HOME -> 島根の方言 

あれ という意味です。
「あーねえーがえ」
(あれに入れると良いです)
という風に使われます。


似た言葉では「あーがますげな」があります。
これは「(実際は無いが)あるような」という意味です。
「あーがますげなかっこうしてみせぶらかいちょーがのー」
(まるであるような格好で見せびらかしていいますね)
という風に使われます。

あー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あーへん、あーません、あらせん とも言います。


ありません という意味です。
「えことばっかあーせん」
(良いことばかりではありません)
という風に使われます。


似た言葉では「あーなー」があります。
これは「ありのまま」という意味です。
「あーなーはなす」
(ありのままを話す)
という風に使われます。

あーせん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ありったけ という意味です。
「のしとがひゃって、あーたきのじぇねもってにげた」
(泥棒が入って、ありったけのお金を持って逃げました)
という風に使われます。


同じような言葉では「あーほど」があります。
これは「あるだけ」という意味です。
「あーほどごいた」
(あるだけ下さい)
という風に使われます。

あーたき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

上を見る、見上げる、仰向く という意味です。
「あーぬいていたらくびがいとーてやれん」
(上を見ていたら首が痛くて出来ない)
という風に使われます。


似た言葉では「あーやわせ」があります。
これは「あり合わせ」という意味です。
「あーやわせでしんましぇん」
(あり合わせですみません)
という風に使われます。

ああぬく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あーけ、あらけ とも言います。


ああもう という意味です。
「あいけ、からっぽだがや」
(ああもう、空じゃないか)
という風に使われます。


似た言葉では「あい」があります。
これは「はい」という意味です。
「あい、わかーました」
(はい、分かりました)
という風に使われます。

あいけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

期間、合間、間、隙間、違い、差異 という意味です。
「あーからだいぶあいさがあーけんわからんわ」
(あれから大分期間が空いたから分からないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「あいさんくさん」があります。
これは「好みの違い」という意味です。

あいさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

退屈しのぎ、ご愛想、気配り という意味です。
「あいそのかわねなとしてごしなはい」
(退屈しのぎにでもして下さい)
という風に使われます。


似た言葉では「あいそなし」があります。
これは「もてなしをしない」という意味です。
「あいそなしでしんましぇん」
(おもてなしもせずすみません)
という風に使われます。

あいそのかわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

相手との仲 という意味です。
「あいはがわりてえないた」
(相手との仲が悪くて帰られました)
という風に使われます。


似た言葉では「あいへんどうつ」があります。
これは「話の調子を合わせる」という意味です。
「まいしこあいへんどうつ」
(うまく話の調子を合わせる)
という風に使われます。

あいは 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あいまぐい とも言います。


間食 という意味です。
「あいまぐすーとばんめしくわえんやんなーじ」
(間食をすると夕飯が食べられなくなりますよ)
という風に使われます。


似た言葉では「あいますきま」があります。
これは「暇な時」という意味です。
「あいますきまでえですけん」
(暇な時で良いので)
という風に使われます。

あいまぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 事件、事故 という意味です。
「あいまちせんやに、かえってごしない」
(事故がないようにお帰り下さい)
という風に使われます。


② 怪我 という意味です。
「まくれてあいまちした」
(転んで怪我をした)
という風に使われます。


また、幼児語では「あいた」とも言います。
「あいたすーぞ」
(怪我するわよ)
という風に使われます。

あいまち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

病み上がり という意味です。
「あがーたちだけん、むりさんがえじ」
(病み上がりだから、無理しない方が良いぞ)
という風に使われます。


似た言葉では「あがーたて、あがーかまち」があります。
これは「玄関先」という意味です。
「そぎゃんあがーたてやなんかえけましぇんわね」
(そんな玄関先などではいけませんね)
という風に使われます。

あがーたち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食べてください、飲んでください という意味です。
「どーぞあがーましぇ」
(どうぞ食べてください)
という風に使われます。


似た言葉では「あがーなはいましぇ」があります。
これは「お上がりください)という意味です。
「ちとあがーなはいましぇ」
(少しお上がりください)
という風に使われます。

あがーましぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

明るい という意味です。
「このかいちゅうでんとうはあかいの」
(この懐中電灯は明るいね)
という風に使われます。


同じような言葉では「あかし」があります。
これは「電灯、明かり」という意味です。
「あかしつけてやーだわな」
(電灯を点けてあげなさいよ)
という風に使われます。

あかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あぎと とも言います。


歯茎、顎、顎関節 という意味です。
「あぎがはれてえたてえけんとまっしゃいの」
(歯茎が腫れて、痛くてダメなの)
という風に使われます。


似た言葉では「あきかた」があります。
これは「秋頃」という意味です。
「このあきかたにはだんだんだんだん」
(この秋頃にはありがとうございました)
という風に使われます。

あぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

憎まれ口、悪口 という意味です。
「あげんあくたれぐちばっかたれーだねが」
(あんな風に憎まれ口ばかり叩くんじゃないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「あくさいがつく」があります。
これは「愛想が尽きる、嫌になる」という意味です。
「よーねあくさいがついたわ」
(全く愛想が尽きたよ)
という風に使われます。

あくたれぐち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暴れる という意味です。
「うしがあくだれてこまった」
(牛が暴れて困りました)
という風に使われます。


これが「あくだれもん」ですと「暴れん坊、暴れ者」という意味です。
「おちのじなんはあくだれもんでてにゃわん」
(うちの次男は暴れん坊で手に負えない)
という風に使われます。

あくだれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後戻り という意味です。
「せんこうわっしぇてあてもどーした」
(線香を忘れて後戻りしました)
という風に使われます。


似た言葉では「あとしざり」があります。
これは「後ずさり」という意味です。
「しゃんとこであとしざーすーとあぶねど」
(そんな所で後ずさりをすると危ないよ)
という風に使われます。

あてもどー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あとごろ とも言います。


先日、先ごろ という意味です。
「あとかたはちょうだいもんしましてだんだん」
(先日は、頂き物をしまして、ありがとうございます)
「あんた、あとごろ、おちにごだっしゃったげなの」
(あなた、先日、私の家へ来られたそうですね)
という風に使われます。

あとかた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① あばきがつかん とも言います。
かなわない、処理に困る という意味です。
「さけをのむとあくだれてあばかん」
(酒を飲むと暴れてかなわない)
という風に使われます。


② あり余るほど という意味です。
「かきが、あばかんほどなった」
(柿があり余るほどなりました)
という風に使われます。

あばかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子に乗る、騒ぐ、抵抗する という意味です。
「あんまーあばしれると、あいまちーすーぞ」
(あまり調子に乗ると、怪我をするよ)
という風に使われます。


似た言葉では「あばかす」があります。
これは「騙す」という意味です。
「あいつをあばかいちゃった」
(あいつを騙してやった)
という風に使われます。

あばしれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あほたれ、あほんだら とも言います。


馬鹿者 という意味です。
「こなあほんだらがくるまぶつけたかや」
(あの馬鹿者が車をぶつけたのか)
という風に使われます。


似た言葉では「あぼ」があります。
これは「湯、風呂」という意味です。

あほたら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落雷する、雷が落ちる という意味です。
「かんなりのあまーやーなこえで、えわっしゃー」
(雷の落ちたような声で言われる)
「でんちゅうねかみなりがあまった」
(電柱に雷が落ちました)
という風に使われます。


似た言葉では「あまごさんじだい」があります。
これは「古臭い、陳腐」という意味です。

あまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気楽 という意味です。
「あんきなもんだの」
(気楽なものですね)
「ひとりぐらしも、あんきなもんでえーですわ」
(一人暮らしも、気楽でいいですよ)
という風に使われます。


同じような言葉では「あんきら、あんきらかん」があります。
これは「のんき、心が安らか」という意味です。

あんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

心配 という意味です。
「あんじらしてえけん」
(心配でいけません)
という風に使われます。


逆の言葉では「あんじらと」があります。
これは「安心して、心置きなく」という意味です。
「このごらあんじらとふーねもさせてもらえんがね」
(この頃は、安心して昼寝もさせてもらえないんです)
という風に使われます。

あんじらし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

心苦しい という意味です。
「あんばいぐるしとこだらども、はやことやってごいた」
(心苦しいことだろうけど、早くやっておくれよ)
という風に使われます。


同じような言葉では「あんばいこんばいがわり」があります。
これは「都合が悪い」という意味です。
「にちようはあんばいこんばいがわり」
(日曜日は都合が悪いです)
という風に使われます。

あんばいぐるし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

湯、お風呂 という意味です。
「いがっしゃい」
(湯をください)
という風に使われます。


関連する言葉では「いがかたい」があります。
これは「湯加減が刺す様な熱さ」という意味です。
「ちといがかたてあんましえこたねーとまっしゃいの」
(少し湯加減が刺すような熱さで、あまり良いことは無いよね)
という風に使われます。

い 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言い訳 という意味です。
「そげんいいたてさんでもえーわ」
(そんなに言い訳しなくても良いですよ)
という風に使われます。


同じような言葉では「いいくさ」があります。
これは「言い草、話の種、冗談」という意味です。
「あげないいくさはねわのー」
(あのような言い草は無いですよねぇ)
という風に使われます。

いいたて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言いなり という意味です。
「よめさんのいーまんまだけんの」
(お嫁さんの言いなりですからね)
という風に使われます。


似た言葉では「いーやい」があります。
これは「言い合い」という意味です。
「おまえやちゃあーといーやいばっかしちょってだの」
(おまえ達は、会えば言い合いばかりをしていますね)
という風に使われます。

いーまんま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叫ぶ、大声を張り上げる という意味です。
「そんなにいがりんちゃんな、ぼいしがっとるがね」
(そんなに大声を張り上げるなよ、怖がってるじゃないか)
という風に使われます。


似た言葉では「いがむ」があります。
これは「歪む」という意味です。

いがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あちこち という意味です。
「そげねいきさきーくばったててだれんもがみーもんじゃーなし」
(そのようにあちこち配ったって、誰もが見るものでもないし)
という風に使われます。


似た言葉では「いかさま」があります。
これは「なるほど」という意味です。

いきさき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

息苦しい という意味です。
「かけやいこしたらいきどわしてえけん」
(駆けっこしたら、息苦しくてダメだ)
という風に使われます。


逆の意味の言葉では「いきがしちょる」があります。
これは「元気でいる、生きている」という意味です。

いきどわし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生かしておく という意味です。
「そのさかな、みずにえーていけらかいちょけや」
(その魚、水に入れて生かしておきなさいよ)
という風に使われます。


似た言葉では「いけたもんだあらせの」があります。
これは「困ったもんだ」という意味です。

いけらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

医者、医院 という意味です。
「いしゃやねえきてちーしゃでもおってもらえ」
(医者に言って、注射でも打ってもらいなさい)
という風に使われます。


関連する言葉では「いたしい」があります。
これは「苦しい、大変な、辛い」という意味です。

いしゃや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑固、気難しい、一徹 という意味です。
「あのしーのいっこくないつにゃーまいーのー」
(あの人の頑固なところには参りますね)
「おまえのとーちゃんは、いっこくじゃったのう」
(あなたのお父さんは、気難しい人でしたよね)
という風に使われます。

いっこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一匹 という意味です。
「きょうはじゅっこんもつれたで、てんぷらにでもしょーかね」
(今日は10匹も釣れたから、天ぷらにでもしましょうか)
「たいのいっこんづけがでてのー」
(鯛の尾かしら付きが出てね)
という風に使われます。

いっこん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつも、絶え間なく という意味です。
「こなはいつしきしゃべくっちょーの」
(あいつはいつも絶え間なく喋っているよね)
という風に使われます。


似た言葉では「いっそも」があります。
これは「全く、ひとつも」という意味です。
「いっそもきゃくがきんされんかった」
(全く客が来なかった)
という風に使われます。

いつしき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えとしげな とも言います。


可哀想 という意味です。
「あのさん、まくれなったかね。いとしなげに」
(あの人、転ばれたんですか。可哀想にね)
という風に使われます。


似た言葉では「いとまごい」があります。
これは「別れ、告別、永遠の別れ」という意味です。

いとしなげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰す、帰らせる という意味です。
「ねつがでとるけー、いなしんちゃい」
(熱が出ているから、帰らせなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「いにつかる」があります。
これは「入浴する」という意味です。
「さきいにつかってごしなはい」
(お先に入浴してください)
という風に使われます。

いなす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恐ろしい、気味が悪い という意味です。
「よるんなって、いびせーなってきた」
(夜が更けて、気味が悪くなってきました)
という風に使われます。


似た言葉では「いれこ」があります。
これは「余分」という意味です。
「そりゃーおまえさん、いれこだよ」
(それはおまえさん、余分ですよ)
という風に使われます。

いびせー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

縛る、結わえる、結ぶ という意味です。
「ふるしんぶんをいわえてやんちゃい」
(古新聞を縛ってください)
という風に使われます。


同じような言葉では「いわいちける」があります。
これは「縛り付ける」という意味です。
「いわいちけーじ」
(縛り付けるぞ)
という風に使われます。

いわえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

視力が弱い という意味です。
「ごじゅうすぎたらめがうすなった」
(五十歳を過ぎたら、視力が弱くなりました)
という風に使われます。


似た言葉では「うずろうしい」があります。
これは「鬱陶しい、煩わしい」という意味です。
「そんなうずろーしいこといいんさんな」
(そんな鬱陶しいことを言わないでよ)
という風に使われます。

うすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嘘つき という意味です。
「あのしはうそこきだ」
(あの人は嘘つきです)
という風に使われます。


これが「うそのかんぱち」ですと「真っ赤な大嘘」という意味です。
「また、そげねうそのかんぱちみたいなことをいーて」
(また、そんな真っ赤な大嘘みたいな事を言って)
という風に使われます。

うそこき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うちんたか とも言います。


私の家、我が家 という意味です。
「うちたかーあ、びんぼうじゃけーね」
(私の家は貧乏ですからね)
という風に使われます。


これが「うちらあ」ですと「私達、私の家族、仲間たち」という意味です。
主に女性が使う言葉です。

うちたか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

埋まる、沈む という意味です。
「やまがゆきにうもってしもーた」
(山が雪に埋まってしまいました)
という風に使われます。


似た言葉では「うめる」があります。
これは「ぬるくする」という意味です。
「うめてごいた」
(ぬるくしてちょうだい)
という風に使われます。

うもる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ウジャウジャ という意味です。
「ふをとぼすとむしがうんじょうんじょやってくー」
(明かりを灯すと虫がウジャウジャとやってくる)
という風に使われます。


似た言葉では「いんじりもんじり」があります。
これは「恥ずかしくてモジモジする」という意味です。

うんじょうんじょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 良い という意味です。
「えーにょばしまったの」
(良い奥さんを貰いましたね)
という風に使われます。


② 入れる という意味です。
「はこにえーてごせ」
(箱に入れてちょうだい)
という風に使われます。


③ 要る という意味です。
「えーもんはえー」
(要るものは要ります)
という風に使われます。

えー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良家の出、良家出身、良家風 という意味です。
「やっぱーえーとこではちがーのー」
(やはり良家出身の方は違うねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「えーこといーのえーことしー」があります。
これは「お調子者」という意味です。
「こなはえーこといーのえーことしーだけん」
(あいつはお調子者だから)
という風に使われます。

えーとこで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒り声、喚き声 という意味です。
「またこんながえがーごえでなんだいらいーちょーじ」
(またあいつが怒り声で何やら言っているよ)
という風に使われます。


似た言葉では「えかさまたこさま」があります。
これは「なるほどなるほど」と、感心して聞き入るさまを表現した言葉です。
「ほんほん、えかさまたこさま」
(うんうん、なるほどなるほど)
という風に使われます。

えがーごえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

唸る という意味です。
「えのがえがんじょっておぞてえけん」
(犬が唸っているので怖くてダメだ)
という風に使われます。


似た言葉では「えがむ」があります。
これは「歪む」という意味です。
「いえのはしらがえがんじょー」
(家の柱が歪んでいる)
という風に使われます。

えがん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

勢い、慣性 という意味です。
「えきじがついちょってとまられでのー」
(勢いが付いてしまって止まれなくてね)
という風に使われます。


似た言葉では「えきする」があります。
これは「一息つく」という意味です。
「えきしたわね」
(一息つきましたね)
という風に使われます。

えきじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行った という意味です。
「きんのみせにえきてきたわな」
(昨日、店に行って来たんだよ)
という風に使われます。


似た言葉では「えきしもどーし」があります。
これは「行き帰り」という意味です。
「えきしもどーしのでんしゃちんはなんぼかいね」
(行き帰りの電車賃は幾らですか)
という風に使われます。

えきた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

息苦しい、面倒くさい という意味です。
「ますくすーこたえきもらしてやだわ」
(マスクをするのは息苦しくて嫌だよ)
という風に使われます。


これが「えきてもどる」ですと「行ってくる」という意味です。
「となーまでえきてもどーけんな」
(隣まで行ってきますからね)
という風に使われます。

えきもらし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪戯、やんちゃ という意味です。
「えけじばっかしーだね」
(悪戯ばかりするんじゃない)
という風に使われます。


これが「えけずこ」ですと「悪戯っ子、やんちゃな子」という意味です。
「あいちゃえけずごだなあ」
(あいつは悪戯っ子だなあ)
という風に使われます。

えけじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いけない、ダメ という意味です。
「あたまがえたてえけん」
(頭が痛くてダメだ)
という風に使われます。


これが「えけな」ですと「ダメなら」という意味です。
「さけがえけなじゅーすでものんでごしなはい」
(酒がダメならジュースでも飲んでください)
という風に使われます。

えけん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良い調子で、気もそぞろに という意味です。
「えこころでうんてんしとったら」
(良い調子で運転をしていたら)
という風に使われます。


似た言葉では「えごはごはぐれて」があります。
これは「何もかも済んでしまってから」という意味です。
「えごはごはぐれてからかえした」
(何もかも済んでしまってから返した)
という風に使われます。

えこころで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒る、意地を張る という意味です。
「となーのとーちゃんがえじおこいた」
(隣のお父さんが怒った)
という風に使われます。


これが「えじごえ」ですと「怒鳴り声」という意味です。
「そぎゃんことしとーとまたえじごえださいよ」
(そんな事をしていると、また怒鳴り声を出されるよ)
という風に使われます。

えじおこす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

苦しい という意味です。
「きょうはからだがえたしてえけん」
(今日は体が苦しくてダメだ)
という風に使われます。


これが「えたしんなる」ですと「病気になる」という意味です。
「あのまいはえたしんならいたげな」
(あの方は、病気になられたそうです)
という風に使われます。

えたしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動作がゆっくり という意味です。
「ほんねこのこはえちがのりだけん」
(本当にこの子は動作がゆっくりだから)
という風に使われます。


似た言葉では「えちぼつとーとー」があります。
「いちぼつといとい、いちおちといとい」とも言います。
これは「似たり寄ったり、どこも同じ」という意味です。

えちがのり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 多く、随分 という意味です。
「えっとまっちょったわ」
(随分と待っていましたよ)
という風に使われます。


② 最も、一番 という意味です。
「えっとえーのをもろーた」
(一番良いのをもらった)
という風に使われます。


③ 久しく という意味です。
「えっとしてから、やーやこできた」
(暫くしてから、ようやく出来ました)
という風に使われます。

えっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余程 という意味です。
「えっぽどくたびれたはで」
(余程疲れたようで)
という風に使われます。


似た言葉では「えっぽどで」があります。
これは「もう少しで」という意味です。
「えっぽどでじこすーとこだった」
(もう少しで事故を起こすところでした)
という風に使われます。

えっぽど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

得意がる という意味です。
「ありゃーえてこんじょってだけん」
(あれは得意がって居られるから)
という風に使われます。


似た言葉では「えてにまわる」があります。
これは「都合の良い方にまわる」という意味です。
「えてにまわっちょいほうがええけんのー」
(都合の良い方にまわった方がいいからね)
という風に使われます。

えてこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なぞる という意味です。
「ちずをえどる」
(地図をなぞる)
という風に使われます。


似た言葉では「えとどさえ」があります。
これは「ただでさえ」という意味です。
「えとどさいかねがねね、きふがあーとや」
(ただでさえ金が無いのに、寄付があるんだって)
という風に使われます。

えどる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

変な、妙な という意味です。
「えなげなかっこうすーだねが」
(変な格好をするんじゃないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「えなげ」があります。
これは「どうやら、なんとなく」という意味です。
「えなげふーやなの」
(どうやら雨が降るようですね)
という風に使われます。

えなげな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とんでもない という意味です。
「えんでもえことだ!」
(とんでもない事です!)
という風に使われます。


似た言葉では「えんちょげ」があります。
これは「変わった、変な」という意味です。
「えんちょげなやつだのー」
(変わった人ですねえ)
という風に使われます。

えんでもね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

今 という意味です。
「えんまねよーなー」
(今に良くなります)
という風に使われます。


同じような言葉では「えんまかた」があります。
これは「今さっき、今しがた」という意味です。
「えんまかたえないた」
(今さっき帰られました)
という風に使われます。

えんま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

シーツ という意味です。
「おいがよごれちょーけんかえちょいてごさんかや」
(シーツが汚れているから換えておいてくれませか)
という風に使われます。


似た言葉では「おいさがー」があります。
これは「もみあげ」という意味です。
「おいさがーがえらいなげえ」
(もみあげがとても長い)
という風に使われます。

おい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 背負う、おんぶする という意味です。
「おいぼしをおー」
(甥っこを背負う)
という風に使われます。


② 合う、合致する、一致する という意味です。
「こたえがおちょーかいの」
(答えは合っていますかね)
という風に使われます。

おう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おーどー、おーどーな とも言います。


横柄な、図々しい、厚かましい という意味です。
「あいちゃなんだや、おーどにかまえさがって」
(あいつは何だよ、横柄に構えて)
「うちのむすめはおーどーでね」
(我が家の娘は厚かましくてね)
という風に使われます。

おーど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(頭が)変になる、訳が分からなくなる という意味です。
「なんだいかんだいいわれーだけん、おかえってしまったわ」
(何だかんだ言われるから、訳が分からなくなってしまったよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おかーました」があります。
これは「お帰りなさい」という意味です。

おかえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼんやりする という意味です。
「おかおかしちょーとぶつかーじ」
(ぼんやりしていたらぶつかってしまうよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おかざー」があります。
これは「浮く」という意味です。
「しんださかながおかざーちょったげな」
(死んだ魚が浮いていたそうです)
という風に使われます。

おかおかする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 好き嫌い という意味です。
「まごがおきしきばっかーえってこまっちょー」
(孫が好き嫌いばかり言って困っています)
という風に使われます。


② 自分の流儀、やり方 という意味です。
「えけんちーても、おきしきですだけんねー」
(ダメだと言っても、自分の流儀ですからねえ)
という風に使われます。

おきしき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叱る、怒る という意味です。
「おやががいにおごーなはった」
(親がたいそう叱られなさった)
という風に使われます。


同じような言葉では「おうくじ、おうくじゅうくる、おおくじをくる」があります。
これは「たいそう怒る」という意味です。
「せんせいにおーくじゅーくられたおもいで」
(先生にたいそう怒られた思い出)
という風に使われます。

おごる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

内気 という意味です。
「このこはおじきなこだけんの」
(この子は内気な子ですからね)
という風に使われます。


似た言葉では「おじくなる」があります。
これは「うずくまる、しゃがむ、屈む」という意味です。
「おじくなっちょってだが、どこぞわりこたねかや」
(うずくまっておられるけど、どこか具合が悪いのかな)
という風に使われます。

おじき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おじよる とも言います。


①(病気で)うなる という意味です。
「あたまがえたておじなーやな」
(頭が痛くてうなるようだな)
という風に使われます。


② うなされる という意味です。
「よんべたいそにおじよってだったが」
(昨夜は随分うなされていたけど)
という風に使われます。

おじなう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恐ろしい という意味です。
「かんなーがあまったみたいだじ、おぞぞ」
(雷が落ちたみたいだよ、恐ろしい)
という風に使われます。


同じような言葉ですと「おぜ」があります。
これは「怖い」という意味です。
「よんべおぜゆめみた」
(昨夜は怖い夢を見ました)
という風に使われます。

おぞぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 長居をして という意味です。
「おちらと、ごっつぉーになーました」
(長居をして、ご馳走になりました)
という風に使われます。


② ゆっくりと、落ち着いてゆっくりする という意味です。
「おちらとしんぶんよんじょーひまがね」
(ゆっくりと新聞を読んでいる暇が無い)
という風に使われます。

おちらと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 教える という意味です。
「おっせてごしなはい」
(教えてください)
という風に使われます。


② 責任を負わせる、責任転嫁する という意味です。
「なんもかんもおらにおっせーなや」
(何でもかんでも私に責任を負わせないでよ)
という風に使われます。

おっせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪くなる、腐る という意味です。
「このにしめはなまおてちょーへんかや」
(この煮物は少し悪くなってはいないだろうか)
という風に使われます。


似た言葉では「おてあわん」があります。
これは「相手にしない」という意味です。
「おてあわんがえでー」
(相手にしない方がいいよ)
という風に使われます。

おてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鳥獣などを殺す、屠殺する。気絶させる という意味です。
「にわとーをいちわおとしてごっそうしようかねー」
(鶏を一羽屠殺して、ご馳走しましょうか)
という風に使われます。


似た言葉では「おとしがん」があります。
これは「トイレットペーパー」という意味です。

おとす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

音 という意味です。
「おっきゃんおとなえがした」
(大きな音がしました)
という風に使われます。


関連する言葉では「おとなう」があります。
これは「耳を澄ます」という意味です。
「おとなっちょったら、となーのねこだった」
(耳を澄ましていたら、隣の猫でした)
という風に使われます。

おとなえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

目が覚める という意味です。
「ゆめをみておどろいた」
(夢を見て目が覚めました)
という風に使われます。


似た言葉では「おどわっせる」があります。
これは「意に反して忘れる」という意味です。
「おぼえちょったねおどわっせて」
(覚えていたのに意に反して忘れて)
という風に使われます。

おどろく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

驚く、驚き恐れる という意味です。
「ねこがきゅうねとびだいてきておべーがな」
(猫が急に飛び出してきて、驚きますよね)
「となりにくゎじがでて、おべたのー」
(隣で火事があってビックリしましたねえ)
という風に使われます。

おべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

薄暗い という意味です。
「おぼろぐらてえけんけん、でんきつけてごいた」
(薄暗くていけないから、電気を点けてください)
という風に使われます。


似た言葉では「おぼえる」があります。
これは「気にかける、贔屓にする」という意味です。

おぼろぐらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

潤い という意味です。
「ひさしぶりにあめがふってえーおろえだのー」
(久しぶりに雨が降って良い潤いですねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「おろえる」があります。
これは「告げ口、訴える」という意味です。
「おろえたけんしからえたがな」
(告げ口したから怒られたよ)
という風に使われます。

おろえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 穏やかな、ゆったりと という意味です。
「おんぼらとした、えーてんきだわのー」
(穏やかな良い天気ですね)
という風に使われます。


② 柔らかく という意味です。
「おんぼらとやく」
(柔らかく焼く)
という風に使われます。

おんぼらと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① これは という意味です。
「か、そかれの」
(これは、塩辛いね)
という風に使われます。


② ~しようか という意味です。
「さ、たべーか」
(さあ、食べましょうか)
という風に使われます。


似た言葉では「かあかあ」があります。
これは「ついつい、何気なく」という意味です。

か 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~の方が、~のが、~れば という意味です。
「あんたもつくってみーがえわね」
(あなたも作ってみた方が良いですよ)
という風に使われます。


② ~分だけ という意味です。
「ひゃくえんががっしゃい」
(100円分だけください)
という風に使われます。


③ ~の という意味です。
「おじさんがとこ」
(おじさんの所)
という風に使われます。

が 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かいね、かいな、、かいの、かいや とも言います。


~か という意味です。
「あしたはあめかいの」
(明日は雨かな)
「きょうのしけんはどげだったかいや」
(今日の試験はどうでしたか?)
という風に使われます。


また、「かいな」には「腕の付け根、上腕」という意味もあります。

かい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まったく、まったく駄目 という意味です。
「あんしのゆーこた、かいしきわからん」
(あの人の言うことはまったく分からない)
「おちのおとうさんはさけはかいしきだ」
(うちのお父さんは、酒はまったく駄目です)
という風に使われます。

かいしき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かえくらかす とも言います。


ひっくり返る、ひっくり返す という意味です。
「なべをかえくらかいた」
(鍋をひっくり返した)
という風に使われます。


同じような言葉では「かえんご」があります。
これは「裏返す、裏表逆にする」という意味です。
「かえんごしてよーねやかんと」
(裏返してしっかり焼かないと)
という風に使われます。

かえくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

因縁、係わり合い という意味です。
「なんぞかかーどもがあーせんだらかの」
(何か因縁でもあるのではないだろうか)
という風に使われます。


似た言葉では「かかーしょ」があります。
これは「凝り性」という意味です。
「かかーしょねなってやめられん」
(凝り性になって辞められない)
という風に使われます。

かかー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

画家 という意味です。
「がかきさんがおらいたげな」
(画家が居られたそうです)
という風に使われます。


似た言葉では「かがー」があります。
これは「すす、煤煙、油煙」という意味です。
「かがーでかおがくろんなりょったがの」
(すすで顔が黒くなっていたよ)
という風に使われます。

がかき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 引っ掻く という意味です。
「かいねこにてをかぐらいた」
(飼い猫に手を引っ掻かれました)
という風に使われます。


② むしる という意味です。
「えそいではたけのくさかぎっちょかにゃ」
(急いで畑の草をむしっておかなくては)
という風に使われます。

かぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(水に)浸す、浸ける という意味です。
「とうふをみずにかしておきんちゃい」
(豆腐を水に浸けておきなさい)
「よんべこめかいちょいたけん」
(昨夜、米を水に浸しておきましたから)
という風に使われます。


似た言葉では「かずく」があります。
これは「被る」という意味です。
「ぼうしをかずく」
(帽子を被る)
という風に使われます。

かす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片意地 という意味です。
「おまえのおとーもかたくわじゃったがのー」
(お前の父親も片意地だったけどねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「かたくならし」があります。
これは「堅苦しい」という意味です。
「け、かたくならしてのー」
(もう堅苦しくてねえ)
という風に使われます。

かたくわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かつれる とも言います。


ガツガツする、飢える、腹が減る という意味です。
「かつえとるよーで、はずかしーけーねえ」
(ガツガツしているようで、恥ずかしいからね)
「じぇねがなてかつれーやなわ」
(お金が無くて飢えるようですよ)
という風に使われます。

かつえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 恐れや寒さで震える という意味です。
「かんなーやなんやでがながなすーなや」
(雷なんかで怯えて震えるんじゃないよ)
という風に使われます。


② 弱々しい字 という意味です。
「がながなしたいなじよかかけん」
(弱々しいような字しか書けない)
という風に使われます。

がながな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

噛み付く、齧り付く、刺す という意味です。
「のらいぬにかぶられた」
(野良犬に噛み付かれた)
「このりんごまいけん、かぶってみた」
(このリンゴは美味しいから、齧り付いてみて)
「かにうでをかぶられた」
(蚊に腕を刺された)
という風に使われます。

かぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

束ねる、縛る という意味です。
「かんめぎをからんじょいてごいた」
(薪を束ねておいてください)
という風に使われます。


似た言葉では「~からに」があります。
これは「~してばかりで~だ」という意味です。
「またしっぱいしてからに、どうにもやれんのー」
(また失敗してばかりで、どうにもならないなあ)
という風に使われます。

からむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

節約 という意味です。
「かんべんしてじぇねためた」
(節約をして、お金を貯めました)
という風に使われます。


似たような言葉では「かんじょばる」があります。
これは「計算高い」という意味です。
「あーはかんじょばったことばっかーいいけんの」
(あいつは計算高いことばかりを言うからね)
という風に使われます。

かんべん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

終わりが無い という意味です。
「きーはてがないけん、えーかげんきりあげろ」
(終わりが無いから、いい加減に切り上げなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「ぎーし」があります。
これは「キリギリス」という意味です。
「ぎーしがないちょー」
(キリギリスが鳴いている)
という風に使われます。

きーはてがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気が遠くなる という意味です。
「じきちらかすだけんきがたえーやなじね」
(すぐに散らかすから気が遠くなりそうですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「きがきじゃあなあ」があります。
これは「心配・不安で心が落ち着かない」という意味です。

きがたえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

申し訳ない、遠慮 という意味です。
「そんなおくりもんきがねじゃがね」
(そのような贈り物は申し訳ないです)
「きがねしんちゃんな」
(遠慮なさらないで)
という風に使われます。


似た言葉では「きちかう」があります。
これは「気を使う」という意味です。
「そげんきちかわえんでも」
(そんな風に気を使わなくても)
という風に使われます。

きがねな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

地域によって、じゃーしき、いっこく とも言います。


頑固、強情 という意味です。
「そげんきこはーな」
(そんな強情なことを言うんじゃない)
「きこばっかこいちょーときらわれーぞ」
(頑固な事ばかり言っていたら嫌われるよ)
という風に使われます。


これが「きこーじん」ですと「頑固者」という意味です。

きこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 痛快な、小気味良い という意味です。
「せんせいにしかられちょーわ、きさんじやな」
(先生に叱られているよ、いい気味だな)
という風に使われます。


② 気持ちが良い、気晴らし という意味です。
「かたをまんでまーときさんじ」
(肩を揉んでもらうと気持ちが良い)
という風に使われます。

きさんじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きしゃくそがわり とも言います。


気分が悪い、癪にさわる という意味です。
「きしゃがわりててあーせん」
(気分が悪いったらありません)
という風に使われます。


似た言葉では「きしゃなあ、きちゃね」があります。
これは「汚い」という意味です。
「きしゃなあはなしだども」
(汚い話ですが)
という風に使われます。

きしゃがわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奇妙な、不思議な という意味です。
「きたいなことがあーもんだのー」
(奇妙なことがあるものですねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「きびた」があります。
これは「気味、不気味」という意味です。
「きびたがわりど」
(気味が悪いよ)
という風に使われます。

きたいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きっちきっち とも言います。


寸法がぴったり という意味です。
「きっちきっちしちょってきゅうくつげなの」
(寸法がぴったりしていて窮屈そうだね)
という風に使われます。


似た言葉では「きたきた」があります。
これは「慌てて忙しくする様」という意味です。

きちきち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きょーて、きょて とも言います。


恐ろしい という意味です。
「よんべきょーといゆめみた」
(昨夜、恐ろしい夢を見た)
「あのさんのきょーといかおで、こどもないちょー」
(あの人の恐い顔つきのために、子どもが泣いている)
という風に使われます。

きょーとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きにょー、きにょう とも言います。


昨日 という意味です。
「そげなはなし、きんにょしちょった」
(そんな話を昨日していた)
「きんにょみずあべねいった」
(昨日、泳ぎに行きました)
という風に使われます。


関連する言葉では「きょーのひ」があります。
これは「今日この頃、今日現在」という意味です。

きんにょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

具合、調子 という意味です。
「きょうはぐあいくそがわりてえけん」
(今日は調子が悪くて駄目です)
という風に使われます。


似た言葉では「ぐあいしき、ぐあいしち」があります。
これは「体裁、成り行き」という意味です。
「ぐあいしきがありかったが」
(体裁が悪かったよ)
という風に使われます。

ぐあいくそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くいなかし、くいわけ、たべくさし とも言います。


食べ残し、食べかけ という意味です。
「くいさしばっかでれいぞうこがかたづかん」
(食べ残しばかりで冷蔵庫が片付きません)
という風に使われます。


同じような言葉では「くうもん」があります。
これは「食べ物」という意味です。

くいさし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

焦げる という意味です。
「くっきーがくぎれてしまった」
(クッキーが焦げてしまいました)
という風に使われます。


これが「くぎらす、くぎらかす」ですと「焦がす」という意味です。
「さかなをくぎらかす」
(魚を焦がす)
という風に使われます。

くぎれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小言、叱る という意味です。
「あさから、くじばかりでかなわん」
(朝から小言ばかり言われて嫌になった)
「くじばっかしいわんこーねしごとすーだがね」
(小言ばかり言わないで仕事をするんですよ)
という風に使われます。


同じような言葉では「くじくう、くじょくう」があります。
これは「苦情を言う」という意味です。

くじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くえる とも言います。


崩れる、崩落する という意味です。
「やまがくじけてふとがなならいたげな」
(山が崩れて人が亡くなられたそうですね)
「おおあめでだんだんばたけがくえてしもーた」
(大雨で段々畑が崩落してしまった)
という風に使われます。

くじける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

駄々をこねる という意味です。
「なんぞねかててくただれー」
(何か無いのかと駄々をこねて)
という風に使われます。


似た言葉では「くたる」があります。
これは「疲れる」という意味です。
「そんなことでくたるよーじゃーいけん」
(そんな程度で疲れるようではいけません)
という風に使われます。

くだたれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口先 という意味です。
「こなはくちまえがえけん、きつけはっしゃいよ」
(あいつは口先が良いから、気をつけなさいね)
という風に使われます。


似た言葉では「くちがさ」があります。
これは「口の周囲に出来た湿疹・腫れもの」という意味です。

くちまえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

首筋 という意味です。
「くびんじゃくがえたてえけん」
(首筋が痛くて駄目です)
という風に使われます。

 

これが「くびもちー」ですと「マフラー」という意味になります。

 

関連する言葉では「ぐうめぎ」があります。
これは「関節」という意味です。
「ぐーめぎがえごきにくい」
(関節が動きにくい)
という風に使われます。

くびんじゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暗い場所、暗闇 という意味です。
「くらめをさがす」
(暗い場所を探す)
という風に使われます。


似たような言葉では「くらんこん」があります。
これは「暗くなる」という意味です。
「そらがくらんこんできたけんあめがふーかもっしぇん」
(空が暗くなって来たから雨が降るかもしれない)
という風に使われます。

くらめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごちゃ混ぜ という意味です。
「なんもかんもぐんだまぜにしたやなもんだ」
(何もかもをごちゃ混ぜにした様なものです)
という風に使われます。


似た言葉では「ぐんたび」があります。
これは「ゴム足袋、ゴム底の地下足袋」という意味です。

ぐんだまぜ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つい、もう という意味です。
「け、のんでしまった」
(つい飲んでしまいました)
「ほんにけ、きこだの」
(本当にもう、頑固ですね)
という風に使われます。


似た言葉では「けえ」があります。
これは「~だから、~したから」という意味です。

け 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 傾斜面 という意味です。
「げしねひがんばながさいちょー」
(傾斜面に彼岸花が咲いています)
という風に使われます。


② 下品な、卑しい、派手すぎる という意味です。
げすい とも言います。
「もらったはえだども、あんまげしてつかったことがね」
(貰ったは良いが、あまりに下品で使ったことが無い)
という風に使われます。

げし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お祓い という意味です。
「きょうはけじょねくーひだがの」
(今日はお祓いに来る日ですね)
という風に使われます。


これが「けじょさん」ですと「神主さん」という意味です。
「けじょさんがおはらいねまわってだけん、じゅんびしちょかにゃ」
(神主さんがお祓いに回られるから、準備をしておかなくては)
という風に使われます。

けじょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少なすぎる、物足りない という意味です。
「どうもけだらんのー」
(どうも物足りないねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「けたくる」があります。
これは「蹴る」という意味です。
「ぼーるをけたくる」
(ボールを蹴る)
という風に使われます。

けだらん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~そうだ という意味です。
「きょうせんせいはきんさらんげな」
(今日先生は来られないそうです)
という風に使われます。


② ~ような、~みたいな という意味です。
けな とも言います。
「ぼうけなもんもってきてごいた」
(棒のようなものを持って来てください)
という風に使われます。

げな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けちまずく とも言います。


躓く、蹴躓く という意味です。
「いしにけはなずいてまくれたわ、いたいた」
(石に躓いて転んでしまったよ、痛い痛い)
「さっきしきいでけちまずいた」
(さっき敷居で蹴躓きました)
という風に使われます。

けはなずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 気配、様子 という意味です。
「あすこねなんだいおーやなけぶらいがすー」
(あそこに何かが居る様な気配がします)
という風に使われます。


② 毛嫌い という意味です。
「そげんけぶらいさんでごしなはい」
(そのように毛嫌いしないで下さい)
という風に使われます。

けぶらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けやかす とも言います。


消す という意味です。
「ひをけやかす」
(火を消す)
という風に使われます。


似たような言葉では「けもくだつ」があります。
これは「毛羽立つ」という意味です。
「けーこのきじはじきんけもくだってきてえけん」
(もうこの生地はすぐに毛羽立ってきて駄目です)
という風に使われます。

けやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

忙しい という意味です。
「きょうはあさからけわしの」
(今日は朝から忙しいね)
という風に使われます。


似た言葉では「けんきん」があります。
これは「掛け持ち」という意味です。
「あっちこっちけんきんでつとめにゃーいけんけん、たいへん」
(あちらこちら掛け持ちで勤めなければいけないから大変)
という風に使われます。

けわし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肩凝り、疲労 という意味です。
「けんべきでえたしい」
(肩凝りで苦しい)
という風に使われます。


関連する言葉では「けんげらぼね」があります。
これは「肩甲骨」という意味です。
「けんげらぼねのしたがかい」
(肩甲骨の下が痒い)
という風に使われます。

けんべき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

買う、飼う という意味です。
「みやげにわがしをこうてきちゃんさい」
(土産に和菓子を買ってきてください)
という風に使われます。


似た言葉では「こー」があります。
これは「これ」という意味です。
「こーねどこどえーがえだらか」
(これにどれ位入れたら良いでしょうか)
という風に使われます。

こう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

立ち寄る、訪問する という意味です。
「こえしてやってごしなはい」
(立ち寄ってやってください)
という風に使われます。


似た言葉では「ごえ」があります。
これは「似ている、そっくり」という意味です。
「おとうさんとごえーだのー」
(お父さんとそっくりですね)
という風に使われます。

こえする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

器用な という意味です。
「こーしゃなやちだ」
(器用な奴です)
という風に使われます。


似た言葉では「こーしゃくな」があります。
これは「理屈っぽくて小生意気」という意味です。
「しょーもなーこーしゃくをたれんと」
(小生意気な理屈を言っていないで)
という風に使われます。

こーしゃな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

値切る という意味です。
「もーちょんぼーこぎらよかったね」
(もう少し値切れば良かったわね)
という風に使われます。


似た言葉では「こげる」があります。
これは「欠ける、折れる」という意味です。
「ちゃわんがこげてしもうーた」
(茶碗が欠けてしまいました)
という風に使われます。

こぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気持ち という意味です。
「えーここーもちがした」
(良い気持ちがしました)
という風に使われます。


似た言葉では「ここーそどがね」があります。
これは「落ち着きがない、忙しない」という意味です。
「ここーそどがねな、どげした」
(忙しないわね、どうしたの)
という風に使われます。

ここーもち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 来られる という意味です。
「こんやおっつあんがござーとや」
(今夜、おじさんが来られるんですって)
という風に使われます。


② 居られる という意味です。
「となーのえんきょがみてござーじね」
(隣のご隠居が見て居られますよ)
という風に使われます。


③ 駄目になる という意味です。
「あしがござってもうあるけん」
(足が駄目になってもう歩けません)
という風に使われます。

ござる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① くれる という意味です。
「さけをごす」
(お酒をくれる)
という風に使われます。


② あげる という意味です。
「これごすけん、それもらえんだらか」
(これをあげますから、それを貰えないでしょうか)
という風に使われます。

ごす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こたえられん、こたえらえん とも言います。


良くてたまらない という意味です。
「このいかげんはこたえんわー」
(このお湯加減はたまりませんよ)
という風に使われます。


似た言葉では「こたえる」があります。
これは「困る」という意味です。

こたえん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ござっしゃい とも言います。


いらっしゃい、来てください という意味です。
「はやこと、こっちーごだっしゃい」
(早くこちらへいらっしゃい)
「こっちへござっしゃいの」
(こちらへ来て下さいね)
という風に使われます。

ごだっしゃい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

静かにする という意味です。
「もちとこだまっちょらえにかーに」
(もう少し静かにしていれば良いだろうに)
という風に使われます。


似た言葉では「こだわる」があります。
これは「引っかかる」という意味です。
「ちゃっくがこだわってあかんとおもい」
(チャックが引っかかって開きませんよ)
という風に使われます。

こだまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿げた、馬鹿らしい という意味です。
「なんぼなんでもこだらちけなはなしだの」
(いくらなんでも馬鹿げた話ですね)
という風に使われます。


似た言葉では「こたやかす」があります。
これは「てこずらせる」という意味です。
「あーにやらせーとこたやかすけんの」
(あいつにやらせるとてこずらせるからね)
という風に使われます。

こだらちけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こちょばいい、こちょばいー、こちょばゆい とも言います。


くすぐったい という意味です。
「こちょばいてえけん」
(くすぐったくて駄目だわ)
という風に使われます。


これが「こちょこちょする」で「くすぐる」という意味です。
「こちょこちょしてわらわかいた」
(くすぐって笑わせた)
という風に使われます。

こちょばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こつこつ とも言います。


咳 という意味です。
「かぜがひゃったみたいでこつがでる」
(風邪を引いたみたいで咳が出ます)
という風に使われます。


似た言葉では「こつける」があります。
これは「手がかじかむ」という意味です。

こつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

勝手、無断 という意味です。
「こっさくねくるまかってからね」
(無断で車を買ったりして)
という風に使われます。


似たような言葉では「こっさいごと」があります。
これは「作り話」という意味です。
「こっさいごとばっかいっちょらい」
(作り話ばかり言っておられる)
という風に使われます。

こっさく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

困る、不自由 という意味です。
「あーがおらんとことがかけーのー」
(あの人がいないと困りますね)
という風に使われます。


似た言葉では「ことにならん、ことくそんならん」があります。
これは「役に立たない」という意味です。
これが「ことになる」ですと「役に立つ」という意味です。

ことがかける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

このさん、こーさん とも言います。
この人 という意味です。
「このしはどーきゅーせーだ」
(この人は同級生です)
という風に使われます。


これが「このまい」ですと「この方は、このお方は」という意味です。
「このまいはだいがくのきょうじゅだげな」
(このお方は大学の教授だそうです)
という風に使われます。

このし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぼっさり、こぼっそらと とも言います。


小ぢんまりと、ささやかに という意味です。
「こぼしらとこりょうりやをやっちょー」
(小ぢんまりと小料理屋をやっています)
という風に使われます。


似た言葉では「ごぼじ」があります。
これは「涎」という意味です。
「ごぼじをたれちょった」
(涎を垂らしていた)
という風に使われます。

こぼしらと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

詳しい、細かい という意味です。
「こましねしらべー」
(詳しく調べる)
という風に使われます。


これが「こまね」ですと「細かく」という意味です。
「かみをこまねはやす」
(紙を細かく切る)
という風に使われます。

こまし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごめ、ごめくた とも言います。


全て、全部 という意味です。
「ごめたでいちまんえんだった」
(全部で一万円でした)
という風に使われます。


似た言葉では「こめにみる」があります。
これは「見下す、馬鹿にする」という意味です。
「ふとをこめにみさがって」
(人を見下しやがって)
という風に使われます。

ごめた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

許す、勘弁する という意味です。
「こらえてごしなはい」
(許してください)
という風に使われます。


似た言葉では「こらえでがね、こらえじょがね」があります。
これは「我慢が出来ない、辛抱できず飽きっぽい」という意味です。
「こらえでがねだけんくってしまったかや」
(我慢できずに食べてしまったのですか)
という風に使われます。

こらえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気楽に という意味です。
「こらくねしてごしなはい」
(気楽にしてください)
という風に使われます。
似た言葉では「ごらし」があります。


これは「気の毒、可哀想」という意味です。
「いけだったげなが、おごらしことだの」
(亡くなられたそうですが、お気の毒なことですね)
という風に使われます。

こらくね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

木を切る という意味です。
「そろそろきーこってこにゃーいけんのー」
(そろそろ木を切って来なければいけませんね)
「まきをこりにやまへいきんさった」
(薪用の木を切りに山へ行かれました)
という風に使われます。

こる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① こえ とも言います。
硬い という意味です。
「めしがこわい」
(ご飯が硬い)
という風に使われます。


②(体が)苦しい、胸が苦しい、難儀 という意味です。
「さいきんかいだんのぼーのがこわてえけん」
(最近、階段を上がるのが苦しくて駄目です)
という風に使われます。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

親しい付き合い という意味です。
「あすこのいえとはこんししちょー」
(あそこの家とは親しい付き合いをしています)
という風に使われます。


似たような言葉では「こんじゃうえ」があります。
これは「承知の上」という意味です。
「こげんなこたーこんじゃうえのことだけん」
(この様な事態は承知の上のことですから)
という風に使われます。

こんし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

根気強く という意味です。
「あのしはこんじおにべんきょうさえー」
(あの人は根気強く勉強されます)
という風に使われます。


関連する言葉では「こんじゃおえ」があります。
これは「根性」という意味です。
「こなはこんじゃおえがわりけんきつけさっしゃい」
(彼は根性が悪いから、気をつけなさい)
という風に使われます。

こんじおに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それは という意味です。
「さ、びーるかいの」
(それはビールですかね)
という風に使われます。


似た言葉では「さーら」があります。
これは「さて、それにしても、それはそうと」という意味です。
「さーら、どげんしたもんかえの」
(さて、どうしたものでしょうかね)
という風に使われます。

さ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

田舎者 という意味です。
「ざいごたらでございして」
(田舎者でございまして)
という風に使われます。


似た言葉では「さいかめ」があります。
これは「逆さ、あべこべ」という意味です。
「さゆうさいかめにはいちょーらしぇんかや」
(左右あべこべに履いてはいないでしょうか)
という風に使われます。

ざいごたら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

矢先、途端 という意味です。
「みちにでらとしたさいはなに、じてんしゃめがあたってきた」
(道路に出ようとした矢先に、自転車がぶつかって来た)
という風に使われます。


似た言葉では「さいはて」があります。
これは「極限、限り」という意味です。

さいはな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お節介 という意味です。
「もうおとななんだけー、さいちんやきんさんな」
(もう大人なんだから、お節介を妬くんじゃないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「さいくんならん、さいくんつかん」があります。
これは「役に立たない」という意味です。

さいちん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① されない という意味です。
「じまくがひょうじさえん」
(字幕が表示されない)
という風に使われます。


②(気が)進まない、状況が悪い、つまらない という意味です。
「あんまきがさえんのー」
(あまり気が進みませんねえ)
という風に使われます。

さえん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さかつんぼ とも言います。


逆さま、逆 という意味です。
「かきをさかしねつるす」
(柿を逆さに吊るす)
という風に使われます。


似た言葉では「さかまたたてる」があります。
これは「倒立、逆立ち」という意味です。
「さかまたたててあるく」
(逆立ちして歩く)
という風に使われます。

さかし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

去年 という意味です。
「さきどしはふさくだったが、ことしはどげだらかの」
(去年は不作でしたが、今年はどうでしょうね)
という風に使われます。


似た言葉では「さきかた」があります。
これは「相手方、先方」という意味です。

さきどし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

土砂降り という意味です。
「えらいざざぶりなもんだけん、そとにでられん」
(酷い土砂降りなものだから、外出できません)
という風に使われます。


似た言葉では「ざざぶれ、ざざぶろい」があります。
これは「だだっ広い、やたらに広い」という意味です。

ざざぶり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 持ち上げる という意味です。
重い物を両手で高く持ち上げることを指します。
「そのたーらかたまでさえてみー」
(その俵を肩まで持ち上げてごらん)
という風に使われます。


② させる という意味です。
「しゃんことおらにさすだか」
(そんな事を私にさせるの)
という風に使われます。

さす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

滑る という意味です。
「みちがしみちょってさでくりかえった」
(道路が凍結していて滑って転びました)
という風に使われます。


これが「さでまくれる」ですと「派手に転ぶ」という意味です。
「うんどうかいでさでまくれちゃったげな」
(運動会で派手に転ばれたそうです)
という風に使われます。

さでくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

種、種子 という意味です。
「さねなしすいか」
(種無しスイカ)
「あげにさねをすてーじゃねーが」
(そんな風に種を捨てるんじゃないよ)
「あんずはさねばなれがえーがー」
(杏子は種離れが良いですよね)
という風に使われます。

さね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 采配 という意味です。
「さはいはかいちょうがさいけん」
(采配は会長がされますので)
という風に使われます。


② 構造、間取り という意味です。
「りふぉーむされてさはいがよーなーましたね」
(リフォームされて構造が良くなりましたね)
という風に使われます。

さはい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 始める という意味です。
「はやことさばらんとふがくれーぢ」
(早く始めないと日が暮れますよ)
という風に使われます。


② 取り掛かる という意味です。
「やーやとしごとにさばるやーな」
(ようやく仕事に取り掛かるようです)
という風に使われます。


③ しっかりと掴まる という意味です。
「てすりにさばっちょらんと、けがすーじ」
(手摺りにしっかり掴まっていないと、怪我するよ)
という風に使われます。

さばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷ます、冷やす という意味です。
「あちあちだけん、さまかいてからのんだでね」
(熱いから、冷ましてから飲むんですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「さまかず」があります。
これは「種類」という意味です。
「じゅーすのさまかずがなてえけん」
(ジュースの種類が無くていけません)
という風に使われます。

さまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 粗雑な、いい加減な という意味です。
「ざまくなじだな」
(粗雑な字だね)
「ざまくなしごとはすんな」
(いい加減な仕事をするんじゃない)
という風に使われます。


② 見苦しい という意味です。
「ざまくなふーで、でかけちょー」
(見苦しい格好で外出しています)
という風に使われます。

ざまくな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乾く という意味です。
「えねがさやいださなが」
(稲が乾いたみたいですね)
という風に使われます。


これが「さやがかす」ですと「乾かす」という意味です。
「か、もちとさやがかいちょかにゃえけんの」
(これはもう少し乾かしておかなければいけませんね)
という風に使われます。

さやぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さらえる とも言います。


残らず食べる、きれいに平らげる という意味です。
「みごとにさらえんさったねえ」
(見事に残さず食べたね)
という風に使われます。


関連する言葉では「さらもり」があります。
これは「大皿に盛った料理」という意味です。
「さらもりにさこい」
(大皿料理にしようよ)
という風に使われます。

さらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

準備、用意 という意味です。
「けっこんしきのさんだんをすー」
(結婚式の準備をする)
という風に使われます。


似たような言葉では「さんまたたてる」があります。
これは「立て膝をする」という意味です。
「にょーばんこがさんまたたてーだねが」
(女の子が膝を立てるんじゃないよ)
という風に使われます。

さんだん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんと とも言います。


計算 という意味です。
「うりあげのさんにょがあわん」
(売り上げの計算が合いません)
という風に使われます。


また、「さんと」には「~しないと」の意味もあります。
「もっとつよにさんときかせんが」
(もっと強くしないと効きませんよ)
という風に使われます。

さんにょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆったりと、広々と という意味です。
「こらのくげでざんぶらとしたこーとだじね」
(これは温かそうでゆったりとしたコートですね)
という風に使われます。


似た言葉では「ざんぱつ」があります。
これは「散髪」という意味です。
「ざんぱつねえってこい」
(散髪に行って来い)
という風に使われます。

ざんぶらと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 人 という意味です。
「えろんげなしからめーるをまー」
(色々な人からメールをもらいます)
という風に使われます。


② ~の途中 という意味です。
しな とも言います。
「もどーしね、よってごせ」
(戻る途中に、寄って下さい)
「おきしなにだいどころへいく」
(起きて直ぐに台所へ行く)
という風に使われます。

し 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じーくそがわりー とも言います。


食い意地が張っている、食い意地が汚い という意味です。
「あのしはじーがわりさで」
(あの人は食い意地が張っているようで)
「こなはいつもふろふろしちょってじーくそがわりー」
(あいつはいつもガツガツしていて食い意地が汚い)
という風に使われます。

じーがわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やり慣れている という意味です。
「しーちけちょっちゃーけん、あのしねたのまこい」
(やり慣れておられるから、あの人に頼もうよ)
という風に使われます。


似た言葉では「しーはぐ」があります。
これは「膝等を擦りむく」という意味です。
「またしいはいでかえった」
(また膝を擦りむいて帰った)
という風に使われます。

しーちける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょはいー、そーはい とも言います。


塩辛い、塩気が強い という意味です。
「このさかなは、しおはいーの」
(この魚は塩辛いですね)
「このめそしーはえらいしおはいーなあ」
(この味噌汁は、ひどく塩辛いですねえ)
という風に使われます。

しおはいー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿げた、つまらない という意味です。
「じがないことをすーだないよ」
(馬鹿げたことをするんじゃないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「じかぜ」があります。
これは「南風」という意味です。
「きょうはじかぜがふいちょー」
(今日は南風が吹いている)
という風に使われます。

じがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遠慮 という意味です。
「そげんじぎさえんでもえがね」
(そんなに遠慮しなくても良いですよ)
という風に使われます。


これが「じぎなし」ですと「遠慮なし」という意味です。
「じぎなしでまってえかいね」
(遠慮なしに頂いて良いのかしら)
という風に使われます。

じぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真っ直ぐに という意味です。
「しぐーにそろえてせいとんしちょくだわな」
(真っ直ぐに揃えて整頓しておくんですよ)
という風に使われます。


これが「しぐつけ」ですと「直ぐに、直ちに」という意味です。
「しぐつけいかせますので」
(直ぐに行かせますので)
という風に使われます。

しぐーに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

失敗 という意味です。
「みあいがしじゃになった」
(見合いに失敗しました)
という風に使われます。


似た言葉では「じしにゃ」があります。
これは「病気、病」という意味です。
「きのうはじしにゃてながんなっちょった」
(昨日は病気で横になっていました)
という風に使われます。

しじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しじらね とも言います。


しきりに、絶え間なく という意味です。
「そげん、しじらにくゎしくわせても、えかの」
(そんなに次々とお菓子を食べさせてもいいの?)
「あのしはしじらねしゃべる」
(あの人は絶え間なく喋る)
という風に使われます。

じじらに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 無くす という意味です。
「だいじなもんだけん、したらんやにしろよ」
(大事なものだから、無くさないようにしなさいね)
という風に使われます。


② こぼれる という意味です。
「こっぷのさけがしたー」
(コップの酒がこぼれた)
という風に使われます。

したる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しちかち、しっちかっち、しっちりかっちり とも言います。


ぐずぐずする、手間取る という意味です。
「しちもちしちょーとちこくすーぞ」
(ぐずぐずしていると遅刻するよ)
「しちもちしちょーけん、ばすがでてしまったがの」
(手間取っているから、バスが出てしまったよ)
という風に使われます。

しちもちする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

デタラメ という意味です。
「じなくそばっかいーだねが」
(デタラメばかり言うんじゃないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「しなきり」があります。
これは「お手玉」という意味です。
「しなきりにはあずきがいれてあったのー」
(お手玉には小豆が入っていましたね)
という風に使われます。

じなくそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 凍結する という意味です。
「けさはどうろがしみちょった」
(今朝は道路が凍結していました)
という風に使われます。


② しみえる とも言います。
青痣が出来る という意味です。
「しみたみちでまくれて、あしがしみた」
(凍結した道路で転んで、足に青痣が出来ました)
という風に使われます。

しみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃんこと、じゃんばかー、じゃーね とも言います。


たくさん という意味です。
「いおが、じゃんこととれた」
(魚がたくさん釣れました)
「じゃんことごしなはった」
(たくさん下さいました)
「じゃーねことむしがわいちょってなあ」
(たくさん虫が湧いていてねえ)
という風に使われます。

じゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しんびょうな とも言います。


熱心な、辛抱強い という意味です。
「あのしはしんまくにしごとさえーがー」
(あの人は熱心に仕事をされますよね)
という風に使われます。


似た言葉では「じんだまんだ」があります。
これは「慌てて騒ぐ、ジタバタする」という意味です。

しんまくな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 飲む という意味です。
「あついみそしーをすー」
(熱い味噌汁を飲む)
という風に使われます。


② 汁 という意味です。
「らーめんのすーがたれー」
(ラーメンの汁がこぼれる)
という風に使われます。


似た言葉では「ずうずうに」があります。
これは「途切れなく、ひっきりなしに」という意味です。

すう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

竦む、強張る、筋肉が緊張する という意味です。
「くちなわがおってあしがすくばった」
(蛇がいて、足が竦みました)
という風に使われます。


似たような言葉では「すじたがえ」があります。
これは「捻挫」という意味です。
「すじたがえして、このざまだわな」
(捻挫しちゃって、このザマですよ)
という風に使われます。

すくばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 引き摺る という意味です。
「おおおけなけんずだくーやなわ」
(大きくて引き摺るようだね)
という風に使われます。


② 崩れ落ちる、滑り落ちる という意味です。
「ずだくらんやねからんでごしなはい」
(崩れ落ちないように縛ってください)
という風に使われます。

ずだくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

砂遊び という意味です。
「おちんばーじはすなままこしちょー」
(息子は砂遊びをしています)
という風に使われます。


似た言葉では「すねこばる」があります。
これは「粘って頑張る」という意味です。
「すねこばったばっかしおったててそんすーばっかーだがな」
(粘って頑張る人ばかりが居たって損するばかりですよ)
という風に使われます。

すなままこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すいばり とも言います。
手足にささる棘(とげ)という意味です。
「すばーがたって、いたーてかなわん」
(棘が刺さって、ものすごく痛い)
という風に使われます。


植物の刺のことは「かたら」「いが」「いぎ」などと言います。

すばり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肌触り、手触り という意味です。
「こりゃーじょうとうだよ、すべらきもええがな」
(これは上等ですね、肌触りも良いですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「すべくる」があります。
これは「滑る」という意味です。

すべらき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

擦りむく という意味です。
「まくれたおきに、すりはいじょったわ」
(転んだ時に、擦りむいていましたよ)
という風に使われます。


似た言葉では「する」があります。
これは「剃る」という意味です。
「あさはひげをすー」
(朝はヒゲを剃ります)
という風に使われます。

すりはぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ずれる という意味です。
「あてがずってこまっちょー」
(予定が狂って困っている)
という風に使われます。


②(時間が)延びる、遅れる という意味です。
「じかんがずっちょーますけん、てみじかにはつげんしてごしなはい」
(時間が延びていますから、手短に発言してください)
という風に使われます。

ずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

危うく、危機一髪に という意味です。
「すんでにくるまにしかれそーじゃった」
(危うく車に轢かれるところでした)
という風に使われます。


似た言葉では「ずんどに」があります。
これは「休み無くゆっくり落ち着いて」という意味です。

すんでに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 一番、最も という意味です。
「めいぼのずんどしりほうだった」
(名簿の一番最後の方でした)
という風に使われます。


② あまり~ない という意味です。
「きょうはずんどえてんきだねのー」
(今日はあまり良い天気ではありませんねえ)
という風に使われます。

ずんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やり甲斐、張り合い という意味です。
「ぶちせえがでるのー」
(とてもやり甲斐がありますねえ)
という風に使われます。


これが「せえがおちる」ですと「元気が無くなる、気力が萎える」という意味です。
「なつばてでせーがおちた」
(夏バテで元気がなくなりました)
という風に使われます。

せえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せーたてる とも言います。


急き立てる という意味です。
「そげんせーたくなや」
(そんなに急き立てないでよ)
「いまかんがえちょーとこだから、そげねせーたてーな」
(今考えているところだから、そんな風に急き立てないで)
という風に使われます。

せーたくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒らせる という意味です。
「あげんせからすだがね」
(あんな風に怒らせるんじゃないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「せかかす」があります。
これは「からかう、干渉する」という意味です。
「こどもをせかかいておもしろがって」
(子供をからかって面白がって)
という風に使われます。

せからす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 懲らしめる という意味です。
「おやじにせごされた」
(親父に懲らしめられた)
という風に使われます。


② 捌く という意味です。
「つったさかなをせごする」
(釣った魚を捌く)
という風に使われます。


これが「せごし」ですと「魚をぶつ切りにした刺身料理」のことです。

せごする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せせくろうしい、せせろうしい とも言います。


慌しい、落ち着きがない という意味です。
「あさはせせかましーんじゃけーあとにしよーや」
(朝は慌しいんだから、後にしましょうよ)
「このいぬはせせろうしーのー」
(この犬は落ち着きが無いわねえ)
という風に使われます。

せせかましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きつい、息苦しい という意味です。
「としをとるとまらそんはしるのがせつい」
(歳を取るとマラソンを走るのがきつい)
という風に使われます。


似た言葉では「せつ」があります。
これは「運命」という意味です。
「ま、せつだげんどげしゃもねの」
(まあ、運命だからどうしようもないね)
という風に使われます。

せつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じぇね とも言います。


銭、お金 という意味です。
「じぇねごせ」
(お金ちょうだい)
という風に使われます。


似た言葉では「ぜんねならん、ぜにんならん」があります。
これは「役に立たない、つまらない」という意味です。
「こなじゃぜんねならん」
(あいつでは役に立たない)
という風に使われます。

ぜね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せまくたらし、せめ、せまかし とも言います。


狭い、狭苦しい という意味です。
「えらくせまくらしへやだの」
(随分と狭い部屋ですね)
「せまくらしとこだども、あがってごしない」
(狭苦しい所ですが、上がってください)
という風に使われます。

せまくらし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頻繁に、熱心に、せっせと という意味です。
「せわいてびょういんがよいしとらいげな」
(頻繁に病院通いをしておられるそうです)
という風に使われます。


似た言葉では「せわやく」があります。
これは「一生懸命に働く、色々と気を遣う」という意味です。
「あさまからせわやくなー」
(朝から一生懸命働きますね)
という風に使われます。

せわいて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せんをかう とも言います。


鍵をかける という意味です。
「げんかんのせんしたかや」
(玄関の鍵はかけましたか)
という風に使われます。


似た言葉では「せんじつめる」があります。
これは「追い詰める」という意味です。
「ふとのまえであげんせんじつめーちーとうらまれーぢね」
(人前で、あのように追い詰めたら恨まれますよ)
という風に使われます。

せんをする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 様子、消息 という意味です。
「そきいてこなえけんのー」
(様子を聞いてこなければいけませんね)
という風に使われます。


② 訃報 という意味です。
「そをえってきてごさっしゃえ」
(訃報を伝えに行って来て下さい)
という風に使われます。


③ 塩 という意味です。
「もーちょんぼそふーがえ」
(もう少し塩を振った方が良い)
という風に使われます。

そ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仲間に入れる という意味です。
「そえてごせよ」
(仲間に入れてくださいよ)
という風に使われます。


これが「そん」ですと「仲間」という意味です。
また、「そうだんにんず」とも言います。
「そんにいれてごしなはーかね」
(仲間に入れてくれるのですか)
という風に使われます。

そえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あちこち、全体 という意味です。
「からだじゅうそーほーがえたしいてえけん」
(体中あちこちが病気がちでいけません)
という風に使われます。


似た言葉では「そーえっぱい」があります。
これは「一切合切、全部残らず」という意味です。

そーほー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

合う、釣り合う という意味です。
「とうふにけちゃっぷはそぐわんじね」
(豆腐にケチャップは合わないですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「そくる」があります。
これは「束ねる」という意味です。
「かんめぎをそくってごいた」
(薪を束ねてください)
という風に使われます。

そぐう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

居眠り という意味です。
「こうぎをうけにいったどもそさねしてしまった」
(講義を受けに行ったけれども居眠りをしてしまいました)
という風に使われます。


似た言葉では「そげな」があります。
これは「そのような」という意味です。
「そげなこといわいてもわからん」
(そのような事を言われても分かりません)
という風に使われます。

そさね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

双方、お互い という意味です。
「しげんのかねはそちこちでもたへんかね」
(結婚式の費用は双方で持ちませんか)
という風に使われます。


似た言葉では「そち」があります。
これは「お前、お前の家」という意味です。
「そちのこどもはおとこんこかや」
(お前の家の子供は男の子ですか)
という風に使われます。

そちこち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぞんぞする、ぞんぞんする とも言います。


寒気がする、寒さが身にしみる という意味です。
「ぞみぞみしてねむれんのじゃがのう」
(寒気がして眠れないんですが)
「ばんがたからえらいぞんぞんしーやな」
(夕方から随分と寒さが身にしみるようです)
という風に使われます。

ぞみぞみする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

失敗する、損じる という意味です。
「なんどかいてもかきそぶる」
(何度書いても書き損じる)
という風に使われます。


似た言葉では「そぶける」があります。
これは「嫌う」という意味です。
「よーにそぶけてしまーてこまったもんだわ」
(とうとう嫌いになってしまって困ったものです)
という風に使われます。

そぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

晴天 という意味です。
「きょうはそらみずだけんふとんほえてでらこい」
(今日は晴天だから布団を干して出掛けましょうよ)
という風に使われます。


似た言葉では「そらやま」があります。
これは「家の近くの山」という意味です。
「そらやまのはたけで、しごとしよーとですよ」
(近くの山の畑で働いていますよ)
という風に使われます。

そらみず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そろっと とも言います。


ゆっくり、そーっと、静かに という意味です。
「あついけんそろーそろーたべーだで」
(熱いからゆっくり食べるんですよ)
「まよなかねそろっとえのー」
(真夜中に静かにそーっと帰る)
という風に使われます。

そろーそろー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぞんぞがはしる、ぞんぞがする、ぞんぞとする とも言います。


ゾッとする という意味です。
「はかのねきとおったらぞんぞがついた」
(墓の近くを通ったらゾッとしました)
という風に使われます。


似た言葉では「そんがたつ」があります。
これは「損をする」という意味です。

ぞんぞがつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~たもの という意味です。
「たけんこのにたがまいがー」
(筍の煮たものが美味しいよね)
という風に使われます。


② ~てください という意味です。
「まいけんくってみた」
(美味しいから食べてみてください)
という風に使われます。


③ たー とも言います。
~辺り という意味です。
「ここんたーねあった」
(この辺りにありました)
という風に使われます。

た 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

誰 という意味です。
「あのしはだーだらか」
(あの人は誰でしょうか)
という風に使われます。


これが「だーだいさん」ですと「誰かさん」という意味です。
「そのかっこは、だーだいさんみたえだの」
(その格好は、誰かさんのようですね)
という風に使われます。

だー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たいぎい、たい とも言います。


怠い という意味です。
「のくてたいぎながー」
(暑くて暑いですよね)
「きょうはこしがだいてえけん」
(今日は腰がだるくていけません)
という風に使われます。


同じような言葉では「たいぎなまし」があります。
これは「面倒くさい、億劫、気が進まない」という意味です。

たいぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大袈裟な という意味です。
「たいこーなくちばっかしきいてからーに、かんじがわりー」
(大袈裟な口ばかりを利いて、感じが悪いったら)
という風に使われます。


似た言葉では「たいげ」があります。
これは「大抵」という意味です。
「たいげなことねはおべらん」
(大抵のことでは驚かない)
という風に使われます。

たいこーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変、随分、おびただしい という意味です。
「たいしたさむが、ゆきがふっちょせんか」
(大変寒いですが、雪は降っていませんか)
という風に使われます。


似た言葉では「だいじね」があります。
これは「大丈夫、心配ない」という意味です。
「だいじねか」
(大丈夫ですか)
という風に使われます。

たいした 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だいしゃ とも言います。


少し、少しは という意味です。
「あしたはだいしょじかんがあー」
(明日は少し時間があります)
という風に使われます。


似た言葉では「だいじょ」があります。
これは「最初、始め」という意味です。
「いっちだいじょねよばいた」
(一番最初に呼ばれました)
という風に使われます。

だいしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

平ら、平たい、平坦 という意味です。
「つちもってきてたいらかにしちょかこい」
(土を持って来て平らにしておきましょうか)
という風に使われます。


似た言葉では「~だいら」があります。
これは「~やら」という意味です。
「どげしーだいら」
(どうするのやら)
という風に使われます。

たいらか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なさいよ という意味です。
「はやことしーだが!」
(早くしなさいよ!)
という風に使われます。


似たような言葉では「だかいね」があります。
これは「~のですか」という意味です。
「もうあさめしをくうだかいね」
(もう朝食を食べるのですか)
という風に使われます。

だが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

高価な物 という意味です。
「たかものちょうだいしてだんだん」
(高価な物を頂きましてありがとうございます)
という風に使われます。


似たような言葉では「たかばる」があります。
これは「値を高くつける、高く売る」という意味です。

たかもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 丈 という意味です。
「このいかたのたきはもみちかなってしまった」
(この浴衣の丈はもう短くなってしまいました)
という風に使われます。


② 嵩、量 という意味です。
「あんまりたきがねな」
(あんまり嵩が無いね)
という風に使われます。

たき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 横取りする、奪い取る という意味です。
「とーとたくねてしまったが」
(とうとう横取りしてしまったよ)
という風に使われます。


② しわくちゃに重ねる、束ねるように寄せる という意味です。
「そんなにたくねんちゃんな」
(しわくちゃに重ねるんじゃないよ)
という風に使われます。

たくねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 度々、何度も という意味です。
たんびたんび とも言います。
「ただもの、だんだん」
(度々、ありがとうございます)
という風に使われます。


② 次第に、段々に という意味です。
「ただもの、さむんなーましてね」
(段々と寒くなりましたね)
という風に使われます。

ただもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だも、だーも、だもん とも言います。


だけれども という意味です。
「だどもねー、そらあんましだねだらか」
(だけれどもね、それはあんまりじゃありませんか)
「ひーさんあわんだっただも、まめだったかね」
(久しく会いませんでしたけれども、お元気でしたか)
という風に使われます。

だども 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

休憩する、休息する という意味です。
「さんじになったけん、たばこしょー」
(3時になったから、休憩しましょう)
という風に使われます。


これが「たばこをかむ、たばこをのむ」ですと「煙草を吸う」という意味です。
「たばこかまこい」
(煙草を吸いましょう)
という風に使われます。

たばこする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらず、だらじ とも言います。


愚か者、馬鹿、怠惰、無意味 という意味です。
「あいちゃだらだの」
(あいつは馬鹿ですね)
「しごともせんで、だらばっかーいっちょー」
(仕事もしないで、怠けてばかりいます)
という風に使われます。

だら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 疲れる という意味です。
「あしがだったやーなわ」
(足が疲れたようです)
という風に使われます。


② 垂れ下がる という意味です。
「かもいのまんなかがだーちょうわ」
(鴨居の真ん中が垂れ下がっていますよ)
という風に使われます。


③ ゆるむ という意味です。
「ねじがだってしまーてがたがたする」
(ネジがゆるんでしまってガタガタする)
という風に使われます。

だる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たお とも言います。


峠、谷間 という意味です。
「となりのむらは、あんたわのむこーにあーます」
(隣村はあの峠の向こうにあります)
「けさのゆきは、だわのほうにはつもっただらーか」
(今朝の雪は、峠の方には積もったのだろうか)
という風に使われます。

たわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

短気 という意味です。
「こなはちと、たんかけなこたねかや」
(あいつは少々、短気なようなところがないかしら)
という風に使われます。


これが「たんかもん」ですと「短気な人」という意味です。
「おちんしはたんかもんだけん」
(私の夫は短気な人だから)
という風に使われます。

たんか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

旧家や特定の職業の男性、役人、医者 という意味です。
「むかしゃー、だんさんばっかーが、わしゆーてのー」
(昔は、旧家の男性だけが、自分のことを”わし”と言っていました)
「けんちょうのだんさんとけいさつのだんさん」
(県庁の役人と、警察官)
という風に使われます。

だんさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ありがとうございます という意味です。
「べったべっただんだん」
(いつもいつもありがとうございます)
という風に使われます。


似た言葉では「だんだらこ」があります。
これは「不揃い、凹凸」という意味です。
「しゃめんがだんだらこになっとー」
(斜面が凸凹になっています)
という風に使われます。

だんだん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひきつけ、痙攣 という意味です。
「ちーけがさばー」
(ひきつけを起こす)
という風に使われます。


似た言葉では「ちーけやき」があります。
これは「灸」という意味です。
「ちーけやきしぇーちゃらなえけん」
(灸を据えてやらなければなりません)
という風に使われます。

ちーけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水疱 という意味です。
「ちーちぶくれがはっしてえけん」
(水疱がヒリヒリ痛んでいけません)
という風に使われます。


似たような言葉では「ちーち」があります。
これは「風船」という意味です。
「ちーちふくらしやね」
(風船を膨らますように)
という風に使われます。

ちーちぶくれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

途中、中途 という意味です。
「ちーとでよったがそりんすたんど」
(途中で寄ったガソリンスタンド)
という風に使われます。


似た言葉では「ちーとだい」があります。
これは「少しも」という意味です。
「ちーとだいあめがふらん」
(少しも雨が降りません)
という風に使われます。

ちーと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粗末、不十分 という意味です。
「あのしのつくるもんはなんでもちぎなのー」
(あの人の作るものは何でも粗末ですねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「ちからせぎ」があります。
これは「力任せ」という意味です。
「ちからせぎでおいてごいた」
(力任せに押してください)
という風に使われます。

ちぎな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちこんぎり とも言います。


片足跳び という意味です。
「ちこんぎでいしけりをしたもんだ」
(片足跳びで石蹴りをしたものです)
という風に使われます。


似た言葉では「ちこんき」があります。
これは「蓄音機」という意味です。

ちこんぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

慌てる、急いで という意味です。
「さっきちばけてえなっしゃーました」
(先ほど慌てて帰られました)
という風に使われます。


似たような言葉では「ちばえる」があります。
これは「ふざける」という意味です。
「ちばえんない!」
(ふざけるんじゃない!)
という風に使われます。

ちばける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿にする、見下してあしらう という意味です。
「そげねひとをちゃにせんでもえからーに」
(そんなに人を馬鹿にしなくても良いだろうに)
という風に使われます。


似た言葉では「ちゃまぐらかす」があります。
これは「ごまかす、話をはぐらかす」という意味です。

ちゃにする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食事、食事のたびに という意味です。
「ちょーしきたんびにようができてこまっちょー」
(食事のたびに用が出来て困っています)
「いなかへいったら、さんどのちょーしきさしみがでた」
(田舎へ行ったら、三度の食事のたびに刺身が出ました)
という風に使われます。

ちょーしき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっこり、ちょっこ とも言います。


少しばかり、少しの間、僅かの時間 という意味です。
「ちょっこし、まってごせ」
(少し待ってください)
「ちょっこしきてごしなはい」
(少しの間、来てください)
「ちょっこみさせてまった」
(少しばかり見させてもらいました)
という風に使われます。

ちょっこし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

似合う、釣り合う、調和する という意味です。
「こーがちろくしちょーやーにおもうがのー」
(これが似合うような気がするんだけどね)
という風に使われます。


似た言葉では「ちれ」があります。
これは「仲間」という意味です。
「あそびちれがねはで、しょんぼらとしとー」
(遊び仲間が居ないようで、しょんぼりしているね)
という風に使われます。

ちろくする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

強い という意味です。
「ちからのつえしだな」
(力の強い人ですね)
という風に使われます。


似た言葉では「つえんば」があります。
これは「杖」という意味です。
「あのしもつえんばついてだやんなったさな」
(あの人も杖をつかれるようになったそうですよ)
という風に使われます。

つえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

渋滞する、引っかかる という意味です。
「こうじでみちがつかえとる」
(工事で道路が渋滞しています)
という風に使われます。


似た言葉では「つかえたてる」があります。
これは「こき使う」という意味です。
「つかえたててばっかしおったててだれもついてこんじ」
(こき使ってばかりいたら誰も付いてこないよ)
という風に使われます。

つかえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃぐなる、つくなむ、つくまる、つくばる とも言います。


しゃがむ、しゃがみ込む という意味です。
「なげことつぐなっちょった」
(長いことしゃがんでいました)
「そこにつくばっちょらっしゃーしはだーか」
(そこにしゃがみ込んで居られる人は誰ですか)
という風に使われます。

つぐなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

間を置かずに という意味です。
「つづきにいかれたのー」
(間を置かずに行かれましたね)
という風に使われます。


似た言葉では「つづけばちに」があります。
これは「続けざまに」という意味です。
「つづけばちにくーがどげしたもんだかいの」
(続けざまに来るけど、どうしたものだろうね)
という風に使われます。

つづきに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

常々、いつも という意味です。
「つねがねせわねなってだんだん」
(常々お世話になりましてありがとうございます)
という風に使われます。


似た言葉では「つづめる」があります。
これは「始末をつける」という意味です。
「つづめたほうがええじょ」
(始末をつけた方が良いよ)
という風に使われます。

つねがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つばえつく とも言います。


はしゃいで騒ぐ、じゃれる という意味です。
「ほとけさんのまえでつばえーだねが」
(仏壇の前ではしゃいで騒ぐんじゃないよ)
という風に使われます。


これが「つばえやこ」では「じゃれ合って遊ぶ」という意味です。
「つばえやこばっかしーだねが」
(じゃれ合って遊んでばかりいては駄目だよ)
という風に使われます。

つばえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

唾 という意味です。
「どっこへでもつばけをはくなよ」
(どこへでも唾を吐くんじゃないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「つばくら」があります。
これは「ツバメ(燕)」という意味です。
「そうこでつばくらがすしちょー」
(倉庫で燕が巣を作っています)
という風に使われます。

つばけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

潰れる という意味です。
「どしゃくずれでいえがつぶけた」
(土砂崩れで家が潰れました)
という風に使われます。


似た言葉では「つべたい」があります。
これは「冷たい」という意味です。
「おーつべてーのー」
(おお、冷たいねえ)
という風に使われます。

つぶける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 閉まる という意味です。
「きょうはびょういんがつんどった」
(今日は病院が閉まっていました)
という風に使われます。


② 切る という意味です。
「かみをつんだらきさきさとした」
(髪の毛を切ったらさっぱりした)
という風に使われます。


③ 終わる、詰まる という意味です。
「つんだけん、あたらしいのかってもえかね」
(終わったから、新しいのを買ってもいいかな)
という風に使われます。

つむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家系 という意味です。
「あすこのつるはあたまがえ」
(あそこの家系は頭が良い)
という風に使われます。


似た言葉では「~つら」があります。
これは「~ただろう」という意味です。
「さおべつらの」
(それは驚いただろうね)
という風に使われます。

つる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人々、人たち という意味です。
「はなしのわからんてあいばっかだ」
(話の分からない人々ばかりです)
という風に使われます。


似た言葉では「てあいしき」があります。
これは「顔ぶれ、相手」という意味です。
「そらてあいしきがわーかっの」
(それは顔ぶれが悪かったですね)
という風に使われます。

てあい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

当てる、打つ という意味です。
「このぼうでぼーるてーるけー」
(この棒でボールを打ち返すから)
「てーでるもんならてーでみー」
(当てられるものなら打ってみろ)
という風に使われます。


似た言葉では「てーのえ」があります。
これは「体裁の良い」という意味です。
「てーのえことわりかたはねかいの」
(体裁の良い断り方は無いでしょうか)
という風に使われます。

てえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でがする ともいいます 。


長持ちする という意味です。
「このてぼたんはでがあー」
(この線香花火は長持ちします)
「こげなもんをだしゃーでがすーじ」
(このようなものを出せば長持ちするよ)
という風に使われます。


これが「でがね」ですと「長持ちしない」という意味です。

でがある 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てこにあわん、てしこにあわん とも言います。


手に負えない、仕事などの能力が足りない という意味です。
「こげなもんだいは、わしのてくそねあわん」
(こんな問題は、私の手に負えない)
「あちゃらごはてこにあわん」
(外国語は手に負えません)
という風に使われます。

てくそねあわん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手厳しい という意味です。
「あげにてきつにいわーでも・・・」
(あのように手厳しく言わなくても・・・)
という風に使われます。


似た言葉では「てきめつ」があります。
これは「即座に、覿面に」という意味です。
「このくすりはてきめつによーきいたわ」
(この薬は即座に良く効きましたよ)
という風に使われます。

てきつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手伝い という意味です。
「まごじゃー、てごんならん」
(孫では手伝いにならない)
「てごしてまった」
(手伝ってもらいました)
という風に使われます。


これが「てごにん」ですと「手伝う人」という意味です。
「てごにんがえっぱいえー」
(手伝う人がたくさんいる)
という風に使われます。

てご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

器用な人、やり手 という意味です。
「ふとーでなおいただかや、てしゃだのー」
(一人で直したんですか、器用な人ですね)
という風に使われます。


似た言葉では「てしこだい」があります。
これは「勝手気まま」という意味です。
「てしこだいにくうだないが」
(勝手気ままに食べるんじゃないよ)
という風に使われます。

てしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てにぶ、てのり とも言います。


不器用 という意味です。
「おらてにびてまいことできーだらか」
(俺は不器用だけど、上手く出来るでしょうか)
という風に使われます。


これが「てばえ」ですと「器用」という意味です。
「てばえことしてだのー」
(器用なことをされるね)
という風に使われます。

てにび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手ぶら という意味です。
「てふーできてごしなはいね」
(手ぶらで来てくださいね)
という風に使われます。


似た言葉では「てのご」があります。
これは「手ぬぐい」という意味です。
「てのごがねけんてて、どっこでもふくだねが」
(手ぬぐいが無いからって、どこでも拭くんじゃないよ)
という風に使われます。

てふー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下手 という意味です。
「ないさしぇてもてぼさくだけん」
(何をさせても下手ですから)
という風に使われます。


逆の言葉では「てぎれ」があります。
これは「上手」という意味です。
「てきれねつくらっしゃったねえ」
(上手に作られましたねえ)
という風に使われます。

てぼさく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自慢 という意味です。
「こなはてぼめばっかしちょー」
(あいつは自慢ばかりしています)
という風に使われます。


似た言葉では「てぼたん」があります。
これは「線香花火」という意味です。
「てぼたんはふぜいがあー」
(線香花火は風情があります)
という風に使われます。

てぼめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

前もって という意味です。
「こーほどてまかせにやっちょくとらくだ」
(これだけ前もってやっておくと楽です)
という風に使われます。


似た言葉では「てまえれる」があります。
これは「時間がかかる」という意味です。
「てまえれてすんません」
(時間がかかってすみません)
という風に使われます。

てまかせに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐずぐずして仕事などが捗らない、ちぐはぐ という意味です。
「てれぐれして、なんもすすまん」
(ぐずぐずして、全く仕事が捗りません)
「こなのはなしはてれぐれしちょってあざわかーさん」
(あいつの話はちぐはぐで意味がよく理解できない)
という風に使われます。

てれぐれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まるで、全然 という意味です。
「てんでわきゃーわからんかった」
(まるで訳が分からなかった)
という風に使われます。


似た言葉では「てんでな」があります。
これは「各々勝手な、思うままな」という意味です。
「そぎゃんてんでなことしたててえけん」
(そんな各々勝手なことをしていては駄目)
という風に使われます。

てんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てんばくそ、てんばさく とも言います。


活発な女の子 という意味です。
「おちのこはてんばでえけん」
(うちの子供は活発な女の子でいけません)
「となりのむすめはてんばさくだけん、おとこんことすもうとーけんな」
(隣の娘は活発な女の子だから、男の子と相撲を取るんですよね)
という風に使われます。

てんば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

といね、とや、との、とな とも言います。


~って、~そうだ、~だそうだよ という意味です。
「おおきなももがどんぶらとこながれてきたんと」
(大きな桃がどんぶらこと流れてきたんだそうだ)
「せんせい、けっこんされるといね」
(先生は結婚されるそうですよ)
という風に使われます。

と 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 届く という意味です。
「あのきにとうかや?」
(あの木に届くかな?)
という風に使われます。


② 早く という意味です。
「あさまとーからせわやく」
(朝早くから仕事をします)
という風に使われます。


似た言葉では「どー」があります。
これは「どれ」という意味です。
「どーがどーだい」
(どれがどれなのか)
という風に使われます。

とう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうでも、何としても、どうとでも という意味です。
「もうえーけーどーないとしてくれんさい」
(もう結構ですのでどうとでもして下さい)
という風に使われます。


似た言葉では「どうなこなうなあ」があります。
これは「無理矢理、どんなことをしても」という意味です。

どうないと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とーのもかし とも言います。


随分前に、随分昔 という意味です。
「かねなんかとーねななってしまった」
(金なんか随分前に無くなってしまった)
「あのびるはとーのもかしねななった」
(あのビルは随分昔に無くなった)
という風に使われます。

とーね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遠い という意味です。
「どこかとえところへいく」
(どこか遠い所へ行く)
という風に使われます。


似た言葉では「どーごえ」があります。
これは「大声」という意味です。
「どーごえださんね、もーちょんぼししずかにはなすだが」
(大声を出さずに、もう少し静かに話しなさい)
という風に使われます。

とえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ところは という意味です。
「おまえとかくるまがうれたげなの」
(あなたのところは車が売れたそうですね)
という風に使われます。


似た言葉では「~とから」があります。
これは「~とすぐに」という意味です。
「やすみはーとからりょこうにいく」
(休みに入るとすぐに旅行に行く)
という風に使われます。

とか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とんぎらかす、とんぎらす とも言います。


尖らせる という意味です。
「えんぴつをとぎらかいてごしぇ」
(鉛筆を尖らせておいてください)
という風に使われます。


これが「とぎらった」ですと「尖った」という意味です。
「えらいとぎらったぺんだの」
(随分と尖ったペンですね)
という風に使われます。

とぎらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どこへ という意味です。
「かぎどけやったかいのー」
(鍵はどこへやったかしら)
という風に使われます。


似た言葉では「とぎ、どし」があります。
これは「友達、仲間」という意味です。
「とぎがきちゃったがな」
(友達が来られましたよ)
という風に使われます。

どけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうせ という意味です。
「どげせあめがふーけん、かさをもっていきた」
(どうせ雨が降るから、傘を持って行きなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「どげだい」があります。
これは「どうにも」という意味です。
「どげだいならんわ」
(どうにもなさないよ)
という風に使われます。

どげせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① どのような という意味です。
「どげなことがあーだいわからん」
(どのような事があるか分からない)
という風に使われます。


② どうですか、どうだい という意味です。
「こんやしょくじでもどげな」
(今夜食事でもどうですか)
という風に使われます。

どげな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どれほど という意味です。
「どごどさけのんだだいわからん」
(どれほど酒を飲んだか分かりません)
という風に使われます。


似た言葉では「どこどこ」があります。
これは「どれどれ」という意味です。
「どこどこ、みせてみや」
(どれどれ、見せてごらんなさい)
という風に使われます。

どごど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① どさくれこむ とも言います。
大騒ぎする、はしゃぐ という意味です。
「こなしーはどさくれちょらっしゃったが」
(あの人は大騒ぎをされていましたが)
という風に使われます。


② うつつをぬかす という意味です。
「おんなにどさくれる」
(女にうつつをぬかす)
という風に使われます。

どさくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

としがよる とも言います。


歳を取る という意味です。
「となーのじーさん、えらいとしがえったのー」
(隣のお爺さん、随分と歳を取りましたねえ)
「おらもとしがよったさで、わっせもんがおおんなったわ」
(私も歳を取ったみたいで、忘れ物が多くなりました)
という風に使われます。

としがえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どのさん とも言います。


どの人 という意味です。
「おおごえだいちょーのはどのしかいね」
(大声を出しているのはどの人でしょうね)
という風に使われます。


これが「どのまい」ですと「どの方」という意味です。
「どのまいがせんせいですかいね」
(どの方が先生ですか)
という風に使われます。

どのし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 騙す、誤魔化す という意味です。
「きつねにどまかさいてみちがわからんやねなった」
(狐に騙されて道が分からなくなりました)
という風に使われます。


② からかう という意味です。
「あげねちいさなこどもをどまかすだねが」
(そんなに小さな子供をからかうんじゃありませんよ)
という風に使われます。

どまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

欲張り という意味です。
「こなはとらとらだけんきちけろ」
(あいつは欲張りだから用心しなさい)
という風に使われます。


似たような言葉では「とれとれ」があります。
これは「取れたて」という意味です。
「とれとれのたい」
(取れたての鯛)
という風に使われます。

とらとら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(田植えが終わった後の)慰労会 という意味です。
「こんどのどろおとしはおんせんだげな」
(今年の慰労会は温泉だそうです)
という風に使われます。


似た言葉では「どろままこ」があります。
これは「泥遊び」という意味です。

どろおとし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

図体、胴体 という意味です。
「おっきゃんどんがらしちょってー」
(大きな図体をしてー)
という風に使われます。


似た言葉では「とんがとんが」があります。
これは「痩せこけて頼りないさま」を言います。
「とんがとんがしてござーがびょうきだねかや」
(痩せこけておられるけど病気じゃないのかしら)
という風に使われます。

どんがら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水の落ち込む淵、急流 という意味です。
「どんどがあーけんきーつけろ」
(水の落ち込む淵があるから気をつけなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「どんたく」があります。
これは「ハンチング帽」という意味です。
「どんがくをかべー」
(ハンチング帽を被る)
という風に使われます。

どんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんけ、どんけち、どべ とも言います。


最後、最下位 という意味です。
「うんどうかいのかけやこでどんべだった」
(運動会の徒競走で最下位でした)
という風に使われます。


似た言葉では「とんさくる」があります。
これは「急いで走る」という意味です。

どんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ないと、~なくては という意味です。
「はえことえかなちこくすーじ」
(早く行かないと遅刻するぞ)
という風に使われます。


似た言葉では「なー」があります。
これは「出来」という意味です。
「ことしのきゅうりのなーはどけねすかね?」
(今年のきゅうりの出来はいかがですか?)
という風に使われます。

な 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なるべく という意味です。
「なーたきならはえがえじね」
(なるべくなら早い方が良いですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「なーじする」があります。
これは「納得する」という意味です。
「なーじすーまでおしえちゃらにゃえけん」
(納得するまで教えてあげなければ駄目だよ)
という風に使われます。

なーたき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 台所、炊事場 という意味です。
「ながしのすいどうがしみた」
(台所の水道が凍結しました)
「ながししちょったらゆびきった」
(台所仕事をしていたら指を切った)
という風に使われます。


② 長い間 という意味です。
「ながしおーましだども」
(長い間居りますけれども)
という風に使われます。

ながし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ながくたらし とも言います。


長い、随分長い という意味です。
「かみのなげにょーばんこ」
(髪の長い女の子)
という風に使われます。


似た言葉では「ながおり」があります。
これは「長居」という意味です。
「がいねながおりしました」
(大変長居をいたしました)
という風に使われます。

なげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介