HOME -> 新潟の方言 

おっぽっぽ、おーれこんこん とも言います。

 

いいのか? という意味です。
誰かが悪さや失敗をした時、それを見つけてはやしたてる言葉です。
「あーこっこ、あーこっこ、せんせにゆうてやろ」
(いいのかぁ?先生に言いつけてるぞ)
という風に使われます。

あーこっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あーせ とも言います。

 

浅く、浅い という意味です。
「あーせよーでもふっけんぞ」
(浅いようでも深いんだぞ)
「だんだんあーそなってきた」
(だんだん浅くなってきた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あーつ」があります。
これは「厚い」という意味です。
「あーつきってたべなせ」
(厚く切って食べなさい)
という風に使われます。

あーそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

甘い という意味です。
「このぶどう、あぁめのぅ」
(この葡萄、甘いね)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「あいすくりん」があります。
これは「アイスクリーム」という意味です。
「あぁめあいすくりんがたべたい」
(甘いアイスクリームが食べたい)
という風に使われます。

あぁめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なかさ、あいさに とも言います。

 

間、隙間、間に という意味です。
「そのあいさにいれてくんねろっか」
(その間に入れてくれませんでしょうか)
「ほんのあいさにはさまってた」
(本の隙間に挟まっていた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あいら」があります。
これは「あの人たち」という意味です。
「あいらどこいる?」
(あの人たちはどこにいますか?)
という風に使われます。

あいさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あいまち とも言います。

 

怪我 という意味です。
「ころんでおーあえまちした」
(転んで大怪我をした)
「やねからおちてあいまちしたんだと」
(屋根から落ちて怪我したんだって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あえべ」があります。
これは「一緒に行こう」という意味です。
「おめもあえべや」
(あなたも一緒に行きましょうよ)
という風に使われます。

あえまち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

青ざめる という意味です。

 

もともと元気だったのが、見るからにやつれていく様子を指します。
「けーさつにしょくむしつもんされてあおらあおらしたっや」
(警察に職務質問されて青ざめたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あいは」があります。
これは「(仕事、話し)相手をする」という意味です。
「はなしがなごうーてあいはになってらんねぃて」
(話が長くて、相手をしていられないよ)
という風に使われます。

あおらあおら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もぐもぐ という意味です。

 

食べ物を噛む様子を指す言葉です。
「よーぐあくあくしなー」
(よくもぐもぐ(噛んで)しなさいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あく」があります。
これは「灰」という意味です。
「はたけにあくをまく」
(畑に灰を撒く)
という風に使われます。

あくあく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

邪魔くさい、うるさい という意味です。
「あぐらしーすけ、あっちいってろ!」
(邪魔くさいから、あっちに行っていろ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あくと」があります。
これは「踵(かかと)」という意味です。

 

また、「あぐし」は「あぐら」という意味です。

あぐらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あすこ、あっこ とも言います。

 

あそこ という意味です。
「あこいこって」
(あそこに行こうよ)
「ちょっとあこのはたけいってくるわ」
(ちょっとあそこの畑に行って来るよ)
「どごにあんのらー?」「あすこらてー」
(どこにあるんだよ?)(あそこだってば)
という風に使われます。

あこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しまった という意味です。

失敗に気付いたときに発する枕詞です。

「あ、ささ、まちごたっや」
(しまった、間違っちゃったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あさげ」があります。
これは「朝食」という意味です。
「まらあさげくうてねっけのー、ちからがでねい」
(まだ朝食を食べていないから、力が出ない)
という風に使われます。

あ、ささ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

当てにならない、天気が変わりやすい という意味です。
「あさてっかりらすけかさたがきなせー」
(天気が変わりやすいから、傘を持って行きなさい)
「くもったりあめがふったりあさてっかりだった」
(曇ったり、雨が降ったり、天気が変わりやすかった)
という風に使われます。

あさてっかり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気が付かない、思いもしない、思っても居ない という意味です。
「きてくれるなて、あじかけねことらった」
(来てくれるなんて、思っても居ないことでした)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「あじこむ」があります。
これは「悩む、心配する」という意味です。
「あじことねーよ」
(心配ないよ)
という風に使われます。

あじかけない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遊ぶ という意味です。
「じいちゃんとこいってあすんできなせ」
(おじいさんの所へ行って遊んで来なさいよ)
「まだあすんでるのか」
(まだ遊んでいるのか)
「あすぶかねがなければやるな」
(遊ぶ金が無いのなら、やるんじゃない)
という風に使われます。

あすぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

子供が騒ぐ、ふざける、ひどく騒いでいる という意味です。
「ねら、よそんちきたらあたけるなっや」
(お前達、よその人の家に来たら騒ぐんじゃないよ)
「いつまでもあたけてるな」
(いつまでもふざけてるんじゃない)
という風に使われます。

あたける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

他人、余所の知らない人、お客さん という意味です。
「ないてばっかいるとあちさんにわらわれっろ」
(泣いてばっかりいると余所の知らない人に笑われるよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あたり」があります。
これは「近所、付近」という意味です。
「あたりにいたろか?」
(近所にいましたか?)
という風に使われます。

あちさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっきゃー、あきゃ とも言います。

 

あれまあ、なんだよおい、しまった という意味です。
「あっきゃー、ちゃわんおとしてしもーた」
(あれまあ、茶碗を落としてしまった)
「あきゃ、そんげんのもできねんか」
(なんだよおい、そんなこともできないのか)
「あきゃ!まちごてかいてしもた」
(しまった!間違って書いてしまった)
という風に使われます。

あっきゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

預ける という意味です。
「ころもはばあげにあつけてきたのらてー」
(子供は実家の母(おばあちゃん)に預けて来たよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あつつー」があります。
これは「あ、痛い!」という意味です。
「あつつー、がびょうふんだっや」
(あっ痛い!画鋲を踏んじゃったよ)
という風に使われます。

あつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あったけ、あったかい とも言います。

 

馬鹿、頭が悪い、要領が悪い という意味です。
「なんでそんなことすんが~、おまんあったかさだねや」
(なんでそんなことするんだよ、おまえ馬鹿だなあ)
「なぁ、あったけなぁ」
(おまえ、頭悪いね)
「おめ、ちとあったけんじゃねぇか?」
(お前、少し頭が足りないんじゃないか?)
という風に使われます。

あったかさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

二番煎じ という意味です。
「そのあんてきょねんやったきかくのあっためけーしらの」
(その案って、去年実施した企画の二番煎じだよね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あったてがんの」があります。
これは「(むかしむかし)~がありました」という昔話の枕詞です。

あっためけーし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あってはいけないこと、あり得ない という意味です。
「そんがはなしは、あったもんじゃねーて」
(そんなお話は、あってはいけないことですよ)
という風に使われます。

 

これが「あっつぁらがん」ですと「あんな物、あんな奴」という意味です。
「あっつぁらがん、なんも役にたたねてば」
(あんな奴、何の役にも立たないよ)
という風に使われます。

あったもんじゃね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もったいない という意味です。
「あったらもんらすけ、びちゃらねでくんなせ」
(もったいないので、捨てないでください)
「もろたもも、あったらもんがって、とってたてがんね、よみすぎてしもた」
(頂いた桃、もったいなくて、大切にとっておいたのに、腐りそうになってしまった)
という風に使われます。

あったらもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっちゃい とも言います。
暑い という意味です。
「きょうはあっちぇーの」
(今日は暑いね~)
「このなつはあっちぇのぉ」
(この夏は暑いですね)
という風に使われます。

 

これが「あったけ、あったこ」ですと「暖かい」という意味です。
「きょうはあったけのし」
(今日は暖かいですね)
という風に使われます。

あっちぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっぱんじゃ とも言います。

 

トイレ、大用の便所 という意味です。
「あっぱじゃいってあっぱしてくるっや」
(トイレに行ってうんこして来るよ)
という風に使われます。

 

これが「あっぱ」ですと「大便」という意味です。
「あっぱたれそうらっや~」
(うんこ漏らしそうだよ~)
という風に使われます。

 

ここから「あっぱったれ!」とも言います。
これは「くそったれ!」という意味です。

あっぱじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっぽんぐち とも言います。

 

大きな口、ボーっとしている という意味です。
まるでゲンコツが入るくらい大きな口を開けた様子を言います。
「おどろいてあっぱんぐちあけてる」
(驚いて口を大きく開けている)
「あっぱんとしてなにかんがえてんだか」
(ボーっとして何を考えているのだか)
という風に使われます。

あっぱんぐち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕事の割り当て という意味です。
「おらっちのあてげぇぶちはこんげらがらか」
(俺の仕事の割り当ては、この辺りからか)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あてがいつき」があります。
これは「割り当てられた食事」という意味です。
「あてがいつきらすけおたちはできね」
(割り当てられた食事だからおかわりは出来ない)
という風に使われます。

あてげぇぶち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

当てずっぽう、適当、根拠の無い という意味です。
「あてっぽずなへんじなてすんな!」
(適当な返事なんてするな!)
「あてっぽずいったらあたった」
(あてずっぽうに言ったら当たった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あてんこ」があります。
これは「よだれかけ」という意味です。

あてっぽず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後ずさり という意味です。
「よばってもあとじゃりしてこっちにこね」
(呼んでも後ずさりをしてこちらに来ない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あとさんじょっぱらい」があります。
これは「後始末が悪い」という意味です。

あとじゃり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あねさ とも言います。

 

若い女性、嫁、お姉さん という意味です。
「あこのあねはよーはたらくのー」
(あそこのお嫁さんはよう働きますねえ)
「あねさ、いいおんならの」
(お姉さん、いい女ですね)
「あっこのあねさはとってもいとしげらてー」
(あそこのお姉さんはとても可愛らしいんです)
という風に使われます。

あね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何も考えていない、ぼーっとしている という意味です。
「うちんこは、あぽーんとしててれびばっかりみてってばね」
(うちの子供は、何も考えることなくぼーっとしてTVばっかり見ているんですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あぼう」があります。
これは「庇う」という意味です。
「まごをあぼうてころんでしもた」
(孫を庇って転んでしまった)
という風に使われます。

あぽーん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あべくさる とも言います。

 

甘える、甘えている小さい子供 という意味です。
「あばけらってしごとができね」
(甘えてこられて仕事が出来ない)
という風に使われます。

 

これが「あばぇしょ」ですと「甘えん坊」という意味です。
「このこはすえっこであばぇしょらがの」
(この子は末っ子で甘えん坊だからね)
という風に使われます。

あばける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かわかられる、ちょっかいを出す という意味です。
「あまされてばっかいるもんでねー」
(からかわれてばかりいるものではない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あぶてがない」があります。
これは「浪費する人」という意味です。
物やお金を他人に分け与える人のことも指します。
「うちのこどもはあぶてなしらすけこづかいはすこししかやらない」
(うちの子供は浪費家だから、小遣いは少ししか与えない)
という風に使われます。

あまされる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

アマガエル という意味です。
「あまんぎゃくがなくっけあしたはあめらの」
(アマガエルが鳴くから、明日は雨だね)
という風に使われます。

 

また、「天邪鬼」の代名詞にもなります。
「このあまんぎゃくめが!」
(この天邪鬼め!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あまんだれ」があります。
これは「雨だれの落ちる場所」という意味です。

あまんぎゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

禿げる、溶ける という意味です。
「あっちぇかったすけ、あめてしまった」
(暑かったから、溶けてしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あめたんちょ」があります。
これは「禿げ頭」という意味です。
「おめーのとーちゃんあめたんちょ」
(おまえの父さん、禿げ頭!)
という風に使われます。

あめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あります という意味です。
「たまには、いいことあるこてや」
(たまには、良いことがありますよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あーらのー」があります。
これは「あれだね」という意味です。
「このまえのやつあーらのー」
(この前のやつはあれだね)
という風に使われます。

あるこてや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんが とも言います。

 

あんな、あの様な という意味です。
「ぷれぜんと、あんげのでいいんか?」
(プレゼントは、あんなもので良いのですか?)
「な、あんげなやつにまけたのらか」
(おまえ、あんな奴に負けたのか」
「あんがことして」
(あの様なことをして・・・)
という風に使われます。

あんげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あの人 という意味です。
「あんしょがたどごいったがー」
(あの人達はどこに行ったんだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あんちゃん」があります。
これは「年上の人」という意味です。
「たろーあんちゃん、ひるまはしっとったけど、どこいったのや」
(太郎さん、昼間、走っていたけれど、どこへ行ったの?)
という風に使われます。

あんしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんつぁらがん とも言います。

 

あんな奴、あんなこと、あんな人、あんなもの という意味です。
「あんつらもんのいうことなんかまともにすんな」
(あんな奴の言う事なんて、本気にしなくて良いよ)
「あんつぁらがんかんけいねーこってあ」
(あんな奴には関係が無いことだよ)
という風に使われます。

あんつらもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えんで とも言います。

 

歩いて という意味です。
「えきからあんでこいや」
(駅から歩いてきなさいよ)
という風に使われます。

 

これが「あんだ、えんだ」ですと「歩いた」という意味です。
「びょういんまでえんだ」
(病院まで歩いた)
という風に使われます。

あんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんにゃさ、あんにゃま とも言います。

 

長男、お兄さん、若い男性 という意味です。
「なぁちのあんにゃ、いくつになった」
(あなたの息子(長男)は、何歳になりましたか)
「あんにゃさ、どごんもんだ?」
(お兄さん、どこの人?)
「おめさんとこのあんにゃまなにしてるねー」
(あなたのお宅の長男は何をされているの?)
という風に使われます。

あんにゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんべー、あんばい とも言います。

 

体調、具合、加減 という意味です。
「あんべどうら」
(体調はどうだい)
「あんべーなじらね」
(具合はいかがですか)
「あんべわーれっけかいしゃやすみます」
(体調が悪いので会社を休みます)
という風に使われます。

あんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

キリが無い、際限が無い という意味です。
「たべてもたべてもいーずがねー」
(食べても食べてもキリが無い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いいこてぃ」があります。
これは「良い事」という意味です。
「そりゃいこてぃのし」
(それは良い事ですね)
という風に使われます。

いいずがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行きませんか という意味です。
「おちゃのんでいがんねか」
(お茶を飲んで行きませんか)
「よっていがんねかのし」
(寄って行きませんか)
という風に使われます。

 

これが「いげ」ですと「行け」という意味です。
「はよいげ!がっこうにおくれるとせんせいにおろされるろ」
(早く行け!学校に遅れると先生に怒られるぞ)
という風に使われます。

いがんねか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動く という意味です。

 

これが「いごかす」ですと「動かす」という意味です。
「おもとていごかさんね」
(重くて動かせない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いちげん」があります。
これは「お嫁さんの実家に初めて訪問する」ことを指します。
「いちげんにいってきらわれないようにせいや」
(嫁の実家に行って嫌われないようにしなさいよ)
という風に使われます。

いごく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いさかい、喧嘩 という意味です。
「なら、くいもんのことでいさけすんじゃね」
(おまえら、食べ物のことでいさかいするんじゃないよ)
「いさけなてしねーであそびなせ」
(喧嘩なんてしないで遊びなさい)
という風に使われます。

いさけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いじたかり とも言います。

 

意地悪、意地っ張り、ひねくれ という意味です。
「あんまいじたかるもんでねんよ」
(あまり意地悪するんじゃないよ)
「あいつはいじたかりでなかまにできね」
(あいつはひねくれているから仲間に出来ない)
という風に使われます。

いじくされ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いたましい とも言います。

 

惜しい、悲しい、もったいない という意味です。
「ほんね、いたましいことらったねえ」
(本当に悲しいことでしたね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いつける」があります。
これは「繋ぐ、結びつける」という意味です。
「うまをそこへいつけておけ」
(馬をそこに繋いでおけ)
という風に使われます。

いたわしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑固者、頑固に自分の主張を押し通す人 という意味です。
「あらいちがいこきらすけ」
(あいつは頑固者だから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いっかいかてめにおう」があります。
これは「厳しい、とんでもない目に遭う」という意味です。

いちがいこき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急いで、一気に という意味です。
「いっさんかけておわらせろや」
(急いで終わらせなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いっかんま」があります。
これは「いいか今すぐに~するぞ」という意味です。
「いっかんま、そんがことゆうとげんこつらろ」
(いいか、そんなことを言うと今すぐゲンコツくらわすぞ)
という風に使われます。

いっさんかけて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっちゃ とも言います。

 

一番 という意味です。
「おめさんがいっちいー」
(あなたが一番良い)
「いっちうんめらーめんや」
(一番おいいしいラーメン屋)
「おめーがいっちゃわーり」
(おまえが一番悪い)
「いっちゃいーがんくんなせや」
(一番良い物を下さいよ)
という風に使われます。

いっち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

銀杏(実)という意味です。
「いっちょのき」
(銀杏の木)
「たいふうのあといっちょひろいにいごれ」
(台風の後は、銀杏の実を拾いに行こう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いっちょうんま」があります。
これは「ざまあみろ」という意味です。

いっちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっちょめ、いっちょめげ とも言います。

 

一人前、一丁前に という意味です。
「おぉ!いっちょめげにしごとしてんねっか」
(おぉ!一丁前に仕事をしているね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いっちょんばこ」があります。
これは「一番良い場所」という意味です。
「はよいっていっちょんばことろうや」
(早く行って、一番良い場所を取りましょうよ)
という風に使われます。

いっちょうめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いってか、いって~ とも言います。

 

なかなか、いつまでたっても という意味です。
「いってこねぇのぉ」
(なかなか(いつまでたっても)来ないね)
「いってけーらね」
(いつまでたっても帰らない)
「いってかはじまらねねー」
(なかなか始まらないね)
という風に使われます。

 

また”絶対に~するな”という意味もあります。
「いってくるな、いってのむな!」
(絶対に来るな、絶対に飲むな!)
という風に使われます。

いって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっぺこと、いっぺこっぺ とも言います。

 

たくさん、いっぱい という意味です。
「さらにいーーーっぺいれてくんなせ」
(皿にいっぱい(かなり沢山)いれて下さい)
「いっぺこうてくんなせ」
(たくさん買ってくださいよ)
「いっぺのむな」
(たくさん飲まないで)
「えんりょしねで、いっぺことくいなせや」
(遠慮しないで、たくさん食べなさいね)
という風に使われます。

いっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっつらもっつら とも言います。

 

ドタバタする、もたもたする、まごまごする、落ち着かない という意味です。
「いっつもでしなにいつもつする」
(いつも家を出るときにドタバタする)
「いそがんばねぇてんに、いつもつしてんな」
(急がなくてはいけないのに、まごまごしているんじゃないよ)
「ゆうべねたけどいつもつしてよくねむれんかった」
(昨夜寝たんだけど、落ち着かなくてよく眠れなかった)
という風に使われます。

いつもつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

可愛らしい、綺麗、愛らしい という意味です。
「おやまー!いとしげなこらのー」
(あらまあ!可愛らしい子ですねえ)
「いとしげなあねさらの」
(綺麗な女性だね)
「へやこといとしげにしとけ」
(部屋を綺麗にしておきなさい)
という風に使われます。

いとしげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いなる とも言います。

 

おります、います という意味です。
「おが、ここにいるいね」
(私が、ここにいます)
「たえていなるて」
(耐えております)
「そこにいなるのらけ」
(そこにいますか)
という風に使われます。

 

これが「いなんね」ですと「おられない」という意味です。
「おめさんいなんねかったすけ、ことづけたのんできたんだて」
(あなたがおられなかったから言づけを頼んできたんですよ)
という風に使われます。

いるいね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

リンパ腺 という意味です。
「いねごがはれてぐりぐりしてきた」
(リンパ腺が腫れて、硬くなってきた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いねん、いーねん、いーねの」があります。
これは「変な、嫌な」という意味です。
「いーねんてんきだなあ」
(変な天気だなあ)
という風に使われます。

いねご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

犬 という意味です。
「どこのいんがら」
(どこの犬だ)
「いんがにかまれるねっけ」
(犬に噛まれるぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いぼむし」があります。
これは「カマキリ」という意味です。
「いぼむしがいる」
(カマキリがいる)
という風に使われます。

 

この”いぼ”は「いぼる=怒る」という意味です。

いんが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うーす、うーそ とも言います。

 

(色や味が)薄い、薄く という意味です。
「けがうーすなった」
(毛が薄くなった)
「あじがまーらうーせよ」
(味がまだ薄いですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うっすらばか」があります。
これは「まぬけ、とんま」という意味です。
「おめ、うっすらばかでねんか」
(おまえ、まぬけじゃないのか)
という風に使われます。

うーせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うるめん とも言います。

 

めだか という意味です。
「あっこにうるめがいっぺこといたてーら」
(あそこにめだかがたくさん居たよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うるかす」があります。
これは「冷やす」という意味です。
「すいかをいどみずでうるかす」
(スイカを井戸水で冷やす)
という風に使われます。

うるめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うーまへ、んまへ、うんまへ とも言います。

 

すぐに という意味です。
「うんまいくぉ」
(すぐに行きます)
「うーーまへ、けってくるっけまってれて」
(すぐに帰って来るからお待ち下さいな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うんだかる」があります。
これは「もつれる、絡まる」という意味です。
「うんだかってほどけね」
(もつれて解けない)
という風に使われます。

うんま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うまい、美味しい という意味です。
「うんめもん」
(美味しいもの)
「ばかうんめの」
(すごく美味しいですね)
という風に使われます。

 

これが”うんもね”ですと「美味しくない、うまくない」という意味です。
「あんまうんもね」
(あまり美味しくない)
という風に使われます。

 

また、”うんもそう”ですと「美味しそう、うまそう」という意味です。
「このももはうんもそうらのし」
(この桃は美味しそうですね)
という風に使われます。

うんめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いーり とも言います。

 

奥、奥の方 という意味です。
「たんすのえーりにしもーてあるよ」
(タンスの奥の方に仕舞ってあるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えざらい」があります。
これは「川さらい、ドブさらい」という意味です。
農業用水路の掃除の事です。

えーり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えみぞ とも言います。

 

溝、下水溝、側溝 という意味です。
「よっぱらってえんぞにおちたっや」
(酔っぱらって溝に落ちたよ)
「えんぞにじみがふっとついた」
(下水溝にミミズがいっぱいいた)
「えんぞがつまってながれねー」
(下水溝が詰まって流れない)
という風に使われます。

えんぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

僕、俺 という意味です。
「おがすっこてや」
(僕がします)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「おった」があります。
これは「俺の方、自分の地域」という意味です。
「おったはそんげのがんしねぃてば」
(私の地域では、そういう事はいたしませんよ)
という風に使われます。

お 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おいや とも言います。

 

分かった、了解、分かったよ という意味です。
「きょうはむらのよりあいがあっれぇ」「おいよ、いくてば」
(今日は村の寄り合いがあるんだよ)(分かった、行くよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おーごくろ」があります。
これは「大変ご苦労様」という意味です。
「けっこんしきのしかいやってもろておーごくろらったいね」
(結婚式の司会をやっていただいて大変苦労様でした)
という風に使われます。

おいよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おいる とも言います。

 

生える、育つ という意味です。
「てんきがいいすけ、くさがよーおえる」
(天気が良いから、草がよく生える)
「けがおいねー」
(毛が生えない)
という風に使われます。

 

これが「おやす」ですと「(髭などを)生やす」という意味です。
「ひげおやしてえらそげらね」
(髭を生やして偉そうだね)
という風に使われます。

おえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変だ という意味です。
「じこをおこしておーごっだいや」
(事故を起こして大変だ、どうしよう)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「おおきにはや」があります。
これは「有難う、とんでもない、余計なお世話だ」などという意味です。
話し相手の態度や、前後の言葉で相手の言わんとする意味を判断します。

 

また、”有難う”という場合には「おしょーしな」とも言います。

おーごっだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大体、とりあえず という意味です。
「おおたえずじゅうにんぐらいはあつまるよ」
(大体10人くらいは集まるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おおたきそうたき」があります。
これは「大急ぎで」という意味です。
「おおたきそうたきとんできたがの」
(大急ぎで駆けつけたのよ!)
という風に使われます。

おおたえず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おおばらくったり、おおばらはちかん、おおだりこっぺ とも言います。

 

部屋が乱雑、めちゃくちゃ、散らかしっぱなし という意味です。
「おおばらこくたいでわーりかったねし」
(散らかしっぱなしで申し訳ありませんでした)
「おおばらくったりらろもよっていきなせー」
(散らかってるけど、寄って行ってください)
という風に使われます。

おおばらこくたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おここ、おっこっこ、おっこー、おっかな とも言います。

 

おやまあ、あらま、まあまあ という意味です。
「おころ、ばかはやおきらの」
(おやまあ、ずいぶんと早起きだね)
「おっこっこ、ふっさしねっかねー」
(おやまあ、久しぶりじゃないですか)
「おっかな、おっかな」
(あらあら、まあまあ)
という風に使われます。

おころ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おじごんぼ、おんさ、おんさま とも言います。
弟、次男 という意味です。
「なぁのおじいくつら」
(あなたの弟は何歳ですか)
「おじとおば」
(弟と妹)
「おらっちおじがいくてー」
(俺の家は弟が行くって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おしこもっこ」があります。
これは「混雑、込み合う」という意味です。

おじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叱る、怒る という意味です。

”おっこられる、おっつかれる”では「叱られる、怒られる」という意味です。
「かあちゃんにおっつぁれたー」
(お母さんに叱られたー)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「おっちゃらける」があります。
これは「押しのける」という意味です。

おっこる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おまん、おめ、おめえ とも言います。

 

あなた という意味です。
「おめさんがきた」
(あなたが来た)
「おめさん、どごいぐねー」
(あなた、どこへ行くんですか?)
「おまん、なにしてたが」
(あなた、何をしていましたか)
「おまん、それ、とってくんない」
(あなた、それを取って下さい)
という風に使われます。

 

”おまん”の複数形は”おまんた”になります。
「おまんたげんきだったかね」
(あなた達、元気でしたか?)
という風に使われます。

おめさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

思いっきり という意味です。
「おもーさま、しゃーつけれ」
(思いっきり、怒りなさい)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「おもいつけて」があります。
これは「思いついて、考え付いて」という意味です。

 

また、「おんけんはれて」ですと「気兼ねなく、大っぴらに」という意味です。

おもーさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんもしぇ とも言います。

 

面白い という意味です。
「このまんがばかおんもしぇ」
(この漫画、すごく面白い)
「おもっしぇえーが」
(面白い映画)
という風に使われます。

 

”面白くない”と言う場合には「おもっしょねー」となります。
「てれびあんまおもっしょねー」
(テレビ、あんまり面白くない)
という風に使われます。

おもしぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おらとこ とも言います。

 

私の家、自分の家、自分のところ という意味です。
「おらえにこいや」
(私の家にいらっしゃいよ)
「それはおらとこのがんだ」
(その人は私の家の者です)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おっちゃん」があります。
これは「座る、正座する」という意味です。
「おっちゃんしなせ!」
(正座しなさい!)
という風に使われます。

おらえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶちまける という意味です。
「ころんで、ぱちんこだまことゆかにおんまけたっや」
(転んで、パチンコ玉を床にぶちまけちゃったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おっぽしおる」があります。
これは「たたき折る」という意味です。
「つりざおをおっぽしおる」
(釣り竿をたたき折る)
という風に使われます。

おんまける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

強く、きつく という意味です。
「あんまがいにすんなや」
(あまり強くしないで)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がいちゃ」があります。
「げいちゃ」とも言います。
これは「蛙」という意味です。
「へんびががいちゃをのんでいた」
(蛇が蛙を飲み込んでいた)
という風に使われます。

 

また、「がえるまっちょ」ですと「おたまじゃくし」という意味です。

がいに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眩しい という意味です。
「たいようのひかりがかがっぽい」
(太陽の光が眩しい)
「ががっぽてまえがめーね」
(眩しくて前が見えない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かがなく」があります。
これは「怖がる、臆病になる」という意味です。

かがっぽい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

必死で という意味です。
とにかく体の能力以上にフルパワーに働いたり走ったりする様を言います。
「でんしゃにおくれそうでがきんなってじてんしゃこいだて」
(電車に遅れそうで必死で自転車を漕いだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がぎさま、かぎつけ」があります。
これは「囲炉裏の自在鍵」という意味です。

がきんなって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ポケット という意味です。
「とーちゃんのかくしはたまてばこ」
(お父さんのポケットは玉手箱)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かくまき」があります。
これは「防寒具」という意味です。
雪国の女性の防寒具のことです。

かくし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

指名する という意味です。
「せんせいにかけられた」
(先生に指名された)
という風に使われます。

 

”かけられる”で「当てられる、指名される」という意味です。
「せんせにこくばんにかいたもんだいことかけられた」
(先生に、黒板に書いた問題を解くように指名された)
「えいごのじゅぎょうで、せんせいにかけられた」
(英語の授業で、先生に当てられた)
という風に使われます。

かける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゴミ という意味です。
「がすをひろておけ」
(ゴミを拾っておいて)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「がすもく」があります。
これは「不要品」という意味です。
「あとはがすもくらっけべちゃってきて」
(後は不用品だから捨ててきて)
という風に使われます。

がす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人のせいにする、責任転嫁 という意味です。
「おめしっぱいしたのわーにかずけるなや」
(お前が失敗したのを俺のせいにするなよ)
「ものがなくなるとすぐおれにかずけてくる」
(物が無くなると、すぐ俺のせいにしてくる)
という風に使われます。

かずける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

働き者 という意味です。
「あそこのあねさはかせぎこきでいいよめらのし」
(あそこのお嫁さんは働き者で良い嫁なんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かっせ」があります。
これは「食べろ」という意味です。
「まっとかっせや」
(もっと食べなさい)
「へーかんねさ」
(もう食べられないよ)
という風に使われます。

 

”かんね、かね”は「食べられない、食べない」という意味です。

かせぎこき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貸す という意味です。
「ぜんかせねかなー」
(お金貸してくれないかなあ)
「おら、かせね」
(俺は貸せないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かじける、かじけ」と言います。
これは「育ちが悪い、発育不良、臆病になる」という意味です。

かせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐぁた とも言います。

 

内臓 という意味です。
「かえるのくちにばくちくつっこんでばくはつさせたらないぞうがびちったっや」
(カエルの口に爆竹を突っ込んで、爆発させたら内臓が飛び散ったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かたかたしい」があります。

これは「かしこまる」という意味です。

がた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける という意味です。
「だるこっぺにしたおもちゃかたそ!」
(散らかしたオモチャを片づけなさい!)
「へやのなかかたしといて」
(部屋の中を片付けておいて)
という風に使われます。

 

”かたそ”で「片付けなさい」という意味です。

かたす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かつねる とも言います。

 

担ぐ という意味です。
「おもてすけふたりでかたねていぎなせ」
(重いから二人で担いで行きなさい)
「こめかつねてきた」
(お米を担いで来た)
という風に使われます。

かたねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不揃い という意味です。
「げたがかたらびっこらよー」
(下駄が不揃いですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かなぎっちょ」があります。
これは「かなへび」という意味です。

 

また、「かたもち」ですと「長方形の煎餅のもと」です。
あぶって食べます。

かたらびっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がせがない とも言います。

 

元気が無い、弱弱しい、虚弱体質 という意味です。
「あのひとはがせがないのでよくかぜひく」
(あの人は虚弱体質なのでよく風邪を引く)
「なにをさせてもがっせがねー」
(何をやらせても元気が無い)
という風に使われます。

がっせがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 固い、固く、きつく という意味です。
かーて、かっと とも言います。
「もちがかっとてたべらんね」
(餅が固くて食べられない)
「あんまがっとしばるな」
(あまり固く縛るな)
という風に使われます。

 

② すごく、非常に という意味です。
がっと とも言います。
「がってきれいらねえ」
(すごく綺麗だねー)
という風に使われます。

がって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~をおかずにして食べる という意味です。
「まんま、こーこにかってくえ」
(ご飯は、たくわんをおかずにして食べなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かっちゃばく」があります。
これは「引っ掻く」という意味です。
「かっちゃばいてきずなった」
(引っ掻いて傷になった)
という風に使われます。

かってくう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奪い取る、盗む という意味です。
「これ、かっぽくってきた」
(これ、奪い取ってきたんだ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「かすくる」があります。
これは「こっそり盗む、少しごまかす」という意味です。
「ちょこっとかすくってきた」
(少しだけこっそりと盗んできた)
という風に使われます。

かっぽくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

外 という意味です。
「かどへでるな!あぶねー」
(外へ出るんじゃない!危ない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かてる」があります。
これは「加える、仲間に入れる」という意味です。
「あのこもかててあそんでやろてば」
(あの子も仲間に入れて遊んであげようよ)
という風に使われます。

かど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かなんこり、かねこり、かねっこーり とも言います。
氷柱、つらら という意味です。
「かねっこーりがさがった」
(氷柱が下がった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かなへんび」があります。
これは「トカゲ」という意味です。
「かなへんびがいるてきもちわーれいが」
(トカゲがいて気持ち悪いよ)
という風に使われます。

かねこおり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ケチ、欲張り という意味です。
「がめにたのんでもあてにならね」
(ケチな奴に頼んでも当てにならない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がめる」があります。
「ぎる」とも言います。
これは「盗る」という意味です。
「たばこやでらいたーをがめる」
(タバコ屋でライターを盗る)
という風に使われます。

がめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手ぶら、土産無し という意味です。
「からつらではいぎにーけ」
(手ぶらでは行きにくい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かりあげ」があります。
これは”刈り上げ”、つまり「秋の収穫祝い」という意味です。
それぞれの農家で近所の人を呼んでご馳走をし合い
お互いに労をねぎらいます。

からつら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

軽い という意味です。
「かーりすけたがいていぐよ」
(軽いから、担いでいくよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かーれ、かーろね」があります。
これは「辛い、辛くない」という意味です。
「これ、かーれんけ」
(これ、辛いよー)
「なにさ、かーろねーよ」
(えー、辛くないよ)
という風に使われます。

かーり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 人、奴、者 を指す言葉です。
「あんげのがんにまけたのらか」
(あのような人に負けたのか)
「あーいうがんらっけ」
(ああいう奴だよ)

という風に使われます。

 

② 物、事、事柄 という意味です。
「あのがんとって」
(あれを取って)
「さっきのがんだけど」
(さっきの事だけど)
という風に使われます。

がん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なのに、~のに とも言います。
「こんたっていーてがんにきたんか」
(来なくていいのに来たのか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かんべ」があります。
これは「ごめん、勘弁」という意味です。
「あやまってもかんべしてくんねんさ」
(謝っても勘弁してくれないんだって)
という風に使われます。

がんに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頭 という意味です。
「あのしょはくびがわるくいつもかんぶりをふっている」
(あの人首が悪いから、いつも頭を振っている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がんまく」があります。
これは「体格」という意味です。
「がんまくがいい」
(体格がいい)
という風に使われます。

かんぶり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんもす、かもす とも言います。

 

掻き混ぜる、掻き回す という意味です。
「ふろあっちぇっけよくかんもしてへーれよ」
(風呂が熱いからよく掻き混ぜてから入りなさいよ)
「ここあかんもしてからのんでて」
(ココアを掻き混ぜてから飲んでください)
という風に使われます。

かんも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

茎 という意味です。
「このなっぱはぎくもかれる」
(この菜っ葉は茎も食べられる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎごわ」があります。
これは「ぎこちない、噛み合わない」という意味です。
「ぎこわでみてらんね」
(ぎこちなくて見てられない)
という風に使われます。

ぎく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一生懸命に、休み無く働く という意味です。
「きこんがいーしょらて」
(一生懸命やりますので)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きだちがねー、きだちがない」があります。
これは「忙しない、気が気でない」という意味です。
「きだちがねーたびらった」
(忙しない旅だった)
という風に使われます。

きこんがいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっぱり、きっちり という意味です。
「きっぱりとしたしょ」
(さっぱりとした人)
「かんじょはきっぱりしておこで」
(お勘定はきっちりしておきましょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎっつらする」があります。
これは「胃がもたれる」という意味です。

きっぱり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くどい、癖がある という意味です。
「けしょうがきどいよ」
(化粧がくどいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きどころね」があります。
これは「うたた寝」という意味です。
「そんげなろこできどころねなてさっさんな」
(そんな場所でうたた寝なんてするんじゃないよ)
という風に使われます。

きどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きなせい とも言います。

 

来て下さい という意味です。
「はやくきなせて」
(早く来て下さいよ)
「こっちきなせいてー」
(こっちにおいでよー)
という風に使われます。

 

これが「きなった」ですと「来ました」という意味です。

きなせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きめご とも言います。

 

黙ってむっとしている、拗ねる、すぐに拗ねる人 という意味です。
「いつまでも、きめてるあんでねー」
(いつまでも、くさっているんじゃないよ)
「もんくをいうとそんまきめる」
(文句を言うと、すぐに拗ねる)
という風に使われます。

きめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こらっ! という意味です。
「ぎゃろ!なにやってんだね!」
(こらっ!何をやっているんだ!)
という風に使われます。

 

これが「ぎゃろめ」ですと「野郎」という意味です。
「このぎゃろめが!」
(この野郎め!)
という風に使われます。

ぎゃろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見もの聞こえない人、耳の遠い人 という意味です。
「おらんとこのじーさんきんかでこまったてー」
(うちのお爺さん、耳が遠くて困っちゃうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きんきらごえ」があります。
これは「金切り声」という意味です。
「あんまきんきらごえなてだしなさんな」
(あまり金切り声なんて出さないでよ)
という風に使われます。

きんか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きのーな とも言います。

 

昨日 という意味です。
「きんのこーたばっから」
(昨日買ったばかりです)
という風に使われます。

 

似た子田では「きんかぼうし」があります。
これは「真綿で被った被りもの」という意味です。
今は見られなくなりましたが、
冬に必須のかぶりもので、ほっ被りします。

きんの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食べよう という意味です。
「まんまくぉうて」
(ご飯を食べよう)
という風に使われます。

 

これが「くぉうねっか」ですと「食べましょう」という意味です。
「すいかくぉうねっか」
(スイカを食べましょう)
という風に使われます。

くぉうて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(身体の)むくみ という意味です。
「あしにくさがきた」
(足がむくんでしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くすくる」があります。
これは「直す、作る」という意味です。
「あとからくすくっておきなせ」
(後から直しておきなさい)
という風に使われます。

くさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痛んだ皮膚 という意味です。
「くそかわがはげてきれーになった」
(痛んだ皮膚が剥けて綺麗になった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くそなんぎ」があります。
これは「大仕事」という意味です。
「くそなんぎしてもぜんもろわんなかった」
(大仕事したのにお金を貰えなかった)
という風に使われます。

くそかわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食った という意味です。
「あーくたくた」
(あー、腹いっぱい食べた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くたまにしない」があります。
これは「気にしない」という意味です。
「くたまにしねでがんばりなせー」
(気にしないで頑張りなさい)
という風に使われます。

くた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そっくり、~ごと、みんな という意味です。
「はこぐちらもっていけ」
(箱ごとそっくり持っていきなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くちきらず」があります。
これは「のべつ幕なし、絶えず」という意味です。
「くちきらずによーしゃべる」
(絶えずよく喋る)
という風に使われます。

ぐちら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くんね、くんなせ とも言います。

 

くれた、あげた、くれない、ください という意味です。
「あいつにくったがんだ」
(あいつがくれたんだ)
「これくんなせや」
(これ下さい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぐっさらこい」があります。
これは「締まりが無い」という意味です。

くった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くったたる とも言います。

 

刺す、突き立てる、突き刺さる という意味です。
「くぎをじめんにくったてる」
(クギを地面に突き刺す)
「のどにとげがくったたったみてーら」
(喉に棘が突き刺さったみたいです)
という風に使われます。

くったてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

満腹、お腹がいっぱい という意味です。
「はらがくっちょくてへーかんねー」
(お腹がいっぱいで、もう食べられない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くっつまく」があります。
これは「噛み付く、食い下がる」という意味です。

くっちぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐっつらまん とも言います。

 

たくさん、異常に量が多い、いっぱい という意味です。
「ゆうべさけをぐっつりのんだ」
(夕べは酒をたくさん飲んだ)
「このぷらものぱーつ、ぐっつらまんとあんねっけ」
(このプラモデルのパーツ、異常に量が多いね)
「まんまいっぺくってぐっつらしたっいぇ」
(食事を沢山食べてお腹がいっぱいではちきれそうだよ)
という風に使われます。

ぐっつら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼやく、愚痴を言う という意味です。

「いっつもおんなじことをくどくんだよ」

(いつも同じ事をぼやくんだよ)

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぐずらぐずら」があります。

これは「ぐずぐず」という意味です。

「いっつまでもぐずらぐずらしてるな!」

(いつまでもぐずぐずしてるんじゃないよ!)

という風に使われます。

くどく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

加える、足す という意味です。
「ふろにひをくべる」
(風呂に火を足してあたためる)
「ふろにみずをくべる」
(風呂に水を入れてぬるくする)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くぼのやじ」があります。
これは「蜘蛛の巣」という意味です。

くべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

老ける という意味です。
「だいぶくまんできてた」
(大分、老け込んでいた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くゎんじん」があります。
これは「乞食、物乞い」という意味です。
「きったねぇかっこしてくゎんじんみてぃら」
(汚らしい格好をして乞食みたいだよ)
という風に使われます。

くまむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くらすける、くらしつける とも言います。

 

殴りつける、頭にゲンコツをくらわす という意味です。
「ちっとくらしつけてやるか」
(ちょっと殴りつけてやるか)
「おめぇ、そんがことすっとくらつけっろ!」
(おまえ、そんなことをするとゲンコツくらわすぞ!)
という風に使われます。

くらつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

周辺、周り という意味です。
「そのへんのぐるわにおいとけ」
(その辺りの周りに置いておいて)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「くらすま」があります。
これは「暗がり」という意味です。

 

また、「くわず」では「小食」という意味です。

ぐるわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くらっしぇー、くんない、くんなせや とも言います。

 

(物を)ください、~してください という意味です。
「それとってくんなせ」
(それを取ってください)
「ぜんくんなせや」
(お金をくださいよ)
「そのたばこをおれにくんなせや」
(そのタバコを私に下さい)
という風に使われます。

くんなせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~の家 という意味です。
「なーちげ」
(あなたの家)
「わーちげ」
(私の家)
という風に使われます。

 

② ~そう という意味です。
「きっつえげらがの」
(強そうだね)
「せつなげらったれ」
(辛そうでしたよ)
という風に使われます。

げ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けぇちま とも言います。

 

逆さま という意味です。
「おめいさんのしゃつけぇちなられ」
(あなたのシャツ、逆さまですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「げぁーちま」があります。
これは「おたまじゃくし」という意味です。
「げぁーちまがいた」
(おたまじゃくしがいた)
という風に使われます。

けぇちな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けってか とも言います。

 

かえって という意味です。
「けってかめーわくかけました」
(かえってご迷惑をお掛けしました)
という風に使われます。

 

”帰って”という意味もあります。
「はよけってねろ」
(早く帰って寝ろ)
という風に使われます。

けって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

スムーズに動かない、つっかえる という意味です。
「じゅうたいでげつばたしている」
(渋滞で車がスムーズに動かない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けっぺ」があります。
これは「ゴム風船」という意味です。
「けっぺふぐらませ!」
(風船を膨らませて)
という風に使われます。

げつばた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

削る、削り落とす という意味です。
「そこけっぺずってくれや」
(そこを削り落としてくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けっぺらぐねー」があります。
これは「気配が無い」という意味です。
「いってみたがけっぺらぐねかったよ」
(行ってみたけど気配が無かったよ)
という風に使われます。

けっぺずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最下位、ビリ という意味です。
「ひゃくめーとるそう、げっぽらったて」
(100m走は、最下位だったよ)
「はしればげっぽ、しけんもげっぽではとりえがねー」
(走ればビリ、試験も最下位では取り得がありません)
という風に使われます。

げっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けっぽくる とも言います。

 

蹴る という意味です。
「けっぽくらってあざになった」
(蹴られて痣になった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けばさ」があります。
これは「毛並み、育ち」があります。
「けばさがいい」
(育ちがいい)
という風に使われます。

けっぽる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

羨ましい、欲しい という意味です。
”けなれがる”では「羨ましがる」という意味です。
「ひとのがんをけなれがってもしょーがね」
(人の事を羨ましがっても仕方が無い)
「ひとさまのもんみてけなれがるんじゃねっ」
(他人の持っているものを見て羨むんじゃないよ)
という風に使われます。

けなりい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(火などを)消す という意味です。
「あっこのひもやしたとこようけやしてこいや」
(あそこの火を燃やした所をよく消してきなさい)
「ちゃんとけやしたか?」
(ちゃんと消しましたか?)
「けやしたはず、けーたはず」
(消したはず、消えたはず)
「けーるはずではけーねはずです、ひのようじん」
(消えるはずでは、消えないはずです、火の用心)
という風に使われます。

けやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

買う という意味です。
「あいすこうてこい」
(アイスクリームを買って来い)
「かしたぱそこんぼっこしたらこーてなすんだれ」
(貸したパソコン、壊したら買って返すんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こうこう」があります。
これは「漬物のたくあん」という意味です。
「こうこうをさけのさかなにのんだ」
(たくあんを酒の肴にして飲んだ)
という風に使われます。

こう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、たくさん という意味です。
「ごうぎいとしげらねっか」
(とても綺麗だね)
「ごうぎあめふってる」
(たくさん雨が降っている)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ごぉった」があります。
これは「物凄い、とても」という意味です。
「ごぉったひとでだったんだと」
(物凄い人手だったんだって)
という風に使われます。

ごうぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叩きつける という意味です。
「んま、ごがにてこうげつけとなる」
(もう、腹が立って叩きつけたくなる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごーじょっぱり」があります。
これは「頑固」という意味です。
「あのひとはごーじょっぱりだ」
(あの人は頑固だ)
という風に使われます。

こうげつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こーわい とも言います。

 

① 疲れた、難儀 という意味です。
「たいいくのじゅぎょうまらそんでこーえかった」
(体育の授業、マラソンで疲れた)
という風に使われます。

 

②(色や味が)濃い、固い という意味です。
「ひっとこーわいあじになった」
(すごく濃い味になった)
という風に使われます。

こーえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

野良猫 という意味です。
「さかなをごーろねこにとられたてー」
(魚を野良猫に盗られたんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こーろば」があります。
これは「川の洗い場」という意味です。
「こーろばまでみずくみにいく」
(川の洗い場まで水を汲みに行く)
という風に使われます。

ごーろねこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごがにえる、ごっしゃける とも言います。

 

腹が立つ、頭に来る、不愉快 という意味です。
「こんこばっかしゃわーれこでごがにる」
(この子ばかりは、悪い子で腹が立つ)
「あいつをみるとごっしゃけてくる」
(あいつを見ると、腹が立ってくる)
という風に使われます。

ごがにる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きのこ という意味です。

”こけとり”で「きのこ採り」という意味になります。

「あしたこけとりにいごてば」

(明日、きのこ採りに行きましょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こけら」があります。
これは「鱗(うろこ)」という意味です。

こけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くぐる という意味です。
「もんをこぐる」
(門をくぐる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぐ」があります。
これは「(野菜や草を)引き抜く」という意味です。
「あさ、こいできたばっかのえだまめらすけ、うんめんがの」
(朝一番で(畑から)抜いてきたばかりの枝豆だから(新鮮で)美味しいんだよ)
という風に使われます。

こぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こーげる、こーうげる とも言います。
こそげ取る、掻き落とす、少し削り取る という意味です。
「かまののまんまっつぶ、まっときれーにこーげれや」
(釜のこめつぶをもっと綺麗にこそげとりなさい)
という風に使われます。

こげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凍える、かじかむ という意味です。
「さーむてこごんできたー」
(寒くて凍えてきたよ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「こぶったれかく」があります。
これは「水浸しになる、水で濡れる」という意味です。
「きのうかわにおちてこぶったれかいた」
(昨日、川に落ちて水浸しになった)
という風に使われます。

こごむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

分け入って、掻き分けて という意味です。
雪の積もったところや川の浅瀬をかきわけるようにして歩く動作を言います。
「おおゆきで、ゆきをこざいてあるく」
(大雪で雪を掻き分けて歩く)
「ゆきこざいてきた」
(雪の中を(跨ぐようにして)歩いてきた)
という風に使われます。

こざく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ござまがねー とも言います。

 

意気地がない という意味です。
「としとっとござまがねーなるもんだ」
(年を取ると、意気地がなくなるものだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ござった」があります。
これは「おいでになった」という意味です。

ござまがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こしらえる、作る、造る という意味です。
「ばんげまんまこしょうてくれ」
(夕飯をこしらえてください)
「こんげながんこしょうてくんなせ」
(こういう物を作ってください)
「めんどくっそてこしょわんね」
(面倒くさくて作れない)
という風に使われます。

 

”こしょわんね、こしょわね”は「作れない、作らない」という意味です。

こしょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こくる とも言います。

 

擦(こす)る という意味です。
「せなかこすくってくれや」
(背中を擦ってください)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「こたくりつける」があります。
これは「塗りつける」という意味です。
「そんげとこにこたくりつけんじゃね」
(そんな場所に塗りつけるんじゃない)
という風に使われます。

こすくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こちょばい、こちょばって、こちょまっこい とも言います。
くすぐったい という意味です。
「あしのうら、こちょばっこい」
(足の裏、くすぐったい)
「こちょばいからやめてくんろ」
(くすぐったいからやめてください)
「ねこにあしなめらってこちょばっこい」
(猫に足をなめられてくすぐったい)
という風に使われます。

こちょばっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

騙す、ごまかす という意味です。
「こったらかすよーなことするもんでねー」
(騙すようなことをするものではない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こっぺつ」があります。
これは「小生意気、おしゃま」という意味です。
「こっぺつげなことをいうこらがー」
(小生意気な事を言う子供だね)
という風に使われます。

こったらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごっつおー とも言います。

 

ごちそう という意味です。
「ごっつおーがいっぺことあった」
(ごちそうがたくさんあった)
「きょうはとーちゃんのたんじょうびらっけごっつぉこしょうよ」
(今日はお父さんの誕生日だからごちそうこしらえるよ)
という風に使われます。

ごっつお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こてし、こてや とも言います。

 

~でしょう、~ですね という意味です。
「そらこて」
(そうでしょう)
「いいこてし」
(いいでしょう)
「そらこてや」
(そうですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こって」があります。
これは「凄く」という意味です。
「あきゃ、このしごと、こってたいへんらねっか」
(なんだよおい、この仕事、凄く大変じゃないか)
という風に使われます。

こて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~を(~する)という意味です。
「くさかりするっけ、かまことといでくんなせや」
(草刈りをするので、鎌を研いでください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごとばな」があります。
これは「鼻水」という意味です。
「ごとばなたらしてこみっともねー」
(鼻水を垂らしてみっともない)
という風に使われます。

こと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

この間 という意味です。
「こねさどうもね」
(この間はどうもありがとうね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こま」があります。
これは「合間、少しの時間」という意味です。
「そうしているこまにこっちのしごとせいや」
(そうしている合間に、こちらの仕事をしろよ)
という風に使われます。

こねさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小昼飯、おやつ、昼食前後に食べるご飯 という意味です。
「はらへったすけこびりくおーて」
(お腹が減ったから、小昼飯を食べよう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こびりつく」があります。
これは「くっついて離れない」という意味です。
「このこはおらにこびりついてばっかいるんだがの」
(この子は私にくっついて離れないんですよ)
という風に使われます。

こびり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こみともねー とも言います。

 

見栄えの悪い、気に食わない、みっともない という意味です。
「そんがこみともないふくきてしょしねぇか?」
(そんな、見栄えの悪い服を着て恥ずかしくないか?)
「ほんにこみともねーやろーだ」
(全く気に食わない野郎だ)
という風に使われます。

こみともない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こまごまと面倒くさい という意味です。
「ふゆたいやこうかんなんかこめんどくっせ」
(冬タイヤ交換なんてこまごまと面倒くさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごんごだし」があります。
これは「割り勘、対等」という意味です。
「きょうはごんごだしでのもう」
(今日は割り勘で飲もう)
という風に使われます。

こめんどくっせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ござせ とも言います。

 

来なさい、おいで という意味です。
「あそびにこらせ」
(遊びにおいで)
という風に使われます。

 

反対の言葉では「こらんね」があります。
これは「来れない」という意味です。
「いそがしてこらんねろーさ」
(忙しくて来れないでしょう)
という風に使われます。

こらせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

横になる、体を横にする という意味です。
「はらいっっぺんなったしごろばろて」
(お腹がいっぱいになったし、横になりましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぶら」があります。
これは「ふくらはぎ」という意味です。
「あるきつかれてこぶらがいとなった」
(歩き疲れてふくらはぎが痛くなった)
という風に使われます。

ごろばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんなに という意味です。
「こんがいっぺもろていんだけ?」
(こんなにいっぱいもらっていいんですか?)
という風に使われます。

 

これが「こんげ」ですと「こんな」という意味です。
「こんげのでいんだけ?」
(こんなので良いんですか?)
という風に使われます。

こんが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不愉快、憎らしい という意味です。
「あのひとはこんともねいことばっかいうがっけ」
(あの人は不愉快な事ばかり言うんだよ)
という風に使われます。

 

反対の意味の言葉では「こんじょよし」があります。
これは「お人好し」という意味です。
「ひってこんじょよしなんさ」
(とてもお人好しなんですよ)
という風に使われます。

こんともねい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一番下の兄弟、末っ子 という意味です。
「おめさん、ごんぼおじなんかねぇ~」
(あなたは末っ子なんですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごんでもはちでも」があります。
これは「誰でもができる仕事」という意味です。
「そんげがんごんでもはちでもできるわや」
(そのような事、誰でも出来る仕事だよ)
という風に使われます。

ごんぼおじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いざとなれば、本気になれば という意味です。
「さあだせば、おれにもできる」
(本気になれば、俺にも出来る)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さあさあ」があります。
これは「あちゃー、やっちゃった、失敗した」という意味です。
何かを作っていて重要なことを失敗してしまった時に
「さあさあー!」
(やっちゃったー!)
という風に使われます。

さあだせば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さーべえ、さーめ、さーめえ とも言います。

 

寒い という意味です。
「ばかさーべの」
(ものすごく寒いですね)
「ことしはほんねさーべえのし」
(今年は本当に寒いですよね)
「さーめなった」
(寒くなった)
「きょうはさーめねー」
(今日は寒いですねー)
という風に使われます。

さーべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぜーご とも言います。

 

田舎 という意味です。
「ぐんまってざいごらの」
(群馬って田舎だなぁ)
「おれはざいごもんだ」
(俺は田舎者だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ざい、ざえ」があります。
これは「氷」という意味です。
「ざいがはるよーなさーめばんだ」
(氷が張るような寒い夜だ)
という風に使われます。

ざいご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 捌く、手配する、取り扱う という意味です。
「さかしきれんぐれーにいっぺある」
(捌ききれないほどにたくさんある)
という風に使われます。

 

②(乳幼児や動物を)あやす という意味です。
「こどもをさかす」
(子供をあやす)
という風に使われます。

さかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真っ先にする、先に立ってする、物事を他人より先にする という意味です。
「さきだまかいてまちご-なや」
(真っ先にして、間違うなよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さがねる」があります。
これは「探す」という意味です。
「まっとよーさがねてみなせ」
(もっとよく探してみなさい)
という風に使われます。

さきだまかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まとわり付く、じゃれる という意味です。
「はにささかってかまれんな」
(歯にまとわり付いて噛めないね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ざしもこ、じゃしもこ」があります。
これは「砂っぽい、ザラつく」という意味です。

ささかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 落ちる という意味です。
「ほりっこにささってた」
(堀に落ちていました)
という風に使われます。

 

② 立ち寄る という意味です。
「ささってねえで、かえってこい」
(寄り道しないで、帰ってきなさい)
という風に使われます。

ささる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しなさい という意味です。
「はよさっせ」
(早くしなさい)
という風に使われます。

 

反対の意味では「さっさんな」があります。
これは「してはいけない、するんじゃない」という意味です。
「そんげなことさっさんな」
(そのようなことをしてはいけない)
という風に使われます。

さっせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さべっちょこき とも言います。

 

おしゃべり、冗舌 という意味です。
「おめえは、さべっちょらすけな」
(お前はおしゃべりだからなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さっぴとしね」があります。
これは「何か物足りない」という意味です。

さべっちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷める という意味です。
「あっちぇすけさまれてからのみなせや」
(熱いですから、冷めてから飲みなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ざわざわてー」があります。
これは「ゾッとする」という意味です。
「ちみるとざわざわてなる」
(血を見るとゾッとする)
という風に使われます。

さまれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 忙しく動き回る という意味です。
「めーんちさわいでる」
(毎日忙しく動き回っている)
という風に使われます。

 

② 歩く、外へ出る という意味です。
「よなかにさわぎまわるな」
(夜中に歩き回るんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さわぎごと」があります。
これは「行事、事件、出来事」という意味です。

さわぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

放ったらかしにする、後片付けをしない、始末が悪い という意味です。
「よばれっぱなしであとさんじょっぱらいだ」
(ご馳走になるだけなって、後片付けもしないで(申し訳ない))
という風に使われます。

 

似た言葉では「ざんぞ」があります。
これは「陰口、噂」という意味です。
「くしゃみはだっかがざんぞしてんだぞ」
(クシャミは誰かが噂しているんだよ)
という風に使われます。

さんじょっぱらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しかもか、しかなか とも言います。

 

かなり、結構、よほど という意味です。
「しかもつれた」
(かなり釣れた)
「しかもひとがあつまってるの」
(かなり人が集まっていますね)
「しかもしながいい」
(かなり品質が良い)
「しかもある」
(結構ある)
という風に使われます。

しかも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じょんぎ、じんぎ とも言います。

 

挨拶、礼儀、お辞儀 という意味です。
「ちゃーんとじぎしんばねんよ」
(きちんと挨拶しなければならないよ)
「はたちにもなってじょんぎもできねぃやろうだ」
(二十歳にもなって挨拶も出来ない野郎だ)
という風に使われます。

じぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

湿っぽい、湿度が高い という意味です。
「むしむししてしけっぽいの」
(蒸すように湿っぽいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しーべ」があります。
これは「渋い」という意味です。
「しーべかおすんな」
(渋い顔をするんじゃない)
という風に使われます。

しけっぽい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しじゃらほじゃら とも言います。

 

ごちゃごちゃ、めちゃくちゃ という意味です。
辺りに散らばって収集がつかない様子を指します。
「ごみすてばのごみがからすにつっつかれてしじゃらもじゃらになってるて」
(ゴミの捨て場のゴミが、カラスに突かれてごちゃごちゃになっていたよ)
「おもちゃをかってやったろもすぐこわしてしじゃらほじゃらにしてしもた」
(玩具を買ってあげたのに、すぐに壊してめちゃくちゃにしてしまった)
という風に使われます。

しじゃらもじゃら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しったくる とも言います。

 

(水などを)引っかける という意味です。
「げーるにしょんべんしっかける」
(蛙に小便を引っかける)
「しったくってはしれ」
(引っかけて走れ)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「しっぱね」があります。
これは「尻っ跳ね」という意味です。

しっかける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じっきに とも言います。

 

間もなく、直ぐに、直に、やがて という意味です。
「じっきくるすけ」
(間もなく来ますから)
「じっきにけーってくるすけまってなせ」
(間もなく帰って来ますので、お待ちください)
「いちねんなてじっきたつさ」
(1年なんて直ぐに過ぎるよ)
という風に使われます。

じっき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつもいつも という意味です。
「じっとじっときてもーしゃけねーの」
(いつもいつも来ちゃって、申し訳ありませんね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しっぺた」があります。
これは「お尻」という意味です。
「わりことするとしっぺたはったくぞ」
(悪いことをしたらお尻を叩くよ)
という風に使われます。

じっとじっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕方、やり方 という意味です。
「いうしぶもわからね」
(言い方も分からない)
「しごとのしぶもしらね」
(仕事のやり方もわからない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しびく」があります。
これは「引きずる」という意味です。
「すかーとしびいてたよー」
(スカートを引きずっていたよ)
という風に使われます。

しぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける、仕舞い忘れ という意味です。
「どがいしもうたのらかわすれたがの」
(どこに片付けたのか忘れてしまったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しみる」があります。
これは「凍る」という意味です。
「しみわたり」
(凍った雪の上を歩く)
という風に使われます。

しもう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃーつける、かーつける、くらつける とも言います。

しゃぐ とも言いますが”しゃぎつける”の方が激しい感じです。

 

叩く、体罰を与える、殴りつける という意味です。

「ゆーこときかんとしゃーつけっろ」
(言うこと聞かないと叩くぞ)
「わーりことしるとしゃぎつけるろー」
(悪い事をしたら殴りつけるぞ)
という風に使われます。

しゃぎつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしゃべりな人、しゃべりたがり屋 という意味です。
「このしゃべっちょこき、しずかにしてれ」
(このおしゃべり!静かにしていろ)
「しゃべちょこきにはおせらんね」
(おしゃべりな人には教えられない)
という風に使われます。

しゃべっちょこき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

常におしゃれをしている人、おしゃれな人 という意味です。
「あのしょはしゃれこきらすけいつもけきれいにしている」
(あの人はおしゃれな人だから、いつも綺麗にしている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃぼろ」があります。
これは「スコップ」という意味です。
「しゃぼろであなをほる」
(スコップで穴を掘る)
という風に使われます。

しゃれこき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人 という意味です。
「となりのしょはいつもしょうだれげえやなあ」
(隣の人はいつも不精者だなあ)
「おらあんがのしょすきんねい」
(私、あの人のこと嫌いなの)
「あっちのしょはしゃれこきらすけ」
(あちらの人はおしゃれな人ですから)
という風に使われます。

しょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じょっさね、ぞうさもね とも言います。

 

簡単だ、なんて事は無い という意味です。
「じょうさもねーでできる」
(簡単だから出来ます)
「んがん、じょうさもねわ」
(そんなこと、簡単だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょっきがねー」があります。
これは「生気がない」という意味です。
「しょっきがねーかおしてなーした」
(生気がない顔をしてどうしたんだ?)
という風に使われます。

じょうさもね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

丈夫 という意味です。
「おめさんもじょうぶんでよかったねー」
(あなたは丈夫で良かったね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じょうろう」があります。
これは「カメムシ」という意味です。
「ふとんのなかにじょうろうがいた」
(布団の中にカメムシがいた)
という風に使われます。

じょうぶん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしょし、しょし、しょーしー とも言います。

 

恥ずかしい という意味です。
「ひとまえであいさつさせらってしょーしかったてー」
(人前で挨拶させられて、恥ずかしかったよ~)
「しょしがらねでこっちにきなせ」
(恥ずかしがらないでこちらに来なさい)
「てすとれーてんとってしょーしーかったいや」
(テストで0点を取って恥ずかしかったよ)
という風に使われます。

しょーし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょったれ、しょうだれげえ とも言います。

 

不潔、不精、だらしない という意味です。
「あのもんはいつもしょーたれこいとる」
(あの人はいつも不精をしています)
「しょったれでふろにへーらんやつ」
(不潔で風呂に入らない人)
という風に使われます。

 

これが「しょーたれこき」ですと「不精者、不精な人」という意味です。

しょーたれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

愛想がいい、気が利く という意味です。
「じょせーねーおかかだ」
(気の利く奥さんだ)
という風に使われます。

 

反対の言葉では「じょせーがねー」になります。
これは「愛想なし、気が利かない」という意味です。
「じょせーがねーとだーもきてくんねよ」
(愛想なしだと、誰も来てくれないよ)
という風に使われます。

じょせーねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょてっぱつ、しょてっぱな とも言います。

 

最初から、出だし、最初 という意味です。
「しょてからあんまりがんばりさんな」
(最初から、あまり頑張り過ぎないようにね)
「しょてっぱつからしまっていこー」
(最初から気を引き締めていこう)
「しょてっぱなはびーる、つぎにさけだ」
(出だしはビール、次に酒だ)
という風に使われます。

しょてから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(味が)しみ込む、傷にしみる という意味です。
「つけもんによくあじがしょむ」
(漬物に、よく味がしみ込む)
「しょんでいって」
(しみて痛い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じょっぺ」があります。
これは「生意気」という意味です。
「じょっぺんなって」
(生意気になって)
という風に使われます。

しょむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手に負えない という意味です。
「やることいっぺでじょんならんてば」
(やらなきゃいけないことが多くて手に負えないよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「しょんべ」があります。
これは「小便」という意味です。
「ふとんにしょんべたれたってさ」
(布団にお漏らししちゃったんだって)
という風に使われます。

じょんならん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のんびりと寛ぐ、ゆったり寛ぐ という意味です。
「ふろでもはいってじょんのびしましょて」
(お風呂にでも入ってのんびり寛ぎましょうよ)
「あー、じょんのびじょんのび」
(ああ、ゆったりゆったり)
「おんせんいってじょんのびしてきたれ」
(温泉に行って、のんびりして来たよ)
という風に使われます。

じょんのび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃぐ とも言います。

 

打つ、殴る という意味です。
「しわがれんなや、しゃぎつけるぞ」
(打つんじゃないよ、殴りつけるぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しんきやける」があります。
これは「腹が立つ」という意味です。
「きいてっとしんきやけてくるんさ」
(聞いていると腹が立ってくるんです)
という風に使われます。

しわぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しんならづよい とも言います。

 

歯ごたえがある、芯が強い という意味です。
「ひってしんならけ」
(ひどく歯ごたえがある)
「しんならづーえがんばりやらて!」
(芯の強い、頑張り屋さんです!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しんげえぜん」があります。
これは「へそくり、隠し金」という意味です。

しんならこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やらなければいけない という意味です。
「べんきょうしんばねこてや」
(勉強をやらなければいけない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しんねくる」があります。
これは「つねる」という意味です。
「あんまりこんともねかったっけしんねくった」
(あまりにも憎らしかったのでつねった)
という風に使われます。

しんばねこてや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

旬 という意味です。
「すのもんはやーすてんーめんだ」
(旬のものは安くて美味しいんです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すかす」があります。
これは「葉などを間引く、空かす」という意味です。
「はたけのなっぱをすかす」
(畑の菜っ葉を間引く)
という風に使われます。

す 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~から、~ので という意味です。
「さーめすけいっぺこときてる」
(寒いから、たくさん着ている)
「いーすけこっちこい」
(いいからこっちに来い)
「だーすけ、そうらすけ、そんねぃすけ」
(だから、そうだから、そうじゃないから)
という風に使われます。

すけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意気地、根性 という意味です。
「ずくがある」
(根性がある)
「ずくがねー」
(意気地がない・根性が無い)
「ずくなし」
(意気地がない人=意気地なし・根性なし)
「ほんねずくがんーおとこら」
(まったく根性が無い男だな)
という風に使われます。

ずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

屈みこむ、うずくまる という意味です。
「すくだまってねーでこっちにきなせや」
(うずくまっていないで、こちらにおいでよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すぐる」があります。
これは「剪定する」という意味です。
「よぶんなえだなてすぐりなせー」
(余分な枝なんて剪定しちゃいなさい)
という風に使われます。

すくだまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じくねる とも言います。

 

ぐずる、拗ねる という意味です。
「そんまずくねてこまってしもー」
(そんなに拗ねちゃって困っちゃうなあ)
「さっきからずくねてんさ」
(さっきからぐずっているんですよ)
という風に使われます。

ずくねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっぺ、すっかい とも言います。

 

酸っぱい という意味です。
「このうめぼしすっけ」
(この梅干し、酸っぱい)
「すっこなってたべらんね」
(酸っぱくなって食べられない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すっこくる」があります。
これは「擦る」という意味です。
「すっこくるなでば」
(擦るなよ)
という風に使われます。

すっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すばしっこい、要領がいい という意味です。
「すっぱでもんにはかなわね」
(すばしっこい人にはかなわない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すってっぺん」があります。
これは「頂上、一番上」という意味です。

すっぱどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すんなぶる、すわぶる とも言います。

 

舐めまわす、しゃぶる、吸う という意味です。
「あめをすなぶる」
(飴を舐めまわす)
「はがわるくてかめないのですんなぶっている」
(歯が悪くて噛めないので、しゃぶっている)
「たねまですわぶれ」
(種までしゃぶれ)
という風に使われます。

すなぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずった とも言います。

 

移動する、動く という意味です。
「くるまがずる」
(車が動く)
「でんしゃがずった」
(電車が動いた)
「くるまがずらんねえ」
(車が動かない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すべくる」があります。
これは「滑る」という意味です。
「すべくってごろばったんとさ」
(滑って転んだんですって)
という風に使われます。

ずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かまう、意地悪する という意味です。
「いつまでもせせくるもんでねー」
(いつまでも意地悪するものではない)
という風に使われます。

 

これが「せせらいじ」で「意地悪」という意味です。

 

似た言葉では「せう」があります。
これは「言う」という意味です。

せせくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もったいぶる という意味です。
「せせみしねーでぜんぶみせれ」
(もったいぶらないで全部見せて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せぼんこ」があります。
これは「猫背」という意味です。
「としょりみてーにせぼんこなった」
(老人のように猫背になった)
という風に使われます。

せせみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

辛い、悲しい、疲れる という意味です。
「あんべわーりてせつーねですてー」
(体調がすぐれなくて辛いんですよ)
「せつねてばね」
(辛いんですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せばさ」があります。

これは「そういえば」という意味です。
「せばさあれどーなったろ」
(そういえばあれはどうなったんだろう)
という風に使われます。

せつね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お金 という意味です。
「ぜんがさがこむなあ」
((お金が)高くつくなあ)
「なおすにもぜんがさがこんでこまったて」
(直すにも、金額が張っちゃって困ったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せんち」があります。
これは「大便所」という意味です。
「あっぱたれこちらっけせんちかして」
(うんち漏れちゃうからトイレ(大)貸して)
という風に使われます。

ぜん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうせーば とも言います。

 

それでは、そうしたら という意味です。
「そうせばそうしょーて」
(それではそうしましょうよ)
「そうせーばいいねっか」
(そうしたらいいじゃないか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぞうせ」があります。
これは「雑炊」という意味です。

そうせば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そいが、そいがんだ、そうなん、そういん とも言います。

 

そうです、そうですか という意味です。
「そーいんだ?」
(そうですか?)
「そいがぁ?」「おまんいまそうせったねかねー」
(そうなの?)(あなた今、そう言ったじゃないの)
という風に使われます。

そーいんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

その通りです という意味です。
「ほんねそーらこてぃばね」
(本当にその通りですよね)
という風に使われます。

これが「そんねこてぃや」ですと「違う!」という意味です。

 

似た言葉では「そうれいば」があります。

これは「火葬場」という意味です。
「あのみちはそれいばがあっけやらてぃ」
(あの道には火葬場があるから嫌だ)
という風に使われます。

そーらこてぃや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そっとする、そのままにする という意味です。
「よーねてるすけそくっとしておきなせ」
(よく寝ていますから、そっとしておきなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そっくと」があります。
これは「そっくりみんな、全部」のという意味です。
「そっくともっていけばいーさ」
(全部持って行けば良いよ)
という風に使われます。

そくっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼちぼち、そろそろ という意味です。
「そろっといこれ」
(そろそろ行こうよ)
「そろっとはじめっかねー」
(ぼちぼち始めましょうかね)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「そんま」があります。
これは「すぐに、直ちに」という意味です。
「そんまいってくる」
(直ちに行って来る)
という風に使われます。

そろっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

掛け違う、不揃い、揃っていない という意味です。
「わいしゃつのぼたんがぞろびこらった」
(ワイシャツのボタンが掛け違っていた)
「くつしたもくつもぞろびこにはいてきた」
(靴下も靴も、不揃いで履いて来た)
という風に使われます。

ぞろびこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんねいろ、そんねがんだ とも言います。
そうじゃない という意味です。
「ほしいのこっらけ? / そんね」
(欲しいものはこれかい? / そうじゃない)
「そんねがんだて、なーのいうてることはまちごうているや」
(そうじゃないんだよ、あなたの言っていることは間違っているわ)
という風に使われます。

そんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だっけ、だっか とも言います。

 

だから という意味です。
「だーすけあーゆーたねっか」
(だから、ああ言ったじゃないですか)
「だーすけはよいってやりなせ」
(だから早く行ってあげなさいよ)
「だっけそうらこてぃのし」
(だからそういう事ですよね)
「だすけゆうたろが」
(だから言っただろう)
という風に使われます。

だーすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大事にする、大切にする という意味です。
「だいじもっこしてちゃんとしもーておきなせ」
(大事にして、きちんと仕舞っておきなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だーも」があります。
これは「誰も」という意味です。
「だーもいね」
(誰も居ない)
「だーもしね」
(誰もしない)
という風に使われます。

だいじもっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だいろー とも言います。

 

かたつむり、でんでんむし という意味です。
「だいろーやだいろー、つのだせだいろう」
(かたつむりよかたつむり、角をだせかたつむり)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だろも」があります。
これは「だけれども、だけども」という意味です。
「そうだろもこっちもいいれ」
(そうだろうけど、こっちも良いよ)
という風に使われます。

だいろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

持つ、抱える という意味です。
「かばんたがいてがっこうへいぐ」
(カバンを持って学校へ行く)
「ほら、りょうてでたがくんだいや」
(ほら、両手で持ちなさいよ)
「おれがたがいてやる」
(俺が持ってあげるよ)
という風に使われます。

たがく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人を非難するときに用いる言葉です。
「しんけいたかり」
(神経質な人)
「よくたかり」
(欲張り、強欲な人)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だが、だっか」があります。
これは「誰か」という意味です。
「だっかいねかぁ」
(誰かいませんか?)
という風に使われます。

たかり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

掻き集める、丸め込む という意味です。
「みーんなたごめておくんだよ」
(全部掻き集めておくんですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たごまる、たごだまる」とも言います。
これは「寄り集まる」という意味です。

たごめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

らちかん とも言います。

 

仕方が無い、だめだ という意味です。
「そのんことゆーたらだちかんちゃ」
(そんなことを言ってはいけませんよ)
という風に使われます。

 

似た言葉には「だだ」があります。
これは「だらしない」という意味です。

だちかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だっちもね、だっちくたもね という意味です。

 

どうしようもない、つまらない、くだらない という意味です。
「そんがだっちもしねもんかってどーすんだ」
(そんな、どうしようも無い物を買ってどうするんだ)
「あのしょはだっちもねぃはなししかしない」
(あの人はつまらない話しかしない)
「だっちくたもねーことすんな」
(くだらないことをするんじゃない)
という風に使われます。

だっちもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だっちゃかねぇー とも言います。

 

情けない、役立たず、弱虫 という意味です。
「もーてなしのだっちゃかねおとこらの」
(とろくさくて情けない男ですね)
「あのおとこちっともだっちゃかねぇーやろーらの」
(あの男は、少しも役に立たない野郎だな)
という風に使われます。

だっちゃかね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずぶずぶ、ずぶりずぶり という意味です。

 

田んぼの中や、ぬかるみの中を歩いた時の擬音を指す言葉です。
「たんぼんなかにだっぽだっぽはいったんさ」
(田んぼの中にずぶりずぶりと泥にぬかりながら入ったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だっぱらこい」があります。
これは「(着物や履物が)ブカブカ」という意味です。
「だっぱらこーてあるきにーけ」
(ブカブカで歩きにくい)
という風に使われます。

だっぽだっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

神主、宮司 という意味です。
「たよさまにおはらいしてもらう」
(神主様にお祓いをしてもらう)
という風に使われます。

 

百人一首の烏帽子をかぶった男性も「たよ」と呼び、
女性は「ひめ」と呼びます。

 

似た言葉では「だぶろく」があります。
これは「田んぼ、水田」という意味です。

たよさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

騙す、なだめる という意味です。
「こどもをたらかす」
(子供をなだめすかす)
「おれのことたらかすのやめてくんなせ」
(俺のことを騙すのはやめてください)
という風に使われます。

 

これが「だらこき」ですと「駄々をこねる人」という意味です。
「あのやろはだらこきらてほんねやらてー」
(あの男は駄々をこねるから本当に困る)
という風に使われます。

たらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だりこっぺー、だるこっぺ、だりこっぱい とも言います。

 

乱雑な、汚い、散らかっている という意味です。
「だりこっぺーなへやだ」
(乱雑な部屋だ)
「へやがほんでだりこっぺらねっか」
(部屋が本で散らかっているじゃないか)
「あすこのいえはいつもだりこっぱいにしている」
(あそこの家はいつも散らかっている)
という風に使われます。

だりこっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

垂れ下がる、落ちぶれる という意味です。
「たれくれさがってみずぼらしーなった」
(垂れ下がってみすぼらしくなった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たれこち」があります。
これは「漏らす、強い排泄を催す」という意味です。
「あっぱたれこち」
(うんち漏らしそう)
「しょんべんたれこち」
(おしっこ漏れそう)
という風に使われます。

たれくれさがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だんぼ とも言います。

 

馬鹿、アホ、たわけもの という意味です。
「おめみてんのたんぞいうんだいっや」
(お前みたいな者を馬鹿と言うんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だんだ」があります。
これは「たった」という意味です。
「たんだそれしかねーんかね」
(たったそれしかないの?)
という風に使われます。

たんぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一方的に言いまくる という意味です。
「はらがたってだんちまくってきた」
(腹が立って、一方的に言いまくってきた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たんちんこ」があります。
これは「可愛くて仕方の無い秘蔵っ子」という意味です。
「ほら、じいやのたんちんこがきたれ」
(ほら、爺ちゃんの可愛い秘蔵っ子が来たよ)
という風に使われます。

だんちまくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

驚く という意味です。
「こみちからくるまがきゅうにでてきてたんまげた」
(小路から車が急に出てきたので、驚いた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だんばらご、だんじらご」があります。
これは「新生児、生まれたばかりの雛」という意味です。
「みよけたばっかのだんばらご」
(孵化したばかりの雛)
という風に使われます。

たんまげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちっと、ちっとばか とも言います。

 

少し、少しだけ という意味です。
「ちとばかくんなせ」
(少しばかり下さいな)
「ちっとばっかまってね」
(少しだけ待ってね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちーこ、ちーけ」があります。
これは「近く、近い」という意味です。
「こっちのみちがちーけ」
(こちらの道が近い)
という風に使われます。

ちと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

血みどろ、血だらけ、血だるま という意味です。
「てーきってちだらまっかんなった」
(手を切って、血まみれになってしまった)
「ちだらまっかになってなーした」
(血みどろになってどうしたの?)
という風に使われます。

ちだらまっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっさと、手際よく という意味です。
「ちゃっちゃとしなせ」
(さっさとしなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃちゃかもちゃか」があります。
これは「めちゃくちゃ」という意味です。
「ちゃちゃかもちゃかにされたー」
(めちゃくちゃにされたよ)
という風に使われます。

ちゃっちゃと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家の増築 という意味です。
「よめをもらうのにちゅーもんをこしろうねばならんの」
(嫁を迎えるにあたって、家を増築しなくてはいけないね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゅうぶう」があります。
これは「脳梗塞で体が不自由になった人」という意味です。
「となりのじーさんちゅーぶぅならってしもたんだと」
(隣のお爺さん、脳梗塞で体が不自由になってしまったんだって)
という風に使われます。

ちゅーもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弄る、触る、構う、あやす という意味です。
「おがもんちょうすなやー」
(俺の物をいじるんじゃないよ)
「あんまちょうしてぼっこすなや」
(あまり触って壊すんじゃないよ)
という風に使われます。

 

これが「ちょうしもっこ」ですと「弄くり回す」という意味です。

ちょうす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょーたくしる とも言います。

 

おしおき、懲らす、いじめる という意味です。
「わるさすとじいちゃんにちょうたくされっろ」
(悪いことをすると、おじいちゃんにおしおきされるよ)
「わーりことしたすけちょーたくしった」
(悪い事をしたのでおしおきをして懲らしめた)
「おやがこどもをちょうたくしてる」
(親が子供におしおきしている)
という風に使われます。

ちょうたく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょちょらまかせ とも言います。

 

いい加減、粗末にする という意味です。
物事をいい加減に手抜きしている様子のことです。
「おめぇにそーじやらせっとちょちょらでだめろ」
(あなたに掃除をさせるといい加減でダメだよ)
「ちょちょらまかせらすけそーなるんだ」
(粗末にするからそうなるんだ)
という風に使われます。

ちょちょら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょろちょろと落ち着かない という意味です。
「ちょろけねーでじっとしてなせ」
(ちょろちょろしないでじっとしてなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょーはん」があります。
これは「昼食、昼飯、おやつ」という意味です。
「へーちょーはんだえねー」
(もう昼食(の時間)ですよ)
という風に使われます。

ちょろける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちんこて、ちんこたい とも言います。

 

小さい という意味です。
「ちんこくていとしげらの」
(小さくて可愛いねー)
「そっちはでっこいけろこっちのほーらがちんこいて」
(そちらは大きくて、こちらの方は小さい)
「ちんこてがんがかわいげだよ」
(小さい方が可愛いよ)
という風に使われます。

ちんこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

裁縫 という意味です。
「いっしょうけんめーにつぎもんしたらめがつかれた」
(一生懸命に裁縫をしたら目が疲れた)
という風に使われます。

 

これが「つぎ」ですと「布、反物」という意味です。
「いーつぎがあったすけこーてきた」
(良い布があったので買ってきました)
という風に使われます。

つぎもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貫き通す、突き通す という意味です。
「なー、きくつっとすろー!」
(てめえ、尻の穴から手突っ込んで奥歯がたがたいわすぞ、こら)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つっとこ」があります。
これは「藁苞(わらづと)」という意味です。
「たまごもなっとうもつっとこにいれてたもんだ」
(卵も納豆も藁苞に入れていたものだ)
という風に使われます。

つっとす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

窮屈 という意味です。
「つっぱらこなってへーきらんね」
(窮屈になって、もう着られない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つらつけね」があります。
これは「厚かましい、面の皮が厚い」という意味です。
「つらつけねーやろーだ」
(厚かましい野郎だ)
という風に使われます。

つっぱらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

突っ張る、這いつくばる という意味です。
「つんばってしごとするがんもよーいでね」
(這いつくばって仕事をすることは大変だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つねくる」があります。
これは「抓る」という意味です。
「つねくらってあざんなった」
(抓られて痣になった)
という風に使われます。

つんばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変 という意味です。
「まいにち、かぞくはちにんぶんのまんまこしょうのもてーてんねぇーて」
(毎日、家族8人分の食事を作るのも大変ですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でーこん」があります。
これは「大根」という意味です。
「でーこんあらいしてほす」
(大根を洗って干す)
という風に使われます。

てーてんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕上げる という意味です。
「これをでかしたらいっぷくしょーや」
(これを仕上げたらひと休みしましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てっこする」があります。
これは「手伝う、手伝いをする」という意味です。
「こっちきててっこせー」
(こっちに来て手伝って)
という風に使われます。

でかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大嫌い という意味です。
「おめことでっきれーらとさ」
(あんたのこと大嫌いだって)
という風に使われます。

 

反対の言葉では「でーすき」があります。
これは「大好き」という意味です。
「あのこがでーすきだー」
(あの子が大好きだ)
という風に使われます。

でっきれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てっぺん という意味です。
「あたまのてっこつ」
(頭のてっぺん)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てっこふき」があります。
これは「ホラ吹き」という意味です。
「あいつはてっこふきらすけ」
(あいつはホラ吹きだよ)
という風に使われます。

てっこつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てんこもり とも言います。

 

山盛り という意味です。
「ごはんてっこもりによそった」
(ご飯を山盛りいっぱいによそった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てっこ、てっちょ」があります。
これは「上、天井」という意味です。

てっこもり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

躓く という意味です。
「しきいにでっちがえった」
(敷居に躓いた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でんぐりがえる」があります。
これは「ひっくり返る」という意味です。
「よみちらすけでんぐりがえらねよーにいぎなせ」
(夜道ですからひっくり返らないように行きなさい)
という風に使われます。

でっちがえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でとかた とも言います。

 

入り口、手元の方 という意味です。
「にもつはでとかたにおいておけや」
(荷物は入り口に置いておきなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てこずる」があります。
これは「手間取る、スムーズにいかない」という意味です。
「なかなかてこずってしごとがすすまないのー」
(なかなか手間取って仕事が進まないね)
という風に使われます。

でと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手元が狂う という意味です。
「てぼろかいておつゆをまかした」
(手元が狂って味噌汁をこぼした)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てこつき」があります。
これは「手つき」という意味です。
「てこつきがあぶなっかしーてみてらんね」
(手つきが危なっかしくて見ていられない)
という風に使われます。

てぼろかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~(して)いる という意味です。
「ゆってんねっか」
(言っいるでしょ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でんこぶ」があります。
これは「たんこぶ」という意味です。
「おっきなでんこぶできた」
(大きなたんこぶが出来た)
という風に使われます。

 

また、「でんぐるま」ですと「肩車」という意味です。

てん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

堂々巡り、同じ事の繰り返し という意味です。
「でんでんめぐりではなしがまとまらねー」
(堂々巡りで話がまとまらない)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「てんでてんで」があります。
これは「個々に、めいめいで」という意味です。
「てんでてんでがもってきてくうんだがー」
(めいめいに持ってきて食べよう)
という風に使われます。

でんでんめぐり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てんぼ とも言います。

 

嘘、ホラ という意味です。
「てんぽこく」
(嘘を言う/ホラをふく)
「いまのはなしてんぽらろー」
(今の話は嘘だろう)
という風に使われます。

 

これが「てんぼこき」で「嘘つき」という意味です。
「このてんぼこき!」
(この嘘つき!)
「おめはてんぽこきら」
(おまえは嘘つきだ)
という風に使われます。

てんぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とーこ とも言います。

 

遠い、遠く という意味です。
「へーとーけろこにいってしもたがね」
(もう遠いところに行ってしまったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どげい」があります。
これは「どこへ」という意味です。
「な、どげいいってきた。そんげのかっこして」
(あなた、どこへ行って来たの?そんな格好をして)
という風に使われます。

とーけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうしたものでしょう、どうしようか という意味です。
「やんや、しっぱいしたっや、どーしょば」
(ああ、失敗してしまったよ、どうしましょう)
「どーしょばなてゆーたたて、へーどーしょばやれ」
(どうしようもないことを言ったって、どうにもならない)
という風に使われます。

どーしょば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とや とも言います。

 

~する度に、~の都度 という意味です。
「おれ、さけのむとーやげーげはくんさ」
(俺、酒を飲む度に吐くんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どーもん」があります。
これは「かまくら」という意味です。
「どーもんのなかでひあそびするとおっこられるぞ」
(かまくらの中で火遊びをすると叱られるよ)
という風に使われます。

とーや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怖がり、臆病、勇気が無い という意味です。
「このこばっかしゃ、どくされでよーされひとりでべんじょいかんねんだれ」
(この子ったら、怖がりで夜一人でトイレに行けないんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とかさ」があります。
これは「鶏のトサカ」という意味です。

どくされ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

としとり とも言います。

 

大晦日の晩、大晦日、除夜 という意味です。
「としやにはあじをくー」
(大晦日の晩には、塩鮭を食べます)
「としやのばんはどごのいえもごっつおうです」
(大晦日の晩は、どこの家もご馳走です)
という風に使われます。

としや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

途中、合間 という意味です。
「とちゅうなかでけってこいや!」
(合間に帰っておいでよ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とたらばたら」があります。
これは「不規則、中途半端」という意味です。
「とたらばたらにたねをまく」
(不規則に種を撒く)
という風に使われます。

とちゅうなか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(呆れるくらいに)たくさん という意味です。
「もらいもんのきょほーがどっつりあるて」
(頂き物の巨峰がもの凄く沢山あるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どっけねー」があります。
これは「味気ない、味にくせが無い」という意味です。

どっつり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一番遠い所、一番外れ という意味です。
「おらとこはとっぱずれのうちらよ」
(私の家は、一番外れにある家ですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とっぱずか」があります。
これは「まぐれ、偶然」という意味です。

とっぱずれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とんでもない、思いがけない という意味です。
「とっぴつもねーことゆーたりすうもんでねー」
(とんでもない事を言ったりするものではない)
「とっぴつもねーときにとっぴつもねーばしょで」
(思いがけない時に、思いがけない場所で)
という風に使われます。

とっぴつもねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 父親 という意味です。
”おとと、とっと”とも言います。
「ととがなぁ」
(父親がねぇ)
という風に使われます。

 

② 魚 という意味です。
「ととのごっつぉ」
(魚のごちそう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どは」があります。
これは「落とし穴」という意味です。

とと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一人で、孤独に という意味です。
一人で慌てふためいて、何かをしている様子を指す言葉です。
「おめさんちのかあちゃん、はたけでととぼととくさとってたいね」
(お宅のお母さん、畑でたった一人で草取りしていましたよ)
という風に使われます。

ととぼと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

走る という意味です。
これが「とびっくら」で「徒競走(公式ではない)」という意味です。
「とびっくらしよてー」
(徒競走をしましょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とびすけ」があります。
これは「じっとしていない、外出好き」という意味です。
「とびすけらすけいねかも」
(じっとしていないから居ないかも)
という風に使われます。

とぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

濡れたように光り輝いている様 を指す言葉です。
「おめのくるま、ばかとろんとろんしてんねっか」
(あなたの車、ものすごく光り輝いているね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とろっぺつ」があります。
これは「ちょくちょく、ちょっちゅう」という意味です。
「とろぺつでてる」
(しょっちゅう出てる)
という風に使われます。

とろんとろん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんが とも言います。

 

どの様な、どんな という意味です。
「どんげようすら?」
(どんな様子ですか?)
「どんげにしてけがのらて?」
(どの様にして怪我したの?)
「どんがらった?」「こんがらったれー」
(どんな感じだった?)(こんなだったよー)
という風に使われます。

どんげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんつく とも言います。

 

慌て者、おっちょこちょい という意味です。
「おめはとんときらすけ、ちゃんとねまってれや」
(おまえは慌て者だから、きちんと座っていろ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「どんざ」があります。
これは「ろくでなし」という意味です。

とんとき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

んな、うな とも言います。

 

あなた、おまえ という意味です。
「ななーしてる」
(あなたは何をしていますか)
「ながわーり」
(おまえが悪い)
「なばっかしゃどうしょもねぇな」
(あなたばっかりはどうしようもないね)
「んなもいっしょにこい、なーもいごで」
(おまえも一緒に来い、おまえも行こう)
という風に使われます。

な 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうした という意味です。
「なーしたって?」
(どうしたって?)
「なーしてる?」
(何をしていますか?)
という風に使われます。

 

これが「なーして」ですと「なんで」という意味です。
「なーしてきたんだ」
(なんで来たんだ)
「なーしてないてんろっか」
(なんで泣いているんだろう)
「それなーしたね」
(それなんでだよ)
という風に使われます。

なーした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一層、なおさら という意味です。
「こっちのがんがなおかいー」
(こちらの方がなおさら良い)
「なおかしてやらんばねー」
(なおさらやらなくてはね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんかや」があります。
これは「おもちゃ屋」という意味です。
「なんかやにいってみろてば」
(おもちゃ屋さんに行ってみようよ)
という風に使われます。

なおか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なかまで とも言います。

 

分け合って、一緒に という意味です。
「じゅーすいっぽんしかねっけ、きょうだいでなかまねのも」
(ジュースが1本しかないから兄弟で分け合って飲みなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なかまはぎっこ」があります。
これは「仲間はずれ」という意味です。

なかまね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

足を伸ばして、横になって休む、横になってくつろぐ という意味です。
「つかれたすけながまってやすもう」
(疲れたから、横になって休みましょう)
「ながまっててれびをみる」
(横になってテレビを観る)
という風に使われます。

ながまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

麺類 という意味です。
「ひるまんま、ながもんとどんぶりもんどっちがいー?」
(お昼ご飯、麺類と丼ぶりものどちらがいいですか?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ながまる」があります。
これは「横になる」という意味です。
「ながまってほんをよむ」
(横になって本を読む)
という風に使われます。

ながもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

溶けかける、粘つく という意味です。
「あめがないてる」
(飴が溶けて柔らかく粘ついている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なきこき」があります。
これは「泣き虫」という意味です。
「はなちゃんはなきこきらすけだーも」
(花ちゃんは泣き虫だからね)
という風に使われます。

なく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なじょ、なじら とも言います。

 

元気、いかに、いかが、どんな という意味です。
「なじらて」
(お元気ですか)
「このなすなじらね。やーすしとくわね」
(この茄子はいかがですか。安くしておきますよ)
「かぜのぐあいはなじらね?」
(風邪の具合はいかがですか?)
「おかしひとつなじらね?」
(お菓子を一ついかがですか?)
という風に使われます。

なじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なじろも とも言います。

 

いくらでも、如何様にも、好きなだけ という意味です。
「なじょうもたべてくんなせ」
(いくらでも食べてください)
「なじょうもなじょうも」
(好きなだけ、どうぞどうぞ)
という風に使われます。
好意的に応諾する気分を言い表す時に使われます。

なじょうも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

返す という意味です。
「こねさかりたほんなすわ」
(この間、借りた本を返すよ)
「はよなしてこい」
(早く返してきなさい)
という風に使われます。

 

これが「なさんね、なさね」ですと「返せない」という意味です。
「きょうじゅうになさんね」
(今日中に返せない)
という風に使われます。

なす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なってしまって という意味です。
「こんがんなっちもて」
(こんなになってしまって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なーしても」があります。
これは「どうしても、問答無用」という意味です。
「なーしてもだめらけ?」
(どうしてもダメですか?)
「なーしてもだめら!」
(問答無用でダメ!)
という風に使われます。

なっちもて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんだって? という意味です。
「なにね、こえがきこえね」
(なんだって?声が聞こえない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ならね」があります。
これは「ならない、かなわない」という意味です。
「あのしょーにはなんしてもならね」
(あの人には何をしても敵わない)
という風に使われます。

なにね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

中途半端、未熟 という意味です。
「なまらはんじゃくにすんな」
(中途半端にやるんじゃない)
という風に使われます。

 

これが”なまら”では「だいたい、生半可ではない、物凄い」という意味です。
「さとうはなまらこんくらい」
(砂糖はだいたいこの位)
「なまらでけー」
(物凄く大きい)
という風に使われます。

なまらはんじゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体が苦しい、辛い という意味です。
「きついさかをのぼってなんぎー」
(急な坂を上って大変だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんじょだね」があります。
これは「どうですか?、どうだい?」という意味です。
「あんにゃさのかぜのぐあいはなんじょだね?」
(お兄ちゃんの風邪の具合はどうだい?)
という風に使われます。

なんぎー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんねせい とも言います。

 

なんといっても、なにしろ、たいそう という意味です。
「なんねせいそがしいんだわ」
(なんといっても忙しいんですよ)
「なんねせいごうぎゆきがふってうごかねー」
(なにしろたくさん雪が降って動かない)
という風に使われます。

なんねせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんぶらげ とも言います。

 

自慢する という意味です。
「なんぶかがすよーなことはしなさんな」
(自慢するようなことはするんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんだこてや」があります。
これは「なんということだ」という意味です。

なんぶらがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にょーい とも言います。

 

臭い、匂い という意味です。
「へのにいがする」
(おならの臭いがする)
「あまいいーにょーいがする」
(甘いいい匂いがする)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にお」があります。
これは「藁の束を屋外に積み重ねたもの」を言います。
「におのかげでなにしてんだ」
(藁束の影で何をしているんだ)
という風に使われます。

にい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にんげ とも言います。

 

苦い という意味です。
「こんげにーげがんはかんねー」
(こんなに苦い物は食べられない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にーしょんで」があります。
これは「染み付いて」という意味です。
「あせがにーしょんでる」
(汗が染み付いている)
という風に使われます。

にーげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不細工 という意味です。
「このねこにくげだね」
(この猫、不細工だね)
という風に使われます。

顔だけではなく、姿や服装がだらしない時にも使われます。

 

似た言葉では「にーくげ」があります。

これは「憎たらしい」という意味です。
間延ばせば延ばすほど相手の憎さ度合いが激しくなります。

にくげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減にする、適当にならす という意味です。
「あいつはにごじゅうでこまる」
(あいつはいい加減にするから困る)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にごし」があります。
これは「米のとぎ汁」という意味です。
「にごしはびちゃらねできにまいてやれ」
(米のとぎ汁は捨てないで木に撒いてあげなさい)
という風に使われます。

にごじゅう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃがいも という意味です。
「にどいもをつくる」
(じゃがいもを栽培する)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にんど」があります。
これは「二度、二回」という意味です。
「にんどあることはさんどある」
(二度あることは三度ある)
という風に使われます。

にどいも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のーれ とも言います。

 

ぬるい という意味です。
「ぬーれおつゆ」
(ぬるい味噌汁)
「ぬーるてはいらんね」
(ぬるくて入れないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぬくい」があります。
これは「暖かい、温かい」という意味です。

ぬーれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介