そちらをきちんと持たないと傾いてるよ)
という風に使われます。

かたがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶつける、ぶつかる という意味です。
「こべんたま、かどにかっつけてもたがし」
(頭を角にぶつけてしまいました)
「あしかっつけていてんにゃわの」
(足をぶつけて痛くないの?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かちなぐる、かちまわす」があります。
これは「(ゲンコツで)殴る」という意味です。
「ほんなことすると、かちなぐるぞ!」
(そんなことをすると殴るよ!)
という風に使われます。

かっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

空っぽ、空洞 という意味です。
「このはこ、がっぽや」
(この箱は空っぽです)
「ほのきのあなんぽんなか、がっぽになってるよ」
(この木の穴の中は、空洞になっています)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がぼがぼ」があります。
これは「ゆるゆる、ゆるい」という意味です。
「このぼうしがぼがぼやげ」
(この帽子、ゆるゆるだよ)
という風に使われます。

がっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごぼる、がぶる とも言います。

 

足が深くはまる という意味です。
「ゆきにがぼっつんたげ」
(雪に足が深くはまってしまったよ)
「こないだ、ゆきおろしのゆきかいてたら、がぼってもた」
(この前、雪降ろしで雪掻きしていたら、足がはまってしまった)
「どろにあしがぼってよわったのー」
(泥に足がはまって困ったねえ)
という風に使われます。

がぼる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぼす、ひっくり返す という意味です。
「ばけつかやいてもた」
(バケツをひっくり返してしまった)
「かやさんとはこんでの」
(こぼさないように運びなさいよ)
「おちゃかやしつんた」
(お茶を(倒して)こぼしてしまった)
「ほこのやかん、かやしたらあかんぞ」
(そこのヤカン、引っくり返すんじゃないよ)
「ほんなだやと、かやるぞ」
(そんな状態だと、こぼすぞ)
という風に使われます。

かやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご飯なしのおかず という意味です。
「ほんなくどいもん、からみでたべられんざ」
(そんな塩辛いものを、ご飯なしでは食べられないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「からすい」があります。
これは「簡単な」という意味です。
「こんどのてすとはからすいもんやった」
(今度のテストは簡単なものだった)
という風に使われます。

からみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

借りる という意味です。
「このほん、かるぞ」
(この本をお借りします)
「となりでかってきてや」
(お隣で借りてきてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かろねえ」があります。
これは「辛くない」という意味です。
「それ、かろねぇーんけや?」「かろねぇ」
(それって辛くないのですか?)(いいえ、辛くありません)
という風に使われます。

 

「辛い」を「かろい」とは言いません。

かる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

缶詰、ジュースの缶 という意味です。
「かんかんはいざらにしたらあかん」
((ジュースの)缶を灰皿にしてはいけない)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「がんがん」があります。
これは「一斗缶、少し大きな缶」という意味です。
「ここらのごみ、ほのがんがんにすてといてくれ」
(この辺りのゴミ、その一斗缶に捨てておいてくれ)
という風に使われます。

かんかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かん とも言います。

 

~(して)いかないか? という意味です。
「よってかんけ」
(寄って行かないか?)
「たべてかんけ」
(食べて行きませんか?)
「のってかんけ」
(乗って行きませんか?)
「のんでかんけ」
(飲んで行きませんか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がてかん、がていかん」があります。
これは「合点がいかない」という意味です。

かんけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんぜる とも言います。

 

数える という意味です。
「ちゃんと、かんじぇや」
(きちんと、数えなさい)
「しゃべってえんとまちがわんとかんじぇなあかん」
(喋っていないで、間違わないで数えなくてはいけない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かんぶくろ」があります。
これは「紙袋」という意味です。

かんじぇる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のこぎり という意味です。
「ききるでほこのがんどとってくれ」
(木を切るので、そこののこぎりを取って下さい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かんかち」があります。
これは「(固まって)とても硬い」という意味です。
「あいすかんかちでくえんぞ」
(このアイスクリームは、とても硬くて食べれないよ)
という風に使われます。

がんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気をつける という意味です。
「きいつけて、かえんねや」
(気をつけてお帰りください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎっと、ぎっとな」があります。
これは「義理堅い」という意味です。
「ぎっとなやちゃな」
(義理堅いお方ですね)
という風に使われます。

きいつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きつい、窮屈 という意味です。
「このずぼんきちきちやで、はかれんわ」
(このズボンは、サイズがきつくて履けませんよ)
「このわんぴーすもうきちきちいっぱいや」
(このワンピース、もう窮屈でパンパンです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎりぎり」があります。
これは「頭のつむじ」という意味です。

きちきち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きつい とも言います。

 

強い という意味です。
「きょうかぜきっついし」
(今日は風が強いです)
「あんねしごとしてつかれんなんて、なんたきついひとやのー」
(あんなに仕事をして疲れないなんて、なんと強い人だねえ)
という風に使われます。

きっつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらっしゃる、おいでになる という意味です。
「おおさかからきなさったさとうせんせいです」
(大阪からいらっしゃった佐藤先生です)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「きとくんなった」があります。
これは「おいで下さいました」という意味です。
「とおいとこよおきとくんなった」
(遠いところ、よくおいで下さいました)
という風に使われます。

きなさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ありがとうございます、恐縮な、恐れ多い という意味です。

「こんなぎょうさんもろて、きのどくなあ。おおきんのお」

(こんなにたくさん頂いてしまって、恐縮です。ありがとうございます)
「こんなにしてもろて、きのどくなあ」
(こんなにして頂いて、本当にありがとうございました)
という風に使われます。

きのどくな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昨日 という意味です。
「きんのは、あつかったなあ」
(昨日は、暑かったですね)
「きんのおーきんの」
(昨日はありがとう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きね」がありました。
これは「来なさい」という意味です。
「こんど、きね」
(今度、来て下さい)
という風に使われます。

きんの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

塩辛い、しょっぱい という意味です。
「このおつけ、くどいが」
(このお味噌汁、塩辛いよ)
「このおここ、くどい」
(このお漬物、しょっぱい)
「このおつけ、かすなくどいさけ、のまれんて」
(この味噌汁はとても塩辛いので、飲めないよ)
という風に使われます。

くどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くんねま、くんなまし とも言います。

 

~(して)ください、~を頂戴(欲しい)という意味です。
「はよ、してくんねま」
(早くしてくださいよ)
「ほれやっとくんね」
(それをやってください)
「これみとくんね」
(これを見てください)
「はよ、それくんねま」
(早く、それを頂戴よ)
という風に使われます。

くんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げや とも言います。

 

(~して)しまった、~じゃないか、~です という意味です。
「やってもたげ」
(やってしまった)
「ほんなの、あかんげ」
(そんなことをしては、いけないじゃないか)
という風に使われます。

 

これが「け、けの」ですと「~ですか?」という意味です。
「ほんとけ?」
(本当ですか?)
「ほやったんけ」
(そうだったんですか)
という風に使われます。

げ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けつべった とも言います。

 

お尻、最後 という意味です。
「けつべた、やぶれてんぞ」
((ズボンの)お尻が、破れていますよ)
「ほんなとこ、けつべったついたらあかん」
(そんな所に、お尻を付いてはいけない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けつまづく」があります。
これは「つまづ(躓)く」という意味です。
「けつまづいてんて、しぞこないしてもた」
(つまづいて、怪我をしてしまった)
という風に使われます。

けつべた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けなりい とも言います。

うらやましい という意味です。
「かいがいりょこうっけ!けなるいの」
(海外旅行ですか!うらやましいな)
「いいともだちがいて、けなるいなあ」
(良いお友達がいて、うらやましいなあ)
「いーくるま、こーてもろて、けなるいのー」
(いい車を買ってもらって、うらやましいね)
「たからくじあたったんけ、けなるいのぉ」
(宝くじが当たったのですか、うらやましいですね)
という風に使われます。

けなるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 邪魔、胡散臭い という意味です。
「おれけぶたいんけ?」
(俺、邪魔かな?)
「あいつは、けぶてぇーが」
(彼は、小うるさいですからね)
という風に使われます。

 

② 煙のすごい様子 という意味です。
「かんきせんとけぶたいがの」
(換気をしないと煙がすごいよ)
「なんてここはけぶたいんにゃ」
(なんて此処は煙いんだ)
という風に使われます。

けぶたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きやす とも言います。

 

(電気・灯りなどを)消す という意味です。
「へや、けやしといて」
(部屋の電灯を消しておいてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けーる」があります。
これは「帰る」という意味です。
「もーけーろさ」
(もう帰ろうよ)
「ほや、もーけーるか」
(そうだね、もう帰ろうか)
という風に使われます。

けやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

和尚さん という意味です。
「きょうは、ごえんさんがきなさる」
(今日は、和尚さんがいらっしゃいます)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごぜんさん」があります。
これは「お仏壇に供えるご飯」という意味です。
「ごはんたけたらまずごぜんさんをあげる」
(ご飯が炊けたらまず仏飯器(仏器)に盛る)
という風に使われます。

ごえんさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ここいらへん とも言います。

 

この辺り、この辺 という意味です。
「たしかあいつんとこここいらやったがなあ」
(確かあの人の家はこの辺りでしたよねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こここぉ」があります。
これは「こちらへ来い」という意味です。
「おーい、ちょっとこここぉ」
(おーい、ちょっとこっちへおいでー)
という風に使われます。

ここいら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こせる、こっしぇる とも言います。

 

作る、こしらえる という意味です。
「じぶんでこさえなあかんが」
(自分で作らなきゃダメだよ)
「たなでもこさえてや」
(棚を作って下さい)
「これこさえてまうまでまってての」
(これを作ってしまうまで待っててね)
「ほーむぺーじこさえたで、みとっけや」
(ホームページを作りましたので、見て下さいね)
という風に使われます。

こさえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くすぐったい という意味です。
「こここそばさんといて」
(ここをくすぐらないでね)
「ほんなとこなぶったら、こそばいゲの」
(そんなところを触ったら、くすぐったいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごぜんす」があります。
これは「ございます」という意味です。
「ほうでごぜんす」
(そうでございます)
という風に使われます。

こそばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こっぺな、こっぺくさい とも言います。

 

生意気、ませている という意味です。
「あいつこっぺなんや」
(あいつは生意気なんだよ)
「あいつぁこっぺなことばっかゆーてる」
(あいつは生意気なことばかり言っている)
「あれは、ちぇーくせにこっぺなんじゃ」
(彼は、年下なのに生意気なんだ)
という風に使われます。

こっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おおいに という意味です。
「よんべは、こっぽししぼられた」
(昨夜は、おおいに怒られた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごっぽり」があります。
これは「ごっそり、多くの」という意味です。
「ほのつまったといから、ごっぽりおちばがでてきた」
(この詰まった樋から、ごっそり落ち葉が出てきた)
という風に使われます。

こっぽし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんないだ とも言います。

 

この間 という意味です。
「こないだ、こんかったげ」
(この間、来なかったでしょう)
「こないだこうたけいたい、おとしてこわれてもた」
(この間買った携帯電話、落として壊れてしまった)
という風に使われます。

こないだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こべんばち とも言います。

 

おでこ、額、頭 という意味です。
「まどあいているんかとおもて、こべんたまぶつけてもた」
(窓が開いているのかと思って、おでこをぶつけてしまった)
「こべんたま、かどにかっつけてもたげ」
(頭を角にぶつけてしまったじゃないか)
という風に使われます。

こべんたま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

転ぶ という意味です。
「いしなにけつまづいて、ころぐな」
(石に躓いて、転ぶなよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こわす」があります。
これは「お金をくずす、細かくする、両替する」という意味です。
「このいちまんえんこわしてもらえるか?」
(この一万円、両替してもらえますか?)
という風に使われます。

ころぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

硬い という意味です。
「このごはんちぃとこわいでの」
(この御飯は少し(芯が残って)硬いからね)
「きょうのごはんこわいのぉ」
(今日のご飯は硬いね)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「こわめし」があります。
これは「赤飯」という意味です。
「しゅうぎでこわめしもらった」
(祝儀で赤飯をもらった)
という風に使われます。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 来ない という意味です。
「こんでいいんけ?」
(来なくてもいいのか?)
という風に使われます。

 

② これ という意味です。
「もう、こんのでねぇんけ?」
(もう、来ないのではないでしょうか?)
「こんなけでいい」
(これだけでいい)
という風に使われます。

こん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゴミ という意味です。
「ごんばこんなか、ごんぶくろにあけといてくれ」
(ゴミ箱の中身を、ゴミ袋に移しておいてください)
「ごんばこ、あけてきて」
(ゴミ箱のゴミを捨ててきて下さい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごんど」があります。
これは「魚などの)はらわた」という意味です。
「ほんなとこごんどなげとくではいめたかってるげ」
(そんな所にはらわたを放置しておくからハエがたかってるぞ)
という風に使われます。

ごん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんじょよし とも言います。

 

生意気、大馬鹿者、根性無し、この野郎 という意味です。
「このこんじょしが!」
(この大馬鹿者めが!)
「あのこんじょし。かたつけせんとかえってもた」
(あの大馬鹿者め。片付けもしないで帰ってしまった)
という風に使われます。

こんじょし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんのぉー とも言います。

 

我が家、この家、ここの家、お宅 という意味です。
「こんのちのぼうは」
(我が家の息子は)
「こんのちは、なんにんかぞくですか?」
(お宅は、何人家族ですか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こんなけ」があります。
これは「これだけ」という意味です。

こんのち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(~しよう)よ という意味です。
「いこさ」
(行こうよ)
「みよさ」
(見ようよ)
「はいろさ」
(入ろうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~っさ、~っせ」があります。
これは「〜しようよ」という意味です。
「いっしょに、あそびびにいこっさ」
(いっしょに遊びに行こうよ)
という風に使われます。

さ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざい とも言います。

 

田舎、田舎者 という意味です。
「ざいごくさいかっこうせんといて」
(田舎臭い格好をしないでちょうだい)
「うらぁ、ざいごやさけの」
(私の所は、田舎ですから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ざいしょ」があります。
これは「近所(の者)、住所、村(集落。部落)」という意味です。
「ほのひとはざいしょでないで」
(この人は近所では無いので)
という風に使われます。

ざいご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

反対、逆さ、逆 という意味です。
「ふくさかしまやげ」
(服が(裏表)反対だよ)
「ほのえは、さかしまや」
(この絵は、逆さです)
「しーでぃーさかしまやった」
(CDを裏表逆に入れてしまった)
という風に使われます。

さかしま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さきんぼ、さきんぽ とも言います。

 

(物の)先の方、先端、先っぽ という意味です。
「さきっちょけずって」
(尖っている方を削って)
「きゃべつきってたら、ゆびのさきんぽもきってもた」
(キャベツを切っていたら、指の先っぽを切ってしまった)
という風に使われます。

さきっちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さみしない とも言います。

 

寂しい という意味です。
「あいつでんわしてくるの、さびしないでや」
(あいつが電話してくるのは、寂しいからだ)
という風に使われます。

 

これが「さびしのーなる」ですと「寂しくなる」という意味です。
「あのひとは、さびしのなったらくるんやわ」
(あの人は、寂しくなったら来るんだよ)
という風に使われます。

さびしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寒い という意味です。
「さぶなったのぉ、みぞれふってたや」
(寒くなりましたね、みぞれが降っていましたよ)
「ゆんべは、さぶかったのぉ」
(昨夜は、寒かったですね)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「さむくらしい」があります。
これは「寒そうな」という意味です。
「さむくらしいかっこして」
(寒そうな格好をして)
という風に使われます。

さぶい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷ます、冷やす という意味です。
「まだあついでさまかしてからよばれよか」
(まだ熱いので、冷ましてからいただきます)
「おちゃちゅっちゅやで、さまかしね」
(お茶はとても熱いので、冷ましなさい)
という風に使われます。

さまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんじょ、さんにょ、さんにょう とも言います。

 

計算、勘定、合計 という意味です。
「こんなけかうでさんじょうして。ようさんじょうしてかわな」
(これだけ買うから計算して。きちんと考えて買わなくては)
「ごっつおさん。ほな、さんにょして」
(ご馳走様でした。では、勘定をお願いします)
「りょこういくさんにょうしときねま」
(旅行に行く計算をしておかなくては)
という風に使われます。

さんじょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お金 という意味です。
「じぇん、ぜんぜんねえ」
(お金は全くありません)
「ねえぼく、じぇんもっておいで」
(ねえ、君、お金を持っておいで)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じぇんじぇん」があります。
これは「全然、全く」という意味です。
「こんなざっぱなしあげ、じぇんじぇんあかんわ」
(こんな雑な仕上げでは全くダメだ)
という風に使われます。

じぇん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

着替える、交換する、取り替える という意味です。
「ふくしかえときね」
(服を着替えてきなさい)
「ぼぅのおむつしかえといてくれ」
(息子のオムツを取り替えておいてください)
「はよ、しかえな、かぜひくざ」
(早く着替えないと、風邪をひきますよ)
という風に使われます。

しかえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しこらし とも言います。

 

可愛らしい という意味です。
「すこしはしこらしいところもみせればいいのに」
(少しは可愛らしいところも見せればいいのに)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しぞこない」があります。
これは「失敗、怪我」という意味です。
「そんなしぞこないばっかつくると、そんしてまうが」
(そんな失敗作ばかりを作っては、損してしまうよ)
という風に使われます。

しこらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にじむ という意味です。
「みずかかったら じじんずんた」
(水がかかってにじんでしまったよ)
「すみようすらんと、じがじじんでしまう」
(墨をよく刷らないと、字がにじんでしまう)
「じがじじんでしもた」
(文字がにじんでしまった)
という風に使われます。

じじむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

してもた、つんた とも言います。

 

~した、~してしまった という意味です。
「くるま、かっつんた」
(自動車を買っちゃった)
「よんべ、みずやりしてもた」
(昨夜、水遣りをしてしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しっぷくだい」があります。
これは「座卓」という意味です。
「しっぷくだいのうえにすわったらあかん」
(座卓の上に座ってはいけません)
という風に使われます。

しつんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やって、やりなさい という意味です。
「ちゃんとあうようにしてんでの」
(うまく似合うようにしてください)
という風に使われます。

 

これが「してんでの」ですと「して欲しい、しておくれ」という意味です。
「それちょっともってきてんでの」
(それをちょっと持ってきておくれ)
という風に使われます。

してんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しなぁ~ とも言います。

 

何気なく、さりげなく、そっと、慎重意、ゆっくりと という意味です。
「しなぁーとあるかな、すべるざ」
(慎重に歩かないと(氷で)滑りますよ)
「なに、しなーっといーてんすうとってるんやって」
(なにを何気なくいい点数を取っているんだよ)
「おめえ、しなーっとべんきょうしてたやろ」
(おまえ、さりげなく勉強していただろう)
「しなぁ~っといっといで」
(そっと行って来なさいよ)
という風に使われます。

しなっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぇーま、しぇー、しなろ とも言います。

 

~しろ!、~しなさい、したほうがいい という意味です。
「はよしねま!」
(早くしろ!)
「そとはあついのに、ちょっとなかはいってしねま」
(外は暑いので、少し家の中に入っていなさい)
「もっとしょきんとしなろお」
(もっとシャキっとしなさいよ!)
という風に使われます。

しね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

渋い という意味です。
「それ、しぶねぇーんけや?」「しぶねぇ」
(それって、渋くないの?)(いいえ、渋くありません)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しま」があります。
これは「~の時、様子」という意味です。

しぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~してしまった、失敗した という意味です。
「とっととさきにいってしもた」
(とっとと先に行ってしまった)
「おぇ~、しもたー」
(うわぁー、失敗したー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しみる」があります。
これは「凍る」という意味です。
「みちがしみっている」
(道が凍結している)
という風に使われます。

しもた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口の軽い、おしゃべりな人 という意味です。
「あのしゃべりばち。みーんなしってるげ」
(あのおしゃべり!みんな知ってるよ)
「あのひと、しゃべりばちやで、きーつけな」
(あの人は、口が軽いから気をつけないと)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「しゃっぱこき」があります。
これは「嘘つき」という意味です。
「おまえしゃっぱこきやなー」
(おまえは嘘つきだなあ)
という風に使われます。

しゃべりばち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

テレビ画面の砂嵐 という意味です。
「てれびが、じゃみじゃみなってた」
(テレビが砂嵐になっていた)
「もうおそいでじゃみじゃみやの」
(遅いからテレビ写らないね)
「てれびおぞいで、じゃみじゃみんなってみられん」
(テレビが古いから、画面が砂嵐状態になって見られない)
という風に使われます。

じゃみじゃみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気合 という意味です。
「ぼーっとしてたらあかん。しょいれてせなけがするぞ」
(ぼーっとしていてはいけない。気合を入れてしないと怪我するよ9
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょもない」があります。
これは「くだらない、些細な」という意味です。
「しょもねえことゆうなま」
(くだらない事を言うんじゃない)
という風に使われます。

しょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっさ とも言います。

 

しようよ、しましょう という意味です。
「みんなでばーべきゅーしょっせー」
(みんなでバーベキューをしようよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょうことない、せんない」があります。
これは「仕様がない、仕方ない」という意味です。
「ほんなみんなでわーわーゆうてもしょうことないこっちゃ」
(そんなにみんなで騒いでも仕方の無いことだ)
という風に使われます。

しょっせー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぎっとかく とも言います。

 

あぐらをかく という意味です。
「しびれたでじょろかくでの」
((足が)痺れたので、あぐらをかくね)
「じょろかいてごはんたべてると、ばちあたるざ」
(あぐらをかいてご飯を食べていると罰があたるよ)
「おちょきんしてえんと、おじょろかけばいいざ」
(正座をしていないで、あぐらをかいたらいいですよ)
という風に使われます。

じょろかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

隅、隅っこ という意味です。
「ほんなすまっこやっとくと、わっせてまうぞ」
(そんな隅っこに置いておくと、忘れてしまうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すまし」があります。
これは「醤油」という意味です。
「そのすましおっけや」
(そこの醤油を取って下さい)
という風に使われます。

すまっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すらえる とも言います。

 

触る、触れる という意味です。
「おめぇいますれたやろ」「なもすれてえん」
(おまえ、今触っただろう)(何も触っていない)
「ほこすらえたらあかん。てぇよごれるぞ」
(そこを触ってはいけない。手が汚れるぞ)
という風に使われます。

すれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(家の)脇、庭、おもて という意味です。
「うちのせどとおっていき」
(家の横の通路を通って行きなさい)
「やかましい。せどいってあそんでこ」
(うるさい!おもてに行って遊んでこい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せばくらしい、せばい」があります。
これは「狭い」という意味です。
「せばいみちやででんきんばしらじゃまや」
(狭い道だから電柱が邪魔だ)
という風に使われます。

せど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ち着かない、忙しい という意味です。
「せわしねぇーこやの」
(落ち着きの無い子供ですね)
「ほんとにせわしないうちやなあ」
(本当に忙しい家だなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せぶる」があります。
これは「せびる、甘える」という意味です。
「ほれ、いっぺんせぶればいいんやが」
(ほら、一度甘えたらいいんだよ)
という風に使われます。

せわしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

洗濯 という意味です。
「いっぺんきたでせんだくきでせんだくしといてや」
(一度着たから、洗濯機で洗濯しておいて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せんば」があります。
これは「十徳」という意味です。
「せんばでひうつしといて」
(十徳で火を移しておいて)
という風に使われます。

せんだく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雑、丁寧じゃない という意味です。
「そそなじでかいたらあかんが」
(雑な字で書いたらダメじゃないか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そげ」があります。
これは「皮の間に刺さるような 木や竹の削げた細い棘」のことです。
「ほこのざいもくさわったらそげささってもた」
(そこの材木を触ったら棘が刺さってしまった)
という風に使われます。

そそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずれる、外れる という意味です。
「そそにかくから、せんぞれつんた」
(雑に書くものだから、線がずれてしまった)
「しょうじがぞれた」
(障子が外れた)
「ぼたんがぞれてるぞ」
(ボタンがずれているよ)
という風に使われます。

ぞれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(~と言って)おいただろう という意味です。
「きんの、そうじしといてったがの」
(昨日、掃除しておいてくれと言っておいただろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たげる」があります。
これは「~してあげる」という意味です。
「ほれやっといたげる」
(それ、やっておいてあげる)
「ねんねだましといたげる」
(赤ちゃんをあやしていてあげます)
という風に使われます。

たがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だてこき とも言います。

 

(服装、身なりを)お洒落する、おめかしする という意味です。
「ほんなだてこいて、どこいくんや」
(そんなにお洒落をして、どこに行くの)
「だてこきやなー」
(お洒落さんだねえ)
という風に使われます。

だてこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

礼儀知らず、甲斐性なし という意味です。
「ほんなことすると、わたしがだてなしてなが」
(そんなことをすると、私が礼儀知らずになるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たく」があります。
これは「煮る」という意味です。
「あぶらげたいたのおいしいのお」
(油揚げの煮物は美味しいですね)
という風に使われます。

だてなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だわ とも言います。

 

ぐうたら、怠惰、馬鹿者、だらしない、情けない という意味です。
「だらなことすんなま」
(情けないことをしてるな)
「だらくさいかっこうやな」
(だらしない格好ですね)
「ほんなだらくさいかっこしてると、おんなにもてんぞ」
(そんなだらしない格好していると、女の子にモテないよ)
「だわこかんとはよやろ」
(ぐうたらしていないで早くしよう)
という風に使われます。

だら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だるく とも言います。

 

~しながら歩く という意味です。
「ゆうたるく」
(言って歩く)
「ひろたるく」
(拾って歩く)
「ほうたるく」
(歩き回る)
「とんだるく」
(飛んで歩く)
「しきいふんだるったらあかん」
(敷居を踏んで歩いてはいけない)
という風に使われます。

たるく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面倒くさがり、横着者、怠け者 という意味です。
「ちっともしごとせんと、だわもんやな」
(ちっとも仕事をしないで、面倒くさがりだなあ)
「ねころんでばっかり、おめえはだわもんじゃ」
(寝転んでばかりいて、おまえは怠け者ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たわむね、たわもない」があります。
これは「造作ない、もの凄い」という意味です。

だわもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だんない とも言います。

 

気にしない、いらない、構わない という意味です。
「おっけの」「だんねよ」
(ちょうだいな)(いいよ)
「わかった、だんねんにゃ」
(わかった、構わないんだ)
「かえしてくれるのは、いつでもだんねって」
(返してくれるのは、いつでも構いませんよ)
という風に使われます。

だんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちんちぇ、ちんちゃー、っちぇー とも言います。

 

小さい、もの凄く小さい という意味です。
「なんとちぇ~じかくんや」
(なんと小さい字で書くのか)
「なんじゃ、ちぇーのしかつれんなあ」
(なんだ、小さいのしか釣れないなあ)
「なんた、ちぇーんじゃ」
(ひどく小さいですね)
という風に使われます。

ちぇー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちっかっぺ とも言います。

 

① 力一杯 という意味です。
「ちかっぺたたいたっか」
(力一杯叩いてあげましょうか)
「ちっかっぺひっぱれ」
(力一杯引っ張れ)
という風に使われます。

 

② ものすごく という意味です。
「ちっかっぺはえんやって」
(もの凄く早いんだよ)
「ちかっぺくさい」
(ものすごく臭い)
という風に使われます。

ちかっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

突き刺す という意味です。
「ばいをちっくりさす」
(棒を突き刺す)
「うまくちっくりさしとっけの」
(上手に突き刺しておいてね)
「せめんとかわかんうちにぼるとをちっくりさしといてくれ」
(セメントが乾かないうちにボルトを突き刺しておいてくれ)
という風に使われます。

ちっくりさす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちびたい、ちぶてえ とも言います。

 

冷たい という意味です。
「ようひえてちぶたいわぁ」
(すごく冷えていて冷たいね)
「おお、このわきみずはちびてえ」
(おお、この湧き水は冷たい)
「ひってちびてえ」
(ひどく冷たい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちびっと」があります。
これは「ちょと、少し」という意味です。

ちぶたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めちゃくちゃ、ごちゃごちゃ、散らかった様子 という意味です。
「もうちゃがちゃがになっつんたわ」
(もう滅茶苦茶になってしまったよ)
「そうじしたことねーで、へやんなかちゃがちゃがや」
(掃除したことがないから部屋の中はごちゃごちゃだ)
「もうちゃがちゃがであかんわ」
(もう、滅茶苦茶で訳が分らない)
という風に使われます。

ちゃがちゃが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃっちゃと とも言います。
すばやく、さっさと という意味です。
「ぐずぐずしてえんと、ちゃっちゃとしねま」
(ぐずぐずしていないで、さっさとしなさい)
「ほんなかんたんなこと、ちゃちゃっとやってまえま」
(そんな簡単な事、さっさとやってしまいなさいよ)
という風に使われます。

ちゃちゃっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

取る、捕まる という意味です。
「ちかくではんにんちゃまったんやって」
(近くで犯人が捕まったみたいだよ)
「すぴーどだしてけいさつにちゃまってもた」
(スピードを出して警察に捕まってしまった)
という風に使われます。

 

これが「ちゃめる、ちゃまえる」ですと「捕まえる」になります。
「はんにんちゃめたか?」
(犯人は捕まえたか?)
という風に使われます。

ちゃまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からす、ちゃらくさい、ちゃらくせい とも言います。
簡単な、簡単だ、簡単なこと という意味です。
「ちゃらすいもんだいから、さきにするといい」
(簡単な問題から、先にするといい)
「こんなやりかたか、ちゃらくさい」
(こんなやり方か、簡単な事だ)
という風に使われます。

ちゃらすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

輪ゴム、ゴムひも という意味です。
「おかししみるさけ、ふくろのくちちゅーぶでとめときね」
(お菓子が湿気ないように袋の口を輪ゴムでとめておきなさい)
「ほのかみ、まるめてちゅーぶかけといて」
(その紙、丸めて輪ゴムをかけておいて)
という風に使われます。

ちゅーぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゅっちゅ とも言います。
非常に熱い、熱く という意味です。
「なつ、くるまのやねがちゅんちゅんになっていた」
(夏、車の屋根が非常に熱くなっていた)
「こんなちゅっちゅにしてのめるけや!」
(こんなに熱くしたら飲めないだろ!)
という風に使われます。

ちゅんちゅん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下さる、頂いた という意味です。
「となりのひとがおみやげちょうだった」
(隣の人がお土産を下さった)
「おすそわけ、ちょうだった」
(お裾分けを、頂きました)
「ちょうだるんか?」
(下さるのですか?)
という風に使われます。

ちょうだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そそっかしい、あわてん坊、軽率な という意味です。
「うちのこ、ちょかやさけ、けがばっかしてる」
(うちの子はそそっかしいから、怪我ばかりしている)
「おめは、ちょかやで」
(お前はあわてん坊だから)
「あいつは、ちょかやで、わっせもんばっかりする」
(あいつはそそっかしいから、忘れ物ばかりする)
という風に使われます。

ちょか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きちんと、しっかりと という意味です。
「おつりちょきんとあるか?」
(お釣りはきちんとあるか?)
「もっとちょきんとせえな、よめさんこんぞ」
(もっとしっかりしないと、お嫁さん来ないよ)
「ちょきんとせなあかんやろ」
(しっかりしないと駄目だろ)
という風に使われます。

ちょきん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっこし とも言います。
少し、少量 という意味です。
「おかわりちょこしにしてや」
(お代わりは少しにしてちょうだい)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちびっと、ちょびっと」があります。
これは「ほんの少し」という意味です。
「もうちびっとでええんやよ」
(もうほんの少しでいいのよ)
という風に使われます。

ちょこし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっとお前 という意味です。
「ちょめ、ほこのもんとってくれ」
(ちょっとお前、そこの物を取ってくれ)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「ちょ」があります。
これは「ちょっと」という意味です。
「ちょいってくるわ」
(ちょっと行ってきます)
という風に使われます。

ちょめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょろい とも言います。

 

情けない、変、まぬけ、簡単 という意味です。
「なんやおめぇ、ちょれぇ~の」
(なんだよおまえ、情けないなあ)
「ほんなこともできんのか、ちょれぇーなあ」
(そんなことも出来ないの?情けないなあ)
「ほんなもん、ちょろい、ちょろい」
(そんなもの、簡単、簡単)
という風に使われます。

ちょれえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃがる とも言います。
手でしっかり握る、掴まる という意味です。
「つかがってな、おちるざ」
(しっかり握っていないと、落ちちゃうよ)
「もっとちゃんとちゃがってねや」
(もっとしっかりと掴まっていなさいよ)
という風に使われます。

つかがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つこうて とも言います。
使って という意味です。
「これつこれけずるといいざ」
(これを使って削るといいですよ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「つまる」があります。
これは「使い切った状態」を指します。
「のーとがつまってもたからこうて」
(ノートを使い切ってしまったので買ってくれ)
という風に使われます。

つこて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すりきりいっぱい、溢れるほどいっぱい、ぎりぎりいっぱい という意味です。
「なんや、つるつるいっぱいやがの」
(なんだ、すりきりいっぱいだね)
「ほんねつるつるいっぱいいれたら、こぼれてまうげの」
(そんなに一杯一杯に入れたら、こぼれてしまうよ)
「つるつるいっぱいいれんといてや」
(ぎりぎりまで入れないでね)
という風に使われます。

つるつるいっぱい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つらって とも言います。

 

連れ立つ、付いて行く という意味です。

「がいどにつんだてこさ」
(ガイドさんに付いて行こうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つっかけ」があります。
これは「外履きのサンダル」という意味です。
「ほんほこやで、つっかけでてぇーといってこお」
(すぐそこだから、サンダルでさっさと行って来い)
という風に使われます。

つんだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鉛筆の芯の先などが鋭く尖った様子 のことを言います。
「つんつんにとんがらす」
(鋭く尖らせる)
「えんぴつつんつんにしてや」
(鉛筆の先を(削って)尖らせてね)
「あしたしけんやで、えんぴつつんつんにけずっとけや」
(明日は試験だから、鉛筆の芯を鋭く尖った状態に削っておけよ)
という風に使われます。

つんつん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

早く、さっさと という意味です。
「ほやでゆうたやろ、てえーといってこお」
(だから言ったでしょう、早く行って来なさい)
「ほんほこやで、てぇーといってこお」
(すぐそこだから、さっさと行って来なさい)
という風に使われます。

てえーと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てきねぃ、てきねぇ とも言います。
痛い、病気で体がつらい という意味です。
「きのうからてきないんやって」
(昨日から(体が)つらいんだよ)
「こどもぁてきねーっちゅさけ、がっこやすましたんにゃ」
(子どもが体がつらいと言うから、学校を休ませたんだ)
「なんかしらんけど、てきねぇんやわ」
(よく分からないんだけど、体がだるいんだよ)
という風に使われます。

てきない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人形 という意味です。
「ほのでこんぼおもっせーのぉ」
(この人形面白いねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でんきんばしら」があります。
これは「電柱、電信柱」という意味です。
「せばいみちやで、でんきんばしらじゃまや」
(狭い道なので、電柱が邪魔だ)
という風に使われます。

でこんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てってえ とも言います。
手伝い という意味です。
「おーい、ちょっとてったいしてくれ」
(おーい、ちょっと手伝ってくれ)
「たうえのてったいしてきた」
(田植えの手伝いをして来た)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でっちようかん」があります。
これは「水羊羹」という意味です。

てったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生意気な、意地悪、ずる賢い という意味です。
「うちのこほんとてなわんこや」
(私の子供は本当に生意気な子なの)
「あんなてなわんやつ、めったにえんやろ」
(あんなにずる賢いヤツは滅多にいないだろう)
「ほんなこというなんて、あんたほんとにてなわんわ」
(そんな事を言うなんて、あなたは本当に意地が悪いね)
という風に使われます。

てなわん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出たがりの人、外出をしたがる人、家にじっとしていない人 という意味です。
「おめえはでべすけだなあ」
(おまえは出たがりだなあ)
「うちのおっかあ、ほんとにでべすけで、きょうもえんわ」
(うちの母親、本当に家にじっとしていない人で、今日も居ないんだ)
という風に使われます。

でべすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変な、難しい、乱暴な、大袈裟な という意味です。
「このしごとちぃとてんこなんや」
(この仕事はちょっと大変なんだよ)
「これは、てんこやざ」
(これは、難しい問題です)
「あいつ、てんこなうんてんしやがる」
(あいつは乱暴な運転をしやがる)
という風に使われます。

てんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

非常に、とても、すごくたくさん という意味です。
「てんぽなゆきふって、よーよわった」
(とてもたくさんの雪が降って、大変困った)
「かたづけたら、てんぽなごみがでた」
(片付けをしたら、すごくたくさんのゴミが出た)
という風に使われます。

てんぽな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物事の状態のひどい様 という意味です。
「てんぽなゆきがふって、どくしょなもんやのぉ」
(とてもたくさんの雪が降って、酷い状態ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とこ」があります。
これは「所、住所」という意味です。
「おめんとこ、ほんまちやったげな」
(おまえの住所、本町だったよね)
という風に使われます。

どくしょなもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歳をとる という意味です。
「みんなとしいったのぉ」
(みんなも歳をとったねえ)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「としょり」があります。
これは「年寄り、老人」という意味です。
「としょりくらしい」
(年寄りらしい)
という風に使われます。

としいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見当違い、方向違い、全く違う という意味です。
「とっけんはっけんなことゆうなま」
(見当違いなことを言うんじゃないよ)
「あのやろう、とっけんはっけんなみちおしええやがって」
(あの野郎、方向違いな道を教えやがって)
という風に使われます。

とっけんはっけん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とっとく とも言います。
受け取る、保管する という意味です。
「おつりとっとっけの」
(お釣りは受け取って下さい)
「しょるい、とっとっけや」
(書類を保管しておきなさい)
「にもつとっとっけ」
(荷物を受け取っておけ)
という風に使われます。

とっとっく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんべ、どんけつ とも言います。
一番最後、ビリ という意味です。
「どっぺなってもた」
(ビリになってしまった)
「こうないまらそんで、ことしもどんべや」
(校内マラソンで、今年も一番最後だ)
「おめえ、どんけつっやったんけや」
(君、一番最後だったのですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どぼけ、どぶけ」があります。
これは「溝、側溝」という意味です。

どっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どぶすずく とも言います。
ずぶ濡れ、びしょ濡れ という意味です。
「ひっであめで、どぼすずくなってもた」
(ひどい雨で、ずぶ濡れになってしまった)
「あらしにおうてどぶすずくなってもた」
(嵐にあって、びしょ濡れになってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とばしり」があります。
これは「しぶき、はね」という意味です。

どぼすずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とぽとぽ とも言います。
柔らかい、ふにゃふにゃ、柔らかすぎる状態 という意味です。
「にすぎてどぼどぼやな」
(煮すぎて柔らかいね)
「ぞうにがどぼどぼや」
(雑煮が柔らかすぎてどろどろしている)
「ほんなよおけみずいれたら、どぼどぼなってまうげ」
(そんなにたくさん水を入れたら、ふにゃふにゃになってしまうよ)
という風に使われます。

どぼどぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どむならん、どもこもならん とも言います。
どうにもならない、困ったもの、どうしようもない という意味です。
「どもならんことや」
(どうにもならないことです)
「どもならんやっちゃ」
(困った奴だ)
「いまごろくれーむいってきても、どもならん」
(今頃クレームを言ってきても、どうしようもない)
という風に使われます。

どもならん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何も という意味です。
「こんなちっちょうきってまうと、なーもならんが」
(こんな小さく切ってしまったら、何にもならないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なおす」があります。

これは「元の場所に片付ける」という意味です。

「ちゃんとなおしとかなあかんや」
(ちゃんと元の場所に片付けないと駄目よ)
という風に使われます。

なーも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

包丁、菜切り包丁 という意味です。
「このながたん、きれやんでもた」
(この菜切り包丁は切れなくなってしまった)
「すいかきるで、ながたんもってきて」
(スイカを切るから、包丁持ってきて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なきむそ、なきみそ」があります。
これは「泣き虫」という意味です。

ながたん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる という意味です。
「このごみなげといてや」
(このゴミを捨てておいてくださいね)
「ほんなごみなげてまいねま」
(そんなゴミは捨ててしまえよ)
「ほのくさったさかな、なげといて」
(その腐った魚は、捨てておいてください)
という風に使われます。

なげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なへ、なへい とも言います。
~なさい、~しなさい という意味です。
「いっぺんやてみなはい」
(1回やってみなさい)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「なさらしい」があります。
これは「それらしい」という意味です。

なはい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

触る、いじくる、いじる という意味です。

 

「できもんなぶったあかんで」
(ニキビをいじったらダメだよ)
「てーよごれるで、なぶったらあかんざ」
(手が汚れるから触ってはだめだよ)
「やっとみがいたがらす、よごれたてでなぶったらあかん」
(やっと磨いたガラスを、汚れた手で触ってはいけません)

 

という風に使われます。

なぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なぁも とも言います。

 

① 別に~ない、気にしない という意味です。
「わるいな」「なぁも」
(悪かったね)(気にするなよ)
という風に使われます。

 

② 何も、全く という意味です。
「なぁも、ねぇ」
(何にも無い)
という風に使われます。

なも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~される という意味です。
「いなるけのー」
(ごめんください(居られますか))
「よー、きなった」
(よくおいで下さいました)
「しなるんけの」
((それを)されるのですか)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「~なろ」があります。
これは「~なさい」という意味です。
「いなろ」
((ここに)いなさい)
「きなろ」
(来なさい)
「しなろ」
(しなさい)
という風に使われます。

なる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(強調して)何と という意味です。
「なんた、えっけぇーんや」
(非常に大きいですね)
「な~んた はすわな」
(なんていい加減な)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんぼ」があります。
これは「どれだけ、どれほど」という意味です。
「なんぼあんにゃ?」
(どれだけあるんですか?)
という風に使われます。
量や金額にも使われます。

なんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

唐辛子 という意味です。
「なんば、ほんなよおけかけると、ひっでもんにかれえぞ」
(唐辛子をそんなにたくさんかけたら、すごく辛いよ)
という風に使われます。

 

同じ言葉では「なんや」があります。
これは「なに?」という意味です。
「なにゃてか!もいっぺんゆうてみ!」
(何だと!もう一度言ってみろ)
「なんやって?」
(何と言ってました?)
「なんや、なんや?」
(何なに?どうしたの?)
という風に使われます。

なんば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

握る、掴むという意味です。
「ちゃんと、にがんでなあかんざ 」
(しっかりと握って下さい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にご(ねえ)」があります。
これは「苦くない」という意味です。
「それ、にごねぇーんけや?」「にごねぇ」
(それって、苦くないの?)(いいえ、苦くありません)
という風に使われます。

 

ただし、「苦い」を「にごい」とは言いません。

にがむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

日曜日 という意味です。
「にっちょーびあそびにいこー」
(日曜日、遊びに行きましょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にちゃにちゃ」があります。
これは「ネトネト、ベタベタ」という意味です。
「あつかった。もうあせでにちゃにちゃになってもた」
(暑かったから、もう汗でベタベタになってしまったよ)
という風に使われます。

にっちょーび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気にしない、構わない という意味です。
「ぜんぜんにんならんよ」
(全然気にしていないよ)
「ほんねきにせんときねー、うら、なーもにんならんのやで」
(そんなに気にしないでおきなさい、私は何も構わないのだから)
「こっぷわってもた」「にんならん、にんならん」
(コップを割ってしまいました)(気にしない気にしない)
という風に使われます。

にんならん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬくとい、ぬくてぇ とも言います。
暖かい という意味です。
「きょうはぬくてえな」
(今日は暖かい日ですね)
「ここなんてぬくいへやじゃ」
(この部屋はなんて暖かいんでしょう)
「きんのもきょうもぬくてぇのお」
(昨日も今日も、暖かいですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぬいそー」があります。
これは「縫い糸」という意味です。

ぬくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねま とも言います。
~なさい という意味です。
「きね、のみね」
(来なさい、飲みなさい)
「あるきね、やすみね」
(歩きなさい、休みなさい)
「いつまでねてるんにぇの。はよおきねーま」
(いつまで寝ているんだい。早く起きなさいよ)
という風に使われます。

ね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 無い という意味です。
「さがいたけど、ねぇざ」
(探したのですが、ありませんでした)
という風に使われます。

 

② 寝る という意味です。
「おめえ、はよねぇま」
(お前、早く寝なさいよ!)
「いつまでねてるんにぇの。はよおきねーま」
(いつまで寝ているんだい。早く起きなさいよ)
という風に使われます。

ねぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねころばる、ねころべる とも言います。
寝転ぶ、寝転がる、寝ている という意味です。
「ちょっとほこでねかやってね」
(ちょっとそこで寝転がっていて下さい)
「ほんなとこねころばってたらかぜひくぞ」
(そんな所に寝転がっていないで風邪を引くぞ)
という風に使われます。

ねかやる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねっきもん とも言います。
古い物、古い在庫 という意味です。
「ねきもんだしてきても、ようかわんわ」
(古い物を出して来ても、買うわけが無いだろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねしくる」があります。
これは「塗りつける」という意味です。

 

また、「ねしま」は「寝る前」という意味です。
「ねしまにおちゃのんだらあかん」
(寝る前にお茶を飲んではいけない)
という風に使われます。

ねきもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 舐める という意味です。
「つかれたら、あめでもねぶっていねの」
(疲れたら、雨でも舐めていろよ)
という風に使われます。

 

② 眠る という意味です。
「てれびみてても、ねぶってる」
(テレビを観ていても眠っている)
「よんべおそかったでねぶたい」
(昨夜遅かったから眠い)
という風に使われます。

ねぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

座る、腰を下ろす、うずくまる という意味です。
「たってんとねまんね」
(立っていないで座りなさいよ)
「まあ、ほこらへんでも、ねまっておっけ」
(まあ、その辺りにでも座っていなさい)
「ねまって、まっててや」
(座って待っていて下さい)
という風に使われます。
しかし、「椅子にねまる」とは言いません。

ねまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

赤ちゃん、赤ん坊、幼子 という意味です。
「ねんねかわええのぉ」
(赤ちゃん可愛いねー)
「おめぇ、まるでねんねやな」
(おまえは、まるで赤ん坊だな)
「うちのねんねは、まだねていさる」
(我が家の赤ちゃんは、まだ寝ているよ)
という風に使われます。

 

また、”寝る”ことを「ねんね」と言う場合もあります。
「うちのねんねはまだねんねしてるざ」
(我が家の赤ちゃんはまだ寝ています)
という風に使われます。

ねんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お願いする時に付けたり、「~ね」などの確認の意味合いで付けられます。
「ほこまでいってきての」
(そこまで行って来て下さい)
「いま、ほっちへのいったやろの」
(今、そちらへ行きましたよね?)
「きょうの、てれびでの、おもっしぇえばんぐみがの」
(今日ね、テレビでね、面白い番組がね)
という風に使われます。

の 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のぉのぉ とも言います。
(呼びかけ)ねえ、ねぇねぇ、ちょっとちょっと という意味です。
「のお、まだできんのけ」
(ねえ、まだ出来ないの?)
「のぉのぉ、ひまか?」
(ねぇねぇ、暇なの?)
「のぉのぉ、おまえ」
(ちょっとちょっと、あなた)
という風に使われます。

のお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のうなる、のなる とも言います。

 

① 無くなる という意味です。
「のうなったんた」
(無くなってしまった)
「みんな、のおーなったわ」
(全部、無くなりましたよ)
という風に使われます。

 

② 亡くなる という意味です。
「じいさん、のぉーなったんやて」
(お祖父さん、お亡くなりになったそうです)
という風に使われます。

のおなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のくてぃ、のくてぇ とも言います。

 

① 暖かい という意味です。
「きょうはのくてぃひやわ」
(今日は暖かい日だね)
「だいぶのくとなってきた」
(だいぶ暖かくなってきた)
という風に使われます。

 

② バカな、愚かな という意味です。
「のくてぃことばっかいってんなま」
(バカなことばかり言わないでよ)
「のくてーことばっか、ゆーていんなま」
(馬鹿なことばかり言っているなよ)
という風に使われます。

のくとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

残しておく という意味です。
「おかずのこいといての」
(おかずを残しておいて下さいね)
「うらのぶんも、のこいといてや」
(私の分も、残しておいてね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のなかす」があります。
これは「失くす」という意味です。
「あたらしいくつのなかしたらあかんぞ」
(新しい靴を失くしてはいけないよ)
という風に使われます。

のこいとく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寝相が悪い状態、寝ている間に、暑くて布団をはねる という意味です。
「あんまりよけきると、のっちょこいて、またかぜひくぞ」
(あんまりたくさん着込むと、暑くて布団をはねてしまって、また風邪を引くよ)
という風に使われます。

のっちょこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

棒、細長い棒、串 という意味です。
「とりにくばいでちっくりさしとっけ」
(鶏肉を串で突き刺しておいて)
「べとにばいをちっくりさす」
(土に棒を突き刺す)
「あさがおをまきつけるのに、ばいをたてとっか」
(朝顔を巻き付けるために、棒を立てておくか)
という風に使われます。

 

これが「ばいた」ですと「木の枝、棒切れ」という意味です。
「たきびするで、ほこらへんのばいたあつめてくれ」
(焚き火をするから、その辺の木の枝を集めてくれ)
という風に使われます。

ばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はえめ とも言います。
ハエ(蠅) という意味です。
「はいめ、うっとうしいわ」
(ハエ、鬱陶しいな)
「あっ!はいめや!」
(あっ!ハエだ!)
「はいめ、ほっちいったぞ」
(ハエが、そっちに行ったよ)
という風に使われます。

はいめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口ごたえ、歯向かう という意味です。
「はごたえすんな!」
(口ごたえするんじゃない!)
「おめぇおやにはごたえしたらあかん」
(おまえ、親に口ごたえをしてはいけないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ばっちゃ、ばっちゃくそ」があります。
これは「罰当たり、ざまあみろ、いい気味だ」という意味です。
「ひとのわるぐちばっかりゆうて、あいつはばっちくそじゃ」
(人の悪口ばかり言って、あいつは罰当たりだ)
という風に使われます。

はごたえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① すばしっこい という意味です。
「かたくてはしかいこや」
(元気ですばしっこい子だ)
「はしかいこやのー」
(すばしこい子だなあ)
という風に使われます。

 

② 喉がイガイガする という意味です。
「かぜではしかいんやって」
(風邪をひいて喉がイガイガするよ)
という風に使われます。

 

③ かゆい という意味です。
「わらがくびすじにはいって、はしけーんにゃって」
(藁が首筋に入ってちくちくかゆいんだって)
という風に使われます。

はしかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歯茎(はぐき) という意味です。
「はじしがはれてて、いたい・・・」
(歯茎が腫れていて、痛い・・・)
「むしばではじしはれて、いてんにゃわ」
(虫歯で歯茎が腫れて痛いんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はぐしをくう」があります。
これは「肩透かしをくらう」という意味です。

はじし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はす とも言います。
斜め という意味です。
「ほっちのすみから、こっちへはすかいにせんをひいてくれ」
(そちらの隅から、こちらへ斜めに線を引いてください)
「うちのはすかいに、いけーあぱーとぁたった」
(我が家の斜め前に大きいアパートが建った)
という風に使われます。

はすかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汚い、汚れている という意味です。
「ふくばっちぃく なっつんた」
(服が汚くなってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぱっしん」があります。
これは「メンコ」という意味です。
「ちっちゃいとき、ぱっしんであそんだなあ」
(幼い頃は、メンコで遊んだなあ)
という風に使われます。

ばっちぃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夜、晩 という意味です。
「ばんげもあつてねれんわ」
(夜も暑くて寝られないよ)
「きょうばんげ、のみにいこさ」
(今日の夜、飲みに行こうよ)
「ばんげになったで、かえろっさ」
(夜になったから、帰りましょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぱんぱん」があります。
これは「原付バイク、単車」という意味です。
「おめ、よんべぱんぱんでどこいった」
(おまえ、昨夜は単車で何処に行ったんだ?)
という風に使われます。

ばんげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばんばこ とも言います。
木製雪かき具、雪を掻く木の板で作った道具 という意味です。
「むかしぁ、やねのぼって、ばんばでゆきおろいたもんや」
(昔は、屋根に上って、木製の雪かき具で雪を下ろしたものだ)
「ばんば(こ)で、ゆきかいてあそんだよ」
(木製の雪かき道具で、雪をかいて遊んだよ)

という風に使われます。

 

嶺北では「こすき」「ばんばこ」、

嶺南では「こすき」「てんずき」などとも言います。

ばんば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひぇんにょま、ひんねま、ひんひょま、へんのま とも言います。
昼寝 という意味です。
「ひぇんの、しよっさ!」
(昼寝でもしましょう!)
「せわしないで、ひぇんのまもできんの」
(忙しくて、昼寝も出来ないよ)
という風に使われます。

ひぇんのま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

敷く という意味です。
「ほこにひきもんひいてすわればいい」
(そこに敷物を敷いて座れば良い)
「ふとんひいてくれ」
(布団を敷いてください)
「ざぶとんひくからほこにすわれ」
(座布団を敷きますから、そこに座ってください)
という風に使われます。

 

この「ひきもん、ひきもの」は「敷物」という意味です。

ひく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひざんぼ とも言います。
膝、膝頭 という意味です。
「ころんでひざんぽすりむいた」
(転んで膝頭を擦り剥いた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひずかし」があります。
これは「お昼のおやつ」という意味です。
「はよかえって、だいくさんにひずかしださなあかん」
(早く帰って、大工さんにお昼のおやつを出さなくてはいけません)
という風に使われます。

ひざんぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てっくりかえる とも言います。
(ごろんと)横になる、寝転ぶ、転ぶ という意味です。
「あんまりあついで、ほこらにひっくりかえってんでねの」
(あまりにも暑いから、その辺に寝転んでるんじゃないの)
という風に使われます。

ひっくりかえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひってもんに、ひっで、ひっでもんに という意味です。
もの凄く、酷く、とても、すごく という意味です。
「ひってもんにたかいって」
(もの凄く高いんだよ)
「ひってもんに、ちぇーがぁ」
(ものすごく小さいぞ)
「ひっでさむいわ」
(もの凄く寒いよ)
「ひっでもんにひざんぽうって、はれてもた」
(酷く膝を打って、腫れてしまった)
という風に使われます。

ひって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっど、ひど、ひっでえ、ひっで とも言います。
大変な、大層な、ひどい という意味です。
「ほんなはらいてんなら、ひっどおならんうちにいしゃいってこおぉ」
(そんなにお腹が痛いのなら、大変にならないうちに病院ん行って来なさい)
「そとでしごとしてたら、きゅうにひっでえあめふってきてべちゃべちゃや」
(外で仕事をしていたら、急に大層な雨が降って来てびしょびしょだ)
という風に使われます。

ひっどお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(量が)多い、一絡げ という意味です。
「ひとこっぱかかんにゃわぁ」
(結構時間がかかるぞ)
「ごみがひとこっぱあんにゃわの」
(ゴミがたくさんあるんだよ)
「ほこのばいたのからげたの、ひとこっぱもってきてくれ」
(そこの木の棒の束ねたものを、一絡げ持って来て下さい)
という風に使われます。

ひとこっぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふねる とも言います。
揉む、マッサージする という意味です。
「かたこってえらいで、ちょっとひねってのお」
(肩が凝って辛いので、少し揉んでくれませんか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひねた」があります。
これは「年を取った、古い」という意味です。

ひねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

紐 という意味です。
「ほこのひぼむすんでのぉ」
(そこの紐を結んでくださいよ)
「いろゆかたのひぼくんねま」
(色浴衣の紐をくださいよ)
「そのひぼもてらもってきねま」
(その紐ごと持って来て下さい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひもじかり」があります。
これは「恥ずかしがり屋」という意味です。

ひぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へらぺったい とも言います。
平たい、平べったい という意味です。
「ひらぺったいほうがあっちゃむきやぁ」
(平たい方が、あちら向きですよ)
「ひらぺったいもちだな」
(平べったい餅ですね)
「へらぺったいのをうえにむけとくれ」
(平たい方を上に向けてください)
という風に使われます。

ひらぺったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶす、ぶうする とも言います。
おんぶ、おんぶする、負ぶう という意味です。
「ねんねぶうしてどこいく」
(赤ちゃんをおんぶしてどこに行くの?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぶりつる」があります。
これは「ふてくされる」という意味です。
「ぶりつったかおしてる」
(ふてくされた顔をしている)
という風に使われます。

ぶう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

塞ぐ、栓をする という意味です。
「これふたぐもんねんけ?」
(これに栓をする物はないのか?)
「このふくれんぼのあな、ふたぐもんねぇんけや?」
(この風船の穴を塞ぐものはありませんか?)
という風に使われます。

 

この「ふくれんぼ」は「風船、紙風船」という意味です。
「ふくれんぼふくらましてあそんでよ」
(紙風船を膨らまして遊んで)
という風に使われます。

ふたぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

集落、地区、村内 という意味です。
「うちのぶらくのまつり、あしたやでの」
(うちの集落のお祭りは、明日ですからね)
「うちのぶらくはちぇーんじゃ」
(うちの地区は小さいんです)
という風に使われます。
同和問題とは全く関係が無いようです。

ぶらく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食器棚、食器や食品を入れる家具 という意味です。
「ふろんなかのおてしょしごまいだしといて」
(食器棚の中の手拭を4~5枚出しておいて)
「このさら、ふろいれといてま~」
(この皿、食器棚に入れておいてちょうだい)
という風に使われます。
”風呂”のことではありません。

ふろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歪む、形になっていない、潰れている という意味です。
「これ、へごちゃにみえんけ?」
(これ、変な風(形)に見えない?)
「ほんなちからいっぱいたたくで、くぎがへごちゃになってもたげ」
(そんなに力一杯叩くから、釘が潰れてしまっただろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へぐる」があります。
これは「剥ぐ」という意味です。

へごちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

べごべご とも言います。
デコボコ、ガタガタ という意味です。
「あんまりきつたたくで、べこべこなってもた」
(あんまりきつく叩くから、デコボコになってしまった)
「ほんなべごべごのせんではかきなおしやなぁ」
(そんなガタガタの線では、書き直しだなあ)
という風に使われます。

べこべこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

舌 という意味です。
「はい、あーんしてへたをだして」
(はい、あーんして舌を出して)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「へたくさい」があります。
これは「下手、まずい(事)」という意味です。
「なんじゃほれは、へたくさいことをしたの」
(なんだそれは、まずい事をしましたね)
という風に使われます。

へた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くたばる、へたばる という意味です。
「しごとしすぎで へたっつんた」
(仕事のしすぎでへたばってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へだるい」があります。
これは「空腹」という意味です。
「ああ、へだるい。はよ、おっかままつくれま」
(ああ、お腹が空きました。早く、お母さんご飯を作ってください)
という風に使われます。

へたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

削る、省く、除く という意味です。
「ほのあなんぽにはいらんで、もうちょびっとへつるといいかな」
(その穴には入らないので、もう少し削るといいかな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へちゃ、へちゃむくれ」があります。
これは「醜い、美しくない、ブス」という意味です。

へつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

土、泥 という意味です。
「はちにべといれといて」
(植木鉢に土を入れてね)
「べとにばいちゅっくりさいて、よーあそんだのー」
(土に棒を突き刺して、よく遊んだねえ)
「やまであめにふられて、あめやらべとやらでべとべとなってもた」
(山で雨に降られて、雨やら泥やらでベトベトになってしまった)
という風に使われます。

べと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蛭(ヒル)という意味です。
「たんぼでへれんぼにくいつかれた」
(田んぼでヒルに喰い付かれた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へんこつ」がありました。
これは「偏屈」という意味です。
「すなおによろこべばいいのに、あいつはへんこつや」
(素直に喜べばいいのに、あいつは偏屈だ)
という風に使われます。

へれんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へんもない とも言います。
退屈な、物足りない、満足しない という意味です。
「 いつもさーもひとりでいると、へんもねーの」
(いつも一人でいると、退屈ですね)
「いちにちじゅうつってたのに、にひきじゃへんもねえなあ」
(一日中釣っていたのに、2匹じゃ物足りないなあ)
という風に使われます。

へんもねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほいたら とも言います。
そうしたら という意味です。
「きんのぼぅがあこでころんでもてな、ほいたらないてもた」
(昨日、息子があそこで転んでしまってね、そうしたら泣いてしまった)
という風に使われます。

 

これが「ほう」ですと「そう」という意味です。
「ほうやろ、ほうゆうたんや」
(そうでしょう、そう言ったんだ)
という風に使われます。

ほいて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうなのか という意味です。
「あかんてや」「あ~ん、ほぅけ」
(ダメだって)(あ~、そうなのか)
という風に使われます。

 

これが「ほぅか」ですと「そうですか」という意味です。
「こうすんや」「ほぅか」
(こうするんだよ)(そうなのか)
という風に使われます。

 

また、「ほぅや」は「そう、そういえば」という意味です。
「ほぅやわすれとったわ」
(そういえば忘れていたよ)
という風に使われます。

ほうけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほっつきまわる とも言います。
歩き回る、うろつき回る という意味です。
「みちがわからんようになって、ひとばんじゅうほうたるいてたってか」
(道に迷ってしまって、一晩中歩き回っていたんだって?」
「さっきからよばっているのに、どこほっつきまわってるんや」
(さっきから呼んでいるのに、どこを歩き回っているんだ)
という風に使われます。

ほうたるく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そこ という意味です。
「ほら、ほこや」
(ほら、そこだよ)
という風に使われます。

 

これが「ほこら、ほこらへん」ですと「その辺り、その辺」という意味です。
「ぎんこう、ほこらにないけ?」
(銀行は、その辺りにありませんか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほっち」があります。
これは「そちら、そっち」という意味です。
「うるせえ、ほっちいってろ」
(うるさい、そっちに行ってろ)
という風に使われます。

ほこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ホントに、大層に、本当に という意味です。
「ほっこしものごいんや」
(ホントに心配だ)
「ほっこしものごい」
(ホントに困った)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほっこりする」があります。
これは「疲れる」という意味です。
「あきのいねかりしごとおわって、ほっこりした」
(秋の稲刈りが終わって、疲れた)
という風に使われます。

ほっこし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほんな、ほんなら とも言います。
そんな、それなら、それじゃあ、それでは という意味です。
「ほなもんだんねんにゃあ」
(そんなこと出来ないよ)
「ほな、はじめよか」
(それじゃあ、始めようか)
「よっしゃ、ほんならー、いくか」
(ようし、それでは、行きましょうか)
という風に使われます。

ほな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傷む という意味です。
「ほのぞうきんよおつこたでぼぼけてきた」
(その雑巾、よく使ったので傷んできた)
「ほのずぼんのすそぼぼけてきてもさもさやが」
(そのズボンの裾、傷んできてボサボサだよ)
という風に使われます。

ぼぼける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほーや とも言います。
そうだよ という意味です。
「きょうあめやったんけ?」「ほや」
(今日は雨だったの?)(そうだよ)
「ほーやー、おめのゆーとーりやって」
(そうだよ、お前の言うとおりだよ)
という風に使われます。

 

これが「ほやほや」ですと「そうそう」という意味です。
「ほやほや、あしたするんやったの」
(そうそう、明日にするんでしたね)
という風に使われます。

ほや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほやけどぉ~ とも言います。
そうだけど という意味です。
「ほやでどぉ、こっちもいってみんけ?」
(そうだけどこっちの方も行ってみない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほやったっけ」があります。
これは「そうだったかな」という意味です。
「きのうゆうたが」「ほやったっけ?」
(昨日言ったでしょ)(そうだったかな)
という風に使われます。

ほやけどの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほやでぇ、ほやさけ とも言います。
だから という意味です。
「ほやで、ゆうたやろ」
(だから言ったじゃないの)
「ほやさけ、よーけかけたらあかんちゅうたやろ」
(だから、たくさんかけたらダメだって言ったでしょう)
「ほやさけ、かじぇひいたんやって」
(だから、風邪引いたんだって)
という風に使われます。

ほやで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほかす とも言います。
捨てる、放る という意味です。
「ほこのごみ、ほっといてくれ」
(そこのゴミ、捨てておいてくれ)
「ほれ、ほかしておっけの」
(それ、捨てておくからね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほじる」があります。
これは「掘る」という意味です。
「そんなとこほじくるなま」
(そんな所を掘るんじゃない)
という風に使われます。

ほる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

んでぇ~、ほいで とも言います。
それからね、それでね、それで という意味です。
「んでぇ~、あかんかったんやわ」
(それからね、(結局)ダメだったみたい)
「んでぇ、こうなったんやって」「ふ~ん、ほんでぇ?」
(それでね、こうなったらしいよ)(ふ~ん、それで?)
という風に使われます。

ほんでぇ~ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まぁ、ま~ とも言います。
~よ(~しての強調)という意味です。
「はよ、しねま」
(早くやりなさい)
「はよ、いきねま」
(早く行きなさい)
「しねま。するなま」
(しなさいよ。するんじゃないよ)
「さっさと、やんねま」
(さっさとやりなさいよ)
という風に使われます。

ま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①(~して)しまう という意味です。
「はよ、いこさ。でんしゃ、いってまうが」
(早く行きましょうよ。電車が行ってしまいますよ)
という風に使われます。

 

② 回転する、回る という意味です。
「おぇ~、めがまう~」
(うわぁー、目がまわる~)
という風に使われます。

まう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

任せた という意味です。
「おめぇにまかいた」
(君に任せた)
「そのしごとまかいた」
(その仕事は任せた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まえら」があります。
これは「以前は、この前」という意味です。
「まえらじこつったんやって」
(この前、事故ってしまたんだよ)
という風に使われます。

まかいた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 仲間になる、仲間に入る という意味です。
「おーい、おれもまじってくれー」
(おーい、私も仲間に入れてください)
「まじっちゃる、まじっちゃる」
((仲間に)入れる、入れる=いいよ)
という風に使われます。

 

② 混ざる という意味です。
「よーまわさな、まじらんぞ」
(よく掻き回さないと、混ざらないよ)
という風に使われます。

まじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真っ赤っ赤 という意味です。
「さけのんでかおまっかちっかやわ」
(酒を飲んで顔が真っ赤っ赤だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まっちゃね(ぇ)」があります。
これは「間違いない」という意味です。
「りくつだぁ、まっちゃね」
(理屈だって?間違いない)
という風に使われます。

まっかちっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

巻く、巻き付ける という意味です。
「けがしたんで、てにほうたいをまつく」
(怪我をしたので、手に包帯を巻き付ける)
「ちかっぺ、まついとけ」
(力いっぱい、巻き付けなさい)
「へびがまつくちからはすごい」
(蛇が巻き付く力は凄い)
という風に使われます。

まつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まんまんちゃん、なんなさん とも言います。
仏様、仏壇 という意味です。
「まんまちゃんに、あんってしよ」
((幼子に)仏様にお参りしましょう)
「まんまんちゃんにこれおそなえしてきてー」
(仏壇に、これをお供えしてきてください)
「ちゃんと、まんまんちゃんまいっておきね」
(ちゃんと、仏壇にお参りしておきなさいね)
という風に使われます。

まんまちゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みっともね、みったむない、みったもねぇ、みたむない とも言います。
恥ずかしい、みっともない という意味です。
「へんやろ」「ん~ みっとむねぇのぉ」
(変でしょ)(う~ん恥ずかしいね)
「みっともねぇこと、ねぇーやろ?」
(恥ずかしくないでしょう?)
「ほんなみたむないかっこうしてたらあかん」
(そんなみっともない格好をしていてはいけない)
という風に使われます。

みっとむね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もだかる とも言います。
絡まる、こじれる という意味です。
「ほそいひもやさけ、むだかってもて、もーほどけんわ」
(細い紐だから、もつれてしまって、もうほどけないよ)
「ほんなきゅうにひっぱったで、いとがむだかってもたげ」
(そんなに急に引っ張るから、糸が絡まってしまったでしょう)
「ひもがもだかってわからんわ」
(紐が絡まってどうにもならないよ)
という風に使われます。

むだかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐちゃぐちゃ、めちゃくちゃ という意味です。
「やっといいもんにしたのに、ほのうえあるいてむたむたにしてもたげ」
(やっと良い物が出来たのに、その上を歩いてぐちゃぐちゃにしてしまったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「もさもさ」があります。
これは「ボロボロ、傷んでいる様子」という意味です。
「ずぼんがぼぼけてもさもさなってもた」
(ズボンが破けてボロボロになってしまった)
という風に使われます。

むたむた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

芯があって硬いご飯 という意味です。
米を炊くのに、水加減が少なかったり炊き方が悪かったりして
ご飯粒の芯が硬い状態のことを指します。
「きょうのごはんめっこやが」
(今日のご飯は(芯が残って)硬いな)
「ごはんが めっこでこわい」
(ご飯が、芯があって硬いよ)
という風に使われます。

めっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ものもらい、目の病気、まぶたの裏に出来る腫れ物 という意味です。
「めもらいできてもてめがいたい」
(ものもらいが出来てしまって目が痛い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「めめる」があります。
これは「織り目、縫い目が拡がる」という意味です。
「ぬのがめめった」
(布の縫い目が拡がった)
という風に使われます。

めもらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

べさ とも言います。
女の人、女性、女 という意味です。
「あのめろ、こっぺなんじゃ」
(あの女、生意気なんだよ)
「あこいったら、きゃくはめろばっかりやったわ」
(あの店に行ったら、お客さんは女性ばかりだったよ)
という風に使われます。

めろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もうたるく とも言います。
(埃などが)舞う、舞っている という意味です。
「しずかーにはかな、もうてあるくやろ」
(静かに掃かないと、埃が舞うだろ)
「ほこりがもうたるく」
(埃が舞っている)
という風に使われます。

もうてあるく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~(して)しまったという意味です。
「でんしゃとうにいってもたわ」
(電車は随分前に行ってしまったよ)
「はしごふみはずしておっこちたら、ひっでもんにひざうって、はれてもた」
(梯子を踏み外して落ちたら、酷く膝を打って、腫れてしまった)
という風に使われます。

もた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おもちゃにする という意味です。
「たべるもんで、もちゃすびしてると、ばちあたるざ」
(食べるものをおもちゃにしていると、罰があたるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「もみじこ」があります。
これは「明太子」という意味です。

もちゃむすびする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もちけねぇ、もっつけねい とも言います。
辛そう、可哀想、大変だ という意味です。
「もっつけねいことしたぁあかんて」
(可哀想なことをしたらダメでしょ)
「とーちゃん、けがでにゅういんしたんにゃって。もつけねーのー」
(お父さん、怪我で入院したんだって。可哀想だね)
という風に使われます。

もつけねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もいっぺん とも言います。
もう一度、もう一回、また次回 という意味です。
「もっぺん、ゆうてみ!」
(もう一度、言ってみろ!)
「おもっしぇかったな。もっぺんいこさ」
(面白かったね。また行きましょうね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「もっしぇー、もっせー」があります。
これは「面白い、変な」という意味です。

もっぺん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ごと、(~と)一緒に、(~)と合わせてという意味です。
「はこもてら、すててまいね」
(箱ごと、捨ててしまいなさいよ)
「すいかきったの、まないたもてらもってこいや」
(切ったスイカは、まな板ごと持っておいで)
「そこのみかん、はこもてらもってきねま」
(そこのミカン、箱ごと持って来て下さい)
という風に使われます。

もてら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ものげえ とも言います。
心配、悲しい、だるい、気が重い という意味です。
「まだかえってこんでものごいんや」
(まだ帰ってこないから心配だ)
「よーけひとがしぎなして、ものごいこっちゃったのー」
(たくさんの人が亡くなられて、悲しいことだったねえ)
という風に使われます。

ものごい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ものごうなる とも言います。
悩んでしまう、心配になる、面倒な という意味です。
「あついでからだえらいんやし、しごとたまってるし、ものごなってまう」
(暑いから体が辛いし、仕事も溜まっているし、悩んでしまう)
「ものごうなってまうんにゃわ」
(心配になってしまうんだよ)
「ほこのだんなさんけがしてひとつきにゅういんやと、ものごいのお」
(そこの旦那さん、怪我をして一ヶ月入院ですって。心配だね)
「ものごいこっちゃ」
(面倒なことになってきたな)
という風に使われます。

ものごなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やざぁ、やっちゃ とも言います。
~だよ、~ですよ、みたいだよ という意味です。
「おもっしぇんやざ」
(面白いんだよ)
「ほうか?」「ほやざ」
(そうなの?)(そうですよ)
「じてんしゃでころんだんやってか」「ほやざ、ひっでもんにいたかったんやざ」
(自転車で転んだんですって?)(そうなんですよ、大変に痛かったんですよ)
「あっちにいったんやっちゃ」
(あっちに行ったんだよ)
という風に使われます。

やざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いたずら、嫌がらせ という意味です。
「もう、やだゆうなま」
(もう、無理難題言うんじゃないよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「やんちゃな」があります。
これは「いたずらな」という意味です。
似た言葉では「ゆざや」があります。
これは「風呂場」という意味です。

やだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっと、ようやく という意味です。
「やっとこさついたげ」
(ようやく着いたな)
「やっとこさ、できたげ」
(やっと、出来たよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やっぱぁ」があります。

これは「やっぱり」という意味です。

「やっぱぁほのおしんこみんなかぁあいれといたんやけど」
(やっぱり押入れの中に入れておいたのだけど)
という風に使われます。

やっとこさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

山側、山のそば、山の中 という意味です。
「やまがからでてきたんで、なもわからんわ」
(山の中から出てきたもので、何も分からないんです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やぐぶろ、やぎぶろ」があります。
これは「布団を入れる家具」のことです。
「ふとん、やぐぶろにあげといて」
という風に使われます。

やまが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痛い、だるい、体調が悪い という意味です。
「あしがやめるでまっさーじしてもらおう」
(足がだるいからマッサージしてもらおう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やみくそ」があります。
これは「やみくも、めちゃくちゃに」という意味です。
「ほんなやみくそにしてもあかん」
(そんなやみくもにやっても駄目です)
という風に使われます。

やめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やこい、やっこい とも言います。
柔らかい という意味です。
「よーにたでぇ、やこいざ」
(よく煮たから、柔らかいよ)
「ねんねのはだやっこいね」
(赤ちゃんの肌は柔らかいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やにこい」があります。
これは「しつこい、じれったい」という意味です。
「あのおばはん、やにこいのぉ」
(あのおばさん、しつこいねよね)
という風に使われます。

やらこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

指輪、指ぬき という意味です。
「はでなゆびはめしてるんやの」
(派手な指輪をしていますね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ゆあがり」があります。
「ゆわがり」とも言います。
これは「バスタオル」という意味です。
「おーい、ゆあがりとっておっけ」
(おーい、バスタオルを取ってくれるかい)
という風に使われます。

ゆびはめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良く、頻繁に、たくさん という意味です。
「よう、きなったのぉ」
(よくおいで下さいました)
「よう、たべやー」
(たくさん食べてね)
「あしくじいたってか。ようなるな」
(足を挫いたんですか、頻繁に挫きますね)
「せわしいのに、ようきておくんなった」
(忙しいのに、よくおいで下さいましたね)
という風に使われます。

よう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よおけ とも言います。
たくさん という意味です。
「おみやげ、よーけもろて、きのどくな」
(お土産をたくさんもらって、ありがとう)
「わらびよーけとれたんやわ、わけたげるわ」
(蕨がたくさん取れたんですよ、わけてあげるね)
「よーけあるでのぉ、えんりょすんなや」
(たくさんありますから、遠慮しないで下さいね)
という風に使われます。

よーけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寄りかかる という意味です。
「よわったでよしかかっとくわ」
(疲れたから寄りかかってるね)
「おもい!よしかかるなま」
(重い!寄りかかるんじゃないよ)
「ほんなとこよしかかったら、よーふくよごれるぞ」
(そんな所に寄りかかったら、洋服が汚れてしまうよ)
という風に使われます。

よしかかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

呼ぶ、来させる という意味です。
「ごはんやでみんなよばって」
(御飯だからみんな呼んできて)
「みな、よばって」
(皆を呼んできて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よばれる」があります。

これは「いただく、ご馳走になる」という意味です。
「ほな、よばれましょか」
(それじゃあ、いただきましょうね)
「まだあついでさまかしてからよばれよか」
(まだ熱いから冷ましてからいただいてください)
という風に使われます。

よばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疲れる、困る という意味です。
「ずっとたっててよわってもたわ」
(ずっと立っていたから疲れてしまったよ)
「きんのやまのぼったでよわってもた」
(昨日、山に登ったから疲れてしまった)
「よーあるいたで、よわってもた」
(大変長く歩いたから、疲れてしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よわみそ、よわむそ」があります。
これは「弱虫」という意味です。

よわる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆんべ とも言います。
昨日の夜、昨夜、夕べ という意味です。
「よんべ、ばいくがやかましかったな」
(昨日の夜は、バイクがうるさかったね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よんどっけ」があります。
これは「(わけて)ください、売ってください」という意味です。
「ほれいいのー、ひとつよんどっけ」
(それいいね~、ひとつ売ってください)
という風に使われます。

よんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私、我が身 という意味です。
「わぁみのへやに、なんでもおいとくでの」
(私の部屋に、何でも置いておきますから)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「わち」があります。
これは「私(女性)」という意味です。
これが「私達」の場合は「わてら」になります。
「わてらよっぽどまえのみせがよかったわ」
(私達はよっぽど前のお店の方が良かったわ)
という風に使われます。

わぁみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手に負えない、聞き分けの無い、幼稚な、おろかな という意味です。
「わめは、よったらわけなしやざ」
(あなたは酔っ払ったら手に負えないですよ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「わけもない、わけもねぇ」があります。
これは「造作ない、ものすごい、酷い」という意味です。
あっさり言うと「造作ない」、
驚いたように言うと「ものすごい」というニュアンスの言葉になります。

わけなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わっしぇる とも言います。
忘れる という意味です。
「わぁわぁゆうと、わっしぇてまうわ」
(ガミガミ言われると、忘れてしまうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「わざに」があります。
これは「わざわざ、ことさら、特別に」という意味です。
「いつでもよかったのにわざにきてくれたんかの」
(いつでも良かったのに、わざわざ来てくれたんですか)
という風に使われます。

わせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おまえ自身、あなた、相手 という意味です。
「わめがえらいだけや」
(おまえ自分が辛いだけだ)
「ほんなもんわめがわるいんや」
(そんなこと相手が悪いんだ)
という風に使われます。

 

これが「わめら」ですと「おまえたち、君たち、あなたがた」という意味です。
「わめらがゆうたんがや」
(おまえたちが言ったことだろう)
という風に使われます。

わめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わやくそ、わやくちゃ とも言います。
無茶苦茶、滅茶苦茶、混乱する様子 という意味です。
「ほんなかきまわしたら、わやくそなってまうげ」
(そんなに掻き回したら、滅茶苦茶になってしまうじゃないか)
「わぁわゅゆうで、わやくさなってもたが」
(なんやかんやと言うから、わからなくなってしまったよ)
という風に使われます。

わやくさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

笑わせる、笑わす という意味です。
「ほんなとこでわらかしたらあかんげ。びーるふいてもた」
(そんな所で笑わせたら駄目だろう。ビール吹いちゃったよ)
「わらかしたらあかんげ」
(笑わせたら駄目でしょ)
という風に使われます。

わらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

幼い、子供っぽい、大人気ない という意味です。
「いつまでもわらびしいやっちゃ」
(いつまでも子供みたいな人だね)
「わらびしいことすんなま」
(大人気ないことをするな)
「まだほんなわがままいってるのか。わらびしいやっちゃ」
(まだそんな我が儘を言っているのか。大人気ない子だね)
という風に使われます。

わらびしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それじゃ、じゃあね という意味です。

「もうおそいで。んなの」

(もう遅いから。じゃあね)

という風に使われます。

 

似た言葉では「んめぇ」があります。

これは「美味しい」という意味です。

「これんめぇのぉ」

(これ美味しいね)

という風に使われます。

んなの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① よく見える という意味です。

「ここやとんめるやろ」
(ここからだとよく見えるでしょ)

という風に使われます。

 

② 埋める という意味です。

「わからんようここにんめっせ」

(分からないようにここに埋めよう)

という風に使われます。

んめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介