HOME -> 静岡の方言 

顎を上げる、上を向く、上を見る という意味です。
「やまのうえをああぬいてみた」
(山の上を、顎を上げて見た)
「このきはああぬいてみあげるほどだ」
(この樹は、顎を上げて見上げるほどだ)
という風に使われます。

ああぬく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~の間、隙間 という意味です。
「ほんとほんのあいさ」
(本と本の間)
「たんぼとはたけのあいさ」
(田んぼと畑の間)
「にくくうとはんあいさにはさがって」
(肉を食べると歯の間に挟まって)
「ほんのぺーじのあいさにはさんだ」
(本のページの間に挟んだ)
という風に使われます。

あいさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怪我 という意味です。
「えらいあいまちょーしておいしゃさんへいったっきねー」
(大怪我をしてお医者さんへ行ったっけねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あんばらやむ」があります。
これは「腹痛、腹を壊す」という意味です。
「かびたあんもうをくってあんばらやんだ」
(カビた餅を食べて、腹を壊した)
という風に使われます。

あいまち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

教える という意味です。
「しあいけっかをあかせてくりょー」
(試合結果を教えてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あごと、あぐと」があります。
これは「踵」という意味です。
「さっかーのしあいちゅうにあぐとをぶつけていたくてたまんない」
(サッカーの試合中に、踵をぶつけて痛くてたまらない)
という風に使われます。

あかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

足跡 という意味です。
「はだしであそんでるもんで、ろうかにあしんどんついたにごう」
(裸足で遊んでいるから、廊下に足跡がついたでしょ。)
「あしん、ひとりであしんどふいたもんで、あーしんど」
(私が、一人で足跡を拭いたので、あぁ疲れた)
という風に使われます。

あしんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

髪を切る という意味です。
「あたまをきって、さっぱりした」
(髪を切って、さっぱりした)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あがりっぱな」があります。
こえは「玄関先、入り口」という意味です。
「あがりっぱなでまつ」
(玄関先で待つ)
という風に使われます。

あたまをきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頼まれる、預かる という意味です。
「しりあいのひとからあつらさってきた」
(知り合いの人から頼まれて来ました)
「あつらさったものをとどける」
(頼まれたものを届ける)
「このごんぼーを、ばあさんからあつらさってきたもんだんて」
(この牛蒡を、婆さんから預かってきましたので)
という風に使われます。

あつらさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とんでもない、途方もない、見当はずれ という意味です。
「そんなあてこともねーことばっかゆーな」
(そんなとんでもないことばかり言うな)
「きんのぉのさかなぁ、もうかったら? / いや、あてこともねぇ」
(昨日売りに行った魚は儲かったでしょう? / いや、とんでもない)
という風に使われます。

あてこともない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奪い合う という意味です。
「そんなに、あばらうじゃーないよ」
(そんなに、奪い合うんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あまばく」があります。
これは「甘える」という意味です。
「やだよう、このこはちゅうがくせいだちゅうに、あまばいて」
(嫌だわ、この子は、中学生なのに甘えて)
という風に使われます。

あばらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不意を突かれて という意味です。
「かいだんがないっきもんで、あましをくってころんじゃったやー」
((あると思っていた)階段がなかったので、不意を突かれて転んでしまったよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あほうもなく」があります。
これは「とんでもなく、すごく」という意味です。
「あほうもなうでかいきだ」
(すごく大きな木だ)
という風に使われます。

あましをくう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食器を洗う、後片付け という意味です。
「あとであらいあげしといてー」
(後で食器を洗っておいて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ありったけ」があります。
これは「あるだけ」という意味です。
「ありったけつかいな」
(あるだけ使いなさい)
という風に使われます。

あらいあげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あるでしょう という意味です。
「そのへんにおいてあるらあ」
(その辺りに置いてあるでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あっこ」があります。
これは「あそこ」という意味です。
「あっこにあるらあ」
(あそこにあるでしょう)
という風に使われます。

あるらあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それで という意味です。
「ふーん、あんで?」
(ふーん、それで?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あーんでく」があります。
これは「歩いて行く」という意味です。
「あのこはげんきええで、どこいくにもあーんでくよう」
(あの子は元気がいいから、どこへ行くにも歩いていきます)
という風に使われます。

あんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんもう とも言います。

 

餅 という意味です。
「しょうがつにゃーあんもーやいてくったっけなー」
(正月には餅を焼いて食べたっけなあ)
「おーい、きょうはあんもうなんこくうだ?」
(おーい、今日はお餅をいくつ食べるの?)
という風に使われます。

あんもー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいちゃぁほうきゃぁ とも言います。

 

言いたい放題 という意味です。
「あいつは、いーちやーほーきやーいいやがる」
(あいつは、言いたい放題言いやがる)
「あいつぁいいちゃぁほうきゃぁのことをゆう」
(あいつは言いたい放題のことを言う)
という風に使われます。

いいちやーほーきやー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いけぁ、いきゃー、いいっかい とも言います。

 

大きい という意味です。
「あんた、いかいな~」
(あなた、大きいわねえ)
「えらいいかいくるまだなぁー」
(とても大きな車だなあー)
「あすこでいかいこえではなしょーしてる」
(あそこで大きな声で話をしている)
という風に使われます。

いかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いきれる とも言います。

 

蒸し暑い という意味です。
「きょうはあさからいきりっぽいのー」
(今日は朝から蒸し暑いなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いせえで」があります。
これは「急いで」という意味です。
「いせえでこい」
(急いで来なさい)
という風に使われます。

いきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

イビキ という意味です。
「つかれてたもんでいぐすりかいてねちまったよ」
(疲れていたもので、イビキをかいて寝てしまったよ
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぐら、いぐらもち」があります。
これは「もぐら」という意味です。
「にわのいぐらもちょーやっつけにいかまいか」
(庭のもぐらを退治しに行きませんか)
という風に使われます。

いぐすり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行こう という意味です。
「さあ、たけのこほりにいじゃ」
(さあ、タケノコ掘りに行こう)
という風に使われます。

 

これが「いかず」ですと「行きましょう」という意味です。
「ぼちぼちいかず」
(ボチボチ行きましょう)
という風に使われます。

 

また、「いってご」ですと「行ってごらん」という意味になります。

いじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごちそうさまでした という意味です。
食事の後の挨拶です。
「いただきます、いただきました」
(いただきます、ごちそうさまでした)
「いただきました~!おなかいっぱーい」
(ごちそうさまでしたー!満腹だ~)
という風に使われます。

いただきました 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うち、間、経過時間 という意味です。
「そのいとにくるらよ」
(そのうちに来るだろうよ)
「やすむいともねー」
(休む暇もない)
「いとがたってだめになった」
(時間が経って駄目になった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いちゃー」があります。
これは「痛い」という意味です。

いと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動く という意味です。
「けいとらがいのいてる」
(軽トラックが動いている)
「でんしゃがいのく」
(電車が動く)
「いのかないで」
(動かないで)
「このくるまはいのくだか」
(この車はうごくんでしょうか)
「それをいのかしてくりょー」
(それを動かして下さい)
という風に使われます。

いのく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物欲しがる という意味です。
「ふんとに、いらひじぼったいやろうだ」
(本当に、物欲しそうな野郎だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いなんど」があります。
これは「イナゴ」という意味です。
「さっきそこにいなんどがいたっけ」
(さっきそこにイナゴがいたよ)
という風に使われます。

いらひじい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余計なこと という意味です。
「はあ、いつまでもいらんこんしとらんでいいで、ちゃっちゃとうっちゃりなや」
(もう、いつまでも余計なことをしていなくていいから、さっさと捨てなよ)
「いらんこんせんでいいで」
(余計なことはしなくていいから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いやくなる」があります。
これは「ムカムカする、腹正しく思う」のという意味です。

いらんこん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熱心、夢中 という意味です。
「こどもらがさっかーにうっしょーだんてきこえんら」
(子供たちがサッカーに夢中で聞こえないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うじゃっこい、うじゃらっこい」があります。
これは「嫌になるほど多い、汚い」という意味です。
「えきまえのじてんしゃがうじゃらっけー」
(駅前の自転車が、嫌になるほど多い)
という風に使われます。

うっしょー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる、放り投げる という意味です。
「いらんもんはうっちゃるといー」
(要らないものは捨てるといい)
という風に使われます。

 

これが「うっちやらきやーておく」では「放っておく」という意味です。
「だいこんをうっちやらきやーておいたらくさった」
(大根を放っておいたら腐った)
という風に使われます。

うっちゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

耕す、鍬で畝を作る という意味です。
「いねかったあとたんぼをうなう」
(稲を刈った後に田んぼを耕す)
「はたけをうなう」
(畑を耕す)
「こううんきではたけをうなう
(耕耘機で畑を耕す」
「はくさいをまくうねをうなう」
(白菜を蒔く畝を鍬で耕す」
という風に使われます。

うなう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

思い切り という意味です。
「おい、このじてんしゃでうねっきりぶなしらかしょう」
(おい、この自転車で思い切り走らせてみろ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うしゃがれ」があります。
これは「来なさい」という意味です。
「なにょうしょろしょろしてるだ?こっちへうしゃがれ」
(なにをぐずぐずしているんだ?こちらへ早く来なさい)
という風に使われます。

うねっきり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蒸す、蒸らす という意味です。
「ぎょうざはうむしてたべてもうまいっけ」
(餃子は蒸して食べても美味しいです)
「しゅーまいをうむす」
(シュウマイを蒸す)
「ほうじでせきはんをうむした」
(法事で赤飯を蒸した)
という風に使われます。

うむす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うち とも言います。

 

私、俺、僕 という意味です。
「うらしらにゃあぞ」
(俺は知らないよ)
「うらんちのたんぼのなえ」
(私の家の田んぼの苗)
「うちっちくる?」
(私の家に来る?)
という風に使われます。

 

これが「うらんこぞう、おらんこぞう」ですと「私の息子」という意味です。
「うらんこぞうがこんだけっこんする」
(私の息子が、今度結婚する)
という風に使われます。

うら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うらっぽー とも言います。

 

先端、先っぽ という意味です。
「えだのうらっぽーにちょっちょがとまってる」
(枝の先端に蝶が止まっている)
「たけのこのうらっぽはやわらかい」
(筍の先の方は柔らかい)
「かまのうらっぽ」
(鎌の先っぽ)
「いなほのうらっぽ」
(稲穂の先っぽ)
という風に使われます。

うらっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん という意味です。
「くいもんがうんとある」
(食べ物がたくさんあります)
「さけも、さけのつまみも、うんとある」
(酒も、酒のつまみも、たくさんあります)
「うちっちにはふくがうんとある」
(私の家には、服がたくさんある)
という風に使われます。

うんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふて寝している、サボって寝ている という意味です。
「あいつはうんねかってるのか!」
(あいつはまだふて寝しているのか!)
「いつまでもうんねかってるじゃねえ」
(いつまでもふて寝しているんじゃないよ)
という風に使われます。

うんねかってる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いーかん とも言います。

 

かなり、だいぶ、長い間 という意味です。
「えーかんありーてくたびれたよ」
(かなり歩いて疲れたよ)
「かぜもえーかんなおった」
(風邪もだいぶ良くなりました)
「えーかんまってもこなかった」
(長い間待っても来なかった)
という風に使われます。

えーかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人が良い、お人好し という意味です。
「かさんいっぽんしかねーにかすなんざぁ、あのひとはほんとうにえーっさんだなあ」
(傘が1本しかないのに、貸しちゃうなんて、あの人は本当に人が良いね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えーばっか」があります。
これは「いいなあ」という意味です。
「あたらしいふくをかってもらってえーばっかだよ」
(新しい服を買ってもらっていいなあ)
という風に使われます。

えーっさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいですか という意味です。
「あんとこのあんもー、もらってもえーら?」
(あそこにあるお餅をもらってもいい?)

という風に使われます。

 


同じような言葉では「えーらえー」があります。
これは「いいでしょう、いいだろう」という意味です。
「えーらえー。わりぃこたぁねーらえー」
(いいでしょう。悪いことはないでしょうよ)
という風に使われます。

えーら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歪む、曲がる という意味です。
「いらんこんするもんでえがんじゃったじゃん」
(余計な事をするから、歪んでしまったじゃないか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えずい」があります。
これは「とても強情だ、いじわるだ」という意味です。
「あいつはえずい」
(あいつはとても強情だ)
という風に使われます。

えがむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いみり とも言います。

 

ひび割れ という意味です。
「えみん、ひゃ~った!」
(ひび割れが、入った!)
「このちゃわんはえみいってる」
(この茶碗、ひび割れしている)
「まどがらすにいみりがはいった」
(窓ガラスにひび割れが入った)
という風に使われます。

えみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 疲れた という意味です。
「はあ、えらい」
(もう、疲れたよ)
という風に使われます。

 

② 大変な という意味です。
「いちんちでおえるのはえらいっけ」
(一日で終わらせるには大変だった)
という風に使われます。

 

③ たくさん という意味です。
「えらいひとだなー」
(たくさんの人だなあ)
という風に使われます。

 

④ つらい、苦しい という意味です。
「かぜひーてーえらくてしょんねー」
(風邪を引いて体がつらくて仕方ない)
という風に使われます。

えらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やれやれ、これはこれは という意味です。
「えれえれ、じんたいそんしょうとはかわいそうなこんだ」
(やれやれ、靭帯損傷とは、可哀想なことだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えごえご」があります。
これは「曲がりくねって美しくない」という意味です。
「かぼちゃのきりくちがえごえごだ」
(カボチャの切り口が曲がりくねって美しくない)
という風に使われます。

えれえれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おやす とも言います。

 

① 壊す、駄目になる という意味です。
「ふんづけたらおえちゃうぞ」
(踏みつけたら壊れちゃうぞ)
という風に使われます。

 

② 終わ(らせ)る という意味です。
「はやくおやいてあすびーいかざー」
(早く終わらせて遊びに行こうよ)
という風に使われます。

おえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腫れぼったい という意味です。
「ねぶそくでかおんおーぼったいやー」
(寝不足で顔が腫れぼったいよー)
「ゆんべよふかししたもんで、かおがおーぼったいやぁ」
(昨夜、夜更かしをしたので、顔が腫れぼったいです)
という風に使われます。

おーぼったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ありがたい という意味です。
「こんなにいただいちゃておしょうしいやあ」
(こんなに頂いてしまって、ありがたいなぁ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おじゃみ」があります。
これは「お手玉」という意味です。
「おじゃみであすびまーよ」
(お手玉で遊びましょうよ)
という風に使われます。

おしょうしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

教わる という意味です。
「わからんこんは、おしわったいたほうがいいらー」
(分からないことは、教わっておいた方がいいじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おさんこみち」があります。
これは「餡入り餅」という意味です。

おしわる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粗悪な、古い、ボロい、みすぼらしい という意味です。
「こりゃーおぞいおちゃだ」
(これは良くないお茶だ)
「おぞいいえだなぁ」
(ボロい家だなあ)
「かおはえーがきがらがおぞい」
(顔は良いが性格が悪い)
という風に使われます。

おぞい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっかにゃー、おっかねー、おっかい とも言います。

 

恐ろしい、怖い という意味です。
「よみちはおそんがいだでとんできただよ」
(夜道は怖いので走って来たんだよ)
「あのいえのおやじさんはおっかにゃーよ」
(あの家の親父さんは怖いよ)
「あのみちはおっかねーぞ」
(あの道は恐ろしいよ)
という風に使われます。

おそんがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お調子者、おだてに乗る人 という意味です。
「あのひたーおだっくいのでこまったもんだ」
(あの人はお調子者で困ったものだ)
「このくらすはおだっくいがおおい」
(このクラスはお調子者が多い)
「あんまほめるじゃねえだよ。おだっくいだで」
(あまりほめてはいけませんよ。お調子者だから)
という風に使われます。

おだっくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷やかす、嘲笑する という意味です。
「ひとーおちゃらかすもんじゃねーよ」
(人を嘲笑するものではないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おばかっちょ」があります。
これは「馬鹿者、馬鹿な人」という意味です。
「この、おばかっちょ」
(この、馬鹿者)
という風に使われます。

おちゃらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

味噌汁 という意味です。
「おつけおかわり!」
(味噌汁おかわり!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おっかう」があります。
これは「あてる」という意味です。
「ちがでたら、てぃっしゅおっかっときな」
(血が出たら、ティッシュをあてておきなさい)
という風に使われます。

おつけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 気の毒な という意味です。
「そりゃーふんとにおとましーこんだ」
(それは本当に気の毒なことだ)
という風に使われます。

 

② 見苦しい という意味です。
「おとましーなりーしてる」
(見苦しい身なりをしている)
という風に使われます。

 

③ つらい という意味です。
「えれーおとましーしごとだっけやー」
(大変苦しい仕事だったよう)
という風に使われます。

おとましー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おまえ、あなた という意味です。
「おみゃぁははなしがうみゃぁなぁ」
(あなたは話が上手だなぁ)
「おみゃあらみんなばかだ」
(おまえ達はみんな馬鹿だ)
という風に使われます。

 

これは「おめえらっち」ですと「君の家」という意味です。
「こんやおめえらっちにいくからな」
(今夜、君の家に行くからね)
という風に使われます。

おみゃあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 壊す という意味です。
「おなかをおやす」
(お腹を壊す)
「かまのえをおやしちまった」
(鎌の柄を壊してしまった)
という風に使われます。

 

② 悪口 という意味です。
「そんねんひとをおやいてばっかいるといまにばちんあたるよ」
(そんなに人の悪口ばかり言っていると今にばちがあたりますよ。)
という風に使われます。

おやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おやつ という意味です。
「まあちーっとでさんじになるでおよーじゃにするか」
(もうすぐ3時になるからおやつにしよう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「およう」があります。
これは「おやめなさい」という意味です。
「やだよう、やくたいもないことばっかして。およう」
(いやだわ、くだらないことばかりして。およしなさい)
という風に使われます。

およーじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自己中心的な、自分が一番偉いと思っている人 仕切りたがり屋 という意味です。
「あのひとはおれんさんだからこまる」
(あの人は自分が一番偉いと思ってるから困る)
「あのひとはおれんさんだで、はなしははんぶんにきいてりゃいいだに」
(あの人は自己中心的な人だから、話は半分に聞いてればいいですよ)
という風に使われます。

おれんさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おぶさる、おんぶする という意味です。
「つかれたらかあさんのせなかにおんぶさるさ」
(疲れたら母さんの背中におぶさりなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おひんぶる」があります。
これは「上品ぶる」という意味です。
「あのこはおひんぶっちゃって」
(あの娘さんたら上品ぶっちゃって)
という風に使われます。

おんぶさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

卑しい、ひもじい、意地汚い という意味です。
「かってにおかしにてえだしてそんなにかあかあしいことぉしちゃあだめじゃんか」
(勝手にお菓子に手を出してそんなに卑しいことをしては駄目ですよ)
「ひるどきだんてかあかあしくなってきた」
(昼時だから、ひもじくなてきた)
という風に使われます。

 

また、「かあかあしい」には「歯がゆい」という意味もあります。

かあかあしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うるさいくらいに怒鳴り散らす という意味です。
「あの人はおさけをのむと、いつもがあなりかあってる」
(あの人はお酒を飲むと、いつもうるさいくらい大声で怒鳴り散らす)
「おやじががあなりあってる」
(親父がうるさいくらいに怒鳴り散らしている)
という風に使われます。

があなりかあってる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

干からびる という意味です。
「おひつのふたをあけとくとごはんがかあばるよ」
(お櫃の蓋を開けておくとご飯が干からびるよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「かーばりつく」があります。
これは「こびり付く」という意味です。
「なべをこげつかして、よごれがかーばりついてとれない」
(鍋を焦げ付かせて、汚れがこびり付いて取れない)
という風に使われます。

かあばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かる、かある とも言います。

 

(鍵を)掛ける という意味です。
「かぎかってきた?」
(鍵を掛けてきましたか?)
「がいしゅつするときにはかぎをかいときな」
(外出うる時には、鍵を掛けておきなさい)
「ぶっそうだから、よるはかぎをかう」
(物騒だから、夜は鍵を掛ける)
という風に使われます。

かう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

焦げ臭い という意味です。
「なんかいぶっててかこくせーぞ」
(何かくすぶっていて焦げ臭いぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かーりばんこ」があります。
これは「交代で」という意味です。
「ねーってねーでかーりばんこでうたいまー」
(眠っていないで、交代で歌おうよ)
という風に使われます。

かこくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひ弱、粗悪、へりくつ という意味です。
「がしなこだったけーがえらいせんしゅになったっけ」
(ひ弱な子だったけれども、素晴らしい選手になりました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がれ」があります。
これは「崖」という意味です。
「やまじゃーがればにきをつけねきゃーあぶんない」
(山では崖の場所に気をつけなければ危ない)
という風に使われます。

がし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かじくる とも言います。

 

爪を立てて引っ掻く、掻きむしる という意味です。
「やめて!かじらんでよ」
(やめて!引っ掻かないで)
「かにくわれたところをかじくった」
(蚊に刺されたところを引っ掻いた)
「かにくわれたら、かじくっちゃだめ」
(蚊に刺されたら、掻きむしっては駄目)
という風に使われます。

かじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~かなあ という意味です。
「あしたはあめかしん」
(明日は雨かなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かしいでる」があります。
これは「傾いている」という意味です。
「や、よっちゃっただやあ。とうん、かしいでみえらあ」
(ああ、酔ってしまったよ。塔が、傾いて見える)
という風に使われます。

かしん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かてる とも言います。

 

仲間に入れる、まぜる という意味です。
「おらっちもかたしてくりょーやー」
(俺たちも仲間に入れてくれやあ)
という風に使われます。

 

これが「かって、かててぇ」ですと「仲間に入れて」という意味です。
「おれにもおにごっこかててえ」
(私も鬼ごっこの仲間に入れてー)
という風に使われます。

かたす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

残らず という意味です。
「このかぜでかじんでたらまちゃあかたなめしやけちまうら」
(この風の強い時に火事がおきたら、町は残らず焼けてしまうだろう)
という風に使われます。

舌で舐めたように残らず、すっかりという時に使われます。

かたなめし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんだるい とも言います。

 

だるい、疲れた という意味です。
疲れが溜まってかなりだるい状態のことを指します。
「むりしてしごとやったもんでかったりーやあ」
(無理して仕事をしたものだから、だるいよ)
「のらしごとつづきでかったりー」
(野良仕事続きで疲れた~)
という風に使われます。

かったり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

目いっぱい、ぎりぎりまで という意味です。
「しゃこのうしろに、がったりつけてくりょう」
(車庫の後ろに、目いっぱいつけてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がーたりかぁーって」があります。
これは「冗談を言う」という意味です。
「おめーはがーたりかぁーって」
(あんたはまた冗談を言って)
という風に使われます。

がったり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

独り占めにする という意味です。
「おかあちゃぁん、おにいちゃんがおやつかっちめるぅ」
(お母さん、お兄ちゃんがおやつを独り占めにするよー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かっちんだま」があります。
これは「ビー玉」という意味です。
「かっちんだま、やらざーえー」
(ビー玉遊びをしましょうよ)
という風に使われます。

かっちめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がとーもない、がんこ とも言います。

 

大変、たくさん という意味です。
「がとーにあるでたんとくいな)
(沢山あるからたくさん食べな)
「がとーもねーじかんかかるに」
(大変な時間がかかるよ)
「きょうはしゅくだいががんこだに」
(今日は宿題が大変だね)
という風に使われます。

がとー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

裏返す という意味です。
「やあだようこのこは、しゃつぉかやっさぁにきてるにごう」
(嫌だねぇこの子は、シャツを裏返しに着ているよ、ごらん)
「ようふくがかやっさぁ」
(洋服が裏返しになってるよ)
という風に使われます。

かやっさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ついうっかり、つい誤って、故意(わざと)ではない という意味です。
「がらいあしょーふんずばいた」
(ついうっかり足を踏みつぶした)
「がらいじゃしかたない」
(故意ではないのなら仕方が無い)
「がらいかぎをわすれたもんで、えらいめにあっただよ」
(うっかり鍵を忘れたもので、大変な目に遭ったよ)
という風に使われます。

がらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かじかむ とも言います。
「さぶくててがかんじかなっちゃったやー」
(寒くて手がかじかんじゃったよ)
「こおりもってあそんでるとてがかんじかなってしもやけんなるよ」
(氷を持って遊んでいると手がかじかんで、しもやけが出来るよ)
という風に使われます。

かんじかなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんだりぃ、かいだるい とも言います。

 

疲れている、だるい、億劫な という意味です。
「はたらきすぎてからだんかんだりー」
(働きすぎて体が疲れている)
「ああーかんだりぃなー」
(ああ、だるいなあ)
という風に使われます。

かんだるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

発泡スチロール という意味です。
「やめてくりょう、きーきーは。そのおときくととりはだたたあ」
(止めてくれ、発泡スチロールは。その音を聞くと鳥肌が立つんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きーない」があります。
これは「黄色い」という意味です。
「あのきーないほしはなんだやあ」
(あの黄色い星は何だろう)
という風に使われます。

きーきー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

強い、固い、大層、強情な という意味です。
「きいっついたまぁなげるなあ」
(とても強い球を投げますねえ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ぎゅんと」があります。
これも「強く」という意味です。
「もっとぎゅんとおしなー」
(もっと強く押しなさい)
という風に使われます。

きいっつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汚らしい という意味です。
「それきたなぼったいら」
(それ、汚らしいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きみっつらあええ」があります。
これは「ざまあみろ」という意味です。
「ほれみょう、ばちんあたるだよ。きみっつらあえぇ」
(ほらみなさい、罰が当たるんだよ。ざまあみろ)
という風に使われます。

きたなぼったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気持ちをイライラさせる、わざと怒らせるよなことをする という意味です。
「あのこのやることはまずひょうきんできもをいらせるよー」
(あの子のやることはとにかくひょうきんでイライラさせられるよ)
「きもをいらせることをしてぇー!このこは!」
(わざと怒らせるようなことをして!この子ったら!)
という風に使われます。

きもをいらせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 蛙 という意味です。
「よるのたんぼはきゃーるがえらいないてる」
(夜の田んぼは蛙がうるさく鳴いている)
という風に使われます。

 

② 帰る という意味です。
「しょろしょろしてないではやくきゃーる」
(ぐずぐずしていないで、早く買える)
という風に使われます。
これが「きゃーらざー」ですと「帰ろうよ」という意味です。

きゃーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きれいに とも言います。

 

ずいぶん、すっかり という意味です。
「きれいによごしちまった」
(すっかり汚してしまった)
「いのししにさくもつをきれいにくわれちまった」
(猪に作物をすっかり食べられてしまった)
という風に使われます。

きれーに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昨日 という意味です。
「いやあー、きついっきのう。きんののあめは」
(いやいや、凄かったね。昨日の雨は)
という風に使われます。

 

これが「きょうら」ですと「この頃、近頃」という意味です。
「きょうらのわかいしゅはひょうきんななりょうしてるだなー」
(この頃の若者は突拍子もない恰好をしているなぁ)
という風に使われます。

きんの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くしゃー とも言います。

 

臭い という意味です。
「おみゃぁなんか、くしゃぁなぁ」
(あなた、なんだか臭いなあ)
「なっとうはくしゃあなあ」
(納豆は臭いなあ)
「こいつくっしゃー」
(こいつくっせー)
という風に使われます。

くしゃあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬかるんでいる という意味です。
「あめふってぐらんどがぐしゃってる」
(雨が降って、グラウンドがぬかるんでいる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くしょる」があります。
これは「殴る、蹴る」という意味です。
「おみゃ~ふざけたこといやがるとくしょるぞ!」
(おまえ、ふざけた事を言うと殴るぞ)
という風に使われます。

ぐしゃってる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

刺さる という意味です。
「とげくすがって、ばかいてー」
(棘が刺さって、すごく痛いよー)
「あしにとげんくすがっていたくてしょんない」
(足にとげが刺さって痛くて仕方がない)
「こんねんふといくぎがくすがってりゃあぱんくするわけだ」
(こんなに太いくぎが刺さっていれば、パンクするわけだ)
という風に使われます。

くすがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

刺す という意味です。
「はりをあしにくすぐ」
(針を足に刺す)
「あしにがびょうをくすがした」
(足に画鋲を刺した)
「だれだ、こんなとこへ、さびたくぎ、おいたのは。くすいじゃったじゃねえか。いてて」
(誰だ、こんな場所に錆びた釘を置いたのは。刺しちゃったじゃないか。イテテ)
という風に使われます。

くすぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

崩れる という意味です。
「うらやまのがけがおおあめでくんでこまったっけよー(裏
(山の崖が大雨で崩れて困ったっけなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くりゃっつく」があります。
これは「食らいつく」という意味です。
「しつこくくりゃっつく」
(しつこく食らいつく)
という風に使われます。

くむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげる という意味です。
「まだこどもにごはんくれてない」
(まだ子供にご飯をあげていない)
という風に使われます。

 

これが「くりょう」ですと「ください、ちょうだい」という意味です。
「もっとくりょう」
(もっとちょうだい)
という風に使われます。

くれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐらす とも言います。

 

捻挫する という意味です。
「いてーあしをぐらしたー」
(痛い、足を捻挫したー)
「いしょーけっとばかいてあしがぐれちゃった」
(石を蹴っ飛ばして足を捻挫した)
「かいだんであしがぐれた」
(階段で足を捻った)
という風に使われます。

ぐれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

端、隅、角 という意味です。
「そこのごみょーはたけのくろによせとけ」
(そこのごみを畑の隅に寄せておけ)
「ふくはへやのくろにかかっている」
(服は部屋の隅に掛かっている)
「きょうからがっこうだでちゃんとみちのくろをいくさよ」
(今日から学校だから、しっかり道の端を(歩いて)行きなさいよ)
という風に使われます。

くろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疑問文の最後につける言葉です。
「それってほんとうけー?」
(それって本当ですか?)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「~っけ」があります。
これは「~だった、~だったね」という意味です。
「さっきはごめんっけ」
(さっきはごめんなさい)
「いいっけね」
(良かったね)
という風に使われます。

けー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

載せる という意味です。
「ちょっとそこにけけといて」
(ちょっとそこに載せておいて)
「たなのうえーけけときゃーえー」
(棚の上に載せておけばいい)
「そのほんをたなにけけといて」
(その本を棚に載せておいて)
という風に使われます。

けける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

綺麗、見事な、素晴らしい、良い という意味です。
「おまっちねーさんけっこいやー」
(お前の家の姉さんは綺麗だなあ)
「けっこいひになったに」
(良い天気になりました」
「けっこいふくきてどこいくだ?」
(着飾ってどこに行くの?)
「けっこいものをいただいてごちそうさまでした」
(素晴らしい物を頂いて、ご馳走様でした)
という風に使われます。

けっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

尻 という意味です。
尻たぶ、お尻のほっぺ部分など、お尻のふくよかな部分のことを指します。
「いっけえ、ねぶつだじん。こいじゃあ、けつぼうたんいてえづら」
(大きなデキモノだな。これでは、お尻が痛いだろうな)
という風に使われます。

けつぼうだん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うらやましい という意味です。
「あんたっちゃーなつすずしいでけなるいやー」
(あんたの家は夏は涼しいのでうらやましい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けぶったい」があります。
これは「煙たい」という意味です。
「おめえふんとにけぶってえでぇなあ」
(あなたは本当に煙たいですよね)
という風に使われます。

けなるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご とも言います。

 

~してごらん、~してみて下さい という意味です。
「こっちむいてこ」
(こっちを向いてごらん)
「これみてご」
(これを見て下さい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぉ」があります。
これは「ほら」という意味です。
「こぉこぉこぉ、おもしろいものがあるんできてこ」
(ほらほらほら、面白い物があるので来てごらん)
という風に使われます。

こ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面倒な、手間がかかる という意味です。
「ごいせーなれんしゅうばかりでやっきりこいた」
(面倒な練習ばかりで嫌になった)
「ごいせーさぎょうですが、みがましくこうしんしておくのがけんめいだ」
(手間のかかる作業ですが、こまめに更新しておくのが賢明です)
という風に使われます。

ごいせー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腹が立つ、癪にさわる という意味です。
「あんなことゆわれてごーガわいてしょんねーなー」
(あんなことを言われて腹が立ってしょうがないなあ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「こきたんわりい」があります。
これは「気に入らなくて腹立たしい」という意味です。
「あいつはこきたんわりい」
(あいつは気に入らなくて腹立たしい」
という風に使われます。

ごーがわく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引き抜く、掘り起こす という意味です。
「にわのうえきをこぐ」
(庭の植木を掘り起こす)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こく」があります。
これは「言う」という意味です。
「ばかなことをこくな」
(馬鹿なことを言うんじゃない)
という風に使われます。

こぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こむらがえり という意味です。
「きゅうにあしをのばしたら、こぐらんかかっちゃった」
(急に足を伸ばしたら、こむらがえりになってしまいました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こそくる」があります。
これは「繕う」という意味です。
「かぎざきをこそくっといたよ」
(かぎ裂きを繕っておいたよ)
という風に使われます。

こぐらんかかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

作る という意味です。
「おかあさんがおべんとうをこさえてくれた」
(お母さんがお弁当を作ってくれた)
「おばあさんはきびだんごをこさえました」
(おばあさんはきび団子を作りました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こさ」があります。
これは「日陰」という意味です。
「きがおおきくなってはたけがこさになる」
(木が大きくなって畑が日陰になる)
という風に使われます。

こさえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ケチ という意味です。
「あいつはこずいなぁ」
(あいつはケチだなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こずむ」があります。
これは「沈んでいる、沈殿している」という意味です。
「こおりがとけてかるぴすがこずんでる」
(氷が溶けて、カルピスが底に沈んでいる)
という風に使われます。

こずい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せいせいする、はっきりする という意味です。
「きょうはまごんいなくてごせっぽいね」
(今日は孫がいなくてせいせいするね)
「へやがごせっぽい」
(部屋が綺麗に片付いてさっぱりした)
「なんだかごせっぽくないねぇ」
(なんだかはっきりしないねえ)
という風に使われます。

ごせっぽい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こずむ とも言います。

 

(液体に溶けきらず)沈殿している という意味です。
「さとうがこぞんでる」
(砂糖が溶けずに沈殿している)
「かきまーさんとさとうがしたのほうにこずんでるっしょ」
(搔き回さないと砂糖が下の方に沈殿しているでしょう)
という風に使われます。

こぞむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小さい という意味です。
「なりはこついけーがちからがある」
(体は小さいが力がある)
「せっしょうしてたらこついさかなんつらまった」
(魚捕りをしていたら小さな魚が捕まった)
という風に使われます。

こつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こばっちょ とも言います。

 

端、端っこ という意味です。
「そんなのこばによせとけ!」
(そんなものは端に寄せておけ!)
「もっとこばっちょによれ」
(もっと端に寄りなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「これっばか」があります。
これは「たったのこれだけ」という意味です。
「たんだこれっぱかまいたってしょーがにやー」
(たったのこれだけ蒔いても仕方が無いよ)
という風に使われます。

こば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごやっきゃぁんなります とも言います。

 

お世話になります という意味です。
「うちのこぞうがごやっきゃんなります」
(息子がお世話になります)
「きょうはうらんこが、ごやっきゃぁんなります」
(今日はうちの子が、お世話になります)
という風に使われます。

ごやっきゃんなります 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっぱい、たくさん という意味です。
「こらしょってかってあるよ」
(いっぱい買ってあるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こんぼう」があります。
これは「赤ん坊」という意味です。
「ねこのこんぼう」
(猫の赤ちゃん)
という風に使われます。

主に動物の赤ちゃんのことを言うようです。

こらしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疲れた、苦しい という意味です。
「ちゃっととんできたでこんきーら」
(急いで走ってきたから息が苦しいでしょう)
「ぜんりょくしっそうしたでこんきーわ」
(全力疾走したから疲れたよ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「こんてー」があります。
これは「こいつ」という意味です。

こんきー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さ とも言います。

 

んだよ、~なんですよ という意味です。
「きのう、やきにくたべたさあー」
(昨日、焼肉を食べたんだよー)
「あそこがさのさんのいえさ」
(あそこが佐野さんのお宅なんですよ)
「ぼくのくるまはかっこいいさ」
(僕の車は格好良いんですよ)
という風に使われます。

さあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ましょう という意味です。
「いっしょにいかざあ」
(一緒に行きましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さあらつく」があります。
これは「膝をついて前に倒れる」という意味です。
「さっかーしててさあらついてすりきずんできた」
(サッカーをしていて、前に倒れて擦り傷が出来た)
という風に使われます。

ざあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さあたれる とも言います。

 

うろつき回る、うろつく、落ち着かない という意味です。
「よなかこのへんをわけーしがさーたりまーってこまるに」
(夜中、この辺りを若者たちがうろつき回って困るよ)
「どけーいってもさーたれまーってこまりもんだ」
(どこへ行ってもうろつき回って困ったものだ)
という風に使われます。

さあたりまーる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

険しい、急だ という意味です。
「やまみちはさがしーんてかわぞいのみちをいかさー」
(山道は険しいので、川沿いの道を行きましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ささがしい」があります。
これは「忙しない、騒々しい」という意味です。

さがしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気さくな という意味です。
「こんどのてんちょうさんは、さくいひとで、いいひとだ」
(今度の店長さんは、気さくな人で、いい人だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さむご」があります。
これは「鳥肌」という意味です。
「きょうはさむいけーさむごがたった」
(今日は寒いので鳥肌が立った)
という風に使われます。

さくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんじらかし とも言います。

 

散らかしっぱなし、散乱 という意味です。
「しょんないねーこのこは。ささらほうさらでかたづけようんないやぁ」
(しょうがないねー、この子は。散らかしっぱなしで片付けようがないよ)
「このかぁこんなごみをさんじらかしにしてえ」
(この子は、こんなにゴミを散乱させて)
という風に使われます。

ささらほうさら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

押し付ける という意味です。
「ひとにしごとをさっつけるな」
(人に仕事を押し付けるな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さんだす」があります。
これは「差し出す」という意味です。
「えんぴつをさんだーすさんだす」
(鉛筆を3ダース差し出す)
という風に使われます。

さっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

破る、裂く という意味です。
「しょうじをさばくなよ」
(障子を破くんじゃないよ)
「くぎにひっかけてさばいちゃった」
(釘に引っ掻けて裂いてしまった)
「あぁあ、だれだね、せっかくはったしょうじをさばいちゃったのは」
(あぁあ、誰なの、せっかく張った障子を破ってしまったのは)
という風に使われます。

さばく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寒い という意味です。
「ぽんぽんでいかすかとおもったけえが、きょうはさぶいでやーめた。」
(バイクで行こうかと思いましたが、今日は寒いからやめました)
「な、だで、さぶいっていったじん」
(ね、だから、寒いって言ったでしょう)
「いいからかんなこというな。きんのはともかく、きょうはさぶいわ」
(いい加減なことは言わないで。昨日はともかく今日は寒いですよ)
という風に使われます。

さぶい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる という意味です。
「そんなもん、さぼかっしみゃー!」
(そのようなものは捨ててしまいなさい!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さもにゃあ」があります。
これは「大した事はない」という意味です。
「これくらいさもにゃあら」
(これくらいは大した事はない)
という風に使われます。

さぼかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~まし とも言います。

 

~ごと、まるごと、~まで という意味です。
「みかんをかわさらくう」
(ミカンを皮ごと食べる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さや」があります。

これは「~するに決まっている」という意味です。
「いくさや」
(行くに決まっている)
という風に使われます。

さら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

散々 という意味です。
「さっきからさんざっぱらげーむしてたじゃん!」
(さっきから散々ゲームしていたじゃない!)
「さんざっぱらさけをのんであくたいついてねちまった」
(散々、酒を飲んで、悪態をついて寝てしまった)
という風に使われます。

さんざっぱら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しー とも言います。

 

人 という意味です。
「わきゃーし」
(若者)
「おんなしー」
(女の人)
という風に使われます。

 

これが「しら、しゅう」ですと複数形に使用されます。
つまり「人たち、人々」という意味です。
「あのしら」
(あの人たち)
「ばんたびしってるしゅうにでんわかけるじゃやんだくなっちゃわーな」
(毎回、知ってる人々に電話をかけるのでは嫌になってしまいますね)
という風に使われます。

し 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

萎びる という意味です。
「このせんべいはふるいだら。しっけちゃって、しいなくれちゃってるやあ」
(この煎餅は古いんだね。湿気を帯びて、萎びているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しとらせる」があります。
これは「湿らせる」という意味です。
「あしたまくたねをしとらせときな」
(明日蒔く種を湿らせておきなさい)
という風に使われます。

しいなくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ながら という意味です。
「てれびをみがつらべんきょうしてもあたまにはいらねえよ」
(テレビを見ながら勉強しても頭に入らないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「したったか」があります。
これは「たくさん」という意味です。
「きょうのごはんはしたったかあるで」
(今日のご飯はたくさんありますから)
という風に使われます。

しがつら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっちかられた とも言います。

 

叱られた という意味です。
「おかあにしっちかられた」
(お母さんにものすごく叱られた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じちなし」があります。
これは「意気地なし、だらしがない」という意味です。
「あんなじちなしゃーみたことがねーじゃー」
(あんな意気地なし、見たことがない)
という風に使われます。

しっちかられた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出来が悪い作物、出来損ない という意味です。
「このらっかせいはしなすばかりだ」
(この落花生は出来が悪いものばかりだ)
「ここのにんじんはしなすばかり」
(ここの人参は出来損ないばかり)
という風に使われます。

しなす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける という意味です。
「ものおきーしなべるのーてんだってくりょー」
(物置を片づけるのを手伝ってくれ)
「じかんになったで、ぼちぼちしなべてかえらずよ」
(時間になったから、そろそろ片付けて帰りましょう)
「ようぐをきれいにしなべときな」
(用具を綺麗に片付けておきなさい)
という風に使われます。

しなべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しましょうか という意味です。
「もう、しまいにしまいか」
(もう、終わりにしましょうか)
「しまいか」
(しましょう)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「じゃ」があります。
これは「~じゃないか」という意味です。
「ここにあるじゃ」
(ここにあるじゃないか)
という風に使われます。

しまいか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃっつらんにきい とも言います。

 

憎たらしい、憎い、顔が憎たらしい という意味です。
「あのこぞうはしゃっつらにきー」
(あの小僧はとても憎たらしい)
「しゃっつらんにきいやつだ」
(顔が憎たらしい奴だ)
という風に使われます。

しゃっつらにくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(粘度が低く)水っぽい という意味です。
「せっかくつくったかれーがしゃびしゃびになってしまった」
(せっかく作ったカレーが水っぽくなってしまった)
「かれーすーぷじゃないんだから、しゃびしゃびすぎるよ」
(カレースープじゃないのだから、水っぽすぎるよ)
という風に使われます。

しゃびしゃび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やばい、まずい という意味です。
「それまじしゃびゃあらぁ?」
(それは本当にまずいでしょう?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃらっかまぁにゃあ」があります。
これは「全く気にしない」という意味です。
「しゃらかまぁにゃあひでぇかっこうしてる」
(目に余るほど酷い格好をしている)
という風に使われます。

しゃびゃあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃれー、しゃらくさい とも言います。

 

生意気、ずる賢い という意味です。
「しゃらくせーやつは、ぶっさらえ!」
(生意気な奴は、ぶん殴れ!)
「あいつしゃらくさいよね」
(あいつはずる賢いよね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃらきたにゃあ」があります。
これは「とても汚い」という意味です。
「しゃらきたにゃあいぬ」
(とても汚い犬)
という風に使われます。

しゃらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしゃべりな人、口が軽い人 という意味です。
「あいつはしゃんべーなやつだ」
(あいつは口が軽い奴だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃっぺぇ」があります。
これは「霜柱」という意味です。
「けさはしゃっぺぇがひでぇなあ」
(今朝は、霜柱が凄いなあ)
という風に使われます。

しゃんべー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬかるんでいる、やわらかい という意味です。
「そこらへんじゅるいできーつけな」
(その辺りはぬかるんでいるから気をつけなさい)
「あめのあとでうんどうじょうがじゅるい」
(雨の後で、運動場がぬかるんでいる)
という風に使われます。

じゅるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃがみこむ という意味です。
「さぶいにそんならとこでしょぐなっていねえで、こっちへおへえり」
(寒いからそんな場所にしゃがみ込んでいないで、家の中へお入りなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃばける」があります。
これは「(派手に)破れる」という意味です。
「しょーじをしゃばく」
(障子を破く)
という風に使われます。

しょぐなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょづむ とも言います。

 

つまむ という意味です。
「ごっそうしょずみぐいしるでねーぞ」
(ご馳走をつまみ食いをするんではないぞ)
「はなをしょずむ」
(鼻をつまむ)
「そんならとこでおさいをしょづんでくってちゃあだめじゃんか」
(そんな台所の片隅で、おかずをつまみ喰いしていては駄目じゃないか)
という風に使われます。

しょずむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あちらこちら という意味です。
「このじきんなると、しょほうらにつばめがとんでるやー」
(この時期になると、あちらこちらにツバメが飛んでいるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょぼい」があります。
これは「弱い、貧弱だ」という意味です。
「ばかしょべー」
(すごく弱いね)
という風に使われます。

しょほうら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐずぐず、のろのろ という意味です。
「なにしょろしょろしてんだ」
(何をぐずぐずしているんだ)
「しょろしょろしてると、がっこうにおくれるではやくいくさよ」
(のろのろしていると、学校に遅れるから早く行きなさいよ)
「なにしょろしょろしてんだね、はやくめしくっちゃえ」
(何ぐずぐずしてるんだよ、早くご飯食べてしまいなさい)
という風に使われます。

しょろしょろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ドジで間抜け という意味です。
「あいつはしょろぬけだなあ」
(あいつはドジで間抜けだなあ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「しょれー」があります。
これは「遅い、のろま」という意味です。
「しょれーなーまったく」
(のろまだなあ、全く)
という風に使われます。

しょろぬけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

草履、子供用サンダル という意味です。
「あたらしいごむじょんじょんかってもらったで、こんだのしおひがりんたのしみだやぁ」
(新しいゴム草履を買ってもらったから、今度の潮干狩りが楽しみだなあ)
「じょんじょんはいてー」
(サンダル履いて)
という風に使われます。

じょんじょん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃーにゃあ とも言います。

 

仕方ない という意味です。
「はあ、やっちゃったもんはしょんないで」
(もう、してしまったことは仕方が無いから)
「くるまんとばかいてしょんないに」
(車を飛ばしちゃって、しょうがないな)
「あいつはああいうやうだからしょんないよ」
(あいつは、ああいう奴だから、仕方ないよ)
という風に使われます。

しょんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっぱい、塩辛い という意味です。
「けさのおつけはちーとしょんぱいなー」
(今朝の味噌汁は少ししょっぱいねえ)
「やっぱうみのみずはしょんばいなあ」
(やっぱり海の水は塩辛いなあ)
「このすーぷしょんばいねー」
(このスープはしょっぱいねえ)
という風に使われます。

しょんばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

白くなる という意味です。
「わあ、しらじゃーけた」
(わあ、白くなって(ふやけて)しまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しろばっこい」があります。
これは「白っぽい」という意味です。
「はあ、やめりゃーいいにぬるもんで、かおがしろばっこくなるだよ」
(もうやめればいいのに塗るから、顔が白っぽくなるんだよ)
という風に使われます。

しらじゃーける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

知らない、知るわけがない という意味です。
「んなこたしらすか」
(そんなこと知りません)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しら」があります。
これは「敷板」という意味です。
「ふねをだすからしらをしいとけよ」
(舟を浜から海に出すから、敷板を敷きなさいよ)
という風に使われます。

しらすか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

フラフラ、のろのろ という意味です。

 

はっきりしないで、フラフラしている様子を指します。
「しらっくらしてね~で、はやくしごとやれよ」
(フラフラしていないで、早く仕事をしなさい)
「なにぉしらっくらしてるだ!ちったァ、べんきょうしょお!」
(何をフラフラしているのですか!少しは、勉強しなさい!)
という風に使われます。

しらっくら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

風呂 という意味です。
「だれかにすいほろへみぞォーいれさしょう」
(誰かに風呂へ水を入れさせろ)
「すいほろでもはいってひとかわこきむいておちついてやりなおそう」
(風呂にでも入って、一皮綺麗に洗って、落ち着いてやり直しましょう)
という風に使われます。

すいほろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずるいこと という意味です。
「こらっ!すこするてぇは、ろくなもんにゃあなんねえぞ」
(こらっ!ずるいことをする人は、ろくなものにはなりませんよ)
という風に使われます。

 

これが「すこい」ですと「ずるい」という意味です。

すこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずなし、じちなし とも言います。

 

面倒くさがり、だらしがない、能力がない という意味です。
「ずつなしなあるきかただなあ」
(面倒くさがりな歩き方だなあ)
「あのおとこは、ほんとずつなしだね」
(あの男は、本当に面倒くさがりだね)
という風に使われます。

ずつなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

素肌にそのまま、素肌に着る、肌着を着けない という意味です。
「ぱじゃまをすどんこじゃもうさみーら」
(パジャマを素肌にそのまま着たのでは、もう寒いでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ずんずん」があります。
これは「どんどん、さっさと、早く」という意味です。
「ずんずんしろ」
(さっさとしろ)
という風に使われます。

すどんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずーんない とも言います。

 

① 賢い という意味です。
「ありゃーずないこだ」
(あれは頭の良い子だ)
という風に使われます。

 

② 強い、丈夫だ という意味です。
「としょーとってもずねーなー」
(歳を取っても丈夫だなあ)
という風に使われます。

 

③ 気が強い という意味です。
「うちのこぞーはずなくてしょんねー」
(うちの息子は気が強くてしょうがない)
という風に使われます。

ずない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とろい、アホ という意味です。
「あいつはほんとうにすやいやつだなあ」
(あいつは本当にとろい奴だなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すかす」があります。
これは「(窓などを)少し開ける」という意味です。
「あついからまどすかしといて」
(暑いから窓を少し開けておいて)
という風に使われます。

すやい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嘘 という意味です。
「すらいうな!」
(嘘言うんじゃない!)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「すらつきゃー、すばくら」があります。
これは「嘘つき、怠け者」という意味です。
「あのおとこはすらつきゃーだよ」
(あの男は嘘つきだよ)
「そんなすばくらもんじゃーともだちはできねーじゃ」
(そんな嘘つきでは友達は出来ないよ)
という風に使われます。

すら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だら、ら、ずらか、たらか、らか とも言います。

 

~だろう、~でしょう、~でしょうか という意味です。
「きょうのごごはあめずら」
(今日の午後は雨だろう)
「たぶんやきそばたべにいったずら」
(多分、焼きそばを食べに行っただろう)
「くみあいちょうはいるだらか?」
(組合長はおられるでしょうか?)
という風に使われます。

ずら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引きずる という意味です。
「くつをずってあるった」
(靴を引きずって歩いた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~するんて」があります。
これは「~するので」という意味です。
「きゃーるがなくんて、あしたはあめずらよー」
(カエルが鳴くので、明日は雨ですよ)
という風に使われます。

ずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すんみ とも言います。

 

全く、幾分、少しも、少し という意味です。
「すんみしたにんでもあるめえに」
(全くの他人でもないでしょうに)
「あいつはすんみしべんきょうしないやつだ」
(あいつは少しも勉強をしない奴だ)
という風に使われます。

すんみし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうは言っても という意味です。
「せいだっても、かあちゃんのこだからしょうーがねーら」
(そんなこと言ったって、お母さんの子なんだから仕方がないでしょ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「せえってる」があります。
これは「言っている」という意味です。
「あのひとん、せえってる」
(あの人が、言っている)
という風に使われます。

せいだっても 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん という意味です。
「めしをせえしゃくった」
(ご飯をたくさん食べた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~せにゃ」があります。
これは「~しなければ」という意味です。
「きょうとしょかんにいかにゃかん」
(今日は図書館に行かなければならない)
という風に使われます。

せえしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうしようもない、施しようがない という意味です。
「こんなんいとんからまっちゃったじゃあ、せずようもない」
(こんなに糸が絡まってしまったのでは、どうしようもない)
という風に使われます。

 

また、「暇、することがない」という意味もあります。

せずようもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いじる、もてあそぶ、ちょっかいを出す という意味です。
「あんまりせせくるときずがはれるぞ」
(あんまりいじくると傷が腫れるぞ)
「つくえのうえのものをせせくるな」
(机の上のものをいじるな)
という風に使われます。

せせくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

狭苦しい、狭い、窮屈 という意味です。
「そんなせばらったいとこへはいるじゃない。こまってるじゃん」
(そんな狭苦しい所へ入るんじゃありません。困っているじゃないの)
という風に使われます。

 

ただ単に「狭い」と言う場合は「せばい」が使われます。

せばらったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

先日 という意味です。
「せんだっては、しごとてんだってもらってよかったやぁ」
(先日は、仕事を手伝ってもらって良かったです)
「せんだってのかいぎのけんではなしがある」
(先日の会議の件で話があります)
という風に使われます。

せんだって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

定規、ものさし という意味です。
「せんひきかしてー」
(定規を貸してー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せんころ」があります。
これは「この間、先ごろ」という意味です。
「となりのうちのおじいさんは、せんころたいいんした」
(隣の家のおじいさんは、この間退院しました)
という風に使われます。

せんひき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せいじゃー とも言います。

 

それでは、それじゃあ という意味です。
「そいじゃー、おれんいってくるで」
(それでは、私が行ってきますので)
「せーだけえが、せいじゃー、わりいで、おらんいってくるでええよ」
(しかし、それでは申し訳ないので、私が行ってきますから、いいですよ)
という風に使われます。

そいじゃー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

壊れやすい という意味です。
「やあしょんねえなあ、のこぎりんそうばになっちゃった」
(あれあれ、仕方がないな、ノコギリが壊れやすくなってしまった)
という風に使われます。

 

また「水気のない、ぼそぼそとして粘り気のない状態」のことも「そうば」と言ったようです。

そうば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そこいらへん とも言います。
その辺、そこら辺、その辺り、辺り という意味です。
「おらんおかーはそこいらにいるら」
(私のお母さんは、その辺にいますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そうだらぁ」があります。
これは「そうでしょう」という意味です。
「やっぱりそうだらぁ」
(やっぱりそうでしょう)
という風に使われます。

そこいら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そのうち という意味です。
「そのいとおまっちんとこいくでね」
(そのうちあなたの家に行きますからね)
「そんなきずんうっちゃっときゃそのいとなおっちゃうに」
(そんな傷は、放っておけばそのうち治るよ)
「おらんおかーはそのいとにかえってくるよ」
(私のお母さんは、そのうちに帰ってきます)
という風に使われます。

そのいと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そばえる、そべーる とも言います。

 

はしゃぐ、ふざける という意味です。
「よそのいえへきて、そんなにそばいかあるもんじゃあないよ」
(他所の家に来て、そんなにはしゃぐものではありませんよ)
という風に使われます。

そばいかある 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① とぼける、知らないふりをする という意味です。
「そらーつかったってかおにでてるぞ」
(とぼけたって顔に出ているぞ)
という風に使われます。

 

② 嘘つき という意味です。
「やつはそらつかいだ」
(あいつは嘘つきだ)
「そらばかりつかっちゃってかわいくない」
(嘘ばかり言っちゃって可愛くない)
という風に使われます。

そらつかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怠ける、サボる という意味です。
「きのうのぶかつ、そらつかっちゃった」
(昨日の部活、サボっちゃった)
「そらつかってべんきょうやんないっけもんでれーてんだっけよ」
(怠けて勉強しなかったもので、0点だったよ)
「きょうのかいごうは、そらつかっちゃえ」
(今日の会合は、サボってしまえ)
という風に使われます。

そらをつかう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしなくて、ぞんざい、乱暴、失礼な人 という意味です。
「あいつあぞろっぺいでしょんねえなあ」
(あの男はだらしなくてどうしようもないなあ)
という風に使われます。
うっかりして約束を破ってばかりいたり、人との接しかたや物の扱いが乱暴の人などを言います。

ぞろっぺい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぞんぐら とも言います。

 

ぞっとする、ひやっとする という意味です。
「そんなはなしょーききゃーぞんぐりするらよ」
(そんな話を聞けばぞっとするだろうよ)
「よみとぉひとりであるいているとぞんぐりするよ」
(夜道を1人で歩いていると(怖くて)ぞっとするよ)
という風に使われます。

ぞんぐりする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そのまま という意味です。
「かつおはそんなりじゃくえねーら」
(カツオはそのままでは食べられないでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そんかし」があります。
これは「その代わりに」という意味です。
「そんかしこれやって」
(その代わりに、これをやってくれ)
という風に使われます。

そんなり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だばあける とも言います。

 

馬鹿にする、ふざける という意味です。
「わしらんうちゃこいぬをもらっただけーがたぁぶれちゃってしょんないよー」
(私の家では子犬をもらいましたが、犬がふざけて困ります)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だばあける」があります。
これは「馬鹿げたこと」という意味です。
「だばあけたことをいうもんじゃあないよ」
(馬鹿げたことを言うものではありませんよ)
という風に使われます。

たあぶれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たんと とも言います。

 

たくさん という意味です。
「えんりょしないで、たーんとたべるさよ」
(遠慮しないで、たくさん食べてくださいね)
「そんなにたんとはたべられないよ」
(そんなにたくさんは食べられませんよ)
という風に使われます。

たーんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大事に、大切に という意味です。
「おまんが、だいじもんじにとっといただで、だれもたべちゃったりしないらぇ」
(あなたが、大事にとっておいたお饅頭ですから、誰も食べてしまったりしませんよ)
「だいじもんじにしていたゆびわがないよぅ」
(大切にしていた指輪が無いよー)
という風に使われます。

だいじもんじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だけん とも言います。

 

だけれども、だけど という意味です。
「おらんこぞうのくるまだけんがなんでこんなところにある?」
(私の息子の車だけれども、なぜこんな所にあるんだろう?)
「そうだえんが」
(そうだけれども)
「あいつこわがりだけんがまんしただよ」
(あいつは怖がりだけど、我慢したんだよ)
という風に使われます。

だけんが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

サボる、怠ける という意味です。
「ぶかつたこってどけーいっただ」
(部活をサボってどこへ行ったんだ)
「またれんしゅうをたこってどこへいっちゃっただか」
(また練習をサボって、どこへ行ってしまったのか)
という風に使われます。

たこる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

閉める という意味です。
「かがはいってくるで、とをたっといてくりょう」
(蚊が入ってくるから、戸を閉めておいてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たっき、たっきよ」があります。
これは「~したよ」という意味です。
「やいやい、まちがったっきよ」
(あらあら、間違っちゃったよ)
という風に使われます。

たつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だもんで とも言います。

 

だから という意味です。
「だでいったっきら、ぼーるあそびすんなって」
(だから言ったでしょ、ボール遊びをするなって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せーだで」があります。
これは「それだから」という意味です。
「せーだできをつけろっていったじゃん」
(それだから気をつけろって言ったでしょ)
という風に使われます。

だで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~なのに という意味です。
「だからそういってるだに、わかんねゃーずらか」
(だからそう言っているのに、わからないのか)
という風に使われます。

 

② ~だよ という意味です。
「こうやってやるだに!」
(こうやってするんだよ!)
「こいつきのうころんだだに」
(こいつは昨日転んだんだよ)
という風に使われます。

だに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

他愛もない、くだらない という意味です。
「そんなことしてたやもねゃー」
(そんなことをして・・・くだらない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だか」があります。
これは「~だとか、~だとか言う、~だとか言う場所」という意味です。
「ごてんばだかにいったっけよ」
(御殿場だとかいう場所に行きましたよ)
という風に使われます。

たやもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だろう、~でしょう という意味です。
「なんだらね、それしつれいだら?」
(なんでだろうね、それは失礼でしょう?)
「きょうのいちじかんめすうがくだら?」
(今日の一時間目は数学だろう?)
「やっぱりそうだらぁ!」
(やっぱりそうでしょう!)
という風に使われます。

だら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~たち という意味です。
「あのこっちさあ、だいじょうぶ?」
(あの子たちさあ、大丈夫かなあ?)
「おらっちもいく」
(俺達も行くよ)
という風に使われます。

 

② ~の家、~のうち という意味です。
「おらっちよってくんな」
(私の家に寄って行ってください)
という風に使われます。

っち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少し という意味です。
「けさはちいっとばかさぶいなー」
(今朝は少しばかり寒いなあ)
「たんとのむとよっちゃうんてちーっとついでやー」
(たくさん飲むと酔ってしまうので、少し注いで下さい)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちったー」があります。
これは「少しは」という意味です。
「いそがしいだで、ちったーてつだうさよ」
(忙しいんだから、少しは手伝ってよ)
という風に使われます。

ちいっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちんびくたい、ちんびい、ちんぶい とも言います。

 

小さい という意味です。
「ひきにだまされてあげたら、こんなちっくないさかなだっきゃあ」
((強い)引きにだまされて上げてみたところ、こんなに小さい魚だったよ)
「あのこは、からだはちんびくたいけん、はしるなぁ、はえーでー」
(あの子は、体は小さいけど、走るのは速いんだよ)
という風に使われます。

ちっくない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちぃとらっつ とも言います。

 

少しずつ という意味です。
「おかねはでーじだんで、ちっとらっつつかえよ」
(お金は大事ですから、少しずつ使いなさいね)
「あわぁくうとこけるで、ちっとらっつがんばらざぁ」
(慌てると失敗するから、少しずつ頑張りましょう)
という風に使われます。

ちっとらっつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

抓る という意味です。
「ちみくられて、がんこいたい」
(抓られて、すごく痛い)
「えらいきつくちみくられたもんでちーしんだ」
(大変きつく抓られたので内出血した)
「いいかげんなきやまないとちみくるよっ」
(いい加減に泣き止まないと、抓るよっ!)
という風に使われます。

ちみくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きっちゃか とも言います。

 

さっさと、早く という意味です。
「ちゃっちゃかやっちゃえ」
(さっさとやってしまいなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょっくら」があります。
これは「ちょっと」という意味です。
「ちょっくらいってくる」
(ちょっと行って来ます)
という風に使われます。

ちゃっちゃか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

朝食 という意味です。
「ちゃっちゃかちゃのこくってしごとするべ」
(さっさと朝食を食べて仕事しましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃのこ」があります。
これは「朝飯前に食べる軽食」という意味です。
「ちゃのこくってひとしごと」
(朝飯前に軽く食べて一仕事)
という風に使われます。

ちゃのこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まともに、まともな という意味です。
「ちょうきゅうなしごともできない」
(まともに仕事も出来ない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょーずば」があります。
これは「トイレ、便所」という意味です。
「しょうべんはちょーずばでしなしゃー」
(おしっこはトイレでしなさい)
という風に使われます。

ちょうきゅう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿にする、からかう という意味です。
「ひとーをちょーらかすなーわりーこんだぞ」
(人をばかにするのは悪いことだぞ)
「あんま、ちょーらかすじゃないよ。すーぐ、なくで」
(あまりからかうってはいけませんよ。すぐ泣いてしまうから)
「おとうとをちょーらかしてけんかになった」
(弟をからかって喧嘩になった)
という風に使われます。

ちょーらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっくり、ちょっくら とも言います。

 

ちょっと、ほんの少し、朝飯前 という意味です。
「ちょっくりしょよってくんな」
(ちょっと寄って行って下さいな)
「そんなしごとなんてちょっくりしょにおわる」
(そんな仕事なんて、ほんの少しで終わる)
「ちょっくらいってくらー」
(ちょっと行ってきます)
という風に使われます。

ちょっくりしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっかいを出す、口や手を出す という意味です。
「あっちこっちでちょびちょびすんな」
(あちらこちらでちょっかいを出すんじゃない)
「あのひとは、わかりんもしんにたにんのしごとまでちょびちょびしていまにきらわれるよ」
(あの人は、分かりもしないのに、他人の仕事にまで口や手を出して、そのうち嫌われるよ)
という風に使われます。

 

これが「ちょびちょび」ですと「ウザイ、ムカつく」という意味です。

ちょびちょびする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弱弱しい という意味です。
「それちょれーふくろだなあ」
(それは弱弱しい袋ですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょりゃあ」があります。
これは「ちょろい、小者だ」という意味です。
「あいつちょりゃあな」
(あいつは小者だな)
という風に使われます。
相手を軽く馬鹿にする時などに使います。

ちょれー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

覇気がなくグズグズしている という意味です。
「ちんたらちんたらするな!」
(グズグズするんじゃない!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちんちんこめ、ちんたんこめ」があります。
これは「メダカ」という意味です。
「ちんちんこめがきもちよさそうにおよいでいるよ」
(メダカが気持ちよさそうに泳いでいるよ)
という風に使われます。

ちんたらちんたら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熱い、熱くなっている、過熱 という意味です。
「おふろんちんちんしてるにー」
(お風呂が沸き過ぎているよ)
「えんじんがちんちんだ~」
(エンジンがオーバーヒートしている)
「やかんたちんちんいってるに」
(ヤカンが沸騰してるよ)
という風に使われます。

ちんちん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちんぶりこく とも言います。

 

拗ねる、ふて腐れる、ふくれっ面をする という意味です。
「ちんぶりかいてんで、めしくえ」
(ふて腐れていないで、ご飯を食べなさい)
「ちーとばかおこられたぐりゃーでちんぶりかくじゃねー」
(少しばかり怒られたぐらいで、ヘソを曲げるんじゃない)
「このがきゃーちんぶりこいてねちゃったに」
(この子はぐずって寝ちゃったよ)
という風に使われます。

ちんぶりかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ずつ という意味です。
「こいつおまっちにひとつっつくれてやる」
(これをお前たちに一つずつあげましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「っつー」があります。
これは「~という」という意味です。
「そけーらにあるっつーら」
(その辺りにあるということです)
という風に使われます。

っつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乱雑な様子 という意味です。
「へやがつくなってしょんないだよ」
(部屋が散らかって仕方が無いんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「づくなし」があります。
これは「怠け者」という意味です。
「このづくなしが」
(この怠け者め)
という風に使われます。

つくなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つっころかす とも言います。

 

押す、突き飛ばす という意味です。
「うしろからひとをつっからかすとあぶんないよ」
(後ろから人を押すと危ないよ)
「こんなところでつっからかすのはやめろ」
(こんな場所で押すのはやめろ)
「うしろからつっころかされてひっくりけぇっちゃってー」
(後ろから突き飛ばされて転んでしまいました)
という風に使われます。

つっからかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

放っておく という意味です。
「はたけからいかいいしがでてきたから、つっころきやーておいた」
(畑から大きな石が出てきたから、放っておいた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つっころける」があります。
これは「転ぶ」という意味です。
「いしにつまづいてつころけた」
(石に躓いて転んだ)
という風に使われます。

つっころきやーておく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

元気だ、強い、壮健、健康、達者 という意味です。
「あっちのいえのばあさんはいつまでもづにゃあなあ」
(あちらのお宅のお婆さんはいつまでもお元気ですねえ)
「そんなこんでなくのはおよう。ほれづないづない」
(そんなことで泣くのはやめなさい。ほら、強い、強い)
という風に使われます。

づない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~でしょう、~だったでしょう という意味です。
「はやくしないとぷれぜんとをくばりきれないっていっつら」
(早くしないとプレゼントを配りきれないって言ったでしょう)
「ここにいつら」
(ここにいるでしょう)
「このまえ、のうぎょうさいをやっつら」
(この前、農業祭をやったでしょう)
「はたけにいっつら」
(畑に行ったでしょう)
という風に使われます。

つら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つかます、つらまいる とも言います。

 

捕まえる、捕らえる という意味です。
「へんなさかなをつらますとおよしよ」
(変な魚を捕まえるのはやめなさい)
「がっこうのかえりにかわでさかなをつかまさざあ」
(学校の帰りに川で魚を捕ろうよ)
という風に使われます。

つらます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

友達、知り合い という意味です。
「ちょっとつれといってくるで」
(ちょっと友達と行って来ますから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つんつるてん」があります。
これは「小さ過ぎる」という意味です。
「わりゃぁ、なんだ、そのふくは、つんつるてんじゃねぇか」
(あなた、その服はなんなの、小さ過ぎるんじゃないの)
という風に使われます。

つれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でい とも言います。

 

奥座敷 という意味です。
「おりゃあ、いっつもでえにいるでえ」
(私はいつも奥座敷にいるんだよ)
「おだいのいえはおくでえもあるだよ」
(お金持ちの家には、奥の奥座敷もあるんだよ)
という風に使われます。

でえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手に負えない、もてあます という意味です。
「えらくてごっさいなちーむでこまりもんだ」
(とても手に負えないチームで困ったものだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てっさん」があります。
これは「素手で魚を獲る」という意味です。
「このふなぁてっさんでとったでぇ」
(この鮒は手づかみで獲ったんですよ)
という風に使われます。

てごっさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そのまま という意味です。
「はんべならてつけてげえなくてええら」
(はんぺんなら煮たり焼いたりしなくても、そのまま食べられていいでしょう)
という風に使われます。

 

漢字で書くと「手つけ手返えない」と思われます。
つまり、手をつけてひっくり返したり、捏ねたりする必要がない、という意味で、
そのままで良いことを指します。

てつけてがえない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口からでまかせ、デタラメを言う、当てずっぽう という意味です。
「でっぽらいっちゃいかんに」
(口からでまかせを言ってはいけないよ)
「それでっぽらずら」
(それはデタラメだよ)
「でっぽらばかりいってるときらわれるよ」
(口からでまかせばかり言っていると嫌われるよ)
という風に使われます。

でっぽら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

十分な、やり甲斐のある という意味です。
「さけいっしょうはのみでのあるりょうだ」
(酒一升は、飲み甲斐のある量です)
「いっちょうぶもたがやすなんてでのあるしごとだ」
(一町歩も耕すなんて、やり甲斐のある仕事だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でろ」があります。
これは「泥」という意味です。

でのある 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんな大袈裟な という意味です。
「でほうでー、ばかいうじゃねー」
(そんな大袈裟な。馬鹿言うんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「でっきゃぁ」があります。
これは「大きい」という意味です。
「でっきゃぁあしだなぁー」
(大きな足ですねえ)
という風に使われます。

でほうでー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

始めから という意味です。
「ありゃあいけぇことばかりいうけぇがてんがけもんなしだ」
(あの男は大きなことばかり言うが、始めからお金がないのに)
「せぇじゃあ、このしごとはてんがけにやるか」
(それでは、この仕事は始めからやろうか)
という風に使われます。

てんがけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一番上、てっぺん、頂上 という意味です。
「あたまのてんこちょあたりがすげーかゆい」
(頭のてっぺんあたりが、すごく痒い)
「おめぇ、てんこちょのかみが、はねてらぁ、とんじゃかねぇなぁ」
(あなた、頭のてっぺんの髪の毛がはねてますよ、おしゃれに無頓着ですねぇ)
という風に使われます。

てんこちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手伝う という意味です。
「ひっこしをてんだうわ」
(引越しを手伝うよ)
「おきゃくさんがきてるだで、おまんもてんだうさよ!」
(お客さんが来ているのだから、お前も手伝いなさいよ!)
という風に使われます。

てんだう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それぞれ、別々に という意味です。
「ちいーっとおくれそうだでてんでっこにいきまぁ」
(少し遅れそうだから、それぞれ別れて行きましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てんかく」があります。

これは「ノコギリクワガタ」という意味です。

てんでっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とっく という意味です。
「とーのむかしのこんだっけわすれちまった」
(とっくの昔のことだから忘れてしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ど」があります。
これは「とても、すごく」という意味です。
「どすごい」
(とても凄い)
「どばやい」
(すごく早い)
という風に使われます。

とー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とおせんぼう(通せん坊)という意味です。
「とらっくがとおさんべえしてとおれない」
(トラックがとおせんぼうしていて通れない)
「うわっ、とおさんべぇされてらぁ。このみちはやめといたほうんええら」
(うわっ、とおせんぼうされてるよ。この道(を通るの)は、やめた方がいいんじゃない?)
という風に使われます。

とおさんべえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どの辺り という意味です。
「いま、どこうらをはしってるだかしん」
(いま、どの辺りを走っているのかな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どんかい」があります。
これは「どのくらい」という意味です。
人・物の両方に対して使います。
「どんかいはこぶの」
(どのくらい運ぶんですか)
という風に使われます。

どこうら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とかじる とも言います。

 

絡まる という意味です。
「いとがとじかっちゃってたこがあがらねー」
(糸が絡まっちゃって凧が上がらない)
「うわっ、かみのけとかじっちゃったぁ。いそいでるのにぃ」
(うわぁ、髪の毛が絡まっちゃった。急いでいるのにー)
という風に使われます。

とじかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まとわり付く という意味です。
「とっつきひっつきうるさいこだねェ。むこうへいくさ」
(まとわりついてうるさい子だねェ。むこうへ行ってなさい)
「あまり、ひとにとっつきひっつきしないじゆうなたいぷです」
(あまり、人にまとわり付いたりりない自由なタイプです)
という風に使われます。

とっつきひっつき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とばじむ とも言います。

 

屈む、しゃがむ という意味です。
「さっかーこーとでとばじんでるのはどこのもんだ」
(サッカーコートで屈みこんでいるのは、どこの誰だ?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どく」があります。
これは「自ら退く」という意味です。
「じゃまだからどくよ」
(邪魔だから退くよ)
という風に使われます。

とばむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とびっこ とも言います。

 

かけっこ、徒競走 という意味です。
「あんてえはむかしからとびっくらんはええっきでえ。とくににげるときゃーな」
(あの子は昔から競走が速かったんだよ。特に逃げるときはね)
「とびっこしざー!」
(かけっこしよう!)
「うんどーかいのとびっこでいちばんになった」
(運動会の徒競走で一番になった)
という風に使われます。

とびっくら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

走る、駆ける という意味です。
「ろうかをとぶな!」
(廊下を走るんじゃない!)
「そんなにとぶとあぶにゃーぞ」
(そんなに駆けると危ないよ)
「しょろしょろしね~でとんでこい」
(モタモタしないで走って来い)
という風に使われます。

 

”足を使って走る”ことに使用し、車輪のものには用いません。

とぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どび とも言います。

 

最下位、ビリ という意味です。
「げーむどべっかすだった」
(ゲームは最下位だった)
「せんだってのえきでんいっしょうけんめいはしったけーがどべっかすだっき」
(このあいだの駅伝、一生懸命走りましたが最下位でした)
「へー!どび!」
(ははは!最下位じゃないか!)
という風に使われます。

どべっかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無頓着な、気にしない、関係が無い という意味です。
「そんなんとんじゃかないらー」
(そんなこと関係ないでしょう)
「なにをいわれてもとんじゃかないやつだな」
(何を言われても気にしない奴だなあ)
という風に使われます。

とんじゃかない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捕まえる という意味です。
「うらのたんぼでかえるをとんました」
(裏の田んぼでカエルを捕まえた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とんのける」があります。
これは「取り除く」という意味です。
「そこのもんとんのけといて」
(そこにある物を取り除いておいて)
という風に使われます。

とんます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いろいろ(なもの)という意味です。
「ぽちとたまがなにっかもってきちゃってしょんないよ」
(ポチとタマがいろいろな物を持ってきて困ります)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なかまっこ」があります。
これは「共有」という意味です。
「おもちゃは、なかまっこよ」
(おもちゃはみんなで使いましょうね)
という風に使われます。

なにっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

役にも立たない、無益な という意味です。
「あいつにゃーいくらおしえてもなむないこんだ」
(あいつには、いくら教えても無益なことだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんりきに」があります。
これは「簡単に」という意味です。
「なんりきになぜくるな、てをよーっくいのかして」
(簡単に撫でないで手をしっかり動かして)
という風に使われます。

なむない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大雑把、不作法、粗雑、ぞんざい という意味です。
「あのやのしゅーはなりきだ」
(あの家の人たちは不作法だ)
「なりきなしごとはすんなよ」
(粗雑な仕事はするんじゃないぞ)
「そんねぇなりきじゃあちゃわんにえみがへえるぞ」
(そんなにぞんざいに扱うと茶わんにひび割れが入るよ)
という風に使われます。

なりき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 物足りない、薄い、軽い という意味です。
「きょうのみそしるのあじは、ちーっとなるいなあ」
(今日の味噌汁の味は、ちょっと薄いなあ)
という風に使われます。

 

② ゆるやか という意味です。

「もうちっとけずってなるくしてくりょう」
(もう少し削って勾配をゆるやかにしてください)
という風に使われます。

なるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よ という意味です。
「じゅんびができたに」
(準備が出来たよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ーな」があります。
これは「~だろうよ、~でしょうよ」という意味です。
「そけーらにあらーな」
(その辺にあるでしょうよ)
という風に使われます。

に 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

新しい という意味です。
「にいしいふくきてったらいいじゃー」
(新しい服を着ていったらいいではないか)
「おめゃーのすにーかーにいしいずら」
(あなたのスニーカー、新しいでしょう)
「にいしいすたじあむにあそびにきてくらっせー」
(新しいスタジアムに遊びに来てください)
という風に使われます。

にいしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

曖昧にする、ごまかす という意味です。
「いつまでにちゃぐってるだか」
(いつまでごまかしているんだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にどなり」があります。
これは「インゲン豆」という意味です。
「もう、にどなりはまいたかい?」
(もうインゲン豆は蒔きましたか?)
という風に使われます。

にちゃぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無い という意味です。
「かねんにゃぁ」
(金なんて無いよ)
という風に使われます。

 

これが「にゃあらあ」ですと「無いでしょう?」という意味です。
「そんなことにゃあらあ」
(そんなことは無いでしょう)
という風に使われます。

にゃあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暖かい、温かい という意味です。
「ふゆにしちゃーぬくといひだなあ」
(冬にしては暖かい日ですねえ)
「きょうはかぜんなくてぬくといから、ひなたぼっこでもするか」
(今日は風がなくて暖かいから、ひなたぼっこでもしようか)
「そとはさむいけーがいえんなかはぬくといなあ」
(外は寒いけれども、家の中は暖かいなあ)
という風に使われます。

ぬくとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

日向ぼっこ という意味です。
「ぬくとんぼ、しているとぬくとい」
(日向ぼっこをしていると暖かい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぬくとまる」があります。
これは「暖かくなる」という意味です。
「からだがぬくとまる」
(体が暖まる)
という風に使われます。

ぬくとんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 寝入る という意味です。
「いま、あかんぼうがねえったばっかだでしずかにしておくう」
(今、赤ん坊が寝入ったばかりだから静かにして下さい)
という風に使われます。

 

② 煮える という意味です。
「なべがねえた」
(鍋が煮えた)
「はやくねーたたかすさよ」
(早く煮え立たせなさいよ)
という風に使われます。

ねえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねがる とも言います。

 

(食べ物が)腐る という意味です。
「あつさでさかながねぐさっちゃった」
(暑さで魚が腐ってしまった)
「ねぐさるといかんでれいぞうこにちゃっとしまいな」
(腐るといけないから冷蔵庫に早くしまいなさい)
という風に使われます。

ねぐさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

残らず、根こそぎ、すっかり、全部 という意味です。
「やいやい、かにょうねこんざいぬすまれた」
(あれあれ、お金を残らず盗まれてしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なご」があります。
これは「霧」という意味です。
「なごんかかっとるけーまえがみえん」
(霧がかかっているから前が見えない)
という風に使われます。

ねこんざい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歯ぐき という意味です。
「よなかにねちがやんでねれんかった」
(夜中に歯ぐきが痛んで眠れなかった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねき」があります。
これは「際」という意味です。
「はしらのねきによりかかさってるんはだれだ」
(柱の際に寄りかかっているのは誰ですか)
という風に使われます。

ねち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眠い、眠たい という意味です。
「ねぶったいから、ねえるよ」
(眠いから、眠るよ)
「なんだかさいきんねぶったいやあ。ぬくとくなってきたからかしん」
(なんだか最近眠いなあ。暖かくなってきたからかなあ)
という風に使われます。

ねぶったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~の人たち という意味です。
「あのしゅうらへんだら」
(あの人たち、変だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のぼせかーる」があります。
これは「有頂天になる」という意味です。
「のぼせかーるな、こればっかのこんで」
(有頂天になるな、これくらいの事で)
という風に使われます。

のしゅうら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

上る、登る、はかどる という意味です。
「そんねんたかいとこへのすとあぶんないでおりてこい」
(そんなに高いところへ上ると危ないから降りてきなさい)
「こどもんときゃーよくにわのきにのしちゃーおこられてたっけ」
(子供の頃には、よく庭の木に登っては怒られていたっけ)
という風に使われます。

のす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追い越す、乗り越える という意味です。
「やすんでいるまに、のっこしちゃった」
(休んでいる間に、追い越しちゃった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のっくむ」があります。
これは「飲み込む」という意味です。
「いしのっくんじゃった」
(石を飲み込んでしまった)
という風に使われます。

のっこす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

苦労する という意味です。
「さっきおまんじゅうをたべちゃったもんだでらーめんたべるのにのっつそっつしちゃうよ」
(先ほどおまんじゅうを食べてしまったから、ラーメンを食べるのに苦労するよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のつのつする」があります。
これは「パサついて、喉に詰まる感じ」のことです。
「ぱんだけじゃのつのつする」
(パンだけじゃのどを通らない)
という風に使われます。

のっつそっつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

土ぼこり という意味です。
「きょうはかぜがつよくてのまんきついでみずをまくか」
(今日は風が強くて土ぼこりがひどいので水を蒔きましょうか)
という風に使われます。

 

”のま”という言葉は、もともと「沼」のことを指していました。
それが転じて沼や川のほとりにある細かい土や土ぼこりのことを「のま」と言うようになりました。

のま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遅い、ぐずぐず という意味です。
「なにょうのろこくたしてるだ。ずんずんいくさよ」
(何をぐずぐずしているの。どんどん行きなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ならい」があります。
これは「北東」という意味です。
「きょうはならいのかぜだで、あしたはあめずらよ」
(今日は北東の風だから、明日は雨でしょう)
という風に使われます。

のろこくた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てこずる、もてあます という意味です。
「そんなにもちょーくれたってのんばめちゃってたべぇねぇーよ」
(そんなにお餅をくれても、てこずって食べきれないよ)
「しごとをのんばめちゃってへをたれちゃった」
(仕事をもてあまして苦労しました)
という風に使われます。

のんばめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひゃー とも言います。

 

もう、すでに という意味です。
「はあ、かえってきたのけ?」
(もう、帰って来たのですか?)
「はえっきねぇ。はあできただ?」
(早かったね。もう出来たの?)
「うちのこは、はあれんしゅにいったよ」
(うちの子供は、もう練習に行きましたよ)
という風に使われます。

はあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける、おどける という意味です。
「いすのうえではぐしゃれてるとおっこちるぞ」
(椅子の上でふざけていると落ちるぞ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はちくる」があります。
これは「頭にくる」という意味です。
「はあはちきた!」
(もう頭にきた!)
という風に使われます。

はぐしゃれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乾く という意味です。
「さっきこうていにみずをまいたばかりなのにもうはしゃいだ」
(さっき校庭に水を撒いたばかりなのに、もう乾いた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はさぐ」があります。
これは「はさむ」という意味です。
「はにたべかすがはさがっちゃった」
(歯に食べカスがはさまっちゃった)
という風に使われます。

はしゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弾ける、爆発する、破裂する という意味です。
「そんなつよくにぎったらはぜるらー」
(そんなに強く握ったら割れるでしょう)
「ふうせんにくうきをいれすぎるとはぜるぞ」
(風船に空気を入れ過ぎると破裂するよ)
「がすらいたーをもやすとはぜるよ」
(ガスライターを燃やすと爆発するよ)
という風に使われます。

 

ちなみに”爆弾菓子”のことは「はざし」と言います。

はぜる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わざと、故意に という意味です。
「あのこははだっておひんぶっとる」
(あの娘はわざと上品ぶっている)
「はだってなかすじゃない。このこは!」
(わざと泣かすんじゃありません。この子は!)
という風に使われます。

 

反対の意味を表す言葉では「がらいか」があります。
これは「うっかり、過って」という意味です。

はだって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(場所を)確保した、押さえた という意味です。
「いーとこばっといていてくりょー」
(いい場所を確保しておいてくれ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ばっちらがる、ばっちらごー」があります。
これは「奪い合う」という意味です。
「ごーるうらのせきをみんなでばっちらがる」
(ゴール裏の席をみんなで奪い合う)
という風に使われます。

ばった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

得意 という意味です。
「あのひとぁさかなんたぁんとつれたっちょうもんではなけだっちょう」
(あの人は魚がたくさん釣れたそうで得意になっているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はぶせ、はぶ」があります。
これは「仲間はずれ」という意味です。
「あのこもはぶにしないでなかよくしてやりな」
(あの子も仲間はずれにしないで仲良くしてあげなさい)
という風に使われます。

はなけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

離す という意味です。
「すとーぶからうえきばちをはならかしなさい」
(ストーブから植木鉢を離しなさい)
という風に使われます。

 

これが「はなっから」ですと「始めから」という意味です。
「はなっからまちげえるなよ」
(始めから間違えるなよ)
という風に使われます。

はならかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

始まる という意味です。
「ろくじにこんさーとがはなるでぼちぼちいかざあ」
(6時にコンサートが始まるからぼちぼち行きましょう)
「さっかーのしあいがはなるではやくいこーじゃー」
(サッカーの試合が始まるから、早く行こうよ)
という風に使われます。

はなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

前 という意味です。
「しずおかへいきばねにおれんちへちょっくらよってくりょう」
(静岡へ行く前に僕の家へちょっと寄ってください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ばか」があります。
これは「すごく、とても」という意味です。
「ばかおいしい!」
(すごく美味しい!)
という風に使われます。

ばね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶつかる という意味です。
「いえのなかでくるってるとどっかにはりこんぼうしてしまいにゃなくよ」
(家の中でふざけていると、どこかにぶっつかって泣くことになるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はっちゃける」があります。
これは「騒ぐ」という意味です。

はりこんぼう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夕方 という意味です。
「いそがしいとこぉわりぃけぇが、ばんげんしまによりあいをやるでたのまあ」
(忙しいところを申し訳ないが、夕方、会合をやりますから頼みますよ)
という風に使われます。

 

これが「ばんげ」ですと「夕飯」という意味です。
「ばんげのおかずはなににしよう?」
(夕飯のおかずは何にしよう?)
という風に使われます。

ばんげんしま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつもいつも、毎度 という意味です。
「うちぼうのたけのこはばんたびいのししにやられる」
(内房の筍はいつもいつも猪にやられる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ばんびろ」があります。
これは「足幅が広くて甲高」という意味です。
「ばんびろでくつがあわねえ」
(足が広くて甲高で靴が合わない)
という風に使われます。

ばんたび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

終日、一日中 という意味です。
「せっかくのやすみにひがさらざつようでつまんねーじゃー」
(せっかくの休みに、一日中雑用ではつまらないよ)
「きょうもひがさらふんとぉにがんばってくれたっきゃあ」
(今日も一日中、本当に頑張ってくれあしたね)
という風に使われます。

ひがさら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひずらしい、ひどろしー とも言います。

 

眩しい という意味です。
「おてんとーさんがひどろしー」
(お天道さんが眩しい)
「きょうはひんずらしくて、めがちかちかするやあ」
(今日は眩しくて、目がチカチカするなあ)
「うわあ、ひずらしくて、たまんねえやあ」
(うわぁ、眩しくて、たまらないなあ)
という風に使われます。

ひずるしー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

結ぶ、縛る という意味です。
「ひぼがほどけないように、しっかりひっちばるさよ」
(紐が解けないように、しっかり結びなさいよ)
という風に使われます。

 

”ひぼ”は「紐」という意味です。
「そこのひぼとってくりょう」
(そこの紐を取ってください)
という風に使われます。

ひっちばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

強く引っ張る という意味です。
「ごーるまえでひっちょびかれてぴーけーもらった」
(ゴール前で強く引っ張られてPKをもらった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひっさばく」があります。
これは「破る」という意味です。
「かみひっさばいちまった」
(紙を破いてしまった)
という風に使われます。

ひっちょびく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっさぼる とも言います。

 

投げ出す、投げ捨てる という意味です。
「せんたくものをとりこんだらひっぽかさないでたたみな」
(洗濯物を取り込んだら、投げ出さないで畳みなさい)
「やだよう、うちのひとはしごとのやくそくをひっぽかしてごるふへいっちゃっただよう」
(困ったことに、うちの人は仕事の約束を投げ出してゴルフへ行ってしまいました)
という風に使われます。

ひっぽかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

泣き叫ぶ、唸る、ひーひー叫ぶ という意味です。
「あかちゃんがおなかをすかしてひなってたよ」
(赤ちゃんがお腹を空かして泣き叫んでいたよ)
「そんなとこでひなってもあいすくりーむはかわないよ」
(そんな所で泣き叫んでもアイスクリームは買いませんよ)
という風に使われます。

ひなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余分な用事、暇つぶし という意味です。
「このごらあ、ひまっさいばっかで、おかあン、うるせえでえ」
(この頃は、余分な用事ばかりで、女房がうるさいんだよ)
「すぐおわってしまってひまっさいにもならない」
(すぐ終わってしまって、暇つぶしにもならない)
「いそがしいずらに、ひまっさいさせちゃってもうしわけんにゃぁ」
(忙しいだろうに、時間をとらせて申し訳ありません)
という風に使われます。

ひまっさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水に浸ける、水に浸す という意味です。
「こめをみずにひやかしといて」
(米を水に浸しておいて)
「おちゃわんひやかしとかなきゃ、かーばっちゃうよ」
(お茶碗を水に浸けておかないと(ご飯粒が)乾いて張り付いてしまうよ)
という風に使われます。

ひやかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひーやっこい とも言います。

 

冷たい という意味です。
「かきごおりは、ひやっこくてうめえなぁ」
(かき氷は、冷たくて美味しいねー)
「ひやっこい、みずにひやかして」
(冷たい水に浸しておく)
という風に使われます。

ひやっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 大層、たくさん という意味です。
「たべたいものがひょうきんあってまようら」
(食べたいものが大層あって迷います)
という風に使われます。

 

② 乱暴 という意味です。
「よしよぅ。ひょうきんにすると、こわれるでぇ」
(やめなさいよ。乱暴に扱うとおもちゃが壊れてしまいますよ)
という風に使われます。

ひょうきん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

纏わり付く という意味です。
「このひと、ひりくっつくもんで、きんもちわるいよう」
(この人は、纏わり付くから、気持ちが悪いなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「びりだら」があります。
これは「だらしなくのんびり」という意味です。
「あんましびりだらごはんをたべてるとつゆんさめちゃうよ」
(あんまりだらしなくのんびり食事をしているとお吸い物が冷めますよ)
という風に使われます。

ひりくっつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物欲しそう という意味です。
「さけもさかなもたんとあるだんて、ひろひろするな」
(酒も肴もたくさんあるから、物欲しそうにしないで)
「あんまりひろひろしるじゃあないよ。みっともないで」
(あんまり物欲しそうにするんじゃないよ。体裁が悪いから)
という風に使われます。

ひろひろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汚い、不潔だ、だらしない という意味です。
「そんなぶしょったいかっこでいくだけ?」
(そんなにだらしない格好で行くんですか)
「そんなぶしょってーなりーしてどけーいくだ」
(そんなだらしないだらしない格好してどこへ行くんだ)
という風に使われます。

ぶしょったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶそる とも言います。

 

不機嫌になる、不平を言う、怒ってふくれる という意味です。
「じゃんけんにまけたからってぶそくるなよ」
(じゃんけんに負けたからって不機嫌になるなよ)
「れんしゅうちゅうにかんとくにおこられてぶそくってたよ」
(練習中に監督に怒られて、怒ってふくれていたよ)
という風に使われます。

ぶそくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蹴り飛ばす、殴る、打つ という意味です。
「そんなこんばれたら、ぶっさらわれるぞ」
(そんなことがバレたら、蹴り飛ばされるぞ)
「いたずらがみつかっておやじにぶっさらわれた」
(悪戯が見つかって、親父に蹴り飛ばされた) 
という風に使われます。

ぶっさらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほのく とも言います。

 

解く(ほどく)という意味です。
「こづつみんとどいたでひもーふぬいてあけてみょう」
(小包が届いたから紐を解いて開けてごらん)
という風に使われます。

 

結んだものや縫ったものを「解く(ほどく)」時に使います。

ふぬく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

踏み荒らす という意味です。
「しょんねぇこぞうらだたにょうまえたとこをふんだらげにして」
(仕方のない子どもたちだ、種を蒔いた所を踏み荒してしまって)
という風に使われます。

 

これが「ふんずばす」ですと「踏みつける」という意味です。
「だれでぇへっぴりむしをふんずばしたなぁ。くせーじゃねぇか」
(誰だ、カメムシを踏みつけたのは。臭いじゃないか)
という風に使われます。

ふんだらげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

本当に という意味です。
「しずおかはふんとにいいところだ」
(静岡は本当にいい所だ)
「ふんとに、ぶしょったいから、ふんずばしといた」
(本当に不潔だから踏みつけておいた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふんじゃー」があります。
これは「それでは」という意味です。
「ふんじゃーよお」
(それではまたね)
という風に使われます。

ふんとに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よう、~しよう という意味です。
「はぁいくべ」
(もう行こう)
という風に使われます。

 

これが「~べや」ですと「~しようよ」という意味です。
「いくべや」
(行こうよ)
「たべるべや」
(食べようよ)
という風に使われます。

べ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蛇 という意味です。
「よすさ、かまうなぁ。このへえびはかまねえで」
(よしなさいよ、からかうのは。この蛇は噛まないから)
という風に使われます。

 

ちなみに、トカゲのことは「へえびばんばあ」と言います。
「へえびばんばあふんずばいた」
(トカゲを踏み付けた)
という風に使われます。

へえび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凹ます、へこむように傷をつける という意味です。
「やっべ~、やきゅうやっててくるま~へこまかいちゃって~」
(しまった、野球をやっていて、車をへこませてしまった)
「へりくつであいてをへこまかす」
(屁理屈で相手を凹ませる)
という風に使われます。

へこまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へっぴさえる とも言います。

 

押さえる、抑える という意味です。
「ころぶとこまるでいそおしっかりへさえててくりょう」
(転ぶと困るから、椅子をしっかり押さえていて下さい)
「あのうちは、かかあでんかでだんなさんはへさえつけられている」
(あのお宅は、かかあ天下で旦那さんは押さえつけられている)
「たくわんをおもしでへさえておいた」
(沢庵を重石で押さえておいた)
という風に使われます。

へさえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へらくた とも言います。

 

むやみやたらに、やたら という意味です。
「へらくた、おこってもだめだ」
(むやみやたらに、叱っても駄目ですよ)
「あいつらにへらくたおこってもききめはないらな」
(あいつ達にむやみやたらに怒っても効き目は無いね)
という風に使われます。

へたくた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下手くそ という意味です。
「おめえはへったくたーだなあ」
(あなたは下手くそですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「べったら」があります。
これは「小麦粉を溶いて焼いたもの」のことです。
「はらんへったらべったらでもやいてくえさ」
(お腹が空いたらうどん粉を焼いて食べなさい)
という風に使われます。

へったくたー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口上手、見栄っ張り、生意気 という意味です。
「あんましべんこーなひとはしんようできん」
(あまり口が上手な人は信用できない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「べんかんべんかん」があります。
これは「ぐずぐずと」という意味です。
「べんかんべんかんまたなければならずやだこいちゃう」
(ぐずぐずと待たなければならず嫌になってしまう)
という風に使われます。

べんこー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へんぽらい とも言います。

 

変わり者、変人 という意味です。
「あいつはかなりのへんぽりゃーだ」
(あいつはかなりの変わり者だ)
「まったくあのひとはへんぽらい」
(全く、あの人は変わり者)
「あいつは、へんぽらいだらぁ~?」
(あいつは、変わり者だねえー?)
という風に使われます。

へんぽりゃー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほうたん とも言います。

 

ほっぺ、頬 という意味です。
「あのこのほおたんはりんごみたいにまっかだよ」
(あの子のほっぺはりんごのように真っ赤だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほうきゃあ」があります。
これは「放題」という意味です。
「せんえんでのみほうきゃあだってよ」
(千円で飲み放題だってよ)
という風に使われます。

ほおたん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

包丁 という意味です。
「このほーちょんじゃさかなんきれないやー」
(この包丁では、魚が切れないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぽんぽん」があります。
これは「原付、バイク」という意味です。
「れんしゅうじょうへはぽんぽんでいかざー」
(練習場へはバイクで行こう)
という風に使われます。

ほーちょん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

草むら、藪、木の繁み という意味です。
「さっかーぼーるがぼさにはいっちゃった」
(サッカーボールが草むらに入ってしまった)
「そこの、ぼさをきっさらってくりょう」
(そこの、藪を切り払ってください)
という風に使われます。

ぼさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼろ布、襤褸、ぼろ着物 という意味です。
「ぞうきんつくりたいけんぼっこない?」
(雑巾を作りたいから、ぼろ布ありませんか?)
「びんぼうしてるもんで、こんなぼっこしかきれにゃぁでぇ」
(貧乏しているので、こんな襤褸しか着れません)
という風に使われます。

ぼっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼーっとして立つ、ぼやっとして立つ という意味です。
「そんなとこでぼったってないでしごとしな」
(そんな所でぼーっと立っていないで仕事しなさい)
「いつまでも、ぼったってんなやぁ」
(いつまでも、ぼやっと立っていないでよ)
という風に使われます。

ぼったつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほったらかす、放っておく という意味です。
「しゅくでゃーをほっぽっる」
(宿題を(やらずに)ほったらかす)
「ずっとちんぶりかいてるもんで、ほっぽらかしときゃーいいらー」
(ずっと拗ねているから、ほったらかしておけばいいよ)
という風に使われます。

ほっぽらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腹いっぱい、満腹 という意味です。
「ほてっぱらくったよおごっそう」
(お腹いっぱい食べたよ、ごちそうを)
「おめぇ、まんまあをほてっぱらくってまだくうだか」
(あなたは、ごはんをお腹いっぱい食べてもまだ食べるのですか?)
という風に使われます。

ほてっぱら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家、物、人 という意味です。
「こっちのまあしじゃあええこめょうくってるなあ」
(こちらの家では良いお米を食べていますね)
「おらんちまあしじゃあはらいさげめえだ」
(僕の家では、払い下げ米ですよ)
という風に使われます。

まあし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

待て、待って という意味です。
「こらっ!まちょ、まちょーっ」
(コラッ!待て、待てーっ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まーず」があります。
これは「それこそ本当に」という意味です。
「まーずやんなっちまう」
(それこそ本当に嫌になってしまう)
という風に使われます。

まちょー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

几帳面、こまめに、きちんきちんと という意味です。
「おまっちのわけゃーのはまめだ」
(あなたの家の若者は几帳面だ)
「まめにてぇうっておかにゃ~かんに」
(きちんきちんと手を打っておかなくてはいけませんよ)
という風に使われます。

まめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 達者だ という意味です。
「あのおじーさんまめったいね」
(あのおじいさんは達者だね)
という風に使われます。

 

② よく働く という意味です。
「となりのよめはまめったいね」
(隣の嫁はよく働くね)
「あさはやくからまめったいじゃん」
(朝早くからよく働くね)
という風に使われます。

まめったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

回す という意味です。
「こまをまやいてあそぶか」
(コマを回して遊ぼうか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まみや」があります。
これは「眉毛」という意味です。
「たぬきにゃまみや、あったけか?」
(タヌキには眉毛がありましたっけ?)
という風に使われます。

まやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まるかる とも言います。

 

丸める、丸まる という意味です。
「ちいせぇこらぁ~、しんぶんまるけてよくちゃんばらやったっきや~」
(小さい頃はねぇ、新聞紙を丸めてよくチャンバラをやりましたよね~)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まじくる」があります。
これは「混ざる」という意味です。

まるける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ちゃんとした、まともな という意味です。
「ぶしょったいでまっとみがましーなりーをしなよ」
(見苦しいからもっとちゃんとした格好をしなよ)
という風に使われます。

 

② よく働く という意味です。
「となりのわけーしはみんなみがましー」
(隣の若者たちはみんな働き者だ)
という風に使われます。

みがましー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みこ、みこがいい とも言います。

 

贔屓されている、贔屓、可愛がられる、お気に入り という意味です。
「あのこせんせいにみこんいー」
(あの子は先生に贔屓されている)
「ずいぶんせんせいにみこいいじゃ」
(ずいぶんと先生に可愛がられているじゃないか)
という風に使われます。

みこいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介