HOME -> 岡山の方言 

口角炎 という意味です。
「そりゃああくちもでるわ」
(そりゃあ口角炎も出来ますよ)
「くちゅーねぶるばーしょーるけーあくちがきれるんじゃ」
(唇を舐めてばかりいるから口角炎を起こして口角が切れるのよ)
という風に使われます。

あくち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嘔吐する という意味です。
「いたんだもんをくやーあげるねぇー」
(腐りかけの物を食べれば嘔吐するでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あけー」があります。
これは「赤い」という意味です。
「あけーりんご」
(赤いリンゴ)
という風に使われます。

あげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

明日 という意味です。
「あしたりゃー、どねんすりゃー」
(明日は、どうするんですか)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あけのひ」があります。
これは「翌日」という意味です。
「おおみずがあったあけのひにがけがくずれた」
(洪水のあった翌日に崖が崩れた)
という風に使われます。

あしたり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もがく、動き回る という意味です。
布団からはみ出るほど寝相が悪い様などを言います。
「あずるばーしょーたらかぜひくが」
(動いて布団から出てばかりいたら風邪を引くよ)
という風に使われます。

 

また、「物事に手間取る、手を焼く」という意味もあります。

あずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

倒れる という意味です。
「そこをおしたらあだくれるぞー」
(そこを押したら倒れますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あだ」があります。
これは「外」という意味です。
「あだにおらずはよーおえーあがれい」
(外に居ないで早く部屋に入りなさい)
という風に使われます。

あだくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体の突出部の一部が赤く腫れたり、痛むようになる という意味です。
「きにょーなごーありーたけー、あしがいとーてなぁ」
(昨日長く歩いていたので、足が痛くなってねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あたりがけ」があります。
これは「何かに腹を立てて意地悪する」という風に使われます。

あたり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あてずっぽう という意味です。
「あてっぽこばーゆーめーに、ちーたぁべんきょぅせー」
(いい加減な事ばかり言う前に、少しは勉強しなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あて」があります。
これは「酒の肴」という意味です。
「あてをなんにしょーかの」
(酒の肴は何にしようかな)
という風に使われます。

あてっぽこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仰向けにひっくり返る、ひっくり返って手足をバタバタさせている状態 という意味です。
「かめさんがあのけんだまーとっとる」
(亀がひっくり返ってバタバタしている)
という風に使われます。

 

これが「あおのけ」ですと「仰向け」という意味です。

あのけんだまーとる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腐る、傷む という意味です。
「りんごがあまる」
(リンゴが腐る)
「れいぞうこにいれときんせーよ。あまるともってーねーでのー」
(冷蔵庫に入れておきなさいよ。腐るともったいないからね)
「あーあ、こりゃ、さかながあまっとるわ」
(あーあ、魚が腐っているよ)
という風に使われます。

あまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

操る という意味です。
「うめーげに、えてこーを、あやくりょーらぁ」
(上手に猿を操っていますねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あよーるん」があります。
これは「会っていますか」という意味です。
「たまにゃーあようーるん」
(時には会っていますか)
という風に使われます。

あやくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最初から という意味です。
「あらからうそばーつきょーたんか」
(最初から嘘ばかり言ってたんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あらつか」があります。
これは「乱暴に扱う」という意味です。
「いぬをあらつかにしょーりゃーかぶられるんじゃーけ」
(犬を乱暴に扱っていると咬まれるんだからね)
という風に使われます。

あらから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんご、あんごうだま とも言います。

 

馬鹿、馬鹿者 という意味です。
「あんた、あんごうや!」
(あなたは馬鹿だ!)
「あのかー、そねーなことしてあんごーじゃ」
(あの子は、そんなことをして、馬鹿です)
という風に使われます。

 

さらに強く「おおあんごう」という場合もあります。

あんごう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっかり という意味です。
「あんばよー、ぜにねーなった」
(すっかりお金が無くなりました)
「あんばよー、よるん、なってしもーた」
(すっかり夜になってしまいました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あんじょう」があります。
これは「元気、健康」という意味です。

あんばよう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

埋まる という意味です。
「ここでがけがくずれてきていえがいかってしもーた」
(ここで崖が崩れてきて家が埋まってしまった)
「じるーてあしがいかってしもーた」
(地面がぬかるんでいて足が地面に埋まってしまった)
という風に使われます。

いかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大声を出す、大きな声で泣き叫ぶ という意味です。
「こどもがいがりょーるが。はよいっちゃれー」
(子どもが泣き叫んでいるじゃないか。早く行ってあげなさい)
「なにもそねーにいがらーでもえーが」
(何もそうやって大声で泣き叫ばなくてもいいじゃないの)
という風に使われます。

いがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

直後、~してすぐ という意味です。
「やいたいきのーじゃけーうめーわ」
(焼いたばかりだから美味しいね)
「くぅーたいきのーにねるとうしになるんじゃ」
(食べてすぐに寝ると、牛になるんですよ)
「うちーきていきのーじゃゆーのに、てごーさせてすまんなー」
(家に来てすぐだというのに、手伝わせてごめんね)
という風に使われます。

いきのう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

起こる、発生する という意味です。
「こねーだきんじょで、かじがいったんじゃ」
(この間近所で、火事が起こったんです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いごいご」があります。
これは「痒みで体をくねらせる様」という意味です。

いく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① いかまー とも言います。
行かないでおこう という意味です。
「といーけー、いくまーや」
(遠いから、行かないでおこうよ)
という風に使われます。

 

② 行かないだろう という意味です。
「まさかあいつぁーいくまー」
(まさかあいつは行かないだろう)
という風に使われます。

いくまー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 難しい、複雑 という意味です。
「いたしいーことになっとるのぉー」
(複雑なことになっていますねえ)
という風に使われます。

 

② 困った時に使う言葉です。
「いたしいことになりました」
(困ったことになりました)
という風に使われます。

いたしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつでもこつでも とも言います。

 

毎回、いつでも という意味です。
「いつもこつもおたっしゃなことで」
(いつでもお元気ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いちにちはだめ」があります。
これは「一日おきに」という意味です。
「くすりはいちにちはだめ」
(薬は一日おき)
という風に使われます。

いつもこつも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いぬ とも言います。

 

帰る という意味です。
「いえにいぬる」
(家に帰る)
「もういんだ」
(もう帰りました)
「じき、いぬらー」
(もうすぐ帰ります)
「いぬるまでまってーて」
(帰るまで待っていてください)
という風に使われます。

いぬる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 腫れる、化膿して腫れる という意味です。
「あしがいばるんじゃ」
(足が腫れるんです)
「でものがいばってこまっとんじゃ」
(おできが化膿して痛くて困っているんです)
という風に使われます。

 

② 力む、踏ん張る という意味です。
「といれでいばらゃーりゅぃとった」
(トイレで力み続けていた)
という風に使われます。

いばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まったく、さっぱり という意味です。
「いよいよぜににならん」
(まったく儲けになりません)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いやし」があります。
これは「食い意地が張っている」という意味です。
「いやしーやつじゃのー」
(食意地が張っている奴だなあ)
という風に使われます。

いよいよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いよん とも言います。

 

言っている という意味です。
「なに、いようーるん」
(何を言っているんですか?)
「あのひとなんていよーるん?」
(あの人は何と言っているんですか?)
「なんいよん」
(何を言っているの)
という風に使われます。

いよーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からかう、いじめる という意味です。
「そねーなことーゆーて、ひとーいらまかすな」
(そんなことを言って、人をからかうんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いまごろ」があります。
これは「近頃」という意味です。
「いまごろのわかいもんはの」
(近頃の若者はね)
という風に使われます。

いらまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(風呂などに)入る、浸かる という意味です。
「ふれーいる」
(お風呂に入る)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いらち」があります。
これは「イライラしている人」という意味です。
「いらちん」とも言います。

 

また、「いらん」では「余計な」という意味です。
「いらんせわじゃ」
(余計なお世話だ)
という風に使われます。

いる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらう とも言います。

 

触る、いじる という意味です。
「そねーに、きずーいろーちゃーおえん」
(そんな風に、傷口をいじっていてはいけないよ)
「あんまりかみのけをいらわれな」
(あまり髪の毛を触るんじゃないよ)
という風に使われます。

いろー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

剝がす、剝く という意味です。
「いまー、むしてから、かわーうがすんじゃ」
(芋は、ふかしてから、皮を剝くんだ)
という風に使われます。

 

これが「うげる」ですと「剥がれる」という意味です。
「かべがみうげとるぞな」
(壁紙が剥げていますよ)
という風に使われます。

うがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

窮屈、体にピッタリと合わない という意味です。
「こりゃーうずないー」
(これは窮屈だなあ)
「くつぅかえたんでうずないー」
(靴が新しく買い替えたので変な感じです)
という風に使われます。

 

また、「難しい、気色が悪い」という意味もあります。

うずないー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(液体が)垂れる という意味です。
「あせがうだってめもあけられんがー」
(汗が垂れてきて目も開けられませんよ)
「よだれがうだりょーるが」
(涎が垂れているわよ)
「てんじょうからあめがうだりょーらぁ」
(天井から雨漏りしていますねえ)
という風に使われます。

うだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最初、手始め、起筆 という意味です。
「なんでもうったてがでーじじゃが」
(何事も最初が大事だよ)
「しゅうじのうったて」
(習字の起筆)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うだれ」があります。
これは「ひさし」という意味です。

うったて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蒸しあがる という意味です。
「めしぃうみたんじゃねーか」
(ご飯が炊き上がったんじゃないですか)
という風に使われます。

 

これが「うむす、うます」ですと「蒸す」という意味です。
「はんごうでめしぃうむすにゃーこつがあるんぞな」
(飯ごうでご飯を炊くにはコツがあるんですよ)
という風に使われます。

うみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

文章の最後に付ける勧誘の表現です。
「きょうはのもーえ」
(今日は飲みましょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えーま」があります。
これは「合間」という意味です。
「えーまぐい」
(間食をする)
という風に使われます。

え 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいから という意味です。
「ええけえ、こけーけー」
(いいから、ここに来なさい)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「えー」があります。
これは「良い」という意味です。
「えーゆじゃー」
(いい湯だな)
という風に使われます。

ええけえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うまく、好きなように という意味です。
「えーげにせられー」
(好きなようにやりなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えーに」があります。
これは「時々、休み休み」という意味です。
「えーにせられー」
(休み休みしなさい)
という風に使われます。

えーげに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~合い という意味です。
「たたきえーこ」
(叩き合い)
「はげましえーこ」
(励まし合い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えーこしー」があります。
これは「ややこしい」という意味です。
「えーこしーこというな」
(ややこしい事を言うな)
という風に使われます。

えーこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん という意味です。
「こずかいえっともろーたか」
(お小遣いをたくさん貰いましたか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えっとこ」があります。
これは「腰をかける」の幼児語です。
「えっとこしょーえ」
(ひと休みしましょうよ)
という風に使われます。

えっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

高慢な態度、自慢ぶっている という意味です。
「えらっそーしょーるとひとにきらわれるよ」
(傲慢な態度をとっていたら、他人に嫌われますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えどーかす」があります。
これは「冷やかす、からかう」という意味です。
「おめぃは、わしをえどぉかしよんか」
(おまえは、俺をからかっているのか)
という風に使われます。

えらっそー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えらい とも言います。

 

しんどい、辛い という意味です。
「ねつがあるけー、えれーわ」
(熱があるから、しんどいよ)
「きょうはからだがえれーけー、やすませて」
(今日は体が辛いから、休ませてください)
という風に使われます。

えれー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えれー とも言います。

 

とても、すごい、大変に という意味です。
「こりゃー、えろーたけーなー」
(これは、とても高いなあ)
「えろうせかーでもえーじゃろ」
(そんなに急がなくてもいいだろ)
「きょうはえれーおとなしぃのー」
(今日はすごく静かにしているねえ)
という風に使われます。

えろー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

泳ぐ という意味です。
「おいぎーいきょーてんか」
(水泳に通っているのですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おいでんさった」があります。
これは「いらっしゃった」という意味です。
「よーおいでんさった」
(よくいらっしゃいましたね)
という風に使われます。

おいぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

横着な、面倒くさがる という意味です。
「おーどーもん」
(横着者)
「おーどーなことをするけーけっぱんずくんじゃ」
(面倒くさがるから躓くんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おうぎょーだ」があります。
これは「大袈裟だ」という意味です。

おうどう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おえりゃーせん、あかん とも言います。

 

駄目だ、いけない という意味です。
「どーやっても、もーおえんが」
(どのようにしても、もう駄目だよ)
「おえりゃーせんがー」
(駄目じゃないの)
「そねーなことしたらおえん」
(そんな事をしてはいけない)
「かえんとおえんな」
(変えないと駄目だね)
という風に使われます。

おえん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大口、口だけは達者な様 という意味です。
「おーげんをたれる」
(大口を叩く)
「おーげんたれだな」
(口だけは達者な奴だな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おおいい」があります。
これは「多い」という意味です。
「きがおおいいなあ」
(木が多いなあ)
という風に使われます。

おおげん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

広い場所 という意味です。
「あんたらーおーばんとりすぎじゃわ」
(あなた達、広い場所を取りすぎですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おーすかいのー」があります。
これは「痛い」という意味です。
「ころんでしまった、おおっすかいのお」
(転んでしまった、痛いなあ)
という風に使われます。

おーばん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痙攣、震え という意味です。
「ねつをでぇーておごりがつぃーてこまった」
(発熱して体が痙攣してしまって困りました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おごる」があります。
これは「草木が繁った様」という意味です。
「なつになりゃーにわのきがおごってくる」
(夏になると庭の木の葉が繁ってくる)
という風に使われます。

おごり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大人 という意味です。
「おせはなにしょん」
(大人は何をしているの)
「おせらぁ、うそばーじゃぁ」
(大人たちは、嘘ばかりつくんだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おしこみ」があります。
これは「押入れ」という意味です。
「おしこみにとらげてーてえ」
(押入れに仕舞っておいて下さい)
という風に使われます。

おせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怖い という意味です。
「おぜーめばーみるなーいっつもわいやけーのー」
(怖い目に遭うのはいつでも私だからなぁ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おせーかす」があります。
これは「教える」という意味です。
「おせーかしてつけえ」
(教えてください)
という風に使われます。

おぞい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

味噌汁、吸い物 という意味です。
「さー、おつぅいただこう」
(さあ、お味噌汁をいただきましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おっちん」があります。
これは「座る」という意味の幼児語です。
「ここにおっちんしんせえ」
(ここに座りなさい)
という風に使われます。

おつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

兄弟、姉妹 という意味です。
「あんたらーおとでぃか?ようにとるのー」
(あなた達は兄弟ですか?よく似てますねえ)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「おとんぼ」があります。
これは「末っ子」という意味です。

おとでぃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなた、おまえ という意味です。
「おめぇ、なにしょんなら」
(あなた、何をしてるの)
という風に使われます。

 

本来は親しみを持って使われますが、喧嘩や強い問いかけの際にも使用されます。

 

似た言葉では「おえ」があります。
これは「座敷」という意味です。
「おえへあがって」
(座敷へどうぞ)
という風に使われます。

おめぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恥ずかしい、恥ずかしがる という意味です。
「おめるわー」
(恥ずかしいわ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おめく」があります。
これは「喚く、大声を出す」という意味です。
「おめーてもかわんもんはかわん」
(喚いても買ってあげないよ)
という風に使われます。

おめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大きな声で叫ぶ という意味です。
「おらびまくっとるがー」
(叫びまくってるよ)
「そっからおらんでみねえ」
(そこから大きい声で呼んでみなさいよ)
「あのひと、なんかおらびょーらー」
(あの人、何か大きな声で叫んでいるよ)
という風に使われます。

 

また、「構内放送で呼び出しをすること」を指す場合もあります。

おらぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

臆病、弱虫 という意味です。
「このおんびんくそー」
(この弱虫が)
「おめーはおばけがきょうてーんか、おんびんたれじゃのー」
(あなたはお化けが怖いのか、臆病者ですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おんどれー、おどれー」があります。
これは「こんちくしょう、この野郎」という意味です。

おんびん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~じゃないか という意味です。
「ありゃーももじゃが」
(あれは桃じゃないか)
「ゆーたが」
(言ったじゃないか)
という風に使われます。

 

② ~よ という意味です。
「せーがえーが」
(それがいいよ)
「そねーによばんでもすぐいくが」
(そんなに呼ばなくてもすぐ行くよ)
という風に使われます。

が 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けーこと と発音することもあります。

 

交換 という意味です。
「それ、えーなー、おれのとかえことしてくれん?」
(それいいね、私のと交換してくれない?)
「このかきとむすびとけーことしてつけー」
(この柿とおにぎりを交換してください)
という風に使われます。

かえこと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 欠ける という意味です。
「かげたおちゃわんはつかわれな、えんぎがわりー」
(欠けた茶碗は使うんじゃないよ、縁起が悪い)
という風に使われます。

 

② 欠席する という意味です。
「きょうはがっこうかげるか?」
(今日は学校を欠席しますか?)
という風に使われます。

かげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

屈む、しゃがむ という意味です。
「たうえゃーかごんでばーじゃけーえれーわ」
(田植えは屈んでばかりだから大変ですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かがむ」があります。
これは「牢屋へ入る」という意味です。

かごむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傘に入れる という意味です。
「こっちこられー。かさにのせたげらー」
(こっちに来なさい。傘に入れてあげるから)
という風に使われます。

 

また、傘に入ることは「かさにのる」と言います。
「かさにのりんせー」
(傘にお入りなさい)
という風に使われます。

かさにのせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嗅ぐ という意味です。
「かざんでみりゃー、うれたんがわかる」
(匂いを嗅いでみれば、熟れているかどうかが判ります)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かじこまる」があります。
これは「かじかむ」という意味です。
「てがかじこまるのう」
(手がかじかみますねえ)
という風に使われます。

かざむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水に浸す、浸ける という意味です。
「せんたくものをみずにかしてーて」
(洗濯物を水に浸しておいて)
「つかったおちゃわんはみずにかしといてんよー」
(使用したお茶碗は水に浸けておいてくださいね)
という風に使われます。

かす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける という意味です。
「それかたしといて」
(それを片付けておいて)
「これものおきへかたしといて」
(これを物置へ片付けておいてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かたえる」があります。
これは「便秘、物事が固まる」という意味です。

かたす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肩の上に乗る という意味です。
「まーたかたがりょーらぁ」
(また肩の上に乗ろうとして)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かたくま」があります。
これは「肩車」という意味です。
「かたくまはきょうてえなあ」
(肩車は怖いなあ)
という風に使われます。

かたがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かやぶく、かやぶける とも言います。

 

傾ける、傾く という意味です。
「ひょんなげなことぉゆーたんでもねーのにくびゅーかたげるかのぅ」
(妙な事を言ったわけでも無いのに首を傾げるかなあ)
「みずのへーったばけつをかやぶきょーるとみずがまけるよ」
(水の入ったバケツを傾けると水がこぼれるよ)
という風に使われます。

かたげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かたちん とも言います。

 

片一方 という意味です。
「くつぅーかたひらぁどけぇやったけぇーのう」
(靴の片一方を、どこにやったんだろうなあ)
という風に使われます。

 

これが「かたちんぼ、かたちんぽ」ですと
「対になっている物の片方が無い」という意味です。
「くつしたかたちんぽじゃが」
(靴下が片方無いよ)
という風に使われます。

かたひら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

髪がぼさぼさ という意味です。
「あたまーがっそーにして、そてーでな」
(髪の毛がぼさぼさのまま、外へ出るんじゃないよ)
という風に使われます。

 

また、さらにひどい状態のことは「おおがっそう」とも言います。
「おおがっそーなったけー、かみゅーつんでくらー」
(髪が伸びてボサボサになったから、散髪に行ってくるよ)
という風に使われます。

がっそー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

庭、外、屋外 という意味です。
「かどにあらあ」
(庭にありますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がったんびっこん」があります。
これは「物の左右が上手く合わない」という意味です。
「ふくががったんびっこんじゃが」
(ボタンを掛け違えて服の左右が合わない)
という風に使われます。

かど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引っかく、掻き毟る という意味です。
「ここみられー。ねこにかなぐられたんじゃー」
(ここを見てよ。猫に引っかかれたんだよ)
「かいーけえ、かなぐりまくった」
(痒いので、掻き毟った)
「かんばすをかなぐってもえがかきょーが」
(カンバスを引っかいても絵は描けるでしょう)
という風に使われます。

かなぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言い訳、屁理屈、文句、悪口 という意味です。
「かばちばぁいうな!」
(言い訳ばかりするんじゃない!)
「こどもがそげーなかばちをたれるなよ」
(子供がそのような屁理屈を言うんじゃないよ)
という風に使われます。

かばち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

咬む、噛む、刺す という意味です。
「きんじょにかぶるねこがおっての」
(近所に人に咬みつく猫がいてね)
「かぁーにかぶられてしもーた」
(蚊に刺されてしまいました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かぶうち」があります。
これは「身内、親戚」という意味です。

かぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

倒れる、ひっくり返る という意味です。
「ちばけてかやるばーしょるとあたまぶつけるんじゃ」
(ふざけて倒れてばかりいたら頭を打ちますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かやす」があります。
これは「こぼす」という意味です。
「かやすばーすなー」
(こぼしてばかりいるんじゃない)
という風に使われます。

かやる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~も という意味です。
「ひゃくまんえんからしたんやでー」
(百万円もしたんですよ)
という風に使われます。

 

② 体格 という意味です。
「あいつはからがおおけーからのう」
(あいつは体格が立派だからねえ)
「からがおーきょーなったぞな」
(体格が大きくなりました)
という風に使われます。

から 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

聞き耳を立てる、じっと聞く という意味です。
「きこねぇーてもおえるもんか」
(聞き耳を立てても無駄ですよ)
「きこなぇやーうみがきこよー」
(じっと耳を澄ますと海(の音)が聴こえる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ききんさい」があります。
これは「聞きなさい」という意味です。

きこなう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

キツイ、強い という意味です。
「ぎすいのう」
(体に堪えるなあ)
「あんたぁ、ぎしーことをいうのぉ」
(あなたはキツイ事を言いますねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きずかい」があります。
これは「心配、心遣い」という意味です。

ぎすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぎっぽう とも言います。

 

① 強情、短気、偏屈 という意味です。
「あのひとぁきっぽじゃけー」
(あの人は強情ですから)
という風に使われます。

 

② 硬直する、直立不動 という意味です。
「あしがきっぽになってしもーた」
(足が硬直してしまったよ)
「そねーにきっぽになってきんちょうせんでもえーが」
(そんなに直立不動で緊張しなくてもいいよ)
という風に使われます。

ぎっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらっしゃる という意味です。
「そろそろせんせいがきてじゃけー、すわっときねー」
(そろそろ先生がいらっしゃるから、座っておきなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きちゃねえ」があります。
これは「どうでもいい」という意味です。

きてじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

踵(かかと)という意味です。
「きびしがしびれてあしがもとおらんがぁ」
(踵が痺れて足がうまく動かせませんよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きみず」があります。
これは「胃液、酸っぱいゲップ」という意味です。

きびし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

チクチクする痛み という意味です。
「はらがきやきやする」
(お腹がチクチク痛む)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きゃーくそ」があります。
「きゃーくそがわるい」と使います。
これは「胸糞が悪い、気分が悪い、ムカつく」という意味です。

きやきや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よーさん とも言います。

 

たくさん、多く という意味です。
「あめがぎょーさんふっておおみずになったぞな」
(大雨が降って洪水になりました)
「こねーだのまつりのときゃー、ぎょーさんひとがおったなー」
(この間の祭りの時には、たくさん人がいましたねえ)
という風に使われます。

ぎょーさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けうとし とも言います。

 

恐ろしい、怖い、気味が悪い という意味です。
「いっこもきょうてぇことぁなかった」
(少しも怖いことはありませんでした)
「あそこのおばけやしき、ぼっけーきょーてーんでー」
(あそこのお化け屋敷はとても怖いんだよ)
「あのいぬきょーてーなー」
(あの犬、怖いなあ)
という風に使われます。

きょーてー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(植物の)棘 という意味です。
「きれーなばらにゃーぐいがあるけーきーつけんせー」
(綺麗なバラには棘があるから気をつけなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぐじをいう」があります。
これは「強請る、駄々をこねる」という意味です。

ぐい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

焦げる という意味です。
「さかなくぎゅーるでー」
(魚が焦げていますよ)
「やくのに、こねんくがすやつがおるか」
(焼くにしても、こんなに焦がしてはダメ)
という風に使われます。

 

これが「くがす」ですと「焦がす」という意味です。

くぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐすい とも言います。

 

① ゆるい という意味です。
「このずぼん、ぐしーわ」
(このズボンはゆるいなあ)
「なわ、ぐすくしといて」
(縄をゆるめておいて)
という風に使われます。

 

② 鈍くさい、トロい という意味です。
「ぐしーやっちゃ」
(鈍くさい奴だ)
「ほんまにおめーはぐっしぃのぉ」
(本当にお前は鈍くさいなあ)
という風に使われます。

ぐしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

適当にいい加減な返事、口ごたえ という意味です。
「くちへんじばーでちーともものをきいとらん」
(適当な返事ばかりで少しも言うことを聞いていない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くちなわ」があります。
これは「蛇」という意味です。
「くちなわはきょうてえ」
(蛇は怖い)
という風に使われます。

くちへんじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くちみる とも言います。

 

青あざが出来る、皮膚が紫色になる という意味です。
「ほーだまがくちとるのぉー」
(頬っぺたに青あざが出来ているねえ)
「なごーみずんなけーぇはいとったけぇくちびるがくちてしもーたぞな」
(長い時間水泳をしたから唇が紫色になってしまいましたよ)
という風に使われます。

くちる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くつわかす とも言います。

 

くすぐる という意味です。
「あしをくつわすばーすな!」
(足をくすぐってばかりいるんじゃない!)
という風に使われます。

 

これが「くつわいー」ですと「くすぐったい」という意味です。

 

似た言葉では「ぐつ」があります。
これは「都合、具合」という意味です。

くつわす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~くらい という意味です。
「これぐれええかろうが」
(これくらいは良いでしょうに)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くらりかやる」があります。
これは「後ろ向きに倒れる」という意味です。
「うえばーみてあるきょーたらくらりかやるでー」
(上ばかり見て歩いていたら後ろ向きに倒れるよ)
という風に使われます。

ぐれえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐる とも言います。

 

(皮下に出来る)しこり、腫瘍 という意味です。
「てにぐりができてしもーた」
(手にしこりが出来てしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぐりいし」があります。
これは「拳大以下の大きさの石」という意味です。

ぐり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける、じゃれる という意味です。
「いぬがくるーとるぞな」
(犬がじゃれているよ)
「くるうばーしょーるとけがーするで」
(ふざけてばかりいると怪我をしますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くる」があります。
これは「垂らす」という意味です。
「よだれをくりょーるが」
(涎を垂らしているよ)
という風に使われます。

くるう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① けん とも言います。

~から という意味です。

「いんでくるけーまちょーって」
(戻ってくるから待っていて)
「しょーがねーなー、まだこどもじゃけーなー」
(しょうがないね、まだ子どもですからね)
という風に使われます。

 

② これ という意味です。
「けーどーするん?」
(これ、どうするの?)
「けーでおしめーじゃ」
(これで終了です)
という風に使われます。

けー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

綺麗 という意味です。
美しいのでは無く、清潔という意味の綺麗です。
「あんたじぶんのへやぐれぇちーたーけっこーにしとき!」
(あなた、自分の部屋ぐらい少しは綺麗にしなさい!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けっちん」があります。
これは「拒絶」という意味です。

けっこー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

躓く という意味です。
「けっぱんじーてころびそーになったわ」
(躓いて転びそうになったよ)
「そねぇなんしょったらけっぱんずくでぇ」
(そんなことをしていたら躓きますよ)
「こねーだ、じんじゃのいしだんにけっぱんずいたんじゃー」
(この間、神社の石段に躓いたんですよ)
という風に使われます。

けっぱんずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けなるい とも言います。

 

羨ましい という意味です。
「よそのこばーけなりがらんの」
(他所の子供ばかり羨ましがらないの)
「あそこのうちぁぶげんしゃじゃけぇけなりーわ」
(あそこの家は金持ちだから羨ましいよ)
「そねーなことーきーたら、こどもがけなりがらー」
(そんなことを聞いたら、子どもが羨ましがるよ)
という風に使われます。

けなりー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

買う という意味です。
「ほんこうてきてん」
(本を買ってきたんです)
「ぎょうせんこうてーな」
(水あめを買ってください)
「へじゃけど、どーせこうてこにゃ」
(でも、どうせ買わなくては)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごうら」があります。
これは「石」という意味です。
「はたけのごーらをとらにゃーおえん」
(畑の石を取らなくてはいけない)
という風に使われます。

こう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物知り、理屈、口数が多い という意味です。
「えーつぁこうしゃくしぃじゃけーのぅ」
(あいつは理屈ばかり言っているからなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごうがわく」があります。
これは「腹が立つ」という意味です。
「おめーのゆーことをききょうたらごうがわかー」
(あなたの言うことを聞いていたら腹が立つよ)
という風に使われます。

こうしゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こげーな、こねーな とも言います。

 

こんな、このような という意味です。
「がっこうにこがーなもんもっていかれな」
(学校にこんなものを持って行くんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こけえ」があります。
これは「ここに」という意味です。
「こけえけえ」
(ここに来てください)
という風に使われます。

こがーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

欠ける という意味です。
「はがこげちゃった」
(歯が欠けちゃった)
「ありゃ~、はじがこげとるが」
(あららー、端が欠けてしまっているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぎょーさんに」があります。
これは「大袈裟に」という意味です。
「こぎょーさんにいわれな」
(大袈裟に言うなよ)
という風に使われます。

こげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

筋の通らないこと、無茶、でたらめ という意味です。
「ごじゃばーゆーな」
(無茶なことを言うんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こすい」があります。
これは「ケチ」という意味です。
「ぼっけーこすいなあ」
(酷くケチだなあ)
という風に使われます。

ごじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

咳をする という意味です。
「こずくのにきくくすりゅくんせー」
(咳止めの薬をください)
「こずくばーしょーりゃー、とまるせきもとまるまーぜー」
(咳ばかりしていると、止まる咳も止まらないでしょう)
という風に使われます。

こずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごだ、ごじゃ、ごじゃくそ とも言います。

 

無理、無茶 という意味です。
「ごたゆーな」
(無理を言うんじゃない)
「ごだばーしょーる」
(無茶ばかりをしている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こたわん」があります。
これは「ビクともしない」という意味です。

ごた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

泥棒 という意味です。
「なんでも、ゆんべ、ごっとんがへーったてー」
(なんでも昨夜、泥棒が入ったんですって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごっちー」があります。
これは「大きい」という意味です。
「ごっちーさかなじゃ」
(大きな魚です)
という風に使われます。

ごっとん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

状態が悪化する、揉め事がおきる という意味です。
「ごてっしもーた」
(面倒な事になってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こらえる」があります。
これは「許す」という意味です。
「これーちゃらー」
(許してあげるよ)
という風に使われます。

ごてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんまい、こびんちょー、こめー とも言います。

 

小さい、小さな という意味です。
「こまいうさぎじゃ」
(小さなウサギです)
「このさかなこびんちょーじゃけーにがしたろー」
(この魚は小さいから逃がしてあげましょう)
という風に使われます。

こまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ろくに、ろくすっぽ という意味です。
「ころくにしごともできゃーへんのに」
(ろくに仕事も出来やしないのに)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごろた」があります。
これは「丸太」という意味です。
「このごろたをどねんかせー」
(この丸太を何とかしなさい)
という風に使われます。

ころくに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 急で険しい、急峻 という意味です。
「このみちゃーさかいけーまわりのやまがひくぅーみえるんじゃ」
(この道は傾斜が急で険しいから、周囲の山が低く見えるんです)
という風に使われます。

 

② 厳しい という意味です。
「あんたーさけーことをいうのー」
(あなたは厳しい事を言いますねえ)
という風に使われます。

さかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さかへこ とも言います。

 

逆、逆さま という意味です。
「ふくのおもてうらをさかしなにきとるがな」
(服の表裏を逆に着ていますよ)
「ぜんごがさかへこじゃ」
(前後が逆です)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「さかとんぼ、さかてんぼ」があります。
これは「逆」という意味ですが、上下が逆の場合にだけ使用します。

さかしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 間抜け という意味です。
「えーつはさくぅいけーのー」
(あいつは間抜けだからなあ)
という風に使われます。

 

② 中身がスカスカ、もろい という意味です。
「このすいかーさくぅいーのぅ」
(このスイカは中身がスカスカになっていますよ)
という風に使われます。

さくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下痢、腹を下す という意味です。
「はらーひえーとるとはらさげょーするねえ」
(お腹を冷やしていたら下痢をしますからね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さがる」があります。
これは「海岸へ行く」という意味です。

さげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 散々な目に遭う という意味です。
「きょうはじこにおーてささらほさらじゃ」
(今日は事故に遭って散々な日だ)
という風に使われます。

 

② めちゃくちゃ という意味です。
「ふでのさきがささらほさらじゃ」
(筆の先がめちゃくちゃです)
という風に使われます。

 

”ささら”で「先が幾つもに小さく割れる」という意味があります。

ささらほさら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~かけ、~する途中 という意味です。
「くいさし」
(食べかけ)
「のみさし」
(飲みかけ)
「しさしのしごとがあるけーいぬわ」
(まだ途中の仕事があるから帰りますね)
という風に使われます。

 

また、「物差し、定規」という意味もあります。

さし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しがみつく、掴まる、抱きつく という意味です。
「ねこがあしにさばりつぃーとるがな」
(猫が足にしがみついているわよ)
「そけーさばりちぃーとけー」
(そこにしがみついておきなさい)
「そねーにさばったら、あちーが」
(そんなに抱きついたら、暑いじゃないの)
という風に使われます。

さばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さらっぴん とも言います。

 

① 新しい、新品 という意味です。
「なんじゃこりーさらっぴんじゃが」
(なんだこれは、新品じゃないの)
という風に使われます。

 

② 皿 という意味なのですが、共通語の皿とは少し違います。
「あたまのさらーせわーねーか」
(頭蓋骨はどうもありませんか)
「ひざのさらーせわーねーか」
(膝の皿は大丈夫?)
という風に使われます。

さら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

祟り という意味です。
「そねーなことをしょーりゃーさわりがあるんじゃけー」
(そんな事をしていたら、祟りがあるんだからね)
という風に使われます。

 

これが「さわる」ですと「祟る」という意味です。
「さわられるんじゃけー」
(祟られるんだから)
という風に使われます。

さわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

考慮、計算 という意味です。
「そりゃーさんにょういれとかんと」
(それは考慮しておかなければ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さんきち」があります。
これは「毛虫」という意味です。
「さんきちさんにさされたか」
(毛虫に刺されたのですか)
という風に使われます。

さんにょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しくいつく とも言います。

 

くっついて離れない という意味です。
「くつにがむがしきーつぃーてとれりゃーせん」
(靴裏にガムがくっついて取れません)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しきにつく」があります。
これは「鍋などが焦げ付く」という意味です。

しきーつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざい とも言います。

 

地元 という意味です。
「じげのあじ」
(地元の味)
「あいつはじげのもんじゃーあるめー」
(あいつは地元の人間ではないでしょう)
「あんたぁどこのざいでー?」
(あまたはどちらの出身ですか?)
という風に使われます。

じげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~がかりで、~連れで という意味です。
「ふたりしていった」
(二人連れで行きました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しで」があります。
これは「~になってくると」という意味です。
「としをとりしで、はがおろーなる」
(年を取ってくると、歯がまばらになります)
という風に使われます。

して 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てて という意味です。
「しててーてーってゆーてーてー」
(捨てておいてと言っておいて)
という風に使われます。

 

また、
「してー」は「やって」
「してーてー」ですと「しておいて」
「ゆーてー」は「言って」
「ゆーてーてー」ですと「言っておいて」
という意味です。

しててー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「死ね」ではありません。

 

しなさい という意味です。
「あとんしねー」
(後からしなさい)
「ぐずぐずせんと、はよしねー」
(ぐずぐずしてないで、早くしなさい)
という風に使われます。

 

これが「死ぬ」と言う場合は「しぬる」となります。

しねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

終わり、最後、お終い という意味です。
「けーでしめーじゃ」
(これで最後です)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しむ」があります。
これは「しみる」という意味です。
「きずにしむがー」
(傷にしみるなあ)
という風に使われます。

しめー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まずい状況になった、しまった という意味です。
「しもーたが」
(まずい事になったよ)
「びーるこぼしてしもーた」
(ビールをこぼしてしまった)
「めげてしもーたがー」
(壊れてしまったじゃないか)
という風に使われます。

しもーた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だ という意味です。
「せえはじゃなあ」
(それはだねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃーじゃ」があります。
これは「うんうん」という頷きの表現です。
「あのひとほんまにえれーひとじゃな」「じゃーじゃ」
(あの人は本当に偉い人ですね)(うんうん)
という風に使われます。

じゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃーけど とも言います。

 

だけど という意味です。
「しゃーけど、そねーなことがあろーか」
(だけど、そのような事があるんだろうか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃーけー」があります。
これは「だから」という意味です。

しゃーけど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しっかりと という意味です。
「しゃんとせられー」
(しっかりしなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃりき」があります。
これは「荷車、大八車」という意味です。
「しゃーりきひーてごみひろい」
(荷車を引いてゴミ拾い)
という風に使われます。

しゃんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自由 という意味です。
「じょんならん」
(自分の思い通り(自由)にならない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょおん」があります。
これは「~しているの」という意味です。
「なんしょおん?」
(何をしているの?)
という風に使われます。

じょん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じるい、じゅるい とも言います。

 

水気が多くて柔らかい という意味です。
「あめがふったけー、みちがじりーわ」
(雨が降ったから、道がぬかるんでいるよ)
「このみちじりーが」
(道路がぬかるんでいるな)
という風に使われます。

じりー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 広げる という意味です。
「れじゃーしーとぉしろかんとまっとこーえ」
(レジャーシートは広げないで待っていましょう)
という風に使われます。

 

② 散らかす という意味です。
「ごみゅーしりぇーたらおえんよ」
(ゴミを散らかしてはいけませんよ)
という風に使われます。

しろく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しうぇー と発音します。

 

固い、繊維質があって嚙み切りにくい という意味です。
「いればじゃけー、しうぇーにかーたべれりゃせんわ」
(入れ歯なので、固い肉は食べられやしないよ)
「このするみゃーしうぇーなー」
(このスルメは噛み切りにくいねえ)
という風に使われます。

しわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しんちゃい、しんさい とも言います。

 

しなさい という意味です。
「はよ、しんちぇー」
(早くしなさい)
という風に使われます。

 

これが「しゃーさんすな」ですと「するなよ」という意味です。

また「じょうしきやる」では「きっと、必ずする」という意味です。

しんちぇー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 腐る という意味です。
「めしがすえっしもーとる」
(ご飯が腐ってしまっています)
という風に使われます。

 

② お供え物をする という意味です。
「おみきをかみだなにすえてえて」
(お神酒を神棚にお供えしておいてください)
という風に使われます。

すえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乗せる、置く という意味です。
「そりょーそけーすけてーて」
(それをそこに乗せておいて)
「あのだいのうえにすけといて」
(あの台の上に乗せておいて)
「このかご、たなのうえへすけてーて」
(この籠を、棚の上に置いておいてください)
という風に使われます。

すける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

憂鬱な、不機嫌な という意味です。
「すばろうしいかおせられな」
(不機嫌な顔をするんじゃないよ)
「すばろーしいことばーぐちぐちゆうな」
(憂鬱な事ばかり、グチグチと言うんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すばびる」があります。
これは「縮んで皺のよった状態」のことを言います。
「ももがすばびてしもーた」
(桃が萎びてしまった)
という風に使われます。

すばろうしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

するよ という意味です。
「そねーにいわんでもすぐすらー」
(そんなに言わなくてもすぐやりますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ずる」があります。
これは「引き摺る、ずれる」という意味です。
「ずぼんのすそがずっとるで」
(ズボンの裾を引き摺っていますよ)
という風に使われます。

すらー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

度々、しばしば という意味です。
「せーせーせーそくせられー」
(度々、催促しなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せえじゃて」があります。
これは「そうそう」という意味の相槌です。
「あのてれびおもしれえよなあ」「せえじゃて」
(あのテレビは面白いよね)(そうそう)
という風に使われます。

せーせー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

吠える という意味です。
「またせぎょーらあ」
(また吠えている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せっとる」があります。
これは「急いでいる」という意味です。
「えれーせっとるのう、どねんかしたんか」
(随分と急いでいますね、何かあったんですか)
という風に使われます。

せぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せせくる とも言います。

 

触る、いじる という意味です。
「せせりめぐな」
(いじって壊すんじゃないよ)
「せせるばーしょーるとかぶられるんじゃ」
(触ってばかりいたら咬まれますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぜぜ、ぜぜこ」があります。
これは「小銭」という意味です。
「ぜぜこおとしてしもーた」
(小銭を落としてしまった)
という風に使われます。

せせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せー とも言います。

 

しなさい、しろ という意味です。
「えーかげんにしてはよーせられー」
(いい加減にして早くしなさい)
「はよせー」
(早くしろ)
という風に使われます。

 

「せー」には「それ」という意味もあります。
「せーじゃけえ」
(それだから)
「せーでも」
(それでも)
という風に使われます。

せられー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫、心配ない という意味です。
「せわーねーか」
(大丈夫ですか)
「それぐれーのけがじゃ、せわーねーわ」
(それくらいの怪我なら、大丈夫だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せらう」があります。
これは「嫉妬する、羨ましがる」という意味です。
「せらわんの!」
(嫉妬しないの!)
という風に使われます。

せわーねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうに とも言います。

 

すぐに という意味です。
「そーでみててしまうねえ」
(すぐに無くなってしまうだろうね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そげ」があります。
これは「棘」という意味です。
「そげがたっていてぇけーぬいてぇーな」
(棘が刺さって痛いから抜いてくださいよ)
という風に使われます。

そうで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~です、~だよ などの断定、嘆息を表す言葉です。
「おえんぞな!」
(駄目だよ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぞぞけ」があります。
これは「身の毛」という意味です。
「ぞぞけがたつ」
(身の毛もよだつ)
という風に使われます。

ぞな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そがーな、そげーな とも言います。

 

そのような、そんな という意味です。
「そねーなものばーかわれな」
(そのような物ばかり買うんじゃありませんよ)
という風に使われます。

 

これが「そねーに、そがーに」ですと「そんなに」という意味です。
「そねーにせくな」
(そんなに急ぐんじゃないよ)
という風に使われます。

そねーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そべえ と発音します。

 

雨雲、小雨 という意味です。
「そべえがきょーらあ」
(雨雲がきているなあ(雨になりそうだ))
という風に使われます。

 

似た言葉では「そび」があります。
これは「反発」という意味です。
「なにもそねーにそびゅーかうよーなことをせんでもえーが」
(何もそんなに反発を招くような事をしなくてもいいのに)
という風に使われます。

そばえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぞんぞん とも言います。

 

寒気がする、鳥肌が立つ という意味です。
「ぞんぞがするけぇ、かいしゃぁやすまぁー」
(寒気がするので、会社を休みます)
「きょーぉてぇえいがじゃけーぞんぞんするわ」
(怖い映画だから、鳥肌が立っちゃうよ)
という風に使われます。

ぞんぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~よりも という意味です。
「わしたー、おめーのほーがべんきょうできよー」
(僕よりも、あなたの方が勉強が出来るでしょう)
という風に使われます。

 

② ~とは という意味です。
「かぜたーいわん」
(風邪とは言いません)
という風に使われます。

たー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たいぎい とも言います。

 

面倒な、やりたくない、退屈な という意味です。
「たいぎなわあ」
(面倒ですねえ)
「たいぎじゃねーか?」
(退屈じゃありませんか?)
「あんなんするのたいぎいわあ」
(あんな事をするのは面倒くさいなあ)
「たいぎいけどがまんしい」
(面倒だけど我慢しなさい)
という風に使われます。

たいぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

届く という意味です。
「そのちゃり、あしがたわんが」
(その自転車、足が届かないじゃないの)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たがう」があります。
これは「体の部位を痛める」という意味です。
「すじぅたがえたんじゃがー」
(筋が痛くなったんです)
「あしをたごーたがん」
(足を痛めたよ)
という風に使われます。

たう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

タケノコではありませんよ。
きのこ という意味です。
「たけぉひきーいこーえ」
(きのこを採りに行きましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たてり」があります。
これは「物事の道理や規則」という意味です。
「そりゃー、たてりゃー、そねーになっとるがな」
(そりゃあ、規則は、そのようになっていますよ)
という風に使われます。

たけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ついでに という意味です。
「いくだちんにおかしこうてきて」
(行くついでにお菓子を買って来て)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たちまち」があります。
これは「とりあえず」という意味です。
「たちまちびーる」
(とりあえずビール(をください))
という風に使われます。

だちん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

足りた という意味です。
「よーけえついでくれたけえたったわ」
(沢山よそってくれたので足りました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たてらかす」があります。
これは「立て掛ける」という意味です。
「なやへでもたてらかしてーて」
(納屋へでも立て掛けておいて下さい)
という風に使われます。

たった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 閉める という意味です。
「ふすまをたててーて」
(襖を閉めておいてください)
「そこをたてとけー」
(そこを閉めておきなさい)
という風に使われます。

 

② 立つ という意味です。
「こどもがたてっとらー」
(子供が立っているよ)
「そこにたてっとけー」
(そこに立っていなさい)
という風に使われます。

たてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食べるだろう という意味です。
「こけーおいとったら、かえってきてたびょー」
(ここへ置いておけば、帰ってきて食べるでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たばこ」があります。
これは「休憩」という意味です。
「つかれたけーたばこにしょーや」
(疲れたから休憩しましょう)
という風に使われます。

たびょー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

騙す という意味です。
「としよりをだまかしちゃーおえんぞ」
(お年寄りを騙してはいけないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だらず」があります。
これは「怠け者、横着者」という意味です。
「だらずなやっちゃ」
(怠け者だなあ)
という風に使われます。

だまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 疲れる、くたびれる という意味です。
「だってだってしょうがねー」
(疲れて疲れて仕方が無いのです)
「だるばーで、へにもならん」
(疲れるばかりで一文の得にもなりません)
という風に使われます。

 

② たわむ という意味です。
「てんじょうのはりがだってきょーる」
(天井の梁がたわんできています)
という風に使われます。

だる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汚れてまだら模様になる という意味です。
「どろみずかけられてふくがだんだらこになった」
(泥水をかけられて服がまだら模様になった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たんびゅーに」があります。
これは「その度に、毎回、都度」という意味です。
「たんびゅーにみずかえんとおえん」
(その度に水を替えないといけない)
という風に使われます。

だんだら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少しは という意味です。
「あんたも、ちいたあてつだわれ」
(あなたも、少しは手伝いなさい)
「あんたらちいたあしずかにしねえ」
(あなた達、少しは静かにしなさい)
「ちいたあべんきょうしたらどうなら」
(少しは勉強をしたらどうなの)
という風に使われます。

ちいたあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

近所 という意味です。
「ちかまーりぅさがしてみらあ」
(近所を探してみますね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちーときま」があります。
これは「少しの間」という意味です。
「ちーときままちょーりゃーばすがくるねえ」
(少しの間待っていたらバスが来るでしょう)
という風に使われます。

ちかまわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃう があります。

 

違う という意味です。
「そりゃーちごーとろー」
(それは違っているでしょう)
「いつもまちごうてばー」
(いつも間違ってばかり)
「そりゃーちゃおーが」
(それは違うでしょう)
という風に使われます。

ちごう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

磨り減る という意味です。
「くつぞこがちびてしもーた」
(靴底が磨り減ってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちりし」があります。
これは「ティッシュペーパー」という意味です。
「はんかちちりしははもったか」
(ハンカチ、ティッシュは持ちましたか)
という風に使われます。

ちびる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける という意味です。
「ちばけたことばーいわれな!」
(ふざけた事ばかり言うんじゃないよ!)
「けがするけー、ちばけられな」
(怪我をするから、ふざけるんじゃないよ)
「ちばけとったら おえんで」
(ふざけていては駄目ですよ)
「なにわけのわからんことをよーるんなら、ちばけるな」
(何を訳の分からないことを言っているんだ、ふざけるな)
という風に使われます。

ちばける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よ、ってば という意味です。
「もーそのはなしゃーきーたっちゃ」
(もうその話は聞いたよ)
「おえんちゃ」
(駄目だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃう」があります。
これは「違う」という意味です。
「そりゃーちゃおーが」
(それは違うでしょうが)
という風に使われます。

ちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぺちゃくちゃと喋る という意味です。
「ちゃーちゃーいうな!」
(ぺちゃくちゃ喋るな!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃらかす」があります。
これは「誤魔化す」という意味です。
「ちゃらかすばーすなあ」
(誤魔化してばかりいるんじゃない)
という風に使われます。

ちゃーちゃーいう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

愚鈍な、頼りない という意味です。
「またせーふおとしたんかー。ちょれーやつじゃのー」
(また財布を落としたんですか。馬鹿な奴だねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょろくさい」があります。
これは「馬鹿馬鹿しい」という意味です。

ちょれー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

崩れる、潰れる という意味です。
「がけがつえる」
(崖が崩れる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つどう」があります。
これは「予定が重なる、ダブルブッキング」という意味です。
「そりゃーつどうけーらいしゅうにまわそーえ」
(そうすると予定が重なるから来週に変更しよう)
という風に使われます。

つえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つけー とも言います。

 

ください という意味です。
「そけーおいてーてつかーせー」
(そこへ置いておいてください)
「てごーしてつかーせー」
(手伝ってください)
「よろしゅーゆーてーてつかーせー」
(よろしくお伝えください)
「そうけへとりゃーげてつけー」
(ザルに入れてください)
という風に使われます。

つかーせー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 混雑する という意味です。
「まえのほう、くるまがえれーつんどるな」
(前方では、車がひどく混んでいるなあ)
という風に使われます。

 

② 切る という意味です。
つみきる とも言います。
「つみょーつむ」
(爪を切る)
「はなをつみきってちょーで」
(花を切り取ってください)
という風に使われます。

つむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つれのー とも言います。

 

一緒に という意味です。
「つれのーてこられー」
(連れ立っていらっしゃい)
「のみのみーはなしもできゅーけぇ、つれのーてのもーえ」
(飲みながら話も出来るから、一緒に飲みましょう)
という風に使われます。

つれなう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でーこ とも言います。

 

大根 という意味です。
「でーかでえこんをこーて、てーてーてー」
(誰か、大根を買って、炊いておいてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でえがく」があります。
これは「大学」という意味です。

でえこん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 一体全体 という意味です。
「でーてぇーでーがそねーなことをゆーた」
(一体全体誰がそんなことを言ったんですか)
という風に使われます。

 

② 大体、およそ という意味です。
「でーてぇーのことぁそれでええ」
(おおよその事はそれで良い)
という風に使われます。

でーてぇー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① すごく、とても という意味です。
「せんせいにでーれーられたんじゃー」
(先生にすごく怒られたんだよ)
「ぼっけー、でーれー、あぶねかったでー」
(非常に危なかったよ)
という風に使われます。

 

② ものすごい という意味です。
「くじでいっとうがあたったんでー。でーれかろー」
(くじで一等が当たったんですよ。すごいでしょう)
という風に使われます。

でーれー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てごーする とも言います。

 

手伝い、手助け という意味です。
「だれかてごーしてくれー!」
(誰か手伝ってくれ!)
「あんたー、ちょっとてごーして」
(あなた、ちょっと手伝ってちょうだい)
「ひまならこっちーきててごーせー」
(暇ならこちらへ来て手伝いなさい)
という風に使われます。

てご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

デコボコ、凸凹 という意味です。
「みちがえろーでこひこしとる」
(道路がひどく凸凹しています)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でがけ」があります。
これは「出入口」という意味です。
「でがけにおいとろーが」
(出入り口のところに置いてるでしょう)
という風に使われます。

でこひこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でまかせ、ホラ話 という意味です。
「てっぽうをうつ」
(でまかせを言う)
「どーせてっぽーにきまっとらぁ」
(どうせホラ話に決まっているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てっぱる」があります。
これは「張り合う、対抗する、競り合う」という意味です。

てっぽう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

油断できない、手に負えない という意味です。
「あいつはてにあわんやつじゃなあ」
(あいつは油断ならない人ですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てぼしにあわん」があります。
これは「力では敵わない」という意味です。

てにあわん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てれんこてれんこ とも言います。

 

のんびりしている状態 という意味です。
「てれんこてれんこしょーりゃーひがくれるねぇ」
(のんびり仕事をしていたら日が暮れるぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てんから、てんからぼし」があります。
これは「日照りで水が無い状態」という意味です。

てれこてれこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪戯、嘘 という意味です。
「てんごうばーしょーりゃーいがやってしまうねぇー」
(悪戯ばかりしていたら将来は不良になってしまうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てんころ」があります。
これは「小さな車輪」という意味です。

てんごう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てんば とも言います。

 

でたらめな、きちんと整理されていない という意味です。
「かみがてんばさーじゃが」
(髪がぐちゃぐちゃだよ)
「なょーてんばさーにうえてしもーて」
(苗をでたらめに植えてしまって・・・)
という風に使われます。

てんばさー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほうし とも言います。

 

つくし(土筆)という意味です。
「あぜのでんぼうしをひきにいこうや」
(畦に生えているつくしを取りに行きましょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てんぽら」があります。
これは「天ぷら」という意味です。
「ぼうぶらのてんぽら」
(カボチャの天ぷら)
という風に使われます。

でんぼうし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずっと前から という意味です。
「そねーなこたぁとーからしっとったわ」
(そんな事はずっと前から知っていたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とーに」があります。
これは「とっくに」という意味です。
「とーにすんだわ」
(とっくに終わりましたよ)
という風に使われます。

とうから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうすればいいのか という意味です。
「もーいねかりゅーせにゃーいけん。どーすりゃー」
(もう稲刈りをしないといけない。どうすればいいかなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どちゅーまちゅーする」があります。
これは「どぎまぎする」という意味です。

どーすりゃー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうにかこうにか、やっとのことで、なんとか という意味です。
「どーぞこーぞやりょーらー」
(どうにかこうにか元気にやっています)
「しゅくだいどーぞこーぞしめーた」
(宿題がやっと終わりました)
という風に使われます。

どうぞこうぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

軽率な、いきなりな という意味です。
「あいつはとそんぞくなんじゃけー」
(あいつは軽率な行動をするんだから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どじくる」があります。
これは「拗ねる、訳の分からないことを言う」という意味です。

とそんぞく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

土足、泥まみれ という意味です。
「どたこのままえんだへあがっちゃーおえんぞ」
(土足のまま縁側に上がってはいけないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どだい」があります。
これは「まるで、一向に」という意味です。

どたこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

素晴らしいもの、大したもの という意味です。
「どっとしたことをしたのう」
(素晴らしい事をしまいたねぇ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どっちねーと」があります。
これは「どちらなりと」という意味です。
「どっちねーとすりゃぁえーが」
(どちらなりと勝手にすればいいよ)
という風に使われます。

どっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どもる、うじうじ言う という意味です。
「どどくるばーしてなにゅーいよんなら」
(どもりながら何を言っているんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とどこり」があります。
これは「沈殿物」という意味です。

どどくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どねー とも言います。

 

何、いかが という意味です。
「どねんしょん」
(何をしているんですか)
「どねーなら?」
(調子はいかが?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どねんもこねんも」があります。
これは「どうにもこうにも」という意味です。

どねん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飛ばす という意味です。
「はなしゅーとばかすばーしちゃーおえまー」
(話を飛ば(省略)してばかりでは駄目だろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とばしり」があります。
これは「しぶき、飛沫」という意味です。

とばかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける、しまう という意味です。
「もとのとけーとらげときねー」
(元あったところへ片付けておきなさい)
「せんたくもんとらげといて」
(洗濯物をしまっておいてください)
「どけーとらげーたんかのぅ」
(どこにしまったんだったかなあ)
という風に使われます。

とらげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんけー とも言います。

 

どのくらい という意味です。
「こっからえきまでどんけーかかる」
(ここから駅まではどのくらいの時間がかかりますか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どんきゅう」があります。
これは「ドジョウ」という意味です。

どんけい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

道の行き止まり という意味です。
「このみちをどんつきでひだりへまがる」
(この道の行き止まりを左折する)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とんさき」があります。
これは「先端」という意味です。
「みさきのとんさき」
(岬の先端)
という風に使われます。

どんつき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なする、なしくる、なせくる、なすくりつける とも言います。

 

擦り付ける、塗りつける という意味です。
「はななすりつけりょるけーそでがよごれるんじゃー」
(鼻水を擦り付けるから袖が汚れるんですよ)
という風に使われます。

なしる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まま とも言います。

 

~のまま、~ごと という意味です。
「このぶどー、かわなりたべれるけー、たべやしーわ」
(この葡萄は、皮ごと食べられるから、食べやすいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なるい」があります。
これは「傾斜が緩い、平坦」という意味です。
「なりーやまじゃ」
(傾斜が緩い山です)
という風に使われます。

なり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なあんだ という意味です。
「あめがふりょーるわ。なんならーはたけしょーおもよーったのに」
(雨が降っているよ。なあんだ、畑仕事をしようと思っていたのに)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんしょんならー」があります。
これは「何をしているんだ」という意味です。

なんなら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何といっても、全くもって という意味です。
「うちゃーなんぼうにもふしぎでおえんのよ」
(私には全くもって不思議で仕方が無いんです)
という風に使われます。

 

これが「なんぼ」ですと「幾ら」という意味です。
「けーなんぼ」
(これは幾らですか)
という風に使われます。

なんぼうにも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お腹が苦しく痛む という意味です。
「はらーにがって、どねんしょーよーもなかったわ」
(お腹がひどく痛んで、どうしようもなかったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にしくりあげる」があります。
これは「頬をつねり上げる」という意味です。

にがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蒸し暑い という意味です。
盛夏の蒸し暑さを表現する言葉です。
「えろーにでぇーるのー」
(ひどく蒸し暑いですねえ)
という風に使われます。

 

これが初夏の頃の蒸し暑さを差す場合は「むせる」になります。
「きょうはむせますなあ」
(今日は蒸し暑いですねえ)
という風に使われます。

にだえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 煮る という意味です。
「だいこんをにやしょーたら、くぎてしもーてな」
(大根を煮ていたら、焦げてしまってね)
という風に使われます。

 

② 殴る という意味です。
「にやしつけちゃろーか」
(殴りつけてやろうか)
という風に使われます。

にやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

根元 という意味です。
「きのねきのほん」
(木の根元に置いてある本)
「はしらのねき」
(柱の根元)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ねぶち」があります。
これは「竹の根」という意味です。
”タケノコ”ではありません。
「ぶってえねぶちじゃ」
(太い竹の根です)
という風に使われます。

ねき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねざ とも言います。

 

寝床、布団 という意味です。
「はよーねまーひかれー」
(早く布団を用意しなさい)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「ねごすけ」があります。
これは「朝寝坊者」という意味です。

 

また、「ねじかる」ですと「(幼児が)寝ずにぐずる」という意味です。

ねま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

相手に同意を求める際に使う言葉です。
「おめーもそうおもうじゃろ、のう?」
(あなたもそう思うでしょう、ねえ?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のに」があります。
これは「なのに」という意味です。
「さらのにーきちゃのーなった」
(新品なのに汚れてしまった)
という風に使われます。

のう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無くなる、亡くなる という意味です。
「のーなるまー」
(無くならないだろう)
「じてんしゃがのーなってしもーた」
(自転車が無くなってしまいました)
「みな、のーなってしもーたわ」
(すべて、無くなってしまったよ)
「しゃんぷーのーなっとる」
(シャンプーが無くなっている)
という風に使われます。

のーなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

荒々しい、図々しい、大胆 という意味です。
「のぶてーこえじゃ」
(荒々しい声ですね)
「のぶてーことぉよーる」
(図々しいことを言いなさる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のふーぞー」があります。
これは「傍若無人」という意味です。

のぶとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 乗りつつある という意味です。
「よーけひとがばすにのりょーらー」
(たくさん人がバスに乗りつつあります)
という風に使われます。

 

② 乗りそうになる という意味です。
「べつのばすにのりょーたが」
(別のバスに乗りそうになったじゃないか)
という風に使われます。

のりょーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 背筋を伸ばす という意味です。
「ちゃんとのってあるかにゃ、こしぃいとーなるんじゃけー」
(きちんと背筋を伸ばして歩かないと、腰が痛くなりますよ)
という風に使われます。

 

② 傘に入れてもらう という意味です。
「おれもかさにのせてー」
(私も傘に入れて)
という風に使われます。

のる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ばかり という意味です。
「くちばーうごく」
(口ばかりが動く)
「へやのなかがちらかるばーじゃ」
(部屋の中が散らかるばかりです)
「あそぶばーしょーたら、おえんでー」
(遊んでばかりいたら、駄目ですよ)
「そねーにいらんもんばーひろってきて」
(そのように不要な物ばかり拾って来て・・・)
という風に使われます。

ばー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずるい、気に食わない という意味です。
「えーつぁーはがえーなー」
(あいつはずるくて気に食わない奴だなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はぐる」があります。
これは「捲る」という意味です。
「はよぺーじはぐって」
(早くページを捲って)
という風に使われます。

はがえー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ピリピリと痛む、(傷など)しみる という意味です。
「きずーしとるけー、あしがはしらー」
(怪我をしているから、足がピリピリ痛むよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はしかいい」があります。
これは「チクチクとむず痒い」という意味です。
「せなかがはしかゆーておえん」
(背中がチクチクと痒くていけない)
という風に使われます。

はしる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

挟む という意味です。
「このかみぃどあにはせてぇーて」
(この紙をドアに挟んでおいてください)
という風に使われます。

 

これが「はさがる」ですと「挟まる」という意味です。
「ちゃっくにはさがってしまらんのよ」
(チャックに挟まって閉まらないんだ)
という風に使われます。

はせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はりまわす、はりまーす とも言います。

 

平手打ち、ビンタ という意味です。
「はつったろーか!」
(ビンタしてやろうか!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はつめーな」があります。
これは「利口な」という意味です。
「はつめーなこじゃ」
(利口な子だ)
という風に使われます。

はつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

端、先端、岬 という意味です。
「つくえのはなーもてー」
(机の端を持ちなさい)
「じゃーけーはなからはなまでーどんけーある」
(だから端から端までどれくらいの長さがあるの)
「ゆーたはなから」
(言った端から・・・)
という風に使われます。

はな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はよーしねー とも言います。

 

早くしてください という意味です。
「ちょっとそこのひとはよしねーやー」
(ちょっとそこの人、早くしてくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はせしねぇや」があります。
これは「ボタンを止めなさい」という意味です。

はよしね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夕方、夕刻 という意味です。
「ばんがたになりゃーひえこむねぇー」
(夕方になれば冷え込むでしょう)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「ばん」があります。
これは「場所」という意味です。
「はなみのばんとり」
(花見の場所取り)
という風に使われます。

ばんがた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びじゃけど とも言います。

 

だけど という意味です。
「ひじゃーけどまにあうまあ」
(だけど間に合わないだろう)
という風に使われます。

 

これが「ひじゃーから、ひじゃから」ですと「だから」という意味です。
「ひじゃーからゆーたろーが」
(だから言ったでしょうに)
という風に使われます。

ひじゃーけど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひいっさ、ひっさり とも言います。

 

長い間、久しく という意味です。
「ひっさにゅういんしとったんよ」
(長い間、入院していたんですよ)
「ひっさことぶり」
(久しぶり)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひして」があります。
これは「一日中」という意味です。

ひっさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 萎びれる という意味です。
「みずぅやらんかったけぇはながひなえてしもーたが」
(水をあげなかったから花が萎れてしまいましたよ)
という風に使われます。

 

② 麻痺する という意味です。
「なごぅおっちんしとったけぇあしがひなえてしもーた」
(長く正座していたから足が麻痺してしまいました)
という風に使われます。

ひなえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いじり回す、ねじり回す という意味です。
「こわれたらじおをひねくってもなおりゃーせん」
(壊れたラジオをいじり回しても直らない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひねしる」があります。
これは「つねる」という意味です。

ひねくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

足もとがふらつく、よろめく という意味です。
「そねーなとこでひょろどーとったらかわにはまるぞ」
(そんな場所でふらついていたら川に落ちますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひょーくる」があります。
これは「からかう」という意味です。

ひょどろう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひょこなげな とも言います。

 

変な、奇妙な、不思議な という意味です。
「ひょんなげなかおじゃなー。どーしたんならー」
(変な顔だなあ。どうしたんだい)
「ひょんなげなかおしとらー」
(奇妙な顔をしているわー)
という風に使われます。

ひょんなげな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水分が無くなりくっつく という意味です。
「のどがかわぇーてしたがひりつく」
(咽喉が渇いて、舌が口腔にくっつく)
「めしぃかきまぜんとかんとすぐにひりつくけぇのう」
(米は掻き混ぜていないとすぐにくっつくからね)
という風に使われます。

ひりつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひゅーつける とも言います。

 

灯りを点ける という意味です。
「くらいんでへやにひゅーつけてえーですか」
(暗いので部屋に灯りを点けても良いですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひるのひなか」があります。
これは「真昼間」という意味です。

ひをつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みっともない、恥ずかしい、体裁が悪い、格好悪い という意味です。
「あねーなかこうしてから、ふーがわりー」
(あんな格好をして、みっともない)
「おめーそんなふくうきてふうがわりいでー」
(あなた、そんな服を着てみっともないよ)
という風に使われます。

 

これが「ふう」で「世間体」という意味です。

ふーがわりー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こもる、くすぶる という意味です。
「けむりがふすもりょーるけぇまどぉあけてー」
(煙がこもっているから、窓を開けて下さい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふくふく」があります。
これは「腹部膨満感」という意味です。
「はらがふくふくするけぇといれへいてくらぁ」
(お腹が張るのでトイレに行って来ます)
という風に使われます。

ふすもる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、超 という意味です。
「きょうはぶちあついーっちゃ」
(今日はとても暑いですねえ)
「ぶちうめえ!」
(すごく美味しい!)
「ぶちすげえ」
(とても凄い)
「ぶちすきやけー」
(大好きです)
「ぶちでかい」
(とても大きい)
という風に使われます。

ぶち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

分け前、~分 という意味です。
「おまえのぶにじゃ」
(お前の分け前です)
「あのぶにぁーどーしたんなら」
(あの分け前はどうしたんだ)
「このまえのぶには、つこーてしもーた」
(前回の分は、使ってしまいました)
「あしたのぶににせられえ」
(明日の分として取っておきなさい)
という風に使われます。

ぶに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 雨 という意味です。
「おろぶり」
(小雨)
「ぬけぶり」
(大雨)
という風に使われます。

 

② 勢い という意味です。
「ぶりばーつきょーても、どーせはまるばーじゃ」
(勢いをつけても、どうせ落ちるだけですよ)
という風に使われます。

ぶり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぼれる、漏れる という意味です。
「ばけつからみずがぶった」
(バケツから水が漏れた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふるう」があります。
これは「振り払う」という意味です。
「ふくのほこりぐれーふるーとけえ」
(服の埃くらい振り払いなさい)
という風に使われます。

ぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子 という意味です。
「おめえへーとにのったらおえんどー」
(おまえ、調子に乗ったら駄目だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へこさか」があります。
これは「逆さま」という意味です。
「へこさかじゃ」
(逆さまだ)
という風に使われます。

へーご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それで という意味です。

 

これが「へーから、へてから」ですと「それから」という意味です。
「へーで、へーで、へーからですんだ」
(それでね、それでね、それからでお終い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へーれ」があります。
これは「入りなさい」という意味です。
「ふれーへーれ」
(風呂に入りなさい)
という風に使われます。

へえで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ものもらい、目の周りの吹き出物 という意味です。
「へえとができて、いてーがあ」
(ものもらいが出来て、痛いよ)
という風に使われます。

 

② 乞食 という意味です。
「へえとみてーなかっこうすな、ふうがわりー」
(乞食みたいな格好をするな、格好が悪いよ)
という風に使われます。

へえと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

潰れる という意味です。
「ぼうしかぶっとったらあたまへしゃげた」
(帽子を被っていたら髪の毛が潰れました)
という風に使われます。

 

これが「へしゃぐ」で「潰す」という意味です。

 

似た言葉では「へずる、へづる」があります。
これは「減らす」という意味です。
「きゅうりょうがぜいきんでへずられるばーする」
(給料が税金で減らされるばかりです)
という風に使われます。

へしゃげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 疲れ果てて座り込む という意味です。
「ずーっとみちばたぇへたりこんでぇーてもおえまー」
(いつまでも道端に座りこんでいても駄目ですよ)
という風に使われます。

 

② 電池やタイヤなどが消耗して使えなくなりそうな状態のことを指します。
「たいやがへたってしもーとるけーこうかんせにゃー」
(タイヤが磨り減ってしまっているから交換しなければ)
という風に使われます。

へたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

べっちゃらこ とも言います。

 

ぺちゃんこ、平らになる、平たい という意味です。
「もちがべったらこになる」
(餅がぺちゃんこになる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「べた」があります。
これは「地面」という意味です。
「べたではなさんでもおえへあげ」
(土間で話していないで座敷へ上がってください)
という風に使われます。

べったらこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

べと、どべ とも言います。

 

最後、最下位 という意味です。
「うんどうかいじゃ、いっつもべっとこ」
(運動会では、いつも最下位)
という風に使われます。

 

また、「どべ」には「泥」という意味もあります。
「どべのなかをさがしてもどぜうはおらん」
(泥の中を探しても、ドジョウはいません)
という風に使われます。

べっとこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

力む、疲れきる という意味です。
「ばりゅーむちゅうなーといれでへばってもらくにゃーでんなぁ」
(バリウムというものはトイレで力んでも簡単には出ないねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へんこつ」があります。
これは「頑固な」という意味です。

へばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

際限 という意味です。
「ほうずもねぇーことばーよーる」
(途方も無いことばかりを言っています)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほーかす」があります。
これは「放置する、ほったらかす」という意味です。
「そんなもんほーかしときゃえーんじゃ」
(そんな物は放っておけば良いのだ)
という風に使われます。

ほうず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

火照る という意味です。
「きょうはあつーて、からだがほかるわー」
(今日は暑くて、体が火照るなあ)
「はしりゃーほかってええよ」
(走れば体が暖まって良いですよ)
「かおーほかっとるのう」
(顔が真っ赤になっていますね)
という風に使われます。

ほかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

湯気 という意味です。
「さむいからかほけがでるなあ」
(寒いからか、湯気が出ますねえ)
「めしがたきあがってくれゃーかまからほけがでてくるけー」
(ご飯が炊き上がってくればお釜から湯気が出てきますからね)
という風に使われます。

ほけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

喜び騒ぐ という意味です。
「いぬがほてぇーとるがん」
(犬が喜び騒いでいるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほたほた」があります。
これは「皮膚のたるみ」という意味です。
「おなかーほたほたじゃけーめたぼをしんぺーせんとのぅ」
(お腹がたるんでいるからメタボを心配しないといけませんね)
という風に使われます。

ほたえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ボタン という意味です。
「すーつのぽちがとれとるねえ」
(スーツのボタンが取れていますねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほっちらかす」があります。
これは「放置する、途中で投げ出す」という意味です。
「てごーをほっちらかしたままーどけーいたんけーの」
(手伝いを途中で投げ出して、どこへ行ったのかしら)
という風に使われます。

ぽち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼっこー とも言います。

 

すごく、とても、ものすごい という意味です。
「ぼっけーさみーなー」
(とても寒いなあ)
「ぼっけえきょうてえ」
(ものすごく怖い)
「これ、ただでもろーたんじゃー。ぼっけかろー」
(これを無料で貰ったんですよ。すごいでしょう)
「さっきぼっけーひどーあめがふりょーたよ」
(さっきものすごい雨が降っていたよ)
という風に使われます。

ぼっけえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼとぼと とも言います。

 

少しずつ、ゆっくり という意味です。
「ぼつぼつあるく」
(ゆっくり歩く)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほとびる」があります。
これは「水に浸かってふやける」という意味です。
「ほとびるまでみずにかしてーて」
(ふやけるまで水に浸けておいて下さい)
という風に使われます。

ぼつぼつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっかり という意味です。
「ほどようみててしもーた」
(すっかり無くなってしまいました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼーれー」があります。
これは「ものすごく、ひどく」という意味です。
「このばいくはぼーれーたかかったんぞな」
(このバイクはものすごく値段が高かったんだよ)
という風に使われます。

ほどよう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 本当に という意味です。
「うちゃーあんたがほんすきじゃ」
(私はあなたが本当に好きです)
という風に使われます。

 

② ちょっと、つい~ という意味です。
「ほん、こねーだあった」
(つい先日会いました)
「ほん、このさきにある」
(ちょっとこの先にあります)
という風に使われます。

 

③ はい(=YES) という意味です。

ほん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿 という意味です。
「おめーら、ぼんくらか!」
(おまえ達は、馬鹿か!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほんま」があります。
これは「本当」という意味です。

 

また、「ほじゃのう」ですと「本当ですねえ」という意味になります。

ぼんくら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だろう という意味です。
「そねーなこたー、なかるまー」
(そんな亊は無いだろう)
「あるまー」
(あるだろう)
「おるまーぜー」
(居ないだろうよ)
「まさかいくまー」
(まさか行かないだろう)
という風に使われます。

まー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬるくする、(水の)温度を下げる、差し水をする という意味です。
「ちゃあまえてー」
((熱い)お茶を(水を足して)冷ましてください)
「ふろがあちーからみずでまえられー」
(お風呂が熱いので、水を足してお湯の温度を下げてください)
という風に使われます。

まえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

均等に という意味です。
「まくばってわけてーよ」
(みんなで同じように分けるんですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まくう」があります。
これは「巻く」という意味です。
「むすびにゃーのりをまくうんがええんじゃ」
(おむすびには味付け海苔を巻くのがいいんです)
という風に使われます。

まくばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぼれる という意味です。
「みそしるがまけてしもーたわ」
(味噌汁がこぼれてしまったよ)
「ばけつのみずがまけてしもうた」
(バケツの水がこぼれてしまいました)
という風に使われます。

 

これが「まかす」ですと「こぼす」という意味です。
「こっぷのみずをまかしてしもうた」
(コップの水をこぼしてしまった)
という風に使われます。

まける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まぶい とも言います。

 

眩しい という意味です。
「あたたこぅーなりましたなあ、まばゆぅなりました」
(暖かくなりましたねえ、眩しくなりました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まひょうしにあわん」があります。
これは「役に立たない」という意味です。
「まひょうしにあわんやっちゃー」
(役に立たない奴だなあ)
という風に使われます。

まばいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 群がる という意味です。
「おちたあめにありんこがまぶれついとる」
(落ちたアメに蟻が群がっている)

という風に使われます。

 

② まとわりつく という意味です。
「いぬがあしもとにまぶれついとるがん」
(犬が足元にまとわりついているよ)
という風に使われます。

まぶれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

運 という意味です。
「まんがえー」
(運が良い)
「まんがわりー」
(運が悪い)
「こねーだ、あっこのこがじこにおーたらしいでー。まんがわるかったなー」
(この間、あそこの子が事故に遭ったらしいよ。運が悪かったなあ)
という風に使われます。

まん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まんど とも言います。

 

お盆の行事、迎え火、送り火 という意味です。
「ぼににゃーまんどぅせにゃーおえん」
(お盆には迎え火、送り火をしなければならない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まんま、まま」があります。
これは「ご飯」という意味です。

まんどう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無くなる、尽きる、空になる という意味です。
「でんちがみてる」
(電池が無くなる)
「もー、こめがみてたわ。つぎゅーこーてこんと」
(もう、米が無くなりましたよ。次の米を買ってこないと)
「じゅーすがみててもーた」
(ジュースが空になってしまいました)
という風に使われます。

みてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みやしー とも言います。

 

簡単 という意味です。
「そんなみやしいことがわからんのか」
(そんな簡単なことが分からないのですか)
「みやしーことばーいわれな」
(簡単な事ばかり言わないで、もっと難しい事を言って下さい)
という風に使われます。

みやすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

虫 という意味です。
「むしくれにもごぶのたましい」
(虫にも五分の魂)
という風に使われます。

 

似た言葉では「むしくし」があります。
これは「チクチクする痛み」という意味です。
「はらがむしくしする」
(お腹がチクチク痛む)
「はがむしくしする」
(歯がチクチクと痛む)
という風に使われます。

むしくれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むさんこ、めちゃこ、むちゃ、むちゃんこ とも言います。

 

滅茶苦茶、無茶苦茶 という意味です。
「たのうねをむちゃこにしてしもーた」
(田んぼの畦を滅茶苦茶にしてしまった)
「そねーにむさんこなことしちゃおえんぞな」
(そのように無茶苦茶な事をしては駄目だよ)
という風に使われます。

むちゃこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

壊れる という意味です。
「けーたいめげてしもーた」
(携帯電話が壊れてしまった)
「このとけー、めげとらー。うごきゃーへんが」
(この時計は壊れているよ。動かないじゃないか)
という風に使われます。

 

これが「めぐ、めがす」ですと「壊す」という意味です。
「うちのいぬがめーでしもーたわ」
(うちの犬が壊してしまったよ)
という風に使われます。

めげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 湿気る という意味です。
「さとうがめたる」
(砂糖が湿気る)
「このおかしははなまけとるけーくえんわ」
(このお菓子は湿気っているので食べられませんよ)
という風に使われます。

 

② 嵩が減る という意味です。
「やさいはいためたらめたるけー」
(野菜は炒めたら嵩が減るよ)
という風に使われます。

めたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(音程が)外れる という意味です。
「へたじゃなー。おとがもげとるがな」
(下手ですねえ。音が外れていますよ)
「うたがぼっけーもげるのー」
(歌が酷く音程が外れていますね)
という風に使われます。

 

また「瘡蓋などが取れる」等の場合にも使われます。

もげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう少しで という意味です。
「もっとでおちゅーるところじゃったわ」
(もう少しで落ちるところだったよ)
「もっとで、くるまにひかりょーった」
(もう少しで、車に轢かれる所でした)
という風に使われます。

 

これが「もちーと」ですと「もう少し」という意味です。
「もちーとはよーあるきょーが」
(もう少し早く歩けるでしょ)
という風に使われます。

もっとで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口が達者だ、よく喋る という意味です。
「よう、もとおるのー」
(よく喋るなぁ)
「あいつぁー、よーくちがもとおるやつじゃのー」
(あいつは、なかなか口が達者な奴だなあ)
という風に使われます。

 

これは「動作が滑らかな様」という意味もあります。
「あしがもとおらんよーになった」
(足がうまく動かなくなった)
という風に使われます。

もとおる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①(巻きが)緩む という意味です。
「このはしらどけいはねじがもどけてうごかんのじゃ」
(この柱時計はゼンマイが緩んで動かないんです)
という風に使われます。

 

② 解く という意味です。
「なわのもつれょーもどきょーんじゃ」
(縄のもつれを解いているんです
という風に使われます。

もどける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お灸 という意味です。
「わりーことばーしょーるとやいとーすえるぞ」
(悪さばかりしているとお灸を据えるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やうぇー」があります。
これは「柔らかい」という意味です。
「このかきゃーやうぇーのー」
(この柿は柔らかいなあ)
という風に使われます。

やいと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腐る、食べ物などが変質する という意味です。
「あんまりほっとったらやくーするが」
(あまり放っておくと腐ってしまいますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やちがねー」があります。
これは「意見の食い違い、埒があかない」という意味です。

やくーする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わざと という意味です。
「やくにしんさんな」
(わざとしないようにね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やげろーしい」があります。
これは「煩わしい」という意味です。
「やげろーしいやっちゃなあ」
(煩わしい奴だなあ)
という風に使われます。

やくに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なんか、~など という意味です。
「おめーやこーいねー」
(お前なんか帰れ)
「おとうさんやこー、ごるふばーいきょーるが」
(お父さんなんか、ゴルフにばかり行っているじゃないの)
「やこうやこーおえん」
(夜行なんていけません)
という風に使われます。

やこー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

簡単 という意味です。
「そねーなしごとはやすーすまぁ」
(そんな仕事は簡単に済みますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やす」があります。
これは「人を行かせる」という意味です。
「おなごーやすけーよーゆーて」
(家内を行かせるので、しっかり話して下さい)
という風に使われます。

やすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっちもねー とも言います。

 

つまらない、馬鹿馬鹿しい という意味です。
「やちもねーこといわれな」
(つまらないことを言うんじゃない)
「やっちもねえことしょうらんと、ちーたーべんきょうせられえ」
(くだらないことしてないで、少しは勉強しなさい)
「やっちもねーてれびばーみてから!」
(つまらないテレビばかり見て!)
という風に使われます。

やちもねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やにこい とも言います。

 

しつこい という意味です。
「あいつはやねこいおとこやねえ」
(あいつはしつこい男ですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やまいぎたない」があります。
これは「病気に神経質」という意味です。

やねこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ですらー とも言います。

 

やりますよ、やりましょう という意味です。
「そんならわしがやりますらー」
(それなら僕がやりますよ)
「そりゃむりですらー」
(それは無理でしょうね)
という風に使われます。

やりますらー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言い聞かせる という意味です。
「よーゆーかしとくけぇこらぇーてつかーせぇ」
(よく言い聞かせておきますから許してあげて下さい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ゆーてゆー」があります。
これは「~と言う」という意味です。
「あしたするゆーていよーたけど、ほんまにするんじゃろか」
(明日すると言っていたけれど、本当にするのだろうか)
という風に使われます。

ゆーかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆっくりと という意味です。
「ゆーにしょーるとばすにおくれるよ」
(ゆっくりしているとバスに遅れますよ)
「いままでよーはたらいたんじゃけー、ゆーにせられー」
(今までよく働いたんだから、ゆっくりしなさいよ)
という風に使われます。

ゆーに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

茹でる という意味です。
「めんをひっさゆぜょーるとのびるけー」
(麺を長く茹でていたら伸びてしまいますよ)
という風に使われます。

 

これが「ゆだつ」ですと「沸騰する」という意味です。
「さゆがゆだちょーるがな」
(白湯が沸騰しているじゃないの)
という風に使われます。

ゆぜる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よーけえ とも言います。

 

たくさん、数が多い という意味です。
「こりゃー、よーけあまっとらー」
(これは、たくさん余っているなあ)
「よおけくわんといんてえ!」
(そんなにたくさん食べないで!)
「ひるにようけえたべたぞな」
(昼食をたくさん食べました)
という風に使われます。

よーけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても出来ない という意味です。
「そねーなこといわれても、わしゃーよーせん」
(そのようなことを言われても、私はとても出来ない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ようりょうばぁせんの」があります。
これは「格好ばかり付けないで」という意味です。

よーせん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余計なこと という意味です。
「よーまくそばぁしてくれてから!」
(余計なことばかりしてくれるよ!)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「よざん」があります。
これは「余計な」という意味です。
「よざんごとじゃ」
(どうでもいいことです)
という風に使われます。

よーまくそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

影響 という意味です。
「かぜのよきかめまいがしてのう」
(風邪のせいか眩暈がしてねぇ)
「たいふうのよきか、かぜがつよーなった」
(台風の影響か、風が強くなりました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よいたんぼ」があります。
これは「酔っ払い」という意味です。

よき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

欲張る という意味です。
「よくぼるばーするけーばちがあたったんじゃ」
(欲張るから罰が当たったんだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よぞーかす」があります。
これは「からかう」という意味です。

よくぼる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気が進まない、億劫がる という意味です。
「よだつけー、えーわ」
(気が進まないから、しなくてもいいよ)
「おきゃくさんがくるけー、よだつわー。あのへや、まだそうじしてねーわ」
(お客さんが来るから億劫だなあ。あの部屋はまだ掃除していないよ)
という風に使われます。

よだつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寝小便、おねしょ という意味です。
「よばにょーせまーか」
(寝小便をしはしないだろうか)
「そねーにみずものばーのみょーりゃーよばねょーしょーぜー」
(そんなに飲み物ばかり飲んでいてはおねしょをしちゃうよ)
という風に使われます。

よばね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

選ぶ という意味です。
「よるばーしょーるけー、えーもんぉさらわれてしまうんじゃ」
(選んでばかりいるから良い物を他人に奪われてしまうのよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よす、よせる」があります。
これは「入る、入れる」という意味です。

よる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫、差し支えない という意味です。
「そのまんまにしとかれ。らくじゃ、らくじゃ」
(そのまんまにしておきなさい。大丈夫だ、大丈夫だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「らっしがねー、らっしもねー」があります。
これは「乱雑、散らかっている状態」という意味です。

らく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① わざわざ という意味です。
「よーこねーなものーわざにもてきてもろーて」
(よくこんな(立派な)物をわざわざ持って来て頂いて)
という風に使われます。

 

② わざと という意味です。
「わざにしょーるとばちがあたろーぜー」
(わざとしていると罰が当たるでしょうよ)
という風に使われます。

わざに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 無茶苦茶、酷い有様 という意味です。
「だれなら、わしののーとをわやにしたんは」
(誰だよ、俺のノートを無茶苦茶にしたのは)
という風に使われます。

 

② とても という意味です。
「わやかわいい」
(とても可愛い)
という風に使われます。

わや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 悪い という意味です。
「わりーことばーせられなー」
(悪い事ばかりするんじゃありませんよ)
という風に使われます。

 

② 重い、痛い という意味です。
「あたまぁわりーんかぁ?」
(頭が重たいのですか?)
という風に使われます。

わりー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しなさい という意味です。
「ぎょうさんたべんせぇ」
(しっかり食べなさい)
「てごーぉしんせぇ」
(手伝いなさい)
「おぶっていきんせぇ」
(背負って行きなさい)
という風に使われます。

 

これを丁寧に言う場合には
「ぎょうさんたべてつけぇ」
(しっかり食べて下さい)
となります。

んせー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介