HOME -> 沖縄の方言 > あ行 -> アカナバー (あかなばー)

アカナバー (あかなばー)

 

「紫蘇・シソの葉」を言う意味で使われます。
アカナバー(シソの葉)を刺身のつまにして、親父は晩酌します。
実に、刺身と合う。刺身のつまにアカナバーをしのぐものはないですね。
父の晩酌と刺身とアカナバー、それは三点セットでした。
この頃は刺身のつまに青ジソを添えるが、以前はアカナバーと決まってました。
関連記事・オーバー、もご参照下さい。

 

「紫蘇・シソの葉」を言う意味で使われます。

 

アカナバー(シソの葉)を刺身のつまにして、親父は晩酌します。

実に、刺身と合う。刺身のつまにアカナバーをしのぐものはないですね。

 

父の晩酌と刺身とアカナバー、それは三点セットでした。

この頃は刺身のつまに青ジソを添えるが、以前はアカナバーと決まってました。

 

関連記事・オーバー、もご参照下さい。

 

 

 



アカナバー (あかなばー)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介