HOME -> 石川の方言 

あいそもね、あいそんない とも言います。

 

つまらない、物足りない という意味です。
「このへや、あいそむないさかい、はなでもかざるか」
(この部屋はさみしいから花でも飾ろうか)
「こんなもんこんだけやったらあいそもねー」
(これだけだったら物足りない)
「なんやらあいそもねぇおもたら、すとーぶかたしたんか」
(何だか物足りない気がすると思ったら、ストーブを片付けたんだね)
という風に使われます。

あいそむない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

愛想がいい、可愛らしい という意味です。
「いつもにこにこして、あいそらしーこやね」
(いつもにこにこして、愛想がいい子だね)
「あのこあいそらしーかおして、ゆーこときつい」
(あの子はかわいらしい顔をして、言うことが厳しい)
という風に使われます。

あいそらしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

混ぜ合わせる という意味です。
問題が起こったときに噂話をして歩くなどして
大げさにしてややこしくすることを指します。
「このなー、あおだかしてくれ」
(この菜を混ぜてくれ)
「そんなあおだかすさけや」
(そんなにややこしくするからだ)
という風に使われます。

あおだかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

柴犬 という意味です。
「さとうんとこゆうたら、あかいぬおるうちけ?」
(佐藤のところって言ったら、柴犬がいる家かい?)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あかねこ」があります。
これは「茶トラ猫」という意味です。
「しばらく、あのあかねこかおみしんだがん・・・」
(しばらく、あの茶トラ猫、顔を見せなかったけど・・・)
という風に使われます。

あかいぬ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なぞなぞ という意味です。
「あかしもんしっか」
(なぞなぞをしようか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あごた」があります。
これは「顎、アゴ」という意味です。
「あごたにままついとる」
(顎にごはんがついている)
という風に使われます。

あかしもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あぐたらしい とも言います。

 

しつこい、けばい、過剰である という意味です。
「か、もょああぐたらして、あんますきんね」
(これは、模様が派手すぎるから、あんまり好きじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あぐるしー」があります。
これは「騒がしい」という意味です。
「あぐるしーねー。ちょっこり、ちんとしとんまっしゃいま」
(騒がしいね。少し静かにしていらっしゃいよ)
という風に使われます。

あぐたらし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あぐら という意味です。
「あぐちかくまっし」
((どうぞ)あぐらをかいて下さい)
「おもしねーて、くちゃあぐちかいとった」
(面白くなくて、口があぐらをかいていた)
「よそいったら、あグちかいてすわっとったら、だちゃかんぞ」
(よその家に行ったら、あぐらかいて座っていては駄目だぞ)
という風に使われます。

あぐち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あせくらしー、あせない とも言います。

 

忙しい、バタバタしている、あくせくする という意味です。
「あせくっとっと すぐわすれる」
(あくせくしていると、すぐに忘れる)
「あんたは、いつもあせくらしーひとやねー」
(あなたはいつも忙しい人だねえ)
「あーらあせくらっしゃ」
(ああ、忙しい)
「どっかいこおもとあせくらして」
(どこかへ行こうと思うとバタバタして忙しくて)
という風に使われます。

あせくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汗だく、汗をいっぱいかく、(汗水垂らして)頑張る という意味です。
「こんだけあついと、ただすわっとってもあせしぶっら」
(これだけ暑いと、ただ座っていても汗でビショビショになるなぁ)
「みいま。あせしぶってやっとらんやがい」
(見ろよ。汗だくでやっているんじゃないか)
という風に使われます。

あせしぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てあたる とも言います。

 

もらえる、~てもらえる という意味です。
「あのかいしゃは、いつもかもぼーなすでっかいことあたるんやといね」
(あの会社はいつもボーナスがたくさん貰えるんだそうだよ)
「きょうはやすみやけどきゅうしょくあたるげんて」
(今日は休みだけれど、給食がもらえるんだって)
という風に使われます。

あたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

非常に熱い様子 のことを指します。
「あんたのはいったふろ、あついちんちんであとのもんなはいれんわ」
(あんたの入った風呂、ものすごく熱くて後の者が入れないよ)
という風に使われます。

 

何℃以上が「ちんちん」な熱さという絶対的な尺度はなく、
状況によって適正な温度との比較で「ちんちん」かどうかが決まるようです。

あついちんちん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっくりきた とも言います。

 

悩みや心配事が解消されて、気持ちがスッキリする という意味です。
「きんのからずっとおもいだせんできもちわるかってん。あ~、こんであっくり」
(昨日からずっと思い出せなくて気持ち悪かったんだ。あ~、これでスッキリ)
という風に使われます。

あっくりする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あったらもん とも言います。

 

もったいない という意味です。
「これ、まだあたらしーさかい、あったらてほーられんわ」
(これはまだ新しいから、もったいなくて捨てられないよ)
「まだ、どこもどーもねえに、はやきられんようになった。あったらもんやんなー」
(まだ、どこも大丈夫なのに、もう着られなくなった。もったいないなー)
という風に使われます。

あったらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あてげな とも言います。

 

いい加減な、うさんくさい、よくわからない、ややこしい という意味です。
「あいつは、あてガいなやつやなー」
(あいつはいい加減なやつだなあ)
「あてげなこというとんなま」
(ややこしいことを言わないで)
という風に使われます。

あてがいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奇妙な、変な、おかしな という意味です。
「きんじょのひともちゃんとみとれんし、ほんなあてぎなかっこうばっかしとんなまいや」
(近所の人もちゃんと見てるんだから、そんな妙な格好ばっかりしてるんじゃないよ)
「わがなんもせんとってもんくだけいうてくるて、えれあてぎんねぇけ?」
(自分は何もしないでおいて文句だけ言ってくるって、随分とおかしくない?)
という風に使われます。

あてぎな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あいへんない とも言います。

 

恥ずかしい という意味です。
「しっぱいしたもんで、あへなて、ひとまえでられんわ」
(失敗したから恥ずかしくて人前に出られないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あらむさや」があります。
これは「まあ大変」という意味です。
「あらむさや。なびゃこぎた」
(まぁ大変。鍋が焦げちゃったわ)
という風に使われます。

あへない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雨 という意味です。
これが”雨が”という場合には「あみゃ」になります。
「あみゃふってきた。せーてかえらな」
(雨が降ってきた。早く帰らないと)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あねさ」があります。
これは「姉」という意味です。
「これあねさにもったんや」
(これ、姉にもらったんです)
という風に使われます。

あみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あもりない とも言います。

 

しまりがない、だらしがない、頼りない、ゆるい という意味です。
「こぼしとんなま。あもりね」
(こぼすんじゃないよ。口に締まりがないな)
「あいつもあんでいがいととあもりのねぇとこあっさけ、うしろからみといたほうがええぞ」
(アイツもあれで意外と抜けたところがあるから、後から見ておいた方がいいぞ)
「ここのじゃぐちももうだいぶふるなったさけ、あもりゃねぇよんなってしもたんや」
(ここの蛇口ももう大分古くなったから、栓がゆるくなってしまったんだよ)
という風に使われます。

あもりね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

事態を引っ掻き回す、ちょっとした騒動を起こす という意味です。
「しんじれんぞいや。あわだかすだけあわだかして、わがかえってったぞ」
(信じられない。引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、自分は帰っていったぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あわしゃ」があります。
これは「間」という意味です。
「はーのあわしゃになんやらはさまった。あらえてー」
(歯の間に何かはさまった。ああ痛い)
という風に使われます。

あわだかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あの という意味です。
「あんねんね どしたんや」
(あの子ども、どうしたのでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あんやと」があります。
これは「ありがとう」という意味です。
「たすけてもろてあんやとー」
(助けてもらってありがとう
という風に使われます。

あん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長男 という意味です。
「おめ、あんさかおっさか?」
(あなたは長男ですか次男ですか?)
という風に使われます。

 

これが「おっさ」になると「次男、弟」という意味です。
「おっさそくせか?」
(弟は元気ですか?)
という風に使われます。

あんさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

息子さん、旦那さん、お兄さん という意味です。
男の人全般を呼ぶ時、弟が兄を呼ぶ時などに使います。
「あんちゃん、よめさおっちゃんか?」
(おにいさん、お嫁さんいるの?)
「そこのあんちゃなどこいってん?」
(あなたの家の息子さん/だんなさんはどこに行ったのですか?)
という風に使われます。

あんちゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ええじぃー とも言います。

 

いいわねえ という意味です。
「これこうてもってん」「いーじいー」
(これ買ってもらったのよ)(いいわねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いーちくたーちく」があります。
これは「二列交互、且つ、一つおき」という意味です。

いーじぃー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

態度が大きい、生意気な、気に食わない という意味です。
「あのこ、わかいくせに、いさどいこと」
(あの子、若いくせに偉そうなこと)
「あのひと、なんかいさど~い」
(あの人、何か気に食わなーい)
「あんた、いさどいくるまにのっとるじー」
(あなた、立派な車に乗っているね)
という風に使われます。

いさどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いじっかしー、いじくらっしゃ とも言います。

 

邪魔、鬱陶しい、うるさい という意味です。
子どもなどがまとわりついて面倒な時などに使われます。
「はいぼんぼおっていじくらしー」
(ハエがいて鬱陶しいなあ)
「あー、いじっかしーなー、くっついてくんなま」
(ああ、うっとうしいな、くっついてくるなよ)
という風に使われます。

いじくらし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

石 という意味です。
「ちっちぇ、いしなばっか、もってくんなま」
(小さい石ばかり、持ってくるなよ)
「こんだからにゅーすになっとった、せんろにいしなおかん、はんになからすやってんといや」
(この間からニュースになっていた、線路に石を置くのは、犯人はカラスだったんだってさ)
という風に使われます。

いしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑固者、頑固な人 という意味です。
「ほんとに、いちがいもんやわいや」
(本当に、頑固な人だね)
「うちのじーちゃん、いちガいもんで、よーよわった」
(うちのお祖父さんは頑固者で、大変困った)
という風に使われます。

いちがいもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かわいらしい という意味です。
「あら、いちゃけなこやね」
(あら、かわいらしい子だねえ)
「そんないちゃけなこいやった」
(そんなかわいらしい恋でした)
「まー、よーわろて、いちゃけなこやなー」
(まあ、よく笑ってかわいい子だねえ)
という風に使われます。

いちゃけな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

里芋 という意味です。
「いものこ、もったぞ」
(里芋をもらったよ)
「いものこにたが、うっめぞいや」
(里芋を煮たのは、美味しいよ)
「たなにたんころいもすったが、もってあっさけたべや」
(棚に里芋をすりおろしたのが、盛りつけて(置いて)あるから食べなさい)
という風に使われます。

いものこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

犬 という意味です。
「いーなおる」
(犬がいる)
「あれはどこのいんだ」
(あれはどこの犬だ?)
「いーなおったし、ぼーた」
(犬がいたので追っ払った)
という風に使われます。

 

これが「犬が」の場合は「いーな」となります。

いん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆったりと、ゆっくりと という意味です。
「そんなあわてんと、いんぎらーっとしていくまっし」
(そんなに慌てないで、ゆっくりとしていきなさいよ)
「だれもおらんさけ、いんぎらーっとしていくまっし」
(誰もいないから、ゆったりとしていきなさい)
という風に使われます。

いんぎらーっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よ という意味です。
「しんしゃこーたうぇー」
(新車を買ったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うでる」があります。
これは「茹でる、熱湯で煮る」という意味です。
「ただうでたもんやがして」
(ただ茹でたものじゃないの)
という風に使われます。

うぇー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いやらしい、面倒な、煩わしい という意味です。
「うざくらしーこと、ひきうけてきたな」
(面倒なことを、引き受けてきたな)
「ねんねおっと、にんがしてええげんけんど、まぁ、うざくらしこと、うざくらしこと」
(赤ちゃんがいると賑やかで良いんだけど、それはそれは煩わしくててんやわんやになるのよねぇ~)
という風に使われます。

うざくらしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疑わしい、怪しい という意味です。
「なんやら、うさんなもーなおる」
(何か怪しい人がいる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うしなかす」があります。
これは「なくす、失う」という意味です。
「ぜんうしなかいた」
(お金をなくした)
という風に使われます。

うさんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

衣服や布などが、透けるように薄い状態 という意味です。
「きょう、ゆうがたからさむなぁれんぞ。そんなうすじゃれいちまいでどもねぇけ?」
(今日、夕方から寒くなるんだよ。そんな薄もの一枚で大丈夫?)
「このてぃーしゃつようみたら、こんにうすじゃれんなっとった」
(このTシャツ、よく見たら、こんなに透けてきてた)
という風に使われます。

うすじゃれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

知らん振りをする という意味です。
「わがかんけいねぇようなかおしてうっさらかちむいとらんと、ちょっこてつだえま」
(自分は関係ないような顔をして知らんぷりしてないで、ちょっと手伝いなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うらんがか?」があります。
これは「売らないのですか?」という意味にもなります。
「うらんが うらんがや」
(私のは売りません)
という風に使われます。

うっさらかちむく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うまそい、まーそい とも言います。

 

元気そうな、子供が丸々と太って健康そうな という意味です。
「うまそーなこやね」
(元気そうな子だね)
「でこなったらいまだ、うまそなあんちゃんやぞ」
(成長した今では、体が大きい青年なんだよ)
という風に使われます。

うまそな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私 という意味です。
これが「私達」の場合は、「うらら」になります。
「こりゃうらんがか?」
(これは私のですか?)
という風に使われます。

 

また、「うち」でも「私」という意味です。
これは主に女性が使います。
「うち、こんどけっこんするげんて」
(私、今度結婚するんだよ)
という風に使われます。

うら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① いいですね、いいなあ という意味です。
「くじあたったんか、えーわぁー」
(くじに当選したのですね、いいなあ)
という風に使われます。

 

② いいです(否定)という意味です。
「これいるか?」「ええわ」
(これいりますか?)(いりません)
という風に使われます。

ええわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

憎たらしい、偉ぶった言動をとる という意味です。
「あいつ、さいきんえさっとらんか?」
(アイツ、最近天狗になってないか?)
「まぁ~ったちごとっしとおもて、えっさ~って「だしなおしてくれ」つってでんわしたったんに」
(またしても違っているからと思って、あえて嫌みったらしく「出し直して下さい」って電話してやったのに)
という風に使われます。

えさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えちゃけ とも言います。

 

(幼児などが)可愛らしい という意味です。
「あーら、えちゃきなかおして」
(あら、可愛い顔して)
「あ~ら、えちゃきなんな~」
(わあ~、可愛らしいな~!)
という風に使われます。

 

主に子どものことを言います。
幼児の純真なふるまいに微笑ましく思ったり、
いじらしい様子に胸を打たれてぐっと来るような心の動きを伴います。

えちゃき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痛い という意味です。
「なげだすわっとったらけつぁえてー」
(長い間座っていたらお尻が痛い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えろ」があります。
これは「触る」という意味です。
「これえろわんといて」
(これ、触らないで)
という風に使われます。

えて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いのけん とも言います。

 

動けない という意味です。
「たんぼにはまって、えのけんがんなった」
(田んぼにはまって動けなくなった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えけん」があります。
これは「行けない」という意味です。
「きゃーえけん」
(今日は行けません)
という風に使われます。

えのけん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

今 という意味です。
「えまいく」
(今行く)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えしゃ」があります。
これは「医者」という意味です。
「なんやらえれし えしゃにみてもるわ」
(なんだか辛いので、医者に診てもらいます)
という風に使われます。

えま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えれー、えらい とも言います。

 

①(体が)しんどい、つらい、だるい という意味です。
「あらえれー。いっぷくしるわ」
(ああしんどい。休憩します)
「えらいさけ、さきかえるわ」
(病気っぽいから、先に帰るね)
という風に使われます。

 

② 偉い、随分と という意味です。
「あのひとぁえれひとや」
(あの人は偉い人だ)
「か、えれでけな」
(こりゃあ、随分大きいな)
という風に使われます。

えれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

県外出身の人 という意味です。
「あのひと、じのひとやない、えんじょもんなガや」
(あの人は地元の人ではない、県外出身の人なんだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えもんかけ」があります。
これは「ハンガー」という意味です。
「かじでえもんかけとんでった」
(風でハンガーが飛んでいった)
という風に使われます。

えんじょもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

茶の間 という意味です。
「すいかきったが、おいにおいてあっさけ、とんにこいや」
(切ったスイカが、茶の間に置いてあるから、取りに来なさいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おいだすばせ」があります。
いらっしゃいませ という意味です。
「ゆきんなかよーこそおいであそばせ」
(雪の中、ようこそいらっしゃいました)
という風に使われます。

おい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おいね とも言います。

 

そうだ、そうだね という意味です。
「おいかー、昨日いってんちん」
(そうそう、昨日行ったんだよ)
「おいね、いけんくなってんて」
(そうなの、行けなくなったんだ)
という風に使われます。

 

主に女性が使います。
男性が言う場合には「おいや」になります。

おいかー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おいでる とも言います。

 

いらっしゃる という意味です。
「せんせい、あしたがっこうにおいでますか」
(先生、明日は学校にいらっしゃいますか)
「とうちゃん、うちにおいでるかね」
(ご主人は、家にいらっしゃるかい)
という風に使われます。

おいでます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おうどな とも言います。

 

① 贅沢な という意味です。
「そんなおおどながにつことんなま」
(そんな贅沢なのに使わないで)
という風に使われます。

 

② 大ざっぱな、横着な、荒っぽい という意味です。
「そんなおーどなことせんといて」
(そんな大ざっぱなことをしないでおいて)
という風に使われます。

おおどな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奥の座敷、部屋 という意味です。
「あらーぁ、にかいむたむたやに、おくいきゃどうえ?」
(ええっ、二階は散らかってるから、奥の部屋に行けばどう?)
「ひるから、ごぼさんくっさけ、おくにねこはいらんようにみといてくれや」
(午後、お坊さんが来るから、奥の仏間に猫が入らないように見ておいてちょうだいね)
という風に使われます。

おく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さようなら、お疲れ様 という意味です。
仕事が終わった夕方などに人に会ったり別れたりする時に使います。
「おしまーい」
(お疲れ様!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おしぴん」があります。
これは「画鋲」という意味です。
「ぽすたーはるがにおしぴんもってこー」
(ポスターを貼るので画鋲を持ってきて)
という風に使われます。

おしまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

正座をする という意味です。
「へーぜこーぜおつぶりかいとっさけじゃまねかろっけんど、こっちゃなれとらんさけ」
(普段から正座してるから大丈夫だろうけど、こっちは慣れていないから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おてらし」があります。
これは「太陽、天気が良い、陽がさしている」という意味です。
「やっとちょっこおてらしんなったさけ、えかったんね」
(やっと少し太陽がのぞく良いお天気になったから、良かったよね)
という風に使われます。

おつぶりかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おやつ、お菓子、お駄賃、小遣い という意味です。
「おてまやっか」
(おやつをあげようか)
「いっぷくして、おてま、とんにこいや」
(休憩して、おやつを取りにおいで)
「おてまやるさかい、かいもんいってきてま」
(お小遣いをあげるから、買い物に行ってきてよ)
「おつかいいってくれたおてまやぞ」
(お使いに行ってくれたお駄賃だよ)
という風に使われます。

おてま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おとろっしゃ とも言います。

 

恐ろしい、怖い という意味です。
「けさはみちがきんかんなまなまで、おとろしかった」
(今朝は道が凍ってつるつるで、怖かった)
「おとろしいことせんといてやー」
(恐ろしいことをしないでくださいね)
「なーん、ほんなおとろしいもんじゃないわいね」
(いえいえ、そんなにヤバイものじゃありませんよ)
という風に使われます。

おとろしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなた という意味です。
これが「あなた達」の場合は「おめら」。
また、「あなたは」の場合は「おみゃ」となることがあります。
「こりゃおめんがか?」
(これはあなたのですか?)
「おめら、ござっせの」
(あなた達、いらっしゃい)
「このおめがおめんがか?」
(このオメガはあなたのですか?)
という風に使われます。

おめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気持ちがいい という意味です。
「おめでなゆや」
(気持ちのいいお湯だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おやけ」があります。
これは「裕福な、お金持ち、金持ちな家」という意味です。
「まあ、おやけやさけんな、きついわい」
(まあ裕福だからね、大したもんだ)
という風に使われます。

おめで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のんびりと、ゆっくりと という意味です。
「おんぼらーとしていくまっし」
(のんびりとしていきなさい)
「きょうはしごとわっせて、おんぼらーとしとったら」
(今日は仕事を忘れてのんびりとしていたら)
という風に使われます。

おんぼらーと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けーど とも言います。

 

家の前、家の前の庭や道 という意味です。
「かいどでてあそべ」
(家の前の外で遊びなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かけばり」があります。
これは「マーキングする」という意味です。
犬や猫などがおしっこをかけてマーキングすることを指し、
男性の立ちションにも揶揄して使うこともあります。

かいど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かわらし とも言います。

 

かわいらしい という意味です。
「きゃーまた、えれかえらしかっこできとっり?」
(今日はまた、随分かわいらしい格好で来たんだね)
「あら、かわらっしゃ~」
(わあ、かわいい~)
という風に使われます。

かえらし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

外野が余計な口出しをする、ちょっかいを出す という意味です。
「いちどあいつのおもたようながにさしてみーれんし、かかりいうなや」
(一度、あいつの思ったようにさせて見るんだから、余計なこと言うなよ)
「やっとねそうやったんに、かかりいうさけ、まったかがかがんなったがい」
(やっと寝そうだったのに、ちょっかいを出すから、また目が冴えちゃったじゃない)
という風に使われます。

かかりいう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手伝う、手を貸す という意味です。
「ちょっと、んながらしてかかってやってくれい」
(ちょっと、みんなで手伝ってやってくれ)
「これ、かかってもろわんかったら、きょうまでにできんかったわ」
(これ、手伝ってもらわなかったら、今日までに出来なかったよ)
という風に使われます。

かかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっきゃま とも言います。

 

あられ、おかき という意味です。
「かきやま、たんとたべまっし」
(おかき、たくさん食べなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かがかが」があります。
これは「目が冴えている」という意味です。
テンションが上がっていて、眠れそうにない様子を指します。
「ねんね、ひるねしたがおそかったさけ、まだかがかがや」
(赤ちゃんが、昼寝をしたのが遅かったから、まだちっとも寝そうにないよ)
という風に使われます。

かきやま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

におい、香り という意味です。
「なんやらええかざしる」
(何かいいニオイがする)
「じょんなかざしる」
(変なにおいがする)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かもり」があります。
これは「冬瓜」という意味です。
「れいぞうこにきんののかもりはいっとっしたべや」
(冷蔵庫に昨日の冬瓜が入ってるから食べなさい)
という風に使われます。

かざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とりとめもなく、乱雑に という意味です。
「がざむざとして、うちにおるわけ」
(とりとめもなく、家で過ごしているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かさだかな」があります。
これは「大袈裟な」という意味です。
「なにを、かさだかなことゆーとるガや」
(何を大袈裟なことを言っているんだ)
「かさだかな、なんべんもきてもろて」
(大袈裟な・・・何度も来てもらって)
という風に使われます。

がざむざと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

風、風邪 という意味です。
「かじゃふいてきた」
(風が吹いてきた)
「かじひいてのどぁえて」
(風邪をひいてノドが痛い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かぜねつ」があります。
これは「口内炎、口角炎」という意味です。
「かぜねつできて、ものがたべれん」
(口内炎が出来て、ものが食べられない)
という風に使われます。

かじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(お米を)研ぐ という意味です。
広い意味では(お米を研いで)炊く という意味もあります。
「だんだんさむなってきたさけ、みずぁちっとてかすがんも、どんなんざ」
(だんだん寒くなってきたから、水が冷たくて(お米を)研ぐのも、どうにも厄介だよ)
「あしたおとうおらんげんさけ、にごうほどかしときゃええぞ」
(明日はお父さんがいないんだから、(お米は)2合ほど(研いで)炊いておけばいいよ)
という風に使われます。

かしぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける という意味です。
「かすげとんなま」
(ふざけないで)
「よなかにかすげたこえ、だいとらんと!」
(夜中におかしな大声を出さないで!)
「われがらばっかかすげとるだけで、みとるもななーんひとっつもおもしろねぇがばっかやんな」
(自分達ばかりふざけているだけで、見ている者は全然ちっとも面白くないものばっかりだな)
という風に使われます。

かすげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かてー とも言います。

 

聞き分けのよい、行儀が良い、大人しい という意味です。
「あーら、かたいこやにー」
(あら、お利口な子ですねー)
「なんでもゆーこときーて、かたいこや」
(何でも言うことを聞いて、聞き分けのよい子だ)
という風に使われます。

かたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傾く という意味です。
「かべのえー、かたがっとらんけ」
(壁の絵、傾いていないかい)
「かたがっとるがいね」
(傾いているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かわいや」があります。
これは「かわいそうな、いじらしい」という意味です。
「あら、かわいや」
(まあ、可哀想に。いじらしいよねえ)
という風に使われます。

かたがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一生懸命になる という意味です。
我を忘れるくらい、すごく必死で熱中している様を言います。
「がっぱんなってはしって、なにしとらん」
(一生懸命になって走って、何をしているんだ)
「あいつがっぱんねえか?おれもやべえわ」
(あいつメチャメチャ頑張ってないか?オレもヤバイよ)
「がっぱんなってしとったら、ゆうがたふらふらんなっとったわ」
(ムキになってやっていたら、夕方フラフラになってたよ)
という風に使われます。

がっぱんなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

倒す、引っくり返す、こぼす という意味です。
「きんのおおかぜやったさけ、あさみたらじてんしゃぜんぶかやさっとった」
(昨日は風が強かったから、朝見たら、自転車が全部倒されていた)
「おちゃつるつるはいっとるけど、かやさんともってけや」
(お茶がなみなみと入っているけれど、倒してこぼしたりしないように持っていきなさいよ)
という風に使われます。

かやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

転ぶ、倒れる、こぼれる という意味です。
「ほーら、かやったガいね。きーつけまっしま」
(ほら、倒れたじゃないか。気をつけなさいよ)
「こんなへっとぐちにおいとくなま。かやろっかしたがい」
(こんな入り口に置いておくなよ。転びそうになったじゃないか)
「もっとまんなかよせとかんと、そのうちかやっろ」
(もっと真ん中に寄せておかないと、そのうちにこぼしちゃうぞ)
という風に使われます。

かやる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かたいかんかん とも言います。

 

きつく締まっている、カチカチに固まっている という意味です。
「このへぼぁかんからかんにむすんであってほどけん」
(この紐はきつく結んであるのでほどけない)
「きゃーこおってかんからかんや」
(今日は凍ってカチカチです)
という風に使われます。

かんからかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

程度の甚だしい様子 という意味です。
「きょうはさかな、がんことれたじー」
(今日は魚が、とてもたくさん獲れたよ)
「ごぜんちゅうかいぎあーらんに、がんこなひとやんな」
(午前中に会議があるのに、豪快な人だねえ)
という風に使われます。

 

人(体言)に用いる場合は「(良くも悪くも)豪快な」、
状態(用言)に用いる場合は「すごく」「とっても」の意味になります。

がんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんさん とも言います。

 

神様、神社 という意味です。
「かんさまめってくるわ」
(神様におまいりしてきます)
「あしたかんさんのそうじのひぃでおらんがんなっさけ、はよおきとれや」
(明日、神社の掃除の日で(出かけて)いなくなっちゃうから、早く起きていなさいね)
という風に使われます。

かんさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

便所、トイレ という意味です。
「かんしょいってくるわ」
(トイレへ行ってきます)
「あらりくつな~。このねんね、はやわがでかんしょいーけんじ?」
(まあ、エライわねえ。この子、もう自分でトイレに行くんだね?)
という風に使われます。

かんしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

癇癪をおこす、ひどく怒る、堪忍袋の緒が切れる という意味です。
「はよせーまー。かんだっそ」
(早くしろよー。我慢の限界を超えるぞ)
「あいつ、きの、きゅうにかんだすさけ、みんなしてたっだびびっとってんぞ」
(あいつ、昨日、急にキレるから、みんなで物凄くビビッってたんだぞ)
という風に使われます。

かんだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行き違う という意味です。
「おらんあいだにこっちきとってんといや。ちょ~どがんちんくうたんやんな」
(いない間にこっちに来てたんだって。ちょうど行き違ったんだね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かんかん」があります。
これは「缶」という意味です。
「かんかんのうえにおいたし」
(缶の上に置きましたから)
という風に使われます。

がんちんくう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

幼児、子供などが大声や奇声をあげる という意味です。
「うるせんな、いくらきざいたかってだっちゃんがや!」
(うるさいな、いくら泣いたってダメなの!)
「ねんね、じゃまねんか?ないとらんかきざいとんかどっちや?」
(子ども、大丈夫なの?泣いてるのかふざけてるのか、どっちなの?!)
という風に使われます。

きざく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

元気なさま、魚介類の新鮮なさま という意味です。
「とれたばっかやさけ、きときとのさかなやぞ」
(とれたばっかりだから、新鮮な魚だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きかん」があります。
これは「気が強い」という意味です。
「おとなしそーにみえっけど、なかなかきかんぞ」
(おとなしそうに見えるけど、なかなか気が強いよ)
という風に使われます。

きときと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ありがとう という意味です。
「あんやと、あんやと。きのどくな」
(ありがとうね。わざわざ申し訳ないね)
「こんないいもんもろて、きのどくな」
(こんなにいいものを貰って、ありがとう)
「あら~きのどくなな。ほんな、そうさしてもっかんな?」
(まあ、すみません。じゃあ、そうさせてもらおうかな?)
という風に使われます。

きのどくな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凍結している、雪道が凍ってつるつるの状態 という意味です。
「みち、きんかんなまなまんなっとっさけ、きーつけて」
(道路の雪が凍ってつるつるになっているから、気をつけて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きんきん」があります。
これは「飲み物がよく冷えている」という意味です。
「びーるきんきんにひえとる」
(ビールがとても冷えている)
という風に使われます。

きんかんなまなま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昨日 という意味です。
「きんのいったんや」
(昨日、行きましたよ)
という風に使われます。

 

これが「きゃー」ですと「今日(きょう)は」という意味です。
「きゃーうまいひーや」
(今日はいい天気です)
という風に使われます。

きんの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食いしん坊、いやしん坊、食欲に支配されている状態 という意味です。
「どっちもおいしそうやんな。くいちぶンなってきた」
(どっちも美味しそうだね。食欲が強く出すぎてたまらない気分になってきた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くっつりする」があります。
これは「満足する」という意味です。
「おにぎりにぎってもって、やっとくっつりきた」
(おにぎりを握ってもらって、やっとお腹が落ち着いた)
という風に使われます。

くいちぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずるい という意味です。
「おそだしやがいや、ぐっすい」
(後出しじゃないか、ずるい!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぐっとのみ」があります。
これは「一気に飲み込む」という意味です。
「こんなでけばんころぐっとのみにしたら、いきゃつまろっかした」
(こんな大きな塊を一気に飲み込んじゃったから、息が詰まりそうになった)
という風に使われます。

ぐっすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からい とも言います。

 

塩辛い、しょっぱい という意味です。
「このみそしる、くどねーか?」
(このお味噌汁、塩辛くない?)
「こんなくどいもんな、からだによーないガや」
(こんなに塩辛いものは体によくないんだ)
という風に使われます。

くどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

愚痴をこぼす、嘆く、不平不満を言う という意味です。
「またずーっとくどいとるのきかんなんかってんよー」
(またずーっと愚痴ってるの聞かないといけなかったんだよー)
「どんどくどいたかてしゃあねぇげんけど、ほんでもくどかんとおれんやろんな」
(どれだけ文句を言ったって仕方ないんだけれど、それでも嘆いたり愚痴を言ったりせずにはいられないだろうね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くり」があります。
これは「ください」という意味です。
「それくり」
(それください)
という風に使われます。

くどく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かゆい という意味です。
「めやけー、めちんぽんなったんかんな」
(目がかゆい。ものもらいになったのかな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~け」があります。
これは「~かい」という意味です。
親愛の意を込めた疑問の終助詞です。
「このふく、ちょっときてみていーけ」
(この服をちょっと着てみていいかい)
という風に使われます。

けー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げべ、げべた とも言います。

 

ビリ、最後 という意味です。
「あのこははしるがきらいやさかいに、いつもかーも、げっとばっかしや」
(あの子は走るのが嫌いだから、いつもビリばかりだ)
「りれーで、げべんなんなや」
(リレーでは、ビリになるなよ)
という風に使われます。

げっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きなるい とも言います。

 

うらやましい という意味です。
「それもったんか。あらけなるいー」
(それもらったんですか。ああうらやましい)
「なーんもけなるないって」
(ちっともうらやましくないよ)
「あのひと、ゆうぜんのいいきもんきて、きなるいわ」
(あの人、友禅の良い着物を着て・・・うらやましいわ)
という風に使われます。

けなるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がん、げー、がんや とも言います。

 

~だよ、~のだ という意味です。
「しとるがやろ・しとるげんろ・しとれんろ」
(してるんだろ)
「たべとるがや・たべとるがね・たべとるげん・たべとれん」
(食べてるよ・食べてるんだ)
「たべとるげんわいや、だら!」
(食べてるってんだよ、バカ!)
という風に使われます。

げん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぴんぴん とも言います。

 

先が尖った状態 という意味です。
「えんぴつのさき、けんけんにけずった」
(鉛筆の先を鋭く尖った状態に削った)
「けんけんなえんぴつあるけ?」
(尖った鉛筆はありますか?)
という風に使われます。

けんけん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

げんぞらしー
わざとらしい という意味です。
「そのきもないがに、げんぞらしーこと、しんといて」
(その気もないのに、わざとらしいことしないでよ)
「うわー、けんぞらしー」
(うわー、わざとらしい~)
という風に使われます。
石川,方言,わざとらしい

わざとらしい という意味です。

「そのきもないがに、げんぞらしーこと、しんといて」

(その気もないのに、わざとらしいことしないでよ)

「うわー、けんぞらしー」

(うわー、わざとらしい~)

という風に使われます。

 

げんぞらしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんこ とも言います。

 

たくわん、漬物 という意味です。
「こーこたべっか?」
(たくわんを食べますか?)
「こーこのかえりここでこーここーた」
(高校の帰りここでたくわんを買った)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こーか」があります。
これは「学区、小・中学校の通学区域」という意味です。
「あんたさん、どこのこーかやったにゃ」
(あなたはどこの学区だったの?)
という風に使われます。

こーこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おやつ、仕事の合間の休憩 という意味です。
「こーびりんしっか」
(休憩にしますか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こーばこ」があります。
これは「雌のずわい蟹」という意味です。
「ずわいよりこーばこのほうがうっめぞいや」
(雄のずわい蟹より、雌のずわい蟹の方が美味しいよ)
という風に使われます。

こーびり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子、機嫌 という意味です。
「このきかいやこきげわろてどーんなん」
(この機械は調子が悪くて困る)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こねら」があります。
これは「子ねずみ」という意味です。
「なんやおもてみたら、こねらとったがころばいてあそんどる」
(何だろう?と思って見たら、捕った子ねずみを転がして遊んでる)
という風に使われます。

こきげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みみ とも言います。

 

きのこ の総称です。
「やまいくげんたら、こけ、たーんととってきてや」
(山へ行くんだったら、きのこをたくさん採ってきてね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぐ、こん」があります。
これは「引っこ抜く」という意味です。
「だいこなますすっさけ、さんぼんほどこんできてってやれ」
(大根なますを作るから、3本ほど抜いてきてちょうだいな)
という風に使われます。

こけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご精が出ますね という意味です。
「あついがに、ごせっかくな」
(暑いのに、ご精が出ますね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ござっせ」があります。
これは「いらっしゃい、おいで」という意味です。
「ここんござっせ」
(ここにいらっしゃい)
という風に使われます。

ごせっかくな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こちょがしー、こそばい、こそばしー、こちょばしー とも言います。
くすぐったい という意味です。
「そんなことしたら、こそガしーガいや」
(そんなことをしたら、くすぐったいよ)
という風に使われます。

 

これが「こそがす、こそばす、こちょがす」で「くすぐる」という意味です。
「わきのしたこそがすぞ」
(脇の下をくすぐるぞ)
という風に使われます。

こそがしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

理屈を言う、文句を言う という意味です。
「そんな、ごたむくゲんたら、いっぺんやってみーま」
(そんなに文句を言うんだったら、一度やってみろよ)
「そんなごたむくげんたら、いっぺんやってみーま」
(そんな文句を言うなら、一度やってみたら)
「ごたむいとらんと、はよねーやー」
(つべこべ言ってないで、早く寝なさいよー)
という風に使われます。

ごたむく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ち着いた気分になる、一息つける状態になる という意味です。
「なーもなーも。あんまこっとりもしとれんげんて」
(いいえいいえ。あんまり腰を落ち着けてもいられないんです)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ことっとする」があります。
これは「ちょうどよくなる、落ち着く」という意味です。
「こんでやっとことっとした」
(これでやっとちょうど良くなった)
という風に使われます。

こっとりする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むかしこっぽねん とも言います。

 

大昔の という意味です。
「こりゃむかしこっぽねんのきもんや」
(これは大昔の服です)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぼこぼ」があります。
これは、芋やカボチャなどの実をふかした時の、ほくほくして美味しそうなさま のことを言います。
「こぼこぼのいもはうまい」
(ほくほくしたさつま芋は美味しい)
という風に使われます。

こっぽねん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お坊さん という意味です。
「ごぼさまござした」
(お坊さんがいらっしゃった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごぼる」があります。
これは「雪や泥に足がはまる」という意味です。
「ひとのとーったあとあるかんと、ゆきにあしゃごぼるぞ」
(人の通った後を歩かないと、雪に足がはまるよ)
という風に使われます。

ごぼさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

固い、硬い という意味です。
「きょうのごはん、ちょっこしこわかったわ」
(今日のご飯は、少し硬かったよ)
「くらのとぉ、こわーなっとれんて。ちょっとみてってやれ」
(蔵の戸、重くて動かなくなってるの。ちょっと見てちょうだい)
「かんろにのびん、こわてあかん」
(甘露煮のビン、固くて開かない)
という風に使われます。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

両替する、小銭に換える という意味です。
高額紙幣や硬貨をくずす ことを言います。
「おい、あこでこわいてもってこいま」
(おい、あそこで小銭に換えてもらって来いよ)
「いちまんえんこわれるかたおいでませんかー?」
(1万円を両替できる方はいらっしゃいませんか?)
という風に使われます。

こわす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気が良すぎて愚かな という意味です。
「こんじょよしやさけ、なんでもたのまれらんや」
(気が良すぎるから、何でも頼まれるんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごんぼ」があります。
これは「牛蒡(ゴボウ)」という意味です。
「こんごんぼぁ、えれこえがやったんな」
(このゴボウは、随分かたいのだったね)
という風に使われます。

こんじょよし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

この家の という意味です。
「こんのあんちゃんおっちゃか?」
(この家の息子さんいますか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こんこん」があります。
これは「カチカチ、コチコチ」という意味です。
乾燥などで硬くなった様子を指します。
「きんなほたほたかったに、きょうんなったら、はやこんこんやわ」
(昨日は柔らかかったのに、今日になったら、もうカチンコチンだよ)
という風に使われます。

こんの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さあ とも言います。

 

それは という意味です。
「わっさーでん」
(あなたそれはなんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ざいばつ」があります。
これは「お金持ち」という意味です。
「えれ、ざいばっつぁんな~」
(随分とお金持ちなのねえ)
「でざーともつけるん?ざいばっつぁじ~」
(デザートもつけるの?リッチだね~)
という風に使われます。

さ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熱中する、手元の作業に集中するあまり背中を丸めた姿勢になっているさま を指します。
「さかとんぼりになってえつけけしとったわ」
(背中を丸めて俯きながら、作業に集中して絵付けをしていたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さけ」があります。
「さかい」とも言います。
これは「~から」という意味です。
「ほやさけいったがにぃ」
(だから言ったでしょうが)
「あんたじょうずやさけ、うとうとて」
(あなた、上手だから歌を歌って)
という風に使われます。

さかとんぼり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

して、してください、しなさい という意味です。
「はよさっせ」
(早くして)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さ、でーん」があります。
これは「一体どうしたの?」「どうなっているの?」という意味です。
「うで、すんげがにかぶれてん」
(腕、ひどくかぶれちゃったんだ)
「うわー、さ、でーん?」
(うわー、それ一体どうなっちゃったの?)
という風に使われます。

さっせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

計画する、予想する、念頭においておく という意味です。
「わたわたんなっさけ、なにこーわんかさんにゅうしてかからんなんな」
(バタバタするから、何を買うのか計画することから始めないとね)
「そんなさんにゅうまでしとらんださけんなぁ」
(そんなことまで予想してなかったからなぁ)
「てつだいしてもろわんなんげさけ、そのさんにゅうでおってくれや」
(手伝ってもらわないといけないんだから、そのつもりでいてくれよ)
という風に使われます。

さんにゅうする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~じ とも言います。

 

~よ、~ね、~だね、~だなあ という意味です。
「いいねくたいしとるじー」
(良いネクタイをしていますね)
「そんなんしらんじー」
(そんなの知らないよー)
「なかなかいいじー」
(なかなかいいね)
「すごいじー」
(すごいじゃないか)
という風に使われます。

じー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おじさん、おじいさん という意味です。
「ええーっ、このじいま!」
(ええいっ、このじいさんっ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しじょむ」があります。

これは「(インクや墨、水彩の文字・絵などが)滲む」という意味です。
「あめにあてっさけあてさきじじょんどーらいや?」
(雨に当てるから、宛先(の文字が)滲んでるじゃないか?)
という風に使われます。

じーま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

尻、太もも という意味です。
「しちべた、ほっだいて!」
(お尻を出して!)
「そんな、じべたねまったら、しちべた、ちぶたーならんけ」
(そんな、地べたに座ったら、お尻が冷たくならないの?)
という風に使われます。

しちべた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じっくらぁっと とも言います。

 

じっくりと という意味です。
「せーても、しゃーないさけ、じっくらーと、かかるまいかい」
(急いでも仕方がないから、じっくりとやろうよ)
「じっくらぁっとよんでみまっし」
(じっくりと読んでみましょう)
という風に使われます。

じっくらーと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆっくりと、のんびりと という意味です。
「むりしんと、しなしなーとするこっちゃ」
(無理をしないで、ゆっくりとすることだ)
「ほーんな、あせくらしい。しなしなっとやんまっし」
(そんな、慌しい。ゆっくりとしなさいよ)
という風に使われます。

しなしなーと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

してください、しなさい、して という意味です。

これは「せー」よりは少し上品で丁寧です。

「はよしまっし」
(早くして)
「しましまにしまっしま」
(縞々にしなさいよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「しまいか、しょまいか、しょまいかね」があります。
これは「~しませんか、~しようよ」という意味です。
「しまいにしまいか」
(終わりにしようよ)
という風に使われます。

しまっし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生意気な、偉そうな という意味です。
「しょうもろたこと、じまんらしーがにゆーげんて」
(賞をもらったことを、偉そうに言っているんだよ)
「もうすんだうぇーて、じまんらしげにゆいやがる」
(もう済んだよーだ、と、偉そうにいいやがる)
という風に使われます。
主に子供に対して使います。

じまんらしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒る、イライラする、ムカムカする という意味です。
「ほんなことゆうとしゃごめっさけゆうな」
(そんなことを言うと怒るので言うな)
「ええー、しゃごめるんなっ」
(ええー、イライラするなー)
「え~んな!とれんがいや、しゃごめっりゃ~!」
(ああーもう!取れないじゃん、ムッカつく~~!)
という風に使われます。

 

うまくいかないときなど、自分で自分に怒ったりするときに使います。

しゃごめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃまねー とも言います。

 

大丈夫だ という意味です。
「かおいろわるいけど、じゃまないけ」
(顔色が悪いけれど、大丈夫か)
「いま、でんわしとって、じゃまないけ?)
(今、電話をしていて、大丈夫?)
「おい、どんねえがんかいや」「なーんじゃまねーやろ」
(おい、平気なのか?)(いやあ、大丈夫でしょ)
という風に使われます。

じゃまない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

テレビ画面の砂嵐状態 という意味です。
「じゃみじゃみのてれびみると、めによーないぞ」
(砂嵐状態のテレビを見ていると目によくないぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃーま」があります。
これは「妻」という意味です。
「うちのじゃーま、おらんけ」
(うちの妻は、いませんか?)
という風に使われます。

じゃみじゃみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょちび とも言います。

 

貧相、これっぽっち、ちょっぴり、貧弱 という意味です。
「こんなしょちびんながーしかねーがか?」
(こんな貧弱なものしかないのか?)
「よろこんでぜんぶにわけっかおもたら、なーんしょっちびーんなげんぞ」
(喜んでみんなに分けようかと思ったら、もう、ほんのちょっとなのよ)
という風に使われます。

しょちびん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょまだれ とも言います。

もっとひどい「しょま」は、「どしょま」と言います。

 

不器用、うまくできない という意味です。

手際が悪かったり、些細なこともちゃんと出来なかったりした場合に、
その人に投げかけられる言葉です。
「えーい、しょまだれ。なんしとれんて!」
(えーい、不器用。何やってんだよ!)
「なんやしょまなことばっかしとっさけ、なおきがきんねぇげんわ」
(何だか要領の悪いことばっかりしてるから、逆に気が気じゃないんだよ)
という風に使われます。

しょま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

味が薄い という意味です。
「おかず、しょむなかったさけ、しょうゆかけてんて」
(おかずの味が薄かったから、醬油をかけたんだって)
「しょむねーさけ、しおでもかけなくえんがいや」
(味が薄いから、塩でもかけないと食べられないよ)
という風に使われます。

しょむない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

変な、奇妙な、おかしな という意味です。
「なんやそのじょんなが」
(なんですかその変なのは)
「そんなじょんなかっこうでいこっちゅーわんか?」
(そんなおかしな格好で行こうっていうの?)
「これ、まだしょうみきげんどもねぇげんけんど、なんやじょんなんてなんねぇけ?」
(これ、まだ賞味期限は大丈夫なんだけど、何だか変じゃない?)
という風に使われます。

じょんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(紙が)真っ白な状態 という意味です。
「なにかしたにしくかみねぇけ?ただのしろすっぺでええげんけど」
(何か下に敷く紙がないかい?ただの白い紙でいいんだけど)
「きょうのてすと、ほとんどしろすっぺでだしたった」
(今日のテスト、ほとんど白紙で出しておいたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しわらくせ」があります。
これは「おしっこくさい」という意味です。
「ねしょべんしたんか。しわらくせー」
(オネショしたのか、おしっこくさい)
という風に使われます。

しろすっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぽつりぽつりと、こつこつと などという意味です。
ゆっくりと、しかも間歇的に、無理のない範囲で物事が進む様子を言います。
「てれびみながらしんぶりまんぶりたべとったら、ぜんぶたべてしもた」
(テレビ見ながら、一つまた一つと食べてたら、全部食べちゃった)
「しんぶりまんぶりやっとったら、なんかおわりがみえてきたがいね」
(何も考えないで黙々とやってたら、何だか終わりが見えてきたじゃない?)
という風に使われます。

しんぶりまんぶり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寒気がするさま という意味です。
「かぜひいたんか、せなかすーすーする」
(風邪を引いたのか、背中が寒気がする)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ずくずく」があります。
これは「(水や雨に濡れて)ずぶ濡れな様子、ビショビショ」という意味です。
「すげがにふってきた。ぱんつまでずくずくじゃわい」
(ひどく降ってきた。パンツまでビショ濡れだよ)
という風に使われます。

すーすー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後ずさる、後退りする という意味です。
「みちきこうおもただけなんに、こっちがいっぽでるとーは、すさっていーけんて」
(道を聞こうと思っただけなのに、こっちが一歩出る度に、後ずさっていくんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すま」があります。
これは「隅」という意味です。
「そんすまにあったやろが」
(その隅にあったでしょう)
「これ、すまやっといてくとんし」
(これを隅に置いておいてください)
という風に使われます。

すさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引きずる、引きずって歩く、引きずって動かす、引きずって擦り傷をつける という意味です。
「うしろ、なにやらずっとるぞ。おびゃ、とれてきとらんねぇけ」
(後ろ、何だか引きずってるよ。帯が解けてきてるんじゃないの)
「あたらしたちもんねんさけ、きぃつけや。ひっこしんときにはやや、ずらんといてくれや」
(新しい建物なんだから、気を付けろよ。引越しの時に早くも、擦りキズなんか付けないでくれよ)
という風に使われます。

ずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

薄い、スカスカ という意味です。
「としとったらあたますんきんなった」
(歳をとったら頭が薄くなった)
「こんなすんきすんきにういてどーしらんや」
(こんなスカスカに植えてどうするの)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すびすび」があります。
これは「きれい、すっきり、何もない、すべすべ」という意味です。
「かいどはいたらすびすびんなった」
(家の前を掃いたらすっきりした)
という風に使われます。

すんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しなさい、して、しろ という意味です。
「はよせーま」
(早くしろ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せく」があります。
これは「急ぐ、焦る」という意味です。
「か、どうも、ちょっとせいたわけにいかんざ」
(これはどうも、ちょっと簡単な具合には行きそうにないなぁ)
「わがだけそんにせいとってもらちゃあかんさけ、ちょっといっぷくしまっし」
(自分だけがそんなに急いでいても埒があかないから、ちょっと休憩しなさい)
という風に使われます。

せー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

働き者、仕事をよくする人 という意味です。
「おみゃほんとにせごっしや」
(あなたは本当に働き者です)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せど」があります。
これは「庭、家の周りの屋外」という意味です。
「あん、じいちゃんおらんけ?せどんでもにでとるだけんねーがか?」
(えっ、おじいちゃんいないの?庭にでも出てるだけなんじゃないの?)
という風に使われます。

せごっし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒る という意味です。
「ほんなことゆうし、せもんだがいや」
(そんなことを言うので怒ったではないか)
「せもんどんなま」
(怒っていないで)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せわしない」があります。
これは「忙しい、慌しい」という意味です。
「うろうろして、せわしないねえ」
(ウロウロして、落ち着かないわね)
という風に使われます。

せもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

縫い物 という意味です。
これは「洗濯」のことではありません。
「せんだくしとったらめやえとなった」
(縫い物をしていたら目が痛くなった)
という風に使われます。

 

似た言葉は「ぜん」があります。
これは「銭、お金」という意味です。
「われぜんはろえ」
(あなたがお金を払って)
という風に使われます。

せんだく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なあ、~ね という意味です。

女性が使う言葉で、自分自身が認めている様子を指します。

「ずっとまっとるがに、だれもこんぞいね」
(ずっと待っているのに、誰も来ないなあ)
「きょうはとくにさむいぞいね」
(今日は特に寒いなあ)
という風に使われます。

 

男性が使う場合には「ぞいや」になります。

ぞいね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そくさいな とも言います。

 

健康、元気な という意味です。
「おみゃそくせか?」
(あなた、お元気ですか?)
「そくさいにしとったかいね」
(元気にしていたかい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そうけ」があります。
これは「そうかい?、そうですか」という意味です。
「そーけ、きーつけまっし」
(そうかい、気をつけなさい)
という風に使われます。

そくせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変 という意味です。
「ほんりゃ、だいばらや」
(それは、大変だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たいま」があります。
これは「ください」という意味です。
「まってたいま」
(待ってください)
「みとってたいま」
(見ていてください)
という風に使われます。

たいばら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~番(歌詞の数え方)という意味です。
「こうかのにだいめって、どんなでだしやった?」
(校歌の2番というのは、どんな出だしだった?)
「では、きょうはいちだいめのれんしゅうをしましょうね」
(では、今日は1番目の練習をしましょうね)
という風に使われます。
語源は”題目”と思われます。

だいめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしない という意味です。
「だだくさなやつやな」
(だらしない奴だな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たっだ」があります。
「たった」とも言います。
これは「とても」という意味です。
程度が甚だしいさまを指します。
「あいつ、たっだげんきやんな」
(あいつは、とても元気だな)
という風に使われます。

だだくさな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

建物 という意味です。
「あんたちもんのかげでいっぷくしっか」
(あの建物のかげで休憩しますか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たっち」があります。
これは「夕方」という意味です。
「たっちにでもだっかとんにこれるもなおるけ」
(夕方にでも誰か取りに来られる人はいますか?)
という風に使われます。

たちもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だちゃかん、らちゃかん とも言います。

 

ダメだ という意味です。
「やることやらな、だちゃかんぞ」
(やることをやらなくては、ダメだぞ)
「あのひとおらんと、このみせだちゃかんがや」
(あの人がいないと、この店はダメなんだ)
「そんなだわなことしとったらだちかんがやぁぞぉ」
(そんな変なことをしていたら、ダメですよ)
という風に使われます。

だちかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(紙や布などが)風で吹き飛ばされる という意味です。
「せんたくもん、ぜんぶたってっとったぞ 」
(洗濯もの、全部風で飛んでいっちゃってたよ)
「たってっとったいうとらんと、ちょっこかひろてこいまいや 」
(吹き飛んでったって言ってないで、ちょっとでも拾って来てよ)
「かきだちのがんたってくし、戸、閉めてまー 」
(書いたばかりのが風で飛ぶから、戸を閉めてよー)
という風に使われます。

たっていく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

立つ という意味です。
「そこふたりしずかにしとれんがなら、たてっとれ!」
(そこ二人、静かにしていられないのなら立っていろ!)
「このばすぁ、おりるときのぼたんおそとすっと、たてらんなとどかん」
(このバスは、降りる時のボタンを押そうとすると、立たないと届かない)
という風に使われます。

たてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だえー とも言います。

 

だるい、疲れた という意味です。
「きょうはあさからだやいし、いかんわ」
(今日は朝からだるいから、行かないよ)
「かぜでもひいたがか、からだだえー」
(風邪でもひいたのか、体がだるい)
「きのうからだやいかんじするおもたら、ねつあるわ」
(昨日から全身だるい感じがすると思ったら、熱あるわ)
という風に使われます。

だやい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらま とも言います。

 

バカ、あほ という意味です。
「わっ、だらんねえけ」
(あんた、バカじゃないの)
「いつまでも、だらなことしとんなま」
(いつまでも馬鹿なことをしているなよ)
「ほんなだらなことばっかゆーとって、わらわれっぞ」
(そんな馬鹿なことばかり言っていると笑われるぞ)
「えんな、だら、なんしとらんや、かせまいや」
(えーい、バカ野郎!何をやっているんだ、貸してみろ)
という風に使われます。

だら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらんとしている、ぶかぶか、ゆるゆる という意味です。
「だらまんふんどしみてながにむすんどんなま」
(ゆるゆるに結ばないで)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だらくさい」があります。
これは「馬鹿馬鹿しい、くだらない」という意味です。

だらまんふんどし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

衣服や布などが、もたついている 状態を指して言う言葉です。
「せなか、たんこたんこんなっとるぞ」
(背中、服がもたついて、おかしな風になってるよ)
「でかときとっさけ、どしてもたんこたんこんてになぁれんて」
(たくさん着てるから、どうしても、もたついてるみたいになるんだってば)
という風に使われます。

たんこたんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だんねー、だんない とも言います。

 

いいです、大丈夫です、かまわない、結構です という意味です。
「ちーでとるけど、だんないか?」
(血が出ているけれど、大丈夫か?)
「のしてってやっか」「だんね」
(乗せて行ってあげましょうか?)(結構です)
という風に使われます。

だんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちきねー、てきない、だやい とも言います。

 

病気や疲労で体がつらい という意味です。
「かぜひーいて、なんやらきちないわ」
(風邪をひいて、なんだか体がつらいよ)
「かぜでもひーたガか、だやてだやてどんなん」
(風邪でもひいたのか、体がつらくてつらくてどうしようもない)
という風に使われます。

ちきない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷たい という意味です。
「いどみずはちびとてきもちいーじー」
(井戸水は冷たくて気持ちいいね)
「けさはひえて、みずちびたい」
(今朝は冷えて、水が冷たい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちみる」があります。
これは「抓る」という意味です。
「わりーことしとったら、ちみれんぞ」
(悪いことをしていたら、抓るぞ)
という風に使われます。

ちびたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めちゃくちゃ、仕事が通り一遍で雑な様子 という意味です。
「あかるいがいーけど、ちゃがちゃがでいね」
(明るいのはいいけど、めちゃくちゃでね)
「おめのつくったもんっちゃ、ようみたら、んなちゃがちゃがやがいや」
(お前の作った物って、よく見たら、みんな乱雑で全然なってないじゃないか)
「あわててじゅんびしたがやさけ、こんなちゃがちゃがながんしかないげんけど」
(慌てて準備したものなので、こんな未整理なものしかないんですけど)
という風に使われます。

ちゃがちゃが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

早く という意味です。
「ちゃっとせーま」
(早くしなさい)
「ちゃっとチャットせーま」
(早くチャットしなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃがる」があります。
これは「掴まる」という意味です。
「ちゃがっとらんところぶぞ」
(掴まっていないと転びますよ)
という風に使われます。

ちゃっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃべこ、ちゃべちゃべ とも言います。

 

おしゃべり、おしゃべりな人 という意味です。
「あのひとぁちゃべやしなんもいえん」
(あの人はおしゃべりなので何も言えない)
「ちゃぺちゃぺいわんとはよせーま」
(文句言わないで早くしろ)
「あんたちゃべやし、きらわれんて」
(あなたはおしゃべりだから、嫌われるんだよ)
「いつまでも、ちゃべちゃべとうるさいやつや」
(いつまでもぺちゃくちゃと、うるさい奴だ)
という風に使われます。

ちゃべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ち着きが無い という意味です。
「あーら、ちゃわちゃわと。ちんとしとろ」
(あら、落ち着きが無いわね。大人しくしていなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちんちん」があります。
これは「お湯などが沸騰するほど熱いさま」という意味です。
「やかんのおゆ、ちんちんにわいとる」
(やかんのお湯が、熱く沸騰している)
という風に使われます。

ちゃわちゃわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

茶鉢、深皿 という意味です。
「えもんこちゃんばちにいれるか」
(芋の子を皿にいれようか)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「あたんまえんちゃんばち」があります。
これは「当たり前」という意味です。
「そんなん あたんまえんちゃんばっちゃ」
(そんなこと、当たり前です)
という風に使われます。

ちゃんばち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少し という意味です。
「あとちょっこししゃべらして」
(あと少し、喋らせてくれ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょんちょん」があります。
これは「衣服の丈が短い」という意味です。
「ほんーのすかーた、えれ、みじけちょんちょんでねーか?」
(そのスカートは、随分短いんじゃない?)
「はやこんにちょんちょんなっとるんな」
(もうこんなに服の丈が短くなってるね)
という風に使われます。

ちょっこし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小さい という意味です。
兄弟姉妹の下の子を指す場合は「ちんちぇもん」と言います。
「そのきもなちんちぇがんねえか」
(その服は小さいのではないですか)
「わりゃちんちぇもんか?」
(あなたは小さい子(兄弟の下の子ども)ですか?)
「このはきもん、ちんちょなった」
(この靴、小さくなった)
という風に使われます。

ちんちぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かたっぽちんぱ とも言います。

 

片方だけ、合っていない、(靴などが)揃っていない、右と左が違う という意味です。
足の具合の悪い人 のことを指す場合もあります。
「このくつぁちんぱや」
(この靴は片方違う)
「あしぁえとてちんぱこいてあるかんなん」
(足が痛くて足をひきずって歩かないといけない)
という風に使われます。

ちんぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

買い物、買い物をする、買い物へ行く という意味です。
「かあちゃないつかえってくるかわかっけ?つかいんでもいったんか?」
(お母さんはいつ帰って来るか分かるかな?買い物にでも行ったのかな?)
という風に使われます。

つかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

液体が今にも器から溢れそうにいっぱいな様子を指します。
お風呂の水を止め忘れた時などは、もうすでに溢れてしまってる場合にも使います。
「きのぬけたびーる、こんにつるつるいっぱいいれて、どうせっちゅうげんて!」
(気の抜けたビールを、こんなにギリギリまで入れて、どうしろって言うんだよ!)
という風に使われます。

つるつるいっぱい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうした という意味です。
「こんなことして でーがや」
(こんなことしてどうした)
「でーがやでーがや」
(どうしたどうした)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でーこ」があります。
これは「大根」という意味です。
「きゃーでーこにっか」
(今日は大根を煮ますか)
という風に使われます。

でーがや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変、大層 という意味です。
「あーてーそな」
(ああ、大変ですね)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「てーげ」があります。
これは「ずいぶん」という意味です。
「てーげなげだまっとったんや」
(ずいぶん長い間待っていたのです)
という風に使われます。

てーそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でかいこと とも言います。

 

たくさん という意味です。
「でかとある」
(たくさんある)
「じっかからりんごでかいこともろたんで、おすそわけしよーとおもて」
(実家からりんごをたくさんもらったから、おすそ分けしようと思って)
「でかいこともってきたじー」
(たくさん持って来たね)
という風に使われます。

でかと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

病気や疲労で辛い、疲れた という意味です。
「ねつあって、なんやらてきないわ」
(熱があって、なんだか辛いよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てぶろこ」があります。
これは「手袋」という意味です。
「てぶろこせんとさぶい」
(手袋をしないと寒い)
という風に使われます。

てきない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でっけ とも言います。

 

大きい という意味です。
「でっけでーこ」
(大きな大根)
「あらでけがや~」
(あら、大きいですねー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でけもん」があります。
これは「兄弟姉妹の上の子」という意味です。
「でけもながっこいっとるし、ちんちぇもなあすんにいった」
(上の子は学校に行っているし、下の子は遊びに行った)
という風に使われます。

でけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうした、何だ という意味です。
「こんなむだいてでん!」
(こんな乱雑にして、どうしたんだ!)
「わっさぁでん!」
(あなたそれは何ですか!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てんな」があります。
これは「大変な」という意味です。
「なんかてんなことになってこんだけ?」
(何か大変なことになってきてない?)
という風に使われます。

でん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すごい、とんでもない、とっても という意味です。
「てんぽにでけかじやった」
(とんでもない大きな風でした)
「てんぽなてんぽや」
(すごい(速い)テンポだ)
「ほんとかいや?てんぽな!」
(本当かよ?すげえな!)
「てんぽにおもしかってんよ。くればえかったんに~」
(すっごく面白かったのよ、来れば良かったのにー)
という風に使われます。

てんぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうなの という意味です。

 

否定的に使われます。
「くまがでるんと」「どいね、そんながんこな」
(熊が出るらしいよ)(そうなの!?そんなひどい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どんね」があります。
これは「大丈夫」という意味です。
「どんねーか?」「どんね」
(大丈夫ですか?)(大丈夫です)
という風に使われます。

どいね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① しょっちゅう、頻繁に という意味です。
「こんのねんね、こんだからとーどねつだいとらんか?ちゃんとみてやれまいや」
(この子、この間からしょっちゅう熱出してない?ちゃんと見てあげなさいよね)
という風に使われます。

 

② ずっと という意味です。
「きゃーとーどあみゃふっとった」
(今日はずっと雨が降っていた)
という風に使われます。

とーど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

情けない、良くない、薄情な という意味です。
「あみゃふるやら、かじゃふくやら、どくしょなひぃーや」
(雨が降るやら風が吹くやら、情けない日だ)
「どくしょなどくしょや」
(情けない読書だ)
という風に使われます。

どくしょな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

早朝 という意味です。
「まいにちとっちくりからごそごそいわしとっさけ、なーんねれん」
(毎日ずいぶん朝早い時間からごそごそ音をたててるから、ちっとも寝られない)
「あさのとっちくりからでんわかかってくっさけ、なにごとかおもてとんでおきたわ」
(ずいぶん早い時間に電話がかかってくるから、何事かと思って飛び起きたのよ)
という風に使われます。

とっちくり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どっろ とも言います。
どれだけ という意味です。
「どんどまっとってもこん」
(どれだけ待っていても来ない)
「どっろゆうてもきかん」
(どれだけ言ってもいうことをきかない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どんどかみ」があります。
これは「雷」という意味です。
「どんどかみゃおった」
(雷が落ちた)
という風に使われます。

どんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうしようもない、どうにもならない、困る という意味です。
「ねんねわれことしてどんなん」
(子どもが悪戯をしてどうしようもない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ととのわん」があります。
これは「理屈にあわない、間抜けな」という意味です。
「いつまでも、ととのわんことばっかゆーとらんと」
(いつまでも、理屈にあわないことばかり言っていないで)
という風に使われます。

どんなん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なーむ、なーんも とも言います。

 

いいえ、別に という意味です。
「なーん、それは、わしとちごーがや」
(いいえ、それは私と違うんだ)
「えいが、おもしかったけ?」「なーん」
(映画、面白かったかい?)(いいえ)
という風に使われます。

なーん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長い間 という意味です。
「なげだおわんだー」
(長い間、お会いしませんでしたね)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ながいこって」があります。
これは「お久しぶり」という意味です。
「ながいこって、げんきしとったかいね」
(お久しぶりですね、元気だったかい)
という風に使われます。

なげだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なごーなる とも言います。

 

横になってくつろぐ、体を伸ばしてくつろぐ という意味です。
「たべてすぐ、なごーなっとったら、うしになっろ」
(食べてすぐ横になったら、牛になるよ)
「このじかん、なごーなっとらんけ?」
(この時間、ゴロゴロ寝っ転がって休んでない?)
という風に使われます。

なごなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

膿が出て、その周りが硬くなったような状態の傷のことを指します。
「ねんね、よっぽどかいやら、かくさくさけ、なたねんなっとっら」
(この子、よほど痒いと見えて掻き毟るから、膿みが出て固くなってるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ながし」があります。
これは「台所、キッチン、給湯室」という意味です。
「ながしにおっと、でんわのおとなんきこえんげんて」
(台所にいると、電話の音がちっとも聞こえないんだよ)
という風に使われます。

なたね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(作品、制作物などに)手を加える という意味です。
点検・吟味して、加工・修正し完成度を高めていくことを指します。
「なんや、だだくさやざ。もうちょっとなぶってみてくれまいや」
(何だか手抜きっぽいぞ。もうちょっと手を加えて良い物に仕上がるよう工夫したり頑張ってみてちょうだい)
という風に使われます。

 

共通語の「嬲る」ではありません。

なぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生菓子 という意味です。
「よみどりのなまんがしたべさっせ」
(結婚式の生菓子を食べてください)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「なましもん」があります。
これは「生もの」という意味です。
「なましもんやさけはよたべんなん」
(生ものなので早く食べなければならない)
という風に使われます。

なまんがし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(味つけに)香辛料が効いている、スパイシーな味である という意味です。
「なんやらやたらになんばがれがにしてあるだけで、うら、あんま、うももねかったざ」
(何だかやたら香辛料をキツくしてあるだけで、私にはあまり美味しくもなかったよ)
という風に使われます。

 

ただ単に「からい」と言う場合には「しょっぱい」を指すことが多いようです。

なんばがらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

古い、良くない、不良品 という意味です。
「そんなにぎんなもんつことんな」
(そんな古いもの使っていないで)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にんがし」があります。
これは「賑やか」という意味です。
「まつりぁあーらんか、なんやらにんがし」
(祭りがあるのか、何だか賑やかだ)
という風に使われます。

にぎんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

似合う、しっくりくる、映える という意味です。
「おろしやけんど、につくわ」
(お古だけど、似合うよ)
「こっちのいろのほうがにつかんてなぞ」
(こっちの色の方がピッタリくる感じだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にしみ」があります。
これは「煮しめ」という意味です。
「にしみにたさけ」
(煮しめを煮たから)
という風に使われます。

につく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奥さん などという意味です。
女の人の呼び方です。
「こんのねーさんおってか?」
(この家の奥さんはいますか?)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「にゃあにゃ」があります。
これは「娘さん、奥さん」という意味です。

ねーさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腰を下ろして座る という意味です。
「どっか、ねまるとこぁ、ないがか?」
(どこか、腰を下ろすところはないのか?)
「ほんなすぐかえらんなんがか?ちょっとぐらいねまってひまねんかい」
(そんなにすぐ帰らないといけないの?ちょっとぐらい座っていく暇はないの)
という風に使われます。

ねまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

子ども、赤ちゃん という意味です。
これが「でけねんね」ですと「大きな子ども」という意味です。
大人でも甘えていたりするとこう言ったりします。
「うちのねんねは、もうようちえんながや」
(うちの子どもは、もう幼稚園なんだ)
「ねんね ぼんぼしてくれゆーてどーんなん」
(子どもがおんぶしてくれと言って困る)
「ねんねねとれんししずかにしとれま」
(子どもが寝てるんだから静かにしててよ)
という風に使われます。

ねんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

休みなくずっと という意味です。
中断せずに連続した時間を表す口語表現です。
「あっらよんべからのっとるけーや」
(あいつらは昨夜からずっとなんだよ)
「なーんやすまんとのっとるけにしとるがんねーか?さ、からだにどっきゃぞ」
(全然休まないで連続でしてるんじゃないの?それじゃ体に毒だよ)
という風に使われます。

のっとるけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

箸 という意味です。
「はーしゃおちた」
(箸が落ちた)
「はーしもってはしんはしあるく」
(箸を持って橋の端を歩く)
「われがらばっかたべとらんと、わしのはーしどこいったんかさがしてくれまいや」
(自分たちばっかり食べてないで、俺の箸がどこへいったのか探してくれよ)
という風に使われます。

はーし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(服装、アクセサリーなどが)おしゃれな、素敵な という意味です。
「こっちのほーがまだはいからんねーか?」
(こっちの方が、まだ幾分おしゃれなんじゃない?)
「あこのねえさんな、いつもはいからにしとるわんね」
(あの(お宅の)奥さんは、いつも素敵な装いをしてるわよね)
という風に使われます。

はいからな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 体がだるい という意味です。
「あついなかでしごとしとったさけ、はいだるい」
(暑い中で仕事をしていたから、体がだるい)

という風に使われます。

② つまらない という意味です。
「どうきゅうせいのじょし、ほんとにはいだるーい」
(同級生の女子、ホントにつまらない)
という風に使われます。

はいだるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はえぼんぼ とも言います。

 

ハエ(蝿)という意味です。
「はいぼんぼたかっさけ あっちやっとかな」
(ハエがたかるのであっちへ置いておかないと)
「はいぼんぼ でかとおる」
(ハエがたくさんいる)
「きんのから、はえぼんぼはいってきてどーんなん」
(昨日から、蝿が入ってきてどうにも困る)
という風に使われます。

はいぼんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はがやしー、はがい とも言います。

 

悔しい、はがゆい、もどかしい という意味です。
「またたからくじあたらなんだ、はガいしー」
(また宝くじが当たらなかった、悔しい)
「あー、ここまででとれんけどな、はがいしー」
(ああ、ここまで出ているんだけど、もどかしい)
という風に使われます。

はがいしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行き違う、はぐらかされる という意味です。

行き違ったことだけでなく、それによって当てが外れて、あれ?ガクッとなる感じも含んだ表現です。

「そっちんおるおもてもってったんに、だま~っていくさけ、こっちゃはぐちくうたがい」
(そっちにいると思って持って行ったのに、黙って行くから、こっちが取り残されちゃったよ)
という風に使われます。

はぐちくう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

憎らしい、腹が立つ という意味です。
「あいつ、なんねんて、たっだはげぇ」
(アイツ、何なんだよ、めちゃくちゃ腹立つ)
「ほーんとか?はげやつやんな」
(ホントかよ?憎たらしいヤツだな)
「もうちょっこしでとけれんけどな、はげー」
(もう少しで問題が解けるんだけど、腹が立つ)
という風に使われます。

はげぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 頭が良くて機敏な という意味です。
「あいつ、はしかいさけ、つかまらんげんて」
(あいつは、頭が良くて機敏だから、捕まらないんだ)
という風に使われます。

 

② かゆい、チクチクする、ムズムズする という意味です。
「このせーたーきっと、いつもなんやはしかーい」
(このセーターを着ると、いつも何だかチクチクしてイヤな感じ)
という風に使われます。

はしかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乱暴な という意味です。
「そんな、はすわなあけかたしたら、はこ、もうつかえんがいや」
(そんな乱暴な開け方をしたら、箱がもう使えないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はよ」があります。
これは「早く」という意味です。
「はよいかんとのれん」
(早く行かないと乗れない)
という風に使われます。

はすわな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

聡明な、利口な という意味です。
「あんたさんににて、はつめーなこになってやわいね」
(あなたに似て、利口な子になるよ)
という風に使われます。

 

これが「はつめそうな」ですと「(幼児、子供が)利発そうな顔つき」という意味です。
「はつめそう~なぼくやったのが、いまだ、まんで、えれ、あんちゃんらしなったこと!」
(賢そうな男の子だったのが、今じゃ、それはもう、随分と大人っぽくなったこと!)
という風に使われます。

はつめーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

抜き取る、省く、間引きする という意味です。
「おもたよりでかとめやでたら、ちょっこはつってやらんなんざ」
(思ったよりもたくさん芽が出たら、ちょっと間引きしてやらないといけないな)
「だんだんたりんようになってきた。さいしょのほうにつくったがからはつってくっか」
(だんだん足りなくなってきた。最初の頃に作ったものから抜き取ってこようか)
という風に使われます。

はつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

海、海辺、海の近く という意味です。
「やっぱはまやさけんな。かぜゃつえげんわい」
(やっぱり海に近いからね。風が強いんだよ)
「さき、いんのさんぽしとったら、はまにやせいのうさぎゃおったぞ」
(さっき、犬の散歩してたら、海辺に野生のウサギがいたよ)
という風に使われます。

はま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(まな板の上で包丁などで)切る という意味です。
「じゃがいもとにんじんとはやいてあっさけ、あとしといてくれんけ?」
(じゃがいもと人参とを切ってあるから、後はやっておいてくれない?)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「はべん」があります。
これは「かまぼこ」という意味です。
「はべんはしたのいたごと、はやすげんぞ」
(薄い板付きのかまぼこは下の板ごと切るんだよ)
という風に使われます。

はやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変な事態、大変な状況 という意味です。
「ほんなん?ばらやんな」
(そうなの?大変な事態になってるんだねえ)
「となりのあきや、はいってあそんどらんてなけど、はしらでもくずれてきたらだいばらやぞ」
(隣の空き家、入って遊んでるみたいだけど、柱でも崩れてきたら大変なことになるよ)
という風に使われます。

ばら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

半分 という意味です。
「はんぼやっか?」
(半分あげようか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はんだい」があります。
これは「テーブル」という意味です。
特に、皆で食事をするテーブルのことを言います。
「もうごはんできっし、はんだいのうえ、かたづけや」
(もうご飯が出来るから、テーブルの上、片付けなさい)
という風に使われます。

はんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おひさま、太陽 という意味です。
「ひーさまさいてまぶして」
(太陽がさして、まぶしくて)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ひろず」があります。
これは「がんもどき」という意味です。
「このひろず、よーあじしみとるわ」
(このがんもどき、よく味がしみているよ)
という風に使われます。

ひーさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しっちゃかどっこい とも言います。

 

大あわて という意味です。
「ひっちゃかどっこいして 出ていった」
(大あわてで出て行った)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひとかたぎ」があります。
これは「一食分」という意味です。
「ごはん、またひとかたぎもねえこっちゃが、ようよわっら」
(ごはん、また一食分もないけど(片付くわけでもなくて)結構困るなぁ)
という風に使われます。

ひっちゃかどっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

辛い、苦しい、だるい、気分が悪い という意味です。
「なんかひどいし、ほけんしついってくるわ」
(何だか具合が悪いから、保健室行ってくるね)
「あんたのたべかた、みとったら、ひどーなってきた」
(お前の食べ方を見ていたら、苦しくなってきた)
「かわいや、きいとるだけでこっちまでひどーなったわ」
(可哀そう、聞いてるだけで自分まで胸に迫って辛くなったよ)
という風に使われます。

ひどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(物に)ヒビが入る という意味です。
「ちょっとかっついただけなんに、はやひびりいった」
(ちょっとぶっつけただけなのに、もうヒビが入った)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひねくらしー」があります。
これは「大人びた、ませた」という意味です。
「しばらくあわんうちに、ひねくらしーなったな」
(しばらく会わないうちに、大人びたね)
という風に使われます。

ひびりいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昼、昼食 という意味です。
「わっらひらがっりゃぞー」
(あなたたち、お昼ごはんですよー)
「もうひらがりやに、まだもどってこん」
(もうお昼時なのに、まだ戻ってこない)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ひんねま」があります。
これは「昼寝」という意味です。
「えま、ひんねましとる」
(今、昼寝をしている)
という風に使われます。

ひらがり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飴、飴玉 という意味です。
「のどぁえてしひんなかだぼなめとるわ」
(のどが痛いので飴をなめています)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぴんぴん」があります。
これは「鉛筆の芯が尖ったさま」のことを言います。
「えんぴつ、ぴんぴんにけずっとかんなんぞ」
(鉛筆の芯を鋭く尖らせておかなくてはいけないぞ)
という風に使われます。

ひんなかだぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

布団 という意味です。

 

これは、敷きぶとんでも「ふとぎ」と言います。
「ふとぎきーなさぶい」
(布団を着ないと寒い)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ふんだな」があります。
これは「食器などの棚」という意味です。
「ふんだなにおてまある」
(棚におやつがある)
という風に使われます。

ふとぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へーぜこーぜ とも言います。

 

普段、いつも、日常、平常 という意味です。
「こりゃへーじのきもんや」
(これは普段着です)
「へーぜこーぜべんきょせんしこんなんなーれんぞ」
(普段、勉強しないからこうなるんですよ)
という風に使われます。

へーじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へーぐ とも言います。

 

むしり取る、もぎ取る、剥がす という意味です。
「とまとのええがんあったがに、あさ、はたけにいったら、だれっかへんでってあった」
(トマトの良い(出来)のがあったのに、朝、畑に行ったら、誰かもぎ取っていってあった)
「なしをへぐ」
(梨をもぎ取る)
という風に使われます。

へぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

同じ事を繰り返し言う、しつこく念を押す という意味です。
「もうわかったて。そんにへぐらんでもえぇ」
(もう分かったって。そんなに何度も何度も言わなくていいよ)
「こないだもそういうて、けっきょくわすれてきたさけ、へぐっとらんやがい」
(この間もそう言って、結局忘れてきたから、しつこく念押ししてんじゃないのよ)
という風に使われます。

へぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傾く、ズレる、真っ直ぐにならない という意味です。
「だら、きんちょうしたら、なおへごいくがい」
(バカ、緊張したら、かえってズレるじゃないか)
「おめはみでとっさけ、そっからうしろぜんぶへごんなってっとんがいや」
(お前がはみ出しているから、そこから後ろが全部傾いていってるじゃないか)
という風に使われます。

へごいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へしねー とも言います。

 

待ちきれない、待ち遠しい、遅い という意味です。
「あいつ、なかなかこんさかい、へしねー」
(あいつ、なかなか来ないから待ちきれない)
「あーら、へしない」
(ああ、待ち遠しい)
という風に使われます。

へしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

違う、いえ という意味です。
「われか、こんなんしたガ」「べっちゃ」
(おまえか、こんなことをしたのは)(いいえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へっとぐち」があります。
これは「玄関、入り口」という意味です。
「てぇみたらねぇさけあたっちゃ~おもたら、へっとぐちにほつーんとのこいてあったわ。いや~、むそーなるんな」
(手を見たら無いから何てこった~と思ったら、玄関に思いっきり忘れてあったよ。いや~、こいつ大丈夫かって感じだよね)
という風に使われます。

べっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

紐 という意味です。
「へぼでくくっときゃえー」
(紐で括っておげばよい)
「そんのへぼ、とってくれいや」
(その紐、取ってくださいよ)
「これじゃまな~し、りくつなへぼかなんかあったらゆわけといて」
(これすごく邪魔だから、適当な紐か何かあったら縛ってまとめておいて)
という風に使われます。

へぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

拾う という意味です。
「そのへぼへろて」
(そのヒモ拾って)
という風に使われます。

 

似た言葉では「べろべろ」があります。
これは「寒天を煮溶かして、卵を混ぜて固めた料理」のことです。
「きょうのきゅうしょくにべろべろぁでた」
(今日の給食に、寒天に卵を混ぜて固めた料理が出た)
という風に使われます。

へろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

べんこくさい とも言います。

 

賢い、ませた、生意気な言い回し という意味です。
「このこぁ、ほんとにべんこで」
(この子は本当にませていて)
「えらいべんこくさいこというがんないけ~」
(ずいぶんと生意気なことを言うじゃないの)
「べんこくさいこというとるな」
(生意気な言い回しをするなあ)
という風に使われます。

べんこな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追う、追っ払う、追い払う、追いかける という意味です。
「ねこぁわれことしたしぼうてったけどつかまらんだ」
(猫が悪いことをしたので追いかけて行ったが捕まえられなかった)
「これ、わすれていったんねーけ。いまからぼえゃ、まだまにおうかんな」
(これ、忘れていったんじゃないの。今から追いかければ、まだ間に合うかな)
という風に使われます。

ぼう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほうやね とも言います。

 

そうだ、そうだね という意味です。
「ほうや、あしたからおまつりやって」
(そうだ、明日からお祭りだよ)
という風に使われます。

 

親しい仲間内の会話で使われる相槌です。
「ほーやほーや」と繰り返されることもあります。

ほうや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お餅 という意味です。
「ほたほたなあいだに、ぼちいっこくえや」
(つきたてで柔らか~い間に、お餅一個食べなさいね)
という風に使われます。

 

この「ほたほた」は、お餅が「つきたてで柔らかい、柔らかそう」な様子を言います。
「でっけがやけど、ほたほたやさけ、そのままでもうま~かったわ」
(大きいものだけど、つきたてでとっても柔らかいから、そのままでも美味しかったよ)
という風に使われます。

ぼち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる という意味です。
「きょうのごみほりだれや?はよいってこいや」
(今日のゴミ捨ては誰だ?早く行って来いよ)
「もうちょっとかたづけとけま。これなんかほっとけばええげんろ?」
(もうちょっと片付けておきなさいよ。これなんか捨てておけばいいんでしょ?)
という風に使われます。

ほる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それでは という意味です。
「ほんなら、きょうはもうかえるわ」
(それでは、今日はもう帰るよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼんぼかぜ」があります。
これは、北陸地域の気候に独特のフェーン現象による、生温かい強風のことを言います。
「きょうぁてんきゃいいけんど、ぼんぼかぜやさけ、そとにほいたらとんでーかんてなんな」
(今日は天気はいいけど、フェーン現象で風が強いから、外に干したら飛んでいきそうだね)
という風に使われます。

ほんなら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんぶ という意味です。
「ぼんぼしてやっか?」
(おんぶしてあげようか?)
という風に使われます。

 

また、「ボンボ」という虫もいます。
これは「かなぶん(コガネムシ)」のことです。
虫一般を広く指して言う場合もあるようです。
「なんであけれんて。ぼんぼえっぺへってきとんがいや」
(どうして開けるんだよ。コガネムシがいっぱい入ってきているじゃないか)
という風に使われます。

ぼんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仲間に入れる という意味です。
「ちょっとまぜてま」
(ちょっと仲間に入れてよ)
「あいつもいまからあそびにまぜてやれ」
(あいつも今から遊びの仲間に入れてやれ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まいどさん」があります。
これは「こんにちは」という意味です。
「まいどさん、きょうもあつなったねー」
(こんにちは、今日も暑くなりましたね)
という風に使われます。

まぜる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしゃれをする という意味です。
「きいてまー。りっきんでせっぺませこいてきたんに、どたきゃんやよ~!」
(聞いてよ~。すっごい張り切っておしゃれして来たのに、ドタキャンだよ~!)
「あこのぼか、おとこねんねのくせにえれませこっきゃぞ」
(あの家のボクは、男の子なのに随分格好にうるさいんだよ)
という風に使われます。

 

「おしゃれをする人、おしゃれにうるさい人」のことは「ませこき」と言います。

ませこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なさい、どうぞ~してください という意味です。
「しまっし」
(してください)(して)
「みまっし」
(見てください)(見て)
「きいまっし」
(聞いてください)(聞いて)
「はいるまっし」
(入ってください)(入って)
という風に使われます。

 

これが「~まっしま」と「ま」をつけることもある。
「はいるまっし、むたむたやけどか」
(どうぞ入って、散らかしているけど)
という風に使われます。

まっし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まき散らす、散らかす という意味です。
「こんなまくさがいて」
(こんなに散らかして)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まきんぽ」があります。

これは「サンドペーパー、紙やすり」という意味です。

「まきんぽでこすらんや」
(サンドペーパーでこするんですよ)
という風に使われます。

まくさがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごはん、食事 という意味です。
「ままくーたか?」
(ご飯食べた?)
「ままつけてどこいーけん」
(ご飯粒をつけてどこへ行くの)
「このねんね、ままばっかたべて、なーんおかずくおっちゅわん」
(この子、白ご飯ばっかり食べて、ちっともおかずを食べようとしない)
「わしゃうちゃちけさけ、いつもままたんにかえっとらんや」
(私は家が近いから、いつもご飯は食べに帰ってるんだ)
という風に使われます。

まま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

豆、まめ という意味です。
「まみひろてくれ」
(豆を拾ってください)
「おっさまみやし」
(弟はマメだから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ままのうまい」があります。
これは「気がいい、お調子者」という意味です。

まみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まーんで とも言います。

 

① ものすごく、とても という意味です。
「まんでげんきやったぞいや」
(とっても元気だったよ)
という風に使われます。

 

② まるで という意味です。
「まんでまんでーみてや」
(まるでマンデー(月曜)みたいです)
という風に使われます。

まんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(部屋などの)電灯が全部点いている という意味です。
「あかれまんど」と言ったりします。

これは、誰もいないのに、部屋の明かりがつけっぱなしになっていることを指します

「あかれまんどになっとるけどだれもおらん」
(電気全部ついているが、誰もいない)
という風に使われます。

まんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひどく心配だ、不安だ という意味です。
「あらむさや~。かさもたんとでてったに、はやこんにまっくらんなってきた」
(まあ大変。傘持たないで出ていったのに、もうこんなに暗くなってきた)
「まぁええやろおもてなんもしてこんだら、いまんなってむそーなってきた」
(まぁいいだろうって思って何もしてなかったら、今になって不安になってきた)
という風に使われます。

むさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

散らかっているさま を指す言葉です。
「へやんなか、むたむたんなっとる」
(部屋の中が散らかっている)
「えそがしてむたむたや」
(忙しくてめちゃくちゃです)
という風に使われます。

 

これが「むだく」では「散らかす」という意味です。
「こんなむだいて」
(こんなに散らかして)
という風に使われます。

むたむた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

前掛け、エプロン という意味です。
「めーきせんときもなよごれる」
(エプロンをしないと服が汚れる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「むんき」があります。
これは「肛門」という意味です。
「むんきゃけー」
(肛門がかゆい)
という風に使われます。

めーき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

バテそうになる という意味です。
今にも(体力や暑さの)限界を向かえそうな状態のことを指します。
「とっちくりからのっとるけーやろ。めぇむけっしも」
(早朝からノンストップでしょう。バテちゃいますよ)
「きょうら、そとすんごいあつさやぞ。めえむける」
(今日なんて、外すごい暑さだよ。もう限界)
という風に使われます。

めえむける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿にする という意味です。
「えーな、わりゃ、わしんこと、めとにしとらんか」
(ええい、お前は俺のことを馬鹿にしていないか)
「わしんこと、めとにしとらんか」
(私のこと、馬鹿にしているの?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「めったじる」があります。
これは「さつま芋が入った豚汁」という意味です。
「きゃんぷでめったじるつくるがになったし」
(キャンプで豚汁作ることになったから)
という風に使われます。

めとにする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

縫い目が引き攣れている という意味です。
「そのすかーと、すそめめっとらんねえけ? わがでぬうたんか?」
(そのスカート、裾の縫い目が引き攣れてるんじゃない?自分で縫ったの?)
「はらんとこ、すげがにめめっとる。またこえたんかんなー」
(お腹のところの縫い目が、ものすごくはちきれそうになってる。また太ったのかなー)
という風に使われます。

めめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めちんぽ とも言います。

 

ものもらい、目もらい、目にできるイボ という意味です。
「めもらいできて、めーあけられん」
(ものもらいができて、目が開けられない)
「めもらい、なかなかなおらんかった」
(ものもらいがなかなか治らなかった)
「めちんぽんなったらめやけー」
(ものもらいになったら目がかゆい)
という風に使われます。

めもらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みっともない、恥ずかしい、醜い という意味です。
「そんなとこでころんだんか、めんで~」
(そんな所で転んだのですか、恥ずかしい~)
「このふくでええけ?べつにめんどねえわんな?」
(この服でいいかな?別にみっともなくないよね?)
という風に使われます。

 

これが「めんで顔」ですと「ブサイク」という意味です。
「めんでかおやけど、あいそええ」
(ブサイクだが、愛想はいい)
という風に使われます。

めんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体調が悪くつらい という意味です。
「あたまガいとて、ものーい」
(頭が痛くて、ツラーイ)
「おとおと、おかもねげんと!」
(お父さんお父さん、お母さん気分悪いんだって!)
「けさからものいぞいや。ねつでもあらんねーけ」
(今朝から体調が悪くてつらいよ。熱でもあるんじゃないかな)
「やっぱり、まだものいし、きょうもやすむわ」
(やっぱり、まだだるいから、今日も休むよ)
という風に使われます。

ものい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

着色した鱈(たら)子(こ) という意味です。
「もみじこと、あっちーごはん、くいてーぞいや」
(鱈子と熱いご飯が食べたいなあ)
「もみじこであついさけのみてーぞいや」
(鱈子で熱いお酒が飲みたいなあ)
という風に使われます。

 

紅葉のように赤いから「もみじこ」というのでしょうか?

もみじこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

役に立たない という意味です。
「こりゃこわっとってやくせん」
(これは壊れていて役に立たない)
という風に使われます。

 

また、「訳せない」のことも「やくせん」と言います。

 

似た言葉では「や」があります。
これは「~だ」という意味です。
「きょうはいいてんきやなあ」
(今日は良い天気だねえ)
という風に使われます。

やくせん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やくちゃもねえ、やくちゃんない とも言います。

 

めちゃくちゃな、とんでもない という意味です。
「やくちゃもないことばっかゆーもんでない」
(めちゃくちゃなことばかり言うものではない)
「あんのねこ、やっとやったえさのさらひっくりかやいて、やくちゃもねえがにしていったざ」
(あの猫、せっかくあげた餌の皿ひっくり返して、めちゃくちゃにしていったよ~)
という風に使われます。

やくちゃもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やる気がない という意味です。
「こんどのしあい、やっきねーぞいや」
(今度の試合は、やる気がないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やねこい」があります。
これは「汚い、むさ苦しい」という意味です。
「あせかいて、からだやねこーなった」
(汗をかいて体が汚くて気持ち悪くなった)
という風に使われます。

やっきねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげる、差し上げる という意味です。
「これやるわ」
(これ、あげます)
「これやっか」
(これ、あげようか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やろ、やろう」があります。
これは「~だろ、~だろう」という意味です。
「ほうやろ」
(そうだろ)
「ほうやろいね」
(それ見たことか)
という風に使われます。

やる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やわやわぁっと とも言います。

 

ゆっくりと、落ち着いて という意味です。
「やわやわとしごとしまっし」
(ゆっくりと落ち着いて仕事をしなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「わや、わやわや」があります。
これは「混乱して大変」という意味です。
「あたまがわやわややわ」
(頭の中がごちゃごちゃだ)
という風に使われます。

やわやわと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雪かき という意味です。
「さっき、ゆきすかししたガに、もうこんなにつもって」
(さっき雪かきをしたのに、もうこんなに積もって)
「ゆきたんとふったし、ゆきすかし、せんなん」
(雪がたくさん降ったから、雪掻きをしなくてはいけない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ゆきがみなり」があります。
これは「雪が降る前兆の雷」という意味です。

ゆきすかし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夜ご飯、夕飯 という意味です。
「よーみしせんなん」
(夕飯の仕度をしなければならない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よみどり」があります。
これは「嫁どり、結婚」という意味です。
「きゃーあこんうちのよみどっりゃ」
(今日は、あそこの家の結婚式だ)
という風に使われます。

よーみし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よくな とも言います。

 

欲張りな、強欲な、図々しい、厚かましい という意味です。
「あいつ、まだたらんやら、なんやらいうてきとったぞ。よくたましい!」
(あいつ、まだ足りないのやら、何だか言ってきてたぞ。欲張りな奴だな!)
「これもあたらんか? ほんでも、よくな。ちょっとえんりょせんなんね」
(これもいただけるの?でも図々しい。少し遠慮しなくちゃね)
という風に使われます。

よくたましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(黒白縞模様の)トラ猫 という意味です。
「さき、がっこのちかくでねんねらにつかまっとるよもぎのねこぁおったがん」
(さっき、学校の近くで子どもたちに捕まってるトラ猫がいた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よめさ」があります。
これは「お嫁さん、奥さん」という意味です。
「おめよめさもろわしたんか」
(あなた、お嫁さんをもらったのですか)
という風に使われます。

よもぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

選ぶ という意味です。
「はよ、きめま。いくらよったかって、んないっしょやわい」
(早く、決めろよ。いくら選んだって、みんな一緒だよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「すぐる」があります。
これは「分別する、間引きする」という意味です。
「でっかとめゃでたし、こりゃちょっこしすぐらんなんざ」
(たくさん芽が出たから、これはちょっと間引きしないと)
という風に使われます。

よる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よんべ とも言います。

 

夕べ、昨晩、昨日の夜 という意味です。
「こりゃよんびみたがや」
(これは昨晩見たのです)
「よんべに、えれがんこなかぜやったんな」
(昨日の晩は、ずいぶんひどい風だったね)
という風に使われます。

よんび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

心配 という意味です。
「あみゃふらんからーかねー」
(雨が降らないか心配だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「らくまつ」があります。
これは「いい加減な、楽天家」という意味です。
「あいつはらくまつでしんようできん」
(あいつはいい加減な奴で信用できない)
という風に使われます。

らーかねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よくできた、巧みな、もっともな話だ という意味です。
「ぱそこんはなんとりくつなきかいやなー」
(パソコンは、なんともうまく出来た機械だねえ)
「さいきんのうちは、はよーたってしもうがけ、りくつなもんや」
(最近の家は早く早く建ってしまうね、うまく出来ているものだ)
という風に使われます。

りくつな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

われ とも言います。

 

あなた という意味です。
これが「わん」ですと「あなたの」という意味です。

 

「こりゃわんのがか?」
(これは、あなたのですか?)
「わりゃせー」
(あなたがしろ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「わっら」があります。
これはあなた達 という意味です。
「わっらのゆうことぁわからん」
(あなたたちの言うことはわからない)
という風に使われます。

わ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

男性の言い方で 私 という意味です。
「わし、さっぱりだちかんわ」
(私、さっぱり駄目ですよ)
という風に使われます。

 

これを女性が使う場合には「わて」になります。
「わてにもちょっこしみせてま」
(私にもちょっと見せてよ)
という風に使われます。

わし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

子供っぽい という意味です。
「そんな、わらびしーこと、ゆーなま」
(そんな子供っぽいこと言わないでよ)
という風に使われます。

 

大人に対して言う場合には「大人気ない」という否定的な意味になります。

 

似た言葉では「わやく」があります。
これは「冗談」という意味です。

わらびしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうですね、ね という意味です。
同意を求める言葉です。

 

「おめのんやろ、んのっ」
(あなたのですね、ね)
「ほうやんの」
(そうですね)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「~がいね」があります。
これは「~だよね」という意味です。
「そうやがいね」
(そうだよね)
「ひどいがいね」
(ひどいよ)
という風に使われます。

んの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介