HOME -> 栃木の方言 

あっほーか とも言います。

 

ああそうなのですね、ああそのようになったのですね の同意の意味です。

 

「あーほーか、はなちゃんはがっこうさえったよね」
(ああそうですね、花ちゃん学校に行ったのよね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あいだっこ、あえだっこ」があります。
これは「物と物の間」という意味です。

ああほーか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飽きる、嫌になる という意味です。

 

「このかしはあきれっちゃたよ」
(このお菓子には飽きちゃったよ)
「あいつはべんきょうしててもすぐあきれんのなあ」
(あいつは勉強していてもすぐに嫌になってしまうんだよな)

 

という風に使われます。

あきれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける、除ける という意味です。

 

「ごはんだからてーぶるのうえあけて」
(ご飯の時間だから、テーブルの上を片付けてきれいにして)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あかりー」があります。
これは「明るい、物事を良く知っている」という意味です。

あける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とんでもない方向、見当違いの方向 という意味です。

 

「あさってのほうにとんでいった」
(とんでもない方向へ飛んで行った)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あしたあさって」があります。
これは「明後日」という意味です。

 

「あしたあさってくっからよ」
(明後日来るからね)

 

という風に使われます。

あさってのほう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

朝早く という意味です。

 

「あさっぱらからこわかったー」
(朝早くから疲れちゃったー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あさっぴかり」があります。
これは「朝のうちはだけ晴れていて曇ってしまう天気」のことを言います。

あさっぱら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

惜しむべき物、大切な物 という意味です。

 

「このふるいおびは、あったらもんだがらすてんなよ」
(この古い帯は、大切な物だから捨てるなよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あってこともねー」があります。
これは「とんでもない」という意味です。

 

「くるまがぼっこれっちゃって、あったこどもねーこどんなっちゃってさ」
(車が故障してしまって、とんでもないことになってね)

 

という風に使われます。

あったらもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あちい、あつっけ とも言います。

 

暑い、熱い、厚い という意味です。

 

「このほんあつっこいね!」
(この本厚いね!)

 

という風に使われます。

 

栃木弁では「厚い」と「暑い・熱い」をアクセントで区別できない代わりに、
「厚い」ほうは「あつっこい」「あつっけ」と言い、
「暑い・熱い」ほうは「あつい」「あちい」と言って区別するようです。

 

また、「あったかぼっこ」は「日向ぼっこ」という意味です。

あつっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後で、後日 という意味です。

 

共通語の「あとで」よりもスパンが長いのが特徴です。

 

「じゃあ、あとでね」
(じゃあ、後日ね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あとさしあい」があります。
これは「互い違い」という意味です。

 

「あとさしあいにねる」
(互い違いに寝る)

 

という風に使われます。

あとで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなっぽこ とも言います。

 

穴、低く窪んだ所 という意味です。

 

関連する言葉では「あなばたこしかけて」があります。
これは「墓穴に入るくらいの歳のくせに」という意味です。

 

「あなばたこしかけてべにおしろいつけて」
(墓穴に入るくらいの歳のくせに化粧しちゃって)

 

という風に使われます。

あなっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿はしゃぎする、悪ふざけする、調子付く という意味です。

 

同じような言葉には「あんたろー」があります。
これは「馬鹿野郎」という意味です。

 

また、「あたまにくる」ですと「発狂する」という意味です。
共通語の”怒る”とは違うようです。

 

「あたまにきてびょーいんさけけってる」
(発狂して(精神)病院に掛かっている)

 

という風に使われます。

あばさける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あらいまた とも言います。

 

食事の後片付け、炊事、食器などを洗う という意味です。

 

「はやくあらいまてしろ」
(早く食事の後片付けをしなさい)
「きょうはおっかーがいねから、あらいまででもやっかー」
(今日は女房がいないから、食器洗いでもやるか)

 

という風に使われます。

あらいまて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんだよ、何するんだよ という意味です。

 

「おめーあんだだよ!」
(おまえ何するんだよ!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あんなば」があります。
これは「あんな所」という意味です。

 

これが「こんなば」ですと「こんな所」という意味です。

あんだだよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でっかす とも言います。

 

出会う、ばったり会う、遭遇する という意味です。

 

「せんせいにいきあーさっちゃったよ」
(先生にばったり会ってしまったよ)
「さっきそこでとなりのばっぱにいきあったよ」
(さっきそこで隣のおばあちゃんにばったり会ったよ)

 

という風に使われます。

いきあう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えぐ とも言います。

 

行く という意味です。

 

これが
「いがねえ」ですと「行かない」
「いくずらねー」では「行く所ではない、行く必要が無い」
「いげねえ」ですと「行けない、良くない」
という風に使われます。

 

似た言葉には「いかんべ」があります。
これは「いいでしょう」という意味です。

 

「このくるまいかんべ」
(この車いいでしょう?)

 

という風に同意を求める時に使われます。

いぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行けない、良くない という意味です。

 

関連する言葉では「いかんべ」があります。
これは「良いだろう、良いか?」という意味です。

 

同じような言葉では「うっつぁしー」があります。
これは「うるさい、やかましい」という意味です。

 

「しつっけーへーがいて、うっつぁしくってしゃーね」
(しつこい蠅がいて、うるさくてしょうがない)

 

という風に使われます。

いげねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ボロボロの、見た目が悪い、劣っている という意味です。

 

「いしけえくるまだ」
(ボロボロの車だ)
「ずぼんがいしげぇぐなっちった」
(ズボンがボロボロになってしまった)
「いしけえみちだ」
(ボロボロの道だ)

 

という風に使われます。

いしこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腹が立つ、じれったい、思うようにならずに気が急ぐ、イライラする という意味です。

 

「あいつぜーんぜんしごとしねえよ、いじやけんなやー」
(あいつ全然仕事をしないよ、腹が立つなあ)
「あのてんいんのたいど、すげ~いじやけるよ」
(あの店員の態度、すごく腹が立つよ)

 

という風に使われます。

いじやける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痛いでしょう という意味です。

 

似た言葉では「いってくらー」があります。
これは「行って来るよ、行って来ます」という意味です。

 

関連する言葉では「いってみる」があります。
これは「失礼すること、帰ること」という意味です。

 

「そろそろいってみますね」
(そろそろ失礼しますね)

 

という風に使われます。

いたかんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えっちかる、いっかる、ちかる、ぶちかる とも言います。

 

座る、腰を下ろす という意味です。

 

これが「いっける、いちける」で「~に載せる」という意味です。

 

「いしのうえにいちかって、ひとやすみすんべー」
(石の上に腰を下ろして、ひと休みしましょう)

 

という風に使われます。

いちかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物を置いたり載せたりする という意味です。

 

「わりーけど、このくだものをあすこのしょくたくにいっちけてくんねけー」
(申し訳ないんだけど、この果物をあそこの食卓に載せてくれないかしら)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「のっちける」があります。
これは「乗せる」という意味です。

 

「じてんしゃのにだいにのっちけていったほうがらくだんべさ」
(自転車の荷台に乗せて行った方が楽でしょうよ)

 

という風に使われます。

いっちける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まっと とも言います。

 

もっと、さらに という意味です。

 

「いまっとくれてやんな」
(もっとあげなさいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いまさっき」があります。
これは「ちょっと前、少し前」という意味です。

いまっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寒さで縮こまり震える という意味です。

 

「くちびるをどどめいろにしてうずぶれてっから、よっぽどさみーんだんべ」
(唇を紫色にして縮こまって震えているから、よほど寒いんだろうね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うざっぽい」があります。
これは「不快感をともなう濡れた状態」という意味です。

うずぶれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

投げ捨てる という意味です。

 

「そんなきったねぇもんうっちゃっちゃえ!」
(そんな汚いもの、捨ててしまえ!)

 

という風に使われます。

 

これが「うっちゃちゃった」ですと「捨ててしまった」という意味になります。

 

「まちがってうっちゃちゃった・・・」
(間違えて捨ててしまった・・・)

 

という風に使われます。

うっちゃる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

茹でる という意味です。

 

「うどんをうでるにもちいさななべしかない」
(うどんを茹でるにも小さな鍋しか無い)
「ほうれんそうをうでといて」
(ほうれん草を茹でておいて)
「ほりたてのしんじゃがをうでる」
(掘りたての新じゃがを茹でる)

 

という風に使われます。

うでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後ろ という意味です。

 

「じてんしゃのうらへのんな」
(自転車の後ろに乗りなよ)
「はくせんのうらっかわにさがれ」
(白線の後ろ側に下がりなさい)
「うらにたつな!」
(後ろに立つな!)

 

という風に使われます。

 

また”うら”で「隣、隣の家」という意味もあります。

うら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

味が良い、おいしい という意味です。

 

「ほかほかのしんまいは、うんまくてついたべすぎっちゃうよね」
(ホカホカの新米は、味が良くてつい食べ過ぎてしまうよね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「うんまける、ぶんまける」があります。
これは「器の中の物をすっかり出して散らす、ぶちまける」という意味です。

うんまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えれー、うーと、うーとこさ、おーぞ とも言います。

 

ひどく、たくさん、多く という意味です。

 

「あすこんちはこないだのでっけーじしんでえーらゆれて、えれーことんなったね」
(あそこの家は先日の大きな地震でひどく揺れて、たいへんなことになったね)
「こどもだからってえーらばかにするんじゃーねーよ」
(子供だからと言って、あんまり馬鹿にするんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「えーからかん」があります。
これは「でたらめ、勝手なことを言う、いい加減」という意味です。

えーら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

酷い目に遭う という意味です。

 

「いやぁ~、えいがみたよぉ」
(いやぁ~、酷い目に遭ったよぉ)
「みみずなんかにわすらすっとえんがみっかんな」
(ミミズなんかにいたずらをすると酷い目に遭うからな)

 

という風に使われます。

えんがみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えんこする、いんこする、いんとする、えんとこしゃ とも言います。

 

お座りする という意味の幼児語です。

 

「ここにえんこしな~」
(ここにお座りしなさい)
「あらあ、ひとりでえんこしてんの、えらいわねえ」
(あら~、一人でお座りしているの?偉いわねえ)

 

という風に使われます。

えんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大きな道路、大きな通り という意味です。

 

「おうがんさでるどぎ、あぶねがら、きをつげろー」
(大きな通りに出るとき危ないから気を付けろ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おーごった」があります。
これは「大変だ!、大事だ!」という意味です。

おうがん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっこくる とも言います。

 

押す、押しまくる という意味です。

 

似た言葉では「おっぴしこむ、おっぺしこむ」があります。
これは「無理に押し込む、無理に入れる」という意味です。

 

似た言葉では「おさまえる」があります。
これは「押さえつける」という意味です。

おしこくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 祖父、おじいさん という意味です。

 

反対に「おばあさん」のことは「おばやん」といいます。

 

② おじさん、おっさん、中年の男性、初老の男性 という意味です。

 

おんつぁま とも言います。

 

「おじやんがえてさ」
(おじさんが居てさ)

 

という風に使われます。

おじやん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頭が良い、賢い、利口など、子どもに対する褒め言葉です。

 

機転が利き、家事手伝いをし、
よく挨拶する子どもなどには全て”おぞい”を使います。

 

「げんきにあいさつできておぞいこだねー」
(元気に挨拶が出来て、利口な子供だね)

 

という風に使われます。

おぞい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寄りかかる という意味です。

 

「おっかかんな、おもてぇな」
(寄りかかるなよ、重たいな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おっかける」があります。
これは「追いかける」という意味です。

 

「いそいでどろぼーをおっかける」
(急いで泥棒を追いかける)

 

という風に使われます。

おっかかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっぴしょる、おっぺしょる、おっかじく、うっかく とも言います。

 

折る、割る、欠く、曲げる という意味です。

 

「おちゃわんおっかいっちったよ」
(お茶碗の(一部を)割ってしまったよ)
「あらら、わりばしがおっかけちゃった」
(おやまあ、割り箸が折れてしまった)

 

という風に使われます。

おっかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

倒れる、転ぶ という意味です。

 

「おっけるからきょーつけろ」
(転ぶから気をつけろ)
「たいふうでものおきごやがふっとんじゃーし、おっきなきもおっけされ、てーへんなこどんなっちゃった」
(台風で物置小屋が吹き飛ばされ、大きな木も倒され、大変なことになってしまった)

 

という風に使われます。

おっける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

折れる という意味です。

 

「つりざおがおっちょれっちゃよ」
(釣竿が折れちゃったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おっちゃぶす」があります。
これは「押しつぶす」という意味です。

 

また、「おっとばす」ですと「追い払う」という意味です。

おっちょれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

放り出す、放り投げる、放っておく という意味です。

 

おっぽりだす、おっぽっとく とも言います。

この場合は「放り出す、放り出しておく、放っておく」という意味です。

 

似たような言葉には「おっぱなす」があります。
これは「放す、押し放す」という意味です。

おっぽる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おどもり とも言います。

 

子守 という意味です。

 

「きょうはまごのおどもりでくたびれちゃった」
(今日は孫の子守でくたびれちゃった)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ひっちょる」があります。
これは「背負う」という意味です。

 

「あかっこをひっちょくってのらしごとにでてった」
(赤ちゃんを背負って野良仕事に出て行った)

 

という風に使われます。

おともり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

台所仕事、炊事、お勝手仕事 という意味です。

 

「おばんししなくっちゃーなんねーから、はーかえんなくっちゃ」
(台所仕事しなくちゃならないから、もう帰らなくっちゃ)
「あら、はーおばんし?」
(あら、もうお勝手(の仕事)?)

 

という風に使われます。

 

また、「炊事をする人、お手伝い」という意味で使われることもあります。

おばんし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなた、君、おまえ という意味です。

 

これが「おめえ」ですと「本家」という意味もあります。

御前が転訛して「おめえ」になったようですね。

 

「おめえにいってくっから」
(本家に行って来ますので)
「おめえのたろうさん」
(本家の太郎さん)

 

という風に使われます。

おめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

私 という意味です。

 

年配の世代の女性は、自分のことを「おれ」と言います。

 

これが「おらんか、おらんた」になりますと「俺達」という意味です。
さらに「おらほ」では「私の家の方、私の家の辺り」という意味です。

 

「おらほのざいでは」
(私の家の辺りの田舎では)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉には「おらげ、おらじ」があります。
これは「私の家」という意味です。

おれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おいる とも言います。

 

終える、終わらせる、完了する という意味です。

 

「しゅくだいおわしたのか」
(宿題は終わらせたのかい)
「まだおわしてない」
(まだ終えていない)
「あのほん、よみおわしたらかえしてくれな」
(あの本、読み終えたら返してちょうだいね)

 

という風に使われます。

おわす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叱られる,怒られる という意味です。

 

「そんなことしてっととおちゃんに、おんつぁれ、つぉ」
(そんなことしているとお父さんに叱られるぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おんでる」があります。
これは「飛び出す」という意味です。

おんつぁれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

図体 という意味です。

 

「がかいのでっかいこどもだな」
(図体の大きな子供だな)
「がかいだきゃぁりっぱなおとななのになあ」
(図体だけは立派な大人なのにねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かいがらっちょ」があります。
これは「貝殻」という意味です。

がかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

隠す、仕舞う という意味です。

 

「できのわりいてすとをつくえのおくにかくなした」
(出来の悪いテストを机の奥に隠した)

 

という風に使われます。

 

これが「かくねる」ですと「隠れる、ひそむ」という意味です。

 

関連する言葉では「かくねっこ、かくねごっこ」があります。
これは「かくれんぼ」という意味です。

かくなす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嵩(かさ)、量 という意味です。

 

「がさがふえる」
(量が増える)

 

という風に使われます。

 

同じような意味の言葉では「がさばる」があります。
これは「嵩張る、嵩が多い」という意味です。

 

「おみやげたくさんくれたきっとも、がさばってしゃーねーな」
(お土産たくさんくれたけれども、嵩張ってしょうがないね)

 

という風に使われます。

がさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がむしゃら、無鉄砲、向こう見ず、乱暴者 という意味です。

 

「あのおとこはがしょーきだがら、やることなすことなんでもあらっぽくってね」
(あの男は向こう見ずだから、やることは何でも荒々しくてね)
「がしょーきにあつかうとおっかけっかんな、きょーつけてそーっともってぎな」
(乱暴に扱うと割れるからね、気をつけてそーっと持って行けよ)

 

という風に使われます。

がしょーき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かぶれる、炎症を起こす という意味です。

 

「うるしにかせっちゃった」
(うるしでかぶれてしまった)

 

という意味です。

 

似た言葉では「かさる、かざる」があります。
これは「触る、触れる」という意味です。

 

「かさったらかせるぞ」
(触ったらかぶれるぞ)

 

という風に使われるわけですね。

かせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

閉める という意味です。

 

「しょうじをあけっぱなしにしとくとちみてぇかぜがへーってくるからちゃんとかためとけ」
(障子を開けっ放しにしておくと冷たい風が入ってくるから、ちゃんと閉めておけ)
「きょうはかぜがつえーから、どあをかためてこー」
(今日は風が強いから、ドアは閉めてきなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かたす」があります。
これは「片付ける、整理する」という意味です。

かためる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっつぁく とも言います。

 

引っ掻く、掻く という意味です。

 

「かさぶたかっぱいちゃだめだってよ」
(瘡蓋を引っ掻いちゃダメだってば)
「かっつぁかれてちぃがでっちったよ)
(引っ掻かれて血が出ちゃったよ)

 

という風に使われます。

かっぱく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① (土を)浅く掘る、掘り返す という意味です。

「かっぱく」とも言います。

 

② 剥がす という意味です。

 

「かっぱぐ、かっぽじく、かっぽじる」とも言います。

 

似た言葉では「かっぽろぐ」があります。
これは「揺り動かす、ゆする」という意味です。

 

「くりのきをかっぽろぐのはえーけど、あたまにえががおっこってくっからきーつけろ」
(栗の木をゆするのはいいけど、頭に毬が落ちてくるから気をつけなさい)

 

という風に使われます。

かっぽく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だろう、でしょう という意味です。

 

「おもしろかんべー」
(面白いでしょう)
「このうどんうまかんべ?」
(このうどん美味しいでしょう?)
「これであんしんしたかんべ」
(これで安心したでしょう)
「とちぎってよかんべ~」
(栃木っていいでしょ~)

 

という風に使われます。

かんべー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんまわす とも言います。

 

掻き混ぜる、掻き回す という意味です。

 

「ふろ、かんましとけ」
(風呂を掻き混ぜておいて)
「さとういれてかんますんだ」
(砂糖入れて掻き回すんだ)
「なっとうをかんます」
(納豆を掻き混ぜる)

 

という風に使われます。

かんます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だけ、のみ という意味です。

 

「これきしない」
(これだけね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きしゃご」があります。
これは「おはじき」という意味です。

 

「えんがわだらあったかかんべから、そこできしゃごでものしてあすんべや」
(縁側だったら暖かいだろうから、そこでおはじきでもして遊ぼうよ)

 

という風に使われます。

きし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一昨日(おととい)という意味です。

 

「きのうおとといきてみたんだきっともさ」
(一昨日来てみたんだけれどもね)
「あのふたり、きのうおとといっから、なんだかいいかんじなんだわ」
(あの二人、一昨日から、なんだか良い感じなんだよ)

 

という風に使われます。

きのうおととい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気味が悪い という意味です。

 

「そらがまっくらできびわりいな・・・」
(空が真っ暗で気味が悪いね・・・)
「あいつぁおかなことばっかりして、きびわりいやつだな」
(あいつはおかしなことばかりして、気味の悪い奴だな)

 

という風に使われます。

きびわりい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐえら とも言います。

 

不意に、急に、突然に という意味です。

 

「ぐいらでてこらったら、あぶねーじゃねえか」
(不意に出てこられたら、危ないじゃないか!)
「うしろからぐいらつっとばされてびっくらした」
(後ろから急に突き飛ばされて驚いた)

 

という風に使われます。

ぐいら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

濡れる という意味です。

 

「あめにふられてきもんがくさっちゃった」
(雨に降られて着物が濡れてしまった)
「ほら、したぎまでくさっちゃってねえ」
(ほら、下着まで濡れちゃってねー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くたぶれる」があります。
これは「疲れる、くたびれる」という意味です。

くさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

噛み潰す という意味です。

 

「よくくっちゃしてくえ」
(よく噛んで食べなさい)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「こじゃす」があります。
これは「潰す」という意味です。

 

「こじゃしてからくえよ」
(潰してから食べなさいよ)

 

という風に使われます。

くっちゃす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

残らずに食べてしまう という意味です。

 

「うちにはわけーもんがふたりもいるもんだからきれーにくっぱらっちゃったんで」
(うちには若者が二人もいる者ですから、きれいに残らず食べてしまったんで)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くちっぱらい」があります。
これは「麺類特にそばなどは食べてもすぐに空腹になってしまうので、
そばを食べたあとに、ご飯や餅などを食べて腹を満たすこと」を言います。

くっぱらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蜘蛛の巣 という意味です。

 

「どんぶがくものえずにひっかかって、ばたばたもがいてんだんべー」
(蜘蛛の巣にとんぼがひっかかって、バタバタもがいているねえ~)
「でっけーくものえずはったなあ~」
(大きい蜘蛛の巣、張ったなあ)

 

という風に使われます。

くものえず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くらあんめ とも言います。

 

大丈夫、心配ない、気にしなくていい という意味です。

 

「たいしたけがじゃねーから、いしゃにかかんなくったってくらーねよ」
(大した怪我じゃないから、医者にかからなくても心配ないよ」
「そんなにいそがなくたってくらあんめ、まにゃうからさー」
(そんなに急がなくても大丈夫でしょう、間に合いますよ)

 

という風に使われます。

くらーね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

来い、来なさい という意味です。

 

「ちょっとこっちへこ」
(ちょっとこっちへ来なさい)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「こないだ」があります。
これは「この前、先日」という意味です。

 

「こないだどこさいってきたんだ?」
(この前は何処に行って来たんだい?)

 

という風に使われます。

こ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こごなる とも言います。

 

① もつれる、固まる という意味です。

 

「たごまる」も似たような言葉です。
これは「もつれる、絡まる」という意味です。

 

② 屈む、しゃがむ という意味です。
腰やひざを折り曲げて姿勢を低くすることです。
”しゃごむ”とも言います。

こごまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごじゃっぺ、ごちゃらっぺ とも言います。

 

でたらめ、嘘、冗談、いい加減 という意味です。

 

「そんなごじゃっぺだれもほんきにしなかんべ」
(そんなでたらめ誰も本気にしないだろう)
「ごじゃっぺいってんじゃねぇっぺよ!」
(でたらめ言ってるんじゃないよ!)

 

という風に使われます。

 

また、「わからずや、理解の鈍い人」という意味もあります。

ごしゃっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごせっぱらたつ とも言います。

 


腹が立つ、ムカつく という意味です。

 

「ごせやけるやつだなーい」
(ムカつく奴だなあー)

 

という風に使われます。

 

”こんちくしょめ”も同じような言葉です。

 

「あのやろうはこんちくしょだ!」
(あの野郎には腹が立つ!)

 

という風に使われます。

ごせやける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寒い、ちょっと寒い、かなり寒い という意味です。

 

「きょうのあさまのこっつぁみがったごと」
(今日の朝の寒かったこと!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごびる」があります。
これは「死亡する」という意味です。

 

「いっぱつのじゅーだんでこびてしまった」
(一発の銃弾で死亡してしまった)

 

という風に使われます。

こっつぁむい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こでっしり、ごでっちり とも言います。

 

たくさん、十分に という意味です。

 

「せんぱいにこみっちりしごかれた」
(先輩にたくさんしごかれた)

 

という風に使われます。

 

逆に、これが「これっちんべ、これんべー」になりますと
「こればかり、これだけ」という意味です。

こみっちり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

取り込む という意味です。

 

「あめふってきたから、せんたくもんこんどいてよ」
(雨が降ってきたから、洗濯物を取り込んでおいてよ)
「かえりおそくなりそう、ふとんこんどいてくれっか」
(帰りが遅くなりそう、お布団取り込んでおいてくれるかな)

 

という風に使われます。

こむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こええ とも言います。

 

疲れた、しんどい という意味です。

 

「いや~、こわいこわい」
(いや~、しんどいしんどい)
「きょうはこわくていげねーや」
(今日は疲れていて行けないよ)

 

という風に使われます。

 

また、”こわい”には「硬い」という意味もあります。

 

「このめしこわくってたべらんね」
(このご飯硬くて食べられない)

 

という風に使われます。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

田舎、在郷 という意味です。

 

また、ざいごっぺ は、田舎者 という意味です。

 

似た言葉には「ざっぽい」があります。
これは「露っぽい」という意味です。

 

「あさっぱら、たんぼのあぜみちがざっぽかったもんだがら、ひざっかぶからしたがびっちょりになっちゃった」
(朝、田んぼのあぜ道の草が露っぽかったものだから、膝下がびっしょりになった)

 

という風に使われます。

ざい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おおまか、どんぶり勘定、不経済 という意味です。

 

「ざらっぺにかねをつかう」
(おおまかにお金を使う)
「なんてざらっぺなやつだ」
(なんてどんぶり勘定な奴だ)

 

という意味です。

 

似た言葉では「さらされる」があります。
これは「使役」という意味です。

ざらっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

猿 という意味です。

 

「さるんぼみてーなかおをしてる」
(猿みたいな顔をしている)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ざんまた」があります。
これは「二股、二股の格好をしているもの」という意味です。

 

また、「ざくまた、ざこまた」があります。
これは「木の股、Y字路」という意味です。

さるんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざんぞー とも言います。

 

悪口、悪言、毒舌 という意味です。

 

関連する言葉では「じなる」があります。
これは「怒鳴る」という意味です。

 

「みずわすらをしていると、きもんがくさるといって、とーちゃんがじなった」
(水をいたずらしていると、着物が濡れるといって、お父さんが怒鳴った)

 

という風に使われます。

ざんぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痛みにのたうちまわる という意味です。

 

「よるになっていたみがましてじぐるってたんだってさ」
(夜になって痛みが増してのたうちまわってたんだってさー)
「いが、ジグルーほどいたかった」
(胃が、のたうちまわるほど痛かった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しっつれ」があります。
これは「やけどの痕、火傷の痕のようになる」という意味です。

じぐるー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しこーどる、しこばる、しこーばる とも言います。

 

気取る、粋がる、お高くとまる、体裁を飾る という意味です。

 

「ほら、かあちゃんしこってる」
(ほら、お母さんが気取ってる)
「しこってんじゃねーよー」
(調子に乗ってんじゃねえよ)

 

という風に使われます。

しこる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうしたらば という意味です。

 

「したっくれがらすわっかけっちってよぉ」
(そうしたらば、ガラスが割れちゃってねぇ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しっちゃる」があります。
これは「退く、後ろへ下がる」という意味です。

したっくれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕方が無い、仕様がない という意味です。

 

「しゃああんめなぁ、やってやるか」
(仕様がないなぁ、やってやるか)
「そんなこといったって、だってしゃああんめよ」
(そんなこと言ったって・・・だって仕方が無いじゃないのよ)

 

という風に使われます。

しゃああんめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弟 という意味です。

 

「あそこでたちしょんべんしてるのだれだ? / ありゃ、おらがしゃていだ」
(あそこで立ち小便をしているのは誰だ? / あれは俺の弟だ)

 

という風に使われます。

 

これが「せな」ですと「兄」という意味です。

 

「うちのせながよけっこんすんだよ」
(うちの兄が結婚するんだよ)

 

という風に使われます。

しゃてい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃーぼ、じゃんぼん とも言います。

 

葬式 という意味です。

 

これが「じゃんぼんばな」ですと「彼岸花」になります。

 

また、「じゃんぼんめぐり、じゃんぼんまわり」は「左回り」という意味です。

 

「じゃんぼんには、ひきでもんにでっけーじゃんぼんまんじゅうがでたったねー」
(葬式には引き出物に大きな葬式饅頭が出たね)

 

という風に使われます。

じゃんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

敷く という意味です。

 

「ねむくなってきたな、ここにふとんすいといて」
(眠くなってきたな、ここに布団敷いておいて)
「ざぶとんすくから、ここさあかんぼねかせろ」
(座布団を敷くから、此処に赤ちゃんを寝かせなさい)

 

という風に使われます。

すく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゾクゾクする という意味です。

 

「はっぱのうらにずずねーほどけむしがいたったね」
(葉っぱの裏側にゾクゾクするほど毛虫がいましたね)
「あめにぬれたからかずずねー」
(雨に濡れたからかゾクゾクする)

 

という風に使われます。

ずずねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしのないひと、不良みたいな人 という意味です。

 

「あいつはずべこうだから」
(あいつはだらしのない人だから)

 

という風に使われます。

 

これは「ずべたら」で「だらしのない、いい加減だ」という意味です。
また、「ずっけっこ」では「おたがいさま」という意味になります。

ずべこう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

剃る という意味です。

 

「ひげをするめえにしっかりとくりーむぬれ」
(髭を剃る前に、しっかりとクリームを塗れ)
「きものきるときはえりをする」
(着物を着る時には襟を剃る)
「ひげするのはめんどうだ」
(髭を剃るのは面倒だ)

 

という風に使われます。

する 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せーふる とも言います。

 

風呂 という意味です。

 

「さぁ、せいふろはいっちゃうべ」
(さあ、お風呂に入ってしまおう)
「せーふろふったけといたから、すぐにひゃれるぞ」
(お風呂を沸かしておいたから、すぐに入れるよ)

 

という風に使われます。

せいふろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おせっかい、世話を焼きすぎること という意味です。

 

「あかちゃんをせっちょしすぎたもんだがら、とーとーなぎそっぺになった」
(赤ちゃんにおせっかいをし過ぎたものだから、ついに泣き出しそうな顔になった)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「せき」があります。
これは「理由、わけ」という意味です。

せっちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっかり、まるで、まったく という意味です。

 

「ずぼんがしっつぁばけて、ぜんてつかいもんになんねぐなっちゃった」
(ズボンが破けて、すっかり使い物にならなくなってしまった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せんに」があります。
これは「以前に、前に」という意味です。

ぜんて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そそらっか、そそらっけ とも言います。

 

落ち着きが無い という意味です。

 

「そそらっかだから、ころんでけがばっかりするんだよ」
(落ち着きが無いから、転んで怪我ばかりするんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そらっぺ」があります。
これは「嘘八百」という意味です。

 

「そらっぺにきまってるがな」
(嘘八百に決まってるよ)

 

という風に使われます。

そそら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

甘える、甘ったれる という意味です。

 

「なにがやんなんだがこどもは、ははおやのひざっかぶんとごでそばえてぐじっていた」
(何が嫌なんだか子どもは、母親の膝元で甘えてぐずぐず言っていた)

 

という風に使われます。

そばえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そろっかに とも言います。

 

静かに、そっと という意味です。

 

「ろーかはそろーかにあるけ」
(廊下は静かに歩きなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そんぶり」があります。
これは「しぐさ、様子、顔つき」という意味です。

そろーかに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だいじ、だいじだ とも言います。

 

大丈夫、大丈夫だ という意味です。

 

「きのうがっこうやすんだけど、だいじぶ?」
(昨日学校休んだけど、大丈夫?)
「うん、だいじだよ~」
(うん、大丈夫だよ~)
「ひとっつもだいじじゃねえ!」
(全然大丈夫じゃないよ!)
「これくってだいじ?」
(これ食べて大丈夫?)

 

という風に使われます。

だいじぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

身体が硬直して動けなくなる、危険を感じて身を隠す という意味です。

 

「やーさんみてーなおしうりがきたんで、おらたぐまさっちまったよ」
(ヤクザみたいな押し売りが来たので、私は動けなくなっちゃったんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たぐしゃまる」があります。
これは「洋服などにシワがよる」という意味です。

 

「そのたっぽたぐしゃまってるどぉ~」
(その靴下しわしわになってるよ)

 

という風に使われます。

たぐまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

霜柱 という意味です。

 

「けさはさみーともったら、たっぺがはりやんしたねー」
(今朝は寒いと思ったら、霜柱が立ちましたね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たっぽ」があります。
これは「靴下」という意味です。

 

「さみぃからたっぽはけ」
(寒いから靴下を履きなさい)

 

という風に使われます。

たっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① (風呂を)沸かす という意味です。

 

これが「たてかえし」ですと「沸かしなおした風呂」のことを言います。
つまり水を入れ替えずに追い焚きすることですね。

 

② 閉める という意味です。

 

「どあたてといてくんろ」
(ドアを閉めておいてくれ)
「とぼたててあっかみてこ」
(雨戸が閉めてあるか見て来い)

 

という風に使われます。

たてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だん とも言います。

 

~だよ、~だよね という意味です。
標準語の上品な感じではなく、
強調する時に用いる”タメ語”として使われます。

 

「あのひと、がくせいさんなんだわ」
(あの人、学生さんなんだよ)
「このひといやなんだん」
(この人、嫌なんだよ)

 

という風に使われます。

だわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちだらまっか とも言います。

 

血まみれで真っ赤な状態 という意味です。

 

「てーきったら、ちいだらまっかになっちゃったよぉ」
(手を切ったら、血まみれで真っ赤になってしまったよ~)
「あたまぁけがしてちだらまっかだったよ」
(頭を怪我して血まみれだったよ)

 

という風に使われます。

ちいだらまっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でたらっぺ、ちく とも言います。

 

嘘、虚言、でたらめ という意味です。

 

「ちくらっぽばっかりいってんじゃねーぞ」
(でたらめばかり言ってるんじゃないよ)
「ちくらっぽゆーと、えんまさまにべろぬかれるど」
(嘘を言うと、閻魔さまに舌を抜かれるぞ)

 

という風に使われます。

ちくらっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃんけん という意味です。

 

「ちしと」「ちっかん」「ちっけん」とも言う。
「ちしとんぺー」「ちんけんわい」「ちっけんぽい」は掛け声=じゃんけんぽん

 

似た言葉では「ちっぽけっぽ」があります。
これは「蟻地獄」という意味です。

 

「ありんどんが、ちっぽけっぽのあなんなかにおっこったのをみたよ」
(蟻が、蟻地獄の穴の中に落ちたのを見たよ)

 

という風に使われます。

ちすとん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うずくまる、屈む、萎縮する という意味です。

 

「あそこにちぢこまってんのはだれだ」
(あそこでうずくまっているのは誰だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちがかった」があります。
これは「違っていた」という意味です。

 

「ちょっとちがかったんべ?」
(ちょっと違ってたでしょう?)

 

という風に使われます。

 

これが「違わない」と言う場合には「ちがくない」と言います。

ちぢこまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

潰れる という意味です。

 

「めろんぱんがちゃぶれちったよぉ!」
(メロンパンが潰れちゃったよ~!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょっぴか」があります。
これは「そそかしい、落ち着きの無い」という意味です。

ちゃぶれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子に乗る という意味です。

 

「あいつぁちょうしこんでんなぁ」
(あいつは調子に乗っているなあ)
「ちょうしこんでんじゃねーぞ」
(調子に乗ってるんじゃないぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょっぱ」があります。
これは「蝶々」という意味です。

 

「ちょっぱをつけめぇた」
(蝶々を捕まえた)

 

という風に使われます。

ちょうしこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少し、ばかり、くらい という意味です。

 

「これっちんべならいらねー」
(こればかりならいらない)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ちっとぺー、ちっとんぺー」があります。
これは「少しばかり、わずか」という意味です。

ちんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なすり合い という意味です。

 

「としょりのめんどうをだれがみるかで、つっかけまんごがはじまった」
(年寄りの面倒をだれが見るかで、なすり合いが始まった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つっとさす」があります。
これは「突き通す、突き刺す」という意味です。

つっかけまんご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(通常通行できないようなところを)通過する という意味です。

 

「こくどうさつっきってなかさんげさえく」
(国道を通過して中山下へ行く)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つっとばす」があります。
これは「突然後ろから押す=突き飛ばす」という意味です。

 

「つっとばされてあしくじいたよ」
(突き飛ばされて足を挫いたよ)

 

という風に使われます。

つっきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つるぺーる、つっぱいる とも言います。

 

(水溜りなどに)はまる、滑る という意味です。

 

「たんぼのあぜみちそんなにはしげでったらつっぺるぞー」
(田んぼのあぜ道をそんなに走って行ったら滑るよー)
「あ、ほ~れほ~れ、ゆうごどきかねからみずったまりにつっぺちまったあ」
(あ!ほらほら、言うことを聞かないから水溜りにはまってしまったじゃない)

 

という風に使われます。

つっぺる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿、間抜け、ろくでなし、のろま という意味です。

 

「ひとにめーわくかけんな、このでれすけちくしょうめが!」
(人に迷惑かけるな、この大馬鹿野郎めが!)
「うちのむすこはでれすけだからなんもわかってはいやしね」
(うちの息子はバカだから、何も分かってはいない)

 

という風に使われます。

でれすけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いたずら、手で何かを弄ぶ という意味です。

 

授業中に隠れて内職をしたりするような場合を言います。

 

「せんせーがはなしてんだからてわすらすんじゃねーよ」
(先生が話しているのだから内職するんじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

これが「てばたき」ですと「拍手」という意味です。

てわすら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てんつけ とも言います。

 

最初から、いきなり という意味です。

 

「てんずけそんなことしたらだめだ」
(最初からそんなことしたらダメだ)
「そんなにむずかしいことてんづけいったってわからねえ」
(そんなに難しいことをいきなり言っても分からない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「てんじょっつら」があります。
これは「素知らぬ顔、何も知らない素振り」という意味です。

てんずけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肩車 という意味です。

 

「てんぐるましてやろーか」
(肩車してあげようか)
「ちっけえこらぁよくてんぐるましてもらったもんだ」
(小さな頃はよく肩車してもらったものだ)

 

という風に使われます。

 

これが「てんげる」ですと「転ぶ、ひっくり返る」という意味です。

てんぐるま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とうど とも言います。

 

ずっと、始終 という意味です。

 

「とうとげーむばっかりして、やめなさい!」
(ずっとゲームばかりして、やめなさい!)
「とうとあめばっかりふってんねえ」
(ずっと雨ばかり降っているねえ)
「とうどそんなごとばっかりいってんじゃねーよ」
(始終そんなことばかり言ってるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

とうと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とうみん、とーみぎ とも言います。

 

とうもろこし という意味です。

 

「とうみんゆでてあんべえ」
(とうもろこし茹でてあるだろう)
「とうみぎふかしといたからくえ~」
(とうもろこしを蒸かしておいたから食べなさい)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「とうなす」があります。
これは「かぼちゃ」という意味です。

とうぎみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腐る という意味です。

 

「ここんとごたたみぼしをしなかったもんだから、たたみがぜんてとこげちゃった」
(最近畳を干さなかったので、すっかり腐ってしまった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ところまんだら」があります。
これは「ものが所々に散在しているさま、点在しているさま」という意味です。

とこげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

通り過ぎる という意味です。

 

「あすこのみぢをとっこしたところにひろばがあっから、そこでまってっかんな」
(あそこの道を通り過ぎた所に広場があるので、そこで待っていますからね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とっくりかえす」があります。
これは「占有権を失ったものを再度自己の物とする」という意味です。

 

「えんぴつさとっくりかえした」
(鉛筆を取り返した)

 

という風に使われます。

とっこす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どどみ とも言います。

 

桑の実 という意味です。
”どどめいろ”は「紫色(桑の実色)」のことです。
プールに入った後など、寒くて唇が紫になった時などによく使われます。

 

「くちどどめいろんなってんぞ」
(唇が紫色になってるぞ)

 

という風に使われます。

どどめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

慌てる という意味です。

 

「ひょっこらきたんでととろずいたよ」
(ひょっこり来たのであわてたよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とっとど」があります。
これは「さっさと」という意味です。

 

「とっとどめしくっちめ」
(さっさとご飯を食べてしまえ)

 

という風に使われます。

ととろずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

入り口 という意味です。

 

「とちぎべんのけんきゅうはとばくちについたばかりだ」
(栃木弁の研究は始まったばかりだ)
「とまぐちでまってっかんな」
(入り口で待っていますね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とぼ、とんぼ」があります。
これは「雨戸」という意味です。

 

「とんぼたてっちゃえ」
(雨戸を閉めちゃえ)

 

という風に使われます。

とばぐち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつも という意味です。

 

「となりのばーさんはとろっぴあすびにくる」
(隣のおばあさんはいつも遊びに来る)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とーてとに」があります。
これは「一瞬に、瞬間に、急に、突然に」という意味です。

とろっぴ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① そろそろ、だいたい、およそ という意味です。

 

「はー、なからでけーっぺ」
(さて、そろそろ帰ろう)

 

という風に使われます。

 

② とても、非常に、なかなか という意味です。

 

似た言葉では「なくれる」があります。
これは「お亡くなりになる」という意味です。

 

「せんせえなくれたで」
(先生亡くなられたんだって)

 

という風に使われます。

なから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 放ってある、置いてある という意味です。

 

「おれのずぼんどこ? / そこにながってるよ」
(俺のズボンどこ? / そこに放ってあるよ)
「あれま、めがねがこんなとこにながってる」
(あれま、メガネがこんな所に置いてある)

 

という風に使われます。

 

② 投げられる という意味です。

 

「えんとーで70めーとるながった」
(遠投で70メートル投げられた)

 

という風に使われます。

ながる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんなびる とも言います。

 

塗りつける、塗る、こすり付ける、なすりつける という意味です。

 

「きったねえからなびんねえでよ」
(汚いから塗るつけないでよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ならばる」があります。
これは「並ぶ」という意味です。

なびる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんよ、なんね とも言います。

 

~なんだよ という意味です。

 

「きのうがっこやすんだんさ」
(昨日学校を休んだんだよ)
「うち、きょうおばあちゃんがくるんね」
(うちに今日おばあちゃんが来るんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なんご」があります。
これは「お年玉」という意味です。

なんさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬるまったい とも言います。

 

暖かい、温かい、ぬるい、なま暖かい という意味です。

 

「ぷーるのみずぬるまっけーぞ」
(プールの水、温かいよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ぬくたまる」になりますと「温まる」という意味です。

ぬるまっこえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もじもじしている様 という意味です。

 

「ねんじこんじしてっから、しょんべんでもしてんだんべ」
(もじもじしているから、おしっこでもしたいんでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねんじん」があります。
これは「にんじん」という意味です。

ねんじこんじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

を という意味です。

 

「じゃんぷのよむ」
(ジャンプを読む)

 

という風に使われます。

 

これが「ねー」になりますと「無い」という意味です。

 

「なんもねーな」
(何も無いね)

 

という風に使われます。

の 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(喉にものが)つかえる、塞がる という意味です。

 

「さかなのほねがのどにのざえてちくちくしてしゃーね」
(魚の骨が喉につかえて、チクチクしてしようがない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のべる」があります。
これは「薄める、ぬるくする」という意味です。

のざえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夢中になる という意味です。

”のめり込む”が語源でしょうか?

 

「べんきょうにのっこむ」
(勉強に夢中になる)
「ほんにのっこむ」
(読書に夢中になる)

 

という風に使われます。

 

また、「飲み込む」という意味もあります。

 

「これ、のっこめねぇよ」
(これ、飲み込めないよ)

 

という風に使われます。

のっこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ボケる という意味です。

 

「となりのおじちゃんはのーぼれちゃって」
(隣のおじさんはボケちゃって)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のでに」があります。
これは「すこぶる、非常に」という意味です。

 

また「のば」ですと「仲間はずれ」という意味です。

のーぼれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう、もはや、既に という意味です。

 

「ばすがこねーって?じかんだからはーくるだんべー」
(バスが来ないって?時間だからもう来るでしょう)
「さんじだから、いんべ、は」
(3時だから、もう行こう)
「はー、ねえよ」
(もう無いよ)

 

という風に使われます。

はー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はかどる という意味です。

 

「きょうはしごとがはかいったなー」
(今日は仕事がはかどったねー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はか」があります。
これは「列」という意味です。

 

「そのふたはかほしい」
(その2列が欲しい)

 

という風に使われます。

はかいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

切る という意味です。

 

「あしたはまっとうんどうやっから、よーくつめはぎっとけ」
(明日はマット運動をやるから、よーく爪を切っておけ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ばいかす、ばやかす」があります。
これは「騙す、化かす」という意味です。

はぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叩く、殴る という意味です。

 

「いしましをはたいてわたる」
(石橋を叩いて渡る)
「てばたきする」
(拍手する)
「とをはたく」
(戸を叩く)
「はえをはたく」
(ハエを叩く)
「はえはたき」
(ハエたたき)
「ふとんをはたく」
(布団を叩く)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ぶっくらす、ぶっくらせる、はっけーす、はっくりかえす」があります。
これは「叩く、殴る」という意味です。

はたく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いびき という意味です。

 

「おらげのおやじさけのむとはなぐらかぐんでねむれねー」
(うちの親父は酒を飲むといびきをかくので眠れない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はちりん」があります。
これは「間抜け、馬鹿者」という意味です。

 

また、「ぶしょったれ」ですと「不精者、だらしの無い人、不潔な人」という意味です。

はなぐら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(ガム、飴などが)歯にくっつく という意味です。

 

「このおこしはぜーぶんはぬかりすんなやー」
(このおこしは随分と歯にくっつくなあ)
「きゃらめるがはぬかりして、さしばぬけた」
(キャラメルが歯にくっついて、差し歯が抜けた)

 

という風に使われます。

はぬかりする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おなかいっぱい、満腹 という意味です。

 

「あぁー、はらくちぃ~。もうくえね」
(あぁー、おなかいっぱ~い。もう食べられない)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「はらっぴり」があります。
これは「下痢」という意味です。

はらくちい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

殿様蛙(トノサマガエル)という意味です。

 

「ばんだんがえるのようにころんだんせ」
(トノサマガエルの様に転んだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はんぶんずっこ」があります。
これは「半分ずつ」という意味です。

ばんだんがえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

終日、一日中、朝から晩まで という意味です。

 

「となりのおばーさんは、ひしておぎにあすびにやってくる」
(隣りのばあさんは、一日置きに遊びに来る)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひょーど」があります。
これは「度々、時々」という意味です。

ひして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引っ掻く、掻く という意味です。

 

「ちぃでるからひっかじくな!」
(血が出るから引っ掻くんじゃない!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひっぺがす」があります。
これは「引っ張って剥がす」という意味です。

 

「そのぽすたーひっぺがしちゃいなよ」
(そのポスター剥がしてしまいなよ)

 

という風に使われます。

ひっかじく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まったく、少しも という意味です。

 

「あのえーがはひとっつもおもしょくなかった」
(あの映画は全然面白くなかった)
「うちのむすめはひとっつもうちにかえってきやしね」
(うちの娘は全然家に帰って来やしない)

 

という風に使われます。

ひとつも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

”冷やす”ではありません。

 

浸(ひた)す という意味です。

 

「おめーのうんどーぎあんまりよごれてっから、せんめんきにみずいれてひやしといたぞ」
(あんたの体操着、あまりにも汚れていたから、洗面器に水入れて浸しておいたよ)

 

という風に使われます。

 

”冷たい”と言うには「ひゃっこい」です。

 

「ひゃっけーなやー」
(冷たいなあ)

 

という風に使われます。

ひやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひょごる とも言います。

 

ほとばしる、飛び散る という意味です。
液体が穴から勢い良く飛び出るような状況を言います。

 

似た言葉では「ふらかす」があります。
これは「撒き散らす」という意味です。

 

「しょんべんがひょごる」
(小便が飛び散る)

 

という意味です。

ひょぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶっとかすると、ぼっとすっと とも言います。

 

もしかすると、万一、ひょっとすると という意味です。

 

「きなっくせーがらひょっとかすると、はー、たべらんねーかもしんね」
(焦げ臭いからもしかすると、もう食べられないかもしれない)

 

という風に使われます。

ひょっとかすると 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びれっけつ、べれっけつ とも言います。

 

ビリ、最下位 という意味です。

 

「このまえのかけっこはびれっけつだった」
(この前の徒競走は最下位だった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひっぱり」があります。
これは「親戚」という意味です。

 

「あのひとはあんたのひっぱりけ?」
(あの人はあなたの親戚ですか?)

 

という風に使われます。

びれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶすくる とも言います。

 

怒る、不平不満の顔をする、ふてくされる という意味です。

 

「なーにぶすくれてんだよー」
(なんでふてくされてるんだよ?)
「そうやっていつまでもぶすくれてんじゃねえよ」
(そうやっていつまでも不満そうな顔してるんじゃないよ)

 

という風に使われます。

ぶすくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(指などをうっかり)はさんで痛める という意味です。

 

「かなづちうってたらゆびぶっちめっちった」
(金槌を打っていたら指を打って痛めてしまった)
「さっきあのどあでゆびぶっちめっちゃってよ、いたくてしゃあねえよ」
(さっきあのドアで指をはさんでしまって痛くて仕方がないよ)

 

という風に使われます。

ぶっちめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そっくり という意味です。

 

「あすこのせがれはおんつぁまにぶんぬきだ」
(あそこのせがれは伯父さんにそっくりだ)
「あのこは、ちちおやに、ぶんぬきだね」
(あの子は、父親に、そっくりだね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぶんぬける」があります。
これは、(水田用水用)堰が(自然災害等で)破壊されて水がたくさん流れたりして、
「(破壊を伴って)物の流れが改善される」という意味です。

ぶんぬき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばかり という意味です。

 

「あのことべーいってる」
(あの事ばかり言っている)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「へぐ」があります。
これは「剥ぐ」という意味です。

 

これが「へずる」になりますと、
「削る、減らす」という意味です。

べー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひでなし とも言います。

 

いい加減なこと、適当なこと という意味です。

 

「なに、へでなしいってんだよー」
(何をでまかせ言ってるんだよー)

 

という風に使われます。

 

これが「へでなしぶつ」ですと「いい加減なことを言う」という意味になります。

 

関連する言葉では「ふんと」があります。
これは「本当、誠」という意味です。

へでなし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口答えする という意味です。

 

「おやにへんとがえしするわりーこだ」
(親に口答えする悪い子だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「へんげる」があります。
これは「心変わりする、心が一転する」という意味です。

 

「きょうなんでへんげっちゃったのかわがんねー」
(今日なぜ心変わりしたのか分からない)

 

という風に使われます。

へんとがえしする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

草むら という意味です。

 

「ぼーるがそのぼさっかにはいっちったよ」
(ボールがその草むらの中に入ってしまったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほきる」があります。
これは「(草木が)伸びる、生い茂る」という意味です。

 

「しばらくくさかりしなかったら、せったけぐれーほきちゃった」
(しばらく草刈りしなかったら、背丈ほど伸びてしまった)

 

という風に使われます。

ぼさっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぼっこわす、ぼっかす、ぶっこす とも言います。

 

壊す、破る という意味です。

 

「てれびぼっこしっちった」
(テレビを壊してしまった)
「うちのまいかーぼっこれっちった」
(うちのマイカー壊れちゃった)
「ぼっこれぐるまにのってまたやってきたよ」
(おんぼろ車に乗ってまたやって来たよ)

 

という風に使われます。

ぼっこす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真面目に、本気になって という意味です。

 

「おめ、れんしゅーほんしゅくにやれよ」
(お前、練習本気になってやれよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「みしみて」があります。
これは「真剣に」という意味です。

 

「まっとみしみてやれ!」
(もっと真剣にやれ!)

 

という意味です。

ほんしゅくに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶんなげる とも言います。

 

過去形は「ぶんながる」です。

投げる、放り投げる という意味です。

 

「そのいしほんなげちゃだめ!」
(その石を放り投げてはダメ!)
「なにほんなげてんのよ」
(何投げてるのよ)
「あすこにごみがぶんながっているよ」
(あそこにゴミが放り投げられているよ)

 

という風に使われます。

ほんなげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

甚だ、非常に という意味です。

 

「あすこのむすめはまーずきかないからねー」
(あそこの娘はすごく気が強いからねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「まっと」があります。
これは「もっと」という意味です。

 

「まっときれいにしとごれ」
(もっと綺麗にしてちょうだい)

 

という風に使われます。

まーず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まっさか とも言います。

 

非常に、さすがに、やっぱり、とても という意味です。

 

「まさかきれいなひとだがね」
(とっても綺麗な人ですね)
「まっさかぷろはちげえな」
(やっぱりプロは違うな)
「とうきょうどーむはまさかひろいね」
(東京ドームはさすがに広いね)

 

という風に使われます。

まさか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むちゅける とも言います。

 

夢中になる、熱中する という意味です。

 

「ほんにむじかえってる」
(本に夢中になっている)

 

という風に使われます。

 

また、逆の言葉では「まんから」があります。
これは「虚言、嘘(うそ)」という意味です。
「うそんこ」も同じような意味になります。

 

また、逆に「ほんこ」ですと「本気」という意味です。

むじかえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むすぐったい とも言います。

 

くすぐったい という意味です。

 

これが「むぐす、むすぐる」ですと「くすぐる」という意味です。

 

似たような言葉では「むそい、むすい、むせー」があります。
これは「長持ちする」という意味です。

 

「このきゃんでーはなんだかやったらむせーなやー」
(このキャンディーはなんだかやたらと長持ちするねえ)

 

という風に使われます。

むぐったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漏れる という意味です。

 

「しょんべんがむっちまったんべ」
(おしっこが漏れてしまったじゃないか)
「しょんべんむってーなー」
(おしっこしたいなー)

 

という風に使われます。

 

”むったい”ですと「漏れそう」という意味になるようです。

 

「おしっこむったいぃぃ」
(おしっこ漏れそうぅ~)

 

という風に使われます。

むる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めかご、めけご とも言います。

 

ものもらい という意味です。

 

「めかいごできていてー」
(ものもらいが出来て痛い~)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉には「めーくりだま」があります。
これは「目玉」という意味です。

めかいご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

見つかる という意味です。

 

これが「めっける」ですと「見つける」という意味です。

 

「いまっからいったって、めっかさんねーぞ」
(今から行っても、見つけられないよ)
「やった~!いいもんめっけ!」
(やった~!良いもの見つけた!)

 

という風に使われます。

めっかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

穴 という意味です。

 

「はりめど」
(針穴)
「めどとおし」
(糸通し)
「めどがあったらはいりてえ」
(穴があったら入りたい)

 

という風に使われます。

 

つまり、「はなめど」は「鼻の穴」
「けつめど」は「(尻の穴なので)肛門」という意味になります。

めど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

向こう という意味です。

 

「もごうのほうがすいてんべ」
(向こうのほうが空いているだろう)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「もそう」があります。
「よそる」とも言います。
これは「~をよそう」という意味です。

 

「ごはんをもそう」
(ご飯をよそう)

 

という風に使われます。

もごう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

柔らかい という意味です。

 

「あんまりあっちぃんでろうそくまでやっこくなってきっちったよ」
(あんまり暑いのでロウソクまで柔らかくなってきてしまったよ)
「このもちやっこいなあ」
(このお餅柔らかいねぇ)

 

という風に使われます。

やっこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やっとこすっとこ とも言います。

 

やっと という意味です。

 

「やっとこさっとこかいじょうについた」
(やっと会場に着いた)
「やっとこすっとこひっぱりだしたらまたはいりこんだよ」
(やっと引っ張り出したら、また入り込んだよ)

 

という風に使われます。

やっとこさっとこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

結いつける、縛る という意味です。

 

「あそこのはしらになわをきつくゆっつけろ」
(あそこの柱に、縄をきつく結いつけなさい)
「ゆっつけたいなづかを、はでんぼーにかげな」
(縛った稲束を、稲掛け棒に掛けなさい)

 

という風に使われます。

ゆっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん、さんざん という意味です。

 

「このりょーりはあぶらっこくなくてよっぱらくわさる」
(この料理は脂っこくなくてたくさん食べられる)
「よっぱらひとのわるくちいっといていまさらあやまったってゆるさねえ」
(さんざん人の悪口言っておいて今さら謝っても許さない)

 

という風に使われます。

よっぱら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

らいさま とも言います。

 

雷(かみなり)という意味です。

 

「らいさんくっからはやくねろ」
(雷が来るから早く寝なさい)
「そらがくれえから、らいさまがきそうなてんきだな」
(空が暗いから、雷が来そうな天気ですね)

 

という風に使われます。

らいさん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪戯する、いじくる、いじる という意味です。

 

「どーしてすぐわすらすんだんべなー」
(どうしてすぐいじるんだろうなあ?)
「これ、だいじなもんだからわすらすんじゃねー」
(これは大事なものだから悪戯するんじゃないよ)

 

という風に使われます。

わすらする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介