HOME -> 北海道の方言 

キングサーモン、あきあじ=鮭 を凍らせたもののことです。

 

冷凍した鮭の切り身を、そのまま刺し身のように食べます。

 

普通の鮭とは色も脂ののりも違い高級品のようです。

 

サケ・マスには広節裂頭条虫などが寄生していることがあるので

生食は不適なのですが、

冷凍することによって寄生虫が死滅し無害化できるのだそうです。

 

ただし、家庭用の冷凍庫で冷凍したようなものは生食してはいけません。

るいべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ろ という言い方の転訛です。

 

「早くしれ(すれ)」

(早くしろ=早くしなさい)

「窓あけれ」

(窓を開けろ=窓を開けなさい)

「ごみ投げれ」

(ごみを捨てろ=ごみを捨てなさい)

「ちゃんとしれ」

(ちゃんとしろ=ちゃんとしなさい)

「もっと食べれ」

(もっと食べろ=もっと食べなさい)

 

という風に使われます。

 

命令形で使われる言葉ですね。

~れ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わっぱ とも言います。

 

輪、わっか のことを指す言葉です。

 

「土星は周りにわっこがついているんだよ」

(土星は周りに輪っかがついているんだよ)

「今年のクリスマスはリースにするの、先にわっぱ作っちゃうか」

(今年のクリスマスはリースにするの、先に輪っかを作っちゃおうか)

 

という風に使われます。

 

「棒」を「ぼっこ」というように「輪」を「わっこ」というのですね。

わっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私(女性) という意味です。

 

「わっち、パーマ屋さんになりてくてさ」

(私、美容師になりたいんだ)

 

という風に使われます。

 

学生時代はクラスの女子のほぼ全員が「わっち」と言っていました。

「わたし」の転訛ですね。

わっち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わいや、わんや、わやわや とも言います。

 

すごい、めちゃくちゃ、収拾がつかない という意味です。

 

「部屋ん中わやでしょ」

(部屋の中がめちゃくちゃでしょう)

「もう、何がなんだかわいやだ」

(もう、何がなんだか収拾がつかないよ)

「道がしばれてタイヤがあずってあずってわやだわ」

(道が凍ってタイヤが滑って滑って大変です)

 

という風に使われます。

 

「うわぁ~なんだこりゃ~」というような雰囲気の言葉です。

とにかく言葉で詳しく説明するのが面倒な事柄すべてについて使用可能です。

わや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わやくちゃ、わいやくちゃ とも言います。

 

大変のおおげさ型、すごくめちゃくちゃな様子 を表す言葉です。

 

「忙しくてわやくそだべさ」

(忙しくてとんでもないですよ)

「なに、この部屋、わやくちゃでしょう」

(なに、この部屋、すごくめちゃくちゃじゃないの)

 

という風に使われます。

 

「わや」よりもより大変な様子をあらわす言葉です。

わや」 のページも併せてご覧ください。

わやくそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それでね という意味です。

会話を繋ぐ際に使われます。

 

「んだら」「んだば」 に、なりますと

「それならば」「そういうことなら」 という意味になります。

 

「んだら、もう少し待ってるか」

(そういうことなら、もう少し待っていようか)

 

という風に使われます。

んでね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうだ、そうだ と同意を示すことを指す言葉です。

 

「おまえそういえば、昨日マック行ってたっしょ?」「んだ、んだ」

(おまえそういえば、昨日マックに行ってたでしょう?)(うん、行ったよ)

 

という風に使われます。

 

「んだべ」 は 「そうだろう」 という意味。

 

「おいしい」「んだべ」

(おいしい)(そうでしょう?)

 

という風に使われます。

んだんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

否定的に強める場合に使います。

 

「あいつだら、まだみんなで話してるのに、ひっとりだけ、黙って帰るやつだも」

(あいつったら、まだみんなで話をしているのに、自分1人だけ、黙って帰ってしまった)

「注がれた酒全部飲んでから、しまいに高砂で寝てるやつだも」

(注がれたお酒を全部飲んでしまって、しまいには寝てしまっていた)

 

という風に使われます。

やつだも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ようやく、久しぶり という意味です。

 

「やっとかめだなも」

(おひさしぶりですねえ)

 

という風に使われます。

 

なぜ”やっとかめ”なんでしょう?

漢字にすると 「八十日目(やっとかめ)」 となるようです。

つまり 「80日目にふたたびことが起きた」 という語源のようです。 

やっとかめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっと、どうにかこうにか という意味です。

 

「やっとこさっとこ仕事が終わった」

(どうにかこうにか仕事が終わった)

「北海道もやっとこさっとこ雪がとけて、長い冬が終わりました」

(北海道もやっと雪がとけて、長い冬が終わりました)

 

という風に使われます。

やっとこさっとこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痛みに今まさに苛まれている状態 を指す言葉です。

 

「昨日から虫歯がやんでわやなんだわ」

(昨日から虫歯が痛んで大変なのよ)

「虫歯が病んで病んで、どもこもならんのさ」

(虫歯が痛んで痛んで、どうにもこうにもならないのです)

 

という風に使われます。

 

”病んでいる”からきた言葉ですね。

やむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっこい とも言います。

 

柔らかい という意味です。

 

「このイガ、やわっけでや」

(このイカ、やわらかいよ)

「この肉、もう少しやっこく焼いて」

(この肉、もう少しやわらかく焼いて)

 

という風に使われます。

 

「やわい」で「やわらかい」ということです。

 

「なしてそんなに体やわいの~!?」

(どうしてそんなに体やわらかいの~!?)

 

という風に使います。

 

「やわっけくなる」になると、「柔らかくなる」という意味です。

やわっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

楽じゃない、大変 という意味です。

語源は「ゆる(緩)くない」=きつい=大変だ、つらい、しんどい ということです。

 

ゆるぐない、ゆるぐね とも言います。

 

「何やるにしたってゆるくない」

(何をやるにしても楽ではない)

「ゆるぐねゆるぐねばかししゃべってねで、もちょっとまていな仕事しないばだめだ」

(ツライツライばかり言っていないで、もう少し丁寧に仕事をしないとだめだ)

 

という風に使われます。

 

標準語では直接的な表現になってしまいますた、

「ゆるくない」と曖昧な表現をすることで、

「なーにまだ余裕があるんだよ」と自らを鼓舞しようとする言葉なのでしょう。

ゆるくない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夕べ、昨夜 という意味です。

 

「いやあ、ゆんべは飲み過ぎちゃってよ」

(いやあ、夕べは飲みすぎちゃってね~)

 

という風に使われます。

 

「夕(ゆう)べ」の転訛したものです。

「昨日」なんかも「きんの(う)」と訛って発音したりします。

北海道では、間に ”ん” が入ることは良くあります。

ゆんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

結構(けっこう)です という意味です。

 

例えば 「こちらの商品いかがですか?」 と聞かれた場合に

 

「今日はよかったです~」

(今日はやめておきます=結構です)

 

という風に使ったりします。

 

どちらかというと「けっこうです」よりもニュアンスとしてはやわらかい表現になります。

よかったです~ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

欲張り という意味です。

 

「あいつはよくたかりだわ」

(あいつは欲張りだよ)

「友達が何でも持って行きなって言ったから、欲たけてこんなにもらっちゃった」

(友達が何でも持って行きなって言ったから、欲張ってこんなにもらっちゃった)

「いい加減にしろ!このよくたかりが!」

(いい加減にしろ!この欲張りが!)

 

という風に使われます。

よくたかり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よっこ だけでも使われます。

 

横に除けておく、よせる、物を移動させる、ずらす という意味。

 

「それ、ちょっとよっこしておいてくれ」

(それ、ちょっと横に移動しておいてくれ)

「バーゲンの時間に間に合わないから、いいのあったらよっこしておいて」

(バーゲンの時間に間に合わないから、良いのがあったらよけておいて)

 

という風に使われます。

よっこする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご馳走になる という意味です。

 

「お茶ぐらいよばれてきなさい」

(お茶ぐらい飲んでいきなさいよ)

「もう遅いから、なんも、うちで風呂よばれてきなさい」

(もう遅いから、別にうちで風呂に入っていけばいいんじゃないの)

「あいつだらいっつもよばれてくばっかしで、なんも持ってこないもな。」

(あいつはいつもご馳走になるばかりで、何も持ってこないよね。)

 

という風に使われます。

よばれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぼす、ばらまく という意味です。

 

「よそ見しながらご飯食べてたらおつゆまかすよ」

(よそ見しながらご飯食べてたらお味噌汁こぼすよ)

「あらーごめん、お茶まかしちゃった」

(あらーごめん、お茶こぼしちゃった)

「気をつけないとお茶まかすよ!」

(気をつけないとお茶こぼすよ!)

 

という風に使われます。

 

「撒き散らす」というニュアンスです。

 

同じ”こぼす” でも 

”愚痴をこぼす” ことを ”愚痴をまかす” などと

云ったりはしないので気をつけてくださいね。

まかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

割りに合わない、採算がとれない という意味です。

 

「家からあれこれもって行って、こんなものよこされてもまかたしないっしょ。」

(家からあれこれ持って行って、こんなものよこされても割に合わないでしょう)

 

という風に使われます。

 

反意語は「まかたする」になります。

まかたする」 のページも併せてごらんください。

まかたしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

採算がとれる、儲かる という意味です。

 

「こんなに客が少ないんじゃ、まかたしないんじゃないの?」

(こんなに客が少ないんじゃ、儲からないんじゃないの?)

 

という風に使われます。

 

また、土木工事で儲けることは 「どかたする」 といいます。

 

反意語は「まかたしない」になります。

まかたしない」 のページも併せてごらんください。

まかたする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

支度する、着込む、衣服を身に着ける という意味です。

 

「早くまかないなさい」

(早く支度しなさい)

「なんぼ、まかなってても、しばれてしばれて、しっどいもな」

(いくら着込んでいても、冷え込んで冷え込んで、ひどいよね)

「がっちりまかなってかないば、だめだわ」

(しっかり着込んで行かないとダメだよ)

 

という風に使われます。

 

北海道では、冬に外へ出て行く時には、必ず”まかなって”から出て行くように、

寒さに対して支度する(準備する)という使い方が自然ですね。

まかなう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

マキリ とも言います。

 

包丁 のことです。

 

「さがな切るすけマギリ持ってこえ」

(魚を切るから包丁持ってきなさい)

「マギリなんかふりまわしてさ、危ないべ」

(包丁なんて振り回しちゃって、危ないでしょう)

 

という風に使われます。

マギリ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飲む、食べる という意味。

 

普通じゃない飲み方や、食べ方をすることを指します。

 

「朝から酒ばっかりまくらって」

(朝からお酒ばっかり飲みやがって)

 

という風に使われます。

 

これが 「まくらえ」になると、命令形になります。

 

「もたもたすんな!早くまくらえ!」

(もたもた食事するな!早く食べなさい!)

 

という風に使われます。

まくらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

失敗する という意味です。

 

「いやあ、昨日酒飲みすぎてよー、まずったまずった」

(いやあ、昨日酒飲み過ぎちゃってさ、失敗失敗)

「悪気無かったんだけど、怒らせてしまった。まずったなあ」

(悪気は無かったのだけど、怒らせてしまった。失敗したなあ)

 

という風に使われます。

 

「まずいことをする」の短縮形なのでしょうか?

まずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まてい とも言います。

 

丁寧な様子、まめな様子 を指す言葉です。

 

「あいつくらい女にまてな奴はいないわ」

(あいつくらいに女性にまめな奴はいないよ)

「あいつは女にはホントにまてなんだよな」

(あいつは女性には本当にまめなんだよな)

「この子まてなんだわねー」

(この子丁寧なんだよねー)

「あの人の仕事は、まていだわ~」

(あの人の仕事は、丁寧なんですよ~)

 

という風に使われます。

 

語源は「真丁寧」の略のようです。

几帳面な感じがしますね。

まて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雪かきのときに使う、ブルドーザーの前の部分の小型版の

大きなスコップのような道具 のことです。

 

雪を載せる部分がプラスチック製で軽量化されています。

 

もともと商品名だったのですが、現在ではかなり一般的な呼び名になっています。

 

一軒屋に住んでいる家には必ずある必須アイテムなのですが、

雪かき用の器具のため、雪のない地方でこれを説明して、

理解を得るのはきわめて困難です・・・。

ママさんダンプ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと「水落とし」。

 

厳寒時、上水道などの配水管や給水装置の中の凍結を防ぐために

水道管内の水を抜くことです。

 

水抜き とも言います。

 

水を抜き忘れて水道管内の水を凍結させると、

水道管が破裂し大変な事態になる恐れがあるため重要な作業なのです。

みずおとし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

美しくない、ブス、みっともない、醜い という意味。

 

「そんなみったくないことするなって」

(そんなみっともないことするなって)

「あんな女のどこがめんこいのよ。みったくないべや」

「あんな女のどこが可愛いんだよ。ブスじゃないか」

 

という風に使われます。

 

「見たくない」 を力を込めていうと 「みったくない」 となりませんか?

「みったくなし」とも言います。

みったくない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふくれる、ふくれっつらをする、いじける、すねる という意味です。

 

「あら、さとしくんむくれちゃってどうしたの?」

(あら、さとしくんふくれちゃってどうしたの?)

「さっき喧嘩したからむくれてるのさ~」

(さっき喧嘩したからいじけてるのよ~)

 

という風に使われます。

むくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むっとする

 

「あいつだら口ばっかりで、ホントむったりくるぞな」

(あいつってば口ばっかりで、ホント頭にくるよね)

 

という風に使われます。

 

今風に言うと「超むかつく」と思われますが、単純にその場限りの感情ではなく、

積年の恨みが積もり積もることによって出てくる重たい感情です。

 

「むっとする感情がべったりとまとわりつく」ような

「むっとくる」ほど軽すぎない感じですね。

むったりくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無理矢理 という意味です。

 

むりっくり、むりしゃり とも言いますが、どれも少しニュアンスが違うようです。

 

無理な事柄を多少、頭を使ってしてしまうのが「むりくり」で、

ただ無理矢理に強引にしてしまうのが 「むりしゃり」の様な気がします。、

単に「無理矢理」というよりも、強い意味の言葉で使われます。

 

「うまいこともなんも、むりっしゃりでもいいから、外にでも連れ出せぇ」

(良い方法もなにも、無理矢理でも良いから、外に連れ出しなさい)

 

という風に使われます。

むりくり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漏る、洩る という意味です。

 

「家の天井だら雨が降ると、むってわやなんだわ」

(家の天井ってば雨が降ると水漏れして大変なのよ)

 

という風に使われます。

 

「むってる」ですと、「漏れてる」という意味になります。

では ”雨漏り” は、”あまむり”?になるのでしょうか・・・?

むる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

温度が低すぎて炊き損じたご飯、

芯が残っていてとても食べられる状態にないご飯 のことを指します。

炊事遠足のときに、飯ごうで炊く飯によく見られます。

スイッチを入れたつもりで、保温になっている場合、めっこ飯になりますよ。

 

「水加減間違えてめっこ飯なったさ」

(水加減間違えて芯が残った失敗ご飯になったよ)

 

という風に使われます。

めっこめし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めぼ とも言います。

 

ものもらい(麦粒腫) のことを指す言葉です。

 

「いィや、めっぱ出ていずい」

(しかしものもらいが出来てしんどい)

「なんか目いずいって思ったら、めっぱできてたの」

(なんか目が変な感じだなって思ってたら、ものもらいができてたの)

「まためっぱになった」

(またものもらいになった)

 

という風に使われます。

めっぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

桑の実 のことです。

 

「よくめど食っちゃあ唇真っ青にしてたもんだ」

(よく桑の実を食べては唇を真っ青にしてたものです)

 

という風に使われます。

 

この実は緑から、黄色から赤、黒に近い濃い赤に成熟していきます。

赤い実が美味しそうに見えるのですが、まだ未成熟で酸っぱいのです。

そのまま食べるには黒い実が甘酸っぱくて美味しいのだそうです。

めど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お気に入り、贔屓(ひいき)されている人、良い子 という意味です。

 

かわいいという意味を込めて発する言葉です。

 

「なんであいつにいい役ばっかりいくのよ」

「だってあいつは先生のめんこだからなー」

(だってあいつは先生のお気に入りだからなー)

「この子おとなしくてめんこだねえ」

(この子おとなしくて良い子だねえ)

「あいつ先生のめんこだべや」

(あいつ先生のお気に入りだよな)

 

という風に使われます。

めんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かわいい という意味です。

 

「この犬めんこいねぇ~」

(この犬可愛いねぇ~)

「今度入った女の子、なまらめんこいって」

(今度入った女の子、すっごく可愛いんだって)

「なんかこのぬいぐるみ、めんこいね」

(なんかこのぬいぐるみ、可愛いね)

「めんこい娘さんだねぇ」

(可愛い娘さんだねぇ~)

 

という風に使われます。

めんこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

女の子、動物の雌(メス) のことを指す言葉です。

 

「ヤギのこっこ、やっとめんたが産れたさ」

(ヤギの子供、やっとメスが産まれたんだよ)

「うちの犬、おんたと思ってたらめんただったさ」

(うちの犬、オスだと思ってたらメスだったんだよ)

 

という風に使われます。

 

対義語は「おんた」。

おんた」 のページも併せてご覧ください。

めんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とる、もぎ取る という意味です。

 

野菜や果物の収穫の際なんかによく使われます。

 

「ナスがなってるから、もいでくるか」

(ナスがなってるから、取ってこようか)

「バナナもいで食べようよ」

(バナナもぎとって食べようよ)

 

という風に使われます。

もぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むぐす とも言います。

 

漏らす、漏れる、お漏らしする という意味です。

 

「いやービール飲み過ぎて、ションベンもぐしそうだじゃー」

(いやービール飲み過ぎて、おしっこ漏らしちゃいそうだよー)

「あーっ!ツヨシ君ションベンもぐしたー」

(あーっ!ツヨシ君おしっこ漏らしたー)

「あの子、トイレ混んでてもぐしちゃったんだって」

(あの子、トイレ混んでて漏らしちゃったんだって)

 

という風に使われます。

 

「もらす」よりも「もぐす」または「むぐす」の方が、

あの「むずむずした不快感」「ムレムレ感」が伝わってきますね。

もぐす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くすぐる という意味です。

 

「脇の下、もちょがしてみな」

(脇の下、くすぐってみなよ)

「ちょっとやめてよ!足もちょがさないで!」

(ちょっとやめてよ!足くすぐらないで!)

「もちょがすんじゃない、やめろ!」

(くすぐるんじゃない、やめろ!)

 

という風に使われます。

もちょがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くすぐったい、こそばゆい という意味です。

 

「やめてよ~。もちょこいんだから~!」

(やめてよ~。くすぐったいんだから~!)

「もちょこいっしょ?」

(くすぐったいでしょ?)

「あっ、そこちょしたらもちょこい。やめれ」

(あっ、そこ触ったらくすぐったい。やめて)

 

という風に使われます。

 

「こちょばい」「こちょばしい」とほぼ同義語なのですが、

さらにそれに もぞもぞ感、むずむず感 が加わった感じの言葉でしょうか。

もちょこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もつけたがり とも言います。

 

お調子者のこと、ふざけること、ひょうきん者 という意味です。

 

「このもつけが!」

(このお調子者が!)

「おまえはホントもつけたがりだなあ」

(おまえは本当にひょうきんものだなあ)

 

という風に使われます。

もつけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よそう という意味です。

 

「ご飯とおつゆ、もんなさい」

(ご飯とお味噌汁、よそいなさい)

「あ、そっちの料理もっといてくれる?」

(あ、そっちのお料理よそっておいてくれる?)

 

という風に使われます。

 

”盛り付ける” を短縮して ”盛(も)る” ということでしょう。

もる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~を ということです。

 

「人ば家まで送る」

(人を家まで送る)

「おまえば呼んでるぞ」「ん?おれば、か?」

(おまえのこと呼んでるぞ)(ん?俺をか?)

 

という風に使われます。

 

後者の場合、「おれをばか?」という言い方をしたりもします。

 

「おまえば、呼んでるぞ」

(おまえのこと呼んでるぞ)

 

「ん?おれば、か?」

(ん?俺のことをか?)

 

「うん。おまえば、だ」

(うん、おまえのことをだ)

 

という感じです。

 

東北の人には通じるようです。

 

他地域の人が聞いたら「俺馬鹿」と思ってしまいそうです・・・。

~ば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はかどる という意味です。

 

「今日は人数が多いから仕事もはかいくわ~」

(今日は人数が多いから仕事もはかどるわ~)

「おまえはAちゃんと一緒だと、勉強がはかいくよね~」

(おまえはAちゃんと一緒だと、お勉強がはかどるわよね~)

 

という風に使われます。

 

知らない人が聞いたら、完全に「お墓に行く」と勘違いしてしまいそうです。

はかいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

取り替えっこ、交換っこ という意味になります。

 

「今度CDばくりっこしようね~」

(今度CD取り替えっこしようね~)

 

という風に使われます。

 

「ばくって」 になりますと 「交換しておくれよ」 という意味になります。

 

「ねえ!そのチョコとこのアメ玉ばくってよ」

(ねえ!そのチョコとこのアメ玉交換しておくれよ)

 

という風に使われます。

 

ばくる」のページも併せてご覧ください。

ばくりっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

交換する、取り替える という意味です。

 

「さっきここで買った物なんだけど、ちょっと傷があるんだわ。他のとばくってもらえんべか」

(さっきここで買った物なのですが、少し傷があるんです。他のものと交換してもらえませんか)

「ねえ、このカードとそのカードばくってよ」

(ねえ、このカードとそのカード交換してよ)

 

という風に使われます。

 

語源は「博労(馬喰)」 で、「馬喰」とは「牛や馬の仲買人」のことです。

昔はこの「博労」が、牛や馬を米や野菜などと「物々交換」していたことから、

「博労」→「ばくる」に変化していったのだそうです。

 

ばくりっこ」のページも併せてご覧ください。

ばくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

走り回る という意味です。

 

「うちの旦那だら、なんかこの頃忙しそうにあちこち走って歩ってるんだわ」

(うちの旦那ったら、なんかこの頃忙しそうにあちこち走り回ってるのよ)

 

という風に使われます。

 

漢字で書くとそのまんま「走って歩く」です。

走ってるんだか歩いてるんだか・・・はっきりして欲しいものです。

はしってあるく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

殴るぞ という意味です。

 

「おめ、わがらねごど言ってればぱだかぃんで」

(おまえ、聞き分けの無いことばかり言っていると殴るぞ)

 

などと使われます。

 

忠告程度でとどめておく場合には、

 

「ぱだかぃんだで」

(誰かに殴られるぞ)

 

という風になります。

 

”だ” が入ることで、少し語調が弱くなるようです。

ぱだかぃんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面積の広いもので叩く、または叩く という意味です。

 

「おまえ、そういうダジャレばっかり言ってたら、ホントはたくぞ」

(おまえ、そういうダジャレばっかり言ってたら、本気で叩くぞ)

 

という風に使われます。

 

グーではなく 「パー(平手)で叩く」 ことを 「はたく」 と言います。

ですから ”布団叩き” は ”布団はたき” と言いますし、

”肩たたき” は ”肩はたき” とは言いませんよ。

悪いことをしたKくんは、

お父さんからはグーで叩かれ、お母さんからはパーではたかれるわけです。

はたく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すきまに何かをはさむ という意味です。

 

パッキンは接続する部分のことで、かますは「噛ます・咬ます」ということでしょう。

つまり、すき間に何かを詰めて動かなくするということです。

 

「その棚グラグラするから、なんかパッキンかましたほうがいんでないかい」

(その棚グラグラするから、何か間に詰めて動かないようにした方がいいんじゃないか)

 

という風に使われます。

パッキンかます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

倒産する という意味です。

 

「あそこの店、とうとうバッタしたらしいぞ」

(あそこの店、とうとう倒産したらしいぞ)

 

という風に使われます。

 

「ばったりと倒れること」から、

すなわち「突然破綻する」「倒産する」ということでしょうか?

 

また、交通機関がトラブルで動けなくなった場合にも使われます。

 

「汽車がばったして動けんくなった」

(汽車がトラブルで止まってしまって動かなくなった)

 

という風に使われます。

ばったする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はっちゃこく とも言います。

 

がむしゃらに、一生懸命に、必死になって頑張る などという意味です。

 

「なまら、はっちゃきこいたら、屁こいたべさやぁ」

(とても張り切って頑張っていたら、オナラが出ちゃったよ~)

「あいつだら、はっちゃきこいてっても、いっつもかっつも、おぞいもな」

(あいつは真剣に頑張ってるけど、いっつもだらしない結果だよね)

「あいつ、なんであんなにはちゃこいて頑張っているんだべ」

(あいつ、なんであんなに必死になって頑張っているんだろう)

 

という風に使われます。

はっちゃきこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汚い という意味です。

幼児向けの言葉として使われます。

 

「あらら、太郎ちゃん、そのお菓子はばっぱいから食べちゃ駄目よ」

(あらら、太郎ちゃん、そのお菓子は汚いから食べちゃ駄目よ)

 

という風に使われます。

 

この訳し方も少し違いますね。

 

おそらく語源は ”ばっちい(汚い)” からきた言葉だと思います。

そう考えますと、

例文は 「そのお菓子ばっちいから食べちゃ駄目よ」 ということになります。

 

この方がなんだかしっくりきますね。

ばっぱい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんぶする という意味です。

 

小さい子が使ったり、大人が子供に向かって使う言葉です。

 

「あら~良いわねえ~。おばあちゃんにばっぱしてもらってるんだ~」

(あら~良いわねえ~。おばあちゃんにおんぶしてもらってるんだ~)

 

という風に使われます。

 

語源は、小さな子がおばあちゃんを呼ぶ時の

「ばあば」「ばっば」 からかなあと思うのですが・・・どうなんでしょう。

”背中(バック)にパッと乗る”ということでは無いでしょうが。

おばあちゃんの背中に乗っても、じいさんの背中に乗っても「ばっぱ」と言います。

「じっぱ」という言葉はありません。

ばっぱする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほら話 のことです。

 

「え!?今の話ホントか?」「いや、話よ」

(え!?今の話ホントか?)(いや、ほら話だよ)

 

という風に使われます。

 

この場合、どちらも同じ ”話” なのですが、

前者は一般的な「お話」、

後者は「ほらばなし」と使い分けています。

 

北海道の人達では通じますが、分からない人が聞いていたらチンプンカンプンですね。

はなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

入りきらない という意味です。

 

口にものを詰め込みすぎて、”おえっ”っとなる状態を指します。

 

「そんなにほいどたけて食べてたらはばけるっしょ」

(そんなにいやしい食べ方していたら、おえってなるでしょ)

 

という風に使われます。

 

「ほいど」で「いやしい」という意味です。

はばける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すごく良い、とても良い、すごい などという意味です。

びゅー、まぶい、ばび などでも同じ意味です。

 

「なまら、ばびっとめかしこいて行ったけど、調子こいてたらばっくし破けたべや」

(とてもきっちりとおめかししていったけれど、調子に乗ってたら思いっきり破れてしまったよ)

「あいつのめんちゃんなら、なまらまぶいもな」「おぉ。びゅーだ」

(あいつの妹ってば、とても可愛いよね)(そうだ、すごくいいよな)

 

という風に使われます。

ばびっとびゅー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びっくりする という意味です。

 

漢字で書くと 「跳ねる」。

 

常識外の発言に対して ”びっくりして飛び跳ねる” という表現でしょうか。

 

「政治家の偉そうな発言にはいつもはねるじゃー」

(政治家の偉そうな発言にはいつもビックリするよ)

「あいつのあの言葉にははねたじゃー」

(あいつのあの言葉にはビックリしたよ~)

 

という風に使われます。

はねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふとんや毛布を派手に動かす様子 を表現した言葉です。

 

「物が飛ぶべさあ、あんましばふらめぐな」

(物が飛ぶじゃないの、あんまり毛布をばさばさしないで)

 

という風に使われます。

 

布団などを”ばふばふ”するからでしょうか?

”ばふばふ”と”めくる”からでしょうか?

 

音の響きでニュアンスが伝わる言葉ですね。

ばふらめぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腹がたつ、いらいらして不愉快 という意味です。

 

「あいつの言い方何よ。ホント腹糞悪いぞな」

(あいつの言い方って何なの?ホント胸くそ悪いよね)

 

という風に使われます。

 

漢字で書くと「腹糞悪い」です。

 

標準語では「胸くそ悪い」ですよね。

これは” 胸がむかむかするほど不快である”ということですから

”腹くそ悪い”のは、腹がムカムカするのでしょうか?

 

さらに「はなくそわるい」とも言うようです。

ここまでくるとまったく分かりません。

はらくそわるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿、アホ、間抜け という意味です。

 

「駄目だっていつもいってるしょ!はんかくさいんでないの!」

(駄目だっていつも言ってるでしょ!馬鹿じゃないの!)

「また、そんな事やって~!っとにもう、はんかくさいんでないの」

(また、そんな事やって~!本当にもう、お馬鹿さんなんだから)

「またスピード違反で捕まった?お前ホントはんかくさいもなあ」

(またスピード違反で捕まった?お前は本当に間抜けだな)

 

という風に使われます。

 

主に親が子供を叱る際に多用する言葉で、

大人同士の会話にはあまり登場しないようです。

 

語源は「生半可」 「半可通」で、「中途半端」「不十分」ということですね。

とはいえ、、思いやりから出る言葉の一種だと思われますよ。

はんかくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずれている、あべこべ、ちぐはぐ という意味。

 

つまり、位置・順序・方向などが通常の状態とは逆であることを指します。

 

「ボタンびっこたっこだー」

(ボタンあべこべだ~)

「あの人の靴下、びっこたっこだね」

(あの人の靴下、左右逆だね)

 

という風に使われます。

びっこたっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びっくりする、恐れる、びくびくする という意味です。

 

「車をぶつけそうになったの。な~まらびびったさ。」

(車をぶつけそうになったの。ものすごくびっくりしたよ)

「変な男に声かけられてさ、びびった~」

(変な男に声をかけられて、恐かった~)

 

という風に使われます

びびる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

べっぴんさん、美人 という意味です。

 

「あいつの彼女だら、なまらビューだぞ」

(あいつの彼女ったら、すごく美人だぞ)

 

という風に使われます。

 

語源は”ビューティフル”??

「ばびっとびゅー」の「びゅー」と同じと思われます。

※「ばびっとびゅー」 のページも併せてご覧下さい。

ビュー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くっつく という意味です。

くっついて離れない、という感じでしょうか。

 

男女がいい仲になることを指す言葉でもあります。

 

「N夫とS子、どうやらふっついたらしいぞ」

(N夫とS子、どうやらくっついたらしいぞ)

 

という風に使われます。

 

地域によって「ひっつく」とも言います。

ふっつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

同じ という意味です。

 

「なのわらしど、おらえのど、ふとづな」

(あなたのお子さんと、うちの子供、同学年なのね)

「あら、これわたしのとふとづだわ」

(あら、これ、私の持っている物と同じだわ)

 

という風に使われます。

ふとづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びしょびしょ という意味です。

 

「途中で雨にあたって、べちゃべちゃになった」

(途中で雨にあたって、びしょびしょになってしまいました)

「お米に水を入れすぎてべちゃべちゃになってまった」

(お米に水を入れすぎてびしょびしょになってしまいました)

 

という風に使われます。

 

ちなみに、形をとどめないという意味の言葉では「べっちゃり」があります。

 

「べっちゃりつぶれてた」

(ぐちゃっと潰れていた)

 

というニュアンスでしょうか。

べちゃべちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だろう、~だぞ という意味です。

 

「おめ、わがねべや」

(おまえ、ダメだぞ)

 

という風に使われます。

 

主に男性が使う言葉ですが、強く言うときにも使われます。

 

女性、あるいは丁寧な言い方では

「~っけさ」「~べさ」「~べさや」となります。

(~でしょう)(~じゃないの?)といった意味。

 

「あんだ、だめだっけさ」

(あんた、駄目じゃないの)

「汽車で行った方が速いべさや」

(電車で行ったほうが速いんじゃないの?)

 

という風に使われます。

~べや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せかせる、いそがせる という意味です。

 

「今日中に仕事終わらせるように、少しぼうたくらないといかんな」

(今日中に仕事を終わらせるように、少し急がせないといけないな)

 

という風に使われます。

 

「ぼったくる」とも言います。

一般的に「ぼったくる」は法外な金銭を要求される意味で使われますが

北海道では「せかせる・急がせる」の意味で使用します。

ぼったくるぼったくられるのページもご覧ください。

ぼうたくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食べ物の食べ頃を逃してモソモソした食感のことを指す言葉です。

 

「このリンゴ、ぼけててうまくないねぇ」

(このリンゴ、モソモソしてて美味しくないねぇ)

 

という風に使われます。

 

味がぼやけてる、ということでしょうか?

主にリンゴに対して使われる言葉ですが、青森の人には通じないようです。

ぼける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

棒、棒っきれ のことです。

 

長いものも短いものも、棒はみんな”ぼっこ”と言います。

 

「そこのぼっこ取って」

(そこの棒取って)

 

という風に使います。

 

また、五本指ではない、親指以外の指が一つ穴の手袋、

つまりミトンの手袋を「ぼっこ手袋」と言います。

 

「寒いからぼっこ手袋はけば良いしょ」

(寒いからミトンの手袋をすれば良いでしょう)

 

という風に使われます。

ぼっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追い返す という意味です。

 

「最近、訪問販売の人がしつこいから、ぼったくってやったさ」

(最近、訪問販売の人がしつこいから、追い返してなったんだ)

 

という風に使われます。

 

俗に言う”怪しいお店でお店でぼったくられる”とは全く別物です。

この言葉を知らない人が聞いたら「お金大丈夫だったの?」と言われること間違い無しですね。

ぼったくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急かされる、追い回される という意味です。

 

「今日は仕事にぼったくられて、こわいわ~」

(今日は仕事に追われて、疲れた~)

 

という風に使われます。

 

「ぼっかける」は「追いかける」という意味。

 

「散歩に行ったらぼっかけられた」

(散歩に行ったら追いかけられた)

 

という風に使います。

ぼったくられる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

産卵のために、川に近づくようになった頃から川に入った鮭のこと。

 

産卵を終え、瀕死の状態にある鮭は食用にならないので、

捨てられる運命にあることからこう呼ばれます。

 

それが転じて、老いて役に立たなくなった者を指す残酷な言葉でもあります。

ほっちゃれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

払う という意味です。

 

「はらう」とは言わずに「ほろう」と言うということです。

 

動作としては「はらう」より情緒的かもしれません。

「雪がほろほろと落ちていくさま」まで

映像的に表現しているのでありますね。

 

「雪ついてるからほろって入っておいで」

(雪がついているから、払い落としてから入っておいで)

 

という風に使われます。

 

しかし「お金を払う」を「お金をほろう」と言ったり、

お払いをしてもらう事を「おほろいしてもらう」と言ったりはしません。

ほろう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

北海道外の本州などを指す言葉です。

 

北海道のことは「道内」と呼びますが、道外のことはほとんど内地と呼びます。

ニュースなど公式のものでは「道外」を使います。

 

「内地の人には、この寒さはこたえるしょ」

(本州の人には、この寒さはこたえるでしょう)

 

という風に使われます。

 

この言葉を理解するには、まず歴史的背景を学ばなければなりませんね。

 

本州が内地ということは北海道は外地となりますね。

北海道の人達は「内地とか向こうのほうの人は・・・」などと、

まるで外国の地の人のように言いますが、

実際は自分たち北海道のことを「外地」とは言いません。

ないち(内地) 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

〜しなければならない という意味です。

 

〜ねばなんない、〜ないばなんね などと言うこともあります。

 

「どしたってこしたって、晩までにやっつけてしまわないばなんないんだぁ」

(どうしても、夜までに終わらせてしまわなければならないんだ)

 

という風に使われます。

ないばなんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる という意味です。

 

「ごみをなげる」

(ごみを捨てる)

「道端に投げる(ん)でないよ」

(道端にごみを捨てるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

おそらく北海道、東北以外の方には通じません。

「ごみ投げておいて」と言われたらビックリするか、

本当に放り投げてしまうかもしれませんね。

なげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうしたの?、どうした? という意味です。

 

心配して”大丈夫?”というニュアンスです。

 

「お前ゆんべ来なかったべや、なした?」

(あなた昨日の夜来なかったね、どうしたの?)

「いじんなきゃなんもいいんだけど、なしてもいじらさるもな」

(触らなければ問題ないのだけれど、どうしても触ってしまうんだよね)

 

という風に使われます。

 

「なした?」と聞かれて、

何でもないよと答えるときには「なんも」

どうしてもなのと答えるときは「なしても」と言います。

なした? 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうして、なぜ、なんで という意味です。

 

「おまえだら、なしていっつもそやってだはんこくのよ?」

(お前ってば、どうしていつもそうやって言うことをきかないのよ?)

「なしてそんなことになったのさ?」

(どうしてそんなことになったのよ?)

 

という風に使われます。

 

「なしてさ?」「なしてもよ」は

「どうしてなの?」「どうしてもだよ」という意味になます。

なして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしない、どうしようもない人間 という意味。

 

「また寝腐ってるのか!おまえだったらなまこだもんなぁ!」

(また寝腐ってるのか!おまえというやつはだらしないもんなぁ!)

 

という風に使われます。

 

なんで ”なまこ” なんでしょうか?

食べる ”なまこ(海鼠)” と関係があるのでしょうか。

なまこ(海鼠)は、とってものんびり屋さんで海底をゆっくりと這っているので

そこからきた言葉なのかもしれませんね。

なまこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと 「生寿司」。

 

「握り寿司」 のことです。

 

富良野で ”お寿司” というと

通常は「のり巻き」や「いなり寿司」のことを指すのだそうです。

 

握り寿司は 「生寿司(なまずし)」 と言って

「のり巻き」や「いなり寿司」「軍艦」のようなものとは区別しているようです。

なまずし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずるいの上を行く、すごくずるい という意味です。

 

標準語の「ずるい」 に北海道弁の「なまら(すごく)」がくっついて出来た言葉のようです。

 

最上級の場合「へなまずるい」 となります。

これは「超ずるい」「めちゃくちゃずるい」という意味。

「ひなまずるい」 と発音する人もいます。

 

「なまずるい」 までは許せても、「へなまずるい」は、人として許せないレベル。

陰口を言う時に使う言葉で、直接本人に向かって言うことは良くありません。

なまずるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全国的にも有名になった方言ですね。

 

なんまら とも言います。

 

すごく、とても、非常に という意味。

 

「いやあ、今日はなまらしばれるんでないかい」

(いやあ、今日はとても寒いですね)

「なまらまぶい」

(すごく可愛い)

「なまらいんでないかい」

(大変よろしいのではないでしょうか)

 

という風に使われます。

 

強調形は「なぁ~んまら」で、

「ら」を抜かす「なま」、

あるいは「なんま」というふうに使うこともあるようです。

なまら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいことこの上ない、言うことなし、最高 という意味です。

 

「ここの温泉は広いし、料理も旨いし、ほんとなもかもないねえ」

(ここの温泉は広いし、料理も美味しいし、本当に言うことなしだねえ)

 

という風に使われます。

 

語源は「何もかにも言うことなし」です。

「なもかも」では「何もかにも」「どうもこうも」という意味です。

なもかもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よほど(いい)、よっぽど という意味です。

 

「金借りるくらいなら、じっと我慢した方がなんぼかいいしょ」

(お金を借りるくらいなら、じっと我慢した方がよっぽどいいでしょ)

「都会で暮らすより、田舎暮らしの方がなんぼかいい」

(都会で暮らすより、田舎暮らしの方がよっぽどいい)

 

という風に使われます。

 

「いくらか良い」というよりは「よっぽど良い」というニュアンスのようです。

なんぼか(いい) 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どういたしまして、ぜんぜん、まったく、別に などという意味。

 

「何もさ」 となると 「別に、全然気にしなくていいですよ」 という意味になります。

 

つまり感謝に対しての返事です。

「な」を強めに発音します。

 

「すっかりお世話になってしまって。本当にすみません」

「いやいや、なんもさ」

(いやいや、どういたしまして)

 

という風に使われます。

 

おじいちゃんおばあちゃんなんかは「ありがとなぁ」と言われると

「なんもだー」「なんもなんも」と使います。

なんも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんもさ とも言います。

 

いえいえ、どういたしまして、気にしないで などという意味。

相手にお礼を言われたり、褒められたときに道産子が返す謙譲の言葉です。

 

「畑仕事大変ですねえ」

「なんもさ」

(いえいえ)

 

「毎朝早いんでしょう?」

「なんも、なんも」

(な~に、このくらい)

 

という風に使われます。

 

気を遣ってくれる相手に対して「何もそんなに気を遣わなくても良いよ」ということをよりフレンドリーな形で伝える言葉です。

なんも、なんも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~できる、~してもいい という意味です。

 

「このなが、くうにいいが? 」

 

と使われた場合に

 

「これ(まだ)食べられる?」という意味と

「これ、食べてもいい?」という両方の意味ととれます。

 

つまり、”~できる”。

英語にしてみると ”can”になります。

 

ちなみに 「なが」 は、「もの」 のことを指します。

~にいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暖かい、温かい という意味です。

 

「今日はなんぼかぬくいね」

(今日はいくらか暖かいね)

 

という風に使われます。

 

「ぬるまっこい」も、「暖かい」という意味もあります。

本来は「冷たい」または「熱い液体などが、その温度にないこと」を意味します。

”ぬるま湯”の”ぬるい”と関連するようですね。

 

「このおつゆ、ぬるまっこいべよ」

(このお味噌汁、ぬるいじゃないか)

 

という風に使われます。

ぬくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貼りつく、くっつく、ネバネバする などという意味。

 

「この子はいっつもお母さんにねっぱてるんだよね」

(この子はいつもお母さんにくっついてばかりいるんだよね)

「いやー、このイモひどいねっぱるでや」

(いやー、この芋、ひどくネバネバしてるな)

「納豆がねっぱった」

(納豆がネバネバする)

 

という風に使われます。

ねっぱる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

座る という意味です。

 

「ほれ、そこにねまればいんだ」

(ほら、そこに座ればいいんだ)

「おめだ、ちゃんとねまれ!!」

(おまえ、こら、ちゃんと座れ!!)

「そったらとこさ立ってないでねまれ~」

(そんな所に立っていないでくつろぎなさい)

 

という風に使われます。

ねまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つんのめる という意味です

 

「ちょっと足払いをかけたら、のめくっていったよ」

(ちょっと足払いをかけたら、つんのめっていったよ)

「階段でのめくって落ちそうになって、どってんこいた」

(階段でつんのめって落ちそうになって、ビックリした)

 

という風に使われます。

 

つん”のめ”って、”くる”っと転ぶ?でしょうか?

そんなわけ無いですね(笑)

のめくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっぱい、たくさん という意味。

 

のっこし とも言います。

”どっさり”の転訛でしょうか?

 

「トマトがとれたからって、のっこり持ってきてくれたの」

(トマトが採れたからって、いっぱい持ってきてくれたの)

「釣りに行ったら、のっこし釣ってきたさ」

(釣りに行ったら、たくさん釣ってきたんだよ)

 

という風に使われます。

のっこり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すごく、とても という意味です。

 

「いやいや、今度買った車、たいしたいいんでないかい」

(いやいや、今度買った車、すごくいいんじゃない?)

 

という風に使われます。

 

漢字で書くと、そのまんま「大した」に、なります。

 

「たいした奴」 という時の「たいした」と同義です。

 

「たいした良い」

(すごく良い)

 

という使い方は北海道弁ならではですね。

たいした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

宝物のように周りに大事に扱われて自分じゃ何も出来ないような人のことです。

 

「まったくあんたはたからものだ!なんでも自分でやれ!」

(まったくあんたは世間知らずだな!何でも自分でやりなさい!)

 

というような感じでしょうか・・・。

 

世間知らずな若者が、大人に向かって分かった風に生意気に口答えすると、

「このたからものがー!」と返ってきます。

礼儀知らずにも当たりますから、先輩の話は良く聞いたほうが良いということです。

 

でも、なんだか怒られている感じがしないですね。

たからもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿な奴、馬鹿になる、使い物にならない、たわけもの という意味です。

 

とんでもない馬鹿だったり、おかしくなっている状態を指しているような、微妙なニュアンスがあります。

 

「この、たくらんけが!」

(この大馬鹿者が!)

「このたくらんけが、その男さ連れて来い!」

(この馬鹿たれが、その男を連れてきなさい)

「昨日飲み過ぎで、たくらんけになっちまった」

(昨日お酒を飲みすぎて、泥酔してしまった)

 

という風に使われます。

 

「たふらんきゃ」は、相手を罵倒する言い方です。

「ばがこの、たふらんきゃ」という感じで使います。

たくらんけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごたごたに固まっていること、一箇所にかたまること を指す言葉です。

 

「タイツがたごまっててあずましくない」

「ちゃんと直さないから、敷布がたごまってた」

「ほら、服脱いだらちゃんとたたみなさい。たごまってるしょや」

 

などという風に使われます。

 

この状態を指す言葉として「たごまる」以外の言葉を思いつきません。

糸・布・衣服など「からんでごちゃごちゃ」になるという感じです。

ちなみに「たごまる」を標準語に直そうと思っても、これ!という言葉が無いですね。

たごまってる状況を、標準語では、どう表現しているんでしょう?

たごまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たなく とも言います。

 

担ぐ、持つ という意味です。

 

小さい物を持つことに対しても使います。

 

「そっちばたないでくれ」

(そっちを持ってくれ)

「ちょっと、そっち半分たないて!」

(ちょっと、そっち半分担いで!)

 

という風に使われます。

 

「たないで!(持って!)」と言っているのに

「持たないで!」と言われていると勘違いしないように注意が必要ですね。

 

たなぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

駄々をこねる、言うことをきかない という意味。

 

「いつまでもだはんこいてんじゃないよ!」

(いつまでも駄々をこねているんじゃないよ!)

「そうやっていつもだはんこいてたら外に出されるよ」

(そうやっていつも言うことをきかないと外に出されるよ)

 

という風に使われます。

 

漢字では「駄反放く」でしょうか。

つまり「無駄な反抗」のことですね。

 

「ごんぼほる」と同義語です。

だはんこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だろ、~だな、~でしょう という意味です。

 

「ふぶきだべさ」

(吹雪だな)

 

文末につけて文を終わらせる役目。

「だべさ」は、そうだと確信してることの語尾に使われます。

基本形は「~べ」ですが、

「~だべ」「~だべさ」「~べさ」「~だべや」「~べや」「~べか」で使われることもある。

 

「あんただべ」

(あなたでしょう)

「あそこ行くべ」

(あそこに行こう)

 

などと、気軽に使われます。

 

「行くべ?」と語尾を上げると、疑問文になって同意を求める言い方になります。

~だべさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だまかす とも言います。

 

騙(だま)す という意味です。

 

「この前、○○さんがキツネにだまくらかされたんだってさ」

(この前、○○さんがキツネに騙されたんだってさ)

「おまえそやっていっつも女だまくらかしてるんだべや」

(おまえそうやっていつも女性を騙してるんだろう)

 

という風に使われます。

 

「だます」よりは、さらに狡知に長けた感じです。

だまくらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざらせん とも言います。

漢字で書くと「だら銭」「ざら銭」です。

 

小銭 のことを指す言葉です。

 

「財布ん中、だら銭ばかりだって~。」

(財布の中、小銭ばっかりだよ~)

 

という風に使われます。

 

子供の頃は、だら銭を握って駄菓子屋さんに行ったものです。

だらせん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寒さがゆるむこと を指した表現です。

 

「明日はだんき入るから、屋根の雪落ちるさ」

(明日は寒さがゆるむから、屋根の雪が落ちるね)

 

という風に使われます。

 

語源は ”暖気” でしょうか?

標準語でも暖機運転などという言葉もありますよね。

広義では同じような意味ですが、ここでは気候が温かくなることを指します。

だんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと 「短靴」 です。

 

その字のごとく 「(長靴に対して)丈の短い靴」 のことです。

 

子供の頃はよくゴム靴の短靴のまま水たまりに入って、

靴の中までびしょびしょにしたものです。

 

標準語では”ズック”でしょうか?

この短靴は裸足で履くのが普通のようです。

 

ウラジーミル・ナボコフ著の「賜物」の中でも

「素足にズックの短靴をつっかけて」という一文もあったりもしますよ。

たんぐつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

語源は「短腹」でしょうか。

 

気が短いこと、短気、怒りっぽい という意味です。

 

「どうしておまえはそうたんぱらなのよ」

(どうしておまえはそう気が短いのよ)

「あいつは、なまらたんぱらだし」

(あいつは、めちゃくちゃ短気だし)

「なんか時間ばっかりかかるもんだから、たんぱらおこしてた」

(なんか時間ばっかりかかるもんだから、怒りっぽくなってた)

 

という風に使われます。

たんぱら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鮭などの魚と野菜を味噌等を用いて鉄板で焼いた料理の名称。

 

北海道の漁師町の名物料理です。

2007年に農林水産省の主催で選定された農山漁村の郷土料理百選において、

ジンギスカン、石狩鍋と共に、北海道を代表する郷土料理として選出されています。

 

「ちゃんちゃん焼き」の名称の由来は、

多々説があるのですが、はっきりとした由来は不明です。

ちゃんちゃんやき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いちゃもんをつける という意味です。

 

「お前なら、俺の言うことにいっつもそやってちゃんつけるもな」

(お前なら、俺の言うことにいつもそうやっていちゃもんつけるもんな)

 

という風に使われます。

 

怖いお兄さんに「ちょっとそこのにーちゃん。なんか文句でもあるのかい」と

「ちゃん」をつけて凄まれたら、さっさと撤退しましょう。

ちゃんをつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょびっと とも言います。

 

少々、ほんの少し、ちょっと という意味。

 

「私も食べてみた~い。ちょべっとちょうだい」

(私も食べてみた~い。ちょっとちょうだい)

 

という風に使われます。

 

”ちょびっと”は標準語でも使われます。

ちょべっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いじる、触る、からかう、もてあそぶ などという意味です。

 

「俺の車ちょすなって」

(俺の車触るんじゃないって)

「人の物ちょすな!」

(人の物を触るんじゃない!)

「化膿するから傷ちょすんでないよ」

(化膿するから傷をいじくるんじゃありませんよ)

「おまえらだら、すぐそやって俺のことちょすもな」

(おまえらってば、すぐそうやって俺のことからかうよな)

 

という風に使われます。

ちょす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

詮 のこと。

 

「つっぺかる」「つっぺかける」は

「詮をすること」「穴に物を詰めること」になります。

 

「おまえ鼻血出てるぞ。早くティッシュでつっぺからんとダメだべさ」

(おまえ鼻血が出てるぞ。早くティッシュで鼻に詰め物しないとダメだよ)

「鼻血が出たからつっぺかったんだ」

(鼻血が出たから詮をしたんだ)

 

という風に使われます。

 

「穴を埋める」場合も「つっぺする」といいます。

つっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

電話に出ていきなり

「はい、加藤でした」「毎度様でした」などと

過去形で挨拶します。

 

これから会話が始まるというのに、

始まる前から終わっているような、北海道特有の挨拶の仕方です。

 

「おはようございました」「毎度様でした」などという挨拶も

道産子には日常なのだそう。

 

突然「~でした」と言われても、会話が終わった訳ではありません。

ビックリしてうっかり電話を切ってしまったりしないように注意が必要です。

~でした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっくり返る ということ。

 

「事故でさ、車がてっくりかえってた」

(事故でね、車がひっくり返っていたんだよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では 「てっころぶ」があります。

これは 「ころぶ」という意味です。

 

「雪道で滑っててっころんだの」

(雪道で滑って転んじゃったの)

 

という風に使われます。

てっくリかえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疑問文の文末で使われる言葉です。

 

「大変でない?」であれば「大変じゃない?」となります。

 

これに「かい?」を付けて「でないかい?」というように文を終わらせてみることもできます。

「かい?」をつけるとちょっとだけですが、丁寧でやさしい表現になりますね。

「ない?」は、疑問系なので上げ気味に発音すると良いです。

 

「そりゃあ、はんかくさいんでないかい?」

(それって、馬鹿じゃないの?)

 

という風に使われます。

~でない? 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手袋をする、手袋をつける、手袋をはめる という意味。

 

「手袋はいたかい?」

(手袋つけたかい?)

 

という風に使われます。

 

靴をはく、靴下をはく、ズボンをはくなどと一緒の位置付けで

”手袋をはめる”とは、ほとんど言いません。

 

また、「タイヤをはく」とも使います。

意味は「タイヤを装着する」。

 

タイヤ交換の話題が始まる10月、または4月になると

「タイヤもうはきかえた?」との会話が出てきます。

 

北海道では、靴も靴下もズボンも、手袋もタイヤもみんな同じですが

標準語の意味よりも広い意味合いを持つようです。

てぶくろ(手袋)をはく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

道民は 「道=北海道」 と認識しているため、

ニュースなどでも 「道(どう)」 と表現します。

 

県と同じニュアンスで使用されます。

 

「北海道」 と言うこともあるにはありますが

「道では~」 というように使うことが多く、

都道府県の道、つまり北海道のことを指しています。

 

日本の都道府県で 「道」 とつくのは全国で北海道だけですし、

全国でも使おうと思えば使える言葉ですね。

どう(道) 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

春から初夏に近海で捕れるサケ(鮭) のことです。

 

鮭は居場所や獲れる時期によって呼び名が様々なんですね。

鮭の旬の秋ではなく、季節はずれの時期に捕れるのでこう呼ばれます。

 

他にも、9月から11月に獲れるものを「秋味」と呼びます。

また、「とば」 は、

”あきあじ(秋味)”の半身を日陰の軒下などに吊して干したもので

お酒のつまみとして食べられます。

ときしらず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全国でも有名な言葉ですね。

 

北海道生まれの馬、または北海道生まれの人を指します。

 

これを区別するため、

馬のほうは「ドサンコ」とカタカナ表記、人間は「道産子」とするようです。

 

”北海道生まれの人”を指す場合は、

厳密には三代にも及んで北海道で生まれた人を指すようです。

しかし今では、道産子も内地から最近移転してきた人も

総称は「道民」または「北海道人」と呼ばれています。

どさんこ(道産子) 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遠慮したり、否定したりするときに

「何を言っているんですか」 とか

「そんなことはないですよ」 などの意味で使われます。

 

「どっこに、そったらことされたら困るべさ」

(何を言ってるんですか、そんなことをされたら困りますよ)

「どっこに、俺なんかそったらたいしたもんじゃねぇ」

(そんなことないですよ、私なんかそんなに素晴らしくないですよ)

という風に使われます。

 

「どこに行くの?」という時の「どこに」ではありませんよ。

どっこに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうとかこうとか、どうこう、なんだかんだ などという意味です。

 

「さっきおじさんから電話が来て、畑がどったらこったら言ってた」

(さっきおじさんから電話が来て、畑がどうこうって言ってた)

 

という風に使われます。

 

「どったら」で「どんな」という意味です

 

「どったらことしたらこんな青タンこさえるのよ」

(どんなことをしたらこんな青痣作れるのよ)

 

というような、憤慨の感情をともなった疑問に使われることが多いみたいですね。

どったらこったら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どってんこく とも言います。

 

びっくりした、驚いた という意味です。

語源は どってん=動転? でしょうか??

 

「きのうほんまにどってんした」

(昨日は本当にびっくりしました)

 

という風に使われます。

 

「どってんこく」 で 「ビックリする」ということです。

 

「あの子の足、29cmなんだって。どってんこいじゃった」

(あの子の足、29cmなんだって。ビックリしちゃったよ)

 

という風に使われます。

どってんした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動きがのろい、のろのろしている、とろい という意味です。

 

「あいつの仕事のやり方はとろくさくて見てられんわ」

(あいつの仕事のやり方はのろのろしていて見ていられないよ)

「あんたってほんとにとろっくさいわあ」

(あんたって本当にのろのろしてるわよね)=イライラする

 

という風に使われます。

とろくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お尻、お尻の穴 のことです。

 

「どんず痛ぇ~」

(ケツ(お尻)痛ぇ~)

「どんずからおっこちたさ」

(お尻から落っこちたよ~)

という風に使われます。

 

語源は「どんずまり」だと言われています。

どうやらもともとは「肛門」のことを「どんず」と呼んでいたのだとか。

どんず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

同い年、同学年、同級生、同年齢 という意味です。

(タメ も同義です)

 

「俺とあいつ、中学時代のどんぱでさあ」

(俺とあいつは、中学時代の同級生でさあ)

「学校は違っても同学年はみんなどんぱ」

(学校は違っても、同学年はみんな同級生です)

 

という風に使われます。

どんぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せぇーの という、重いものを皆で持ち上げるときの掛け声のことです。

 

たとえば、家族でタンスを移動するときに

 

「さ~のこい!」

(せーの!)

 

と使われたりします。

 

”せーの、よいしょ”というニュアンスでしょうか。

 

地域によって違うようですが

「いっせーのーしいで」

「せいのこーりゃっ」

なども使われるようです。

さ~のこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

絆創膏 のことです。

 

一般的に救急絆創膏は「バンドエイド」という呼称が有名かもしれませんね。

 

どちらも商標名なのですが、なぜか一般名詞化していて、

北海道では「バンドエイド」と言わず殆どの人が「サビオ」といいます。

 

サビヨと言う人もいます。

 

北海道ではサビオ(sabio)イコール絆創膏、

怪我をしたらサビオを使う、ということは常識ですが

本州ではサビオと言っても通じないと思われます。

サビオ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よけろ、どけろ という意味です。

 

「そこ、邪魔になるからされ」

(そこ、邪魔になるからどきなさい)

 

という風に使われます。

 

語源は”去れ”でしょうか?

もし、突然 「おまえ邪魔だからされ」 なんて言われた日には

完全に泣きながら帰ってしまいそうです・・・。

され 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鶏肉の揚げ物の一種のこと。

 

醬油(しょうゆ)ベースの下味をつけておいた、

1口から2口程度の大きさの鶏肉を揚げた料理です。

(つまり”唐揚げ”でしょうか?) 

 

「ザンギ残ってるんだけど食べる?」

(鳥の唐揚が残ってるんだけど食べる?)

「ビールのつまみは、やっぱザンギだべさ」

(ビールのつまみは、やっぱり鳥の唐揚だよね)

 

という風に使われます。

 

全国的にも取り扱うお店が増えてきているようです。

ザンギ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

噛む、しゃぶりながら歯でしごく という意味です。

 

「よくしがんで食べたら、おいしいよ」

(よく噛んで食べたら、おいしいよ)

「ちゃんとしがんでから飲み込みなさい」

(ちゃんと噛んでから飲み込みなさい)

 

という風に使われます。

 

小さな子供に”カミカミしなさい”と言う場合は

「しがしがしなさい」 になるのでしょうか??

 

「ガムを噛む」 も 「ガムをしがむ」 と、言うということですね。

しがむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だから という意味です。

 

「したから甘い言葉には気を付けなさいって言ってたしょ」

(だから甘い言葉には気を付けなさいって言ってたでしょう)

 

という風に使われます。

 

「~すけ」でも「~だから」という意味になります。

 

「いぐすけ、まってれ」

(すぐ行くから、待ってて)

 

という風に使われます。

 

「したすけ」のページもご覧ください。

したから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だから という意味です。

 

「したすけ、吹ぐって言ったべな」

(だから、嵐になるって言ったじゃないか)

 

忠告を無視して沖から吹雪が来ているのに、

舟を出して危ない目に会った人に、このように言います。

 

「したすけや」

(だから言っただろう)

 

と、あきれ顔で言って、

あとは口を閉じてしまうという状況を表した表現ですね。

 

「したから」のページもご覧ください。

したすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃあ、そうすると、そうしたら などという意味。

 

「~をしたの。したっけ~になっちゃって」

(~をしたの。そうしたら~になっちゃって)

 

というように、文を繋ぐときの接続詞として使われます。

これが「したって」になると、「しかし」「でも」 という意味になります。

 

また、若者の別れ際の挨拶では「したっけねー」といってバイバイします。

この場合は「じゃあね~」「またね~」というニュアンスですね。

「したらね~」でも良いです。

 

「おじゃましたね、したらね~」

(お邪魔しました、バイバーイ)

 

という感じです。

したっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっこいい という意味です。

 

「あの車、なまらしついなー」

(あの車、めちゃくちゃっこいいなー)

 

という風に使われます。

 

語源は”質がいい”からでしょうか?

字だけを見ると”失意”と勘違いしてしまいそうですが、

間逆の”良い意味”の言葉ですね。

しつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

筋や弾力があり、歯で噛み切りにくい様子 を表す言葉です。

 

地方によっては、食べ物以外にも使うこともあるみたいですが、

主に食べ物に対して使うことが多いようです。

 

「わや、しなくて、ゆるくないって」

(とても噛み切れなくて大変です)

「なして、こんなにしないんだべ?なんぼ噛んでも堅いってヤ」

(どうしてこんなに噛み切れないんでしょう?どれだけ噛んでも堅いよ)

 

という風に使われます。

しない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凍っている という意味になります。

 

「水道管しばれてるべさ」

(水道管が凍っているじゃないですか)

 

という風に使われます。

 

「しばらかす」 になりますと 「凍らせる」 という意味になります。

 

「魚をいっぱいもらったから、しばらかさせといた」

(魚をいっぱいもらったから、冷凍しておいた)

 

という風に使われます。

 

「しばれる」「しゃっこい」のページも併せてご覧ください。

しばれてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寒い、凍える、凍てつく という意味。

 

零度くらいでは使わず、氷点下(マイナスの気温)で、

厳しい冷え込みが起きているときに使います。

 

気温が寒いということで使いますが、

「冷たい」を表す「しゃっこい」との使い分けが難しい言葉です。

 

「今朝はしばれんねー」

(今朝は冷え込んでますねえ)

 

という風に使われます。

 

「しばらかす」で「凍らせる」になります。

 

「うっかりしておこうこしばらかしたわ」

(うっかりして漬物凍らせてしまったわ)

 

という風に使われます。

「しゃっこい」のページも併せてご覧ください。

しばれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひゃっこい とも言います。

 

漢字で書くと「冷やっこい」です。

つまり 冷たい という意味。

 

「川の水しゃっこい!」

(川の水冷たい!)

「ひゃぁしゃっこい!」

(うわ~!冷たい!)

「ひゃっこいビール」

(冷たいビール)

 

などと使われます。

 

難しいのが「しばれる」との使い分けです。

「しゃっこい」は、

雪や氷、水など液体や固体の温度が冷たいというのに使います。

 

「しばれる」のページも併せてご覧ください。

しゃっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~でしょう という意味です。

「~あるっしょ?」 などの疑問の場合は 「~あるよね?」 という意味で、

念を押したり同意を求めたりする場合に使われます。

 

「珍しいしょ」

(珍しいでしょう)

「行くしょ?」

(行くでしょう?)

「昨日あそこにいたしょ」

(昨日あそこにいたでしょう)

「うまいしょ」

(美味しいでしょう)

 

などと使われます。

 

「~しょや」も「~でしょ」という意味ですが、

喧嘩腰になった時に多発したりします。

 

「いいっしょやべつに!」

(別にいいでしょ!)

 

という感じで使われます。

~しょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

強情を張る、言い張る という意味です。

 

”ごうじょっぱり(強情っ張り)” の転訛ですね。

 

「じょっぱって言うことをきかない」

(強情を張って言うことをきかない)

「万引きしたの見たのにしてないってじょっぱったんだよ」

(万引きしたの見たのにしてないって言い張ったんだよ)

 

という風に使われます

じょっぱる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じょっぺんかける とも言います。

 

鍵・錠をかける という意味です。

 

「しょうもないオヤジギャグばかり言って。じょっぴかってさっさと寝れ」

(しょうもないオヤジギャグばかり言って。鍵かけてさっさと寝なさい)

「じょっぴんかけなといと、ドロボーはいるっしょ」

(鍵をかけないと、泥棒が入るでしょう)

 

という風に使われます。

 

「じょっぴんかった」 で 「鍵をかけた」 という意味です。

 

「出かけるけどじょっぴんかった?」

(出かけるけど鍵かけた?)

 

という風に使われます。

じょっぴんかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

除雪板、幅の広い雪かき道具 のことです。

 

「じょんぱ壊れたから、ツルヤさ行って買ってこい」

(除雪板壊れたから、ツルヤに行って買ってきなさい)

※ツルヤは北海道でメジャーなホームセンターです。

 

という風に使われます。

 

除雪板 → 除板(じょばん) → じょんぱ と変化したものと考えられます。

昔、馬ソリの前に除雪版を付けて除雪をしていたことから

除(じょ)雪板(ん)馬(ば)ソリ などの複合語を略したものだそうです。

じょんぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しなさい、~せよ、やりなさい、やれ という意味。

 

「~する」の命令形です。

 

「お前も受験生なら、もうちょっと勉強しれって」

(お前も受験生なら、もうちょっと勉強しなさいよ)

「わかってるんならさっさとしればいいべや」

(わかってるんならさっさとすればいいじゃないの)

 

という風に使われます。

~しれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鳥の白い糞 のことを指す言葉です。

 

「新しい車も、浜におけば、すぅぐしれくそよ」

(新しい車も、浜に置いていたら、すぐに鳥の糞がつくんだ)

 

という風に使われます。

 

漁師町で新車を買っても、

鳥の糞の他にも、潮のサビ、荒波が打ち上げる石つぶてなど、

なかなか厳しい環境のようです。

しれくそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たれ目、目尻の下がっている人 のことです。

 

「あの人、ずいぶんすっぺさがりだね」

(あの人、ずいぶんたれ目だね)

 

という風に使われます。

 

”すっぺ” が ”さがっている” んですよね?

「眉毛がハの字に下がっている状態」 も、すっぺさがり と言うようですので

「眉毛や目尻の下がっている人」 という解釈が一番近いかもしれませんね。

すっぺさがり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しれ とも言います。

 

~しろ、~しなさい という意味です。

 

「女はもっとめんこくすれてば」

(女性はもっと可愛らしくしなさいよ)

「我慢しれ!」

(我慢しなさい!)

「ちゃんとしれ!」

(ちゃんとしなさい!)

 

という風に、主に命令する場合に使われます。

~すれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そういうことをしたらダメだよ という意味です。

 

「メシ、ちゃんと喰わねぇばわがんねぇど」

(ご飯、ちゃんと食べなければダメだぞ)

 

という風に使われます。

 

「わがんねぇど」 で、「ダメだぞ!」 という意味になるのですね。

「すれば」 は、「せねば(しなければ)」 でしょうか??

どちらかというと ”~しなさいね” というニュアンスで使う言葉かなと感じます。

すればわがんねぇど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へばな とも言います。

 

では、さようなら という意味です。

 

「はぁ帰るでや、せばな。まだくる」

(もう帰ります、では、さようなら。また来ます)

 

という風に使われます。

 

「せばねー」 になりますと 「さようならー」 という感じになりますね。

 

電話などで

 

「したらはぁいくわー、せばねー」

(それじゃあもう帰ります、じゃあね~)

 

という風に使われます。

せばな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お金 のことです。

小銭や、小額のお金を指すこともあります。

 

おそらく、銭(ぜに) → 銭っこ(ぜにっこ) → ぜんこ となったものと考えられます。

 

お酒の席で気分が良くなったおじさんなんかが

 

「ぜんこならなんぼでもあるってなんぼでも好きなもん頼め」

(お金ならいくらでもあるからいくらでも好きなものを頼みなさい)

 

という風に使ったりします。

 

単に

「ぜんこくれ~」

(お金ちょーだい)

とも使われますよ。

ぜんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんな という意味です。

 

「そったらヤッケで雪こぐってか、たくらんけ」

(そんな合羽で雪の中をかき進むというのか、馬鹿じゃないの)

 

という風に使われます。

 

感情をともなった否定形で使用されることが多いみたいですね。

 

「そったらもん」「すったらもん」 になりますと 「そんな物」 という意味です。

 

「そったらくだらん物」

(そんなくだらない物)

 

という風に使われます。

そったら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「すったらべっちょ」 とも言います。

 

そんなちょびっと、そんな少し という意味です。

 

「これおまえにやるか?」「そったらべっちょだら、いらん」

(これおまえにやるか? そんなちょびっとだったら、いらない)

 

という風に使われます。

そったらべっちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんなつまらないもの、とるにたらないもの という意味です。

 

「そったらもん、もらったってしょうないしょやー」

(そんなつまらないもの、もらったってしょうがないでしょうよ)

 

という風に使われます。

 

また、

「そったらもん、なっぱ食ったえんたもんだ!」 というと

「そんなの簡単だよ」 または 「そんなの朝メシ前さっ!」という意味になります。

 

そったらもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんなふうに という意味です。

 

「したってあんたさっきそやっていったべさ」

(だってあんたさっけそういう風に言ったじゃない)

「いやあ、したけどあんたそやって言うかい」

(いやあ、しかしあんたそんな風に言うのですか)

 

という風に使われます。 

 

「したけどあんたそやって言うかい」は、

訛りがきつい場合は 「あんたそやっちゅうかい」 となります。

もっときついと 「あんたそっちゅうかい」 となります。

そやって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とてつもない という意味。

 

「今日の雪はがいだよね」

(今日の雪はとてつもない(量)だよね)

という風に使います。

 

「がいに」 になりますと 「非常に」「桁外れに」 という意味です。

 

「北印のニンジン扱い量だら、がいな数だべや」

(北印のニンジンを扱う量ったら、桁外れな数だ)

 

という風に使われます。

 

「予想外の」「並外れの」の「外」からきているものと思われますが、

「桁違いな」から来ているという説もあります。

がい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弱る、疲れてやつれる という意味。

 

「おまえ、なしたのよ。なまらがおってるべや」

(おまえ、どうしたんだよ。ずいぶんと疲れてるじゃないか)

「あの人、最近がおった顔してる」

(あの人、最近やつれた顔してる)

 

という風に使われます。

 

語源は 「臥折る」 です。

つまり 「体を曲げるようにして寝るほどのひどい疲れ」 を意味します。

がおる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字にすると ”書かさる” です。

 

書ける という意味になります。

 

「このボールペンもう使わないの?まだ書かかさるのにいたましいしょ」

(このボールペンもう使わないの?まだ書けるのにもったいないでしょう)

 

という風に使われます。

 

”書かされる”と聞き間違えてしまいそうですが、

この「~さる」は「~できる」という意味と

「自然に~してしまう(自発)」という意味の二つの表現に使われます。

かかさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体を縮める、しゃがむ という意味です。

 

「年いってかがまって歩いてるね」

(年を取って身体を縮めて歩いているね)

 

という風に使われます。

 

”屈(かが)む” + ”縮こまる” というニュアンスでしょう。

腰痛の方なんかが腰を曲げているような様子を表します。

かがまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かもめ のことです。

 

「姥神の前に、かごめ島行くべ」

(姥神大神宮の前に、かもめ島に行きましょうよ)

 

という風に使われます。

 

年配の方に 「かもめ島ってどこですか?」 と聞くと

「あ? そったらもの江差さ無ぇ」 と言われてしまうかもしれません。

その時は ”かごめ島” と言ってみましょう。

 

※併せて「ごめ」のページもご覧下さい。

かごめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かたがる、かやる とも言います。

 

漢字で書くと ”傾がる” ですから、傾(かたむ)く という意味です。

 

「地震で家かた(し)がってきたわー」

(地震で家が傾いてきたよー)

「雪の重みで、あそこの倉庫傾がってきてるぞ」

(雪の重みで、あそこの倉庫傾いてきてるぞ)

 

という風に使われます。

 

「傾(かし)げる」 が語源。

例えば、「首をかしがる」 ですと

「首をかしげる」 ということになります。

 

「傾げる」 の受動的表現が 「傾がる」 です。

また、倒れたり、ひっくり返った時も使うようです。

かしがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける という意味です。

 

「その本かたして」

(その本片付けて)

「服出しっぱなしてきたからかたしといて」

(洋服を出しっぱなしで出てきたから片付けておいて)

「クローゼットの中かたしなさいよ」

(クローゼットの中を片付けなさいよ)

 

という風に使われます。

かたす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仲間に入る という意味です。

 

「オレもかたっていいかい?」

(俺も仲間に入ってもいいかい?)

「おお、かたれ、かたれ」

(おお、(仲間に)入れ、入れ)

 

という風に使われます。

 

「加えてやる」の転訛でしょうか?

 

また「かぜる」「かでる」「かせる」とも言います。

この場合は「まぜる」「仲間に入れる」という意味になります。

 

何人かで遊んでいるところに「かぜて!」と言って入れてもらいます。

 

また「がいま」ですと「仲間はずれ」になります。 

「”外”れる」 + 「仲”間”」 ということでしょうか?

かたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

北海道でしか売っていない乳酸菌飲料のことです。

雪印メグミルクが北海道限定で販売している乳酸菌飲料。

 

「ヤクルト」に似た、ただし非常に甘い飲料でしたが

1979年に名称を「ソフトカツゲン」とし、

風味も薄くさっぱりとしたものに変更され現在に至っているようです。

 

語源は「活源」。

元々「活素(かつもと)」という名前で

「活」は「勝つ」、「素」は「牛乳の素」を意味していたようです。

カツゲン 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

責任転嫁する、理由を他にそらす という意味です。

 

語源は 「被(かず)ける」 で、そこから転訛したものと思われます。

 

「忙しいのにかつけて、お礼もしないでごめんね」

(忙しいのを理由に、お礼もしないでごめんね)

 

という風に使います。

かつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頼りない、貧相だ、貧弱だ、貫録がない という様な意味です。

 

「おいおい。したって、それ持つとこグラグラしてるべや。かちゃっぺないべよ、やめとけって」

(おいおい。だけど、それは持つところがグラついているでしょう。頼りないからやめておきなさいよ)

「あの男、かちゃっぺなくてよ、あったら奴だら娘くれてやれね」

(あの男、貧弱な男でなあ。あんな奴では娘をやれないよ)

 

という風に使われます。

かちゃっぺない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がっさい、がさい とも言います。

 

みずぼらしい、古びた、出来の悪い、安っぽい という意味になります。

 

「がっちゃい車」

(みすぼらしい車)

「この車安いだけあって内装がなまらがっさいわ」

(この車安いだけあって内装がとても安っぽいわ)

 

という風に使われます。

 

「がさつ」が語源と思われますね。

がっちゃい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全ての ”痔” のことを指す言葉ですが、特に裂肛痔のことを指すようです。


「佐藤くんはがっちゃきで悶えている」

(佐藤くんは痔(が痛くて)で悶えている)

「がっちゃき悪いくした」

(痔が悪化した)

 

という風に使われます。

 

”かっちゃく”が”引っ掻く”という意味ですから、

”引っ掻き傷”ということでしょうか?

つまり、お尻を引っ掻いた傷=痔 と考えられますね。

がっちゃき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっちゃます とも言います。

 

引っ掻き回す という意味です。

 

「引き出しの中、かっちゃまかしたべ?」

(引き出しの中、引っ掻き回したでしょ?)

「あいつがいるとすぐ場をかっちゃますもんなあ」

(あいつがいるとすぐ場を引っ掻き回すもんなあ)

 

という風に使われます。

 

「かっちゃく」で「引掻く」という意味になります。

 

「お前の顔かっちゃくぞ」

(お前の顔を引っかくぞ)

「またかっちゃいたっしょ!血でてるよ」

(また引っ掻いたでしょ!血出てるよ)

 

という風に使われます。

かっちゃまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かつける とも言います。

 

言いがかりをつける、人のせいにする、押し付ける などという意味です。

 

「何でもかんでも、かっつけんなや!」

(何でもかんでも、言いがかりをつけないでよ!)

「あの人はなんにも悪くないんだけど、あの人にかっつけて帰ってきたの」

(あの人はなんにも悪くないんだけど、あの人に押し付けて帰ってきたの)

「おまえなら、すぐそやって人にかつけるもなー」

(おまえなら、すぐそうやって人に押し付けるもんなあ)

 

などという風に使われます。

 

”ケチつける”の転訛かなと思いましたが

「かこつける」に近いニュアンスのようです。

さらにもう少し狡知に長けた感じですね。

かっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

激しくひっくり返すというような意味です。

 

はっきりコレ!というニュアンスが伝えにくい言葉です。

勢いが重要なポイントです。

例えば、小さいものをひっくり返すときや、

静かにひっくりかえす時にはあまり使いません。

 

「道さ凍っててよ。滑って両足からかっぱがえったもんよ」

(道路が凍ってて、滑って両足でひっくり返ったのさ)

 

という風に使います。

 

足にバケツを引っかけてひっくり返してしまうときや、

星一徹のような怒った親父が机をひっくり返したり、

畳をえいやっとひっくり返すときなど

「激しくひっくり返す」 ときに使われます。

かっぱがえす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とてもたくさん という意味です。

 

「やまぼうしのとこに、暴走族が、がっぱし集まってたで」

(山法師のところに、すごい数の暴走族が集まっていたぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉で 「がっつり」「がっちし」 があります。

これは 「がっちり」「しっかり」「きつく」 という意味。

 

「いやあ、こないだ先公にがっつり怒られちゃってよ~」

(いやあ、この間先生にきつく怒られてしまってさあ)

 

他にも 「ごそっと」 も 「いっぱい」 という意味です。

 

「これしかないのにごそっともっていった」

(これしかないのにたくさんもっていった)

 

という風に使います。

 

どれも”がっぱし”を使っても、同じ意味になりますね。

がっぱし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと”竈かやす”。

 

破産する という意味です。

 

「あんな派手な生活してれば、誰だってかまどかやすって」

(あんな派手な生活してれば、誰だって破産するよ)

 

という風に使われます。

 

飯を炊く「かまど」をひっくり返してしまっては、

ご飯が食べられなくなる =すなわち破産する ということのようです。

かまどかやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

盗む という意味の言葉です。

 

「おめ、俺の缶コーヒーがめったべ」

(おまえ、俺の缶コーヒー盗っただろう)

「おめ、それあそこの店からがめってきたんでないべな」

(おまえ、それあそこの店から盗んできたんじゃないだろうな)

 

という風に使われます。

 

「ぎる」のページも併せてご覧ください。

がめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かえす という意味ですが

これには2つの ”かえす” が、あります。

 

①借りたものを返す。

 

「そ言えば、お前に貸したった本、まだ、かやしてもらってないべや」

(そう言えば、君に貸している本、まだ、返してもらっていないよ)

 

②表のものを裏に返す。

 

「ほら、しゃべってばっかりいないで、肉、かやさないと、こげるって」

(ほら、話をしてばっかりいないで肉を裏返さないと、焦げるよ)

「うるさいって、人にばっかし、かやせってしゃべってないで、お前がかやせっての」

(うるさいよ。ひとにばっかり、裏がえせって言ってないで、自分で裏返しなさい)

 

という風に使い分けます。

かやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怠ける という意味です。

 

「またからっぽやんで仕事やすんでるんだよ」

(また怠けて仕事休んでるんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「がっぽ」があります。

これは「身が締まってなくて空間が空いた状態」をあらわす言葉です。

 

「この芋切ってみたら中ががっぽだべさー、わやでないかい」

(この芋切ってみたら中が空洞じゃないか、すごくない?)

 

という風に使います。

 

”がっぽり穴があいている”の短縮形でしょうか?

からっぽやむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かける、閉める という意味です。

 

「錠かっといて!」「うん、大丈夫。ちゃんとかったよ」

(鍵かけておいて! うん、大丈夫。ちゃんと(鍵)かけたよ)

 

という風に使われます。

 

もし、「錠かっといて!」と言われたら

「買っといて!」と勘違いしてしまいそうです。

そして鍵はかけないという最悪の事態に・・・。

北海道では知っておいた方がいい言葉のひとつかもしれませんね。

かる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かさぶた(瘡蓋) のことです。

 

「いいふりこきのがんべたかり」 という表現がありますが、

これは 「カッコつけているが少しも格好良くない人(奴)」 ような相手を指します。

 

「なんぼ(いくら)」 表面上だけ格好を付けても、

身体は「がんべ(瘡蓋)」 だらけの 「いいふりこきだべさ」 ということです。

 

白樺の樹皮「がんび」は剥がされても改たに覆う事から

「がんべたかり」には救いの余地がなく(人間として)最低を意味する言葉です・・・。

がんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

空き缶 のことです。

 

これが「がんがん」になりますと、

「一斗缶のような比較的大きな缶」 のことになります。

 

漢字で書くと、どちらも ”缶缶” です。

 

小さい缶が「かんかん」で、大きい缶が「がんがん」。

叩いたときの音の大きさでこう表現するようになったのでしょうか?

そう考えると、感覚的にとてもわかりやすく使い分けが出来ますね。

かんかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腕白な、乱暴な、気が強い という意味です。

 

「きかない子だねー」

(乱暴な子だねー)

「あいつんちの嫁さんだらホントきかないもなー」

(あいつの家の嫁さんったら、本当に気が強いもんなー)

 

という風に使われます。

 

”きかんぼう(利かん坊・聞かん坊)”は、この言葉からきているのですね。

 

しかし、「云うことをきかない」というよりも

「きつい性格」「負けん気が強い」というニュアンスのようです。

きかない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急性腰痛、つまり ギックリ腰 のことです。

 

漢字で書くと「きっくら疝気」になります。

この「疝気」は漢方で腹や腰の痛む症状を言います。

 

“ぎっくら腰” または “ぎっくらせんき” とも言います。

 

「きっくらせんきになっちゃったー」

(ギックリ腰になっちゃったー)

「ぎっくら腰だでー」

(ギックリ腰だよ~)

 

という風に使われます。

きっくらせんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きなさい! という意味です。

 

「はやくきひょ~」

(早く来なさい!)

 

という風に使われます。

 

注意するような、命令するような意味である割りに、

言葉の響きが軽いですね(笑)

いったいどんな風な言われ方をするのでしょう?

「来なさい!」と言われるよりも「きひょ~!」と言われた方が、

言うことを聞きたくなりますね。

きひょ~ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「とうきみ」「きび」 とも言います。

 

とうもろこし のこと。

 

「きみ食べていかないかい」

(とうもろこし食べていかないかい)

 

という風に使われます。

 

”とうきび”と言ったりしますよね。

「とうきび」 は、非常に一般的な呼称ですが

”とうもろこし”は、地域によって呼び名が変わることがある言葉です。

きみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと 「肝焼ける」 になります。

 

腹たつ、頭にくる、気がかりで落ち着かない、

いらいらして腹立たしい などという意味。

 

「悪口を聞いたんだけど、きもやけた」

(悪口を聞いたんだけど、頭にきた!)

 

という風に使われます。

きもやける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

盗む、盗る という意味です。

どちらかというと若い人の用語で「万引きする事」も意味するようです。

 

「おまえ、おれの消しゴムぎったべ!」

(おまえ、おれの消しゴム盗っただろう!)

 

という風に使われます。

 

同じ意味の言葉では 「がめる」 も、あります。

「がめる」 のページも併せてご覧下さい。

ぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

辛い(からい)  という意味です。

 

「これくさいさーじゃ」

(これ辛いよ)

 

という風に使われます。

 

臭いのか辛いのか、どうやって判断したら良いのでしょう・・・。

おそらく、くさい”さ”の”さ”で区別しているのでしょうね.

くさいさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと ”口喋る” 。

喋る、ぺちゃくちゃお話をする という意味です。

 

「前から3列目の子、いつまでくっちゃべってるんだ」

(前から3列目の子、いつまでぺちゃくちゃ喋ってるんだ)

「あのおばさん、よくくっちゃべるんだわ」

(あのおばさん、よく喋るんだわ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では 「ぐったらめく」 が、あります。

これは 「意味もなく言う」 という意味です。

 

「あの人、飲みすぎてぐったらめいてた」

(あの人、飲みすぎて意味の無いこと喋ってた)

 

という風に使われます。

くっちゃべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

必死になる という意味です。

 

「何熊こいてんのよ!」

(何必死になってんのよ!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉に「くまる」があります。

これは「から(絡)まる」という意味です。

 

「釣り糸がくまった」

(釣り糸がからまった)

 

という風に使われます。

くま(熊)こく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

靴に水が入る という状態を指す言葉です。

 

「またヤチに行ったね、ほれ、靴もなんもけっぱってまって」

(また谷地に行ったね、ほら、靴も何もかもに水が入ってしまって)

 

という風に使われます。

 

また、「けっぱる」には「頑張れ」という意味もありますので、

”けっぱれ”のページも併せてご覧ください。

けっぱる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑張れ という意味。

 

「ほれ、けっぱれ、けっぱれ、あと半周!」

(ほら、頑張れ、頑張れ、あと半周だよ!)

 

という風に使われます。

 

「けっぱる」で「頑張る」という意味です。

 

「今日の運動会けっぱれよ」

(今日の運動会頑張れよ)

 

という風に使われます。

 

また、「けっぱる」には他の意味もありますので、

”けっぱる”のページも併せてご覧ください。

けっぱれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げっぱ とも言います。

 

最下位、ビリ、ビリけつ、一番最後 という意味です。

 

「うちの子は運動会でいっつもげっぱさぁ」

(うちの子は運動会でいっつも一番最後だ)

「かけっこがげれっぱだったっしょー」

(かけっこビリけつだったでしょう)

「おれたちはげっぱだな」

(俺たちは最下位だな)

 

という風に使われます。

げれっぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「こく」は、かなり用途の広い北海道弁です。

「する」と言う意味で使われる場合や、「状態を表す 場合にも使います。

「こき」「こいた」「こかねぇ」などど変化します。

 

「嘘こいた」

(嘘ついた)

「だはんこく」

(駄々をこねる)

「失敗する」

(失敗こく)

「真似する」

(真似こく)

 

などと使われます。

 

「いいふりこいてたら、へ、こいてまって、どってんこいたべや」

(いいかっこしていたら、おならをしてしまって、びっくりしたよ)

 

以上のように「屁をこく」は、一般的に使われますが、

それ以外の「こく」は北海道ならではの表現と思われます。

こく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くすぐったい という意味です。

 

 他に「こちょばしい」とも言います。

「こちょばす(くすぐる)」「こちょばされる(くすぐられる)」などバリエーションも色々あります。

 

「そこ、こちょばいからさわんないで!」

(そこ、くすぐったいから触らないで!)

「足の裏ってこちょばいよね」

(足の裏ってくすぐったいよね)

 

という風に使われます。

 

「こちょばす」は「くすぐる」という意味。

 

「脇をこちょばす」

(脇をくすぐる)

 

という風に使われます。

こちょばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

子供・卵・雛など小さいものの総称。

主に、サケ、タラなどの卵のことを指す言葉です。

 

「このサケのはらんなかこっこはいってるぞ」

(このサケのお腹の中には卵が入っているぞ)

「カレイのこっこ」

(カレイの卵)

「イクラっていったら、鮭のこっこのことだべさ」

(イクラっていったら、鮭の卵のことじゃないの)

 

という風に使われます。

こっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わずか、少々、少し、少量 という意味です。

こんな少し、これっぽっち というニュアンスですね。

 

「ねえ、一口残してもいい?」「こったらべっこ食べてしまいなさい」

(ねえ、一口残してもいい? これっぽっち食べてしまいなさい)

 

という風に使われます。

 

”こんなに(こったら)少ない(べっこ?)のだから”ということでしょうか?

こったらべっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんな物 という意味です。

「こったら」で「こんな」という意味になります。

 

”あの””その””この”の変化型からきています。

(”あったら””こったら””そったら”となります)

 

「こったらまずいもん食えんわ!」

(こんなまずいもの食べられないわよ!)

「どたったらもこったらもね、朝から晩までなんもしゃべねでずっとしたったわ」

(どうもこうもないよ!朝から晩まで何も話さないでずっとしていたんだよ)

 

という風に使われます。

こったらもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんまい とも言います。

 

細(こま)かい、小さい という意味です。

 

「おつりがこまい」

(お釣りが細かい)

「こまいもんだいだ」

(小さな問題だ)

 

という風に使われます。

 

「こまかい」の「か」が抜けた形ですが、

「こまかい」とは若干ニュアンスが異なるようです。

こまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かもめ のことを指します。

 

「ごめが、しれくそおどしていった」

(かもめが、白い糞を落としていった)

 

という風に使われます。

 

「かもめ」 は、「かごめ」 とも言います。

「かごめ」 のページも併せてご覧下さい。

 

「かもめ」 → 「かごめ」 → 「ごめ」 となったのでしょうか?

 

ちなみに ”か~ごめかごめ” の「かごめ」は、漢字で書くと、「篭目篭目」になります。

これは竹などで編んだ籠の事で、かもめとは関係ありません。

ごめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不平・不満、へ理屈 などという意味。

 

また、形容動詞的に、「言う」などの動詞と併用して、

対象の人・物事をこきおろす際に使ったりするようです。

 

「そったらごもくそ並べても、先生は知らねぇからな」

(そんな不平不満を並べても、先生は知りませんよ)

「そんなに△さんのことごもくそに言うことないっしょやー」

(そんなに△さんのことをむちゃくちゃに言うことないでしょう)

 

という風に使われます。

ごもくそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疲れる、くたびれる、だるい、身体の調子が悪い などという意味です。

 

「あ~、こわい。ちょっと休もうや」

(あ~、疲れた。ちょっと休もうよ)

「小樽の坂だら、こわくてさ」

(小樽の坂って、疲れちゃってさ)

「寝不足したからこわい~」

(寝不足だからだるい~)

 

という風に使われます。

 

突然「ああ、こわい」と言われても、

あなたが怖いと言っている訳ではないので

決して怒ってはいけません。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふてくされる、ふくれる、いじける、すねる などという意味です.

 

「そんなにこんつけんなって」

(そんなにふてくされるなって)

「こんつけて口もきかない」

(いじけて口もきかない)

「なんであの人こんつけてるの?」

(なんであの人すねてるの?)

 

という風に使われます。

こんつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

駄々をこねる という意味です。

 

「あんたいつまでもごんぼほってんじゃないよ!」

(あんたいつまでも駄々をこねてるんじゃないよ!)

 

という風に使われます。

 

これは北海道発祥の言葉ではなく東北の方言が

北海道に入って来たものと思われます。

 

よくおもちゃ売り場などでは、ごんぼほってる子を見かけたりしますね。

ごんぼほる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっぱくさい とも言います。

 

相手にするほどではない、相手にならない、問題にならない などという意味です。

 

例えば 「うそっぽい」 なども

「いやあ、それはなんかうそくさいわ」

と、いう風に言ったりしますよね。

 

このように、北海道では 「~らしい」「~っぽい」 は、

ほとんどすべて 「~くさい」 で片づけてしまうようです。

あいてくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

アイヌ語で ”人間” のことを指します。

 

北海道,サハリン(カラフト),千島列島の先住民族で

古くは東北地方にも住んでいたのだそうです。

 

そのアイヌ民族が用いていた言語は、アイヌ語です。

現在は、日常の言葉として使われることはなくなってしまったのですが

北海道の地名にはアイヌ語由来のものが多いそうです。

アイヌ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

青タン、とも書かれます。

 

ぶつけた時などにできる青痣(あざ)、

あるいは内出血しているこぶのこと を指します。

 

しかし、この場合の痣は”打撲”によるものに限定されます。

花札の”青タン”とはなんら関連はありません。

 

色々な地方で使われますが、実は北海道生まれの言葉なんですよ。

 

「なんか痛いと思ったら、あおたんできてたさ」

(なんか痛いと思ったら、青あざが出来てたよ)

「イスの角におもいっきし足ぶつけて、あおたんできちゃったさ」

(イスの角に思いっきり足をぶつけて、青あざが出来てしまったよ)

 

という風に使われます。

あおたん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①滑る、積雪や凍結路面の坂道で滑って上れなくなるさま を指します。

 

「いやあ、車が轍にはまっちまってさぁ、あずって動けないんだわ」

(いやあ、車が轍(わだち)に嵌ってしまってね、滑って動けないんだよ)

 

「縄かけたけどあずってあずって引っぱらさんないのさ」

(縄をかけたけど、滑って滑って引っ張れないんだよ)

 

という風に使われます。

 

※車輪が積雪などにはまり自力で脱出困難になる状態のことです。

 

②手こずる、難儀する という意味もあります。

この 「あずる」 の、語源は 「焦る」 です。

あずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貰う、(ものを)貰える という意味です。

 

「今日の手伝いで弁当あたったかい?」「なんもあたらん」

(今日の手伝いでお弁当貰ったかい?)(何も貰って無いよ)

「隣のうちの引っ越し手伝いに行ったら弁当あたるんだってさ」

(隣の家の引っ越しを手伝いに行ったら弁当貰えるんだって)

 

という風に使われます。

 

くじ引き等で”当る”わけではないのですが、

なぜか「あたる」という表現をします。

 

戦後の食糧事情が悪かった頃、

食糧がまんべんなく行き渡らなかった(あたらなかった)時代の

名残だという説もあります。

あたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腹が立つ、頭にきた という意味です。

 

若者言葉ですね!

 

ですので

「なまらあっつい」 に、なりますと

 「チョームカツク」 という意味になります。

 

「隣りのクラスの○○。なまらあっついって、あいつ」

(隣のクラスの○○、チョームカつくって、あいつ)

 

などと使われます。

 

似た言葉で 「あつぁー」 が、あります。

これは 「驚き」 を表す言葉です。

 

「あつぁーそれで大丈夫なのかい?」

(えーっ!それで大丈夫なのかい?)

 

という風に使われます。

あつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんな物 というような意味です。

 

「あったらもんいらんべさ」

(あんな物いらないでしょ)

「あったらもんはイカでねえ、ゴムだっ」

(あんな物はイカじゃない、ゴムだよ!)

 

という風に使われます。

 

※感情をともなった否定形で使用される場合が多い

「あったら」 は 「あんな」「あのような」 という意味。

 

「あったらとこに行くな」

(あんなところに行くんじゃない)

 

などと、余り良くない意味で用いることが多いようです。

あったらもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

赤ちゃんみたい、幼稚な という意味です。

 

幼稚な物で遊んでいる場合には

「そんなあっぱくさいもんで遊んでまあ」

という風に使われます。

 

また、

「たやすい」「取るに足りない」「簡単だ」「楽だ」、

などという意味もあります。

この場合は、見下す感覚を込めて

安易であることを示す言葉になるようです。

あっぱくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっぺこっぺ と、言うこともあります。

 

あべこべ、正規の逆、左右が違っている、という意味や

順序がばらばらであること を指す言葉です。

 

靴下が裏表逆の場合は

「靴下をあっぺに履く」。

 

靴が左右逆だった場合は

「その靴の履き方、あっぺこっぺだよ」

 

などと使われます。

 

 

標準の意味での、「前後が逆」「ふたつのものが入れ違う」 よりも

多少広義の意で使われるようです。

 

また、似た言葉では 「あっぽん」 があります。

これは 「まぬけ」 という意味です。

阿呆からきているのでしょうね。

「このあっぽんが!」

という感じで使います。

あっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あずましい とも書きます。

 

ゆとりがある、充分な、心地よい、気持ちが良い、満足の良く

などと言う意味です。

 

大きなお風呂を独り占めした時などに

「大きなお風呂に一人で入るとあづましいよ」

と、使ったりします。

 

※基本的には、否定形(あずましくない)として使われる場合が多いです。

あづましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あずましくない とも書きます。

 

居心地がよくない。落ち着かない、安心できない という意味です。

 

とてもよく使われる言葉ですね。

塩梅が悪い、に近いです。 

 

自分の布団以外で寝るのは居心地が良くない場合は

「他人の家で寝るのって、なんかあづましくないんだわ」。

 

混んでいてうんざりしている時には

「温泉に行ったら混んでてあずましくなかったよ。」

 

雨の日は気分が乗らない時には

「雨の日の仕事はあずましくなくて嫌だな。」

 

という風に使います。

あづましくない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あてる、あたえる という意味です。

 

ズボンの膝が擦り切れたりした場合には

「布でもあてがっておけ」 という風に使います。

擦り切れた場所に布を充てる ということですね。

 

また、小さな子供が飽きたり、ぐずっている時には

「おもちゃでもあてがっておけば、おとなしくしてる」

という風に使います。

「子供にはおもちゃでも与えていたら大人しくしてるわ」

ということですね。

あてがう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仲間外れにされる、除け者にされる、嫌われる という意味です。

 

語源は ”余される” からです。

 

”定員オーバー”で、仲間からはじき出された状態では

「昨日飲み会あったんだって?なんで俺だけあまされるのよ」

 

という風に使われます。

 

あます、あまらかす、あましにする ですと

①もてあます

②(食べ物を)残す

という意味です。

あまされる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腐っている、痛んでいる という意味です。

 

食べ物などに対することの他でも、

”アイツ、頭あめてんじゃねぇのか”のような使い方をすると

「ヤツは頭がおかしいんじゃないのか?」とも取れる意味になります。

 

「ああやっぱり一昨日のご飯あめてるわ」

(ああやっぱり一昨日のご飯傷んでるわ)

「これ、味変わってるからあめてるんじゃない?」

(これ、味変わってるから腐ってるんじゃない?)

 

という風に使われます。

 

また、「あめる」 だけでは

「食べ物が腐る」「腐って異臭を放つ」「傷む」、

そして 「物が壊れる」 という意味にもなります。

 

「この車も、大分あめてきたな」

(この車も、大分壊れてきたな)

 

という風に使います。

あめてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あわをくう とも言います。

 

焦る、びっくりする、慌てる という意味です。

 

「そんなにあわくってどうする?」

(そんなに焦ってどうするの?)

「そんな、あわくうんでないって~。ゆっくりでいっしょ~」

(そんな、慌てるんじゃないって~。ゆっくりでいいでしょ~」

 

という風に使われます。

 

あわくう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お母さん という意味です。

 

「あ-やんちょっときて~!!」

(お母さんちょっと来て~!!)

 

という風に使われます。

 

方言に関わらず、喋り始めた小さい子供ちゃんが

お母さんのことを「あーちゃん」と読んだりしますよね。

”おかーさん”が、まだ言えなくて”あーたん”だったり”あーちゃん”なんて言ったりしますが・・・。

この方言での語源は一体何なのでしょうね?

あーやん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「いいでしょう、ねっ?」 というニュアンスの言葉です。

 

「あそこいくべー。いいっしょやー」

(あそこに行きましょうよ、いいでしょう、ね?)

 

という風に使われます。

 

主にねだる時に使う言葉です。

「いいっしょ」 で 「いいでしょう、いいだろう」、

「これしょ」 で 「これでしょ、これだろ」 という意味になります。

 

「〜(っ)しょや」 と 「や」 をつけると、強調的になることで

「〜でしょうが」「〜でしょうよ」という感じになるわけですね。

いいっしょやー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

格好つけている人、見栄を張っている人 のこと。 

 

「あの人、いいふりこきだもんね」

(あの人、見栄っ張りだもんね)

「あの人いいふりこいでスーツ着てきたさ」

(あの人格好つけてスーツ着てきたわよ)

 

という風に使われます。

 

「いいふり」 で 「見栄」「格好つけること」 を指し

「いいふりこく」 で 「格好をつける」「見栄を張る」 という意味です。

いいふりこき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

イカ釣り、イカ釣り漁船 のことを指す言葉。

 

「今年もいかつけの季節になったなぁ」

(今年もイカ釣りの季節になったなぁ)

 

という風に使われます。

 

「いが」 は 「イカ」 のことで

「いがいが~、いがいが~」 とは

道南の夏の朝の風物詩、イカ行商の呼び声です。

 

いがうりが、いがうりにきて、いがうらず、いがいがかえる、いがうりのこえ。

いかつけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①壊れる。故障する。機能しなくなる という意味。

「サーバーがいかれたんでないの?」

(サーバーが故障したんじゃないの?)

 

②(食べ物が)腐る という意味。

「この鯖いかれてるんでないの?」

(この鯖腐ってるんじゃないの?)

 

③行ける、行くことができる という意味。

「そこまでだったら行かれるんでないかなあ」

(そこまでだったら行けるんじゃないかなあ)

 

という風に使われます。

いかれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いたわしい とも言います。

 

もったいない という意味。

 

「まだ捨てるにはいたましいべ」

(まだ捨てるにはもったいないよ)

「え~?それもう使わないってかい?いたましいべさ~」

(え~?それもう使わないの?もったいないでしょ~)

「これちょっとしか入ってないけど、いたましいからとっておくか」

(これちょっとしか入ってないけど、もったいないからとっておこうかな)

「あれ、馬鈴薯も芽がでてまっていたわしいさ」

(あれ、じゃがいもも芽が出てしまってもったいないねえ)

※芽が出たじゃがいもは毒です

「買って直ぐ壊しちゃって、傷ましいことしたねー」

(買って直ぐに壊しちゃって、もったいないことしたね~)

 

などと使われます。

いたましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いのく、いごく とも言います。

動く、寄る という意味です。

 

「ちょっと右の方にいぬいてくれ」

(ちょっと右の方に寄ってくれ)

 

という風に使います。

 

うごく→いごく→いのく→いぬく、と変化したものと思われます。

 

「いぬかす」「いごかす」「いのかす」 に、なりますと

「動かす」「寄せる」 という意味になります。

 

「そこにある荷物ちょっといごかしてくれんべか」

(とこにある荷物をちょっと動かしてくれませんか)

 

という風に使います。

いぬく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

単に「いも」と言うときには、ジャガイモをさすことが多いです。

 

名物の、いももち(芋餠)、いもだんご(芋団子) は、

じゃがいもをゆでて潰し、澱粉(でんぷん)を加えてこねて

だんごや餠(もち)のようにしたもののことです。

 

明確な 区切りは無いのですが、

焼いたもの(味付けしたもの)を「もち」、

汁に入ったもの(味付けしてい ないもの)を「だんご」と呼ぶようです。

いも(芋) 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(ひも・縄を)結ぶ、結びつける、結わえる という意味です。

 

共通語の ”結わく” の転訛ですね。

 

「髪をいわく」

(髪を結う)

「ひもで手足をいわく」

(ひもで手足を結びつける)

 

という風に使われます。

 

”いわく” と聞くと、なんだか”いわくつき”だったり

”~曰く” を思い浮かべますよね。

前後の文章で判断する必要がありそうです。

いわく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいんじゃない、良いんじゃないでしょうか などと言う意味です。

 

「お、背広新調したな。なまらいんでないかい」

(お、背広新調したんだ!すごく良いんじゃない?)

「これぐらいでどう?」「あ~、いんでないかい」

(これぐらいでどう?)(あ~、良いんじゃないでしょうか?)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では、「いいっしょや~」「いいでしょう」 が、あります。

これは、主にねだる時に使う言葉です。

いんでないかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと 嘘んこ 。

 

そのまんま、うそ、試し、ごっこ という意味です。

 

「この賭けほんこ?それともうそんこ?」

(この賭けは本気なの?それとも試しなの?)

 

という風に使われます。

 

反意語は 「ほんこ」 です。

意味は、「本気」 という意味になりますよ。

うそんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる、ばらまく という意味。

主に、物を捨てる事 を指す言葉です。

 

「今日ごみの日だから、うっちゃってくる」

(今日ごみの日だから、捨てに行って来る)

「片付けないならうっちゃっちまうぞ」

(片付けないなら捨ててしまうぞ)

 

という風に使われます。

うっちゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水につけて浮かす、水に浸す ことを表現する言葉です。

 

乾物等を水に浸して戻すこと、ふやけさせること、

汚れた食器を洗う前に水に浸しておくこと などを指します。

 

「その豆、後で炊くからうるかしておいて!」

(その豆、後で炊くから浸しておいて!)

「茶碗後で洗うから、うるかしといて」

(茶碗後で洗うから、水に浸けておいて)

 

という風に使われます。

 

うるける” のページも、併せてご覧下さい。

うるかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水を吸った状態、水分を吸ってふやけること を表現した言葉です。

または 「乾物等が”戻る”こと」 の意味もあります。

 

「さっきやっといたから、もううるけてるよ」

(さっきやっておいたから、もう戻ってるよ)

 

という風に使われます。

 

うるかす” のページも併せてご覧下さい。

うるける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うだて とも言います。

 

非常に という意味です。

 

北海道南部で 「なまら」 と同義で使用されます。

 

「この飯うんだて旨いね」

(このご飯すごく美味しいね)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉は 「うたり」 が、ありますね。

これは 「仲間」「同胞」 などという意味で、アイヌ民族を表すようです。

うんだて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良かった、感動した という意味。

褒め言葉でもあります。

 

似たような言葉では 「ええやん」 があります。

「いいでしょ」 という意味。

「誰と遊んだってええやろ」

(誰と遊んだっていいだろ)

という風に使います。

関西弁に近いのかな?

 

「えっちゃ」「いっちゃ」 であれば 「良いですよ」 ということです。

 

他にも

「えぐい」 は 「格好いい」 とか、「凄い」 という意味です。

えがった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「タッチ」する、捕まえた などという意味の言葉です。

 

ほとんどの鬼ごっこをする際にこの言葉を用いるのですが、

鬼ごっこ以外でも、クラスメートのいたずらなどで、

次から次へとタッチしていく際に使っていた人もいるようですね。

 

「エッタされたら鬼だよ~逃げろぉー」

(捕まえられたら鬼だよ~逃げろぉ~)

 

という風に使われます。

 

語源については不明とされつつも、

地域によって差別用語ととられることもありますので、

あまり使用すべきではない言葉かもしれません。

 

似たような言葉でも

「えっと」 は 「たくさん」 という意味、

「えらぐ」 は 「すごく」「いっぱい」「たくさん」 と言う意味です。

えった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

エッチっぽい、すけべっぽい という意味。

 

「○○君はエッチくさい」

(○○君はエッチっぽい)

「あの人の目つきって、なんかHくさいよね」

(あの人の目つきって、なんかすけべっぽいよね)

「あのおやじだらホントHくさいんだわ」

(あのおやじったらホントすけべっぽいんだよね)

 

という風に使われます。

 

ちょっと「すけべな感じがする」というニュアンスですね。

エッチくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

座る、しゃがむ という意味です。

 

しかし、「えんこ」 には

「大便」「うんこ」「うんち」 という意味もあるんですね。 

 

「あーえんこしてえー、もぐれるべや」

(あーうんこしたいー、漏れちゃうよ)

 

という風に使われます。

 

”座る” という意味で使おうとするには注意が必要ですね。

 

それにしても、若者がする ”うんこ座り” は何て言えば良いのでしょう?

”えんこえんこ” には、ならないですよね・・・。

えんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えんと とも言います。

 

煙突のこと。

つまり、ストーブの排煙のために用いるステンレス製の筒のことを言います。

 

「えんと掃除する」

(煙突掃除する)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では 「えんがま」 が、あります。

これは 「岩場で窪んだ所」 のことを指します。

ウニやノナが沢山いたりするんですよね。

えんとう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えばる とも言います。

 

威張る(いばる) という意味です。

 

「あの人、いっつもえんばってばっかりだよね」

(あの人いつも威張ってばっかりいるよね)

「このえばりんぼが!」

(この威張りん坊が!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉には 「えんだら」 が、ありますが

これは 「なまける」 という意味になります。

えんばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

成長する、伸びる、育つ などという意味です。

 

これが、「おがった」 となりますと

「成長した」「大きくなった」 という意味になります。

 

「最近、この木おがったね」

(最近、この木伸びたね~)

「あいつんとこの上の子も、しばらく見ないでたら、すっかりおがったったもな」

(あいつの家の上の子供も、しばらく見ていないうちに、すっかり大きくなっていたよ)

 

という風に使われます。

おがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

重石 のことです。

 

「おごっこ、仕込んだからおせかっといて!」

 (漬け物、仕込んだから重石かっといて!)

 

という風に使われます。

 

「おごっこ」 または 「おここ」 は、

「お新香」「漬け物」 のことを指しています。

 

「うまいね、このおここ」

(美味しいね、このお漬物)

 

という風に使います。

おせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粗末である、使い物になりにくい、良くない、劣っている

(古くて)くたびれている などという意味です。

 

使い古してくたくたであるとか、

ボロボロになってるような状態を指すようですね。

 

語源は ”おぞましい” かな?と思いましたが、

意味が全く違うことから、そうではないと考えられますね。

おぞい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける、はしゃぐ と言う意味。

子どもが環境の変化によって、調子に乗りすぎる事 などを表しています。

 

「そんなにおだつとけがするぞ」

(そんなにふざけていたら怪我するよ)

「ちょっと褒めたら、すぐそやっておだつもな」

(ちょっと褒めたら、すぐそうやって調子に乗るものな)

 

「おだってる」 ですと 「調子に乗っている」 という意味になります。

「あいつ、おだってる」

(あいつ、調子に乗ってるな)

「あの野郎、なまらおだってるべや!」

(あの野郎、むちゃくちゃ調子乗ってる)

 

などというように、良い意味には使われない言葉です。

おだつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恐い、怖い、恐ろしい、危険だ などという意味です。

 

「真っ暗だったの。おっかなかった」

(真っ暗だったの。怖かった~)

「あっち、おっかないから行きたくないんだって!」

(あっち、怖いから行きたくないんだって!)

 

という風に使われます。

おっかない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっちゃん とも言います。

 

座る、しゃがむ、正座、きちんと定位置に座る などと言う意味です。

 

※主に子供に言い聞かせる際に使われます。

 

「ここにおっちゃんこしなさい」

(ここに座りなさい)=これを赤ちゃん言葉で子供に言う時の表現です。

 

他にも、「おもちゃ」 のことは 「おもちゃんこ」 と言ったりします。

これも、乳幼児に対して使われる言葉ですね。

おっちゃんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みずおとし、とも言います。

 

厳寒時、上水道などの配水管や給水装置の中の凍結を防ぐために

水道の元栓をしめて、水道管内の水を抜くことを言います

 

寒冷地では、凍結予防のための常識だったりしますよ。

 

もし水を抜き忘れて水道管内の水を凍結させてしまうと

水道管が破裂し大変な事態になる恐れがあります。

おとす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おもしょい とも言います。

 

おもしろい(面白い) という意味です。

 

これが 「おもしくない」 に、なりますと

「面白くない」「つまんない」 という意味になりますよ。

 

「このまんが全然おもしくないよ」

(この漫画、全然面白くないよ)

 

という風に使われます。

おもしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わたしら、私たち という意味です。

”俺(おれ)たち” の転訛ですね。

 

これが 「おらっち」 に、なりますと

「私」「私の家」「私の出身地」 などという意味になるようです。

”俺ん家(ち)” の転訛ですね。 

 

「おろろ」 なんていう言葉もあります。

これは 「おっとっと」 という意味です。

 

「おろろー、あぶなかったー」

(おっとっとー、あぶなかった~)

という風に使われます。

おらだち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんちゃん とも言います。

 

兄(あんちゃん)に対して弟のことをいいます。

他人に対しては自分の弟でもおんちゃんと呼称します。

しかし、直接、本人に対してそういうかは不明です。

 

”妹” のことは 「めんじ」「めんちゃん」という言い方もありますが、

これはあまり一般的ではないようです。

 

「おまえのおんちゃん、今、なにやってるんだっけ」

(きみの弟、今、なにやってるんだっけ)

「おんちゃん、元気?」

(弟、元気?)

「おんちゃん、札幌にいる」

(弟は、札幌にいる)

 

などと使います。

おんじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

男の子、動物の雄(オス) のことを指す言葉です。

 

「ウチの牛、今年はおんたばっかり産れてまいったさ」

(うちの牛、今年はオスばかりが産まれてまいってしまったよ)

 

「この犬、おんた?」「いや、めんただよ」

(この犬、オス?)(いや、メスだよ)

雌のことは ”めんた” と言います。

 

主に動物などに使いますが、

人間の男女の区別では使わないのが一般的なようです。

 

似た言葉では 「おんこ」 が、あります。

これは 「檪(いちい)、いちいの実」 のことを指します。

実は甘くておいしいそうです。

おんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

正しい表記は ”onちゃん” です。

 

北海道テレビ(HTB)のマスコットキャラクターのことです。

 

右目が「o」、左目が「n」の形になっており

ウインクしているように見えてかわいらしいですよ。

 

北海道テレビ放送で1997年から使用されていて

『パレード星』からやって来たパレード星人という設定となっています。

オンちゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介