HOME -> 岐阜の方言 

怪我 という意味です。
「いそぐとあいまちするでぇ~」
(急ぐと怪我するよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あいそない」があります。
これは「無愛想」という意味です。
「あいつはあいそないやつやな~」
(あいつは無愛想な奴だな)
という風に使われます。

あいまち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① お上がり という意味です。
「げんかんではさむいからあがってな~」
(玄関では寒いですから、お上がりくださいね)
という風に使われます。

 

② 食べて という意味です。
「ゆっくりあがってな~」
(ゆっくり食べてね)
という風に使われます。

あがって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぼれる という意味です。
中身が空になること、中のものが外に拡がってしまうこと を指します。
「ほーら、じゅーすあかってまったに」
(ほーら、ジュースをこぼてしまったじゃないの)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あかん、あかすか」があります。
これは「だめ、いけない、駄目ですよ」という意味です。
「んなことしたらあかんて」
(そんなことをしてはいけないでしょ)
という風に使われます。

あかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

億劫だ という意味です。
「ほっとねー、てではじかんかかってあぐましーもな」
(本当にね、手では時間がかかって億劫だものね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あく」があります。
これは「飽きる」という意味です。
「あんまりやっとると、あいてまうでやめやー」
(あんまりやりすぎると、飽きてしまうからやめなさいよ)
という風に使われます。

あぐましー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

楽ではない という意味です。
「かいぎは、あぐるしいなあ~」
(会議は、楽ではないなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あくれる」があります。
これは「ふざけて騒ぐ」という意味です。
「こどもたちがあくれてる」
(子供達がふざけて騒いでいる)
という風に使われます。

あぐるしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暑苦しい という意味です。
「あつくらしいかっこうして」
(暑苦しい格好をしちゃって)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「あぶる」があります。
これは「あおぐ」という意味です。
「きょうはあついで、うちわであぶったるわ」
(今日は暑いので、団扇であおいであげますね)
という風に使われます。

あつくらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

溺れる という意味です。
「かわでおよいどって、あばばこきそうになったぎゃー」
(川で泳いでいて、溺れそうになっちゃったよー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あぶつ」があります。
これは「ドキドキする」という意味です。
「しんぞうがあぶったー」
(心臓がドキドキしたよー)
という風に使われます。

あばばこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

洗い物 という意味です。
食器などを洗って、綺麗にして使えるようにしておくことを指します。
”まわし”は、準備や用意のことです。
「あとであらいまわしやっとくで、やすんでちょ」
(後で洗い物をしておくので、休んでください)
という風に使われます。

あらいまわし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~であるわけがない という意味です。
「いやいや、そんなわけあらすかー」
(いやいや、そんなわけがないでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あらせん、あらへん」があります。
これは「合わない」という意味です。

あらすか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

程度が甚だしい様子 という意味です。
「いべんとやっとったでか、あらけないじんやで、ゆっくりみとれーへなんだわ」
(イベントをやっていたのか、ものすごい人だから、ゆっくり見ていられなかったよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あまだかぞ」があります。
これは「おびただしく」という意味です。
「おまいあまだかぞかねもうけしたそーじゃのー」
(おまえはものすごく金儲けしたそうだね)
という風に使われます。

あらけない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

間、隙間 という意味です。
「ほんとほんのあわいさにいれとくで、なくしたらあかんよ」
(本と本の間に入れておくから、失くしてはいけないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あぬく」があります。
これは「上を向く」という意味です。
「ちょっと、あぬいてみゃー」
(ちょっと、上を向いてみて)
という風に使われます。

あわいさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おにい とも言います。

 

兄 という意味です。
"あんにさ"ですと「お兄さん」という意味になります。
"さ"は"さん"の省略形です。
「これもっておんさったの、あんたさのあんにさかね」
(これを持って来てくださったのは、あなたの家のお兄さんですか)
という風に使われます。

あんに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おねえ とも言います。

 

姉 という意味です。
"あんねさ"ですと「お姉さん」という意味になります。
"さ"は"さん"の省略形です。
「おまはんとこのあんねさは、まんだ、よめにいっとらんのか?」
(お宅のお姉さんは、まだ嫁に行っていないの?)
という風に使われます。

あんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しっかり、ぬかりなく、具合良く、程よい という意味です。
「あんばようやっちょってくんせえ」
(ぬかりなくやってくださいな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あんたんたあ」があります。
これは「あなたたち」という意味です。

あんばよう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行きなさい という意味です。
どちらかと言うと、命令ではなくて、薦めるような気持ちが込められています。
「ちゃっといきゃー!」
(さっさと行きなさい!)
「はよかいしゃ、いきゃー」
(早く会社に行きなさい)
という風に使われます。

いきゃー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蒸し暑い という意味です。
「きょうは、いきるな~」
(今日は、蒸し暑いなあ~)
「きんのうにくらべて、あさからよういきるひじゃのう」
(昨日に比べて、朝から蒸し暑い日ですね)
「うえはいきるで、ようねれんわ」
(上は蒸し暑くて、よく寝られないよ)
という風に使われます。

いきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行きましょうか という意味です。
「あさいちやっとるそやげなで、ちゃっといこまいか」
(朝一をやっているそうなので、ちょっと行ってみませんか)
という風に使われます。

 

これが「行けない」と言う場合には「いけれん」、
「行かない」という場合には「いかすか」となります。

いこまいか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いざる、いざらかす とも言います。

 

動かす、動く という意味です。
「てーぶるいざえるで、てつだってちょ」
(テーブルを動かすので、手伝ってよ)
「そこからいざりんさんなよ」
(そこから動かすんじゃないよ)
という風に使われます。

いざえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐずる という意味です。
「こどもがいじるで、おもちゃかってまったわ」
(子供がぐずるので、おもちゃを買ってしまったよ)
「すぐいじるでちょっときをつけなあかんぞ」
(すぐぐずるから、ちょっと気をつけないと駄目よ)
という風に使われます。

いじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あぐらをかく という意味です。
「まあ、うちのつもりで、いずまかしとくれ」
(まあ、自分の家のつもりで、あぐらをかいてちょうだい)
「どうぞ、あしをらくにしていずまかしてください」
(どうぞ、足を楽にして、あぐらをかいてください)
という風に使われます。

いずまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いただく、頂戴する という意味です。
普通のいただくより、うやうやしい意味が込められる。
「おそなえもん、いなだくで、さげといてくんせえ」
(お供え物をいただきますので、下げておいてください)
という風に使われます。

いなだく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

死んだ、死んでしまった という意味です。
「あのじんいんでまった」
(あの人、死んでしまった)
「いんだんか、ういことじゃったの」
(死んでしまったのか、気の毒なことですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いんね」があります。
これは「いいえ」という意味です。

いんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うしなえる とも言います。
失う、失くす という意味です。
「さいふ、うしなかしてまった」
(財布を、失くしてしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うい」があります。
これは「嫌な、気の毒な」という意味です。
「そりゃあ、まあ、ういことじゃったのう」
(それは、まあ、気の毒なことでしたね)
という風に使われます。

うしなかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

茹でる という意味です。
「じゃがいも、うでといて」
(じゃがいもを茹でておいて)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「うむす」があります。
これは「蒸す、蒸し暑い」という意味です。
「こわいをうむす」
(強飯を蒸す)
「きょうはばかにうむすのー」
(今日はばかに蒸し暑いね)
という風に使われます。

うでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えんな とも言います。

 

いいよ、よろしいですよ、いいですよ という意味です。
「まーえーて」
(もういいよ)
「これどうぞ」「えーてえーて」
(これどうぞ)(そんなに気を遣ってくれなくていいんですよ)
という風に使われます。

えーて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいですか という意味です。
前の文を強調したり、念を押すための言葉です。
「ごみだしにいってくるで、えか」
(ゴミ出しに行って来ますからね、いいですか)
「きまったじかんにきてくんさいよ。えか!」
(決まった時間に来てくださいよ、いいですか!)
という風に使われます。

えか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いげる とも言います。

 

飽きる という意味です。
「まーにち、おんなじよーなおかずばっかじゃが、おんしえげへんか」
(毎日、同じようなおかずばかりで、あなたは飽きませんか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ええころかげん」があります。
これは「いい加減」という意味です。

えげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(喉が)痒い という意味です。
「なんやしらん、のどがえせらっこいなー、かぜじゃろか」
(何だか分からないが、喉が痒いなー、風邪を引いたのだろうか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えらい」があります。
これは「辛い、苦しい」という意味です。
「はしったもんでえらい」
(走ったので苦しい)
という風に使われます。

えせらっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おおじょこく とも言います。

 

難儀、困り果てる、大変な目に遭う という意味です。
「やりかたわからへんで、おうじょうこいてまったわ」
(やり方が分からなくて、困り果ててしまったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おうちゃき」があります。
これは「人任せ」という意味です。

おうじょうこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汚い という意味です。
いじめ言葉として使われたり、歌ったりします。
「おおさわり、おおさわり」
(汚い、汚い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おおさめ」があります。
これは「大雨」という意味です。
「きんのうは、ゆうさからおおさめやったなも」
(昨日は、夕方から大雨でしたねえ)
という風に使われます。

おおさわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おくんせえ とも言います。

 

ください という意味です。
「そこのまんじゅう、わっちにもおくんせえ」
(そこの饅頭、私にもください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おいて」があります。
これは「やめて、しないで」という意味です。
「おちゅうげんはもうおいてくんせい」
(お中元は、もうやめてください)
という風に使われます。

おくんさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

井戸端会議、油を売る という意味です。
「うちのおっかあ、でていくとおさばっかりうっとるで、なかなかかえってきやがらん」
(うちの母親、出て行くと油を売ってばかりで、なかなか帰ってこないんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おけぞく」があります。
これは「御供え、鏡餅」という意味です。
「おけぞくとってくんせえ」
(お供えを取ってください)
という風に使われます。

おさうり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おじょろまむし とも言います。
表向きはしおらしくしているが、内面的には、ヘビやマムシのように恐い女性 という意味です。
「やっぱおじょろへんびか!?」
(表向きはしおらしいけど、やはり恐い女なのか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おしめり」という意味です。
晴天続きに地面をぬらす程度の雨が降ること です。
「かんかんにかわいとったけど、ええおしめりになったじゃわ」
(カラカラに乾いていたけれど、良い小雨になりましたね)
という風に使われます。

おじょろへんび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(品質が)良くない、悪い、粗悪な、お粗末な という意味です。
「これ、おぞいわー」
(これ、質が悪いよー)
「あんなおぞいおんな、だれがよめにもらうかしらんとおもっとたんやに」
(あんなお粗末な女を、誰が嫁にもらうのかしらと思っていたんだよ)
という風に使われます。

おぞい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恐ろしい、怖い という意味です。
「かみなりがなっておそがかった」
(雷が鳴って、恐ろしかった)
「くらなるとおそがいで、はようかえってきゃーよ」
(暗くなると怖いですから、早く帰って来なさいよ)
「おそがいゆめみちゃった」
(怖い夢を見ちゃった)
という風に使われます。

おそがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

座る、正座する、お座りする という意味です。
「おやつやるでおちゃんこしやあ」
(おやつをあげますから、座りなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おたんちん」があります。
これは「まぬけ」という意味です。

おちゃんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おだいじん とも言います。

 

大金持ち、金持ち、大尽 という意味です。
「あのじんはおでえじんやで」
(あの人は大金持ちなんですよ)
「あのじんおでぇーじんやで、きふもだゃーぶだしてもらわにゃー」
(あの人は大金持ちだから、寄付もたくさん出してもらわなくちゃ)
という風に使われます。

おでえじん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手間暇をかけて作った料理、手の込んだ料理 という意味です。
「きょうのばんごはんは、おてまいりやね」
(今日の晩御飯は、手間暇をかけて作った料理ですね)
「おてまいりばっかりやないの」
(手の込んだ料理ばかりじゃないの)
という風に使われます。

おてまいり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もったいない、惜しい、気の毒な という意味です。
「まんだつかえるのにすててしまうとはおとましーこっちゃ」
(まだ使えるのに捨ててしまうとはもったいないことだ)
「もうすこしでつかまえられたのにおとましいことした」
(もう少しで捕まえられたのに、惜しいことをした)
という風に使われます。

おとましー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

御仏供、仏飯、仏前に供える物 という意味です。
「おぶくさまわすれんうようにな」
(御仏供を忘れないようにね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おじょうはん」があります。
これは「月参り」という意味です。
「おじょうはんはきまったじかんにきてくんさいよ。えか!」
(月参りには、決まった時間に来てくださいよ、いいですか!)
という風に使われます。

おぶくさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

感覚 という意味です。
「さむいで、てにおぼえあらへん」
(寒いので、手の感覚がないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おぼわる」があります。
これは「覚えることが出来る」という意味です。
「やっとかかって、おぼわったでね」
(やっとのことで、覚えることが出来たんです)
という風に使われます。

おぼえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなた、おまえさん という意味です。
「おまはん、えか」
(あなた、いいですか)
「わっちはつくらへんで、おまはんがつくりゃーよ」
(私は作れないから、あなたが作ってよ)
「おまはん、ちょっときをつけなあかんぞ」
(あなた、ちょっと気をつけないといけないよ)
という風に使われます。

おまはん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人見知りする、泣く という意味です。
「このこはまんだちいせえで、おめるであかんわ」
(この子はまだ小さいから、人見知りしていけないわ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おなぎ」があります。
これは「足を伸ばして座る」という意味です。
”おなぎ”の「なぎ」は、足を投げ出すの「なげ」からきているようです。

おめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お陰さまで という意味です。
「ことしゃおわたいでかぜもふかなんでよかったのーし」
(今年はお陰さまで台風も来なくて良かったですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おとらかす」があります。
これは「落とす」という意味です。
「さいふおとらかしてまったわ」
(財布を落としてしまったよ)
という風に使われます。

おわたいで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① いらっしゃる、おいでになる という意味です。
いりゃーす、ござる とも言います。
「もうじきいりゃーすでまっとって」
(もうじきいらっしゃるので待っていて)
「せんせいがおんさった」
「せんせいがござった」
(先生がおいでになった)
という風に使われます。

 

② 居る という意味です。
おりんさい とも言います。
「そこにおんさいや」
(そこの居なさいね)
という風に使われます。

おんさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんた とも言います。

 

オス(雄)という意味です。
「うちのねこはめんつで、となりのいぬはおんつやろ」
(うちの猫はメスで、隣の犬はオスでしょ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おんど」があります。
これは「おむつ」という意味です。
「ぬれとるで、おんどかえなあかんて」
(濡れていますから、おむつ替えてあげないといけませんよ)
という風に使われます。

おんつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

裏返し という意味です。
「こわいんな、このこきものかーしまにきとるがな」
(あら、嫌だ、この子着物を裏返しに着てるじゃないの)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かう」があります。
これは「留める、かける」という意味です。
「ぼたんかうでまっとって」
(ボタンを留めるので待っていてください)
という風に使われます。

かーしま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

知恵がない という意味です。
「あいつはかいしょなしやな~」
(あいつは知恵がないなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かいど」があります。
これは「家の外、街道」という意味です。
「こら、かいどでしょんべこくな」
(こら、家の外でおしっこするんじゃない)
という風に使われます。

かいしょなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眩しい という意味です。
「てんきがえーとおてんとさまがかがはえー」
(天気がよいと太陽が眩しい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がで」があります。
これは「量」という意味です。
「がでがおおいでたべれなんだ」
(量が多くて食べられない)
という風に使われます。

かがはえー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

炊き込みご飯、混ぜご飯 という意味です。
「ゆうはんはかきまわしかね、おいしそうやね」
(夕飯は炊き込みご飯ですか、美味しそうですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「からがき」があります。
これは「いちじく」という意味です。
「からがきすきやで、もっていきんせえ」
(いちじくが好きでしょう、持って行きなさい)
という風に使われます。

かきまわし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粗雑な という意味です。
「このかぐは、がさなつくりやなあ」
(この家具は、粗雑な造りだなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かざ」があります。
これは「香り、匂い」という意味です。
「このふくじゅそう、ええかざするろ」
(この福寿草、良い香りがするよ)
という風に使われます。

がさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

婚家のお嫁さんが出て行く時に、
婚家の家(屋根の上やベランダ、2階など)から
お菓子をばらまく風習のことを言います。

「よめいりやそやげなで、あしたは、かしまきやと」

(嫁入りするんだそうで、明日は”かしまき”でお菓子をばらまくんですって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かしわ」があります。
これは「鶏肉」という意味です。
「すーぱーでかしわのやすうりやっとるで、かいにいきんせえ」
(スーパーで鶏肉の安売りをしているから、買いに行きなさいよ)
という風に使われます。

かしまき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

画鋲 という意味です。
「いてえとおもったら、がばりやったわ」
(痛いと思ったら、画鋲だったよ)
「そのぷりんと、がばりでさしといて」
(そのプリント、画鋲で刺しておいてください)
「がばりふんだで、ちがでとるわ」
(画鋲を踏んでしまって、血が出ているよ)
という風に使われます。

がばり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

美容院、美容師 という意味です。
「かみいさいってくるで」
(美容院に行ってきます)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かまわんといて」があります。
これは「お構いなく」という意味です。
「あれあれかまわんといて」
(あらあら、お構いなく)
という風に使われます。

かみいさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かえしこむ とも言います。

 

転がり落ちる という意味です。
「がけからかやしこんだ~」
(崖から転がり落ちたー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かえりしな」があります。
これは「帰る時」という意味です。
「かえりしなにもっていって」
(帰る時に持って行って)
という風に使われます。

かやしこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かわいそう という意味です。
「あれ、こんなことしてかわいいに」
(あれ、こんな事をして、かわいそうに)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かんにして」があります。
これは「許して、ごめんなさい」という意味です。
「おくれてかんにせい」
(遅れてごめんなさい)
という風に使われます。

かわいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じっくりと考える、考える という意味です。
「よーくかんこうしてちょーよ」
(よくよくじっくりと考えてくださいよ)
「どんないえがええか、ようかんこうしんせえ」
(どんな家が良いか、よくよくじっくりと考えなさい)
「ようかんこうしてしゃべらなあかんて」
(よく考えて喋らないといけませんよ)
という風に使われます。

かんこう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汚い という意味です。
「そげなきたなこいことやめやー」
(そんな汚いことをするのはやめなさい)
「おめえのけつべたきたなこい」
(おまえのお尻、汚い)
という風に使われます。

 

この”けつべた”は「お尻」という意味です。
「けつべたをたたいてやるぞ」
(お尻を叩くぞ)
という風に使われます。

きたなこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大嫌い という意味です。
「わっちは、そば、きっつくれえやで」
(私は、蕎麦が大嫌いなんです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎっちょさ」があります。
これは「左利き」という意味です。
「かれはぎっちょさやさー」
(彼は左利きなんだよ)
という風に使われます。

きっつくれえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気が向いていない、気にしていない、気付かない という意味です。
「おきゃくさんがおんさるかどうか、きなしやったわ」
(お客さんがいるかどうか、気が向かなかったわ)
「きなしやってまった」
(気付かずしてしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きくな」があります。
これは「春菊」という意味です。
「なべにはきくないれてちょ」
(鍋には春菊を入れてください)
という風に使われます。

きなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

申し訳なく思う、すまないと思う という意味です。
「こんなにしてもらって、きのどくしたなも」
(こんなにして頂いて、申し訳なく思います)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「ぎざ」があります。
これは「縁起」という意味です。
「ぎざがわるい」
(縁起が悪い)
という風に使われます。

きのどくする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捕らえる という意味です。
「おめーさん、なかなかきめるの、うめーなも」
(あなたは、とても捕らえるのが、上手ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きめじん」があります。
これは「生真面目な人」という意味です。
「あのじんはきめじんやで」
(あの人は生真面目な人です)
という風に使われます。

きめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きむい とも言います。

 

窮屈 という意味です。
「このくつきもいで、かえて」
(この靴、窮屈だから替えてください)
「ふとったでずぼんがきむうなったわ」
(太ったからズボンが窮屈になった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きつい」があります。
これは「強い」という意味です。
「あのすもうとりはきついわ」
(あの相撲取りは強いな)
という風に使われます。

きもい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

消す という意味です。
「へやのでんき、きやしといて」
(部屋の電気を消しておいてください)
「ひをきやしてなー」
(火を消してね~)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かんす」があります。
これは「蚊」という意味です。
「あ!かんすや!」
(あ!蚊だ!)
という風に使われます。

きやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

カエル という意味です。
「ぎゃーろがなくで、けえーろ」
(カエルが鳴くから、帰ろう)
「ぎゃーろをへんびがのみこんだぞ」
(カエルが蛇を飲み込んだぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎょうさん」があります。
これは「たくさん」という意味です。
「ぎょうさんもらった」
(たくさん頂いた)
という風に使われます。

ぎゃーろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昨日 という意味です。
「ぎふまつりはきんのうまでだったじゃか」
(岐阜祭りは昨日までだったんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎんつ」があります。
これは「鯰の子」という意味です。
「みずがきれいになったで、たまにぎんつおるよーになったんな」
(水が美しくなったので、時々鯰の子がいるようになりましたね)
という風に使われます。

きんのう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くれんさい とも言います。

 

下さいよ という意味です。
「そうしてくだしーよ」
(そうして下さいよ)
「そんなけっちいこといわんと、わてにもぎょーさんくだしーよ」
(そんなケチなこと言わないで、私にも沢山下さいよ)
という風に使われます。

くだしーよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くつばかしい とも言います。

 

くすぐったい という意味です。
「くつばしいことするな!」
(くすぐったいことをするんじゃない!)
「あしのうらにさわられるとくつばかしー」
(足の裏に触られるとくすぐったい)
という風に使われます。

くつばし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行く という意味です。
これは、会話の相手と次回会う約束をするときに限定されます。
「もしもし?いまからくるでな」
(もしもし?今から行くからね)
「そしゃ、こんどのれんきゅう、おめぇんちくるさ」
(それじゃあ、今度の連休に、あなたの家に行きますよ)
という風に使われます。

くる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

隅 という意味です。
「だんぼーる、そうこのにしのくろにおいといたで」
(ダンボールは、倉庫の西の隅に置いておきましたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぐろ」があります。
これは「脇、まわり」という意味です。

 

これが「くんででる」ですと「はみ出ている」という意味です。

くろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

内出血、青アザ という意味です。
「ぶつかったで、くろにえができてまった」
(ぶつかったので、内出血が出来てしまった)
「いてー、ころんでくろにえだらけだわ」
(痛い~、転んで、青アザだらけですよ)
「かいだんからおちてひざがくろにえとる」
(階段から落ちて、膝が内出血している)
という風に使われます。

くろにえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼんやりと という意味です。
「あのじん、さっきからけそかんとしちょるが、でーじょーぶか」
(あの人、先ほどからぼんやりとしているが大丈夫ですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けぶたい」があります。
これは「煙い」という意味です。

けそかんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見苦しい、格好悪い という意味です。
「そんなふく、けっこないで、やめない」
(そんな服、格好悪いからやめておきなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けつわる」があります。
これは「長続きしない、途中で投げ出す」という意味です。
「あいつは、けつわったぞ」
(あいつは、長続きしなかったぞ)
という風に使われます。

けっこない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けったましーん とも言います。

 

自転車 という意味です。
「こうこうのころはけったつうやったで」
(高校の頃は、自転車通学でしたよ)
「げたはいてけったのるなや」
(下駄を履いて、自転車に乗るんじゃない)
という風に使われます。

けった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うらやましい という意味です。
「あのじんはあれをもってるで、けなるいわ」
(あの人はあれを持ってるから、うらやましいよ)
「いいものもっとるな~けなるいなあー」
(良い物を持っていますねぇ、うらやましいなあ)
という風に使われます。

けなるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうしようもなく悪い、ズル、非合法的なこと という意味です。
「げばいたはなし」
(どうしようもなく悪い話)
「げばいたおとこ」
(醜態な男)
「げばいたこと」
(恥じ入ったこと)
「おまえらげばいたことしたなー」
(おまえ達、どうしようもなく悪いことをしたな)
という風に使われます。

げばいた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げばかす とも言います。

 

失敗する という意味です。
「こら、こうしゃくゆうな、しけんにげばかすぞ」
(こら、文句を言うな、試験に失敗するぞ)
「あ、これつくるの、げばいた」
(あ、これ作るの、失敗した)
「あーりゃ、げばかした!じをまちがえてまった」
(うわ、失敗した!字を前違えてしまった)
という風に使われます。

げばす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不満、不平、文句 という意味です。
「こうしゃくばっかりたれて」
(不満ばっかり口にして)
「こうしゃくいいながらたべたほうが、うめえでなも」
(文句を言いながら食べた方が、美味しいんじゃないの)
「こうしゃくをゆうな」
(文句を言うんじゃない)
という風に使われます。

こうしゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腹が立つ、腹立たしさに心がイライラする、はらわたが煮えくり返る という意味です。
「あーれまったくぅ、ごがわくやっちゃなぁ~」
(まったく本当に、腹が立ってイライラする奴だな)
「あいつのいったこと、ごがわくってな~」
(あいつの言った事に、腹が立ってしまってね)
という風に使われます。

 

これが「ごわかす」ですと「腹を立てる」という意味になります。

ごがわく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ございます という意味です。
「ごえんさまおきょうをよんでござる」
(お寺の住職がお経を読んでいらっしゃいます)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごしょうだのみ」があります。
これは「熱心な念仏者、後生を願う人」という意味です。
「あのじんはごしょうだのみだったなも」
(あの人は熱心な念仏者だったよね)
という風に使われます。

ござる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

僻む という意味です。
「そう、こぜるな!」
(そう、僻むなよ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぎる」があります。
これは「値切る」という意味です。
「このかれーぱん、こぎってかってきた」
(このカレーパン、値切って買ってきた)
という風に使われます。

こぜる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 利口だ、すばしこい、目先が利く という意味です。
「おまえはこすいやっちゃー」
(あなたは利口な人ですね)
という風に使われます。

 

② ずるい、ケチだ という意味です。
「あのじんは、こっすいもぉ、のこるはずやらぁ」
(あの人は、ずるいから残るはずだよ)
という風に使われます。

こすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶつける という意味です。
「ゆびをこつけたー」
(指をぶつけた~)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ころばる」があります。
これは「転がる」という意味です。
「つまづいてころばった」
(躓いて、転がった)
という風に使われます。

こつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

迷惑、苦労 という意味です。
「むりなこといって、こっぱいやったのー」
(無理なこと言って、迷惑かけましたねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こーとい」があります。
これは「地味」という意味です。
「こーといやっちゃな」
(地味な奴だな)
という風に使われます。

こっぱい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

威張っている という意味です。
「あいつ、がっきゅういいんになったもんじゃでこっぺちょるぞ」
(あれは学級委員になったから威張っているぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こもつるしい」があります。
これは「戸締りをきちんとしない」という意味です。

こっぺちょる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つまるところ という意味です。
「こというと、そういうことや」
(つまるところ、そういうことです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こんきに」があります。
これは「辛抱強く」という意味です。
「こんきにやらんと、つづかんなあ」
(辛抱強くやらないと、続かないよ)
という風に使われます。

こというと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最近 という意味です。
「こないうち、ぎふことばがみつかったで」
(最近、岐阜言葉が見つかったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こまる」があります。
これは「歯と歯の間に挟まって取れない」という意味です。
「とりにくが、はにこまってまったわ」
(鶏肉が、歯と歯の間に挟まって取れなくなってしまったよ)
という風に使われます。

こないうち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

失礼しました という意味です。
「おふろ、おさきにごぶれいしました」
(お風呂をお先に(いただいて)失礼いたしました)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ごたいぎ」があります。
これは「大変お世話に」という意味です。
「ごたいぎになりましたな」
(大変お世話になりましたね)
という風に使われます。

ごぶれいしました 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恥ずかしい という意味です。
「しらんひとにあうのはこわいも」
(知らない人に会うのは恥ずかしいよ)
という風に使われます。

 

「心配な」「嫌な」「面倒な」「気の毒な」「寂しい」などの意でも使われます。

 

似た言葉では「こいた」があります。
これは「~した」という意味です。
「びっくりこいた」
(ビックリした)
という風に使われます。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

壊れる という意味です。
「だだくさにするで、こわけてまったわ」
(雑に扱うから、壊れてしまったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こわかす」があります。
これは「両替する」という意味です。
「このせんえんさつこわかしてくれませんか」
(この千円札を両替してくれませんか)
という風に使われます。

こわける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

今度は という意味です。
「にじゅうごめーとるおよげるようになったでこんどかえしごじゅうめーとるおよぐじゃわ」
(25m泳げるようになったので、今度は50m泳ぎますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごんぼ」があります。
これは「牛蒡(ごぼう)」という意味です。
「これはごんぼかなも」
(これは牛蒡ですか)
という風に使われます。

こんどかえし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

故郷、田舎、在所 という意味です。
「おまはん、ざいしょはどこやな? 」
(あなたの実家はどこですか?)
「おまはん、ざいしょにはいつかえりんさるかね」
(あなた、故郷にはいつ帰られるんですか?)
という風に使われます。

ざいしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっぽろ とも言います。
鳥肌 という意味です。
「おめー、さぼろでとるで」
(おまえ、鳥肌出ているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さがし」があります。
これは「竹馬」という意味です。
「むかしはおとこのこんたー、うめーことさがしにのって、あそんだもんや」
(昔は男の子たち、上手に竹馬に乗って遊んだものです)
という風に使われます。

さぼろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

残さず食べる という意味です。
「ちゃわんにごはんつぶのこっとるで、ちゃんとさらえときゃー」
(茶碗にご飯粒が残っているから、ちゃんと残さず食べなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さかしま」があります。
これは「逆、反対」という意味です。
「ふくをうらおもてさかしまにきてしまった」
(服を表裏逆に着てしまった)
という風に使われます。

さらえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なさる という意味です。
「いわさらなんだ」
(言われなかった)
「いわさいよ」
(言いなさいよ)
という風に使われます。

 

これが「~さった」ですと「~なさった」という意味です。
「いわさった」
(言いなさった)
という風に使われます。

 

また、「~さらんか」ですと「~ください」という意味になります。

さる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汁物 という意味です。

 

味噌汁やお吸い物のことを指します。
「しーしものんでくんせい」
(味噌汁も飲んでください)
「しーし、ぬくとめてあるで、のんでくんせえ」
(お吸い物を温めてあるので、飲んでください)
という風に使われます。

しーし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

里芋 という意味です。
「じいもほってくるじゃか」
(里芋掘ってきましょうか)
「おてらのじいもはほおんこさんのめいぶつやげな」
(お寺の里芋は報恩講の名物だね)
「ちょっとじいもほってくるわ」
(ちょっと里芋を掘ってきますね)
という風に使われます。

じいも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

躾(しつけ)という意味です。
「こどものしいれがなっとらん」
(子供の躾がなっていない)
「こどもがいうこときかんのは、おやのしいれがわるいでやわ」
(子供が言う事を聞かないのは、親の躾が悪いからだよ)
という風に使われます。

しいれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

地元、土着 という意味です。
「じげのじんがそういっとったでまちがいないわ」
(地元の人がそう言っていたから間違いないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じょり」があります。
これは「草履、サンダル」という意味です。
「じょりこうてくるで」
(サンダルを買ってくるよ)
という風に使われます。

じげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

育てる という意味です。
「ながいあいだかかってしとなっとるで、このだいこんこわいわ」
(長い時間をかけて育っているので、この大根は硬いな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しっぺ」があります。
これは「垂れ目」という意味です。

しとねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凍る という意味です。
「ことしのふゆは、さぶいひがおおてあさばんよーしみるなー」
(今年の冬は、寒い日が多くて朝や夜よく凍りますね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃちやく」があります。
これは「お節介を焼く」という意味です。

しみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人 という意味です。
「あのじんはおでえじんやで」
(あの人は大金持ちなんですよ)
「あのじん、どこのじんだろう?」
(あの人は、どこの人だろう?)
「あれ?あのじん、どこいった?」
(あれ?あの人、どこに行った?)
という風に使われます。

じん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しなさる という意味です。
「Aさんは、なんでもはようしんさるそうや」
(Aさんは、何でも早くしなさるそうです)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「しらっせんなよ」があります。
これは「~してはいけないよ」という意味です。

しんさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

迷う という意味です。
「いっけのあねま、りょこうにさそったが、えろーしんびきしておいでる」
(親戚の嫁さんを旅行に誘ったが、大変迷っていらっしゃる)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「しぶと」があります。
これは「死人、死んだ人」という意味です。
「しぶとでいっぱいやった」
(死んだ人でいっぱいだった)
という風に使われます。

しんびきする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(足などが)すくむ という意味です。
「こんなとこでようあしがすくだまらんね」
(こんな場所で、よく足がすくまないですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すっこむ」があります。
これは「引っ込む」という意味です。
「そんなとこにすっこんどらんでもええに」
(そんな場所に引っ込んでいなくてもいいよ)
という風に使われます。

すくだまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怠け者 という意味です。
「あいつはずくたれじゃのー」
(あいつは怠け者だね)
「そんなずくなしはしらん」
(そんな怠け者は知らない)
という風に使われます。

 

「ずくたれた」は「だらしのない」、
「ずくでなし」は「ろくでなし」のことを言います。

ずくたれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

づつない とも言います。

 

苦しい という意味です。
これが「きがずつない、きがづつない」ですと「心苦しい」という意味になります。
「おまはんにばっかやってもらっとるで、きがずつねえ」
(あなたにばかりやってもらっているので、心苦しいです)
という風に使われます。

ずつない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

隅、隅の方 という意味です。
「すまっこからあがってくんせい」
(隅の方から上がってください)
「すまっこずら」
(隅の方だろう)
という風に使われます。

 

この「ずら」は、「~だろう」という意味です。
「あしたりは、ちゃんといっしょにいくずら」
(明日はきっと一緒に行くだろうね)
という風に使われます。

すまっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すぐに という意味です。
「さらすんともってきて」
(お皿をすぐに持ってきて)
「すんときて!」
(すぐに来て!)
「さいふわすれてまったで、すんともってきて」
(財布を忘れてしまったので、すぐに持ってきて)
という風に使われます。

すんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弄る という意味です。
「おい、うきよーみとらなあかんがや、せせっとるやねーか」
(おい、浮きをよく見ていなければ駄目だろうが、餌をいじってるじゃないか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~せる」があります。
これは「~する」という意味です。

せせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねだる という意味です。
「こづかいせぶってばっかで、なんにそーつかうのや」
(小遣いをねだってばっかりで、何にそんなに使うのだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せばい」があります。
これは「狭い」という意味です。
「せばいもんで、しゃぁないな」
(狭いもので、仕方ないね)
という風に使われます。

せぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お節介 という意味です。
「あんなせんしょなひと、しらんに」
(あんなお節介な人、知らないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せこ」があります。
これは「道から、家の敷地に入ってくる所」のことです。
「せこさきに、くるまとめといて」
(家の前の入り口の所に、車を停めておいて)
という風に使われます。

せんしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

慎重に、ゆっくりと という意味です。
「たわけ!そーそとはこばんとあかってまうで」
(馬鹿!慎重に運ばないと溢しちゃうよ)
「そのおちゃはあっついで、そーそとのまんとやけどするで」
(そのお茶は熱いので、ゆっくりと飲まないと火傷しますよ)
という風に使われます。

そーそと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

葬式、葬儀の列 という意味です。
「きょうはおおぞうれんやったなも」
(今日はお葬式でしたね)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「ごえんさま」があります。
これは「お寺の住職」という意味です。
「ごいんさまがござった」
(住職がいらっしゃた)
という風に使われます。

そうれん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうすると という意味です。
「ここをまっすぐにいくとそやがやしきがあるで」
(ここを真っ直ぐに行って、そうすると屋敷がありますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉で「そめ」があります。
これは「案山子」という意味です。
「いねがでーぶいろんでったで、そめたてよか」
(稲がかなり実ってきたので、案山子を立てようか)
という風に使われます。

そやが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たわけ、たーけぇー とも言います。

 

馬鹿、馬鹿者 という意味です。
「こん、たあけ!」
(この、馬鹿野郎!)
という風に使われます。

実際には「馬鹿」よりもきついニュアンスの言葉です。

 

これが「たあけらしい」ですと「馬鹿らしい」という意味です。
「あんなたあけらしいこと、ようやるねぇ」
(あんな馬鹿らしいこと、よくやるね)
という風に使われます。

たあけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粗雑、いい加減にする、浪費家 という意味です。
「だだくさにつかわんでよ!」
(粗雑に扱わないでよ!)
「だだくさにするで、こわけてまったわ」
(粗雑にするから、壊れてしまったよ)
「てはやいけど、しごとはだだくさやよ」
(手は早いけど、仕事はいい加減だよ)
という風に使われます。

だだくさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だしかん、だちゃかん とも言います。

 

駄目だ、いけない という意味です。
「そんなにあくれまわっちゃだちかん」
(そんなにあばれ回っては駄目だ)
「そんなことじゃぁ、だちかんぞ」
(そんなことでは、駄目だぞ)
「だちきません」
(駄目です)
という風に使われます。

だちかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

炭酸が抜ける、揮発する という意味です。
「このびーる、たってっとるであかん」
(このビールは、炭酸が抜けていっているのでダメだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だしみっともない」があります。
これは「みっともない」を強調して言う場合に使われます。

たってく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たまたま、極まれに という意味です。
「たまさかそんなこともある」
(極まれにそんなこともあります)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たも」があります。
これは「虫取り網」という意味です。
「せみ、とらまえたるで、たももってこい」
(セミを捕まえてあげるから、虫取り網を持ってきなさい)
という風に使われます。

たまさか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

注意する という意味です。
「ゆきみちはあぶねーでためらっとくれ」
(雪道は危険だから注意してください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だばえた」があります。
これは「酷い」という意味です。
「そんなだばえたはなし、ないぜえも」
(そんな酷い話、無いでしょう)
という風に使われます。

ためらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つまらない、面白くない、残念、酷い という意味です。
「ああ、たるい、たるい」
(ああ、つまらない、つまらない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~たるわー」があります。
これは「~してあげるよ」という意味です。
「おれがもったるわー」
(俺が持ってあげるよ)
という風に使われます。

たるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だるい、だるくて病んでいる様子 という意味です。
「きんのう、うんどうかいにでてまったで、あしがだるやめしとるでかんわ」
(昨日、運動会に出てしまったので、足がだるくてダメだ)
「あしのほうまでだるやめなっとる」
(足の方までだるくなっている)
という風に使われます。

だるやめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お風呂 という意味です。
「ちゃっとだんだにはいりゃー」
(早くお風呂に入りなさい)
「だんだにはいってぬくとまれ」
(お風呂に入って暖まりなさい)
「だんだいれたるで、ちゃっとふくぬぎゃあ」
(お風呂に入れてあげるから、さっさと服を脱ぎなさい)
という風に使われます。

だんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょこっと、ちったあ、ちょびっと とも言います。
少し、少しは という意味です。
「ちーとはべんきょうしたらあ」
(少しは勉強したら?)
「なぁ、ちったあおれのことかんがえてくれん?」
(なぁ、少しは俺のこと考えてくれない?)
という風に使われます。

ちーと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うずくまる という意味です。
「となりのじいさま、ちじくなってござるが、だーじょーぶか」
(隣のお爺さん、うずくまっていらっしゃいますが、大丈夫ですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃんぺら」があります。
これは「自習書、ガイド」という意味です。

ちじくなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

早く、さっさと、急いで という意味です。
「ちゃっと、かいしゃ、いきんせえ」
(早く会社に行きなさい)
「ちゃっとまわしせい」
(急いで準備しなさい)
「ちゃっとかたづけやー」
(さっさと片付けてしまいなさい)
という風に使われます。

ちゃっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からかう という意味です。
「またちょーがらかされてまったわ」
(また、からかわれてしまったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょーらかす」があります。
これは「あやす、騙す」という意味です。
「こどもをちょーらかす」
(子供をあやす)
という風に使われます。

ちょーがらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(悪い意味で)調子に乗る という意味です。
「あのこ、さいきんちょーすいとるでかんで」
(あの子、最近調子に乗ってて嫌だよね)
「そんなことでちょうすくな!」
(そんなことで調子に乗るな!)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちょーすく」があります。
これは「生意気」という意味です。

ちょうすく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ている、~している という意味です。
「みちょる、きいちょる」
(見ている、聞いている)
「そんなとこでなにやっちょる」「なんにもやっちょらへん」
(そんな所で何をやっているんだ)(何もやっていない)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちょ」があります。
これは「~してね」という意味です。
「やってちょ」
(やってね)
という風に使われます。

ちょる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ものすごく熱い様子 という意味です。
「このおちゃちんちんやもんで、のめん」
(このお茶は非常に熱いので、飲むことができない)
「このやかんちんちんやわ。さわってごらん」
(このヤカン、ものすごく熱いよ。触ってごらん)
という風に使われます。

ちんちん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

座る という意味です。
「そこにつくなって」
(そこに座って)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つくねる」があります。
これは「まとめておく、雑にしまい込む」という意味です。
「せんたくするもんを、つくねとったらあかん」
(洗濯物を、雑にしまい込んでは駄目だ)
という風に使われます。

つくなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よそう、分ける という意味です。
「ごはんつけてちょーすか」
(ご飯をよそいましょうか)
「おれにもごはんつけて」
(俺にもご飯よそって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つれ」があります。
これは「友達、仲間」という意味です。
「わっちのつれは、みんなしんでまったわ」
(私の仲間は、みんな死んでしまったよ)
という風に使われます。

つける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蟋蟀(こおろぎ)という意味です。
「もーあきやなー、つずりさせが、あっちゃこっちゃでないとる」
(もう秋ですね、こおろぎがあちこちで鳴いている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「づつない」があります。
これは「胸焼け」という意味です。

つずりさせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小さい、窮屈だ という意味です。
「このくっつもいわ」
(この靴、小さいよ)
「このふくつもいで、いやや」
(この服は窮屈で、いやだなあ)
「めたぼやろか?えろーずぼんがつもなった」
(内臓脂肪型肥満だろうか?えらくズボンが窮屈になった)
という風に使われます。

つもい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

月の最後の日、月末 という意味です。
「もうつもごかなも、はえーなも」
(もう月の最後の日ですか、早いですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つまる」があります。
これは「凝る」という意味です。
「ないしょくばっかやとるで、かたがつまってまった」
(内職ばかりやっているから、肩が凝ってしまった)
という風に使われます。

つもご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

持つ、担ぐ、持ち上げて移動させる という意味です。
「ちょっとつくえつってちょ」
(ちょっと机を持ち上げて移動させてくれ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つっと」があります。
これは「急に」という意味です。
「そんなことつっといわしても」
(そんなことを急に言われても)
という風に使われます。

つる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大体、あらまし という意味です。
「でえいてい、そんなこっちゃ」
(大体、そんなところです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~で」があります。
これは「~ので」という意味です。
「やっとくで」
(やっておきますので)
という風に使われます。

でえいてい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どえらい、どえりゃー、でえら、でらあ とも言います。

 

とんでもない、すごい、大変 という意味です。
「でえれえことになってまった」
(とんでもない事態になってしまった)
「どえりゃーこっちゃ」
(とんでもないことです)
という風に使われます。

でえれえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

苦しい という意味です。
「こんだけねつがたこーてはてきなかろー」
(これだけ熱が高くては苦しいだろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ですこ」があります。
これは「額、おでこ」という意味です。
「あんたですこがひろいな」
(あなたはおでこが広いね)
という風に使われます。

てきない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手に負えない という意味です。
「あのどびんた、あすびにいってまって、てにゃわんやっちゃ」
(あの女の子は遊びに行ってしまって手に負えない奴だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てーもない」があります。
これは「とんでもない、大変」という意味です。

てにゃわん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうにかこうにか という意味です。
「どうぞこうぞしてー」
(どうにかこうにかして)
「えらかったけど、どうぞこうぞして、やりんさったと」
(大変だったけれど、どうにかこうにかやり切ったって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どこぞかんぞ」があります。
これは「どこか」という意味です。

どうぞこうぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても暑い、すさまじい暑さ という意味です。
「とあけたまんまやと、どがみがはってくるでしめてちょ」
(ドアを開けたままだと、熱気が入ってくるから閉めてくれ)
「にかいはどかどかやで、ようねれんわ」
(二階はとても暑くて、よく寝られないよ)
という風に使われます。

どかみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫、危険、手間、面倒が無い という意味です。
「あんなとこで、どさないか」
(あんな場所で、大丈夫か)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どぶどぶいう」があります。
これは「ぶつぶつ言う」という意味です。
「まーた、どぶどぶいっとる」
(まーたぶつぶつ言ってるよ)
という風に使われます。

どさない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひどく という意味の接頭語です。
「わーわーとどすぼえる」
(わーわーとひどく泣く)
「こりゃまたどすえらいもんじゃ」
(これはまたひどく大きなものだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どさまく」があります。
これは「たくさん」という意味です。

どす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ビリ、どんじり、最後 という意味です。
「おまえ、どべやないか」
(おまえ、ビリじゃないか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どっぺ」があります。
これは「釣った魚を入れる竹で編んだ籠」のことです。
「むかしはさかなつりによーどっぺもっていったもんじゃが」
(昔は魚釣りにはよく竹で編んだ籠を持っていったものだが)
という風に使われます。

どべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

灯す、明かりを点ける という意味です。
「でんきとぼして」
(電気を点けて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とふ」があります。
これは「豆腐」という意味です。
「しろいでなんかとおもったらとふじゃわ」
(白いから何かと思ったら、豆腐だったわ)
という風に使われます。

とぼす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捕まえる という意味です。
「おじいがおおきなさかなをとらまえてきた」
(お爺さんが大きな魚を捕まえてきた)
「せみ、とらまえたるで、たももってこい」
(蝉を捕まえてあげるから、虫取り網を持っておいで)
という風に使われます。

とらまえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なさい という意味です。
「しずかにしとれ」
(静かにしていなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~とる」があります。
これは「~ている」という意味です。
「いまてれびみとる」
(今、テレビを観ている)
という風に使われます。

とれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とろくせい とも言います。

 

まぬけ、馬鹿らしい という意味です。
「そんなとろくせえことするな」
(そんなまぬけなことをするな)
「とろくせいことよういわっせる」
(馬鹿らしいことをよく言いますね)
という風に使われます。

とろくせえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

包丁 という意味です。
「ちょっとながたんもってきてみやあ」
(ちょっと包丁を持ってきてみなさい)
「むかしのながたん、たまにとがんならんで、めんどうじゃったのう」
(昔の包丁は、時々研がなければならないので、面倒だったなあ)
という風に使われます。

ながたん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

触る という意味です。
「はなをなぶりなさんなよ」
(鼻を触るんじゃないよ)
「あんた、これ、なぶったやらー」
(あなた、これ、触ったでしょう)
「それははなこのやで、なぶったらあかんよ」
(それは花子のものですよ、触ってはいけないよ)
という風に使われます。

なぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怠ける、面倒くさがる、無気力 という意味です。
「なまかわしとるとたわけになるで」
(怠けているとバカになるぞ)
「ほれみー、なまかわしとるでじゅーすこぼしてまったにー」
(ほら見ろ、面倒くさがっているからジュースを溢してしまっただろう)
という風に使われます。

なまかわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なもし とも言います。

 

~ね という意味です。
文章の最後に付けて、その文の意味を強める場合に使います。
「やっとかめやなも」
(お久しぶりですね)
「おたのみもうしますなもし」
(よろしくお願いしますね)
「まんだ、はたらかなあかんでなも」
(まだ、働かないとならないぞ)
という風に使われます。

なも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なさる という意味です。
「なにをかきなれるな」
(何を書かれますか)
という風に使われます。

 

最上級の敬意を払った言葉です。
やや丁寧に言う場合は
「なにかくな」
(何を書きますか)
という風に言います。

 

これが「なりゃせん」ですと「ならない」という意味です。

なれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歩け という意味です。
「なんなんな、なんなんな」
(歩け、歩け)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんでかんで」があります。
これは「必ず」という意味です。
「なんでかんでだいがくいかなんもんやないよ」
(必ず大学に行かなければいけないよ)
という風に使われます。

なんなんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆるい、足りない という意味です。
「しめがにしいで、ねじがゆるんでまうわ」
(締め方が足りないから、ネジが緩んでしまうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にすい」があります。
こえは「弱い、鈍感、性根がしっかりしない」という意味です。

にしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

兄さん という意味です。
「にいまは、げんきかえも」
(兄さんは、元気ですか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にわ」があります。
これは「土間」という意味です。
「やさい、にわにおいてあるで」
(野菜は土間に置いてありますよ)
という風に使われます。

にいま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬくたい とも言います。

 

暖かい という意味です。
「このごろ、ぬくとおなったね」
(この頃、暖かくなりましたね)
「きんのーはぬくとかったけど、きょーはさぶいなー」
(昨日は暖かかったけれど、今日は寒いね)
という風に使われます。

ぬくとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暖める、温める という意味です。
「しーしぬくとめてくるで、えか」
(お味噌汁を温めてきますので、いいですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぬったくる」があります。
これは「塗りたくる」という意味です。

ぬくとめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くどい という意味です。
「なんやしらんおんなじことなんけーもいって、ねちこえやっちゃなー」
(何か分からないが同じことを何回も言ってしつこい奴だなー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねつらう」があります。
これは「狙い済ます」という意味です。
「てっぽうでとりをねつらってとった」
(鉄砲で鳥を狙い済まして獲った)
という風に使われます。

ねちこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ネギ、根深ネギ という意味です。
「ねぶかこうてきて」
(ネギを買ってきて)
「ねぶかなら、たんとはたけにあるで」
(ネギなら、畑にたくさんありますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねばり」があります。
これは「真綿」という意味です。
「むかしは、ふとんにわたいれるとき、うえにねばりのばいたもんやさ」
(昔は、布団に綿を入れる時、綿の上に真綿を伸ばしたものですよ)
という風に使われます。

ねぶか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眠い という意味です。
「あーねぶたいよぉ!」
(あー、眠いよぉ!)
「きょうはぬくとくて、ねぶたくなる」
(今日は暖かくて、眠くなる)
「ねぶたがるな、がんばれ」
(眠たがるんじゃない、頑張れ)
という風に使われます。

ねぶたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

舐める という意味です。
「のどがいたいであめをねぶる」
(喉が痛いので、飴を舐める)
「あのじん、あめ、ねぶっとる」
(あの人、飴を舐めている)
「このこは、ねぶたくなると、ゆびをねぶるに」
(この子は、眠くなると、指を舐めるんですよ)
という風に使われます。

ねぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最初から という意味です。
「のっけからそんなにとべーたら、せーごにばてるぞ」
(最初からそんなに速く走ったら、最後に弱るぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のける」があります。
これは「どける、避ける」という意味です。

のっけから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雪崩 という意味です。
「こんだけぬくとーなると、のまおきるのー」
(これだけ暖かくなると、雪崩が発生するね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のーて」があります。
これは「~なくて」という意味です。
「かぎがのーてこまったわ」
(鍵がなくて、困ったよ)
という風に使われます。

のま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざらざらしている という意味です。
「ばさまのてははじかいなー」
(おばあさんの手は皮膚が荒れてざらざらしているね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はしっこい」があります。
これは「すばしこい」という意味です。
「あいつは、はしっこいやつじゃ」
(あいつは、すばしこい奴だ)
という風に使われます。

はじかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乾く という意味です。
「こんだけあめがつづいちゃせんたくものがはしゃがんでこまった」
(これだけ雨が続いては洗濯物が乾かないので困った)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はじかむ」があります。
これは「(手足が)凍える」という意味です。
「さむくてはじかむ」
(寒くて凍える)
という風に使われます。

はしゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

破裂する、壊れる、割れて開く という意味です。
「すいどうかん、はぜてしまったわ」
(水道管が、破裂してしまったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ばりかく」があります。
これは「引っ掻く」という意味です。
「ねこにばりかかれた!」
(猫に引っ掻かれた!)
という風に使われます。

はぜる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばばちい とも言います。

 

汚い という意味です。
「ばばいでさわったらあかん」
(汚いから触ってはいけない)
「そんなんなぶったらばばちいで」
(そんなものを触ったら汚いですよ)
「やめろや、ばばちいなあ」
(やめなさいよ、汚いわねえ)
という風に使われます。

ばばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夕方、暗くなる頃 という意味です。
「ばんねしまにござるげな」
(夕方にいらっしゃいますからね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はんたいこ」があります。
これは「反対」という意味です。
「まえとうしろがはんたいこだよ」
(前と後ろは反対だよ)
という風に使われます。

ばんねしま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

膝の関節 という意味です。
「ひざぶしがやめるで、はりぐすりはってくんせえ」
(膝の関節が痛むので、貼り薬を貼ってください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひきずり」があります。
これは「すき焼き」という意味です。
「ばんげはひきずりでもやろまいか」
(夕飯はすき焼きにでもしましょうか)
という風に使われます。

ひざぶし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

元気がない という意味です。
「ひずがねえかおしちょるが、どっかわるいことねーか」
(元気のない顔をしていますが、どこか悪いところはないかい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひっつく」があります。
これは「くっつく、接近して触れ合う」という意味です。
「そんなひっつかんでよ」
(そんなにくっつかないでよ)
という風に使われます。

ひずがねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

成長する という意味です。
「ずいぶんひとなってー、いくつ?」
(ずいぶん大きく(成長して)なってー、いくつ?)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ひとねる」があります。
これは「育てる」という意味です。
「せっせとひとねたおんなのこ」
(せっせと育てた女の子)
「ようひとねらせた」
(よく育てたね)
という風に使われます。

ひとなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

古い という意味です。
「ひねづけ」
(古い漬物)
という風に使われます。

 

これが「ひねくましー」ですと「年齢よりも老けて見える」という意味です。
「くろうするとみえてひねくましーかおしとる」
(苦労をしているとみえて、年よりもふけた顔をしている)
という風に使われます。

ひね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

時間を費やす、差し支え、差しさわり という意味です。
「きょうはひまざいかけてわるかったなも」
(今日は時間を取らせて申し訳ありませんでしたね)
「ひまざいかけててつだってもろた」
(時間を費やして手伝ってもらった)
という風に使われます。

ひまざい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶーわ とも言います。

 

おんぶ という意味です。
「ぶーあしたるでこっちこやー」
(おんぶしてあげるから、こっちにおいで)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふすべ」があります。
これは「ほくろ」という意味です。
「こーんなところにふすべ」
(こんなところにほくろ(があるよ))
という風に使われます。

ぶーあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

二人とも という意味です。
「こどもんたー、ふたりがら、どっかいってまったで」
(子供達、二人ともどこかに行ってしまったよ)
「ほうしたら、ふたりがらこっちこやー」
(そうしたら、二人ともこっちにおいでよ)
という風に使われます。

ふたりがら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(水など液体を)こぼす という意味です。
「おちゃぶちゃけてまって、みっともねーこっちゃ」
(お茶をこぼしてしまって、恥ずかしいことです)
「よそみしてるとぶちゃけるぞ」
(よそ見しているとこぼしますよ)
という風に使われます。

ぶちゃける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

放っておく という意味です。
「そんなやんちゃもん、だちかん、ぶっとけ」
(そんなやんちゃな子は、だめだ、放っておけ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へっつく」があります。
これは「くっつく」という意味です。
「のりでへっつく」
(ノリでくっつく)
という風に使われます。

ぶっとく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へーともねえ とも言います。

 

とんでもない、大変な という意味です。
「へーともねえこっちゃ」
(とんでもないことです)
「そりゃーまた、へーともねえこっちゃったのー」
(それはまた、とんでもないことでしたね)
という風に使われます。

へーともない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

べた とも言います。

 

~側 という意味です。
「はりぐすり、こっちゃべらにもはってくんせえ」
(貼り薬、こっち側にも貼ってください)
「こっちべたと、あっちべたにすわろまいか」
(こちら側と、あちら側に座りましょうか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼろ」があります。
これは「(皮膚に出来る)吹き出物」という意味です。

べら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

妬む、羨ましがる という意味です。
「おめー、そーへんねしがっちゃあかん」
(あなたはそんなに羨ましがっては駄目だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へんび」があります。
これは「蛇」という意味です。
「きゃーろをへんびがのみこんだ」
(蛙が蛇を飲み込んだ)
という風に使われます。

へんねしがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 追う という意味です。
「ぼうをぼう」
(男の子を追う)
という風に使われます。

 

② 坊や、男の子 という意味です。 
「ぼうがぼうをふりまわす」
(男の子が棒を振り回す)
という風に使われます。

 

③ チャイム、時を知らせるもの という意味です。
「ぼうをもったぼうがごじのぼうをきいていえにかえる」
(棒を持った男の子が、5時のチャイムを聞いて、家に帰る)
という風に使われます。

ぼう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

投げる という意味です。
「そのぼーる、こっちにほかって」
(そのボール、こちらに投げて)
「おーい、そっからほっかってえー!」
(おーい、そこから投げてくださーい!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほうか」があります。
これは「そうですか」という意味です。
「あーほーかね」
(あら、そうですか)
という風に使われます。

ほうかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 捨てる という意味です。
「ごみほかって」
(ゴミを捨てて)
という風に使われます。

 

② そのままにする、放置する という意味です。
「あのこ、ないとるけどほかっといていいかな」
(あの子、泣いているけどそのままにしておいていいのかな)
という風に使われます。

ほかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

細い棒 という意味です。
「いもころをほせくしにさして、でんがくでもやろまいか」
(芋を細い棒に刺して、田楽でも作りましょうか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほんで」があります。
これは「それで」という意味です。
「ほんで、わかったかな」
(それで、分かったかな)
という風に使われます。

ほせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

状態が良くない、はかばかしくない、思わしくない という意味です。
「おとといから、どーもほっこりせんで、こまったことじゃ」
(一昨日から、どうも体の調子がはかばかしくなくて、困ったことです)
という風に使われます。

ほっこりせん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水に浸す という意味です。
干物や豆などを水に漬けて柔らかくする、乾燥したものを水で戻す ことを言います。
「ちょぼっと、ほとばきゃーておきゃ、やーこなるじゃろ」
(少し水に浸しておけば、軟らかくなるでしょう)
という風に使われます。

ほとばかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

本家 という意味です。
「ほんやのきんさん」
(本家の金さん)
という風に使われます。

 

これが「あらや」ですと「分家」という意味です。
「あらやのぎんさん」
(分家の銀さん)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼんた」があります。
これは「息子達、男の子達」という意味です。
「うちのぼんた」
(うちの息子達)
という風に使われます。

ほんや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう という意味です。
「まああかんてー」
(もう駄目だよ~)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まう」があります。
これは「~しまう」という意味です。
「めがまわってまう」
(目が回ってしまう)
という風に使われます。

まあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まい とも言います。

 

〜しましょう という意味です。
「いっしょにいこまいか」
(一緒に行きましょう)
「やろまいか」
(やりましょう)
「どっかいこまい」
(どこかへ行きましょう)
「ばすにのらまいか」
(バスに乗りましょう)
「ならわまいかなー」
(習いましょうか)
という風に使われます。

まいか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつもいつも という意味です。
「おんし、まいこまいこおんなじよーなこと、いっちょるのう」
(あなたは、いつもいつも同じことを言っているね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まいってくる」があります。
これは「拝む」という意味です。
「ぶつだんにまいってくる」
(仏壇を拝む)
という風に使われます。

まいこまいこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける、整理する という意味です。
「けさからおおまたじしてる」
(今朝から大掃除している)
「まつりのまたじをするさー」
(お祭りの片付けをしますよ)
「はやくまたじしてよ」
(早く片付けてよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まってくる」があります。
これは「小用をしてくる」という意味です。

またじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真っ暗 という意味です。
「まっくらすけで、なーんもみええへん」
(真っ暗で、何も見えない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まった、まくった」があります。
これは「~してしまった」という意味です。
「やってまったか」
(やってしまったか)
という風に使われます。

まっくらすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真っ直ぐに という意味です。
「みちくさしないでまっすんかえってこいよ」
(道草しないで真っ直ぐ帰ってきなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まめ」があります。
これは「健康、元気」という意味です。
「おまはんとこのよーこさんは、まめでござるかなも」
(お宅の洋子さんは、お元気ですか?)
という風に使われます。

まっすん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひどろい とも言います。

 

眩しい という意味です。
「なつはおてんとさまのひかりがひどろい」
(夏は太陽の光が眩しい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まごめ」があります。
これは「眉、眉毛」という意味です。
「あんたのまごめ、ふっといねぇ」
(あなたの眉毛、太いわねえ)
という風に使われます。

ままこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらけ、まみれ という意味です。
「どろまるけになってまった」
(泥だらけになってしまった)
「すなまるけだ」
(砂まみれだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まる」があります。
これは「(小便を)する」という意味です。
「あっかんあっかん、そんなとこでまっちゃ」
(駄目駄目、そんな所で(小便を)しちゃ)
という風に使われます。

まるけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

丸める という意味です。
「ふくをまるけて、もっていってちょーよ」
(服を丸めて、持って行ってくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まるあげ」があります。
これは「がんもどき」という意味です。
「おてらのまるあげはめいぶつやげな」
(お寺のがんもどきは名物ですよね)
という風に使われます。

まるける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

準備、用意 という意味です。
「でかけけるでまわしして」
(出掛けるから、準備しなさい)
「ほうじのまわししといて」
(法事の準備をしておいてください)
「ちょっとまっとって、ごはんのまわししてくる」
(ちょっと待っててください。ご飯の用意をしてきます)
という風に使われます。

まわし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まだ という意味です。
「まんだがっこういってなかったじゃか」
(まだ学校に行ってなかったのか)
「まんだこどもやなも」
(まだ子供ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まんま」があります。
これは「ごはん」という意味です。

まんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① そのような様子と判断が出来る という意味です。
「もうやすんでみえるで、またにしておくんせえ」
(もう休んでいるようなので、また今度にして下さい)
という風に使われます。

 

② おいでになる、いらっしゃる という意味です。
「せんせいはみえますか」
(先生はいらっしゃいますか)
という風に使われます。

みえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見てみなさい という意味です。
「あのいぬちょっとみてみやあ」
(あの犬をちょっと見てみなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「みらずに」があります。
これは「見ないで、見ずに」という意味です。
「あのじんなんにもみらずにはなしなれるが、なんたらすこびんたのえーじんずら」
(あの人は何も見ずに話をされるが何と頭の良い人だろう)
という風に使われます。

みてみやあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汚い という意味です。
「なんたらこっちゃ、このちらかりよーは、むさらっこいへやじゃのー」
(何ということですか、この乱雑さは、汚い部屋ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「むしやない」があります。
これは「ちょっとした間食」という意味です。
「こばらがへったで、むしやしないにさつまいもでもどうじゃ」
(小腹が減ったから、ちょっとした間食にさつまいもでもどうですか)
という風に使われます。

むさらっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無性に という意味です。
「むでんにはんちくたーい」
(無性にイライラするー!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「むたい」があります。
これは「酷い」という意味です。
「そう、むたいなことすんなて!」
(そんな酷いことをするんじゃないよ!)
という風に使われます。

むでんに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

半分こ という意味です。
「このとうふ、もうやっこしよー」
(この豆腐、半分こしましょう)
「もうやっこしてたべなさい」
(半分こして食べなさいね)
「けーき、もうやっこしまいかな」
(ケーキを、半分こにしましょうか)
という風に使われます。

もうやっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんがらかる という意味です。
「そんなふーにやったら、よけーもじゃくってまうがや」
(そんなふうにやったら、余計にこんがらかってしまうでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「もずき」があります。
これは「百舌(もず)」という意味です。

もじゃくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

成長不良 という意味です。
「あのめんどり、もじゃれとる」
(あの雌鳥、成長不良だなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「もっさもさ」があります。
これは「乱雑」という意味です。

 

また、「もちな」では「小松菜」という意味です。
「ぞうにには、もちないれるで」
(お雑煮には、小松菜を入れますよ)
という風に使われます。
”餅”のことではありませんよ。

もじゃれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

灸 という意味です。
「やんちゃばっかやっとると、てんこにやいとすえるぞ」
(悪戯ばかりしていると、頭のてっぺんにお灸をするぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やっとう」があります。
これは「長い間」という意味です。
「やっとういっとらんもんで」
(長い間行っていないもので)
という風に使われます。

やいと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

火傷をする という意味です。
「あついで、した、やけずってまった」
(熱いので、舌を火傷してしまった)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「やめる」があります。
これは「痛む、じーんとくる痛み」という意味です。
「りゅーまちでやめる」
(リュウマチが痛む)
という風に使われます。

やけずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっとめ、やっとこめ とも言います。

 

久しぶり という意味です。
「やっとかめやなも」
(お久しぶりですね)
「やっとかめじゃなも。げんきかな」
(久し振りですね。元気ですか)
「おまはんやっとかめやなも」
(あなた、ひさしぶりじゃないの)
という風に使われます。

 

漢字にすると「八十日目」と書きます。

やっとかめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

病気 という意味です。
「しばらくやんどったんやさ」
(しばらく病気になっていたんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~やさ」があります。
これは「~です、~だよ」という意味です。
「いまからでかけるんやさ」
(今から出掛けるんですよ)
という風に使われます。

やむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気が引ける という意味です。
「あんなことになってやらしいわぁ」
(あんなことになって恥ずかしいです)
「ざいしょにしょっちゅうかえっとると、やらしいでね」
(田舎にしょっちゅう帰っていると、気が引けますのでね)
という風に使われます。

やらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうしようもない という意味です。
「ほで、やるせものうにげたんやて」
(それで、どうしようもなくて逃げたんだって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ややこやしい」があります。
これは「ややこしい、複雑」という意味です。
「それはまったく、ややこやしいことや」
(それは全く、複雑なことですね)
という風に使われます。

やるせもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やわい とも言います。

 

① 準備、用意 という意味です。
「はよはわえよ」
(早く準備しなさい)
「まつりのやわいをするさ~」
(祭りの準備をするよー)
という風に使われます。

 

② 着飾る という意味です。
「きょうは、えらーやわっておいでたのー」
(今日は、たいそう着飾っていらっしゃいましたね)
という風に使われます。

やわう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

差し出す という意味です。
「もっとさかずきをやんだしないよ」
(もっと杯を(前に)差し出しなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~やもんで」があります。
これは「~なので」という意味です。
「ねぶっとったもんで、しらんわ」
(眠っていたもので、知らないよ)
という風に使われます。

やんだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆうさり とも言います。

 

夕方 という意味です。
「ゆうさ、はようくらなってまうで、ちゃっとかえってこなあかんよ」
(夕方は早く暗くなってしまうから、急いで帰って来ないといけないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ようけ」があります。
これは「たくさん」という意味です。
「ようけもっとるなあ」
(たくさん持っていますね)
という風に使われます。

ゆうさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いきしなに とも言います。

 

行きがけ、行くときに、行くときのついで という意味です。
「ゆきしなに、ちょぼっとけーもんしてってくれんか」
(行きがけに、少し買い物をしていってくれませんか)
「ゆきしなにごみおいてきて」
(行くときのついでにゴミを置いてきて)
という風に使われます。

ゆきしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

以上 という意味です。
「むすめよめらかして、じゅうねんのようたってまったと」
(娘を嫁に出して、10年以上経ってしまったよ)
という風に使われます。

 

”よめらかす”は「嫁に出す」という意味です。
「あねさより、いもうとのほうをさきに、よめらかしんさったと」
(姉よりも妹の方を先に嫁に出されたんですって)
という風に使われます。

よう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ようさり、よさり とも言います。

 

夜、夜中 という意味です。
「ようさようさでていくな」
(夜な夜な出て行くな)
「まんじゅうもらったで、ようさよばれよまいか」
(おまんじゅうを頂いたので、夜、頂きませんか)
「きょうのよさりよまわりじゃー」
(今日の夜中は、夜回りです)
という風に使われます。

ようさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

変だ、腐っている という意味です。
「このたけのこのにもん、よこいとらへんか」
(この筍の煮物、腐っていないか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やくとに」があります。
これは「わざと」という意味です。
「やくとにおとしたりせんでよ」
(わざと落としたりしないですよ)
という風に使われます。

よこいとる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減な、おかしな、変な という意味です。
「そんなよったいなことかいて、はずかしねえか」
(そんないい加減な事を書いて、恥ずかしくないの)
「そんなよったいなこというな」
(そんなおかしなことを言うんじゃない)
という風に使われます。

よったいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

呼ぶ という意味です。
「せんせーよばってくるで。まちょりんせー」
(先生を呼んで来ますので。待っててくださいね)
という風に使われます。

 

これが「よばれる」ですと「ごちそうになる」という意味です。
「よるごよばれるで、みんなよばってきて」
(夕ご飯を御馳走になるので、みんな呼んで来て)
という風に使われます。

よばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

らっしもない とも言います。

 

みっともない、だらしない、見苦しい、乱雑 という意味です。
「そげならっしもねえかっこうするな」
(そんなみっともない格好をするんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「らっせる」があります。
これは「~なさる」という意味の敬語的表現です。

らしもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~すれば という意味です。
「えびふりゃーたべりゃー」
(エビフライ、食べれば)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やってみゃあ」があります。
これは「やってみなさい」という意味です。
「いっぺんやってみゃあ」
(一度やってみなさい)
という風に使われます。

りゃー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

横着な、悪戯な という意味です。
「おんしは、こどもんころ、わやくかったなあ」
(あなたは、子供の頃、悪戯っ子だったねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「わし、わっち」があります。
これは「私、俺、僕」という意味です。
「わしらもまんだやっとらんで」
(私達もまだやっていませんよ)
という風に使われます。

わやくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

んあ とも言います。

 

~たち、~ら という意味です。
「おれんたあ」
(俺たち)
「あんたんた」
(あなたたち)
「うちんた」
(うちら)
「びんた」
(女の子たち)
「ぼんた」
(おとこのこたち)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~んさい」があります。
これは「~しなさい」という意味です。
「ちゃっとやりんさい」
(早くしなさい)
という風に使われます。

んた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介