HOME -> 方言女性の魅力 

他県の大学に進学したり、就職で上京したり・・・。

 

”訛っているのが恥ずかしいから、方言がバレないようにしたい”

 

特に女性の方はそう思うことが多いようです。。

 

しかし、方言で話す女性に惹かれるという男性は多いみたいですね。

一生懸命周りに合わせようとして、頑張って標準語を話していた女性が

思わず方言を口にしたときなんかは、
男性に限らず「カワイイ!」と思ってしまうものです。

 

今の時代、地方に住んでいても方言を知らずに育ってしまう人もいるでしょう。

それってもったいないなあと思いますよ。

 

むしろ「方言を話す女の子は可愛い!」と思う男性は多いのだとか。

あるアンケートサイトを見ても、女の子の方言を否定する男性はあまりいないようです。

初めて聞く土地の言葉は、会話のきっかけにもなりますよね。
そんな言葉もあるのか、こんな言葉もあるのかと楽しくなってしまいます。
女の子の口から聞こえる不思議な言葉に、男性は興味津々ですよ。

 

確かに、方言やイントネーションに違いがあると

時として、仕事の場合などではハンデとなって、
隠さなければいけないこともあるかもしれません。

 

でも、そういった場合以外であれば、方言はむしろ女の子の魅力を演出する武器になります。

無理して隠そうとせず、自信を持って話すことでその魅力が倍増するかもしれませんね。

そのままのキミでいて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よく男性から「関西弁を喋る女の子っていいよね」と言われる、という話を聞くことがあります。
人によっては、少々乱暴に聞こえてしまうことがあったりする関西弁ですが、
反対に、そこに親しみを感じる方も多いようです。

 

特に関西弁は全国的にも多く知られている分、

女の子が思わず口から出てしまった時など、
男性はドキッとしてしまうのかもしれません。

 

ただ、一言で関西弁と言いましても

地域によって色々な種類があります。

 

中でも特に人気が高いのは「京都弁」でしょう。

とはいえ、実際には「~どすえ」といった、舞妓さんのような話し方をする一般女性はいません。
しかし、一般的にはそのようなイメージが強く、
優しくゆっくりとした話口調の京都弁は
上品で清楚な印象が少なからずあるのでしょう。

 

ですから、女性が京都弁を喋っていたり、京都出身というだけで

良い印象を持つ人が多いのも分かる気がしますね。

 

また、関西弁は他の方言と違い、親しみやすく気を遣わずに会話が出来る空気を持っています。

初対面の人同士でも、気兼ねなく話が出来る雰囲気があるということは大きな魅力ですね。

その特徴を行かす事が出来れば、逆に関西弁を苦手に感じるという男性からも
良い印象を持ってもらえることが出来るかもしれません。

ダントツ人気は関西弁 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

芸能人やミュージシャンなど、有名人にも美人美女、美少女が多いことで有名なのが福岡。

 

美味しいものが多くて、女性は男性を立てるのが上手で美人が多い…。
まさに敵無し!

 

それに輪をかけて魅力を増しているのが”博多弁”です。

「ちゃ」や「しゃった」など、小さな仮名(拗音)がたくさん入る博多弁は、

言葉に柔らかな印象を与えるのが特徴的でです。
テンポがよく、軽快に聞こえて、可愛いと思う人が多いのも納得だなあと思います。
ちょっと鼻に掛かった甘い声が似合うような博多弁。
頼みごとひとつするにも「頼みがあるっちゃけど…」と言われたら、

何でも聞いてあげたくなっちゃいます。

 

他にもキュートな響きが満載な博多弁。

くたくたに疲れて帰ってきた時に
「ちょっと頑張りすぎたっちゃない?ちゃんと寝て疲れ取らんとね」
なんて言われたら、疲れも吹っ飛んでしまうかも?

 

話し方ひとつをとっても抜群な破壊力を持ち

しかも美女が多いなんて、最強の方言のひとつかもしれませんね。

可愛すぎる博多弁 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最近人気が上がってきていると噂なのが三重弁です。

 

「~なんやん?」や 「ということは~やね」など

関西弁のマイルドバージョンという捉えられ方のようで、

関西弁をキツく感じる人には特に可愛く感じるようです。

 

「~なんやん?」は「~だよね?」、
「ということは~やね!」は「ということは~なんだね!」という意味です。

 

中でも一番人気なのは「~やんやん」という言葉だそうですが、これは説明が難しい方言なんです。
1つめの「やん」と2つめの「やん」は意味が違うのですが、
繋がってしまうと解釈が難しくて、他県民が聞くと理解が出来ないようです。

 

「そんなん遊べやんやん!」
(そんなの遊べないじゃないの!)
「料理できやんやん」
(料理できないじゃない)
「何もしやんやん」
(何もしないじゃないの)

 

という風に使います。

 

書いていても上手く良さが伝わらない気がしますね。
文字で読むよりも、実際に音で聞いた方が可愛らしさは倍増しますよ。

 

地方出身の女の子に出会ったら、是非その土地独特の言葉を聞いてみましょう。
その可愛らしさに、きっと癒されること間違い無しですよ。

癒される三重弁 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

男性によっては「方言=田舎くさい・ダサイ」という方もいるようですね。
しかし実際のところは、標準語圏の男性からは「可愛い」と言う言葉が多く聞かれます。

なんとなく感じたのは、前者は地方出身で方言のある地域で育った男性に多い考えのようですね。
もしかしたら、都会に対するコンプレックスがあるのかなと思います。
これは全く個人的な偏見なのかもしれませんが、そのようなタイプの方が多いような気がします。

 

逆に自分の知らない言葉が耳に入るとドキッとしてしまう男性は多いはず。

 

例えば、

普段は標準語でいつもキリっとしている美人な同僚の女性が、

地元の友人からの電話で方言を使っているのを聞いて驚いたという男性。

いつもは近寄りがたい美女が「さらっと”んだねー”と相槌を打っていて親近感が沸いた」そうです。
東北弁は特にコンプレックスが強いのか、女性が話しているのをそう聞くことはありません。
だからこそ、意外な一面を見てドキドキしてしまうのかもしれませんね。

 

地元の友達と話す時というのは、まさに”素”の状態。

実は方言を喋っている当人は、周りが指摘するまで気付いていないことが多かったりします。
普段は全く方言は出ないのに、不思議なものですね。

 

男性の中には「美人で東北弁を話す女性にはイチコロ」という方も。

普段隠している分、ギャップでメロメロという方も多いのではないのでしょうか。

美人と東北弁 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介