HOME -> 京都の方言 

ときどき、たまに、時折 という意味です。
「あいさによかったらおいないな」
(ときどき良かったら来て下さいね)
「あいさにうちにもよってや」
(ときどき私の家にも寄ってね)
「あのひとはあいさにくる」
(あの人はたまに来る)
という風に使われます。

あいさに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あきまへん とも言います。

 

駄目です、いけません という意味です。
「そんなんあかしまへん!」
(そんなことはいけません!)
「そらあかしまへんわ~」
(そりゃ駄目ですわあ)
「いちげんさんはあきまへんのよ」
(一見さんは駄目なんですよ)
という風に使われます。

あかしまへん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嫌だ という意味です。
「あんなんやったらあかべぇ」
(あんなのだったら嫌だわ)
「あかべぇ、あかべぇゆーとらんではよしぃや!」
(嫌だ、嫌だ言ってないで早くしなさいよ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あかんたれ」があります。
これは「駄目な人、意気地なし」という意味です。
「ひとりでよういけへんのかいな、あかんたれやなあ」
(一人で行けないの?意気地なしだね)
という風に使われます。

あかべえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

北へ行く という意味です。
「あがるときんかくじのほうどす」
(北へ行くと金閣寺の方です)
「かもがわぞいをあがってくとええわ」
(加茂川沿いを北の方へ行くと良いですよ)
「まるたまちどおりをあがったとこかいなー」
(丸太町通りを北に行ったところかなー)
という風に使われます。

 

逆に南へ行くことは「下がる」と言います。

あがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 無駄、効果がない という意味です。
「なんぼゆーてもあかんわ」
(どれだけ言っても無駄です)
という風に使われます。

 

②(しては)いけない、駄目 という意味です。
「そんなんしたらあかんえ」
(そんなことしてはいけないよ)
「ちこくしたらあかんやんか!もう!」
(遅刻したら駄目じゃないの!もう!)
という風に使われます。

あかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

卑怯、欲張っている、あくどい という意味です。
「あこぎなまねはあきまへん」
(卑怯な真似をするのはいけません)
「あそこんみせはあこぎなしょうばいしてるやんなあ」
(あそこの店はあくどい商売をしてるよなあ)
という風に使われます。

あこぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もみない、もむない とも言います。

 

(食べ物が)不味い、美味しくない という意味です。
「ここのおつゆあじないわ」
(ここのお吸い物、美味しくないよ)
「もみないもんどすけど」
(美味しくないものですけれど)
という風に使われます。

あじない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

温かい、暖かい、温かく という意味です。
「さいきんあたたこなったなあ~」
(最近は暖かくなりましたねえ)
「あたたこしてのみやぁー」
(温めて飲みなさいねぇ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あだける」があります。
これは「落ちる」という意味です。
「かみなりがあだけた」
(雷が落ちた)
という風に使われます。

あたたこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私 という意味です。
「あてかてしてみとおす」
(私だってしてみたいです)
という風に使われます。

 

女性が用いる言葉で、まれに男性も使います。

 

似た言葉では「あてもん」があります。
これは「抽選」という意味です。
「よみせであてもんやってくる」
(夜店で抽選をしてくる)
という風に使われます。

あて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

侮る、軽蔑する という意味です。
「あなずったらあかんで」
(侮ってはいけないよ)
「あなずったようなめでみんといてー」
(軽蔑したような目で見ないでください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あないに」があります。
これは「あんなに」という意味です。
「きのうあないにおいやすゆうたはったのに」
(昨日、あんなに来られると言っていたのに)
という風に使われます。

あなずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あほらし とも言います。

 

馬鹿らしい、あほらしい という意味です。
「あー、あほらし!」
(あー、馬鹿らしい!)
「そないあほくさいこといわんといてー」
(そんな馬鹿らしいことを言わないでー)
という風に使われます。

あほくさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遊ぶ という意味です。
「このあとあぼす」
(この後、遊ぶ)
「あぼすばある?」
(遊ぶ場所はありますか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あぶにゃあ」があります。
これは「危ない」という意味です。
「そんなとこいったらあぶにゃぁぞ!」
(そんな所に行ったら危ないぞ!)
という風に使われます。

あぼす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

甘えん坊 という意味です。
「あんたはあまえたやなあ」
(あんたは甘えん坊だなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あけすけ」があります。
これは「露骨、有りのまま」という意味です。
「そないあけすけにものいわんでもええやんか」
(そのように露骨な言い方をしなくてもいいじゃないの)
という風に使われます。

あまえた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粗末なもの という意味です。
「こちら、あらあらしいもんどすけど、どうぞ」
(こちら、粗末なものですが、どうぞ)
「あのひといつも、あらあらしいもんしかきぃひんね」
(あの人はいつも粗末な物しか着ていませんね)
という風に使われます。

あらあらしいもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無い、ありません という意味です。
「おやつがあらへん!」
(おやつが無い!)
「もうゆめもきぼうもあらへん」
(もう夢も希望もありません)
「おかねがあらへんわぁ」
(お金がありませんよー)
という風に使われます。

あらへん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

間、隙間 という意味です。
「たなとかべのあわさいにある」
(棚と壁の間にある)
「しごとのあわさいにれんらくするさかい」
(仕事の合間に連絡するから)
「ぼーるがかべのあわさいにはいってしもた」
(ボールが壁の隙間に入ってしまった)
という風に使われます。

あわさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

慌てる人、慌て者 という意味です。
「あんたはほんにあわてもんどすな」
(あなたは本当に慌て者ですね)
「あわてもんのさんたくろーすどす」
(慌てんぼうのサンタクロースです)
「あわてもんのあいつがみたらぎょっとするやろう」
(慌て者のアイツが見たらギョッとするだろう)
という風に使われます。

あわてもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

上手い具合に、丁寧に、上手に という意味です。
「あんじょうつくりはったどすか?」
(丁寧に作ったのですか?)
「あんじょうおわらせはったようどすな」
(上手い具合に終わらせたようですね)
という風に使われます。

あんじょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

心配する という意味です。
「おやはこのみをあんじるもんどす」
(親は子供のことを心配するものです)
「うちのことをあんじてくれはったどすか?」
(私のことを心配してくれたのですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あんばよう」があります。
これは「都合よく」という意味です。

あんじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

持て余す という意味です。
「ながいてあしをあんする」
(長い手足を持て余す)
「ひまをあんした、かみがみのたわむれ」
(暇を持て余した、神々の遊び)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あん」があります。
これは「拝む」という意味です。
「まんまんちゃんあんゆうてからたべてな」
(手を合わせて拝んでから食べて下さいね)
という風に使われます。

あんする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あれほど という意味です。
「あんだけがんばったんどすえ」
(あれほど頑張ったんですよね)
「あんだけぎょーさんのまんまたべたんどすか?」
(あれほどたくさんあったご飯を食べたのですか?)
という風に使われます。

あんだけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あのねえ という意味です。
「あんなあ、うちくるまほしいなあ」
(あのねえ、私、車が欲しいです)
「あんなあ、あんなやつとはもうおわったんどすえ」
(あのねえ、あんな人とはもう終わったんですよ)
という風に使われます。

あんなあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言ってやった という意味です。
「がつんというたったわ」
(ガツンと言ってやった)
「ついに、いうたった!」
(ついに言ってやった!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いーひん」があります。
これは「いない」という意味です。
「おとうさんのいーひんときにほたえな」
(お父さんのいない時に喧嘩するな)
という風に使われます。

いうたった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

厳めしい、しっかりした という意味です。
「あのこもおおきゅうなっていかついね」
(あの子も大きくなって、厳めしいね)
「いかついかおつきしてはるなー」
(しっかりした顔付きをしているね)
「おおきゅうなっていかついね」
(大きくなって厳めしいね)
という風に使われます。

いかつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

相手にしてやられる、相手の術中にはまる、一杯食わされる という意味です。
「またあいつにいかれてしまった!」
(またアイツにしてやられてしまった!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いか」があります。
これは「凧(たこ)」という意味です。
「おしょうがつはいかあげしてあそぼうな」
(お正月は凧揚げして遊ぼうね)
という風に使われます。

いかれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いきしな とも言います。

 

行きがけ、行く途中 という意味です。
「いきしにせんせいにおーたわ」
(行きがけに先生に会ったよ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「いかき」があります。
これは「竹網籠、ざる」という意味です。

いきし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子に乗る、興奮する という意味です。
「いきったらあかへんえ」
(調子に乗ってはいけませんよ)
「えらいいきってるな、なんぞええことあったんか」
(随分と調子に乗っているね、何かいいことがあったのかい)
「そないにいきるとあとがつづかへんえ」
(そんなに調子に乗ると後が続かないよ)
という風に使われます。

いきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行き来が自由である様、お互いに打ち消している状態 という意味です。
「どあがないでいけいけやでー」
(ドアが無いから行き来が自由だよ)
「すろっとでまけたできゅうりょういねいねになってしもた」
(スロットで負けたから、給料が無かったことと同じになっちゃった)
という風に使われます。

いけいけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意地悪、憎たらしい、意地が悪い という意味です。
「いけずなことばっかするやんかー」
(意地悪なことばかりするじゃないか)
「あら、いけずなかたやなぁ~」
(あら、意地が悪いお方ですこと!)
という風に使われます。
他人が本当に嫌がるような意地悪に対しては使わないようです。

いけず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良い、大丈夫、状態や具合が良い という意味です。
「あそこのりょうりはなかなかいけるで」
(あそこの料理はなかなか良いよ)
「このぎゅうにゅうまだいけるか?」
(この牛乳まだ飲めるかな?)
「ここのせきいけますか?」
(ここの席に座っても大丈夫ですか)
という風に使われます。

いける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

火を起こす という意味です。
「まずすみをいこそかあ」
(まず火を起こそうか)
「あぶないでここでいこしちゃあかんよ!」
(危ないからここで火を起こしては駄目だよ!)
「すみいこしてんか」
(炭の火を起こしてくれませんか)
という風に使われます。

いこす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

炭が赤い状態になる、炭に火が付く という意味です。
「すみがいこったでー」
(炭が赤くなったぞー)
「よーし、やっといこってきたわ!」
(よーし、やっと(炭が)赤くなって来たな!)
「こうやるといこしやすい」
(こうすると炭に火がつきやすい)
という風に使われます。

いこる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意地汚い、意地汚くケチケチする様 という意味です。
「ほんまいじましいやつやな」
(まったく意地汚い奴だな)
「いじましくしとるとばちあたんでー」
(意地汚いことをしていると罰が当たるぞ~)
という風に使われます。

いじましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(物事を)最初にする、真っ先にする、すぐにとりかかる という意味です。
「いやなさぎょうはいちはなたつんがええよ」
(嫌な作業はすぐに取り掛かるほうがいいよ)
「いちはなたつんはむずかしいやねんかー」
(真っ先にするのは難しいんじゃないの?)
という風に使われます。

いちはなたつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子に乗る、調子に乗ってふざける、つけ上がる という意味です。
「おまえ、いちびってんなや」
(おまえ、調子に乗るなよ)
「あいつさいきんいちびってんな」
(あいつ最近調子に乗ってるな)
「いちびってばっかやとあしもとすくわれんできぃつきー!」
(つけ上がってばかりだと、足元をすくわれるから気をつけなさい!)
という風に使われます。

いちびる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一緒に、混ざり合った、雑多なものを混ぜ合わせる という意味です。
「やさいとにくをいっしょくたににるとおいしい」
(野菜と肉を一緒に煮ると美味しい)
「いっしょくたにせんといて」
(混ぜこぜにしないで!)
という風に使われます。

いっしょくた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行ってまいります という意味です。
「ほな、いてさんじます」
(それでは、行ってまいります)
「とうきょうへいてさんじます」
(東京へ行ってまいります)
という風に使われます。

 

これが「いっといなはれ」ですと「行って来なさい」という意味です。
「はよいっといなはれ!」
(早く行って来なさい!)
「といれいっといなはれ!」
(トイレに行ってきなさい!)
という風に使われます。

いてさんじます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かえりし、かえりしな とも言います。

 

帰りがけ、去りがけ という意味です。
「いにしなかいものしましょか」
(帰りがけに買い物しましょうか)
「みせからのいにしなおもいだした」
(店からの去り際に思い出した)
という風に使われます。

いにしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰る という意味です。
「えらいおそうなったし、もういぬわ」
(随分と遅くなってしまったし、もう帰るよ)
「わすれものしたし、いぬる」
(忘れ物をしたから、帰る)
「でんしゃんくなるし、いのうかな」
(電車がなくなるから、帰ろうかな)
「やっぱり、いのらん」
(やっぱり帰らない)
という風に使われます。

いぬ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

居られる、いらっしゃる という意味です。
「おとうさんいはったん?」
(お父さん居られたの?)
「あちらにいはるんは、どなたどすか」
(あちらにいらっしゃるのは、どなたですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いねいに」があります。
これは「行きなさい、帰りなさい」という意味です。

いはる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嬲り者、嬲り者にする という意味です。
「うちはいらいこにならん」
(私は嬲り者にはならない)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「いややわ」があります。
これは「嫌ですよ」という意味です。
「うち、こわいところいややわ」
(私、怖いところは嫌ですよ)
「いややわ、いかへん」
(嫌です、行きません)
という風に使われます。

いらいこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いろう とも言います。

 

(物に)触る、いじる という意味です。
「このこにいらわんといて!」
(この子に触らないで!)
「だいじなもんやからいろたらあかんえ」
(大事なものだからいじったらだめだよ)
「ねこさんいろうたことはあらはります?」
(猫に触ったことはありますか?」
という風に使われます。

いらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

火をかき広げる という意味です。
「そのひいらけんようにしといてや」
(その火をかき広げないようにしておいてね)
「こうやっていらけるんよ」
(こうやって火をかき広げるんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いらやき」があります。
これは「生焼け、十分に焼けていない」という意味です。
「このさかないらやきや」
(この魚、生焼けだ)
という風に使われます。

いらける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せかせかして落ち着きのない人、せっかちな人、神経質な人 という意味です。
「あのひといらちやし、またせたらあかんで」
(あの人はせっかちだから、待たせてはいけないよ)
「ごはんをたべていても、いらちやな」
(ご飯を食べていても、せっかちだな)
という風に使われます。

いらち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

苛立って という意味です。
「あのうしいらってるでちかづかんほうがええよ」
(あの牛、苛立っているから近付かない方がいいよ)
「そういらってばっかやとじんせいそんやで」
(そう苛立ってばかりいると、人生損だよ~)
という風に使われます。

いらって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

触っては駄目だ、触ったらいけない という意味です。
「くりをむかずにいろたらあかん」
(栗を剥かずに触ったら駄目だ)
「てんじひんやで、いろたらあかんやろ!」
(展示品だよ、触ったらいけないじゃないの!)
という風に使われます。

いろたらあかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっつける という意味です。
「あんなれんちゅういわしたってやー」
(あんな連中、やっつけてちょうだいよ)
「つぎあったらいわすわ!」
(次に会ったらやっつけてやる!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いのく」があります。
これは「動く、少し移動する」という意味です。
「そうじするし、つくえをいのかしてんか」
(掃除をするから、机を動かしてくれない?)
という風に使われます。

いわす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言わないで という意味です。
「これひみつやでだれにもいわんといてなー」
(これ、秘密だから誰にも言わないでね)
「それかれしにしられたらまずいんよ、いわんといてくれる?」
(それ彼氏に知れたらまずいんだよね、言わないでね?)
という風に使われます。

いわんといて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いないように という意味です。
「じゅうくじにはこうしゃにいんように」
(19時には後者にいないように)
「らいねんはここに、いんようにしとかんとな!」
(来年はここに、いないようにしておかないとね!)
という風に使われます。

いんように 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私 という意味です。
「うちのみせへおこしやす」
(私の店へいらっしゃいませ)
「うっとこおいないな」
(私の家においでなさいよ)
「かなんわうちのそんなとこいらわんといて」
(嫌だわ、私のそんな所を触らないで)
という風に使われます。
女性が子どもの頃から用います。
男の子の場合は「わし」「ぼく」「おれ」などと言う。

うち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

美しくておしとやか という意味です。
「うつやかなおひとどすなー」
(美しくておしとやかな方ですねえ)
「こんなにうつやかになってー」
(こんなに美しくておしとやかになってー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うっとこ」があります。
これは「私のところ(家)」という意味です。
「うっとこはここからさがったところどす」
(私の家はここから南に行った所です)
という風に使われます。

うつやか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気性、相性が合う という意味です。
「うまがあえへんならけっこんはやめときやぁ」
(相性が合わないのなら結婚するのはやめておきなよ)
「うまがあうやつおるとええなぁー」
(相性が合う人がいるといいなあ)
という風に使われます。

うまがあう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

化膿してきた という意味です。
「きずがうんできたで」
(傷が化膿してきたよ)
「どんどんうんでくるできぃつき~」
(どんどん化膿してくるから気を付けなさいよ~)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うら」があります。
これは「後ろ」という意味です。
「くるまのうらにのれーやー」
(車の後ろに乗りなさい)
という風に使われます。

うんできた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふんだんに、たくさん という意味です。
「うんとこさつかったらええわ!」
(ふんだんに使ったらいいですよ!)
「うんとこさあるできにしんともってきー」
(たくさんあるから気にしないで持って行きなさい)
という風に使われます。

うんとこさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よ という意味です。

軽く念を押す言葉です。
「さっきかえらはったえ」
(先ほどお帰りになりましたよ)
「あのひとが、ゆわはったんえ」
(あの人が、おっしゃったんですよ)
という風に使われます。
主に女性が用いる、京言葉独特の末尾語です。

え 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 良い という意味です。
「ええべべきたはりますなあ」
(良い服を着ておられますね)
という風に使われます。

 

② いらない という意味です。
「もうええわ、これいじょうたべられへんわ」
(もういらないよ、これ以上は食べられないわ)
という風に使われます。

ええ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大概に、いい加減 という意味です。
「あんたらけんかもええかげんにせえよ」
(あなた達、喧嘩も大概にしなさいよ)
「ええかげんなひとなんてもうしらん」
(いい加減な人なんて、もう知りません)
という風に使われます。

ええかげん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良いですね、よろしいですね という意味です。
「そのふくええやんか」
(その服、良いですね)
「ええやんか、もっとかいまひょ」
(良いですね、もっと買いましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ええあんばい」があります。
これは「良い天気」という意味です。

ええやんか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 辛辣な という意味です。
「えぐいこといいはる」
(辛辣なことを言いますね)
という風に使われます。

 

② 味が濃すぎて喉が変になりそうなさま という意味です。
「こんなえぐいもんたべんわ」
(こんな味の濃すぎるもの、食べられません)
という風に使われます。

えぐい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人情味に欠けるさま、辛辣な、どぎつい、嫌らしい という意味です。
「えげつないことせんとおき!」
(人情味に欠けることはやめなさい!)
「いともたやすくおこなわれるえげつないこうい」
(いとも簡単に行われてしまう非常な行為)
「そのふくえげつないいろしてまんな」
(その服、どぎつい色をしていますね)
という風に使われます。

えげつない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

吐き気をもよおす、嘔吐する、吐く という意味です。
「たべすぎでえずいてしもたわ」
(食べすぎで吐いてしまったよ)
「ゆうべはのみすぎてえずいてしもた」
(昨夜は飲みすぎて吐いてしまった)
という風に使われます。

えずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えぞくろしい、えづくろしい とも言います。

 

不快、くどくどしい、普通よりも度を越えている有様 という意味です。
「あのおんなのひとのけしょうえずくろしゅうでかなわんわ」
(あの女性の化粧があくどくて耐えられないよ)
「えずくろしいいろづかいでっしゃろ?」
(度の過ぎた色使いだったでしょう?)
という風に使われます。

えずくろしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

得意 という意味です。
「えてすもうをとりはります」
(得意として相撲を取ります)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ええとこ」があります。
これは「金持ち、資産家、家柄や身分の良い家」という意味です。
「ええとこのぼんぼんやし、うちらといっしょにあそばれへんわ」
(金持ちのお坊ちゃんだし、私たちと一緒には遊ばないよ)
という風に使われます。

えて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

贅沢な という意味です。
「えよーなあじどすなあ」
(贅沢な味ですね)
「えよーななやみどすなあ、そんななやみをもってみたい」
(贅沢な悩みですねえ、そんな悩みを持ってみたい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ええもん」があります。
これは「何か良いもの、おやつ」という意味です。

えよーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えろう とも言います。

 

ずいぶん、大層、多くの、偉い、とんでもない という意味です。
「あんたきょうはえらいしんせつどすな」
(あなた今日はずいぶん親切ですね)
「まつりのせいでえらいひとどす」
(祭りのせいで多くの人出です)
「あのかたはえらいおひとどす」
(あの方は偉い人です)
という風に使われます。

えらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よく知っている、知り尽くす という意味です。
「えらしりやなぁ」
(よく知っているなあ)
「あのみせはえらしりですわ」
(あのお店はよく知っています)
「えらしりなひとがきましたえ」
(よく知っている人が来ましたよ)
という風に使われます。

えらしり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変なことだ という意味です。
「じこにまきこまれるなんて、えらいこっちゃ」
(事故に巻き込まれるなんて、大変なことだ)
「けいさつにつかまったらしいで」「えらいこっちゃ!」
(警察に捕まったらしいですよ)(大変なことだ!)
という風に使われます。

えらいこっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あいにく、運悪く、折り悪しく という意味です。
「えんばんとそのひぃはぐつわるおす」
(あいにくその日は都合が悪いです)
「そんみせはえんばんとやすみやった」
(その店はあいにく休みでした)
「えんばんとそのひはでかけておるよ」
(あいにくその日は出掛けています)
という風に使われます。

えんばんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

召し上がってください という意味です。
「これ、おあがりやす」
(これを召し上がってください)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「おあがりやしておくれやす」があります。
これは「家の中に入って下さい」という意味です。
「そんなとこへたってんと、おあがりやしておくれやす」
(そんな所に立っていないで、家の中に入って下さい)
という風に使われます。

おあがりやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

油揚げ という意味です。
「おあげさんとなっぱとたいたらおいしおす」
(油揚げと葉野菜と煮たらおいしいです)
という風に使われます。

 

「あげおかべ」「おいなりさん」とも言います。

 

似た言葉では「おあいそ」があります。
これは「勘定」という意味です。
「おあいそしとくれやす」
(お勘定をお願いします)
という風に使われます。

おあげさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらっしゃい という意味です。
「ようこそ、おいでやす」
(ようこそ、いらっしゃい)
「おいでやすきょうと」
(いらっしゃい京都)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おいいる」があります。
これは「おっしゃる」という意味です。
「そうおいいるさかい」
(そう言われるから)
という風に使われます。

おいでやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肛門、尻、尻の穴 という意味です。
「おいどがかゆい」
(尻の穴がかゆい)
「おいどみせんといて」
(お尻を見せないでください)
「おいどおろしてきびすをあげる」
(お尻を下げて、踵を上げる)
という風に使われます。

 

これが「おいどかけ」ですと「尻からげ」という意味です。
「おいどかけせんとすそがぬれますえ」
(着物の裾を帯の後ろに絡げないと裾が濡れますよ)
という風に使われます。

おいど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

来なさい、来て下さい という意味です。
「ごちゃごちゃいうてないでおいない」
(ごちゃごちゃ言っていないで来なさい)
「いつかきょうとにおいないな」
(いつか京都に来なさいね)
「なんにもおへんけど、あいさにおいないな」
(何も無いけれど、ときどき来て下さいね)
という風に使われます。

おいない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おいでになりますか、いらっしゃいますか という意味です。
「こんやうちにおいやすか?」
(今夜、家にいらっしゃいますか?)
「あしたおみせにおいやすか?」
(明日、お店においでになりますか?)
という風に使われます。

おいやすか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

閉口する、参ってしまう という意味です。
「そんないいかたされたら、おうじょうするで」
(そんな言い方されたら、閉口してしまうよ)
「たいりょくてきにおうじょうしたなあ」
(体力的に参ってしまったよ)
という風に使われます。

おうじょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ありがとうございます という意味です。
「これくれるん?おおきに!」
(これをくれるんですか?ありがとうございます!)
「きょうははずむわ」「おおきに」
(今日は奢ってあげるよ)(ありがとうございます)
という風に使われます。

おおきに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

合っています という意味です。
「このけいさんはおおてますか?」
(この計算は合っていますか?)
「おおてます」
(合っています)
「こっちのもんだいは・・・おおてます、いや、ちゃうちゃう」
(こっちの問題は・・・合っています、いや、違う違う)
という風に使われます。

おおてます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減、大まか という意味です。
「おおよそなたいどをとる」
(いい加減な態度をとる)
「おおよそにかぞえる」
(大まかに数える)
という風に使われます。

 

似た言葉では「お~やす」があります。
これは「~(なさい)ます」という意味です。
「じょーずにおかきやすなー」
(上手に書かれますねえ)
という風に使われます。

おおよそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

菓子 という意味です。
「おかしんたべたおす」
(お菓子を食べたいです)
「おかしんかいにいかへんと」
(お菓子を買いに行かないと)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おかぼ」があります。
これは「かぼちゃ」という意味です。
「おかぼのたいたんとおとふ」
(かぼちゃの煮物と豆腐)
という風に使われます。

おかしん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑張ってください という意味です。
「ほな、おきばりやす~」
(それでは、頑張ってくださいね)
「おしごとおきばりやす」
(お仕事頑張ってください)
「ようべんきょうしやはりますな、おきばりやす」
(よく勉強をしておられますね、頑張ってください)
という風に使われます。

おきばりやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とどめる(留める・止める)という意味です。
「さんぱいだけにおく」
(参拝だけにとどめる)
「なくだけにおく」
(泣くだけにとどめる)
「いうだけにおく」
(言うだけにとどめる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おぐし」です。
これは「髪」という意味です。

おく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お疲れ様でした という意味です。
「きょうもおしごとおくたぶれさんどした」
(今日もお仕事お疲れ様でした)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「おことおさん」があります。
これは「お忙しいことです」という意味です。

おくたぶれさんどした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

塗りかまどの敬称、竈、釜戸 という意味です。
「おくどさんで、にたきします」
(かまどの火で煮炊きします)
「おくどさんでごはんたいてたのに、いまはでんきがまのじだいや」
(かまどでご飯を炊いていたのに、今は炊飯器の時代です)
という風に使われます。
かまどの神様「くど神」は平野神社に祀られています。

おくどさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ください、頂戴 という意味です。
「そのちょこおくない」
(そのチョコをください)
「ちょっと、そのかみおくない」
(ちょっと、その紙を頂戴)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「おくれやす」があります。
これは「してください」という意味です。
「かんにんしておくれやす」
(ご勘弁してください)
という風に使われます。

おくない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

当然、当たり前 という意味です。
「おけんたいどす」
(当たり前です)
「おけんたいもらえるとおもとります」
(当然貰えると思っています)
「あのかいしゃ、おけんたいでにゅうきんびをおくらせてくるんよ」
(あの会社、当然のように入金日を送らせてくるんだよ)
という風に使われます。

おけんたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おこし とも言います。

 

いらっしゃいませ、来ていただきまして有難うございます という意味です。
「おこしやすきょうと」
(いらっしゃいませ、京都)
「ようこそおこしやす~」
(ようこそいらっしゃいませ~)
「きょうはよう、おこしやす」
(今日はよく来ていただきまして有難うございます)
という風に使われます。

おこしやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 雨降り という意味です。
「きょうもおさがりどすなー」
(今日も雨降りですねー)
という風に使われます。

 

② 神仏への供え物を下げたもの という意味です。
「これじぞうぼんのおさがりやさかい、みなさんでおあがりやす」
(これは地蔵盆のお供えを下げたものですので、みなさんで召し上がってください)
という風に使われます。

おさがり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よし とも言います。

 

~なさい という意味です。
「はよきよし」
(早く来なさい)
「いきおし」
(行きなさい)
「しおし」
(しなさい)
「さっさとべんきょうおし!」
(さっさと勉強しなさい!)
「そろそろだいえっとおし~」
(そろそろダイエットしなさい)
という風に使われます。

 

「〜よし」は新しい言い方です。

おし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あった という意味です。
「おちゃわんがおした」
(お茶碗があった)
「てーぶるのうえにうえっじうっどのかっぷがおした」
(テーブルの上にウェッジウッドのカップがあった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おしまいやす」があります。
これは「こんばんは」という意味の夕方時の挨拶です。
「おしまいやす~」
(こんばんは~)
という風に使われます。

おした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「ある」の丁寧語です。
あります、ございます という意味です。
「ここにおす」
(ここにあります)
「うれしおす」
(嬉しいです)
「そんなことおへん」
(そんなことありません)
「ぺんおすか」
(ペンはありますか)
「かみおすか」
(紙はありますか)
という風に使われます。

おす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

滞りなく という意味です。
「おするするとすすむ」
(滞りなく進む)
「おするするとしきがすすむ」
(滞りなく式が進行する)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~おすなぁ」があります。
これは「~ですね」という意味です。
「きょうもあつおすなぁ」
(今日も暑いですね)
という風に使われます。

おするする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食べてください という意味です。
「ばんごはんおたべやす」
(晩御飯を食べて下さい)
「きらいなやさいもおたべやす」
(嫌いな野菜も食べて下さい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おたのもーします」があります。
これは「お願いします」という意味です。
「このむすこをおたのもーします!」
(この息子をお願いします!)
という風に使われます。

おたべやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

贈り物を受け取った時に出す返礼の品、心付け のことです。
「ちょっとまっておくれやす。おためいれさせてもらいますよって」
(ちょっと待ってください。心付けを入れさせてもらいますから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おたやん」があります。
これは「おたふく、おかめ」という意味です。

おため 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

和尚さん という意味です。
「ほうようでおっさんにきてもろた」
(法要で和尚さんに来てもらいました)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「おっしょはん」があります。
これは「お師匠さん」という意味です。
「おっしょはんがおでっさんのおいどをものさしでたたく」
(お師匠さんがお弟子さんのお尻を物差しで叩く)
という風に使われます。

おっさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

驚いた という意味です。
「ああおったまげた!」
(ああ驚いた!)
「おったまげたかお」
(驚いた顔)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おっちん」があります。
これは「座る」という意味の幼児語です。
「そこへおっちんし」
(そこへ座りなさい)
という風に使われます。

おったまげた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆっくりと辛気臭い という意味です。
「おっとりしたうごき」
(ゆっくりと辛気臭い動き)
「おっとりしたはなしかた」
(ゆっくりと辛気臭い話し方)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おとと」があります。
これは「魚」という意味です。
「おおきいおととやなぁ」
(大きな魚ですね9
という風に使われます。

おっとり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怖い、恐ろしい という意味です。
「おっとろしはなし」
(恐ろしい話)
「みためがおっとろし」
(見た目が怖い)
という風に使われます。

 

これが「おっとろっしゃー」があります。
これは「驚いた、ビックリした」という意味です。
「ほ~、おおきいなって~おっとろっしゃー」
(まあ~、大きくなってぇ、驚いた~)
という風に使われます。

おっとろし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

茶などを盆に乗せずに出す という意味です。
「おてぼんでしつれいします」
(お茶をお盆に乗せないままで失礼します)
「おてぼんでだいじょうぶです」
(お茶をお盆に乗せないままで大丈夫です)
という風に使われます。

おてぼん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手間のかかること という意味です。
「おてまいりのごちそうばっかしやないの」
(手間のかかるご馳走ばっかりじゃないの)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おてしょー」があります。
これは「小皿、手塩皿」という意味です。
「おてしょーにとってたべよし」
(小皿に取って食べなさい)
という風に使われます。

おてまいり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お茶屋や宴会などのお座敷へ上がる という意味です。
「きょうはおはなにいく」
(今日はお茶屋にあがるという意味です)
「おはなにいってきた」
(お座敷にあがってきた)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「おぶ」があります。
これは「お茶」という意味です。
「きのうのおぶほかそか」
(昨日のお茶、捨てましょうか)
という風に使われます。

おはなにいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

普段の日のお惣菜 という意味です。
「こんなおばんざいしかおへんけど」
(こんな普段のお惣菜しかございませんけど)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おへん」があります。
これは「ありません」という意味です。
「そやかてぎょーさんあるさかいにこらちょろこおへんな」
(そうは言ってもたくさんあるのでこれは簡単ではありませんよ)
という風に使われます。

おばんざい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

幼稚な という意味です。
津軽や仙台などでは「赤ちゃん」という意味で使われています。
「おぼこはっそうやなあ」
(幼稚な発想だね)
「きみのこうどうはおぼこや」
(君の行動は幼稚だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おぶ」があります。
これは「お茶」という意味のです。
「おぶでものまはります?」
(お茶でも飲まれますか?)
という風に使われます。

おぼこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ございます、あります という意味です。
「なんぞ、ええがらのきものおますか」
(何か、良い柄の着物はございますか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おまっと(う)はん」があります。
これは「お待ちどうさま、お待たせしました」という意味です。
「おまっとはんどしたな」
(お待ちどうさまでしたね)
という風に使われます。

おます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

枕 という意味です。
「あさおきたらいつもおまくあれへん、ぎょーぎわるいな」
(朝起きたら、いつも枕が無い、行儀悪いなぁ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おねま」があります。
これは「寝室、布団」という意味です。
「はよおねまにはいってねんねしなさい」
(早く布団に入って寝なさい)
という風に使われます。

おまく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

饅頭 という意味です。
「おまんをみっつになおす」
(お饅頭を三つに切る)
「うち、あこのみせのおまん、だいすきどす」
(私、あそこの店のお饅頭、大好きです)
「おまん、もううりきれておまへんわ」
(饅頭は、もう売り切れてありませんよ)
という風に使われます。

おまん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お目にかかる という意味です。
”会う”の謙譲語で、目上の方に対する言葉です。
「しゃちょうにおめもじする」
(社長にお目にかかる)
「そのみちのししょうにおめもじする」
(その道の師匠にお目にかかる)
という風に使われます。

おめもじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

思っている という意味です。
「どんなにはなれてても、きみのことをおもてるよ」
(どんなに離れてても、君のことを想っているよ)
「わたしはこうしたほうがいいとおもてる」
(私はこうしたほうがいいと思っている)
という風に使われます。

おもてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奢る という意味です。
「おもってやるしついてこい」
(奢ってやるから付いて来い)
「こうはいにおもる」
(後輩に奢る)
「じゃいけんでまけたほうが、おもるのえ」
(じゃんけんで負けた方が、奢るんだよ)
という風に使われます。

おもる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面白い という意味です。
「あんたおもろいな」
(あなた面白いね)
「なんぞおもろいことおへんか」
(何か面白いことはありませんか)
「ほんまにおもろいえいがやなあ」
(本当に面白い映画ですねえ)
という風に使われます。

おもろい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お邪魔しました、お騒がせしました という意味です。
「えらいおやかまっさんどした」
(大変、お邪魔いたしました)
「こどもがさわいで、おやかまっさんどした」
(子供が騒いで、お騒がせいたしました)
という風に使われます。

おやかまっさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

同じ という意味です。
「かれとわたしはおんなじけつえきがたどす」
(彼と私は同じ血液型だ)
「やっとおんなじくらすになれたなぁ」
(やっと同じクラスになれたね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おんなった」があります。
これは「居られた」という意味です。
「むこうにおんなったで」
(向こうに居られたよ)
という風に使われます。

おんなじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かたいで、かぐ とも言います。

 

担ぐ、担いで、物を持ち上げる という意味です。
「にもつをかいで」
(荷物を持ち上げる)
「ねてしもたややさんをかいで」
(寝てしまった赤ちゃんを担ぐ)
「おみこしをかたいであるく」
(御神輿を担いで歩く)
「いもうとをかたいではしる」
(妹を肩に担いで走る)
という風に使われます。

かいで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かいらし とも言います。

 

可愛らしい という意味です。
「あのこかいらしいなあ」
(あの子、可愛らしいね)
「かいらしいおちごはんどすなぁ」
(可愛らしいお稚児さんですねえ)
「さしえもかいらしおすえ」
(挿絵も可愛らしいですよ)
「ほんまにかいらしえふだやし」
(本当に可愛らしい絵札ですし)
という風に使われます。

かいらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

交換、交換する という意味です。
「ふるぎをかえことしはる」
(古着を交換する)
「かえことどしたら、とくをどした」
(交換をしたら、得をした)
「そのふく、かえことしょう」
(その服、交換しましょう)
という風に使われます。

かえこと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

香、におい という意味です。
「えーかざがしますな」
(良い匂いがしますね)
「かざをかぐ」
(匂いを嗅ぐ)
「ええかざがただようてくんなあ」
(良い臭いが漂ってきますね)
という風に使われます。
良い匂いのことも悪い匂いのことも言います。

かざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

荒い という意味です。
「あいつはまめにみえるがなにかとがさいやつだ」
(アイツはマメに見えるけど、何かと荒い奴です)
「しあげががさい」
(仕上げが荒い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がさ」があります。
これは「落ち着きの無い人」という意味です。

がさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大袈裟に振る舞う という意味です。
「よっぱらってかさぶるな」
(酔っ払って、大袈裟に振る舞うんじゃない)
「あいつ、かさぶるからいやだ・・・」
(あいつ、大袈裟に振る舞うから嫌だ・・・)
という風に使われます。

かさぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かじける とも言います。

 

(寒さで)冷え縮まる という意味です。
「めっちゃてがかじかむ」
(とても手が冷え縮まる)
「かじかんでじがかけへん」
(手が冷え縮んで、字が書けません)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「かじけ」があります。
これは「寒がり」という意味です。

かじかむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

残りを取り除く という意味です。
「さらのおかずをかする」
(皿のおかずの残りを取り除く)
「しょぶんよていのしょるいをかする」
(処分予定の書類の残りを取り除く)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かす」があります。
これは「米を研ぐ」という意味です。

 

また、「かしまい」では「洗い米」という意味です。

かする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑固 という意味です。
「わたしのそふはかたいじや」
(私の祖父は頑固です)
「かたいじなひとはときどきややこしいとおもう」
(頑固な人は、ときどき面倒だと思う)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がとこ」があります。
これは「~ほど」という意味です。
「ごほんがとこ、わけとくれやす」
(5本ほど、分けてください)
という風に使われます。

かたいじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぎりぎり という意味です。
「かつかつまにあった」
(ぎりぎり間に合った)
「やくそくのじかんまでにつけるかかつかつだ」
(約束の時間までに着けるかぎりぎりだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かちん、おかちん、あも」があります。
これは「餅」という意味です。
「かちんおくない」
(餅を下さい)
という風に使われます。

かつかつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

借りてくる という意味です。
「はさみかってきて」
(ハサミを借りてきて)
「きょうかしょをもってないひとは、となりのくらすからかってきてな」
(教科書を持っていない人は、隣のクラスから借りてきてね)
という風に使われます。

 

標準語の”買ってきて”ではありません。
その場合は「こうてきて」になります。

かってきて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~でも、~だって という意味です。
「そやかて、むかしにはもどれんよ」
(そんなことを言っても、昔には戻れないよ)
「うちかて、すきでこんなんしとるんやない」
(私だって、好きでこんなことをしてるんじゃない)
「いまからかておそいことあらへん」
(今からでも遅いことはありません)
という風に使われます。

かて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家の前、家の外、表 という意味です。
「かどでまっとってぇ」
(家の前で待っていて)
「おいえあがってあそんでばっかりいんと、かどであそんどいどいで」
(座敷に上がって遊んでばかりいないで、家の外で遊んでおいで)
「ちょっとかどいってくるわ」
(ちょっと家の外に行って来ます)
「かどであそび」
(家の外で遊びなさい)
という風に使われます。

かど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

容易な、容易い という意味です。
「これはかなるいてすとや」
(これは容易なテストだ)
「かなるくしんにゅうできた」
(容易く侵入出来た)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がな」があります。
これは「~じゃないの」という意味です。
「そんなことしたらあかんがな」
(そんなことをしたら駄目じゃないの)
という風に使われます。

かなるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嫌、嫌だ、困る、敵わない という意味です。
「あしたあめやったらかなんなー」
(明日雨だったら嫌だなー)
「れいぼうがききすぎてかなん」
(冷房が効きすぎて敵わない)
「へやがきたなすぎてもうかなんや」
(部屋が汚すぎてもう嫌だ)
という風に使われます。

かなん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① わずかばかり という意味です。
「かにここのこぜにをてにする」
(わずかばかりの小銭を手にする)
「かにここだが、ほうびをあたえる」
(わずかばかりだが、褒美を与える)
という風に使われます。

 

② とにかく という意味です。
「やくそくのじかんにかにここまにおうてよかった」
(約束の時間にとにかく間に合って良かった)
という風に使われます。

かにここ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

構わないよ、結構です という意味です。
「これもろていい?」「かまへんよ」
(これもらっていい?)(構わないよ)
「かまへんかまへん!そないなこときにせんといて」
(構わない構わない!そんなこと気にしないで)
という風に使われます。

かまへん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なおす、元の位置に戻す、返す という意味です。
「ほんをたなにかやす」
(本を元の棚に戻す)
「せんたくものをかやす」
(洗濯物を元の位置に戻す)
「うちのほん、はよかやしてんか」
(私の本、早く返してもらえませんか)
という風に使われます。

かやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体格 という意味です。
「おすもうはん、でかいからしたはりますなぁ」
(お相撲さん、大きな体格をされていますねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~からに」があります。
これは「~のくせに、~していて、~しておきながら」という意味です。
「てらまでいっててからに、なんでゆうれいあめこうてきいひんだん」
(寺まで行った来たのに、どうして幽霊飴を買ってこなかったんだろう)
という風に使われます。

から 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きなくさい、焦げくさい という意味です。
「なんか、かんこくさいえ」
(何かきなくさいよ)
という風に使われます。

 

これが「かんこくさいこ」ですと「鼻が上を向いたかわいい子」のことを指します。

 

似た言葉では「かんがえときまっさ」があります。
これは「考えておきますよ」という意味です。

かんこくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごめん、許して という意味です。
「えろうおそなってしもて、ほんまにかんにんえ」
(随分と遅くなってしまって、本当にごめんね)
「こっそりあいすたべたけど、かんにんな」
(こっそりアイスを食べたけど、許してね)
「かんにんえ、こんなことさせといて」
(ごめんなさいね、こんなことをさせて)
という風に使われます。

かんにん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

我の強い、自分勝手な という意味です。
「あいつはいつもじぶんのいけんをおしつけるがんまちなやつだ」
(あいつはいつも自分の意見を押し付ける自分勝手な奴だ)
「がんまちなたいどでいるとそんをするぞ」
(自分勝手な態度でいると損をするぞ)
という風に使われます。

がんまちな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気分が悪い、ムカつく という意味です。
「あいつほんまきぎゃりーわ」
(アイツ、本当に気分が悪いよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「きしょい」があります。
これは「気持ち悪い、不快だ」という意味です。
「じおもいだされへんし、きしょくわるいなぁ」
(お化けみたいで気持ち悪い!)
という風に使われます。

きぎゃりー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 気楽、吞気 という意味です。
「きさんじなこーやな」
(呑気な子だね)
という風に使われます。

 

② 快活で社交的、さっぱりした性格、さばけている、人見知りしない という意味です。
「あそこのこはきさんじやなー」
(あそこの家の子は快活で社交的だねー)
という風に使われます。

きさんじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

来るときに という意味です。
「きしなにやつはしこうてきてや」
(来るときに八つ橋を買ってきて)
「きしなにうちよってってな」
(来がけにうちに寄って行ってよ)
「きしなにあめがふって、おそうなりました」
(来るときに雨が降って、遅くなりました)
という風に使われます。

きしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わがままで気が強い という意味です。
「うちのこはきずいこにそだちました」
(うちの子供はわがままで気が強い子に育ちました)
「おんなってほんまにきずいわあ」
(女性って本当にわがままで気が強いなあ)
「うちににてきずい」
(私に似て、わがままで気が強い)
という風に使われます。

きずい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

申し訳ない、すまない、気詰まりな、心苦しい という意味です。
「わざわざきてもろてきずつないわあ」
(わざわざ来ていただいて、申し訳ないですね)
「きずつないことしてもうたわ」
(申し訳ないことをしてしまったよ)
という風に使われます。

きずつない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

強く という意味です。
「そないきつうたたかんといてんか」
(そんなに強く叩かないでくれる?)
「きつうしかっときましたわ」
(強く叱っておきました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きちきち」があります。
これは「詰まり過ぎて少しキツイ状態」です。

きつう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やる気のない人 という意味です。
「あのひとはきなしぼやさかい、あてにならん」
(あの人はやる気がない人だからあてにならない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きびしょ」があります。
これは「急須」という意味です。
「そのきびしょにおゆをいれてんかー」
(その急須にお湯を入れてくれませんか)
という風に使われます。

きなしぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きゃはる とも言います。

 

(こちらに)やって来る、来られる という意味です。
「おえらいさんがきはった」
(お偉いさんがいらっしゃった)
「こんど、しゃちょうがきょうとにきゃはるんです」
(今度、社長が京都にやって来られるんです)
という風に使われます。

きはる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑張る という意味です。
「あのひときばってはるなー」
(あの人頑張っておられるなあ)
「そんなきばってしごとしてたらたおれるで」
(そんなに頑張って仕事していたら倒れるよ)
「きょうのしあい、きばってこや」
(今日の試合、頑張っていこう!)
「らいねんからもっときばってや」
(来年からもっと努力してよ)
という風に使われます。

きばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

際どい という意味です。
「きのう、きぶいとこであなにおちそうになったわ」
(昨日、際どい所で穴に落ちそうになったよ)
「そないきぶいわだいだすなや!」
(そんな際どい話題を出さないでよ!)
という風に使われます。

きぶい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きーひん とも言います。

 

来られない、来ない という意味です。
「きょうはせんせいきやーらへんらしいで」
(今日は先生、来られないらしいよ)
「ともだちきやーらへんなあ」
(友達が来ませんねえ)
「もうきーひんとおもっていました」
(もう来ないと思っていました)
という風に使われます。

きやーらへん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん という意味です。
「そないなぎゃんぎゃんかせいでどうするの」
(そんなにたくさん稼いでどうするの)
「ぎゃんぎゃんひとがおるなあ」
(たくさん人がいるなあ)
という風に使われます。

 

”ぎょうさん”と同義語ですが、こちらは基本的に京都でのみ使用されています。

ぎゃんぎゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

今どき、近頃、最近 という意味です。
「きょうびのわかいもんはなにをかんがえとるんや」
(近頃の若い者はなにを考えてるんだ)
「きょうびのひとはべっぴんさんがおおすなあ」
(今どきの人は、美人が多いですねえ)
「そないなかっこしてたら、ひとさんにわらわれますえ」
(そんな格好をしていたら、人様に笑われますよ)
という風に使われます。

きょーび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よーさん とも言います。

 

たくさん という意味です。
「こんなぎょうさんこうてきてどないするん」
(こんなにたくさん買ってきてどうするの)
「ぎょうさんひとがいるなあ」
(たくさん人がいるなあ)
という風に使われます。

 

関西圏全域でよく使われる言葉です。

ぎょうさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ムキになって という意味です。
「そこまでぎんばらんでも・・・」
(そこまでムキにならなくても・・・)
「いつまでぎんばっとるつもりどすか」
(いつまでムキになっているつもりですか)
「そないぎんばらんでもよろし」
(そんなムキにならなくてもいいよ)
という風に使われます。

ぎんばって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

含んだ という意味です。
「みずをくくんだすぽんじ」
(水を含んだスポンジ)
「ぜんぶくくんだはなし」
(全部を含んだ話)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~くさ」があります。
これは「~のようだ、~らしい、~ぽい」という意味です。
「あほくさ」
(アホらしい)
という風に使われます。

くくんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ごと、~のまま という意味です。

ここでいう「ごと」は「毎」ではなく「もろとも」の意味になります。

「おみかん、かわぐちたべてしもた」
(みかんを皮ごと食べてしまった)
「じゃがいもはかわぐちたべるとめがあるのであぶない」
(じゃがいもは皮ごと食べると芽があるので危ない)
「やさいについたむしぐちゆでてしもた」
(野菜に付いた虫ごと茹でてしまった)
という風に使われます。

ぐち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くたくた、しわくちゃ、もみくちゃ という意味です。
「くちゃくちゃになったうわぎ」
(くたくたになった上着)
「いるいがくちゃくちゃ」
(衣類がしわくちゃ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くちなわ」があります。
これは「蛇」という意味です。

くちゃくちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

都合が悪い、具合が悪い という意味です。
「きょうはぐつわるいさかい、あしたにしてんか」
(今日は都合が悪いので、明日にしてくれませんか)
「それをしられるとぐつわるい」
(それを知られると都合が悪い)
「やみあがりだからからだのどこぞがまだぐつわるい」
(病み上がりなので、体のどこかがまだ具合が悪い)
という風に使われます。

 

具合がいい場合に「ぐつ」は用いないようです。

ぐつわるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下品な という意味です。
「あいつはげすいことばかりいう」
(アイツは下品な事ばかりを言う)
「げすいじょうだんばかりいうな」
(下品な冗談ばかり言うんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けんずい」があります。
これは「間食」という意味です。

げすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

思い切り、思いっきり という意味です。
「けつぎりはなしかけた」
(思いきって話しかけました)
「きのうはけつぎりはしった」
(昨日は思いっきり走った)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けつね」があります。
これは「狐(きつね)」という意味です。

けつぎり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

結構 という意味です。
「もうけっこどす、いりまへん」
(もう結構です、いりません)
「あてはけっこどす」
(私は結構です)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けったくそわるい」があります。
これは「むかっ腹が立つ」という意味です。

けっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奇妙な、変な、おかしな という意味です。
「けったいなえ」
(奇妙な絵)
「けったいなひともいる」
(変な人もいる)
「けったいなことしんときや」
(おかしな事をするんじゃないよ)
「このけったいなおもちゃほろこいなー、もうこわれてしもたわ」
(この変なおもちゃ、脆いなあ。もう壊れてしまったよ)
という風に使われます。

けったいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けなりい とも言います。

 

うらやましい という意味です。
「えーべべたんともってはって、けなるいわ」
(良い着物をたくさん持っておられて、うらやましいわ)
「このくるまけなりい」
(この車、うらやましい)
「けなりいおくさん」
(羨ましい奥さん)
という風に使われます。

けなるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

煙が立っている という意味です。
「とおくのやまでけぶる」
(遠くの山で煙が立っている)
「えんとつからけぶる」
(煙突から煙が立っている)
という風に使われます。

 

これが「けぶたい」ですと「煙い」という意味です。
「けぶたがられる」
(煙たがられる)
という風に使われます。

けぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

笑い上戸 という意味です。
「あんた、ほんまにげらやなぁ」
(あなたは本当に笑い上戸ですね)
「あのおしと、げらやなあ」
(あの人、笑い上戸だなあ)
「さけのまはるとげらになる」
(酒を飲むと、笑い上戸になる)
という風に使われます。

げら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

縁起 という意味です。
「ちゃばしらがたちましたわ、げんがよろしおすなあ」
(茶柱が立ちましたよ、縁起が宜しいですねえ)
という風に使われます。

 

逆の言葉は「げんくそわるい」になります。
これは「縁起が悪い、縁起でもない」という意味です。
「しょうがつそうそうくるまあてられて、ほんまにげんくそわるいわ」
(正月早々に車をぶつけられて、本当に縁起が悪いよ)
という風に使われます。

げん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

当然事、当たり前 という意味です。
「きまったのはけんたい」
(決まったのは当然の事だ)
「けんたいのけっか」
(当たり前の結果)
という風に使われます。

 

似た言葉では「げんすけ」があります。
これは「失敗、失策」という意味です。
「ああー、きょうはげんすけやったなぁ」
(ああー、今日は失敗だったなぁ)
という風に使われます。

けんたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えーと、さてと、それはそうと という意味です。
「こうつと、つぎは・・・」
(さてと、次は・・・)
「こうつと、だいじょうぶ」
(えーと、大丈夫)
「こうつと、じゅぎょうはじめます」
(さてと、授業を始めます)
「こうつと、きのうのはなしは・・・」
(それはそうと、昨日の話は・・・)
という風に使われます。

こうつと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

買って下さい という意味です。
「このかぼちゃこうてんか」
(このカボチャを買って下さい)
「こうてんか、こうてんか」
(買って下さい、買って下さい)
という風に使われます。

 

これが「こう」で「買う」という意味です。
「かぼちゃをこう」
(カボチャを買う)
「こうたかぼちゃをにる」
(買ったカボチャを煮る)
という風に使われます。

こうてんか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

地味、地味で上品な、質素で上品な という意味です。
「ええがらやけど、あんたにはちょこっとこーとないろやとおもいます」
(良い柄だけど、あなたには少し地味な色だと思います)
「こうとないろどすなぁ」
(地味で上品な色ですねぇ)
「こたち、こうとなべべきてはるなー」
(子供さん、質素で上品な着物を着ておられるねえ)
という風に使われます。

こうと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご丁寧に という意味です。
「いつもごきんとはんにどうも」
(いつもご丁寧にどうも)
「それはそれは、ごきんとはんなことで」
(それはそれは、ご丁寧なことで)
という風に使われます。

 

ごきんとは「御金当」と書きます。
貸した金品が約束の日にきちんと返された時に使う挨拶語で、
几帳面な人、率議な人の意味もあります。

ごきんとはんに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

祖父以来長くその土地に住んでいること を言います。
「わたし、きょうとのこげつきですがな」
(私は、先祖から長く京都に住んでいますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こける」があります。
これは「倒れる、転ぶ」という意味です。
「じてんしゃにのっていてこける」
(自転車に乗っていて倒れる)
という風に使われます。

こげつき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

屈む という意味です。
「おかねをひらうためにこごめ」
(お金を拾うために屈む)
「こごめて。かたにごみがついてるよ」
(屈んでちょうだい。肩にゴミが付いているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こめんじゃこ」があります。
これは「めだか」という意味です。

こごめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こしらえた、作り上げた という意味です。
「たいせつにこさえたあたらしいかたな」
(大切にこしらえた新しい刀)
「しんせんなさかなをこさえたよ」
(新鮮な魚をこしらえたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ござりますでござります」があります。
これは「ございます」の非常に丁寧な譲語表現です。

こさえた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急き立てられるような という意味です。
「こぜわしいにちじょう」
(急き立てられるような日常)
「やっぱねんまつはこぜわしいなあ」
(やっぱり年末は急き立てられるようだなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こすい」があります。
これは「ずるい」という意味です。

こぜわしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くすぐったい という意味です。
「このせーたーこそばいなあ」
(このセーターくすぐったいなあ)
「こそばいからやめてよ!」
(くすぐったいからやめてよ!)
「わきのしたはこそばい」
(脇の下はくすぐったい)
という風に使われます。

こそばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

丁寧に言う場合は「おこたち」になります。

 

子供、お子さん という意味です。
単数でもこの形で使います。
「おうちはこたちはおひとりどすか」
(あなたの子どもさんはお一人ですか)
「もんできんじょのおこたちがあそんだはってやかましい」
(門で近所の子供達が遊んでいてうるさい)
という風に使われます。

こたち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

突く、つつく という意味です。
「ゆびでこつかんといていな。きしょくわるい」
(指で突かないでよ。気持ち悪い)
「わきばらをこつく」
(脇腹を突いた)
「とりにえさをやってたらゆびをこつかれた」
(鳥にエサをあげていたら指をつつかれた)
という風に使われます。

こつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こちら、当方 という意味です。
「こっちおいで」
(こちらにおいで)
「こっちにもいけんがあるで」
(当方にも意見があります)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こっちゃ」があります。
これは「ことだ」という意味です。
「そら、えらいこっちゃ」
(それは大変なことです)
という風に使われます。

こっち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご馳走 という意味です。
「いや、きょうはえらいごっつぉやな」
(あら、今日はすごいご馳走ですね)
「けっこんしきでごっつおよばれてきた」
(結婚式でご馳走を頂いてきた)
という風に使われます。

 

これが「ごっつぉはん」ですと「ご馳走様」という意味です。
「えらい、ごっつぉはんどした」
(大変、ご馳走様でした)
という風に使われます。

ごっつぉ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

濃厚な という意味です。
「こってりならーめんはおいしい」
(濃厚なラーメンは美味しい)
「ははのつくるりょうりはこってりや」
(母の作る料理は濃厚だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こっきり」があります。
これは「全て、全部、ちょうど」という意味です。
「さいふにひゃくえんこっきりしかあらへん」
(財布に百円ちょうどしかありません)
という風に使われます。

こってり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不平不満や文句をぶつぶつ言っている様子 という意味です。
「ごてくさいうひまあるならはたらけ」
(そんなに文句を言う暇があるのなら、働きなさい)
「あいつはいつまでもごてくさごてくさいっている」
(アイツはいつまでもずっとしつこく文句を言っている)
という風に使われます。

ごてくさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

この間、先だって という意味です。
「こないだうちからしゅじんかぜひいてるんやわ」
(この間から主人が風邪を引いてるのよ)
「こないだうち、えんばんとかいだんからおちたんどす」
(この間、運悪く階段から落ちたんです)
という風に使われます。

こないだうち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

このような という意味です。
「こないなしょうひんはいかがかいな?」
(このような商品はいかがでしょうか?)
「こないなけっかにおわって、ざんねんにおもうなあ」
(このような結果に終わって、残念に思います)
という風に使われます。

こないな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

骨惜しみせず、怠けず という意味です。
「こまめにはたらく」
(骨惜しみせずに働く)
「こまめにやる」
(骨惜しみせずにする)
「こまめにうごいているかれはすごいなあ」
(骨惜しみせず動いている彼は凄いですね)
という風に使われます。

こまめに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごめんなさい、失礼しました という意味です。
「このまえはいけなくてごめんやっしゃ」
(この前は行けなくてごめんなさいね)
「それじゃあこのへんで、ごめんやっしゃ」
(それではこの辺で、失礼しました)
という風に使われます。

ごめんやっしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゴミ という意味です。
「ごもく、もんにだしといて」
(ゴミ、門に出しておいて)
「そこのごもくをほかしといてんか」
(そこのゴミを捨ててくれませんか)
「きょうごもくのひやし、ごもくだしといてぇ」
(今日ゴミの収集日だから、ゴミを出しておいてください)
という風に使われます。

ごもく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

閉口 という意味です。
「こうじのそうおんにこりごりしたわ」
(工事の騒音に閉口したよ)
「かれにはもうこりごりやなあ」
(彼にはもう閉口してしまうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こら」があります。
これは「これは」という意味です。
「こらなかなかええものみつけてきやはりましたな」
(これはなかなか良い物を見つけてこられましたね)
という風に使われます。

こりごり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっかり という意味です。
「やくそくのじかんをころっとわすれとった」
(約束の時間をすっかり忘れていた)
「いやなことはころっとわすれてしまった」
(嫌なことはすっかり忘れてしまいました)
「まちなみはころっとかわってしまった」
(町並みはすっかり変わってしまいました)
という風に使われます。

ころっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

来ない という意味です。
「なんぼまっててもこんちきちんやね」
(いくら待っていても、来ませんよ)
「にじかんまってもこんちきちん」
(二時間待っても来ない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こんじょわる」があります。
これは「意地悪」という意味です。

こんちきちん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっき、今しがた という意味です。
「さいぜんからそういうてますがな」
(さっきからそう言っているじゃないか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さいなら」があります。
これは「さようなら」という意味です。
「ほな、さいなら」
(それでは、さようなら)
という風に使われます。

さいぜん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さかいに、さけ、さけに とも言います。

 

~から、~なので という意味です。
「そやさかい(に)いかんときゆーたのに」
(そうだから行かないように言ったのに)
「いまからばいとやさかい、さきにいくわ」
(今からバイトだから、先に行くね)
「あめやさかいいえでじっとしよか」
(雨だから家でじっとしていましょうか)
という風に使われます。

さかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(京都市内の道路を)南へ行く という意味です。
「あしたからさがろうとおもてる」
(明日から南へ行こうと思う)
「さがるともくてきちにつきますわ」
(南へ行くと目的地に着きますよ)
「いまでがわをちょうさがったとこにすんどります」
(今出川を少し南へ行った所に住んでいます)
という風に使われます。

さがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寒い という意味です。
共通語の”寒い”という言葉も使いますが、
より寒さの強いときに使われるようです。
「きょうはさぶおすなあ」
(今日は寒いですねえ)
「さぶいさかい さきにふろはいってくるわ」
(寒いから先に風呂に入ってきます)
という風に使われます。

さぶい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鳥肌 という意味です。
「うー、さむうてさぶいぼでてきたー」
(うー、寒くて鳥肌が出てきたー)
「ろくどうさんでじごくえずみてたら、さぶいぼたってしもた」
(六道珍皇寺で地獄絵図を見ていたら、鳥肌が立ってしまった)
という風に使われます。

さぶいぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

淋しい、淋しい という意味です。
「ひとりぐらしはさぶしくてしゃーないわあ」
(一人暮らしは淋しくて仕方がないな)
「そないさぶしいこといわんとってや」
(そんなに淋しいこと言わないでよ)
という風に使われます。

さぶしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

新しいもの、新しい事 という意味です。
「さらのふくかいなはって けなるいわあ」
(新しい服買われて、うらやましいなあ)
「そのまっさらならんどせるええなあ」
(その新品のランドセル、いいですね)
という風に使われます。

さら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何も残さずに取り除く という意味です。
「あんたこのさらさらえてしもて」
(あなたこのお皿を平らげてしまって)
「あまってるやつはしさらえてええか?」
(余っている八つ橋を食べてしまっていいですか?)
という風に使われます。

さらえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~さん という意味です。
意味は共通語の「さん」と同じです。
しかし、京都では人間に対してだけではなく、あらゆる物を「さん」付けで呼びます。
「きのうはぎおんさんにいってきたんどす」
(昨日は祇園に行ってきたんです)
「だいまるさんでせーるやってるらしいで」
(大丸百貨店でセールをやってるらしいよ)
という風に使われます。

さん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

柔らかい、ふっくらとした という意味です。
「ざんぐりとしたしょっかんだ」
(ふっくらとした食感です)
「このまっか、ざんぐりしておいしいおすなぁ」
(このマクワウリ、ふっくらとしていて美味しいですねえ)
という風に使われます。

ざんぐり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~から、~ので という意味です。
「あてがいくし、みちおせて」
(私が行くので道を教えて)
「あ~あ、こわしてしもた。むちゃをするしや」
(あ~あ、壊してしまった。無茶をするからだ)
「あめやし、”くらまのひまつり”やったはらへんのんちゃうか」
(雨だから、”鞍馬の火祭り”やっていないんじゃありませんか)
という風に使われます。

し 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しいや とも言います。

 

しなさい という意味です。
「そうじ、はよしいや」
(掃除、早くしなさい)
「あんたらはよけっこんしいや!」
(あなた達、早く結婚しなさいよ!)
「わるいことして、たいがいにしいや」
(悪いことをして、いい加減にしなさい)
という風に使われます。

しい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しっかりした、きちんとした、利発な という意味です。
「ちいさいのにしかついこや」
(小さいのにしっかりした子だな)
「しかつくしいや」
(しっかりしなよ)
「おたくのこはしかついことをいわはるわー」
(お宅のお子さんはしっかりしたことを言いますねぇ)
という風に使われます。

しかつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

噛む、噛み潰す という意味です。
「するめはちゃんとしがみな」
(スルメはちゃんと噛みなさい)
「がむしがんでたらのんじゃった」
(ガムを噛んでたら飲んじゃった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しか」があります。
これは「より」という意味の比較の用法です。
「これしかおもい」
(これより重い)
という風に使われます。

しがむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みすぼらしい、垢抜けていない という意味です。
「じじむさいふんいきをどうにかしよう」
(垢抜けない雰囲気をどうにかしよう)
「そんなじじむさいなりでおみせにいかないほうがええよ」
(そんなみすぼらしい格好でお店に行かないほうがいいよ)
という風に使われます。

じじむさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

したはった とも言います。

 

している という意味です。
「べんきょうしたはる」
(勉強をしている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しはる」があります。
これは「~される」という意味です。
「どないしはりましたん?」
(どうなされましたか?)
という風に使われます。

したはる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご存知ですか という意味です。
「しっといやしたか」
(ご存知でしたか)
「れいのけん、しっといやすか?」
(例の件、ご存知ですか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しけた」があります。
これは「古くて湿った、意気地なし、寒がりや」という意味です。

しっといやすか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

柔軟な という意味です。
「しなこいかんがえやな」
(柔軟な考え方ですね)
「しなこくたいおうせんと」
(柔軟に対応しないと)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しな」があります。
これは「ついで、途中」という意味です。
「かえりしなに、かもなすこうてきてんか」
(帰る途中に、加茂茄子を買って来てくれませんか)
という風に使われます。

しなこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叩く、打つ という意味です。
「しばいたろか」
(叩いてやろうか)
「あのがき、なまいきやししばいたった」
(あのガキ、生意気だし叩いてやった)
「べちべちべちべちひとのこと、しばきなさんなや」
(ベチベチベチベチと人のこと、叩かないで下さいよ)
という風に使われます。

しばく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご飯どき、食事時 という意味です。
「よそのうちじぶんどきいったらあかんへ」
(他所のお宅の食事時に行ってはいけませんよ)
「じぶんどきだのに、ちっともきがつきまへんで」
(ご飯どきだというのに、少しも気が付きませんで)
という風に使われます。

じぶんどき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

時雨が降る、時雨れる という意味です。
「しまけるまえにでかけよう」
(時雨れる前に出かけよう)
「はれやとおもったらしまけてる」
(晴れだと思ったら時雨が降っている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しまい」があります。
これは「おしまい、終わり」という意味です。

しまける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

節約する、倹約する という意味です。
「しまつせなあかんよ」
(節約しないといけないよ)
「おこづかいあげるけど、しまつしてつかいや」
(お小遣いをあげるけど、節約して使いなさいよ)
という風に使われます。

 

ただ普通の”節約”とはニュアンスが違い、
”最後まで無駄なく”と言う意味の方が大きいようです。

しまつする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぶ、しぶちん とも言います。

 

粗末な、ケチな という意味です。
「あのひと、しみったれやな」
(あの人、貧乏臭いな)
「ほんましみたれやな」
(本当にケチですね)
「あこのおっさん、しぶやし、ちっともまけてくれやらへん」
(あそこのおじさん、ケチだし、少しもまけてくれない)
という風に使われます。

しみたれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付けておけ という意味です。
「おもちゃ、しもとけ」
(おもちゃ、片付けておきなさい)
「ええからしもとけ」
(いいから片付けておきなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しもた」があります。
これは「しまった!」という意味です。
「しもた、みすや」
(しまった!ミスしちゃった)
という風に使われます。

しもとけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿らしい、仕様も無い という意味です。
「しゃっちもない事を言うなや」
(ばからしい事を言うんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃあけど」があります。
これは「でも、そうだけど」という意味です。
「しゃあけど、うちのいいぶんもきいとくれやす」
(そうだけど、私の言い分も聞いてください)
という風に使われます。

しゃっちもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面倒くさい という意味です。
「たけのこりょうりつくんのん、じゃまくさいなあ」
(筍料理を作るのも、面倒くさいなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃじゃぶり」があります。
これは「どしゃ降り」という意味です。
「でかけようおもうたひぃにかぎってじゃじゃぶりや」
(出掛けようと思った日に限ってどしゃ降りだ)
という風に使われます。

じゃまくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

沁みる、染みる という意味です。
「さむさがしゅみますなぁ」
(寒さが染みますねぇ)
という風に使われます。

 

これが「しゅんで」ですと「染みて」という意味です。
「このおとうふしゅんでおいしおすなあ」
(このお豆腐、しみて美味しいですねえ)
という風に使われます。

しゅみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減な、調子が良いだけの という意味です。
「そないなじゅんさいなきもちでここにくるな」
(そんなにいい加減な気持ちでここに来るな)
「じゅんさいなしあげでまんぞくしてはいけへん」
(いい加減な仕上げで満足してはいけない)
という風に使われます。

じゅんさいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

許さない という意味です。
「そんなこといわれたらしょうちせん」
(そんな事を言われたら許さない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょーもない」があります。
これは「つまらない」という意味です。
「しょーもないえいがやな」
(つまらない映画だな)
という風に使われます。

しょうちせん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

抜け目の無い という意味です。
「あのひとにまかせればじょさいないからだいじょうぶだ」
(あの人に任せれば抜け目のない人だから大丈夫だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しよし」があります。
これは「しなさい」という意味です。
「そうじをしよし」
(掃除をしなさい)
という風に使われます。

じょさいない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あぐら という意味です。
「じょろをくむな」
(あぐらをかくんじゃない)
「おんなのこがひとまえでじょろなんかくみなさんな」
(女の子が人前であぐらなんてかくんじゃありません)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょっからい」があります。
これは「しょっぱい、塩辛い」という意味です。

じょろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

空が白けるまで仕事をする という意味です。
”夜なべ”よりもキツい意味合いを持っています。
「しらしたん?」
(空が白けるまで仕事をしたの?)
「しらせんで、ねてええよ」
(空が白けるほど遅くなるまで仕事しないで、寝てもいいですよ)
という風に使われます。

しら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

知らない間に という意味です。
「しらんてるまになにしたん?」
(知らない間に何をしたの?)
「しらんてるまにねてもうた」
(知らない間に寝てしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しいらんぺ」があります。
これは「知らない、関係ない」という意味です。
「がらすわってしもた、わししいらんぺ」
(ガラス割ってしまった、私は知ーらない)
という風に使われます。

しらんてるま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

道がぬかるんでいる という意味です。
「みちがしるいし、きょうはきーつけてなー」
(道がぬかるんでいるので、今日は気をつけてくださいね)
「あめがふってしるいさかいすべらんようにな」
(雨が降って道がぬかるんでいますから、滑らないようにね)
という風に使われます。

しるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しんきくさ とも言います。

 

もどかしい、じれったい という意味です。
「あーしんきくさい、あーしんきやの」
(あーもどかしいねえ、あーじれったいねえ)
「あんたのしゃべりかたはしんきくさいなー」
(あなたの話し方はじれったいねえ)
「あーしんきくさやの」
(あーもどかしいねえ)
という風に使われます。

しんきくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① くたびれている という意味です。
「きょうはようあるいたさかいしんどいわ」
(今日はよく歩いたのでくたびれているよ)
という風に使われます。

 

② 骨が折れる、大変である という意味です。
「こんなおおきなもんはこぶんしんどいやろ」
(こんな大きなものを運ぶのは大変でしょう)
という風に使われます。

しんどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しなやかな、上品な、たおやかな という意味です。
「きょうのなまふりょうりはしんなりしてておいしおすえ」
(京の生麩料理は、上品で美味しいですよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「しっぽり」があります。
これは「物静かで上品なさま」のことを言います。

しんなり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粋な、垢抜けた、人情の分かる という意味です。
「おししょうはん、えらいすいなおきものきたはりますなぁ」
(お師匠さん、とても粋な着物を着られていますね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すい」があります。
これは「酸っぱい」という意味です。
「このみかんすいわ」
(このみかん酸っぱいよ)
という風に使われます。

すいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

外れ、当てが外れる、騙される という意味です。
「すかされてもうたわ」
(騙されてしまいましたよ)
「あてもん、すかばっかりや」
(くじ引き、外ればかりだよ)
「すかくうたわ」
(当てが外れてしまった)
という風に使われます。

すか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

失敗、よく失敗する人、とんちんかんな という意味です。
「なんでえすかたんかい」
(なんだ失敗したのですか)
「あんたほんまにすかたんやなあ」
(あなたは本当に失敗ばかりですね)
「あるばいとのみこさんやし、すかたんばっかりしたはるわ」
(アルバイトの巫女さんですし、とんちんかんなことばかりしているよ)
という風に使われます。

すかたん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

好きではない、嫌い という意味です。
「うち、あんたのことすかん」
(わたしは、あなたのことが好きではありません)
「うち、かれーすかん」
(わたし、カレーは嫌いなの)
「あんせんせいは、とっとすかん」
(あの先生は、大嫌い)
という風に使われます。

すかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気に入らない相手に使う言葉です。
使う時には注意が必要です。
具体的な訳語があるわけではなく、気に入らないことがあった場合に使用されます。
「こっのすかんたこ!!」
(このろくでなし!!)
「すかんたこないちにちやったわ」
(とんでもない一日だったわ)
という風に使われます。

すかんたこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さまざまな好み という意味です。
標準語で使用される「好き好き」と概ね同じ意味です。
「すきずきやけど、あいつだけはやめときんしゃい」
(誰を好きになってもいいけど、あの人だけはやめておきなさい)
「まあ、ひとのこのみはすきずきや」
(そうはいっても、人の好みはそれぞれですよ)
という風に使われます。

すきずき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

愛想の無い人 という意味です。
「もういやや、すけんどにせんといて」
(もう嫌だ、そっけなくしないで)
「ちからはあるうが、すけんどなやっちゃ」
(能力はあるのに、愛想のない人ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すじこい」があります。
これは「欲の深い、要領の良い」という意味です。

すけんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずるい という意味です。
「すこいことばっかせんとき」
(ずるいことばかりしないようにね)
「ぶらじるじんのぷれーさすこさかしか」
(ブラジル人のプレースタイルはずる賢いなあ)
「あのひとととらんぷすると、すこいことしはる」
(あの人とトランプをすると、ずるいことをする)
という風に使われます。

すこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全て無くなる という意味です。
「あんたのあたまはすっからかんやなあ」
(あなたの頭の中は空っぽですね)
「よどのめいんであいつが、らくばしよったせいで、すっからかんや...」
(京都のメインレースであの騎手が落馬したせいで、財布が空っぽになってしまいました)
という風に使われます。

すっからかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全部 という意味です。
「かざいすっくりさしおさえや・・・」
(家財道具も全部差押えされてしまいました・・・)
「あんなにゃろ、たくらみのだんだんすっくりというてのけたわ」
(あの人は、計画の手順を全て話しました)
という風に使われます。

すっくり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引っ込む という意味です。
「すっこんとき!!」
(引っ込んでいなさい!!)
「あんたがきよったせいで、やどかりすっこんでまった」
(あなたが来たせいで、ヤドカリが引っ込んでしまいました)
という風に使われます。

すっこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無愛想な という意味です。
「あのひと、ええとししてからに、すぼっこなひとどっせ」
(あの人はいい年して、無愛想な人ですね)
「あんたは、いつまでたってもすぼっこやなあ」
(あなたは、いつまでたっても無愛想ですね)
という風に使われます。

すぼっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おすもじ、おもじ とも言います。

 

寿司、鮨 を丁寧にいう言葉です。
「すもじ、よばれます」
(鮨を食べさせていただきます)
「さもじのすもじはいしい」
(鯖寿司は美味しい)
という風に使われます。

これは「すし」の「し」の字が「死」を連想させるため「おすもじ」になったようです。

すもじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

涼しい、涼しげ という意味です。
涼しく清清しいさまを表します。
「あんさん、すんずりしたいろをえらびなはりますね」
(君は涼しげな色を選びますね)
「きょうはすんずりやなあ」
(今日は涼しい日ですね)
という風に使われます。

すんずり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

細身でスマート という意味です。
体型的なスマートさを表現するときに使用されます。
「すっかり、すんなりしなはったのお」
(すっかりスマートになりましたね)
「すんなりしたてあしだこと」
(細い手足ですね)
という風に使われます。

すんなり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

平坦な、そっけない という意味です。
「えらいずんべらぼーなやまやなあ」
(すごく平坦な山だなあ)
「あのひと、ずんべらぼーなかおしたはるなぁ」
(あの人、平坦な顔をしていますねえ)
「ずいぶんとずんべらぼーたいどのやつやなあ」
(随分とそっけない態度の奴だなあ)
という風に使われます。

ずんべらぼー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せいだい とも言います。

 

① うんと、充分 という意味です。
「せえだいたべよし」
(うんと食べてください)
という風に使われます。

 

② せいぜい、精を出して という意味です。
「おしごと、せいだいおきばりやっしゃ」
(お仕事、せいぜい頑張ってください)
という風に使われます。

せえだい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急ぐ という意味です。
「せかんと、まにあわんよ」
(急がないと、間に合わないよ)
「せくぞ。よあけまでにここをぬけへんとあかん」
(急ぐぞ。夜明けまでにここを抜けないといけない)
という風に使われます。

 

これが「せきもん」ですと「急ぎの仕事」という意味です。
「せきもんですんまへんけど」
(急ぎの仕事で申し訳ありませんが)
という風に使われます。

せく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

狭苦しい、狭い という意味です。
「せせこましいとこにすんどるな」
(狭苦しい場所に住んでいるな)
「せせこましくていきぐしいわ」
(狭苦しくて息苦しいよ)
「ようこんなせせこましいとこにすめるなぁ」
(よくこんな狭苦しい所に住めるな)
という風に使われます。

せせこましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かわいそうな、むごい という意味です。
「あんたはんてせっしょうなおひとやな」
(あなたって、かわいそうな人ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せど」があります。
これは「裏庭」という意味です。
「おばあちゃんせどにおったで」
(おばあちゃんは、裏庭にいましたよ)
という風に使われます。

せっしょうな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

多忙な という意味です。
「せつろしいひびにおわれる」
(多忙な日々に追われる)
「なんかせつろしいなー」
(なんか多忙だなあ)
「せつろしいしごとのせいで、かぞくとのじかんがもてへん」
(多忙な仕事のせいで、家族との時間が持てない)
という風に使われます。

せつろしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

次々と という意味です。
「でんわがせんぐりくるなあ」
(電話が次々と来るなあ)
「せんぐりやらなあかん」
(次々とやらなければいけません)
「むかいのおみせ、せんぐりおきゃくさんはいったはる」
(向かいのお店、次々とお客さんが入っている)
という風に使われます。

せんぐり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

忙しい、落ち着きの無い という意味です。
「ねんまつはせわしない」
(年末は忙しい)
「せわしないやっちゃなぁ~」
(忙しい人ですねぇ)
「ぱぁーっときてぱぁーっとかえらはったな、せわしないこっちゃで」
(お見えになられてすぐにお帰りになられましたね。忙しい方ですね)
という風に使われます。

せわしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しないことです という意味です。
「そない危ない事はせんこっとす」
(そんな危ないことはしないことです)
「しょうみきげんのきれたものをたべるのはせんこっとす」
(消費期限の切れた物を食べることはしないことです)
という風に使われます。

せんこっとす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せんぐり とも言います。

 

① 何度も、繰り返し という意味です。
「せんどあかんというてんのに」
(何度も駄目だと言っているのに)
「せんどいうといたのに、なんもきいてなんだんやな」
(繰り返し言っていたのに、何も聞いていなかったんだな)
という風に使われます。

 

② この間、先日 という意味です。
「せんどはえらいおせわかけました」
(先日は大変お世話になりました)
という風に使われます。

せんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~してはいけませんよ という意味です。
「たいせつなちゃわんやから、こわせんとーき」
(大切な茶碗なので、壊してはいけませんよ)
「そないあぶないことせんとーき」
(そんな危ない事してはいけませんよ)
という風に使われます。

せんとーき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くだらない、見苦しい という意味です。
「いつまでもぼやいてぜんないやつだ」
(いつまでも不平不満を言って見苦しい奴だ)
「そんなぜんないことなんかんがえるな」
(そんなくだらない事ばかり考えるな)
という風に使われます。

ぜんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~か、~やら という意味です。
「あのおてらはん、たずねてみやはったらだれぞやいはりますわ」
(あのお寺を訪ねてみらてたら、誰かはいらっしゃいますよ)
「こんどのにちよう、どこぞいこ」
(今度の日曜日、どこかに行こう)
「おみやげに、なんぞええもんこうてきて」
(お土産に、なにやら良いものを買って来て)
という風に使われます。

ぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうですよ という意味です。
「ええ、そうどすえ~」
(はい、そうですよ~)
「ほんまにそうどすえ」
(本当にそうですよ)
「まもなくひゃくまんにんとっぱしそうどすえ」
(間もなく百万人突破しそうですよ)
という風に使われます。

そうどすえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうではない、違う という意味です。
「そうやおへんのよ~」
(そうじゃないのよ~)
「そうやおへんゆーたらそうやおへん!いいかげんにしぃ!」
(違うって言ったら違うの!いい加減にしなさい!)
という風に使われます。

そうやおへん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうろと とも言います。

 

ゆっくりと、やさしく、そっと という意味です。
「あぶないであそこのみちはそおろとあるかんとあかんで」
(危ないからあそこの道はゆっくり歩かないと駄目だよ)
「そおろとなでるんどす」
(やさしく撫でるんです)
「びょういんではそうろとあるきや」
(病院ではそっと歩きなさいよ)
という風に使われます。

そおろと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんなに という意味です。
「そないにいわんかてええやろ」
(そんなに言わなくてもいいじゃないの)
「さいきんではそないにつかわへんのよ」
(最近ではそんなに使わないんですよ)
「そないによーけもろても」
(そんなにたくさん頂いても)
という風に使われます。

そないに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなた様 という意味です。
二人称の敬称として使われるようです。
「そのごっさんはさいきんなにをしとるんどすか?」
(あなた様は最近何をしているのですか?)
「そのごっさんいがいだれがおるんですか?」
(あなた様以外誰がいるのですか?)
という風に使われます。

そのごっさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だって、そうは言っても、だとしても という意味です。
「そやかて、へんなこといわはるさかい、ついしばいてしもたんや」
(だって、変なことを言うから、つい殴ってしまったんだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そやけど」があります。
これは「だけど」という意味です。
「そやけどあかんというたやろ」
(だけど、駄目だって言ったでしょ)
という風に使われます。

そやかて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そやし とも言います。

 

だから、そうだから という意味です。
「そやし、かけごとなんてあかんゆーたやんか!」
(だから、賭け事なんて駄目だと言ったのに!)
「きっとうまくいくで。そやさかい、まかしとき!!」
(きっと上手くいくよ。だから、任せとけ!!)
という風に使われます。

そやさかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうでしたか という意味です。
「そやったんか・・・そらおちこむわ~」
(そうだったんだ・・・そりゃ落ち込むわ~)
「そやったんか!ならあんしんどす」
(そうでしたか!それなら安心です)
という風に使われます。

そやったんか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうですから、そうだから という意味です。
「そやよってに、あせるんはあきまへん」
(そうですから、焦るのはいけませんよ)
「そやよってに~、あかんゆーたんです」
(そうだから~、駄目だと言ったんです)
という風に使われます。

そやよってに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっとそこらに有るような という意味です。
「そんじょそこいらのおちゃといっしょにせんといてな~」
(ちょっとそこらに有るようなお茶と一緒にしないでな~)
「そらそんじょそこいらのれんちゅうじゃたちうちできんひんわ」
(そりゃちょっとそこらにいるような連中じゃ太刀打ち出来ないわ)
という風に使われます。

そんじょそこいら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そのような という意味です。
「そんなんあたりまえどす~」
(そのようなことは当たり前です)
「そんなんばっかやねんか~」
(そんなのばっかじゃないか~)
「いまどき、そんなんいうひとなんか、おらしまへん」
(今時、そのようなことを言う人なんていません)
という風に使われます。

そんなん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

損する という意味です。
「そんひくすることもたまにはあるやんか」
(損することもたまにはあるよ)
「いつかそんひくで~」
(いつか損するよ~)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そんなり」があります。
これは「そのまま」という意味です。

そんひく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だろう という意味です。
「そうだーやー」
(そうだろう)
「あかんだーやー」
(駄目だろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たーかし」があります。
これは「太っている人」という意味です。
「あいつはたーかしだ」
(あいつは太っている)
という風に使われます。

だーやー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おおかた、いい加減に、おおよそ という意味です。
「じょうだんもたいがいにしいや」
(冗談もいい加減にしろよ)
「きょうのしごとはたいがいおわってしもた」
(今日の仕事はおおかた終わってしまった)
という風に使われます。

たいがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

差し支えない という意味です。
「らいしゅうちゅうにしあげてもらえればだいじおへん」
(来週中に仕上げてもらえれば差し支えありません)
「そのけんにかんしてはわたしとしてはだいじおへん」
(その件に関しては私としては差し支えありません)
という風に使われます。

だいじおへん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

煮物、炊いたもの という意味です。
「おかぼのたいたん」
(かぼちゃの煮物)
「ひじきとおあげさんのたいたん」
(ひじきと油揚げの煮物)
「おまめさんたいたんが、よーけあるさかいもっていき」
(豆の煮物がたくさんあるから持っていきなさい)
という風に使われます。

たいたん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

煮る という意味です。
「おまめさんは、じっくりたかんなりまへん」
(豆はじっくり煮なければいけません)
「だいこんはたいたほうがおいしいやんな」
(大根は煮たほうが美味しいよね)
「おまめさんたいておくれやす」
(豆を煮ておいてください)
という風に使われます。

たく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貴重な という意味です。
「あんたはりけいにはたしないじょしやからな」
(あなたは理系には貴重な女子だからね)
「たしないみずをむだにしたらあきません」
(貴重な水を無駄にしたらいけません)
という風に使われます。

たしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たで、ださきゃー とも言います。

 

~だから という意味です。
「ほんだでなぁ」
(そうだからねぇ)
「きのうあめふったでなぁ」
(昨日、雨が降ったからなあ)
「ださきゃーでゃぁこのたいたんくいたゃーだーや」
(だから、大根の煮物を食べたいんだよ)
という風に使われます。

だで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

畳む という意味です。
「はよせんたくもんたとまなあきません」
(早く洗濯ものを畳まなくてはいけません)
「そこのようふくたとんでおくれやす」
(そこの洋服を畳んでください)
「きものをたとむ」
(着物を畳む)
という風に使われます。

たとむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まるっきり、全然 という意味です。
「たちばはたまでちがうけれど」
(立場はまるっきり違うけれど)
「まえは、よううちにきたはったのに、ちかごろたまできゃあらへん」
(以前は、よく我が家に来られたのに、最近は全然来ない)
という風に使われます。

たまで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん、大勢、多く という意味です。
「たんとみてやー」
(たくさん見てね)
「たんとたべよしなあ」
(たくさん食べなさいね)
「おなかすきましたやろ、たんとおあがりやす」
(お腹が減ったでしょう、たくさん食べなさいね)
という風に使われます。

たんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

構わない という意味です。
「そんなちいさいことのひとつやふたつだんない」
(そんな小さいことの一つや二つは構わない)
「いつまでもだんないこときにするな」
(いつまでもそんな大したことじゃない事を気にするな)
「かまへんか」「だんない、だんない」
(かまわないか)(構わない、構わない)
という風に使われます。

だんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

尋ねる、訪ねる、見て回る という意味です。
「けいさつにみちをたんねてくるわ」
(警察に道を訪ねてくるよ)
「あしたはあらしやまをたんねんねん」
(明日は嵐山を見て回るんだ)
「あこのみせで、みちたんねてくるわ」
(あそこの店で、道を尋ねてくるよ)
という風に使われます。

たんねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

梯子、(家の中の)階段 という意味です。
「だんばしごは、きーつけてのぼりや」
(梯子は、気をつけて登りなさい)
「だんばしごふみはずさんようにしーや」
(梯子を踏み外さないようにしなさいよ)
という風に使われます。

だんばしご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

磨り減る という意味です。
「このながたんはながいことつこてきたから、ちびってきた」
(この包丁は長いこと使ってきたから、磨り減ってきた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃいちゃい」があります。
これは「お風呂」という意味の幼児語です。
「ちゃいちゃいはいって、ぽんぽんしょうな」
(お風呂に入って、裸になろうね)
という風に使われます。

ちびる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つべたい、ひやこい とも言います。

 

冷たい という意味です。
「ゆきがちめたい」
(雪が冷たい)
「あぁ・・・ちめたい・・・」
(あぁ・・・冷たい・・・)
「ごちそうはでけへんけど、つべたいおぶならおす」
(ご馳走は出来ませんが、冷たいお茶ならございます)
という風に使われます。

ちめたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

違います、間違っています という意味です。
「こっちのむずかしいもんだいはちゃいますやろか」
(こちらの難しい問題は、間違っていませんでしょうか)
「おおてます・・・いや、ちゃうちゃう」
(合っています・・・いや、違います違います)
という風に使われます。

ちゃいます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口先だけでうまい事を言う という意味です。
「あいつはちゃらかすのがうまいなぁ」
(あいつは口がうまいなぁ)
「ちゃらかすだけなのはやめぇや」
(口先だけでうまいこと言うのやめなよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃんと」があります。
これは「きちんと、確かに」という意味です。
「おもちゃちゃんとなおしといてや」
(おもちゃ、きちんと片付けてね)
という風に使われます。

ちゃらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~という という意味です。
「いわれいでもするっちゅうに」
(言われなくてもするというのに)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃ」があります。
これは「~よ、~しよう」という意味です。
「あかんちゃ」
(駄目だよ)
「いこっちゃ!」
(行きましょう!)
という風に使われます。

ちゅう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっくり とも言います。

 

ちょっと という意味です。
「ちょうまっていなー」
(ちょっと待っていてね)
「あとちょうがんばったらしまいや」
(あとちょっと頑張ったら終わりです)
「ちょっくりこっちきて」
(ちょっとこっち来て)
「ほんのちょっくりだけよってく?」
(ほんのちょっとだけ寄っていく?)
という風に使われます。

ちょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手や顔を洗う という意味です。
「あさおきたらちょうずつかおうな」
(朝起きたら顔を洗おうね)
「ちょうずつかいたいなぁ」
(手を洗いたいなぁ)
という風に使われます。

 

これが”ちょうず”で「お手洗い」という意味です。

ちょうずつかう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こざかしい という意味です。
「ちょこざいやっちゃなあ」
(こざかしい奴だなあ)
「ちぃっ!ちょこざかい!」
(チィッ!こざかしい!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょぼっと」があります。
これは「少し」という意味です。
「ちょぼっとまって」
(少し待って)
「つかれた~、ちょぼっとねよう」
(疲れた~、少し寝よう)
という風に使われます。

ちょこざい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃがみ込む という意味です。
「ちょぼっとだけ、ちょちょこばってみいな」
(少しだけ、しゃがみ込んでごらんよ)
「きゅうにちょちょこばってどうしはった?」
(急にしゃがみこんで、どうなさったんですか?)
「こんなひとどおりのおおいとこでちょちょこばりなさんな」
(こんなに人通りの多い所でしゃがみ込むんじゃないよ)
という風に使われます。

ちょちょこばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 弱小な という意味です。
「ちょろこいやっちゃ」
(弱い奴だ)
「ちょろこいやきゅうぶがまさかこうしえんなんてなぁ」
(弱小野球部がまさか甲子園行くとはなぁ)
という風に使われます。

 

② 簡単、たやすい という意味です。
「こらちょろこおへんな!」
(これは簡単ではありませんね!)
という風に使われます。

ちょろこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぢんまり、こじんまり という意味です。
「ちんまりしたいえやなぁ」
(こぢんまりした家だなぁ)
「ちんまりまとめたんやな」
(こぢんまりとまとめたんだな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちりし」があります。
これは「ちり紙(塵紙)」という意味です。
「ちりしにさんまいもってきて」
(ちり紙を2~3枚持ってきて)
という風に使われます。

ちんまり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 風通しの良いさま という意味です。
「ここはつうつうしとってええわ」
(ここは風通しが良くて気持ち良いですね)
という風に使われます。

 

② 男女ができている様子 という意味です。
「あのふたりはつうつうのあいだがらや」
(あの二人は付き合っています)
という風に使われます。

つうつう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鬼ごっこ という意味です。
「つかまえしょうか?」
(鬼ごっこしましょうか?)
「つかまえして、あそぼー」
(鬼ごっこをして、遊びましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つくり」があります。
これは「刺身」という意味です。

つかまえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃがませて という意味です。

 

”つくぼる”で「しゃがむ」という意味です。
「こないとこで、つくぼらせてどうするき?」
(こんな場所でしゃがませて、何をするつもりなんですか?)
「つくぼれ!!」
(しゃがめ!!)
という風に使われます。

つくぼらせて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずけずけ という意味です。
物事を単刀直入に言う人に向けて使われます。
「そないつけつけにいうもんやあらへん」
(そんなにずけずけ言うのは良くないですよ)
「そなつけつけせんとやさしゅうせい」
(そんなにずけずけ言わないでもう少し優しくしてみなよ)
という風に使われます。

つけつけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと”常着”になります。
普段着 という意味です。
「ちょっとそこまでいくだけやし、つねぎでええのに」
(ちょっととこまで行くだけだし、普段着で良いのに)
「これ、もうふるくなったからつねぎにするで」
(これ、もう古くなったので普段着にするよ)
という風に使われます。

つねぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

混雑する という意味です。
ごちゃごちゃしているさまを表します。
「あさのちかてつはいつもつんどっていややわ」
(朝の地下鉄はいつも混雑してて嫌ですね)
「なしてさいごのちょくせんあないつんどんねん...」
(なんで最後の直線あんなにごちゃごちゃしているんだよ...)
という風に使われます。

つむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

心構え、心積もり という意味です。
「あしたこそはかいしゃにいくつもりどす」
(明日こそは会社に行く心構えでいます)
「しゅっぱつまえのつもりやと、いちまんえんでたりるおもたのに...」
(出発前の心づもりだと、1万円で足りると思ったのに...)
という風に使われます。

つもり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

吊るす、吊り下げる という意味です。
「せんたくもんさ、つらくっとき」
(洗濯物を干しておいて)
「つらくっとるかきさもいだらあかん」
(なっている柿を勝手に捥いではいけません)
「このふくをはんがーにかけてつらくっといて」
(この服をハンガーに掛けて吊るしておいて)
という風に使われます。

つらくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一緒に、連れ立って という意味です。
「ごきんじょはんとつれもって、あたごさんいってきた」
(ご近所さんと一緒に、愛宕祭りに行ってきました)
「ははとつれもっていく」
(母と連れ立って行く)
という風に使われます。

つれもって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

釣り合い、相当、調和 という意味です。
「あのきものにこのおびつろくするやろか」
(あの着物にこの帯がよく合っているだろうか)
「おまえにつろくしたがっこさいき」
(君に合った学校に行きなさい)
「このふくにこのくつはつろくせんわ」
(この服にこの靴はバランスが悪いよ)
という風に使われます。

つろく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

取り合わせの良い食べ物 という意味です。
「なすびとにしんとたいたもんは、であいもんどっせ」
(茄子と鰊を煮たものは、取り合わせの良い食べ物ですよ)
「であいもんいうたら、おこぶとおまめさんとか、そういうもんのことどす」
(取り合わせの良い食べ物と言ったら、昆布と豆とか、そういうものの事です)
という風に使われます。

であいもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出来る という意味です。
「それくらいやったらかんたんにでける」
(それくらいであれば簡単に出来る)
「そないなことすぐにはでけへん」
(そんな事すぐには出来ない)
という風に使われます。

 

逆の場合は「でけへん、できひん」になります。
これは「出来ません」という意味です。

でける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても大きい という意味です。
「きょうとかて、むかしはでっついだいぶっつぁんがやはりましたんえ」
(京都だって、昔はとても大きい大仏様がおられたんですよ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「どえらい」という意味です。
これは「途方もなく」という意味です。
「どえらいこといいだしよった」
(途方も無いことを言い出しやがった)
という風に使われます。

でっつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おでこ、額 という意味です。
「ひろいでぼちんやしー」
(広いおでこですね)
「まあこないに、おおきなでんぼがでぼちんにできてはる」
(まあ、こんなに大きなたんこぶがおでこに出来ておられる)
「おおきいでぼちんやなー」
(大きいおでこですねぇ)
という風に使われます。

でぼちん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

逆さま、入れ替わっている という意味です。
「あんたのふく、うしろまえてれこやで」
(君の洋服、後ろと前が逆さまだよ)
「くそっ...どこでてれこになったんや」
(くそっ、どこで入れ違ったんだ!)
「あれ、いつのまにかすりっぱがてれこになってる」
(あれ、いつの間にかスリッパが入れ替わっている)
という風に使われます。

てれこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介