HOME -> 福島の方言 

あべ、あばせ、あばへ、あばんしょ とも言います。

 

行こう、来い、来なさい という意味です。

 

「こっちゃさあばんしょ~」
(こっちにいらっしゃい)
「はやぐあいばんしょ」
(早く行きましょう)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「あっぺしだ!」があります。
こえは「あるじゃん」のようなニュアンスですね。

 

「そごさあっぺした!」
(そこにあるじゃん!)

 

という風に使われます。

あいべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くろちたまった とも言います。

 

青あざ という意味です。

 

「ひじゃかぶつぐえにぶっつげで、あおなじこしぇちまった」
(膝を机にぶつけて青あざ作っちゃった)
「かどっこさぶっつげであしにくろちたまっちまった」
(角にぶつけて足に青アザが出来てしまいました)

 

という風に使われます。

あおなじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

置く、のせる という意味です。

 

「それ、そごのうえーにあげどいで」
(それは、そこの上に置いておいてください)
「おぼんさあげてもっでぐといいべ」
(おぼんに載せて持って行くといいですよ)

 

という風に使われます。

 

一般的の「(プレゼントなどを)あげる」ではありません。

 

似た言葉では「あがらっしゃい」があります。

これは「召し上がってください」という意味ですよ。

あげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんぼこ、やや とも言います。

 

赤ちゃん という意味です。

 

「なんだってめーおっぎぐてめんげあがっこだごど」
(なんとまぁ、目が大きくて可愛い赤ちゃんだこと)
「あらぁーもごせーおんぼこだごどない」
(あら~、健気で可愛らしい赤ちゃんですことねえ)

 

という風に使われます。

あがっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あねさ、あねちゃ とも言います。

 

目上の女性に対する敬称です。

 

「あみもんはゆきこあねにおしえでもらったんだわ)
(編物はゆきこさんに教えてもらったのよ」

 

という風に使われます。

 

また、「あんつぁ、あんちゃ」ですと”目上の男性に対する敬称”になります。

 

「となりのたろうあんつぁ、まぢからひょうしょうさっちゃんだって」

(お隣の太郎さん、町から表彰されたんだって)

 

という風に使われます。

あね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

邪魔者扱いされる、仲間はずれにされる という意味です。

 

「あのこあまさっちぇんない」
(あの子、邪魔者扱いされてるね)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「あます」があります。
これは「残す」という意味です。

 

「まーだこっだにごはんあまして!」
(またこんなにご飯を残して!)

 

という風に使われます。

 

また、「あまい」ですと、”甘い”ではなく「(味が)薄い」という意味です。

あまされる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

参った、困った という意味です。

 

「こどものいたずらにはは~、あやまっちゃっだよ」
(子供の悪戯にはもう、参っちゃったよ)
「おらいのむすめのながでんわにはあやまった」
(うちの娘の長電話には困った)
「あーゆーいいがだしぢまっだのはあやまった~はんせい~」
(ああいう言い方をしてしまったのは失敗したな、反省)

 

という風に使われます。

あやまった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

具合 という意味です。

 

「かぜひいでまっであんべわりんだ」
(風邪を引いてしまって具合が悪いんです)
「きのうはあんべわりくてねでだ」
(昨日は具合が悪くて寝ていたの)
「あんべよぐねの?だいじょうぶが?」
(具合良くないの?大丈夫?)

 

という風に使われます。

あんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いがんね とも言います。

 

行けない、行くことが出来ない という意味です。

 

「おれはいがれねーない」
(私は行くことが出来ませんね)
「いがれないねえ・・・」
(行けないね~・・・)
「え、いがれないの?」
(え、行けないの?)
「いがんねよ!」
(行けないよ!)

 

という風に使われます。

いがれない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もったいない、かわいそう という意味です。

 

「(食べ物を)そんなにのごしていだましい」
(そんなに残してもったいない)

 

という風に使われます。

 

これが「いやしい」ですと「食べ物にガツガツする」という意味になります。

 

「これはあねちゃんのまままでくっていやしごど!」
(この子はお姉ちゃんの分のご飯まで食べちゃって食い意地がはってること!)

 

という風に使われます。

いたましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっきあう とも言います。

 

会う、ばったり会う、行き会う という意味です。

 

「いまそごですずきさんさいっきゃった」
(今そこで鈴木さんにばったり会ったよ)
「すーぱーでとなりのおばさんといっきゃったよ」
(スーパーで隣のおばさんと行き会ったよ)

 

という風に使われます。

 

これが「あったった」ですと「お会いしました」という意味です。

いっきゃう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生意気な様子 を表す言葉です。

 

「まだにしゃはいっちょめこいで!」
(またお前はそんな生意気言って!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「いっちょがせ、いっちおぎんせ」があります。
これは「入れておいてください」という意味です。

 

「そごさいっちょがせ」
(そこに入れておいてください)

 

という風に使われます。

いっちょめこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もっと という意味です。

 

「えんりょしねで、いまっとくわっせ」
(遠慮しないでもっと食べて下さいな)
「ほだちょっぺっとでねくて、いまっともってがへ」
(そんなに少しじゃなくて、もっと持って行きなさい)
「いまっとゆっぐりしでけ」
(もっとゆっくりして行きなさい)

 

という風に使われます。

いまっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うっちゃし とも言います。

 

うるさい、やかましい という意味です。

 

「てれびうっつぁしなぁ~」
(テレビやかましいなぁ)
「は~、あのややどものうっつぁしごど」
(ああ、あの子供たちのうるさいことったら)
「ばっぱにうっつぁしっでおごらっちだ」
(お祖母ちゃんにうるさいって怒られた)

 

という風に使われます。

うっつぁし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水に浸ける、水に浸す、水に浸してふやかす という意味です。

 

「ごはんたべおわっだら、ちゃわんうるがしといて」
(ご飯食べ終わったら、お茶碗を水に浸けといて)
「うるがしとくとあどであらうのがらぐだ」
(水に浸してふやかしておくと、後で洗うのが楽ですよ)

 

という風に使われます。

 

標準語では表現するのが難しいニュアンス の言葉です。

うるがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変な思いをした、大変だった、疲れた という意味です。

 

「きょうはえんがみだなや」
(今日は大変な思いをしたなぁ)
「このめえのたいふうではえんがみだない」
(この前の台風ではひどい目に遭ったよなあ)

 

という風に使われます。

 

これが「えんがみた」ですと「因果応報、いい気味だ」という意味になるようです。

えんがみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっしい とも言います。

 

恥ずかしい という意味です。

 

「てれびかめらでとってんのが?おらおしょしいごど」
(テレビカメラで撮影してるんですか?私、恥ずかしいわ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「おしっこみなんしょ」があります。
ちょっとビックリされそうですが、これは「さようなら」という意味ですよ。

おしょしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おだづ、おだる とも言います。

 

調子に乗る という意味です。

 

「おいおめぇ、おだってんじゃねーぞ!」
(おいおまえ、調子に乗ってんなよ!)
「あいづ、かおいいがらっでおだってんだよな」
(あいつ、イケメンだからって調子に乗ってるよな)

 

という風に使われます。

 

これが「おだぢもっご」ですと
「調子に乗って普段以上に悪のりしてはしゃぐ」という意味になりますよ。

おだつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おだれる、おっきょる、おっきる とも言います。

 

折る、折れる という意味です。

 

「きのえだおだっちゃだめだよ」
(木の枝を折っちゃ駄目だよ)
「となりのじさま、ほねおっきょったんだど」
(隣のおじいさん、骨を折っちゃったんだって)
「あんなころびがだしだらあしおだれっちまぁ」
(あんな転び方をしたら、足が折れちゃうよ)

 

という風に使われます。

おだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おぢる とも言います。

 

(乗り物から)降りる という意味です。

 

「えぎまえでばすからおちだの」
(駅前でバスを降りたの)
「いまばぁちゃんおぢっがらちょいとまってけんちょ」
(今、おばあさんが降りるので、少し待ってください)

 

という風に使われます。

 

突然こんなこと言われたらビックリしちゃう部類の言葉ですね。

 

また、「おっこる」ですと「落っこちる」という意味になります。

 

「てぇはなしだらおっこっちまうぞ」
(手を離したら落っこちちゃうよ)

 

という風に使われます。

おちる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっくりげえす とも言います。

 

ひっくり返る、ひっくり返す、転倒する とも言います。

 

「このくづたびおっくりげぇしといでんくちぇー」
(この靴下、ひっくり返しておいてください)
「ほだにそっで、おっくりげんなよ~」
(そんなに反って、ひっくり返るんじゃないよ)
「おっくりげるぞ!」
(転ぶぞ!)

 

という風に使われます。

おっくりげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 置く という意味です。

 

「かばんはそこにおっけっせ」
(かばんはそこに置いてね)
「そのへんにおっけどいて」
(その辺に置いておいて)

 

という風に使われます。

 

② 届ける という意味です。

 

「となりのいえさ、なすおっけできた」
(お隣りに茄子を届けて来たよ)

 

という風に使われます。

おっける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

取り込む という意味です。

 

「あめふってきそうだがら、せんだぐもんおっこんでくれる?」
(雨が降ってきそうだから、洗濯物を取り込んでくれる?)
「ほしてだふとんおごってけらんしょ」
(干していた布団を取り込んでください)

 

という風に使われます。

おっこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっちゃがむ とも言います。

 

しゃがむ、屈む という意味です。

 

「あそごさいるひどおっちゃがでっげんちょもだいじょぶなんだがね」
(あそこにいる人、しゃがみこんでるけど大丈夫なのかなあ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「おっちめる」があります。
これは「ぎゅっと押し込む」という意味です。

 

「もっとおっちめればぜんぶはいっがな」
(もっと押し込めば全部入るかなあ~)

 

という風に使われます。

おっちがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

突き飛ばす という意味です。

 

「ほら、あぶねがらおっとばすじゃねぇぞ」
(ほら、危ないから突き飛ばすんじゃないぞ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「おったまげる」があります。
これは「とてもびっくりする」という意味です。

 

「きゅうにとびだしでくっがらおったまげだぞい」
(急に飛び出して来るからとてもビックリしたよ)

 

という風に使われます。

おっとばす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おつゆ とも言います。

 

味噌汁などの汁物 という意味です。

 

「ささぎのおつゆもってきっせ」
(いんげんんおお味噌汁を持って来てください)
「ぬぐいおつよんまいなや~」
(温かいお味噌汁は美味しいねえ~)

 

という風に使われます。

おつよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あご(顎)という意味です。

 

「おどげにまんまつぶくっつがってんぞ」
(顎にごはん粒ついてるよ)
「おめのじっちゃおとげなんげぇなぁ~」
(あなたのお祖父さん、顎が長いですね~)
「おとげかいー」
(顎がかゆい~)

 

という風に使われます。

おとげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面白い、笑っちゃう という意味です。

 

「あのえーがはおもしーがらみでみろ」
(あの映画は笑っちゃうから観てみなよ)
「あーうれしー、ほんどにおもしーなや」
(ああ嬉しい、本当に面白いね~)

 

という風に使われます。

おもしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おら とも言います。

 

私、自分 という意味です。主に年配の女性が使います。

 

「おれはこっちのあおいほにする」
(私はこっちの青い方にするわ)

 

という風に使われます。

 

これが「おめ」ですと「おまえ、あなた、君」という意味です。

 

「おめはどっちかうの?」
(あなたはどちらを買うの?)

 

という風に使われます。

おれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おらげ、おらい とも言います。

 

私の住んでいる方(辺り)、私の方、私の家 という意味です。

 

「おらほではもういねがりおわったよ」
(うちの近所ではもう稲刈終わったよ)
「さっきおらほであめふっでだっけよ」
(さっき、私の住んでる辺りは雨が降ってたよ)
「おらげさよってがせ」
(私の家に寄って行きなよ)

 

という風に使われます。

おらほ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿、役立たず などと、人を罵る言葉です。

 

「おんつぁけす!」
(使えねーなあ!)

 

という風に使われます。

 

これが「おんつぁになる」になると
「(機械などが)壊れる、調子が悪くなる」という意味になります。

 

「きのうのらいさまでてれびおんつぁになっちまった」
(昨日の雷でテレビの調子悪くなっちゃった)

 

という風に使われます。

おんつぁ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

具合が悪くなる、(病気で)倒れる、床に伏す、臥せる という意味です。

 

「となりのじんちゃ、がおっただど」
(隣りのお爺さん、病気になっちゃったんだって)
「かぜでねづでてがおっちまったー」
(風邪で熱が出て、床に伏してしまいました)
「あづいながあるってだらがおった」
(暑い中を歩いていたら倒れました)

 

という風に使われます。

がおる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かがらしい とも言います。

 


気になって煩わしい、うっとうしい という意味です。

 

「かみのげのびてきで、いやーかがらしごどー」
(髪の毛が伸びてきちゃって、いやーうっとうしいわー)
「まえがみがかがらしぃ~」
(前髪がうっとうしいー)

 

という風に使われます。

 

今風に言うと「ウザイ」のようなニュアンスですね。

かからしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

通して、よけて、どいて という意味です。

 

「ちょっとかしてよ」
(ちょっとどいてよ)
「それじゃまだがらかしてけろ!」
(それ、邪魔だからよけてください!)
「そこかしてくたー」
「そこを通してください)

 

という風に使われます。

かして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生意気な事を言う、訳の分からないことを言う、御託をならべる という意味です。

 

「まったぐ、かすかだって!」
(まったくもう、生意気言っちゃって!)
「おめぇ、かすかだってんなよ」
(おまえ、御託並べてんじゃないよ)
「かすかだんなー!」
(嘘つけー!)

 

という風に使われます。

 

「かだる」で「話す、(主に悪いことを)言う」
「かす」で「余計なこと」という意味です。

かすかだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① かぶれる という意味です。

 

「きのうやまさいっだら、うるしにかせっちまった」
(昨日山に行ったら、漆にかぶれちゃった)

 

という風に使われます。

 

② 食べさせる という意味です。

 

「べごさえさかせだのが?」
(牛に餌を食べさせたの?)

 

という風に使われます。

かせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かずける とも言います。

 

人のせいにする、責任転嫁する、~のせいにする という意味です。

 

「まだそうやってひどさかづけで」
(またそうやって人のせいにして)
「なにもしてねのに、かずけられっちゃった」
(何もしていないのに、責任転嫁されちゃった)

 

という風に使われます。

かづける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっかく、かきむしる という意味です。

 

「きのうねごにかっつぁがっちゃんだ~」
(昨日猫にひっかかれたんだー)
「かにくわっちゃとご、あんましかっつぁくとちぃでっがらやめな」
(蚊に刺された所を、あんまりかきむしると血が出るからやめなさい)

 

という風に使われます。

かっつあく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~のもの という意味です。

 

「このかさ、あんだのがながよ?」
(この傘は、あなたの?)

 

という風に使われます。

 

② ~(に相当する)分 という意味です。

 

「おかしばっか、せんえんがなもかっぢまっだ」
(お菓子ばっかり、1000円分も買っちゃった)

 

という風に使われます。

 

③ ~だろう という意味です。

 

「だがらだめだっていったがな」
(だからダメだって言っただろう)

 

という風に使われます。

がな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叫ぶ、大声で言う、怒鳴る という意味です。

 

「あっちでせんせいなんかがなってっつお」
(あっちで先生が何か叫んでるぞ)
「ほだがなんなぐてもいいべした」
(そんなに大声で叫ばなくてもいいじゃない)
「がなるな、やかまし」
(怒鳴るな、うるさい)

 

という風に使われます。

がなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人見知り という意味です。

主に、幼児や赤ん坊が知らない人に抱っこされたりした時に、人見知りして泣く様子を指すようです。

 

「このややは、よぐかめんだ」
(この子(赤ちゃん)はよく人見知りするんだよー)
「なんだべ~、はなこっちゃんはかめんのがよ」
(なんでしょう、花子ちゃんは人見知りしちゃうの?)

 

という風に使われます。

かめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飲み会 という意味です。

 

「きょうがらごりあんだ」
(今日飲み会があるんだ)
「いっづもいっづもがらごりばりいっでちゃっちゃどけってこ」
(いつもいつも飲み会にばかり行って、さっさと帰って来なさい)
「がらごりつっでもさげのまね」
(飲み会って言ったって、お酒は飲まないよ)

 

という風に使われます。

がらごり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からんちょ、かなちょろ とも言います。

 

とかげ という意味ですが、正式和名は「ニホンカナヘビ」ですね。
特に茶色い奴のことをいうようです。

 

「いしどげだら、からんちょいでびっぐりしたぁ~」
(石を移動したら、とかげが居てびっくりしたぁ~)
「このからんきょちっちゃこぐてめんけな」
(このカナヘビ、小さくて可愛いね)

 

という風に使われます。

からんきょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃがいも という意味です。

 

「こどしのかんぷらは、なんだってよぐでぎだだわ」
(今年のじゃがいもは、とっても良い出来になったんだよ)
「ごでっしりかんぷらふがしたから、おめもけ」
(たくさんじゃがいもを蒸かしたから、あなたも食べて)

 

という風に使われます。

かんぷら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんまがす、かまかす とも言います。

 

混ぜる、かき混ぜる という意味です。

 

「かれーこげねように、かんましてな」
(カレーが焦げないように、かき混ぜてね)
「ほれ、よっくどかんまがしてがらのまんしょー」
(ほら、よくかき混ぜてから飲みましょう)

 

という風に使われます。

かんます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気が強い、言うことをきかない という意味です。

 

「うちのまごむすめはきかねくって」
(うちの孫娘は、気が強くって)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「きっとってろ」があります。
これは「じっとしてろ」という意味です。
きかねえ子供は、きっとってないですからね。

きかねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きみっこ、きめっこする、きめる とも言います。

 

すねる、いじける という意味です。

 

「ちょっとおごらっちゃくらいで、きめっこしてんなな」
(ちょっと怒られたくらいで、いじけてるんじゃないよ)
「いづまでもきめっこしてんでねえの!」
(いつまでもすねているじゃないの!)

 

という風に使われます。

きめっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気味が悪い、気持ちが悪い、嫌悪感 という意味です。

 

「じろじろみで、あいづ、きもすけわりぃな」
(ジロジロ見て、あいつ、気味が悪いね)

 

という風に使われます。

 

逆に「気持ちがいい、スカッとする」という意味の言葉では
「きっぺぇいい」があります。

 

「はぁ~、きぺぇいがった~」
(はあ、スカッとしたぁ~)

 

という風に使われます。

きもすけわりい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

掛ける という意味です。

 

「きょうはさみぃがらもうふきっかい?」
(今日は寒いから毛布を掛けましょうか?)
「あだまっがらふとんきでねでばりいなさんな」
(頭っから布団を掛けて寝てばかりいるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

きる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くさっぽ とも言います。

 

おでき、吹出物、湿疹 という意味です。

 

「おめのあだまにくさっぽできてんなあ~」
(あなたの頭におできが出来てますねえ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「くさし」があります。
これは「面倒くさがり、ものぐさな人」という人です。

 

「くさしすんでね!」
(面倒くさがるんじゃない!)

 

という風に使われます。

くさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしゃべりする、ダラダラと話す という意味です。

 

「ほだらくっちゃべってねえで、しごどしろ!」
(そうやってダラダラ話してないで、仕事しなさい!)
「くっちゃべってばっかりしてではだめだべした」
(おしゃべりばかりしていたら駄目じゃないの)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉には「ぐづらもづら」があります。
これは「ぐずぐず、ごちゃごちゃ」という意味です。

 

「ぐづらもづらいってんなで」
(ごちゃごちゃ言ってんじゃないよ)

 

という風に使われます。

くっちゃべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くんちぇ、くだっしょ とも言います。

 

ください という意味です。

 

「それ、いらねんだったらおれさくなんしょ」
(それ、要らないのなら、私に下さいな)
「どんぞ、はいってくなんしょ~」
(どうぞ、お入りください)

 

という風に使われます。

 

「~くた」ですと「~してください」という意味になります。

くなんしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっくらつける とも言います。

 

叱る、罰する、殴る(小突く) という意味です。

 

「いたずらばっかしてっど、くらつけっつぉ」
(いたずらばっかりしてると、怒るよ)
「なんだどおめぇ、くらつけっつぉ」
(なんだと?おまえ、殴るぞ)

 

という風に使われます。

くらつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげる、差し上げる という意味です。

 

「これあんたにくれっから、それおれにくれっかよ?」
(これあなたにあげるので、それを私にくれますか?)
「これもくれっからな」
(これも差し上げますからね)

 

という風に使われます。

 

標準語とは逆の意味で使われることがあるので気をつけてくださいね。

くれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げーに とも言います。

 

多い、多く という意味です。

どちらかと言うと”過分に、多すぎる”ようなニュアンスです。

 

「のんでのんでて・・・いやいや、げーだげーだ」
(飲んで飲んでって・・・いやいや、多すぎるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けぇー」があります。
これは「~だよ」などという意味です。

 

「きのうりょごういってだんだっけぇー」
(昨日は旅行に行っていたんだよ)

 

という風に使われます。

げーだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

戸などをきちんと閉めないで半開きにすること です。

 

「ま~だしょうじけつぬけさして」
(また障子を半開きにして)
「ちゃんどしめろっこの!けつぬけ!」
(ちゃんと閉めなさい!半開きになってるだろう!)

 

という風に使われます。

 

後ろ手に適当に閉めて、きちんと閉まっていなかったりすると
「けつぬけ!」と即座につっこまれちゃいます。

けつぬけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蹴る、蹴っ飛ばす という意味です。

 

「きのういもうとどけんかしでけっぽられっちゃった」
(昨日、妹と喧嘩して蹴られちゃった)
「そだいしっころけっぽんってんでねえよ」
(そんな石ころを蹴っ飛ばしてるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

けっぽる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ください という意味です。

 

「ふとん、おごってけらんしょ」
(お布団を取り込んでください)
「あっちゃがらおがしのはごもっできでけらんしょ」
(あちらからお菓子の箱を持ってきてください)
「おらいさきでけらんしょ」
(うちに来てください)

 

という風に使われます。

けらんしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眉毛 という意味です。

 

「じっちゃのこうのけ、ふさふさしでら」
(お祖父ちゃんの眉毛、ふさふさしてるよ)
「しゃちょーさんのこうのけ、ほそぐなってだな」
(社長さんの眉毛、細くなってたね)
「おめのこうのけどごにあんだ?ぬっだぐっでねどわがんねな」
(あなたの眉毛はどこにあるの?化粧していないと分からないね)

 

という風に使われます。

こうのけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こずぐれる とも言います。

 

ひねくれている、すねる、へそを曲げる という意味です。

 

「こだごどでこじぐっちわがんねびした~」
(こんなことでへそを曲げてたら駄目でしょ~)

 

という風に使われます。

 

また、”こじぐれる”には「植物などが萎縮しているさま」や
「鳥などがヒナを孵すために卵を抱くこと」も意味しますよ。

こじぐれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こじゅはん、こびる とも言います。

 

午前中、朝食と昼食の間にとる軽食、おやつのようなもののことです。

 

「こばらへったがらこじはんくうべ」
(小腹が減ったので、軽く何か食べましょう)
「こびるもってきたぞい」
(おやつ持ってきたよー)
「そろそろこじはんにすっぺぇ」
(そろそろ軽く食べましょう)

 

という風に使われます。

こじはん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごせっぱらやける、ごせやける、ごすやげる とも言います。

 

腹が立つ という意味です。

 

「ひどんどごばがにしで、うー、ごせやげる!」
(人のことを馬鹿にして、も~、腹立つー!)
「まったぐ、にし、ごせやげるなやー」
(全く・・・おまえ、ムカつくよな~)
「ごせっぱらやげっごど」
(腹が立つったら!)

 

という風に使われます。

ごせやげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こしゃう、こしぇる とも言います。

 

作る、こさえる、こしらえる という意味です。

 

「あすたはたんじょうびだがら、ごっつぉこしぇでやるな」
(明日はお誕生日だから、ごちそうを作ってあげるからね)
「ばっぱなにこしゃってんだー?」
(お祖母ちゃんは何を作っているんですか?)

 

という風に使われます。

こせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こっちさ とも言います。

 

こちらへ という意味です。

 

「こっちゃこぅ~」
(こちらへ来なさい)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「こっつぁがねぇ」があります。
これは「くだらない、面白くない」という意味です。

 

「こっつぁがねぇてれびだごどなや」
(くだらないテレビだねえ)

 

という風に使われます。

こっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こでっちり、ぎっちら、ぎっちり とも言います。

 

たくさん、すごくいっぱい、量がたくさんある、程度が甚だしい という意味です。

 

「こんなにごはんこでっしりわげらっちこわんにぇなあ」
(こんなにご飯をたくさんよそわれたら食べられないよ)
「ほだにごでっしりしょうゆかげだらよっぺぐでかんにべした」
(そんなにたくさん醤油をかけたら、しょっぱくて食べられないでしょうに)

 

という風に使われます。

こでっしり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こでらんに ともいいます。

 

たまらない、堪えられない という意味です。

 

「しびぃおぢゃにたまようかんのとりあわせはこでらんにぇな」
(渋いお茶に玉羊羹の取り合わせはたまらなく良いですね)
「このいなご、こでらんにない~」
(このイナゴ(の佃煮)たまらないね~)

 

という風に使われます。

こでらんにぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんなに大きな、こんなに立派な という意味です。

 

「あらら、こなけんないぬいだわ」
(あらあら、こんなに立派な犬がいるわ)

 

という風に使われます。

 

逆の言葉では「こればっかっちょ、こればり」があります。
これは「こんな少しだけ」などという意味です。

 

「こればっかっちょひどにはくれらんに」
(こんな少しだけじゃ人にあげられないよ)

 

という風に使われます。

こなけんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごめんなんしょ とも言います。

 

ごめんください という意味です。

 

顔なじみのお店や、隣の家に回覧板を置きに行った際に

 

「ごめんくなんしょ~」
(ごめんくださ~い)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉には「こらんしょ」があります。
これは「来てください」という意味です。

 

「こんど、おらいんとごにおぢゃのみにこらんしょ~」
(今度、私の家にお茶を飲みに来てくださいよ~)

 

という風に使われます。

ごめんくなんしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けろのみ とも言います。

 

食べ物を噛まずに塊のまま飲み込んでしまうことを指す言葉です。

 

「ころのみしたらしっぱめっと」
(噛まずに飲み込んだらオェってなるよ~)
「がむころのみしでしまっだ」
(ガムを噛まずに飲み込んでしまいました)

 

という風に使われます。

ころのみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こええ とも言います。

 

疲れる、疲れた、だるい、具合が悪い という意味です。

 

「こわいがらはやぐねるべ」
(疲れたから早く寝よう)
「きのうがらしょぐよぐもなぐてこわくてあるけねぇんだ」
(昨日から食欲も無くてだるくって歩けないの)
「ねづあってこわくておぎらんに」
(熱があってだるくて起きられません)

 

という風に使われます。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すたんぽもぢ、かっくらつける とも言います。

 

ゲンコツ(拳骨) という意味です。

 

「おめ、ほだごどばっかしやってっと、ごんぎりすっつぉ!」
(おまえ、そんなことばかりしていると、ゲンコツするよ!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉には「ごんぞわ」がありますが
これは「内臓、中身」という意味です。

 

「さがなのごんぞわ」
(魚の内臓)

 

という風に使われます。

ごんぎり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

このくらい という意味です。

 

量を表す言葉です。

 

「さどうはこんけいれればいいがが?」
(お砂糖はこのくらい入れればいいですか?)
「しょうゆ、こんけしかねぇげどまにあうが」
(お醤油はこれくらいしか無いけど、間に合うかな)

 

という風に使われます。

こんけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

転ぶ、倒れる という意味です。

 

「ゆんべのかぜですぎのきこんげえった」
(昨夜の風で杉の木が倒れました)
「あやや、ほだなかだぢでこんげえっだら、あしおだれっちまあ」
(あらら、そんな転び方しちゃったら、足が折れちゃうよ)

 

という風に使われます。

こんげえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

これでは という意味です。

 

これが”そんじは”ですと「それでは」
”あんじは”ですと「あれでは」という意味になります。

 

「おもちゃかいでげんちょ、こんじはかわんにな」

(おもちゃを買いたいけど、これでは買えないね)

 

という風に使われます。

こんじは 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごんじゃら とも言います。

 

~したら、~したなら、~すれば という意味です。

 

「こごそうじしたごんじゃ、あそんでもいいが?」
(ここを掃除したら、遊んでもいい?)
「そこがおわっだごんじゃら、あっぢもやってけろ」
(そこが終わったなら、次はあっちもやってちょうだい)

 

という風に使われます。

ごんじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ち葉 という意味です。

 

特に松葉を指すことが多いようです。

 

「ふろのたきつけにすっがら、やまさいってごんのかっぱらってこい」
(お風呂の焚き付けに使うので、山に行って落ち葉を拾って来なさい)

 

という風に使われます。

 

これが「ごんのさらい」となりますと「落ち葉拾い」という意味です。

 

「ごんのさらいさんぐ」
(落ち葉拾いに行く)

 

という風に使われます。

ごんの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

曲がる、屈む、屈みこむ という意味です。

 

「それはこんまがっててさのばさねどとれねぞい」
(それは屈みこんで手を伸ばさないと取れませんよ)
「こんまがってのぞいでみなんしょ」
(屈んで覗いて見てくださいよ)

 

という風に使われます。

こんまがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~へ、~に という意味です。

 

「そいづどごさあんの?」
(それはどこにあるの?)
「あっぢさいげばいいのが」
(あちらへ行けばいいんですか)
「あいづどっちさいっだがわがんねが」
(あの人、どっちへ行ったか分かりますか)
「これさみずをいれてけろ」
(これに水を入れてください)

 

という風に使われます。

さ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざいご とも言います。

 

田舎、町中より離れていたり交通不便な所 という意味です。

どちらかと言うと”故郷”に近いですね。

 

「おめのどごはざいだがらな」
(あなたの住んでいる所は田舎だからね)
「ざいごもんのくせに」
(田舎者のくせに)

 

という風に使われます。

ざい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さぐい とも言います。

 

気さくなこと、気さくな人 という意味です。

 

「あのひどさぐいしたぁ」
(あの人は気さくですね~)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「さばーっと」があります。
これは「さっぱりと」という意味です。

 

「あせもかがねでさばーっとしてねでる」
(汗もかかずにさっぱりとして寝ている)
「さばーっとしてさくいひどだな」
(さっぱりとして気さくな人ですね)

 

という風に使われます。

さくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざざこざ とも言います。

 

ぼさぼさ、バラバラ、散らかっている という意味です。

 

「かみのげさざこざだぁ~」
(髪の毛ぼさぼさだー)
「おめのへやさざほざだがらそうじしろ」
(おまえの部屋が散らかっているから掃除しなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しっちゃがめっちゃが」があります。
これは「めちゃくちゃ」という意味です。

 

「つぐえのうえしっちゃがめっちゃが」
(机の上がめちゃくちゃだ)

 

という風に使われます。

さざほざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫、問題ない、気にするな、差し支えない という意味です。

 

「そんなにしんぺすんな。さすけねえがら」
(そんなに心配しないでよ。大丈夫だから)
「いまがらおめぇさんちさいっでもさすけねーが」
(今からあなたのお宅に伺っても差し支えありませんか?)
「そごにおいてもさすけねよ」
(そこに置いても構いませんよ)

 

という風に使われます。

さすけねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さづぎ とも言います。

 

田植え という意味です。

 

「あすたごるふさいぐべーて、おらさづぎでだめだ」
(明日ゴルフに行こうって?私は田植えで行けません)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉に「さなぶり」があります。
これは「田植えの後の神事、食事」などという意味です。

 

「きょうはさなぶりだ」
(今日は田植え後の神事です)

 

という風に使われます。

さつき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急に、すぐに という意味です。

 

「ほだなごどいわっちゃってさってばさでぎるわげねえべ」
(そんなこと言われたって、急に出来るわけが無いでしょう)
「さってばさそだなこどいわれでも」
(急にそんなこと言われても・・・)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「さっきな」があります。
これは「先ほど、つい今しがた」という意味です。

さってばさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぱっとしない、さほどでもない という意味です。

 

「あのすぐやめだやづが?さもねぇやづだっだど」
(あのすぐに辞めた人ですか?ぱっとしない奴だったよ)
「さもねえやづになんぱされだっけ、きぶんわり」
(ぱっとしない奴にナンパされたの~、気分悪いよ)

 

という風に使われます。

さもねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

されかまね、されがまね とも言います。

 

構わない、放っておく、知ったことではない という意味です。

 

「そんなやづ、さりがまうな」
(そんな奴、放っておけ)
「これくってもいいべが? / されかまねー、くっちめくっちめ」
(これ食べてもいいかなあ? / 構わないでしょ、食べちゃえ食べちゃえ)

 

という風に使われます。

 

どちらかというと自己中心的な言葉で、悪事を煽り立てる時なんかに使います。
簡単に言うと「俺知らねー」のようなニュアンスですね。

さりがまね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっかり という意味です。

 

「されわすっちゃ~」
(すっかり忘れちゃった~)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「されかまね」があります。
これは「放っておく、放置しておく」という意味です。

また、「まったく気にしないでおく」ことも指します。

され 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんざっぱら とも言います。

 

さんざん、何度も という意味です。

 

「こんげづさんざほんざあそびまぐっでじぇにねぐなっだ」
(今月、さんざん遊びまくってしまって金欠です)
「あのひどさんざっぱらしゃべっでかえってっだ」
(あの人、さんざん話して帰って行った)

 

という風に使われます。

さんざほんざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪口、憎まれ口 という意味です。

 

これは”どっくち”とも言います。
おそらく「毒口」が語源でしょうね。

 

「あいづらざんぞばりかだってる」
(あいつら悪口ばかり言っている)
「ばっぱよったりでじっちらのざんぞかだってら」
(おばあちゃんが4人でおじいちゃん達の悪口言ってるよ)

 

という風に使われます。

ざんぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お金 という意味です。

 

「じぇにねくって、あそびにいがんに」
(お金が無くて、遊びに行けないよ)
「じぇにおどしたらわがんねがら、ちゃんとしまっどけ」
(お金を落としたらいけないから、ちゃんと仕舞っておきなさい)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「しぶたれ」があります。
これは「ケチ」という意味ですよ。

じぇに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

したっけ とも言います。

 

そうしたら、そうしたところ という意味です。

 

「きのうしんがんせんさのったの。したっけがあのひどにあっちまった!」
(昨日新幹線に乗ったの。そうしたらあの人に会っちゃったの!)
「よぴかりしたっけねぼうしちまった」
(夜更かししたら寝坊しちゃいました)

 

という風に使われます。

したっけが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっさんな とも言います。

 

するな、やるな という意味です。

 

「そんなごどしっさんな!」
(そんなことするんじゃない!)
「あぶねぇがらやっさんな!」
(危ないからやめときな!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しっちゃれ」があります。
これは「引き下がれ」などという意味です。

 

「もっとしっちゃれっこの!」
(もっと引き下がれよ、このぉ!)

 

という風に使われます。

しっさんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大した事ではない、知れたものだ という意味です。

 

「たいへんだたいへんだなんつっても、しっちゃもんだわぃぇ」
(大変だ大変だなんて言っても、知れたもんですよ)
「こんなのしっちゃもんだがらきにすんない」
(こんなこと大した事ではないから気にするな)
「ふろそうじなんかしっちゃもんだべ」
(お風呂掃除なんて大した事ないでしょ)

 

という風に使われます。

しっちゃもんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しなんないね、やんなんない、やんなんないね とも言います。

 

~しなくてはいけない という意味です。

 

「わり、これがらじゅくいがなんねんだっけ」
(ごめん、これから塾に行かないといけないの)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃあんめえ?」があります。
これは「じゃないでしょうね?」という意味です。

 

「まぁだかわさっちゃんじゃあんめぇ?」
(無理矢理買わされたんじゃないでしょうね?)

 

という風に使われます。

しなんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しつこい、我慢強い、粘る という意味です。

 

「このてきはしびらっこいなぁ」
(この敵はしつこいなあ)
「なんだべ、えさはなさねでしびらっこいざりがにだごど」
(なんでしょう、餌を離さないで、我慢強いザリガニですこと)
「かちょうしびらっこいよなぁー」
(課長ってしつこいよね~)

 

という風に使われます。

しびらっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃっちゃごなす とも言います。

 

適当 という意味です。

 

「このしごどはじゃっちゃごなすだな」
(この仕事は適当だなあ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「じやがず」があります。
これは「いつも、しょっちゅう」という意味です。

 

「じやがずげーむばっかしやってんでね」
(いつもいつもゲームばかりしてるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

じゃっちゃご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弟 という意味です。

 

「かとーさんのしゃで、こんどいえたででんだど」
(加藤さんの弟さん、今度家建てるんですって)
「あんたとごのしゃでよめがい?」
(あなたの家の弟さんのお嫁さんですか?)

 

という風に使われます。

 

漢字で書くところの舎弟になるのでしょうが、これは実の弟のことだそうです。

しゃで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しらを切る、しらばっくれる、知らないふりをする という意味です。

 

「しゃばぐっちわらっでにげでーったんだど」
(しらを切って笑って逃げて行ったんだって)
「おめぇやっだくせに、しゃばくれんじゃねーぞ」
(おまえがやったくせに、しらばっくれてるんじゃないぞ)
「しゃばぐっちっぺ?」
(知らないふりしてるでしょ?)

 

という風に使われます。

しゃばくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(後ろに)下がる、退く という意味です。

 

「あんたのあだまじゃまでてれびみえねがら、いまっとうしろさしゃって」
(あなたの頭が邪魔でテレビが見えないから、もっと後ろに下がってよ)
「あんぶねがらもっとしゃってけろ!」
(危ないですから、もっと後ろに下がって下さい!)

 

という風に使われます。

しゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざらんぼ、ざらんべ、ざざんぼ とも言います。

 

葬式 という意味です。

 

「となりぐみのじゃんぽんのてづだいはいっちったんでいげねえ」
(隣組のお葬式の手伝いが入ってしまったので行けません)
「まーだあそごんちざらんぼだってよ」
(あそこのお宅、まーたお葬式なんだって)
「じさまのざらんべあさってだど」
(お祖父さんのお葬式は明後日ですって)

 

という風に使われます。

じゃんぽん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

硬い、スジっぽい という意味です。

 

「このやさいしょっきばってかんでもかんでものまんに」
(この野菜、スジっぽくて嚙んでも嚙んでも飲み込めないよ)
「しょっきばっだするめしがんでだっけあじなぐなっちまっだ」
(硬いスルメを噛んでいたら味が無くなってしまった)

 

という風に使われます。

しょっきばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 仕方が無い という意味です。

 

しょね、ひしょね、しゃあんめ とも言います。

 

「のみがいさこらんにではひしょねない」
(飲み会に来れないのは仕方無い)
「そごまでたのまっちゃらしょがねな」
(そこまで頼まれたら仕方無いねぇ)

 

という風に使われます。

 

② 大変だ、困る という意味です。

 

「ていきほろぐどしょがねがら、ちゃんとしまっとっけっせよ」
(定期を落とすと大変だから、ちゃんとしまっておきなさいよ)

 

という風に使われます。

しょがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

”仁義”ではありません。

 

遠慮 という意味です。

 

「ほれ、じんぎしねーでいっぺえくいっせよ!」
(ほら、遠慮しないでたくさん食べてちょうだいね!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「しんまに」があります。
これは「すぐに」という意味です。

 

「しんまにもどっがら」
(すぐに帰ってくるから)

 

という風に使われます。

じんぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お巡りさん、警察官 という意味です。

 

「そだにけんかばっかしてっと、じんけさまにいうぞぃ!」
(そんなに喧嘩ばかりしているなら、お巡りさんに言うからね!)

 

という風に使われます。

 

語源は”巡査さま”からの転訛でしょうか。

じんけさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

神経質な人、我を忘れるほど混乱する人、ムキになって自己主張し過ぎる人 などという意味です。

 

「こーのぉ・・・しんけたかりが!」
(このぉ、神経質めが!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「しっぺさがり」があります。
これは「目尻が下がった人」という意味です。
つまり”タレ目の人”ということですね。

しんけたがり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すいしょ とも言います。

 

お風呂、浴室 という意味です。

 

「はやぐすいしろはいってこ」
(早くお風呂に入って来なさい)
「すいしろさはいったごんじゃらねろ」
(お風呂に入ったのならもう寝なさい)
「すいしろではゆさちゃんとしずめな」
(お風呂ではお湯にちゃんと浸かりなさいね)

 

という風に使われます。

すいしろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっかい とも言います。

 

(果物などが)酸っぱい という意味です。

 

「うわ、このすもも、まだすっかくてくわんぞい」
(うわ、このスモモ、まだ酸っぱくて食べられない)
「かまんながのままがすかぐなってやべー」
(炊飯器の中のご飯が酸っぱくなって危険)
「このじゅーすすっかいよぉ」
(このジュース酸っぱいよぉ)

 

という風に使われます。

すかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

淋しい、寂しい という意味です。

 

英語で言うなら”miss”ですね。

 

「まごだぢけっちまったがらすぎねぐなっちまったわ」
(孫たちが帰っちゃったから、寂しくなっちゃったわ)

 

という風に使われます。

 

逆の意味の言葉では「せわしい、せつない」があります。
これは「騒がしい、忙しい」という意味です。

 

しかし”せつない”は「悲しい」の意味でも使われたりしますね。

すぎねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪戯をする、はしゃいでふざける という意味です。

 

「ほごのわらし、ずくらめんなよー」
(そこのボク~、悪戯しちゃ駄目だよ~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すくだまる」があります。
これは「すくむ、立ちすくむ」という意味です。

ずくらめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんなこと という意味です。

 

「すったごどばっかしいってっさんな」
(そんなことばっかり言ってるんじゃないわよ)
「おめーずのってすったごどばりやっでっどわがんね」
(あんた図に乗ってそんなことばかりやっていたら駄目だろ)

 

という風に使われます。

すったごど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっぺたこぺた とも言います。

 

くだらない、つまらない、ごちゃごちゃ という意味です。

 

「すっぺったこっぺったいってんじゃねえ!」
(くだらないこと言ってるんじゃないよ!)
「なにをみんなすてすっぺたこぺたいっでんの」
(何を皆してごちゃごちゃ言ってるの?)

 

という風に使われます。

すっぺったこっぺった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

足、脚 という意味です。

 


「ほだにすねかだしてさむぐねぇのがよ」
(そんなに脚を露出しちゃって寒くないの?)
「みちけぇすかーとはいですねかだしてんじゃね」
(短いスカートを吐いて脚を露出してるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

すねか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

列などに割り込む、割り込み、横入り という意味です。

 

「ずるぬかしすんねでじゅんばんさちゃんとまもっぺない」
(割り込んだりしないで順番はちゃんと守ろうね)
「おめぇ、ずるぬかししてんなで!」
(あんた、横入りしてるんじゃないよ!)

 

という風に使われます。

ずるぬかし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引きずる という意味です。

 

(すそ・帯などが長すぎて)地面につけて引きずって歩いている様子を指します。

 

「ずぼんのすそするびんなよー」
(ズボンの裾を引きずるんじゃないよー)
「きもののおびするびってっつぉい!」
(着物の帯を引きずっていますよ!)

 

という風に使われます。

するびる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しれる、すせる とも言います。

 

食べ物が傷む、腐る、腐敗する という意味です。

 

「このおかず、すれでんじゃね?へんなにおいすっつぉ」
(このおかず、傷んでるんじゃない?へんなニオイがするぞ)
「ん?すせくせーな」
(ん?腐っている臭いがするな)

 

という風に使われます。

すれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

突然、何も言わず、直接 という意味です。

 

「ずんがりおいでってはわがんね!」
(何も言わずに置いていったら駄目だろう!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「ずんだ」があります。
これは「するのだ」などという意味。

 

「きょうはいえのそうじすんだど」
(今日は家の掃除をするんだよ)

 

という風に使われます。

ずんがり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずね、ずない、ずんない とも言います。

 

大きい という意味です。

 

「いやいや、ずんねかぼちゃだごど」
(おやまあ、大きなカボチャですこと)
「あいやー、しばらぐみねぇまにすいぶんずんねぐなったごど」
(あら~、しばらく見ない間にずいぶん大きくなったこと)

 

という風に使われます。

ずんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

場合、状況 という意味です。

 

「てれびなんかみでるせぎでねーべ!」

(テレビなんか見てる場合じゃないでしょ!)
「せいぎりしでんのにほだなせぎでなじょしろってのが」
(精一杯やってるのに、そんな状況でどうしろって言うの?)

 

という風に使われます。

せき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せつねえ とも言います。

 

①(胸が)苦しい、痛い という意味です。

 

「かぜでむねがせづねえ」
(風邪で胸が苦しい)

 

という風に使われます。

 

② もう嫌だ という意味です。

 

「ずっとやってたっけ、せづねぐなってきては~」
(ずっとやって来たけど、嫌になってきちゃったよ)

 

という風に使われます。

 

③ うるさい という意味です。

 

「なんだいせづねごと!」
(なんてうるさいのかしら!)

 

という風に使われます。

せづねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

連れて来い という意味です。

 

”せできた、せできだ”になりますと「連れて来た」という意味です。

 

「いぬもせでこ」
(犬も連れておいで)

 

という風に使われます。

 

さらに、「せでく、せでぐ」になりますと「連れて行く」ということです。

 

「はやぐせでがせよー」
(早く連れて行ってよぉ)
「せでくるのが?」
(連れて来るのか?)

 

という風に使われます。

せでこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せなさま、せーな とも言います。

 

兄、長男 という意味です。

 

「AさんのせながBさんのとおちゃんなんだと」
(Aさんのお兄さんがBさんのお父さんなんだって)
「あんたがせなさまがい?」
(あなたが長男ですか?)

 

という風に使われます。

 

若い男性を指す場合もあります。

せな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そくじる、そくなう、そくなった とも言います。

 

失敗する という意味です。

 

形が悪かったりして不出来な野菜などを、「そぐなり」などとも言います。
 ”そぐなり大根”→”不出来な大根”のことです。

 

「ほのそぐなりなげろ」
(その失敗した物は捨てなさい)

 

という風に使われます。

そぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傷つく、だめになる、ボロボロになる、老朽化する という意味です。

 

「やけどして、べろ、そじだ」
(ヤケドして、舌が傷ついちゃった)
「おらげのしょうじど、だいぶそじてきたんでねーがい?」
(うちの障子戸、随分とボロボロになってきたんじゃない?)
「いっぺぱいなっぷるくっだらしだそじっちった」
(たくさんパイナップルを食べたら舌がザラザラと痛くなっちゃった)

 

という風に使われます。

そじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぞそっぺかっこう とも言います。

 

なんとなく汚い格好をしている というような表現の言葉です。

 

「なんだがぞそっぺしたくだした」
(なんだか汚い格好をしていますね)

 

という風に使われます。

 

逆に「保存状態や使用状態が良いこと」を表す言葉は
「そっくりしてる」と言います。

 

「このふぐまだそっくりしてんのにいらねの」
(この服まだ綺麗なのにいらないの?)

 

という風に使われます。

ぞそっぺしたく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうじゃありません、違う違う、そんなことはない などという意味です。

 

「(Aさん)アメリカの首都ってニューヨークだよな?」
という質問に対して
「(Bさん)そっちゃあっかま!ワシントンだべした」
(違う違う、そうじゃないよ!ワシントンでしょうが)

 

という風に使われます。

そっちゃあっかま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(子供が)甘える という意味です。

 

「これ、ねむぐなったがらそべでんだわ」
(この子、眠くなったから甘えてるんだわ)
「そべっでねでほごさそわれ!」
(甘えてないで、そこに座りなさい!)
「ないでそべってら」
(泣いて甘えているよ)

 

という風に使われます。

そべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それごと という意味です。

 

「それごじらもっでこい」
(それごと持ってきて)
「そっくりしてんのぜんぶけっから、はこごじらもっでいっでけろ」
(状態が良いものは全部あげるから、箱ごと持って行ってくれ)

 

という風に使われます。

それごじら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫 という意味です。

 

「だいじけ?」では「大丈夫?」という意味になります。

 

「ちょっとあんた、あおいかおしでだいじけ?」
(ちょっとあなた、顔色悪いけど大丈夫?)
「うん。だいじ、だいじ~」
(うん。大丈夫、大丈夫~)

 

という風に使われます。

だいじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たがぐ、たんがぐ とも言います。

 

担ぐ、持つ、抱える という意味です。

 

「このつぐえおもいがら、ちょっとそっちたがって~」
(この机重いから、ちょっとそっち持って~)
「そだおんめえもんたんがいでっとかだぼっこすで」
(そんな重い物を担いでいると肩壊すよ」
「こめぶぐろたんがいでけろ」
(米袋を持ってください)

 

という風に使われます。

たがく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からまる、もつれる という意味です。

 

「ねっくれすたごまっちゃった」
(ネックレスがからまっちゃった)
「そごたごまってから、ひっぱらんしょでー」
(そこからまっているから、引っ張らないで~)
「せんたぐものたごまってら」

(洗濯物がもつれている)

 

という風に使われます。

たごまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

誰も、誰一人として という意味です。

 

「とうきょういっだらだっちぇもわがんねだ」
(東京に行くと、誰も分からないんだ)
「おもしぇぐねはなしだどだっちぇもきいでくんねーんだ」
(話が面白くないと、誰一人として聞いてくれないんです)

 

という風に使われます。

だっちぇも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凍って滑りやすい という意味です。

 

雪が降った後に道路が凍る状態を指します。

 

「あすたたっぺになっちまあ」
(明日は道路が凍っちゃうなあ)
「あすこはたっぺになってっがらきぃつけろよー」
(あそこは凍って滑りやすくなっているから気をつけなさいよ~)

 

という風に使われます。

 

”たっぺすべり”では「凍った地面を立ったまま滑る」という意味になります。

たっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飼う という意味です。

 

「おだぐではからすたででんですか?」
(お宅ではカラスを飼っているんですか?)
「なづまづりでとったきんぎょたててんだ」
(夏祭りで掬った金魚を飼っているんです)
「おらえでは、いぬっごさんびぎたっちぃおぐぞ」
(うちでは、犬を3匹飼っているんだよ)

 

という風に使われます。

たてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だっぱい とも言います。

 

だろ、でしょ、ですよね という意味です。

 

「あすたはやすみだばい?」
(明日は休みですよね?)
「きょうってうみのひだばい?」
(今日って海の日ですよね?)
「そうだばい」
(そうでしょう)

 

という風に使われます。

だばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

キャベツ という意味です。

 

「たまなはだげがらとってこー」
(キャベツを畑から取ってきなさい)
「おごのみやぎつぐっがらたまないっぺきってけろ」
(お好み焼き作るから、キャベツをいっぱい切ってください)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「たまがぁ」があります。
これは「大切に使う」という意味です。

 

「もらったもんはたまがぁにつがえ」
(頂いた物は大切に使いなさい)

 

という風に使われます。

たまな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

唾 という意味です。

 

「ちででぺしたて?んだどぎはたんぺつけっといいんだぞい」
(血が出てきたって?そんな時は唾つけておけばいいよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「たばきあげる」があります。
これは「吐く」ことを指します。

 

「たばきあげでなじょんした~」
(吐いちゃってどうしたの?)

 

という風に使われます。

たんぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちんちい、ちんこい、ちっちゃこい、ちゃっこい とも言います。

 

小さい という意味です。

 

「なんだってちゃっこくてめんげややこだべ~」
(なんて小さくて可愛らしい赤ちゃんなのかしら)
「いやーなんたちっちゃこいてだごどー」
(あら~、なんて小さな手ですこと)

 

という風に使われます。

ちっちい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃぐね とも言います。

 

したくない という意味です。

 

「えぎまえさいきっちぐね?」
(駅前に行きたくない?)
「ほだのきぎっちゃぐねぇで!」
(そんなの聞きたくないよ!)

 

という風に使われます。

 

これが「~ちぇる、ちる」になると
「~している、~れている」という意味になります。

 

「つかわっちぇる」
(使われている)
「つぶれっちる」
(潰れている)

 

という風に使われます。

ちぐね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

血だらけ という意味です。

 

「ちだらまっかでまわりがまっかっかだ」
(血だらけで周りが真っ赤です)
「じこおごして、あのひどちらだまっかだったっぺ」
(事故を起こして、あの人血まみれだったわよ)

 

という風に使われます。

ちだらまっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ものすごく という意味です。

 

「少しばかり、少しくらい」という意味でも使います。

どう聞き分けるべきなんでしょうか。

 

「いやいやゆんべはちっとばっかゆぎふったんねえぞ」
(いや~、昨夜はどれほど雪が降ったことか(とてもたくさん降ったんだよ))
「ちっとばっかでねく、もっとくわへ」
(少しばっかりじゃなく、もっと食べなさい)

 

という風に使われます。

ちっとばっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

地域によっては ゆで とも言います。

 

風呂用手ぬぐい という意味です。

 

「ちゃっぱねぇがら、ふろさはいらんに」
(風呂用の手ぬぐいが無いので、お風呂に入れない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃっぽ」があります。
これは「帽子」という意味です。

 

「あぢーがら、ちゃっぽかぶっぺー」
(暑いから、帽子被ろうよ)

 

という風に使われます。

ちゃっぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょぺっと、ちょっくら とも言います。

 

少し、少しばかり、ちょっと という意味です。

 

「んじゃ、ちょぺっともらうぞい」
(それじゃあ、ちょっと頂きますよ)
「ほだとぺっとばっかしのこすなでー」
(そんな少しばかり残すんじゃないよ~)
「ちょっくらいっでくっがらよ」
(ちょっと行って来ますね)

 

という風に使われます。

ちょっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっちょこちょい という意味です。

 

「おめ、むがしっがらちょっぺかっぺだなぁ」
(あなたは昔っからおっちょこちょいだよねえ)
「おらいのばっちこ、いづまでたってもちょっぺかっぺでわがんね」
(うちの末っ子、いつまで経ってもおっちょこちょいで困ります)

 

という風に使われます。

ちょっぺかっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちんにぎる、ちんにくる、ちんみぐる、ちみぎる とも言います。

 

抓る(つねる)という意味です。

 

「ちょっとー!ちんにぐんなでよ~」
(ちょっとー!抓らないでよ~)
「おめー、ちみぎっと!」
(おまえ、抓るぞ!)
「おねーちゃんにちんにぐらっちゃ」
(お姉ちゃんに抓られた)

 

という風に使われます。

ちんにぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

”通販”ではありません。

 

ちゅうはん とも言います。

”中飯”つまり、お昼ご飯 のことですね。

 

「そろそろつうはんにすっかよ」
(そろそろお昼ご飯にするかい?)
「ちゅうはんくってがっせー」
(お昼ご飯を食べてちょうだい)

 

という風に使われます。

つうはん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

荷物を車などに積むこと を指す言葉です。

 

「ちょっとこれとらんくにつけどいでくれる?」
(ちょっとこれをトランクに積んでおいてくれる?)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「つんぬける」があります。
これは「抜ける」という意味です。

 

「おげのそごがつんぬけた」
(桶の底が抜けた)

 

という風に使われます。

つける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雪や水たまりに突っ込む というような意味です。

 

「つっぷぐった!」
(突っ込んだ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つっささる」があります。
これは「刺さる」などという意味です。

 

「いでっ、あしにがびょうつっささっだ」
(痛い、足に画鋲が刺さった)

 

という風に使われます。

つっぷぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

詰め込む という意味です。

 

「いやいや~、そのかばんさずいぶんつめしこんでんな」
(いやいや~、その鞄に随分と詰め込んでいますね)
「あらら、ごはんつめしこんじゃって」
(あらら、ご飯を口いっぱいに詰め込んじゃって)

 

という風に使われます。

つめしこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出す、差し出す、突き出す という意味です。

 

「てぇつんだせ、あらってけっがら」
(手を出してください、洗ってあげますから)
「あれっきりへそつんだしてっと、かぜひぐど」
(そんなふうにお臍を出してると、風邪引くわよ)

 

という風に使われます。

つんだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不出来、いまいち、良くない、気に入らない という意味です。

 

「そだごどになったの!でがさねした~」
(そんなことになったの!気に入らないわ~)
「さっきのたいどはでがさねない」
(さっきの態度はよくないねえ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「づくだれ」があります。
これは「意気地なし」という意味です。

でがさね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でっちがれ、でっちがって とも言います。

 

座る、座れ、座って という意味です。

どちらかというと、椅子にというよりは、床などに座る場合に使います。

 

「ほれ、こごさでっちがれ」
(ほら、ここに座りなさい)
「こごさでっちがっておぢゃのみなんしょ」
(ここに座ってお茶のみしましょう)

 

という風に使われます。

でっちがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でこすけ、たれか とも言います。

 

怠け者、愚か者、動作が鈍い人、気が利かない人 という意味です。

 

「まだねでんの、でれすけだごど」
(まだ寝ているの?怠け者ですこと)
「このたれか!ねでばっかいんでね!」
(この怠け者が!寝てばかりいるんじゃないよ!)
「たれかしてんでね」
(さぼってるんじゃない)

 

という風に使われます。

でれすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てわっさ とも言います。

 

(手でする)いたずら、手でする悪さ のことを指します。

手で何かをもてあそんでいて落ち着きが無い様子のことです。

 

例えば、授業中に机の下でおもちゃをいじったりするような感じでしょうか。
先生が生徒に
「てわすらしてんじゃねえぞ~!」
(いたずらしてるんじゃないぞ!)

「てわすらしてねでせんせのはなしきげで」
(いたずらしてないで先生の話を聞きなさい)

 

という風に使われます。

てわすら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でんでんぐるま、てんぐるま とも言います。

 

肩車 という意味です。

 

「でんでんまっこしてやっかんない」
(肩車してあげるからね)
「じっち、でんでんまっこしてけろ~」
(おじいちゃん、肩車して~)

 

という風に使われます。

でんでんまっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てんむぐった、でんぐらかえる とも言います。

 

ひっくり返す、ひっくり返った という意味です。

 

「いや~、おぢゃでんむぐったあ」
(いや~、お茶をひっくり返しちゃった~)
「さがですべってでんぐった」
(坂で滑って転んだ(ひっくり返った))

 

という風に使われます。

てんむぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~するよ という意味です。

 

「ごはんたべっと~」
(ご飯食べるよ~)
「ほんみっとかいであっと」
(本を見ると書いてありますよ)

 

という風に使われます。

 

これが「~ど」になると「~だよ、~よ、だって」という意味です。

 

「そどさむいんだど」
(外は寒いんだって)

 

という風に使われます。

~と 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どっかさが とも言います。

 

どこかへ という意味です。

 

「ぴあすどっかさいっちまっだ」
(ピアスをどこかへ失くしてしまった)
「あいづどっかさがいっださ」
(あいつどこかへ行っちゃったよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「どごにもかごにも」があります。
これは「どこにでも」という意味になります。

どっかさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奪う、取り上げる という意味です。

 

「あんちゃがおれのほんとっかした~!」
(お兄ちゃんが僕の本取った~!)
「とっかすなでぇ」
(奪うんじゃないよ)
「まんがとっかさっちゃの」
(漫画本取り上げられちゃったの)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とっけす」があります。
これは「取り返す」という意味です。

 

「とっかさったほんとっけした」
(取られた本を取り返した)

 

という風に使われます。

とっかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

通り越す、追い越す という意味です。

 

「ゆうびんきょぐはそのみぢをとっこしたとこにあっつぉ」
(郵便局は、その道を通り越した場所にあります)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とっこむ」があります。
これは「取り込む」という意味です。

 

「ふとんとっこめ」
(布団を取り込みなさい)

 

という風に使われます。

とっこす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ち着く、一息つく という意味です。

 

「いまこわくてうごかんにがら、ちっとどのらしてない」
(今、疲れて動けないから、少し一息つかせて)
「はねできてこわいがら、どのってがらしゃべっからちんとまってくいよ」
(走ってきて息が切れているので、一息ついてから話すから少し待ってよ)

 

という風に使われます。

 

これが「とぴかぴ」ですと、逆の「落ち着きの無い」という意味になります。

どのる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

走る、早く走る という意味です。

 

「うちのまご、とぶのはえぇんだ~」
(うちの孫、走るの早いんだよ)
「おくれっがらとんでがっせよ」
(遅れるから走って行きなさいよ)
「わ~、はなこちゃん、とぶとぶー」
(わ~、花子ちゃんったら走る走るー)
「あぶねっがらそだにとぶごどねぇで」
(危ないですから、そんなに走ることないですよ)

 

という風に使われます。

とぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

届く、到着する という意味です。

 

「あのおもちゃいづとんづくの?」
(あのおもちゃ、いつ届くんですか?)
「まってんだけんどもまだとんづがね」
(待ってるのにまだ届かない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「どまづぐ」があります。
これは「どもる、言葉がつっかえる」という意味です。

とんづく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とぼぐち、とぶぐち とも言います。

 

玄関、入り口 という意味です。

 

「とんぼぐぢでまってっがらな」
(玄関で待ってますからね)
「ばっぱはとんぼぐちにたってら」
(お祖母さんは入り口に立っていますよ)
「はやぐとんぼぐちさいってこい!」
(早く玄関先に行ってきなさい!)

 

という風に使われます。

とんぼぐぢ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なし とも言います。

 

~だね、そうですね、ね、ですよね という確認、同意の言葉です。

 

「そろそろねっかい?」「ほだない」
(そろそろ寝ましょうか)(そうですね)
「んだなし、さっさどかえっぺ、またない」
(そうだね、さっさと帰りましょう、またね)
「よくこらったなし」
(よくいらっしゃいましたね)

 

という風に使われます。

~ない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なぜ、なんで、どうして という意味です。

 

「なしてんだごといったんだ」
(なんでそんなこと言ったのよ)
「なじょったもんだがなあ」「なしてだ?」
(どうしたものだろうなあ)(どうして?)
「なした?」
(どうした?)

 

という風に使われます。

なして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんじょする、なじょすっぺ、なじょすっぺない とも言います。

 

どうする、どうしよう、どうしようね という意味です。

 

「でんしゃ、ゆぎでとまっちゃったて。なじょする?」
(電車が雪で止まっちゃったって。どうする?)
「は~・・・なじょすっぺないん」
(は~・・・どうしようねえ)

 

という風に使われます。

 

これが「なじょした?」では「どうしたの?」という意味になります。

なじょする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

屋根から雪が落ちること を指す言葉です。

 

(軒下を歩く時など)
「なぜこげっとしょがねがら、きぃつけろよ」
(屋根から雪が落ちてくると大変だから、気をつけなよ)

 

という風に使われます。

 

雪国では、軒下を歩く時は命懸けなんですね。

 

ただ普通に聞いたら「何故コケる」かと思ってしまいそうですね。
「何故」って言われても・・・。

なぜこける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① (子供を)産む という意味です。

 

「きのうちのむすめ、ややなしたの」
(昨日、うちの娘が子供を産んだの)
「おどなす」
(赤ちゃんを産む)

 

という風に使われます。

 

② 返す という意味です。

 

「かりたもんはなすのがあたりまえだべよ」
(借りたものは返すのが当然でしょうよ)

 

という風に使われます。

なす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なずぎ、でな とも言います。

 

おでこ、額、頭部 という意味です。

 

「あやー、このあかんぼ、なづぎひろくてめんこいない」
(あらー、この赤ちゃんたらおでこが広くて可愛いわねえ)
「ねづでたがらなづぎにひゃっけえしーとはる」
(熱が出たので、おでこに冷たいシートを貼る)
「おめーめんげ~でなしてんな~」
(あなた可愛いおでこしてるわねぇ)

 

という風に使われます。

なづぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、なんとまあ という意味です。

 

「なんだっておっきいかぼちゃだごど!」
(まあ、すごく大きいかぼちゃだわね!)
「なーんだってりっぱなすいかだなし~」
(なんとまあ立派なスイカですことねえ~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なんしゃ」があります。
これは「何をしに」という意味です。

 

「なんしゃいっできた?」
(何しに行って来たの?)

 

という風に使われます。

なんだって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんでしょう、どうしたことでしょう という意味です。

 

「あら、なんだべ~、こだにもらってどうもない~」
(あら、なんでしょう~、こんなに頂いちゃってすみません)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「なんだべしたも~」があります。
これは「何してんのよ、全くもう」というような意味ですよ。

なんだべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうしても、どうあっても という意味です。

 

「なんでかんでやんねっかなんねんだ」
(どうしてもやらなくちゃならないんだ)
「きょうはあめだしなんでかんできょうでかけなぐても・・・あすたにすっぺ」
(今日は雨だし、どうしても今日出かけなくても・・・明日にしよう)

 

という風に使われます。

なんでかんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どういうつもり という意味です。

 

「なんのきしてんだべなあ」
(どういうつもりなんだろうねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なんだもない、なんだもねえ」があります。
これは「どうしようもない」という意味です。

 

「まいにぢあづくてなんだもねえ」
(毎日暑くてどうしようもない)

 

という風に使われます。

なんのきしてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 幾ら(値段)という意味です。

 

「これなんぼや?」
(これは幾らですか?)

 

という風に使われます。

 

② どれほど、どれくらい などという意味です。

 

「なんぼがんばってもきょうじゅうにはでぎね」
(どれほど頑張ったって今日中には出来ませんよ)

 

という風に使われます。

なんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にしゃ、にっしゃ とも言います。

 

お前 という意味です。

「てめぇ」に近いかもしれません。
これはちょっと乱暴な言い方なのかもしれません。

 

「にしゃ、なにやってんだ!」
(お前、何やってんだよ!)
「にっしゃのいうごどはわがんだげんちょもなあ」
(お前の言うことも分かるんだけど)

 

という風に使われます。

ぬが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のさる、ぬる とも言います。

 

乗る、乗っかる という意味です。

 

「くるまにぬさってあるぐ」
(車に乗って移動する)
「いまかえりが?おらいのとらっくさぬさってんげ~」
(今、帰りですか?うちの軽トラックに乗って行きなさいよ)

 

という風に使われます。

 

「乗って下さい」と、丁寧に言うと「のってくんちぇ」になります。

ぬさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

泥棒、盗み食い、つまみ食い という意味です。

 

「なんだいぬすくれみでーでいやだなあ」
(なんでしょう、泥棒みたいで嫌ですね)
「おめ、まだぬすくれしたべ!」
(おまえ、またつまみ食いしたわね!)

 

という風に使われます。

 

語源は「ぬすみくらい(盗み喰らい)」と思われます。

ぬすくれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬるい という意味です。

 

「おらいのふろはぬるまっこくてきもちいいべ」
(うちのお風呂はぬるくて気持ちが良いでしょう)
「なんだい、このこーひーぬるまっこいな」
(なんとまあ、このコーヒーはぬるいですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぬくたまる」があります。
これは「温まる」という意味です。

 

「こだっつぁはいっでぬくたまれ」
(コタツに入って温まりなさい)

 

という風に使われます。

ぬるまっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ない という否定の意味です。

 

「このもぢんまぐね」
(このお餅美味しくない)
「ほうでね、あっちゃいげ!」
(そうじゃない、あっちに行けよ!)

 

という風に使われます。

 

これが「~ねっかなんね」ですと「~なければならない」という意味になります。

 

「はやぐいがねっかなんね」
(早く行かないとならない)

 

という風に使われます。

~ね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねだつ、ねだづ とも言います。

 

沸騰する、煮だった様子 という意味です。

 

「やがんのゆねーだってつぉい」
(ヤカンのお湯、沸騰しているわよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ねだ」だけになりますと
「煮たった、煮た、食べ物に火が通った」という意味になります。

ねーだづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不足が無い、つまり、お金に困ってはいない という意味です。

 

「あのひどはねえたんにぇでないがら、そんなこまいこどいわねえべ」
(あの人はお金に困っている訳じゃないから、そんな細かいことは言わないでしょう)

 

という風に使われます。

 

「ねぇ(無い)」と「たんにぇ(足りない)」という同意語を重ねて
意味を強調したものと思われます。

ねえたんにぇでない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねばす とも言います。

 

くっつける、接着する、貼る という意味です。

 

「ちょっとこのふうとうにきってねっぱしといて」
(ちょっとこの封筒に切手貼っといて)
「せろはんてーぷねっぱしとけで」
(セロハンテープでくっつけておけ)
「こことここねっぱして」
(こことこことを接着して)

 

という風に使われます。

ねっぱす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねっぱる とも言います。

 

(べたべたと)くっつく、貼りつく という意味です。

 

「さみいっつってまごがねっぱってくんだ」
(寒いと言って孫がくっついてくるんだよ)
「くづのうらにがむねっぱっちゃった」
(靴の裏にガムがくっついちゃった)
「このしーるねっぱっちゃってはがれねの」
(このシール貼りついちゃって剥がれないの)

 

という風に使われます。

ねばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寝過ぎる、怠けて寝てばかりいる という意味です。

 

「おきろー!ねふでねでいんなよ」
(起きろー!怠けて寝てばかりいるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねまげる」があります。
これは「寝違える」という意味です。

 

「くびいでー・・・ねまげだな」
(首が痛い・・・寝違えたな)

 

という風に使われます。

ねふでねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~しなかった という意味です。

 

「きょういぢにぢそどさでねんちゃった」
(今日一日、外に出ずに終わってしまったよ)

 

という風に使われます。

 

② ~するのを忘れてしまった という意味です。

 

「きのうしゅぐだいしねんちゃった」
(昨日、宿題をするのを忘れてしまった)

 

という風に使われます。

~ねんちゃった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のぐう とも言います。

 

拭き取る、拭う、拭く という意味です。

 

「こぼしたのはやぐのがっとげ」
(こぼした物を早く拭き取っておきなさい)
「なづぎのあせをのがう」
(額の汗を拭う)

 

という風に使われます。

 

語源は、古い言葉の「のごふ(拭う)」と思われます。

のがう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のぜる とも言います。

 

簡単に言うと”おえっ”となる事です。
むせる、吐く というような意味ですね。
吐く事でも、ムカムカと吐き気がするのとも違います。

 

「のざえっちまっていかめらのまんにがったわ」
(”げっ”ってなって、胃カメラ飲めなかったよ)
「そだいっぺーくぢんながにいれっとのぜっつぉい」
(そんなにいっぱい口の中に入れたら吐くよ)

 

という風に使われます。

のざえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乗り遅れる という意味です。

 

「でんしゃさのっぱぐっちまった~」
(電車に乗り遅れてしまったよ~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のこえる」があります。
これは「乗り越える、跨ぐ」という意味です。

 

「ねでるばっぱやんをのこえる」
(寝ているお祖母ちゃんを跨ぐ)

 

という風に使われます。

のっぱぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無意味な、無駄に などという意味です。

 

「おめ、のっぺこっぺつかってんなよ」
(おまえ、そんなに無駄遣いするなよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のさくさ」があります。

これは「ゆっくり、動作が遅い」という意味です。

 

「のっぺこっぺのさくさしてんでね」
(無駄にのんびりしてるんじゃないよ」

 

という風に使われます。

のっぺこっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

踏む という意味です。

 

「あんちゃがおれのあしのぼった~!」
(おにいちゃんがボクの足踏んだ~!)
「つかれだからせながのぼって」
(疲れたから背中を踏んでちょうだい)
「ごろごろしでだらのぼらっちゃの」
(ゴロゴロしていたら踏まれたの)

 

という風に使われます。

のぼる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 早くも、もう という意味です。

 

はっから とも言います。

 

「いっでみだら、は~おわってだっけの」
(行ってみたら、もう終わっていたんだよ)

 

という風に使われます。

 

② おや、まあ! という意味です。

 

「は~、これはたまげた」
(おやまあ、これはビックリした)

 

という風に使われます。

 

③ ああ、もうっ! という意味です。

 

「おら、は~いやんなっちまった」
(ああ、もう私、嫌になっちゃったよ)
「いやもうごせやげでは~」
(いやもう腹が立って(ホントに)もう!)

 

という風に使われます。

は~ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はかどる という意味です。

 

「きょうはしごどはがいったがよ?」
(今日は仕事はかどった?)
「しずかだどしごともはがいぐな~」
(静かだと仕事もはかどりますね~)
「いやー、きょうはすずしがったがら、くさがりはがいった」
(いやー、今日は涼しかったので、草刈が思うように進んだなぁ)

 

という風に使われます。

はがいぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ぱぐる、~ぱぐれる とも言います。

 

~しそこねる という意味です。

 

「でんしゃにのりっぱぐっちゃった」
(電車に乗り遅れちゃった(乗り損ねちゃった))
「あさごはんくいっぱぐれだ」
(朝ごはんを食べそこねた)

 

という風に使われます。

~はぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう、既に という意味です。

 

「あら、はっからおぎだの。めずらしごど」
(あら、もう起きたの。珍しいこと)
「あんなにあっだのにはっからぜんぶくっちまったの?」
(あんなにあったのに、もう全部食べちゃったの?)
「はっからごはんなんてねえよ」
(もうご飯なんて無いわよ)

 

という風に使われます。

はっから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばっちこ、ばちっこ とも言います。

 

末っ子 という意味です。

 

「これ、うぢのばっちこなんだ」
(この子、ウチの一番下の子なんだ)
「いもうととがいんのが?」「いや、おらばっちなんだ」
(妹とかいるの?)(ううん、私、末っ子なの)
「おめげのばっちはわっさばっかしてんない」
(あんたのウチの末っ子は悪さばっかりしてるね)

 

という風に使われます。

ばっち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① くっつける、貼り付ける という意味です。

 

ねっぱす とも言います。

 

「このめも、けいじばんにはっつげどいで」
(このメモ、掲示板に貼り付けておいて)

 

という風に使われます。

 

② ひっぱたく という意味です。

 

「うんづぐねえごどばっかいってっとはっつげっつぉ!」
(くだらないことだかり言ってると、ひっぱたくぞ!)

 

という風に使われます。

 

逆に「引き剥がす」を意味する言葉は「はっぱがす」になります。

はっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

走る、さっさと走る という意味です。

 

「あぶねがらはねてがんなよー」
(危ないですから、走って行かないでね)
「そーらみんなはねでいげー」
(そーれ、みんなで走って行け~)
「あのやろ、しごどおわっだらはねでかえったぞい」
(あいつったら仕事が終わったら走って帰ったよ)

 

という風に使われます。

 

これが「はねっくら、はねくら」になりますと「かけっこ」という意味です。

はねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お腹がいっぱいだ、満腹な状態 という意味です。

 

「あ~、くいすぎではらくっちぃ」
(あ~、食べ過ぎてお腹いっぱい!)
「はらくっちぐで、もーくわんねぞい」
(満腹でもう食べられませんよ)
「いやあ~はらくっちくてもうくわんに」
(いやあ~お腹がいっぱいでもう食べられない)

 

という風に使われます。

はらくっち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夜更かしする という意味です。

 

「いづまでもひかってんなよ」
(いつまでも夜更かししてるんじゃないよ)
「むすごひかってばっがりいでわがんね」
(夜更かしばかりする息子で困っているんですよ)

 

という風に使われます。

 

※”よびっかり”のページも併せてご覧下さい。

ひかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒る、怒られる、ビンタする という意味です。

 

「せんせいにびしゃもらっだ」
(先生にビンタされた)
「にしゃら、あばっちばっかいっとびしゃくれっぞ」
(おまえら、暴れてばかりいると怒られるぞ)
「おやさよぐびしゃくれたもんだ」
(親によく怒られたものだ)

 

という風に使われます。

びしゃくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひしょねえべ とも言います。

 

仕方ない、しょうがない という意味です。

 

「ほだごどいわっちぇもひしょあんめえ」
(そんなこと言われたって仕方が無いじゃない)
「だがらいったべした、もうひしょねーべ」
(だから言ったでしょう、もう仕方がないのよ)

 

という風に使われます。

ひしょあんめえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くじく、捻挫する などという意味です。

 

「あし、びっこげではしらんにんだげんちょ」
(足を捻挫して走られないのですが・・・)
「ねちがえでせながをひっこげだ」
(寝違えて背中が攣っってしまった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「びっこたっこ」があります。
これは「左右逆、ちぐはぐ」という意味です。

 

「おめのくづしたびっこたっこだな」
(君の靴下は左右逆ですね)

 

という風に使われます。

びっこげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びっちゃ とも言います。

 

水たまり という意味です。

 

「そごさびっちゃんこあっからきぃつけっせよ」
(そこに水たまりがあるから気を付けなさいよ)
「ほだなびっちゃであそんでねで、あがれでば」
(そんな水たまりで遊んでいないで、家に上がりなさい)

 

という風に使われます。

びっちゃんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一人で という意味です。

 

「ひとんじいげっぺ?」
(一人で行けるでしょう?)
「べんじょぐれぇひとんじいっちゃこ」
(トイレくらい一人で行きなさい)

 

という風に使われます。

 

これが「ふたんじ」になりますと「二人で」という意味です。
”一人で””二人で”までで、”三人で”以降の方言は特に無いようです。

ひとんじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷たい という意味です。

 

「うわ、このみずひゃっけーなー」
(うわ、この水冷たいな~!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぴっぴ」があります。
これは「下痢」という意味です。

 

「ぎゅーにゅうのむどいっづもぴっぴになる」
(牛乳を飲むと、いつも下痢になる)

 

という風に使われます。

ひゃっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

駄々をこねる という意味です。

 

「あいすかってくいよーとびれてるむすご」
(アイス買ってくれよ~と駄々をこねている息子)
「そだにびれでもかってやんねぞ」
(そんなに駄々をこねたって買ってあげないわよ)

 

という風に使われます。

びれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もみあげ という意味です。

 

「いまのわけぇひどらはびんこなげぇんだわ」
(今の若い人たちはもみあげが長いんですよ)
「むすごのびんこまっつぐきってけろ」
(息子のもみあげを真っ直ぐに切ってください)

 

という風に使われます。

びんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶくる とも言います。

 

追いかける、追い詰める という意味です。

 

「ほれ!にわとりそっぢいっだがらこっちさぶぐれ!」
(ほら!鶏がそっちに行ったからこっちに追い詰めて!)
「ばあちゃんいっづもねごぶくってぞい」
(おばあちゃんはいつも猫を追いかけています)

 

という風に使われます。

ふぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶすくう とも言います。

 

すねる、へそを曲げる、むくれる という意味です。

 

「ちっとおごらっちゃくらいで、ぶすくっちんな!」
(ちょっと怒られたくらいで、すねてるんじゃないわよ!)
「ゆうべおごらっち、まだぶすくれてんのか!」
(夕べ怒られて、まだへそを曲げているのか?)
「あーまたねーちゃんぶすくれてるはー」
(あ~、またお姉さんむくれちゃってるよ)

 

という風に使われます。

ぶすくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

量が多い ことを表現する言葉です。

 

語源は”ふんだん”でしょうか。

 

「あんたはかみがふだだねえ」
(あなたは髪の毛の量が多いねえ)
「あー、ふろのみずこだにふだにしっちまって」
(あー、お風呂のお水をこんなにいっぱいにしちゃって)
「このあかんぼうかみのけふだだない~」
(この赤ん坊、髪の毛の量多いね~)

 

という風に使われます。

ふだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒る、叱る という意味です。

 

「となりのおっかにぶっこなさっちゃ」
(隣の奥さんに怒られちゃったよ)
「そだどこさぶっかかってんでねってぶこなさった」
(そんな所に寄りかかるんじゃないと叱られてしまった)

 

という風に使われます。

ぶっこなす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶっちゃがる、ぶでしかる とも言います。

 

座る という意味です。

 

「んだどこさぶっちがってんでねーぞ」
(そんな所に座っているんじゃありませんよ)
「すぐつかれでしまうがら、すぐぶっちがってまう」
(すぐに疲れてしまうので、すぐに座ってしまいます)

 

という風に使われます。

ぶっちがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶっつあげる とも言います。

 

破く、破れる という意味です。

 

「すっころんでずぼんぶっつあげちゃった」
(転んでズボンが破れちゃった)
「しょうじぶっつぁぐんでねぞ」
(障子を破くんじゃありませんよ)
「のーとぶっつぁがっちゃ」
(ノートを破いた)

 

という風に使われます。

ぶっつあぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶっちめる、ぶっつげる とも言います。

 

ぶつかる、ぶつける という意味です。

 

「くるまぶっつげっちまってよお」
(車をぶつけてしまったんですよ~)
「すねぶっちめだらあおたんできっちまってよ~、はーまいった」
(脛をぶつけたら青アザが出来てしまったんですよ、ああ、参った)
「どあさてぇぶっちめた」
(ドアに手を挟んだ)

 

という風に使われます。

ぶっつがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶっちめる とも言います。

 

殴る という意味です。

 

語源は”ぶっとばす”でしょうか。

 

「あのやろにぐらしごど、ぶっちめでくれっちぐなっちま~!」
(あいつ憎たらしいな~!ぶん殴ってやりたくなっちゃうよ!)
「ぶっちめっぞ!」
(殴るぞ!)

 

という風に使われます。

ぶっつめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叩く という意味です。

 

「ひっぱたく」よりももっと強い感じの言葉ですね。
少し乱暴な言い方になります。

 

「かとうくんおれんとこぶっぱだぐんだ」
(加藤君が僕のことひっぱたくんだよ)
「そんなふうにぶっぱたくこどないだろう」
(そんな風に強く叩くことないでしょう)

 

という風に使われます。

ぶっぱたく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(部屋などが)散らかしている、散らかっている という意味です。

 

「そごらへんぶんながってんの、かたづけっせ!」
(その辺りの散らかしているもの、片付けなさい!)

 

という風に使われます。

 

また、”置きっぱなし”という意味で使われることもあります。

 

「そごにぶんながってっからもっていきっせ」
(そこに置きっぱなしにしてるから持って行っちゃって)

 

という風に使われます。

ぶんながってる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる という印です。

 

「ほれ、あのざっしいんねがらぶんなげっぺはー」
(ほら、あの雑誌いらないから捨てちゃいましょうよ)
「あれぶんなげていんだべ?もういんねべよ」
(あれ捨ててもいいんでしょう?もういらないよね)
「そごのごみちゃんとぶんなげてこーよ」
(そこのゴミ、ちゃんと捨てなさいよ)

 

という風に使われます。

ぶんなげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

失敗する、負かす、打ち負かす という意味です。

 

「てすとへぐった~!」
(テスト失敗しちゃった~!)
「へぐらっちぇもがんばっだど」
(打ち負かされても頑張ったよ)

 

という風に使われます。

 

これが「へぐ」だけですと「早く」という意味になります。

へぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でしょう、だよね という意味です。

 

「さっきいったべした」

(さっき言ったでしょう?)
「ゆんべいっしょにみたべした」
(昨夜一緒に見たじゃないの)

 

という風に使われます。

 

この「~べした」の前が撥音の場合は「~ぺした」になります。

 

「なんかいもいってっぺした!」
「何度も言ってるでしょ!」

 

という風に使われます。

べした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぺったらこい、べったらこい、ぴったらこい とも言います。

 

平べったい、つぶれた様な という意味です。

 

「おらげのむすめのはな、べっちゃんこだべ」
(ウチの娘の鼻、平べったいでしょ)
「おめのかお、はなもひぐぐで、なんがぺったらこいない」
(あなたの顔、鼻も低くて、なんだかつぶれてるわね)

 

という風に使われます。

べっちゃんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面白くない、つまらない という意味です。

 

「なんだがへづまんねした~」
(なんだかちょっと面白くないね)
「へづまんねえいがだな、かえっぺが」
(つまらない映画ですね、帰りましょうか)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「へたかす」があります。
これは「下手くそ」という意味です。

へづまんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ろくでなし、いい加減な人、いい加減なこと という意味です。

 

「ほんなごどするやづはへでなしだ」
(そんなことをする奴はろくでなしだよ)
「だがらおめはへでなしだっていわれんだ」
(だからあなたはいい加減な人だって言われるのよ)
「いづもそうやってへでなしばっかやってんだがら!」
(いつもそうやっていい加減なことばかりして、もぉ!)

 

という風に使われます。

へでなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大したこと無い、つまらない という意味です。

 

「そだへでもねおもちゃかっできで、じぇにっこすてるよだわ」
(そんなつまらないおもちゃを買ってきて、お金を捨てるようなものですよ)
「ごら!へでもねまんがばっかりかいてねえでべんきょしろ!」
(コラ!つまらない漫画ばっかり描いていないで勉強しなさい!)

 

という風に使われます。

へでもね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ヘラヘラとおしゃべりをする という意味です。

 

「へらぐってねえではやぐしごとしろ!」
(ヘラヘラ喋っていないで、早く仕事しなさい!)

 

という風に使われます。

 

また「へでなし」になりますと「いい加減な人、いい加減なこと」という意味です。

へらぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほいぢょ とも言います。

 

包丁 という意味です。

 

「いや~、このほいちょきんにない」
(いや~、この包丁切れないなあ)
「ちょいとそごさあるほいぢょとってけろ」
(ちょっとそこにある包丁を取ってくださいな)

 

という風に使われます。

ほいちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それ、そいつ という意味です。

 

「ほいづはどこできいてきたの?」
(それはどこで聞いてきたの?)
「なんだほいづ?きいたごどねーど」
(なんだそれ?聞いたこと無いですよ)
「ほいづきたねーがらちょすなよ」
(それは汚いから触るんじゃないよ)

 

という風に使われます。

ほいづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乞食、浮浪者 という意味です。

 

「ほいどみたいなかっこしで・・・」
(浮浪者みたいな格好しちゃって・・・)
「しごどねぐなったら、ほいどになるしかあんめえ」
(仕事が無くなったら、乞食になるしかないでしょう)

 

という風に使われます。

 

アホ、ボケ、カス のような使われ方をします。

 

また、「ものもらい」のことを指して言ったりもします。

ほいど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほうげねえ とも言います。

 

わからない、理解できない という意味です。

 

「なんにがなんだが、ほうげねえんだども」
(何が何だか、わからないんだけれども)
「こんじぇは、はあ、ほうげねえ」
(これじゃあ、もう、何もわからない)
「あいづなにいってんだがほうげねえ」
(あの人、何を言ってるのかわからない)

 

という風に使われます。

ほうけねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

細い という意味です。

 

「あんだずいぶんほそこいんでねの、ちゃんとままくってんのがい?」
(あなた随分と細いわね、ちゃんとご飯を食べているんですか?)
「あいづのかのじょなんだいほそこくておれそうだなや」
(あいつの彼女、なんて細くて折れちゃいそうなのかしら)

 

という風に使われます。

ほそこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほうだ とも言います。

 

① そうだ という意味です。

 

「ほだほだ」
(そうだそうだ)
「ほだがぁ~」
(そうなのか)

 

という風に使われます。

 

② そんな という意味です。

 

「ほだがなみてんなで」
(そんなもの見てるなよ)
「ほだごどねーべ」
(そんなことないでしょう)

 

という風に使われます。

ほだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「ぼっこす」で「壊す」ということです。
つまり 壊れる という意味です。

 

「くるまぼっこれっちゃった」
(車、壊れちゃった)
「でんたくぼっこれちゃった」
(電卓壊れちゃった)

 

という風に使われます。

 

これが「ぼっこれ」だけですと「おんぼろ、壊れた物」という意味です。

 

「なんだこのぼっこれてれび!」
(なんだこのおんぼろテレビ!)

 

という風に使われます。

ぼっこれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごめんなさい、許して という意味です。

 

「あら、ぶっつがっちまった、ぼっとぼっとない」
(あら、ぶつかってしまいましたね、ごめんね、許して)
「じゅぎょうちゅぼーっとしででぼっとない」
「授業中にぼーっとしていてごめんなさい)

 

という風に使われます。

ぼっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほろう、ほーろぐ とも言います。

 

紛失する、落とす という意味です。

 

「ぽけっとのかぎほろぐなよ」
(ポケットの鍵を落とすんじゃないよ)
「てぶぐろほろぐどしょがねがら、ひもつけでくれっから」
(手袋失くすといけないから、紐をつけてあげるからね)

「どっかさぼうしほろってきたんでねーの」
(とこかに帽子を落として来たんじゃないの?)

 

という風に使われます。

ほろぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほろげ とも言います。

 

出来損ない、落ちこぼれ という意味です。

 

「あいづ、ほろげのくせにちょうしこいてんでねの?」
(あいつ、落ちこぼれのくせに調子に乗ってるんじゃないの?)
「おらいのばっちこほろげでわがんね」
(うちの末っ子は出来損ないで駄目だ)

 

という風に使われます。

 

主に人を卑下する際に使われます。

ほろけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほんしこ とも言います。

 

本当、本番 とう意味です。

 

「うそんこじゃねぐて、ほんこだって」
(嘘じゃなくて、本当だってば)
「つぎのげーむはほんこでやるべ」
(次のゲームは本番だよ)
「きょうはほんこ?うそんこ?どっちだ」
(今日は本番?そうじゃないの?とっち?)

 

という風に使われます。

ほんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほいで、ほんで とも言います。

 

それで、それでは、そうして、それから という意味です。

 

「ほんじは、ここらでしづれいすっがら」
(それでは、この辺で失礼しますね)
「ほんでは、まだあすたな」
(それじゃあ、また明日!)
「ほいでどうしたの?」
(それで、どうしたの?)

 

という風に使われます。

ほんじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほんじは、そんじわ とも言います。

 

それでは という意味です。

 

「ほんじわあどででんわすっからな」
(それじゃ、後で電話するからね)
「ほんじわちゃんとでぎねべした」
(それではちゃんと出来ないでしょ)
「ほんじわそろそろかえっかな」
(それではそろそろ帰りましょうかね)

 

という風に使われます。

ほんじわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼっこれ とも言います。

 

ポンコツ、馬鹿 という意味です。

 

「おらいのむすこはぽんつこだがらなあ」
(うちの息子は馬鹿だからねえ)
「このぼっこれくるま!あだまさくる」
(このポンコツ車が!頭にくる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぽんち、ぽんちやろ」があります。
これは「いかれた奴、ふぬけた奴」という意味です。

ぽんつこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

その時は という意味です。

 

「あすたいげねがもしんねがら、ほんとっきゃでんわすっがら」
(明日行けないかもしれないので、その時は電話しますから)
「ぼんにかえっとぎほんとっきゃれんらぐする」
(お盆に帰ったらその時は連絡しますね)

 

という風に使われます。

ほんとっきゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まけ とも言います。

 

親戚、血縁、一族、遠い親戚、分家 という意味です。

 

「あそごらへんはすずぎのまげだがら」
(あそこら辺は、鈴木さんの一族だから)
「わがげどおなじまげだばい」
(我が家と同じ血縁ですよ)

 

という風に使われます。

 

語源は”末家(まつけ?)”と思われます。

まげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まちっぽい とも言います。

 

眩しい という意味です。

 

「まちぽぐてよぐみえねえなあ」
(眩しくてよく見えないね)
「たいようまちぽいない」
(太陽が眩しいね)
「うわあっ、あさひがまちっぽい!」
(うわあっ、朝日が眩しい~!)

 

という風に使われます。

まちぽい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まってごになって、まってごになって、まったになる とも言います。

 

一緒になって という意味です。

 

「まだおめはちっちぇのどまったいごになってさわいで!」
(またあんたは小さな子と一緒になって騒いで!)
「まってごになってあそんでんな」
(一緒になって遊んじゃ駄目だよ)
「いもうとどまたになってほしがってんな」
(妹と一緒になって欲しがるんじゃない)

 

という風に使われます。

まったいごになって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もっと という意味です。

 

「まっとくえ!」
(もっと食べなさい)
「まっとまでえにぶてばいいのに」
(もっと丁寧に打てばいいのに)
「ほだこどいわねでまっとやてみっせ」
(そんなこと言わないで、もっとやってみなよ~)

 

という風に使われます。

まっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 丁寧に、丹念に、入念に という意味です。

 

「ほだにまでえにやんねでもかまねぞ」
(そんなに丁寧にやらなくても良いですよ)
「もっとまでえにしろ」
(もっと丁寧にやりなさい)

 

という風に使われます。

 

② 全体的に、まんべんなく という意味です。

 

「までえにかんましとげな~」
(まんべんなく混ぜ合わせておいてね)

 

という風に使われます。

までえに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

待っている という意味です。

 

「こごでずっとまぶってだんだー」
(ここでずっと待っていたんだよ)
「なんでまぶってなんねのよ?」
(何故待っていなくてはならないのですか?)

 

という風に使われます。

 

地域によっては「見張る、見守る」という意味で使われることもあるそうです。

 

「かまどまぶってろよ」
(竈の火をちゃんと見張っていなさい)

 

という風に使われます。

まぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まぶれる とも言います。

 

守れ、守る という意味です。

 

「てぎのさいどばっぐがせめあがったば、はやぐおっかけでまぶれ!」
(敵のサイドバックが攻め上がってきたら、早く追いかけて守れ!)
「ねごさいたづらさんによう、まぶっててない!」
(猫に悪戯されないように、守っていて下さいね!)

 

という風に使われます。

まぶれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弁償する という意味です。

 

「もしまぢがってぼっこしたら、あんたまよわれんの?」
(もし間違えて壊しちゃったら、あなた弁償できるの?)
「まようからゆるしてくなんしょ」
(弁償するから許して下さい)

 

という風に使われます。

まよう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みぐせ、めくせえ、めくせ とも言います。

 

醜い、見た目が悪い という意味です。

 

「おめえ、みぐせえなあ」
(あんた、醜いわねえ)
「めくせたいどとんな!」
(みっともない態度を取るんじゃありません!)
「そのもりつけみぐせな」
(その盛り付けは見た目が悪いですね)

 

という風に使われます。

みぐせえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みだぐなし、みだぐない とも言います。

 

かわいくない、憎たらしい(容姿や見た目が)良くない という意味です。

 

「なまいぎばっかしいって、みったぐねえ」
(生意気ばかり言って、憎たらしい!)
「そだかっこうしてみっだぐないけしょうして・・・」
(そんな格好しちゃって、可愛くない化粧しちゃって・・・)

 

という風に使われます。

 

また、行動が見苦しいという意味もあるようです。

みったぐね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みっともない、格好悪い という意味です。

 

「そんなぼさあだまして、みばわりごど」
(そんなボサボサ頭で・・・みっともない!)
「みばわりかおだな」
(みっともない顔ですね)

 

という風に使われます。

 

語源は”見栄えが悪い”からと思われます。
ですから”みば”で「外見」という意味になります。

みばわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃかりきに、一生懸命 という意味です。

 

「おめなして、ほだむーむーとはだらいでえー」
(あなたはどうして、そんなに一生懸命に働いているの?)

 

という風に使われます。

 

スパリゾートハワイアンズのある福島だからと言って
「ムームー」のことではありませんよ。

むーむー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もぐす、むぐっちぇる、むぐる とも言います。

 

漏らす、漏れてる という意味です。

 

「おしっこむぐした~」
(おしっこ漏らした~)
「せんせいー、さとうくんむぐした」
(先生~、佐藤くんが漏らした)
「あれ?これ、したがらむぐっちぇるな」
(あれ?これ、下から漏れちゃってるね)

 

という風に使われます。

むぐす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふっつぁける とも言います。

 

引きちぎれる、裂ける という意味です。
衣服の縫い目がほどけてぼろぼろになるような状態です。

 

「らんぼうにいじっから、こごのぺーじむざげっちまったわ」
(乱暴に扱うから、ここのページ引きちぎれちゃったよ)

 

という風に使われます。

むざける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むずる とも言います。

 

(道を)曲がる、(車などが)転回する という意味です。

 

「ゆうびんきょぐは、そのかどむじったどごにあっから」
(郵便局は、その角を曲がったところにあるから)
「ほごのみぢ、みぎさむずればじきにおらいだ」
(そこの道を右に曲がるとすぐに私の家です)

 

という風に使われます。

むじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長持ちする という意味です。

 

「このあめだまむすくていいない」
(この飴玉、長持ちするね~)
「せわしねくて、たばごがむすいこと」
(忙しいので、煙草が長持ちする)

 

という風に使われます。

 

また”なかなか終わらずに長引く事”を指すこともあります。

 

似たような言葉では「むすむす」があります。

これは「ムズムズする」ということです。
”むすぐて”とも言います。

むすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

強引、強い、無理無体、めちゃくちゃに という意味です。

 

「むでーにひっぱんなー、うでぬげるー」
(強引に引っ張らないでよ~、腕が抜けちゃうー)

 

という風に使われます。

 

語源は「むたい(無体)」で、これが転訛したものです。

 

関連する言葉では「むでっぱ」があります。
これは「無鉄砲な人」という意味です。

むでー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めどこ、あなめど とも言います。

 

穴、穴の入り口部分 という意味です。

 

「はなめどかいぐてわがんね」
(鼻の穴が痒くて駄目だー)
「あんだはなめどおおきいない」
(あなた鼻の穴が大きいですね)

 

という風に使われます。

 

語源は、縫い針の糸通し孔(穴)の名称「針孔(めど)」が
転じたものと言われています。

 

似た言葉では「めご」があります。
これは「目分量」という意味です。

 

「めごではがってでわがんねど」
(目分量で測ってはいけませんよ)

 

という風に使われます。

めど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

芽が出る、産まれる という意味です。

 

「まだめめぐっちねえで」
(まだ産まれていないよ)
「あそこのめまさりややこめめぐるみてだぞ」
(あそこの家の姉さん女房、赤ちゃんが産まれるみたいだぞ)
「あただがぐなってきたがらめめぐっぺ」
(暖かくなってきたから芽が出てくるでしょう)

 

という風に使われます。

めめぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

女 という意味です。

 

めろこ、めろっこ とも言います。
これは、娘、女の人 という意味で、主に若い人を指す言葉のようです。

 

「このめろなんだべ~」
(この娘は何でしょうね)
「うぢさきためろこいだばい?あれあいづのよめなんだど」
(うちに来た女がいただろ?あれはあいつの嫁なんだって)

 

という風に使われます。

 

「女郎(めろう)」が転じた女性蔑視的な表現であるようです。

めろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めんけえ、めんこい、めげえ とも言います。

 

可愛い という意味です。
見た目に対しても、性格に対しても使われます。

 

「ま~、めんげややだごど」
(あらま~、可愛い赤ちゃんだこと)
「おんめくっちまいたいくれめんこいなー」
(あなた、食べちゃいたいくらいに可愛いね)

 

という風に使われます。

 

これが「めごがる」ですと「可愛がる」という意味になります。

めんげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

盗む、かっぱらう という意味です。

 

「おれのちゃり、もさらっちゃー」
(俺の自転車、盗まれてしまったよ~)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「めねぐした」があります。
これは「失くした」という意味です。

 

「かぐしにいっちだぱくりめねぐした!」
(内ポケットに入れていた財布を失くした!)

 

という風に使われます。

もさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もじゃぐる とも言います。

 

紙などをぐしゃぐしゃにする(その後捨てる)という意味です。

 

「あれはいらねどもってもしゃぐっちまったよ」
(あれは要らないと思って、ぐしゃぐしゃにして(その後捨て)ちゃったよ)
「てすとのてんすうがわりがったがらもじゃぐってすてっちまった」
(テストの点数が悪かったので、ぐちゃぐちゃに丸めて捨てちゃった)

 

という風に使われます。

もしゃぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もっこい とも言います。

 

古い という意味です。

 

「もっこきけいづまでうごぐだべ」
(古い機械、いつまで動くかなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「もってね」があります。
これは「勿体無い」という意味です。

 

「もっこきだどももってねがらまだつがうべ」
(古いけれど勿体無いからまだ使いましょう)

 

という風に使われます。

もっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もうろくする、ぼける という意味です。

 

「いやいやおれももぼっちゃがな」
(いやあ、俺ももうろくしたかな)
「わげのバッパももぼっちぇきてわしぇっちぇばっかいんだっけ」
(我が家のばあちゃんもぼけてきて忘れてばかりいるんだよ)

 

という風に使われます。

 

耄碌(もうろく)と耄れる(ほれる)が合わさって転訛したもののようです。
悪意を持って使うということは無いようです。

もぼれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

天気が悪い という意味です。

 

また、体調が悪い時に使うこともあるようです。

 

「きょうはもよわりなし」
(今日はお天気が悪いですねえ)
「あすたえんそくなのにもよわりぐてわがんねなあ」
(明日は遠足なのに、天気が悪くて駄目だなあ)
「あ~・・・もよわりがらねる」
(あ~・・・具合悪いから寝る)

 

という風に使われます。

もよわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

可哀相、不憫 という意味です。

 

「おめさまかのじょにふらっちゃのがよ、なんだべもんがいごど」
(あなたったら彼女にフラれちゃったの?なんと可哀相にねぇ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「むずせ、むずさい」があります。
これは「哀れだ、むごい、可哀相だ」という意味です。

 

「う~、なんだってむずせごど」
(まあ、なんて哀れなんでしょう)

 

という風に使われます。

もんごい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やべ、やいでみろ とも言います。

 

行こう、行きましょう という意味です。

 

「ほれ!はやぐやいべ!」
(ほら!早く行こう!)
「あいすかってやっからやいでみろ」
(アイス買ってあげるから行きましょう)
「あっちさやいでみでください」
(あちらに行ってみてください)

 

という風に使われます。

 

「やばせ」になると「行こうよ」という意味です。

やいべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ヤケになった、ヤケを起こした という意味です。

 

「うまいこどいがねくてやぎおぎっちまった」
(上手いこといかなくてヤケになってしまいました)
「なんもかもやんだぐなってやげおぎだ」
(何もかも嫌になっちゃってヤケを起こした)

 

という風に使われます。

やぎおぎだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

火傷(やけど) という意味です。

 

「どごやべばだすだんだ?くすりぬってやっかんな」
(どこを火傷したの?薬を塗ってあげますからね)
「やかんのおゆでやげばだした」
(ヤカンのお湯で火傷しました)

 

という風に使われます。

やげばだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっちゃぐね とも言います。

 

やりたくない、嫌だ、役に立たない、使い物にならない という意味です。

 

「しゅぐだいやってねのが、やっちゃがねな」
(宿題やってないの?役に立たないな~)
「そうじとうばんやっちゃぐねー」
(掃除当番やりたくないなあ)

 

という風に使われます。

やっちゃがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やぶ、やばせ、やばさんしょ とも言います。

 

行こう、行く などどいう意味です。

 

「ほれ、まづりさやべ!」
(ほら、祭りに行こう!)
「いっしょにやばせー」
(一緒に行こうよ~)
「ほれ、はやぐやばんしょ」
(ほら、早く行きましょう)

 

という風に使われます。

やべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ややこ とも言います。

 

赤ちゃん という意味です。

 

「めんごいややだこどー」
(可愛い赤ちゃんですね~)
「さどさんどごのよめさま、ややこなしただど」
(佐藤さん家のお嫁さん、赤ちゃんを産んだんだって)

 

という風に使われます。

 

”ややなし”で「出産、お産」のことになります。
また「ややもり」ですと「赤ちゃんのお守り」という意味になりますよ。

やや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やろめら とも言います。

 

子供たち という意味です。

年齢的には子供~青年を含むようです。

 

「おらぢのやるめらあそびにいっちまった」
(私の家の子供たちは遊びに行ってしまった)

 

という風に使われます。

 

また、「あいつら、あの野郎たち」という意味もあり
相手を見下す言葉としても使われます。

やるめら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっこい、やっけ とも言います。

 

柔らかい、軟らかい という意味です。

 

「このまくらやわぐてきもぢいな」
(この枕、柔らかくて気持ちいいね)
「なんだってこのもぢやっこな~い」
(なんでしょう、このお餅、柔らかいですね~)
「このめしやっけない」
(このご飯柔らかいな)

 

という風に使われます。

やわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やんだぐしっちま、やんだぐなっちま とも言います。

 

嫌になる という意味です。

 

「おらもうやんだぐなった」
(私はもう嫌になっちゃった)
「しゅぐだいやんねとなー、あーやんだぐしちまう」
(宿題やらないとなねー、あ~、嫌になっちゃう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やだおら」があります。
これは「嫌です、やりたくないです」という意味です。

 

「からおけうだえって・・・やだおら・・・」
(カラオケで歌えって・・・歌いたくないです・・・)

 

という風に使われます。

やんだぐなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

結う、結ぶ、縛る、結わく、結びつける という意味です。

 

「ふるいほんまとめてゆっつばってくれっかい」
(古い本を、まとめて縛っておいてくれますか)
「かみをゆっつばってくれって、できねもんはできね」
(髪を結ってと言われたって、出来ないものは出来ないんです)

 

という風に使われます。

ゆっつばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よいでね とも言います。

 

難しい、簡単ではない、たやすいことでは無い という意味です。

 

「けいばじょまであるってぐなんてよういえねーで」
(競馬場まで歩いて行くなんて簡単なことじゃないですよ)
「えーごのたんごおぼえんのはよういでねな」
(英語の単語を覚えるのは難しいね)

 

という風に使われます。

よういでね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

”洋飯”ではありませんよ。

 

夜ご飯、夕飯、晩御飯 という意味です。
”夕飯(ゆうめし)”が訛ったものですね。

 

「ようめしできたがらよばれ」
(夕ご飯が出来たから呼んでちょうだい)
「そろそろようめしになんね」
(そろそろ夕飯にしませんか)
「ようめしよばってんげ!」
(晩御飯を食べて行ってくださいよ)

 

という風に使われます。

ようめし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よくたがり、よっかこい、よぐぶげ、よぐふか とも言います。

 

強欲、欲張り、欲が深い という意味です。

 

「あいづはよくたかくてわがんねな」
(あの人は欲が深くて駄目だよね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「よっか」があります。
これは「~よりも」という意味です。

 

「そのかみがたまえよっかいいした」
(その髪型、前よりもいいね)

 

という風に使われます。

よくたかり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全くもう、ほとほと、いやはや という意味です。

 

「あのひとにはよぐよぐいやんなっちま~」
(あの人にはホントにもう嫌になっちゃう)
「まらそんなんておらはあよぐよぐいやんなった」
(マラソンなんて私はほとほと嫌になりました)
「よぐよぐんなる」
(ひどいことになる)

 

という風に使われます。

よぐよぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よこっぴつ とも言います。

 

歪む、変形する、いびつ、横や少し斜めに曲がった様子 を表す言葉です。

 

「このがぐちょっとよごびづになってるよ」
(この額、少し斜めになってるよ)
「そだにねでばっかいっとあだまよこっぴつなっつぉ」
(そうやって寝てばっかりいると、頭がいびつになっちゃうよ)

 

という風に使われます。

よこびつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

招く という意味です。

 

「あのひとよせっぺ」
(あの人も招きましょうよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「よぶ、よばれる」があります。
これは「招待する、招待される」という意味です。

 

「よばっちゃからいぐべ」
(招待されたので行きましょう)

 

という風に使われます。

よせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よったまる とも言います。

 

集まる という意味です。

 

「わがいしゅがよったかっでさわいでっごと」
(若者が集まって騒いでいるのです)
「よったがんねな」
(集まらないなあ)
「よってがさんしょ」
(お寄りくださいませ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「よったり」があります。
これは「四人」という意味です。

よったかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① たくさん、大量に、だいぶ という意味です。

 

「よっぱらくったわ~」
(たらふく食べたよ~)
「あんたらこごでよーっぱらあそんだばい」
(あなた達此処でだいぶ遊んだでしょう)

 

という風に使われます。

 

② 飽きる、うんざり という意味です。

 

「ずっとまってでよっぱらになっちまった」
(ずっと待っていてうんざりしちゃった)

 

という風に使われます。

よっぱら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よびかり、よっぴり、よぴかり、よっぴかり とも言います。

 

夜更かし、夜遅くまで起きている という意味です。
つまり”宵っ張り” ということですね。

 

「さんじまでおぎでるなんてよびっかりだごど」
(3時まで起きてるなんて、宵っ張りだこと)
「よさらよっぴてあそんでんでねえよ」
(一晩中遊び歩いているんじゃないわよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「よあがし、よっぴて」があります。
これは「徹夜」ということです。

よびっかり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よわかし、よーせ とも言います。

 

弱虫、軟弱者 という意味です。

 

「まだかぜひいだの?なんだってよわかすだごど」
(また風邪引いたの?なんって軟弱者なのかしら)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「よらつぐ、よらぶる」があります。
これは「ふらつく、フラフラ歩く、よろける、倒れそうになる」などという意味です。

よわかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~達、~ども、~等 という意味です。

 

「あだしらといっしょいぐべ」
(私達と一緒に行きましょう)

 

という風に使われます。

標準語の「彼等(かれら)」の”ら”と同じです。

 

② ~は という意味です。

 

「はなこらあそんであるってら」
(花子は、遊んで歩いています)

 

という風に使われます。

ら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

れーさま とも言います。

 

雷 という意味です。

 

「はらだしてっと、らいさまにへそとられっつぉ!」
(お腹を出してると、雷様にお臍を取られるよ!)
「らいさまなってっからへそかぐしとけ」
(雷が鳴っているから、お臍を隠しておきなさい)

 

という風に使われます。

らいさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

らっちゃね とも言います。

 

大変だ、てんてこまい という意味です。

 

「いろいろやっごどあってらちこくでねーな」
(色々やる事があって、てんてこまいですよ)
「ずっとやってたっけ、つかれでらちこくでね」
(ずっとやっていたから、疲れて大変です)

 

という風に使われます。

らちこくでね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

らっちゃくっちゃねえ とも言います。

 

散らかっている、ごちゃごちゃしている、収拾がつかない という意味です。

 

「まだへやこんなにらっちゃねぐして!」
(また部屋をこんなにごちゃごちゃにして!)
「いやー、らっちゃくっちゃねえなあ」
(いやー、収拾がつかないよ)

 

という風に使われます。

 

また”らっちゃねえやづ”で”だらしない奴”という風にも使うようです。

らっちゃね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ろぐざま、ろぐすっぽ とも言います。

 

ろくに、しっかりと、ちゃんと という意味です。

 

「ろくすっぽへんじもしねえ」
(ろくに返事もしない)
「うぢのやろろぐすっぽてづだいもしねでねでばりいる」
(うちの息子、ろくに手伝いもしないで、寝てばかりいる)

 

という風に使われます。

ろくすっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自分、あなた という意味です。

 

「わぁでやれ」
(自分でやりなさい)
「あがてんとったってべんきょしねんだがらわーすぎだべ」
(赤点取ったって勉強しなかったんだから自業自得でしょ)

 

という風に使われます。

 

これが”わぁら、わがら”になると「お前達、あんた達」という意味です。

 

「わぁらなにやってんだ!」
(お前ら、何をやっているんだ!)

 

という風に使われます。

わぁ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わがんね とも言います。

 

駄目だ、困る、上手くいかない、いけない という意味です。

 

「そんなことしだらわかんね」
(そんなことをしてはいけません)
「ほんではわがんね」
(それでは駄目です)
「わがんねやろっこだあ」
(駄目な子供だ)

 

という風に使われます。

わかんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わがげ、わがい とも言います。

 

① 我が家 という意味です。

 

「わげんところはそれはないない」
(我が家には、それはないねぇ~)
「はやぐわげさけえれ」
(早く自分の家に帰りなさい)

 

という風に使われます。

 

② 若い という意味です。

 

「わげなあ・・・よぴかりばりしで」
(若いなあ・・・夜更かしばっかりして)

 

という風に使われます。

わげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わげる とも言います。

 

(ご飯などを)よそう という意味です。

 

「ごはんもっとわげっがい?」
(ご飯、もっとよそいましょうか?)
「そんつらごどずわねでおつよわげてくろ」
(そんなこと言わないで、お味噌汁をよそってください)

 

という風に使われます。

わける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わっせる とも言います。

 

忘れる という意味です。

 

「きのうべんきょしたのわせっちまった」
(昨日勉強したことを忘れてしまいました)
「いわれだごとわせんな!」
(言われたことは忘れるんじゃない!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「わっさ、わすら」があります。
これは「悪さ、いたずら」という意味です。

わせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わっつあける とも言います。

 

割った、割ってしまった という意味です。

 

「このさらわっかいたのおめだべ!」
(このお皿を割ったのはあなたでしょう)
「たげのこほったらわっつあげっちまった」
(筍を掘ったら割れてしまった)

 

という風に使われます。

また、「わっかぐ」では「割き分ける」という意味になるようです。

わっかいた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わらしとも とも言います。

 

子供達 という意味です。

 

「わらしこはそとでげんきにあそべな」
(子供達は外で元気に遊びなさいね)

 

という風に使われます。

 

「わらし」で「子供」という意味です。
つまり”わらし”の複数形ということですね。

わらしこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

申し訳ないこと、悪いねえ、すみません という意味です。

 

「これおらいっとこのはだけでとれたがらたべて」「あららいづもわりごど~」
(これ、うちの畑で採れたので食べて下さい)(あらーいつも申し訳ないです~)

 

という風に使われます。

 

男性が使う場合には「わりどい!」とも言うようです。

わりごどー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介