HOME -> 東京の方言 

歩く という意味です。

 

「すこしあいぶべえ」
(少し歩きましょう)

 

という風に使われます。

 

これが”あるってく”ですと「歩いていく」という意味です。

 

似た言葉は「あいてぇー」があります。
これは「逢いたい」という意味です。

 

「あのひとにあいてぇー」
(あの人に逢いたい)

 

という風に使われます。

あいぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 具合、調子、勝手 という意味です。

 

「てめえとおれとはまるでりょうけんのあがきがちがうんだ」
(お前と俺とはまるで了見の具合が違うんだ)

 

という風に使われます。

 

② 動き という意味です。

 

「そんなのんだくれ、そうでもしなきゃあがきのつけようもねえ」
(そんな大酒飲み、そうでもしなきゃ動かしようもない)

 

という風に使われます。

あがき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飽きる、嫌になる という意味です。

 

「しごとにあぐねる」
(仕事に飽きる)
「もうあぐねてしまって」
(もう嫌になってしまって)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あおのけに」があります。
これは「仰向けに」という意味です。

 

「あおのけにねる」
(仰向けに寝る)

 

という風に使われます。

あぐねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何事も包み隠しの無いさま、あけすけ という意味です。

 

「あけっぴろげなせいかく」
(包み隠しの無い性格)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あげさげ」があります。
これは「にっちもさっちも行かなくなる」という意味です。

 

「あげさげもならなくなる」
(にっちもさっちも行かなくなる)

 

という風に使われます。

あけっぴろげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

明日の朝 という意味です。

 

「あしたなさぁどらいぶにでもいってくらぁ」
(明日の朝、ドライブにでも行ってくるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あさっぱら」があります。
これは「朝早く、早朝」という意味です。

 

「あさっぱらからなにやってんだー」
(朝早くから何をやってるの)
「あさっぱらから、なにをどなってんのさ」
(早朝から何を怒鳴っているのよ)

 

という風に使われます。

あしたなさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

商売が甚だしく不振である という意味です。

 

「あすこいらでさえまるであそびだってよ」
(あの辺でさえまるで商売が不振なんですって)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あたじけない」があります。
これは「甚だケチである」という意味です。

 

「あのひとあたじけないから」
(あの人は甚だケチだから)

 

という風に使われます。

あそび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あたぼー、あたりまい、あたりめえだ とも言います。

 

当たり前、当然 という意味です。

 

「そんなのあたりきだよ」
(そんなの当然だよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あったら」があります。
これは「みすみす、惜しい」という意味です。

 

「すきかってなことしてあったらいのちをみじかくした」
(好き勝手なことをして、みすみす命を短くした)

 

という風に使われます。

あたりき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっそらしい とも言います。

 

とんでもない、怖い という意味です。

 

「あっさらしい、そんなことすんなよ」
(とんでもないことをして、そんなことするなよ)
「そんなことをするなんてあそらしいよ」
(そんな事をするなんてとんでもないよ)

 

という風に使われます。

あっさらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遊ぼう という意味です。

 

「いっしょにあっそんべえ」
(一緒に遊ぼう)
「たろーくんあっそんべえ」
(太郎くん遊ぼう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あつかんべえ」があります。
これは「暑いでしょう」という意味です。

 

「きょうはあつかんべぇー」
(今日は暑いでしょう)

 

という風に使われます。

あっそんべえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

違う という意味です。

 

「このこたえはにばんだよね / あにがや」
(この答えは2番だよね / 違う)

 

という風に使われます。

 

これが「あに」ですと「何」という意味です。

 

「あにしてんだ」
(何してるんだ)
「あにしやがるこのやろう」
(何するんだ、この野郎)
「おめーがてにもってる、そらーあによ」
(あなたが手に持っている、それは何?)

 

という風に使われます。

あにがや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さようなら、バイバイ という意味です。

 

人と別れるときに使います。

 

「あばよ、またな」
(さようなら、またね)
「あばよ、またあした」
(バイバイ、また明日)

 

という風に使われます。

 

似た言葉ではあふらあふら」があります。
これは「ぽかんとして待っている様」という意味です。

 

「いつまでもこうやってあふらあふらまっててもしょうがないね」
(いつまでもこうやってぽかんとして待っていても仕方が無いよね)

 

という風に使われます。

あばよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

幸せ者 という意味です。

 

「きみもあやかりものだねえ」
(あなたも幸せ者だねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あらっぽい」があります。
これは「荒々しい、乱暴である、粗雑である」という意味です。

 

「あらっぽいせいかくだ」
(乱暴な性格だ)
「あらっぽいつくり」
(粗雑な作り)

 

という風に使われます。

あやかりもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

呆然、ぼんやり という意味です。

 

「くちをあけて、あんけれらかんとしてもいられない」
(口を開いて、呆然としてもいられない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あんぽんたん」があります。
これは「間が抜けていて馬鹿なこと、また、そういう人」という意味です。

 

「あのひとあんぽんたんだなー」
(あの人は馬鹿だなあ)

 

という風に使われます。

あんけらかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何でしょう、何だよ という意味です。

 

「おい、あんちゃん、あんだべ?」
(おい、兄ちゃん、何だよ?)

 

という風に使われます。

 

これが「あんだよー」ですと「何ですか?」という意味です。

 

「あんだよー、いまいそがしいんだよ」
(何ですか?今忙しいんだよ)

 

という風に使われます。

あんだべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いけすかない とも言います。

 

嫌な、息が合わない、好きではない という意味です。

 

「いきすかねぇーやろうだなぁー」
(息が合わない野郎だなあ)
「あんないけすかないやつったらありゃしない」
(あんな嫌な奴ったらありゃしない)

 

という風に使われます。

いきすかねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

経緯(いきさつ)という意味です。

 

「いくたてをならべてすっかりさきでしょうちさえすれば」
(経緯を並べて、すっかり先で承知さえすれば)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いき」があります。
これは「具合、調子」という意味です。

 

「そんないきのことがあるんですか」
(そんな具合の事があるのですか)

 

という風に使われます。

いくたて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面倒なこと という意味です。

 

「のめばむねのなかのいさくさなんかみんなふっとんじまう」
(飲めば胸の中の面倒ごとなんてみんな吹っ飛んでしまう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いーぐさ」があります。
これは「言い訳、言い分、文句」という意味です。

いさくさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひととおり という意味です。

 

「いちらつをおききになりませんか」
(ひととおりお聞きになりませんか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっつける」があります。
これは「告げ口をする」という意味です。

 

「かあちゃんにいっつけてやるぞ」
(お母さんに告げ口してやるぞ)

 

という風に使われます。

いちらつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全然 という意味です。

 

「くいものもねえしさけもいっこうしきだ」
(食べ物も無いし、お酒も全然だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっさいがっさい」があります。
これは「何もかも」という意味です。

 

「いっさいがっさい、みんなかっつぁらわれた」
(何もかも、みんな奪われた)

 

という風に使われます。

いっこうしき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 達したでしょう という意味です。

 

「あついなあ、きょうのきおんよんじゅうどぐらいいったべぇー」
(暑いなあ、今日の気温40度くらいに達したでしょう)

 

という風に使われます。

 

② 行ったでしょう という意味です。

 

「おめぇーきのうえいがをみにいったべぇー」
(あなた昨日映画を観に行ったでしょう)

 

という風に使われます。

いったべぇー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何時の間にか という意味です。

 

「いつのかまにねむっちまっていた」
(何時の間にか眠ってしまっていた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっとき」があります。
これは「ちょっとの期間、ちょっとの間」という意味です。

 

「いっときすぎればしごともしまうんだからしんぼうなさい」
(ちょっとの期間を過ぎれば仕事も終わるのだから辛抱なさい)

 

という風に使われます。

いつのかまに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一人前 という意味です。

 

「まだおれもいっぱちじゃねぇなぁ」
(まだ俺も一人前じゃないなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっぱし」があります。
これは「相当、かなり」という意味です。

 

「あれでじぶんじゃいっぱしのげいにんのつもりなんだから」
(あれで自分じゃ相当の芸人のつもりなのだから)

 

という風に使われます。

いっぱち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

制限 という意味です。

 

「かねにいとめはつけないでやる」
(お金に制限はつけないでやる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いのちをしまう」があります。
これは「命を失う」という意味です。

 

「これいじょうのんだひにはいのちをしまいます」
(これ以上飲んだ日には、命を失ってしまいます)

 

という風に使われます。

いとめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 揺する、揺れる という意味です。

 

「じしんがいる」
(地震で揺れる)

 

という風に使われます。

 

② 割れる、ひびが入る という意味です。

 

「ひびがいったんでしょう」
(ひびが入ったんでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いろんな」があります。
これは「色々な」という意味です。

いる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 結う、縛る という意味です。

 

「ひもでいわく」
(紐で縛る)
「あのろーぷいわいて」
(あのロープを縛って)

 

という風に使われます。

 

② 由緒、因縁 という意味です。

 

「いわくつきのながや」
(悪い言い伝えのある長屋)

 

という風に使われます。

いわく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいえ という意味です。

 

「いんえ、ちがいますよ」
(いいえ、違いますよ)

 

という風に使われます。

 

これが「いんや」ですと「いいや」という意味です。
すなわちいやいやだと不承知を表す言葉です。

 

また、「いかす」ですと「素敵、格好良い」という意味です。

いんえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

業突く張りな人 という意味です。

 

「あのやろういんごぉーだなぁー」
(あの野郎、業突く張りな奴だなあ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「いんごーくさい」もあります
これは「剛情一徹」という意味です。

 

似た言葉では「いんだら」もあります。
これは「無秩序」という意味です。

いんごー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うざってえ とも言います。

 

うっとうしい という意味です。

 

元々は、汚い、気持ち悪いなどの、身体的に不快な感覚を指しました。
現在では、広く”不快な感覚”を表すようです。

 

面倒な事を「うざい」と言うのも、そもそもは”うざったい”からきたものと思われます。

 

「うざってぇべ~」
(うっとうしいなあ)

 

という風に使われます。

うざったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

薄い という意味です。

 

「うすべったいざぶとんだな」
(薄い座布団だね)
「うすべったいけーすだなあ」
(薄いケースだなあ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「うすっぺら」もあります。
他にも、「うすっこぎたねー」ですと「汚い」という意味です。

うすべったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる という意味です。

 

「そこにうっちゃっちゃいな」
(そこに捨てちゃいな)
「きたないからうっちゃっておしまい」
(汚いから捨ててしまいなさい)

 

という風に使われます。

 

これが「うっちゃらかす」ですと「放っておく、放任する」という意味もあるようです。

 

「かまわないからうっちゃらかしておきなね」
(構わないから放っておきなよ)

 

という風に使われます。

うっちゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うるせぇー とも言います。

 

うるさい という意味です。

 

「うっとーしーなあ」
(うるさいなあ)
「うるせぇなー、このやろう、しずかにしろー」
(うるさいなあ、この野郎、静かにしろー)

 

という風に使われます。

 

これが「うたべぇー」になると「歌おう」という意味です。

 

「おれといっしょにうたべぇー」
(私と一緒に歌おう)

 

という風に使われます。

うっとーしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

美味しいでしょう? という意味です。

 

「とりたてのやさいはうまかんべえ」
(採りたての野菜は美味しいでしょう?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うぬ」があります。
これは「自身」という意味です。

 

「うぬのしまつもつかないでなまいきなくちをきくな」
(自身の始末もつかないで、生意気な口をきくな)

 

という風に使われます。

うまかんべえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お互いに恨み合う という意味です。

 

「これでうらみっこがなくなったよ」
(これでお互いに恨み合うことがなくなったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うわっつら」があります。
これは「うわべ、表面、外面」という意味です。

うらみっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいからかん とも言います。

 

いい加減 という意味です。

 

「なにをええからかんなことやってんだよ」
(何をいい加減な事をやってるんだよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「えーかんぶし」があります。
これは「誠意が無い、なげやり」という意味です。

ええからかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

威張る という意味です。

 

「あいつはえばりんぼうだな」
(あいつは何かと威張る人だな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「えべつ」があります。
これは「歪、歪んでいる」という意味です。

 

「このはこはえべつだね」
(この箱は歪んでいるね)

 

という風に使われます。

えばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

骨が折れる という意味です。

 

「あのやまみちは、なれないひとにはえらいかもしれねえ」
(あの山道は、慣れない人には骨が折れるかもしれない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「えら」があります。
これは「すごく、すごい、超」という意味です。

 

「きょうはえらあめがふってんなあ」
(今日はすごく雨が降ってるなあ)

 

という風に使われます。

えらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 浅草公園 という意味です。

 

公園を逆さに言ったものですが、浅草をえんこという事もあるようです。

 

② 座る、しゃがむ という意味です。

 

「つかれたからちょっとえんこすんべ」
(疲れたからちょっと座ろう)

 

という風に使われます。

えんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いけない、駄目 という意味です。

 

「そんなことしちゃおいねーよ」
(そんなことをしたらいけないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おいてきぼり」があります。
これは「置いてけぼり」の変化したものですね。

 

「おいてきぼりをくう」
(置いてけぼりをくう)

 

という風に使われます。

おいない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漬物、お新香 という意味です。

 

「でえこのおこうこ」
(大根の漬物)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おこたえ」があります。
これは「ことわりの挨拶」という意味です。

 

「おたくさまへもおこたえにあがらなければならない」
(お宅様へもことわりのご挨拶に上がらなければならない)

 

という風に使われます。

おこうこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

拘る という意味です。

 

「ばかばかしい、こんなことにおこついて」
(馬鹿馬鹿しい、こんなことに拘って)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おかったるい」があります。
これは「物足りない」という意味です。

 

「あのおんなはあいてのおとこをおかったるくおもってる」
(あの女性は相手の男性を物足りなく思っている)

 

という風に使われます。

おこつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ご馳走する、ふるまう という意味です。

 

「しょくじをおごってよ」
(食事をご馳走してよ)

 

という風に使われます。

 

② 贅沢な物の使い方をする という意味です。

 

「かみをいちまいおごってくつをふく」
(紙を一枚贅沢に使って靴を拭く)

 

という風に使われます。

 

③ 新調する という意味です。

 

「せびろをおごらなきゃ」
(背広を新調しなくちゃ)

 

という風に使われます。

おごる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

掴んで押さえる という意味です。

 

「このくいをおさまえといてくれ」
(この杭を掴んで押さえておいてくれ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おしま」があります。
これは「暇」という意味です。

 

また、「おしめえ」になると「おしまい」という意味です。

 

「さくらのはなももうおしめえだ」
(桜の花ももうお終いだね)

 

という風に使われます。

おさまえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしたし とも言います。

 

醤油 という意味です。

 

「おしたじとってくれい」
(お醤油取って下さい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おしろこ」があります。
これは「お汁粉」という意味です。

 

「おしろこでもどう?」
(お汁粉でもどう?)

 

という風に使われます。

おしたじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① お仕舞い、中止、お流れ という意味です。

 

「おまつりがあめでおじゃんになっちゃった」
(お祭りが雨で中止になっちゃった)

 

という風に使われます。

 

② 駄目になって終わりになる という意味です。

 

「そんないいくつあめのひにつかっておじゃんにしちゃっていの?」
(そんな良い靴を雨の日に使って、駄目にしちゃってもいいの?)

 

という風に使われます。

おじゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お昼 という意味です。

 

「おしるだよー」
(お昼だよー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おすわる」があります。
これは「教わる、教えてもらう」という意味です。

 

「なんべんおすわってもわすれちまう」
(何度教わっても忘れてしまう)

 

という風に使われます。

 

これが「おせーる」ですと「教える」という意味です。

おしる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

時間が遅くなってから出向いてきた という意味です。

 

「きょうはおそがけでしたね」
(今日は遅い時間に出向いて来ましたね)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「おせぇー」があります。
これは「遅い」という意味です。

 

「おめぇー、おせぇーな もっとはやくこいよ」
(おまえ、遅いな、もっと早く来いよ)

 

という風に使われます。

おそがけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遅くなる という意味です。

 

「どうも、おそなわりまして、あいすみません」
(どうも、遅くなりまして、申し訳ございません)
「こみあっていまして、ついおそなわりました」
(混み合っていまして、つい遅くなりました)

 

という風に使われます。

おそなわる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 折れる という意味です。

 

「おっかいちゃっちゃーしょんねーなー!」
(折っちゃったらしょうがないな)

 

また、「おっぺっしょる」では「折る」という意味です。

 

「ひざをおっぺっしょる」
(膝を折る)

 

という風に使われます。

 

② 欠ける、割れる という意味です。

 

「ちゃわんおっかいちゃったよ」
(茶碗を割っちゃったよ)

 

という風に使われます。

おっかける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

転ぶ、転がる という意味です。

 

「そんなかけって、おっころばるなよ~?」
(そんな走ってm、転ぶんじゃないよ~?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おっこちる」があります。
これは「落ちる」という意味です。

 

「はしごからおっこったんだって」
(梯子から落ちたんだって)

 

という風に使われます。

おっころばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 怖い、恐ろしい という意味です。

 

「うちのかかあのおっそろしいこと」
(うちの妻の恐ろしい事)

 

という風に使われます。

 

② 非常に、すごい という意味です。

 

「おっそろしーべっぴんだ」
(ものすごい美人だ)

 

という風に使われます。

おっそろしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(大々的に)ひろげる という意味です。

 

「てめぇなにおっぴろげてやがんでぃ」
(てめえ何、大々的に広げてんだよ)

 

という風に使われます。

 

これが「おっぴらく」では「勢いよく開く、公然とする、おおっぴらにする」があります。

おっぴろげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

押す という意味です。

 

「せなかをおっぺす」
(背中を押す)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おっぷせる」があります。
これは「威力を以て圧倒する」 という意味です。

 

「あのめにおっぷせられるようなきがする」
(あの目に威力で圧倒されるような気がする)

 

という風に使われます。

おっぺす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小皿 という意味です。

 

刺身醤油用など、特に小さい物を指します。

 

「おてしおとって」
(小皿取って)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おてんきや」があります。
これは「機嫌の変わりやすい人」という意味です。

 

「おめえ、おてんきやだなぁ」
(あなた、機嫌がすぐ変わるなあ)

 

という風に使われます。

おてしお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

年長の故を以て上席に着く という意味です。

 

「おとしやくでごめんをこうむりますか」
(年長の故を以て上席に着いてよろしいでしょうか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おとこし」があります。
これは「男性、男」という意味です。

 

「きょうはおとこしばっかじゃんか」
(今日は男ばかりじゃないか)

 

という風に使われます。

おとしやく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一昨日 という意味です。

 

「おとつい、あのこにあったよ!」
(一昨日、あの子に会ったよ!)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「おとといおいで」があります。
これは「二度と来るな」という意味の罵り言葉です。

 

「とっととうせろこのばかもの!おとといおいで!」
(とっとと失せろ、この馬鹿者!二度と来るな!)

 

という風に使われます。

 

しかし「おとついおいで」とは言わないようです。

おとつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

沈殿している という意味です。

 

「びんのそこにせいぶんがおどんでいる」
(瓶の底に成分が沈殿している)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おつもり」があります。
これは「お酒が無くなる」という意味です。

 

「なんだ、もう、おつもりか」
(なんだ、もう、酒が無くなったのか)

 

という風に使われます。

おどむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

心の中 という意味です。

 

「かおはあんなですけど、おなかはいたってきれいなひとです」
(顔はあんなですけど、心の中は至って綺麗な人です)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おねば」があります。
これは「ご飯を炊く時のふきこぼれ」という意味です。

おなか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

御開き、退くこと、帰ることの忌調 という意味です。

 

つまり、祝宴や会合などの終わり、閉会 ということです。

 

(宴会などで)
「もう、おひらきにしよう」
(もう、閉会にしましょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おびとき」があります。
これは「七五三の七歳の女児のお祝い」という意味です。

おひらき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

変わり者、好き者 という意味です。

 

「あいつはおへんなしだからなぁ~」
(あいつは変わり者だからなぁ~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おべっか」があります。
これは「へつらうこと、またそのことば」という意味です。

 

「おべんちゃら」とも言います。

おへんなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おみそ とも言います。

 

小さな子がハンディ付きで遊んでもらえるルール のことです。

 

「はなちゃんもいっしょにあそびたいっていうから、おまめにしてあげてね」
(花ちゃんも一緒に遊びたいって言うから、ハンディを付けてあげてね)

 

という風に使われます。

おまめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

酔っ払って という意味です。

 

「かえってきたときはすっかりおみってた」
(帰ってきた時はすっかり酔っ払っていた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おみよつけ、おみおつけ」があります。
これは「味噌汁」という意味です。

おみって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

表参道 という意味です。

 

「おもさんでまちあわせね!」
(表参道で待ち合わせね!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おまいさん」があります。
これは「お前さん」という意味です。

 

「おまいさんちょっとおまち」
(お前さん、ちょっと待って)

 

という風に使われます。

おもさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

オレ とも言います。

 

俺、僕、私、自分 という意味です。

女性も使います。

 

「おらぁーげんきだよ」

(俺は元気だよ)

「おれがよぉー」
(私がねー)

 

という風に使われます。

 

これが「おめぇー」ですと「おまえ」という意味です。

 

「おめぇー、なにしてんだよ」
(おまえ、何してるんだよ)

 

という風に使われます。

おらぁー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おれんち とも言います。

 

俺の家、僕の家、私の家 という意味です。

 

「おらがにあそびにこいよ」
(俺の家に遊びに来いよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おれくち」があります。
これは「葬式」という意味です。

 

「きょうはやぼようでおれくちだ」
(今日は野暮用で葬式なんだ)

 

という風に使われます。

おらが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お金、銭 という意味です。

 

主に小銭のことを言います。

 

「おわしはもってんのか?」
(お金は持ってるのかい?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おんなし」があります。
これは”同じ”では無く「女の人」という意味です。

おわし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰りましょう という意味です。

 

「もう、かえんべえー」
(もう、帰りましょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かいしょー」があります。
これは「器量」という意味です。

 

「にんげん、それだけのかいしょーがなけりゃーね」
(人間、それだけの器量が無くてはね)

 

という風に使われます。

かえんべえー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

規模 という意味です。

 

「ごくかかりのちいさいみせ」
(ごく規模の小さい店)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かかる」があります。
これは「世話になる」という意味です。

 

「しょうらいかかるあてもないむすこのためにあくせくする」
(将来世話になるあてもない息子のためにあくせくする)

 

という風に使われます。

かかり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

破片、欠片 という意味です。

 

「かわらのかけっぱし」
(瓦の破片)
「せんべいのかけっぱし」
(煎餅の破片)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かきくどく」があります。
これは「相手の理解や承諾を求めてくどくどと繰り返し述べる」という意味です。

かけっぱし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷えて利かなくなる という意味です。

 

「てがかじかんでじがかけない」
(手が冷えて利かないので字が書けない)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「かなこーり」があります。
これは冷たい形容だけに使われる言葉です。

 

「おおつめたい。かなっこーりみたいなてだ」
(おお冷たい。氷のように冷たい手だ)

 

という風に使われます。

かじかむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける という意味です。

 

「じぶんのへやをかたす」
(自分の部屋を片付ける)
「おもちゃをかたす」
(おもちゃを片付ける)
「へやをかたしなさい」
(部屋を片付けなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かたっぽ」があります。
これは「片方」があります。

 

「さんだるがかたっぽきりない」
(サンダルが片方だけ無い)

 

という風に使われます。

かたす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょうど という意味です。

 

「このせんかっきしまでみずいれてくれ」
(この線ちょうどまで水を入れてくれ)
「ごじかっきしにしごとがおわった」
(5時ちょうどに仕事が終わった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かたっきし」があります。
これは「からっきし」という意味です。

かっきし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食べる、飲む という意味です。

 

「めしをかっくらってでかけよう」
(ご飯を食べて出かけよう)
「だいこんをかっくらった」
(大根を食べた)
「めしでもかっくらいにいこうぜ」
(ご飯でも食べに行こうぜ)

 

という風に使われます。

かっくらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(穴などを)掘る という意味です。

 

「あなをかっぽってくれ」
(穴を掘ってくれ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かっぱじく」があります。
これは「殴る、叩く」という意味です。

 

「おまえかっぱじくぞ!」
(お前、殴るぞ!)

 

という風に使われます。

かっぽる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 盗む という意味です。

 

”ぎる”とも言います。

 

「ほんをがめる」
(本を盗む)
「さいふからにせんえんぎってきた」
(財布から二千円盗んできた)

 

という風に使われます。

 

② 疲れる という意味です。

 

「もうきょうはがめちゃったよ」
(もう今日は疲れちゃったよ)

 

という風に使われます。

がめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~してくれませんか という意味です。

 

「いちまんえんこまこくしてくんねえかや」
(一万円を両替してくれませんか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かん」があります。
これは接続詞「~から」の「ら」音の撥音化の言葉です。

 

「ぜったいやだかんね」
(絶対嫌だからね)

 

という風に使われます。

かや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全然(後ろに否定を伴う)という意味です。

 

「からっきしだめなやつ」
(全然駄目な奴)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「がらっぱち」があります。
これは「少しも飾り気がなく、物を言ったりしたりする人」という意味です。

からっきし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんまーす とも言います。

 

掻き回す という意味です。

 

「ばけつのなかをかんます」
(バケツの中を掻き回す)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かんこ」があります。
これは「下駄」という意味です。
子供が使う言葉です。

 

「かんこのはなおがきれちゃった」
(下駄の鼻緒が切れちゃった)

 

という風に使われます。

かんます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

承知しない、ただではおかない という意味です。

 

「わすれるときかないよ」
(忘れたら承知しないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きあい」があります。
これは「空模様」という意味です。

 

「くもっててしぐれそうなきあいだね」
(曇っていて時雨そうな空模様だね)

 

という風に使われます。

きがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気前、気性、心意気 という意味です。

 

「げいしゃはきっぷのよさがうりもの」
(芸者は気前の良さが売り物)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎっちょ」があります。
これは「左利き」という意味です。

 

「ぎっちょでえんぴつをけずってた」
(左利きで鉛筆を削っていた)

 

という風に使われます。

きっぷ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気味 という意味です。

 

「いいきびだ」
(いい気味だ)
「きびがわるいなあ」
(気味が悪いなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きびしょ」があります。
これは「急須」という意味です。

 

他には「きしゃご」もあります。
これは「おはじき」という意味です。

きび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気詰まりな、息がつまる感じ という意味です。

 

「あいてにあうのがどこかきぶっせいで」
(相手に会うのがどこか気詰まりな感じで)
「きぶっせいなことばかりつづいてしごとにならない」
(気詰まりなことばかり続いて仕事にならない)

 

という風に使われます。

きぶっせい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(道を)曲がる という意味です。

 

「どんづまりをみぎへきれてにさんけんいったところがさとうさんちです」
(行き止まりを右へ曲がって2~3軒行った所が佐藤さんのお宅です)
「このさかをおりたら、ひだりへきれてさんけんめのいえです」
(この坂を降りたら、左へ曲がって3軒目の家です)

 

という風に使われます。

きれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昨日 という意味です。

 

「きんの、あのこにあったよ」
(昨日、あの子に会ったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きょうつけて」があります。
これは「気を付けて」という意味です。

 

「きょうつけていってらっしゃい」
(気を付けて行ってらっしゃい)

 

という風に使われます。

きんの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

満腹な という意味です。

 

「おなかがくちー」
(満腹だー)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「くちくなる」があります。
これは「お腹がいっぱいになる」という意味です。

 

「もうくちくなったからくえない」
(もうお腹がいっぱいになったから食べられない)

 

という風に使われます。

くちー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

付着する、後につき従う という意味です。

 

「からだとからだがくっつく」
(体と体が密着する)

 

という風に使われます。

 

これが「くっつける」ですと「付ける」という意味です。

 

似た言葉では「くっちゃべる」があります。
これは「喋る」という意味です。

 

「くっちゃべった」
(喋った)

 

という風に使われます。

くっつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

泣く という意味です。

 

「かんどうしてくぼえる」
(感動して泣く)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くびったま」があります。
これは「くび」という意味です。

 

「くびったまへくらいついてやらあ」
(首に喰らい付いてやる)

 

という風に使われます。

くぼえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

陰気臭い という意味です。

 

「あのひとくらってえーなー」
(あの人、陰気臭いなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くらあ」があります。
これは「(~をして)きます」という意味です。

 

「ちょっくらそのへんをさんぽしてくらあ」
(ちょっとその辺りを散歩して来ます)

 

という風に使われます。

くらってえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くろう、くろお とも言います。

 

人に「○○して欲しい」と頼むときの命令口調 の言葉です。

 

「おちゃもってきてくろう!」
(お茶を持って来てくれよ!)
「これみてくろう!」
(これ見てくれよ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くれる」があります。
これは「くらむ」という意味です。

 

「かねにめがくれたのか」
(金に目がくらんだのか)

 

という風に使われます。

くろい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一気に飲み込む という意味です。

 

「にがいくすりをくんのむ」
(苦い薬を一気に飲み込む)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くわんくわん」があります。
これは「汚れている様子(顔・口の周りが)」という意味です。

 

「くちのまわりがくわんくわんだね!」
(口の周りが汚れているね!)

 

という風に使われます。

くんのむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くれよ とも言います。

 

下さい という意味です。

 

「てぇへんそうだなぁ、まぁがんばってくんろー」
(大変そうだなあ、まあ頑張って下さい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くんねぇの」があります。
これは「くれないの(いただけないの)」という意味です。

 

「このしきょうひんくんねぇの」
(この試供品はいただけないの?)

 

という風に使われます。

くんろー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

差別、区別 という意味です。

 

「くちさきばっかりがおおくてしょうじきものがけじめをくうんだよ」
(口先ばかりが多くて、正直者が差別を喰らうんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けがにも」があります。
これは「間違っても」という意味です。

 

「けがにもそんなことがあるもんですか」
(間違ってもそんなことがあるものですか)

 

という風に使われます。

けじめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気持ち という意味です。

 

「あんまりいまいましくって、けたいがわるい」
(あまりにも忌々しくって、気持ちが悪い)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けた」があります。
これは「見当」という意味です。

 

「そりゃあけたがちがうぜ」
(それは見当違いだよ)

 

という風に使われます。

けたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 小さくてみすぼらしい という意味です。

 

「こりゃけちなつくえだね」
(これは小さくてみすぼらしい机だね)

 

という風に使われます。

 

② 金品を必要以上に惜しむ という意味です。

 

「ほんとうにけちなやつだ」
(本当に必要以上に惜しむ奴だ)

 

という風に使われます。

 

③ 縁起が悪いこと、また、不吉の前兆 という意味です。

 

「さいしょからけちがつく」
(最初から縁起が悪いな)

 

という風に使われます。

けち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

極めてわずかなさま、いささか という意味です。

 

「けちりんもまちがえはねえ」
(いささかも間違いは無い)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けちくさい」があります。
これは「ケチな」という意味です。

 

「なんだけちくさい、おもいきってやっておしまいなね」
(なんだ、ケチだな、思い切ってやってしまえよ)

 

という風に使われます。

けちりん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蹴散らす、蹴って散乱させる、追い散らす という意味です。

 

「てきへいをけちらかす」
(敵兵を蹴散らす)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けっぽる」があります。

これは「蹴飛ばす」という意味です。

 

「ゆうべはあつかったから、ふとんけっぽっちゃったよ」
(夕べは暑かったから、布団を蹴飛ばしちゃったよ)

 

という風に使われます。

けちらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けっつまずく とも言います。

 

躓(つまず)く という意味です。

 

「ろうかで、けつまづいた」
(廊下で、躓いた)
「おこわかいにいったらけっつまずいていてーのいたくないの」
(おこわを買いに行ったら、躓いて痛いったら)

 

という風に使われます。

けつまずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けぶたい とも言います。

 

煙い、煙たい(けむたい)という意味です。

 

「このき、よくもえのかよーこけむってぇなぁー」
(この木、よく燃えるのかな、煙たいなあ)

 

という風に使われます。

 

これが「けぶ」で「煙」という意味です。
また、”けぶ”には「不思議」という意味もあります。

けむってぇなあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

素振り、様子、気配 という意味です。

 

「そんなけびらいはつゆほどもなかったのに」
(そんな素振りは露ほどもなかったのに)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けろけろ」があります。
これは「急病が良くなった様子」という意味です。

 

「うちいかえったらすぐけろけろとなおっちまって…」
(家に帰ったらすぐ急病が治ってしまって・・・)

 

という風に使われます。

けびらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

縁起、前兆 という意味です。

 

「げんがいい」
(縁起が良い)

 

という風に使われます。

 

また、「効験、効き目」という意味もあるようです。

 

似た言葉では「けん」があります。
これは「凄味」という意味です。

 

「あのひとけんのあるかおだからね」
(あの人、凄味のある顔だからね)

 

という風に使われます。

げん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こうるせー とも言います。

 

なんとも煩わしい、いやにうるさい という意味です。

 

「うちのていしゅ、こうるさくてこまっちまうよ」
(うちの亭主、いやにうるさくて困っちゃうよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごうはら」があります。
これは「非常に腹の立つこと」という意味です。

こうるさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こきたない、こぎたない とも言います。

 

汚い、汚らしい という意味です。

 

「このみせ、こきたねぇーなぁー」
(この店、汚いなあ)
「こぎたなくするんじゃねーよ」
(汚らしくするんじゃないよ)
「そのこきたないかお、はやくあらってらっしゃい!」
(その汚い顔を、早く洗っていらっしゃい!)

 

という風に使われます。

こきたねぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言う という意味です。

 

「あにこくだぁよ!」
(何を言ってるんだよ!)

 

という風に使われます。

 

これが「こきゃーがる」ですと「言いやがる」という意味です。

 

「あにをこきゃーがる」
(何を言いやがる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こくる」があります。
これは「告白する」という意味です。

 

「すきなこにこくった」
(好きな子に告白した)

 

という風に使われます。

こく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くぐる という意味です。

 

「このあなこぐってみ?」
(この穴をくぐってごらん?)
「もんをこぐる」
(門をくぐる)
「のれんをこぐる」
(暖簾をくぐる)
「つくえのしたをこぐる」
(机の下をくぐる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こぎる」があります。
これは「細かく刻む」という意味です。

こぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ここら、ここいらきんじょ とも言います。

 

この辺、この辺り、この近所 という意味です。

 

「ここいらでは」
(この辺りでは)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ここんところ」があります。
これは「近頃」という意味です。

 

「さむいんでここんところちょっとごぶさたになりました」
(寒いので近頃ちょっとご無沙汰になりました)

 

という風に使われます。

ここいら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不承する という意味です。

 

「ね、ごしょうしておくれよ、いいじゃないか」
(ね、不承しておくれよ、いいじゃないか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごしょーらく」があります。
これは「呑気者」という意味です。

 

また、「ごしーき」ですと「御贔屓」という意味です。

ごしょーする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くすぐったい という意味です。

 

「こしょばいからやめて」
(くすぐったいからやめて)

 

という風に使われます。

 

これが「こしょばる」ですと「くすぐる」という意味です。

 

「こしょばるなよ」
(くすぐるなよ)

 

という風に使われます。

こしょばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

苛立たしく、もどかしい という意味です。

 

「こじれったいしょうぶんは、あたしとはあわないね」
(苛立たしくもどかしい性分は、私とは合わないね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こころいれ」があります。
これは「心づくし」という意味です。

 

「わたしはいまでもそのこころいれをおぼえている」
(私は今でもその心づくしを覚えている)

 

という風に使われます。

こじれったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肌の白い という意味です。

 

「いろのこじろい、べっぴんさんだ」
(肌の色が白い、美人さんだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こしがきれない」があります。
これは「大成の域に達していない」という意味です。

 

「わかいからこしがきれてないのはむりはない」
(若いから大成の域に達していないのは無理は無い)

 

という風に使われます。

こじろい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

因縁、言いがかり という意味です。

 

「こだわりをつける」
(因縁をつける)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごたくさ」があります。
これは「ごたごた、どさくさ」という意味です。

 

同じような言葉には「こっぱい」があります。
これは「駄目、めちゃくちゃ」という意味です。

 

「こっぱげんか」
(くだらない喧嘩)

 

という風に使われます。

こだわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こわい とも言います。

 

固い、硬い、ごつごつしている という意味です。

 

「このはおりはもめんだからごついね」
(この羽織は木綿だから固いね)
「このごはんはこわいな」
(このご飯は硬いな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こわらしー」があります。
これは「恐ろしげな」という意味です。

ごつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恥ずかしい、とても恥ずかしい という意味です。

 

「べたべたするんじゃない、こっぱずかしい」
(べたべたするんじゃない、恥ずかしい)
「そんなこっぱずかしいことすんな」
(そんな恥ずかしいことするんじゃない)

 

という風に使われます。

こっぱずかしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

この間(あいだ) という意味です。

 

「こないだどうしたの」
(この間はどうしたの?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こと」があります。
これは「困った事、大変な事」という意味です。

 

「あとになってわかったらことだぜ」
(後になって分かったら大変なことになるよ)

 

という風に使われます。

こないだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

妊娠 という意味です。

 

「こぼれものをかかえているんで、いつこぼれるかわからない」
(妊娠しているので、いつ生まれるか分からない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こまものや」があります。
これは「嘔吐」という意味です。

 

「こまものやをひろげる」
(嘔吐する)

 

という風に使われます。

こぼれもの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大いに喜ぶ様 という意味です。

 

「むすめにあいそよくされて、おふっくろはころころだ」
(娘に愛想良くされて、お袋は大変喜んでいる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ころあい」があります。
これは「適当、手頃、程度の良い」という意味です。

ころころ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

太陽 という意味です。

 

「まいにちあそんでばかりいちゃこんにちさまにすまない」
(毎日遊んでばかりいては太陽にすまない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こんりんならく」があります。
これは「とことんまで、金輪際」という意味です。

 

「こんどこそこんりんならくわかれる」
(今度こそ金輪際別れる)

 

という風に使われます。

こんにちさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

この野郎 という意味です。

 

「こんにゃろーなにをしやがる」
(この野郎、何をしやがる)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「こんちきしょう」があります。
これは「ちくしょう」という意味です。

 

「こんちきしょう、ふざけやがって、こんにゃろー」
(ちくしょう、ふざけやがって、この野郎)

 

という風に使われます。

こんにゃろー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最後 という意味です。

 

「にんげんははらをいためたらさいごのすけ、ものをくってもちからがでねえ」
(人間は腹を痛めたら最後、物を食べても力が出ない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さい」があります。
これは「さようでございます」などの上品な同意、相槌です。

 

「まったくもってさいでございますな」
(全くもってさようでございますね)
「ほう・・・さいですか」
(ほう・・・さようでございますか)

 

という風に使われます。

さいごのすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気立てのいい人、物分りの良い人 という意味です。

 

「あのひとはさくいひとだ」
(あの人は気立てのいい人だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ささらほうさら」があります。
「ささほーさ」とも言います。
これは「物を粗末にする、何もしないで放っておく」という意味です。

さくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気取らない、飾らない、荒っぽく粗野である、ざっくばらんである という意味です。

 

「ざっかけないいちぜんめしや」
(気取らない一膳飯屋)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ざっくばらん」があります。
これは「心中をさらけ出して隠さないさま、遠慮がないさま」という意味です。

 

「ざっくばらんにいこう」
(遠慮無しにいこう)

 

という風に使われます。

ざっかけない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無駄な人騒がせ という意味です。

 

「いえでをするなんてほんとうにさんまいさわがしだね」
(家出をするなんて本当に無駄に人騒がせだね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さばき」があります。
これは「始末、処置、取り扱い」という意味です。

 

「あいつはおきゃくのさばきがうまいね」
(あいつはお客の取り扱いが上手だね)

 

という風に使われます。

さんまいさわがし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

思案、方策 という意味です。

 

「いいかげんにうちでもこさえるしがくをしておくれ」
(いい加減、うちでも作れる思案をしておくれ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しがない」があります。
これは「取るに足らない」という意味です。

 

「しがねえかしですが、どうぞ」
(取るに足らないお菓子ですけど、どうぞ)

 

という風に使われます。

しがく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

根性、意気地が無い という意味です。

 

「あんたーてーしっこしがないねー」
(あなたって、意気地が無いわねえ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「しだら」があります。
これは「しまり、始末、体たらく」という意味です。

 

「しだらのないひとだねえ」
(しまりの無い人だねえ)

 

という風に使われます。

しっこしがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(紙などを)破る という意味です。

 

「かみしっちゃぶいてはなかんじゃったよ」
(紙を破って鼻をかんでしまったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しっぱたく」があります。
これは「打つ、平手で叩く」という意味です。

 

また”しっくりかえす”ですと「引っくり返す」という意味です。

しっちゃぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐちゃぐちゃ、めちゃくちゃ という意味です。

 

「へやんなかがしっちゃかめっちゃかじゃないの!」
(部屋の中がぐちゃぐちゃじゃないの!)
「きょうのかいぎはしっちゃかめっちゃかだった」
(今日の会議はめちゃくちゃだった)

 

という風に使われます。

しっちゃかめっちゃか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひとしきり、暫く という意味です。

 

「さあ、しとっきりこのこのもりでもしておくれ」
(さあ、暫くこの子のお守りでもしておくれ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しとる」があります。
これは「食べ物が湿る、湿気る」という意味です。

 

「おせんべいがしとってしまった」
(お煎餅が湿気ってしまった)

 

という風に使われます。

しとっきり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょうがんない とも言います。

 

仕方ない、仕様がない という意味です。

 

「しゃあねぇなぁ、おれがやってやらあ」
(仕方が無いなあ、俺がやってやるよ)
「しゃあねえなあ、てぇかしてやらぁ」
(仕方がないなあ、手を貸してあげるよ)
「わすれたもんたあしゃあねえやつだ、きぃつけろい」
(忘れてしまったとは仕様のない奴だ、気をつけろよ)

 

という風に使われます。

しゃあねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おだてる という意味です。

 

「こまるなあ、すぐにしゃくりにのんなさるんだから」
(困るなあ、すぐにおだてに乗っちゃうんだから)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃらくさい」があります。
これは「生意気な」という意味です。

 

「なんだあおにさいのくせにしゃらくさい」
(なんだ、青二才のくせに生意気な)

 

という風に使われます。

しゃくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

投げつける という意味です。

 

「いしをねこにしゃっつけたらだめだんべ」
(石を猫に投げつけたら駄目じゃないか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃっけえ、しゃっこい」があります。
これは「冷たい」という意味です。

 

「しゃっけぇなあー」
(冷たいなあ)

 

という風に使われます。

しゃっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

情が深く嫉妬深い性質、その性質の男性 という意味です。

 

「じんすけをおこしゃがって」
(嫉妬深い性格をしやがって)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「じんじょー」があります。
これは「おだやか、整っている」という意味です。

 

「じんじょーなくちもと」
(整っている口元)

 

という風に使われます。

じんすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

内緒で、秘密裏に、出し抜いて という意味です。

 

「おまえ、しんねこしてんべ」
(おまえ、内緒にしてるだろう)
「しんねこになにたくらんでんのよ」
(秘密裏に何を企んでいるのよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「しんのはなし」があります。
これは「真面目な話」という意味です。

 

「しんのはなしあいをするんだ」
(真面目な話し合いをするんだ)

 

という風に使われます。

しんねこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長い将来において という意味です。

 

「ほっといたらすえしじゅーもしんぱいだ」
(放っておいたら長い将来においても心配だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すかす」もあります。
これは「すましている、気取っている」という意味です。

 

「ちぇっ、すかしゃーがって」
(ちぇっ、気取っちゃって)

 

という風に使われます。

すえしじゅー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

文句 という意味です。

 

「それをかたじけねえとおもわないで、すじをいうたあなにごとだ」
(それを申し訳ないと思わないで、文句を言うとは何事だ)

 

という風に使われます。

 

これが「すじっぽい」ですと「文句の多い」という意味です。

すじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しっかりしている という意味です。

 

「おとうさんがもっとすすどけりゃあんなによわねえ」
(お父さんがもっとしっかりしていればあんなに酔わない)

 

という風に使われます。

 

また、”すすどい”には「凶悪」という意味もあるようです。

すすどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

横着する という意味です。

 

「そんなずつなしすんじゃない」
(そんな横着するんじゃない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すっぽろめし」があります。
これは「おかず無しのご飯」という意味です。

 

「なんでーきょうもおこうこのすっぽろめしかよ」
(なんだよ、今日も漬物だけのおかず無しのご飯かよ)

 

という風に使われます。

ずつなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんどん、継続する様、早く急ぐ様 という意味です。

 

「なぜもっとずんずんのまないんだ」
(なぜもっとどんどん飲まないんだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すんなよ」があります。
これは「するなよ」という意味です。

 

「あぶないことすんなよ」
(危ない事をするなよ)

 

という風に使われます。

ずんずん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 方法、具合、流儀 という意味です。

 

「こういうすんぽーでやるんだ」
(こういう方法でやるんだ)

 

という風に使われます。

 

② 処置のつけ方 という意味です。

 

「あのおとこならそのくらいのすんぽーはわかるさ」
(あの男なら、そのくらいの処置のつけ方は分かるだろう)

 

という風に使われます。

すんぽー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生まれつき という意味です。

 

「わたしはせーらいそんなことはきらいです」
(私は生まれつきそんなことは嫌いです)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せえ」があります。
これは「せい(責、所為)」という意味です。

 

「すぐひとのせえにするんだから」
(すぐ人のせいにするんだから)

 

という風に使われます。

せーらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せびる とも言います。

 

ねだる という意味です。

 

「かってくれってせがまれてしょーがない」
(買ってくれってねだられて仕方が無い)
「こづかいをせびる」
(小遣いをねだる)

 

という風に使われます。

 

これが「せしめる」ですと「ねだって取り上げる」という意味です。

 

「とうとうせしめちまいやがった」
(とうとうねだって取り上げてしまいやがった)

 

という風に使われます。

せがむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気にしていじる という意味です。

 

「そのきずはあんまりせっちしないほうがいいよ」
(その傷はあんまり気にしていじらない方がいいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せき」があります。
これは「余地」という意味です。

 

「それをきくせきもありゃあしない」
(それを聞く余地もありはしない)

 

という風に使われます。

せっち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

先に来た人、先に立っている人 という意味です。

 

「せんさまからごじゅんにねがいます」
(お先に来られた方から順番にお願いします)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せんだって」があります。
これは「ついこの間」という意味です。

 

「せんだってはしつれいしました」
(ついこの間は失礼しました)

 

という風に使われます。

せんさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

その辺、その辺り という意味です。

 

「そこいらにあんでしょ、よくさがしてからきいてよ」
(その辺にあるでしょう、よく探してから聞いてよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そこをいれる」があります。
これは「軽く食物をとる」という意味です。

 

「でかけるまえにちょっとそこをいれてくから」
(出かける前に軽く何か食べてから行くから)

 

という風に使われます。

そこいら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そびれる という意味です。

 

「つい、いいそそくれちまった」
(つい、言いそびれてしまった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そそくさ」があります。
これは「落ち着かないこと」という意味です。

 

「そそくさしてるからわすれものなんかするんだよ」
(落ち着かないから忘れ物なんかするんだよ)

 

という風に使われます。

そそくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一同、みんな という意味です。

 

「あんたもおばさんもそっくらいえへおいでなさいな」
(あなたも伯母さんもみんな家に来なさいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そっくりかえる」があります。
これは「ひっくり返る、反り返る」という意味です。

そっくら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 情、思いやり という意味です。

 

「あんまりそっけがないんでとりつくしまもない」
(あんまり情が無いので取り付くしまも無い)

 

という風に使われます。

 

② 旨味 という意味です。

 

「あじもそっけもない」
(味も旨味も無い)

 

という風に使われます。

そっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしがない、いい加減なこと、また、その人 という意味です。

 

「ぞろっぺえとはおめーのことさ」
(だらしがないとはあなたのことだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そっぽー」があります。
これは「横、わきの方」という意味です。

 

「そっぽーむいてしらないふりしやがって」
(横の方を向いて知らないフリをしやがって)

 

という風に使われます。

ぞろっぺえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶっきらぼう、無愛想 という意味です。

 

「ぞんきなことをいうんじゃないよ」
(無愛想なことを言うんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ぞんざい」があります。
これは「粗末、無作法」という意味です。

 

また、「ぞめき」ですと「ひやかし」という意味です。

ぞんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげよう という意味です。

 

「これだれかにたからんちょ」
(これを誰かにあげよう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「だかさる」があります。
これは「(しがみつくように)抱っこされる」という意味です。

 

「あかちゃんがおかあさんにだかさる」
(赤ちゃんがお母さんに抱っこされる)

 

という風に使われます。

たからんちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(そばを)食べる という意味です。

 

主にそばに対して使われます。

 

「ちょっくらそばでもたぐっていくかい」
(ちょっとそばでも食べて行こうか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たたく」があります。
これは「強く話す」という意味です。

 

「そんなうまいくちをおたたきでない」

 

という風に使われます。

たぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大事なもの、大事にしているもの という意味です。

 

「こりゃーだっちゃんだからなあ・・・やれねーなあ」
(これは大事にしているものだからなあ・・・あげられないなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「だだっこ」があります。
これは「よく駄々をこねる子、甘えてわがままをいう子」という意味です。

だっちゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

立ち退き という意味です。

 

「おおやからたなだてをくってね」
(大家から立ち退きを食ってね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たながた」があります。
”たな”で「店」という意味なので、これは「店の複数形」です。

 

「おおきなたながたのだんなたちがよくおみえになります」
(大きな店々の旦那さま達がよくお見えになります)

 

という風に使われます。

たなだて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

喋る という意味です。

 

「いつまでだべってるんだ!」
(いつまで喋っているんだ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たっぺ」があります。
これは「霜柱、霜」という意味です。

 

「けさはさむくてたっぺがたった」
(今朝は寒くて霜柱が立った)

 

という風に使われます。

だべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

同じ という意味です。

 

「おれとあいつはためどしなんだ」
(俺とあいつは同じ歳なんだ)

 

という風に使われます。

 

これが「ためせん」になりますと「同じくらいのレベル」という意味です。

 

「あいつのすうがくなんておれとためせんじゃん」
(あいつの数学なんて俺と同じくらいのレベルじゃないか)

 

という風に使われます。

ため 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~でしょう、~だろ という意味です。

 

「それはしちょうさんのことだんべえ?」
(それは市長さんのことでしょう?)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「~だよ」があります。
これは「~ですよ」という意味です。

 

「そんなにきぃつかわなくてもいいだよ」
(そんなに気を使わなくてもいいですよ)

 

という風に使われます。

だんべえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちいせえ、ちぃちゃい とも言います。

 

小さい という意味です。

 

「あのひとちいこいよなあ」
(あの人小さいよね)
「あのやろうはせがちいせいなあ」
(あの野郎は背が小さいなあ)
「このまつたけちぃちゃいねえ」
(この松茸は小さいね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちけぇー」があります。
これは「近い」という意味です。

 

「えきまではちけぇーよ」
(駅までは近いよ)

 

という風に使われます。

ちいこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

違っていた という意味です。

 

「そうだとおもったらちがかった」
(そうだと思ったら違っていた)
「それちがくない?」
(それ違うんじゃない?)
「それはちがくて」
(それは違っていて)

 

という風に使われます。

 

これが「ちげーねー」になると「違いない」という意味です。

 

「そうにちげーねぇー」
(そうに違いない)

 

という風に使われます。

ちがかった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちっとばか とも言います。

 

少ない、少しばかり という意味です。

 

「こんなちっとんべいじゃ、しょうがなかんべい」
(こんなに少ないんじゃ、仕方が無いだろう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちっとやそっと」があります。
これは「少しくらい」という意味です。

 

「ちっとやそっとじゃなんのたしにもなりゃしない」
(少しくらいでは何の足しにもなりはしない)

 

という風に使われます。

ちっとんべい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃう、じゃう とも言います。

 

~してしまう、~になってしまう という意味です。

 

「やっちまうよ」
(やってしまうよ)
「たべちゃう」
(食べてしまう)
「いっちまう」
(言ってしまう)
「のんじゃう」
(飲んでしまう)
「あっというまにおわっちゃう」
(あっという間に終わってしまう)

 

という風に使われます。

ちまう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ては という意味です。

 

「しょうぶはまだおわっちゃいねえ」
(勝負はまだ終わってはいない)
「しょうがないなんていっちゃあいけねえ」
(仕方が無いなんて言ってはいけない)
「くっちゃねくっちゃねしやがって」
(食べては寝て食べては寝てばかりいて)
「こうしちゃいられねえ」
(こうしてはいられない)
「あんたにしちゃあじょうできだ」
(あなたにしては上出来です)

 

という風に使われます。

 

これが「ちゅう」ですと「~という」という意味です。

 

「たなかさんっちゅういえはどこだ」
(田中さんという家は何処ですか)

 

という風に使われます。

ちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

トイレ、お手洗い という意味です。

 

「ちょうどばへいく」
(トイレに行く)
「ちょっこらちょうどばへ」
(ちょっとお手洗いに・・・)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちゃこや」があります。
これは「飲食店、料理屋、待合」という意味です。

ちょうどば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

簡単な、あっさりした という意味です。

 

「ひどくちょきがかりなあいさつでした」
(酷くあっさりとした挨拶でした)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょんちょりん」があります。
これは「女の子が髪を結った様」を言います。

 

「ちょんちょりんしてかわいいね」
(髪の毛結ってて可愛いね)

 

という風に使われます。

ちょきがかりな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっと、気軽に という意味です。

 

「ちょっくらいってくらぁ」
(ちょっと行って来るよ)
「ちょっくらかいものにいってくらぁー」
(ちょっと買い物に行って来るよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちりっぱ」があります。
これは「もっぱら」という意味です。

ちょっくら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 端然と座った様 という意味です。

 

「ひざのうえにてをかさねてちんとすましてる」
(膝の上に手を重ねて行儀良く澄ましている)

 

という風に使われます。

 

② 整然と秩序立っている という意味です。

 

「つくえのうえまでちんとかたづいてる」
(机の上まで整然と片付いている)

 

という風に使われます。

ちんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つっ とも言います。

 

~という という意味です。

 

「~っつうばしょで」
(~という場所で)
「しりあいのかとうっつうやつが」
(知り合いの加藤という奴が)
「いつもそうだっつってるだろう」
(いつもそうだと言っているだろう)
「なんつったって」
(なんて言ったって)
「いてえっつってんだよ」
(痛いって言ってるんだよ)

 

という風に使われます。

つう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つおい とも言います。

 

強い という意味です。

 

「よこづなはやはりつえー」
(横綱はやはり強い)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つげえ」があります。
これは「注いで」という意味です。

 

「さけをおれにつげえ」
(酒を俺に注いで)

 

という風に使われます。

つええ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いきなり、突然に行く事 という意味です。

 

「つっかけにいくとるすをくうよ」
(いきなり行くと留守を食うよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つっかける」があります。
これは「引っかける」という意味です。

 

「あしのさきにちょっとぞうりをつっかけて」
(足の先にちょっと草履を引っかけて)

 

という風に使われます。

つっかけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

総括する という意味です。

 

「いいこともわるいこともつっくるめてみなきゃならない」
(善い事も悪い事も総括して見なくてはならない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つっかかる」があります。
これは「文句を言う」という意味です。

 

「なんだってそんなにつっかかるのさ」
(なんでそんなに文句を言うんだよ)

 

という風に使われます。

つっくるめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うつ伏せ という意味です。

 

「つっぷしてねる」
(うつ伏せで寝る)
「つっぷしてものをたべちゃだめよ」
(うつ伏せで物を食べちゃ駄目よ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つったつ」があります。
これは「まっすぐに立つ、何もしないでただ立つ」という意味です。

つっぷす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

辛いでしょう という意味です。

 

「ゆうべよなべしたから、つらかんべぇー」
(昨夜夜なべしたから、辛いよ~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つれてげぇー」があります。
これは「連れて行って下さい」という意味です。

 

「のみにいくのなら、いっしょにつれてげぇー」
(飲みに行くのなら、一緒に連れて行って下さい)

 

という風に使われます。

つらかんべぇー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

躓く、引っかかって転ぶ という意味です。

 

「みちでつんのめった」
(道で躓いた)
「つんのめってころんだ」
(躓いて転んだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つんけん」があります。
これは「甚だしく邪慳なこと」という意味です。

 

「おまえがつんけんするから、おこっちまったろ」
(おまえが邪険にするから、怒ってしまっただろう)

 

という風に使われます。

つんのめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごたごた、揉め事 という意味です。

 

「わたしのほうにもいろいろでいりがありまして」
(私の方にも色々ごたごたがありまして)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「~でぃ」があります。
これは「~です」という意味です。

 

「おらぁーえどっこでぃ」
(私は江戸っ子です)

 

という風に使われます。

でいり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

威張っている様 という意味です。

 

「あのやろう、でかいつらしやがって」
(あの野郎、威張りやがって)
「おおやがでかいつらしやがって」
(大家が威張りやがって)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「てがっけ」があります。
これは「不器用」という意味です。

でかいつら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出くわす、会う という意味です。

 

「きょうよしださんにでっかしたよ」
(今日、吉田さんに会ったよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「でねぇー」があります。
これは「出ない」という意味です。

 

「このみせでねぇーなぁ」
(この店(当たりが)出ないなあ)

 

という風に使われます。

でっかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしのない人 という意味です。

 

「このでれすけが~」
(このだらしない奴め~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「でれりぼーっと」があります。
これは「無意識」という意味です。

 

「ただもう、でれりぼーっとしてこんなとこへきちまった」
(ただもう、無意識でこんな所へ来てしまった)

 

という風に使われます。

でれすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まるで、頭で、全く、初めから という意味です。

 

「てんからとりあわないんだ」
(まるで取り合わないんだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「でん」があります。
これは「やり方、流儀」という意味です。

 

「こんどはもういつものでんにはいきませんぜ」
(今度はもういつものやり方ではいきませんよ)

 

という風に使われます。

てんから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

食い違い、行き違い、だめ という意味です。

 

「てんこしゃんこになる」
(食い違いになる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「てんで」があります。
これは「まるで、全く」という意味です。

 

「あれじゃだんちがいで、てんでしょうぶにならん」
(あれじゃ段違いで、まるで勝負にならない)、

 

という風に使われます。

てんこしゃんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かぼちゃ という意味です。

 

「きんなとーなすかっくらった」
(昨日、かぼちゃを食べた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とーてき」があります。
これは「たちどころ、即座」という意味です。

 

「とーてきにしぬ」
(即座に死ぬ=即死)

 

という風に使われます。

とーなす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

分からずや という意味です。

 

「なにをいってやがんだい、このとーへんぼくめ」
(何を言っていやがるんだ、この分からずやめ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ときのひょーり」があります。
これは「その時のはずみ」という意味です。

 

「ときのひょーりでしょうがないやね」
(その時のはずみでしょうがないよね)

 

という風に使われます。

とーへんぼく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

入り口、物事の初めの事 という意味です。

 

「そこのとばくちにおいてあるだろ」
(そこの入り口に置いてあるだろう)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「とっぱな」があります。
これは「最初、端っこ」という意味です。

 

「とっぱなからしくじった」
(最初っからしくじった)

 

という風に使われます。

とばくち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

維持される という意味です。

 

「うちはおんなばっかりのちからでとりつづいているんだから・・・」
(うちは女ばっかりの力で維持しているんだから・・・)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とりなす」があります。
これは「取り繕う」という意味です。

 

「おじさんにとりなしてもらってやっとたすかった」
(叔父さんに取り繕ってもらってやっと助かった)

 

という風に使われます。

とりつづく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

逃げる という意味です。

 

「さぼってとんずらするべえー」
(さぼって逃げようぜー)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「どろん」があります。
これは「逃亡、駆け落ち」という意味です。

 

「どろんをきめこむ」
(逃亡する)

 

という風に使われます。

とんずら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 甚だしい という意味です。

 

「とんだごやっかいになります」
(甚だしく厄介になります)

 

という風に使われます。

 

② 不慮の という意味です。

 

「おとうさんがおなくなりですか。そりゃあとんだこってしたね」
(お父さんが亡くなったのですか。それは不慮の事でしたね)

 

という風に使われます。

とんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

非常に珍しい事 という意味です。

 

「どんなことでもあるかのようによろこんでやがる」
(非常に珍しいことでもあるかのように喜んでいる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とんだこと」があります。
これは「どういたしまして」のような意味です。
いたみいった挨拶を受けた時の返事として使われます。

どんなこと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

目がくらむ という意味です。

 

「こっちはもう、とんぼがくらんでるから、わかりゃしない」
(こっちはもう、目がくらんでいるから、分かりゃしない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とんと」があります。
これは「少しも」という意味です。

 

「そのからくりとはとんときがつかなかった」
(そんなからくりだとは少しも気が付かなかった)

 

という風に使われます。

とんぼがくらむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

失う、失くす という意味です。

 

「しらないあいだに、さいふをなくなしちゃった」
(知らない間に、財布を失くしてしまった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なきをみせる」があります。
これは「甚だしく苦痛な思いをさせる」という意味です。

 

「やつはひとになきをみせちゃてをたたいてる」
(奴は人に酷い苦痛を与えては手を叩いている)

 

という風に使われます。

なくなす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すじかい、はす、斜め、斜面 という意味です。

 

「なぞえにきる」
(斜めに切る)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なし」があります。
これは「形無し、面目を失う」という意味です。

 

「ぐちをいってちゃ、おれがなしになる」
(愚痴を言っていては、俺が面目を失う)

 

という風に使われます。

なぞえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざけた という意味です。

 

「なまふざけたまねをしてこうかいするな」
(ふざけた真似をして後悔するな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なまっちろい」があります。
これは「なんとなく白い、いやに白い」という意味です。
多くは顔色について言います。
比喩的に、未熟さやひ弱さを形容する場合もあります。

なまふざけた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体、服装 という意味です。

 

「そんななりをしてでかけんのかよ」
(そんな服装をして出掛けるのですか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なら」があります。
これは「それならば」という意味です。

 

「なら、いいじゃんか」
(それならば、いいじゃないですか)

 

という風に使われます。

なり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

など、なんて(否定的に)という意味です。

 

「さとうをいれたこーひーなんざ、あまったるくてのめるもんかい」
(砂糖を入れたコーヒーなんて、甘ったるくて飲めません)
「おまえなんざとうふのかどにあたまぶつけてしんじまえ」
(おまえなど豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまえ)
「てぇかしてやるきなんざさらさらねえや」
(手を貸してやる気など全く無い)

 

という風に使われます。

 

これが「なんぞ」ですと「など」という意味です。

なんざ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何という という意味です。

 

「かねもちでもしちやくずれのこうりがしがなんだらざまだ」
(金持ちでも、質屋くずれの高利貸しが、何という様だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なんだけの」があります。
これは「何ほどの」という意味です。
後には否定が伴います。

なんだら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何ということだ という意味です。

 

「あちゃあ、なんてこった!こいつはひでえや」
(うわー、何ということだ!これは酷いな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なんてったって」があります。
これは「何と言っても」という意味です。

なんてこった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いかにも事実らしい という意味です。

 

「につこらしーうそをいったって、すぐばれるぞ」
(いかにも事実らしい嘘を言ったって、すぐにバレるぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「にやっかしにする」があります。
これは「気にする、いじくる」という意味です。

につこらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬけめがない とも言います。

 

しっかりしている という意味です。

 

「あのひとぬくめがないわねえー」
(あの人、しっかりしてるわねえ)
「ぬけめがないやつだ」
(しっかりしている奴だ)

 

という風に使われます。

 

逆の言葉では「ぬけさく」があります。

これは「間抜け」という意味です。

ぬくめがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

温いでしょう という意味です。

 

「ゆかげん、ぬるかんべえ?」
(お湯加減、温いでしょう?)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ぬくい」があります。
これは「あたたかい」という意味です。

 

「きょうはぬくいなあ」
(今日はあたたかいなあ)
「ふろはぬくくていいなあ」
(お風呂はあたたかくて良いなあ)

 

という風に使われます。

ぬるかんべえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ない(否定)という意味です。

 

「とうきょうのほうげんなんかねえよ」
(東京の方言なんて無いよ)
「わるいですんだら、けいさつはいらねえぞ」
(”悪い”で済んだら、警察はいらないよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ね」だけですと「心の底」という意味です。

 

「ねはごくひとがいい」
(心の底はいい人だ)

 

という風に使われます。

ねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寝る前、寝る際 という意味です。

 

「ねしなにあんまりたべないほうがいい」
(寝る前にはあんまり食べないほうが良い)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねそべる」があります。
これは「行儀悪く寝る、横になる」という意味です。

 

「みせさきにねそべるんじゃないよ」
(店先に行儀悪く寝るんじゃないよ)

 

という風に使われます。

ねしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捻くれる という意味です。

 

「ねじくれたせいかくしてんなあ」
(捻くれた性格をしているなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねじじょーご」があります。
これは「酒癖の悪い人、酔うと理屈をこねる人」という意味です。

 

また「だらしのない酒飲み」のことは「のんだくれ」と言います。

ねじくれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熱心な という意味です。

 

「なんでもものどとにねついたちだから」
(何でも物事に熱心な性質だから)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねぶいっちょー」があります。

 

「ねびっちょぬけもの」とも言います。

これは「除け者、仲間はずれ」という意味です。

ねつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねっぴゃあよ とも言います。

 

寝ましょう、寝ようよ という意味です。

 

「もうねるべえー」
(もう寝ましょう)
「もうよるだからねっぴゃあよ」
(もう夜だから寝ようよ)

 

という風に使われます。

 

これが「寝なさい」と言う場合には「ねろてばよぉ」になります。

ねるべえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねねさま とも言います。

 

赤ん坊、赤ちゃん という意味です。

 

「このこはいつまでもねんねーでこまります」
(この子はいつまでも赤ちゃんで困ります)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねんがねんじゅう、ねんびゃおくねんじゅう」があります。
これは「一年中いつでも、年中、始終」という意味です。

ねんねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乗る という意味です。

 

「でんしゃにのっかってきたんだ」
(電車に乗って来たんだ)

 

という風に使われます。

 

これが「のっける」では「乗せる、載せる」という意味です。

 

「たなのうえにはこをのっけるんだからふみだいをとってくれ」
(棚の上に箱を載せるから踏み台を取って下さい)

 

という風に使われます。

のっかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

厚顔無恥な という意味です。

 

「あら、ずいぶんのめのめしてるわね」
(あら、随分と厚顔無恥な態度をしてるわね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のらくさ」があります。
これは「道楽者」という意味です。

 

また「のらむすこ」ですと「放蕩息子」という意味です。

のめのめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なめらかで、感触がつるつるしている という意味です。

 

「このうどんは、すごくのめっこいなあ」
(このうどんは、すごくなめらかでつるつるしているなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のめずりこむ」があります。
これは「のめり込む」という意味です。

のめっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のみすけ とも言います。

 

大酒飲み という意味です。

 

「あのやろうのんべえーだなあー」
(あの野郎は大酒飲みだなあ)

 

という風に使われます。

 

これが「のむべえ」になると「飲みましょう」という意味です。

 

「いっしょにさけのむべえー」
(一緒にお酒を飲みましょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のんべんだらり」があります。
これは「ずるずると長引いて、何時になっても決まりがつかない様」を言います。

のんべえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

早い という意味です。

 

「おめぇ、かけっこはえーなぁー」
(あなた、走るの早いねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はいすべり」があります。
これは「禿頭」という意味です。
”はげちゃびん”とも言います。

 

これが「はげちょろけ」になると
「塗りの剥げたこと、反物の色がさめたもの」という意味です。

はえー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はかどる、仕事など作業の進み具合で早く出来る という意味です。

 

「きょうのさぎょうははかがいくなあ」
(今日の作業ははかどるなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ばかってんぐ」があります。
これは「自己の才能を鼻にかけている人」という意味です。

はかがいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐずぐず、ぼんやり という意味です。

 

「ばからばからしないではやくなさい」
(ぐずぐずしてないで早くしなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はがったらしい」があります。
これは「歯がゆい、じれったい」という意味です。

 

「はがいーたらしーたらありゃしない」
(じれったいったらありゃしない)

 

という風に使われます。

ばからばから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貼り付ける という意味です。

 

「このだんぼーる、がむてーぷではっつけて」
(このダンボール、ガムテープで貼り付けて)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はったおす、はったーす」があります。
これは「張り倒す」という意味です。

 

「はったおすぞ!」
(張り倒すぞ!)

 

という風に使われます。

はっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

針の穴 という意味です。

 

「このいとはりめどにとおして」
(この糸を針の穴に通して)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はらったべーか」があります。
これは「支払っただろうか」という意味です。

 

「きのうののみやのかんじょうはらったべーか」
(昨日の飲み屋の勘定は支払ったでしょうか)

 

という風に使われます。

はりめど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

折りある事に という意味です。

 

「ばんごとにやりこめてやったら、ものもいわなくなった」
(折りある事に遣り込めてやったら、何も言わなくなった)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「はばかりさま」があります。
これは、相手に余計な世話をやかれた時”余計なお世話だよ”という程度の意味です。
または、相手に手数をかけた時や邪魔をしたときの挨拶文句でもあります。

ばんごと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はんぺら とも言います。

 

半端、中途半端 という意味です。

 

「なにをやらしてもはんちくだねえ」
(何をやらせても中途半端だねえ)
「このはんちくやろう」
(この中途半端野郎)
「どうせかえるにゃはんちくだしさけでものんでこうや」
(どうせ帰るには半端だし、酒でも飲んで行こうよ)
「おい、こんなはんぺらどうすんだよぉ」
(おい、こんな半端なものどうするんだよ)

 

という風に使われます。

はんちく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕事や学校がお昼で終わる という意味です。

 

「かあちゃん、あしたははんどんだから、ひるはやきめしな」
(お母さん、明日は学校が午前で終わるから、昼食は炒飯ね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ばんとー」があります。
これは「店ざらしの品」という意味です。

 

また「番頭さん」のことは「ばんつさん」と言います。

はんどん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はんぶんずっこ とも言います。

 

半分ずつ、半分にする という意味です。

 

「はんぶんつしなさい」
(半分こしなさいね)
「おまんじゅうがひとつしかないから、はんぶんずっこしてたべよう」
(おまんじゅうが一つしか無いから、半分ずつにして食べよう)

 

という風に使われます。

はんぶんつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弱点 という意味です。

 

「おらぁーにはひけみがおおいなあ」
(私には弱点が多いなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひぎり」があります。
これは「期限の日にちを決める」という意味です。

 

「ひぎりでたのまれたしごとだからいそがなきゃ」
(日にちの決まった期限で頼まれた仕事だから急がなきゃ)

 

という風に使われます。

ひけみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 障害 という意味です。

 

「それがひっかかりになっていつまでもきりがつかない」
(それが障害となって何時までも切りがつかない)

 

という風に使われます。

 

② 縁故 という意味です。

 

「あいつとはなんのひっかかりもない」
(あいつとは何の縁故も無い)

 

という風に使われます。

ひっかかり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① かける という意味です。

 

「はなもひっかけない」
(全く眼中にかけない)

 

という風に使われます。

 

② 飲み屋等へ、お酒を呑みに行く時に使います。

 

「ちょっといっぱいひっかけていこうやー」
(ちょっと一杯(お酒を)飲んで行こうよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ひっかかる」ですと
「途中にある家に格別の用事もなくして立ち寄る」という意味です。

ひっかける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しつこい という意味です。

 

「あんまりひつこいときらわれる」
(あんまりしつこいと嫌われる)
「ひつっこいわね!」
(しつこいわね!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひがらい」があります。
これは「辛い」という意味です。
大根やネギ類などの野菜が持つ独特の辛さの事を言います。

ひつこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意地、意気地 という意味です。

 

「ひっこしのないやつだ」
(意気地のない奴だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひっこみ」があります。
これは「おさまり、始末」という意味です。

 

「ひっこみがつかなくなっちゃった」
(おさまりがつかなくなっちゃった)

 

という風に使われます。

ひっこし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひっちゃぶる、ひっつぁばく とも言います。

 

破く という意味です。

 

「ひっちゃぶいてすてちゃった」
(破いて捨てちゃった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひっぱらう」があります。
これは「引き払う、引き退いてその跡をとりはらう、退去する」という意味です。

ひっさばく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

走って行ってくる という意味です。

 

「ひとっぱしりいってくらあ」
(ちょっと走って行ってくるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひとっぷろ」があります。
これが「風呂に一回入る」という意味です。

 

「ひとっぷろあびる」
(一回風呂に入ってくる)

 

という風に使われます。

ひとっぱしり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一杯 という意味です。

 

「どこかでひとくちやろうじゃないか」
(何処かで一杯やろうじゃないか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひとかたけ、ひとかたき」があります。
これは「一食分」という意味です。

 

「ごはんをひとかたけよけいにたいた」
(ご飯を一食分余計に炊いた)

 

という風に使われます。

ひとくち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ひとっきら とも言います。

 

わずかの時間 という意味です。

 

「さあ、ひとっきりいきをぬきましょう」

(さあ、少し息を抜きましょう)

 

という風に使われます。

 

② 一時(長い間)という意味です。

 

「あのこはひとっきりおおさかのほうへいってるんだ」
(あの子は長い間大阪の方へ行ってるんだ)

 

という風に使われます。

ひとっきり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一掴み という意味です。

 

「このこのかみのけはてっぺんがひとっちょぼちぢれてるね」
(この子の髪の毛は頭頂部が一掴み縮れているね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひとたけ」があります。
これは「等身大」という意味です。

 

「すすきがひとたけくらいある」
(ススキが等身大くらいある)

 

という風に使われます。

ひとっちょぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

具合、調子、きっかけ という意味です。

 

「そういうひょーりになるようなきがします」
(そういう具合になるような気がします)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひょーげて」があります。
これは「ふざけて、とぼけて」という意味です。

 

「このこはひょーげてるよ」
(この子はとぼけているよ)

 

という風に使われます。

ひょーり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怠けて、中途半端に という意味です。

 

「まだしごとがあったけどひよってかえっちゃった」
(まだ仕事があったけど怠けて帰っちゃった)

 

という風に使われます。

 

逆に「びっとする」ですと「ちゃんとする、かしこまる」という意味です。

 

「あにやってだよ、びっとしろ!」

(何してるんだよ、ちゃんとしろ!)

 

という風に使われます。

ひよって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

剥く という意味です。

 

「かわをひんむく」
(皮を剥く)
「ころんでひざをひんむいた」
(転んで膝を擦り剥いた)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ひっぺがす」があります。
これは「引き剥がす」という意味です。

ひんむく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

曲がる を強調した言葉です。

 

「このくぎぁひんまがってる」
(この釘は曲がっている)
「はりがねをひんまげる」
(針金を曲げる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひんぬく、ひっこぬく」があります。
これは「引き抜く」という意味です。

 

「てっちゅうをかたてでひっこぬきやがった」
(鉄柱を片手で引き抜きやがった)

 

という風に使われます。

ひんまがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

文句を言う という意味です。

 

「いちいちぶうたれてんじゃねえーよ」
(いちいち文句を言うんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ふくれっつら」があります。
「両頬を膨らませた不平そうな顔つき、むっとした不機嫌そうな顔づら」のことです。

ぶうたれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶきっちょ とも言います。

 

不器用 という意味です。

 

「あのひとぶっきちょだねえ」
(あの人、不器用だね)
「ぶきっちょだねぇおまえは。そんなこって、できるもんかね」
(不器用だねえ、おまえは。そんなことで出来るのかしら)

 

という風に使われます。

ぶっきちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

太い という意味です。

 

これが「ふてえやつ」ですと「とんでもない奴」という意味になります。

 

「あいつ、ふてえやつだなあ」
(あいつ、とんでもない奴だなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ふてる」があります。
これは「捨てる」という意味です。

 

「そんなもんふてちまえ」
(そんな物、捨ててしまえ)

 

という風に使われます。

ふてえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 馴染みでないこと という意味です。

 

「ふりのきゃく」
(通りすがりで馴染みでない客)

 

という風に使われます。

 

② 雨降りの略 という意味です。

 

「こいつあとうぶんふりだぜ」
(これは当分、雨降りだな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ふりしょー」があります。
これは、外出などの場合によく雨に遭うめぐり合わせの人を言います。

ふり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つもり、名義 という意味です。

 

「かぜをひいたぶんにして、かおをださないつもりです」
(風邪を引いたことにして、顔を出さないつもりです)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ふんとに」があります。
これは「本当に」という意味です。

ぶん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

突っ込む という意味です。

 

「ずいぶんずかずかとふんごんでくるひとだね」
(随分ずかずかと突っ込んでくる人だね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ふんだん」があります。
これは「たくさん」という意味です。

 

「ふんだんにうめがなってる」
(たくさん梅が生っている)

 

という風に使われます。

ふんごむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふんじゃぶす とも言います。

 

踏み潰す という意味です。

 

「あきかんをあしでふんぶす」
(空き缶を足で踏み潰す)

 

という風に使われます。

 

また、「ふんづける」ですと「踏みつける」という意味です。

 

「ふんづけてしまえ」
(踏みつけてしまえ)

 

という風に使われます。

ふんぶす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

入る という意味です。

 

「ふろにへえんべえ」
(風呂に入りましょう)

 

という風に使われます。

 

逆の言葉では「へえらねえ」があります。
これは「入らない」という意味です。

 

「このみせにへえらねえーか?」
(この店に入りませんか?)

 

という風に使われます。

 

これが「へしこむ」ですと「押し込む」という意味です。

へえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人にどうされても平然たる事 という意味です。

 

「めんどうだから、おれはへそちゃでいたよ」
(面倒だから、俺は平然としていたよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「へだら」があります。
これは「くだらない」という意味です。

 

「へだらなこというな」
(くだらない事を言うな)

 

という風に使われます。

へそちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何も、つまらぬものの例え という意味です。

 

「いやもへちまもあるもんか」
(嫌も何もあるものですか)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「へったくれ」があります。
これは「取るに足りないと思うものを罵って言う」言葉です。

 

「ぎりもへったくれもない」
(義理も何もない)

 

という風に使われます。

へちま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へたっくそ とも言います。

 

下手、技の拙い事やその人 という意味です。

 

「へぼしょうぎ」
(下手な将棋)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「へっぽこ」があります。
これは「技量の劣った者、役に立たない者」という意味です。

へぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一度決めた事を変更する という意味です。

 

「おまえのほうからへんがいか」
(おまえの方から一度決めた事を変更するのか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「べらぼう」があります。
これは「常軌を逸している様、甚だしく信じがたい様」という意味です。

 

「べらぼーなねだん」
(常軌を逸した値段)

 

という風に使われます。

へんがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あちらこちらの家、あちらこちらのお宅 という意味です。

 

「ほうぼうさまのおかげでどうやらやっていけます」
(あちらこちらのお宅のお陰で、どうにかやってやっていけます)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほうじょうさん」があります。
これは「お寺のお坊さん」という意味です。

ほうぼうさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① しようとする気持ち という意味です。

 

「はなしにきをとられてかえるほーがくがつかない」
(話に気を取られて帰ろうという気持ちがおきない)

 

という風に使われます。

 

② 行動の方針 という意味です。

 

「なれないしごとをまかされたんでまるでほーがくがつかない
(慣れない仕事を任されたので、まるで方針が分からない)

 

という風に使われます。

ほーがく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口に入れたものを出す、吐き出す という意味です。

 

「あのあめさぁ、あんまりまずいからほきだしたよ」
(あの飴さぁ、あんまり不味いから口から出したよ)
「きのう、まずいむしぱんをほきだしてしまいました」
(昨日、不味い蒸しパンを吐き出してしまいました)

 

という風に使われます。

ほきだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

解す、解く という意味です。

 

「からまったいとをほごす」
(絡まった糸を解す)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほける」があります。
これは「熱中する」という意味です。

 

「あそびにほけてわすれてた」
(遊びに熱中していて忘れていた)

 

という風に使われます。

ほごす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

栓 という意味です。

 

「おふろのほしぬいといて」
(お風呂の栓を抜いておいて)
「わいんのびんのほしなくさないでよ」
(ワインの瓶の栓は失くさないでよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほしみせ」があります。
これは「露天」という意味です。

ほし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へその緒 という意味です。

 

「こんなおもいは、ほぞのおきってはじめてだ」
(こんな思いは、へその緒を切って以来初めてだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほじる、ほじくる」があります。
これは「掘る」という意味です。

 

「あなをほじくる」
(穴を掘る)

 

という風に使われます。

ほぞのお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

中心、ふところ、ふところ具合 という意味です。

 

これが「ぽっぽにいれる」ですと「横領する、横取りする、くすねる」という意味です。

 

「かんいかぜいせいどのえきぜいでぽっぽにいれる」
(簡易課税制度の益税で横領する)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほっつき」があります。
これは「あてどもなく」という意味です。

 

「ほっつきあるく」
(あてどもなく歩く)

 

という風に使われます。

ぽっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほっぽらかす、ほっぽっとく とも言います。

 

捨てる、ほったらかす、放っておく という意味です。

 

「ものをほっぽらかすな」
(物を放っておくな)
「まーたらんどせるほっぽったまんまで」
(またランドセルを放ったままで)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほっぺた」があります。
これは「頬」という意味です。

 

「ほっぺたがくわんくわんだよ」
(頬が汚れてるよ)

 

という風に使われます。

ほっぽる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

時刻 という意味です。

 

「すこしとおでをしたから、かえりのほどがわからないんですとさ」
(少し遠出をしたので、帰りの時刻が分からないんだそうです)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほとんと」があります。
これは「殆ど(ほとんど)」という意味です。

ほど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

困りきる という意味です。

 

「てめーにはほとほとしっちまった」
(あんたには困りきってしまった)
「もうあいつにはほとほとした」
(もうあいつには困りきった)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ほーず」があります。
これは「際限、果て」という意味です。

 

「そりゃあうえをみればほーずがないが」
(そりゃあ上を見れば果てしないが)

 

という風に使われます。

ほとほとする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すごく痩せている という意味です。

 

「おまえはほんとうにほねかわすじえもんだな」
(おまえは本当に痩せ過ぎているな)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ほそっこける」があります。
これは「細く痩せる、痩せこける」という意味です。

 

「このてのほそっこけたこと」
(この手の細く痩せこけたこと)

 

という風に使われます。

ほねかわすじえもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

臨時の所得、へそくり という意味です。

 

「これは、かみさんのほまちだってさ」
(これは、奥さんのへそくりだってさ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほんこ」があります。
これは「品を出し合ってする勝負事」という意味です。
「うそっこ」の反語になります。

ほまち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 運 という意味です。

 

「あのひともまがわるいね」
(あの人も運が悪いね)

 

という風に使われます。

 

② おり という意味です。

 

「まをみてそうしよう」
(おりを見てそうしよう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まいまい」があります。
これは「常々」という意味です。

 

また「まいげ、まみえ」ですと「眉毛」という意味です。

ま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ます という意味です。

 

「できまさぁ」
(出来ます)
「またきまさぁ」
(また来ます)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まし」があります。
これは「ませ」という意味です。

 

「いらっしゃいまし」
(いらっしゃいませ)
「ごめんくださいまし」
(ごめんくださいませ)

 

という風に使われます。

まさあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暇さえあれば、絶えず という意味です。

 

「まがなすきがないたずらばっかりしてる」
(暇さえあれば悪戯ばっかりしている)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まじくなう」があります。
これは「ごまかす、取り繕い紛らす」という意味です。

まがなすきがな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

相手の話に口を挟んでちゃかす という意味です。

 

揚げ足をとったりからかったりして他人の話を混乱させることを言います。

 

「はなしをまぜっかえす」
(話を混乱させる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まずかんべぇ」があります。
これは「不味いでしょう」という意味です。

 

「おれがつくったからまずかんべぇ」
(俺が作ったから不味いでしょう)

 

という風に使われます。

まぜっかえす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まどろこい とも言います。

 

じれったい、紛らわしい、ハッキリしない待ちきれない という意味です。

 

「もちがなかなかやけなくってまだるっこしい」
(餅がなかなか焼けなくてじれったい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まっつぁかり」があります。
これは「物事が盛んに行われている時」という意味です。

まだるっこしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ザリガニ、アメリカザリガニのはさみが大きく赤いもの のことです。

 

「まっちかんとりにいくべ」
(ザリガニ獲りに行こうよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まっつぁかり」があります。
これは「真っ盛り」という意味です。

まっちかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真っ直ぐ という意味です。

 

「まっつぐなひとだねえ」
(真っ直ぐな人だねえ)
「このみちね、まっつぐいっつくんない」
(この道ね、真っ直ぐ行ってください)
「そこんとこ、まっつぐあるいてって」
(そこのところ、真っ直ぐ歩いていって)

 

という風に使われます。

まっつぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まともである という意味です。

 

「まっとーなことをいう」
(まともなことを言う)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まっと」があります。
これは「もっと」という意味です。

 

「おそい!まっとはやくこい!」
(遅い!もっと早く来い!)

 

という風に使われます。

まっとー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

招く という意味です。

 

「おまねぎをいただき、ありがとうございます」
(お招きを頂き、ありがとうございます)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まにゃってます」があります。
これは「間に合っています」という意味です。

まねぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~まま という意味です。

 

「すわったまんまうごかないで、ようをいいつけるばかりだった」
(座ったまま動かないで、用を言いつけるばかりだった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まんまんなか」があります。
これは「まんなか」を強調して言う言葉です。

 

「だいとかいのまんまんなか」

 

という風に使われます。

まんま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見たところ、見かけ、体裁 という意味です。

 

「みけんぶんがわるい」
(体裁が悪い)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「みば」があります。
これは「見かけ、見栄え」があります。

 

「このぬのはみばがわるいけど、あらいができます」
(この布は見栄えが悪いけど、洗えます)

 

という風に使われます。

みけんぶん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自慢、得意にしている事 という意味です。

 

「これがあたしんとこのみそでしてね」

(これが私のところの自慢でしてね)

 

という風に使われます。

 

これが「みそをつける」ですと「失敗して面目を失う」という意味です。

 

また、「みそっかす」ですと
「(遊びで)一人前にしてもらえない子供」という意味になります。

みそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みたいに、~のように という意味です。

 

「かみみたくうすいね」
(紙みたいに薄いね)
「ゆめみたくきこえる」
(夢のように聞こえる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「みたび」があります。
これは「インゲン豆」という意味です。

 

「みたびかってきて」
(インゲン豆買ってきて)

 

という風に使われます。

みたく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

幼い子供 という意味です。

 

「みつっこみたいだなあ」
(幼い子供みたいだなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「みちょる」があります。
これは「見てる」という意味です。

 

「あにみちょるだよー」
(何見てるんだよ)

 

という風に使われます。

みつっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

知らせ という意味です。

 

「こうしたいいみみはめったにあるもんじゃない」
(こうした良い知らせは滅多にあるものではない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「みもかわもぬいで」があります。
これは「他事を投げ打って、一つの事に熱中する」という意味です。

みみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

み とも言います。

 

親類、縁者、血族 という意味です。

 

「みよりのなろうば」
(親類縁者の無い老婆)
「わたしのみといっちゃひとりものこってない」
(私の親類と言っても一人も残っていない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「みょーちきりん」があります。
これは「奇妙、普通と違って変である」という意味です。

みより 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

未練 という意味です。

 

「みれんこなくえんをきっちまえ」
(未練無く縁を切ってしまえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「みじんまく」があります。
これは「身仕舞い、身のまわりを引き締めととのえること、身支度」という意味です。

みれんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みんべかよ、みんべぇよ とも言います。

 

~しよう、しようか?、みよう という意味です。

 

「いってみんべ」
(行ってみよう)
「いってみんべかよぉ」
(行ってみようか?)
「みてみんべ」
(見てみよう)
「やってみんべぇよ」
(やってみようよ)

 

という風に使われます。

みんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

向かい合わせの、向かい合っている という意味です。

 

「むこーあわせのきたがわのへや」
(向かい合っている北側の部屋)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「むく、むくる」があります。
これは「剥ぐ、剥がし取る、むく」という意味です。

むこーあわせの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むこっかし、むこうっかた、むこっかわ とも言います。

 

向こう側、あっち側 という意味です。

 

「これじゃまだからむこっかたにおっぺしちゃえ」
(これ邪魔だから向こう側に押しちゃえ)
「かわのむこっかただんべえ」
(川の向こう側だよ)
「どうろのむこっかしにみせができたね」
(道路の向こう側に店が出来たね)

 

という風に使われます。

むこっかた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

子供がぐずる という意味です。

 

「そんなむずかしやをいわないもんだ」
(そんなぐずるんじゃない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「むざとした」があります。
これは「以前の苦労のあとを踏み潰された」という意味です。

 

「あとになってむざとされたくないよ」
(後になって苦労のあとを踏み潰されたくないよ)

 

という風に使われます。

むずかしや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面目の無い、面目を知らない という意味です。

 

「むめんもくもほどがあらあ」
(面目無いにも程があるなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「むなぎな」があります。
これは「癪に障る」という意味です。

 

「むなぎなやろうじゃねえか」
(癪に障る奴だなあ)

 

という風に使われます。

むめんもく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無理に という意味です。

 

「むりからそういって、おまえをとつがそうというんじゃない」
(無理にそう言って、おまえを嫁がそうと言うんじゃない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「むくれる」があります。
これは「怒る、すねる、怒ってムッとした顔をする」という意味です。

むりから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~まい という意味です。

 

「そんなことあるめー」
(そんなことあるまい)
「だれもこめー」
(誰も来るまい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「めいららい」があります。
これは「ごめんなさい」という意味です。

 

「ちこくをしてしまいめいららい」
(遅刻をしてしまいごめんなさい)

 

という風に使われます。

めー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

この上も無く好む、非常に可愛がる という意味です。

 

「あいつはさけにめがない」
(あいつは酒が大好きだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「めをかける」があります。
これは「面倒をみる、親切に世話する、贔屓にする」という意味です。

めがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

目障り、見るのに邪魔になる という意味です。

 

「おれのまえにいるとめぐらってえーからどいてくれ」

(俺の前にいると見るのに邪魔になるから退いてくれ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「めぐい」があります。

これは「可愛い」という意味です。

”めごい”とも言います。

めぐらってえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見つける という意味です。

 

「あのほん、めっけたか?」

(あの本、見つけたか?)

「いくらあっちこっちさがしてもめっからねぇやあ」

(いくらあちらこちら探しても見つからないなあ)

 

という風に使われます。

 

これが「めっかる」ですと「見つかる」という意味です。

「見つかった」ですと「めっかった」という意味です。

めっける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

めったな
無茶な、むやみな という意味です。
「めったむしょーに」
(むやみやたらに)
「このようすじゃ、めったなくちはきけない」
(この様子では、むやみな口は利けない)
という風に使われます。
似た言葉では「めざか」があります。
これは「めだか」という意味です。
東京,方言,むちゃな

無茶な、むやみな という意味です。

 

「めったむしょーに」

(むやみやたらに)

「このようすじゃ、めったなくちはきけない」

(この様子では、むやみな口は利けない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「めざか」があります。

これは「めだか」という意味です。

 

めったな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

向かい合い という意味です。

 

「ほかにひとがいないから、いつもだんなとめっぱりっこだよ」

(他に人がいないから、いつも旦那と向かい合いだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「めのくりだま」があります。

これは「目玉」という意味です。

 

「めのくりだまのとびでるほどふんだくられた」

(目玉が飛び出るほどふんだくられた)

 

という風に使われます。

めっぱりっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

めど
① 針の糸を通す孔 という意味です。
② 目指すところ、目当て、だいたいの見当、目標 という意味です。
「めどがつく」
(見当がつく)
という風に使われます。
③ 急所 という意味です。
「ひとにめどをとられちまっちゃもうおしまいだ」
(人に急所を取られてしまってはもうおしまいだ)
という風に使われます。
東京,方言,穴

① 針の糸を通す孔 という意味です。

 

② 目指すところ、目当て、だいたいの見当、目標 という意味です。

 

「めどがつく」

(見当がつく)

 

という風に使われます。

 

③ 急所 という意味です。

 

「ひとにめどをとられちまっちゃもうおしまいだ」

(人に急所を取られてしまってはもうおしまいだ)

 

という風に使われます。

 

めど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

めり
ひび という意味です。
「いったんめりがはいったら、いくらあがいたってもうだめだ」
(一度ひびが入ったら、いくら足掻いたってもう駄目だ)
という風に使われます。
似た言葉では「めはし」があります。
これは「将来の見通し」という意味です。
東京,方言,ひび

ひび という意味です。

 

「いったんめりがはいったら、いくらあがいたってもうだめだ」

(一度ひびが入ったら、いくら足掻いたってもう駄目だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「めはし」があります。

これは「将来の見通し」という意味です。

 

めり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

もぐずる
もぐる という意味です。
「ねこがこたつにもぐずる」
(猫がこたつにもぐる)
「ふとんのなかへもぐずりこんじゃって、よんでもへんじをしない」
(布団の中にもぐり込んでしまって、呼んでも返事をしない)
という風に使われます。
東京,方言,もぐる

もぐる という意味です。

 

「ねこがこたつにもぐずる」

(猫がこたつにもぐる)

「ふとんのなかへもぐずりこんじゃって、よんでもへんじをしない」

(布団の中にもぐり込んでしまって、呼んでも返事をしない)

 

という風に使われます。

 

もぐずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

もしひょっとか
もしも偶然に という意味です。
「もしひょっとかきょうあらわれなきゃもういっしょうあえない」
(もしも偶然に、今日現れなければ、もう一生逢えない)
という風に使われます。
似た言葉では「もーしこし」があります。
これは「もう少し」という意味です。
東京,方言,もしも

もしも偶然に という意味です。

 

「もしひょっとかきょうあらわれなきゃもういっしょうあえない」

(もしも偶然に、今日現れなければ、もう一生逢えない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「もーしこし」があります。

これは「もう少し」という意味です。

 

もしひょっとか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

もっかい
もういっちょ、もいっぺん、もいちど とも言います。
もう一回、もう一度 という意味です。
「もっかいだけおねがい」
(もう一回だけお願い)
「きこえなかったので、もいっぺんいってください」
(聞こえなかったので、もう一度言って下さい)
という風に使われます。
東京,方言,もう一回

もういっちょ、もいっぺん、もいちど とも言います。

 

もう一回、もう一度 という意味です。

 

「もっかいだけおねがい」

(もう一回だけお願い)

「きこえなかったので、もいっぺんいってください」

(聞こえなかったので、もう一度言って下さい)

 

という風に使われます。

 

もっかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

ものあんじ
心配すること、物思い のみ
「いくせのものあんじをすることぢや」
(幾瀬の物思いをすることには)
という風に使われます。
似た言葉では「ものもらい」があります。
これは「目の周辺に出来る腫れ物」という意味です。
瞼のふちや、内側に殺菌が感染して出来る目の病気のことです。
東京,方言,心配する

心配すること、物思い という意味です。

 

「いくせのものあんじをすることぢや」

(幾瀬の物思いをすることには)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ものもらい」があります。

これは「目の周辺に出来る腫れ物」という意味です。

瞼のふちや、内側に殺菌が感染して出来る目の病気のことです。

 

ものあんじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

もめ
争い、ごたごた という意味です。
「もめがたえない」
(争いが絶えない)
という風に使われます。
似た言葉では「もやい」があります。
これは「共用、助け合う、共同作業」という意味です。
力を合わせる、二人以上の者が一緒に仕事をすることです。
東京,方言,揉め事

争い、ごたごた という意味です。

 

「もめがたえない」

(争いが絶えない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「もやい」があります。

これは「共用、助け合う、共同作業」という意味です。

力を合わせる、二人以上の者が一緒に仕事をすることです。

 

もめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

① いや という意味です。
「やなやつ」
(嫌な奴)
「やんなっちゃうなあ」
(嫌になっちゃうなあ)
という風に使われます。
② わ という意味です。
「まあいいや」
(まあいいわ)
「ついてねえや」
(ついてないわ)
「こいつぁひでぇや」
(これは酷いわ)
という風に使われます。
似た言葉では「やす」があります。
これは「ます」という意味です。
「かえりやす」
(帰ります)
「いきやしょうよ」
(行きましょうよ)
という風に使われます。
東京,方言,嫌

① いや という意味です。

 

「やなやつ」

(嫌な奴)

「やんなっちゃうなあ」

(嫌になっちゃうなあ)

 

という風に使われます。

 

② わ という意味です。

 

「まあいいや」

(まあいいわ)

「ついてねえや」

(ついてないわ)

「こいつぁひでぇや」

(これは酷いわ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やす」があります。

これは「ます」という意味です。

 

「かえりやす」

(帰ります)

「いきやしょうよ」

(行きましょうよ)

 

という風に使われます。

 

や 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

やっかむ
うらやむ、妬む という意味です。
「ひとのしあわせをやっかむもんじゃねえよ」
(人の幸せをうらやむものではないよ)
という風に使われます。
似た言葉では「やっぱし、やっぱ」があります。
これは「やはり、やっぱり」という意味です。
「やっぱしあいつだったのか」
(やはりあいつだったのか)
という風に使われます。
東京,方言,羨ましい

うらやむ、妬む という意味です。

 

「ひとのしあわせをやっかむもんじゃねえよ」

(人の幸せをうらやむものではないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やっぱし、やっぱ」があります。

これは「やはり、やっぱり」という意味です。

 

「やっぱしあいつだったのか」

(やはりあいつだったのか)

 

という風に使われます。

 

やっかむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

やっちゃば
市場、青果市場、商店街 という意味です。
「やっちゃばいってくらぁー」
(市場に行ってくるよ)
という風に使われます。
似た言葉では「やんちゃ」があります。
これは「子供のわがまま、勝手」という意味です。
「やんちゃをいっちゃいけません」
(わがままを言ってはいけません)
という風に使われます。
東京,方言,市場

市場、青果市場、商店街 という意味です。

 

「やっちゃばいってくらぁー」

(市場に行ってくるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やんちゃ」があります。

これは「子供のわがまま、勝手」という意味です。

 

「やんちゃをいっちゃいけません」

(わがままを言ってはいけません)

 

という風に使われます。

 

やっちゃば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

やっとこさ
やっとこすっとこ とも言います。
やっと、やっとの事で という意味です。
「やっとこさできた」
(やっとの事で出来た)
という風に使われます。
似た言葉では「やっさもっさ」があります。
これは「どさくさ、大騒ぎ、揉め事、騒々しい」などという意味です。
東京,方言,やっと

やっとこすっとこ とも言います。

 

やっと、やっとの事で という意味です。

 

「やっとこさできた」

(やっとの事で出来た)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やっさもっさ」があります。

これは「どさくさ、大騒ぎ、揉め事、騒々しい」などという意味です。

 

やっとこさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

やのあさって
しあさっての次の日、四日後、明明後日の次の日 という意味です。
「やのあさってりょこうにいこう」
(明明後日の次の日に旅行に行こう)
という風に使われます。
似た言葉では「やなこった」があります。
これは「嫌だ、嫌な事だ」という意味です。
「こんなしごとやなこった」
(こんな仕事嫌だ)
という風に使われます。
東京,方言,やのあさって

しあさっての次の日、四日後、明明後日の次の日 という意味です。

 

「やのあさってりょこうにいこう」

(明明後日の次の日に旅行に行こう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やなこった」があります。

これは「嫌だ、嫌な事だ」という意味です。

 

「こんなしごとやなこった」

(こんな仕事嫌だ)

 

という風に使われます。

 

やのあさって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

やぼよー
つまらない用事 という意味です。
「ちょっくらやぼよーできんじょまできたのさー」
(ちょっとつまらない用事で近所まで来たんだよ)
という風に使われます。
似た言葉では「やべえ、やばい」があります。
これは「不都合である、まずい」という意味です。
「やべえことになった」
(まずい事になった)
という風に使われます。
東京,方言,つまらない用事

つまらない用事 という意味です。

 

「ちょっくらやぼよーできんじょまできたのさー」

(ちょっとつまらない用事で近所まで来たんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やべえ、やばい」があります。

これは「不都合である、まずい」という意味です。

 

「やべえことになった」

(まずい事になった)

 

という風に使われます。

 

やぼよー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

やらかい
やーらけー、やっこい、やっけえ とも言います。
柔らかい という意味です。
「このにくやらかいねえ」
(この肉、柔らかいねえ)
という風に使われます。
似た言葉では「やみわずらい」があります。
これは「病気」という意味です。
「やみわずらいになりそうだぁ」
(病気になりそうだー)
という風に使われます。
東京,方言,柔らかい

やーらけー、やっこい、やっけえ とも言います。

 

柔らかい という意味です。

 

「このにくやらかいねえ」

(この肉、柔らかいねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やみわずらい」があります。

これは「病気」という意味です。

 

「やみわずらいになりそうだぁ」

(病気になりそうだー)

 

という風に使われます。

 

やらかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

やんべえ
やるべえ とも言います。
やりましょう という意味です。
「しょうぎをやんべえ」
(将棋をやりましょう)
という風に使われます。
似た言葉では「やりゃがる」があります。
これは「~をする」という意味です。
「このやろう、わるいことをやりゃがって」
(この野郎、悪い事をして!)
という風に使われます。
東京,方言,やろう

やるべえ とも言います。

 

やりましょう という意味です。

 

「しょうぎをやんべえ」

(将棋をやりましょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「やりゃがる」があります。

これは「~をする」という意味です。

 

「このやろう、わるいことをやりゃがって」

(この野郎、悪い事をして!)

 

という風に使われます。

 

やんべえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

ゆめさら
決して という意味です。
後には否定が伴います。
「ゆめさらういたこころではないけれど」
(決して浮いた心では無いけれど)
という風に使われます。
似た言葉では「ゆーや」があります。
これは「銭湯」という意味です。
「ゆーやへいってくらー」
(銭湯へ行ってくるよ)
という風に使われます。
東京,方言,決して

決して という意味です。

後には否定が伴います。

 

「ゆめさらういたこころではないけれど」

(決して浮いた心では無いけれど)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ゆーや」があります。

これは「銭湯」という意味です。

 

「ゆーやへいってくらー」

(銭湯へ行ってくるよ)

 

という風に使われます。

 

ゆめさら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

ゆわく
結ぶ という意味です。
「これをゆわえといて」
(これを結んでおいて)
「もうゆわっちゃったよ」
(もう結んじゃったよ)
という風に使われます。
似た言葉では「ゆう」があります。
これは「言う」という意味です。
「ゆうことはありません」
(言う事はありません)
「うそとぼうずのあたまはゆったことがない」
(嘘と坊主の頭は(結・言)ったことが無い)
という風に使われます。
東京,方言,結ぶ

結ぶ という意味です。

 

「これをゆわえといて」

(これを結んでおいて)

「もうゆわっちゃったよ」

(もう結んじゃったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ゆう」があります。

これは「言う」という意味です。

 

「ゆうことはありません」

(言う事はありません)

「うそとぼうずのあたまはゆったことがない」

(嘘と坊主の頭は(結・言)ったことが無い)

 

という風に使われます。

 

ゆわく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

よいっぱり
夜更かしをする、またその習慣の人 という意味です。
「よいっぱりのあさねぼう」
(夜更かしの朝寝坊)
という風に使われます。
関連する言葉では「ゆんべ」があります。
これは「昨夜」という意味です。
「ゆんべはねぐるしかったよ」
(昨夜は寝苦しかったよ)
という風に使われます。
東京,方言,夜更かし

夜更かしをする、またその習慣の人 という意味です。

 

「よいっぱりのあさねぼう」

(夜更かしの朝寝坊)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ゆんべ」があります。

これは「昨夜」という意味です。

 

「ゆんべはねぐるしかったよ」

(昨夜は寝苦しかったよ)

 

という風に使われます。

 

よいっぱり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

よくせき
よくよく、よっぽど という意味です。
「おまえがそんなにおこるのは、よくせきのことだろう」
(おまえがそんなに怒るのは、よくよくのことだろう)
という風に使われます。
似た言葉では「よこまんがー」があります。
これは「無理」という意味です。
東京,方言,よっぽど

よくよく、よっぽど という意味です。

 

「おまえがそんなにおこるのは、よくせきのことだろう」

(おまえがそんなに怒るのは、よくよくのことだろう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「よこまんがー」があります。

これは「無理」という意味です。

 

よくせき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

よこっつら
よこずっぽ とも言います。
横顔(頬)という意味です。
「よこっつらをしっぱたいてやりたい」
(横顔を引っ叩いてやりたい)
という風に使われます。
これが「よこっぱら」ですと「横腹」という意味です。
”横”のことは「よこっちょ」と言います。
東京,方言,横っ面

よこずっぽ とも言います。

 

横顔(頬)という意味です。

 

「よこっつらをしっぱたいてやりたい」

(横顔を引っ叩いてやりたい)

 

という風に使われます。

 

これが「よこっぱら」ですと「横腹」という意味です。

”横”のことは「よこっちょ」と言います。

 

よこっつら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

 

よじくれる
意地悪くひねくれる という意味です。
「よじくれたことをいうねえ」
(意地悪なことを言うねえ)
「あいつ、よじくれたせいかくだねぇ」
(あいつ、ひねくれた性格だねえ)
という風に使われます。
似た言葉では「よそいき」があります。
これは「改まった言葉遣いや態度」という意味です。
また、”出かける時に着る、外出着”という意味もあります。
東京,方言,意地悪

意地悪くひねくれる という意味です。

 

「よじくれたことをいうねえ」

(意地悪なことを言うねえ)

「あいつ、よじくれたせいかくだねぇ」

(あいつ、ひねくれた性格だねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「よそいき」があります。

これは「改まった言葉遣いや態度」という意味です。

また、”出かける時に着る、外出着”という意味もあります。

 

よじくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介