HOME -> 神奈川の方言 

ごまかす という意味です。

 

「ひとのめあやくってぬすんできた」
(人の目をごまかして盗んできた)
「そうやってあやくってばかりいて」
(そうやってごまかしてばかりいて)
「あやくってもだめなものはだめ」
(ごまかしても駄目なものは駄目)

 

という風に使われます。

あやくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

安心だ という意味です。

 

「おめーらが、みんなこどまーでけーからあんきだなー」
(お前の家は、みんな子どもが成長しているから安心だなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あんで」があります。
これは「なぜ」という意味です。

 

「あんでよ~」
(なぜだい?)

 

という風に使われます。

あんきだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

投げやりだ という意味です。

 

「でーじなもん、いきなりにしといちゃー、いけねーよ」
(大切なものを、投げやりに放り出しておいてはいけないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっせぇーのーじ!」があります。
これは、みんながいっせいに同じことを始める時の掛け声です。
「せーの!」や「いちにのさーん」のような意味ですね。

いきなりだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

久しぶり という意味です。

 

「おめーにゃー、まー、いさしかぶりにあったなあ」
(あなたには、まあ、久しぶりに会いましたね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いつのかまにか」があります。
これは「いつの間にか」という意味です。

 

「おれのてぶくろよー、いつかのまにかめーなくなっちゃったーよ」
(私の手袋がね、いつの間にかなくなっちゃったの)

 

という風に使われます。

いさしかぶり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう という意味です。

 

「りんごよー、いもひとつとってけーろよー」
(りんごを、もう一個取って下さいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いとど」があります。
これは「いっそう」という意味です。

 

「おっかなくってよ、いとどどうきがおどってよぉ」
(怖くて、動悸が高まってね)

 

という風に使われます。

いも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

色々な という意味です。

 

「いれんなもん、かってきたよー」
(色々な物を買ってきたよ~)
「うわー、いれんないろがあるねえ」
(うわー、色々な色があるねえ)
「いれんなもんがたべたい」
(色々なものが食べたい)

 

という風に使われます。

いれんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意気地が無い という意味です。

 

「うたてーやろーだからよー、そんなこたーできやしめー」
(意気地が無い奴だから、そんなことは出来ないだろう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うざってー」があります。
これは「気味が悪い」という意味です。

 

「けーむしってやつぁー、うざってーなー」
(毛虫というものは、気味が悪いなあ)

 

という風に使われます。

うたてー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる という意味です。

 

「それもうつかえねえからうっちゃってまえよ」
(それもう使えないから捨ててしまいなさいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うでる」があります。
これは「茹でる」という意味です。

 

「そばをうでる」
(蕎麦を茹でる)

 

という風に使われます。

うっちゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うならかす とも言います。

 

① 早く走る、急いで事を行う という意味です。

 

「ねーちゃん、うならかしてとんできたなー」
(姉さんは、全力で走ってきたなあ)
「まにあわねぇとおもってうんならかしていったよ」
(間に合わないと思って急いで走って行ったよ)

 

という風に使われます。

 

② 怒られる という意味です。

 

「ちこくしたらうんならかされちゃったよ」
(遅刻したら怒られちゃったよ)

 

という風に使われます。

うんならかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん という意味です。

 

「おー、ゆわしゃー、うんめろとれたなー」
(おお、イワシがたくさん捕れたなあ)
「うんめろくいなぁ」
(たくさん食べなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うんまける」があります。
これは、バケツなどの中身を「空ける、撒く」という意味です。

 

「そのみずうんまけてけーろー」
(その水、撒いておいて)

 

という風に使われます。

うんめろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減 という意味です。

 

「えーからかんなこと、ゆーなよー」
(いい加減なことを言うなよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「えぼとりむし」があります。
これは「カマキリ」という意味です。

 

「さっきのえぼとりむしよー、どっかいっちまったよー」
(さっき居たカマキリがねー、どこかへ行ってしまったよ)

 

という風に使われます。

えーからかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良くない、始末が悪い という意味です。

 

「おりゃー、おいねーこと、しちまったなー」
(私は、良くないことをしてしまったなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おーよ、おうよ」があります。
これは「うん、そうだ」という意味です。

 

「おめー、いま、きたのか」「おーよ、いま、きたとこだ」
(お前は今来たのか)(そうだ、今来たところだ)

 

という風に使われます。

おいねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おやつ、午後三時ごろの間食 という意味です。

 

「きょーの、おこじゅー、とんもろこしに、しべー」
(今日のおやつは、トウモロコシにしよう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おっかない」があります。
これは「怖い」という意味です。

 

「うわっ、あれおっかない」
(うわっ、あれ怖い)

 

という風に使われます。

おこじゅー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 押す という意味です。

 

「にもつをおっぺす」
(荷物を押す)
「つよくおっぺす」
(強く押す)

 

という風に使われます。

 

② 放る、放り投げる という意味です。

 

「そんなのおっぺしちゃえ」
(そんなもの放り投げてしまえ)

 

という風に使われます。

おっぺす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奢る(奢ってもらう、奢ってあげる)という意味です。

 

「じゅーすおもってけーなっせよ」
(ジュースを奢ってくださいよ~)
「おれがおもるのか」
(俺が奢るのか)
「きょうのひるめしおもってやんよ」
(今日の昼食を奢ってあげるよ)

 

という風に使われます。

おもる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かし とも言います。

 

側 という意味です。

 

「こっちがぁし?それとも、あっちがぁし?」
(こちら側?それとも、あちら側?)
「あいつのいえはこっちかし?」
(あいつの家はこちら側?)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「かどっこ」があります。
これは「角の」という意味です。

があし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

駆ける、走る という意味です。

 

「かけっていく」
(走って行く)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かっけー」があります。
これは「かっこいい、格好が良い」という意味です。

 

「あのひとちょうかっけーね」
(あの人、すごくかっこいいね)

 

という風に使われます。

かけって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

張り倒す、ぶっ飛ばす という意味です。

 

「われ、しゃーんねーことせってんと、かっくらがすぞ」
(てめえ、しょうもないことをしてると、張り倒すぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かっぽる」があります。
これは「投げる」という意味です。

 

「そんなものはかっぽるべえよ」
(そんな物は投げてしまおうよ)

 

という風に使われます。

かっくらがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

クワの実 という意味です。

 

「かめんどー、くったんで、べろまであけーよー」
(クワの実を食べたので、舌まで赤いよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「かんじゅーろく」があります。
これは「えんどう豆」という意味です。

 

「かんじゅーろくたー、どれだ」
(えんどう豆って、どれ?)

 

という風に使われます。

かめんどー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらっしゃた という意味です。

 

「おきゃくさんがきされたよ~」
(お客様がいらっしゃったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きぶっせーだ」があります。
これは「気づまりで付き合いにくい」という意味です。

 

「あいつぁー、どーも、きぶっせーなやつだーなー」
(あいつは、どうも、付き合いにくい奴だな)

 

という風に使われます。

きされた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひどくはしゃぐ という意味です。

 

「あいつ、きだしてらー」
(あいつは、ひどくはしゃいでいるよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「きょーこつだ」があります。
これは「大袈裟だ」という意味です。

 

「あいつ、きょーこつだーからよー、はなしはんぶんにきけ」
(あいつは何でも大袈裟に言うから、あまり本気で話を聞くな)

 

という風に使われます。

きだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くれえてぼ とも言います。

 

食いしん坊 という意味です。

 

「おめーは、まあ、くいぞーだなーやー」
(あなたは、全く食いしん坊ですねえ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「くわんくわんにする」があります。
これは「汚す」という意味です。

 

「くちのまわりをくわんくわんにしてたべる」
(口の周りを汚して食べる)

 

という風に使われます。

くいぞー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

律儀に、堅く という意味です。

 

「くじっかてーに、おけーしなんか、しなくってもいーだよー」
(律儀に、お返しなどしなくてもいいんだよ)
「あのこは、くじっかてーにあいさつしてまわってる」
(あの娘は、律儀に挨拶をして回っている)

 

という風に使われます。

くじっかてーに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なんだ という意味です。

 

「へぇ~、そうなのけえー」
(へぇ~、そうなんだぁ~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けーろー」があります。
これは「ください」という意味です。

 

「こんや、でんわしてけーろー」
(今夜、電話してください)

 

という風に使われます。

けえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰ろうよ、帰ろう という意味です。

 

「もうけえんべえよ!」
(もう帰ろうよ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けったりー」があります。
これは「かったるい」という意味です。

 

「けったり~からはやくけ~んべよ~!」
(かったるいから早く帰ろうよー!)

 

という風に使われます。

けえんべえよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蹴る、蹴り飛ばす という意味です。

 

「けっぱぐんぞ、このやろー」
(蹴り飛ばすぞ、この野郎)
「ごめん、くつ、けっぱくっちゃった~!」
(ごめん、靴、蹴っちゃった~!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けつふり」があります。
これは「セキレイ(鳥)」という意味です。

 

「ありゃー、けつふりっせーだ。けつぉー、よくふるだーよ」
(あの鳥(セキレイ)は”けつふり”というんだ。尻をよく振るんだよ)

 

という風に使われます。

けっぱぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手間がかかる、苦労する という意味です。

普通以上に手間と時間がかかってしまった場合に使われます。

 

「これなおすのに、ごっちょきっちゃったなー」
(これを直すのに、手間がかかってしまったなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こどもっち」があります。
これは「子供達、子供の複数形」という意味です。

 

「こどもっちはどこいった」
(子供達はどこへ行った?)

 

という風に使われます。

ごっちょきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごとーべー とも言います。

 

ヒキガエル という意味です。

 

「さっきあっちかしでごとろがよー、でてきたよー」
(さっきあちら側で、ヒキガエルがね、現れたんだよ)
「あのごとーべーよー、また、でてきやがったよー」
(例のヒキガエルが、また現れたんだよ)

 

という風に使われます。

ごとろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ね という意味です。

 

「それでさーあいつがこうだっていってるんだよぉ!」
(それでね、あいつがこうだって言ってるんだよぉ!)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「じぇん」があります。
これは「~じゃん、ですね」という意味です。

 

「いいじぇん!」
(いいですね!)

 

という風に使われます。

さー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こだわらない という意味です。

 

「あのひたーざっかけだーからよー、きにしなくったってえーよー」
(あの人は物にこだわらないから、気にしなくても平気だよ)
「あんたはほんとうにざっかけだね」
(あなたは本当にこだわらないね)

 

という風に使われます。

ざっかけだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やばい、まずい という意味です。

 

「やべぇ、さべぇ!」
のように、何故か単独では使わず、必ず「やべぇ」の後に使うようです。

 

似た言葉では「さびぃ」があります。
これは「寒い」という意味です。

 

「きょうはさびぃなあ~」
(今日は寒いなあー)

 

という風に使われます。

さべぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうしたらね という意味です。

 

「こないだからおけいったんだ、したっけせんぱいにあってさぁ」
(先日カラオケに行ったんだ、そうしたら先輩に会ってね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃっけ」があります。
これは「冷たい」という意味です。

 

「しゃっけーっつってんべ」
(冷たいって言ってるだろう

 

という風に使われます。

したっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ですね、~ではないか という意味です。

 

「やっぱ、そーじゃん」
(やはり、そうではないか)
「おもしろいじゃん」
(面白いですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「っしょー、っしょ」があります。
これは「でしょう」という意味です。

 

「これはAよりBっしょ」
(これはAよりBでしょう)

 

という風に使われます。

じゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょーがんねー とも言います。

 

しょうがない、仕方が無い という意味です。

 

「あぁーわいもしゃんねーなー」
(あぁー、おまえもしょうがないなあ)
「ったく、しょーがんねぇーなー」
(まったく、しょうがないなあ)

 

という風に使われます。

しゃんねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

塩辛い という意味です。

 

「うわっ!しょっからーい!しょうゆかけすぎたー」
(うわっ!塩辛い!醤油をかけすぎたー)
「このらーめんしょっからいなあ」
(このラーメン塩辛いなあ)
「しょっからいけどおいしい」
(塩辛いけど美味しい)

 

という風に使われます。

しょっからい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

知らない という意味です。

 

「おらぁしんねぇーよ」
(俺は知らないよ)
「しんねこにすんべ」
(知らないこと(内緒)にしよう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しんとりや」があります。
これは「自宅」という意味です。

しんねぇー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんどん、特に急いで という意味です。

 

「すったらかしていってきたよ」
(特に急いで行ってきたよ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ずつなし」があります。
これは「横着なことをする」という意味です。
語源は”術無し”と思われます。

 

「おめえ、そんなずつなしするな」
(おまえ、そんな横着なことをするな)

 

という風に使われます。

すったらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~といった という意味です。

 

「あいつのなめー、なんせったっけよー」
(あいつの名前は、何といったかなあ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「せってる」があります。
これは「言ってる」という意味です。

 

「なにせってんだよ」
(何言ってるんだよ)

 

という風に使われます。

せった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まったく、とても という意味です。

 

「ぜんぜんきれいじゃん」
(とても綺麗じゃない)
「ぜんぜんすごいよねー」
(まったく凄いよねー)

 

という風に使われます。

 

共通語では”全然”の後に否定後が続きますが、
それとは逆の使われ方をします。

 

似た言葉では「せっきる」があります。
これは「思いきり」という意味です。

 

「せっきってなげろよー」
(思い切って投げろよー)

 

という風に使われます。

ぜんぜん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

その辺、その辺り という意味です。

 

「そけえらにあんべぇ」
(その辺にあるでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そうすんと」があります。
これは「そうすると」という意味です。

 

「そうすんとうまくゆくじゃん!」
(そうすると上手く行くじゃない!)

 

という風に使われます。

そけえら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

入道雲 という意味です。

 

「あっちょー、みてみろやー。たっかがたってんよー」
(あちらを見てみろよ。入道雲が出ているよ)
「わー、でっかいたっかだなあ」
(わー、大きな入道雲だなあ)
「きのうのたっかはみたかい?」
(昨日の入道雲は見ましたか?)

 

という風に使われます。

たっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だよねという意味です。

 

「あれってさ、あのことだべ」
(あれって、あのことだよね?)

 

という風に使われます。

 

これが「だべー!」ですと「だよ!」という意味です。

 

「ふつう、そうだべー」
(普通はそうだよー!)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「だしょ」があります。
これは「でしょ」という意味です。

 

「それってありえないだしょぉ」
(それってありえないでしょう)

 

という風に使われます。

だべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少し という意味です。

 

「ちっとけぇなー」
(少しちょうだいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちっけ」があります。
これは「じゃんけん」という意味です。

 

「ちっけった、あっこった」
(じゃんけんぽん、あいこでしょ)

 

という風に使われます。

ちっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つかまえる という意味です。

 

「こんどこさー、つらめーたぞ」
(今度こそは、つかまえたぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つっぷす、つっぷさる」があります。
これは「うつ伏せる、うつ伏せになる」という意味です。

 

「いつまでつっぷしてんだよ」
(いつまでうつ伏せてるんだよ)

 

という風に使われます。

つらめーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~と言っている という意味です。

 

「いたいっつってんじゃん」
(痛いと言ってるじゃないか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つっとむ」があります。
これは「突っ込む」という意味です。

 

「じてんしゃがつっとむ」
(自転車が突っ込む)

 

という風に使われます。

 

また、「つっころぶ」ですと「転ぶ」という意味です。

つってる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肩車 という意味です。

 

「てんぐるめー、やってやんべーよー」
(肩車をやってあげようよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「てんぐっぱな」があります。
これは「やつで(植物)」という意味です。

 

「こけーらじゃー、てんグっぱなって、ゆーだ」
(この辺りでは(やつでを)てんぐっぱなと呼ぶんだ)

 

という風に使われます。

てんぐるめー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でっぽぉほおらく とも言います。

 

嘘 という意味です。

 

後ろに”しゃんしゃん”を付けることで「嘘つくな」という意味になります。

 

「わいでっぽしゃんしゃんえー」
(おまえは嘘をつくんじゃない)
「でっぽぉほおらくいってんじゃねえよ」
(嘘を言ってるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

でっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変に という意味です。

 

「おめーは、でこー、はばとび、とぶなー」
(お前は、大変長い距離を幅跳びで跳ぶなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「でけー」があります。
これは「大きい」という意味です。

 

「そこのあなうろがよーでけーだよー」
(そこの穴の空洞が大きいんだよ)

 

という風に使われます。

でこー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大概 という意味です。

 

「じぶんかってなことばかりしやがって、てぇげぇにしろよ」
(自分勝手なことばかりしやがって、大概にしろよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「てれし」があります。
これは「馬鹿」という意味です。

てぇげぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頭割り、等分 という意味です。

 

「とったさかな、とろっぴょーしにわけべーじゃん」
(捕った魚は、みんなで等分に分配しようではないか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「どざえもん」があります。
これは「水死体」という意味です。

 

「はまにどざえもんあがったってよ」
(浜に水死体が上がったってよ)

 

という風に使われます。

とろっぴょーし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なるよね という意味です。

 

「ここをこうするとこうなんじゃん」
(此処をこうするとこうなるよね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なんだべさ」があります。
これは「何だ」という意味です。

 

「これはなんだべさ」
(これは何だ?)

 

という風に使われます。

なんじゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後妻、後に迎えた妻 という意味です。

 

「あのおくさん、にばんざだーからなー、こどまー、ちっちぇーだよ」
(あの奥さんは、後妻だからね、子どもは小さいんだよ)
「あれはにばんざだよ」
(あの人は後妻だよ)

 

という風に使われます。

にばんざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

近く という意味です。

 

「ねきよるな!」
(近寄るな!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねー」があります。
これは「ない」という意味です。

 

「どこにもねーじゃんかよー」
(どこにもないじゃないか)

「あーでもねーこーでもねー」
(ああでもない、こうでもない)

 

という風に使われます。

ねき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

非常におかしい という意味です。

 

「はらっかーよ」
(非常におかしいよ)

 

という風に使われます。

 

これは”腹の皮をねじってしまうほどおかしい”という意味です。

 

似た言葉では「はがち」があります。
これは「ムカデ」という意味です。

はらっかーだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっちゅう、常に という意味です。

 

「こいつばんきりおこってるよね」
(こいつは常に怒っているよね)
「まったくあいつはばんきりおおさわぎしてるな」
(全くあいつはしょっちゅう大騒ぎをしているね)

 

という風に使われます。

ばんきり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひだりっぽい、ひぼっちー とも言います。

 

眩しい という意味です。

 

「おひさま、じかにみりゃーよー、ひぐってーに、きまってらー」
(太陽を直接に見ればね、眩しいに決まっているよ)
「きょうはおひさまひだりっぽいなー」
(今日は太陽が眩しいなあ)

 

という風に使われます。

ひぐってー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少しの間 という意味です。

 

「ひとっきり、やすむべーよ」
(少しの間、休みましょうよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「びーこ」があります。
これは「魚」という意味です。

 

「あっこのいけにびーこがよーけおる」
(あそこの池に魚が沢山いる)

 

という風に使われます。

ひとっきり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける、おどける という意味です。

 

「あいつぁー、よく、ひょーたくれるからなー」
(あいつはいつも、ふざけるからなあ(今回もそうだろう))

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「びゃくがくむ」があります。
これは「崖が崩れる」という意味です。

 

「あすこはなー、びゃくガくんでるからよー、とーれやしねーよ」
(あそこはね、崖が崩れているから、通ることはできないよ)

 

という風に使われます。

ひょーたくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いびつだ という意味です。

 

「ふうせんつかんだらよー、ひょっこんなっちゃったよー」
(風船を掴んだらねぇ、形がいびつになってしまったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「びりんべー」があります。
これは「火の粉の混ざった熱い灰」という意味です。

 

「びりんべーにいれてよーいもーやくべーか」
(熱い灰の中に芋を入れて焼こうか)

 

という風に使われます。

ひょっこだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっとしたことでも面倒がる様子、その結果、不潔なこと という意味です。

 

「そんな、ぶしょってーかっこーすんなよ」
(そんな不潔で感じの悪い格好をするなよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぶっくじく」があります。
これは「ぶっ飛ばす」という意味です。

ぶしょってー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

”座る”を強めた言葉です。

 

「そんなとけー、ぶっさーってんなよー」
(そんな所にでんと座っているんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

また、これが「ぶっつわる」ですと「座ってやがる」という意味になります。

 

「あにぶっつわってんよ?」
(何、座ってやがるんだ?)

 

という風に使われます。

ぶっさーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水などの量が十分だ という意味です。

 

語源は”ふんだんだ”でしょうか。

 

「ふろのゆ、ふんだだにしといたから、へーろよ」
(風呂の湯を、たっぷり入れておいたから、入りなさいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ふんごむ」があります。
これは「ぬかるみなどに足を取られる」という意味です。

ふんだだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

沢山、大勢 という意味です。

 

「ひとがへたこたおるが」
(人が大勢いるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「へぇー」があります。
これは「もう」という意味です。

 

「へぇーだめだー」
(もう駄目だ)

 

という風に使われます。

へたこた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿野郎、人を罵って言う言葉 という意味です。

 

「この、へちゃむくれ!」
(この、ばか野郎!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぺけ」があります。
これは「駄目、×(バツ)」という意味です。

 

「ここんとこぺけだ」
(ここは駄目だ)

 

という風に使われます。

へちゃむくれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

壊れる という意味です。

 

「あー、ぼっこれちゃった!」
(あー、壊れちゃった!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほきる」があります。
これは「(人間、草木などが)成長する」という意味です。

 

「このくわよーよくほきたなー」
(この桑ったら、十分に成長したねえ)

 

という風に使われます。

ぼっこれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

耳下腺炎、おたふく風邪 という意味です。

 

「こどもがなー、ほーっぽれかぜに、なっちゃってよー」
(私の子どもがねえ、耳下腺炎にかかってしまってねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほーれねこ」があります。
これは「野良猫、捨て猫」という意味です。

 

「こんなほーれねこよー、どっからひろってきただーよー」
(こんな野良猫を、どこから拾って来たんだよ)

 

という風に使われます。

ほーっぱれかぜ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

迷子 という意味です。

 

「こんな、くれーときにでてって、まぐれっこになんなよ」
(こんな暗い時に出て行って、迷子になるなよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まつっこごれ」があります。
これは「松かさ、松ぼっくり」という意味です。

 

「まつっこごれひろってこべーよ」
(松かさを拾って来ようよ)

 

という風に使われます。

まぐれっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ままごと、ままごと遊び という意味です。

 

「まんまじっこ、おめーもせーてやんべ」
(ままごと遊びに、おまえも入れてやろう)
「われはまんまじっこばっかりしてるね」
(おまえはままごと遊びばかりしているね)

 

という風に使われます。

まんまじっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みっともない、見苦しい という意味です。

 

「みとーもねーかっこうするんじゃないよ」
(みっともない格好をするんじゃないよ)
「よしなよー、みとーもねーからよー」
(やめなさいよー、みっともないから~)

 

という風に使われます。

 

この”よしな”は、若い層では「やめな」という意味になります。

みとーもねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夢中で、一心に、むやみやたらに という意味です。

 

「あいつぁーよー、むっかむてんにしごとやるからなー」
(あいつはねえ、むやみやたらに仕事をするからなー)
「むっかむてんにやってもよかべぇよー」
(夢中でやってもいいでしょうよ)

 

という風に使われます。

むっかむてん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うるさい という意味です。

 

目の前で子供が騒ぎまわったりしているのを見て言います。

 

「このがきども、めぐらってーなー!しずかにしろ!」
(この子供達、うるさいなあ!静かにしろ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「めーめーこーじ」があります。
これは「かたつむり」という意味です。

めぐらってー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

糸などが縺(もつ)れる という意味です。

 

「ひぼがよー、もじゃくれちゃってよー、どーしょーもねーよー」
(紐がねえ、もつれてしまってねー、どうにもならないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ももっこ」があります。
これは「むささび」という意味です。

 

「このへんじゃいまじゃおもっこってみねーな」
(今ではこの辺でむささびは見かけないね)

 

という風に使われます。

もじゃくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

共同で、2人以上の者が一緒に仕事をする という意味です。

 

「このしごと、もやいでやんべーよー」
(この仕事は皆で共同でやろうよ)
「このぷろじぇくとはもやいですすめよう」
(このプロジェクトは共同で進めよう)

 

という風に使われます。

もやいで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっぱり、やはり という意味です。

 

「やっぱこれはまちがってるよー」
(やっぱりこれは間違ってるよー)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「やべー」があります。
これは「やばい、失敗、まずい」という意味です。

 

「あー!それやべーよ!」
(あー!それまずいよ!)

 

という風に使われます。

やっぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

山地へ入って仕事をする人、山人 という意味です。

 

「やもーどなんてなー、いまじゃよー、このへんにゃー、いねーよー」
(”やもーど”などという者はねえ、今ではね、この近くにはいないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やと」があります。
これは「里山の湿地帯」という意味です。

やもーど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいでしょう?、問題ないでしょう? という意味です。

 

「もぉけぇってもよかんべぇよー?」
(もう帰っても問題ないでしょう?)
「これくってもよかんべぇよー」
(これ食べてもいいでしょう?)

 

という風に使われます。

よかんべぇよー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よほど、よくよく という意味です。

 

「こんなことゆーなー、よくせきのことだよ。きーつけな」
(私がこんなことを言うのは、よほどのことだよ。よく気をつけなさい)
「よくせきこまってきたのだろう」
(よほど困って来たのだろう)

 

という風に使われます。

よくせき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

横の方向、横っちょ という意味です。

 

「だまーって、よこっちゃり、みてたよー」
(だまって横の方を見ていたよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「よこはいり」があります。
これは「割り込む」という意味です。

 

「このやろう、よこはいりすんじゃねーよ」
(この野郎、割り込むんじゃないよ)

 

という風に使われます。

よこっちゃり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(子どもなどの)同い年 という意味です。

 

「なんだよー、あいつらー、よまんどしかよ」
(なんだよー、あいつらは同い年かよ)
「われのむすこはおれのむすめとよまんどしだな」
(おまえの息子は俺の娘と同い年だね)

 

という風に使われます。

よまんどし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よるとさわると、ややもすれば、何かチャンスさえあれば という意味です。

 

「おめーはよー、よらばさーらば、おんなのこかまうだなー」
(お前はなあ、何かチャンスさえあれば、女の子をからかうんだなあ)

 

という風に使われます。

よらばさーらば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下に打ち消しの言葉を置いて、不十分であるさまを示す言葉です。

 

「ろくすっぽ、おれのはなしもきかねーで、かってなこというなよ」
(十分に私の話も聞かないで、勝手なことを言うなよ)
「そうやってろくすっぽよみもしないでひひょうすんな」
(そうやって十分に読みもしないで批評するな)

 

という風に使われます。

ろくすっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介