HOME -> 埼玉の方言 

 

あいく
歩く という意味です。
「うらわまであいく」
(浦和まで歩く)
という風に使われます。
似た言葉では「あいさ」があります。
これは「合間」という意味です。
「つとめのあいさにくわきりしたんさ」
(勤めをしている合間に桑切りもしたんだ)
という風に使われます。
埼玉,方言,歩く

歩く という意味です。

 

「うらわまであいく」

(浦和まで歩く)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あいさ」があります。

これは「合間」という意味です。

 

「つとめのあいさにくわきりしたんさ」

(勤めをしている合間に桑切りもしたんだ)

 

という風に使われます。

 

あいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

あさか
とても大変 という意味です。
「しごとがあさかだ」
(仕事がとても大変です)
という風に使われます。
似た言葉では「あさっぱら」があります。
これは「朝、早朝」という意味です。
「こんなあさっぱらからねーとりしてるんかい」
(こんなに早朝から苗取りをしているのかい)
という風に使われます。
埼玉,方言,大変

とても大変 という意味です。

 

「しごとがあさかだ」

(仕事がとても大変です)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あさっぱら」があります。

これは「朝、早朝」という意味です。

 

「こんなあさっぱらからねーとりしてるんかい」

(こんなに早朝から苗取りをしているのかい)

 

という風に使われます。

 

あさか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

あにー
兄、お兄さん という意味です。
「あにー、そこのしゃじとってくんろ」
(兄さん、そこのスプーンを取ってくれ)
という風に使われます。
似た言葉では「あにいってんだか」があります。
これは「何を言ってるんだろうね」という意味です。
「まったくあいつはあにいってんだか」
(全くあの人は何を言っているんだろうね)
という風に使われます。
埼玉,方言,お兄ちゃん

兄、お兄さん という意味です。

 

「あにー、そこのしゃじとってくんろ」

(兄さん、そこのスプーンを取ってくれ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あにいってんだか」があります。

これは「何を言ってるんだろうね」という意味です。

 

「まったくあいつはあにいってんだか」

(全くあの人は何を言っているんだろうね)

 

という風に使われます。

 

あにー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

あばさける
ふざける、暴れる という意味です。
「いら、あばさけんだねえよ」
(こら、暴れるんじゃないよ)
という風に使われます。
似た言葉では「あさらしい」があります。
これは「恐ろしい」という意味です。
「おまえの・・・あさらしい・・・」
(お前の・・・恐ろしい・・・)
という風に使われます。
埼玉,方言,あばれる

 

ふざける、暴れる という意味です。

 

「いしら、あばさけんだねえよ」

(おまえたち、暴れるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あさらしい」があります。

これは「恐ろしい」という意味です。

 

「おまえの・・・あさらしい・・・」

(お前の・・・恐ろしい・・・)

 

という風に使われます。

 

 

あばさける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

あわい
”泡”でも”淡い”でもありません。
普段、平素 という意味です。
「あわいにゃーくつなんかはかなかったで」
(普段は靴なんかはかなかったよ)
という風に使われます。
「泡」のことは「あんぶく」と言います。
「あんぶくたった」
(泡がたった)
という風に使われます。
埼玉,方言,泡

 

”泡”でも”淡い”でもありません。

 

普段、平素 という意味です。

 

「あわいにゃーくつなんかはかなかったで」

(普段は靴なんかはかなかったよ)

 

という風に使われます。

 

「泡」のことは「あんぶく」と言います。

 

「あんぶくたった」

(泡がたった)

 

という風に使われます。

 

 

あわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんし
いいえ、そうではない という意味です。
「あんし、ほーじゃーねー」
(いいえ、そうじゃありません)
という風に使われます。
逆に同意する場合は「あ~ね」と言います。
これは「あ~そうだね」という意味です。
関連する言葉では「ありがとな」もあります。
これはそのまま「ありがとう」という意味です。
「~してくれて、ありがとな」
(~してくれて、ありがとう)
という風に使われます。
埼玉,方言,いいえ

いいえ、そうではない という意味です。

 

「あんし、ほーじゃーねー」

(いいえ、そうじゃありません)

 

という風に使われます。

 

逆に同意する場合は「あ~ね」と言います。

これは「あ~そうだね」という意味です。

 

関連する言葉では「ありがとな」もあります。

これはそのまま「ありがとう」という意味です。

 

「~してくれて、ありがとな」

(~してくれて、ありがとう)

 

という風に使われます。

あんし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

あんべ
あるだろう という意味です。
「うちにゃあはながいらあんべ~」
(私の家には、花がたくさんあるでしょう)
という風に使われます。
似た言葉では「あめんぼー」があります。
これは「氷柱・つらら」という意味です。
「あめんぼーがさがった」
(つららが下がった)
という風に使われます。
埼玉,方言,あるだろう

あるだろう という意味です。

 

「うちにゃあはながいらあんべ~」

(私の家には、花がたくさんあるでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あめんぼー」があります。

これは「氷柱・つらら」という意味です。

 

「あめんぼーがさがった」

(つららが下がった)

 

という風に使われます。

 

あんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

いいかげんぶし
いい加減、適当 という意味です。
「あいつはいいかげんぶしだかんなぁ」
(あいつは適当だからなあ)
という風に使われます。
似たような言葉では「いんごっぱち」があります。
これは「強情者、頑固者」という意味です。
「とーちゃんはいんごっぱちだかんな」
(お父さんは頑固者だからな)
という風に使われます。
埼玉,方言,いい加減

いい加減、適当 という意味です。

 

「あいつはいいかげんぶしだかんなぁ」

(あいつは適当だからなあ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「いんごっぱち」があります。

これは「強情者、頑固者」という意味です。

 

「とーちゃんはいんごっぱちだかんな」

(お父さんは頑固者だからな)

 

という風に使われます。

 

いいかげんぶし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

いぐ
行く という意味です。
「いそがしいけどいげたらいぐよ」
(忙しいけど行けたら行くよ)
という風に使われます。
似た言葉では「いきれる」があります。
これは「蒸している」という意味です。
「きょうはいきれてらいねー」
(今日は蒸しているね)
という風に使われます。
埼玉,方言,行く

行く という意味です。

 

「いそがしいけどいげたらいぐよ」

(忙しいけど行けたら行くよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いきれる」があります。

これは「蒸している」という意味です。

 

「きょうはいきれてらいねー」

(今日は蒸しているね)

 

という風に使われます。

 

いぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

いし
おまえ という意味です。
「いしらのことよくしってる」
(おまえ達の事を良く知っている)
という風に使われます。
これが「いしらげ」になりますと「おまえたちに」という意味です。
「これ、いしらげやんべ」
(これ、おまえ達にあげるよ)
という風に使われます。
埼玉,方言,おまえ

おまえ という意味です。

 

「いしらのことよくしってる」

(おまえ達の事を良く知っている)

 

という風に使われます。

 

これが「いしらげ」になりますと「おまえたちに」という意味です。

 

「これ、いしらげやんべ」

(これ、おまえ達にあげるよ)

 

という風に使われます。

 

いし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

いまし
今、ちょうど今 という意味です。
「かあちゃんはいましけーったべーだいな」
(母ちゃんはちょうど今帰ったばかりだよ)
という風に使われます。
似た言葉では「いぶい」があります。
これは「煙たい」という意味です。
「たばこがいぶい」
(タバコが煙たい)
という風に使われます。
埼玉,方言,今

今、ちょうど今 という意味です。

 

「かあちゃんはいましけーったべーだいな」

(母ちゃんはちょうど今帰ったばかりだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いぶい」があります。

これは「煙たい」という意味です。

 

「たばこがいぶい」

(タバコが煙たい)

 

という風に使われます。

 

いまし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

いんじゃん
良いんじゃないの という意味です。
「そのかっこーいんじゃん」
(その格好、良いんじゃないの)
という風に使われます。
似たような言葉では「いいぐれーじゃねー」があります。
これは「すごく良いよ」という意味です。
「ああ、いいぐれーじゃねー」
(ああ、すごく良いよ)
という風に使われます。
埼玉,方言,良いんじゃない

良いんじゃないの という意味です。

 

「そのかっこーいんじゃん」

(その格好、良いんじゃないの)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「いいぐれーじゃねー」があります。

これは「すごく良いよ」という意味です。

 

「ああ、いいぐれーじゃねー」

(ああ、すごく良いよ)

 

という風に使われます。

 

いんじゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

うすらっぺ
嘘 という意味です。
「おめはうすらっぺべえだ」
(おまえは嘘ばかりだ)
という風に使われます。
”薄っぺらい”と聞き間違えてしまいそうですね。
では「薄っぺらい嘘」という場合には
「うすっぺらいうすらっぺ」になるのでしょうか。
埼玉,方言,嘘

嘘 という意味です。

 

「おめはうすらっぺべえだ」

(おまえは嘘ばかりだ)

 

という風に使われます。

 

”薄っぺらい”と聞き間違えてしまいそうですね。

 

では「薄っぺらい嘘」という場合には

「うすっぺらいうすらっぺ」になるのでしょうか。

 

うすらっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

うちゃる
うっちゃる とも言います。
捨てる という意味です。
「そこいらのもんはうちゃっていいかんな」
(その辺にある物は捨てていいからね)
「なんでもうちゃるから子どもにはめがはなせねー」
(なんでも捨てるから子どもから目が離せない)
「それ、うっちゃっちゃって」
(それ、捨てちゃって)
「そけーごみをうちゃるなよ」
(そこへごみを捨てるなよ)
という風に使われます。
埼玉,方言,捨てる

うっちゃる とも言います。

 

捨てる という意味です。

 

「そこいらのもんはうちゃっていいかんな」

(その辺にある物は捨てていいからね)

「なんでもうちゃるから子どもにはめがはなせねー」

(なんでも捨てるから子どもから目が離せない)

「それ、うっちゃっちゃって」

(それ、捨てちゃって)

「そけーごみをうちゃるなよ」

(そこへごみを捨てるなよ)

 

という風に使われます。

 

うちゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

うでっこき
思いっきり という意味です。
「うでっこきうまいもんつくるど」
(思いっきり美味しいものを作るぞ)
という風に使われます。
それを食べた際には「うまいべぇ」と言います。
これは「美味しいなぁ」という意味です。
「このおかし、うまいべなぁ」
(このお菓子、美味しいよねぇ)
という風に使われます。
埼玉,方言,思いっきり

思いっきり という意味です。

 

「うでっこきうまいもんつくるど」

(思いっきり美味しいものを作るぞ)

 

という風に使われます。

 

それを食べた際には「うまいべぇ」と言います。

これは「美味しいなぁ」という意味です。

 

「このおかし、うまいべなぁ」

(このお菓子、美味しいよねぇ)

 

という風に使われます。

 

うでっこき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

うんと
うーと とも言います。
たくさん という意味です。
「ひとがうんといるなあ」
(人がたくさん居るなあ)
「うーとあるね」
(たくさんあるね)
という風に使われます。
他にも「いら」も「たくさん」という意味です。
「さかながいらいるな」
(魚がたくさんいるね)
という風に使われます。
埼玉,方言,たくさん

うーと とも言います。

 

たくさん という意味です。

 

「ひとがうんといるなあ」

(人がたくさん居るなあ)

「うーとあるね」

(たくさんあるね)

 

という風に使われます。

 

他にも「いら」も「たくさん」という意味です。

 

「さかながいらいるな」

(魚がたくさんいるね)

 

という風に使われます。

 

うんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

えんでみる
帰る という意味です。
「じゃあそろそろ、えんでみるかぁ」
(じゃあそろそろ、帰ろうかなあ)
という風に使われます。
似た言葉では「えんちょ」があります。
これは「座る、お座りする」という意味です。
「あそこにえんちょする」
(あそこに座る)
という風に使われます。
埼玉,方言,帰る

帰る という意味です。

 

「じゃあそろそろ、えんでみるかぁ」

(じゃあそろそろ、帰ろうかなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「えんちょ」があります。

これは「座る、お座りする」という意味です。

 

「あそこにえんちょする」

(あそこに座る)

 

という風に使われます。

 

えんでみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

えー
共同、手伝い合う という意味です。
「ことしのたうえはえーでやるべー」
(今年の田植えは共同でやりましょう)
という風に使われます。
これが「えら」ですと「大層、大変」という意味です。
「けさはえらさみーな」
(今朝は大層寒いですね)
という風に使われます。
埼玉,方言,共同

共同、手伝い合う という意味です。

 

「ことしのたうえはえーでやるべー」

(今年の田植えは共同でやりましょう)

 

という風に使われます。

 

これが「えら」ですと「大層、大変」という意味です。

 

「けさはえらさみーな」

(今朝は大層寒いですね)

 

という風に使われます。

 

えー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

おごと
疲れる、疲れた という意味です。
「しごとがあっておごと」
(仕事があって疲れる)
という風に使われます。
似た言葉では「おかって」があります。
これは「台所」という意味です。
「おかってにたべものあるから」
(台所に食べ物があるから)
という風に使われます。
埼玉,方言,疲れる

疲れる、疲れた という意味です。

 

「しごとがあっておごと」

(仕事があって疲れる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おかって」があります。

これは「台所」という意味です。

 

「おかってにたべものあるから」

(台所に食べ物があるから)

 

という風に使われます。

 

おごと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

おだあげ
無駄話 という意味です。
「おだあげべーしてねーで、ちったーしごとしろ」
(むだ話ばかりしていないで、少しは仕事をしろ)
という風に使われます。
似た言葉では「おちわ」があります。
これは「団扇」という意味です。
「おちわであおいでもあちーな」
(団扇で扇いでも暑いな)
という風に使われます。
埼玉,方言,うちわ

無駄話 という意味です。

 

「おだあげべーしてねーで、ちったーしごとしろ」

(むだ話ばかりしていないで、少しは仕事をしろ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おちわ」があります。

これは「団扇」という意味です。

 

「おちわであおいでもあちーな」

(団扇で扇いでも暑いな)

 

という風に使われます。

 

おだあげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

おっかく
割る、壊す という意味です。
「ちゃわんをおっかくでねえよ」
(茶碗を割るんじゃないよ)
という風に使われます。
似たような言葉では「おっつぁばく」があります。
これは「裂く、破く」という意味です。
「てねげおっつぁばいてしばっとけ」
(手拭いを破いて縛っておけ)
という風に使われます。
埼玉,方言,割る

割る、壊す という意味です。

 

「ちゃわんをおっかくでねえよ」

(茶碗を割るんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「おっつぁばく」があります。

これは「裂く、破く」という意味です。

 

「てねげおっつぁばいてしばっとけ」

(手拭いを破いて縛っておけ)

 

という風に使われます。

 

おっかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

おっぴしょる
折る という意味です。
「このまえ、ほね~おっぴしょっちゃったよ」
(この前、骨を折ってしまったよ)
という風に使われます。
同じような言葉では「おっころばる」があります。
これは「転ぶ」という意味です。
「いしにつまづいて、おっころばっちゃったんだぁ」
(石に躓いて、転んじゃったんだぁ)
という風に使われます。
埼玉,方言,折る

折る という意味です。

 

「このまえ、ほね~おっぴしょっちゃったよ」

(この前、骨を折ってしまったよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「おっころばる」があります。

これは「転ぶ」という意味です。

 

「いしにつまづいて、おっころばっちゃったんだぁ」

(石に躓いて、転んじゃったんだぁ)

 

という風に使われます。

 

おっぴしょる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

おっぴらぐ
溢れる という意味です。
「おふろのおゆがおっぴらぐぞ」
(お風呂のお湯が溢れるよ)
「かわがおっぴらいた」
(大雨で増水して川の水が堤防から溢れた)
「すいどうをとめるをわすれて、ぷーるがおっぴらいた」
(水道を止めるのを忘れて、プールから水が溢れ出た)
という風に使われます。
埼玉,方言,溢れる

溢れる という意味です。

 

「おふろのおゆがおっぴらぐぞ」

(お風呂のお湯が溢れるよ)

「かわがおっぴらいた」

(大雨で増水して川の水が堤防から溢れた)

「すいどうをとめるをわすれて、ぷーるがおっぴらいた」

(水道を止めるのを忘れて、プールから水が溢れ出た)

 

という風に使われます。

 

おっぴらぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

おっぺす
押す という意味です。
「よびりんをおっぺす」
(呼び鈴を押す)
「くるまをおっぺしてくれ」
(車を押してくれ)
という風に使われます。
これが「おさまえる」ですと「上から押さえる」という意味です。
「うごかないようにおさまえといて」
(動かないように上から押さえておいて)
という風に使われます。
埼玉,方言,押す

押す という意味です。

 

「よびりんをおっぺす」

(呼び鈴を押す)

「くるまをおっぺしてくれ」

(車を押してくれ)

 

という風に使われます。

 

これが「おさまえる」ですと「上から押さえる」という意味です。

 

「うごかないようにおさまえといて」

(動かないように上から押さえておいて)

 

という風に使われます。

 

おっぺす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

おぶー
背負う という意味です。
「あかっこおぶってりゃーぬくてーやいな」
(赤ん坊を背負っていると暖かいよな)
という風に使われます。
似た言葉では「おとか」があります。
これは「きつね」という意味です。
「おとかにばかされる」
(きつねに化かされる)
という風に使われます。
埼玉,方言,背負う

背負う という意味です。

 

「あかっこおぶってりゃーぬくてーやいな」

(赤ん坊を背負っていると暖かいよな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おとか」があります。

これは「きつね」という意味です。

 

「おとかにばかされる」

(きつねに化かされる)

 

という風に使われます。

 

おぶー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

おめえ
あなた、あんた という意味です。
「おめえ、いってきたん?」
(あなた、行って来たの?)
という風に使われます。
「あなた」という意味ですが、兄弟など、ごく親しい間柄で使います。
ですので、どちらかというと「あんた」に近い感じと思われます。
埼玉,方言,あんた

あなた、あんた という意味です。

 

「おめえ、いってきたん?」

(あなた、行って来たの?)

 

という風に使われます。

 

「あなた」という意味ですが、兄弟など、ごく親しい間柄で使います。

ですので、どちらかというと「あんた」に近い感じと思われます。

 

おめえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

おらち
おれげ とも言います。
私の家、自分の家(うち)という意味です。
「おらちのほうだのよ」
(私の家の方だよ)
「よる、おれげこいよ」
(夜、私の家においでよ)
という風に使われます。
これが「おらほう」では「私の方」という意味です。
「おらほうじゃ、そうはいってねえんよ」
(私の方では、そうは言ってないのよ)
という風に使われます。
埼玉,方言,私の家

おれげ とも言います。

 

私の家、自分の家(うち)という意味です。

 

「おらちのほうだのよ」

(私の家の方だよ)

「よる、おれげこいよ」

(夜、私の家においでよ)

 

という風に使われます。

 

これが「おらほう」では「私の方」という意味です。

 

「おらほうじゃ、そうはいってねえんよ」

(私の方では、そうは言ってないのよ)

 

という風に使われます。

 

おらち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

がしょうき
がしょーき、がじょーき とも言います。
乱暴、無理に という意味です。
「んながしょうきにやるんはよしない」
(そんな乱暴にやるのは良くない)
という風に使われます。
似た言葉では「かくねがんしょ」があります。
これは「かくれんぼ」という意味です。
「かくねがんしょしてあすんべー」
(かくれんぼして遊ぼうよ)
という風に使われます。
埼玉,方言,かくれんぼ

がしょーき、がじょーき とも言います。

 

乱暴、無理に という意味です。

 

「んながしょうきにやるんはよしない」

(そんな乱暴にやるのは良くない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かくねがんしょ」があります。

これは「かくれんぼ」という意味です。

 

「かくねがんしょしてあすんべー」

(かくれんぼして遊ぼうよ)

 

という風に使われます。

 

がしょうき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

~かしんねぇ
~かもしれない という意味です。
「おらぁはぁだめかしんねぇ」
(私はもうダメかもしれない)
という風に使われます。
似た言葉では「かったるい」があります。
これは「つかれた、だるい」という意味です。
「きょうははかったるいな」
(今日はだるいな~)
という風に使われます。
埼玉,方言,かもしれない

~かもしれない という意味です。

 

「おらぁはぁだめかしんねぇ」

(私はもうダメかもしれない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かったるい」があります。

これは「つかれた、だるい」という意味です。

 

「きょうははかったるいな」

(今日はだるいな~)

 

という風に使われます。

 

~かしんねぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

かたす
片付ける という意味です。
「それ、かたしといてね」
(それ、片付けておいてね)
という風に使われます。
似た言葉では「がな」があります。
これは「~だろう」という意味です。
「とうぜんがな!」
(当然だろう!)
という風に使われます。
うんざりした時などによく使われるようです。
埼玉,方言,片付ける

片付ける という意味です。

 

「それ、かたしといてね」

(それ、片付けておいてね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「がな」があります。

これは「~だろう」という意味です。

 

「とうぜんがな!」

(当然だろう!)

 

という風に使われます。

うんざりした時などによく使われるようです。

 

かたす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

かまぎっちょ
とかげ という意味です。
「にわののすみっこにかまぎっちょがいたで」
(庭の隅にとかげがいたよ)
という風に使われます。
似た言葉では「かなっこりん」があります。
これは「手が悴んで冷たくなっている」という意味です。
冬場、雪遊びをして帰ると言われたりしますね。
埼玉,方言,かなへび

とかげ という意味です。

 

「にわののすみっこにかまぎっちょがいたで」

(庭の隅にとかげがいたよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かなっこりん」があります。

これは「手が悴んで冷たくなっている」という意味です。

冬場、雪遊びをして帰ると言われたりしますね。

 

かまぎっちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

かんます
かっぽじって とも言います。
かき回す、かき混ぜる、掻き回して という意味です。
「おふろのおゆは、よくかんまして!」
(お風呂のお湯は、よくかき混ぜて!)
「ぬかどこかっぽじってうまいのだしてよ」
(ぬか床を掻き回して美味しい漬物を出してよ)
という風に使われます。
埼玉,方言,かき混ぜる

かっぽじって とも言います。

 

かき回す、かき混ぜる、掻き回して という意味です。

 

「おふろのおゆは、よくかんまして!」

(お風呂のお湯は、よくかき混ぜて!)

「ぬかどこかっぽじってうまいのだしてよ」

(ぬか床を掻き回して美味しい漬物を出してよ)

 

という風に使われます。

 

かんます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

ぎゅうつく
強く という意味です。
「ぎゅうつくにぎってろよ」
(強く握っていなさいよ)
という風に使われます。
似た言葉では「きびしょ」があります。
これは「急須」という意味です。
「きびしょおとしてあしにやけっぱたした」
(急須を落として足を火傷した)
という風に使われます。
埼玉,方言,強く

強く という意味です。

 

「ぎゅうつくにぎってろよ」

(強く握っていなさいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きびしょ」があります。

これは「急須」という意味です。

 

「きびしょおとしてあしにやけっぱたした」

(急須を落として足を火傷した)

 

という風に使われます。

 

ぎゅうつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

きょーび
今日、近頃 という意味です。
「きょーびのこどもはおちつきがねーな」
(最近の子どもは落ち着きがないな)
という風に使われます。
これが「きぬー」ですと「昨日」という意味です。
「きぬーはずいぶんあめがふったなー」
(昨日は随分雨が降りましたね)
という風に使われます。
埼玉,方言,今日

今日、近頃 という意味です。

 

「きょーびのこどもはおちつきがねーな」

(最近の子どもは落ち着きがないな)

 

という風に使われます。

 

これが「きぬー」ですと「昨日」という意味です。

 

「きぬーはずいぶんあめがふったなー」

(昨日は随分雨が降りましたね)

 

という風に使われます。

 

きょーび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

くっかく
欠く、噛み砕く という意味です。
「うめぼいのたねをくっかいてなかみをくうとうめえ」
(梅干の種を噛み砕いて中身を食べると美味しい)
という風に使われます。
似た言葉では「くちべろ」があります。
これは「唇」という意味です。
「ぶんなぐりてうちべろきった」
(強く殴られて唇を切った)
という風に使われます。
埼玉,方言,唇

欠く、噛み砕く という意味です。

 

「うめぼいのたねをくっかいてなかみをくうとうめえ」

(梅干の種を噛み砕いて中身を食べると美味しい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くちべろ」があります。

これは「唇」という意味です。

 

「ぶんなぐりてうちべろきった」

(強く殴られて唇を切った)

 

という風に使われます。

 

くっかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

くんない
~ください、~くれませんか という意味です。
「ちょっときいてくんない」
(ちょっと聞いてくれませんか)
という風に使われます。
似た言葉では「くね」があります。
これは「垣根、生け垣」という意味です。
「くねんとこにちっちぇーとりがとまってた」
(垣根の所に、小さい鳥がとまっていた)
という風に使われます。
埼玉,方言,ください

~ください、~くれませんか という意味です。

 

「ちょっときいてくんない」

(ちょっと聞いてくれませんか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くね」があります。

これは「垣根、生け垣」という意味です。

 

「くねんとこにちっちぇーとりがとまってた」

(垣根の所に、小さい鳥がとまっていた)

 

という風に使われます。

 

くんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

けちまぐる
転ぶ という意味です。
「いしにしっかかってけちまぐった」
(石に躓いて転んだ)
という風に使われます。
似た言葉では「けっぽる」があります。
これは「蹴る」という意味です。
「このぼーるけっぽってもいい?」
(このボール蹴ってもいい?)
という風に使われます。
埼玉,方言,転ぶ

転ぶ という意味です。

 

「いしにしっかかってけちまぐった」

(石に躓いて転んだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けっぽる」があります。

これは「蹴る」という意味です。

 

「このぼーるけっぽってもいい?」

(このボール蹴ってもいい?)

 

という風に使われます。

 

けちまぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

けめるい
けなりー とも言います。
うらやましい という意味です。
「けなりーな、あの人はいいことべーあって」
(うらやましいな、あの人はいい事ばかりあって)
「あのこのことがけめるい・・・」
(あの子のことがうらやましい・・・)
という風に使われます。
埼玉,方言,うらやましい

けなりー とも言います。

 

うらやましい という意味です。

 

「けなりーな、あの人はいいことべーあって」

(うらやましいな、あの人はいい事ばかりあって)

「あのこのことがけめるい・・・」

(あの子のことがうらやましい・・・)

 

という風に使われます。

 

けめるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

~げら
~達 という意味です。
「おめげらに、くれてやる」
(あんた達に、あげるわよ)
という風に使われます。
これが「け」のみになりますと「食べろ、食べなさい」という意味です。
「うめえぞーすいだぞ、け!」
(美味しい雑炊だぞ、食べろ!)
という風に使われます。
埼玉,方言,達

~達 という意味です。

 

「おめげらに、くれてやる」

(あんた達に、あげるわよ)

 

という風に使われます。

 

これが「け」のみになりますと「食べろ、食べなさい」という意味です。

 

「うめえぞーすいだぞ、け!」

(美味しい雑炊だぞ、食べろ!)

 

という風に使われます。

 

~げら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

こそこそ
こつこつ、少しずつ という意味です。
「たうえのじゅんびはうんとめーからこそこそしとくもんだ」
(田植えの準備はずっと前から少しずつしておくものです)
「びんぼなおれはくるまをこそこそといじる」
(貧乏な私は車を少しずついじる(改造する)しかない)
という風に使われます。
埼玉,方言,コツコツ

 

こつこつ、少しずつ という意味です。

 

「たうえのじゅんびはうんとめーからこそこそしとくもんだ」

(田植えの準備はずっと前から少しずつしておくものです)

「びんぼなおれはくるまをこそこそといじる」

(貧乏な私は車を少しずついじる(改造する)しかない)

 

という風に使われます。

 

 

こそこそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

ごくやすみ
食事後の休み、ひと休み という意味です。
「ごくやすみしなきゃーからだにどくだいな」
(食事後の休みをとらなくては体に良くないな)
「くったらごくやすみしなさい」
(食べたら食後にひと休みしなさい)
という風に使われます。
埼玉,方言,ひと休み

食事後の休み、ひと休み という意味です。

 

「ごくやすみしなきゃーからだにどくだいな」

(食事後の休みをとらなくては体に良くないな)

「くったらごくやすみしなさい」

(食べたら食後にひと休みしなさい)

 

という風に使われます。

 

ごくやすみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

こわい
(食べたものが)かたい という意味です。
「このせんべいすごくこわい・・・くっかけない」
(この煎餅すごくかたい・・・噛み砕けない)
「こわいごはんがすきなの?」
(かたいご飯が好きなの?」
「こわいきゃべつだな」
(かたいキャベツだね)
という風に使われます。
埼玉,方言,かたい

(食べたものが)かたい という意味です。

 

「このせんべいすごくこわい・・・くっかけない」

(この煎餅すごくかたい・・・噛み砕けない)

「こわいごはんがすきなの?」

(かたいご飯が好きなの?」

「こわいきゃべつだな」

(かたいキャベツだね)

 

という風に使われます。

 

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

さがねる
探す という意味です。
「そけーらじゅーさがねたけんどめっかんねーや」
(そこいら中を探したけれど見つからないよ)
という風に使われます。
似た言葉では「さっぽる」があります。
これは「捨てる、棄てる」という意味です。
「こんなもんさっぽれ」
(こんな物捨てろ!)
という風に使われます。
埼玉,方言,探す

探す という意味です。

 

「そけーらじゅーさがねたけんどめっかんねーや」

(そこいら中を探したけれど見つからないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さっぽる」があります。

これは「捨てる、棄てる」という意味です。

 

「こんなもんさっぽれ」

(こんな物捨てろ!)

 

という風に使われます。

 

さがねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

ささらほうさら
めちゃくちゃ、ばらばら という意味です。
「いえのなかをこんなささらほうさらにしていてどうする!みっともないぞ!」
(家の中をこんなめちゃくちゃにしていてどうする!みっともないぞ!)
「ああ・・・もう、ささらほうさらだ」
(ああ・・・もう、バラバラだ)
「へやんなかがささらほーさらだい」
(部屋の中がめちゃくちゃだよ)
という風に使われます。
埼玉,方言,めちゃくちゃ

めちゃくちゃ、ばらばら という意味です。

 

「いえのなかをこんなささらほうさらにしていてどうする!みっともないぞ!」

(家の中をこんなめちゃくちゃにしていてどうする!みっともないぞ!)

「ああ・・・もう、ささらほうさらだ」

(ああ・・・もう、バラバラだ)

「へやんなかがささらほーさらだい」

(部屋の中がめちゃくちゃだよ)

 

という風に使われます。

 

ささらほうさら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

さむしー
寂しい という意味です。
「こんやひとりっきりじゃさむしーなあ・・・くりすますなのに」
(今夜一人きりでは寂しいなあ・・・クリスマスなのに・・・)
「いつまでもこれじゃあさむしー」
(いつまでもこれでは寂しい)
という風に使われます。
埼玉,方言,寂しい

寂しい という意味です。

 

「こんやひとりっきりじゃさむしーなあ・・・くりすますなのに」

(今夜一人きりでは寂しいなあ・・・クリスマスなのに・・・)

「いつまでもこれじゃあさむしー」

(いつまでもこれでは寂しい)

 

という風に使われます。

 

さむしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

しあんぼ
ケチ という意味です。
「あいつはしあんぼだからためこんでらい」
(あいつはケチだからいっぱい金を貯め込んでいるよ)
という風に使われます。
似た言葉では「しっちゃかむんちゃか」があります。
これは「支離滅裂」という意味です。
埼玉,方言,ケチ

ケチ という意味です。

 

「あいつはしあんぼだからためこんでらい」

(あいつはケチだからいっぱい金を貯め込んでいるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しっちゃかむんちゃか」があります。

これは「支離滅裂」という意味です。

 

しあんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

しった
〈鍋などの〉底、下 という意味です。
「もーすこししったのほーだととるんがらくなんだけんどな」
(もう少し下の方だと取るのが楽なのだけどな)
「たるのしったにかくれてる」
(樽の下に隠れている)
という風に使われます。
埼玉,方言,下

〈鍋などの〉底、下 という意味です。

 

「もーすこししったのほーだととるんがらくなんだけんどな」

(もう少し下の方だと取るのが楽なのだけどな)

「たるのしったにかくれてる」

(樽の下に隠れている)

 

という風に使われます。

 

しった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

しやっせ
してくださいよ、したらいいじゃない という意味です。
「でんわしやっせ」
(電話してくださいよ)
「なんでもやらっせ」
(何でもやったらいいじゃない)
という風に使われます。
似た言葉では「しっちらかす」があります。
これは「散らかす」という意味です。
「こんなにしっちらかして」
(こんなに散らかしちゃって)
という風に使われます。
埼玉,方言,散らかす

してくださいよ、したらいいじゃない という意味です。

 

「でんわしやっせ」

(電話してくださいよ)

「なんでもやらっせ」

(何でもやったらいいじゃない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しっちらかす」があります。

これは「散らかす」という意味です。

 

「こんなにしっちらかして」

(こんなに散らかしちゃって)

 

という風に使われます。

 

しやっせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

じゃね
そうじゃないの? という意味です。
「あしたってあめじゃね?」
(明日って雨じゃないの?)
という風に使われます。
似た言葉では「じゃんか」があります。
これは「あばた、陥没、凹凸」という意味です。
「しりがじゃんかになってる」
(お尻が凹凸になっている)
という風に使われます。
埼玉,方言,じゃねー?

そうじゃないの? という意味です。

 

「あしたってあめじゃね?」

(明日って雨じゃないの?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃんか」があります。

これは「あばた、陥没、凹凸」という意味です。

 

「しりがじゃんかになってる」

(お尻が凹凸になっている)

 

という風に使われます。

 

じゃね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

じんぎ
挨拶、辞儀 という意味です。
「せわんなったからよくじんぎゆっとくんだよ」
(お世話になったのでよく挨拶をしておくのですよ)
という風に使われます。
似た言葉では「じょーり」があります。
これは「草履」という意味です。
「ぬかってるとこをじょーりばきだとしりっぱねがあがっちまう」
(ぬかるんでいる所で草履だと尻まで泥が跳ね上がってしまう)
という風に使われます。
埼玉,方言,仁義

挨拶、辞儀 という意味です。

 

「せわんなったからよくじんぎゆっとくんだよ」

(お世話になったのでよく挨拶をしておくのですよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「じょーり」があります。

これは「草履」という意味です。

 

「ぬかってるとこをじょーりばきだとしりっぱねがあがっちまう」

(ぬかるんでいる所で草履だと尻まで泥が跳ね上がってしまう)

 

という風に使われます。

 

じんぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

すいる
腐る、駄目になる という意味です。
主に食べ物などに用いられます。
「はぁすいてるからよしない」
(もう腐っているからやめておきなさい)
という風に使われます。
似た言葉では「ずねー」があります。
これは「かなり大きい」という意味です。
「ずねーへーびがいたど」
(かなり大きな蛇がいたよ)
という風に使われます。
埼玉,方言,腐る

腐る、駄目になる という意味です。

 

主に食べ物などに用いられます。

 

「はぁすいてるからよしない」

(もう腐っているからやめておきなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ずねー」があります。

これは「かなり大きい」という意味です。

 

「ずねーへーびがいたど」

(かなり大きな蛇がいたよ)

 

という風に使われます。

 

すいる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

すぐりみち
隣家へ行くための近道となる細い抜け道 という意味です。
「むかしはどこんちいくにもすぐりみちがあったい」
(昔はどこの家に行くにも細いぬけ道があったな)
「すぐりみちいったらけっつまずいた」
(細い抜け道を行ったら躓いてよろめいた)
という風に使われます。
埼玉,方言,抜け道

隣家へ行くための近道となる細い抜け道 という意味です。

 

「むかしはどこんちいくにもすぐりみちがあったい」

(昔はどこの家に行くにも細いぬけ道があったな)

「すぐりみちいったらけっつまずいた」

(細い抜け道を行ったら躓いてよろめいた)

 

という風に使われます。

 

すぐりみち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

せんみ
蝉(セミ)という意味です。
「せんみにしょんべんひっかけらいた」
(蟬に小便をかけられた)
という風に使われます。
似た言葉では「せなご」があります。
これは「長男」という意味です。
「おめんちのせなごもえらくなったもんだ」
(お前の家の長男もえらくなったものだ)
という風に使われます。
埼玉,方言,セミ

蝉(セミ)という意味です。

 

「せんみにしょんべんひっかけらいた」

(蟬に小便をかけられた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せなご」があります。

これは「長男」という意味です。

 

「おめんちのせなごもえらくなったもんだ」

(お前の家の長男もえらくなったものだ)

 

という風に使われます。

 

せんみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

そこいら
その辺、そのあたり という意味です。
「そこいらいおいとけばいい」
(その辺に置いておけば良い)
という風に使われます。
似た言葉では「それっちんべ」があります。
これは「そんなに少し」という意味です。
「それっちんべのこさねえで、くっちまえ」
(そんなに少し残さないで、食べてしまえ)
という風に使われます。
埼玉,方言,その辺

その辺、そのあたり という意味です。

 

「そこいらいおいとけばいい」

(その辺に置いておけば良い)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「それっちんべ」があります。

これは「そんなに少し」という意味です。

 

「それっちんべのこさねえで、くっちまえ」

(そんなに少し残さないで、食べてしまえ)

 

という風に使われます。

 

そこいら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

そらっぺ
ちくらっぺ とも言います。
嘘、虚言、騙す という意味です。
「またそんなそらっぺこいて」
(またそんな嘘を言って)
「そらっぺいわんでよ~」
(嘘八百言わないでよ~)
「ちくらっぺこくな」
(嘘をつくな!)
という風に使われます。
埼玉,方言,嘘

ちくらっぺ とも言います。

 

嘘、虚言、騙す という意味です。

 

「またそんなそらっぺこいて」

(またそんな嘘を言って)

「そらっぺいわんでよ~」

(嘘八百言わないでよ~)

「ちくらっぺこくな」

(嘘をつくな!)

 

という風に使われます。

 

そらっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

だいじ
大丈夫 という意味です。
「あー、だいじ、だいじ!しんぱいねえよ」
(ああ、大丈夫大丈夫!心配ないよ)
という風に使われます。
似た言葉では「~だいねえ」があります。
これは「~だよねえ」という意味です。
「んーそうだいねえ・・・」
(うーん、そうだよねえ・・・)
という風に使われます。
埼玉,方言,大丈夫

大丈夫 という意味です。

 

「あー、だいじ、だいじ!しんぱいねえよ」

(ああ、大丈夫大丈夫!心配ないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「~だいねえ」があります。

これは「~だよねえ」という意味です。

 

「んーそうだいねえ・・・」

(うーん、そうだよねえ・・・)

 

という風に使われます。

 

だいじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

だがね
たがね とも言います。
~でしょ? という意味です。
念を押して聞くような時や確認する時、
事柄に確証の有る時などによく用いられます。
「かくもんはそこいらいおいたがね」
(書くものはその辺に置いたでしょう)
という風に使われます。
埼玉,方言,だがね

たがね とも言います。

 

~でしょ? という意味です。

 

念を押して聞くような時や確認する時、

事柄に確証の有る時などによく用いられます。

 

「かくもんはそこいらいおいたがね」

(書くものはその辺に置いたでしょう)

 

という風に使われます。

 

だがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

たっぱ
高さ という意味です。
「たっぱがあるっけの」
(高さがあるからね)
という風に使われます。
似た言葉では「たっぺ」があります。
これは「霜柱」という意味です。
「さみーひのあさはたっぺがたつ」
(寒い日の朝には霜柱が立ちます)
という風に使われます。
埼玉,方言,高さ

高さ という意味です。

 

「たっぱがあるっけの」

(高さがあるからね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たっぺ」があります。

これは「霜柱」という意味です。

 

「さみーひのあさはたっぺがたつ」

(寒い日の朝には霜柱が立ちます)

 

という風に使われます。

 

たっぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

たまか
倹約、粗末な という意味です。
「たまかにしてりゃかねがたまらい」
(倹約していればお金が貯まるよ)
という風に使われます。
似たような言葉では「たぼこ」があります。
これは「煙草(タバコ)」という意味です。
「ちょっくらたぼこかってくる」
(ちょっとタバコを買って来る)
という風に使われます。
埼玉,方言,倹約

倹約、粗末な という意味です。

 

「たまかにしてりゃかねがたまらい」

(倹約していればお金が貯まるよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「たぼこ」があります。

これは「煙草(タバコ)」という意味です。

 

「ちょっくらたぼこかってくる」

(ちょっとタバコを買って来る)

 

という風に使われます。

 

たまか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

だんべ
だんべぇ とも言います。
だよ、でしょ、~だろう という意味です。
「そうだんべ」
(そうだよ!)
という風に使われます。
同じような言葉では「だべ、べ」があります。
これは「だよね、そうだよね」という意味です。
「これうまいべー」
(これ美味しいよね~)
という風に使われます。
埼玉,方言,そうだよ

だんべぇ とも言います。

 

だよ、でしょ、~だろう という意味です。

 

「そうだんべ」

(そうだよ!)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「だべ、べ」があります。

これは「だよね、そうだよね」という意味です。

 

「これうまいべー」

(これ美味しいよね~)

 

という風に使われます。

 

だんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

ちっと
少し という意味です。
「ちっとだけちょうだい」
(少しだけください)
という風に使われます。
これが「ちっとんばい、ちっとんべー」ですと「少しばかり」という意味です。
「ちっとんばいてつだってくれねーか?」
(少しばかり手伝ってくれませんか?)
「もうちっとんべーごはんをくれ」
(もう少しご飯をくれ)
「しよがちっとんべーしかねー」
(塩が少ししかない)
という風に使われます。
埼玉,方言,少し

少し という意味です。

 

「ちっとだけちょうだい」

(少しだけください)

 

という風に使われます。

 

これが「ちっとんばい、ちっとんべー」ですと「少しばかり」という意味です。

 

「ちっとんばいてつだってくれねーか?」

(少しばかり手伝ってくれませんか?)

「もうちっとんべーごはんをくれ」

(もう少しご飯をくれ)

「しよがちっとんべーしかねー」

(塩が少ししかない)

 

という風に使われます。

 

ちっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

ちゃぞっぺー
茶菓子 という意味です。
「ちゃぞっぺーにゃーこーこがいちばんだい」
(お茶菓子にはたくあんが一番ですよね)
という風に使われます。
似た言葉では「ちょちょべっこ」があります。
これは「蝶々」という意味です。
「ちょちょべっこがいっぺーとんでらー」
(蝶々がいっぱい飛んでいるよ)
という風に使われます。
埼玉,方言,茶菓子

茶菓子 という意味です。

 

「ちゃぞっぺーにゃーこーこがいちばんだい」

(お茶菓子にはたくあんが一番ですよね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょちょべっこ」があります。

これは「蝶々」という意味です。

 

「ちょちょべっこがいっぺーとんでらー」

(蝶々がいっぱい飛んでいるよ)

 

という風に使われます。

 

ちゃぞっぺー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

てっちる
帰る という意味です。
「そろそろ、てっちんべっ!」
(そろそろ、帰ろうよっ!)
という風に使われます。
似た言葉では「てんづけ」があります。
これは「突然、いきなり、すぐに」という意味です。
「れんしゅーもしねーでてんずけうたいだした」
(練習もしないでいきなり歌いだした)
という風に使われます。
埼玉,方言,帰る

帰る という意味です。

 

「そろそろ、てっちんべっ!」

(そろそろ、帰ろうよっ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「てんづけ」があります。

これは「突然、いきなり、すぐに」という意味です。

 

「れんしゅーもしねーでてんずけうたいだした」

(練習もしないでいきなり歌いだした)

 

という風に使われます。

 

てっちる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

どっくむ
飲み込む という意味です。
「がむはどっくんじゃだめよ」
(ガムは飲み込んじゃダメよ)
という風に使われます。
似た言葉では「とぶぐち」があります。
これは「玄関口」という意味です。
「とぶぐちのほーへまわってくんない」
(玄関口の方へまわってください)
という風に使われます。
埼玉,方言,飲み込む

飲み込む という意味です。

 

「がむはどっくんじゃだめよ」

(ガムは飲み込んじゃダメよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とぶぐち」があります。

これは「玄関口」という意味です。

 

「とぶぐちのほーへまわってくんない」

(玄関口の方へまわってください)

 

という風に使われます。

 

どっくむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

どどめ
(熟した)桑の実 という意味です。
「どどめをたべる」
(桑の実を食べる)
「どどめをくーとくちがまっかになるよ」
(桑の実を食べると口が真っ赤になるよ)
「どどめいろになった」
(紫(桑の実の)色になった)
という風に使われます。
埼玉,方言,桑の実

 

(熟した)桑の実 という意味です。

 

「どどめをたべる」

(桑の実を食べる)

「どどめをくーとくちがまっかになるよ」

(桑の実を食べると口が真っ赤になるよ)

「どどめいろになった」

(紫(桑の実の)色になった)

 

という風に使われます。

 

 

どどめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無さそうだ という意味です。

 

「ここにはなげだ」
(此処には無さそうだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なから」があります。
これは「だいたい、中程度」という意味です。

 

「なからできてきたぞ、もーじきだな」
(だいたい出来てきたぞ、もうすぐだね)

 

という風に使われます。

なげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、たくさん、かなり、いっぱい という意味です。

 

「なっからくうよな」
(たくさん食べるよね)
「なっからきれいだいな」
(とても綺麗だね)
「きょうはなからねみいやい」
(今日はかなり眠いよ)

 

という風に使われます。

なっから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

塗る、汚れをなすりつける という意味です。

 

「きずぐちにくすりをなびっとけ」
(傷口に薬を塗っておきなさい)
「てについたどろ、ひとのずぼんになびんだねえよ」
(手に付いた泥を人のズボンになすりつけるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

なびる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なのよ、~なんですよ という意味です。

 

「きょうおれのたんじょうびなんよ」
(今日は私の誕生日なんですよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なんなん」があります。
こえは「何なの?」という意味です。

 

「あいつなんなん?」
(あの人何なの?)

 

という風に使われます。

なんよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おまえ、おまえら、おまえたち という意味です。

 

「にしら、わりーことするときかねーど」
(おまえら、悪いことすると容赦しないぞ)
「にしら、たいがいにしろよ!」
(おまえたち、いい加減にしろよ!)

 

という風に使われます。

にしら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暖かい、温かい という意味です。

 

「ここはかぜがきねーから、ぬくといなー」
(ここは風がこないから、暖かいねえ)
「おめーのてはぬくといな」
(あなたの手は暖かいね)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ねいゆ」があります。
これは「熱湯」という意味です。

 

「ほにゅうびんをねいゆでしょうどくしといて」

(哺乳瓶を熱湯で消毒しておといて)

 

という風に使われます。

ぬくとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人参 という意味です。

 

「ゆんべはねんじんとでーこんのにものだった」
(昨晩は人参と大根の煮物だった)
「にわからねんじんほってきてくれ」
(庭から人参を掘ってきて下さい)

 

という風に使われます。

 

”大根”は、他に「ええこ、でやこ」とも言います。

 

似た言葉では「でえく、でゃあ」もあります。
これは「大工」という意味です。

ねんじん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

付き合いやすい、遠慮のいらない という意味です。

 

「おめんちのかーちゃんはのめっこくていいよ」
(お前の家の母さんは付き合いやすくていいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のたくる」があります。
これは「苦しそうに悶える」という意味です。

 

「えんてんかでめめずがのたくってた」
(炎天下でみみずが苦しそうに悶えていた)

 

という風に使われます。

のめっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう という意味です。

 

「はあ、けえるべ」
(もう、帰りましょうよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「~ばい」があります。
これは「~ばかり、~ばっかり」という意味です。

 

「まーたあんた、うそばいいって」
(またあなたは、嘘ばっかり言って)

 

という風に使われます。

はあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんどん進む という意味です。

 

「さけのほうもはかいっちまうな」
(お酒の方もどんどん進んじゃいますね)

 

という風に使われます。

 

これが「はかいかね」ですと「仕事が進まない」という意味です。

 

「あたまをおっぷってもなかなかはかいかね」
(頭を振ってもなかなか仕事が進まない)

 

という風に使われます。

はかがいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

対になっているものの片方が違う という意味です。

 

「このくつははぐだな」
(この靴は片方が違うな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はぐる」があります。
これは「~し損なう」という意味です。

 

「いちどねはぐったら、はあねむれねー」
(一度寝損ねたら、もう眠れない)

 

という風に使われます。

はぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

敷く という意味です。

 

「ふとんをひく」
(布団を敷く)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひぼ」があります。
これは「紐」という意味です。

 

「ひぼでえだをまるくのがよかんべー」
(紐で枝を束ねるのが良いでしょう)

 

という風に使われます。

ひく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷たい という意味です。

 

「あ、ひゃっこい!」
(あ、冷たい!)
「こおりはひゃっこいぞ」
(氷は冷たいぞ) 
「まま、ひゃっこいびーるおくれ」
(ママ、冷たいビールをください)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひゃあもねえ」があります。
これは「一文無し」という意味です。

ひゃっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

剥ぐ という意味です。

 

「ころんでてのかわぁひんむいちゃったよ」
(転んで手の皮を剥いでしまったよ)
「あいつのばけのかわぁひんむいてやる」
(あいつの化けの皮を剥いでやる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひんぬく」があります。
これは「引き抜く」という意味です。

ひんむく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶつかる という意味です。

 

「まっすぐいっててぃーじろにぶっついたらみぎにまがって」    
(真っ直ぐ言ってT字路にぶつかったら右に曲がって)

 

という風に使われます。

 

また、”ぶっつく”には「触れる」の意味もあります。

 

似た言葉では「ぶっちゃける、ぶっつぶれる」があります。
これは「つぶれる」という意味です。

ぶっつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自転車 という意味です。

 

これが「ふんごくる」で「自転車を漕ぐ」という意味です。

 

似た言葉では「ぶっこくる」があります。
これは「殴る」という意味です。

 

「わるさしたんで、うーとぶっこくってやったん」
(悪い事をしたから、きつく殴ってやったんだ)

 

という風に使われます。

ふんごっくり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やたらに、しだいに という意味です。

 

「へーがへーしふえてこまらい」
(稗がやたらに増えて困るよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「へーび」があります。
これは「蛇」という意味です。

 

「あそこはへーびがでるからおっかねーど」
(あそこは蛇が出るから怖いよ)

 

という風に使われます。

へーし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばかり という意味です。

 

「よめしはんまかねえもんべえだ」
(夜食は美味しくないものばかりだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「へーる」があります。
これは「入る」という意味です。

 

「ゆいへーる」
(湯に入る)
「だれもここにはへーれねーだんべ」
(誰もここには入れないだろう)

 

という風に使われます。

べえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蛍 という意味です。

 

「かわっぱたのくさむらでほーたろめっけた」
(川岸の草むらで蛍を見つけた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼっきりぼっきり」があります。
これは「麺などのコシが強い」という意味です。

 

「このめんちょっとぼっきりぼっきりしすぎだね」
(この麺、ちょっとコシが強すぎるね)

 

という風に使われます。

ほーたろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

堀、用水堀 という意味です。

 

「かくねっこなんかでほりっこにおっこちんなよ」
(かくれんぼなどして堀に落ちないようにしろよ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「ぼっち」があります。
これは「小さなまとまりの山を数える単位」という意味です。

 

「たんぼんなかにたいひのやまがろくぼっちあるかんな」
(田んぼの中に堆肥の山が六つあるからな)

 

という風に使われます。

ほりっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真白 という意味です。

 

「たんぼのみずがまっちろになっちゃった」
(田んぼの水が真っ白になっちゃった)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「しらっぱける」があります。
これは「濃い色の服が日焼けで白く変色する」という意味です。

 

「このしゃっつしらっぱけたなあ」
(このシャツ、日に焼けて白くなっちゃったなあ)

 

という風に使われます。

まっちろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もっと という意味です。

 

「まっとこっちこい」
(もっとこっちにおいで)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まさか」があります。
これは「とても、はなはだ」という意味です。

 

「このでんきゅうはまさかあかりーやいね」
(この電球はとても明るいね)

 

という風に使われます。

まっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真剣になる という意味です。

 

「みしみっけーんねーからけがするんだ」
(真剣にならないから怪我するんだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「むじっけー」があります。
これは「可愛い」という意味です。

 

「そのぬいぐるみむじっけー」
(そのぬいぐるみ可愛い~)

 

という風に使われます。

みしみっけーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むこうっかし とも言います。

 

向こう側 という意味です。

 

「むこうっかわしをまわってこっちへきてよ」
(向こう側から回ってこちらへ来てよ)
「さっきむこうっかしにいったよ」
(さっき向こう側に行ったよ)

 

という風に使われます。

むこうっかわし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漏る という意味です。

 

「ふりーうちだからあめがむるんだい」
(古い家だから雨が漏るのだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「むす」があります。
これは「燃やす」という意味です。

 

「ごみをむすとめーわくだぞ」
(ゴミを燃やすと迷惑だぞ)

 

という風に使われます。

むる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

前の家(近所) という意味です。

 

「めえんちのひとからでんわあったよ」
(前の家の人から電話があったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「めめず」があります。
これは「みみず」という意味です。

 

「いしをどかすとめめずがいっぺーいたいな」
(石をどかすとみみずがたくさんいたよな)

 

という風に使われます。

めえんち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もうろくする という意味です。

 

「おれもおめーもずいぶんもーぼれたいなあ」
(俺もお前も大分もうろくしたものだなあ)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉は「まみや」があります。
これは「眉毛」という意味です。

 

「じーさんのまみやはなげーな」
(おじいさんの眉毛は長いな)

 

という風に使われます。

もーぼれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面倒くさい、だるい という意味です。

 

「あしたのどぶさらいやっけーだいなあ」
(明日のどぶさらい面倒くさいなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やっこい」があります。
これは「やわらかい」という意味です。

 

「このとうふやっこいぞ」
(この豆腐、やわらかいぞ)

 

という風に使われます。

やっけー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歩く、行く、来る という意味です。

 

「はいくおらちーやべ」
(早く私の家に来てください)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「よばる」があります。
これは「呼ぶ」という意味です。

 

「めえんちをよばってくんない」
(あなたのお宅に呼んでくれませんか)

 

という風に使われます。

やぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言い負かす、言って諭す という意味です。

 

「しゃくにさわったんでゆいすいてくれたんさ」
(癪に障ったので言い負かしてやったんだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ゆきあう」があります。
これは”行き逢う”とは違って「単に会う、会った」という意味です。

 

「このあいだゆきさんにゆきあったよ」
(先日、由紀さんに会ったよ)

 

という風に使われます。

ゆいすいる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やめる という意味です。

 

「くらくなってきたしよしにすべぇ」
(暗くなってきたし、終わりにしようよ)
「よしたほうがいい」
(やめた方が良い)
「よすべえ・・・」
(やめようよ・・・)

 

という風に使われます。

 

逆の言葉では「よかんべ」があります。
これは「よろしい」という意味です。

よし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よっぴいで とも言います。

 

夜通し、一晩中 という意味です。

 

「よっぴてしごとしちゃーからだにどくだんべ」
(一晩中仕事していてはからだに良くないよ)
「まいばんよっぴいでほーむぺーじつくりにはげんでる」
(毎晩、夜通しホームページ作りに励んでいる)

 

という風に使われます。

よっぴて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よほど、よくよく という意味です。

 

「よんどからだのぐえーがわりんだんべ」
(よほどからだの具合が悪いのでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「よんべ」があります。
これは「昨夜」という意味です。

 

「よんべはすぐねた」
(昨夜はすぐに寝た)

 

という風に使われます。

よんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕事がはかどらない という意味です。

 

「やすんでべーじゃーらちゃあかねー」
(休んでばかりでは仕事がはかどらない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「らんちきさあぎ」があります。
これは「大騒ぎ」という意味です。

らちゃあかねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少し、気持ちだけのもの という意味です。

 

「わざとだけんどもってってくんない」
(少しだけれど持っていってください)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「わっくさ」があります。
これは「カメムシ」という意味です。

 

「わっくさが!くせー」
(カメムシが!臭ーい)

 

という風に使われます。

わざと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

状況が良くない、ヤバイ、大変 という意味です。

 

「んなことになっちゃ、んまかねっぺよ~」
(そんなことになっては、大変じゃないか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「んまのしたべろ」があります。
これは「木蓮」という意味です。

んまかねぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介