HOME -> 宮城の方言 

あの人、あれ、あの野郎 という意味です。

 

「おらあいづほしい~かっでけろ~」
(僕、あれが欲しいよー、買ってよー)
「やんだごだ、あいづらどいっしょにすんなっちゃや」
(嫌だなあ、あの人達と一緒にするんじゃないよ)
「あいづどあいづでうだうだってんだど、おしょしぐねのがや」
(あの人とあの人(2人)で歌を歌っているんですって、恥ずかしくないのかな)

 

という風に使われます。

あいづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんな という意味です。

 

「あいなしたづさまざってわがんねっけよ」
(あんな人達と付き合ったら駄目じゃないの)
「あいなぐなっではもうあがんねべ」
(あんな風になっちゃったら、もう開かないでしょう)
「おらいのかみのげもあいなぐしてけろ」
(私の髪の毛もあんな風にしてください)

 

という風に使われます。

あいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あがい とも言います。

 

どうぞ食べてください、おあがりなさい という意味です。

 

「このおごごあがいん」
(このお漬物、食べてみてください)

 

という風に使われます。

 

これが「あがらいん」ですと「家に入って」という意味になります。

 

「なんだべあがらいん」
(まぁまぁ家に入ってくださいな)

 

という風に使われます。

あがいん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あくと とも言います。

 

かかと という意味です。

 

「あぐど、ひびわれすてすまった」
(かかとがひび割れてしまった)
「くづえらんだのにや、あぐどあわねがったんだ」
(靴を(ちゃんと)選んだのに、かかとが合わなかったの)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉には「あぐどげぇす」があります。
これは「人の家を訪問してすぐに帰る」という意味です。

 

「んでまんず、あぐどげぇすだげともいそがすぃもんで」
(それでは、せっかく来てすぐに帰りますが、忙しいもので(すみません))

 

という風に使われます。

あぐど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと「辺り辺」になります。

 

そこいらじゅう、近辺、近隣 という意味です。

 

「どごさおどしたもんだが、あだりほどりたねでくっか」
(どこに落としたものやら、そこいら中を捜してくるか)
「あだりほどりのひどさはめいわぐかけんでね」
(近隣の人達に迷惑をかけるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

あだりほどり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あちらこちら、あっちこっち という意味です。

物事をいい加減に行なったり、順にやらず気まぐれに作業することなども指します。

 

「すごどあっつこっつしてわがんね」
(仕事をいい加減にしてはだめだ)
「あっつこっつくさかってねではすからかからい」
(気まぐれにあちらこちら草刈をしないで、端から順に刈りなさい)

 

という風に使われます。

 

”あっつ”で「あっち」という意味です。

 

「あっつさいぐべっちゃ」
(あっちに行こうよ)

 

という風に使われます。

あっつこっつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちぐはぐ、いい加減、めちゃくちゃ、辻褄の合わないこと という意味です。

 

「あのひどゆーのはあっぺとっぺでなんかだってんだがわげわがらね」
(あの人の言うことはトンチンカンで何を言っているのかわからない)
「ほでねでばあっぺとっぺでほでなすだ」
(そうじゃないってば、いい加減でお馬鹿だね~)
「あんだあっぺとっぺなことばりかだってんな」
(あなたいつもでたらめなことを言ってますよね)

 

という風に使われます。

あっぺとっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あべぇ、あんべ とも言います。
行こう という意味です。

 

「おらといっしょあんべ」
(僕と一緒に行こう)
「こっちゃあんべ」
(こっちに行こう)

 

という風に使われます。

 

これが「あばいん」ですと「行きましょう」になります。

”あべ”が半ば強制的、命令形なのに対して
”あばいん”は、誘い、伺いなどの丁寧語になります。

あべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あやまっだや とも言います。

 

”謝った”でも”誤った”でもありません。

 

(予想外のことが起こって)困った、参った、酷い目にあった という意味です。

 

「いやいや、まんずあやまっだやあ~」
(やれやれ、本当に酷い目にあったなあ)
「あやまっだなや・・・なじょすっぺが」
(参ったなあ・・・どうしようかしら)

 

という風に使われます。

あやまった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

”あります”ではありません。

 

ほとんど、大半 という意味です。

 

「すごどばあらますだっちゃわ」
(仕事はほとんど終わりましたよ)
「もうあらますかだしたっけ、あどらくだなや」
(もうほとんど片付けたから、後が楽だねえー)

 

という風に使われます。

 

”あります、ありますよ”と言いたい場合は「ありすと」になります。

あらます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そのまま”歩く”としても使われますが

ここでは徒歩に限らず「移動する」ことを指します。

 

「ほだぬはしであるぐどすっころぶど」
(そんなに走って行くと転んじゃうよ)
「あるぐのやんだーくるまであるぐべっちゃー」
(歩くの嫌だー、車で出かけようよ~)

 

という風に使われます。

あるぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

思い出す という意味です。

 

「さぇふ、どごさほろったがおぢづいであんじだしてみさえ」
(財布をどこに落としたのか落ち着いて思い出してごらんなさい)
「あんだのごどあんじだしぇねのっしゃ」
(あなたのことを思い出せないのよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あんずごど」があります。
これは「心配事」という意味です。

あんじだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなた、君 という意味です。

 

相手を指すときに使う言葉です。

 

「あおら、しばらぐみねーうじにあんだやせだなや」
(あら、しばらく見ない間に、あなた痩せたわねぇ)
「あんだらわりーごどしてわがんねーがらな」
(あなたたち悪い事したらダメだからね)
「あんだがすてくっだのがわ?」
(君がやってくれたのかい?)
「なにやってんのっしゃ、あんだは!」
(何やってるのよ、あなたってば!)

 

という風に使われます。

あんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんばい、あんべぇ ともいいます。

 

具合、調子 という意味です。

 

「なんだべおどなしいごだ、あんべわりぃのが?」
(なんでしょう、大人しいこと。具合でも悪いの?)
「きょうのあんべなじょだ?」
(今日の調子はどうですか?)
「あんべぇわりぃんだ」
(具合が悪いの)

 

という風に使われます。

あんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~じゃあるまいし という意味です。

 

「ほいどでもあんめす、ほだなこどやめれ」
(乞食でもあるまいし、そんなことやめなよ)

 

という風に使われます。

 

これが「あんめっちゃ」ですと「~じゃないでしょう」という意味になります。

 

「しとごどであんめっちゃなやだれー」
(他人事じゃないでしょうに、まったく)

 

という風に使われます。

あんめす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家 という意味です。

 

「あんだいはどっつっしゃ?」
(あなたの家はどちらですか?)
「おらいさおぢゃっごのみけさいん」
(私の家にお茶を飲みにいらっしゃい)
「いのめにねえでば、いのうっしょにあっぞ」
(家の前には無いってば、家の後ろにありますよ)
「はえぐいさへらいん」
(早く家に入りなさい)

 

という風に使われます。

い 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいんですよ という意味です。

 

「ほんでいいいのっしゃ」
(それでいいんですよ)

 

という風に使われます。

 

これが「いがんべ」ですと、
「いいでしょう」という、問いかけに対しての了承の意味になります。

 

「ほんでいがんべ」
(それでいいでしょう)

 

という風に使われます。

 

「いいでしょう?」と言うには「いがすぺ?」が使われます。

いいのっしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 良い という”Yes”の意味です。

 

「こいづつかっていいべが? /いがす」
(これ使ってもいい? / いいよ)

 

という風に使われます。

 

② いりません、いいよ(いらない) という”NO”の意味です。

 

「こいづいらねぇべが? / いがす」
(これ欲しくない? /いらない)
「ばんつぁんもけーきくうすか? / いがす、いがす」
「おばあちゃんもケーキ食べる? / いらない、いらない)

 

という風に使われます。

いがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いきなり、いぎなし とも言います。

 

〈程度・量ともに〉たいへん、とても、すごく という意味です。

物事を強調する際に使用されます。

 

「きょうあさっぱらがらかしぇえで、いぎなりがおた」
(今日は早朝から働いたので、たいへんくたびれた)
「いきなりうめー」
(すっごく美味しい)
「いぎなしいでーっちゃ!」
(めちゃくちゃ痛いっ!)

 

という風に使われます。

いぎなり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いだますい とも言います。

 

① もったいない という意味です。

 

「なんとまづ、おめどごやんのいだましなあ」
(なんでしょう!あなたのことを(お嫁に)あげるのもったいないなあ)
「いぢじぐにでだんだげどこがすてすまってわ、いだましごどねやぁ」
(いちじくを煮ていたんだけど焦がしてしまって…もったいない)

 

という風に使われます。

 

② 可哀想だ、切なくなる という意味です。

 

「あすこのががさんにゅいんすたんだどやぁ、いだましごどねやぁ」
(あそこの奥さん入院したんだって・・・可哀想にねぇ)

 

という風に使われます。

いだまし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① たくさん という意味です。

(本当は他のものが欲しいのに・・・というニュアンスです)

 

「ちちゃこいのばりいっそだっちゃ」
(小さいのだけだくさんあるんだよね)

 

という風に使われます。

 

② いつも、しょっちゅう という意味です。

 

「いっそほだごどばりすて」
(いつもそんなことばっかりしてるんだから)

 

という風に使われます。

いっそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いづだりかづだり とも言います。

 

好き勝手な時間に、勝手なときに、無計画に という意味です。

 

「こんなおそぐにままくっで、いづだりかったりくってすかねーごだ」
(こんなに遅くにご飯食べて、好き勝手な時間に食べてダメでしょ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉には

 

「あーだりこーだり」
(ああ言ったりこう言ったり)

 

「どごだりかぐだり」
(場所を選ばず、どこでも)

 

「なんだりかんだり」
(なんでもかんでも)

 

などがあります。

いづだりかったり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 仕事をしている際に一時的に作業を中断して、軽食、お茶などを摂取することです。

一般的に午前10時、午後3時に行うようです。

 

「どれいっぷぐしてがらまだやっぺが」
(よし一時休憩してから再開しよう)

 

という風に使われます。

 

② 煙草や酒を飲むこと を指します。

 

「どれいっぷぐすっかわ」
(さて、煙草でも吸うか)

 

という風に使われます。

 

③ 時間、10時、3時を指して言います。

 

「ねででめさましたらまだいっぷぐだおんや」
(寝ていて目が覚めたらまだ3時だったよ)

 

という風に使われます。

いっぷぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

今すぐ という意味です。

 

”すぐと言われても・・・”という意味合いを持ちます。

 

「いまいまっづわったっででぎねっちゃだれ」
(今すぐって言われたって出来ないですよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「いまずに」があります。
これは「そのうちに」という意味です。

いまいま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意地汚いこと、いやしい人、食いしん坊 という意味です。

 

「おめぇ、そったにくって、いやすこだなや」
(あなたったらそんなに食べて、いやしいわねえ)
「たげっすっこの!ほいなぬくうなっちゃや!このいやすこっこの!」
(たけし!そんなに食うんじゃないよ!この食いしん坊がぁ!)

 

という風に使われます。

いやすこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

色合い という意味です。

 

「たげのごあったんだげんとも、いろけわれぐなったす、しくせぐなったがら、なげだどわ」
(筍があったんだけど、色が悪くなったし、すえた匂いがしてきたので捨てましたよ)
「なにすやいろけわりごだ」
(なんでしょう、色合い最悪だよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いりこ」があります。
これは「(建物・箱などの)奥の隅」という意味です。

いろけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気難しい、屁理屈、へそまがり という意味です。

 

「あのひとぁまだそったないんぴんばりかだってんのすかや」
(あの人はまたそんな屁理屈ばかり言っているのですか)
「おらいのずんつぁまいんぴんかだりでやんだぐなるっちゃ」
(うちのおじいちゃん気難しい人で嫌になっちゃうよ)

 

という風に使われます。

いんぴん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気持ち悪い、具合が悪い、気分が悪い という意味です。

 

「あめものくいすぎでうげわりぐなったっちゃ」
(甘い物食べ過ぎて気持ち悪くなったよ)
「くるまさよっでまってうげわりぐなる」
(車に酔ってしまって気持ちが悪くなる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「うげどり」があります。
これは「分担、ノルマ」という意味です。

うげわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うざぬはぐ、うんざにはぐ、んざぬはぐ とも言います。

 

とても苦労する、難儀する、骨を折る という意味です。

 

「うざにはがしたなゃ」
(大変ご苦労をおかけしましたね)

 

という風に使われます。

 

昔の農機具田下駄を”うんざ”と呼び、

その作業が大変だったことから、
苦労することを意味する言葉に変わったと言われています。

うざにはく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後ろ という意味です。

 

単に後ろの家を指す場合もあるようです。

 

「あぶねー、うっしょみろ!」
(危ない、後ろを見て!)
「うっしょさもってってわ」
(後ろの家に持っていってよ)
「ちょこっどうっしょむいでみでけらいん」
(ちょっと後ろを向いてみてください)

 

という風に使われます。

うっしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自分(のもの、のこと)とう意味です。

 

「うなのごどはうなですらい」
(自分のことは自分でしなさい)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「じぶが」があります。
これは「自分自身」という意味です。

 

「じぶがでなんどがしなせぇ」
(自分自身で何とかしなさい)

 

という風に使われます。

うな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うるかす、うるげる とも言います。

 

米・豆類・切干大根、また食後の食器などを水に浸けてふやかすことです。

 

「もづごめ、うるがしておいでけさいん」
(もち米を水に浸しておいてください)
「ながぐふろにへっでだのでてがうるげだ」
(長くお風呂に入ったので手がふやけた)
「ままくっだちゃわんあどであらうがらうるかしといて」
(ご飯を食べた後の茶碗は後で洗うので水に浸けておいて)

 

という風に使われます。

うるがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

可愛げがない、可愛くない、小憎たらしい という意味です。

 

「なんぼえらすぐねえわらすこだべか!」
(なんて可愛げのない子供なのかしら!)
「えらしぐねやづだなや」
(嫌な奴だなあ)

 

という風に使われます。

 

これが「えらすこい」になりますと、逆に「可愛い、可愛らしい」という意味です。

えらすぐねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いずい、いづい、えんずい とも言います。

 

違和感があるさま、うっとうしい など のニュアンスの言葉ですが
その訳にピッタリくる共通語が見つかりません。

 

「なんだが、めぁえんずえや」
(なんだか目がゴロゴロするよ)
「くづびっこでいずぐないの?」
(靴が左右反対で違和感ないの?)
「っとにいずいごだ」
(本当にうっとうしいなぁ)

 

という風に使われます。

 

例えば、着衣が窮屈な時や、居心地の悪い時、歯に物が挟まった時 などに使用されます。

えんずえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おがつぇごだ とも言います。

 

おかしい という意味です。

 

「だれっおがっつねつらすてんだおん、しゃっぷりしてや」
(だっておかしな顔しているから、知らんぷりしてたよ)

 

という風に使われます。

 

また、「おがすねな、おがすい」も同じ意味です。

 

「おがすねないしょだなや」
(おかしな服ですね)

 

という風に使われます。

おがっつね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大きくなる、育つ、成長する という意味です。

 

「あんだいんのわらすもずいぶんどおがったっちゃね」
(あなたの家の子供もずいぶんと大きくなったでしょうね)
「あやーだいぶおがってわね」
(わーずいぶん成長したねえ)
「ひまわりおがったごだ」
(ひまわり大きくなったなあ)

 

という風に使われます。

おがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漬物、お新香 という意味です。

 

「このおごごうめごだ」
(この漬物おいしいね)
「おらいでつけだおごごだげっともあずはなじょでがす?」
(我が家で漬けた漬物ですがお味はいかがですか?)
「おらあまんまくうどぎおごごあればなんもいらねえ」
(俺はご飯を食べる時、漬物があれば何もいらない)

 

という風に使われます。

おごご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 恥ずかしい という意味です。

 

「おらおしょすくていぎいんつぉ」
(私は恥ずかしくて行きませんよ)
「おらぁひどめでしゃべんのおしょすいでば」
(私、人前で話すのは恥ずかしいから)

 

という風に使われます。

 

② ありがとう という意味です。

 

「おしょしさんでござりす」
(ありがとうございます)

 

という風に使われます。

おしょすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける、騒ぐ、調子に乗る という意味です。

 

「おぼごどいっしょぇなっておだってばりいでてわがんね」
(子どもと一緒になってふざけてばかりいては駄目だ)
「おだつなよっ!この!」
(ふざけんな!てめぇ!)
「このおだずもっこ!」
(この悪ガキが!)

 

という風に使われます。

 

主に否定形で使用される場合が多いですが、
時々、肯定的な意味でも使われます。

おだづ  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしない、みっともない という意味です。

 

また、落ちぶれることを指す場合もあります。

 

「おだれだふぐばりきてや」
(だらしない服ばかり着ちゃって)
「あそごのえのむすごはおだれでわがんねな」
(あそこの家の息子はだらしなくて駄目だね)

 

という風に使われます。

おだれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

降りる という意味です。

 

「このえぎで、おぢっと」
(この駅で降りるよ)
「おんほてぇがら、そろそろおぢでけね」
(重たいからそろそろ降りてちょうだい)
「ほごのばすていでばすがらおちてけろ」
(そこのバス停で、バスから降りてください)

 

という風に使われます。

おぢる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怖い、恐ろしい という意味です。

 

「おかねがったなやー、すぬがどおもったやー」
(怖かったね~、死ぬかと思ったよー)
「なんだいおっかねごだ」
(なんて恐ろしいんでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おっこむ」があります。
これは「(洗濯物などを)取り込む」という意味です。

おっかね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

曾祖父、曾祖母、つまり、ひいおばあちゃん、ひいおじいちゃん という意味です。

 

「おっぴばんつぁん、なんぼなった?」
(ひいおばあちゃん、いくつになった?)
「おらいのおっぴずんつぁんひまごみでよろごんでっちゃ」
(うちのひいじいちゃん、ひ孫を見て喜んでるね)

 

という風に使われます。

おっぴさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とんでもない、 すごく大変、ものすごい という意味です。

 

「しごどが、おどげでねぇーでば」
(仕事が、とんでもなく大変だよ)
「こんなにしゅくだいあんなんておどげでねぇなや」
(こんなに宿題あるなんて大変だなぁ)
「おどげでねぇほどのむんだおんや」
(信じられない量を飲むんだもんな)
「つりっこしたらや、おどけでねぇかずつれたのや」
(釣りをしたらものすごい数釣れたんだよ)

 

という風に使われます。

おどげでねぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

穴のあいた靴下、主に親指のところに穴の開いてしまった靴下 を言います。

 

「あいやーおはようくつしたになっでっけ」
(あらら、靴下に穴が開いちゃってる)
「おはようくづしたはいでおしょしぐねぇの?」
(穴あき靴下を履いちゃって恥ずかしくないの?)

 

という風に使われます。

おはようくつした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おばんです とも言います。

 

こんばんは、夕方から夜にかけての挨拶 という意味です。

 

「おばんでがす。あおらや、しゃしぶりだごどー」
(こんばんは、あらぁー、ひさしぶりだねえ)

 

という風に使われます。

 

逆に朝の挨拶ですと「おはよがす、おはよござりす」と言います。

おばんでがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

赤ん坊、赤ちゃん という意味です。

 

「むがいのががさんおぼこなすんだど」
(向かいの奥さん子供産むんですって)
「おぼごないでもめんけなや」
(赤ちゃんは泣いても可愛いね)
「はっぱどみねうづおぼこなすたのがや」
(全然見ないうちに、赤ん坊を産んだのですか)

 

という風に使われます。

おぼこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おめさま とも言います。

 

あなた、あんた、おまえ という意味です。

 

「おめなぬすてんのや?」
(あんた、何してるのよ?)
「このぬいぐるみおめさほいずさけったら」
(このぬいぐるみあなたにあげますってば)
「おめらおもしゃぐねなあ」
(あんた達、面白くないわねえ)

 

という風に使われます。

おめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

親父さん、お父さん のことですが、他人の父も含めます。

 

自分の父ほどの年齢の人を指すこともあります。

 

「おやんつァんたづのんでばりいる」
(親父さん達はお酒を呑んでばかりいる)
「おやんつぁんはきょねんすんだのすか」
(親父さんは去年亡くなったんですか)

 

という風に使われます。

 

”おどっつぁん”も「お父さん」という意味です。

 

「おらいのおどっつぁんさげのみでやんだぐなる」
(うちのお父さん、酒飲みで嫌になるわ)

 

という風に使われます。

おやんつぁん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おらえ とも言います。

 

自分の家、地所、土地 を指す言葉です。

 

「おらいによってがい」
(俺の家に寄っていけよ)
「おぢゃっこでもだすがら、おらいさきてけろ」
(お茶でも出すから、うちの家に来て下さい)

 

という風に使われます。

 

これは「おら」で「私、自分」を指す言葉です。
男女関係なく使います。

 

「おらがやってけっからわ」
(僕がしてあげるよ)

 

という風に使われます。

おらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私たち、我々の という意味です。

 

① 自分の住んでいる地域、地方を指します。

 

「おらほでわや」
(僕の地方ではね)
「あんだんどごのみずはおらほのどごのよりうめぇなや」
(あなたの所の水はわたしの所のよりおいしいですね)

 

という風に使われます。

 

② 単純に自分と相手とを比べるときに使います。

 

「おらほがはえど」
(俺の方が早いぞ)

 

という風に使われます。

おらほ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おれさん とも言います。

 

雷、稲妻 という意味です。

 

「おれさまなってっから、へそかぐさいん」
(雷が鳴っているので、へそを隠しなさい)
「おれさまくっからはらひやさねよにしぇ」
(雷がなってるからお腹を冷やさないようにね)
「ほれ、はいぐいしょちねど、おれさまにへそとられっと」
(ほら、早く服を着ないと雷様にへそを取られてしまうよ)

 

という風に使われます。

おれさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

重たい という意味です。

 

「おぼっこおがっでおんほてくて、わがんねぇ」
(赤ちゃんが育って重たくてしょうがない)
「おらいのせながおんほてえがらっしゃ、おぢでけろ」
(俺の背中が重いんで、降りてくれないかな)

 

という風に使われます。

おんほてぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かいかい とも言います。

 

かゆい という意味です。

 

「ほごむしさくわれでっど、かいぐねすか?」
(そこ虫に指されているよ、かゆくありませんか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「がい」があります。
これは「ホラ話、大げさな話」という意味です。

 

「そやっでがいふってばりで」
(そうやってホラ吹いてばっかりいて)

 

という風に使われます。

かい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(肉体的、精神的ともに)疲れる、気分が滅入る、精根尽きる という意味です。

 

「きょうのしごどもがおったなやぁ」
(今日の仕事も疲れたなぁ)
「まだしぇんしぇさごしゃかったや、いぎなりがおった」
(また先生に怒られたよ、かなり気が滅入った)
「きょうはいきなりがおったや」
(今日はとても疲れたよ・・・)
「このばらがおってるよわ」
(この薔薇しおれているよ)

 

という風に使われます。

がおる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

妻、お母さん という意味です。

 

主に夫が妻を呼ぶ時に使用されます。

 

「おらいのががおっかねんだぁ」
(うちの妻、こわいんだよ)
「おらえのがががや~」
(うちの妻がね)
「おらいのがが、のっつぉばりこいで、ししゃますだ」
(うちのカミさんは、ほっつき歩いてばかりで困りものなんです)

 

という風に使われます。

がが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鍵をかける、施錠する という意味です。

 

「かぎかっだけが?」
(鍵かけましたっけ?)
「なんだい、うぢのかぎかっだがわしぇでまった」
(あらまあ、家の鍵をかけたか忘れてしまった)
「かぎかっでがらあそびさいげな」
(鍵をかけてから遊びに行きなさいね)

 

という風に使われます。

かぎかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かさこ、かさっこ とも言います。

 

かさぶた(瘡蓋) という意味です。

 

「かさぴたちょすなっで、なおんねぐなっど」
(かさぶたをいじらないの!治らなくなるわよ)
「かさっこあっどはぎたぐなるっきゃ」
(かさぶたがあると、剥がしたくなるんだよ)

 

という風に使われます。

かさぴた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だからかもしれないけれど、~のおかげで、~のせいで という意味です。

 

「としょっだがすてこいがった」
(年をとったからかもしれないけれど、疲れちゃった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かすける」があります。
これは「かすれている」という意味です。

 

「かすけででずよめねどわ」
(かすれていて字が読めないよ)

 

という風に使われます。

がすて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かしる とも言います。

 

食べさせる、食わせる、ご馳走する という意味です。

 

「こっこにめすかしぇねぐねーな」
(子供にご飯食べさせないと)
「おがしかせでけっがらおらいのいえさこ」
(お菓子ご馳走するから、うちにおいでよ)

 

という風に使われます。

かせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言う、話す という意味です。

 

「はえぐかだれっちゃ」
(早く言いなさいよ)
「なんぼかだっでもなおんねっけ、わがんねな」
(何回言っても直らないんだもん、駄目だね)
「あーあーあー、かだっこだ!」
(あーあ、よく言うよ、全く!)
「なぬかだってんのや」
(何言ってんだよ)

 

という風に使われます。

かだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

他人の所為にする、責任をなすりつける、かこつける という意味です。

 

「あのやろ、すぐひどさかつけでいげすかねごど」
(あいつは、すぐ他人の所為にして気に入らないことよ)
「かつけでばりいるやづぁわがんねな」
(人の所為にしてばかりいる奴は駄目だよ)

 

という風に使われます。

かつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっちゃぐ、かっつぁぐ とも言います。

 

引っ掻く という意味です。

 

「おらいのねこさかっちゃかったのっしゃ」
(うちの猫に引っかかれたんですよ)
「だえさかっつぁがっだのが?」
(誰に引っかかれたの?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かっちゃなげる」があります。
これは「今やっていることを放り投げる、乱雑に投げ捨てる」という意味です。

かっちゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追いつく という意味です。

 

「さぎぬいってでけらいん、すぐかっつぐっけ」
(先に行っててちょうだい、すぐに追いつくから)

 

という風に使われます。

 

これが”かっとす”では「追い抜く」ということです。
”かっとばす”とも言います。

 

「ばいくでくるまかっとしたんだ」
(バイクで車を追い抜いたんだ)

 

という風に使われます。

かっつぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がで とも言います。

 

~円分、~相当、分 という意味です。

 

「しゃぐえんがなかっていがいん」
(100円分買っていきなさい)
「ごしゃぐえんがな、あぶらいれでけさいん」
(500円分のガソリンを入れてください)

 

という風に使われます。

 

こちらの提示に合わせて相手に数量調整してもらう場合に使われます。

がな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

堅い、義理堅い、固い という意味です。

 

「おめっでばかでごだなや」
(あなたって義理堅いですねえ)
「にぎりめすかでぐにぎってけせ」
(おにぎりを固く握ってください)
「まんずまんずかだごくすてっこだねえがらや」
(まあまあ、堅くならなくていいですよ)

 

という風に使われます。

かで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

身体、体、胴体 という意味です。

 

これが「かばねやみ」になりますと

「怠け者、面倒くさがり」という意味になります。

 

本当は出来るにも関わらず、理由をこじつけてなにもしないこと、

またそういう人 を指します。

 

「またそやっでかばねやみして」
(またそうやって面倒くさがって)
「あだらかばねやみさかだったって、なにもしないがらほっとがいんでば」
(あんな怠け者が何を言ったって、何もしないんだからほっときなさい)

 

という風に使われます。

かばね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~がや とも言います。

 

~ですか、~じゃないだろうか という意味です。

 

「もってっていいのすかや」
(持っていっていいですか)
「ほいづのほうがおっきんでねえがや」
(そっちの方が大きいんじゃないだろうか)

 

という風に使われます。

~かや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だろうか という意味です。

 

自問自答するニュアンスです。

 

「ちょねな、にゅういんすたどぎ、おみめすたがれ」
(去年、入院したときにお見舞い行ったのだっただろうか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かれる」があります。
これは「食われる、(蚊に)刺される」、

または、「壊れる、(機会が)動作しなくなる」という意味です。

がれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かます、かんまがす、かんまぜる とも言います。

 

かきまわす という意味です。

 

「ふろばかんますてわ」
(お風呂(のお湯)をかき回してきて)

 

という風に使われます。

 

また、会議などを混乱させる という意味もあるようです。

 

似た言葉では「かんばご」があります。

これは「棺おけ」という意味です。

かんます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わかったふり という意味です。

 

「きーだふりしてぜんぜんわがんねぇんだがら」
(わかったふりをして全然わかってないんだから)
「そやっできーだふりばりすてんでねーぞわ」
(そうやってわかったふりばかりをしてるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

きーだふり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きたっと とも言います。

 

きちんと、整然と という意味です。

 

「きかっとはごさつめさえ」
(きちんと箱に詰めなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎっつり」があります。
これは「しっかりと、(入れ物に)いっぱい、十分に」という意味です。

 

「もっどぎっつりつめでいれでけらっしょ」
(もっと入れ物にいっぱい詰めて入れて下さい)

 

という風に使われます。

きかっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きがね、きかない、きかず とも言います。

 

腕白、気が強い、乱暴な、きかんぼう という意味です。

 

「なんてきかねーわらすでがすぺ」
(なんて腕白な子どもでしょう)
「きかねぇねごだごだ」
(乱暴な猫だなぁ)
「おめはまっだぐきかずだなや」
(あんたは本当に親の言うことを聞かない子だね)

 

という風に使われます。

きかね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

その程度はある という意味です。

 

「そのふぐろではごかんはちぐなや」
(その袋ならば5貫はあると思いますよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉には「きがね」があります。
これは「それ以上はある」という意味になります。

 

「ほのいしょはごしぇんえんではちがねすぺ」
(その服は5千円以上はするんでしょ)

 

という風に使われます。

 

また”きぐ”には「たらの白子」を指す場合もあります。

きぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気が張っている、緊張している という意味です。

 

一つのことに集中して緊張している状態 を指します。

 

「ちはってっと、かぜもしがねんだど」
(気が張っていると風邪を引いたりしないんですよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きはしまわる」があります。
これは「気が利く」という意味です。

 

「きなりに」もありますね。
これは、作業予定などに縛られず「自分の思うとおりに(仕事をする)」という意味です。

きはってる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きぴちょ、ちびちょ とも言います。

 

急須(きゅうす) という意味です。

 

「ほのきぴちょ、こっちさまわしてけさえ」
(その急須をこちらによこしてください)

 

という風に使われます。

 

中国から伝わったお燗の道具「急焼(きひしゃお)」が語源のようです。

きびちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

決まりきった という意味です。

 

「きりきまったごどなんだっけ、だれでもでぎっぺや」
(決まりきったことなのだから、誰でもできますよね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎりぎり」があります。
これは「無理矢理、無理に」という意味です。

きりきまった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食べきれない という意味です。

 

「くいたでねえぐれえのりょうだなや」
(食べきれないほどの量ですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くったっけすね」があります。
これは「食事をしたのに満腹感がない」という意味です。

 

「く」で「食べる、食う、食べます」という意味です。

くいたでねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐずらしったら、ぐずらぐずら とも言います。

 

グズグズしている様子、煮え切らない様子、愚痴をこぼす様子 を指します。

 

「ぐずらもずらって、いっそもんくばりかだって」
(愚痴ばかりこぼして、いつも文句ばかり言って)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ぐずまぐ」があります。
これは「愚痴を言う」という意味です。

ぐずらもずら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(目を)つぶる という意味です。

 

「まなぐばくっちゃぐらい」
(目をつぶりなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くっちゃぶる」があります。
これは「しゃぶる、噛んでやわらかくする」という意味です。

 

他にも「くっちゃべる」があります。
これは「ぺちゃくちゃ喋る」という意味です。

くっちゃぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食って寝て(怠けている様子)という意味です。

 

「くっちゃねばりすてっどべごぬなっどわ」
(怠けてばかりいると牛になっちゃうわよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くっぺこねべ」があります。
これは「来ようが来まいが」という意味です。

 

「おやんつぁんがくっぺこねべはだずべや」
(親父さんが来ようが来まいが始めることにしようよ)

 

という風に使われます。

くっちゃね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

首、首筋 という意味です。

 

「くぴたのあだりばまでにあらわい」
(首の周りを丁寧に洗いなさい)
「いっでー、くぴたひねっでまわんねっちゃ」
(痛いよ~、首をひねって周らなくなっちゃった)

 

という風に使われます。

くぴた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

時間が経つ という意味です。

 

「いつつかんくへっとはしゃんから」
(1時間経ったら乾きますよ)
「くへがらくへまでかしいでためだかねなんだど」
(朝早くから夜遅くまで働いて貯めたお金なんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くふぇる」があります。
これは「穴をふさぐ」という意味です。

 

「やねのあねこ、くふぇさえ」
(屋根の穴をふさぎなさい)

 

という風に使われます。

くへる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

内出血する という意味です。

 

「くろち」で「青あざ、内出血」という意味になります。

 

「ぶっつげちまっでくろちよった~、いでーなや」
(ぶつけてしまって青あざが出来たー、痛いよぉ)
「ほごなじょすた、くろちよってんでねが?」
(そこどうしたの、内出血してるんじゃない?)

 

という風に使われます。

くろちよる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食え、食べなさい という意味です。

 

恐らく日本で一番短い会話が出来ます。

 

「け」「く」
(食べなさい)(食べるよ)

 

という風に使われます。

 

これが「くわいん」になりますと「食べて」という意味になります。

 

「のごりくわいん、はらくっちぐでもうけねの」
(残り食べて、お腹いっぱいでもう食べられないの)

 

という風に使われます。

け 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体裁、見栄え という意味です。

 

「ふぐろでぁけいぎわりいがら、はごさいれでけさぇ」
(袋では体裁が悪いので、箱に入れてください)
「ほだなのけいぎいいもんでねっしゃ」
(そんなの見栄えの良いものではないじゃない)

 

という風に使われます。

けいぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰る という意味です。

 

「もーけえるよわ」
(もう帰るよ!)

 

という風に使われます。

 

これを丁寧に言うと「けえりすと、けえりすとわ」です。

 

「ほら、けえりすと。ちゃっちゃどかたづけさい」
(さあ、帰りますよ。さっさと片付けてちょうだい)

 

という風に使われます。

けえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けせ、けさい とも言います。

 

下さい、~してください という意味です。

 

「こればんでたんねがら、もひとづけさいん」
(こればかりでは足りないから、もう一つ下さい)
「まだきでけさいん」
(また来て下さい)
「ほいじょもってちてけせ」
(包丁を持ってきてください)

 

という風に使われます。

けさいん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お尻 という意味です。

 

「けっつさつぢくっついでるよわ」
(お尻に土が付いてるよ)

 

という風に使われます。

 

これが「けつぽた、けつぽだ」になりますと「尻たぶ」などという意味です。
尻の肉の部分を指します。

 

「けっつぽだかい~」
(お尻のお肉が痒い~)

 

という風に使われます。

 

ちなみに「けつめど」は「肛門、尻の穴」という意味になります。

けっつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けったぐる とも言います。

 

蹴り上げる、蹴る、蹴りつける という意味です。

 

「ほだどごけっぽんなや!」
(そんなところを蹴るんじゃないよ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けっぱれ」があります。
これは「頑張れ」という意味です。

 

「けっぱる」で「頑張る、気合を入れる」ということです。
スポーツの応援の際には「けっぱれー!」と声をかけますよ。

けっぽる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(時間が)経ってから という意味です。

 

「いますこすけでがらいぐどは」
(もう少し経ってから行くことにしますよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けでやる」があります。
これは「~をあげる、くれてやる」という意味です。

 

また、「~げる」では「~し終わる」という意味になります。

 

「おままばくいげだばりでよげなもんくな」
(ご飯を食べ終わってすぐ余計なもの食うな)

 

という風に使われます。

げでがら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげる、与える という意味です。

 

「いいがらけっからなや」
(いいからあげるよ)

 

という風に使われます。

 

これが「けらいる、けられる」ですと「貰う、受け取る」という意味になります。

 

「おかねけられでわ」
(お金貰っちゃったよ)

 

という風に使われます。

 

「けろ」ですと「くれ、ください」という意味になります。

ける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こえ、こいづ、こいず とも言います。

 

これ、この人 という意味です。
すぐ近くのもの、人を指す時に使用されます。

 

「こいづばりずっりーなやーぁ」
(この人ばっかりずるいよ~)
「こいっちゃかいでは」
(これに書き込んで)

 

という風に使われます。

こい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こえなぐ とも言います。

 

このように、こんな風に、これほど という意味です。

 

「そうでねぐって、こえなぐすては」
(そうじゃなくて、こんなふうにしてちょうだい)
「ほごがこえなぐなっで、こごはこいなぐなってんだ」
(そこがこのようになっていて、ここはこんな風になってるのよ)
「こえなぐすでもらっでもすわげなす」
(こんなにして頂いて申し訳ありません)

 

という風に使われます。

こいなぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こわい、こえ とも言います。

 

疲れた、疲れている という意味です。

 

「たんぼすごどすてこえーっちゃ」
(田んぼ仕事をして疲れたね)
「こええごったらよごぬならい」
(疲れているなら休みなさい)
「あーはだげしごどもこえーな」
(ああ、畑仕事も疲れるなあ)

 

という風に使われます。

こええ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

来て下さい、お出でなさい、いらしゃい、おいで という意味です。

 

「こっちゃございん」
(こっちにおいで)
「あすたぬでもあすびさございん」
(明日にでも遊びにいらっしゃい)
「まだございん」
(また来て下さい)
「おらいさございん」
(私の家にいらっしゃい)

 

という風に使われます。

ございん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ございます、います、おります という意味です。

 

「このしょうひんはひゃぐえんでござりす」
(この商品は百円でございます)
「ががか?ござりす、ちょこっとまってでけさいん」
(妻ですか?おります、少々お待ちください)

 

という風に使われます。

 

これが「ござりすた」になりますと「いらっしゃいました」という意味です。

 

「よぐござりすたなや」
(よくいらっしゃいましたね)

 

という風に使われます。

ござりす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごっしゃぐ とも言います。

 

怒る、叱る という意味です。

 

「そっだにごしゃがねーでけらいん」
(そんなに怒らないでくださいよ)
「ほだなことすてっとごしゃがれっぺっちゃ」
(そんなことをしていたら叱られるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごしぱらやげる」があります。
これは「腹が立つ」という意味です。

ごしゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だこと という感嘆を含んで行動を表現する言葉です。

 

「ほんどぬいがったごだ」
(本当に良かったですね)
「もうすてでしまうのが?いだますいごだ」
(もう捨ててしまうんですか?もったいないこと!)

 

という風に使われます。

ごだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なら という意味です。

 

「かねごったらおれさけせ」
(食べないのなら私にください)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こっちゃ」があります。
これは「こっちに」という意味です。

 

「おーい、こっちゃこー」
(おーい、こっちにおいで~)

 

という風に使われます。

ごったら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご馳走 という意味です。

 

「あすたきゅりょうびだがらごっつぉうしてけっがら」
(明日給料日だから、ご馳走してあげるよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ごっつぉうぬなる」で「ご馳走になる」という意味です。
また、「ごっつぉさん」になりますと「ごちそうさま」ということです。

 

「うめがったや~、ごっつぉさん」
(美味しかった~、ごちそうさま)

 

という風に使われます。

ごっつぉう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

筋張っている、固い という意味です。

 

「このまめ、こっぱすいごだなや」
(この豆、筋張ってて固いね)
「ごっつぉうぬなっだにぐこっぱすいぐてけらんねがっだっけ」
(ご馳走になったお肉が固くて食べられなかったの)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こちょぐってえ」があります。

これは「くすぐったい」という意味です。

 

「こちょぐてえがらやめでけらいん」
(くすぐったいからやめてよ)

 

という風に使われます。

こっぱすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眉毛、眉、まつ毛 という意味です。

 

「おらいのずんつぁんこのげなげーの」
(うちのおじいちゃん、眉毛が長いの)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「このけ、このっけ、このげぐれ」があります。
これは「このくらい、こんなに」という意味です。

 

「このけでいいがらわけでけろ」
(このくらいでいいので、分けてください)

 

という風に使われます。

このげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こばがくせえ とも言います。

 

馬鹿馬鹿しい、バカみたい という意味です。

 

「おどげでねぇなや、これぜんぶやるなんてこばがくせぇな」
(途方もないなあ、これ全部やるなんて馬鹿馬鹿しいな)
「こばがくせえ~、やんだごたなや~」
(バカみたーい、嫌だなあ~)

 

という風に使われます。

こばがくせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全部、すっかり という意味です。

 

「もらったかき、ころっとくっですました」
(もらった柿を全部食べてしまった)

 

という風に使われます。

 

これが「こればっこ」ですと「これっぽっち」という意味になります。

 

また、”ころっと”には
「独立した、孤独」 という意味もあるようです。

ころっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごぼう といういみです。

 

「ごんぼいりんめーなや、もっとくっでいいべが?」
(キンピラごぼう美味しいですねえ、もっと食べてもいいかしら?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「こんもり」があります。
これは「子守り」という意味と「こうもり傘」という意味があります。

ごんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~に、~へ という意味です。

 

方向や場所を指します。

 

「どごさまってだのっしゃ?」
(どこに寄り道していたの?)
「おとうさきげっでば」
(お父さんに聞きなさいよ)
「こいづばあんださやっがら」
(これをあなたにあげますから)
「とうきょうさいぐのが?きょうとさいぐべよ」
(東京に行くの?京都に行こうよ)

 

という風に使われます。

さ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~なさい という命令形の言葉です。

 

「おめだばだまってさい!」
(あなたは黙っていなさい!)

 

という風に使われます。

 

② ~さんの家 という意味です。

 

「さとうさいさいっでがらけるっけ」
(佐藤さんの家に行ってから帰りますので)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ざいご」があります。
これは「田舎、在郷、故郷」という意味です。

さい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さがぶ とも言います。

 

叫ぶ、大声を出すという意味です。

 

「せがいのちゅうしんであいをさがぶんだってよ」
(世界の中心で愛を叫ぶんですって)
「どんなぬさかんだっでちがねど」
(どんなに大声を出しても駄目ですよ)

 

という風に使われます。

さかぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっぱり、すっかり、せいせいする という意味です。

 

「もうさっぱどわすれだっけ」
(もうすっかり忘れましたよ)
「さっぱどくったなや~」
(全部きれいに食べましたね~)
「かみばきっだらさっぱどすたっちゃ」
(散髪したらすっきりしましたね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ざっぱ」があります。
これは「雑」という意味です。

 

「ざっぱなしごどして」
(雑な仕事をして)

 

という風に使われます。

さっぱど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さらいぼ、さらさらえぼ、ささらえぼ とも言います。

 

鳥肌 という意味です。

 

「しだみだら、おっがなぐてさらさらえぼたったっけ」
(下を見たら、恐ろしくて鳥肌が立ったんです)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「さらさらする」があります。
これは「寒気がする」という意味です。

 

「なんだいさらさらすっごと、ねづでだがや」
(嫌だなあ、寒気がするわ。熱が上がったのかしら)

 

という風に使われます。

さらえぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんざん という意味です。

 

「さんざんぱらまだせで、ほったなこどだってが」
(さんざん待たせておいて、そんな(くだらない)ことだって?」
「おらいでさんざんぱらくっどいてまだくうんだど」
(うちでさんざん食べておいて、まだ食べるんですって)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さんづらがす」があります。
これは「散らかし放題になっている状態」を表す言葉です。

さんざんぱら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

陰口を言う という意味です。

 

「そったにざんぞかだるんでがえん」
(そんなに陰口を言うものではない)
「ざんぞかだってばっかすで、じぶがのごどはたなさあげで」
(陰口ばかり言って、自分自身のことは棚に上げて・・・)

 

という風に使われます。

ざんぞかだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ししゃますする、すしゃます とも言います。

 

大変な目にあう、手に負えない、持て余す、対応が大変 という意味です。

 

「いねかりちけぶっちゃけでまってししゃむすたやあ」
(稲刈りの機会が壊れてしまって、直すのに大変でしたよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ししゃねな」ですと「(あきらめ口調で)仕方が無いなあ」という意味になります。

 

似た言葉では「ししゃまず」があります。

これは「いたずら」という意味です。

ししゃます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぇづねー、しつからすねえ とも言います。

 

うるさい、騒がしい という意味です。

 

「このわらししずねえごだなや」
(この子供、うるさいなあ)
「こーずひとばんじゅーしぇづねがったや」
(工事の音が一晩中うるさかったよ)
「しつからすねぇごだ、ちょどすてろ」
(うるさいわね、静かにしていなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しずる」があります。
これは「ぐずる」という意味です。

しずね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

語尾に付く言葉です。

 

① 丁寧な伝達の際に使う言葉です。(語尾が下がる)

 

「ゆんべなしんでにいってちたのっしゃ」
(昨夜仙台に行って来たんですよ)

 

という風に使われます。

 

② 丁寧に問う際に使う言葉です。(語尾が上がる)

 

「ほいづなんぼっしゃ」
(それはいくらですか?)

「あのひどはだれっしゃ?」
(あの人はどなたですか?)

 

という風に使われます。

しゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃでっこ とも言います。

 

弟 という意味です。

 

「おめんちのしゃでっこきかねえなあ」
(きみんちの弟、乱暴だなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃず」があります。
これは「スプーン、匙」という意味です。

 

「かれーばしゃずでくう」
(カレーをスプーンで食べる)

 

という風に使われます。

しゃで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

知らない、しょうがない という意味です。

 

「しゃねこっだらしゃねーなぁ」
(知らないならしょうがないわね)
「しゃねっぷりすんでねよ」
(知らんぷりするんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃれ」があります。
これは「出て行け、どけ」という意味です。

 

「やがましいわらしごだごだ、しゃれわ」
(うるさい子供だな、出て行けよ)

 

という風に使われます。

しゃね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃんする、じゃんとする とも言います。

 

足を前に投げ出して座るような状態を指します。

小さな子供に対して使う幼児言葉です。

 

「あやーえらいこど~、じゃんこでぎんのすか」
(あらまあ、偉いこと、ちゃんと座れるのね~)
「ごはんくうがらじゃんとすれ」
(ご飯を食べるから、お座りしなさいね)

 

という風に使われます。

じゃんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

背負う という意味です。

 

「このにもづしょっでけろ」
(この荷物を背負ってください)
「おらいのががはあかんぼしょっでかいものさいぐ」
(うちの奥さんは赤ちゃんを背負って買い物に行きます)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉には「しょいこ」があります。
これは「物を背中に背負って売り歩く人」、

または「その背負う器具」のことを指します。

しょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

午前中 とうい意味です。

 

「しんのめのうづぬくさかっでおげよわ」
(午前中のうちに草を刈っておきなさいね)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉ですと「しんま」があります。
これは「昼間、正午」という意味です。

 

これが「しんね」ですと「昼寝」ということです。
また、「午後」のことは「しんまがら」と言います。

しんのめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すがね とも言います。

 

嫌い、好きじゃない、嫌だ という意味です。

 

「あんだきだないがらすかねっちゃ」
(あなた不潔だから大嫌いなの)
「おら、あいづのこどすがねーのしゃ」
(私、あの人のこと好きじゃないのよね)
「だがらすかねでば!」
(だから、好きじゃないんですって!)

 

という風に使われます。

 

これが「すかねごだ」ですと「あらやだ、いやだこと」という意味になります。

すかね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つかまる、まとわりつく という意味です。

 

「すがっでねーどあぶねーど」
(つかまっていないと危ないよ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すがり、すがれ」があります。
これは「蝿、虻、蜂」などを指します。

どちらかというと、人を刺す恐れのある害虫によく使われます。

 

他にも「すがれる」もありますが、これは「好かれる」では無く
「稲などが盛りを過ぎて枯れてくる」様子を表す言葉です。

すがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うずくまる、縮こまる、しゃがみこんで小さくなる という意味です。

 

「さみぐてひばぢのそばさすぐだまってした」
(寒くて火鉢のそばで縮こまっていました)
「ねごだらすぐだまってねでだっけよ」
(猫がうずくまって寝ていたよ)

 

という風に使われます。

すぐだまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すてすける とも言います。

 

手伝う、手助けする、援助する という意味です。

 

「おおそーじすけでくなえんか」
(大掃除を手伝ってくれませんか)
「このしごどたいへんなんだっけ、すげでけろっちゃ」
(この仕事大変なんですよ、手助けしてくれませんか)
「てがみかぐの、かいですけでけねが」
(手紙を書くのを、手助けしてあげてくれないか)

 

という風に使われます。

すける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つっぱね とも言います。

 

裾などに跳ね上がった泥、泥はね という意味です。

 

「すっぱねあげねよー、きぃつけであるがいん」
(裾に泥を跳ね上げないように気を付けて歩きなさいね)
「あんだだらまーだすっぱねあげで」
(あなたったら、また泥水を跳ね上げて~)

 

という風に使われます。

すっぱね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっぺす とも言います。

 

しましょう、やりましょう という意味です。

 

「ざいごさけっだらきのぼりすっぺ」
(田舎に帰ったら木登りしましょう)
「げーむすっぺす」
(ゲームしようよ)

 

という風に使われます。

 

これが「すっぺど」ですと「~しようと」という意味になります。

 

「はすっぺどすたっけすっころんだんだっちゃ」
(走ろうとしたら転んじゃったんですよ)

 

という風に使われます。

すっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すなっこい とも言います。

 

筋があって噛み切れない、弾力があって強い という意味です。

 

「いればでぁすなこいのはだめでがす」
(入れ歯では筋のあるものは食べられません)
「たごもいがもすなっこい!」
(タコもイカも筋があって噛み切れないわ!)

 

という風に使われます。

すなこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すねげね、すねげわがんね とも言います。

 

しなければならない、しないといけない という意味です。

 

「んだごっだら、こしぇでねげわがんめ」
(それだったら、作ってあげなければいけないね)

 

という風に使われます。
”すね”で「しない」という意味です。

 

「おらなんもすね」
(僕何もしない)

 

という風に使われます。

すねくてね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~でしょう? という意味です。

 

「あんだもくうすぺ」
(あなたも食べるでしょう?)
「すばらぐどってざいごさきすぺ」
(しばらくぶりに田舎に来るんでしょう?)

 

という風に使われます。

 

これが「すねのっしゃ」ですと「~しないんですよ」という意味になります。

 

「かえんねのっしゃ」
(帰らないんですよ)

 

という風に使われます。

すぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼんやりしているさま、横着なさま という意味です。

 

「ただずへらっとしてねで、すこすてづだえ」
(ただぼんやりとしていないで、少し手伝いなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すべる、すべがだ」があります。
これは「片付ける」という意味です。

ずへらっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

健康、丈夫 という意味です。

 

「えっつもずみでえがすねす」
(いつも健康でいいですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すみる」があります。
これは「凍る」という意味です。

 

「すみどうふうめっけなや」
(高野豆腐は美味しいですね)
「ほいづすみらかすといでけろ」
(それを凍らせて乾燥させておいてください)

 

という風に使われます。

ずみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すもる とも言います。

 

滲みる、沁みる、しみこむ、塩分や液体で痛みを覚える という意味です。

 

「このくすり、すこすすもうがもな」
(この薬は少し沁みるかもね)
「もっとあずすもらかすてがらだしてけろ」
(もっと味をしみこませてから出してちょうだい)

 

という風に使われます。

すもう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すらいん とも言います。

 

しなさい、してください という意味です。

 

「いだめふぎすらい」
(ぞうきんがけしなさい)
「だれー、おしょすくてほいなごどすさんねっちゃ。んだごってあんだすらいん」
(えー、恥ずかしくてそんなことできないよ。それなら、あなたがしてくださいよ)

 

という風に使われます。

 

これが「すらいわ」になりますと、「(もうそろそろ)しなさいね」という意味です。

すらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(極端に)神経質な人 という意味です。

 

”すんけ”は「常軌を逸している、程度が甚だしい」状態を指します。

 

”たかる”で「~持ち」ということ。
ですから、病気持ちの人を言う場合は「びょうきたがり」になります。

 

似たような言葉では「ずんけねえ」があります。
これは「やりがいがない、際限がない、気が休まらない」などという意味です。

すんけたがり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

づんだ とも言います。

 

枝豆またはそら豆をすりつぶして作る緑色の甘いあんのことです。

 

豆を潰し、砂糖を混ぜてできたずんだを餅にまぶした「ずんだ餅」は
仙台名物として人気の郷土菓子です。

 

近年では、色々なずんだ料理や新製品の開発が進み、
甘味のものはずんだスイーツと括られるようになってきました。

 

宮城県民に聞いた「全国にアピールしたい宮城県の食べ物」では、
「ずんだ餅」が1位になったこともあります。

ずんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~するんじゃないよ という意味です。

 

「やみぞこいで、いづげしょうぶすんでねえど」
(手を抜いて、いっぺんにやろうとするんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「すんすなよ」があります。
これは「~しないようにしなさいよ」という意味です。

 

「つまかげすんすなよ」
(躓かないように注意しなさいよ)

 

という風に使われます。

 

これが「すんもししゃねで」ですと「知りもしないで、

分からないくせに」という意味になります。

すんでねえど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

旬、季節、時期、盛りの期間 という意味です。

 

「とみぎのせづもおわりだなや」
(とうもろこしが採れる時期も終わりですね)
「せづものくっだらからだにいーんだ」
(旬の食べ物を食べると体に良いのです)

 

という風に使われます。

せづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せんころ、せだてな、せんだって、せんだってな とも言います。

 

先日、前に、以前に という意味です。

 

「ほのみしぇだら、せんどないったごどありす」
(その店なら以前に行ったことがあります)
「せんだってなじすんあっでおっがねがったや~」
(先日、地震があって怖かったよ~)

 

という風に使われます。

せんどな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せんびぎ とも言います。

 

直定規、ものさし という意味です。

 

「ちょいどせんひぎぎかしてけねべが?」
(ちょっと定規を貸してくれないかな?)
「あいやーせんびぎわしぇできだー、なじょすっぺー」
(うわ~、定規を忘れてきちゃったよ、どうしよう~)

 

という風に使われます。

せんひぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんなこと という意味です。

 

主に否定の言葉に使われます。

 

「そげなごどきゅうぬづわってもでぎねっちゃ」
(そんなことを急に言われても出来ないですよ)
「そげなごどすんでねっでば」
(そんなことするんじゃないよ)

 

という風に使われます。

そげなごど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そずる とも言います。

 

損なう、傷める、汚す、擦り切れる という意味です。

 

「そったにほんそざしてはわがんね」
(そのように本を粗末にしてはいけない)
「ずぼんのすそがそずる」
(ズボンの裾が擦り切れてくる)

 

という風に使われます。

そざす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そったらもん、そったらもの とも言います。

 

そんな(つまらない)もの という意味です。

 

「そつたらもんほっとげ!」
(そんなもの放っておきなさい!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そっくりげって」があります。
これは「ふんぞり返って」という意味です。

そつたらもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

甘える という意味です。

 

「なんだいまーずそべっこだごだ」
(あらまあ、ずいぶんと甘えん坊ですこと)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉には「それそれする」があります。
これは「ちやほやする、甘やかす」という意味です。

 

似た言葉では「そべぐった」があります。
これは「失敗した」という意味です。

そべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なんですよ、~だもん という意味です。

 

「ちづぐなってきたんだおん」
(疲れてきたんですよ)
「いぎなしとびだすんだおん、どでんすた」
(急に飛び出すんだもの、びっくりした)
「だれ、おがしいこどしでんだおん。やんだべっちゃ」
(だって変なことしてるんだもん、嫌じゃないの)

 

という風に使われます。

だおん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

持つ、担ぐ、運ぶ、持ち上げる という意味です。

 

「そのにもづたがいでけさいん」
(その荷物を担いでください)
「たがいですけっがら」
(持ち上げるのを手伝いますよ)
「これたがいでけろ」
(これ持ってちょうだい)

 

という風に使われます。

たがぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

愚か者、馬鹿者 という意味です。

 

漢字で書くと”宝物”。

宝物のように甘やかされて大事に育てられたため

何もできない者 という意味を含みます。

 

「たがらものっこの!ぬっさっこの!」
(この馬鹿者が!お前は、全く!)
「ぬさみでなたがらもんはわがんねなや」
(おまえみたいな愚か者は駄目だよ)

 

という風に使われます。

たがらもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 群がる という意味です。

 

「はえたがってんでねの、やんだごだ」
(ハエが群がってるじゃないの、嫌だわ)

 

という風に使われます。

 

②(脳溢血などで)体の一部が麻痺する という意味です。

 

「びょーきたがり」
(ずっと病気ばかりしている人)
「うでがたがってら」
(腕が麻痺して震えてるよ)

 

という風に使われます。

たがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

紐やロープなどが絡まって、ほどきにくい様や

 

着ているものが次第に一ヵ所に寄ること、固まっていること を指します。

 

「しゃっつのそでぁたごまって、えんずぇごどぁ」
(シャツの袖が寄って、(違和感があって)気持ち悪い)
「ほだにつえぐひっぱっだらろーぷたごまるっけ、やめれ」
(そんなに強く引っ張ったら、ロープが結ばれて固まっちゃうからやめて)

 

という風に使われます。

たごまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~でしょ、だよね という意味です。

 

「おめーAがだだっちゃ、ちがう?Bがだか?」
(あなたA型でしょう、違うの?B型ですか?)
「おれはいがねくていんだっちゃなや」
(俺は行かなくていいんですよね)

 

という風に使われます。

 

会話の中で相槌で「んだっちゃ~」と使われることもあります。
その場合は「そうだよね~、だよね~」というニュアンスです。

だっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たぶん~でしょう、~じゃないですか などという意味です。

 

これが「だべっちゃ」ですと「だよ!」と断定する言葉になります。

 

「だめだべっちゃ!」
(本当に駄目ですよ!)

 

という風に使われます。

 

また、「だべげんとも」ですと「~だろうけれども」という意味です。

 

「おめはよ、ほんでいいんだべげんとも」
(あなたはね、それで良いだろうけど)

 

という風に使われます。

だべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だって など、否定文の前にきて、あまり意味はありません。

 

相手に一度行ったことを再度強調、確認を促すために言ったりもします。

 

「んだっちゃ、だれ」
(そうだろ?なあ)
「だれ、おらそんなごどしねーでば」
(私、そんなことしないよ)
「ほだごどすてわがんめっちゃ、だれーえ」
(そんなことしては駄目でしょうが、誰に聞いてもそう言いますよ)

 

という風に使われます。

だれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だれっしゃ とも言います。

 

誰ですか という意味です。

 

「だんだい、ほんばぶっちゃいだのは」
(誰ですか、本を壊したのは)
「おれのままくっだのだれっしゃ」
(俺のご飯食べたの誰だよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「だんだがさん」があります。
これは「誰かさん」という意味です。

 

「だんだがさんがづったんでねえのが」
(誰かさんが言ったんじゃないんですかぁ?)

 

という風に使われます。

だんだい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん という意味です。

 

「たんとあがらいん」
(たくさん食べなさいね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たんね」があります。
これは「足りない、少ない」という意味です。

 

「ほればりもらっだってたんねがらいらね」
(それっぽっち貰っても足りないからいらない)

 

という風に使われます。

たんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

聞きなさい という意味です。

 

「ちつっとちがいん」

(きちんと聞きなさい)

 

という風に使われます。

 

これが「ちぐだぐね」ですと「聞きたくない」という意味です。

 

「ほだらごどちぐだぐね」
(そんな話は聞きたくないよ!)

 

という風に使われます。

 

また「ちぢまづげ」は「聞き間違い」という意味です。

ちがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちんみ、ちにる とも言います。

 

つねる という意味です。

 

「これ!あんまおだってっどちんみすっと!」
(こら!ふざけてばかりいるとお仕置きするよ!)

 

という風に使われます。

 

主に子供が他の人をつねる時に言ったり、子供に対して脅しで使ったりします。

 

また、器物などに接触して、皮膚の一部が挟まってしまったりした時にも使われます。

ちぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気をつける という意味です。

 

「ちつけでいってごぜな」
(気をつけて行って来なさいね)
「そごちつけろよ!」
(そこ、気をつけなさいよ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちつっとする」があります。
これは「きっちりする、きっちりしている」という意味です。

ちつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちちゃこい、ちっちゃこい、ちっこい とも言います。

 

小さい という意味です。

 

「あがんぼてちゃっこいなや~、めんけなあ」
(赤ちゃんって小さいねえ~、可愛いなあ)
「あづぐてこおりちゃっっこぐなっちまっだ」
(暑くて氷が小さくなってしまった)

 

という風に使われます。

ちゃっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちぇでいぐ とも言います。

 

連れて行く という意味です。

 

「おらいのまごもちぇでぐが?」
(うちの孫も連れて行きましょうか?)
「ちぇでっでけろてしづねーんだっけ、どーすっぺね」
(連れて行ってくれってうるさいんだよ、どうしましょうね)

 

という風に使われます。

ちぇでぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

触る、いじる という意味です。

 

「けむしちょすどかいぐなっど!」
(毛虫を触ると痒くなるよ!)
「ほごさちょさねでけさいん」
(そこに触らないで下さい)
「きずぐつちょすなよ、ちょすなでば!」
(傷口はいじるなよ、いじるなってば!)

 

という風に使われます。

ちょす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少しの間、ちょっとの間、ちょっと という意味です。

 

「ちょっこらでがげでくっから」
(ちょっと出かけてきますんで)
「いいがらちょっこらうぢさよっでいがいん」
(いいから、少しの間うちに寄って行きなさいよ)
「ちょっこらあいづいさいっでくっがら」
(ちょっと彼の所へ行って来ますね)

 

という風に使われます。

ちょっこら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

静かにする、大人しくする、じっとする という意味です。

 

「しぇずねごだ、ちょどすてろ」
(うるさいわね、大人しくしてなさい)
「なんだい~ちょどすてねまってんの、えらいごだねー」
(あらまあ、じっと座っているなんて、偉いわねえ~)

 

という風に使われます。

ちょどする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

母乳、お乳、おっぱい という意味です。

 

乳首のことも”つこ”と言いますが、
その場合は「つこくび」の方が分かりやすいでしょう。

 

転じて「つこかぐす」は「ブラジャー」という意味になります。

 

似たような言葉では「つさ」があります。
これは「顔」という意味です。

 

さらにこれが「つさつぎ、つさつぢ」ですと
「顔色、面構え」という意味になります。

つこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

履物、靴、サンダル という意味です。

 

「おらいのつっかげどごさいったべが?」
(私のサンダルどこにいったんだろう?)
「ほだなつっかげはいで、ころんでもしんねど」
(そんなサンダル履いて、転んでも知らないよ!)

 

という風に使われます。

 

主に、つま先部分だけで引っ掛けるような簡単な履物を指す場合が多いです。

つっかげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、すごく という意味です。

 

「きょうはてげさみーな」
(今日はすごく寒いね~)

 

という風に使われます。

 

これが「てえげ」になりますと「大概、いい加減」という意味になります。

 

「てえげにすさいよ、ぬさっこの」
(いい加減にしなさいよ、おまえ、この!)

 

という風に使われます。

てげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~と言ってるでしょう、~と言ってるじゃない という意味です。

 

「んだでば」
(そうだと言ってるでしょう)
「けえでば」
(食べなさいって言ってるじゃない)
「ほだごどすんなでば」
(そんなことをするなって言ってるでしょう)

 

という風に使われます。

でば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出かける、外に出る という意味です。

 

「ではってばりいねで、えですずがにすてさいな」
(出かけてばかりいないで、家で静かにしていなさいよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ではってる」ですと「出かけている」という意味になります。

 

また、「ではってあるぐ」になりますと、同じく「出かける」という意味ですが、
出かける回数が多すぎるというニュアンスが含まれます。

ではる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほら話、嘘、大げさな話、でたらめ という意味です。

 

「てほばりこいで」
(嘘ばっかり言って)
「てほばりいってんでねぞ」
(でたらめばかり言ってるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

これが「でほで」になりますと「とても、大層、それほど」という意味です。

 

「でほでおっちなかぼちゃだべおん」
(それほど大きなかぼちゃなんでしょうね)

 

という風に使われます。

てほ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でんぐりげった、でんぐりげる とも言います。

 

転んだ、ひっくり返った、ひっくり返る という意味です。

 

「いすころにつまづいででんげれげっつまっだっけ」
(石ころに躓いて、転んでしまいましたよ)

 

という風に使われます。

 

これが「でんぐりげす」になりますと「ひっくり返す」という意味になります。

でんげれげった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どいなぐすて とも言います。

 

どのようにして、どのように、どんな風に という意味です。

 

”どいな”で「どんな」ということです。

 

「どいなぐすんの?」
(どのようにするの?)
「どいなぐすてねっぱすのっしゃ?」
(どのようにしてくっつけるんですか?)

 

という風に使われます。

どいなぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~を、~のことを という意味です。

 

主に人物が対象になります。

 

「へったばりのひとごみででやってけさい」
(入ったばかりの人のことを見てあげてください)

 

という風に使われます。

 

これが「どごした」になりますと「するところだった」という意味です。

 

「あぶなぐしっころぶどごすたっけ」
(危うく転んでしまうところでしたよ)

 

という風に使われます。

どご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体中全部、部屋中全部 という意味です。

 

「どごだづなぐいでんだあー」
(体中全部が痛いんですよ~)

 

という風に使われます。

 

同じように「どごさもかぐさも」ですと「どこもかしこも」という意味になります。
これが「どごだりかぐだり」ですと「場所を選ばず、どこでも」という意味です。

どごだづなぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

これらの言葉は間投詞で、

そんなこと常識ですよ、誰に聞いてもそういいますよ、という意味になります。

 

常識から考えて当然だ、という意味合いで使い、否定の言葉に続くことが多いです。

 

「どごぬほだごどあっけな!」
(常識で考えたらそんなことあるはずがないでしょう!)

 

という風に使われます。

どごに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とじぇん、とじん とも言います。

 

淋しい、退屈なさま、心細い、暇で手持ち無沙汰 という意味です。

 

「とじぇんだがらおぢゃのみにがえん」
(退屈なのでお茶でも飲みにいらっしゃい)
「しとんでいんのはとじんだあ」
(一人でいるのは心細いなあ)

 

という風に使われます。

とぜん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奪い返す、取り返す という意味です。

 

「ぬすまいだがらとっけしたんだ!」
(盗まれたから奪い返したんだ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とっこす」があります。
これは「追い越す、通り越す、通り過ぎる」という意味です。

 

「いづまでたっでもとっこせね」
(いつまでたっても追い越せない)

 

という風に使われます。

 

「とっける」ですと「取り替える」という意味になります。

とっけす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

景品 という意味です。

 

「このちゃばご、はづうりのとつけものだ」
(この茶箱は初売りの景品です)

 

という風に使われます。

 

「とすけ」もしくは「とつけ」で「福引、くじ引きのくじ」
「とすけ屋」で「駄菓子屋」という意味になります。

とつけもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どでんにする とも言います。

 

びっくりする、驚く という意味です。

 

「きんなのかじにぁなんぼがどでんしたすぺ」
(昨日の火事にはどんなにか驚いたでしょう)
「いぎなしやってこらっだっけ、どでんにすたさ」
(突然やって来られたので、びっくりしました)

 

という風に使われます。

 

発音は「どでん”ぬ”する、どでん”ぬ”すた」になります。

どでんする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とどろねえ とも言います。

 

乱雑なさま、散らかしたさま を表す言葉です。

 

「とどらねありさまで、おしょしござりす」
(散らかっている有様で、お恥ずかしゅうございます)
「とのぐづとどろねえがら、みねでけろ」
(玄関が片付けられていないから、見ないでください)

 

という風に使われます。

とどらね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とうみぎ とも言います。

 

とうもろこし という意味です。

 

「こどすのとみぎうめーなやー」
(今年のとうもろこしは美味しいですねー)
「とみぎいっぺゆでだがらもっでっでけらいん」
(とうもろこしをたくさん茹でたので、持って行ってください)

 

という風に使われます。

とみぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とろぺづ とも言います。

 

始終、ずっと、のべつまくなしに、いつも という意味です。

 

「とろっぺずおせわさまでござりす」
(いつもお世話になっております)
「こんぐれだっだらば、とろっぺずだなや」
(この程度のことならば、いつものことですね)

 

という風に使われます。

とろっぺず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんぶく、綿入れ、どてら とも言います。

 

「かじぇひがねよぅどんぶぐきてべんきょうしさぇ」
(風邪を引かないようにどんぶぐを着て勉強しなさい)

 

という風に使われます。

 

はんてんのもっと厚く綿の詰まった分厚い上着のことで
寝具などにも使われる、冬の必需品です。

 

袖なしの綿入れは「つんぬぎ」と言います。

どんぶぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる、廃棄する という意味です。

 

「ごみばうっしょさなげできでけらいん」
(ゴミを裏の庭に捨ててきてください)
「なげねでとっとぐべっちゃ」
(捨てないでとっておこうよ)
「ほごのごみばなげでけさい」
(そこのゴミを捨ててください)

 

という風に使われます。

 

これが「なげでおぐ」ですと「放置する、放っておく」という意味になります。

なげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうして という意味です。

 

「なしてちぎゅうてまるいんたべね」
(どうして地球は丸いんだろうね)

 

という風に使われます。

 

これが「なじょして」になりますと「どうやって」という意味です。

 

「ひこうきてばなじょしてとんでんだべが」
(飛行機はどうやって飛んでいるのだろうね)

 

という風に使われます。

なして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なぞ とも言います。

 

どうする、どうします という意味です。

 

「なじょすた?」
(どうしたの?)
「なじょしたらいがんべ、なじょすっぺ」
(どうしたらいだろう、どうしよう)
「なじょにがなんねのすがや」
(何とかならないんでしょうかね)
「なじょぬもかじょぬもわがんね」
(どんな風にしても駄目)

 

という風に使われます。

なじょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なぬっしゃ とも言います。

 

なんですか?、なんと言いましたか?、なんですって? という意味です。

 

関連する言葉は色々あって、

 

「なぬすた」ですと「どうしたの?」という意味です。

 

これが「なぬすてけづかる」になると「何をしてるんだ」という意味です。

 

「ぬさらなぬすてけづかる」
(お前ら、何をしているんだ!)

 

という風に使われます。

 

同じように「なぬゆってけづかる」ですと「何を言っているんだ!」という意味になります。

なぬすや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怠けている、怠惰である、怠け者 という意味です。

 

「おめはほんどになまだらもんでわがんねなや」
(あなたは本当に怠け者でいけませんねえ)
「なにしてっけ?なにもしでねのが、なまだらだなや」
(何してるの?何もしていないの?怠けてるんじゃない)

 

という風に使われます。

なまだら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だねえ、~ですね という意味です。

 

「らっぱのみすたっげ、よっちるのはえなや」
((お酒を)ラッパ飲みしたら、酔いが回るのが早いですよね)
「なぬまず、やんだぐなるなや~」
(あらら、そうなんですか、嫌になっちゃいますねぇ)
「まいったなや」
(参っちゃいますね)

 

という風に使われます。

なや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

服装、格好 という意味です。

 

「みだぐねなりすてんなぁ」
(みっともない服装をしてるわねえ)
「ほだなりすてどごさいぐのや?」
(そんな格好をしてどこに行くんですか?)
「なんだいおがしななりすてー、なれっとすてるべや」
(あらまあ、おかしな格好しちゃって、よれよれになってるじゃない)

 

という風に使われます。

なり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なあ、ねえ、~なんだよ、いいかい? と、話しかける際の言葉です。

 

「あのしとなれえ、すんだんだでや」
(あの人がね・・・亡くなったんだそうですよ)
「なれ、こっだごどすてわがんねんだど」
(いいかい?こんなことをしてはいけないんですよ)

 

という風に使われます。

なれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あらまあ、なんということでしょう という意味です。

 

「なんだべまず~」
(あらまあ、どうしましょう)

 

という風に使われます。

 

同義語には「なんだいぃ」があります。

 

「なんだいぃ~わりごだなや」
(あら、どうしましょう、申し訳ないです)

 

物をもらった時など、感謝の意を表すために発したり

ちょっとがっかりした時にも発される言葉です。

なんだべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① すごく、ものすごく、とんでもなく という意味です。

 

手のつけようのない、非常にひどい状態 を表す言葉です。

「なんだもねぐ」とも言います。

 

② 体調が悪い、辛い状態 を指す言葉です。

 

「あづくであづくで、なんだもねえごだなぁ」
(暑くて暑くて、具合が悪くなっちゃいますね)

 

という風に使われます。

なんだもね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いくら という意味です。

 

「ほごさあんのはなんぼっしゃ?」
(そこにあるのはいくらですか?)

 

という風に使われます。

 

これが「なんぼが」ですと「どんなに」という意味になります。

 

「なんぼがしどがったんだべなあ」
(どんなに大変だったんでしょうねえ)

 

という風に使われます。

なんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いくらなんでも、でも という意味です。

 

「なんぼなんでぼそいづはねーべっちゃ」
(いくらなんでもそれはないでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なんぼぬも」があります。
これは(否定を続けて)「全然」という意味です。

 

また「なんぼすても」も近い言葉ですね。
これは「どんなにやっても、これだけやったのに」という意味です。

なんぼなんでも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にこらにこら ともいいます。

 

にこにこ という意味です。

 

「なぬをにこらにこらってすてんのや」
(なんでにこにこしているのよ)
「あのわらすこだらにこらかくらっでめんけごだなや」
(あの子供ったら、にこにこしちゃって可愛いわねえ)

 

という風に使われます。

にこらかくら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にょんにょんさん とも言います。

 

神仏をいう幼児語 です。

 

「にょんにょさまさ、てぇあしぇろ」
(神様に手を合わせなさい)

 

という風に使われます。

 

神仏、日・月など尊ぶべきものを意味する古語「ののさま」が転訛したものだそうです。
神様や仏様を拝む際に「にょんにょん」と言いながら拝むようです。

にょんにょさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お前、てめえ という意味です。

 

怒った時や叱る時に使われます。

 

「なんだおめ、ぬさこのっ」
(なんだ~、てめえこの野郎!)
「ぬさどごがらきたんだ?」
(あんたどっからきたの?)

 

という風に使われます。

 

複数形は「ぬさら、ぬっしゃら」になります。
これは「お前ら、てめえら、お前たち」という意味です。

ぬさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

塗りたくる、塗りつける という意味です。

 

化粧をするという意味でも使われたりします。

 

「かべぬだぐってけだか?」
(壁を塗(りたく)ってくれたの?)
「そっだにぬだぐっどめくせぐなっどや」
(そんなに塗りたくる(化粧を濃くする)とブスになるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぬだばる」があります。
これは「腹ばいになる」という意味です。

ぬだぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねがすと とも言います。

 

無いですって、ないってば、ありませんよ という意味です。

 

「ほんどだ、ねーでば」
(本当です、無いってば)
「だがら、そうでねーでば!わがんねやづだなや」
(だから、そうじゃないんだって!分かんない人だなあ)
「あっぺがらって?うそいうな、この。ねーでば!」
(あるだろうって?嘘言うんじゃないよ、無いってば!)

 

という風に使われます。

ねーでば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらだらと寝ていること、怠けて寝ている という意味です。

 

「いづまでもねくさってばりいっと、べごになっと!」
(いつまでもだらだら寝てばかりいたら、牛になっちゃうよ!)
「やんだなや、いっづもいっづもねくさってばりで」
(嫌だこと、いつもいつも怠けて寝てばかりいて)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねぐなる」があります。
これは「なくなる」という意味です。

ねくさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねばす とも言います。

 

くっつける、貼り付ける、接着する という意味です。

 

「そのふぐろのくづ、ねっぱしぇ」
(その袋の口を貼れ)
「のりじゃねっぱんねーな、せっちゃぐざいでねどだめだなす」
(糊じゃくっつかないね、接着剤じゃないと駄目ですね)
「ほごのかべさねっぱしてけろ」
(そこの壁に貼り付けてちょうだい)

 

という風に使われます。

ねっぱす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しつこい、くどい という意味です。

 

「あのひとぁねつこくてやんだ」
(あの人はしつこくて嫌だ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「ねっちょぶげぇ」があります。
これは「執念深い」という意味です。

 

「おらえのががさんねっちょぶげぐでおっかねんだ」
(うちの奥さん、執念深くて恐ろしいんです)

 

という風に使われます。

ねつこぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眠い という意味です。

 

「ねぷてーな、もうけっていーべが?」
(眠いなあ、もう帰ってもいい?)
「ねぷてんだべ?ねっぺっちゃ」
(眠いんでしょ?寝ましょうよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ねぷかげ」ですと「居眠り」という意味になります。

 

「ねぷかげしてっこったらねらいんわ」
(居眠りしてるんだったら、寝なさいよ)

 

という風に使われます。

ねぷて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のしる とも言います。

 

乗る、乗っかる、乗せる という意味です。

何かの上や、車に乗る場合にも使われます。

 

「いいがらのさらい」
(いいから乗りなさい)
「あっぢさいぐならのさっでいっだらいいべっちゃ」
(あちらに行くのなら(車に)乗って行ったらいいじゃない)
「のしてけろ」
(乗せてください)

 

という風に使われます。

のさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遅い という意味です。

 

「このくるまのっつぉいな、あるいだほうましでねのが」
(この車遅いわねえ、歩いた方がマシなんじゃないの?)
「のったらくったらすでのっつぉいごと」
(だらだらしちゃって、遅いったら!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「のっつぉ」があります。
これは「野良猫、野良犬」という意味です。

 

「のっつぉねごばふぐってけさいん」
(野良猫を追い払ってください)

 

という風に使われます。

のっつぉい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のどぱみ、のどぱみする とも言います。

 

のどにものを詰まらせてしまうこと を指す言葉です。

 

「もぢくったっけ、のどっぱみすてすまっでししゃますすたや」
(お餅を食べたら、のどに詰まらせてしまって酷い目にあったよ)

 

という風に使われます。

 

これで「ほだなもんのまいん」なんて言った日には、仲が悪くなってしまうかも。
意味は「そんなもん、飲んじゃいなよ」という感じです。

 

同じような言葉では「のざぐ」があります。
これは「食べ物がのどに引っかかって吐きそうになる」という意味の言葉です。

のどっぱみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のんべんだらりん とも言います。

 

だらだらしている、仕事もせずにぶらぶらしている という意味です。

 

「あっごのむすご、のんべんだらりんどしてわがんねな」
(あの家の息子ったら、仕事もせずにぶらぶらして駄目ねえ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「のんべたがり」があります。
これは「しょっちゅうお酒を飲んでいる人」という意味です。

のんべんだらり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばか とも言います。

 

ものもらい、麦粒腫 という意味です。

 

「ばがでぎだー」
(ものもらいになった~)
「みぎのまなぐさばがでで、おっきぐなってきた」
(右目にものもらいができて、大きくなってきた)
「あーめさばかでぎたかもしんね、みでけらいん」
(あー、目にものもらいが出来たかもー、見てくれない?)

 

という風に使われます。

ばが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

標準語と同じく”うかれる”という意味でも使われますが、

 

ここでは 乾く、乾燥する という意味になります。

 

「おおかぜふぐつうがら、はしゃぐべ」
(強風が吹くらしいから、乾くでしょう)
「このぬれだふぐなじょすっぺ / そどさつるしではしゃがしとげっちゃ」
(この濡れてしまった服どうしよう? / 外に吊るして乾かしておきなさいよ)
「あめあがっで、こうていもはしゃいだな」
(雨が上がって、校庭(の土)も乾いたね)

 

という風に使われます。

はしゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

台所の流し、流し台 という意味です。

 

「くったちゃわん、はすりささげでおげ」
(食べ終えた茶碗を流しに下げておきなさい)

 

という風に使われます。

 

”走る”と間違えそうですが、”走る”はそのまま「はしる」です。

 

しかしこれが「走っていく」だと「はしでいぐ」となります。

 

他にも
「はしでがいん」
(走ってきなさい)
「はしでぐる」
(走ってくる)
「はしでまわる」
(走り回る)

 

という風に変化します。

 

また、「はしっくら」ですと「かけっこ」という意味になりますよ。

はすり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叩きつける、殴りとばす という意味です。

 

「おだってばりいっど、はだぎつけっど、このわらすこだづ!」
(ふざけてばっかりいると、殴りとばすぞ、このガキどもが!)
「いいかげんにしねど、はだぎづげっと!」
(いい加減にしないと、殴るぞ!)

 

という風に使われます。

 

”はだぐ(叩く、ぶつ)”よりも、強いニュアンスの言葉ですね。

 

「けんかしではだがいだ」
(喧嘩して叩かれた)

 

ですと、前述の例文よりも幾分やさしく聞こえますね。

はだぎつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せがむ という意味です。

 

「まごがらこづがいはだられした」
(孫に小遣いをせがまれました)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はだげる」があります。
これは「かき集める、全部平らげる」という意味です。

 

「どんぞはだげでけらいん」
(どうぞ全部平らげちゃってください)

 

という風に使われます。

はだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はんつけ、はつけもの とも言います。

 

仲間はずれ、のけ者、つまはじき という意味です。

 

「おめえなんかはつけだ」
(おまえなんか仲間はずれだ)
「おめみでなばげろははつけにすっどぉ」
(おまえみたいな馬鹿はのけ者にするぞ)
「はつけにすんのはかわいそーだべっちゃ」
(仲間はずれにするのは可哀想だよ)

 

という風に使われます。

はつけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふきのとう という意味です。

 

「ばっけとりさいっでくっがら」
(ふきのとうを採りに行って来るから)
「はるだなや、ばっけででたっけよ」
(春ですねえ・・・ふきのとうが出ていましたよ)

 

という風に使われます。

 

”ばっけみそ”は、ふきのとうと味噌を和えた料理のことです。
お酒のつまみや、温かいご飯にのせて食べると、ほろ苦い味覚がくせになるのだとか。

ばっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はっぱ、はっぱど、はっぱす とも言います。

 

さっぱり、全然 という意味です。

 

「あんだはくぢばっかすで、はっぱりべんきょうしねんでねえの!」
(あなたは口ばかりで、全然勉強しないじゃないの)
「はっぱりわがんね」
(全然うまくいかないんです)

 

という風に使われます。

はっぱり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はなおど とも言います。

 

鼾、いびき という意味です。

 

「おらえのとうちゃんだら、まだしぇずねぇはなぐらかいでねです」
(うちのお父さんったら、まだうるさい鼾をかいて寝ています)
「おめのはなぐらしずねぐってねむらんね」
(あなたの鼾がうるさくて眠れませんよ)
「はなおどうるしぇー」
(いびきうるさーい)

 

という風に使われます。

はなぐら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言いふらす、囃し立てる という意味です。

 

「おしょしいごどはやさいだ」
(恥ずかしいことを言いふらされた)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「はやる」があります。
これは「(店などが)繁盛する、(病気などが)流行する」という意味です。

 

逆に「はやんね」ですと「(商売など)繁盛していない」という意味になりますよ。

はやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腹痛、おなかが痛くなる という意味です。

 

「かぜひいだら、はらやみしてや~」
(風邪を引いたら、お腹が痛くなっちゃってね~)
「はらやみすっがら、ちゃんとふとんきてねでけろ」
(お腹が痛くなるから、ちゃんと布団をかけて寝てね)

 

という風に使われます。

 

これが「はらぴり、はらぴっぴ」ですと「下痢」という意味になります。

はらやみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばかり、ばっかり という意味です。

 

「ほだごどばりすねで」
(そんなことばっかりしていないで)
「いっづもおめばりいいおもいしで、いいごだなあ」
(いつもあなたばかりが良い思いをして、良いですねえ)
「おままくったばりだっちゃ」
(ご飯を食べたばっかりなんです)

 

という風に使われます。

ばり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おばあちゃん、おばあさん という意味です。

 

「おらいのばんつぁん、えらいげんきだっけ」
(うちのおばあちゃんは、とっても元気なんです)
「えのうらさいっで、ばんつぁんよんできでけろ」
(家の裏に行って、おばあちゃんを呼んできてちょうだい)
「ばんつぁんどごさいっだ?」
(おばあさんどこに行ったのかしら?)

 

という風に使われます。

ばんつぁん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蛙(カエル) という意味です。

 

「でっけーびっぎだごだ」
(大きなカエルだなあ~)
「なづになっどよるびっきがしづねーんだわ」
(夏になると、夜、カエルが鳴いてうるさいんですよ)
「おらいのやろっこびっきつがまえできで、どでんにすたや~」
(うちの息子がカエルを捕まえてきて、ビックリしちゃったわよ)

 

という風に使われます。

びっき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

格好悪い、世間体が悪い、人目に晒せない という意味です。

 

「そったなかっこしで、ひとめわりーごだなや」
(そんな格好をして、近所の人には見せられないです)
「まんびぎしだなんて、ひとめわりくてだれさもいえねえ」
(万引きをしたなんて、世間体が悪くて誰にも言えないわ)

 

という風に使われます。

ひとめわりぃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

焰、火の粉 という意味です。

 

「あら、あっつのひぼえみさえ。かずでがすぺ」
(あれ、向こうの火の粉を見なさい。おそらく火事でしょう)
「うみのうえさひぼえあがったらぁなぁ」
(海の上に焔が上がっているねえ)
「はなびのひぼえとんでくっがらきぃつけねどな」
(花火の火の粉が飛んでくるから、気をつけないとね)

 

という風に使われます。

ひぼえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひまだり とも言います。

 

(無駄に)時間を費やす、時間を浪費する という意味です。

 

「きょうぁひまだれかげで、もしわげねがったや」
(今日は暇つぶしをさせて申し訳なかったです)
「ほだひまだれしでっとぎでねーべよ」
(そんな無駄に時間を使っている場合じゃないでしょ)
「あいや~・・・ひまだれかげだなや~」
(おやおや、面倒をかけてしまいましたね)

 

という風に使われます。

ひまだれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

復習する という意味です。

 

「がっこのほんふぐしてがらあそびさいげ」
(教科書を復習してから遊びに行きなさい)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「ふぐすい」があります。
これは「裕福」という意味です。

これが「ふぐすぐね」になると「裕福ではない」という意味です。

 

他にも「ふぐる」は「追い払う、檻に追い込む」という意味の言葉ですよ。

ふぐす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不機嫌 という意味です。

 

「あのひどいっづもぶすらぶすらすでっからや」
(あの人はいつも不機嫌なんだものね)
「ぶすらぶすらってわがんねごだ」

(不機嫌な顔して嫌だわ)

「いづまでもぶすらぶすらしてんでねーよ」
(いつまでも不機嫌でいるんじゃないわよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぶじょほだごだ」があります。
これは「失礼だなあ~」という意味です。

ぶすらぶすら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

語源は”ふんだん”でしょうか?

 

たくさん、豊富に、多い という意味です。

 

「んまぇものふだにあっからながよぐたべさいん」
(おいしいものがたくさんあるから仲良く食べなさい)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「ふたぐ」があります。
これは「(穴などを)塞ぐ」という意味です。

 

他にも「ふたんで」では「二人で」という意味になりますよ。

ふだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶっつぁぐ、ぶっちゃぐ、ぶっちゃげる とも言います。

 

壊す、壊れる、破る、袋を開ける という意味です。

 

「そごのだんぼーるぶっちゃいでけろ」
(そこのダンボール、壊してちょうだい)
「ぽてとちっぷすぶっつぁいでけさいん」
(ポテトチップスの袋を開けてください)

 

という風に使われます。

ふっちゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(田んぼなどが)ぬかる、土が軟らかくて歩きにくい という意味です。

 

「このたんぼだらふどってわがんね」
(この田んぼったら、ぬかるので困っちゃうわ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ふっちょる」があります。

これは「折る、折れる」という意味です。
「ぶっちょる、ぶっちょれる」とも言います。

ふどる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる、放り投げる、全部捨てる という意味です。

 

「こっだにちゃがすで、ぜんぶぶんなげっからな」
(こんなに散らかしちゃって、全部捨てるからね!)

 

という風に使われます。

 

これが「ぶんなげでおぐ」ですと「放っておく」という意味になります。

 

似た言葉では「ぶんまげる」があります。
これは、料理などの鍋ごとひっくり返して「中身をばら撒いてしまう」ことを言います。

ぶんなげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~しましょう という意味です。

 

「もらっでちだとみぎくうべ」
(頂いてきたとうもろこしを食べましょう)

 

という風に使われます。

 

② ~でしょう という意味です。

 

「おだってんだべー」
(ふざけてるんでしょー)
「ほいづばぶっちゃいだのおめだべ!」
(それを壊したのはあなたでしょう!)

 

という風に使われます。

 

とてもよく使われる表現ですね。

べ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へげる とも言います。

 

剥がれる という意味です。

 

「ねっぱすてもねっぱすても、へがれでくんのっしゃ」
(くっつけてもくっつけても、剥がれてくるんですよ)

 

という風に使われます。

 

”剥がす”は「へがす」と言います。

 

似た言葉には「へぐる」があります。
これは「失敗する」という意味になりますよ。

へがれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

牛 という意味です。

 

「おらいのべごっこたげぐうれだっけ」
(うちの牛、高く売れたんだ)

 

という風に使われます。

 

これが「べごごや」ですと「牛小屋」という意味になります。

 

「べごごやはぶだごやよりくせぐねーんだよな」
(牛小屋は豚小屋よりも臭くないんだよね)

 

という風に使われます。

べご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粘り気のないこと、パサパサしている という意味です。

 

「このあんこ、ぺそらぺそらしてうまぐがえん」
(この餡子は粘り気がなくて美味しくないね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぺそっと」があります。
これは「(膨らんでいたものが)萎む様子」を表した言葉です。

 

例えば、野菜などを煮ると嵩が減ってしまった場合は
「ぺそっとなっだ」と言います。

ぺそらぺそら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

入ろう という意味です。

 

「へっぺどもったっげ、いっぺだったんだや」
(入ろうとしたんだけど、いっぱいだったんですよ)
「いいがらへっぺや」
(いいから入りましょう)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「へっぺっぺっちゃ」があります。
これは「減ってしまうよ」という意味になりますよ。

 

「へっぺる」で「減る、磨り減る」という意味です。

へっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よく喋ること、口数が多く軽々しく喋る様子 を指す言葉です。

 

「あえづぁいっつもかっつもへらへらかだってばりいる」
(あいつは、始終おしゃべりばかりしている)
「へらっこだ、へらへらどへらっでばりいでなや」
(よく喋るねぇ、喋ってばかりで(仕事がはかどらない)ねえ)

 

という風に使われます。

 

これに対して「へらんな!」と注意されます。
意味は「言葉を慎め!」という感じですね。

へらへら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うどん、そば、素麵などの麵類 のこと。

 

また、すいとんの類 を指すこともあります。

 

「ひる、ぺろじるでもくすぺゃ」
(昼食はすいとんでも食べましょうよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「へる」があります。
これは「入る」という意味です。

なので「へりぐづ」は「入り口」ということになりますね。

ぺろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほいじょ とも言います。

 

包丁 という意味です。

 

「このほいぢょはっぱりきれねーんだおん」
(この包丁、さっぱり切れないんだよなあ)
「ほいぢょつがうとっきゃ、あぶねっがらきぃつげろな」
(包丁を使う時は、危ないから気をつけなさいね)

 

という風に使われます。

 

これが「でばぼいぢょ」ですと「出刃包丁」という意味になりますよ。

ほいぢょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乞食、浮浪者 という意味です。

 


「あーほいどがあるってら」
(あ~浮浪者が歩いているよ)
「なんだい~、ほいどみでなかっこしで」
(あらやだ、乞食みたいな格好をしちゃって)
「ほいどだらそごらじゅのえさまわっでものごいしでだ」
(乞食ったら、そこら中の家を回って物乞いをしていた)

 

という風に使われます。

 

現代で言うところの”ホームレス”という感じでしょうか。

ほいど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんな という意味です。

 

「ほいなぐすていいのがや」
(そんな風にしていいの?)
「ほいなの?」
(そんなことになってるの?)
「ほいなんだっちゃ」
(そんなふうになったんだよ)
「ほいなんだよわ~」
((不本意だけど)そんなことになっちゃったんだよ)

 

という風に使われます。

ほいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんなこと という意味です。

 

「ばがいうな、ほだごどねーべよ」
(馬鹿なこと言うんじゃない、そんなことないでしょう)
「ほだごどすてけっこだね」
(そんなことをしてあげる必要は無い)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほだって」があります。
これは「だって」という意味です。

 

「ほだってなじょすてもほすがったんだもの」
(だって、どうしても欲しかったんですもの)

 

という風に使われます。

ほだごど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほだらもの とも言います。

 

そんなもの という意味で、後には否定形が続きます。

 

「ほだものかっでちでからに!」
(そんなものを買ってくるなんて!)
「ほだらものいらねっけ、すででけろ」
(そんなものいらないったら、捨てちゃってよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ほだどご」になると「そんなところ」という意味です。

ほだもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼっぽら とも言います。

 

突然 という意味です。

 

「ぼっぽりででくんな、びっくりすっぺや」
(突然出てくるなよ、ビックリするだろうが)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほればり、ほればっこ」があります。
これは「それだけ、それっぽっち」という意味です。

ぼっぽり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほどまる とも言います。

 

温まる、暖まる という意味です。

 

「こだつさはいて、あすもえあんべににほどりした」
(コタツに入ったので、足もちょうどよく温まりました)
「ゆっくりほどってけな」
(ゆっくり暖まっていきなさいね)

 

という風に使われます。

 

風邪や運動後に、体が熱を持ってほてっているような時にも使われます。

ほどる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

払う という意味です。

 

「ふぐ、どろだらげにして~、ほろってこい」
(服を泥だらけにしちゃって、払ってきなさい)
「ほごりほろってきれいにすっぺ」
(埃を払って綺麗にしましょう)
「えさあがるめえぬ、でろばほろがい」
(家に上がる前に、泥を払い落としなさい)

 

という風に使われます。

ほろう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほろげる とも言います。

 

落とす、失くす、紛失する という意味です。

 

「どごさほろってきたもんだが、ちょっとみでくんべ」
(どこに落としてきたものやら、ちょっと捜してこよう)
「まなぐおっきごだ、めんたまほろげるようだなや」
(お目目が大きいねえ、目玉が落ちてしまいそうだよ)

 

という風に使われます。

ほろぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それで という意味です。

 

「ほんでや、にじにまぢあわせしでだんだど」
(それで、2時に待ち合わせしていたんだって)

 

という風に使われます。

 

これが「ほんでね」になりますと「そうじゃない」という意味です。

 

「ほんでねくてそいづだ」
(それじゃなくてそれだって)

 

という風に使われます。

 

また、「ほんでは」では「それでは」という意味になります。

 

「ほんではそろそろけっがら」
(それではそろそろ帰りますので)

 

という風に使われます。

ほんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気を失う、倒れる、ひどい状態になる という意味です。

 

「しごどがいっぱいでまぐれそうだ」
(仕事がいっぱいで倒れそうだ)
「まいにぢあづぐて、こいでまぐれっと」
(毎日暑くて、このままじゃ倒れてしまいます)
「あんましつよぐはだぐどまぐれるよ」
(あんまり強く叩くと気を失っちゃうよ)

 

という風に使われます。

まぐれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まざる とも言います。

 

仲間に入る、同行する、参加する という意味です。

 

「にんずうたんねんだっけ、まじゃってけろ」
(人数が足りないのよ、仲間に入ってちょうだい)
「おめもまざってけらいん」
(あなたも仲間に入ってくださいよ)
「おれもまじゃっがらよ」
(私も参加しますので)

 

という風に使われます。

まじゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まんずまんず とも言います。

 

まあ、まあまあ、あらまあ というような意味です。

 

「まずまず、とおいどごよぐござりすたなや」
(まあまあ、遠くからよくいらっしゃいましたね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まずもって」があります。
これは「とりあえず最初に、まず最初に」という意味です。

まずまず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まつこい とも言います。

 

眩しい という意味です。

 

「ひばてってでまつぽいなや」
(太陽が出ていて眩しいねえ)
「あいやー、きょうはまんずまつぽいなー!」
(うわー、今日はとても眩しいなー!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「まっしょい」があります。
これは「真っ白い」が転訛したものですね。

まつぽい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

丁寧、倹約なさま、慎重に、きちんと という意味です。

 

「あのひとのすっごどぁいっつもまでだ」
(あの人の仕事はいつも丁寧だ)
「までなひどだなや」
(几帳面な人ですねえ)
「こればまでにやってけろな」
(これは丁寧にやってくださいね)

 

という風に使われます。

 

きっちりと仕事をする様子を表す際に使われることが多いようです。
語源は「真丁寧に」ということでしょうか。

まで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

目、眼 という意味です。

 


「なんだまーず、まつぽぐてまなぐあげでいらんねべっちゃ」
(あーもう!眩しくて目を開けていられないわよ)
「どごさまなぐつけでんだが」
(どこに目を付けてるのよ)

 

という風に使われます。

 

これが「まなぐたま」ですと「眼球」という意味になります。

 

関連する言葉では「まなぐくぼますて」があります。
これは「やつれて、疲労が溜まって」という意味です。

まなぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

償う、弁償する という意味です。

 

「おまえぶっちゃいだんだがらまやえ!」
(あなたが壊したのだから弁償しなさい!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「まぶる」があります。
これは「守る」という意味です。

 

「いへばまぶってっがらいへもづってづうんだっちゃ」
(位牌を守っているから位牌持ち(跡取り)というんです)

 

という風に使われます。

まやう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

立ち寄る という意味です。

 

「おばさいさままってくっかんな」
(叔母さんの家に立ち寄ってきますね)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「まるぐ」があります。
これは標準語で言い換えるのは難しいのですが
「紐で束ねる」というようなニュアンスの言葉です。
刈った草や藁などを紐で束ねて運びやすくする時に使われる表現です。
他にも、「まるこい」だと「丸い」という意味ですよ。

まる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みだぐね とも言います。

 

醜い、身だしなみが良くない、美人ではない、不器量な人 という意味です。

 

「おめのかお、みだぐなすだなや」
(お前の顔、醜いなあ)
「こんなみだぐなす、あんどぎいたっけが?」
(こんな不細工な人、あの時いたかしら?)

 

という風に使われます。

みだぐなす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むぐる とも言います。

 

漏らす、おもらしする という意味です。

 

「おかーさーん、おしっこむぐすたー」
(お母さ~ん、おしっこ漏らしちゃった~)
「はえぐしでけろ!もうむぐす~」
(早くしてください!もう漏れちゃうよ~)
「しょんべんむぐすなんておしょしい」
(おしっこ漏らすなんて恥ずかしい)

 

という風に使われます。

むぐす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっくり返る、こぼす、落ちる という意味です。

 

「やぐらがらむぐれでほねおっだ」
(やぐらから落ちて、骨折しました)

 

という風に使われます。

 

他にも”皮がむける”や”へそを曲げる”という意味もあるようです。

 

「そやっでむぐれでばりいだらわがんねぞ」
(そうやってへそを曲げてばかりいたら駄目だよ)

 

という風に使われます。

むぐれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むずる とも言います。

 

(道の角を)曲がる という意味です。

 

「あのかどひだりさむじるつど、えぎみえっす」
(あの角を左に曲がると、駅が見えます)
「こごのかどをむずっだら、うぢある」
(ここの角を曲がったら、我が家があります)

 

という風に使われます。

むじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むつけらがす とも言います。

 

機嫌を悪くする、ふてくされてむっとする、いじける、ふくれる という意味です。

 

「まだごしゃがれっど、すーぐむつけんだがらなあ」
(また怒られると、すぐにいじけるんだから)
「いづまでもむつけんな」
(いつまでもふてくされてるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

これが「むんつん」ですと「ひねくれもの」という意味になります。

むつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めえ とも言います。

 

前 という意味です。

 

「ふぐうっしょめだっけよ」
(服が後ろ前逆ですよ)
「もちっどめさいってけらいん、せめーごど」
(もう少し前に行って下さい、狭くって)
「めえだれとってけさい」
(エプロンを取ってください)

 

という風に使われます。

め 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めね とも言います。

 

見えない という意味です。

 

「ほいづもめえねごったら、どごさまなぐつけでんだが」
(これも見えないようなら、どこに目がついているんだか)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「めっちゃ」があります。
これは「目やに」という意味です。

めえね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めくさい、めぐせ とも言います。

 

醜い、みっともない、可愛くない という意味です。

 

「なんだべ、そのかっこめくせえごだ」
(なんでしょう、その格好みっともないったら)
「そんなふぐめくせくえきれねー」
(そんな服、恥ずかしくて着れないわ)

 

という風に使われます。

めくせえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見つける という意味です。

 

「あーちゃんめっけだ!」
(あーちゃん見つけた!)
「こごさいれだはずなのに、めっけらんねなあ」
(此処に入れたはずなのに、見つけられないわ)
「めっけらんねのが?もっどよっくどさがせ」
(見つけられないの?もっとよく探しなさい)

 

という風に使われます。

めっける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

可愛い という意味です。

 

「まんずめんこいねごっこだなあ」
(本当に可愛い猫ですね)
「おめんとごの、めんこいっこだなや」
(あなたのお宅のお子さん、可愛い子だねー)

 

という風に使われます。

 

これが「めんこがる」で「可愛がる」という意味になります。

めんこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

子供に「良い子にしていないと怖いものがくるぞ」と脅かす際の

お化けなどの”怖いもの”のことです。

 

「わめにりばりだど、もーがくっと」
(わがままばかり言っていると、怖いものが来るぞ)
「そやってないてばりいっどもーででくっど」
(そうやって泣いてばかりいたらお化けが出てきますよ)

 

という風に使われます。

もー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もじゃぐれる とも言います。

 

ぐしゃぐしゃにする という意味です。

 

「あたまもじゃぐんな!せっとくずれる」
(頭をぐしゃぐしゃにしないでよ!髪型のセットが崩れる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「もじゃっぽなす」があります。
これは「物を乱雑に扱う、大切にしていない」という意味です。

もじゃぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かわいそうだ、哀れだ、不憫 という意味です。

 

「きげばきぐほどもぞこぇはなすでがすねす」
(聞けば聞くほどかわいそうな話ですね)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「もぞらもぞら」があります。
これは「言葉や動作がはっきりせず、何を言いたいのか分からない」様子を表します。

 

また、「もだせぶり」ですと「気を持たせること、もったいぶること」という意味です

もぞこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ももたたづ とも言います。

 

疲れて太ももがこっている様子を表す言葉です。

 

「あ~やまのぼっだらももたったや~」
(あ~山を登ったら、疲れて太ももがこったよー)

 

という風に使われます。

 

”ももた”が”太もも”という意味です。

 

「ふってーももただなや」
(太い太ももですねぇ)

 

という風に使われます。

ももたった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 語尾に付けて”疑問”を表す言葉です。

 

「どいづや」
(どれですか?)
「どごさいってちたのや」
(どこに行って来たのですか?)

 

という風に使われます。

 

② 語尾に付けて”同意”を求める言葉です。

 

「ちょうや~、あづがったやー」
(今日はねぇ、暑かったんですよ~)

 

という風に使われます。

や 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やがましぃ とも言います。

 

うるさい という意味です。

 

「なんだいやがますねーごだ!」
(なんでしょう、うるさいわねえ!)
「このやろっこめら、やがますね」
(この悪ガキども、うるさいぞ)
「やがましぃ!しずかにしでろ」
(うるさい!静かにしていなさい)

 

という風に使われます。

やがますね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やずもね とも言います。

 

無益だ、ろくでもない、ばかげたこと という意味です。

 

「やぐでもねーごどゆーな」
(ろくでもないことを言うな)
「やずもねえごどすてすまったなや」
(ろくでもないことをしてしまったわねえ)

 

という風に使われます。

やぐでもねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっぺし とも言います。

 

やりましょう、しよう という意味です。

 

「えさけぇっだらげーむやっぺ!」
(家に帰ったらゲームしよう!)
「やっぺやっぺどおもってだげんとも、はっぱりやるしまねえのっしゃ」
(やろうやろうと思っているんですけど、全然やる暇がないんですよ)
「いいな!やっぺし、やっぺし」
(いいね!やろう、やろう)

 

という風に使われます。

やっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

湿っぽくて気持ち悪い、じめじめしていて不快である という意味です。

 

「このしゃっつなまがわぎでやばついなー」
(このシャツはよく乾いていなくて気持ちが悪いよ~)

 

という風に使われます。

 

これが「やばっつい」になると「汚い、汚れている」という意味になります。

やばつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やみぞこぐ とも言います。

 

面倒くさがる、手を抜く、怠ける という意味です。

 

「やみどこいで、きょうはずーっとねでだ」
(面倒くさがって、今日はずーっと寝ていました)
「やみどこいでねで、やまがっこういぐべっちゃ」
(面倒くさがっていないで、自然と遊びに行こうよ)
「おらいのやろっこやみどこいでばりいる」
(うちの息子は怠けてばかりいます)

 

という風に使われます。

やみどこぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やんだ とも言います。

 

嫌だ という意味です。

 

「やんたやんた、おら、やんた。それやりでぐねぇよぉ」
(嫌だ嫌だ、僕は嫌だ!それやりたくないよ~)
「やんだごだ、ほいなのもってくんすな」
(嫌ですね、そんんもの持ってこないでください)
「え~、やんだなや~」
(え~、嫌だなあ~)

 

という風に使われます。

やんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆすぶ とも言います。

 

結ぶ、結いつける、結う という意味です。

 

「ゆつけでけっから、こっちゃよこせ」
(結いつけてあげるから、こっちに寄越しなさい)
「みつあみゆつけてけろっでいわってもでぎねもんはでぎね」
(三つ編みを結ってって言われても、出来ないものは出来ません)

 

という風に使われます。

ゆつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと”用足し”でしょうか。

 

買い物、お使い という意味です。

 

「たばごかいにようさしさいってくっがら」
(タバコを買いに、買い物に行ってくるから)
「えさかえっだらようたしいってきてけねが」
(家に帰ったら、お使いに行ってきてくれない?)
「ようたしだらおめんどこいぐがら」
(買い物が済んだら、あなたの家に行きますね)

 

という風に使われます。

ようたし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夜更かしをする人 という意味です。

 

「あんだはよさっぱりだがら、わがんねなあ」
(あなたは夜更かしをする人だから駄目だよ)

 

という風に使われます。

 

「よるよっぴで」ですと「夜通しずっと」という意味になります。

 

また、似たような言葉では「よったり」があります。
これは「4人」という意味です。

 

「あんのじごでよったりすんだのすかや」
(あの事故で4人亡くなったんですか)

 

という風に使われます。

よさっぱり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~するよ、~してしまうよ という意味です。

 

「おら、さぎにけえるよわ」
(私、先に帰りますね)
「おめがけねんだったら、おれくっちまうよわ」
(あなたが食べないのなら、私が食べてしまいますよ)
「そったなごといってっど、おいでっちまうよわ」
(そんなことばかり言ってるなら、置いていってしまいますよ)

 

という風に使われます。

よわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

済まない、申し訳ない という意味です。

 

「まんずよんどごねっす」
(本当に申し訳ないです)
「おらいのわらすこがよんどごねごどすたっす・・・もうしわげねっす」
(うちの子供が済まないことをしました・・・本当に申し訳ありません)

 

という風に使われます。

よんどごね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~らいん とも言います。

 

~しなさい という意味です。

 

「はえぐかえらい」
(早く帰りなさい)
「こっちゃはいいがら、あっちをやらいん」
(こっちは大丈夫だから、あっちをやりなさい)
「いっぺけらいん」
(たくさん食べてください)
「てづだってけらいん」
(手伝ってください)

 

という風に使われます。

 

命令口調ではなくて、優しいニュアンスの言葉ですね。

~らい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~らせてしまう という意味です。

 

「もづかぷけらがす」
(餅をカビさせてしまう)
「でえこんすみらがすてまっだ」
(大根を凍らせてしまいました)

 

という風に使われます。

 

これが「~らんね」ですと「~らない」、
「~らいる」ですと「~られる」という意味になります。

らがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても大変、とんでもない(手に負えない) という意味です。

 

ものすごい という意味もありますが、良い意味ではないようです。

 

「こどしのゆぎは、らずもねぇど」
(今年の雪は、とんでもなく多いぞ)
「おめんちのとうちゃんはらずもねぇ」
(お前のうちのお父さんは(へらずぐちが)ものすごい)
「らずもねごとすてすまったや」
(とんでもないことをしてしまったんです)

 

という風に使われます。

らずもねぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

バツが悪い、きまりが悪い という意味です。

 

「りぐづわれだら」
(バツが悪いったら)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「りぐづばりかだって」があります。
これは「屁理屈ばかり言って」という意味です。

 

「りぐづばりかだってねで、まじめにやれっこの」
(屁理屈ばかり言っていないで、真面目にやりなさい!)

 

という風に使われます。

りぐづわれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

”例年”ではありません。

 

来年 という意味です。

 

「らんどしぇる、れえねんぬなっだらかってけっからな」
(ランドセルは、来年になったら買ってあげますからね)
「れえねんまではがんばっぺよ」
(来年までは頑張りましょうよ)

 

という風に使われます。

れえねん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おろず とも言います。

 

庭、庭の花壇 という意味です。

 

「どーぞろーずのほーがらおへんなぇ」
(どうぞ庭のほうからお入りください)
「ろーずさいだっけよ」
(庭にいましたよ)

 

という風に使われます。

 

これが”薔薇の庭”だったら「ろーずろーず」になるんでしょうか?
語源は”路地”からきているようです。

ろーず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ろぐすっぽ とも言います。

 

ろくに、ほとんど という意味です。

 

「ろぐろぐかんねがったんだどや」
(ほとんど食べられなかったんだそうですよ)
「ろぐろぐみもすねでやっだりすっからだ」
(よく確かめもしないでやったりするからでしょう)
「ろぐすっぽよむもすねで」
(ちゃんと読みもしないで)

 

という風に使われます。

ろぐろぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 駄目、~してはいけない という意味です。

 

「さわってわがんねぇど」
(触ってはいけないよ)

 

という風に使われます。

 

② ~することが出来ない という意味です。

 

「ほだもぢがだでわがんねんだ」
(そういう持ち方では出来ませんよ)
「こっつばおすてもわがんねの」
(こっちを押しても出来ないの?)

 

という風に使われます。

 

もちろん”わからない”という意味でも使われますよ。

わがんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わげー とも言います。

 

若い という意味です。

 

「わげーんだがらや~、もっとがんばれっぺさ」
(若いんだから、もっと頑張れるでしょうに)

 

という風に使われます。

 

これが「わげしたじ」になりますと「若い人達」という意味です。

 

「わげしたじさげのんでだっけ」
(若い人達はお酒を飲んでいましたよ)

 

という風に使われます。

わげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わっさ、わさ とも言います。

 

悪戯、悪さ という意味です。

 

「わっしゃばりすっど、せんせさごしゃがれっぞ」
(悪戯ばかりしていると、先生に怒られるぞ)
「わっさばりしくさって」
(悪戯ばかりしちゃって)
「このやろこ、わっさばりすっがらごしゃがってばりいんだ」
(この男の子は、悪さばかりしているから怒られてばかりなのよ)

 

という風に使われます。

わっしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わらすこ とも言います。

 

子供 という意味です。

 

「おらえのわらすどごさいったんだべ」
(うちの子供、どこに行ったのかしら)
「わらすこらだげであそんでっとあぶねーぞ」
(子供たちだけで遊んでいたら危ないよ)
「このわらす、きかねーこだ」
(この子供ったら、気が強いわねえ)

 

という風に使われます。

わらす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪い という意味です。

 

「われげんともよろしぐたのむす~」
(すみませんがよろしくお願いします~)
「われごどづわねがら、ちょっこらよごになってさい」
(気にしなくていいから(悪いことは言わないから)少し横になってらっしゃい)

 

という風に使われます。

 

しかし「悪口」を表す言葉ですと「わりくづ」になります。

われ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうだ という意味です。

 

「んだんだ。そのとおりだなや」
(そうだ、そうだ。そのとおりですね)
「んだげんともっしゃ、あんだかだってっこどちがうすぺ」
(そうは言いますが、あなたが言っていることは違うじゃないの)
「んだっちゃねや~」
(そうでしょうね~)

 

という風に使われます。

んだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

んだがらっしゃ とも言います。

 

だから、そうなんだよ という意味です。

 

「んだがらやめろっていったべ」
(だからやめろと言っただろう)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「んだごって」があります。
これは「だったら、それなら」という意味です。

 

「はらへったんだべ、んだごってめしさいぐべ」
(お腹が減ったんでしょ、だったらご飯食べに行こうよ)

 

という風に使われます。

んだがら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

んだべおん、んだな とも言います。

 

そうでしょ、そうだね という意味です。

 

「んだっちゃ~、んだなあ」
(そうでしょ~、そうだねえ)
「んだな、うーん、んだな」
(そうだね、うーん、その通り)
「んだべおん、んだがらやめっぺていっだのに」
(そうでしょう、だからやめようって言ったのに)

 

という風に使われます。

んだっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 違う、そうじゃない という意味です。

 

「けっこんしてんだべて、んでねよ」
(結婚してるんでしょうって、違うよ)

 

という風に使われます。

 

② さようなら という意味です。

 

「そろそろけっかな、んでね~」
(そろそろ帰ろうかな、それじゃあね~)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「んでねくて」があります。
これは「そうじゃなくて」という意味です。

 

「んでねくてしだりだ」
(そうじゃなくて左だってば)

 

という風に使われます。

んでね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんなわけ という意味です。

 

「んなわげねーべや、うわぎなんてしてねーてば」
(そんなわけないだろう、浮気なんてしてないってば)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「んでねーべ」があります。
これは「~じゃないだろう」という意味です。

 

「おめーぬすんでねーべや」
(お前は盗んでないだろうが)

 

という風に使われます。

んなわげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介