HOME -> 徳島の方言 

鮎 という意味です。
「あいのしよやき」
(鮎の塩焼き)
「あいつりにいこか?」
(鮎を釣りに行きましょうか?)
という風に使われます。


似た言葉では「あいさに」があります。
これは「時々」という意味です。
「あいさにみよるけん」
(時々見ていますから)
という風に使われます。

あい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

喘ぐ、無理をする という意味です。
「あがきもってさかのぼんりょる」
(喘ぎながら坂を上っている)
という風に使われます。


似た言葉では「あがりはなが」あります。
これは「玄関」という意味です。
「あがりはなにものおかれんでよ」
(玄関に物を置かないでね)
という風に使われます。

あがく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

顎 という意味です。
「うまいけんあぎとがはずれよった」
(美味しいので顎が落ちかけました)
という風に使われます。


同じような言葉では「あくち」があります。
これは「口角、唇の左右」という意味です。
「あくちがきれる」
(口角が切れる)
という風に使われます。

あぎと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出来る、OKだ という意味です。
「ほんなんであくかいな」
(そんなことでは駄目ですよ)
という風に使われます。


逆に、これが「あかん」ですと「駄目、いけない、出来ない」という意味です。
「ほんなことしたらあかんでえ」
(そんなことをしてはいけませんよ)
という風に使われます。

あく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嘔吐する、吐く、戻す という意味です。
「ふねにようてあげてしもた」
(船に酔って嘔吐してしまった)
という風に使われます。


似た言葉では「あがる」があります。
これは「召し上がる」という意味です。
「どうぞおあがんなして」
(どうぞお召し上がりください)
という風に使われます。

あげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

幼稚だ、あどけない、悪気が無い という意味です。
「あのこはとしのわりにまだあずない」
(あの子は年齢の割にまだ幼稚です)
「おせじゃのにあずないん、みな」
(大人なのにあどけないね、見てください)
という風に使われます。

あずない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

難儀する、てこずる という意味です。
「くるまがこしょうしてあずったわー」
(車が故障してしまって難儀したよ)
「おおきいべんとうこうたらたべるんにあずったわ」
(大きな弁当を買ったら、食べるのにてこずりましたよ)
という風に使われます。

あずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あたりいき とも言います。


八つ当たり、乱暴、腹立ち紛れ という意味です。
「あたりくせられんでよ」
(八つ当たりしないでよ)
「あたりいきにせられんの」
(乱暴するんじゃないの)
という風に使われます。


似た言葉では「あだつ」があります。
これは「捗る、容器に収容しきることが出来る」という意味です。

あたりく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熱射病になる、熱中症になる という意味です。
「あつけするけんぼうしきとんなよ」
(熱射病になるから帽子を被っておきなさいね)
という風に使われます。


似た言葉では「あっかだ、あくかだ」があります。
これは「駄目ですよ」という意味です。

あつけする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後ずさり、後退、後ろ向きに歩く という意味です。
「くるまあとしょりさしてくれるで」
(車をバックさせてくれますか)
という風に使われます。


似た言葉では「あてこすり」があります。
これは「屁理屈」という意味です。

あとしょり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子に乗ってはしゃぐ、ふざける という意味です。
「あばさかんりょったらけがするんでよ」
(調子に乗ってはしゃぎ回っていたら怪我をしますよ)
「あばさかるな、やかましいわ!かどにいってせえ」
(ふざけてるんじゃないよ、うるさいね!外に行って遊びなさい)
という風に使われます。

あばさかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あまばい とも言います。


眩しい、眩い という意味です。
「たいようがあばばい」
(太陽が眩しい)
「てんきがええけん、そとへでたらあばばいなあ」
(天気が良いから、外へ出たら眩しいですねえ)
「なつのおひいさんはあまばいな」
(夏のお日様は眩しいね)
という風に使われます。

あばばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

除け者、仲間はずれ という意味です。
「あぶらごになった」
(除け者になりました)
という風に使われます。


似た言葉では「あばえる」があります。
これは「甘える」という意味です。


また「あまえた」ですと「甘えん坊」という意味です。

あぶらご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あらかた という意味です。
「あらーかたづけたーるけんな」
(あらかた片付けてありますからね)
という風に使われます。


似た言葉では「あない」があります。
これは「あんなに」という意味です。
「あないいうたらいかんでわ」
(あんなに言っては駄目ですよ)
という風に使われます。

あらー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最初から、初めから という意味です。
「あらからいうとるでえ」
(最初から言っているでしょ)
という風に使われます。


似た言葉では「あらしこ」があります。
これは「若い衆」という意味です。
「あらしこがおるけんたすかるんでよ」
(若い衆が居るから助かるんですよ)
という風に使われます。

あらから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あらったい とも言います。


荒っぽい、雑だ、粗雑な という意味です。
「あのひとのすることはいつもあらくたい」
(あの人のすることはいつも荒っぽい)
「はやいけんどあらくたいでよ」
(早いけれど雑ですよ)
という風に使われます。

あらくたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あるかだ とも言います。


無いよ という意味です。
「いちまんえんもあるか!」
(一万円もありませんよ!)
「もうけやあるかだ」
(儲けなんて無いよ)
という風に使われます。


これが「あるかいだ」ですと「無いですよ」という意味です。
「ほんなことあるかいだ」
(そんなこと無いですよ)
という風に使われます。

あるか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

有るでしょう、あるじゃないの という意味です。
「そこにぼーるぺんあるでないで」
(そこにボールペンが有るでしょう)
「すぐそこにあるでないで!」
(すぐ近くにあるじゃないの!)
「つくえのうえにあるでないで」
(机の上にあるじゃないの)
という風に使われます。

あるでないで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きちんと、しっかりと、上手く、要領よく という意味です。
「あんじょうしといてな」
(きちんとしておいてね)
「あんじょうたのむでよ」
(しっかり頼みますよ)
「あんじょういうといて」
(上手く言っておいて)
という風に使われます。

あんじょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不安な という意味です。
「ひこうきはあないなけん、しんかんせんでいく」
(飛行機は不安だから、新幹線で行きます)
「あんだいなとこがあったらいまのうちにいうときないよ」
(不安なことがあるのなら、今のうちに言っておきなさいね)
という風に使われます。

あんだいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言いたい放題、悪口 という意味です。
「いいたくれいうていんだ」
(言いたい放題言って帰って行った)
という風に使われます。


似たような言葉では「いけず」があります。
これは「嫌がらせ、嫌味を言う」という意味です。

いいたくれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叫ぶ、大声で叫ぶ、怒鳴る という意味です。
「ふとんたたいていがるおんな」
(布団を叩いて叫ぶ女)
という風に使われます。


似た言葉では「いがむ」があります。
これは「曲がる」という意味です。
「いがんどるぞ」
(曲がっているよ)
という風に使われます。

いがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

芽吹く、力む、醗酵する という意味です。
「つつんだやさいがいきった」
(包んだ野菜が芽吹いた)
「なにいきっとん?」
(何を力んでいるの?)
という風に使われます。


似た言葉では「いっきょい」があります。
これは「勢い」という意味です。

いきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫ですか という意味です。
「おまはんいけるん?」
(あなたは大丈夫ですか?)
という風に使われます。


似た言葉では「いける」があります。
これは「埋める」という意味です。
「ごぼうはほってきていけてあるきんな」
(ゴボウは掘って来て埋めてあるからね)
という風に使われます。

いけるん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動く という意味です。
「いごくけんげんきなんよ」
(動くから元気なんですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「いごいご」があります。
これは「ゴソゴソ」という意味です。
「いごいごせんとじーっとねな」
(ゴソゴソしないでじっとして寝なさい)
という風に使われます。

いごく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熱い という意味です。
「ふろいたーてはいれん」
(お風呂が熱くて入れません)
という風に使われます。


似た言葉では「いぐい」があります。
これは「えぐい」という意味です。
「このじいもいぐいでよ」
(この里芋はえぐいですよ)
という風に使われます。

いたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

親戚 という意味です。
「ほうじでいっけがあつまった」
(法事で親族が集まりました)
という風に使われます。


似た言葉では「いたつけ」があります。
これは「蒲鉾」という意味です。
「うどんにいたつけいれる」
(うどんに蒲鉾を入れる)
という風に使われます。

いっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっちゅう、いつも、終始 という意味です。
「あのねこいっしにきよる」
(あの猫はしょっちゅう来ています)
「あのみせのけーきがすきでいっしにかよっとた」
(あのお店のケーキが好きで、しょっちゅう通っていた)
という風に使われます。

いっしに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰る という意味です。
「さきいんにょってよ」
(先に帰っていて下さいよ)
「いぬけん、またなー」
(帰ります、またねー)
という風に使われます。


同じような言葉では「いんでくる」があります。
これは「帰ってくる」という意味です。
「もー、おそーなったけん、いんでくるわな」
(もう遅くなったので、帰りますね)
という風に使われます。

いぬ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不揃いな、でこぼこな、ちぐはぐな という意味です。
「いんぐりちんぐりのはやなあ」
(不揃いな歯だねえ)
「どしたんこれ、せっとになっとるけんど、いんぐりちんぐりでー」
(どうしたの、これセットになっているけれど、不揃いですねえ)
という風に使われます。

いんぐりちんぐり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恥ずかしい という意味です。
「ひとまえではなすのはうきゃあたい」
(人前で話すのは恥ずかしい)
「うきゃあたあてふうわるい」
(恥ずかしくて恥ずかしくて格好が悪い)
「しっぱいしてうきゃあたい」
(失敗して恥ずかしい)
という風に使われます。

うきゃあたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

流行が廃れる という意味です。
「しといきやっとったきんど、もううさったわなー」
(一時期はやっていたのだけど、もう廃れたよね)
という風に使われます。


似た言葉では「うすい」があります。
これは「頭が悪い」という意味です。

うさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うっしょう とも言います。


過度の潔癖症、行過ぎた綺麗好き という意味です。
「わたしはうししょうやけん、ひととおなじさらをつつけん」
(私は潔癖症なので、他人と同じ皿を突くことは出来ない)
「あのひとうっしょうやな、なんかいもあらいよるわ」
(あの人はすごく潔癖症だね、何回も洗っているよ)
という風に使われます。

うししょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

控えめ という意味です。
「はらうちばんめにたべときないよ」
(お腹は控えめに食べておきなさいね)
という風に使われます。


似た言葉では「うちかた」があります。
これは「お宅」という意味です。
「うちかたのぼんはようでけなはるな」
(お宅の息子さんは良く出来たお子さんですね)
という風に使われます。

うちばんめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私の家、自分の家、我が家 という意味です。
「うちんくにきてよ!」
(私の家に来て下さいよ!)
「うちんくのいぬはまだこどもじゃ」
(うちの犬はまだ子供です)
という風に使われます。


この「く」は「家」のことを指しています。

うちんく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

似合う という意味です。
「ほのわんぴーすよううつとんでえ」
(そのワンピース、よく似合っていますよ)
という風に使われます。


似た言葉では「うっくい」があります。
これは「美しい」という意味です。


逆に「汚い」のことは「うっちゃい」と言います。

うつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

俯く という意味です。
「あたまあらうけんうつぶいとんな」
(頭を洗うから、俯いていなさいね)
という風に使われます。


似た言葉では「うとる」があります。
これは「寝る」という意味です。
「しごともせずにうとってばっかり」
(仕事もせずに寝てばかり)
という風に使われます。

うつぶく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

んもれる とも言います。


蒸し暑い という意味です。
「うもれるきせつ」
(蒸し暑い季節)
「きょうはうもれるな~」
(今日は蒸し暑いですねえ)
「ながせじゃけんうもれるな」
(梅雨どきですから蒸し暑いですね)
という風に使われます。

うもれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うんかぶじ、あんかぶじ とも言います。


呑気、心配事が無い、無関心、安泰、我関せず という意味です。
「あのひとはうんかごぶじなひとじゃ」
(あの人は呑気な人です)
「あいつうんかごぶじやな」
(あいつは何も考えていない人だね)
という風に使われます。

うんかごぶじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 絵、柄 という意味です。
「ええかいて」
(絵を描いて)
「かなづちのえ」
(金槌の柄)
という風に使われます。


② 良い という意味です。
「ほんでええでえ」
(それで良いじゃないですか)
「ええかとてほんなこといよう」
(良いかなと思ってそんな事を言っています)
という風に使われます。

ええ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 無茶苦茶、やたら という意味です。
「えくそいきやなあ」
(無茶苦茶だなあ)
という風に使われます。


② いっぱい、過剰、多過ぎ という意味です。
「えくそいきにたべられんでよ」
(いっぱい食べないでね)
という風に使われます。

えくそいき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長い間、長らく という意味です。
「えっとあわなんだでー」
(長い間会いませんでしたねえ)
という風に使われます。


これが「えっとぶり」ですと「久しぶり」という意味です。
「おっ、えっとぶりじゃな」
(あら、久しぶりですね)
という風に使われます。

えっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

微笑む、笑顔、機嫌が良い という意味です。
「このこはえまいよしやな」
(この子は機嫌が良いんだねえ)
という風に使われます。


逆の意味の言葉では「えげつない」があります。
これは「非常な、残酷な、下品な、見苦しい」という意味です。

えまいよし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 苦しい、疲れた という意味です。
「えらいけんいっぷくせんで」
(疲れたから休憩しましょう)
という風に使われます。


② とても、たいそう という意味です。
「えらいようけくれるんじゃな」
(とてもたくさん下さるんですね)
という風に使われます。

えらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらっしゃる、在宅である という意味です。
「おたくにおいでますか?」
(お宅にいらっしゃいますか?)
という風に使われます。


似た言葉では「おいど」があります。
これは「お尻」という意味です。
「いうこときかなんだらおいどひねんな」
(言うことを聞かなかったら、お尻を抓りなさいね)
という風に使われます。

おいでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おうかん とも言います。


大通り、人通りが多く賑やかな通り という意味です。
「おおかんはあむないでよ」
(大通りは危ないですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おおぼる」があります。
これは「甘やかす、過保護にする」という意味です。

おおかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

剥がす、掘り起こす という意味です。
「かさぼたをおがす」
(瘡蓋を剥がす)
「おぐろもちおるかもしれんから、そのいしおがしてみい」
(もぐらがいるかもしれないから、その石を掘り起こしてみなさい)
「そこのきのかぶをおがしといて」
(木の株を掘り起こしておいて)
という風に使われます。

おがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうかお構いなく という意味の挨拶です。
「おもいなしてつかはれよ」
(どうぞお構いなくくださいね)
という風に使われます。


似た言葉では「おかしこまり」があります。
これは「正座」という意味です。
「おきゃくさんのまえではおかしこまりしなよ」
(お客様の前では正座をしなさいね)
という風に使われます。

おかもいなして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

満腹になる、お腹がいっぱいになる という意味です。
「よーけたべたけん、おなかおきたわ」
(たくさん食べたから、お腹がいっぱいになりましたよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おかい」があります。
これは「お粥」という意味です。

おきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おげった とも言います。


嘘、でたらめ、嘘つき という意味です。
「おげったいうな」
(嘘を言うな)
「あいつはおげばっかりいいくさる」
(あいつは嘘ばかり言いやがる)
「あいつはおげったがおおいわー」
(あいつは嘘が多いよなー)
という風に使われます。

おげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒った勢いで、怒って荒っぽくなる様子 という意味です。
「おこりいきにいうてやったじょ」
(怒った勢いで言ってやったんだよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おこらえなして」があります。
これは「勘弁なさってください」という意味です。

おこりいき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怖がる という意味です。
「ばたばたしたらねこがおじるでえ」
(バタバタしたら猫が怖がるじゃないの)
という風に使われます。


これが「おじみそ、おじくそ」ですと「怖がり、臆病者」という意味です。
「ほないおこんりょったらおじみそになるでよ」
(そんなに叱っていたら怖がりになりますよ)
という風に使われます。

おじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

押入れ という意味です。
「ざぶとんおしこみにつまいといてだ」
(座布団は押入れにしまっておいてね)
という風に使われます。


似た言葉では「おじゃみ」があります。
これは「お手玉」という意味です。
「おまはんらおじゃみであそんどきな」
(あなた達は、お手玉で遊んでいなさいね)
という風に使われます。

おしこみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大人 という意味です。
「おまはん、おせになったなあ!」
(あなた、大人になりましたねえ!)
という風に使われます。


この「おまはん」は「あなた、おまえ」という意味です。
「おまはんもいっしょにたべるで」
(あなたも一緒に食べますか)
という風に使われます。

おせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

神主さん という意味です。
「おたゆうさんがおがむ」
(神主さんが拝む)
という風に使われます。


同じような言葉では「おじゅっさん」があります。
これは「お坊さん、ご住職」という意味です。
「おじゅっさんのおせっきょうようきいときなよ」
(ご住職のお説教を良く聞いておきなさいね)
という風に使われます。

おたゆうさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ちる、落っこちる という意味です。
「おちくれてけがせられんでよ」
(落っこちて怪我をしないようにね)
という風に使われます。


これが「おったら」ですと「落ちたら」という意味です。
「しけんおったらいちねんおくれるんでよ」
(試験を落ちたら1年遅れるんですよ)
という風に使われます。

おちくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

目を覚ます、目覚める という意味です。
「あさはようおどろいた」
(朝早くに目が覚めた)
「おどろいているならはよういっててつだえ」
(目覚めているのなら早く行って手伝いなさい)
「ゆうべもににじにおどろいた」
(昨夜も2時に目を覚ましました)
という風に使われます。

おどろく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

末っ子 という意味です。
「わたしははちにんきょうだいのおとんぼじゃ」
(私は八人兄弟の末っ子です)
「おとんぼじゃけんあまえたなんじょ」
(末っ子だから甘えん坊なんだよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おとどい」があります。
これは「兄弟」という意味です。

おとんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

驚く、ビックリする という意味です。
「わしゃーまことおぶけた」
(私は、本当に驚きました)
「おけいこえだしたらおぶけるでえ」
(大きな声を出したら驚くじゃないか)
「くるまがとびだしてきたけんおぶけたわ」
(車が飛び出してきたからビックリしましたよ)
という風に使われます。

おぶける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

味噌入りの雑炊、おじや という意味です。
「こんやはおみいさんにしたでよ」
(今夜はお雑炊にしまいたよ)
「ごはんがふるいきん、おみいさんにしたんでよ」
(ご飯が古いから、雑炊にしたんですよ)
という風に使われます。

おみいさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面白い、変な、不恰好な という意味です。
「このまんが、おもっしょいなあ」
(この漫画は、面白いなあ)
「おもっしょいこやなあ」
(面白い子だなあ)
「もっとおもっしょいばんぐみないんえ?」
(もっと面白い番組は無いんですか?)
という風に使われます。

おもっしょい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たまに、時々 という意味です。
「おりかにきてくれる」
(たまに来てくれます)
「おりかにしかつくらんな~」
(たまにしか作らないなあ)
「おりかにいっきょるでよ」
(時々行っていますよ)
「あのひととはおりかにはなしするんでよ」
(あの人とは時々話すんですよ)
という風に使われます。

おりかに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追いかける という意味です。
「いぬおわえてもとまえれんでよ」
(犬を追いかけても捕まえられないですよ)
という風に使われます。


これが「おわいご」ですと「鬼ごっこ」という意味です。
「おわいごしてあそんびょった」
(鬼ごっこをして遊んでいました)
という風に使われます。

おわえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

復讐、仕返し という意味です。
「まえにやられとるきんなあ、おんでんがえしじゃ」
(以前にやられているからねえ、仕返しですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おんびき」があります。
これは「蛙、ヒキガエル」という意味です。

おんでんがえし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つか、つかはれ とも言います。


ください、ちょうだい という意味です。
「ちっか、かー」
(竹輪を下さい)
「これ、かーだ」
(これをくださいよ)
「おばちゃん、あんまんみっつかー」
(おばちゃん、あんまんを3個ちょうだい)
という風に使われます。

かー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 強く、たくさん という意味です。
「がいにひっぱっといて」
(強く引っ張っておいて)
「ほなにがいににぎるな」
(そんなに強く握るんじゃない)
という風に使われます。


② 性格がきつい、気が強い という意味です。
「あのこ、かわいーけんどわりとがいなわよ」
(あの子は可愛いけれど、割と性格がきついんですよ)
という風に使われます。

がい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物足りない、気だるい という意味です。
「おなかがかいだるい」
(お腹が物足りない)
「きょうのりょうりはちょっとかいだるかったなあ」
(今日の料理は、ちょっと物足りなかったなあ)
「かいだるいいてなーんじゃしょうとおもわん」
(気だるくて何もしようと思えない)
という風に使われます。

かいだるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

具合、調子 という意味です。
「がいちょうええでよ」
(調子は良いですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「かいになる」があります。
これは「妨げになる、悪影響を及ぼす」という意味です。
「べんきょうのかいになる」
(勉強の妨げになる)
という風に使われます。

がいちょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひどく、激しく、強く、しっかり という意味です。
「がいにあめがふってきたなー」
(激しく雨が降ってきましたねえ)
「がいにくくっといて」
(しっかり結んでおいて下さい)
という風に使われます。


似た言葉では「かいさま」があります。
これは「逆さま、裏表、前後ろが逆」という意味です。

がいに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かがまり とも言います。


膝、膝小僧、膝の裏側 という意味です。
「だいぶふかいでよ、かがまぐらいありそうなぞ」
(大分深いですからね、膝ぐらいまでありそうです9
という風に使われます。


関連する言葉では「げんかいぼう」があります。
これは「向こう脛」という意味です。

かがま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

持つ、担ぐ、持ち上げる という意味です。
「むこうがわをかいてくれ」
(向こう側を持ってください)
「おみこしをはちにんでかいた」
(御神輿を8人で担いだ)
「このつくえおもたいけん、いっしょにかいてくれるで」
(この机は重いから、一緒に持ち上げて運んでくれますか)
という風に使われます。

かく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん、大変、大量 という意味です。
「きょうはかさあるいた」
(今日はたくさん歩いた)
「かさすだちもうてきたじょー」
(たくさんスダチをもらって来たよ)
「きにょーはほんまにかさおぶけたのー」
(昨日は本当に大変驚きましたねぇ)
という風に使われます。

かさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

匂い、臭い という意味です。
「いやなかざがする」
(嫌な臭いがします)
という風に使われます。


これが「かざむ、かざる」ですと「匂う、臭いがする」という意味です。
「すえとれへんかかざんでみなよ」
(腐っていないか臭いを嗅いでごらんなさいよ)
「きんもくせいがかざってきたなあ」
(金木犀が匂って来ましたねえ)
という風に使われます。

かざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

加勢する、手伝う、援助する という意味です。
「たべきれなんだらかしょたろか?」
(食べきれないのなら手伝いましょうか?)
という風に使われます。


似た言葉では「かす」があります。
これは「水に浸す」という意味です。
「おちゃわん、かしといてよ」
(お茶碗を水に浸しておいてくださいよ)
という風に使われます。

かしょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まるで、全く~ない という意味です。
「かたでうちによりつかんでないで」
(まるでうちに寄り付かないんですよ)
「とれーにんぐはじめてもういっかげつになるんやけど、かたでやせん」
(トレーニングを始めてもう1ヶ月になるのだけど、まるで痩せない)
「かたでしごとをせん」
(全く仕事をしない)
という風に使われます。

かたで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飢える という意味です。
「あのいぬはかつれとったんかしらん、よーくうなあ」
(あの犬は飢えていたのだろうか、よく食べますねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「かたくま」があります。
これは「肩車」という意味です。
「かたくましたげんそ」
(肩車をしてあげるよ)
という風に使われます。

かつれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 騒がしい という意味です。
「よーけおってかまびしいこっちゃ」
(たくさんいて騒がしいことだ)
という風に使われます。


② 侘びしい、貧乏な、貧窮 という意味です。
「きょうのゆうはんはかまびしいなあ」
(今日の夕ご飯は侘びしいですねえ)
という風に使われます。

かまびしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

専門分野 という意味です。
「そりゃあ、おまはんのかもいじゃ」
(それはあなたの専門分野ですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「かもか」があります。
これは「構うものか」という意味です。
「ふんでもかもかだ」
(踏んでも構うことないよ)
という風に使われます。

かもい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かわくるし とも言います。


喉が渇く、胃がもたれる という意味です。
「かわくろしいておちゃのんだ」
(喉が渇いたのでお茶を飲みました)
「きょうのおかずはかわくろしいもんばっかりじゃな」
(今日のおかずは脂っこいものばかりですね)
という風に使われます。

かわくろしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かまわない、かまいません という意味です。
「これかんまんけん、もってかえりなよ」
(これ、かまわないから持って帰りなさいよ)
「ほなにあやまってくれんでもかんまんよ」
(そんなに謝ってくれなくてもいいですよ)
という風に使われます。

かんまん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 木 という意味です。
「きいきる」
(木を切る)
という風に使われます。


② 気 という意味です。
「きいつける」
(気をつける)
という風に使われます。


似た言葉では「きいて」があります。
これは「着て」という意味です。
「にあうかどうかきいてみな」
(似合うかどうか着てみなさい)
という風に使われます。

きい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

来るとき、来る途中 という意味です。
「きしなによってよ」
(来るときに寄ってくださいよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ぎじぎじする」があります。
これは「腹が下って痛む、腹に鈍痛がある」という意味です。

きしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

被せる という意味です。
「ぬれんようにしーときせといて」
(濡れないようにシートを被せておいて)
という風に使われます。


これが「きる」ですと「被る」という意味です。
「むんぎゃらぼうしきとんなよ」
(麦藁帽子を被っていなさいね)
という風に使われます。

きせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

性質や顔つきがキツイ、強い、ギスギスしている という意味です。
「あのひとはちょっとぎすいとこがある」
(あの人はちょっとキツイところがあります)
「あのおばさんぎすいわ」
(あのおばさんはきついんだよ)
という風に使われます。

ぎすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぎち とも言います。


うるち米 という意味です。
「ぼたもちはきちともちをまぜなよ」
(ぼた餅は、うるち米ともち米を混ぜなさいね)
「これってきちじゃなあ。もちとちがうなあ」
(これはうるち米ですねえ。餅米ではないなあ)
という風に使われます。

きち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きどくさい、きしんどい とも言います。


じれったい という意味です。
「きどくそーてみておれん」
(じれったくて見ていられない)
「こんなきどいしごとはやっとれん」
(こんなじれったい仕事はやっていられない)
という風に使われます。

きどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ももざね とも言います。


踵(かかと)という意味です。
「くつしたおけいひんきびすがうえいきとう」
(靴下が大きいので、踵が上にきています)
という風に使われます。


関連する言葉では「すぼけ、すぼき」があります。
これは「ふくらはぎ」という意味です。
しかし、地域によって違う部位を指すこともあるようです。

きびす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傾斜が急である、坂がきつい という意味です。
「あのやまはきぶいんでのぼりにくいなあ」
(あの山は傾斜が急だから登りにくいなあ)
「あしこのさかはきぶいけん、ばりきのあるくるまでいきなはれよ」
(あそこの坂はきついから、馬力のある車で行きなさいね)
という風に使われます。

きぶい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

胃が痛む、イライラする、頭にくる という意味です。
「ああ、きょうはいがきゃっきゃくるわあ」
(ああ、今日は胃が痛むなあ)
「やめれん、きゃっきゃがくるわ」
(やめられない、イライラするなあ)
という風に使われます。

きゃっきゃがくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

コガネムシ という意味です。
「ぎんぎんむしがとまっとう」
(コガネムシが止まっています)
という風に使われます。


同じような言葉では「きらり」があります。
これは「アブラムシ」という意味です。
「うめのはにきらりがついた」
(梅の葉にアブラムシが付きました)
という風に使われます。

ぎんぎんむし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~家、~宅 という意味です。
「うちんく」
(私の家)
「おまんくいいこか?」
(あなたの家へ行きましょうか?)
という風に使われます。


似た言葉では「くえる」があります。
これは「(山などが)大きく崩れる」という意味です。
「うえからよーけくえてきとる」
(上から大層大きく崩れて来ている)
という風に使われます。

く 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

煙る、くすぶる という意味です。
「まどーあけはい、くいんりょるわ」
(窓を開けなさい、煙っていますよ)
という風に使われます。


似た言葉では「くべる」があります。
これは「(燃やす物を)入れる」という意味です。
「もうちょっとたきもんくべといて」
(もう少し焚物を入れておいて)
という風に使われます。

くいる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くそべい とも言います。


重い という意味です。
「このあかちゃんはくそぶいこじゃ」
(この赤ちゃんは重い子だねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「くそてんごのかわ」があります。
これは「余計なこと、無駄なこと」という意味です。

くそぶい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お札を小銭に替える、両替する という意味です。
「すまんけど、このいちまんえんさつくだいてくれへんで?」
(申し訳ありませんが、この一万円札を両替してくれませんか?)
という風に使われます。


似た言葉では「くわる、こわる」があります。
これは「(肩等の筋肉が)凝る」という意味です。

くだく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

安心する、ホッとする という意味です。
「しゅくだいがはやめにおわってくつろいだわ」
(宿題が早めに終わって安心しましたよ)
「いえのろーんがはらいおわってくつろいだなあ」
(家のローンが払い終わってホッとしたなあ)
という風に使われます。

くつろぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雑談、余談 という意味です。
「えっとくんだらいうた」
(長いこと雑談をしました)
という風に使われます。


似た言葉では「くんまき」があります。
これは「マフラー」という意味です。
「さぶいけんくんまきしょう」
(寒いからマフラーを巻きましょう)
という風に使われます。

くんだら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疑問を表す言葉です。
「おまはん、きょーはがっこういくんけ。あしたがやすみけ」
(おまえ、今日は学校に行くのかい。明日が休みなのか)
という風に使われます。


似た言葉では「げえ」があります。
これは「嘔吐、嘔吐物」という意味です。
「ねこはようげえはくじょ」
(猫はよく嘔吐しますよ)
という風に使われます。

け 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からかう という意味です。
「ひとをけさわれん」
(人をからかうものではない)
「あいつはいつもおれをけさう」
(あの人はいつも俺をからかう)
「そんなちいさいこをけさわれん」
(そんな小さな子をからかうんじゃない)
「けそうたらいかんでよ」
(からかってはいけないよ)
という風に使われます。

けさう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下品な、品の無い という意味です。
「げさくなこといわれんの」
(下品なことを言わないで)
という風に使われます。


似た言葉では「けたくそがわるい」があります。
これは「癪に障る、腹立たしい」という意味です。
「けたくそがわるいけんやめる」
(癪に障るから辞める)
という風に使われます。

げさくな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おやすみになる という意味です。
”寝る”の尊敬語です。
「おじーさんはもーげしなっとるかいな」
(おじいさんはもうお休みになっているかしら)
という風に使われます。
語源は古語「ぎょしん(御寝)なる」からと思われます。

げしなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無視、大事に扱わない、粗末な、冷遇する、軽視 という意味です。
「なかまにけそけそにされた」
(仲間に無視された)
「あのひとはわたしをけそけそにする」
(あの人は私を大事に扱わない)
「じょうしにけそけそにいわれた」
(上司に冷遇された)
という風に使われます。

けそけそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げっとー、げとっぱ、げとべ、どべ とも言います。
最下位 という意味です。
「わたしやいつもげとじゃ」
(私なんかいつも最下位です)
という風に使われます。


似た言葉では「げとげと」があります。
これは「泥んこ、汚れが酷いさま」という意味です。

げと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すぐに無くなる、無くなるのが早い という意味です。
「おかねはけないなあ」
(お金はすぐに無くなるなあ)
「これびゃーのおかし、けないなあ」
(これだけのお菓子なら、無くなるのが早いなあ)
という風に使われます。

けない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~から、~ので という意味です。
「ほなけんいうたで。わたしがいくけんって」
(だから言ったじゃないの。私が行くからって)
「あしたはいけんけんな!」
(明日は行けないからね!)
という風に使われます。
理由を表す言葉です。

けん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

当然、当たり前、大っぴら、平気 という意味です。
「うちのとちをけんたいでとおられたらこまる」
(我が家の土地を当然のように通られては困ります)
「けんたいでたばこのんみょう」
(大っぴらにタバコを吸っている)
という風に使われます。

けんたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

世間体 という意味です。
「ぼろーきとったらけんとがわるいぞ」
(みすぼらしい服を着ていたら世間体が悪いわ)
という風に使われます。


似た言葉では「けんとまく」があります。
これは「いい加減、でたらめ」という意味です。
「けんとまくいうな」
(いい加減なことを言うな)
という風に使われます。

けんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

懲り懲りする、飽き飽きする という意味です。
「もうこいやげた」
(もう懲り懲りしました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こげる」があります。
これは「日焼けする」という意味です。
「かいすいよくにいとったけんようこげとんだろ」
(海水浴に行っていたから、よく日焼けしているでしょう)
という風に使われます。

こいやげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

地味な という意味です。
「わかいのにこうとなふくきいて」
(若いのに地味な服を着て)
という風に使われます。


似た言葉では「こお」があります。
これは「粉」という意味です。
「こおふっといて」
(粉を振るっておいて)
という風に使われます。

こうとな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

瘡蓋(カサブタ)という意味です。
「あしにこうろができとるわ」
(足に瘡蓋が出来ているよ)
「こうろをはがしたらいたいな」
(瘡蓋を剥がしたら痛いですね)
という風に使われます。


似た言葉では「こうす」があります。
これは「解体する」という意味です。
「いえこうしてたてかえよる」
(家を解体して建て替えている)
という風に使われます。

こうろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごじゃぶろ とも言います。


でたらめ、間違い、嘘、無理 という意味です。
「ごじゃいいなはんな!」
(でたらめを言うんじゃありませんよ!)
「あいつのいーよることはごじゃばっかしじゃ。ほんきにせられんよ」
(あいつの言っている事はでたらめばかりです。本気にしてはいけませんよ)
という風に使われます。

ごじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たぐる、たぶる とも言います。


咳をする という意味です。
「じーやんよーこずっきょるなあ」
(おじいさん、よく咳き込みますねえ)
「ようこずっきょるけど、かぜひいたん?」
(よく咳をしているけれど、風邪を引いたのですか?)
という風に使われます。

こずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごっつい とも言います。


頑丈な、とても、強い、凄い という意味です。
「ごついうでしとお」
(頑丈な腕をしている)
「ごっついよろこんどったじょ」
(とても喜んでいたよ)
「ごっついかぜがふいた」
(強い風が吹いた)
という風に使われます。

ごつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わき目もふらずに という意味です。
「まごはそばでこっくむえんにあそんびょる」
(孫は傍でわき目もふらずに遊んでいます)
という風に使われます。


似た言葉では「ごっつぉ」があります。
これは「ご馳走」という意味です。
「ごっつぉなりました」
(ご馳走になりました)
という風に使われます。

こっくむてんに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

拵える、身支度 という意味です。
「こっしゃえとくけんな」
(拵えておくからね)
「はよこっしゃえしいよ」
(早く身支度をしなさいよ)
「でかけるのにまだこっしゃえとらんでぇか」
(出掛けるのに、まだ身支度をしていないではありませんか)
という風に使われます。

こっしゃえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熊手、攫える道具 という意味です。
「こまざらいでおちばかいといて」
(熊手で落ち葉を掻き集めておいて)
という風に使われます。


似た言葉では「こない」があります。
これは「このように」という意味です。
「こないようけもろて」
(このようにたくさん頂いて)
という風に使われます。

こまざらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

許す、我慢する、勘弁する という意味です。
「わりことしたらこらえへんじょ」
(悪いことをしたら許しませんよ)
「いたずらしたらこらえんでよー」
(悪戯したら許さないからね)
という風に使われます。


似た言葉では「こらっしゃげる」があります。
これは「懲らしめる」という意味です。

こらえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痛む、鈍痛がする という意味です。
「やねがこわる」
(腕や肩(の筋肉が)痛む)
という風に使われます。


似た言葉では「ごわへん」があります。
これは「ございません」という意味です。
「だいごわへん」
(大事ではございません)
という風に使われます。

こわる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

沢庵 という意味です。
「このこんこうまいわー」
(この沢庵、美味しいですねえ)
「こんこでちゃづけしてすぐしごと」
(沢庵で茶漬けを食べてすぐ仕事)
という風に使われます。


似た言葉では「こんじんざい」があります。
これは「金輪際」という意味です。
「かけごとはこんじんざいしまへん」
(賭け事は金輪際しません)
という風に使われます。

こんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

困り果てる、往生する、手こずる という意味です。
「おもたいけんもっちゃげるんにこんやげた」
(重たい物を持ち上げるのに困り果てました)
という風に使われます。


似た言葉では「ごんた、ごんたくろう」があります。
これは「悪ガキ、悪戯っこ、我儘」という意味です。

こんやげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何度も、時々 という意味です。
「めずらしいとりがさいさいくるんよ」
(珍しい鳥が何度も来るんですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ざい」があります。
これは「はたき」という意味です。
「さんにざいかけな」
(桟をはたきで払いなさい)
という風に使われます。

さいさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

谷間 という意味です。
「あしこのさこへみずがでてくるんじゃ」
(あそこの谷間に水が出て来るんだよ)
という風に使われます。


似た言葉では「さがす」があります。
これは「散らかす」という意味です。
「からすがくいさがす」
(カラスが食い散らかす)
という風に使われます。

さこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

常識を超えて、むやみに という意味です。
「そないにざざびろうせんと、こよちにせえ」
(そんな風にむやみに広くしないで、こじんまりとなさいよ)
という風に使われます。


似た言葉では「さら、さらあ」があります。
これは「新品」という意味です。

ざざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減、粗雑である、あらの見える という意味です。
「あのみせざっとしちゅう」
(あの店はいい加減だ)
「ざっとしたひとやねえ」
(いい加減な人ですねえ)
「ざっとつくっとるけん、そりゃすぐにこわれるわな」
(いい加減に作っているから、そりゃあすぐに壊れるよね)
という風に使われます。

ざっとしとる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さどこい とも言います。


機敏な、機転が利く、すばしこい という意味です。
「このこはなにしてもさどいなあ」
(この子は何をしても機転が利きますねえ)
「あいつもさどいけんいっつもつかまらへんなあ」
(あの人はすばしこいからいつも捕まらないなあ)
という風に使われます。

さどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

崩れる、崩壊する という意味です。
「たいふうでざれたんでわ」
(台風で崩壊したんですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「さるまた」があります。
これは「パンツ、トランクス」という意味です。
「さるまたでようおよいだわだ」
(トランクスでよく泳いだものです)
という風に使われます。

ざれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

里芋 という意味です。
「こんやはじいもでもたこうか」
(今夜は里芋のおかずでも作りましょうか)
「じいものたいたんにいぐいんがあった」
(里芋の煮物に、えぐいものがありました)
という風に使われます。


似た言葉では「じいやん」があります。
これは「おじいさん」という意味です。

じいも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぎょーに とも言います。


隙間が無い、隙間が無く、詰めて という意味です。
「しぎょいとこをまざきないよ」
(隙間が無い所を間引きなさいね)
「しぎょーにならべときな」
(隙間無く並べておきなさい)
という風に使われます。

しぎょい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一時、一時期、一頃 という意味です。
「しときりよーはやっとった」
(一時期よく流行っていました)
という風に使われます。


似たような言葉では「しといき」があります。
これは「暫く」という意味です。
「しといきかがんだらこしがいたいんなおる」
(暫くしゃがんでいたら腰痛は治る)
という風に使われます。

しときり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痣、痣が出来る、内出血する という意味です。
「どこやかししにいっとんでないか」
(あちらこちらに痣が出来ているじゃないですか)
「すねうってしにいっとう」
(脛をぶつけて内出血しています)
という風に使われます。

しにいる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫だ、平気だ、冴えている という意味です。
「じゅうねんしてもしゃっきんじゃ」
(10年経っても大丈夫だ)
「きのうはようねたけんしゃっきんじゃあ」
(昨日はよく寝たから冴えていますよ)
という風に使われます。

しゃっきんじゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

簡単だ、軽々しい という意味です。
「さかなさんまいにおろすぐらいじゃらこいでわ」
(魚を3枚に下ろすぐらい簡単ですよ)
という風に使われます。


同じような言葉では「じゃらくる」があります。
これは「いちゃつく、いちゃいちゃする」という意味です。

じゃらこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける という意味です。
「じゃらじゃらしたことばっかりいわれん」
(ふざけたことばかり言うんじゃない)
という風に使われます。


似た言葉では「じゃら」があります。
これは「冗談」という意味です。
「じゃらいうな!」
(冗談言うんじゃない!)
という風に使われます。

じゃらじゃらする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ですよ、~なんだよ という意味です。
主に女性が用います。
「きにょーおはなみいってきたんじょ」
(昨日お花見に行ってきたんですよ)
「あしたはうみにいくんじょ」
(明日は海に行くんですよ)
「きょうどうぶつえんいったんじょ」
(今日は動物園に行ったんだよ)
という風に使われます。

じょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

楽な、簡単な、素直で扱いやすい という意味です。
「きょうはぬくーてしよいなあ」
(今日は暖かくて楽だなあ)
「このこはてのかからんしよいこじゃ」
(この子は手が掛からなくて楽な子です)
「こそだてはおんなのこのほうがしよい」
(子育ては女の子の方が素直で扱いやすい)
という風に使われます。

しよい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしない という意味です。
「そんなしょうたれなかっこうすんな!」
(そんなだらしのない格好をするんじゃありません!)
「せなかからしゃつがでとるでよ。しょうたれじゃなあ」
(背中からシャツが出ていますよ。だらしないなあ)
という風に使われます。

しょうたれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん という意味です。
「おんみゃげじょうにこうてきてよ」
(お土産たくさん買って来て下さいね)
「じょうにおやさいもらったわよ」
(たくさんお野菜を頂きましたよ)
「じょうにじょうにいただいてありがとう」
(たくさんたくさん頂いてありがとう)
という風に使われます。

じょうに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

格好、スタイル という意味です。
「あのこはしょてんがいいから、はようおよめさんにいった」
(あの子はスタイルが良いので、早くお嫁さんに行きました)
「あのひとはしょてんがええけん、ようあのふくがうつっとうな」
(あの人は格好良いから、よくあの服が映えますね)
という風に使われます。

しょてん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずぶ濡れ という意味です。
「おおあめでじょぼこになったわー」
(大雨でずぶ濡れになりましたよー)
という風に使われます。


似た言葉では「じょうばりこい」があります。
これは「強情張りな」という意味です。
「じょうばりこいこじゃな」
(強情な子だな)
という風に使われます。

じょぼこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じるい とも言います。


ぬかるんでいる、ぬかるみ、水っぽい という意味です。
「つちがじゅるいわー」
(土がぬかるんでいるなあ)
「じるいたんぼでくさぬいた」
(ぬかるんでいる田んぼで草を抜いた)
という風に使われます。

じゅるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飽きっぽい、根気が無い という意味です。
「なにをさせてもすぐにしりやけする」
(何をやらせてもすぐに飽きてしまう)
という風に使われます。


似た言葉では「しりうち」があります。
これは「泥はね」という意味です。
「じるたんぼであるいてきたけん、ようけしりうちしとるわ」
(道のぬかるんでいる所を歩いてきたから、たくさん服に泥がはねていますよ)
という風に使われます。

しりやけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆっくりと、少しずつ という意味です。
「しわしわあとからいくわ」
(ゆっくりと後から行きますね)
「おまえ、しわしわあるいているんじゃないよ」
(お前、ゆっくりと歩いているんじゃないよ)
という風に使われます。

しわしわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①(体が)だるい、疲れた という意味です。
「あついひがつづくけんしんだいわ」
(暑い日が続くから体がだるいよ)
という風に使われます。


② しょうもない、あほらしい という意味です。
「しんだいことばっかりいよらんとはよいけ」
(しょうもないことばかり言っていないで早く行きなさい)
という風に使われます。

しんだい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

酸っぱい という意味です。
「すだちはすいいけんどんまいな」
(酢橘は酸っぱいけれど美味しいですね)
という風に使われます。


同じような言葉では「すえる」があります。
これは「腐る、傷む」という意味です。
「このめしもうすえとるぞ!」
(このご飯、もう腐っていますよ!)
という風に使われます。

すいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずいろ とも言います。


水に潜る、潜水 という意味です。
「なつんなったらかわですいりしてあそんびょったでわ」
(夏になったら川で水に潜って遊んだものでした)
「すいりでいっぷんぐらいはへいきだった」
(潜水して1分くらいは平気でした)
「ずいろにはいってとってこい」
(潜水して取ってきなさい)
という風に使われます。

すいり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

違う方向、的外れ という意味です。
「じゅぎょうちゅうじゃのにすかんぼむいて」
(授業中なのに違う方向を向いたりして)
という風に使われます。


似た言葉では「すか」があります。
これは「ハズレ」という意味です。
「たからくじすかばっかりでえ」
(宝くじはハズレばかりじゃないですか)
という風に使われます。

すかんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

苦しい、辛い という意味です。
「かぜひいてずつのうておれん」
(風邪を引いて、苦しくて仕方がありません)
「ごはんたべすぎてずつないわあ」
(ご飯を食べすぎて苦しいなあ)
という風に使われます。


似た言葉では「すっぱり」があります。
これは「上等に」という意味です。

ずつない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下に敷く、下敷きにする という意味です。
「ちょっとなべしきすけてだ」
(ちょっと鍋敷きを下に敷いて)
「このいすちょっとかたいけん、ざぶとんすけよ」
(この椅子はちょっと硬いので、座布団を下に敷きなさいね)

という風に使われます。


似た言葉では「すけない」があります。
これは「少ない」という意味です。

すける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 肉体的に苦しい という意味です。
「えっとぶりにはしったらせこい」
(久しぶりに走ったら苦しい)
「からだがせこいけんやすむわあ」
(身体が苦しいから休みますね)
という風に使われます。


② 気苦しい という意味です。
「しゅくだいができとらんけんせこい」
(宿題が出来ていないから気苦しい)
という風に使われます。

せこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

混み合う という意味です。
「でんしゃにのったらせってせってせまかったわ」
(電車に乗ったら混んで混んで狭かったよ)
「かいものいったらよーせっとった」
(買い物に行ったらすごく混んでいた)
「くるまがせってせってこまった」
(車が混みあって混みあって困りました)
という風に使われます。

せる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

次々に、順番に という意味です。
「きょうはおきゃくさんがせんぐりにくるわー」
(今日はお客さんが次々に来ますねえ)
「せんぐりおみやげもろうてすまんなあ」
(次から次へとお土産をもらってすみませんねえ)
という風に使われます。

せんぐり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食器洗いをする、食事の後片付け という意味です。
「たべてすんだらおまはんもたまにはぞうししてよ」
(食べ終わったら、あなたもたまには食器を洗ってよ)
「ぞうしをする」
(食事の後片付けをする)
という風に使われます。

ぞうし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぞうよ とも言います。


費用、予算 という意味です。
「よめいりさすのにようけぞうようがかかる」
(嫁入りをさせるのに、たくさん費用がかかります)
という風に使われます。


似た言葉では「ぞうつけない」があります。
これは「大きすぎて不恰好、無駄に大きい」という意味です。

ぞうよう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

危なっかしい、落ち着きが無い という意味です。
「そそはいけん、てえひいとんなよ」
(危なっかしいから、手を引いていなさいね)
という風に使われます。


似た言葉では「そつにする」があります。
これは「無駄にする」という意味です。

そそはい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

川の上流の地域、下流域から見て上流の方向、西の方角 という意味です。
特に吉野川上流域を指して言います。
「あのひとはそらからきたみたいなでよ」
(あの人は吉野川の上流から来たみたいですよ)
という風に使われます。

そら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぞんぞがはしる とも言います。


寒気がする、悪寒がする、ぞくぞくする、肌寒く感じる という意味です。
「かぜひいてせなかがぞんぞんする」
(風邪を引いて背中がぞくぞくする)
という風に使われます。


似た言葉では「ずくずく」があります。
これは「びしょ濡れになる」という意味です。

ぞんぞんする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面倒、面倒な、面倒くさい という意味です。
「きょうのしごとはたいそいわー」
(今日の仕事は面倒だなあ)
「きょうふろはいるんたいそいなあ」
(今日、風呂に入るのは面倒くさいなあ)
「そとでるんたいそい」
(外に出るのが面倒くさい)
という風に使われます。

たいそい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

曲がる という意味です。
「みちをたおる」
(道を曲がる)
「こうさてんをたおる」
(交差点を曲がる)
「ほこひだりへたおってちょっといったらゆうびんきょくがあるわ」
(そこを右に曲がって少し進むと郵便局があります)
という風に使われます。

たおる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくぼうとる とも言います。


蓄える、貯める という意味です。
「あのひと、おかねをようけたくぼうとるわ」
(あの人、お金をたくさん蓄えていますよ)
「ほないようけたくぼうて」
(そんなにたくさん貯めちゃって)
という風に使われます。

たくばう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だいじごわへん とも言います。


大丈夫 という意味です。
「だんないで?」「だじがあへん」
(心配ありませんか?)(大丈夫です)
という風に使われます。


この「だんない」は「心配ない、かまわない」という意味です。
「これつこてもだんないで?」
(これを使ってもかまいませんか?)
という風に使われます。

だじがあへん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少ない、稀少だ という意味です。
「ようけあったようにおもうたぜにもつこうてしもうたらたしないもんじゃ」
(たくさんあったように思ったお金も使ってしまったら少ないものです)
という風に使われます。


似た言葉では「だすこい」があります。
これは「味が薄い」という意味です。

たしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 馬鹿らしい という意味です。
「ほんなたっすいこといわれん」
(そんな馬鹿らしいことを言うんじゃありません)
という風に使われます。


② きつい、だるい という意味です。
「きょうのしごとはたっすいな~」
(今日の仕事はきついなあ)
という風に使われます。

たっすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むやみに という意味です。
「ただしにおこってわけがわからんのですわ」
(むやみに怒って訳が分からないんですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ただに」があります。
これは「ただ単に」という意味です。
「ただにあるくだけでええんよ」
(ただ単に歩くだけで良いのよ)
という風に使われます。

ただしに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

閉める という意味です。
「とをたててでていてよ」
(戸を閉めて出て行ってくださいよ)
「そこのどあたっといてー」
(そこのドアを閉めておいてください)
という風に使われます。


似た言葉では「たちる」があります。
これは「立つ」という意味です。
「ろうかへでてたちっとれ」
(廊下に出て立っていろ)
という風に使われます。

たてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たびね とも言います。


うたた寝 という意味です。
「そんなところでたぶねせんとろくにねなはれ」
(そんな場所でうたた寝しないでちゃんと寝なさい)
「こんなところでたぶねしよったらかぜひくぞ」
(こんな場所でうたた寝していたら風邪を引きますよ)
という風に使われます。

たぶね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下さい、~して下さい という意味です。
「わんくでよけりゃー、またきてたもれ」
(私の家で良かったら、また来てください)
という風に使われます。


似た言葉では「たれもっつぇる、たれもつれる」があります。
これは「処理しきれない」という意味です。

たもれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飽きる という意味です。
「ようけたべた、もうたったわ」
(たくさん食べたから、もう飽きたよ)
「おいしいものをたるびゃあたべた」
(美味しいものを飽きるほどたくさん食べた)
「あかよりぴんくのほうがたらんぞ」
(赤よりもピンクの方が飽きがこないですよ)
という風に使われます。

たる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自動車などが機械の故障で動かなくなる という意味です。
「ぱそこんがちゃがまる」
(パソコンがフリーズする)
という風に使われます。


似た言葉では「ちゃばえる、ちゃかばえる」があります。
これは「ふざける」という意味です。

ちゃがまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

インチキ、ずるい という意味です。
「ちゃちーしたらいかんのでよ」
(インチキをしてはいけませんよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ちゃんちゅう」があります。
これは「小動物を捕まえる罠」という意味です。

ちゃちー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃちゃらぽちゃら とも言います。


台無しに、無茶苦茶、いい加減、無計画に浪費する という意味です。
「ぼーなすもけいばでちゃちゃらぼちゃらにしてしもた」
(ボーナスも競馬で台無しにしてしまいました)
という風に使われます。

ちゃちゃらぼちゃらに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょんげる とも言います。


じゃれる という意味です。
「こねこはようちょうげる」
(子猫はよくじゃれます)
という風に使われます。


似た言葉では「ちょこだいな」があります。
これは「生意気な」という意味です。
「こどものくせしてちょこだいなやっちゃな」
(子供のくせに生意気な奴だな)
という風に使われます。

ちょうげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

便所 という意味です。
上品な表現です。
「ちょっとおちょうずいてきます」
(ちょっと便所に行って来ます)
という風に使われます。


同じような言葉では「ちょうずばち」があります。
これは「水がめ、水を入れる鉢」という意味です。

ちょうず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

渋滞する、混雑する という意味です。
「ようつかえとるけんこっちまーるで?」
(随分と渋滞しているから、こちらへ迂回しますか?)
という風に使われます。


同じような言葉では「つむ」があります。
これは「混む」という意味です。
「このみちようつんどうなあ」
(この道はよく混んでいますねえ)
という風に使われます。

つかえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

散らかす、乱雑に散らかっている という意味です。
「つかみさがしとりますけんど、おあがんなして」
(散らかっておりますが、どうぞお上がりください)
という風に使われます。


似た言葉では「つえる」があります。
これは「山、崖が崩れる」という意味です。

つかみさがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つくまむ とも言います。


しゃがむ、しゃがみ込む という意味です。
「つくなんでまっちょったら、あしがすくんでしもーた」
(しゃがんで待っていたら、足がすくんでしまいました)
「たぶれたらほこでつくなんどんな」
(疲れたらそこでしゃがみ込んでいなさい)
という風に使われます。

つくなむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

力いっぱい、ギリギリいっぱい という意味です。
「めずらしいところへいくのでつついちおしゃれしていた」
(珍しい場所へ行くので、力いっぱいお洒落をしていた)
「つついちがまんしよったけど、もうがまんのげんかい」
(ギリギリまで我慢してきたけれど、もう我慢の限界)
という風に使われます。

つついち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痛む、激痛がする という意味です。
「はがつつく」
(歯が痛む)
という風に使われます。


似た言葉では「つづめる」があります。
これは「片方に寄せる」という意味です。
「にもつはすみのほうにつづめときな」
(荷物は隅の方へ片寄せしておきなさい)
という風に使われます。

つつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

普段着 という意味です。
「つねぎのままでかいもんにいこ」
(普段着のままで買い物に行きましょう)
「これよそぎだったけど、ふるくなったからつねぎにするで」
(これは一張羅でしたが、古くなったので普段着にしますよ)
という風に使われます。

つねぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

贅沢する、贅沢癖がつく という意味です。
「くちがつばえてしもて、ええもんかくわん」
(口が贅沢になってしまって、良いものしか食べない)
という風に使われます。


似た言葉では「つべ、つべこぶた」があります。
これは「尻、臀部」という意味です。

つばえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余計なお節介、つまらないこと、余計なこと という意味です。
「つべくそいわんでええ」
(余計なお節介を言わなくてもよろしい)
「いらんつべくそいうけんど、このほうがええでよ」
(余計なお節介だけど、この方が良いですよ)
という風に使われます。

つべくそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける という意味です。
「このほんつまえといて」
(この本、片付けておいて)
「はさみつこーたらひきだしにつまえときない」
(ハサミを使ったら引き出しに片付けておきなさい)
という風に使われます。

つまえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つるくる とも言います。


吊り下げる という意味です。
「げんかんにくりすますりーすをつらくる」
(玄関にクリスマスリースを吊り下げる)
「しゃつちゃんとつらくっとかなしわになるでよ」
(シャツをきちんと吊り下げておかないと皺になりますよ)
という風に使われます。

つらくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乗せて行く という意味です。
「これもついでにつんでいって」
(これもついでに乗せて行ってください)
という風に使われます。


似たような言葉では「つるむ」があります。
これは「交尾する」という意味です。
「とんぼがつるんでとんびょう」
(トンボが交尾をしながら飛んでいる)
という風に使われます。

つんでいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疑問系や詰問、感嘆、命令など、文の最後に使用する言葉です。
「いくで」
(行きますか)
「きょうはおやすみのひーで?」
(今日はお休みですか?)
「なににつかうんで」
(何に使うのですか?)
「ここにあるでえ」
(ここにあるじゃないの)
「はようせなもうみんないっきょんでー」
(早くしないともう皆行っていますよ)
という風に使われます。

で 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からかう、ちょっかいを出す という意味です。
「いぬてごたらかまれよるでよ」
(犬をからかったら咬まれますよ)
という風に使われます。


似た言葉では「でける」があります。
これは「子供が生まれる」という意味です。
「いつでけたんえ?」
(いつ生まれたのですか?)
という風に使われます。

てがう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てつなう とも言います。


手伝う という意味です。
「ちょっとてっとうて」
(ちょっと手伝って)
という風に使われます。

 

また、「手伝い」のことは「てつない」と言います。

 

似た言葉では「てだう」があります。
これは「連れ添う」という意味です。

てったう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ものの位置が入れ違っている、あべこべ、順番が逆になる という意味です。
「すうじがてれこになっとったけん、けいさんがあわなんだ」
(数字の順番が入れ違っているから、計算が合いませんでした)
という風に使われます。

てれこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てんつじ とも言います。


頂上、てっぺん という意味です。
「やまのてんこつ」
(山の頂上)
「あたまのてんこつ」
(頭頂部)
という風に使われます。


似た言葉では「てんご」があります。

これは「悪いこと、ふざけたこと」という意味です。

てんこつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

向こう見ずな という意味です。
「てんぷなことしたらあむない」
(向こう見ずなことをしたら危ない)
という風に使われます。


似た言葉では「てんでに」があります。
これは「それぞれに、個人個人で」という意味です。
「べんとうはてんでんもってきてよ」
(お弁当はそれぞれに持って来てね)
という風に使われます。

てんぷな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

好都合だ、上手くいった、能率が良い という意味です。
「てんもうとれたのー」
(上手く行きましたねえ)
「てんまいっちゅーのはな、いっぺんによーけすることをいうんでわ」
(能率が良いというのは、一度にたくさんすることを言うのです)
という風に使われます。

てんまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嘘 という意味です。
「どうずりいうな!」
(嘘を言うんじゃない!)
という風に使われます。


似た言葉では「どうぞい、どうだんで」があります。
これは「どうですか」という意味です。
「おんがいどうだんで」
(お具合はどうですか?)
という風に使われます。

どうずり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叫ぶ、泣く、泣き叫ぶ、怒鳴る という意味です。
「とえてとえて」
(叫んで叫んで)
「とえたってしょがないぞー」
(泣いてもどうにもなりませんよ)
という風に使われます。


似た言葉では「とぉ」があります。
これは「早く、早い時間帯」という意味です。

とえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どまくれる とも言います。


拗ねる、膨れ面をする という意味です。
「おこったらどくれてものいわん」
(怒ったら拗ねて喋らない)
「いつまでもどくれとらんと、えーかげんでてきてごはんたべない」
(いつまでも拗ねていないで、いい加減に出て来てご飯を食べなさい)
という風に使われます。

どくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どぐわす、どんがす とも言います。


殴る、叩く、くらわす という意味です。
「どぐらっしゃげたろか」
(殴ってやろうか)
「どんがしたらないた」
(叩いたら泣きました)
という風に使われます。


同じような言葉では「どんがっしゃげる」があります。
これも「強く叩く」という意味です。

どぐらす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どういたしまして、こちらこそ という意味です。
「こないだはありがとー」「いえ、どちらいか」
(この間はありがとう)(いえ、どういたしまして)
「おせわになりました」「どちらいか」
(お世話になりました)(こちらこそ)
という風に使われます。

どちらいか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とてな、どてなし とも言います。


浪費家、考えもなく行動すること という意味です。
「あいつはとてなしやけん、おかねわたしたらすぐなくなるわぁ」
(あいつは浪費家だから、お金を渡したらすぐに無くなるよ)
「つぎからつぎへとあたらしいものをかってどてなしじゃ」
(次から次へと新しい物を買って、浪費家だわ)
という風に使われます。

とてなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とばとば とも言います。


慌て者、落ち着きの無い、元気の良い という意味です。
「とばさくじゃけんじょうじゅうけがしよる」
(慌ても野田から、しょっちゅう怪我をしています)
「とばとばするけんこけるんじゃ」
(落ち着きが無いから転ぶのよ)
という風に使われます。

とばさく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

野菜などが腐り崩れる、腐ってドロドロになる という意味です。
「ほんなもん、どびてしもうてたべれるかだ」
(そんなもの、腐ってしまって食べられませんよ)
「つけもんがどびとる」
(漬物が腐ってドロドロになっている)
という風に使われます。

どびる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どはん とも言います。


馬鹿、あほ という意味です。
「なんしょんな。どぼれが!」
(何をしているんだ。馬鹿が!)
という風に使われます。


似た言葉では「どしんだい」があります。
これは「馬鹿馬鹿しい」という意味です。
「どしんだいはなしじゃけんど」
(馬鹿馬鹿しい話だけれど)
という風に使われます。

どぼれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とこまえる とも言います。


掴まえる、掴んで支える、捕まえる という意味です。
「こけんようにとまいとってだ」
(転ばないように掴んで支えておいてよ)
「はようほのいぬとこまえて」
(早くその犬を捕まえて)
という風に使われます。

とまえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とろくそい とも言います。


鈍い、のろい、愚鈍な という意味です。
「とろこいけんまねでけん」
(鈍いから真似ができない)
「とろくさいんははがいたらしいな」
(のろいのはすごく歯がゆいですね)
という風に使われます。


似た言葉では「どろかい」があります。
これは「泥まみれ」という意味です。

とろこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずるい という意味です。
「どんまいやつじゃ」
(ずるい奴だ)
という風に使われます。


似た言葉では「どないしょんかいな」があります。
これは「どうしているのかな」という意味です。
「あいつはいまごろどないしょんかいな」
(あの人は今頃どうしているのかな)
という風に使われます。

どんまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やりないこ、しないこ とも言います。


やり直し という意味です。
「あみないこ」
(編み直し)
「ききないこ」
(聞き直し)
「うえないこ」
(植え直し)
という風に使われます。


似た言葉では「ない、な」があります。
これは「~なさい」という意味です。

ないこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

梅雨 という意味です。
「ながせがきた」
(梅雨に入った)
という風に使われます。


似た言葉では「なかった」があります。
これは「~だった」という意味です。
「きれいなかった」
(綺麗だった)
「しずかなった」
(静かだった)
という風に使われます。

ながせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

正座をせず足を前方に投げ出す という意味です。
「けがしとるきん、なげあしでごめんなしてよ」
(怪我をしているので、足を投げ出していますが勘弁して下さいね)
という風に使われます。


似た言葉では「なくそへくそ」があります。
これは「無理矢理」という意味です。

なげあし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

当てが外れる、無駄になる という意味です。
「りょうになぐれる」
(漁の当てが外れる)
「ごぜんちゅうなぐれてしもた」
(午前中が無駄になってしまった)
「いいなぐれる」
(言う機会を失う)
「いきなぐれる」
(行くチャンスを失う)
という風に使われます。

なぐれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ないなる、ないよんなる とも言います。
無くなる という意味です。
「おかしがみななしになった」
(お菓子が全部無くなりました)
という風に使われます。


似たような言葉では「ないでないで~」があります。
これは「無いではないか」という意味です。

なしになる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傾斜が緩い、緩やか という意味です。
「なるいさかじゃけん、せこーないなあ」
(傾斜が緩やかな坂だから苦しくないですねえ)
「あのやまはなるいのでのぼりやすいなあ」
(あの山は傾斜が緩やかなので登りやすいなあ)
という風に使われます。

なるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何ですか という意味です。
「これってなんなん?」
(これは何ですか?)
という風に使われます。


似たような言葉では「なんしょんで」があります。
これは「何しているの」という意味です。
「なんしょんでー!ほんなんしたらあかんだろ」
(何をしているの!そんなことしては駄目でしょう)
という風に使われます。

なんなん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

釣れなかった という意味です。
「きょうのつりはにぎったわー」
(今日の釣りは釣れませんでしたよ~)
という風に使われます。


同じような言葉では「にぎる、にぎ」があります。
これは「収穫が無くなる」という意味です。

にぎった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

側(そば)、脇、際 という意味です。
「いえのねきにおいで」
(家の側に来なさい)
「そこのきのねきにあるけんちょっととって」
(そこの木の側にあるから、ちょっと取って)
「はたけのねきいってみょうがとってきてー」
(畑の脇に行ってミョウガを取ってきてちょうだい)
という風に使われます。

ねき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

本心から、根から という意味です。
「あれ、わたしねっからすかんのですわ」
(あれは私は本心から好きではないんですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ねばい」があります。
これは「根性がある、言うことを聞かない」という意味です。

ねっから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねんごう とも言います。


自慢、自惚れ、屁理屈 という意味です。
「ねんごばっかりいうてなかなかしごとせん」
(自慢ばかり言っていてなかなか仕事をしない)
「ねんごういうな」
(屁理屈言うんじゃない)
という風に使われます。

ねんご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ください という意味です。
「せんせいのはなしをよーきーて、べんきょうしてはいりょ」
(先生の話を良く聞いて、勉強して下さいね)
という風に使われます。


似た言葉では「ばいやい」があります。
これは「奪い合い、取り合い」という意味です。

はいりょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はざぁ とも言います。


平日、普段、日常、通常 という意味です。
「はざのひにやすみとりな」
(平日の日に休みを取りなさい)
「もんびちゃう、はざのひやけん、こんわあ」
(特別の日じゃない、普通の日だから来ないよー)
という風に使われます。

はざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はざかる とも言います。


挟まる、詰まる、隙間に引っかかる という意味です。
「にくがはにはさかってとりにくー」
(肉が歯に挟まって取りにくい)
「しきいにこいしがはさかる」
(敷居に小石が挟まる)
という風に使われます。

はさかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 痛がゆい、むず痒い という意味です。
「いねかりしたけんからだじゅうがはしかいわ」
(稲刈りをしたから体中がむず痒いです)
という風に使われます。


② 意地が悪かったり生意気だったりして面倒な性格 という意味です。
「あのこはちいさいときからはしかかったんよ」
(あの子は小さい頃から面倒な性格だったんですよ)
という風に使われます。

はしかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お転婆 という意味です。
「はっさいっていわれよたきんど」
(お転婆と言われたけれど)
という風に使われます。


似た言葉では「はっしゃぐ」があります。
これは「興に入って浮かれる」という意味です。
「あいつはっしゃいどったのお」
(あの人、浮かれていたわねえ)
という風に使われます。

はっさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

削る という意味です。
「ちょうなでそのぶぶんをはつる」
(手斧でその部分を削る)
という風に使われます。


似た言葉では「ぱっぱ」があります。
これは「おんぶ」という意味です。
「ばあちゃん、ぱっぱしてー」
(おばあちゃん、おんぶしてー)
という風に使われます。

はつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はないり とも言います。


夢中になる、熱が入る という意味です。
「ついはながはいってしもて・・・」
(つい夢中になってしまって・・・)
「このおかし、たべよったらはながいってやめれんな」
(このお菓子を食べると、夢中になって止められないね)
という風に使われます。

はながいる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はみ とも言います。


マムシ(蝮)、毒虫の一種 という意味です。
「はめがおるけん、やまんなかへやいかれん」
(マムシがいるから、山の中になんか行ってはいけません)
という風に使われます。


似た言葉では「はた」があります。
これは「横」という意味です。

はめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はまる とも言います。


ぴったり合うようにはめ込む、入れる という意味です。
共通語の「はめる」よりも広い意味で使われます。
「おふろにはめる」
(お風呂に入れる)
「たいやにくうきをはめる」
(タイヤに空気を入れる)
「なかまにはめる」
(仲間に入れる)
という風に使われます。

はめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はりまわす、はんりゃげる とも言います。


平手で叩く、平手で殴る という意味です。
「おまはんはりますぞ!」
(あんた、平手打ちするぞ!)
「いうこときかんのやったらはんりゃげるでよ」
(言うことを聞かないのだったら平手で殴るわよ)
という風に使われます。

はります 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 引きずる という意味です。
「わかいこがずぼんのすそひこずってあるっきょるんはみょうななあ」
(若い子がズボンの裾を引きずって歩いているのは変な感じですねえ)
という風に使われます。


② 散らかす という意味です。
「このへやはえらいひこずっとんな」
(この部屋はかなり散らかっていますね)
という風に使われます。

ひこずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひがなひんどう、ひがなよしに、ひがないちんち とも言います。


一日中、一晩中 という意味です。
「たんぼでひしとい、つくなんどってたまらんでわ」
(田んぼで一日中しゃがんでいたので、とても辛いよ)
という風に使われます。

ひしとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乾いて小さくなる、萎びる という意味です。
「かえるがひすばっとる」
(カエルが乾いて小さくなっている)
「なすびがひすばった」
(茄子が萎びた)
という風に使われます。


似た言葉では「ひきさがす」があります。
これは「散らかす」という意味です。

ひすばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふだるい とも言います。


空腹である、ひもじい という意味です。
「ひだるーてしごとにならん」
(空腹で仕事になりません)
「ひだるいしてちからのはいらん」
(お腹が減って力が入らない)
という風に使われます。

ひだるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すごい、えらい という意味です。
「あんなこまいこがひとりでおおさかまでいったんでよ。ひどいなあ」
(あんなに小さい子が一人で大阪に行ったんですよ。すごいなあ)
という風に使われます。


また、程度が甚だしい場合に良い意味でも用いられます。

ひどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひとすけない とも言います。


恥ずかしい という意味です。
「そんなひとすけないこというな」
(そんな恥ずかしいこと言わないで)
という風に使われます。


似た言葉では「ひけつ」があります。
これは「便秘」という意味です。

ひとしけない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

皮肉、こき下ろし という意味です。
「そうひなずいわんときょうりょくしてつかはれだ」
(そう皮肉を言わないで協力してくださいよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ひねしる、ひねくる」があります。
これは「つねる」という意味です。

ひなず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ば とも言います。


~ばかり、~しか という意味です。
少ない様を表す言葉です。
「これびゃーかのこっとらんの」
(これだけしか残っていないの)
という風に使われます。


似た言葉では「ひーつける」があります。
これは「明かりを点ける、点火する」という意味です。

びゃー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

干からびる という意味です。
「どしたん、このやさいひんけとんでー」
(どうしたの、この野菜干からびていますよ)
「このみかん、かわむいたらなかがひんけとったわ」
(この蜜柑、皮を剥いたら中が干からびていたよ)
という風に使われます。

ひんける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余分 という意味です。
「ぶひんはひんずにひとつつけとけよ」
(部品は余分に一つ付けておきなさいね)
「ほなにひんずにつがれてもたべれんよ」
(そんなに余分に盛られても食べられませんよ)
「これひんずにはいっとるでぇ」
(これ、余分に入っているよ)
という風に使われます。

ひんず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大きい、ぶかぶかな という意味です。
中身に比べて入れ物等が大きい様子を指します。
「このくつ、ぶかいわよ」
(この靴、大きいですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ふしぶし」があります。
これは「関節」という意味です。

ぶかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 無理に押し付ける という意味です。
「ちょうないかいちょうをふずくりつけてやった」
(町内会長を無理に押し付けてやった)
という風に使われます。


② 機嫌を取って大事なものをねだる という意味です。
「はちうえひとつふずくってもろうてきた」
(鉢植えを1個、ねだって貰って来た)
という風に使われます。

ふずくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふっりょる、ふんじょる、ふいよる、ふんよる、ふいよう 等とも言います。


降っている という意味です。
雨が降っている状態を表す言葉です。
「あめがようけふんりょるわ」
(雨がたくさん降っていますね)
という風に使われます。

ふんりょる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見せびらかす という意味です。
「ええもんもっとうけんてへけりまわるな」
(良い物を持っているからって見せびらかして回るんじゃない)
「あいつはいつもこうたもんをへける」
(あの人はいつも買った物を見せびらかす)
という風に使われます。

へける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん という意味です。
「あのいえは、へたこたこどもがおる」
(あの家には、たくさん子供がいます)
という風に使われます。


逆の意味の言葉では「へちこまい」があります。
これは「小さい」という意味です。
嫌味、軽蔑の意味を伴う言葉です。

へたこた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

反対、的外れ、勘違い という意味です。
「へどまんしたらあかんでよ」
(勘違いをしてはいけませんよ)
という風に使われます。


似た言葉では「べと、べべ、べべと」があります。
これは「最下位」という意味です。

へどまん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずる賢い、ずるい という意味です。
「あいつはへらこいけんなー」
(あいつはずる賢いからなあ)
「あいつはへらこいやっちゃけん、いつでもばーやんにかしもらいよるわ」
(あいつはずる賢い奴だから、いつもおばあさんに菓子をもらっていますよ)
という風に使われます。

へらこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すぐさま、急いで、早く、大至急 という意味です。
「へんしもいんでこないかん」
(すぐさま帰らないといけません)
という風に使われます。


似た言葉では「へんそする」があります。
これは「嫉妬する、焼きもちを妬く、意地悪をする」という意味です。

へんしも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余所 という意味です。
「ぼいこもようけおるけんなあ、かっこうにするんでよ」
(余所の子もたくさんいるからね、大人しくするんですよ)
「ぼくもぼいいつれていってえ、まがらんようにするけん」
(僕も余所に連れて行って、邪魔しないようにするから)
という風に使われます。

ぼいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

湯気 という意味です。
「ほけがでる」
(湯気が出る)
「みずからほけがでようる」
(水から湯気が出ている)
「ほけししてからまどをふいたらきれいになるわ」
(息を吹きかけてから窓を吹いたらキレイになるよ)
という風に使われます。

ほけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほなけん とも言います。


だけど、しかし という意味です。
「おまはんのいよることはわかるでよ。ほなけんど、うまいこといかんのとちがうで」
(あなたの言うことは分かりますよ。だけど、うまくいかないんじゃないですか)
という風に使われます。

ほなけんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

湿疹 という意味です。
「くすりをのんだらほろせがでてかゆい」
(薬を飲んだら湿疹が出て痒い)
という風に使われます。


似た言葉では「ぼろった」があります。
これは「オンボロ、ポンコツ、不良品」という意味です。


また、「ほれ」ですと「馬鹿」という意味です。

ほろせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

本当 という意味です。
「じょうだんでなしに、ほんけいくんか?」
(冗談ではなくて、本当に行くんですか?)
という風に使われます。


同じような言葉では「ほんなんじょー」があります。
これは「それはないわ、それは嫌だよ」という意味です。

ほんけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まぎる とも言います。


邪魔になる という意味です。
「ほこまがるけん、どきないよ」
(そこは邪魔になるから退きなさいよ)
「このくるま、まがるわ~」
(この車、邪魔になっているよー)
という風に使われます。


似た言葉では「まう」があります。
これは「回る」という意味です。

まがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

液体があふれる、漏れる という意味です。
「おふろのみずがまけよるよ」
(お風呂の水があふれていますよ)
「おしっこがまけた」
(おしっこを漏らしました)
という風に使われます。


同じような言葉では「まけまけ」があります。
これは「一杯」という意味です。
「みずがまけまけじょー」
(水が一杯です)
という風に使われます。

まける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へそくり、別に隠す という意味です。
「まつぼりしとんちがう?」
(へそくりしているんじゃないの?)
「まつぼりしとくんよ」
(別に隠しておくのよ)
という風に使われます。


語源は「まつわる」で、「集まる、集める」という意味です。

まつぼり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たまに、たまたま という意味です。
「まんがにくる」
(たまに来る)
「まんがによらいだ」
(たまたま寄りました)
という風に使われます。


似た言葉では「まんでもらう」があります。
これは「弁償してもらう」という意味です。

まんがに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まるで、全く という意味です。
「まんでひとがかわってしまった」
(まるで人が変わってしまいました)
「あのひとあたまかたいけん、まんではなしにならんわ」
(あの人は頭が固いので、まるで話になりませんよ)
「きょうはまんであかん」
(今日は全然駄目です)
という風に使われます。

まんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みじょう とも言います。


上手く、上手に という意味です。
「みじょできるで?」
(上手に出来るよ?)
という風に使われます。


似た言葉では「みずくさい」があります。
これは「味が薄い」という意味です。
「このみそしるみずくさい」
(この味噌汁は味が薄いね)
という風に使われます。

みじょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(場所を)とった、占領した、予約した という意味です。
「このぶらんこみった!」
(このブランコ(私が)とった!)
という風に使われます。


似た言葉では「みたよーな、みとーな」があります。
これは「~みたいな」という意味です。

みった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

んめる とも言います。


見える という意味です。
「むえんけんのいて」
(見えないから退いて)
「んめんわ」
(見えないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「むせる」があります。
これは「蒸し暑い、蒸し暑くなる」という意味です。

むえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むつこい とも言います。


脂っこい、味がしつこい、油っぽい、味が濃い という意味です。
「やきにくはうまいけんどちょっとむつごいな」
(焼き肉は美味しいけれど少し脂っこくてしつこいですね)
「これむつこいなあ」
(これ、脂っこいなあ)
という風に使われます。

むつごい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

周囲、界隈 という意味です。
「いえのめぐらのくさをむしる」
(家の周囲の草を毟る)
「いえのめぐらをまわる」
(家の周囲を回る)
「ちかめぐらのはたけにいっとるけんな」
(家の近くの畑に行っていますからね)
という風に使われます。

めぐら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めぐ ともいいます。


壊れる、壊す という意味です。
「へんにいらいよったらめげるでよ」
(変に触っていたら壊れてしまうよ)
「このじてんしゃ、めげかけじょー」
(この自転車、壊れかけていますよ)
という風に使われます。

めげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 難しい という意味です。
「このもんだいめんどいわ」
(この問題は難しいよ)
という風に使われます。


② 気難しい、理屈っぽい という意味です。
「なにごちゃごちゃめんどいこといよんな」
(何をごちゃごちゃと理屈っぽいこと言っているんですか)
という風に使われます。

めんどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めーめ とも言います。


① 各自それぞれに、おのおの、勝手に という意味です。
「めんめにとりない」
(各自それぞれに取りなさい)

という風に使われます。


② 自分 という意味です。
「めんめらとちゃうわ」
(自分たちとは違うよ)
という風に使われます。

めんめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もえ とも言います。


(物が)増える、大きくなる という意味です。
「おかねがもえる」
(お金が増える)
「かみのけがもえる」
(髪の毛が増える)
「じんこうがもえてきた」
(人口が増えてきました)
という風に使われます。

もえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まみれる、纏わりつく という意味です。
「どろもぶれになったけん、はようふろはいりたい」
(泥まみれになったから、早く風呂に入りたい)
「あのこはいつもおかあさんにもぶれついとんなあ」
(あの子はいつもお母さんに纏わり付いていますねえ)
という風に使われます。

もぶれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ももくる、ももじる とも言います。


① 手で探る、弄る、弄ぶ という意味です。
「ばっぐのなかをももぐる」
(バッグの中を手で探る)
という風に使われます。


② 手こずる、うまくいかない、うまくいかず縺れる という意味です。
「あのひとでけんでももぐりまわんりょる」
(あの人は出来なくて手こずっている)
という風に使われます。

ももぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(家に)帰って来る、戻ってくる という意味です。


これが「もんとん」で「戻っていますか」という意味です。
「もういえにもんとん?」
(もう家に戻っているんですか?)
という風に使われます。


似た言葉では「もんで」があります。
これは「~なので」という意味です。

もんてくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげる という意味です。
「これ、やー」
(これ、あげる)
という風に使われます。


似た言葉では「やっぱり」があります。
これは「いつも」という意味です。
「やっぱりのみよる」
(年中飲んでいる)
という風に使われます。

やー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肩、上腕部、上腕の辺り全体 という意味です。
「しごとしすぎたけん、やねがこわってしゃーないでわだ」
(仕事をし過ぎたから、上腕部が痛くて仕方がありまえんよ)
という風に使われます。


「やねがくわる」で「肩が凝る」という意味です。

やね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気持ち悪い という意味です。
「いがやらやらする」
(胃が気持ち悪い)
という風に使われます。


似た言葉では「やむ」があります。
これは「食べ物などが傷む」という意味です。

また、「~が溶ける」という意味もあります。

やらやらする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

根性が無い という意味です。
「あいつはやりこいけんなあー」
(あいつは根性が無いからなあ)
という風に使われます。


また、「やりこい」には「柔らかい」という意味もあります。


似た言葉では「やりないこ」があります。
これは「やり直し」という意味です。

やりこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よーたんぼ とも言います。


酔っぱらい、泥酔状態の酔っ払い という意味です。
「よたんぼは、はよいえいんでねなはれ」
(酔っぱらいは早く家に帰って寝なさい)
という風に使われます。


似た言葉では「よだれをくう」があります。
これは「涎を垂らす」という意味です。

よたんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よあざ、よあさ、ようさ とも言います。


夕方、夜の時間の表現 という意味です。
「はよう、よわざになるけんかえろう」
(早く、夕方になるから帰りましょう)
「よわざになってからやでかけんと、あしたのあさにしなはれ」
(夕方になってからなんて出かけないで、明日の朝にしなさいよ)
という風に使われます。

よわざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~してはいけない、~出来ない という意味です。
「たべられん」
(食べてはいけない)
「さわられん」
(触ってはいけない)
「あぶない、あそばれん」
(危ない、遊んではいけない)
「おしろのほりでさかなはつられん」
(お城の堀で魚を釣ってはいけません)
という風に使われます。

られん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きちんと寝る、ちゃんと寝る という意味です。
「そんなところでたぶねせんと、ろくにねなはれ」
(そんな場所で転寝していないで、きちんと寝なさい)
という風に使われます。


似た言葉では「ろくじ」があります。
これは「平坦な土地、平らな土地」という意味です。

ろくにねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自分で、自力で という意味です。
「わがでにごはんたべていきないよ」
(自分でご飯を食べて行きなさいよ)
という風に使われます。


似た言葉では「わい」があります。
これは「俺、私」という意味です。
複数形の場合は「わいや」になります。

わがでに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ずつ という意味です。
「いっちょわてやるけんな」
(一個ずつあげますからね)
という風に使われます。


似た言葉では「わっせる」があります。
これは「忘れる」という意味です。


また「わらか、わらかす」ですと「笑わせる」という意味です。

わて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わやく、わやくそ、わやくた、わやくちゃ とも言います。


駄目、めちゃくちゃ、台無し、支離滅裂 という意味です。
「わやになった」
(何もかも駄目になってしまった)
「わやにしてしまよった」
(台無しにしてしまいました)
という風に使われます。

わや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪戯、悪戯者、悪いことをする人 という意味です。
「わるそばっかししよったらこらえへんのぞ」
(悪戯ばっかりしていたら許しませんよ)
という風に使われます。


同じような言葉では「わるさ」があります。
これは「悪いこと」という意味です。

わるそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~の家、~さんの家 という意味です。
「おまえんく」
(お前の家)
「あいつんく」
(あいつの家)
「かとうんく」
(加藤さんの家)
「おまはんく」
(あなたの家)
という風に使われます。


似た言葉では「~んせ」があります。
これは「~しなさい」という命令の意味です。

んく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しないままで という意味です。
「やすみのひどこにもいかんずくやったわ」
(休みの日、どこにも行かないままでしたよ)
「いそがしかったけん、ごはんたべんずくやったわ」
(忙しかったので、ご飯を食べないままでしたよ9
「けっきょくみんずくやったわ」
(結局見ないままでしたよ)
という風に使われます。

んずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介