HOME -> 長野の方言 

隙間、間 という意味です。
「はのあいさにものがつまった」
(歯の間に物が詰まった)
「あいさをさがせ」
(隙間を探しなさい)
「しんぶんのあいさにはさんであるこうこくのほうがしんぶんよりよもてなあ」
(新聞の間に挟んである広告の方が、新聞よりも重たいねえ)
という風に使われます。

あいさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

相手、相性 という意味です。
「ひとりぐらしははなしあいはもいねくて、はりねだらず」
(一人暮らしは話し相手もいなくて、寂しいだろう)
「あいはがわるい」
(相性が悪い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あいく」があります。
これは「歩く」という意味です。
「たんとあいくよー」
(たくさん歩くよ)
という風に使われます。

あいは 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぼれる という意味です。
「かびんにみずいっぱいいれすギて、あかっちゃった」
(花瓶に水を沢山入れすぎて、こぼれてしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あか」があります。
これは「赤ちゃん」という意味です。
「このあかはでっかい」
(この赤ちゃんは大きい)
という風に使われます。

 

また、本当に小さな赤ちゃんのことは「つぶれっこ」と言います。

あかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける、甘える という意味です。
「あくされるなよ」
(ふざけるんじゃないよ)
「このやろうあくされるなー」
(この野郎、ふざけた真似をするな)
という風に使われます。

 

これが「あくて」ですと「悪口を言う、口汚くものを言う」という意味です。
「あくてこかれた」
(罵詈雑言を吐かれた)
という風に使われます。

あくされる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あらびる とも言います。

 

暴れる という意味です。
「ひとがあたけてる」
(人が暴れている)
「めたあらけるない」
(やたらと暴れているね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あらける」があります。
これは「物をひっくり返して探す」という意味です。

あたける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あだじゃぁねえ とも言います。

 

容易でない、大変だ、困難な という意味です。
「あだじゃぁねえしごとだー」
(大変苦労な仕事だ)
「こんなとおくまであだじゃなかったねぇ」
(こんな遠くまで大変なことでしたね)
という風に使われます。

あだじゃねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あそこ という意味です。
「あっこのかどをまがるずら?」
(あそこの角を曲がるのでしょう?)
「さっちゃんのいえ、あっこのかどをまがったところなんだって」
(さっちゃんの家は、あそこの角を曲がった所なんだって)
という風に使われます。

あっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見せつける、面当てにする、皮肉る という意味です。
「しんこんさんにあてっこすられたー」
(新婚さんに見せつけられた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あてずっぽ」があります。
これは「出鱈目、いい加減」という意味です。

あてっこする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あねっさま とも言います。

 

おばさん、姉さん(年上の人とは限らず)という意味です。
「あねさまおちゃいれとくりゃー」
(おばさんお茶を出してください)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あに」があります。
これは「彼」という意味です。
恋人の”彼”ではなくて、男性のことを指します。

あねさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あばな、あばする とも言います。

 

さようなら、じゃあね、バイバイ、別れる という意味です。
「あばねー」
(バイバーイ)
「あばね、またあした」
(さようなら、また明日)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あっぱぱ」があります。
これは「終わり」という意味です。

あばね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あらずか、ありっこ とも言います。

 

(反語で)無い、あるはずがない という意味です。
「そんなことあらすか」
(そんなことあるか(いや無い))
という風に使われます。

 

似た言葉では「あやける」があります。
これは「慌てる」という意味です。
「そんねんあやけてなくったっていい」
(そんなに慌てなくても良い)
という風に使われます。

あらすか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんべー とも言います。

 

具合、状態、感じ という意味です。
「こりゃあ、いいあんばいだ」
(これは、良い感じだ)
「どんなあんばいばい」
(どのような具合ですか)
「きょうはふつかよいであんべーわりー」
(今日は二日酔いで体の具合が悪い)
という風に使われます。

あんばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いかず とも言います。

 

行こう という意味です。
「こんどよーろっぱへいきしょ」
(今度ヨーロッパへ行きましょう)
「あしたはくりょーひろいにいかずわ」
(明日は栗を拾いに行こう)
という風に使われます。

 

これが「いきゃー」ですと「行きなさい」という意味です。
「どっかにいきゃー!」
(どこかへ行きなさい!)
という風に使われます。

いきしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしない という意味です。
「なんだそのいくじないかっこうは」
(そのだらしない格好はなんだ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いける」があります。
これは「埋める」という意味です。
「ごみをはたけにいける」
(ゴミを畑に埋める)
という風に使われます。

いくじない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じれて怒る という意味です。
「まあず、いじやいて、いじやいて、こまった」
(まったく、じれて怒って、困った)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「いちこく」があります。
これは「頑固」という意味です。
「あのひとは、いちこくで」
(あの人は、頑固で)
という風に使われます。

いじやく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっける とも言います。

 

乗る、乗っかる、乗せる という意味です。
「ぞうがいっかてもこわれないふでいれ」
(ゾウが乗っても壊れない筆入れ)
「かぜでとばねえようにいしでもいっけとけ」
(風で飛ばないように石でも乗っけておけ)
という風に使われます。

いっかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒る、いじける、ふてくされる という意味です。

 

すねて、唇を尖らせてほっぺを膨らます様子のことを言います。
「そんねにいぼつって、どうしたや」
(そんなに怒って、どうしたんだ)
「いぼつってなんであやまりましょ!」
(ふてくされていないで謝りなさい!)
という風に使われます。

いぼつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余計なこと、必要でない という意味です。
「いらざらねぇことしゃがって」
(本当に余計な事をしてくれたなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いまさっき、いまさっきな」があります。
これは「つい先ほど、少し前」という意味です。
「いまさっきなけぇーったよ」
(つい少し前に帰りましたよ)
という風に使われます。

いらざらねぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

薄ら寒い という意味です。
「あめしわついてうそろさびいひだこと」
(雨がしとしと降って薄ら寒い日ですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うそろぐあいわり」があります。
これは「なんとなく体調が悪い」ような時に使われます。

うそろさびい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よっかかる とも言います。

 

寄りかかる という意味です。
「かべにうつかる」
(壁に寄りかかる)
「きぶんわりいなら、そこにすわってかべにうつかりましょ」
(気分が悪いなら、そこに座って壁に寄りかかりなさい)
という風に使われます。

うつかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっつぶす とも言います。

 

潰す という意味です。
「あきかんをふんづけてうっつぶす」
(空き缶を踏みつけて潰す)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うでったるい」があります。
これは「腕がだるい」という意味です。

うっつぶす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自然と、自然に という意味です。
「まいにちやってればうなでとじょうずになるもんだ」
(毎日やっていれば自然と上手になるものです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うれまし」があります。
これは「羨ましい」という意味です。
「あそこのちたからくじあたったせうで、うれましこと」
(あそこのお宅は宝くじが当たったそうで、羨ましいですね)
という風に使われます。

うなでと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熟す、熟れる という意味です。
「よくうんだももだな」
(よく熟した桃ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いよ」があります。
これは「家」という意味です。
「いよをたった」
(家を建築しました)
という風に使われます。

うむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

上の方、上層 という意味です。
「けーきのうわっかがすき」
(ケーキの上の方が好き)
「うわっかからすくってたべな」
(上から救って食べなさい)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「うわっぱり」があります。
これは「上着」という意味です。
「うわっぱりきてきな」
(上着を着て来なさい)
という風に使われます。

うわっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、ずいぶん という意味です。
「はしごのてんみねからおったときはえーかんいたかったろぉ」
(梯子の頂上から落ちたときはずいぶん痛かったでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えーかんし」があります。
これは「良い感じ」という意味です。
「えーかんしににえてきたな」
(良い感じに煮えてきましたね)
という風に使われます。

えーかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ええくろかげん、ええからかん とも言います。

 

いい加減、出鱈目、だいたい という意味です。
「そんなとこ、たらたらやってないで、えっかんにしときましょ」
(そんなことをダラダラとやっていないで、もっといい加減にしておこうよ)
「えーくろかげんにしてきょうはもうけえらず」
(いい加減にして今日はもう帰りましょう)
という風に使われます。

えっからかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落書き という意味です。
「こんなとこにえのくっちゃだめだよ」
(こんな場所に落書きをしては駄目だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えぼっつり」があります。
これは「泣き虫」という意味です。
「えぼつってないであそぼ」
(泣いていないで遊ぼうよ)
という風に使われます。

えのくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えべさ とも言います。

 

行こう、行こうよ という意味です。
これが”えべる”では「行く」という意味です。
「さあ!えべや、えびすこう!」
(さあ!行こう、えびすこうに!)
「そろそろえべるか」
(そろそろ行くか)
という風に使われます。

えべや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑固、堅物 という意味です。
「うちのおやじはえんごうおやじだ!」
(うちの親父は、頑固オヤジだ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えんと」があります。
こえは「腰を下ろす」という意味です。
「ふたびれたんでみちばたにえんとしてやすんだ」
(疲れたので道端に腰をおろして休憩した)
という風に使われます。

えんごう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらっしゃる、居られる という意味です。
「とおいところ、よくおいでたね」
(遠いところよくいらっしゃいましたね)
「おいでたかね」
(ご在宅ですか?)
という風に使われます。

 

これが「おいな」ですと「来なさい」という意味です。
「こっちおいな」
(こちらへ来なさい)
という風に使われます。

おいでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大雑把、大まか という意味です。
「あのひとはやることがおおぞくだわい」
(あの人はやることが大雑把だなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おおにんじょ」があります。
これは「大人数」という意味です。

 

また、「おおまくる」では「大食い」という意味です。

おおぞく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雷 という意味です。
「おかんだっつぁまなるから、はやくかえれや」
(雷が鳴るから、早く帰ろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おかうなぎ」があります。
これは「蛇」という意味です。
「わーっ!おかうなぎだあ」
(わーっ!蛇だー!)
という風に使われます。

おかんだっつぁま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

沢庵、大根漬 という意味です。
「ごはんにおこーこかってくう」
(ご飯に沢庵をおかずにして食べる)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「おかぞ」があります。
これは「おかず」という意味です。
「こんやのおかぞはさかなだけだに」
(今夜のおかずは魚だけですよ)
という風に使われます。

おこーこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

文句を言う、文句を言う奴 という意味です。
「こ~のおんじょこきが!」
(ぶつぶつ文句ばかり言って!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おしてくる」があります。
これは「文句を言いに来る」という意味です。
「こどもをいじめるとおやがおしてくるぞ」
(子供をいじめると親が文句を言いに来るぞ)
という風に使われます。

おこんじょこき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

掴まる という意味です。
「にだいからおちねようにしっかりおさまってろ」
(荷台から落ちないようにしっかり掴まっていなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おさめる」があります。
これは「捕まえる」という意味です。
「おにむしおさめてあすんだ」
(クワガタを捕まえて遊んだ)
という風に使われます。

おさまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お米を研ぐ という意味です。
「ごんごうおしかけしといて」
(五合、米を研いでおいて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おごっつぉ」があります。
これは「ご馳走」という意味です。
「おごっつぉさん!」
(ごちそうさま!)
「おごっつおになる」
(ご馳走になる)
という風に使われます。

おしかけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おじさん という意味です。
「おじっこからてがみきたでぇ」
(おじさんから手紙がきたよ)
という風に使われます。

 

これが「おじいさ」ですと「おじいさん」という意味です。
「おじいさどこいった」
(おじいさんはどこに行ったんだ)
という風に使われます。

おじっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出しゃばり、おせっかい、余計なお世話 という意味です。
「おじょうこいうな」
(おせっかいを言うな)
「おじょうここくなら、じぶんでやれ」
(出しゃばるんだったら、自分でやりなさい)
という風に使われます。

おじょうこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪い、格好悪い という意味です。
「えらくおぞいくつはいてきちゃった」
(ずいぶん悪い靴を履いて来てしまった)
「そんなりゆうでふられたって!?おぜーな!」
(そんな理由で振られたって!?かっこ悪ーい!)
という風に使われます。

おぞい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(児童の)軽率な行動、軽率な子 という意味です。
「おちょんきなこだ」
(軽率な子だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おちょうべ」があります。
これは「お世辞」という意味です。
「やつぁ、おちょうべばかたれてやがる」
(あいつは、お世辞ばかり言っている)
という風に使われます。

おちょんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あてがう、支える という意味です。
「そのとあかねえようにぼうおっかっといてくりや」
(その戸が開かないように、棒で支えておいてくれよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おっかねえ」があります。
これは「こわい、恐ろしい」という意味です。
「まぁずおっかなくていけねだよ」
(本当にこわくて困るのよ)
という風に使われます。

おっかう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おつんべこ、おつくんべ とも言います。

 

正座 という意味です。
「ちゃんとおつくべして」
(きちんと正座して)
「このこはおつくべでまてねーのかい?」
(この子は正座で待つ事も出来ないのかい?)
「おつんべこしてた」
(正座していた)
という風に使われます。

おつくべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっこれる とも言います。

 

壊れる という意味です。
「このぱそこん、なんにもしねぇうちにおっこわれちゃった」
(このパソコン、何もしないうちに壊れてしまった)
「しっぱたきゃおっこれるぞ」
(叩いたら壊れるよ)
という風に使われます。

おっこわれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ちた という意味です。
「えんぴつおったよ」
(鉛筆、落ちましたよ)
「きからおった」
(木から落ちた)
という風に使われます。

 

これが「おっぽしょる」ですと「折る」という意味になります。
「かべけっこくったら、あしおっぽしょった」
(壁を蹴ったら、足を骨折した)
という風に使われます。

おった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おでいじん とも言います。

 

お金持ち という意味です。
昔からの由緒正しいお金持ち、成金ではないお金持ちのことです。
「あそこはおでさまだで」
(あの家はお金持ちだからね~)
という風に使われます。

 

また、お金持ちの家や家柄の良い人のことを言う場合もあります。

おでさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おてしょう とも言います。

 

小皿、取り皿 という意味です、
「おてしょにおそってたべなさい」
(小皿によそって食べなさい)
「おてしょうもってきて」
(取り皿を持ってきて)
という風に使われます。

 

お皿代わりに使う際の自分の手のことを言う場合にも使います。

おてしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

驚く、ビックリする という意味です。
「ああ、おどけたぁ」
(ああ、ビックリした~)
「きゅうにくるから、おどけたわい」
(急に来るから、ビックリしたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おどしぁげる」があります。
これは「激しく叱りつける」という意味です。

おどける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一昨日、おととい という意味です。
「おとついなはでほうでのみあげたっつうでや」
(一昨日はたくさん飲み明かしたというじゃいか)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「おっといしな」があります。
これは「一昨年」という意味です。

おとついな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

野沢菜 という意味です。
「ことしのおなはよくできた」
(今年の野沢菜は良い出来だ)
という風に使われます。

 

これが「野沢菜漬け」のことですと「おはづけ」となります。
「ことしのおはづけはうまい」
(今年の野沢菜漬けは美味しい)
という風に使われます。

おな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お調子者、調子のいい奴、図に乗る という意味です。
「うちのむすめはおひゃりこでてにおえね」
(我が家の娘はお調子者で手に負えない)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「おべんこ」があります。
これは「幼児が小生意気な事を言う」という意味です。

おひゃりこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

風呂 という意味です。
「さー、はやくおべちゃにはいりなー」
(さあ、早くお風呂に入りなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おぼさん」があります。
これは「膝」という意味です。
「おぼさんとこいたい」
(膝のところが痛い)
という風に使われます。

おべちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

君、あなた という意味です。
「おめさんひさしぶりじゃあ」
(あなた、お久しぶりですね)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「おまえた」があります。
これは「あなた達、君達」という意味です。
「おまえたはどこいくだい」
(あなた達はどこに行くんですか)
という風に使われます。

おめさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おめってい とも言います。

 

億劫だ、気が進まない、気力が無い、面倒 という意味です。
「ふろへえったから、そといくのはおめったい」
(お風呂に入ったので、外出するのは億劫です)
「きょうはがっこうにいくのおめったいなあ」
(今日は学校に行く気力が無いなあ)
「きょうはしみるででかけるのおめってい」
(今日は凄く寒いから出かけるのは面倒だ)
という風に使われます。

おめったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

終わりにする、終了させる という意味です。
「そんねにはたらくと、からだおやしちまうよ」
(そんなに働くと、体をおしまいにしてしまうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おやげねえ」があります。
これは「かわいそう」という意味です。
「おやげねえだいや~」
(かわいそうだねえ)
という風に使われます。

おやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おらとこ、おらほ、おらーえ、おらーち、おらあっち とも言います。

 

私の家、我が家、私の家庭 という意味です。
「おらっちではよくざざむしたべるだに」
(私の家ではよくざざ虫を食べます)
「ちょっとおらっちよってきな」
(ちょっと私の家に寄って行ってよ)
「おらほじゃ、そうはいわんがね」
(私の家庭では、そのようには言いませんよ)
という風に使われます。

おらっち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

降り場、降りる所 という意味です。
「おりっとんとこは、すべるから」
(降りる所のその場所は、滑るから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おろのく」があります。
これは「抜く、間引く、収穫する」という意味です。
「そろそろだいこんおのくじきだな」
(そろそろ大根を収穫する時期です)
という風に使われます。

おりっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

文句、愚痴 という意味です。
何かやる事に対し、やる事以上に“大変だ”と周りの人に訴えるさまを言います。
「あいつはおんじょうばかでかくてだめだ」
(あいつは文句ばかり一丁前で駄目だ)
という風に使われます。

 

これが「おんじょこき」ですと「愚痴ばかり言う人」のことです。
「あいつはおんじょこきだでダメだね」
(あいつは愚痴ばかり言う奴で駄目だね)
という風に使われます。

おんじょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

香り、臭い、匂い という意味です。
「おこたのなかでへんなかぁするど」
(コタツの中で変な臭いがするよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「があはる」があります。
これは「意地を張る」という意味です。
「があばかはってうるせこと」
(意地ばかり張ってうるさいこと)
という風に使われます。

かぁ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かける という意味です。
「ぼたんをかう」
(ボタンをかける)
「かぎをかう」
(鍵をかける)
「つっかいぼをかう」
(支柱で支える)
「なっぱかってまんまくった」
(菜っ葉をおかずにしてご飯を食べた)
という風に使われます。

かう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっかしがる とも言います。

 

斜めになっている、傾いている という意味です。
「ぽすたーがかしがってる」
(ポスターが斜めになっている)
「はしらがかしがってる」
(柱が傾いている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かすこく」があります。
これは「生意気」という意味です。
「かすこくでねえ」
(生意気なことを言うな)
という風に使われます。

かしがってる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

があたく とも言います。

 

腕白 という意味です。
「がたくむすこがあだけるもんで、いえがおっこされちゃう」
(腕白息子が暴れるので、家が壊されてしまう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かたる」があります。
これは「子守り」という意味です。
「ぼこをかたる」
(赤ん坊の子守りをする)
という風に使われます。

がたく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かしら という意味です。
「そんなこと、できるかっちゃ」
(そんなこと、出来るのかしら)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かいやぁ」があります。
これは「ですかねぇ」という意味です。
「あしたはいいてんきになるんかいやぁ」
(明日はいい天気になるんですかねぇ)
という風に使われます。

かっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

氷のように冷たい という意味です。
「ゆきのなかであそんでたら、かなっこおりのようなてんなった」
(雪の中で遊んでいたら、氷のような冷たい手になった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かっぺなす」があります。
これは「馬鹿にする」という意味です。

かなっこおり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

放っておく、構わないでおく、無視する という意味です。
「せわばかやかねでかまんどけ」
(世話ばかり焼いていないで放っておきなさい)
という風に使われます。

 

程度が増すと「されっかまんどく」になります。

 

似た言葉では「かまける」があります。
これは「愚痴や不平を口にする」という意味です。

かまんどく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~かえる(~してしまう)という意味です。
「きづかなきゃぁ、ひっくるかるで」
(気をつけなければ、ひっくり返ってしまうぞ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「~かや」があります。
これは「~かな」という意味です。
「これでよかったんかや?」
(これで良かったのかな?)
という風に使われます。

かる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がーた とも言います。

 

周り という意味です。
「いえのがわたにさくをつくる」
(家の周りに柵を作る)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がわ」があります。
これは「側、脇」という意味です。
「がわへよせる」
(脇に寄せる)
という風に使われます。

がわた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すごく寒かった という意味です。
「ゆうべはかんじたねぇ」
(昨晩はすごく寒かったですねぇ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かんし」があります。
これは「ごめん」という意味です。
「ぶつかっちゃって、かんしねー」
(ぶつかってしまって、ごめんねぇ)
という風に使われます。

かんじた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気をつける という意味です。
「さぶいからきづかなきゃぁかぜひくで」
(寒いから、気をつけなければ風邪を引きますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きさる」があります。
これは「しまる」という意味です。
「ふたをちゃんときせな」
(蓋をきちんと閉めなさい)
という風に使われます。

きづく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きなしで とも言います。

 

うっかりして という意味です。
「きなしにやっちゃった」
(うっかりしてやってしまった)
「きなしで、めんきょしょうわすれてでかけた」
(うっかりして、免許証を忘れて出かけた)
という風に使われます。

きなしに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

拗ねる、いじけて泣く という意味です。
「すぐきぶってきてうざいんだけど」
(すぐに拗ねるからウザイんだけどー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎょる」という意味です。
これは「捌く」という意味です。
「つったたいをぎょる」
(釣った鯛を捌く)
という風に使われます。

きぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じれったいほど手がかかる という意味です。
「たねえりわけるのは、きもびしい」
(種を選り分ける仕事は、辛抱がいる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きいもめる」があります。
これは「イライラする」という意味です。

 

また、「きいやむ」ですと「思い悩む」という意味です。

きもびしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きんにょー とも言います。

 

昨日 という意味です。
「きんなのことでせぇ、おぼえちゃいねわい」
(昨日の事ですよ、覚えていないですよ)
「きんな、おらほうはあめふったで 」
(昨日、私の家の方では雨が降りましたよ)
という風に使われます。

きんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

几帳面 という意味です。
「あのひとはきんばんちょうで、まいあさごじせえばへえはたけへいかる」
(あの人は几帳面で毎朝5時といえばもう畑へお出かけになる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きいまわす」があります。
これは「気を配る、心配する」という意味です。

きんばんちょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くいっぽ とも言います。

 

① 杭 という意味です。
「くいんぼぶちこんで、はしらたてた」
(杭を打ち込んで柱を立てた)
「そこのくいっぽとってくりや」
(そこの杭を取ってくれよ)
という風に使われます。

 

② 能無し(罵倒する)という意味です。
「このくいっぽが!」
(この能無しが!)
という風に使われます。

くいんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大人びている という意味です。
「こどものくせにくねっぽいことをいうこだね」
(子供のくせに、大人びた事を言う子だね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くむ」があります。
これは「交換する」という意味です。
「みかんとはっさくをくむ」
(蜜柑と八朔を交換する)
という風に使われます。

くねっぽい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

殴りつける という意味です。
「くらしつけずそもったら、くゎらんくゎらんにげてはした」
(殴りつけてやろうと思ったら、からんからん逃げて行った)
という風に使われます。

 

これが「くらす」ですと「殴る」という意味です。

くらしつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全部、そっくり という意味です。
「さるのやろのきしたのほしがきくりっくりもってはした」
(猿の野郎が軒下の干し柿を全部持って逃げた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~っくら」があります。
これは「~合い、~くらべ、競争」という意味です。
「おやのいさんをとりっくらしてる」
(親の遺産を奪い合いしている)
という風に使われます。

くりっくり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

足のくるぶし(踝)という意味です。
「くるみんとこ、けがしたー」
(くるぶしのところを怪我しました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くるう」があります。
これは「ふざける」という意味です。
「こうないではくるわない」
(校内ではふざけない)
という風に使われます。

くるみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐるり、ぐるった とも言います。

 

周り、回り、周辺 という意味です。
「いえのぐるわ、はく」
(家の周りを、掃く)
「はたけのぐるりのくさがのびてきた」
(畑の周りの草が伸びてきた)
「いえのぐるったそうじしろ」
(家の周囲を掃除しなさい)
という風に使われます。

ぐるわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(物などを)与える という意味です。
「はなにみずをくれる」
(花に水をやる)
「いぬにえさをくれる」
(犬に餌を与える)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぐれる」があります。
これは「天気が下り坂になる」という意味です。
「ひざがやめるからてんきがぐれる」
(膝が痛むから、天気が下り坂になる)
という風に使われます。

くれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くんない、くろ とも言います。

 

くれませんか、くれない、ください という意味です。
「ちょっとそこのおさらとってくんねかい」
(ちょっとそこのお皿取っていただけませんか)
「そこのぐらすとってくんない」
(そこのグラスを取ってください)
「くるまがとおるんで、ちょっとそこどいててくろ」
(車が通るので、ちょっとそこを退いていてください)
という風に使われます。

くんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げぇーに とも言います。

 

強く、力一杯、思いっきり という意味です。
「そんねんげえいにやったらこわれちむう」
(そんなに強くやったら壊れてしまう)
「そんなにげぇーにはたくない」
(そんなに強く叩かないでください)
「こんやはげぇーにいっぺやるかい」
(今夜は思いっきり飲みましょう)
という風に使われます。

げえに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰り という意味です。
「がっこのけえりにそりんのってあすんだ」
(学校の帰りにソリに乗って遊んだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「げえもねえ」があります。
これは「無駄、もったいない」という意味です。
効果や、してみるだけの値打ちが無いことを指します。

けえり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気にしないで平気な様子 という意味です。
「ねしょべんしたのにけそけそしてる」
(寝小便したのに平然とした態度でいる)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「けそくれる」があります。
これは「平気な顔をする、知らん振りをする」という意味です。

けそけそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

玄関先 という意味です。
「おきゃくがくるから、けだしをきれいにしときな」
(お客さんが来るから、玄関先を綺麗にしておきなさい)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「くちもと」があります。
これは「入り口」という意味です。
「くちもとでまってろ」
(入り口で待っていなさい)
という風に使われます。

けだし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自転車という意味です。
「けったくりでいく」
(自転車で行く)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けったくる、けっくらかす」があります。
これは「蹴る、蹴り飛ばす」という意味です。
「けったくったらいてえずら」
(蹴ったら痛いだろう)
という風に使われます。

けったくり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けんさあ とも言います。

 

~けど、~けどねえ という意味です。
「おらほにもさくらはあるけんだれもみいこね」
(私たちの地区にも桜はあるけど誰も見に来ない)
「なにやってくってるんかしらねけんさあ」
(どんな仕事をして生活しているか知りませんけどねえ)
という風に使われます。

けん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごがわく、ごうわかす、ごうがわく、ごうがれる とも言います。

 

悔しくて腹が立つ という意味です。
「ごーさわいて、ごーさわいて」
(腹が立って、腹が立って)
「あいつのたいどにはごうがわいた」
(あいつの態度には腹が立った)
という風に使われます。

ごうさわく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

非常に沢山、ものすごく大量 という意味です。
「すいただけごうたれのんでくれや」
(好きなだけ、大量に飲んでちょうだい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごおたれ」があります。
これは「きかん坊、始末に負えない」という意味です。
「ごおたれむすこ」
(きかん坊な息子)
という風に使われます

ごうたれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腱鞘炎、手首の筋が痛くなる という意味です。
「こうではつらい」
(腱鞘炎はつらい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こおながる」があります。
これは「腰を曲げる」という意味です。
「こおながってしごとをしたんでこしゃいて」
(腰を曲げて仕事をしていたので腰が痛い)
という風に使われます。

こうで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

抜く という意味です。
「あそこのき、ひっこいでくりや」
(あそこの木を、引き抜いてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こく」があります。
これは「言う」という意味です。
「なにこいてるだい!」
(何を言っているのですか)
という風に使われます。

こぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(喉に)詰まる という意味です。
「ふかしたいもたべるとこくる」
(蒸かした芋を食べると喉に詰まる)
「なにものまねでぱんくったらのどこくった」
(何も飲まないでパンを食べたら喉に詰まった)
という風に使われます。

こくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ござんした とも言います。

 

ございます という意味です。
「おはようござんした」
(おはようございます)
「おらえーあたりまで、よんでむらって、ありがとござんした」
(私の家まで招待してもらって、ありがとうございます)
という風に使われます。

ござんす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごしたい、てきない、しんのう とも言います。

 

ひどく疲れた様子、だるい という意味です。
「あー、ごしてえなー」
(ああ、疲れたなあ)
「からだがごしたい」
(体がだるい)
「ごしてえ、しごとだなぁー」
(疲れる仕事だなあ)
という風に使われます。

ごしてえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

沈んでいる、沈殿している という意味です。
「やい、そっこにさとうがこずんでるに」
(うわ、底に砂糖が沈んでいるな)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「こずく」があります。
これは「手間を惜しまない働き」という意味です。
「こずくがあるひとだねえ」
(億劫がらずにこまめに働く人ですね)
という風に使われます。

こずんでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿なこと という意味です。
「ごたこいてんじゃねーぞ」
(馬鹿なことを言ってるんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごったく」があります。
これは「ガラクタ、ゴミ」という意味です。
「ものおきをせいりしたらごったくがやまほどでてきた」
(物置を整理していたら、ガラクタが山ほど出てきた)
という風に使われます。

ごた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

速い、素早い、すぐに という意味です。
「こてっぱやにおわらしちゃったない」
(素早く終わらしてしまいなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こっぱ」があります。
これは「木片」という意味です。
「このこっぱもらっていいかい」
(この木片をもらってもいいかい)
という風に使われます。

こてっぱや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

我慢する、堪える という意味です。
「いますぐつっかいぼうをかうから、いもちっとこててろ」
(今すぐ突っ支い棒をするから、もうちょっと堪えていろ)
という風に使われます。

 

これが「こてさんねぇ」ですと「堪えられない、堪らない」という意味です。
「ばかだかくうれて、こてさんね」
(とても高い値段で売れたので、堪えられない)
という風に使われます。

こてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

これ位、この位 という意味です。
「このかんくれたっていいだねかいせったけん、だめだっと」
(これ位くれたっていいでしょうと頼んだけど、駄目でしたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「このけんまく」があります。
これは「こんなに沢山」という意味です。
「たいふうでこのけんまくりんごおとされて、どうしたらいいやら」
(台風でこんなに沢山りんごを落とされて、どうしたらいいだろう)
という風に使われます。

このかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

逆流する という意味です。
「おおあめであまみずこみっけえしてえんさのしたまでみずびたしんなった」
(大雨で雨水が逆流して縁の下まで水浸しになった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こましゃっくれる」があります。
これは「ませている」という意味です。
「こましゃっくれたこどもだこと」
(ませた子どもだねえ)
という風に使われます。

こみっけえす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

米に交じった籾 という意味です。
「それっこそ、こめのあらだ」
(それこそ、優れた良い人はなかなかいない)
という風に使われます。

 

これは「良い物は少ないものだ」ということの例えです。

 

似た言葉では「ごむさい」があります。
これは「汚い、汚れている」という意味です。

こめのあら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それでは失礼します という意味です。
「こんちゃ、ごめんなんしわけにはいかない」
(お伺いしてすぐに帰ってくるわけにはいかない)
という風に使われます。

 

これが「ごめんなしてー」ですと「すみません」という意味です。
「ごめんなしてー、すずきだが」
(すみませーん、鈴木ですが)
という風に使われます。

ごめんなんし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 濃い という意味です。
「じをもっと、こわくかいてください」
(字をもっと、濃く書いて下さい)
「もうすこし、こわいのないですか」
(もう少し、濃いのはありませんか)
「そのふく、すこしいろがこわい」
(その服、少し色が濃い)
という風に使われます。

 

② 硬い という意味です。
「このつけものちょっとこわい」
(この漬物、ちょっと硬い)
という風に使われます。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ござんす とも言います。

 

あります、ございます という意味です。
「きんなは、それはたしかに、つくえのういにごわした」
(昨日はそれはたしかに机の上にございました)
「とおいところごくろさんでごわす」
(遠いところをお疲れ様でございます)
という風に使われます。

ごわす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夕方から夜になる時間帯 という意味です。
「いまはこんそうだね」
(今は夕方から夜になる頃だね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こん」があります。
これは「こと(事)」という意味です。
「そんなこんきゅうにせわれたってだめど」
(そんなこと急に言われても駄目ですよ)
という風に使われます。

こんそう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんぼ、ぼこ とも言います。

 

赤ちゃん、幼児、子供 という意味です。
「このこんぼこ、わにてかわいーずらー」
(この赤ちゃん、照れて可愛い)
「こんぼこ、しょいましょ」
(赤ちゃんを背負いなさい)
という風に使われます。

こんぼこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~の直前に、間際になって、~の時になって という意味です。
「いくさきたってきるもんねえせったってまにあうわけねえ」
(出かける直前に着る洋服がないといっても、間に合う訳がない)
「いくくさきたってそんなこといってもまにあわない」
(行く間際になってそんなことを言っても間に合わない)
という風に使われます。

さきたって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ささらほさら とも言います。

 

いい加減、適当、てんやわんや という意味です。
忙しくて手が付かず、どうしようもない状態を指したりします。
「なにいってもささらほうさらだわ」
(何を言ってもいい加減だな)
という風に使われます。

ささらほうさら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんざん、好き放題に という意味です。
「じぶんこそ、さっちらあそんでたくせに」
(自分こそ、好き放題遊んでいたくせに)
「すきかってさっちらいいやがって」
(好き勝手さんざん言いやがって)
という風に使われます。

さっちら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さだける、さらげる とも言います。

 

探す、探し回る という意味です。
「ひきだしんなか、よくさなげてみな」
(引き出しの中を、よく探してみなさい)
「そんねんまく、なにさなげてるだい?」
(そんなに、何を探しているんだい?)
という風に使われます。

さなげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ごと、~と一緒に という意味です。
「ふくろさらもってきて」
(袋と一緒に持って来て)
「そのりょうりはさらさらはこんで」
(その料理は、皿ごと運んで)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さらっとぼける」があります。
これは「知らないふりをする」という意味です。
「じぶんでやったくせにさらっとぼけやがって」
(自分でしたくせに知らないふりをしやがって)
という風に使われます。

さら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さらっぺそ、さらっこと とも言います。

 

嘘、でたらめ という意味です。
「さらっぺこくじゃねえ」
(嘘を言うんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「されっかまんどく」があります。
これは「放置する、放っておく」という意味です。

さらっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しかけ とも言います。

 

大変、面倒、面倒くさい、手間がかかる という意味です。
「さわぎだなあ」
(大変だなあ)
「えらっさわぎ」
(とても大変だ)
「ぜんぶやるっちゃあ、さわぎだ」
(全部をやるとなると、手間がかかる)
という風に使われます。

さわぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう十分、もうたくさん という意味です。
「さんざおごっつぉになった」
(もう十分ご馳走になりました)
「おやじのこごとはもうさんざだ」
(親父の小言にはもうたくさんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さんだす」があります。
これは「差し出して手助けをする」という意味です。

さんざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よ という意味です。
「いくじ」
(行こうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しぃはまる」があります。
これは「企んでいる、~しようとしている」という意味です。
「かねとりぃはまってる」
(金を取ろうと企んでいる)
という風に使われます。

じ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

格好 という意味です。
「そんなびしょってぇしこしてなにしてるだ」
(そんな小汚い格好をして何してるの?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しっこ~ぉ」があります。
これは「するわけがないでしょう」という意味です。
「ふだんべんきょうなんかしっこ~ぉ」
(普段勉強なんかするはずないでしょう)
という風に使われます。

しこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しとる とも言います。
暖かくなって積もった雪の量が目に見えて減ること を指します。
「きょうはのふてかったんで、がげしたのゆきがずっとしたった」
(今日は暖かかったので軒先の雪の量が大変多く減った)
という風に使われます。

 

似た言葉では「したっか」があります。
これは「下側」という意味です。

したる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しなかったですよ という意味です。
「おらそんなのみぃしなし」
(私はそんなの見なかったですよ)
「もちなんかたべしなし」
(餅なんか食べていませんよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しない」があります。
これは「~だよね?」という意味です。
「かっこいいしない?」
(カッコイイよね?)
「あついしない?」
(暑いよね?)
という風に使われます。

しなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

軟らかい という意味です。
「しなしなした、しなっこいだいこん」
(やわやわとした、軟らかい大根)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しね」があります。
これは「しない、しません」という意味です。
「おらかしなんかたべしね」
(私はお菓子なんか食べませんよ)
「さけなんかのましね」
(酒なんか飲みません)
という風に使われます。

しなっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しながら という意味です。
「あるきしまたべるなんて、いまわけえもんはぎょうぎがわりい」
(歩きながら食べるなんて、今の若い人は行儀が悪い」
「にのみやきんじろうは、ほんよみしまたきものしょってあるいた」
(二宮金次郎は、本を読みながら焚き物を背負って歩いた)
という風に使われます。

しま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷える、凍りつく、凍る という意味です。
「こんばんはしみるから、だいこんしみないよーにしろ」
(今晩はぐっと冷え込むから、大根が凍らないようにしろ)
「すいどうかんがしみてはれつした」
(水道管が凍り付いて破裂した)
という風に使われます。

しみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帽子 という意味です。
「おれのしゃっぽとってくれや」
(私の帽子を取ってくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃんぼん」があります。
これは「葬式」という意味です。
「こんげつはじゃんぼんおおいなあ」
(今月は、お葬式が多いなあ)
という風に使われます。

しゃっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すごく、とても、甚だしく という意味です。
「しゃらうるせー」
(すごくうるさい)
「しゃらきたねえ」
(すごく汚い)
「しゃらごしてぇ」
(とても疲れた)
「しゃらめんどくせぇ」
(とても面倒くさい)
「しゃらしみる」
(とんでもなく寒い)
という風に使われます。

しゃら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

図々しい という意味です。
「しゃらっつね~だいや~」
(図々しいねえ)
「おいはしゃらっつね~な!」
(おまえは図々しい奴だな!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃばじょー」があります。
これは「辺り一面、そこら中」という意味です。
「しゃばじょーくさだらけでこまったもんだ」
(そこら中が草だらけで困ったものです)
という風に使われます。

しゃらっつねぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 下がる、戻る という意味です。
「さかみちでくるまとめたらうしろへしゃった」
(坂道で車を停めたら、車が後ろへ下がった)
という風に使われます。

 

② ~しなさる という意味です。
「こらしゃる」
(お出でなさる)
「たべらしゃる」
(お食べなさる)
「けえらしゃる」
(お帰りなさる)
「いかしゃる」
(お行きなさる)
という風に使われます。

しゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょぉ とも言います。

 

人々、~人たち、~衆 という意味です。
「おんなしょう」
(女の人たち)
「おとこしょう」
(男の人たち)
「わけぇしょうにまかせろや」
(若い人達に任せようよ)
「あっちのしょぉはあつまったかい」
(あちらの人達は集まりましたかねぇ)
という風に使われます。

 

また、”しょう”には「背負う」という意味もあります。

しょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全くどうしようもないものだ、仕方がないなあ という意味です。
怒ったり嘆いたりする時に使われます。
「ひるまからてれびばっかみてしょおねえもんだ。ちったあてつだえ!」
(昼間からテレビばかり見ていて、どうしようもないな。少しは手伝いなさい!)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「しょおてえなし」があります。
これは「疲労や泥酔で前後不覚になり、何も覚えていない状態」のことです。

しょおねえもんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつも、しょっちゅう という意味です。
「じょおやおせわさんでござんす」
(いつもお世話になっております)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じょお」があります。
これは「~中」という意味です。
「たまにちからしごとしたもんでからだじょおいて」
(たまに力仕事をしたので体中が痛い)
という風に使われます。

じょおや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おかしい、変なこと、変人 という意味です。
「おまえしょっぱいことすんなよー」
(おまえ、おかしなことをするんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょうしい」があります。
これは「恥ずかしい」という意味です。
「やだー!しょうしいわい!」
(嫌だ、恥ずかしいですわ!)
という風に使われます。

しょっぱい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雨がしとしと降る という意味です。
「あさからしわつくんで、さびこと」
(朝から雨がしとしと降るので寒いこと)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しらっとおもう」があります。
これは「しようと思う」という意味です。
「そうしらっとおもう」
(そうしようと思う)
「びーるでものまっとおもう」
(ビールでも飲もうと思う)
という風に使われます。

しわつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しれない、~でしょうねぇ という意味です。
「みずなかのさくらはもう咲いてるかしんねなあ」
(水中の桜はもう咲いているかもしれませんねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しんとう」があります。
これは「芯」という意味です。
「しんとうまでひがとおってるかみて」
(芯まで火が通っているか確認して)
という風に使われます。

しんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しよう、~しませんか という意味です。
「さー、おきず」
(さあ、起きよう)
「いかずか、おかずか、どーしずか」
(行こうか、やめようか、どうしようか)
「さあ、がっこういかず」
(さあ、学校に行きませんか)
という風に使われます。

ず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

酸っぱい という意味です。
「このうめぼしすい」
(この梅干は酸っぱい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すいたように」があります。
これは「好きなように」という意味です。
「すいたようにやりなんし」
(好きなようにしなさいな)
という風に使われます。

すい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面倒、根性、押しまず働く力 という意味です。
「~にずくをだす」
(面倒くさがらずに~をする)
「ずくがある」
(色々精力的に頑張る)
「ずくやんでちゃー、なんにもできねーじ」
(やる気を惜しんでいたら、何もできませんよ)
「ずくがあるねー」
(よく働くねえ)
という風に使われます。

ずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怠け者、ぐうたら、根性なし という意味です。
「あんなずくなしはない」
(あれほどのぐうたらはいない)
「おこたにぬくってるとずくなしだとおもわれるど」
(コタツに潜っていたら、怠け者だと思われるよ)
「ずくなししてる」
(ぐうたらしている)
という風に使われます。

ずくなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ダラダラする という意味です。
「ほら!ずくやでないの!」
(ほら!ダラダラしてるんじゃないよ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すうくう」があります。
これは「巣くう、巣を作る」という意味です。
「やねうらにはちがすうくいやがった」
(屋根裏に蜂が巣を作りやがった)
という風に使われます。

ずくやむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

助ける、手助けする という意味です。
「はかいってねみたいだからすけてやらず」
(はかどっていないようだから手助けしてあげましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すげえだんかい」があります。
これは「すごいものですね」という意味です。
「えいがにでたせうだんかい。すげえだんかい」
(映画に出たそうですね。すごいものですねえ)
という風に使われます。

すける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

発泡スチロール という意味です。
「そこにすちろぱーるのいれもんあっから、おなづけもってけ」
(そこに発泡スチロールの入れ物があるから、漬物を持って行きなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すってんか」があります。
これは「とても豪華、素晴らしい」という意味です。
「すってんかないえ」
(とても豪華な家)
という風に使われます。

すちろぱーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お金をかけた割に利益が上がらなかった ことを指します。
「こんどのしごとはすっぺこっぺで、ちっとももうからねかった」
(今度の仕事はとんとんで少しも儲からなかった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すべらっけ、すべっけ」があります。
これは「滑らか、すべすべ」という意味です。
「このもちはすべっけなぁ」
(この餅は滑らかだなあ)
という風に使われます。

すっぺこっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(否定的に)まるで という意味です。
「ずでちょうしわるくて、ちっともげーととおらねかった」
(まるで調子が悪くて、ちっともゲートを通らなかった)
という風に使われます。

 

これが「ずでこで」ですと「まるっきり駄目」という意味です。
「あめふらねかったんでやまのきのこはずでこでだな」
(雨が降らなかったので山の茸はまるっきり不作だなあ)
という風に使われます。

ずで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すまっこ とも言います。

 

隅、隅っこ という意味です。
「しらねもんばっかでしょうしかったからすまでちいさくなってた」
(知らない人ばかりで恥ずかしかったから、隅で小さくなっていた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すねこんぼう」があります。
これは「脛、向こう脛」という意味です。
「すねこんぼうはたっつけた」
(脛をぶつけた)
という風に使われます。

すま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しませんか、~するよね?、~だよね という意味です。
「めしくいにいくしない?」
(食事に行きませんか?)
「いっしょにあそぶしない?」
(一緒に遊びませんか?)
「さっさとべんきょうするしない?」
(さっさと勉強しませんか?)
「みにいくしない?」
(見に行くよね?)
という風に使われます。

するしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せえせえ とも言います。

 

清々しい、爽やか、すっきりした という意味です。
「あそこはせいせいしたいいところだ」
(あそこは清々しくて良い場所です)
という風に使われます。

 

標準語の”せいせいした”では、心情的にすっきりしたという使われ方をしますが
この場合は事象的にすっきりしていることを指します。
良い意味で使われます。

せいせいした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言う という意味です。
「ほれ、せってごらん」
(ほら、言ってらん)
「せったか、せわぬか、せってみろ」
(言ったか、言わなかったか、言ってみろ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せぇ」があります。
これは「~へ」という意味です。
「となりのいえせぇもってってくれ」
(隣のお宅へ持って行ってください)
という風に使われます。

せう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

息が切れる という意味です。
「かみなりなったんではたけからとんできたんでせえきれた」
(雷が鳴ったので、畑から走ってきたから息が切れた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せえふ」があります。
これは「財布」という意味です。

せえきれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からかう、おちょくる という意味です。
「となりのいえのぼこがあんまりかわいいんでせせったらなきだした」
(隣の家の子供があまりにも可愛いので、からかったら泣き出した)
という風に使われます。

 

また、 「(食べ物を)突っつく」という意味もあります。

せせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真面目、よく働く という意味です。
「あのいえのむすこはせっこういいわい」
(あのお宅の息子さんはよく働きますね)
という風に使われます。

 

逆の意味の言葉では「せんしょ」があります。
これは「お節介」という意味です。

せっこういい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小川、用水路 という意味です。
「うらのせんげにどじょうがいた」
(裏の用水路にドジョウがいた)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「せんぜはたけ」があります。
これは「家の近くの畑」という意味です。
「せんぜはたけでとれたいも」
(家の近くの畑で採れた芋)
という風に使われます。

せんげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そこら、そこそこ という意味です。
「むかしのこどもはじゅうややそこねでぼーせきにいかされたもんだ」
(昔の子どもは、十歳そこそこで紡績工場へ働きに行かされたものだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そこいら」があります。
これは「その辺、その辺り」という意味です。
「そこいらであそんでる」
(その辺で遊んでいる)
という風に使われます。

そこね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そぜる、ぞぜぇえる とも言います。

 

甘える、甘ったれる、駄々をこねる、甘い考え という意味です。
「そぜーるじゃねー」
(甘えるんじゃない)
「いつまでもそぜえてるじゃねえ」
(いつまでも甘えているんじゃない)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「ぞぜっちゃべり」があります。
これは「子どものような甘えた話し方」のことを言います。

そぜーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無駄が出る という意味です。
「ことしはたいふうのせいでりんごはえっぺそつがでた」
(今年は台風のおかげで林檎はたくさん無駄が出ました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そっける」があります。
これは「~し損なう」という意味です。

そつがでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寝る、横になる という意味です。
「いつまでもぞぜーてるじゃねえ」
(いつまでも寝ているんじゃない)
「そべってほんよむとめをわるくするぞ」
(横になって本を読むと、目を悪くしますよ)
「くたびれたからちょっとそべらず」
(疲れたから、少し横になろう)
という風に使われます。

そべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~と思う という意味です。
「あそこのいえにはきっとおたからがあるそもう」
(あそこの家には、きっとお宝があると思う)
「おらそんなことねえそもう」
(私はそんなことはないと思う)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そうな」があります。
これは「そうなのよ、そうなの、そうなんだよ、そうなのね」などという意味です。

そもう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんねんまく とも言います。

 

そんなに という意味です。
「そんねにいそぐな」
(そんなに急ぐんじゃない)
「そんねんまくいそいでどこいくだい?」
(そんなに急いで、どこに行くんですか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そんなことねえら」があります。
これは「そんな事はないでしょう」という意味です。

そんねに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~です という意味です。
「そうだだ!」
(絶対にそうなの!)
「よぱらってうんてんしただー?」
(酔っ払って運転したの?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たあくらたあ」があります。
これは「出来もしないような話、その話をする人」という意味です。
「たあくらたあこいてる」
(訳も分からないことを言ってる)
という風に使われます。

だ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だい とも言います。

 

~なさいな という意味です。
「とまっていったい」
(泊まっていきなさいな)
「やすんで(い)ったい」
(休んでいきなさいな)
「きゅうけいしたい」
(休憩しなさいな)
「やすんだい」
(休みなさいな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だいもち」があります。
これは「財産をたくさん保有している家や人」という意味です。

たい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 嵩む という意味です。
「しゃきんをたける」
(借金が嵩む)
という風に使われます。

 

② 取り付ける、付く という意味です。
「たかいところにものをたける」
(高い所に物を取り付ける)
「せなかにむしをたけている」
(背中に虫が付いている)
という風に使われます。

たける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~でしょ という意味です。
「おまえさん、そりゃはくさいだじ」
(あなた、それは白菜でしょ)
という風に使われます。

 

これが「だず、だあず」ですと「~でしょう、~でしょう?」という意味です。
「そうだあず」
(そうでしょう)
「おいもいっしょにいくだぁず?」
(あなたも一緒に行くでしょう?)
という風に使われます。

だじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

建つ という意味です。
「いえがたたる」
(家が建つ)
「あきちにおおきないえがたたった」
(空き地に大きな家が建った)
「おとこのこがうまれたんでこいのぼりのさおがたたった」
(男の子が産まれたので、鯉のぼりの竿が建った)
という風に使われます。

たたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だっつうど とも言います。

 

~らしいよ という意味です。
「あれはかりものだっつうわ」
(あれは借り物らしいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~だっちゅうど」があります。
これは「~だってば!」という意味です。
「いま、いそがしいんだっちゅうど!」
(今、忙しいんだってば!)
という風に使われます。

だっつうわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真っ直ぐに という意味です。
「あのやろあんなたけとっからたっけにすべっておりてきたせうで」
(あの野郎、あんなに高いところから真っ直ぐに滑って降りてきたそうですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だっちょもねえ」があります。
これは「つまらない、くだらない」という意味です。

たっけに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だから という意味です。
「あしたはめしめしごとするんだで、きょうははやくけえらず」
(明日は朝食前に仕事をするのですから、今日は早く帰りましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たてめ、たてじ」があります。
これは「上棟、棟上、建前」という意味です。

だで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だねかい とも言います。

 

~ですよ という意味です。
「そりゃあちがうだねか」
(それは違いますよ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「だもんで」があります。
これは「だから」という意味です。
「だもんでちごうっちゅうに」
(だから、違うって言ってるでしょう)
という風に使われます。

だねか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふくらはぎ という意味です。
「あるきすぎてたぶたぶこおりおきた」
(歩きすぎたので、ふくらはぎが痙攣した)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たべり」があります。
これは「食べて」という意味です。
「これたべり」
(これ、食べて)
という風に使われます。

たぶたぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だまくらかす とも言います。

 

騙す、欺く という意味です。
「だまくらかされてたけえもんかっちまった」
(騙されて高価なものを買ってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だめせ」があります。
これは「悪い、良くない、出来ない」という意味です。

だまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

狙う、狙いを定める、目標を定める という意味です。
「あのきをためてなげる」
(あの木に狙いを定めて投げる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だめだしなあ」があります。
これは「駄目ですよねぇ、駄目だからなぁ」という意味です。

ためる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆっくり、低速で進む様子 という意味です。
「まえのくるまがだらくうごいてるんで、おいこしてみたらとしよりのうんてんだった」
(前の車がゆっくり動いてるので、追い越して見たらお年寄りの運転だった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だらば」があります。
これは「~なら、~であるならば」という意味です。
「あめふりだらば」
(雨が降っているのならば)
という風に使われます。

だらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

誰と、誰が という意味です。
「だれぞおいっしょにでかけたんだ」
(誰と一緒に出掛けたんですか)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「だれどう」があります。
これは「誰々」という意味です。
”誰”の複数形です。
「だれどうでいくだ?」
(誰々で行くんですか?)
という風に使われます。

だれぞお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

誰でしょうねぇ、どなたですかねぇ という意味です。
「あんなまっくらんなかあるいてったのだれだしやぁ」
(あんな真っ暗な中を歩いていったのは誰でしょうねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だてっこき」があります。
これは「ほら吹き、キザな奴」という意味です。

だれだしやぁ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

内出血 という意味です。
「すねぶつけたらちーしんでぶすといろになったんでまむしざけつけたらじっきなおった」
(脛をぶつけたら内出血して紫色になったので、蝮酒をつけたら直に治った)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちーだらまっか」があります。
これは「血だらけ、血みどろ」という意味です。
「ほうちょうでゆびきってちーだらまっかんなった」
(包丁で指を切って血みどろになった)
という風に使われます。

ちーしむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちんけえ とも言います。

 

小さい という意味です。
「ちくせぇなりしてるのにちからはつよい」
(小さい体をしているのに力は強い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちっと、ちったぁ」があります。
これは「少し、少しは」という意味です。
「おまつりにはちっとばかこづかいもらっておみやへいったもんだ」
(お祭りには、少しばかりお小遣いを貰ってお宮へ行ったものです)
という風に使われます。

ちくせえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷たい という意味です。
「ちびててぇして、どこであそんでた」
(冷たい手をして、いったいどこで遊んでいたんだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょび」があります。
これは「子供がちょろちょろする」という意味です。
または、その子供のことを指します。

ちびて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゅっくれぇ、ちゅっかげん とも言います。

 

① 中くらい、ちょうどいいくらい という意味です。
また、良い意味でも悪い意味でも”いい加減”なことです。
「たなばたようにちょっくれなたけをきってきた」
(七夕用にちょうどいい竹を斬ってきた)

 

② いい加減、中途半端 という意味です。
「ちょっくれやろう」
(いい加減な奴)
「おいはなんでもかんでもちゅっくれぇだ」
(おまえは何でもかんでも中途半端だ)
という風に使われます。

ちょっくれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょうど、ピッタリ という意味です。
「ひろったくりをかぞえたらちょっきりひゃっこあった」
(拾った栗を数えたら、ピッタリ100個あった)
という風に使われます。

 

これが「ちょうどっこに」ですと「きちんと、ちゃんと」という意味です。
「ちょうどっこにやれたためしがない」
(きちんと出来た試しがない)
という風に使われます。

ちょっきり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょんこづく とも言います。

 

調子に乗る、いい気になる、天狗になる という意味です。
「おまえ、ちょんこづいてんじゃないよ」
(おまえ、いい気になってるんじゃないよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちょっけはやい」があります。
これは「機敏、手が速い」という意味です。

ちょんこずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

突っ張り棒、突っ支い棒 という意味です。
「たいふうくるんでりんごにつかいんぼした」
(台風が来るので、林檎に突っ支い棒をした)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つよ」があります。
これは「杖」という意味です。

また、「露」という意味もあります。

つかいんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(判子を)押す という意味です。
「たくはいびんきたんではんこついてやれや」
(宅配便が来たので、判子を押してあげてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つくなる」があります。
これは「固まっている、積み重なっている」という意味です。

つく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

突き出す、手渡す という意味です。
「だまってつったされたってなんのことかわからねわい」
(黙って突き出されたって、何の事だか分からないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つっぺる」があります。
これは「滑る」という意味です。
「ゆきでつっぺってさかみちをのぼれなかった」
(雪で滑って坂道を登れなかった)
という風に使われます。

つったす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

窄める という意味です。
「かさをつぼめる」
(傘を窄める)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つぼあし」があります。
これは「裸足、素足」という意味です。
「このさむいにつぼあしだに」
(この寒いのに、裸足だよ)
という風に使われます。

つぼめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つみっかく とも言います。

 

爪で引っ掻く という意味です。
「かにくわれたとこがかいいんでつめっかいたらちがでた」
(蚊に刺されたところが痒いので、引っ掻いたら血が出てきた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つめくる、つめつける」があります。
これは「抓る」という意味です。

つめっかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つまい とも言います。

 

きつい、狭い という意味です。
「ずぼんのさいずがちいさくてつもい」
(ズボンのサイズが小さくてきつい)
「このくつつもい」
(この靴、小さくてきつい)
「ふとったらずぼんのおなかのところがつもくなった」
(太ったらズボンのお腹のところがきつくなった)
という風に使われます。

つもい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

結束する、縛る という意味です。
「しんぶんをつるべてはいひんかいしゅうにだす」
(新聞を縛って廃品回収に出す)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つける」があります。
これは「(荷物を)載せる、積む」という意味です。
「にもつをくるまのうしろにつけといてくりや」
(荷物を車の後ろに積んでおいてください)
という風に使われます。

つるべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

分量、嵩 という意味です。
「まあ、かてくてでーのあるあめだまだこと」
(まあ、硬くて食べごたえのある飴玉ですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てえら」があります。
これは「平ら」という意味です。
「まってえらだな」
(真平らですね)
という風に使われます。

でえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

多大な、多額の という意味です。
「かぶやってでかくそんこいた」
(株をやって多額の損失を被った)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「でかさわぎ」があります。
これは「大騒ぎ、賑やか、混乱している」という意味です。

 

さらに程度を増すと「でっかさわぎ」になります。

でかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

コブや吹き出物が出る という意味です。
「りんごのえだにあたまはたっつけたらこぶでかした」
(りんごの枝に頭をぶつけたら瘤が出来た)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でこしゃこ」があります。
これは「凸凹(でこぼこ)」という意味です。
「とそうがいたんできてみちでこしゃこしてる」
(舗装が傷んできて道路が凸凹になっている)
という風に使われます。

でかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てきない とも言います。

 

疲れた という意味です。
「てきねえなあ」
(疲れて苦労だなあ)
「きょうは、いっぱいしごとしたからてきねえや」
(今日は、いっぱい仕事したから疲れたよ)
「これっぽっちで、もーてきねくてさ。こまったもんだじ」
(こんな少しで、もー疲れちゃって。困ったものです)
という風に使われます。

てきねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(少し小ばかにした感じで)~でいらっしゃる という意味です。
「あのひとはおじょうひんでけつかる」
(あの人はお上品でいらっしゃる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てえもねえ、げえもねえ」があります。
これは「つまらない」という意味です。
「そんなてえもねえこというねえ」
(そんなつまらないことを言うんじゃない)
という風に使われます。

でけつかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~てさえ という意味です。
「こめのまんまくってせいればしごとできる」
(お米のご飯を食べてさえいれば仕事は出来る)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「でせ」があります。
これは「~でさえ」という意味です。
「いちろーでせとれねんだもん、とれっこねえやさ」
(イチローでさえ取れないのだから、取れっこないよね)
という風に使われます。

てせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鼻水 という意味です。
「ぼこでっぱなたらしてたんでふきのはっぱでかんでやった」
(赤ん坊が鼻水を垂らしていたので、蕗の葉でかんであげた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でっけ」があります。
これは「大きい」という意味です。
「で~~っけまつたけとってこらった」
(大きな松茸を採っておいでになった)
という風に使われます。

でっぱな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てっぴね とも言います。

 

頂上、てっぺん という意味です。
「はしごのてんみねからおったけん、けがしなかったかい」
(梯子のてっぺんから落ちたけど、怪我しませんでしたか)
「あさまやまのてっぴねにくもがかかってる」
(浅間山の頂上に雲が掛かっている)
という風に使われます。

てんみね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~ですよ という意味です。
「こんやはおらちもおやきやくんどー」
(今夜は我が家でもおやき焼くんですよ)
「そんなことせったってだめどー」
(そんなこと言っても駄目ですよ)
という風に使われます。

 

② どれどれ という意味です。
「ど~、ちょっとみしてみー」
(どれどれ、ちょっと見せてごらん)
という風に使われます。

どー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

殴る、叩く という意味です。
「いうこときかなきゃどうずきあげるぞ」
(言う事を聞かなければ、殴るぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どうずり」があります。
これは「横着、怠け者」という意味です。
「あいつはどうずりだからだめだ」
(あいつは怠け者だからいけない)
という風に使われます。

どうずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうゆうでぇ とも言います。

 

どうしたの、どうしうこと という意味です。
「ちょっとおめさん、どうゆう?」
(久しぶりだね、どうしたの?)
「ぼーなすかっとってどうゆうでぇ!」
(ボーナスカットって、どういうことだ!)
「ちょっとおめさん、どうゆう!」
(おいお前、どういうことだ!)
という風に使われます。

どうゆう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

倉、土蔵 という意味です。
「あのいえのどおぞにはおたからがえっぺへってるんだって」
(あのお宅の土蔵にはお宝がたくさん入っているんだそうだ)
という風に使われます。

 

これが「どぉ」ですと「公会堂」という意味です。
「どぉのうらのち」
(公会堂の裏のお宅)
という風に使われます。

どおぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 一時的に、とりあえず という意味です。
「ときにそこへおいとけや」
(とりあえずそこへ置いておきましょう)
という風に使われます。

 

② ところで という意味です。
「ときに、こんやのおかずはなんだいやぁ」
(ところで、今夜のおかずはなんですかねぇ)
という風に使われます。

ときに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どのくらい という意味です。
「めかたはどのかんあるやぁ」
(重量はどの位ありますかねぇ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どかんどかん」があります。
これは「たくさん」という意味です。
「ゆきがどかんどかんふる」
(雪がたくさん降る)
という風に使われます。

どのかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(火が)消える という意味です。
「まきをくべなきゃとぼれてきちゃうで」
(薪をくべなくては火が消えてしまうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とんぼす」があります。
これは「飛び越える」という意味です。
「このばしょをとんぼしてっただよ」
(この場所を飛び越えて行ったよ)
という風に使われます。

とぼれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どろをかく とも言います。

 

不平を言う、駄々を捏ねる という意味です。
「さけをのんでどろかいた」
(酒を飲んで不平を言った)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どぜいとる」があります。
これは「ふざけてる」という意味です。
「あのやろう、どぜいとるわ」
(あの野郎、ふざけてるな)
という風に使われます。

どろかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遠い という意味です。
「えれえとわいところまでいったない」
(ずいぶんと遠い所まで行きましたね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とをたてる」があります。
これは「戸を閉める」という意味です。
「そこのとをたっといて」
(そこの戸を閉めておいて)
という風に使われます。

とわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

走って行く、急いで行く という意味です。
「ちょっとそこまでとんできて」
(ちょっとそこまで走って行って来て)
という風に使われます。

 

”とぶ”で「走る」という意味です。
「とべ!とべ!」
(もっと速く走れ!)
という風に使われます。

 

また、「とびっくら」ですと「駆けっこ、徒競走」という意味です。
「とびっくらしよー」
(駆けっこしよう)
という風に使われます。

とんでく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だいたい、区切りのいいところ、おおむね という意味です。
「なからおわった」
(だいたい終わった)
「なからいいんじゃない?」
(だいたいいいんじゃない?)
「なからにしてこびるにするじ」
(区切りがいいところで、休憩にしましょう)
という風に使われます。

なから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

尊敬語、目上に対する丁寧な挨拶 です。
「おうちじゃー、どーしなさんすね」
(お宅ではどうなさいますか)
「おあがりなさんしょ」
(お上がりください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なす」があります。
これは「返済する」という意味です。
「しゃっきんをなす」
(借金を返済する)
という風に使われます。

なさんす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~して下さい、~なさい という意味です。
「よっとくんなして」
(家にお入りください)
「おやすみなして」
(おやすみなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんし」があります。
これは「~したら」という意味です。
「もっとのみなんし」
(もっと飲んだら?)
「はやくいきなんし」
(早く行ったら?)
という風に使われます。

なして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なるい とも言います。

 

傾斜が緩やか、楽に、優しい、簡単 という意味です。
「なせえなさかみち」
(傾斜が緩やかな坂道)
「なるいさか」
((勾配が)楽な坂)
「なるいあじ」
(微妙な味)
「なるいもんだい」
(簡単な問題)
という風に使われます。

なせえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どう という意味です。
「あんべーなっちょだい」
(具合はどうですか?)
「てすとのけっかはなっちょ?」
(テストの結果はどうだい?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なっちょかに」があります。
これは「適当に」という意味です。
「なっちょかにやっとけや」
(適当にやっておいてください)
という風に使われます。

なっちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 何にも という意味です。
「このかんばつじゃあ、ちっとばかあめふったってなっちょもねえ」
(この干ばつでは、少しくらい雨が降ったとしても何ともない)
という風に使われます。

 

② 何とか という意味です。
「なっちょもたいふうあっちいってくれればいいんだけんなあ」
(何とか台風があちらの方へ行ってくれればいいんですけどねぇ)
という風に使われます。

なっちょも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何とも という意味です。
「わるさばかこいてなっともしょおねえもんだ」
(悪戯ばかりして何とも仕方のないことだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんしろ」があります。
これは「何としても」という意味です。
「なんしろごーかくしねーと、はなしになんねぇ」
(何としても合格してもらわないと、話になりません)
という風に使われます。

なっとも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ついでに、片手間に という意味です。
「かぼちゃうえるとこなんかなにしごとにつくっといてやるよ」
(南瓜の苗を植える所なんか、ついでに作ってあげますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なっちょに」があります。
これは「どんなにか」という意味です。
「なっちょによからず」
(どんなにか、良いでしょうかねぇ)
という風に使われます。

なにしごとに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とてつもない という意味です。
「なむねぇでっかいかぼちゃができた」
(とてつもなく大きなカボチャが出来た)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なにぞお」があります。
これは「(複数)何々を」という意味です。
「あしたははたけへなにぞおもってけばいいんだやぁ」
(明日は畑へ何々を持って行けばいいんでしょうねぇ)
という風に使われます。

なむねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なさる という意味です。
「きなる」
(お出でなさる)
「たべなる」
(お食べなさる)
「かえりなる」
(お帰りなさる)
「いきなる」
(お行きなさる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なり」があります。
これは「身なり」という意味です。
「そんなみっともねえなりするもんじゃねえ」
(そんなみっともない身なりをするんじゃない)
という風に使われます。

なる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なるたけ とも言います。

 

なるべく、できるだけ という意味です。
「なるったけやさしくするずら?」
(なるべく優しくしてくれるよね?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なりお」があります。
これは「だらしがない」という意味です。
「おめはほんとになりおだ」
(おまえは本当にだらしがないな)
という風に使われます。

なるったけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんけりでも とも言います。

 

何度でも、何回でも という意味です。
「なんけりもくりかえしてやっとおぼえた」
(何度も繰り返してやっと覚えた)
「うんまくなるまでなんけりでもやってみろ」
(上手になるまで何回もやってみなさい)
という風に使われます。

なんけりも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にやか とも言います。

 

賑やか、混んでいる という意味です。
「きょうはやすみだから、えれえにやかだ」
(今日は休みだから、ずいぶんと賑やかだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にぃー」があります。
これは「~だね、~じゃん」という意味です。
「さっかーじょうずだにぃー」
(サッカー上手だねー)
という風に使われます。

にいやか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬくとい、のくとい とも言います。

 

暖かい、温かい という意味です。
「おふろがぬくい」
(お風呂が温かい)
「こたはぬくといなあ」
(コタツは暖かいなあ)
「こたでぬくとまってね」
(コタツで温まってね)
という風に使われます。

ぬくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無いですよ という意味です。
「おらちにはおたからなんかねーど」
(我が家にはお宝なんか無いですよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ねくなる」があります。
これは「無くなる」という意味です。
「このふゆはさびかったんでたきもんがはやくねくなった」
(この冬は寒かったので焚物が早く無くなった)
という風に使われます。

ねーど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あまり良くない、いまいち という意味です。
「きょうのてんきはねっからだなあ」
(今日の天気はいまいちだなあ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ねなくら」があります。
これは「戯言(たわごと)」という意味です。

ねっから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

末っ子 という意味です。
「あいつは、ねこのしっぽだ」
(あいつは、末っ子です)
「おまえはねこのしっぽだよ」
(おまえは末っ子だよ)
という風に使われます。

 

家を継ぐこともない末っ子が、何の役にも立たない猫の尻尾のようなものだということからきているようです。

ねこのしっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寝る という意味です。
「そんなにねむけりゃねておきな」
(そんなに眠いのなら(ちょっと)寝れば(元気になるよ))
という風に使われます。

 

これが「ねーる」ですと「眠る」という意味です。
「としょりはごじかんもね~ればいい」
(年寄は5時間も眠れば十分です)
という風に使われます。

ねておきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のんびり、ゆっくり という意味です。
「きょうはやすみだからのうのうねてられる」
(今日は休みだから、ゆっくり寝ていられる)
という風に使われます。

 

これが「のう」ですと「縫う」という意味です。
「のいばり」
(縫い針)
「のいもん」
(縫い物)
という風に使われます。

のうのう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

尚更、余計に、さらに という意味です。
「じゃまだからせってきのえだきればのおげんきんなる」
(邪魔だからというので木の枝を切ると余計に元気になる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねし」があります。
これは「~無いし」という意味です。
「そんなことねし」
(そんな事は無いし)
という風に使われます。

のお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬかる という意味です。
「あめふってみちがのかるんであるきずれ」
(道がぬかるので歩きにくい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のっくむ」があります。
これは「飲み込む」という意味です。
「このじゃがいもでっかくてのっくめねぇ」
(このジャガイモ、大きくて飲み込めない)
という風に使われます。

のかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

抜ける という意味です。
「ぷりんsぺろんのほどがのけたんでたべられるど」
(プリンスメロンのへたが抜けたので食べられるよ)
という風に使われます。

 

これが「のけおちる」ですと「抜け落ちる」という意味です。
「あたまあらったらあたまのけえっぺのけおちた」
(洗髪したら髪がたくさん抜け落ちた)
という風に使われます。

のける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

盗む という意味です。
「つんどいたもみそっくりのすまれた」
(積んでおいた籾が全部盗まれた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のす」があります。
これは「登る、上る」という意味です。
「きにのす」
(木に登る)
という風に使われます。

のすむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不器用で怠け者 という意味です。
「のてで、どうしようもねえ」
(不器用で怠け者で、どうしようもない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のめす」があります。
これは「怠ける」という意味です。
「のめしてばっかいたもんでちからがでなくなった」
(怠けてばかりいたので、力が出なくなった)
という風に使われます。

のて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遅い、とろい、のろい という意味です。
「おめさん、のぶいじゃあ」
(あなた、遅いなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のりい」があります。
これは「温い」という意味です。
「のりいおちゃだされた」
(温いお茶を出された)
という風に使われます。

のぶい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

塗る という意味です。
「とたんやねにぺんきのる」
(トタンの屋根にペンキを塗る)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のれる」があります。
これは「濡れる」という意味です。
「あめふってきたからはやくいえんなかへえらねえとのれるど」
(雨が降ってきたから、早く家の中に入らないと濡れるよ)
という風に使われます。

のる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばやん とも言います。

 

お婆さん という意味です。
「あっこんちのばあやんもうじき90にならるせうに、はたけでくさむしりしてらるで」
(あのお宅のお婆さんはもうじき90歳におなりになるというのに、畑で草むしりをしてらっしゃいますよ)
という風に使われます。

ばあやん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長い時間が経過している という意味です。
「はあるかすしたべべにいってねぇなあ」
(ずいぶん長いことお寿司を食べに行ってないねぇ)
という風に使われます。

 

これが「はあるかぶり」ですと「久しぶり」という意味です。
「はあるかぶりだねえ」
(久しぶりだねえ)
という風に使われます。

はあるか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はえー とも言います。

 

早い、速い という意味です。
「よたかしてるんであさのはえのはまるっきりだめど」
(夜更かしをしているので朝が早いのはまったく駄目ですねえ)
「あっこんちのばあやんもうじき90にならるせうに、あしのはえことはえこと」
(あのお宅のお婆さんはもうじき90歳におなりになるというのに、足の速いこと速いこと)
という風に使われます。

はえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほんの少し、たった~ぽっち、たった~だけ という意味です。
「これっぱか」
(これっぽっち)
「それっぱか」
((たった)それだけ)
「ことしはてんきわるかったんでこれっぱかしかまめできなかった」
(今年は天候が不順だったのでたったこれだけしか豆が収穫できなかった)
という風に使われます。

ぱか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くしゃみ という意味です。
「かぜひいたらしく、はくしょばっかでる」
(風邪をひいたらしく、くしゃみばかり出る)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はごす」があります。
これは「外す」という意味です。
「かたのぎりはごした」
(肩を脱臼した)
という風に使われます。

はくしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捲り上げる という意味です。
「こたつにひいいれるからふとんはぐっとけや」
(炬燵に熾き火を入れるので布団を捲くり上げておいてくださいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はかいく」があります。
これは「片付く、終わりに近付く」という意味です。

はぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かじかむ(悴む)、寒くて手足が凍える という意味です。
「てぇはじかんでしごとできねくなったからけえらず」
(手が悴んで仕事ができなくなったから帰りましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はずむ」があります。
これは「我慢できないさま、耐え難い」という意味です。

はじかむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からりと乾いた様子 という意味です。
「このしたぎ、はしゃばしゃしてきもちいいなー」
(この下着は、よく乾いてさっぱりして気持ちいいなあ)
という風に使われます。

 

これが「はしゃぐ」ですと「乾燥する」という意味です。
「おてんとさんおでやったらはしゃいできた」
(太陽が出てきたら乾燥してきた)
という風に使われます。

はしゃばしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はたっつける とも言います。

 

強くぶつける、叩きつける という意味です。
「しらねねこうちんなかへってきたんでほうきはたきつけてやった」
(知らない猫が家の中に入ってきたので箒を叩きつけてやった)
「こないだくるまをはたっつけちゃった」
(このあいだ車をぶつけちゃった)
という風に使われます。

はたきつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶつかる、衝突する という意味です。
「よそみしてたらでんちゅうにはたっつかった」
(余所見をしていたら、電柱にぶつかった)
「くるまにはたっつかってけがした」
(車に衝突して怪我した)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はたっころぶ」があります。
これは「勢いよく転ぶ」という意味です。
「いっせなしはたっころんでけがした」
(ものすごい勢いで転んで怪我をした)
という風に使われます。

はたっつかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はっぱる、おっぱる、はっぱりつける とも言います。

 

貼り付ける という意味です。
「せなかにしっぷやくをはっつける」
(背中に湿布薬を張り付ける)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はったおす」があります。
これは「張り倒す」という意味です。

はっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

始める、取り掛かる という意味です。
「さきにごはんをたべはねろ」
(先にご飯を食べ始めなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はねっくれる、はねっけぇる」があります。
これは「飛び廻る、暴れる、ひっくり返る」という意味です。
転じて「はねっけえり」では「お転婆」という意味になります。

はねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はりねぇ とも言います。

 

張り合いが無い、寂しい、つまらない という意味です。
「ことしはさくらんぼがちっとしかならねんで、はんねぇこと」
(今年はさんくらんぼが少ししか成らないので、つまらないことだ)
という風に使われます。

 

これが「はりい」ですと「張り合い」という意味です。
「まごはくちもきかねではりいのねえこと」
(孫は話もしないので張り合いのないこと)
という風に使われます。

はんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みずみずしい という意味です。
「このめろんびしょびしょしていてうんまい」
(このメロン、みずみずしくて美味しい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「びしょったい」があります。
これは「小汚い」という意味です。
「そんなびしょってぇしこしてなにしてるだ)
「そんな小汚い恰好して何してるの?
という風に使われます。

びしょびしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

欠く、割る、折る という意味です。
「ちゃわんがおちてひっかけた」
(茶碗が落ちて割れてしまった)
「いちまいのせんべを、ひっかいてわけてたべた」
(1枚の煎餅を、割って分けて食べた)
「つまずいてころんだら、あしのほねがひっかけた」
(躓いて転んだら、足の骨が折れた)
という風に使われます。

ひっかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひすばる とも言います。

 

干からびる、乾く という意味です。
「くるくるすしのねたがひっかすばってた」
(回転寿司のネタが干からびていた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひっからがる」があります。
これは「絡まる」という意味です。
「くさがのびてあしにひっからがってあるきずれえこと」
(草が伸びて足に絡まるので歩きにくいことだ)
という風に使われます。

ひっかすばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

対になったものの長さ(高さ)が異なっていることを指します。
「このはしびっこだで」
(この箸の長さが違っていますよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「びっこひゃっこ」があります。
これは「ちぐはぐ」という意味です。
「くつしたのいろがみぎとひだりでちがってびっこひゃっこだ」
(靴下の色が右と左で違ってちぐはぐだ)
という風に使われます。

びっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっちげえる とも言います。

 

捻挫する、筋を違える という意味です。
「ふんがしげてあしひっちげた」
(踏み外して足を捻挫した)
「あしくびをひっちげぇた」
(足首を捻挫した)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「びっこ」があります。
これは「足」という意味です。

ひっちげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっちゃばく、ひっちゃうく とも言います。

 

勢いよく破く という意味です。
「ちゃのまのしょうじひっちゃいたのだれだ」
「茶の間の障子を破ったのは誰だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「びっこちゃっこ」があります。
これは「揃っていない」という意味です。
「くつがびっこちゃっこ」
(靴が揃っていない)
という風に使われます。

ひっちゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

背負う という意味です。
「だいこんえっぺこいだんでひっちょってきた」
(大根をたくさん引き抜いたので背負ってきた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひっちらかす」があります。
これは「散らかし放題にする」という意味です。
「おもちゃひっちらかしておかねで、かたづけろ」
(玩具を散らかしっぱなしにしておかないで、片付けなさい)
という風に使われます。

ひっちょる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引っ張る、吊る という意味です。
「ぴんとはるようにもっとひっつってくりや」
(ピンと張るように、もっと引っ張ってください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひっつく」があります。
これは「付着する」という意味です。
「のしもちをかさねておいたらひっついてはがれなくなった」
(のし餅を重ねておいたらくっ付いて剥がれなくなった」
という風に使われます。

ひっつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひとっきり とも言います。

 

ちょっとの間、少しの時間 という意味です。
「ひとっきり、ねておきろ」
(少しの時間、寝ろ)
「ひっときらとんでくら」
(ちょっとの間で走って行ってきます)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひとっぺに」があります。
これは「一度に、一気に」という意味です。

ひとっきら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一箇所、同じところ という意味です。
「ひとっとこきずがあってもりんごはうりものにならない」
「一箇所傷があっても、りんごは売り物にならない)
(きのこがいとっとこになんぼんもはえていた」
「茸が同じ所に何本も生えていた)
という風に使われます。

ひとっとこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かがっぽい、まじっぽい とも言います。

 

眩しい という意味です。
「まー、ひどろってーなー」
(すごく眩しいなあー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひてぐち」があります。
これは「おでこ」という意味です。
「ひてぐちひろいない」
(おでこ広いねー)
という風に使われます。

ひどろってー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひょおしわりい とも言います。

 

運が悪い という意味です。
「あさはやくこどもをがっこうへくるまでおくってってひっつかまるなんてひょおしわりいなあ」
「朝早く子供を学校へ車で送って行って警察に捕まるなんて、運が悪いねえ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ひょうしゃわりい」があります。
これは「恥ずかしい、きまりが悪い」という意味です。

ひょおしわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

変になった、おかしくなった という意味です。
「あんまりあちんでひよっっちまった」
(あまり暑いのでおかしくなってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひょろう」があります。
これは「拾う」という意味です。

ひよった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 乾く という意味です。
「あさほしたふとんもうひたかいやぁ」
(朝干しておいた蒲団乾いたかなあ)
「おちゃものまねでしごとしたんでのどひた」
(お茶も飲まないで仕事をしたので喉が乾いた)
という風に使われます。

 

② 放る という意味です。
「へをひる」
(おならを放つ)
という風に使われます。

ひる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

日雇いで働く、日庸取り という意味です。
「りんごがやせえから、ひろっとりにでもいってかせがず」
(りんごが安いから、日雇い作業にでも行って稼ごう」
という風に使われます。

 

関連する言葉では「ひめ」があります。
これは、外へ稼ぎに行く時の「日当、日給」という意味です。

ひろっとり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びちゃる、べちゃる とも言います。

 

捨てる という意味です。
「そんなもん、はーくぶちゃり」
(そんなもの、早く捨てなさい)
「くさったりんごやまへべちゃってきた」
(腐った林檎を山へ捨ててきた)
という風に使われます。

ぶちゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

打つ、撃つ、撲つ という意味です。
「たあぶち」
(田を鍬などで耕す)
「てっぽぶち」
(鉄砲撃ち、漁師)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぶに」があります。
これは「~分、取り分、分け前」という意味です。
「おれのぶにやるからくえ」
(私の分を上げるから食べなさい)
という風に使われます。

ぶつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶらさがる という意味です。
「こんふゅーざーがりんごのえだにぶるかっている」
(コンフューザーが林檎の枝にぶらさがっている)
という風に使われます。

 

これが「ぶらさげる」の場合には「ぶるける」と言います。
また、「ふるしき」は「風呂敷」という意味です。

ぶるかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お知らせ、連絡、通達 という意味です。
「みちぶしんのふれあったかいやあ」
(道普請の連絡はありましたかねえ)
という風に使われます。

 

また、「ふれくち」とも言ったりします。
これは”ふれ”を伝達する役目や、その当番 という意味です。
「ことしはおらちがふれくちなんでよろしく」
(今年は私達が伝達当番なのでよろしく)
という風に使われます。

ふれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

足を出す、踏み込む という意味です。
「こたつにふんごんでおくんなさい」
(コタツに足を出してください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふんがしげる」があります。
これは「踏み違える」という意味です。
「あしをふんかしげてねんざした」
(足を踏み違えて捻挫した)
という風に使われます。

ふんごむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

本当 という意味です。
「よんべなひょうふってりんごがでかさわぎにきずんなったせうけんふんとかいやあ」
(昨夜雹が降って林檎がとてもひどい傷になったそうだけど本当ですかねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぶんちょ」があります。
領分、敷地 という意味です。
「そこはおらちのぶんちょだねえど」
(そこは我が家の領分ではないぞ)
という風に使われます。

ふんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ぽい、~のようだ、~らしい という意味です。
「ちょっとかぜっぺなあ」
(ちょっと風邪気味だなあ)
「あしたはあめっぺなあ」
(明日は雨っぽいなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へっぺへっぺ」があります。
これは「疲れて大変な事」という意味です。

ぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう という意味です。
「へぇけーる」
(もう帰る)
「へー、いけるだかや」
(もう行けるのか)
「へー、さびいから、またな」
(もう寒いから、またね)
「あんなにえっぺあったお菓子がへ~終わった」
(あんなに沢山あったお菓子がもう終わった)
「へ~ひるかい」
(もう昼ですか)
という風に使われます。

へぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

灰 という意味です。
「へえざら」
(灰皿)
「だんろのへえがえっぺんなったんでとってくりや」
(暖炉の灰がいっぱいになったので取り出してください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「べーた、べーたんぼう」があります。
これは「(細くない)棒」という意味です。

へえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

入る という意味です。
「なかまにへーり?」
(仲間に入りませんか?)
「はやくふろへえれや」
(早く風呂へ入りなさい)
という風に使われます。

 

これが「へった」ですと「入った」という意味です。
「もうみんなふろへったかやあ」
(もう皆さん風呂に入りましたかねえ)
「みんなへったせうで」
(皆さん入ったそうですよ)
という風に使われます。

へーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

土、泥の塊、泥 という意味です。
「きょうはいちにちべといじってたから、べとだらけになった」
(今日は一日、土をいじってたから、泥だらけになった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へこ」があります。
これは「蟻地獄、ウスバカゲロウの幼虫」という意味です。
「じんじゃののきしたにへこのすがある」
(神社の軒下に、蟻地獄の巣がある)
という風に使われます。

べと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

舌 という意味です。
「へら、かんじゃった」
(舌を嚙んでしまった)
「あっちっい!へらやけどしたぁ~」
(熱い!舌を火傷したー!)
「へらだしてみな」
(舌を出してみなさい)
「へらかんじゃった」
(舌を噛んでしまった)
という風に使われます。

へら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほぉ とも言います。

 

方 という意味です。
方向や地域などを示す言葉です。
「おらほはこうしてるけん、おめぇたほぉじゃどうしてるだい」
(私どもの地区ではこうしていますが、あなたの地区ではどうしておられますか)
という風に使われます。

ほ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほんじゃあ とも言います。

 

それじゃあ という意味です。
「ほいじゃあね、またね」
(それじゃあね、またね)
「ほいじゃあいくか」
(それじゃあ行くか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほーじゃあるめぇ」があります。
これは「それは違うでしょう」という意味です。

ほいじゃあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① そう という意味です。
「ほうじゃねぇだけぇ?」
(そうじゃないですか?)
という風に使われます。

 

② ほら、えーっと など、会話の途中で同意を求める言葉です。
「このはいゆう、ほう、だれだっけ」
(この俳優、ほら、えーっと誰だっけ?)
という風に使われます。

ほう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほっつける とも言います。

 

投げ出す という意味です。
「がっこうからかえるとかばんをほうりつけたまんまにしてあそびにはした」
(学校から帰ると鞄を投げ出したままにして遊びに行った)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほうゆうけえ」があります。
これは「そうなんだ」という意味です。

ほうりつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

非常に、すごく という意味です。
「きょうはしみるから、ほうとのくとくしてかなきゃだめだで」
(今日は寒いから、すごく温かくしていかなきゃ駄目だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほいだもんで」があります。
これは「だから」という意味です。
「ほいだもんでわしがやったに」
(だから私がやっておいたよ)
という風に使われます。

ほうと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(植物が)育つ、繁る という意味です。
「たんぼのまんなかだけほけてきた」
(田んぼの真ん中だけ繁ってきた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼける」があります。
これは「しなしな、シャキシャキしなくなった状態」という意味です。
「このりんごぼけてる」
(このリンゴシャキシャキした歯ごたえが無くなっている)
という風に使われます。

ほける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

決まった順番 という意味です。
「むらのやくいんがほっぺたまわしでまわってきた」
(村の役員が決まった順番で回ってきた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほっこ」があります。
これは「頬被り」という意味です。
「あんまりさびかったからてぬぐいでほっこした」
(とても寒かったので手ぬぐいで頬被りした)
という風に使われます。

ほっぺたまわし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひやかす とも言います。

 

(水に)浸しておく、浸す という意味です。
「おちゃわん、ほとばしといて」
(お茶碗を水に浸しておいて)
「こめをほとばす」
(お米を浸しておく)
「てがほとびた」
(手がふやけた)
という風に使われます。

ほとばす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にきび、吹き出物 という意味です。
「かおじゅうでっかさわぎにぼろでかしてる」
(顔中一面に吹き出物をつくっている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼっち」があります。
これは「栓」という意味です。
「そのびんにぼっちしなきゃこぼれちまう」
(その瓶に栓をしないと、溢してしまう)
という風に使われます。

ぼろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほいで とも言います。

 

それで、そして という意味です。
「あっこへいってかえってきて、ほんで、またあそんだ」
(あそこへ行って帰ってきて、そして、また遊んだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほのす、ほどす」があります。
これは「ほどく」という意味です。
「むすんだなわをほのす
(結んだ縄をほどく)
という風に使われます。

ほんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まったく、本当に、大変な という意味です。
「せみが、まあずうるさい」
(蠅が、まったくもってうるさい)
「まあずこのこはがたっこで・・・」
(まったくこの子はいたずらっ子で・・・)
「さくらがまんかいになってまあーずきれいだんね」
(桜が満開になって、本当に綺麗ですね)
という風に使われます。

まあず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、すごく、大変 という意味です。
「まあでりっぱないえだ」
(とても立派な家だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まあま」があります。
これは「綺麗」という意味の幼児語です。
「まあまなふくきてかわいいぼこだこと」
(綺麗な服を着て可愛い赤ん坊だこと)
という風に使われます。

まあで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まいで、まえでっか とも言います。

 

前、前方 という意味です。
「まえでにまわって」
(正面(前の方)に回って)
「まえでにたたないで」
(前に立たないで)
「すーぱーのまえでに、ゆうびんきょくがある」
(スーパーの前に郵便局がある)
「まえでにおく」
(前方に置く)
という風に使われます。

まえで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暗くなる様子 のことを指す言葉です。
「まくまくしてきた」
(暗くなってきました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まけ」があります。
これは「一族」という意味です。
「すずきまけのはか」
(鈴木一族の墓地)
という風に使われます。

まくまく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~した方が良いですよ、~しなさい という意味です。
「そりゃいいましょ」
(それは言った方が良いですよ)
「はやくいきましょ」
(早く行きなさい)
「はやくあがりましょ」
(早く召し上がりなさい)
という風に使われます。

ましょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まつべる とも言います。

 

面倒をみてまとめる、散らばっているものを集める という意味です。
「あのひとがまつめてくれたもんで、みんなでりょこうにいけただ」
(あの人が面倒をみてくれたので、皆で旅行に行けたのだ)
「ちいさなだんごにしたものをまつべて、だんだんおおきなだんごにこねていく」
(小さな団子にしたものを集めて、だんだん大きな団子に捏ねていきます)
という風に使われます。

まつめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

非常に急いで という意味です。
「まっくるけえしてとんでった」
(とても急いで走って行った)
という風に使われます。

 

似たような言葉には「まっくろけって」があります。
これは「一目散に走って行くさま」を指す言葉です。

まっくるけえして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

丁寧に、こまめに という意味です。
「あそこのしょーは、まてーだから」
(あそこの人達は丁寧に仕事をするから)
「あのうちのよめさんはまあずまていでたまげた」
(あの家のお嫁さんはとても丁寧で驚いた)
「あのひとのしごとは、まあでまていだわい」
(あの人の仕事は、本当に丁寧です)
という風に使われます。

まていに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(体が)震える、細かく動く、どもる という意味です。
「あのひとはいつもめをぱちぱちままやいてる」
(あの人はいつも目をパチパチと細かく動かしている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まま」があります。
これは「崖」という意味です。
「こうもりは、ままんとこに、すうかける」
(蝙蝠は、崖の所に巣をかける)
という風に使われます。

ままやく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まみ とも言います。

 

眉、眉毛 という意味です。
「あのひとのまみえはこいわやぁ!」
(あの人の眉は濃いわねえ!)
「あのじいさんのまみのけはなんであんなにながいんかねぇ」
(あの爺さんの眉毛は、なんであんなに長いのかしらねえ)
という風に使われます。

まみえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

排泄する、大小便をする という意味です。
「しっこまってくるから、まっててくれや」
(小便をしてくるから、待っていてくれ)
「といれでおしっこまる」
(トイレでおしっこをする)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まるごてら」があります。
これは「丸ごと」という意味です。

まる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

束ねる、結束する という意味です。
「かったいねをまるける」
(刈り取った稲を束ねる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まめってぇ」があります。
これは「元気」という意味です。
「おめぇまめってぇかい?」
(あなた、お元気ですか?)
という風に使われます。

まるける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、大変 という意味です。
「ま~んずこまっただいや~」
(とーっても困ったわー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まんこする」があります。
これは「おんぶする」という意味です。
「だっこする?まんこする?」
(抱っこする?おんぶする?)
という風に使われます。

まんず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みいせい、みいさい、みぐせい とも言います。

 

きちんとしていない、格好悪い、古臭い という意味です。
「みグさいなりしてちゃいけねえ」
(見苦しい身なりをしていてはいけない)
「だいじなせきだからみぐさいかっこうではこないでね」
(大事な席だからきちんとした身なりで来てね)
「みぐさいこというな」
(そんなかっこわるいこというな)
という風に使われます。

みぐさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見せてくれ、見せてちょうだい という意味です。
「どれみしょー」
(どれ、見せてくれ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~みない」があります。
これは「~してみなさい」という意味です。
「これやってみない」
(これをしてみなさい)
「これたべてみない」
(これを食べてみなさい)
という風に使われます。

みしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

洪水、水が溢れる、浸水する という意味です。
「おおあめでみずがついた」
(大雨で洪水になった)
「おおゆうだちふってにわじょおみずびたしんなりみずつくかそもった」
(大夕立が降って庭中水浸しになり、家の中に浸水するかと思った)
という風に使われます。

みずがつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きちんとした、手際がよい、物が整っている という意味です。
「みやましくやりなさい」
(てきぱきとやりなさい)
「みやましいかっこうだねぇ」
(きちんとした格好ですねえ)
「みやましくしなさい」
(きりっとしなさい)
という風に使われます。

みやましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご覧になる という意味です。
「おじちゃんてれびにでてらったのみらったかい」
(叔父さんがテレビに出ておられたのをご覧になりましたか?)
という風に使われます。

 

これが「みさっしゃれ」ですと「ご覧下さい」という意味です。

みらる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わざと という意味です。
「すきなこにむりとちょっかいだす」
(好きな子を、わざといじめてしまう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「むらう」があります。
これは「貰う、いただく」という意味です。
「おまつりへいくのにこずけむらったかやあ」
(お祭りへ行くのにお小遣いを貰いましたか)
という風に使われます。

むりと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もっと、好きなように、むやみに という意味です。
「めたたべなぁ」
(もっと食べなさいね)
「めたやって」
(好きなようにして)
という風に使われます。
似た言葉では「めった」があります。

 

これは「わがまま、自己中心的」という意味です。
「このこは、なんてめったなの」
(この子は、なんてわがままなの)
という風に使われます。

めた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見つかる、捕まる という意味です。
「さいふどっかいっちゃったせってたけんめっかったかい」
「財布がどこかへ行ったとおっしゃっておられましたが見つかりましたか?」
という風に使われます。

 

似た言葉では「めっこじき」があります。
これは「ものもらい」という意味です。

めっかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんどん、いよいよ という意味です。
「めっためったわるくなってっちまって」
(どんどん悪くなっていってしまって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「めためた」があります。
これは「めちゃくちゃ」という意味です。
「たいふうではうすがめためたにおっこされた」
(台風でビニルハウスが目茶目茶に壊された)
という風に使われます。

めっためった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もげぇ、おやげねえ とも言います。

 

かわいそうだ という意味です。
「おやがしんで、ふんとにもーらしーなー」
(親が死んで、本当にかわいそうだなあ)
「おめさん、こどもないてるにもげぇじゃあ」
(あなた、子供が泣いていてかわいそうだね)
「えくつになるっけ、おやげねーなー」
(いくつになったろう、かわいそうだなあ)
という風に使われます。

もうらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ものぐさ、面倒くさがる という意味です。
「もおぞでくちいっぺにほおばってる」
(面倒くさがって口一杯に頬張っている」
という風に使われます。

 

似た言葉では「もおる」があります。
これは「漏れる、漏る」という意味です。
「てんじょからあめもおってるど」
(天井から雨が漏っていますよ)
という風に使われます。

もおぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介