HOME -> 兵庫の方言 

① たまに、時たま という意味です。
「あいさにたべたらおいしいわ」
(たまに食べると美味しいね)
という風に使われます。

 

② 合間に という意味です。
「しごとのあいさにてれびをみる」
(仕事の合間にテレビを観る)
という風に使われます。

あいさに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

明るい という意味です。
「あかいうちにかいもんにいこう」
(明るいうちに買い物に行こう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あかーなる」があります。
これは「明るくなる」の他にも「赤くなる」という意味もあります。
「きんちょうしてかおがあかーなった」
(緊張して顔が赤くなった)
という風に使われます。

あかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もどす、嘔吐する という意味です。
「ふつかよいでなんべんもあげとったわ」
(二日酔いで何回ももどしていたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あずる」があります。
これは「暴れる」という意味です。
「こんなところであずるな」
(こんな所で暴れるな)
という風に使われます。

あげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あじけー とも言います。

 

美しい、きれい という意味です。
「あじけーかおしとんさるでようもてような」
(美しい顔をされているから、よくモテるでしょうね)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あじこー」があります。
これは「整然と、きれいに」という意味です。
「そこあじこーしといて」
(そこをきれいにしておいて)
という風に使われます。

あじこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

地べた、床、畳の上 という意味です。
「だいじなものあだにおいたらあかん」
(大事なものを地べたにおいては駄目)
「あだにおとしたらあかんで」
(床に落としてはいけないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あだぐち」があります。
これは「間食」という意味です。

あだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ちる、転がり落ちる という意味です。
「あだけんやーにきいつけよ」
(落ちないように気をつけなさいね)
「あだかさんようにしにゃー」
(落ちないようにしなさいよ)
「そないなせまいあぜとおったら、あだけるでー」
(そんなに狭いあぜ道を通ると転がり落ちるよ)
という風に使われます。

あだける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あたする とも言います。

 

仕返しをする という意味です。
「ねこはようあたんするもんだ」
(猫はよく仕返しをするものだ)
「そないないじわるしよったら、いつかあたんされっど」
(そんな意地悪をしていたら、いつか仕返しをされるよ)
という風に使われます。

あたんする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっきゃー、あっきゃーへん とも言います。

 

駄目 という意味です。
「なんぼれんしゅうしてもあっかえ」
(いくら練習しても駄目だ)
「まーあっきゃー」
(もう駄目だ)
「どっちゃせあっきゃーへんかったわ」
(どちらにしても駄目だったよ)
という風に使われます。

あっかえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

忙しい という意味です。
「きょうはあつかましーいちにちやったのー」
(今日は忙しい一日だったねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あたらしー」があります。
これは「新しく」という意味です。
「あたらしーできたみせ」
(新しく出来た店)
という風に使われます。

あつかましー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

侮る、軽蔑する という意味です。
「おれをあなずるな」
(俺を侮るな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あとすんだり」があります。
これは「後ずさり」という意味です。
「おどろいてあとすんだりした」
(驚いて後ずさりした)
という風に使われます。

あなずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あほんだらー とも言います。

 

大馬鹿者 という意味です。
「めいわくばっかりかけとってあはたれが」
(迷惑ばかりかけて大馬鹿者が)
「あほんだらー!なんちゅうことするんだいや」
(大馬鹿者!なんていうことをするんだ)
という風に使われます。

あはたれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あはー とも言います。

 

馬鹿、馬鹿者、阿呆 という意味です。
「あいつはあほーやけどえーやつやで」
(あいつは馬鹿だけど良い奴だよ)
「このあはーたれ」
(この馬鹿野郎)
「あはーちゃーうんかえ」
(馬鹿じゃないの)
という風に使われます。

あほー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ありめぐさ とも言います。

 

あるだけ全部 という意味です。
「あきすにありこまちもっていかれてもた」
(空き巣にあるだけ全部持って行かれてしまった)
「にたやぁなもんをありこまちもってきたで」
(似た様な物をあるだけ全部持って来たよ)
「ありめぐさくっちまう」
(あるだけ全部食べてしまう)
という風に使われます。

ありこまち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ありゃせん とも言います。

 

ない という意味です。
「なんたーあれへんで、きにするな」
(何ともないよ、気にしないで)
「いえのかぎがあれへんでさがしたらあった」
(家の鍵がないから探したらあった)
「そんなばかなはなしはありゃせん」
(そんな馬鹿な話はない)
という風に使われます。

あれへん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんねげ とも言います。

 

あの家 という意味です。
「あんねのよめさんきれいだ」
(あの家のお嫁さんは美人だ)
「あんねのにわにいってみねーな」
(あの家の庭に行ってみなさいよ)
「あんねげにはおっとろしいいぬがおる」
(あの家には怖い犬がいる)
という風に使われます。

あんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんばよー とも言います。

 

① きちんと という意味です。
「このへやあんばよかたづけとけーよ」
(この部屋をきちんと片付けておきなさいよ)
という風に使われます。

 

② 良い具合 という意味です。
「このにくあんばよりょうりできた」
(この肉、良い具合に料理できた)
という風に使われます。

あんばよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行こう という意味です。
「いっしょにあそびにいかーか」
(一緒に遊びに行こうか)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「いかいでも」があります。
これは「行かなくても」という意味です。
「そんなはよいかいでもえーがな」
(そんなに早く行かなくてもいいですよ)
という風に使われます。

いかー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

羨ましい という意味です。
「めーのえーひとがいかめーてなー」
(目のいい人が羨ましくてね)
「あのいえのにわはひれーでいかめー」
(あの家の庭は広いから羨ましい)
「ひとをいかめがるだねーで」
(人を羨ましがってはいけないよ)
という風に使われます。

いかめー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いのく とも言います。

 

動く という意味です。
「いごいたらあかん。じっとしとけ」
(動いたら駄目だ。じっとしておけ)
「あのじどうしゃ、ほんまにいごくんけー」
(あの自動車、本当に動くんですか)
という風に使われます。

いごく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずるい という意味です。
「おまえ、いしこいやっちゃなー」
(お前はずるい奴だね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いじじがくる」があります。
これは「イライラする」という意味です。
「こまけーしごとしとるといじじがくる」
(細かい仕事をしているとイライラする)
という風に使われます。

いしこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつも、しょっちゅう という意味です。
「あいつはいっしゅくてれびみとるなー」
(あいつはいつもテレビを観ているな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いっしんこっしん」があります。
これは「熱心に、一生懸命」という意味です。
「いっしんこっしんしごとしとんなる」
(一生懸命仕事をされている)
という風に使われます。

いっしゅく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつだったか という意味です。
「いつだーいっとったおもろいほんかしてあげるわ」
(いつだったか言っていた面白い本を貸してあげるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いちんちはさみ」があります。
これは「一日おき」という意味です。
「いちんちはさみにみずをやってーよ」
(一日おきに水をあげてね)
という風に使われます。

いつだー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰り際 という意味です。
「いにしなにみやげもっていんのをわすれるなよ」
(帰り際に土産を持って帰るのを忘れるなよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いまなきゃー」があります。
これは「今さら」という意味です。
「いまなきゃーなにいっとんだえ」
(今さら何を言っているの)
という風に使われます。

いにしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いぬる とも言います。

 

帰る という意味です。
「ほな、いんでくるわ」
(それじゃあ帰るよ)
「しごともおわったでいのーか」
(仕事も終わったし帰ろうか)
「じかんになったで、はよいねっちゃ」
(時間になったから、早く帰りなさいってば)
という風に使われます。

いぬ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腰巻き という意味です。
「いまきをもってきて」
(腰巻きを持って来て)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いねぶり」があります。
これは「居眠り」という意味です。
「じゅぎょうちゅうにいねぶりしちまった」
(授業中に居眠りしてしまった)
という風に使われます。

いまき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いろう とも言います。

 

触る という意味です。
「そんなとこいろたらめげるぞ」
(そんな所を触ったら壊れるぞ)
「まんだかわいとれへんで、いろったらあかんで」
(まだ乾いていないから、触ってはいけないよ)
という風に使われます。

いらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕方なく、無理矢理 という意味です。
「いんがなりついていくわ」
(仕方なく付いていくよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いんきょ」があります。
これは「分家」という意味です。
「いんきょのおばさんがやさいをもってきてくんなった」
(分家のおばさんが野菜を持って来てくれた)
という風に使われます。

いんがなり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引っ込み思案 という意味です。
「いえのなかであそんどったらいんじゅんかんになるで」
(家の中で遊んでいたら引っ込み思案になるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いんごりもんごり」があります。
これは「(お年寄りの)ヨタヨタとした動作」という意味です。

いんじゅんかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰った という意味です。
「たろうくんならもういんだで」
(太郎くんならもう帰ったよ)
という風に使われます。

 

これが「いんでくる」ですと「一度帰ってもう一度来る」という意味です。
「いぬにごはんたべさせんなんでいっぺんいんでくるわ」
(犬にご飯を食べさせないといけないから、一度帰って来るよ)
という風に使われます。

いんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私の家、我が家 という意味です。
「こんどうちげにあそびにきねーな」
(今度私の家に遊びに来てはいかが)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うちいりがわるい」があります。
これは「外面が良い」という意味です。
「うちげのむすこはうちいりがわるーてこまる」
(私の家の息子は外面が良くて困る)
という風に使われます。

うちげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

優劣無し という意味です。
「あのふたりはうつかつだわ」
(あの二人は優劣が付けがたい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うつ」があります。
これは「耕す」という意味です。
「うちげのはたけをうつ」
(私の家の畑を耕す)
という風に使われます。

うつかつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 後ろ という意味です。
「きょうしつのうらにつくえをはこべ」
(教室の後ろに机を運びなさい)
という風に使われます。

 

② 私 という意味です。
「うらはわけーじぶんからちからがつえーぞ」
(私は若い頃から力が強いぞ)
という風に使われます。

うら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

十分すぎるほど、力いっぱい という意味です。
「うんちゅーほどくわしちゃるわ」
(十分すぎるくらい食べさせてあげるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うんとこさ」があります。
これは「たくさん、しっかり」という意味です。
「うんとこさしごとをした」
(しっかりと仕事をした)
という風に使われます。

うんちゅーほど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいか という意味です。
「えーか、よーきけーよ」
(いいか、よく聞きなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えーがな」があります。
これは「いいじゃないか」という意味です。
「まあ、えーがな。きにするな」
(まあ、いいじゃないか。気にするな)
という風に使われます。

えーか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

絶え間なく、しょっちゅう という意味です。
「あのひとはえーたいぱちんこにいっとる」
(あの人はしょっちゅうパチンコに行っている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えーげー」があります。
これは「きちんと、良い具合に」という意味です。
「えーげーへやをそうじしときねーよ」
(きちんと部屋を掃除しておきなさいね)
という風に使われます。

えーたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不愉快な、不愉快に という意味です。
「ひとのひなんばっかりしてえげつねーひとだ」
(人の非難ばかりして、不愉快な人だ)
「あいつのやることはえげつねーなあ」
(あいつのする事は不愉快だなあ)
という風に使われます。

えげつねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えれー とも言います。

 

① 大変な、とんでもない という意味です。
「えらいことだ」
(大変なことだ)
という風に使われます。

 

② ものすごく という意味です。
「えらいおおきないえだなあ」
(ものすごく大きな家だなあ)
という風に使われます。

 

③ だるい、苦しい、調子が悪い という意味です。
「かぜひいとるもんで、えらいわ」
(風邪を引いているから、だるいよ)
という風に使われます。

えらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

縁側、縁 という意味です。
「うちげのえんやはひあたりがええ」
(我が家の縁側は日当たりが良い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おえ」があります。
これは「座敷」という意味です。
「まあ、おえにあがんせーな」
(まあ、座敷にお上がりくださいよ)
という風に使われます。

えんや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

静か、穏やか という意味です。
「ことしのしょうがつはおいやかやのー」
(今年のお正月は穏やかだね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おいでんせー」があります。
これは「いらっしゃいませ」という意味です。
「おいでんせー、みんなげんきにしとりんさる」
(いらっしゃいませ、皆さん元気にしておられますか)
という風に使われます。

おいやか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おおがっそう とも言います。

 

(髪の毛が伸びて)ボサボサの状態 を言います。
「さんぱついかんな、おおがっそだで」
(散発に行かないと、ボサボサ頭だよ)
「あたまがおーがっそーになったで、きってこい」
(頭がボサボサになったから、切ってきなさい)
という風に使われます。

おおがっそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

画鋲 という意味です。
「ぼーどにはるしけー、おしぴんもってきて」
(ボードに張るので、画鋲を持って来て)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おしこみ」があります。
これは「押入れ」という意味です。
「そこのふとんおしこみにいれといて」
(そこの布団、押入れに入れておいて)
という風に使われます。

おしぴん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしょーし とも言います。

 

粗末 という意味です。
「これおしょしなもんでっけどどうぞ」
(これ、つまらないものですがどうぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おじゃみ」があります。
これは「お手玉」という意味です。

おしょし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大人っぽい、大人びた という意味です。
「いつのまにかおせらしゅうなっちゃったなあ」
(いつの間にか大人っぽくなられましたね)
という風に使われます。

 

これが「おせ」では「大人」という意味です。
「もーちょっとおせになれ」
(もう少し大人になりなさい)
という風に使われます。

おせらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっとろしー とも言います。

 

恐ろしい、怖い という意味です。
「ああおっとろし、きーつけねーよ」
(ああ恐ろしい、気をつけなさいよ)
「おっとろしーほどひとがよーけおった」
(恐ろしいくらい人がたくさんいた)
という風に使われます。

おっとろし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恐がり、怖がり という意味です。
「このこおとちで、よるそとによーでーへんねん」
(この子は恐がりで夜、外に出られないんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おとげー」があります。
これは「あご」という意味です。
「おとげーにひげがはえとる」
(顎に髭が生えている)
という風に使われます。

おとち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おとご とも言います。

 

末っ子 という意味です。
「あいつはおとんぼのあまえたや」
(あいつは末っ子の甘えん坊だ)
「かれはよにんぎょうだいでそこのおとんぼがたかしだで」
(彼は四人兄弟で、そこの末っ子がタカシさんですよ)
という風に使われます。

おとんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おもろい とも言います。

 

面白い という意味です。
「おもれーほんみつけた」
(面白い本を見つけた)
「せんしゅうみたえいが、ぜんぜんおもろなかった」
(先週観た映画、全然面白くなかった)
という風に使われます。

おもれー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追いかける という意味です。
「おわえまわってやっとつかまえた」
(追い掛け回してやっと捕まえた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おれへん」があります。
これは「いない」という意味です。
「でんわあったらおれへんていっといて」
(電話があったらいないと言っておいて)
という風に使われます。

おわえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんさる とも言います。

 

いらっしゃる、おられる という意味です。
「かちょうさんはおんさるか」
(課長さんはいらっしゃいますか)
「おきゃくさんがおんなるで、しずかにしとけーよ」
(お客さんがおられるから、静かにしていなさいよ)
という風に使われます。

おんなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よ という意味です。

 

「たべたいもんたべたらえーがー」

(食べたいものを食べたらいいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がいや」があります。
これは「~だろうよ」と念を押す終助詞です。
「これはえーもんだらーがいや」
(これは良い物だろうよ)
という風に使われます。

が 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

表情 という意味です。
「あのこはえーかおもちしとんなる」
(あの子は良い表情をされている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かえこと」があります。
これは「交換」という意味です。
「このほんときみのほんとかえことして」
(この本と君の本を交換して)
という風に使われます。

かおもち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

持ち上げる、持ち上げて運ぶ という意味です。
「おい、ちょっとそっちのすま、かいてくれや」
(おい、ちょっとそっちの隅を持ち上げてくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かざ」があります。
これは「におい」という意味です。
「えーかざがするなあ」
(良い匂いがしますね)
という風に使われます。

かく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かちける とも言います。

 

ぶつける という意味です。
「こら、いぬにいしかつけたらあかんどー」
(こら、犬に石をぶつけてはいけないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がっつく」があります。
これは「重なる」という意味です。
「ほうじとがっついた」
(法事と重なった)
という風に使われます。

かつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

玄関を出たところ という意味です。
「かどぐちでまっといて」
(玄関を出たところで待っていて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かどっこ」があります。
これは「角」という意味です。
「かどっこをかべにかつけんよーにな」
(角を壁にぶつけないようにね)
という風に使われます。

かどぐち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 口が達者である という意味です。
「おおきなかばちをたたくな」
(大きな口を叩くんじゃない)
「あのひとはかばちだ」
(あの人は口が達者である)
という風に使われます。

 

② 土間から座敷へ上がる場所 という意味です。
「かばちであしをうった」
(土間から上がろうとして足を打った)
という風に使われます。

かばち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 靴擦れ という意味です。
「くつにかまれてあしがいたい」
(靴擦れをして足が痛い)
という風に使われます。

 

② 刺す という意味です。
「かとりせんこうつけんとねたらかにかまれた」
(蚊取り線香を付けずに寝たら蚊に刺された)
という風に使われます。

かむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 信念や根性がない という意味です。
「あのひとはがやだなー」
(あの人は根性がないね)
という風に使われます。

 

② 内容が駄目 という意味です。
「がやなはなしんだ。あけへん」
(内容がなっていない話だ。駄目です)
という風に使われます。

がや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

襖(ふすま)という意味です。
「からかみがあいとるけー、しめてくれ」
(襖が開いているから、閉めてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「からつ」があります。
これは「陶磁器」という意味です。
「からつでちゃをのむとおいしい」
(陶磁器でお茶を飲むと美味しい)
という風に使われます。

からかみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

紙・布・綿などの焦げた匂いがする という意味です。
「なんかかんこくさいぞ」
(なんか焦げ臭いぞ)
「おい、なんかかんこくさいど。べっちょないか」
(おい、なんか焦げ臭い匂いがしていますよ。大丈夫ですか)
という風に使われます。

かんこくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気にする人 という意味です。
「あんたきにしーだでなあ」
(あなたは気にする人だからねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きむら」があります。
これは「気分にムラがある人」という意味です。
「あのひとはきむらだ」
(あの人は気分にムラがある人です)
という風に使われます。

きにしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

踵 という意味です。
「くつのきびすがこわれた」
(靴の踵が壊れた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きびしょ」があります。
これは「急須」という意味です。
「そこにあるきびしょとってくれ」
(そこにある急須を取ってください)
という風に使われます。

きびす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物置小屋 という意味です。
「きやにいってまきもってきて」
(物置小屋に行って薪を持って来て)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きゃーきゃー」があります。
これは「お粥」という意味です。
「きゃーきゃーたべらー」
(お粥を食べなさい)
という風に使われます。

きや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

丈夫な、頑丈な という意味です。
「あのひとはぎゃーなもんだしきゃー」
(あの人は丈夫な人ですからね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きゃーな」があります。
これは「こんな」という意味です。
「きゃーなこといわれたってむりだで」
(こんなことを言われても無理です)
という風に使われます。

ぎゃーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 掛ける という意味です。
「さみーしけー、まーいちまいふとんをきーや」
(寒いから、もう1枚布団を掛けなさい)
という風に使われます。

 

② 差す という意味です。
「そこにあるかさをきてでれや」
(そこにある傘を差して出なさいよ)
という風に使われます。

きる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きんのー とも言います。

 

昨日 という意味です。
「きんにょーはごっついさむかったなあ」
(昨日はすごく寒かったねえ)
「きんにょーはつきがおおきかった、みなれへんなんだか」
(昨日は月が大きかった、見ませんでしたか)
という風に使われます。

きんにょー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くいさがし とも言います。

 

食べ残し、食べかけ、残飯 という意味です。
「つくりすぎてくいさしがよーけできた」
(作りすぎて食べ残しがたくさん出来た)
「くいさしがれいぞうこにはいっとるよ」
(食べかけのものが冷蔵庫に入っているよ)
という風に使われます。

くいさし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

挫く とも言います。
「かいだんをおりるときにあしをくねった」
(階段を降りる時に足を挫いた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くみる」があります。
これは「湿気る」という意味です。
「このせんべいくみとるわ」
(この煎餅、湿気ているわ)
という風に使われます。

くねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐやちょ とも言います。

 

① 具合 という意味です。
「きょうはあたたかいからからだのぐやーがええ」
(今日は暖かいから身体の具合が良い)

という風に使われます。

 

② 都合 という意味です。

”ぐつ”とも言います。
「そのひはいそがしーてぐやーがわりい」
(その日は忙しくて都合が悪い)
という風に使われます。

ぐやー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐりぐり とも言います。

 

リンパ腺の腫れ という意味です。
「きのうからぐりができとる、ねつでるんちゃうかな」
(昨日からリンパ腺が腫れている、熱が出るんじゃないかな)
「こないだからぐりぐりがあるしけー、びょういんいくわ」
(先日からリンパ腺の腫れがあるので病院に行くよ)
という風に使われます。

ぐり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くらへん、くりゃへん とも言います。

 

来ない という意味です。
「きょうはようじがあってくれへんだって」
(今日は用事があって来ないんだって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くんねー」があります。
これは「(~て)おくれ」という意味です。
「ほんをよんでくんねー」
(本を読んでおくれ)
という風に使われます。

くれへん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くんなはる とも言います。

 

くださる という意味です。
「よーきてくんなった」
(よく来てくださいました)
「おじちゃんがおとしだまくんなるで」
(伯父さんがお年玉をくださるよ)
「うちげにきてくんなはるか」
(我が家に来てくださいますか)
という風に使われます。

くんなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~から という意味です。
「あしたとうきょうにいくけー、かねがほしいんやけど」
(明日東京に行くから、金が欲しいんだけど)
という風に使われます。

 

② ~かい という意味です。
「それ、ほんまけー」
(それは本当ですか?)
という風に使われます。

けー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ですか という意味です。
「さっきいいなったこと、ほんまけーな」
(さっき言われたことは、本当ですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けーへん」があります。
これは「来ない」という意味です。
「でんしゃがなかなかけーへんわ」
(電車がなかなか来ないですね)
という風に使われます。

けーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(飽きて)途中でやめる という意味です。
「どうせけつわりするしけー」
(どうせ飽きて途中でやめるだろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けやす」があります。
これは「消す」という意味です。
「けやしたかどうかようみときねーよ」
(消したかどうかよく見ておきなさいよ)
という風に使われます。

けつわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~から という意味です。
「あいつはむちゃするけんなあ」
(あいつは無茶をするからねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「げん」があります。
これは「縁起」という意味です。
「あさからげんのえーことがあったで」
(朝から縁起の良いことがありましたよ)
という風に使われます。

けん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

偉そう という意味です。
「あいつはいっつもけんたいげやなー」
(あいつはいつも偉そうだね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けんびきがでる」があります。
これは「疲れが出る」という意味です。
「けんびきがでたな」
(疲れが出たな)
という風に使われます。

けんたいげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さてと、ええと という意味です。

思案する際に使われます。
「こおつと、あれはどこにやったかいな」
(さてと、あれはどこに置いたかなあ)
「こーつと、きょうはなにたべようかな」
(ええと、今日は何を食べようかな)
という風に使われます。

こおつと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごーわく とも言います。

 

腹が立つ という意味です。
「ほんま、あたごーがわくやっちゃ」
(本当に、まあ腹の立つ奴です)
「ずっとまっとったのにきなんだ、ほんまにごーわく」
(ずっと待っていたのに来なかった、全く腹が立つ)
という風に使われます。

ごーがわく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

地味 という意味です。
「こーとなきもんこーてもた」
(地味な着物を買ってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こーく」があります。
これは「学区」という意味です。
「このしょうがっこうのこーくはひれー」
(この小学校の学区は広い)
という風に使われます。

こーと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落葉 という意味です。
「やまへこくばかきにいこか」
(山に落葉を集めに行こうか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごく」があります。
これは「お供え物」という意味です。
「それはごくだで」
(それはお供え物ですよ)
という風に使われます。

こくば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凍る という意味です。
「じゅーすをこごらしといて」
(ジュースを凍らしておいて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こしかむ」があります。
これは「気になる」という意味です。
「あのこがこしかんでしゃーれへんだで」
(あの子が気になって仕方が無いんだよ)
という風に使われます。

こごる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

混む という意味です。
「きょうはごっついこんどるなあ」
(今日はすごく混んでいるなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごす」があります。
これは「くれる」という意味です。
「あのひとはよういろんなもんをごすだあ」
(あの人はよく色々な物をくれるね)
という風に使われます。

こずむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くすぐったい という意味です。
「そんなとこいろたらこそばいいがい」
(そんな所を触ったらくすぐったいよ)
「こそばかすのやめーや」
(くすぐらないでよ)
という風に使われます。

 

”くすぐる”のことは「こそばかす」と言います。

こそばいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私、私達一家 という意味です。
「こちぐちにゃーかんけーねーことだ」
(私達一家には関係の無いことです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こどもえらー」があります。
これは「子供達」という意味です。
「もうすぐこどもえらーがかえってくるで」
(もうすぐ子供達が帰ってきますので)
という風に使われます。

こちぐち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① すごく、とても、すごい という意味です。
「ごっついきれいなけしき」
(とても綺麗な景色)
という風に使われます。

 

② 分厚い という意味です。
「さむーなったでごっついもんをきらんとあかんで」
(寒くなったから分厚い服を着なければいけないよ)
という風に使われます。

ごっつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと「小(こ)鬢(びん)を傾ける」となります。
思案する、困る という意味です。
「どないしたん。さっきからずっとこっぴんかたげて」
(どうしたの。さっきからずっと困った様子で)
という風に使われます。

こっぴんかたげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最近 という意味です。
「こないだうち、たばこやさんみれへんなー」
(最近、タバコ屋さんを見ないなあ)
という風に使われます。

 

これが「こないだ」ですと「先日、数日前」という意味です。
「こないだあったで」
(先日会いましたよ)
という風に使われます。

こないだうち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

我慢する、辛抱する という意味です。
「といれにいくのをこばる」
(トイレに行くのを我慢する)
「あたらしいぱそこんがほしいがもうちょっとこばろう」
(新しいパソコンが欲しいけど、もう少し我慢しよう)
という風に使われます。

こばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こめー とも言います。

 

小さい という意味です。
「ちいとこまいもんかしてくれへんか」
(ちょっと小銭を貸してくれませんか)
「うちのじなんからがこめーけどようはしるで」
(うちの次男は身体が小さいけれど、よく走るよ)
という風に使われます。

こまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

根性 という意味です。
「あいつはこんじゃがわりー」
(あいつは根性が悪い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごんばこ」があります。
これは「ゴミ箱」という意味です。
「ちゃんとごんばこにすてーや」
(きちんとゴミ箱に捨てなさい)
という風に使われます。

こんじゃー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごんたくれ とも言います。

 

暴れん坊、周囲を困らせる者 という意味です。
「うちげのむすこがごんたでこまるわ」
(我が家の息子は暴れん坊で困るわ)
「おれはわかいときごんたくれだった」
(俺は若い頃は周囲を困らせる奴だった)
という風に使われます。

ごんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

この家 という意味です。
「こんねはむかしからしょうゆやや」
(この家は昔から醬油屋です)
「こんねはえーいえたてたなー」
(この家は、良い家を建てましたね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごんぼ」があります。
これは「ごぼう」という意味です。

こんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうなんですよ という意味です。
「さーいな、くしゃみがとまらん」
(そうなんですよ、くしゃみが止まらない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さいなら」があります。
これは「さようなら」という意味です。
「ほんなら、さいなら」
(それでは、さようなら)
という風に使われます。

さーいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 普段、あり合わせの という意味です。
「さーでのふくでいった」
(普段着で行った)

という風に使われます。

 

② そのうち、もうすぐ という意味です。
「さーできんさるで」
(もうすぐ来られますよ)
という風に使われます。

 

また、「さーでは」ですと「しまいには」という意味です。
「さーではけがーするぞ」
(しまいには怪我をするぞ)
という風に使われます。

さーで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっちもねー とも言います。

 

つまらない という意味です。
「そんなさっちもないことゆーな」
(そんなつまらないことを言うんじゃない)
「このごろてれびみとってもさっちもねー」
(この頃テレビを観ていてもつまらない)
という風に使われます。

さっちもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

今さら という意味です。
「さのめそんなことゆーてどないすんのん」
(今さらそんなことを言ってどうするんだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さつかもねー」があります。
これは「うっかりした」という意味です。
「あいつはさつかもねーもんだ」
(あいつはうっかりした奴だ)
という風に使われます。

さのめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さぶいぼ とも言います。

 

鳥肌 という意味です。
「ごっついさぶーてさぶぶがでとる」
(とても寒くて鳥肌が出てる)
「こえーはなしきいたしけーさぶぶがでた」
(怖い話を聞いたから鳥肌が立った)
という風に使われます。

さぶぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①(目を)覚ます という意味です。
「ふろはいってめをさまかしたら」
(風呂を入って目を覚ましたら)
という風に使われます。

 

② 冷ます という意味です。
「まだあついしけー、さまかいてからのみねー」
(まだ熱いから、冷ましてから飲みなさいね)
という風に使われます。

さまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からかう という意味です。
「おんなのこをさらかったらあかんで」
(女の子をからかってはいけないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さら」があります。
これは「新品」という意味です。
「たんすのおくからさらのようふくがでてきた」
(タンスの奥から新品の洋服が出て来た)
という風に使われます。

さらかう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

散らかす という意味です。
「へや、あんまりさんこにしたらあかんでー」
(部屋をあまり散らかしてはいけないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さんどいも」があります。
これは「じゃがいも、馬鈴薯」という意味です。

さんこにする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんにょう、さんよ とも言います。

 

予定、計算 という意味です。
「どないしてもさんよーがあわへんねん」
(どうしても計算が合わないんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さんばらけ」があります。
これは「乱れている」という意味です。
「かみがさんばらけになっとるわ」
(髪が乱れているよ)
という風に使われます。

さんよー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

同じ村、地元 という意味です。
「じげにおってもあいさつもしくさらん」
(同じ村にいても挨拶もしない)
「じげのひとはじぶんげのはたけをもっている」
(地元の人は自分の家の畑を持っている)
「みちはじげのひとにきくのがええ」
(道は地元の人に聞くのが良い)
という風に使われます。

じげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

青あざが出来る という意味です。
「ひだりあしのすねがしんどる」
(左脚の脛に青あざが出来ている)
という風に使われます。

 

”死ぬ”のことは「しぬる」と言います。
「あーしぬるかおもった」
(ああ、死ぬかと思った)
という風に使われます。

しぬ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しとしと という意味です。
「そとはあめがしびしびふっとるで」
(外は雨がしとしと降っているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しびる」があります。
これは「漏れる」という意味です。
「ひびがはいっとって、みずがしびるんだわ」
(ヒビが入っていて、水が漏れるんだよ)
という風に使われます。

しびしび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぶちん とも言います。

 

ケチ、けちんぼ という意味です。
「あいつはしまつたれだ」
(あいつはケチだ)
「やつはしまつたれだで、かねをがっせーことためとるちゃうか」
(奴はケチだから、金をたくさん貯め込んでるんじゃないか)
という風に使われます。

しまつたれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃーままげる、さーまえる とも言います。

 

お節介を焼く、世話を焼く という意味です。
「しゃしゃまげるだーねー」
(お節介を焼くんじゃない)
「あんだこーんだしゃーままげて」
(ああだこうだとお節介を焼いて)
という風に使われます。

しゃしゃまげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

壊れる、中止になる という意味です。
「またえんだんじゃみてんてなー」
(また縁談が壊れたそうだね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃちこばる」があります。
これは「緊張して固くなる」という意味です。
「あんたはいっつもしゃちこばるな」
(あなたはいつも緊張して固くなるね)
という風に使われます。

じゃみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じるい とも言います。

 

ぬかるんでいる、どろどろした という意味です。
「じゅるいたんぼでむぎまきしてん」
(ぬかるんだ田んぼで麦まきをしたんだよ)
「よーあめがふったであしもとがじゅるい」
(たくさん雨が降ったから足下がぬかるんでいる)
という風に使われます。

じゅるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かわいそう という意味です。
「ほんとしょーしんだなー」
(本当に可哀相だね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょーから」があります。
これは「腕白」という意味です。
「あんねのこはしょーからだ」
(あの家の子供は腕白だ)
という風に使われます。

しょーし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

草木が密集する、混雑する という意味です。
「すぎのきがよーしょんどる」
(杉の木がよく密集している)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じょん」があります。
これは「お嬢さん」という意味です。
「じょんさん、どこいき」
(お嬢さん、どこへ行くの?)
という風に使われます。

しょむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

明々後日 という意味です。
「しらさってまでまって」
(明々後日まで待って)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しんだち」があります。
これは「新築」という意味です。
「きんじょにしんだちのいえがたった」
(近所に新築の家が建った)
という風に使われます。

しらさって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しりかぶ、しりかぶたん とも言います。

 

尻、尻の肉の多い部分、尻たぶ という意味です。
「しりこぶたがちーといたいわ」
(尻がちょっと痛いよ)
「なげーことすわっとったもんで、しりかぶがいてー」
(長いこと座っていたもので、尻が痛い)
という風に使われます。

しりこぶた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

泥棒 という意味です。
「あそこのいえにしりさがしがはいった」
(あそこの家に泥棒が入った)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しりっぽ」があります。
これは「尻尾」という意味です。
「あのいぬはしりっぽがみじけー」
(あの犬は尻尾が短い)
という風に使われます。

しりさがし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

硬い、噛みにくい という意味です。
「このにくしわいなあ、よーたべんわ」
(この肉硬いなあ、食べられないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しわむ」があります。
これは「たわむ」という意味です。
「このきはたけみてーによーしわむ」
(この木は竹のようによくたわむ)
という風に使われます。

しわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

酸っぱい という意味です。
「このれもん、ごっついすいーわ」
(このレモン、とっても酸っぱいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すえる」があります。
これは「(食べ物が)腐る」という意味です。
「このごはんすえとるわ」
(このご飯、腐ってるよ)
という風に使われます。

すいー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずぶ濡れ という意味です。
「きゅうにあめがふってきてずくたんぼになっちまった」
(急に雨が降って来てずぶ濡れになってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すくも」があります。
これは「籾殻」という意味です。

ずくたんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少ない という意味です。
「きょうはきゃくがえらいすけないなー」
(今日は客がずいぶんと少ないね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すげねー」があります。
これは「思いやりが無い、薄情な」という意味です。
「おまえはなんちゅうすげねーやつだ」
(おまえは何て薄情な奴だ)
という風に使われます。

すけない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

胸や腹が苦しい という意味です。
「にくたべすぎてずつないわー」
(肉を食べ過ぎてお腹が苦しいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すける」があります。
これは「助ける、手伝う」という意味です。
「ちょっとすけてーな」
(ちょっと助けてよ)
という風に使われます。

ずつない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

膝頭、膝小僧 という意味です。
「すねぼんぶつけた」
(膝小僧をぶつけた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すねこい」があります。
これは「思いやりが無い、情がない、薄情な」という意味です。
「すねこいひとだわ」
(薄情な人だわ)
という風に使われます。

すねぼん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すまんこ とも言います。

 

隅、隅っこ という意味です。
「へやのすみくだのほうにほこりがたまっとるがな」
(部屋の隅の方に埃が溜まっているよ)
「もっとすまんこにいきんせえ」
(もっと隅っこに行きなさい)
という風に使われます。

すみくだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とんでもない、とてつもない という意味です。
「ずんばくもにゃあことをいいなるな」
(とんでもないことを言うんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ずんべんだらりん」があります。
これは「ダラダラと」という意味です。
「ずんべんだらりんいきとったらあかんで」
(ダラダラと生きていたら駄目だよ)
という風に使われます。

ずんばくもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~はどう、~なさい という意味です。
「こっちきて、てれびをみんせー」
(こちらへ来て、テレビを観なさい)
という風に使われます。

 

これが「せーへん」ですと「~しない」という意味です。
「ぼくはげーむをせーへん」
(僕はゲームをしない)
という風に使われます。

せー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しっかりと という意味です。
「せえらいたべえや」
(しっかりと食べなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せーまーやく」があります。
これは「お節介を焼く」という意味です。
「そねーせーまーやくだーねえ」
(そんなにお節介を焼くんじゃない)
という風に使われます。

せえらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ケチ という意味です。
「そんなせちべんなことばっかりしとったらわらわれっど」
(そんなけちなことばかりをしていたら笑われるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せばい」があります。
これは「狭い」という意味です。
「このみちはごっついせばい」
(この道はとても狭い)
という風に使われます。

せちべん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっちゅう、頻繁に という意味です。
「つちはせんぐりほりかえさんとええのができひんで」
(土は頻繁に掘り返さないと良いものが出来ないんだよ)
という風に使われます。

 

これが「せんぐりせんぐり」ですと「繰り返し繰り返し、何度も何度も」という意味です。
「せんぐりせんぐりえーもんくんなる」
(何度も何度も良い物をくださる)
という風に使われます。

せんぐり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長い間 という意味です。
「せんどきてなかったなあ」
(長い間来られませんでしたね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せんだく」があります。
これは「洗濯」という意味です。
「はよおきてせんだくせんならんわ」
(早く起きて洗濯しないといけないな)
という風に使われます。

せんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そばい とも言います。

 

にわか雨 という意味です。
「こらそーばいがきそーななー」
(これはにわか雨が降りそうだね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そーでな」があります。
これは「普通の」という意味です。
「そーでならーめんおくれーな」
(普通のラーメンをください)
という風に使われます。

そーばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

葬式、葬列 という意味です。
「あしたはそーれんにいってくる」
(明日は葬式に行って来る)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そーろっと」があります。
これは「そっと」という意味です。
「ろうかはそーろっとあるけよ」
(廊下はそっと歩きなさいよ)
という風に使われます。

そーれん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

棘 という意味です。
「ゆびにそげがささった」
(指に棘が刺さった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そけー」があります。
これは「そこへ、そこに」という意味です。
「そけーおいてあるながたんくれ」
(そこに置いてある包丁を取って)
という風に使われます。

そげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そのままで という意味です。
「そのもんきできたんかえ」
(そのままで来たんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そねー」があります。
これは「そんなに、そう」という意味です。
「そねーよーけたべたんけ」
(そんなにたくさん食べたのかい)
という風に使われます。

そのもんきで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

靴下、足袋 という意味です。
「ひがくれてさむーなったで、たーたーはかーで」
(日が暮れて寒くなったから、靴下を履こうね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たーけー」があります。
これは「高い」という意味です。
「あのたーけーところにあるほんとってーな」
(あの高い場所にある本を取ってちょうだい)
という風に使われます。

たーたー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

脱臼する という意味です。
「みぎうでがたがった」
(右腕を脱臼した)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「たかたかゆび」があります。
これは「中指」という意味です。
「しあいちゅうにたかたかゆびをたがう」
(試合中に中指を脱臼する)
という風に使われます。

たがう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

咳をする という意味です。
「たぐっとるで」
(咳をしているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たく」があります。
これは「煮る」という意味です。
「ぶりとだいこんをたく」
(鰤と大根を煮る)
という風に使われます。

たぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~だから という意味です。
”だっけー、だしけー”とも言います。
「てんきがえーんだででかけようや」
(天気が良いのだから出掛けようよ)
という風に使われます。

 

② ~だよ という意味です。
「あそこにおるこはうちのむすめだで」
(あそこに居る子は私の娘だよ)
という風に使われます。

だで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

台所、炊事 という意味です。
「たなもとてつとーてくれっか」
(炊事を手伝ってくれますか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たばこする」があります。
これは「休憩、一休み」という意味です。
「たばこしょーかえ」
(休憩しましょうか)
という風に使われます。

たなもと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たばる とも言います。

 

貯める という意味です。
「あのひとはたばいがええ」
(あの人は貯えが良い人です)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たぶれる」があります。
これは「懐く」という意味です。
「いぬがたぶれる」
(犬が懐く)
という風に使われます。

たばう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿、馬鹿よりも上 という意味です。
「このだぼが!」
(この馬鹿が!)
「またえらーして。だぼこー」
(またエラーをして、馬鹿だな)
「ほんまあいつだぼやろー」
(まったくあいつは馬鹿だなあ)
という風に使われます。

だぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あやす という意味です。
「あかんぼうをたらす」
(赤ん坊をあやす)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たらし」があります。
これは「おやつ」という意味です。
「たらしをよういしといちゃらんといけん」
(おやつを準備いておいてあげないといけない)
という風に使われます。

たらす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしない、馬鹿 という意味です。
「そねーだらずげーなことんじゃああっけーへん」
(そんなだらしない事ではいけない)
「だらずげなことばっかりいうんじゃない」
(馬鹿なことばかり言うんじゃない)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「だれる」があります。
これは「ダラダラする」という意味です。

だらず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

段違い という意味です。
「しゃつのぼたんがだんちになっとるぞ」
(シャツのボタンが段違いになっているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だんこへんご」があります。
これは「凹凸、デコボコ」という意味です。
「だんごへんごしとってつかいにきー」
(デコボコしていて使いにくい)
という風に使われます。

だんち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だんにゃー とも言います。

 

構わない、気にしない、差し支えない という意味です。
「どうぞ、だんねーで」
(どうぞ、構わないよ)
「だんねーだんねー、けがしてーへんか」
(構わない構わない、怪我してないかい)
「だんにゃーで、ほっときゃすぐなおるっちゃ」
(気にしないで、放っておけばすぐ治るよ)
という風に使われます。

だんねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たんのうする とも言います。

 

飽きる、退屈する という意味です。
「みずあびもーたんのしたんか」
(水泳はもう飽きたのですか)
「いちんちじゅうてれびみとってたんのした」
(一日中テレビを観て退屈していた)
「いっぺんたんのうするほどきゃびあたべてみたいわ」
(一度飽きるくらいキャビアを食べてみたいよ)
という風に使われます。

たんのする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

格好をつける という意味です。
「なんやあいつ、ちばーえてな」
(なんだあいつ、格好つけているなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちさから」があります。
これは「幼い頃から」という意味です。
「ちさからばいおりんならっとんなるでじょうずだ」
(幼い頃からバイオリンを習われてるから上手だ)
という風に使われます。

ちばえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃーう とも言います。

 

違う という意味です。
「このぶひん、このきかいのとはちゃうなあ」
(この部品、この機械の物とは違うなあ)
という風に使われます。

 

これが「ちゃうちゃう」ですと「違うってば」という意味です。
「ちゃうちゃう、ぜんぜんちゃうで」
(違うってば、全然違うよ)
という風に使われます。

ちゃう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自転車 という意味です。
「きょうちゃりきできたん?」
(今日は自転車で来たのですか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃな」があります。
これは「~というような」という意味です。
「なんでもかんでもいやーえーっちゃなもんじゃねーで」
(何でもかんでも言えば良いというようなものではないよ)
という風に使われます。

ちゃりき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょかすけ とも言います。

 

軽率者 という意味です。
「あのこはちょかでこまるわ」
(あの子は軽率者で困るわ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょーず」があります。
これは「トイレ、便所、御手洗」という意味です。
「ちょーずいってくる」
(トイレに行って来る)
という風に使われます。

ちょか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少しの時間 という意味です。
「ちょっとまみなんだらおおきーなっとった」
(少しの時間見ないうちに大きくなっていた)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちったー」があります。
これは「少しは」という意味です。
「ちったーべんきょうせーや」
(少しは勉強しなさいよ)
という風に使われます。

ちょっとま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減 という意味です。
「あいつのいうことはちょろけんだからしんじるな」
(あいつの言うことはいい加減だから信じるな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょんがりごえ」があります。
これは「甲高い声」という意味です。
「ちょんがりごえだすだねー」
(甲高い声を出すんじゃない)
という風に使われます。

ちょろけん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

千切る という意味です。
「このおおきいぱん、ちんぎってたべや」
(この大きなパン、千切って食べなさい)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちょんぎる」があります。
これは「切り離す」という意味です。
「えいがのちけっと、ちょんぎったらあかんで」
(映画のチケットを切り離してはいけないよ)
という風に使われます。

ちんぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お世辞を言う、ゴマをする という意味です。
「そねーついしょーこかんでもええがな」
(そんなにお世辞を言わなくてもいいよ)
という風に使われます。

 

これが「ついしょこき」ですと「ゴマすり、お世辞を言う人」という意味です。
「あのひとはついしょこきだで、まにうけたらあかん」
(あの人はゴマすりだから、真に受けてはいけない)
という風に使われます。

ついしょーこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃがむ という意味です。
「そんなとこでつくなんで、なにしとんどい」
(そんな所でしゃがんで何をしているのだ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「つくばる」があります。
これは「座る」という意味です。
「わしつでつくばってやすみんせー」
(和室で座って休みなさい)
という風に使われます。

つくなむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捏ねる、丸める という意味です。
「このもちもつくねんのか」
(この餅も丸めるのですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つぼむ」があります。
これは「萎む」という意味です。
「はながつぼんでしまった」
(花が萎んでしまった)
という風に使われます。

つくねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 精一杯 という意味です。
「つついっぱいがんばれよ」
(精一杯頑張れよ)
という風に使われます。

 

② 限界、これ以上無理 という意味です。
「もっとすぴーどだせんのか?」「これがつついっぱいや」
(もっとスピード出せないのか?)(これが限界だよ)
という風に使われます。

つついっぱい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

抓る という意味です。
「せんせい!たかしくんがつめくったー」
(先生!タカシくんが抓ったー)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「つめをつむ」があります。
これは「爪を切る」という意味です。
「つめをつまんとせんせいにちゅういされるぞ」
(爪を切らないと先生に注意されるよ)
という風に使われます。

つめくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

唾 という意味です。
「つわがとんだ」
(唾が飛んだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つれ」があります。
これは「友達」という意味です。
「うちげのこもつれにしちゃって」
(うちの子も仲良くしてあげて)
「つれといっしょにえいがにいった」
(友達と一緒に映画に行った)
という風に使われます。

つわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~よ という意味です。
「うちのむすこはくるまがすきなんで」
(うちの息子は車が好きなんだよ)
「いっしょにかいもんいこーで」
(一緒に買い物に行こうよ)
という風に使われます。

 

② ~から という意味です。
「あめがふっとるで、ながぐつはいていけーや」
(雨が降っているから、長靴を履いて行きなさい)
という風に使われます。

で 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても という意味です。
「きょうはてーろあついな」
(今日はとても暑いね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でけだけ」があります。
これは「出来るだけ」という意味です。
「でけだけよおけきてくんにゃーよ」
(出来るだけたくさん来て下さいね)
という風に使われます。

てーろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手伝う という意味です。
「ひとりでできれへんでてごしてくれーや」
(一人では出来ないので手伝ってくださいよ)
という風に使われます。

 

これが「てご」で「手伝ってくれる人」という意味になります。
「きょうはてごがおらんもんでたいへんだわ」
(今日は手伝ってくれる人がいないから大変だよ)
という風に使われます。

てごする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手のひら という意味です。
「てのこぼでたべてみんせーな」
(手のひらで食べてごらんよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てんかもり」があります。
これは「大盛り」という意味です。
「ごはんてんかもりにして」
(ご飯を大盛りにして)
という風に使われます。

てのこぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口からでまかせを言う という意味です。
「でぼろくばっかりいっとらんとほんとのこといえや」
(でまかせばかり言っていないで本当のこと言いなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でべそ」があります。
これは「外出するのが好きな人、余計な口出しをする人」という意味です。

でぼろく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~ていらっしゃる という意味です。
「はよいなな、えーのひとがしんぱいしとってやどー」
(早く帰らないと家の人が心配していらっしゃるよ)
という風に使われます。

 

② ~される という意味です。
「これはおきゃくさんがたべてや」
(これはお客様が食べられる)
という風に使われます。

てや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てんがー とも言います。

 

ふざける、悪戯をする という意味です。
「てんごすんないや」
(ふざけるんじゃないよ)
「てんごーしとらんとしゅくだいしちまいねーな」
(ふざけちないで宿題をしてしまいなさいよ)
「てんがーしたらいけんで」
(悪戯してはいけないよ)
という風に使われます。

てんごー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てっぺん、頂上 という意味です。
「おまえてんこちょがはげとるぞ」
(あなた、頭のてっぺんが禿げているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てんぐるま」があります。
これは「肩車」という意味です。
「てんぐるましたらーか」
(肩車してあげようか)
という風に使われます。

てんこちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

取り込む という意味です。
「せんたくものといれとくわ」
(洗濯物を取り込んでおくね)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「といれもん」があります。
これは「乾いた洗濯物」という意味です。
「へやがといれもんでいっぱいになっとる」
(部屋が乾いた洗濯物でいっぱいになっている)
という風に使われます。

といれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とーのむかし とも言います。

 

ずっと以前に、ずっと前に、遠い昔 という意味です。
「あのこやったらとーにかえったで」
(あの子だったらずっと前に帰ったよ)
「とーのむかしのことだで」
(ずっと以前のことですよ)
という風に使われます。

とーに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(ドアの)鍵 という意味です。
”鍵をかける”ことは「とぜんをかう、とぜんかう」と言います。
「もうよなかだしけーとぜんかーてきてくれや」
(もう夜中ですから鍵をかけてきて頂戴)
「でかけるときは、とぜんをかーてでれよ」
(出掛ける時には、鍵をかけて出なさいよ)
という風に使われます。

とぜん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

途中、物事の間 という意味です。
「とちゅうなかにおかしたべたらあかん」
(合間にお菓子を食べてはいけない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とっしょり」があります。
これは「年寄り」という意味です。
「とっしょりにこんなことさせるんか」
(年寄りにこんなことをさせるのか)
という風に使われます。

とちゅうなか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

殴る という意味です。
「えーかげんにせなどつくぞー」
(いい加減にしておかないと殴るよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とつけもねー」があります。
これは「とんでもない、途方もない」という意味です。
「とつけもねーこというな」
(途方もないことを言うな)
という風に使われます。

どつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どっちなっと とも言います。

 

どちらでも、どっちでも という意味です。
「そんなんどっちゃでもええ」
(そんなことどちらでも良い)
「どっちがいいかな」「どっちゃでも」
(どちらが良いかな)(どっちでも(いいんじゃない?))
という風に使われます。

どっちゃでも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子者、慌て者、風変わりな者 という意味です。
「あのこはとっぱすけだ」
(あの子はお調子者だ)
「あいつはとっぱすけだでいまになんぞするで」
(あいつは風変わりな奴だから、今に何かやらかすよ)
という風に使われます。

とっぱすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どう という意味です。
「いったいどねーしたらえーんだらー」
(一体どうしたら良いのだろうか)
という風に使われます。

 

これが「どねーしょー」ですと「どうしよう」という意味です。
「あめがふったらどねーしょー」
(雨が降ったらどうしよう)
という風に使われます。

どねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どねーあれへん、どねーもあれへん とも言います。

 

何とも無い という意味です。
「どねーもあれへんで、しんぱいしてくれておおきに」
(何とも無いよ、心配してくれてありがとうね)
という風に使われます。

 

これが「どねーもこねーも」ですと「どうにもこうにも」という意味です。
「いそがしくてどねーもこねーもならんわ」
(忙しくてどうにもこうにもならないよ)
という風に使われます。

どねーもねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

玄関 という意味です。
「ひとがきんさるでとのぐちをきれいにしとけ」
(人が来られるから玄関を綺麗にしておきなさい)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「とゆ」があります。
これは「雨樋」という意味です。
「とゆをそうじする」
(雨樋を掃除する)
という風に使われます。

とのぐち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とます とも言います。

 

イタチ という意味です。
「とまがはしった」
(イタチが走った)
「とまはひとをばかさん」
(イタチは人を化かさない)
「よんべとますみたけど、またみとなった」
(昨夜イタチを見たけれど、また見たくなった)
という風に使われます。

とま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一番奥、突き当たり という意味です。
「このみちのどんずまりのいえがそうだで」
(この道の一番奥の家がそうですよ)
「どんずまりをひだりにまがったらゆうびんきょくがみえる」
(突き当りを左に曲がったら郵便局が見えます)
という風に使われます。

どんずまり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ですねぇ という意味です。
「このはなごっついきれーだなーあ」
(この花はとても綺麗ですねぇ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「なーあんた」があります。
これは「ねぇあなた」という意味です。
「ほんでなーあんた、こんやうちげによってくんなれへんか」
(それでねぇあなた、今夜我が家へ寄ってくれませんか)
という風に使われます。

なーあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無くなる、失う、減る という意味です。
「おいとったけーきがなーなった」
(置いておいたケーキが無くなった)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「なーする」があります。
これは「失くす、落とす」という意味です。
「いえのかぎをなーした」
(家の鍵を失くした)
という風に使われます。

なーなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何ということ、とんでもないこと という意味です。
「おめーはなしたことをいうんだいや」
(おまえは何ということを言うんだ)
という風に使われます。

 

これが「なにしー」ですと「とんでもない」という意味です。
「なにしー、こっちこそいっつもせわになっとるがー」
(とんでもない、こちらこそいつもお世話になっています)
という風に使われます。

なしたこと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なやす とも言います。

 

返す、返却する という意味です。
「かりとったじてんしゃはよーなさんなあかんわ」
(借りていた自転車を早く返さなくてはいけない)
「かりたかねはなすもんや」
(借りた金は返すものだ)
「ほんをなやす」
(本を返却する)
という風に使われます。

なす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何を言っているの という意味です。
「あんた、なにゆっとん!?」
(あなた、何を言っているの!?)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「なにやっとん」があります。
これは「何をしているの」という意味です。

なにゆっとん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~される、~れる という意味です。
「どこいきなはる」
(どこへ行かれるのですか)
という風に使われます。

 

これが「なはれ」ですと「~なさい、~はどう」という意味です。
「こんどうちにあそびにきなはれ」
(今度我が家へ遊びに来なさい)
という風に使われます。

なはる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

簡単だ という意味です。
「なやすいやつじゃでおぼえいよ」
(簡単なものだから覚えなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なべわ」があります。
これは「鍋敷き」という意味です。
「なべおくしけーなべわもってきて」
(鍋を置くので鍋敷きを持って来て)
という風に使われます。

なやすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~ごと という意味です。
「かわなりりんごをたべる」
(皮ごとリンゴを食べる)
という風に使われます。

 

② ~の方向へ という意味です。
「このとおりをあっちなりいったらえきだ」
(この通りをあちらの方向へ行ったら駅だ)
という風に使われます。

 

③ ~のまま という意味です。
「くつなりはいったらあかん」
(靴のまま入ってはいけない)
という風に使われます。

なり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なめんだら とも言います。

 

だらしない という意味です。
「なりやーなせいかつしとったらあかん」
(だらしない生活をしていてはいけない)
という風に使われます。

 

これが「なりやーなふー」ですと「だらしない格好」という意味です。
「なりやーなふーして」
(だらしない格好をして)
という風に使われます。

なりやーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なりい とも言います。

 

平坦だ、平ら、なだらかな という意味です。
「なるいとこにやぐらがくんだるわ」
(平坦なところに櫓が組んであるよ)
「あそこのさかはなるいしけーらくだわ」
(あそこの坂はなだらかだから楽だよ)
という風に使われます。

なるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんなりと、どんなことでも という意味です。
「なんなっといっておくれ」
(なんなりと言ってくれよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんとな」があります。
これは「何とまあ」という意味です。
「なんとなおいしいけーきだねーけー」
(何とまあ、美味しいケーキじゃないの)
という風に使われます。

なんなっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんばきび、なんばんきび とも言います。

 

とうもろこし という意味です。
「ここのなんばんきびなんぼでももってかえってええで」
(ここのとうもろこし、いくらでも持って帰っていいよ)
「はたけのなんばきびはあめーなあ」
(畑のとうもろこしは甘いなあ)
という風に使われます。

なんばん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 何歳、いくつ という意味です。
「こどもさんなんぼになんさるん?」
(子供さんは何歳になられるんですか?)
という風に使われます。

 

② 幾ら という意味です。
「このてれびなんぼですか」
(このテレビは幾らですか)
という風に使われます。

なんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にがけー とも言います。

 

賑やか という意味です。
「こどもがよーけきとってにがこいですうぇーな」
(子供がたくさん来ていて賑やかですよ)
「おきゃくさんがおおぜいきてにがけえなーあ」
(お客さんが大勢来て賑やかですねえ)
という風に使われます。

にがこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

憎まれ口 という意味です。
「にくんざばっかりいってかわいげがねーわ」
(憎まれ口ばかり叩いて可愛げが無いな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にげる」があります。
これは「去る」という意味です。
「たいふうがにげたで」
(台風が去ったよ)
という風に使われます。

にくんざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 暖かい という意味です。
「ことしのふゆはぬくいなあ」
(今年の冬は暖かいなあ)
という風に使われます。

 

② 馬鹿 という意味です。
「あんたはなんちゅうあたまがぬくいんでー」
(あんたはなんという馬鹿なんだ)
という風に使われます。

ぬくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬくめる とも言います。

 

温める、暖める、暖かくする という意味です。
「さむうなるでぬくーしてでれよ」
(寒くなるから暖かくして出なさいよ)
「すーぷぬくーしてきて」
(スープを温めてきて)
という風に使われます。

ぬくーする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

締まりがない という意味です。
「あいつのすっことぬまこいのー」
(あいつのすることは締まりがないね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぬやげ」があります。
これは「縫い上げ」という意味です。
「すそがなげーしけ、ぬやげしちゃるわ」
(裾が長いから、縫い上げしてあげるよ)
という風に使われます。

ぬまこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~はどう、~なさい という意味です。
「そうしねー」
(そうしてはどう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねーっつ」があります。
これは「きちんと、しっかりと」という意味です。
「つめをねーっつつんだ」
(爪をきちんと切った)
「ねーっつたべよ」
(しっかりと食べなさい)
という風に使われます。

ねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

皿などに料理を食べ残す という意味です。
「いっつもねこわけするな、しつれいだで」
(いつも食べ残すよね、失礼ですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねこおう」があります。
これは「猫背」という意味です。
「ねこおーとんなるけどようしごとしなるんだで」
(猫背になっているけど良く働かれるんだよ)
という風に使われます。

ねこわけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寝る前、寝る直前 という意味です。
「ねしなにたべるでとっといて」
(寝る前に食べるので取っておいて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねしくる」があります。
これは「拭き取る、擦り付ける」という意味です。
「たにんにねしくるわりいくせだ」
(他人に擦り付ける悪い癖だ)
という風に使われます。

ねしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

イビキ という意味です。
「ねびきがうるさかったらおこして」
(イビキがうるさかったら起こして)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「ねぶたい」があります。
これは「眠たい」という意味です。
「よるおそーまでおきとったもんでねぶたいわ」
(夜多くまで起きていたもので眠たいよ)
という風に使われます。

ねびき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 眠る という意味です。
「ほんよんどったらねぶっちまった」
(本を読んでいたら眠ってしまった)
という風に使われます。

 

② 舐める という意味です。
「あめをねぶる」
(飴を舐める)
「かまんとねぶる」
(噛まずに舐める)
という風に使われます。

ねぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねまをひく とも言います。

 

寝床を準備する、布団を敷く という意味です。
「ねむうなったで、ねまひいてくるわ」
(眠くなったので、布団を敷いてくるよ)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「ねむたたえぎー、ねぶたたえぎー」があります。
これは「身体がだるくて眠い」という意味です。

ねまひく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

咽喉、喉 という意味です。
「かぜひいてのぞがいたい」
(風邪を引いて咽喉が痛い)
「このこなぐすりのぞをこさげるわ」
(この粉薬、喉に引っかかるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のら」があります。
これは「怠け者」という意味です。
「なんちゅーのらだえ」
(なんという怠け者なんだ)
という風に使われます。

のぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~のもの という意味です。
「これだれの?」「それ、おれのん」
(これ誰の?)(それは俺のもの)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のんのんさん」があります。
これは「仏様」という意味です。
「のんのんさんにてーあわそーで」
(仏様に手を合わせましょう)
という風に使われます。

のん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

割木、(太い)薪 という意味です。
「ばいたをもってきてくれーや」
(割木を持って来てくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ばー」があります。
これは「餅」という意味です。
「ばーやけたらあついのくれ」
(餅が焼けたら熱いうちにちょうだい)
という風に使われます。

ばいた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はがいげ とも言います。

 

歯がゆい、気持ちが焦りイライラした様子 という意味です。
「みとったらはがいーなるわ!」
(見ていたら歯がゆくなるよ!)
「はがいげなもののいいかたしとったらひとにきらわれるで」
(イライラした物の言い方いたら人に嫌われるよ)
という風に使われます。

はがいー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

挟む という意味です。
「のーとにぷりんとはさけてーた」
(ノートにプリントを挟んでいた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はさかる」があります。
これは「挟まる」という意味です。
「おくばにものがはさかったやないいかたするな」
(奥歯に物が挟まったような言い方するんじゃない)
という風に使われます。

はさける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 痒い という意味です。
「のどがはしこーてこまっとんねん」
(喉が痒くて困っているんです)
という風に使われます。

 

② すばしっこい という意味です。
「なにさしてもはしかいやっちゃ」
(何をさせてもすばしっこい奴です)
という風に使われます。

はしかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

台所の流し という意味です。
「たべたらあらうもんをはしりにもっていって」
(食べたら洗い物を流しに持って行って)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はしりやっこ」があります。
これは「駆けっこ」という意味です。
「はしりやっこしたらいっつもびりやった」
(駆けっこしたらいつも最下位だった)
という風に使われます。

はしり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

裸 という意味です。
「はだかますでうろうろせんと、ぱじゃまぐれーきねーっちゃ」
(裸でウロウロしないで、パジャマくらい着なさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はちわらけ」があります。
これは「散らかって収拾が付かない状態」という意味です。

はだかます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

離す という意味です。
「はならかしておいとかー」
(離して置いておきましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はぶしがたたん」があります。
これは「手に負えない」という意味です。
「あのひとはきがつよーてはぶしがたたん」
(あの人は気が強くて手に負えない)
という風に使われます。

はならかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腹下し、下痢 という意味です。
「くいすぎてはらとーした」
(食べ過ぎて腹を下した)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はらがおーきい」があります。
これは「満腹、お腹がいっぱい」という意味です。
「まーはらがおーきいでたべれれへん」
(もう満腹だから食べられない)
という風に使われます。

はらとーし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奢る という意味です。
「きょうはわしがはりこんだろ」
(今日は私が奢ってあげましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ばり」があります。
これは「とても」という意味です。
「きょうばりさむいわ」
(今日はとても寒いね)
「ばりすごいやん」
(とても凄いね)
という風に使われます。

はりこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夜 という意味です。
「ばんげになったらいかー」
(夜になったら行こう)
という風に使われます。

 

これが「ばんがた」ですと「夕方」という意味です。
「ばんたたになったらすずしーなるかな」
(夕方になったら涼しくなるかな)
という風に使われます。

ばんげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

空腹な という意味です。
「あー、ひだるいわー」
(ああ、お腹減ったなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひだりこぎ」があります。
これは「左利き」という意味です。
「わしゃほんまはひだりこぎなんだで」
(私、本当は左利きなんですよ)
という風に使われます。

ひだるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しつこい という意味です。
「ひつけーいぬだわ」
(しつこい犬だな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぴっちし」があります。
これは「ぴったり」という意味です。
「こぜにをかぞえたら、ぴっちしせんえんだった」
(小銭を数えたら、ぴったり千円だった)
という風に使われます。

ひつけー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

半日(主に午前のこと)という意味です。
「ひなかだけでてくれたらえーからたのむわ」
(半日だけ出てくれたらいいから頼みますよ)
「ひなかるすにするしけーいえにおってーよ」
(半日留守にするから家に居てね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひばん」があります。
これは「日直」という意味です。

ひなか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びりびり とも言います。

 

雨が少し降る、小雨が降る という意味です。
「あっ、ぴりぴりしてった。いそごか」
(あっ、雨が少し降ってきた。急ぎましょうか)
「びみょうにあめがぴりぴりふっています」
(微妙に小雨が降っています)
という風に使われます。

ぴりぴり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乾く という意味です。
「えーてんきだでせんたくもんがよーひるわ」
(良い天気だから洗濯物がよく乾きますね)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「ひろあけ」があります。
これは「全開にした」という意味です。
「あつかったしけーまどをひろあけにしてねた」
(暑かったので窓を全開にして寝た)
という風に使われます。

ひる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

格好が良い という意味です。
「かれはとおめにもひんたんがえーな」
(彼は遠目にも格好が良いね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひんたんかまう」があります。
これは「容姿を気にする」という意味です。
「そねーにひんたんかまってどこいくんだいや」
(そんなに容姿を気にしてどこに行くのよ)
という風に使われます。

ひんたんがええ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

オシャレをする という意味です。
「ひんたんこいてみじかいすかーとはかんでもえーで」
(オシャレして短いスカートを履かなくてもいいよ)
という風に使われます。

 

これが「ひんたんこき」ですと「おしゃれな人」という意味です。

ひんたんこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

癪に障る という意味です。
「つくっちゃったべんとうおいてーていっとる、ふがわりーわ」
(作ってあげた弁当を置いて行ってる、癪に障るわ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふがぬける」があります。
これは「炭酸が抜ける」という意味です。

ふがわりー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

二重目蓋 という意味です。
「ふたかわめでがっせーかわいーなあ」
(二重目蓋でとても可愛いなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふまいつぎ」があります。
これは「踏み台」という意味です。
「ふまいつぎもってきて」
(踏み台持って来て)
という風に使われます。

ふたかわめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

降っている、降った という意味です。
「あめがふっとるなー、そとにでたねーわ」
(雨が降っているなあ、外に出たくないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふりよる、ふりょーる」があります。
これは「降り始めている」という意味です。
「あめがふりよるで」
(雨が降り始めているよ)
という風に使われます。

ふっとる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふなべ、ふなめ とも言います。

 

桑の実 という意味です。
「ぷーるにはいるとさむーてくちびるがふなびいろになる」
(プールに入ると寒くて唇が桑の実色になる)
「ふなべをとってたべたらうまかった」
(桑の実をとって食べたら美味しかった)
という風に使われます。

ふなび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふゆぶん とも言います。

 

冬の間 という意味です。
「ふゆむきはあつでのせーたーをきることがおおい」
(冬の間は厚手のセーターを着ることが多い)
「としとると、ふゆぶんはそとにでにくい」
(歳を取ると、冬の間には外に出にくい)
という風に使われます。

ふゆむき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はい という意味です。
「へー、わたしはげんきしとりますで」
(はい、私は元気にしていますよ)
という風に使われます。

 

これが「へーあんたー」では「はい、そうですねえ」という意味になります。

 

似た言葉では「へーから」があります。
これは「それから」という意味です。

へー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしがない という意味です。
「ずぼんをさげてあるくなんてへだらくだぞ」
(ズボンを下げて歩くなんてだらしがないぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「べたあし」があります。
これは「偏平足」という意味です。
「ぼくはべたあしだしけー」
(僕は偏平足だから)
という風に使われます。

へだらく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっさ、ひさーし、ひさーに とも言います。

 

久しく、長い間 という意味です。
「へっさみずじゃったが、げんきだったかいや」
(久しく見ませんでしたが、お元気でしたか)
「ひさーにあわなんだなー」
(長い間会いませんでしたね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へっはー」があります。
これは「こんにちは」という意味です。

へっさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫だ、問題ない、別状ない という意味です。
「まあ、このぐらいやったらべっちょないわ」
(まあ、この程度だったら大丈夫だよ)
「そんなつめたいもんばっかりくーてべっちょないか」
(そんな冷たいものばかりを食べて、大丈夫ですか)
という風に使われます。

べっちょない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

べにさしゆび とも言います。

 

薬指 という意味です。
「ほうちょうでべにゆびきった」
(包丁で薬指を切った)
「べにゆびにゆびわをはめる」
(薬指に指輪を嵌める)
という風に使われます。

 

似た言葉では「べにがに」があります。
これは「紅ズワイガニ」という意味です。

べにゆび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっぱい という意味です。
「おこわへらへっとくーてずつないわー」
(赤飯をいっぱい食べて苦しいです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「べべた」があります。
これは「一番最後、ビリ」という意味です。
「せいせきはべべたでも、えーこにそだっとる」
(成績は一番最後でも、良い子に育っている)
という風に使われます。

へらへっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弱弱しい、頑丈でない という意味です。
「なんちゅうへわずないすだえ」
(なんて弱弱しい椅子なんでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へわ」があります。
これは「黒いすす」という意味です。
「はんごうでごはんをたくと、ようへわがついたもんだ」
(飯ごうでご飯を炊くと、よくすすが付いたものだ)
という風に使われます。

へわず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ない という意味です。
「わかれへん」
(分からない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へんこ」があります。
これは「偏屈者」という意味です。
「わしゃーへんこだしけー、ちゃんとやらんときがすまんわ」
(私は偏屈者だから、ちゃんとやらないと気が済まないよ)
という風に使われます。

へん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わがまま という意味です。
「ぺんこいうな」
(わがまま言うんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へんこ」があります。
これは「変な子、阿呆な子」という意味です。
「おまえ、へんこか」
(おまえは変な子ね)
という風に使われます。

ぺんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鬼ごっこ という意味です。
「ぼいやこやれへんか」
(鬼ごっこしませんか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼう」があります。
これは「追う、追い払う」という意味です。
「たぬきがきたらぼうて」
(タヌキが来たら追い払って)
という風に使われます。

ぼいやこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほげない とも言います。

 

何か物足りない、頼りない という意味です。
「きれーないえたちんさったけど、なんかほえねーな」
(綺麗な家をお建てになったけれど、何か物足りないね)
「あのひとはほえねーひとだわ」
(あの人は頼りない人だわ)
という風に使われます。

ほえねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほーけ とも言います。

 

そうか という意味です。
「ほーか、げんきにやっとるか」
(そうか、元気にやっていますか)
「ほーけー、きのうこうべはぬくかったで」
(そうか、昨日は神戸は暖かかったよ)
という風に使われます。

ほーか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほーだま とも言います。

 

頬、頬っぺた という意味です。
「ほーべたがあけーぞ、ねつあるんじゃうか」
(頬っぺたが赤いよ、熱があるんじゃないの)
「ほーだまがおちさーげだ」
(頬っぺたが落ちそうだ)
という風に使われます。

ほーべた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほげ とも言います。

 

湯気 という意味です。
「たきたてのごはんからほけがたっとる」
(炊き立てのご飯から湯気が立っている)
「やかんからほげがたちのぼっとる」
(ヤカンから湯気が立ち上っている)
という風に使われます。

ほけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほえない、ほいない とも言います。

 

儚い という意味です。
「ほげないしによーやったなー」
(儚い死にようだったねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほけむせる」があります。
これは「うんざりする」という意味です。
「よーけのけーきにほせむける」
(たくさんのケーキにうんざりする)
という風に使われます。

ほげない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほぜくる とも言います。

 

掘る、掘り起こす という意味です。
「はたけをほぜったら、むくろがよーけでてきた」
(畑を掘り起こしたら、モグラがたくさん出て来た)
「こら!はなをほぜくるな」
(こら!鼻を掘るんじゃない)
という風に使われます。

ほぜる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざけて暴れる、暴れまわる という意味です。
「いえのなかやねんからほたえな!」
(家の中なのだから暴れるんじゃない!)
「そんなとこでほたえたら、ほかのおきゃくさんにめーわくやろ」
(そんな場所で暴れたら、他のお客さんに迷惑でしょう)
という風に使われます。

ほたえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さようなら という意味です。
「さきかえるわー。ほななー」
(先に帰りますよ。さようなら)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほて」があります。
これは「横、傍ら」という意味です。
「これをほてにやっといて」
(これを横に移動しておいて)
という風に使われます。

ほな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 蒸し暑くなる という意味です。
「きょうはほんまよーほめくなー」
(今日は本当によく蒸しますね)
という風に使われます。

 

② 火照る という意味です。
「あしがほめく」
(足が火照る)
「かおがほめく」
(顔が火照る)
という風に使われます。

ほめく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほてる、ほかす、ほおる とも言います。

 

捨てる という意味です。
「このごみ、ほってきてくれ」
(このゴミを捨ててきてくれ)
「このふるしんぶんほてるで」
(この古新聞、捨てますよ)
「ここにあるかみほかしたらあかんで」
(ここにある紙を捨ててはいけないよ)
という風に使われます。

ほる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①(水が)漏る という意味です。
「てんじょうからあめがぼっとるわ」
(天井から雨が漏れているよ)
という風に使われます。

 

②(果物を)もぐ という意味です。
「よーけぶどうをぼってきた」
(たくさんブドウをもいできた)
という風に使われます。

ぼる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蕁麻疹などの後にできる発疹 という意味です。
「ほろせがなおらへんねん」
(発疹が治らないんですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほんこ」があります。
これは「物を賭けて遊ぶこと」という意味です。
「ほんこでやらーや」
(物を賭けてやろうよ)
という風に使われます。

ほろせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

本当に という意味です。
「ほんてきょうはあめがよーふるなあ」
(本当に今日は雨がよく降りますねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほんだで、ほんだしけー」があります。
これは「そうだから」という意味です。

ほんて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほんでなー とも言います。

 

それで、それでね という意味です。
「ほんでなー、やすんどるひとのぶんまでたべたんで」
(それでね、休んでいる人の分まで食べたんだよ)
「ほんでなー、ないしょでぱーてぃーせえへんか」
(それでね、内緒でパーティしませんか)
という風に使われます。

ほんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほいだら とも言います。

 

それじゃあ、それなら という意味です。
「ほんならたのんだでー」
(それじゃあ頼んだよ)
「ほんなら、ねむうなったでおやすみ」
(それじゃあ、眠くなったのでおやすみなさい)
「ほいだら、さいなら!」
(それじゃあ、さようなら!)
という風に使われます。

ほんなら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

本当 という意味です。
「ほんまにこれそうなん?」
(本当にこれそうなの?)
「これはほんまだーで」
(これは本当だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほんまもん」があります。
これは「本物」という意味です。
「ほんまもんのだいややで」
(本物のダイヤですよ)
という風に使われます。

ほんま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう という意味です。
「まーかえらーか」
(もう帰ろうか)
「はらいっぱいだでまーえーわ」
(お腹がいっぱいだから、もういらないよ)
「まーちいとまっておくれ」
(もうちょっと待ってちょうだい)
「まーまたしたらかえってきなるわ」
(もうすぐ帰ってこられますよ)
という風に使われます。

まー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まーらー とも言います。

 

おやおや という意味です。
「まーやー、こんなよーけもらってえーんかえ」
(おやおや、こんなにたくさん頂いても良いのですか)
「まーらー、うちのんわけたげるわ」
(おやおや、私のを分けてあげますよ)
という風に使われます。

まーやー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まひげ とも言います。

 

眉毛 という意味です。
「まいげをほそーしとんなるひとがおおいけど、ええとおもえへんけどな」
(眉毛を細くしている人が多いけど、良いと思えないのだけどなあ)
「あのむすめさんはまひげがきれい」
(あの娘さんは眉毛が綺麗だ)
という風に使われます。

まいげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 忙しくて慌てている状態 という意味です。
「やることがよーけあってまいまいこんこんしとるんだわ」
(やることがたくさんあって、忙しくて慌てているんですよ)
という風に使われます。

 

② ミズスマシ という意味です。
「まいまいこんこんがおよいどる」
(ミズスマシが泳いでいる)
という風に使われます。

まいまいこんこん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

転がる、転がり落ちる という意味です。
「さかからまくれておちた」
(坂から転がり落ちた)
「もーちょっとでみぞにまくれよった」
(もう少しで溝に転がり落ちそうになりました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まける」があります。
これは「安くする」という意味です。

まくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かき混ぜる という意味です。
「そこにさとうがしずんどるしけー、ようまぜかしてのんで」
(底に砂糖が沈んでいるから、よくかき混ぜてから飲んで)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「まだらっきゃーとく」があります。
これは「混ぜておく」という意味です。
「これまだらきゃーといて」
(これ、混ぜておいて)
という風に使われます。

まぜかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

跨ぐ という意味です。
「みぞこをまたげる」
(溝を跨ぐ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「またぐら」があります。
これは「股」という意味です。
「こねこをまたぐらにだく」
(子猫を股に抱く)
という風に使われます。

またげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

間違いない という意味です。
「あのみちいったら、またことないわ」
(あの道を行ったら間違いがないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「またい」があります。
これは「動作が鈍い」という意味です。
「またいやっちゃなあ、こけたりして」
(鈍い奴ですねえ、転んだりして)
という風に使われます。

またことない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もっと という意味です。
「まっとこづかいおくれ」
(もっと小遣いをちょうだいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まっとく」があります。
これは「待っておく」という意味です。
「じっきにかえってくっさかいまっとって」
(すぐに帰って来るから待っていて)
という風に使われます。

まっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

集める、片付ける という意味です。
「くろーなってきたし、そろそろこくばまつべてかえろか」
(暗くなってきたし、そろそろ松落ち葉を集めて帰りましょうか)
「じぶんでだしたもんはもとのところにまつべとけ」
(自分で出したものは、元の場所に片付けておきなさい)
という風に使われます。

まつべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう一度 という意味です。
「きょうみたぶたい、まっぺんみたいわ」
(今日見た舞台、もう一度見たいなあ)
「まっぺんゆうてみいや」
(もう一度言ってごらんなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まつべた、まつぶた」があります。
これは「餅を並べるための木製の容器」という意味です。

まっぺん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弁償する という意味です。
「いためたらまどってくれ」
(傷を付けたのなら弁償してくれ)
「わしがまどたるさかい、しんぱいせんでえーで」
(私が弁償してあげるから、心配しなくていいですよ)
「めいだらまどわんなんで!」
(壊したら弁償しなければいけないよ!)
という風に使われます。

まどう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

慌てる、狼狽する という意味です。
「とつぜんおおきなじしんがきてままたえる」
(突然大きな地震がきて慌てる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まぼそい」があります。
これは「眩しい」という意味です。
「あさひがまぼそい」
(朝日が眩しい)
という風に使われます。

ままたえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貰う という意味です。
「きょうじゅからええほんまらった」
(教授から良い本を貰いました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まるーなる」があります。
これは「屈む、しゃがむ」という意味です。
「つくえのしたでまるーなるんだで」
(机の下で屈むんですよ)
という風に使われます。

まらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そっくり、生き写し という意味です。
「このこはおとうさんにまるぬかしだわ」
(この子はお父さんの生き写しですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まるむし」があります。
これは「ダンゴムシ」という意味です。

まるぬかし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

運 という意味です。
「まんよーせきがひとつだけあいとった」
(運良く席が1つだけ空いていた)
「あんたはいつもまんがわるいな」
(あなたはいつも運が悪いですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まんだ」があります。
これは「まだ」という意味です。
「まんだだで」
(まだですよ)
という風に使われます。

まん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まんぐるさん とも言います。

 

周囲全て、周り中全部 という意味です。
「うちのにわはまんぐるりくさがはえとりますだーで」
(我が家の庭は周囲全てに草が生えておりますので)
「まんぐるさんくもがあって」
(周囲全てに雲があって)
という風に使われます。

まんぐるり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① チリトリ という意味です。
「そとのごみはくしけー、ほーきとみーとってくれ」
(外のゴミを掃くから、箒とチリトリを取ってください)
という風に使われます。

 

② 箕(み)という意味です。
穀類をあおってふるい、殻やゴミを取り除く農具のことです。

みー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

味が薄い、塩味が薄い という意味です。
「このみそしる、ちょっとみずくさいで」
(この味噌汁、ちょっと塩味が薄いよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「みがいる」があります。
これは「筋肉痛になる」という意味です。
「きょうはあしにみがいっとる」
(今日は脚が筋肉痛になっている)
という風に使われます。

みずくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見せ合うこと という意味です。
「びじゅつのじかんにかいたえをみせやっこしようや」
(美術の時間に描いた絵を見せ合いっこしようよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「みせ」があります。
これは「家の一番表に近い部屋」という意味です。

みせやっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見たまま、見たそのまま という意味です。
「あのひとはみたなーりのえーひとですで」
(あの人は見たままの良い人ですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「みそたれ」があります。
これは「霙(みぞれ)」という意味です。

みたなーり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みとる とも言います。

 

見ている という意味です。
「あんたなにみとーん?」
(あなた、何を見ているの?)
という風に使われます。

 

これが「みとった」ですと「見ていた」という意味です。
「きのうてれびみとってん!」
(昨日、テレビを見ていたんだよ)
という風に使われます。

みとう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

針の糸を通す穴 という意味です。
「みみぞにいととおしてーな」
(針の穴に糸を通してくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「みぞこ」があります。
これは「側溝、溝」という意味です。
「みぞこにせんざいがながれとったで」
(側溝に洗剤が流れていたよ)
という風に使われます。

みみぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みんな という意味です。
「きょうはみんなずれーででかけとる」
(今日はみんなで出掛けている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「みなんだ」があります。
これは「見なかった」という意味です。
「きょうはだれもみなんだなー」
(今日は誰も見なかったなあ)
という風に使われます。

みんなずれー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 剥がす、めくる という意味です。
「とたんいたをむくる」
(トタン板を剥がす)
「かべがみをむくる」
(壁紙を剥がす)
という風に使われます。

 

② むく という意味です。
「みかんのかわをむくってーな」
(ミカンの皮をむいてくれよ)
という風に使われます。

むくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むくろもち とも言います。

 

モグラ という意味です。
「うちのはたけはむくろがおおいてこまるわ」
(うちの畑はモグラが多くて困るよ)
「むくろもちがはしりまわっとってこまっとるんだわ」
(モグラが走り回っていて困っているんだよ)
という風に使われます。

むくろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

向こう側 という意味です。
「かわのむこーべらにおおきなびるがたった」
(川の向こう側に大きなビルが建った)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「むけーじゅ」があります。
これは「向かい側の村」という意味です。
「むけーじゅにくまがでたんだってや」
(向かい側の村に熊が出たんだってよ)
という風に使われます。

むこーべら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みぞおち(鳩尾)という意味です。
「むなおちをなぐられた」
(みぞおちを殴られた)
「むなおちがいてー」
(みぞおちが痛い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「むかぜ」があります。
これは「ムカデ」という意味です。

むなおち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わざと、あえて、無理に、無理矢理に という意味です。
「むりとにしてるやろ!」
(わざとやっているでしょう!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「むつごい」があります。
これは「脂っこい、しつこい」という意味です。
「にくのむつごいのはすかん」
(脂身の多い肉は嫌い)
という風に使われます。

むりとに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(~し)ないであろう、(~し)ないでおこう という意味です。
「そんなしっぱいはしめー」
(そんな失敗はしないだろう)
「あめがふるしけー、とおくへはいかめー」
(雨が降るから、遠くへは行かないでおきましょう)
という風に使われます。

めー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めがかてー とも言います。

 

(夜遅くなっても)眠くならない という意味です。
「なんちゅうめがかてーんだえ」
(なんて眠くならないのだろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「めかど」があります。
これは「見覚え」という意味です。
覚えていてもはっきりと思い出せない様を言います。

めがかたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

壊す、割る という意味です。
「だれがめんだんや。このつぼたかかったのに」
(誰が壊したんですか。この壺は高かったのに)
という風に使われます。

 

これが「めーだ」ですと「壊した、割った」という過去形の意味になります。
「さらをはこぶとちゅうにおとしてめーだ」
(皿を運ぶ途中に落として割った)
という風に使われます。

めぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まばたき という意味です。
「ねぶそくで、めばちしたらめがいたいわ」
(寝不足なので、まばたきをすると目が痛いよ)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「めぼ」があります。
これは「ものもらい」という意味です。

めばち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

米 という意味です。
「ちょっとめめとってきてくれや」
(ちょっと米を取って来てくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「めめくそ」があります。
これは「ほんの少し(の量)」という意味です。
「めめくそあるけどたべる?」
(ほんの少しあるけど食べますか?)
という風に使われます。

めめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

目ヤニ という意味です。
「めやねがついとるぞ、かおあらってこいや」
(目ヤニが付いているぞ、顔を洗って来なさいよ)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「めをさまかす」があります。
これは「目を覚ます」という意味です。

めやね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面倒な、難しい という意味です。
「そねーめんだーなこというないや」
(そんなに難しいこと言わないで下さいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「めんだーげな」があります。
これは「世間体が悪い」という意味です。

めんだーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

子守り という意味です。
「うちげのこーもーりしてくんねーな」
(うちの子を子守してくださいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「もーする」があります。
これは「四つん這いになってお尻を突き出す」という意味です。
「おしりをふくしけもーせーや」
(お尻を拭くから四つん這いになってお尻を突き出しなさいな)
という風に使われます。

もーり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もち米 という意味です。
「あんたんとこーもちねつくっとんなるか」
(あなたのお宅ではもち米を作られてますか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「もちしー」があります。
これは「餅作り」という意味です。
「もちしーせんならんな」
(餅作りをしなければならないね)
という風に使われます。

もちね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奇妙な、変な という意味です。
「あかがもっけなかおしとる、うんちゃんちゃうか」
(赤ちゃんが変な顔をしてる、ウンチじゃないの)
という風に使われます。

 

似た言葉では「もっさり」があります。
これは「垢抜けない、野暮ったい」という意味です。
「そんなもっさりしたふくきてたらわらわれるで」
(そんな野暮ったい服を着ていたら笑われるよ)
という風に使われます。

もっけな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もむない とも言います。

 

不味い という意味です。
「こんなもみないもんくえっかい」
(こんな不味いものが食べられるもんか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ものごいー」があります。
これは「味が濃い、くどい」という意味です。
「このらーめんものごいー」
(このラーメン味が濃いなあ)
という風に使われます。

もみない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ももんじょ とも言います。

 

アリジゴク(昆虫)という意味です。
「あそこにももんじゃのあながある」
(あそこにアリジゴクの穴がある)
「ももんじょがおるぞ」
(アリジゴクがいるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ももた」があります。
これは「太もも」という意味です。

ももんじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もんずき、もーずき とも言います。

 

オムツ、おしめ という意味です。
「さあ、もんもんかえようや」
(さあ、オムツを替えましょう)
「せんたくきでもんづきあらってこい」
(洗濯機でオムツを洗ってきて)
「もーずきをかえる」
(オムツを替える)
という風に使われます。

もんもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だ という意味です。
「きょうはえーてんきやなー」
(今日は良い天気だねー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やー」があります。
これは「~様(よう)」という意味です。
「やりやーがねーな」
(やり様が無いね)
という風に使われます。

や 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引越し という意味です。
「おとなりさんはやおつりしとんなるわ」
(お隣さんは引っ越しされているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やいと」があります。
これは「お灸」という意味です。
「やいとせーるぞ!」
(お灸をすえるぞ!)
という風に使われます。

やおつり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしゃれをする という意味です。
「そないにやつしてどこいきや」
(そんなにおしゃれをしてどこへ行くんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やすい」があります。
これは「易しい、簡単」という意味です。
「こんかいのしけんはやすかった」
(今回の試験は簡単だった)
という風に使われます。

やつす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~する という意味です。
「ちゃんとしごとやっとう?」
(ちゃんと仕事をしてるの?)
「やっとうよ」
(しているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やっとこせ」があります。
これは「やっと」という意味です。
「やっとこせできたわ」
(やっと出来たよ)
という風に使われます。

やっとう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~のような という意味です。
「そんなやなきがした」
(そのような気がしました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やめく」があります。
これは「叫ぶ」という意味です。
「やめーたらひとがおりてきなった」
(叫んだら人が降りて来られた)
という風に使われます。

やな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弱々しい という意味です。
「もーあかんのか、やにこいやっちゃのー」
(もう駄目なのですか、弱々しい奴だなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やろこい、やらかい」があります。
これは「柔らかい」という意味です。
「このにく、やろこいなあ」
(この肉、柔らかいなあ)
という風に使われます。

やにこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~やろう という意味です。
「げーむやらーや」
(ゲームやろうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やりもって」があります。
これは「~やりながら」という意味です。
「こら、べんきょうやりもってげーむするな」
(こら!勉強やりながらゲームするんじゃない)
という風に使われます。

やらー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よね という意味です。
「あしたじゅぎょうないやんな」
(明日、授業無いよね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やんか、やん」があります。
これは「~ではないか、~ではないの」という意味です。
「あんたといっしょにえいがみにいったやん」
(あなたと一緒に映画を観に行ったじゃないの)
「そこにおいとったらえーやんか」
(そこに置いておいたらいいではないか)
という風に使われます。

やんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手ぬぐい という意味です。
「せんとうにいってくるで、ゆーてとってくれ」
(銭湯に行って来るので、手ぬぐいを取って下さい)
という風に使われます。

 

これが「ゆあげ」ですと「湯上りタオル」という意味です。
「ゆあげをわすれたらあかんで」
(湯上りタオルを忘れてはいけないよ)
という風に使われます。

ゆーて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介