HOME -> 茨城の方言 

あんなふうに という意味です。

 

「あーいになっちゃぁいやだべ?」
(あんなふうになったら嫌でしょう?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あーゆう」があります。
これは「あのような」という意味です。

 

「あーゆうごどばっかしやってではだめだど」
(あのような事ばかりしていたら駄目ですよ)

 

という風に使われます。

あーいに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんな という意味です。

 

「あーたどごさいぎてー」
(あんな所に行きたい)
「あーたどごっちゃどごだべ」
(あんな所ってどこのこと?)

 

という風に使われます。

 

これが「あーたごど」になると「あんな事」という意味です。

 

「あーたごどいづまでもきにしてんだねえよ」
(あんな事、いつまでも気にしなくていいんだよ)

 

という風に使われます。

あーた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(打撲などで出来た)青あざ という意味です。

 

「ぶっつげであおなじみになっちった」
(ぶつけて青あざになってしまった)
「ひざがあおなじみんなっちった」
(膝に青あざが出来てしまった)
「いだいだしいあおなじみだなや」
(痛々しい青あざですね)

 

という風に使われます。

あおなじみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下手糞の最上級の言葉です。

ものすごく下手糞、最高に下手糞 というような意味です。

 

「あそごのいしゃはあがっぺだだがらなおんねーべ」
(あそこの医者はものすごく下手糞だから治らないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あかっぽ」があります。
これは「土が強風によって舞い上がり空を赤く染める」という意味です。

あがっぺだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

赤く腫れ上がる という意味です。

 

「ひざのきずがあがむぐれんなった」
(膝の傷が赤く腫れ上がった)
「しでーあがむぐれだなやあ」
(ひどい腫れ方だね)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「あがまっかん」があります。
これは「真っ赤」という意味です。

 

「こどもがあがまっかんなかおしでないでだ」
(子供が真っ赤な顔して泣いていた)

 

という風に使われます。

あがむぐれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一生懸命、無我夢中 という意味です。

 

「ひがくれるまでにおやすぺどおもっであがむじゅうでやったんだ」
(日が暮れるまでに終わらそうと思って、一生懸命にやったんだ)
「なにあがむじゅになってんの」
(何、無我夢中になってるの?)

 

という風に使われます。

あがむじゅう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お上がりください、上がってください という意味です。

 

「うえにあがらっしょ」
(上に上がってください)
「えんりょなぐうぢにあがらっしょ~」
(遠慮なさらず我が家にお上がりください)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あがる」があります。
これは「開く」という意味です。

 

「かだくてあがんねーよ」
(固くて開かないよ)

 

という風に使われます。

あがらっしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

甘すぎる という意味です。

 

「このまんじゅうはあぐどいなあ」
(このお饅頭は甘すぎるね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あくだれ」があります。
これは「いたずら、悪さ」という意味です。

 

「きんじょのがきめがあくだれしでしゃーねんだわ」
(近所の子供が悪さをして、仕方が無いんです)

 

という風に使われます。

あぐどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① あのような という意味です。

 

「あげなごどゆってっとー」
(あのような事を言っていますよ)

 

という風に使われます。

 

② 赤い という意味です。

 

あげえ とも言います。

 

「あげみそがんまいだしだすんだ」
(赤い味噌が美味しいだしを出すんです)

「あげえふぐ」
(赤い服)

 

という風に使われます。

あげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

跨ぐ という意味です。

 

「ひどのうえをあごむな!」
(人の上を跨ぐな!)

という風に使われます。

 

同じような言葉では「あごいぐ」があります。
これは「飛び越える」という意味です。

 

「あなぼごあっからあごいでげー」
(穴が開いているから飛び越えて行きなさい)

 

という風に使われます。

あごむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暑い という意味です。

 

「きょーもあじいなあ」
(今日も暑いなあ)
「れんじつれんやあじいなあ」
(連日連夜暑いねえ)
「はーきょうはあじーいじんちだった」
(ああ、今日は暑い一日でした)
「あじがっだなあ、とけっとごだったぞ」
(暑かったねー、溶けるところだったよ)

 

という風に使われます。

あじい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あだまかり とも言います。

 

整髪する、床屋へ行く という意味です。

 

「ちべっとあだまはぎりさいってぐっかんな」
(ちょっと床屋へ行って来ますね)
「びんこのびちったなや、あだまはぎってくっぺ」
(もみあげが伸びたなあ、床屋に行って来よう)
「ぼさぼさだっぺ、あだまぁかってくっからよー」
(髪がボサボサだよ、散髪に行って来るからねー)

 

という風に使われます。

あだまはぎり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

髪の毛 という意味です。

 

「あだまのけがずいぶんのびだんじゃねーが」
(髪の毛が随分と伸びたんじゃない?)

 

という風に使われます。

 

これが「あだまのびた」だけでも「髪の毛が伸びた」という意味になります。

 

「あだまのびちったーはぎってこねーどな」
(髪の毛が伸びちゃった、散髪に行かないと)

 

という風に使われます。

あだまのけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あたると という意味です。

 

「ひにあだるとあったけえ」
(火にあたると暖かい)
「はしらにあだるといでえ」
(柱に当たると痛い)
「ふるぐなったもんにあだるどはらいでぐなる」
(古くなった物にあたると、お腹が痛くなる)

 

という風に使われます。

 

これが「あだりめ」になりますと「当たり前」という意味です。

あだると 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

有りますか という意味です。

 

「ほがになんかあっけ?」
(他に何か有りますか?)
「おれぁのぶんあっけ?」
(私の分は有りますか?)
「しょーゆあっけ?」
(醤油有りますか?)

 

という風に使われます。

 

これに対しての答えは「あっと」になります。
これは「ありますよ」という意味です。

 

「おらちにあっと、ちんとまっでろ」
(うちにありますよ、ちょっと待ってて)

 

という風に使われます。

あっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あそこ という意味です。

 

「おれぁ、あっこにはいったごどねーんだわ。こんどいってみっぺよ」
(私、あそこには行ったことが無いんです。今度行ってみましょうよ)
「ほれ、あっこにあっぺよ」
(ほら、あそこにあるでしょう)

 

という風に使われます。

あっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっためげーし、あっためがえし とも言います。

 

テレビの再放送 という意味です。

 

「このばんぐみあったまげーしだ」
(この番組は再放送です)
「あっためげーしもみのがしちったっぺよ」
(再放送も見逃してしまったよ)
「どらまほうそうしてっけど、あっためげーしだっぺ?」
(ドラマの放送しているけど、再放送だよね?)

 

という風に使われます。

あったまげーし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もったいない という意味です。

 

「そんなごどしだらあったらもんだな」
(そんなことをしたらもったいないじゃない)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「あったら」があります。
これは「あのような、あんな」という意味です。

 

「あったらおどごにはだまされんじゃねーど」
(あのような男には騙されるんじゃないですよ)
「あったらびょーきになっだらたいへんだっぺよ」
(あんな病気になったら大変ですよ)

 

という風に使われます。

あったらもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あづぼったい とも言います。

 

厚い という意味です。

 

「もうなづだっつーのにそーたあづっこいせーたーなんざきてんだねーど」
(もう夏だというのに、そんな厚いセーターなんて着てるんじゃないよ)
「そーたあづぼったいこーとはいまはきねーべ」
(そんな厚いコートを今は着ないでしょう)

 

という風に使われます。

あづっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あぱたぱ、あっぱたっぱ とも言います。

 

慌てふためく、どたばた、混乱する という意味です。

 

「きゅーにきゃぐきだもんだがら、あっぱとっぱしちったよ」
(突然お客さんが来たので、慌てふためいてしまったよ)
「おめーあんまりはえぐくっから、おらあっぱたっぱしっちゃたぺよ」
(あなたがあまりにも早く来るものだから、私慌てちゃったじゃないの)
「きゅーなことであっぱたっぱしちゃったよ」
(急なことでどたばたしちゃったわ)

 

という風に使われます。

あっぱとっぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

穴 という意味です。

 

「おめーそーたどごにあなぽごほっだらあぶいべーよ」
(あんた、そんな場所に穴を掘ったら危ないじゃないの)
「あめふっとすぐにみぢっぱだぁあなぼごだらげだあ」
(雨が降るとすぐに道端が穴だらけだ)
「とらっくがかーぶまがっからあなぼごだらげだ、あぶねーべ」
(トラックがカーブを曲がるから穴だらけなの、危ないよね)

 

という風に使われます。

 

また、「小さな穴」のことは「あなめど」と言います。

あなぼご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子に乗ってふざける という意味です。

 

「そんなにあばせでっとけがすっと」
(そんなに調子に乗ってふざけていると怪我するよ)
「そーたにあばせでばがりいで」
(そうやって調子に乗ってふざけてばかりいて)

 

という風に使われます。

あばせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おい、ねえ という意味で、促したり、ねだるときに使う話し言葉です。

 

「あよ、おめえ」
(おい、お前)
「あよ、かねくろよ」
(ねえ、お金ちょうだいよ)
「どっちがいいべ?あよ」
(どっちがいいかな?ねえ)

 

という風に使われます。

あよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歩いて という意味です。

 

「てんきがいいがらあるってぐべ」
(天気が良いので歩いて行きましょう)
「えぎまであるってくか」
(駅まで歩いて行こうか)
「ばすがくるまでじかんがあっがらあるってぐべ」
(バスが来るまで時間があるから歩いて行こう)

 

という風に使われます。

あるって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

呑気、安心、心配の無い様子 という意味です。

 

「おめげのむすめもはぁーかだづいだし、あんきなもんだっぺなあ」
(あなたの所の娘さんも嫁いだことですし、安心でしょうねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あんくれー」があります。
これは「あのくらい、あれくらい」という意味です。

 

「あんくれーのいがさだ」
(あれくらいの大きさだ)

 

という風に使われます。

あんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんにぃ とも言います。

 

兄、お兄さん という意味です。

 

「おめえのあんちゃんなにやってんだ」
(あなたのお兄さん何をされているの)
「あんにぃ~いっかー?」
(お兄さーん、居るのー?)

 

という風に使われます。

 

これが「姉」の場合は「あんね」になります・

 

「おらげのあんねがよぉ、こんだーよめにいぐんだとぉ」
(我が家の姉がね、今度お嫁に行くんだって)

 

という風に使われます。

あんちゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あれで、ああ見えて という意味です。

 

「あのむすめはあんでりょーりもうめえしかてーてぎなんだど」
(あの娘はああ見えて料理も上手だし家庭的なんですよ)

 

という風に使われます。

 

これが「あんでは」ですと「あれでは」という意味です。

 

「あんではよめさんがにげでっちまーのがわがっと」
(あれではお嫁さんが逃げてしまうのが分かるよ)

 

という風に使われます。

あんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子が良くない という意味です。

 

「さいぎんこしのあんべわりいなあ」
(最近、腰の調子が良くないなあ)
「おらぁあんべーわりーよー」
(私、調子が良くないの)
「からだぁあんべえわりいがらけえっから」
(体の調子が悪いので帰ります)

 

という風に使われます。

あんべわりい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あまり という意味です。

 

「あんましきがねーこどばだなや」
(あまり聞かない言葉ですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あんまりだっぺ」があります。
これは「非常識」という意味です。

 

「なんぼなんでもあんまりだっぺ」
(いくらなんでも非常識ですよ)

 

という風に使われます。

あんまし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいよ という意味です。

 

「こっちのとげーのほーがいいど」
(こちらの時計の方がいいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いがっぺ」があります。
これは「いいでしょう」という意味です。

 

「おれげのくるまがいがっぺ」
(うちの車は良い車でしょう)

 

という風に使われます。

いいど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いーどな とも言います。

 

良いですね、良いですよね という意味です。

 

「これたべでいーべ」
(これは食べても良いですね?)
「みちけーすかーとがいーどな」
(短いスカートが良いですよね)

 

という風に使われます。

 

これが「いーげ」ですと「良いですか?」という意味です。

 

「ちょっくらねでもいーげ?」
(少し寝ても良いですか?)

 

という風に使われます。

いーべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減 という意味です。

 

「いいやんべえなこどいってんじゃねえよ」
(いい加減な事を言ってるんじゃない)

 

という風に使われます。

 

これが「いいやんばい」になりますと「良い塩梅」という意味です。

 

「きにょうはいいやんばいだったけんど、きょうはだいだな」
(昨日は良い塩梅だったのですが、今日は駄目だね)

 

という風に使われます。

いいやんべえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいでしょう という意味です。

 

「おれげのくるまいがっぺー」
(我が家の車、いい車でしょう)
「こっちのほーをかっだらいがっぺぇ」
(こちらの方を買ったらいいでしょう)
「はぁーねだらいがっぺ」
(もう寝たらいいでしょう)

 

という風に使われます。

 

これが「いがった」ですと「良かった」という意味です。

 

「それはいがったいがった」
(それは良かった良かった)

 

という風に使われます。

いがっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行けない という意味です。

 

「あっこまではとーぐでとでもあるいではいがんね」
(あそこまでは遠くて、とても歩いては行けません)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いがんねぇー」があります。
これは「行かない」という意味です。

 

「どごさもいがねぇー」
(どこにも行かない)

 

という風に使われます。

いがんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

会う という意味です。

 

「ちょこっどともだぢといぎあってくっから」
(ちょっと友達と会ってくるね)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「いぎあわさる」があります。
これは「偶然人と会う、ばったり出くわす」という意味です。

 

「せんせーどあすこんとごでいぎあわさってよぉ」
(先生とあそこの場所で偶然出くわしてね)

 

という風に使われます。

いぎあう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意味が無い、仕様もない という意味です。

 

「そーたいぎもねーごどすんな」
(そんな仕様もないことするんじゃない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いぎすかねー」があります。
これは「好きではない、気に食わない」という意味です。

 

「いぎすかねーやづだな」
(気に食わない奴だな)

 

という風に使われます。

いぎもねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生きがいい、勢いがある という意味です。

 

「いぎよいよぐされっといでーがらそろーっともんでけろ」
(勢い良く揉まれると痛いのでそっと揉んで)
「なまもんはいぎよいほーがいべな」
(生ものは生きがいい方が良いよ)

 

という風に使われます。

 

逆の言葉は「いぎがわりい」です。
これは「元気が無い」という意味です。

いぎよい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意気地がない、勇気が無い という意味です。

 

「なーにおっかながってんだ?いぐじねえなあ」
(何を怖がってるの?意気地が無いわねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いごじわるい」があります。
これは「根性が曲がっている、へそ曲がり」という意味です。

 

「そーたごどしてっどこどもがいごじわるぐなるぞ」
(そんな事をしていたら、子供がへそ曲がりになるわよ)

 

という風に使われます。

いぐじね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いぐねえ とも言います。

 

良くない という意味です。

 

「そったらもんいぐねーよ」
(そんなもの良くないよ)
「そーたやすっぽいのいぐねーべよ」
(そんな安っぽいもの良くないでしょう)
「よ~ぐそんないぐねーどごさいぐね~」
(よくもそんな良くない場所へ行くよね)

 

という風に使われます。

いぐね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いごく とも言います。

 

動く という意味です。

 

「そっちのほーさいごいでいがないよーによーぐおさまえでおいでくれっけ?」
(そちらの方へ動かないように、よく抑えておいてくれますか?)
「なんかがいごいてんのげ?」
(何かが動いているの?)
「そーたいごぐもんちゃーなんだっぺ」
(そうやって動くものって何だろう)

 

という風に使われます。

いごぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

1(いち)という意味です。

 

「いじちかん、にちかん、さんちかん、よちかん、ごちかん・・・」
(1時間、2時間、3時間、4時間、5時間・・・)
「うんどーかいでいじばんだったどー」
(運動会で1番だったんだよー)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「いぎ」があります。
これは「駅」という意味です。

いじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いしけえ とも言います。

 

ボロボロの、オンボロ、ボロ という意味です。

 

「そーたいしけーのかっぽっちめー」
(そんなボロボロなもの捨ててしまえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いし」があります。
これは「電池」という意味です。

 

「このうでどけーのいしこーかんしてくれ」
(この腕時計の電池を交換してください)

 

という風に使われます。

いしこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いし とも言います。

 

おまえ という意味です。

 

「いしゃ、なにやってんだ?」
(おまえ、何やってるんだ?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いしゃらかす」があります。
これは「どかす」という意味です。

 

「そんどーぐいしゃらかせ」
(その道具をどかせ)

「おきゃぐさんくっがらはやぐいしゃらがせ」
(お客さんが来るから早くどかして)

 

という風に使われます。

いしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いじやげる、いっじゃげる とも言います。

 

頭にくる、腹が立つ、ムカムカする という意味です。

 

「ごじゃっぺやってっからいじやげで」
(いいかげんな事をしてるから腹が立つ)
「おめーいじやけんなあ」
(あんたムカつくね)
「むしさくわれちったーいじやげるー」
(蚊に刺されてしまった、頭に来るー)

 

という風に使われます。

いじやく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どけ という意味です。

 

「そごいしゃれ」
(そこをどけ)
「そうじんじゃまだがんちょべっといしゃれ」
(掃除の邪魔なので少しどけ)

 

という風に使われます。

 

これが「いしゃる」ですと「どいて」という意味です。

 

「おー、あいづがそごにすわっがらいしゃってやれ」
(あー、あいつがそこに座るからどいてやって)

 

という風に使われます。

いしゃれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

居るから という意味です。

 

「うぢにいっからよってくんちょ」
(家に居ますので来て下さい)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「いっか」があります。
これは「居るか?」という意味です。

 

「あんにぃーいっかー?」
(お兄ちゃーん居るかー?)

 

という風に使われます。

いっから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっける、いっけろ、えっける とも言います。

 

乗る、載せる という意味です。

 

「にもづはおれのけーとらにいっけっといでくれ」
(荷物は私の軽トラックに載せておいてください)
「ちょっとえぎまでいっけでってくれっか」
(ちょっと駅まで乗せていってもらえますか)

 

という風に使われます。

いっかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いってすける とも言います。

 

一緒に行く、ついて行く という意味です。

 

「かいもんにいってつけで」
(買い物に一緒に行ってくれますか)
「おめえもでぱーといってすけっか」
(あなたもデパートに一緒に行きますか?)

 

という風に使われます。

いってつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

互い違い、順不同、でたらめ、揃っていない という意味です。

 

二つのものが間違って互いに差し換わっている状態や
ただ単に交互に並んだ状態を指していうこともあります。

 

「ぼたんがいっちくだっちくだど」
(ボタンを掛け間違っていますよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっちごたっちご」があります。
これは「蟻地獄」という意味です。

いっちぐだっちく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっぴらう とも言います。

 

選別する、選り分ける、抜き取る という意味です。

 

「こやにあるいもいいどごいっぴろってもってげー」
(小屋にある芋、良い物を選別して持って行きなさい)
「はだけがらとってきだまめをいっぴらてばんめしにつかうべ」
(畑から取って来た豆を選り分けて晩御飯に使いましょう)

 

という風に使われます。

いっぴろう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっと とも言います。

 

居るじゃないか、居るよ という意味です。

 

「あっこにいっぺよ」
(あそこに居るじゃないのよ)
「そごにもいっぺ」
(そこにも居るよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっぺー」があります。
これは「たくさん」または「一杯」という意味です。

 

「そーたにいっぺーだされでもくいぎんね」
(そんなにたくさん出されても食べきれない)

 

という風に使われます。

いっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 痛い という意味です。

 

「おすどいでえよぉ、あおなじみできてんべえ」
(押すと痛いよー、青あざが出来てるでしょう)
「ふつがよいであだまがいでー」
(二日酔いで頭が痛い)
「はらがいでえ」
(お腹が痛い)

 

という風に使われます。

 

② 居たい という意味です。

 

「おめーどいっしょにいでえな」
(あなたと一緒に居たいなあ)

 

という風に使われます。

いでえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

指 という意味です。

 

「いびわなぐしちったみてーだな」
(指輪を失くしてしまったみたいだな)

 

という風に使われます。

 

また、”エビ”のことも「いび」と言う事があるようです。

 

似た言葉では「いびづ」があります。
これは「いびつ、でこぼこ」という意味です。

 

「このじゃがいもしたぎにいびづだな」
(このジャガイモ、随分とデコボコだね)
「いびづなのがんまいんだど」
(デコボコなのが美味しいんだよ)

 

という風に使われます。

いび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もっと、さらに という意味です。

 

「いまっとよごせ」

(もっとくれよ)
「いまっとはいぐはしれ!」
(もっと早く走りなさい!)
「いまっとそっちさよされ」
(もっとそっちに寄ってよ)
「いまっとまじめんなんねーど、いまにこーかいすんだど」
(もっと真面目にならないと、今に後悔することになるんだよ)

 

という風に使われます。

いまっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うわー酷い という意味です。

 

「いやれしてーしだらもこだらもねーわあ」
(うわー酷い~、もうどうにも出来ないじゃない)

 

という風に使われます。

 

逆の意味の言葉では「いーきび」があります。
これは「いい気味、ざまあみろ」という意味です。

 

「やろめいーきびだ」
(あいつめ、いい気味だ)

 

という風に使われます。

いやれしてー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いんべ、いぐべ、いんびゃあ とも言います。

 

行こう、行きましょう という意味です。

 

「そろそろいんかー」
(そろそろ行きましょう)
「もういっけんいんべよ」
(もう一軒行きましょうよ)
「ちょごっとのみにいんべ」
(ちょっと飲みに行きましょう)
「はやぐいんべよ」
(早く行こうよ)
「どうせきねがらはあいんびゃあ」
(どうせ来ないからもう行こう)

 

という風に使われます。

いんか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良いのではないですか、いいんじゃないですか という意味です。

 

「そーきまっだんならいんだねーげ?」
(そう決まったのなら良いのではないですか?)
「そんでいんだねーげ」
(それでいいんじゃないですか)
「どんなやりがたでもいーんだねーげ」
(どんなやり方でも良いのではないですか)

 

という風に使われます。

 

また、”いんだねーげ”は「居るんじゃないの?」のような場合にも使えます。

いんだねーげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらない、不要 という意味です。

 

「そーたもんいんねー」
(そんなものいらない)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「いぎもねー」があります。
これは「意味が無い、必要ない」という意味です。

 

「そんなたっけぇかいもんしえいぎもねーごど」
(そんな高い買い物必要ないでしょう)

 

という風に使われます。

いんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うーでもねえつーでもねえ とも言います。

 

返事がない、音沙汰がない という意味です。

 

「なんぼゆっても、うーでもつーでもねー」
(いくら言っても、音沙汰がない)

 

という風に使われます。

 

こういう人のことを「うさぎやろ」と言ったりします。
これは「だらしが無い人」という意味です。

うーでもつーでもねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

知らん振りする という意味です。

 

「うすっとぼげでねーでみっちりやれ」
(知らん振りしていないで、ちゃんとやりなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うすらさむい」があります。

これは「少し寒い」という意味です。

 

「ばんかだはうすらさむいがらはおっていげ」
(夕方はちょっと寒いから上着を着ていきなさい)

 

という風に使われます。

うすっとぼける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うすっぺれー とも言います。

 

薄っぺらい、薄い という意味です。

 

「うすっぴらいぱんつだごど~」
(薄っぺらいパンツですねー)
「そーだうすっぺらいふぐきでいっだらかぜひぐべ」
(そんな薄い服を着て行ったら風邪を引くじゃないの)

 

という風に使われます。

うすっぴらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

埋める という意味です。

 

「ますめをうずめる」
(マスの空欄を埋める)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うぢさくっけ」があります。
これは「家にいらっしゃい、家に来ませんか」という意味です。

 

「たぢばなしもなんだぁうぢさくっけ?」
(立ち話も何ですから、家に来ませんか?)

 

という風に使われます。

うずめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うっせー とも言います。

 

うるさい、うっとうしい という意味です。

 

「まったぐうっちゃしーくるまだ」
(全くうるさい車だ)
「くどくどうっちゃしなー、わがってるよ」
(くどくどとうるさいなあ、分かってるよ)
「このはえめうっせーな」
(このハエはうるさいな)
「うっせーやろーだなあ」
(うるさい奴だなあ)

 

という風に使われます。

うっちゃしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うっちゃっとぐ、うっちゃりぼっけ とも言います。

 

放っておく という意味です。

 

「そのへんさうっちゃっとぐべよ」
(その辺に放っておこうよ)
「あだしのごどいっつもうっちゃりぼっけにしておぐどどっかさいっちまうど」
(私のことをいつも放っていたら、どこかに行っちゃうよ)

 

という風に使われます。

 

これが「うっちゃりっぱなし」ですと「放ったまま」という意味です。

うっちゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

売りつけられる という意味です。

 

「まーだつがいもしねーもんをうっつけられっちまっだー」
(また使いもしない物を売りつけられてしまった)
「いんねもんいっぺーうっつけられだ」
(いらない物をたくさん売りつけられた)

 

という風に使われます。

うっつけられる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

茹でる という意味です。

 

「やーら、そばうででやっがら、はっこーな!」
(おまえたち、蕎麦を茹でてあげるから、早くおいでよ!)
「ちょごっとたまごをじゅっこばがりうでどいでくんねーげ」
(ちょっと卵を10個程茹でておいてくれませんか)

 

という風に使われます。

 

ちなみに”ゆで卵”のことは「うでたまご」と言います。

うでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(畑を)耕す という意味です。

 

「はーてとらくたーではだけをうなっかな」
(さて、トラクターで畑を耕そうかな)
「でーこんうえんで、はだけうなってきだど」
(大根を植えるから、畑を耕してきたよ)
「はだげうなうのはほねだなあ」
(畑を耕すのは大変だなあ)

 

という風に使われます。

うなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後ろ、後部座席 という意味です。

 

「ばいくのうらにのれや!」
(バイクの後ろに乗りなよ!)
「じでんしゃのうらにのっかってけよ」
(自転車の後ろに乗って行きなよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うらっぺ」があります。
これは「先端」という意味です。

うら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

上着 という意味です。

 

「きょうはあぢいがらうわっぱりはきていがなくてもいいべよ」
(今日は暑いから上着は着て行かなくてもいいでしょう)
「おめえうわっぱりうらげえちょだど」
(あなた、上着を裏返しに着ているよ)

 

という風に使われます。

うわっぱり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

美味しい、美味しいものを食べた時に言う言葉です。

 

「このなっとううんめぇ~なぁ」
(この納豆美味しいなあ!)

 

という風に使われます。

 

逆の言葉ですと「うんまがね」があります。
これは「美味しくない」という意味です。

 

「このらーめんうんまがね」
(このラーメン美味しくない)

 

という風に使われます。

うんめえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えっげえ、えっがい、いがい、いげえ とも言います。

 

大きい という意味です。

 

「いやーえがいうじだなあ」
(わー、とても大きなお宅ですねー)
「いがいおにんこだな」
(大きなおにぎりですね)
「いやぁ、えっがいさがなめがつれだよぉ」
(うわー、大きな魚が連れたよ~)

 

という風に使われます。

えがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えしこえ とも言います。

 

大した事がない、つまらない、ちんけな、よくない という意味です。

「こんなえしけーもんかってくんなよ」
(こんなつまらない物を買ってくるなよ)
「えしこえおもちゃだな」
(出来の悪いおもちゃだな)

 

という風に使われます。

えしけー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いら とも言います。

 

いっぱい、たくさん という意味です。

 

「けじえじしねえでまっとえっぺーくれよ」
(ケチケチしないでもっといっぱいくださいよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「うんと」があります。
これは「たくさん、比較して優れている」という意味です。

 

「こっちゃのなっとーのがうんとんめえがらうんとくってげ」
(こちらの納豆の方がずっと美味しいので、たくさん食べていって)

 

という風に使われます。

えっぺー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

犬 という意味です。

 

「うぢのえぬめはりごうだど」
(我が家の犬は利口ですよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「えぬっころ」があります。
これは「子犬」という意味です。

 

「えぬっころはかわいいどな~」
(子犬は可愛いよねー)

 

という風に使われます。

えぬめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えらぐ とも言います。

 

大変、たくさん、とても という意味です。

 

「えれぇかねもってんなやぁ」
(たくさんお金持ってるねえ)
「かじでえがやげだなんてえれぇこったなぁ」
(家事で家が燃えただなんて大変でしたね)
「あーえれぇがったなぁ、なー」
(うわー、大変だったなあ、ねえ)
「きょうもえらぐあづがった」
(今日もとても暑かったね)

 

という風に使われます。

えれえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えんとする とも言います。

 

(子供に対して)正座する という意味です。

 

「えんこしてみろ~」
(正座してごらん)
「ほらーここさえんとしなさい」
(ほら、ここに正座しなさい)

 

という風に使われます。

えんこする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家の中 という意味です。

 

「さみぐなってきだからえんなかさへーれ」
(寒くなって来たから家の中に入りなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「えんぴ」があります。
これは「スコップ」という意味です。

 

「えんぴでほる」
(スコップで掘る)

 

という風に使われます。

えんなか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鉛筆 という意味です。

 

「おれぁ、えんぺずわすれっちまった~。かしてくれっけ?」
(私、鉛筆を忘れてしまった。貸してくれる?)

 

という風に使われます。

 

これが「色鉛筆」のことは「えろいんぴづ」と言います。

 

「えろいんぴづでえーかいだんだげっともよ」
(色鉛筆で絵を描いたんだけどね)

 

という風に使われます。

えんぺず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おおがんまーし とも言います。

 

洪水、辺り一面水浸しの様子 という意味です。

 

「あっこのたんぼはひぐいがらちっとおーあめふっとおおみずまわしんなっちゃんだ」
(あそこの田んぼは低地だから、ちょっと大雨が降ると水浸しになってしまうんだ)
「きのーのたいふーでさとがわがおおがんまーしになってよ」
(昨日の台風で里川が氾濫しちゃってね!)

 

という風に使われます。

おおみずまわし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

起きなさい という意味です。

 

「いづまでねでんのそろそろおぎなんしょ」
(いつまで寝てるのよ、そろそろ起きなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おきむくれ、おきもくれ、おぎむっくり」があります。
これは「起きぬけ、起きてすぐ」という意味です。

 

「おぎむくれだがらしょぐよぐがねえ」
(起きてすぐだから食欲が無い)

 

という風に使われます。

おぎなんしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ください という意味です。

 

「このあめみっづどせんべんにめーおぐれー」
(この飴3個とお煎餅2枚くださーい)

 

という風に使われます。

 

② 奢ってください という意味です。

 

「さげおぐれよ」「やんだ」
(お酒を奢ってよ)(嫌だ)

 

という風に使われます。

おぐれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

移動する、運ぶ という意味です。

 

「つぐえをめえにおくってー」
(机を前に移動して)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おぐってくる」があります。
これは「見送る」という意味です。

 

「せめてげんかんまでおぐってきてくんねがなあ」
(せめて玄関まで見送ってくれないかなあ)

 

という風に使われます。

おくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おごご、おごうご とも言います。

 

お新香、漬物 という意味です。

 

「このおごごいーいいろにつかってんな」
(このお漬物、良い色に浸かっていますね)
「そのおごご、しょっぺーが?」
(その漬物、塩辛い?)
「きょうのおごうごうんめーな」
(今日の漬物美味しいなあ~)

 

という風に使われます。

おこーこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒られる という意味です。

 

「そーたごどしてっどおごらいっと」
(そんな事していると怒られますよ)
「そーだごとやってっとしまいにおごらいっと」
(そんなことしているとそのうち怒られるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おごりっぽ」があります。
これは「すぐに怒る人、怒りん坊」という意味です。

おごらいる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

教わる という意味です。

 

「よーぐおさーってこーよ」
(よく教えてもらって来なさいよ)
「よーぐおさーんねーどどーやっていっていーんだがわがんめーよ」
(よく教わらないとどうやって行けば良いのかわからないよ)

 

という風に使われます。

 

これが「おせーる」ですと「教える」という意味です。

 

「どーたいみかおせーてくろー」
(どんな意味か教えてください)

 

という風に使われます。

おさーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お洒落 という意味です。

 

「おしゃらぐしてどごさいぐの」
(お洒落しちゃってどこへお出かけですか?)
「あそごのむすめはおしゃらぐだなぁ」
(あそこの娘はお洒落さんだねー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おしゃんこ」があります。
これは「正座」という意味です。

おしゃらぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おじる とも言います。

 

降りる という意味です。

 

「つぎのえぎでおちる」
(次の駅で降りる)
「そごでばすおじできだ」
(そこでバスを降りてきました)
「おちたかたがしんでからおのりください」
(降りる方が降り終えてからお乗りください)
「えれべーたーがらおちる」
(エレベーターから降りる)

 

という風に使われます。

おちる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怖い という意味です。

 

「おれげのかーちゃんおっかねーんだ」
(うちの母親は怖いんですよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おっか」があります。
これは「妻」という意味です。

 

「おれげのおっかうっせーがら」
(うちの妻は口やかましいから)

「おっかはおっかねー」
(妻は怖い)

 

という風に使われます。

おっかない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっちょる とも言います。

 

折る という意味です。

 

「そのえだじゃまだがらおっかげ」
(その枝が邪魔だから折ってください)
「えんぴづおっちょれたのが?」
(鉛筆折れたの?)
「きのーはしごがらおぢてあしおちょれちったよ」
(昨日梯子から落ちて、足が折れちゃったよ)

 

という風に使われます。

おっかぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっこちる、おっこどす、おっこった とも言います。

 

落ちる、落ちた、落とす という意味です。

 

「あなぼごさおっこった」
(穴に落ちた)
「えんぴつがおっこちる」
(鉛筆が落ちる)
「そーたもぢがだしてっとおっこどすど」
(そんな持ち方をしているお落としますよ)

 

という風に使われます。

おっこる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

壊す という意味です。

 

「いしけーがらおっちゃした」
(ボロボロだから壊した)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おっちぬ」があります。
これは「死ぬ」という意味です。

 

「おれげのおんじひゃぐまでいぎたけどとーとおっちんだ」
(うちのおじさんは百歳まで生きたのだけど、とうとう死んでしまいました)

 

という風に使われます。

おっちゃす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

始める、開始する という意味です。

 

「そろそろおっぱじめっか」
(そろそろ開始しましょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おっとばす」があります。
これは「追い払う、追いかける」という意味です。

 

「ねごめおっとばいてやった」
(猫を追い払ってやった)

 

という風に使われます。

おっぱじめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

解き放つ、放す、逃がす という意味です。

 

「やっとつかめだんだげどかえーそーだがらおぱなしてやった」
(やっとの事で捕まえたのだけど、可哀相なので逃がしてあげました)
「いぬめはおっぱなしておがねでちゃんどつないでおげ」
(犬は放し飼いしないで、きちんと繋いでおきなさい)

 

という風に使われます。

おっぱなす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

広げる という意味です。

 

「かったもんをおっぴろげるのはえさけえってがらにすんだど」
(買った物を広げるのは家に帰ってからにしなさい)
「こーたもんをおっぴろげどぐのはけえってがらにすんだど」
(こうやって門を広げておくのは帰ってからにしなさい)
「でんしゃんながでしんぶんおっぴろげる」
(電車の中で新聞を広げる)

 

という風に使われます。

おっぴろげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっくり返す という意味です。

 

「ふどん、ひあだるよーにたまにはおっぺげーしとげ」
(布団は陽が当たるように時々引っくり返しておいて)
「おっぺーげーしがでーじだぞ」
(引っくり返すことが大事だよ)

 

という風に使われます。

おっぺげーす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

押す という意味です。

 

「あー、ここおっぺすのか」
(へぇ、ここを押すのか)
「わりーけど、ちっとくるまおっぺしてくろ」
(申し訳ないのですが、少し車を押してもらえませんか)

 

という風に使われます。

 

これが「おっぺしこむ」ですと「押し込む」という意味です。

 

「これたんすさおっぺしこんどいて」
(これ、タンスに押し込んでおいて)

 

という風に使われます。

おっぺす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おづよ、おづけ、おつけ とも言います。

 

味噌汁 という意味です。

 

「うんーめえおつよだなあ」
(とても美味しいお味噌汁ですね~)
「きょうはおづよがねーのげ?」
(今日はお味噌汁が無いの?)
「あさめしにはおづげがねーとな」
(朝食には味噌汁が無いとね)
「ごはんにおつけはつきもんだ」
(ご飯にお味噌汁はつきものだ)

 

という風に使われます。

おつよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

男の子 という意味です。

 

「あそごのきょーだいはおどごっこばっかしぞっくりそろってんだ」
(あそこの家の兄弟は全員男の子ばかりそろっているんだよ)

 

という風に使われます。

 

これが「おどごてー」になりますと「男性達」という意味です。

 

「そーたちがらしごどはおどごてーにやってもらえ」
(そんな力仕事は男性陣にやってもらいなさい)

 

という風に使われます。

おどごっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

子守 という意味です。

 

「まごのおどもりはくたびれでー」
(孫の子守をするのは疲れます)

 

という風に使われます。

 

これが「おどめ」で「赤ん坊、赤ちゃん」という意味です。

 

「おめげでおどめうまれだのげ?」
(お宅で赤ちゃん生まれたの?)

 

という風に使われます。

おどもり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おにぎり、おむすび という意味です。

 

「べんとうはおにんこだ」
(お弁当はおにぎりです)
「おにんこくうんか?」
(おにぎり食べるの?)
「おにんこもっでえんそくいぐど」
(おにぎりを持って遠足に行くよ)

 

という風に使われます。

おにんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おばんです、おばんかた とも言います。

 

こんばんは という意味です。

 

「みなさんおばんかだです」
(皆様、こんばんわ)

 

という風に使われます。

 

厳密には「こんにちは」と「こんばんは」の間に存在します。
夕方の薄暗いときの挨拶です。

おばんかだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からかう という意味です。

 

「おやをおひゃらがすんだねー!」
(親をからかうんじゃないよ!)
「おひゃらがすのもいーがげんにしろ」
(からかうのもいい加減にしないか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おそべえ」があります。
これは「甘ったれる、駄々をこねる」という意味です。

 

「おそべえしたってかってやんねぞ」
(駄々をこねたって買ってあげませんよ)

 

という風に使われます。

おひゃらがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おまえ という意味です。

 

「おめーのこどだ!」
(おまえのことだ!)

 

という風に使われます。

 

これが「おめげ」になりますと「おまえの家」という意味です。

 

「おめげのたんぼはいいこめとれんな」
(あなたの家の田んぼは良いお米がとれますね)

 

という風に使われます。

おめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

思いのほか という意味です。

 

「あのやろっこはでぶだでどおめのかかけあしがはええど」
(あの男の子は太っているけど、思いのほか駆け足が早いよ)
「おめのかはがいがねもんだな」
(思いのほかはかどらないものだね)

 

という風に使われます。

おめのか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面白い という意味です。

 

「このげーむいやおもしーな」
(このゲームは面白いですね)

 

という風に使われます。

 

これが「おもしろじく」ですと「面白がって」という意味です。

 

「おもしろじぐに、いじぐんねで、はぁ、やめだらがっぺ」
(面白がって、いじってないで、もう、やめなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おもちゃんこ」があります。
これは「おままごと」という意味です。

 

「おもちゃんこやっぺよー」
(おままごとしようよ~)

 

という風に使われます。

おもしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おもしくねー とも言います。

 

面白くない という意味です。

 

「なんだっぺーおもしかねーてれびだ」
(なんでしょう、面白くないテレビです)
「せっがぐきだのにしとっつもおもしくねーべよ」
(せっかく来たのに何一つ面白くないじゃないか)
「なげえじんせーおもしかねーごどもあっぺ」
(長い人生、面白くない事もあるだろう)

 

という風に使われます。

おもしかねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっら とも言います。

 

私 という意味で、主に高齢の男女が使います。

 

「おら、くたびれた~」
(私、疲れたー)
「おっらしんねーど」
(私は知りませんよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おらほ」があります。
これは「私のところ、私の地方」という意味です。

おら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おれげ、うちげ とも言います。

 

自宅、我が家 という意味です。

 

「おらげのてーらでたしは」
(我が家の家族は出かけました)
「おれげはよるはええどくじにはねっちまーがら」
(私の家は夜早いよ、9時には寝てしまうから)
「うちげではそれがあだりめだっぺ」
(我が家ではそれが当然です)

 

という風に使われます。

おらげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おれがの、おれがな とも言います。

 

自分から、自分のもの という意味です。

 

「んじゃ、おれがんとぶがら」
(それじゃあ、私から飛ぶから)
「わすれでんのだれだー?あ、おれがんだ!」
(忘れてるの誰だ?あ、俺のだ!)
「あ、そのしーでぃーおれがの」
(あ、そのCD、私の)
「んだがら、そのじでんしゃおれがなだっぺ」
(だから、その自転車は私のものだってば)

 

という風に使われます。

おれがん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

召し上がれ、さあ食べましょう という意味です。

 

「そんてなのはうっちゃいといてはやぐごはんおわいなんしょ」
(そんなことは放っておいて、早くご飯を召し上がれ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おもったがら」があります。
これは「大変だから、危ないから」という意味です。

 

「てきっだらおもったがら」

(手を切ったら大変だから)

 

という風に使われます。

おわいなんしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おやす、おわっしゃう とも言います。

 

終わらせる という意味です。

 

「くたびれだがらさっさどおわすべ」
(疲れたからさっさと終わらせましょう)
「あしたはあめっぷりになりそうだがらきょうじゅうにおやすべ」
(明日は雨降りになりそうだから今日中に終わらせましょう)
「しごどおわしっちまうがらちょごっとまってでくれっけ~?」
(仕事を終わらせてしまうので、少し待っててもらえますか?)

 

という風に使われます。

おわす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんつぁま とも言います。

 

叔父、伯父さん という意味です。

 

「あれはおれげのおんじだ」
(あの人は私の叔父さんです)
「おらげのおんつぁますこーしこしわずらってにゅーいんしてんだわ」
(うちの伯父さん少し腰を痛めて入院しているの)

 

という風に使われます。

おんじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追い出す という意味です。

 

「やちんはらえなぐってええおんだされっちゃうよ」
(家賃が払えなくて家を追い出されてしまうよ)
「よっぱらってきたがらおんだしてやった」
(酔ってきたので追い出してやりました)
「おれぁ、かぁちゃんにえをおんだされっちまっていぐどごねーんだぁ」
(俺、奥さんに家を追い出されてしまって行くところがないんだ)

 

という風に使われます。

おんだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっさん、おっちゃん、おじさん、のんびりしている人 という意味です。

 

「あのええのおんつぁんごうじょっぱりでかなわねえ」
(あの家のおっさん、強情で困る)
「あれはおんつぁんだがら、あでになんねーよ」
(あれはのんびりしてる人だから当てにならないよ)

 

という風に使われます。

 

これが「おじんつぁま」ですと「おじいさん」という意味です。

 

「おじんつぁまにでっかした」
(おじいさんに出会った)

 

という風に使われます。

おんつぁん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

女の子 という意味です。

 

「もこうさいるおんなっこちゃーみんぐだど~」
(向こうにいる女の子はチャーミングだねー)

 

という風に使われます。

 

これが「おんなてー、おんなんて」になりますと「女性たち」という意味です。

おんなっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんのめる とも言います。

 

埋まる、落ちる という意味です。

 

「どぶさおんのまってえらいめにあった」
(ドブに落ちてしまって酷い目に遭ってしまった)
「おんのめっちゃねーよーにきいつげろ」
(落ちないように気をつけなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うんのめった」があります。
これは「泥などにはまった」という意味です。

おんのまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おん とも言います。

 

俺、私 という意味です。

 

「おんらにもくんろ」
(私にもください)
「おんらはそったゆいがだしねーど」
(俺はそんな言い方しないよ)
「おんのせーにすんな!」
(俺のせいにするな!)

 

という風に使われます。

 

”おんら”は複数形で使われることもあるようです。

おんら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

買う という意味です。

 

「こーたたげえさげかーのげ?」
(こんなに高いお酒を買うんですか?)
「かまめー、かーべよ」
(構わないよ、買おうよ)
「とーちゃんのかねだしかまめーよ、かーべかーべ」
(お父さんのお金だし構わないよ、買おう買おう)

 

という風に使われます。

かー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かぎまーし とも言います。

 

炊事 という意味です。

 

「かきまわしもたいへんだっぺ」
(炊事も大変です)
「うぢさけーってかぎまーししねーげ」
(家に帰って炊事しなくちゃ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「がだげ」があります。
これは「御椀一杯分、食事一回分」という意味です。

 

「そんじゃげあれば、ひとがだげぶんぐれぁーあっぺ」
(それだけあれば食事一回分ぐらいあるだろう)

 

という風に使われます。

かきまわし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がぎめら とも言います。

 

子供たち という意味です。

 

「がぎめらがいっぺーいでうっさぐて」
(子供たちがたくさんいて騒々しくって)
「このがぎめら!くるまのめえでどーちぼーるすんな」
(この子供たちが!車の前でドッヂボールするんじゃない)
「わるさすんなこのがぎめ」
(悪戯するんじゃない、この子供たちめ)

 

という風に使われます。

がぎめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かげらっしょ とも言います。

 

お掛けください という意味です。

 

「どうぞかけらっしょ~」
(どうぞ椅子にお掛けください)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「がす」があります。
これは「ございます」という意味の丁寧な言い方です。

 

「そーでがすねえ」
(そうでございますねえ)

 

という風に使われます。

かけらっしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手荒に扱う という意味です。

 

「がしょおぎにやっだら、こわれっちまあべよ」
(手荒に扱ったら、壊れてしまうじゃないか)
「こーたのはがしょおぎでいんだよ」
(こんなものは手荒に扱っていいんだよ)

 

という風に使われます。

がしょおぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かぶれる という意味です。

 

「やまさいったっけがうるしにかせっちまってえれーごどんなっちまったっぺよ」
(山に行ったら漆にかぶれてしまって大変なことになってしまったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かせー」があります。
これは「加勢」という意味です。

 

「んじゃおめにかせーすっぺ」
(それじゃあ、あなたに加勢するよ)

 

という風に使われます。

かせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片方、もうひとつの という意味です。

 

「かだいっぽのめがしりょぐおちちってこまっちってよ」
(片方の目の視力が落ちてしまって困っちゃったよ)
「かだいっぽにかだまってる」
(片方に固まっている)
「かだいっぽのくづしだがめっかんねーど」
(靴下の片方が見つからないの)

 

という風に使われます。

かだいっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かだつける とも言います。

 

片付ける という意味です。

 

「ぶっちらがってっからかだすぺ」
(散らかっているので片付けましょう)
「そごらじゅうぶっちらがしてねーでとっとどかだしっちめ」
(その辺一面に散らかしていないで、さっさと片付けなさい)
「ちゃ~んとかだしとげば、どっかいっちゃうなんつごどもねぐなんだよ」
(きちんと片付けておけば、どこかに行ってしまうなんてことは無くなるんだよ)

 

という風に使われます。

かだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食べる という意味です。

 

「いそがしいがらいそいでかっくらってきだ」
(忙しいので急いで食べてきました)
「あいづうまそーにおちゃづけかっくらうよなあ」
(あいつ、美味しそうにお茶漬けを食べるよねー)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「かっこむ」があります。
これは「かき込む」という意味です。

 

「そーたいっぺんにかっこんだらのざぐど」
(そうやって一度にかき込むと咽るよ)

 

という風に使われます。

かっくらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

殴る という意味です。

 

「わるさしてっからかくらしてやっだ」
(悪いことをしているから殴ってやったんだ)
「おめえそーたわるさばっがししてっどかっくらすぞ」
(おまえ、そんな悪さばかりしていると殴るよ)

 

という風に使われます。

かっくらす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっつぁく、かっちゃぐ、かっちぎる とも言います。

 

(爪などで)引っ掻く という意味です。

 

「かんめにくわれたんでかいぐてかっちゃいだ」
(蚊に刺されたので、痒くて引っ掻いちゃった)
「よぐよぐかっちぎられっちまった~」
(めちゃくちゃ引っ掻かれてしまったー)

 

という風に使われます。

かっちゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっちゃす とも言います。

 

散らかす という意味です。

 

「そーたにかっちらがしてねーでさっさどかだづけねーが?」
(そうやって散らかしていないで、さっさと片付けなさいよ)
「あんましかっちらがすんだねーよ」
(あんまり散らかすんじゃないよ)

 

という風に使われます。

かっちらがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かすける とも言います。

 

責任をなすりつける、責任転嫁する という意味です。

 

「じぶんでやったごどはしとにかっつけねーでじぶんでせぎにんとんねーどだめだっぺ」
(自分でやった事は人に責任をなすりつけないで、自分で責任を取らないと駄目だろう)
「おめしとにかすけんのやめろ!」
(あんた責任転嫁するのやめなさい!)

 

という風に使われます。

かっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

吹き払う、掻き出す という意味です。

 

「すげーざっつぁぶりでわいぱーでいぐらかっぱいでもめえがめえねえよ」
(すごい大雨で車のワイパーでいくら吹き払っても前が見えませんよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かったてる」があります。
これは「かきたてる」という意味です。

 

「はいをかったてんなよ」
(灰をかきたてるんじゃない)

 

という風に使われます。

かっぱいる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

剥がす という意味です。

 

「このねごめ、かべかっぺがしちゃって」
(この猫ったら、壁を剥がしてしまって)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かっぺづる」があります。
これは「削る」という意味です。

 

「かっぱぐ」になりますと「むしり取る」という意味です。

 

「いづまでもねでっとふとんかっぱくぞ」
(いつまでも寝てると布団をむしり取るよ)

 

という風に使われます。

かっぺがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる、放る という意味です。

 

「そーたいしけーのかっぽれ」

(そんなオンボロ捨てなさい)
「そごらさかっぽっとげ」
(その辺に放っておきなさい)
「かっぽりっぱなしにすっとなぐなっちまーど」
(放ったままにしていると無くなってしまうよ)
「おれぁのごどかっぽりなげるきが?」
(私のことを放り捨てるつもり?)

 

という風に使われます。

かっぽる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

角、角のところ という意味です。

 

「つぐえのかどっこにあだまぶつけっといだいがらはしりまわんだね」
(机の角に頭をぶつけると痛いから、走り回るんじゃない)
「そごのかどっこまがってすぐのええがおれげだわ」
(そこの角を曲がってすぐの家が私の家です)

 

という風に使われます。

かどっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鞄(カバン)という意味です。

 

「がばんもってこーよ」
(鞄を持ってきて)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かえらんばん」があります。
これは「回覧板」という意味です。

 

「おばちゃんかえらんばんおねがいねー」
(おばちゃん、回覧板お願いね)

 

という風に使われます。

がばん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かまめー とも言います。

 

構わない、いいだろう という意味です。

 

「かまめ、つぎのびんまてや」
(構わないよ、次の便まで待ちなさいよ)
「そーたにおごんなくてもかまめーよ」
(そんなに怒らなくてもいいじゃないか)

 

という風に使われます。

かまめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

盗む、人のものを勝手に取ること、万引きする という意味です。

 

「おめ、あすこのとまどがめでこい」
(おまえ、あそこのトマト盗んで来い)
「こら!なにがめでんだ!」
(こら!何盗んでいるんだ!)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「かっぱらい」があります。
これは「泥棒」という意味です。

がめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からっきし とも言います。

 

全然、てんで という意味です。

 

「おれのてんすうが?からっきしだ~」
(私の点数のこと?全然(駄目)だよ~)
「きょーのぱぢんこはからっきしだめだったよ」
(今日のパチンコはてんで駄目だったよ)

 

という風に使われます。

からきし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

空(カラ)、何も無い という意味です。

 

「こねーだうぢりょこうにいっちまったもんでさいふんながからっけづだ」
(この間、我が家は旅行に行ってしまったので財布の中が空だよ)
「くるまのがそりんからっけづでどこだもいげねえ」
(車のガソリンが空でどこにも行けない)

 

という風に使われます。

からっけづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かーぺ とも言います。

 

皮 という意味です。

 

「りんごのかわっぺはくえっげどばななのかわっぺはくえねーな」
(リンゴの皮は食べられるけど、バナナの皮は食べられないね)
「いものかーぺむけよ」
(お芋の皮むいてよ)

 

という風に使われます。

かわっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 可愛い という意味です。

 

「かんか、かんか」
(よしよし、良い子だ良い子だ)

 

という風に使われます。

 

② 髪の毛 という意味です。

 

「かんかはぎりにいってこ」
(髪の毛を切りに行ってきなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かんぱ」があります。
これは「火傷」という意味です。

 

「かんぱする」
(火傷をする)

 

という風に使われます。

かんか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大勢で という意味です。

 

「がんごーずれでくーどうんめぇなあ」
(大勢で食べると美味しいよね~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かんつかねー」があります。
これは「考えることが出来ない」という意味です。

 

「なんもかんつかねー」
(何も考えることが出来ないよ)

 

という風に使われます。

がんごーずれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

半生に炊き上がったご飯、よく炊けていない硬いご飯 という意味です。

 

「だめだこれぁうまぐねえな、がんだめしになっちった」
(このご飯はダメです、美味しくないね、半生に炊き上がっちゃった)
「まちがっでほおんすいっちおしてがんだめしつぐった」
(間違って保温のスイッチを押して硬いご飯を作ってしまった)

 

という風に使われます。

がんだめし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がんどねご、がんどうねご とも言います。

 

野良猫 という意味です。

 

「きしょ!このがんど!ち、ち、ち」
(畜生!この野良猫め!しっしっ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「がんどきらして」があります。
これは「不良っぽいことをして」という意味です。

 

「あそごのせがれはがんどきらしてしゃーねーな」
(あそこの息子は不良っぽいことをして仕方が無いな)

 

という風に使われます。

がんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頭 という意味です。

 

「そーたかんぶりふってっときもぢわるぐなっと」
(そんなに頭を振っていると気持ちが悪くなりますよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「がんがら」があります。
これは「空き缶」という意味です。

 

「きょうはがんがらのひだぞ」
(今日は空き缶(不燃物)の日だぞ)

 

という風に使われます。

かんぶり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんまーす、かんまわす とも言います。

 

掻き回す、掻き混ぜる という意味です。

 

「ふろよぐかんまーしたけ?」
(お風呂、よく掻き混ぜましたか?)
「もっとよーぐかんませ」
(もっとよく掻き混ぜてください)
「あずぎにてんのをかんまさねーどこげっちまーべ」
(小豆を煮ている時は掻き回さないと焦げてしまうよ)

 

という風に使われます。

かんます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蚊 という意味です。

 

「かんめにくわれでかいくてしょーねー」
(蚊に刺されてとても痒くて仕方が無い)

 

という風に使われます。

 

”大きい蚊”のことは「ががんぼ」と言います。

 

似た言葉では「かえるこんぼ」があります。
これは「おたまじゃくし」という意味です。

 

「かえるこんぼがおよいでんな」
(おたまじゃくしが泳いでるね)

 

という風に使われます。

かんめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きさむぐ とも言います。

 

気持ちが悪い、吐きそう という意味です。

 

「ぶだめのおんこくせーからきさむくなぁ」
(豚の糞が臭くて気持ちが悪くて吐きそうだよ)
「がらすんうえをぷらすちっくでこすんのはきさむぐだよぁー」
(ガラスの上をプラスチックで擦られると気持ち悪いよね~)

 

という風に使われます。

きさむく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きしょめ、きしょう とも言います。

 

ちくしょう という意味です。

 

「これでがすぎんなきしょ、きしょめ、いじやげんな」
(これは大きすぎるな、ちくしょうめ、本当に腹が立つ)
「きしょう、くるまとめどいだらきずつけらいちゃったよ」
(ちくしょう、車を停めておいたら傷つけられてしまったよ)

 

という風に使われます。

きしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

神経質 という意味です。

 

「おめはほんときせやみだなあ」
(あんたは本当に神経質ですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きかない」があります。
これは「強情、気が強い」という意味です。

 

「やづはきかねーむすめだ」
(あの子は気が強い娘だ)

 

という風に使われます。

きせやみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かったぎる とも言います。

 

切る という意味です。

 

「そんはりがねながすぎっからきっとばっしゃあがら」
(その針金は長すぎるので切ってしまいますから)
「うらのはだげにかったぎったいもがらかっぽってあっからもってげ」
(裏の畑に切った芋がらがあるから持って行きなさい)

 

という風に使われます。

きっとばす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

転寝 という意味です。

 

「そーたどごできどころねしてっとかぜひぐど」
(そんな所で転寝していると風邪を引きますよ)
「きどごろねすっときもぢがいいべ」
(転寝すると気持ちが良いね)
「おめえきどころねすっとかぜひぐど」
(あなた転寝していると風引くわよ)

 

という風に使われます。

きどころね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きびしょ とも言います。

 

急須 という意味です。

 

「そごのきびっちょとってけろ」
(そこの急須を取ってください)
「おぢゃいれっぺどおもっのにきびしょみづかんねえ、どごもってたんだ」
(お茶を入れようと思うのに急須が見つからない、どこに持って行ったの?)

 

という風に使われます。

きびっちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぎっくり腰 という意味です。

 

「いででで、きやりごしやっちったよ」
(いたたた、ぎっくり腰になってしまったよ)
「きやりごしやってっがら、おもいもんもでねーんだよ」
(ぎっくり腰になっているので、重い物を持てないんです)
「きやりごしなっただぁ、もうなんももでね」
(ぎっくり腰になったよー、もう何も持てない)

 

という風に使われます。

ぎやりごし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きーろ とも言います。

 

黄色 という意味です。

 

「きゅーろいかんそいもがうめんだ」
(黄色い干し芋が美味しいんです)
「きーろいさぐらんぼー」
(黄色いさくらんぼ~)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「きみどりい」があります。
これは「黄緑色の」という意味です。

 

「きみどりいくるまがいいなあ」
(黄緑色の車がいいなあ)

 

という風に使われます。

きゅーろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

来る という意味です。

 

「こんだぁいづきれんだ?」
(今度はいつ来れるの?)
「なんだっぺ~、こーたにまってんのにきねぐって」
(なんでしょう、こんなに待っているのに来なくて)
「あのやろーまだきねーのが、なにやってんだっぺ」
(あの野郎、まだ来ないのか、何をやっているんだ)

 

という風に使われます。

きる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

”綺麗”ではありません。

 

嫌い という意味です。

 

「あんちゃんなんかきれーだ」
(お兄ちゃんなんて嫌いだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きーだ」があります。
こえは「困る」という意味です。

 

「えや、きーだよ、やんねばよがったよ」
(いやー困ったよ、やらなければ良かったよ)

 

という風に使われます。

きれー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

来るな という意味です。

 

「あぶねぇがらこっちさきんな」
(危ないからこっちに来るな)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「きんなる」があります。
これは「気になる」という意味です。

 

「このき なんのき きんなるき」
(この木 何の木 気になる木)

 

という風に使われます。

きんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食い意地が張っている という意味です。

 

「おめくいぢだなあ」
(あなたは食い意地が張っているね)

 

という風に使われます。

 

これが「くいぢらかす」で「食べ散らかす」という意味です。

 

「おめーらせんべんをくいぢらかしてんだねーぞ」
(あんた達、お煎餅を食べ散らかすんじゃないよ)

 

という風に使われます。

くいぢ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ごと、~も一緒に という意味です。

 

「さらぐしくうんじゃねえぞぉ~」
(皿ごと食べるんじゃないよ~)
「そんふぁいるぐしてんそーしてくれっけ」
(そのファイルも一緒に転送してくれますか)

 

という風に使われます。

ぐし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くだけ、きたげ とも言います。

 

唾 という意味です。

 

「みぢさくだぎぽぎだすんだねーよ」
(道路に唾を吐き出すんじゃないよ)
「くだけがでだ~」
(唾が出た~)
「きたげなんでわざととばすのよ、きったねーな」
(唾をなんでわざと飛ばすの?汚いなあ)

 

という風に使われます。

くだぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くっちゃび とも言います。

 

蝮(マムシ)という意味です。

 

「あそごのぼさいぐど、くぢはびにくっつがれっからきょーつけろー」
(あそこの方へ行くと、マムシに噛みつかれるから気をつけなさい)
「くぢはびにくいづがれだ」
(マムシに噛みつかれた)
「くっちゃびはきれーだぁ」
(マムシは嫌いだ~)

 

という風に使われます。

くぢはび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口の減らない という意味です。

 

「こんがぎゃーくぢむそいごどぉー」
(この子ったら、口が減らないんだから!)

 

という風に使われます。

 

”むそい”で、嫌悪感を示す言葉になります。
「くぢ(が)むそい」
つまり、言うことが卑しい(言わなければいいのに)ということですね。

くぢむそい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食いちぎる という意味です。

 

「そーたもんいっくらでもくっきれっぺ」
(そんなものいくらでも食いちぎれるだろう)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「くっちゃす」があります。
これは「噛み砕く」という意味です。

 

「さがなのほねなんぁくっちゃしっちめーばいーべよ」
(魚の骨なんか噛み砕いてしまえばいいじゃないか)

 

という風に使われます。

くっきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食べて寝て食べて寝て という意味です。

 

「そんなくっちゃねくっちゃねしてっどうしんなっと」
(そんな食べて寝て食べて寝てをしていると牛になるよ)
「くっちゃねくっちゃねしでばがりいっがらこえちゃんだぞ」
(食べて寝て食べて寝てばかりしてるから太るんだよ)

 

という風に使われます。

くっちゃねくっちゃね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしゃべりする という意味です。

 

「くっちゃべってべえいねーでしごどしろ」
(おしゃべりばかりしていないで仕事しなさい)
「そーたくっちゃべってねーでさっさとやれ」
(そうやってしゃべっていないでさっさとやりなさい)

 

という風に使われます。

くっちゃべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

噛み付く という意味です。

 

「となりのいぬめにくっつがれだ」
(隣の犬に噛み付かれた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くっつかる」があります。
これは「貼りつく」という意味です。

 

「くっつかってんのむぐるのぁてーへんだど」
(貼りついているのを剥がすのは大変だよ)

 

という風に使われます。

くっつぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげる という意味です。

 

「そーだもんでよげりゃあ、おめーにくれてやるわ」
(そんな物で良ければ、あんたにあげるわよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くれぇ」があります。
これは「暗い」という意味です。

 

「ちっとくれーなぁ、でんきはどごだっぺ」
(ちょっと暗いねえ、電気はどこだろうか)

 

という風に使われます。

くれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ください という意味です。

 

「いいなそれ、おれにくろ」
(それ良いですね、私にください)

 

という風に使われます。

 

② 田んぼの畦 という意味です。

 

「まんずくろかぎしねーとなー」
(まずは田んぼの畦を作らないとねえ)

 

という風に使われます。

くろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぽぎだす とも言います。

 

口から物を吐き出す という意味です。

 

「あんまりまじいがらくんだしちゃっだよ」
(あまりにも不味いので吐き出しちゃったよ)
「のざいたのでくんだした」
((長いものを飲み込もうとして)オェっとなって吐き出した)

 

という風に使われます。

くんだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一気に飲み込む、飲み込む という意味です。

 

「このいぐすり、にげえがらはやぐくんのめ」
(この胃薬は、苦いから一気に飲み込んじゃえ)
「ごはんはよーぐかんでくんのめよ」
(ご飯はよく噛んで飲み込みなさいよ)
「あんまりいそいでくんのむどのざぐど」
(あまり急いで飲み込むと喉に詰まるよ)

 

という風に使われます。

くんのむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くんちょ、くろ とも言います。

 

ください、してください という意味です。

 

「かんべんしてくんろー」
(勘弁してください)
「すこしっぱがしだげど、たべでみでくんちょ」
(少しばかりですが、食べてみてください)
「かねくんちょ」
(お金ください!)

 

という風に使われます。

くんろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ですか?、~か? という意味です。

 

「げんきけー?」
(お元気ですかー?)
「そーじなんちゃしできょーはだれがくんのけ?」
(掃除なんてしちゃって、今日は誰か来るのですか?)

 

という風に使われます。

 

これが「けぇーど」になると「みぢ」という意味です。

 

「そごのけぇーどまがって」
(そこの道を曲がって)

 

という風に使われます。

け 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~家 という意味です。

 

「そこをまっつぐいぐとさどーさんげだ」
(そこを真っ直ぐ行くと佐藤さんの家です)

 

という風に使われます。

 

② ~自身 という意味です。

 

「あー、それ、うぢげでやっとぐからよ」
(あら、それはこちらでやっておきますので)

 

という風に使われます。

げ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痒い という意味です。

 

「けづっぺたもけづめどもけー」
(お尻も肛門も痒い~)
「そんなにけーのが?」
(そんなに痒いの?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けーす」があります。
これは「返す」という意味です。

 

「そのゆびわきにいらながっだらけーすにけーしてくろな」
(その指輪が気に入らなかったらケースに返してね)

 

という風に使われます。

けー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つまらない という意味です。

 

「そーたてれびみだってげぇーもねえ」
(そんなテレビを見てもつまらない)
「げえーもねえごどゆうな」
(つまらないことを言うんじゃない)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「げさぐ」があります。
これは「格好悪い」という意味です。

 

「いしけいくづはいできたがらげさぐだあ」
(ボロボロの靴を履いてきたから格好悪いなあ)

 

という風に使われます。

げえもねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げーこめ、げえろっぱ とも言います。

 

蛙 という意味です。

 

「うぁーいっがいげーろがおよいでるぅ~」
(ぎゃー、大きな蛙が泳いでる~)
「げーこめらがましーね」
(蛙たち、うるさいね)
「げえろっぱつかめえだ」
(蛙を捕まえた)

 

という風に使われます。

 

”げえろっぱ”には「おおばこ」という意味もあります。
「けーるっぱ」「かえるっぱ」とも言うようです。

げえろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ケチ という意味です。

 

「そーたけぢくせーごどゆってねーでもっとふんぱつしたらよー」
(そんなケチなこと言ってないで、もっと奮発したら?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けげづめ」があります。
これは「トンボ」という意味です。

けぢくせー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けっとばす、けっぷす とも言います。

 

蹴飛ばす、蹴り飛ばす、蹴る という意味です。

 

「こんやろーけっこぐっとー」
(この野郎、蹴り飛ばすぞ)
「そごのいしじゃまだがけっとばっしめぇよ」
(そこの石、邪魔だから蹴飛ばしてしまいなさいよ)
「しとのごどけっぷしてはだめだっぺよ」
(人のことを蹴り飛ばしてはいけないよ)

 

という風に使われます。

けっこぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げっぺろ とも言います。

 

最後、ビリ、最下位 という意味です。

 

「うんどーかいのかけあしでげっぴになっちまった」
(運動会の徒競走でビリになってしまった)
「まらそんでげっぺろんなっちった」
(マラソンで最下位になっちゃった)

 

という風に使われます。

げっぴ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰ろう という意味です。

 

「くらぐなったがらけっぺ」
(暗くなったから帰ろう)
「はー、けっぺ」
(もう帰ろうよ)

 

という風に使われます。

 

”けーる”で「帰る」という意味です。

 

「はーおそいがらけーれ」
(もう遅いから帰りなさい)

 

という風に使われます。

 

また「けーり」で「帰り」という意味です。

 

「けーりはあるってけーるがら」
(帰りは歩いて帰るから)

 

という風に使われます。

けっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

開けっ放しにしておく という意味です。

 

「この、けづぬげ!」
(こら、開けっ放しにして!)
「ほーれ、けづぬげだっぺ、さみいからぴしっとしめろや」
(おい、ドアがちゃんと閉まってないぞ、寒いからきちんと閉めなさい)

 

という風に使われます。

けづぬげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

毛 という意味です。

 

「あだまのけばのびだがらとごやさいってくる」
(髪の毛が伸びたから床屋に行って来る)
「おらもけばのびだがらあだまぁかってくっぺ」
(私も(髪の)毛が伸びたから髪を切りに行ってこよう)

 

という風に使われます。

けば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げぼわりい、げえぶんわりい とも言います。

 

世間体、体裁、外見、格好が悪い、みっともない という意味です。

 

「そったらぐずらだどげーぶわりぐなっと」
(そんなぐずぐずしていたら世間体が悪くなるよ)
「おめぇ~そんだらげぇぶんわりぃべぇ」
(あんた、それではみっともないわよ)

 

という風に使われます。

 

語源は”外聞が悪い”からきています。

げぶわりい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げんこつをする という意味です。

 

「わるさすっからげんこのしてやった」
(悪いことをするからげんこつをしてやりました)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けんど、けんども」があります。
これは「けれども」という意味です。

 

「そんだけんど・・・」
(そうだけれども・・・)

 

という風に使われます。

げんこのす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

羨ましがる という意味です。

 

「これよ、あんちゃんいみせだら、あんちゃんけんなりがっでだよ」
(これをね、兄さんに見せたら、兄さん羨ましがっていたよ)

 

という風に使われます。

 

これが「けんなるえ」で「羨ましい」という意味です。

 

「かねもぢとけっこんしたど、けんなるえなあ」
(お金持ちと結婚したんだって、羨ましいなあ)

 

という風に使われます。

けんなりがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乱暴、丁寧の反対 という意味です。

 

「あだしのごどそーたにごーせにあつかわねーでよ」
(私のことをそうやって乱暴に扱わないでくださいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごげ」があります。
これは「半端」という意味です。

 

「かだほのげだのはなおがきれでごげんなっちった」
(片方の下駄の鼻緒が切れて半端になってしまった)

 

という風に使われます。

ごーせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こきたねー とも言います。

 

汚い、小汚い、薄汚い という意味です。

 

「こぎたねーがらじめんにすわんな」
(汚いから地面に座るんじゃない)
「こぎたねはんけちだごど、すてっちめえ」
(薄汚いハンカチだこと、捨ててしまいなさい)

 

という風に使われます。

 

逆の言葉では「こぎれぇ」があります。
これは「綺麗、小奇麗」という意味です。

こぎだね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっぱり という意味です。

 

「びーるのあきかんすてだらいえんながこざっぱりしたごど」
(ビールの空き缶を捨てたら家の中がさっぱりしましたね)
「おめーのへやこねーだまでこきたねがったのにずいぶんこざっぱりしだなー」
(あなたの部屋、この間まで汚かったのに随分とさっぱりとしたねー)

 

という風に使われます。

こざっぱり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごちゃごちゃ、ぐちゃぐちゃ という意味です。

 

「ごじゃいうなー」
(ごちゃごちゃ言うなー)
「おしいれんなががごじゃでしきふがどっかさいっちまった」
(押入れの中がぐちゃぐちゃで敷布がどこかに行ってしまった)
「こーたごじゃなくろぜっとなんかすてっちめ」
(こんなぐちゃぐちゃなクローゼット(の中身)なんて捨ててしまえ)

 

という風に使われます。

ごじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くすぐったい という意味です。

 

「せなかがこすぐってえ」
(背中がくすぐったい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こすい」があります。
これは「ずるい」という意味です。

 

「あどがらすんのはなしだど!そーたのこすいべよ!」
(後からそうするのは無しだろう、そんなのずるいじゃないか!)

 

という風に使われます。

こすぐってえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こしゃる とも言います。

 

作る、こしらえる という意味です。

 

「はらへったのげぇ、いまひるめしこさえっかんな」
(お腹減ったのですか?今昼食を作りますね)
「らーめんこせーでくれっけ?」
(ラーメン作ってくれる?)
「はぁばんげんなっがらうめぇもんこしゃってやっがらなあ」
(もう夕飯の時間だから、美味しいものを作ってあげますからね)

 

という風に使われます。

こせーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口当たりが悪い、ざらざらしている という意味です。

 

「てがこそっぱいな」
(手がざらざらしているね)

 

という風に使われます。

 

これがもっと粉っぽくなると「こぞっぱい」になります。

 

「こぞっぱくてくぢんながのすいぶんなくなっちまったよ」
(粉っぽく口当たりが悪くて口の中の水分が無くなってしまったよ)

 

という風に使われます。

こそっぱい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごぢゃっぺ、ごじゃっぺ、ごしゃらっぺ とも言います。

 

馬鹿者、いい加減、お馬鹿さん、ごちゃごちゃ、でたらめ という意味です。

 

「ごぢゃっぺいってねーでしごとしろ~」
(ごちゃごちゃ言ってないで仕事しなさい)
「なにやってんだ、このごちゃっぺ!」
(何をやっているんだ、この馬鹿者が!)
「このぉごじゃらっぺが~」
(このお馬鹿さんめ~)

 

という風に使われます。

ごちゃっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ここから という意味です。

 

「こっからおれぁげまではいちちかんでつくべ」
(ここから我が家までは一時間で着きます)
「こっからそっちっかわまでいぐ」
(ここからそちら側まで行きます)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こごんとご」があります。
これは「最近、ここのところ」という意味です。

こっから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

事 という意味です。

 

「そーだごったしたぐねー」
(そんなことしたくない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごっだがら」があります。
これは「事だから」という意味です。

 

「おめーのごっだがらどーせそーじしてないんだっぺなあ」
(あんたの事だから、どうせ掃除なんてしていないだろうね)

 

という風に使われます。

ごったー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こーた、こーゆー とも言います。

 

このような という意味です。

 

「こったらごどばっかしして」
(このようなことばかりして)
「こったらごどできんちょうしでどーすんだべ」
(このようなことで緊張してどうするんですか)
「こーゆーごどはみんなのいけんをきーでがらきめでくれ」
(このような事は皆の意見を聞いてから決めて下さい)

 

という風に使われます。

こったら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こちら という意味です。

 

「そっちのほーさいってねーでこっちゃこー」
(そちらの方へ行っていないでこちらへおいで)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「こっちっかわ」があります。
これは「こちら側」という意味です。

 

「こっちっかわがらなげっから」
(こちら側から投げますから)
「こっちかわにはっこー」
(こちら側に早くおいで)

 

という風に使われます。

こっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こっつぁむい とも言います。

 

肌寒い、少し寒い という意味です。

 

「いやーつゆどぎはきょうみでえにこっつあむいどぎがあんだよなあ」
(いやー梅雨時は今日のように肌寒い時があるんだよね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こっぱずかしい」があります。
これは「恥ずかしい、照れくさい」という意味です。

こっつあむい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こでーらんねー とも言います。

 

いいようも無いほど、本当にいい、最高だ という意味です。

 

「こらうんめー。こでーらんねー」
(これは美味しい、本当にいいね)
「ほんどにんめぇなあ、こでらんねーわぁ」
(本当に美味しいわねぇ、最高だわ~)

 

という風に使われます。

こでらんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう嫌だ、どうしようもない という意味です。

 

「あつぐてこなんね!」
(暑くてどうしようもない!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こねやろ」があります。
これは「なんですか!」という意味です。

 

「おめ、こねやろ!つまみぐいだのして!」
(あなた、なんですか!つまみ食いなんてして!)

 

という風に使われます。

こなんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こないだ とも言います。

 

この前、この間、先だって という意味です。

 

「こねだのけっこんしぎはごーせだった」
(この前の結婚式は豪華でした)
「こないだでんわしたっけがずーっとはなしちゅうだったっぺ」
(先だってお電話したのですが、ずっと話中でしたよ)

 

という風に使われます。

こねだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 言う という意味です。

 

「んなにへりくづばっかこねてんじゃねー」
(そんな屁理屈ばかり言うんじゃない)

 

という風に使われます。

 

② 混ぜる、混ぜて掻き回す という意味です。

 

「そばぶちはてえへんだげどよぉーぐこねるどうまいど」
(蕎麦打ちは大変ですが、よく混ぜると美味しいですよ)

 

という風に使われます。

こねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生意気な、小生意気な という意味です。

 

「こまっちゃぐれだがぎめだなあ」
(小生意気な子供だなあ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「こっぺ」があります。
これは「愛嬌のある、おしゃま」という意味です。

 

「いやーあそごのむすめはこっぺでひとぎらいしねーどやあ」
(いやー、あそこの娘は愛嬌があって人見知りしないわねえ)

 

という風に使われます。

こまっちゃぐれだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(小さな子に向かって)お前ら、子供ら という意味です。

 

「こめら、まんまくえ!」
(子供たち、ご飯食べなさい!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こむ」があります。
これは「取り込む」という意味です。

 

「ちょごっとせんたぐもんこんでくっから」
(ちょっと洗濯物を取り込んで来ますので)

 

という風に使われます。

こめら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゴロンパ とも言います。

 

ハゼ、淡水に棲むハゼ という意味です。

 

「さがなつりさいっだらごろんぱばっかりでふながつれながったよ」
(魚釣りに行ったら、ハゼばかりでフナが釣れなかったよ)
「ごろんぱつりいぐがあ?」
(ハゼ釣りに行くかい?)
「みためはともがぐ、ごろはてんぷらやからあげにすっとうめーんだ」
(見た目はともかく、ハゼは天ぷらや唐揚げにすると美味しいんだ)

 

という風に使われます。

ゴロ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こわい、こええ とも言います。

 

疲れた、しんどい という意味です。

 

「こわえがらそごらでやすんぺよ」
(疲れたから、その辺で休もうよ)
「きょうはいちんちじゅうたぢっぱなしでこわいこわい」
(今日は一日中立ちっぱなしで疲れた疲れた)

 

という風に使われます。

こわえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

根性 という意味です。

 

「おれぁこんじょなしだがらそったらめんどくせーもんはでぎねえ」
(私は根性無しだから、そんな面倒くさいことは出来ません)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごーじょっぱり」があります。
これは「強情」という意味です。

 

「まったぐおめはごーじょっぱりなんだがら」
(全くあなたは強情なんだから)

 

という風に使われます。

こんじょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんだー とも言います。

 

今度、次回、今度は という意味です。

 

「こんだーうんめぇーもんでもくいにいぐべー」
(今度は美味しいものでも食べに行きましょう)
「こんだあつまっぺよ~」
(今度集まりましょうよ)
「こんだいっぺえやりにいぐべ」
(今度一杯飲みに行きましょう)

 

という風に使われます。

こんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

これで という意味です。

 

「したぐはこんでぜんぶできあがったど」
(仕度はこれで全部出来上がったよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「こんでは」があります。
これは「これでは」という意味です。

 

「こんではうまいだしじるがとれめー」
(これでは美味しいだし汁が取れないだろう)

 

という風に使われます。

こんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんなに(沢山)という意味です。

 

「こんてによーげ?」
(こんなに必要ですか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こんくれー、これっぱがし」があります。

これは「これぐらい、これぐらいの」という意味です。

 

「これっぱがしのんだってよっぱらうはずがあんめ」
(これぐらい飲んだって酔っ払うはずがあるまい)

 

という風に使われます。

こんてに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~へ、~に という意味です。

 

「おめえどごさいぐの?」
(あなた、何処へ行くの?)
「ちょごっとやまさいってくっがら」
(ちょっと山に行ってくるから)
「なんだっぺー、やまさいぐの?」
(ええ~、山に行くの?)
「んだ、おれぁやまさいぐんだ」
(そうだ、俺は山に行くんだ)

 

という風に使われます。

さ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

土砂降り、雨がザーザー降っているさま という意味です。

 

「きょうはざーぶりだわぁ」
(今日は土砂降りですねぇ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ざあら」があります。
これは「松の枯れ落ち葉」という意味です。

 

「ざあらをあづめろ」
(松の枯れ落ち葉を集めなさい)

 

という風に使われます。

ざーぶり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

田舎、近くの村、田舎の中のもっと田舎 という意味です。

 

「あがぬげだこどしんなぐっても、おれぁざいのでだがらしゃああんめ」
(垢抜けたことを知らなくても、私は田舎の出だから仕方が無いじゃないだろう)
「ざいがらかいものにくる」
(田舎から買い物に来る)

 

という風に使われます。

ざい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

栄えている、繁盛している という意味です。

 

「なんだっぺー、あそごのみせはさがってねーなぁ」
(なんでしょう、あそこのお店は栄えていないねぇ)
「さがってるみせがあんな、おれぁものみにいってやっが」
(繁盛しているお店があるね、俺も呑みに行ってやろうか)

 

という風に使われます。

さがってる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さぎっちょ とも言います。

 

先端 という意味です。

 

「このめえべんじょであだまのけのさぎっぽがいっしょにながれそうになっちまった」
(この前、トイレで髪の毛の先端が一緒に流れそうになってしまった)
「さぎっちょにみがなったぁー」
(先端に実がなったぁ)

 

という風に使われます。

さぎっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気さく という意味です。

 

「となりのよめさんはさぐいがらよぉ、おれぁひるめしごっつぉになっちまった」
(お隣のお嫁さんは気さくなので、私は昼食をご馳走になってしまった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ざぐまだ」があります。
これは「二又に、二つに分かれる」という意味です。

 

「きのえだのざぐまだのとごろできんだど」
(木の枝の二又になっている所で切るんだぞ)

 

という風に使われます。

さぐい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

近くに居るのに除け者にする という意味です。

 

「おめえおれぁのごどさじぎづんぼにしたっぺ」
(おまえ、俺のこと近くに居るのに除け者にしただろう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ささらもさら」があります。
これは「ぐちゃぐちゃ」という意味です。

 

「あだまがささらもさらだど」
(頭ぐちゃぐちゃだよ)

 

という風に使われます。

さじぎづんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小魚 という意味です。

 

「ざっこいっぺーとった」
(小魚をたくさん獲った)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さーこ」があります。
これは「小川」という意味です。

 

「さーこさへぇってえびがにでもとってくっか」
(小川に入ってザリガニでも獲って来ようか)

 

という風に使われます。

ざっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

差し引く という意味です。

 

「たくしーだいはこんげつのこづかいがらさっぴーでおぐよ」
(タクシー代は今月の小遣いから差し引いておきますね)
「こーしーだいはきゅうりょがらさっぴーどぐ」
(コーヒー代は給料から差し引いておく)

 

という風に使われます。

さっぴぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さばけで とも言います。

 

遠慮しないで という意味です。

 

「んじゃ、さばげでよばれっかな」
(それでは、遠慮しないでご馳走になろうかな)

 

という風に使われます。

 

また、「さぐぐ」も同じように使われます。
これは「遠慮なく」という意味です。

 

「んじゃ、さぐぐいただきます」
(それでは、遠慮なくいただきます)

 

という風に使われます。

さばげで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

喋る という意味です。

 

「いづまでさべってんだー、さっさどせきにつけ」
(いつまで喋ってるんだー、さっさと席に着きなさい)

 

という風に使われます。

 

これが「さぶろ」になりますと「シャベル、スコップ」という意味です。

 

「さぶろでほってみっが」
(シャベルで掘ってみるか)

 

という風に使われます。

さべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さみい とも言います。

 

寒い という意味です。

 

「おーさみ」
(ああ、寒い)
「さみーのよりはあじーほーがずっとすぎだー」
(寒いのよりは暑い方がずっと好きだ)
「さみーとおもっだらゆきふっできだ」
(寒いと思ったら雪が降ってきた)

 

という風に使われます。

さみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

白湯 という意味です。

 

「ちっとくすりのむがらさよくれっけ?」
(ちょっと薬を飲むので白湯をくれますか?)
「くすりのむときゃぁみずよりさよがいいんだど」
(薬を飲む時には水よりも白湯がいいんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さやっぽ」があります。
これは「未熟な事に手を出す事、又は、その人」という意味です。

さよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

三十日 という意味です。

 

「かぜのうわさもさんじゅんち?ななじゅーごんちだべ」
(風の噂も三十日だって?七十五日だろう)
「きょうなんちだ?さんじゅんちだ」
(今日は何日だ?三十日だ)

 

という風に使われます。

さんじゅんち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しおぴき とも言います。

 

塩鮭、塩引鮭 という意味です。

 

「しおびぎをごはんのまんながにどんとのっけだべんとーはうんまいどな」
(塩鮭をご飯の真ん中にドンッと乗せたお弁当は美味しいよ)
「このしおぴきしょっけーな、どんぶりめしいっぱいくえるぐれーだ」
(この塩鮭しょっぱいね、ドンブリ飯1杯食べられるくらいです)

 

という風に使われます。

しおびぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ケチ という意味です。

 

「なんだっぺーあそごんちはかねもぢなのにしけでんなあ」
(なんでしょう、あそこの家は金持ちなのにケチですねえ)

 

という風に使われます。

 

他にも「しょぼい」も「ケチ」という意味です。

 

「そーたしょぼいごどゆってねーでぱーっとやっぺ」
(そんなケチなこと言っていないでパーッとやろうよ)

 

という風に使われます。

しけでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

本当に、とても という意味です。

 

「したぎにくんのがおせーなあ」
(本当に来るのが遅いね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しこだま」があります。
これは「たくさん」という意味です。

 

「そーたにしこだまかいこんでどーせくらさがせっちまうんだねえが」
(そんなにたくさん買い込んで、どうせ腐らせてしまんじゃないの?)

 

という風に使われます。

したぎに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

したっけ とも言います。

 

そうしたら、それならば という意味です。

 

「あしたはやすみげ?したっけがどごさいぐ?」
(明日はお休みですか?それならばどこに行く?)
「したっけでんきやいぐげ?」
(そうしたら電気屋に行きますか?)
「したっけがはらがいたぐなっかなあ」
(そうしたらお腹が痛くなるかなあ)

 

という風に使われます。

したっけが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しったげる とも言います。

 

あがる、あげる という意味です。

 

「そっちっかわがしったがんねーよにおさえでおいてくれっけ」
(そちら側が上がらないように抑えておいてくれるかい)
「ちょごっとこのつぐえをそっちさいどーさせっがらしたげてくれっけ?」
(少しこの机をそちらに移動させるから、上げてくれる?)

 

という風に使われます。

しったがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じっちやん、じさま とも言います。

 

おじいさん という意味です。

 

「はぁーじっちもねだらいがっぺ」
(もうおじいさんも寝たらいいんじゃない)
「おらげのじさま」
(うちのおじいちゃん)
「おーいじっちやーん」
(おーい、おじいさーん)

 

という風に使われます。

じっち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しでー ともいいます。

 

酷い という意味です。

 

「おめーっちゃずいぶんしてーなあ」
(あなたって随分と酷いわね)
「しでーなあ・・・」
(酷いなあ・・・)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「してぇ」があります。
これは「額」という意味です。

 

「なんだ、いねむりが?してぇにあとついでっと」
(なんだ、居眠りか?額に痕が付いているぞ)

「してぇのあせがすごいど」
(額の汗がすごいよ)

 

という風に使われます。

してー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

湿っぽい という意味です。

 

「あーこのせんたぐもんしとっぽいがら、もういぢにぢほさねーげれだめだ」
(あーこの洗濯物は湿っぽいから、もう1日干さないとダメだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しぴたれ」があります。
これは「しみったれ」という意味です。

 

「しぴたれであづまりやってもかねもはらーねえよ」
(しみったれで集まってもお金も払えないよ)

 

という風に使われます。

しとっぽい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しっかり、ちゃんと という意味です。

 

「さぼってねーでしみじみやれ」
(さぼっていないで、しっかりやりなさい)
「おめーはいいとしこいでそーたごどばっかりやってねーでしみじみしねーが~!」
(おまえはいい年をしてそんなことばかりやっていないでしっかりしなさいよ!)
「しみじみかんげーでみます」
(ちゃんと考えてみます)

 

という風に使われます。

しみじみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最後 という意味です。

 

「そーたごどべえしてっとしめえにはどーなっかわがんねーど」
(そんなことばかりしていると最後にはどうなるか分からないよ)
「ばがいってっとしめえにゃあぎられっつぉ」
(馬鹿なことを言っていると最後には呆れられるよ)

 

という風に使われます。

しめえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃーちゃーど とも言います。

 

図々しい という意味です。

 

「まったぐあいづはしゃーしゃーどしてっかんなあ」
(全くあいつは図々しいからなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃっぽ」があります。
これは「帽子」という意味です。

 

「しゃっぽかぶれえ」
(帽子被りなさい)

 

という風に使われます。

しゃーしゃど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃーめ、しゃーねー とも言います。

 

仕方ない、仕方が無い という意味です。

 

「そーたごどゆったってしゃーんめー」
(そんなこと言っても仕方ない)
「まけちったけいっしょけんめいやったんだ、しゃーめ」
(負けちゃったけど一生懸命やったんだ、仕方が無い)

 

という風に使われます。

しゃーんめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

スプーン という意味です。

 

「かれーたべっときはしゃじどはしどどっちつかうんだ?」
(カレーを食べる時にはスプーンと箸、どっちを使うの?)
「ぷりんくうがらしゃじとってくれー」
(プリン食べるからスプーン取ってちょうだい)

 

という風に使われます。

しゃじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃっこい とも言います。

 

冷たい、冷えている という意味です。

 

「このかきごーりしゃっけー」
(このカキ氷冷たーい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しょっけー」があります。
これは「塩辛い」という意味です。

 

「このしおびぎしょっけーど」
(この塩引鮭、塩辛いよ)

 

という風に使われます。

しゃっけえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(過って)濡れてしまう という意味です。

 

「このばがやんら、まだじゃぶくってきたのが」
(この馬鹿者が、また濡れてしまってきたのか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃがこげ」があります。
これは「土砂崩れ」という意味です。

 

「あのみじはじゃがこげでとおれね」
(あの道は土砂崩れで通れない)

 

という風に使われます。

じゃぶくう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

邪魔 という意味です。

 

「こーたじゃまっけーもんかっぽっちまっていーど」
(こんな邪魔なもの捨ててしまって良いよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃーぼ、じゃんぼご」があります。
これは「葬式」という意味です。

じゃまっけー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(命令口調で)どけ という意味です。

 

「しゃれっつってんのがわがんねえのが」
(どけと言っているのが分からないのか)
「あぶねーがらしゃってろ!」
(あぶないからどけていろ!)
「しゃんねーどひいっちまーど」
(どかないと轢いてしまうぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃでー」があります。
これは「弟」という意味です。

しゃれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(子供に対して)良い子 という意味です。

 

「このこはじょんこだなぁ」
(この子は良い子ですねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しょーねー」があります。
これは「仕方が無い」という意味です。

 

「そらーしょーねーなー」
(それは仕方がありませんね)

 

という風に使われます。

じょんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

知らない、分からない という意味です。

 

「んなこどだーれもしんねー」
(そんなこと誰も知らない)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「しんねっぷり」があります。
これは「知らないふり、知らぬふり」という意味です。

 

「めしつぐってくれっつってんのにしんねっぷりしやがった」
(ご飯を作ってくれと言っているのに知らないふりをした)

 

という風に使われます。

しんねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すいくさい とも言います。

 

かび臭い、腐った臭いがする、食べ物が悪くなって臭う という意味です。

 

「うわー、こーたすいくせーのたべだらはらこわすとー」
(うわー、こんな腐った臭いの物を食べたらお腹壊すよ)
「このとーふのおつけすいくせーぞ」
(この豆腐のお味噌汁かび臭いよ)

 

という風に使われます。

すいくせー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すえる とも言います。

 

腐る、カビが生える、食べ物が悪くなる という意味です。

 

「そーたどごさおいだらすいっちゃってくえねーぞ」
(そんな所に置いたら腐っちゃって食べられないよ)
「すいっちまった、すでるほがねえ」
(腐っちゃった、捨てるしかないね)

 

という風に使われます。

すいる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

敷く、引く という意味です。

 

「ふとんすいどいでー」

(お布団敷いておいて)
「もうすいであっとぉ」
(もう敷いてありますよ」
「おれぁがじぶんですくのが?」
(私が自分で敷くの?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すける」があります。
これは「助ける、一緒に行う」という意味です。

「えっしょにえってすけろよ」
(一緒に行ってくれよ)

 

という風に使われます。

すく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すげがっぺ とも言います。

 

凄いでしょう という意味です。

 

「おれぁっちゃーすごがっぺー」
(俺って凄いでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すこでんと」があります。
これは「大量に」という意味です。

 

「いやーみんなみやげすこでんとかいこんだなや」
(いやー、みんなお土産大量に買い込んだね)

 

という風に使われます。

すごがっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっけえ とも言います。

 

酸っぱい という意味です。

 

「いやーこのつけもんすっけーなー」
(いやー、この漬物酸っぱいねえ)
「ぐれーぷふるづもれもんもすっけえや」
(グレープフルーツもレモンも酸っぱいよ)

 

という風に使われます。

すっかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

擦りむく という意味です。

 

「ひざっかぶすっかじっちゃったよ、おーいでー」
(膝を擦りむいてしまった、ああ痛い)
「べんけいのなぎどごろすっかじっちった」
(脛を擦りむいちゃった)
「すっころんですっかじった」
(転んで擦りむいた)

 

という風に使われます。

すっかじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっころぶ とも言います。

 

転ぶ、躓いて転んでしまう という意味です。

 

「なんでばななのかわがこーたどごに!すっころばっちゃったっぺ」
(なんでバナナの皮がこんな所に!転んでしまったじゃないか)
「ゆかがぬれでいだんでみんなのめえですっころばっちまった」
(床が濡れていたので皆の前で転んでしまった)

 

という風に使われます。

すっころばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とてもびっくりする、とても驚く という意味です。

 

「なーにおどがすんだ、すったまげだっぺ!」
(なんで驚かすんだ、とても驚いてしまったじゃないか!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すっとぼげる」があります。
これは「とぼける」という意味です。

 

「なーにすっとぼげでんだが」
(何をとぼけているんだか!)

 

という風に使われます。

すったまげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~すると、~になると という意味です。

 

「ろーかすっどすっころばりやすぐなんだがんきいづげでよ」
(老化すると転びやすくなるのだから気を付けてよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「すっと」もあります。

 

「どらいぶすっとー」
(ドライブしよう)

 

という風に使われます。

すっど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しよう、~しましょう という意味です。

 

「ひまだがらげーむでもすっぺ」
(暇だからゲームでもしましょう)
「ひるめしにすっぺ」
(昼食にしましょう)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「すっけ」があります。
これは「しましょうか?」という意味です。

 

「おぢゃにすっけ?」
(お茶にしましょうか?)

 

という風に使われます。

すっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

放っておく という意味です。

 

「なんですっぽとぐんだ」
(どうして放っておくのよ)
「またすっぽとがれっちまった、かなしいどなあ」
(また放っておかれてしまった、悲しいよねえ)
「すっぽとがれだどぎのきもぢはながながなあ・・・」
(放っておかれた時の気持ちはなかなかねぇ・・・)

 

という風に使われます。

すっぽとぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すみっこ とも言います。

 

隅 という意味です。

 

「そぉったすまっこにいねぇで、ほれ、ででこう」
(そんな隅に居ないで、ほら、出ておいで!)
「すまっこのほうさいねでこっちさこ、はずかしのけ?」
(隅の方に居ないでこちらにおいで、恥ずかしいのかい?)

 

という風に使われます。

すまっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すりびく とも言います。

 

(衣類などを)引きずる という意味です。

 

「ほれ、すそがするびいでっと」
(ほら、裾を引きずっているよ)
「すかーとすりびいてんでねーが」
(スカート引きずってるんじゃないの)

 

という風に使われます。

するびく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すんでね とも言います。

 

~してはいけない、~しちゃだめ という意味です。

 

「たちしょーべんすんでね」
(立小便しちゃダメ)
「んなごどすんだねぞ!」
(そんなことしてはいけないよ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すんげー」があります。
これは「すごく、たくさん」という意味です。

すんだね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気持ちが良い、清清する という意味です。

 

「しけんやっどごさおわっでせーせどする」
(試験がやっと終わって、気持ちが良い)
「くしゃみとまっでせーせーどしたー」
(くしゃみが止まって清清したよ)
「けっかわがんねがらまーだせーせどしめー」
(結果が分からないからまだ清清しない)

 

という風に使われます。

せーせどする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

材木 という意味です。

 

「だいぐすんのにぜーもぐあっがな?」
(日曜大工をするのに材木はあるかな?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せーばん」があります。
これは「まな板」という意味です。

 

「さがなをさばくせーばんどごだ?」
(お魚を捌くまな板はどこですか?)

 

という風に使われます。

ぜーもく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

前に という意味です。

 

「せんにおんせんさいったどぎはこんよぐでいがったなあ」
(前に温泉に行った時は混浴で良かったなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せんぞ」があります。
これは「実家」という意味です。

 

「おっかぁのせんぞでいわいごどがあんだよ」
(お母さんの実家でお祝い事があるんですよ)

 

という風に使われます。

せんに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せんべ とも言います。

 

煎餅、お煎餅 という意味です。

 

「おらほじゃいろんなせんべんがでてきてにんきだっぺ」
(我が家の方では色々なお煎餅が出てきて人気なんですよ)
「ちゃがしはせんべんどまんじゅうどどっちがいーべ」
(お茶菓子はお煎餅とお饅頭、どちらがいいかしら)

 

という風に使われます。

せんべん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そーけ、そっけ とも言います。

 

そうなんだ、そうかい という意味です。

 

「せんせーがよんどったど / そけ」
(先生が呼んでいたよ / そうなんだ)
「そーけーしんねがったな」
(そうなんだあ、知らなかったよ)
「そっけ、そんでどうしたんだ?うまぐいったのが?」
(そうなんだ、それでどうしたの?上手くいったの?)

 

という風に使われます。

そけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そこらじゅう という意味です。

 

「そごいらじゅうにびーるのあきかんがあったげど」
(そこらじゅうにビールの空き缶があったけど・・・)
「そごいらじゅうのしどがこおりついだど」
(そこらじゅうの人が凍りついたぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そごんどご」があります。
これは「そこのところ」という意味です。

そごいらじゅう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そっちゃっかわ、そっちっかわ とも言います。

 

そちら、そちら側 という意味です。

 

「そっちゃでまってろ」
(そちらで待っててください)
「そっちっかわさいっていーがー」
(そちら側に行っても良いですか)
「そっちゃっかわはあぶいよ」
(そちら側は危ないですよ)

 

という風に使われます。

そっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そっくりけえる、そっつりがえる、そっくりげーる とも言います。

 

反る、反り返る という意味です。

 

「そーたにそっつりげーってだらこしにくっと」
(そんなに反り返ったら腰を痛めますよ)
「そっくりげえったけがせぼねがいでー」
(反り返ったら背骨が痛い)

 

という風に使われます。

そっつりげえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そっと という意味です。

 

「なんだがげんかんにだいかいるみでーだがらそろっとみてきてくれっけ?」
(なんだか玄関に誰かいるようだから、そっと見てきてくれない?)
「そろっとぬぎあし、さしあし・・・いまけえったべ」
(そっと抜き足、差し足・・・ただいま帰りました)
「どあのかげでそろっとみはってっかもしんねど」
(ドアの影でそっと見張っているかもしれないよ)

 

という風に使われます。

そろっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そのくらい という意味です。

 

「そんくれーどったごどねえきずだっぺや」
(そのくらい大した事のない傷じゃないの)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そったら」があります。
これは「そんな、そのような」という意味です。

 

「そったらごどやんだねーど」
(そのようなことはするんじゃないよ)

 

という風に使われます。

そんくれー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんでは とも言います。

 

それでは という意味です。

 

「そんじゃーえぎのかいさつぐぢでまってっかんな、おくれねーでこーよ」
(それでは駅の改札口で待っていますからね、遅れないで来てね)
「そんではけーさんがあーめーよ」
(それでは計算が合わないだろう)

 

という風に使われます。

そんじゃー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お前、あなた、君 という意味です。

 

「どうだが、そんだ、んだっぺ」
(どうだい、君、そうだろう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そんだがら」があります。
これは「それだから、だから」という意味です。

 

「そんだがらやめろつったっぺ~!」
(それだからやめろって言ったじゃないか!)

 

という風に使われます。

そんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それだけ という意味です。

 

「そんだげのめばなんもおぼえてねえにきまってっぺ」
(それだけ飲めば何も覚えていないに決まってるだろう)
「そんだげのんでもまーだたんねーってが」
(それだけ飲んでもまだ足りないだと?)

 

という風に使われます。

そんだげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんじ とも言います。

 

それで という意味です。

 

「そんでどーすんだ?」
(それでどうするの?)
「そんで、それがらどごさいったんだ~?」
(それで、それからどおに行ったの?)
「そんでもやっぱりすぎだ」
(それでもやっぱり好きだ)

 

という風に使われます。

そんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんなに という意味です。

 

「そんてにいんねぇよぉ」
(そんなにいらないよ~)

 

という風に使われます。

 

これが「そんてなごど」になると「そんなこと」という意味です。

 

「そんてなごどゆったってわがんめぇ」
(そんなこと言ったってどうにもならないよ)

 

という風に使われます。

そんてに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫 という意味です。

 

「あ、だいじだいじ」
(ああ、大丈夫大丈夫)
「だいじだったけえ?」
(大丈夫でしたか?)
「うん、だいじだ~」
(うん、大丈夫だよー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たいぎ」があります。
これは「億劫」という意味です。

 

「そーだたいぎなごどやりだがね~」
(そんな億劫なことやりたくない)

 

という風に使われます。

だいじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

偉ぶってツンとした様子、天狗になっている という意味です。

 

「とがいにすんでっからってたいしたつもりだよ」
(都会に住んでいるからって、天狗になってるよ)
「たいしたつもりしてんじゃねーぞ」
(天狗になってるんじゃないぞ)

 

という風に使われます。

たいしたつもり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たごまる とも言います。

 

絡まる という意味です。

 

「いどがたぐまっちってえ」
(糸が絡まってしまったよ)
「つりいどがたごまった!」
(釣り糸が絡まった!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たずろぐ」があります。
これは「喋喋結びが縦になっている様子、縦結び」という意味です。

 

「おめ、たずろぐになってと」
(あなた、縦結びになってるよ)

 

という風に使われます。

たぐまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だけど という意味です。

 

「うみさいきてーなー、だけんとひやけがおっかね」
(海に行きたいなあ、だけど日焼けが怖いわ)

 

という風に使われます。

 

これが「だげんども」になると「それにしても、でも」という意味です。

 

「だげんどもきょうはあづいなあ」
(それにしても今日は暑いなあ)

「だげんどもしゃあねえっぺ」
(でも仕方ないじゃない)

 

という風に使われます。

だけんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(洋服などを)たたむ という意味です。

 

「こんできたの、ただんで~」
(取り込んできたや服、たたんで下さい)
「おめーふぐただめよなあ」
(あんた服たたみなさいよね)

 

という風に使われます。

 

これが「ただみ」になりますと「畳」という意味です。

 

「ただみふるぐなっちったなあ」
(畳が古くなってしまったなあ)

 

という風に使われます。

ただむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だっぺよ、だっぺな、だなや とも言います。

 

そうでしょう、ですね という意味です。

 

「あのしどはおとごだっぺ?」
(あの人は男性でしょう?)
「あすこだっぺな」
(あそこですね?)
「ほだっぺよー」
(そうでしょうよ~)
「いいやんばいだなや」
(いい具合ですね)

 

という風に使われます。

だっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たでっけぇし、たでっかえし、たでげぇし、たでけぇし とも言います。

 

前日の風呂のお湯を沸かしなおすこと、追い焚き という意味です。

 

「ゆんべはとーちゃんがふろはいんながったがらたでがえしでいーべ」
(夕べはお父さんがお風呂に入らなかったから追い焚きでいいでしょう)

 

という風に使われます。

たでがえし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なだめる、なだめながら という意味です。

 

「あしけがしちってっけどだましだましはしったんだ」
(足を怪我しているけど、なだめながら走ったんだ)
「ぶっこわれそーなくるまをえんこしねーよーにだましだましはしらせる」
(壊れそうな車を、エンストしないようになだめて走らせる)
「なぎやまんこどもんごどをだましだましえしゃさまいつれでぐ」
(泣き止まない子供のことをなだめながら病院に連れて行く)

 

という風に使われます。

だましだまし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だまらがす とも言います。

 

騙す という意味です。

 

「よぐだまぐらがされっちまうんだ~。こまったもんだ~」
(よく騙されてしまうんですよ、困ったものです)
「おめーおんなぁだまぐらがしてべえいんじゃねーど」
(おまえ、女を騙してばかりいるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

だまぐらがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

服装などがだらしなくて汚らしい という意味です。

 

「なんだそのだらぐらしいかっこは」
(なんだ、そのだらしなくて汚い格好は)
「だらぐらしいのしかねんだがしゃーめ」
(だらしなくて汚いものしか無いのだから仕方ないじゃない)

 

という風に使われます。

 

これが「だら」だけですと「糞尿」という意味です。

だらぐらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

短気な人 という意味です。

 

「おらのおやじはたんぱらだったど」
(俺の父親は短気な人だったよ)
「いばらきはたんぱらがおおがっぺ」
(茨城には短気な人が多いよね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たれる」があります。
これは「(文句などを)言う」という意味です。

 

「そーやってもんくべえたれてねーでさっさどいげ」
(そうやって文句ばかり言っていないでさっさと行け)

 

という風に使われます。

たんぱら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だへ とも言います。

 

~でしょ、~でしょう という意味です。

 

「あすぁはれだんべ」
(明日は晴れでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「だちけ」があります。
これは「~だったそうですよ」という意味です。

 

「あっちなむすこいえでしちゃったんだちけ」
(あそこの息子、家出しちゃったんだそうですよ)

 

という風に使われます。

だんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちく、ちぐらっぽ、ちぐらっぺ とも言います。

 

嘘 という意味です。

 

「ちぐぬがすでね!」
(嘘つくな!)
「なぁにちぐべえいってんだ」
(何嘘ばかり言っているんだ)
「ちぐらっぽなこどゆってんだねー」
(嘘つきみたいなこと言ってるんじゃない)

 

という風に使われます。

ちぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちべっと とも言います。

 

少し という意味です。

 

「きょーはぜにちっとしかもってねえだよ」
(今日はお金を少ししか持ってないんだよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ちっともやっか」があります。
これは「ちょっと一杯飲みましょう」という意味です。

 

「どーでー、ちっともやっか」
(どうだい?ちょっと一杯飲みましょう)

 

という風に使われます。

ちっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちぼめる とも言います。

 

縮まる、縮小する という意味です。

 

「おりたたみのかさっちゃうまぐちぼまるなあ」
(折りたたみの傘って上手く縮まるなあ)
「いまのおりたたみのかさっちゃうんとちぼめられるよにできてんだな」
(今の折りたたみの傘って、とても縮小出来るように出来てるんだね)

 

という風に使われます。

ちぼまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~とは、~は、~って という意味です。

 

「あのひどっちゃ、かねもぢなんだってよ」
(あの人って、お金持ちなんだってよ)
「これっちゃかわいーべー」
(これは可愛いねえ)
「これっちゃあだしのとくいなことだっぺ」
(これは私の得意なことです)

 

という風に使われます。

ちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

してしまうから という意味です。

 

「そごすべっちゃーがらちゅーいしろ」
(そこ滑ってしまうから注意しなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゅーがくせ、つーがくせ」があります。
これは「中学生」という意味です。

ちゃーがら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物が酷く壊れた状態、潰れた状態 という意味です。

 

「くるまぶっつけてちゃじゃみじゃくになっちまったべえよ」
(車をぶつけて酷く潰れた状態になってしまったわよ)
「ちゃじゃみじゃぐになったらおしめーだっぺ」
(物が酷く壊れた状態になってしまったらおしまいだよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちゃぶす」があります。
これは「潰す」という意味です。

ちゃじゃみじゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃっちい とも言います。

 

粗末、良くない、ちんけ、貧相、ちゃち という意味です。

 

「こんなちゃちけーもんいんねよ」
(こんな粗末な物いらないよ)
「ちゃっちぃごどできにすんな」
(ちんけなことで気にするなよ)

 

という風に使われます。

ちゃちけー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっくら、ちっと とも言います。

 

ちょっと という意味です。

 

「ちょごっとたのまれでくれっけ?」
(ちょっと頼まれてくれませんか?)
「ちょっくらようたしにいってくらぁ」
(ちょっと用足しに行って来るよ)
「ちょっくらいってぐっかんな」
(ちょっと行って来るからね)

 

という風に使われます。

ちょごっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まともである という意味です。

 

「としでしんぶんもちょーろぐにめーねーよ」
(年で新聞もまともに読めないよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ちょーろぐだま」ですと「とんでもない奴」という意味です。

 

「とんだちょーろぐだまだな」
(全くとんでもない奴だ)

 

という風に使われます。

ちょーろぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちんちゃい、ちんちぇえ、ちんこい とも言います。

 

小さい という意味です。

 

「あんれま、ちんぷくせーごど」
(あらあ、小さいこと!)
「そーたちんちゃいきゅーりをとっちまったらだめだっぺ」
(そんな小さなきゅうりを取ってしまってはダメだ)

 

という風に使われます。

ちんぷくせー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

掴む、掴んでしまう という意味です。

 

「そやっててすりさつかさまってぼっつーらあるげばいがっぺや」
(そうやって手摺に掴まってゆっくり歩くといいよ)
「くるまきゅーにとまっがらよー、おらびっくらしてまえのいすさつかまさった」
(車が急停止するものだから、私びっくりして前のイスを掴んでしまったよ)
「つかさまりっぱぐれっとあぶねっかんな」
(掴み損ねてしまうと危ないからね)

 

という風に使われます。

つかまさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つっかえる という意味です。

 

「そごらへんにつっかがりまわしてねーでさっさどあるげ」
(その辺でつっかえていないで、さっさと歩きなさい)
「としくうどつっかがりまわしやすくなっかんなあ」
(年を食うとつっかえやすくなるからねえ)

 

という風に使われます。

 

これが「つっかげる」ですと「躓く」という意味です。

 

「つっかげはいででつっかげだ」
(サンダルを履いていたら躓いた)

 

という風に使われます。

つかがりまわす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つっぺす とも言います。

 

転ぶ という意味です。

 

「いしっころにつまづいでつっころんじまった」
(石に躓いて転んでしまった)
「あすこのかどっごでつっぺしちゃった」
(あそこの角で転んじゃった)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「つっころばす、つっころがす」があります。
これは「(脚を掛けて)転ばせる」という意味です。

 

「よぐもおれぁのごどそのみちけーあしでつっころがしてくれだな」
(よくも俺のことを、その短い脚で転ばせてくれたな)

 

という風に使われます。

つっころぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言っているでしょう、言ってるじゃない という意味です。

 

「だーがーら、ちげーつってっぺよ」
(だーかーらぁ、違うって言ってるでしょう)
「そーつってっぺよってつってっぺよ」
(そう言ってるでしょうって言ってるじゃない)
「んだがら、ほーじゃねーっつってっぺよぉ」
(だから、そうじゃないって言ってるでしょう)

 

という風に使われます。

 

”言った”と言うには「つった」になります。

 

「いぐっつったって」
(行くって言ったって)

 

という風に使われます。

つってっぺよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

刺す という意味です。

 

「ばーべきゅーやっがらそごのなんだりをくしにつっとしてくれっけ」
(バーべキューをするから、そこの材料を串に刺してくれる?)

 

という風に使われます。

 

これが「つっさす」ですと「突き刺す」という意味です。

 

「このにぐくしさつっさしてくれっけ」
(この肉を串に突き刺してくれる?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つっとーす」があります。
これは「突き通す」という意味です。

つっとす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介