HOME -> 鳥取の方言 

怪我 という意味です。
「まえみてはしらなあいまちすっぞ!」
(前を見て走らないと、怪我をしますよ!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あいのかぜ」があります。
これは、春から夏にかけてふく「東北の風」という意味です。

あいまち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あえくる とも言います。

 

ふざける、からかう、馬鹿にする という意味です。
「あえんないや」
(ふざけたことを言うな)
「そんないいかげんなことをいってあえるでないで」
(そんないい加減なことを言ってふざけるんじゃないよ)
という風に使われます。

あえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あおのけだま、あおのけざま とも言います。

 

仰向け という意味です。
「あおのけに、こけた」
(仰向けに、倒れました)
「うちげのいぬはいつもあおのけにねてる」
(我が家の犬はいつも仰向けに寝ている)
という風に使われます。

あおのけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

明るい という意味です。
「おきいや、もうそとはあかなったがな」
(起きなさい、もう外は明るくなりましたよ)
「にしのそらがあかいけえ、あしたはてんきだわい」
(西の空が明るいから、明日は天気です)
「もっとあかいとこでほんよみなれ」
(もっと明るい場所で本を読みなさい)
という風に使われます。

あかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あがいに、あげに、あぎゃあに とも言います。

 

あんなに、あんな風に という意味です。
「うち、あがにえっとは、ようたべん」
(私、あんなにたくさんは食べられない)
「あがにおこらんでもよからあに」
(あんな風に怒らなくてもいいのにね)
という風に使われます。

あがに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あがな、あがいな、ああにい とも言います。

 

あのような、あんな という意味です。
「あげなことをするとひとがわらうで」
(あのような事をしては人に笑われますよ)
「としはとってもあがいなかっこうはしたくないもんだ」
(歳は取っても、あのような格好はしたくないものです)
という風に使われます。

あげな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

トビウオ という意味です。
「とっとりのめいさんのあごちくわはうまいで」
(鳥取名産のトビウオの竹輪は美味しいよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あけっか」があります。
これは「アケビ」という意味です。

あご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あこ とも言います。

 

赤ちゃん、赤ん坊、赤子 という意味です。
「あこちがうまれただってー」
(赤ちゃんが生まれたんだって)
「あこ、うちにもだかさして」
(赤ちゃん、私にも抱っこさせて)
「くるまんなかにあこおいたまんまで、ああ、きょうさめ」
(車の中に赤ちゃんを置いたままで、ああ、呆れた)
という風に使われます。

あこち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

朝、午前中、朝の間 という意味です。
「あさまとうからおきたけえ、ねむちゃあ」
(朝早くから起きていたから、眠たいです)
「あさまんうちー、べんきょうしちゃいなれ」
(朝の間に、勉強をしてしまいなさいよ)
という風に使われます。

あさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

浅い という意味です。
「きずはあしゃあ」
(傷は浅い)
「あしゃあいけにおちた」
(浅い池に落ちた)
「ふきゃあとこいきゃあいけんで、あしゃあとこであすべえや」
(深い所に言ってはいけないよ、浅い所で遊びなさいね)
という風に使われます。

あしゃあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あそこ という意味です。
「たけちゃんげはあすこだがな」
(タケちゃんの家はあそこですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あずがわからん」があります。
これは「言っている意味が分からない」という意味です。
「おまいなにいっとっだいや、あずがわからん」
(あなたは何を言っているの、言っている意味が分からないよ)
という風に使われます。

あすこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

布団を蹴る、布団の外に身体を出す、睡眠中に移動する という意味です。
「あずるといけんわい、ちゃんとふとんきてねえ」
(布団を蹴ってはいけないよ、ちゃんと布団の中で寝なさい)
「あずっとるがな、かぜひいたらいけんけえ、ちゃんとかけたーれや」
(布団の外に出て寝てるじゃないの、きちんと布団をかけてあげなさいよ)
という風に使われます。

あずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あすばい とも言います。

 

遊ぼう という意味です。
「みっちゃん、あそばい」
(みっちゃん、遊ぼう)
「ぼいやこしてあそばい」
(鬼ごっこをして遊びましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あおい」があります。
これは「緑」という意味です。

あそばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんなに、そんなに という意味です。
「あだきにいわぁでもよからーが」
(そんなに言わなくてもいいじゃないの)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あとごろ」があります。
これは「先日、この間」という意味です。
「あとごろ、みかえりのほうじをしましてなあ」
(先日、一周忌の法事をしましてね)
という風に使われます。

あだき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おちゃちゃあ とも言います。

 

あらまあ という意味です。
「あちゃちゃあ、こがなとこーでなにしとんなるだ」
(あらまあ、こんな所で何をしているのですか)
という風に使われます。

 

同じような表現では「いかさま」があります。
これは「本当にまあ、なんとまあ」という意味です。
「いかさま、きょうてえなあ」
(本当にまあ、怖いですねえ)
という風に使われます。

あちゃちゃあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① あっだき とも言います。
あれだけ、あれぽっち という意味です。
「あだけしかにゃあ」
(あれだけしか無い)
という風に使われます。

 

② あるから、あるので という意味です。
「まんだしゅくだいがえっとあっだけ」
(まだ宿題がたくさんあるので)
という風に使われます。

あっだけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あてっぽっくそ とも言います。

 

いい加減なこと、適当なこと、根拠の無いこと という意味です。
「あてっぽいっとうだらあがな」
(いい加減なことを言っているんじゃないの)
「あてっぽいったらあたったがな」
(適当に言ったら当たったよ)
という風に使われます。

あてっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あばやかす とも言います。

 

騙す、偽る という意味です。
「おかやんをあばかして、じぇにもらってはいけんよ」
(お母さんを騙して、お金を貰っては駄目ですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あばさん」があります。
これは「おばさん」という意味です。

あばかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暴れる、騒ぐ という意味です。
「そがにあばしれっでにゃーわ」
(そんなに暴れるんじゃないわよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あやかす」があります。
これは「あやす」という意味です。
「あこちをあやかす」
(赤ちゃんをあやす)
という風に使われます。

あばしれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あみゃあ とも言います。

 

塩味が薄い という意味です。
「きょうのみそしるはちとあまいなあ」
(今日の味噌汁は、少し塩味が薄いね)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「あまえご」があります。
これは「甘えん坊、甘ったれ」という意味です。
「ほんにおまいはあまえごだけ」
(本当にあなたは甘えん坊なんだから)
という風に使われます。

あまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怪我、負傷 という意味です。
「あやまちせんやあに、きいつけてうんてんしなれ」
(怪我をしないように、気をつけて運転しなさいね)
「やまからあやまししなさったさあな」
(山で負傷したんだそうだ)
という風に使われます。

あやまち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あるだけ全部 という意味です。
「そこにあるもんをありこまちもっていけーや」
(そこにある物をあるだけ全部持って行きなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ありこ」があります。
これは「蟻」という意味です。
「ありこがたかっとる」
(蟻が集っている)
という風に使われます。

ありこまち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うだーくる、うだおくる とも言います。

 

冗談を言う、くだを巻く という意味です。
「しごとをほうりだして、あわだくってあそんでおる」
(仕事を放り出して、冗談を言って遊んでいる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あやかり」があります。
これは「不器用」という意味です。

あわだくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

安心、気楽、安穏 という意味です。
「きょうはおとうさんがおらんけ、あんきだがな」
(今日は亭主が居ないので、気楽なのよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あんこ」があります。
これは「大便、うんち」という意味です。

あんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんなえ、あのえ とも言います。
あの家 という意味です。
「あんねはぶげんしゃ」
(あの家は金持ち)
「あんねのにいちゃんはしょうからでな」
(あの家のお兄さんは腕白でね)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あんな」があります。
これは「あの人」という意味です。

あんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいじゃない という意味です。
「そんなことせんでもいいがーん」
(そんな事をしなくてもいいじゃない)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「いけりゃーせんがないや」があります。
これは「駄目じゃないですか」という意味です。
「このさしみ、もういけりゃーせんがな」
(このお刺身、もう駄目じゃないですか)
という風に使われます。

いいがん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言いなさいよ、言えよ という意味です。
「ほんとのこといえいや」
(本当のことを言いなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いいえな」があります。
これは「どういたしまして」という意味です。
「おーきにー」「いいえな」
(ありがとう)(どういたしまして)
という風に使われます。

いえいや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行こう、行きましょう という意味です。
「うちらもいかいな」
(私たちも行きましょうよ)
「あっちへいかいや」
(あちらへ行きましょうよ)
という風に使われます。

 

逆の表現では「いかれん」があります。
これは「行ってはいけない」という意味です。

いかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歪む という意味です。
「おまいのしせい、いがんどんなあ」
(あなたの姿勢は、歪んでいるね)
「そぉがにかおいがめんないや」
(そんな風に顔を歪めるんじゃないよ)
「そのえ、いがんどる」
(その絵、歪んでる)
という風に使われます。

いがむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気の毒な という意味です。
「あんまりにもひでーやりよーで、あのもんもいぎちないわいや」
(あまりにも酷いやり方で、あの人も可哀想です)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いぎ」があります。
これは「(蜘蛛の巣の)糸」という風に使われます。

いぎちない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いけない、駄目、まずい という意味です。
「そがなことをしたらいけんで」
(そんなことをしてはいけないよ)
「あれが、いけなんだだがな」
(あれが、いけなかったんでしょうね)
「そげなことはいけん!」
(そういうことは駄目!)
という風に使われます。

いけん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

勢い という意味です。
「よったいきまでさんげんはしごしちゃった」
(酔った勢いで三軒もハシゴしてしまった)
「ええいきまでむかってきんさった」
(すごい勢いで向かって来られた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いきてくる」があります。
これは「行って来る」という意味です。

いきま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

揺さぶる、揺り動かす という意味です。
「はしごいさぶんないや、きょうてえがな」
(ハシゴを揺さぶらないで、怖いですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いごかす」があります。
これは「動かす」という意味です。
「つくえをいごかす」
(机を動かす)
という風に使われます。

いさぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無理に、無理矢理に という意味です。
「じゅくにいきたないちゅうのんをいいむじいかせた」
(塾に行きたくないというのを無理矢理行かせた)
「いじむじつめりゃはいりゃせんかな」
(無理矢理詰めたら、入らないかしら)
「いじむじさせてもいけんおもうで」
(無理にやらせても良くないと思うの)
という風に使われます。

いじむじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汚い、汚れている という意味です。
「いだきいかがみだがいなあ」
(汚い鏡ですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いでる」があります。
これは「茹でる」という意味です。
「いでたまごくっていけいや」
(ゆで卵を食べていきなさいよ)
という風に使われます。

いだきい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑固な、一徹な という意味です。
「いちがいなひとだけ、いったってききならせん」
(頑固な人ですから、言っても聞きませんよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いっかな」があります。
これは「全く~ない」という意味です。
「いっかなつれなんだ」
(全く釣れなかった)
という風に使われます。

いちがいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いぬる とも言います。

 

帰る という意味です。
「もうごじはんすぎたからいぬがええ」
(もう五時半を過ぎたから帰るといいですよ)
「おれえらいし、いぬるわ」
(私、疲れたので帰ります)
という風に使われます。

 

これが「いにがけ」ですと「帰る途中」という意味です。
「いにがけによってごしなれ」
(帰る途中に寄って下さい)
という風に使われます。

いぬ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うるさがる という意味です。
「ばさんのながばなしに、おじじがいっつもいらくってござったよ」
(おばあさんの長話に、おじいさんがいつも五月蝿がっていたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いらん」があります。
これは「いらない、必要ない」という意味です。
「そんなもんはいらん」
(そんな物は必要ない)
という風に使われます。

いらくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

入れ という意味です。
「はよーふろいれー」
(早く風呂に入りなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いれむん」があります。
これは「容器、入れ物」という意味です。
「いれもんもってきなれ」
(容器を持って来なさい)
という風に使われます。

いれー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動く という意味です。
「しゅうごうしゃしんとるけーいがれんで」
(集合写真を撮りますから、動かないでね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いろう」があります。
これは「触る」という意味です。
「そがなもん、いろうたらいけん」
(そのようなものを触ってはいけない)
という風に使われます。

いろぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無益、無用なおしゃべり という意味です。
「なにうだこいとっだいや」
(何を無用なおしゃべりをしているんだよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「うだをくう」があります。
「何も行動せずに文句ばかりを言うさま」を指します。

うだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

賑やかす、場を騒がす という意味です。
「きょねんのぼうねんかいは、おれひとりうどまかいとった」
(去年の忘年会は、俺一人が場を騒がしていました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うどんこ」があります。
これは「小麦粉」という意味です。

うどまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

多すぎて嫌になる という意味です。
「しょうがつにもちくいすぎてうるうた」
(正月に餅を食べすぎて嫌になった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うねくそがわりい」があります。
これは「不愉快」という意味です。
「ああ、うねくそがわりい」
(ああ、不愉快だ!)
という風に使われます。

うるう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい、良い、結構、構わない という意味です。
「ええかげんにしとかーじぇ」
(いい加減にしておきましょうよ)
「そがなこといわんでもええがな」
(そんなことを言わなくても良いじゃないですか)
「どがすらーええだらあか」
(どうすれば良いのだろうか)
「しんじてもええだら」
(信じてもいいでしょう)
という風に使われます。

ええ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいから という意味です。
「みんなにわらわれてもええけん」
(みんなに笑われてもいいですから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ええしこに」があります。
これは「良い具合に」という意味です。
「ええしこになおいてもらったけなあ」
(良い具合に修理してもらいました)
という風に使われます。

ええけん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつも という意味です。
「としとったらなー、えーたいこーたいあっちこっちが、いたーなってなー」
(年を取ったらね、いつもあっちこっちが、痛くなってねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ええとしからげて」があります。
これは「いい年をして」という意味です。

えーたいこーたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

可哀想、同情を禁じえない という意味です。
「えげつないなあ」
(可哀想にねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ええにょうば」があります。
これは「美人」という意味です。
「となりとこのよめさん、ええにょうばだなあ」
(隣の家のお嫁さんは、美人ですねえ)
という風に使われます。

えげつない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん という意味です。
「えっとごしなれ」
(たくさんください)
「こんかいはえっとさかながとれたなー」
(今回はたくさん魚が獲れましたね)
「えっとあるなあ」
(たくさんありますね)
「そがにえっとは、にゃあわいや」
(そんなにたくさんはありませんよ)
という風に使われます。

えっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① いい加減、でたらめだ という意味です。
「あのおとこはえなげなものであいてにならんよ」
(あの男はいい加減だから相手になりませんよ)
という風に使われます。

 

② 怪しい という意味です。
「きょはあさまからえなげなもよだった」
(今日は朝から怪しい空模様でした)
という風に使われます。

えなげな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~に加えて という意味です。
「そのえぼに、かねをくれとはなにごとだ」
(それに加えて、金をくれとは何事ですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えーる」があります。
これは「入れる」という意味です。
「これーそこのはこにえーてごせ」
(これをそこの箱に入れてください)
という風に使われます。

えぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えらい とも言います。

 

疲れる、疲労困憊している、大変である、辛い、苦しい という意味です。
「うち、えらいけ、いぬるけ」
(私、疲れたので帰ります)
「えらいけ、たばこしょい」
(疲れたから、休憩しましょう)
「えらかっただらあ」
(疲れたでしょう)
という風に使われます。

えら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

忙しい、忙しない、気忙しい という意味です。
「いま、しごとがえらしじーけん、またあとでなー」
(今、仕事が忙しいので、また後でね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えらがる」があります。
これは「苦しがる、嫌がる」という意味です。
「きやりこしでえらがっとる」
(ぎっくり腰で苦しんでします)
という風に使われます。

えらしじー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(だらしなく)座り込む、うずくまる という意味です。
「ようたんぼが、道のまんなかにえんたこいちゃっとる」
(酔っ払いが、道の真ん中で座り込んでいる)
という風に使われます。

 

だらしなく座る場合に使います。
足を揃えてきちんと座る場合には使われません。

えんたこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぎゃーけ とも言います。

 

解熱剤 という意味です。
「かぜをひいてねつがでたけー、おいだしをのんだ」
(風邪を引いて熱が出たので、解熱剤を飲んだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おいこ」があります。
これは「物を入れて背負う籠」という意味です。

おいだし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

背負う、おんぶする という意味です。
「あこをおうとんなるのは、だれだいな」
(赤ちゃんをおんぶしているのは誰ですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おぶう」があります。
これは「水」という意味です。
「ほれ!おぶうのみんさい!」
(ほら!水を飲みなさい!)
という風に使われます。

おう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おうじょうこく とも言います。

 

① 慌てふためく、焦る という意味です。
「きわになっておおじょこかれんよ」
(直前になって慌てふためくんじゃないよ)
という風に使われます。

 

② 苦労する、困る、困り果てる という意味です。
「きょうはかいしゃでおうじょうこいた」
(今日は会社で困り果てました)
という風に使われます。

おおじょこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大胆な、図太い という意味です。
「そげーなことをゆっちゃーな、ちーとおーどーげなわいや」
(そんなことを言うなんて、ちょっと大胆不敵ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おおばえ」があります。
これは「大騒ぎ」という意味です。
「なにそがにおおばえしとんなるだいな」
(何をそんなに大騒ぎしているのよ)
という風に使われます。

おーどーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おーびらに とも言います。
平気で、公然と、当然のごとく という意味です。
「よそげのやしきをじょーじゅーおーばんであるいていくやつがいる」
(他所の家の屋敷の中を、いつも当前のように歩いて行く男がいます)
という風に使われます。

おーばんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

遅らせる、遅らす という意味です。
「とけいをおくらいかいたんは、だっだあ」
(時計を遅らせたのは、誰ですか)
「ひとがあつまらんけ、はじめるのちいとおくらかすわあ」
(人が集まらないので、開始時間を少し遅らせます)
という風に使われます。

おくらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大人びた、大人っぽい という意味です。
「あのにょばのこも、さいきんめっきりおせげになったなー」
(あの女の子も、最近めっきり大人っぽくなりましたね)
という風に使われます。

 

これが「おせこく」ですと「大人ぶる」という意味です。
「がいにおせこいてきゃー」
(随分と大人ぶっちゃってまあ)
という風に使われます。

おせげな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

賢い という意味です。
「おまいはおぞいけええがな」
(あなたは賢いから良いでしょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おそらかす」があります。
これは「怖がらせる」という意味です。
「おそらかしたらいけん」
(怖がらせてはいけません)
という風に使われます。

おぞい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

座る という意味です。
「ほらほら、はよおっちんしなさい」
(ほらほら、早く座りなさい)
「ちょっとしごとがあるけー、そこにおっちんしてまっといて」
(ちょっと仕事があるので、そこの座って待っていて)
という風に使われます。

おっちん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

兄弟、姉妹 という意味です。
「おとどいがあんたにあいちゃあってきとったで」
(兄弟があなたに会いたいといって来ていましたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おやこ」があります。
これは「親戚」という意味です。
「おまえとことうちはおやこだ」
(お宅と我が家は親戚です)
という風に使われます。

おとどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

尻込みする、ためらう という意味です。
「おめるこどもには、きらくにはなしかけることもできんよなー」
(人前で尻込みする子には、気楽に話しかけることも出来ないよね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おべる」があります。
これは「驚く、ビックリする」という意味です。

おめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追う、追いかける という意味です。
「べんとうをわすれてでたがな、おわえていきてわたしてやれーや」
(弁当を忘れて出て行ったよ、追いかけて行って渡してあげて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おる」があります。
これは「居る」という意味です。
「さっきとなりにおったよ」
(さっき隣に居たよ)
という風に使われます。

おわえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

裏返し、逆さまになっている という意味です。
「ふくがかいさまりいだよ」
(服が裏返しになっているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かーさい」があります。
これは「ください」という意味です。
「このにんじんかーさい」
(この人参をください)
という風に使われます。

かいさまりい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かただい、おっけな とも言います。

 

大きな、巨大な という意味です。
「がいなめしてほんとにかわいげなこだなー」
(大きな目をして本当に可愛い子だね)
「あがながいないえみたん、はじめてだがな」
(あんなに大きな家を見たのは、初めてですよ)
という風に使われます。

がいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引っ搔く、掻き毟る、剝ぐ という意味です。
「ねこをかまったけー、かぐられてちがでた」
(猫を苛めたので、引っ搔かれて血が出た)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かたけ」があります。
これは「半日」という意味です。
「かたけもかかってしまったわい」
(半日もかかってしまったよ)
という風に使われます。

かぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

駆けっこ、徒競走 という意味です。
「はたけみちでかけりやこして、こーんであいまちした」
(畑道で駆けっこをして、転んで怪我をした)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かくれこ」があります。
これは「かくれんぼ」という意味です。
「かくれこしてあそばい」
(かくれんぼして遊ぼう)
という風に使われます。

かけりやこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

臭いを嗅ぐ という意味です。
「まんまがすえておるけんか、かずんでみる」
(ご飯が腐っているかどうか、臭いを嗅いでみる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かす」があります。
これは「浸す」という意味です。
「こめをみずにかしといて」
(米を水に浸しておいてちょうだい)
という風に使われます。

かずむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

減らず口、おしゃべり という意味です。
「おめーらはえらそーにかばちばっかりたたいとんな」
(お前は偉そうに減らず口ばっかり言ってるな)
「やかましい、かばちをたれるな」
(うるさい、無駄口を叩くな)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「かばちこやすな」があります。
これは「悪戯するな」という意味です。

かばち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 参る、酷い目に遭う という意味です。
「ことしのごうせつにはがめたなあ」
(今年の豪雪には参ってしまったなあ)
という風に使われます。

 

② 非常に疲れる、身体が弱った状態 という意味です。
「しごとがいそがしゅうて、ようにがめた」
(仕事が忙しくて、非常に疲れました)
という風に使われます。

がめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

結ぶ、縛る という意味です。
「しんぶんしをそこらへんでからんどいてごっしゃい」
(新聞紙をその辺で縛っておいてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「からかみ」があります。
これは「襖」という意味です。
「からかみしめといてごせ」
(襖を閉めておいてください)
という風に使われます。

からむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よく働く、人一倍働く、精を出す という意味です。
「うちのよめはようがんじょします」
(うちの嫁は、人一倍働きます)
「いっつもがんじょしなるなあ」
(いつもご精が出ますねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「がんじがんじする」があります。
これは「噛む」という意味です。

がんじょする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弱い、病弱な という意味です。
「あれっくらいでほねおるっちゃーな、かんちょろいっちゃ」
(あれぐらいで骨を折るなんて、弱いね)
という風に使われます。

 

逆の意味の言葉では「がんぱー」があります。
これは「乱暴者、粗野な人」という意味です。

かんちょろい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

イライラする、苛立つ という意味です。
「わからんけんきがせれるかいな」
(分からないからって苛立たないでよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きがわりい」があります。
これは「うるさい、目障り」という意味です。
「きがわりいなあ、あっちいきなれ」
(目障りだなあ、あっちへ行けよ)
という風に使われます。

きがせれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

快い、感じがいい、気持ちがいい という意味です。
「あいつがみんなのまえでしくじってきさじかった」
(あいつが大勢の前でしくじって気分が良かった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きしゃがわるい」があります。
これは「腹立たしい、不愉快だ」という意味です。

きさじー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑固な という意味です。
「うちのおとりはきずいなけー、いったったって、げーがないわ」
(私の弟は頑固だから、言ってやっても無駄だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きずいな」があります。
これは「我儘な」という意味です。
「きずいなよめだなあ」
(我儘な嫁ですねえ)
という風に使われます。

きずい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ただなんとなく、特に理由なく という意味です。
「きゃあかあただ」
(ただなんとなく買ってしまった)
「それがきゃあ、わからんだがな」
(それが特に理由は無くて、わからないんですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きゃある」があります。
これは「蛙」という意味です。

きゃあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

消す という意味です。
「たばこちゃんときやせえ」
(タバコをきちんと消しなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きゅうせる」があります。
これは「急ぐ」という意味です。
「きゅうせったらじかんにまにあうで」
(急いだら時間に間に合いますよ)
という風に使われます。

きやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不思議な、珍しい、予想外な、信じられない という意味です。
「なんぼさがしてもぜにぶくろがないなんて、きょうさめえことだ」
(いくら探しても財布がないなんって、不思議なことです)
「そがなこときいたんはじめてだわい、きょうさめえなあ」
(そんなことを聞いたのは初めてだよ。予想外だねえ)
という風に使われます。

きょうさめえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きょうとい とも言います。

 

恐ろしい、怖い という意味です。
「くらやみにあるせんぼのまえを、ひとりでとおるのはなにってきょてーなー」
(暗闇にある墓場の前を、一人で通るのはとても怖いですね)
「あー、きょうとい」
(ああ、恐ろしい)
「あんたのうんてんはきょうとい」
(あなたの運転は怖い)
「きょうとがらんでもええ」
(怖がらなくてもいいよ)
という風に使われます。

きょてー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つむじ という意味です。
「おまいのぎりはひだりまきだがな」
(あなたのつむじは左巻きだね)
「おれ、ぎりがふたつあるに」
(私はつむじが2個あるんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きび、きみ」があります。
これは「とうもろこし」という意味です。

ぎり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらっしゃった という意味です。
「おきゃくさんがきんさったでー」
(お客さんがいらっしゃいましたよ)
「よおきんさった」
(よくいらっしゃいました)
「あたらしいせんせいがきんさった」
(新しい先生がいらっしゃっいました)
という風に使われます。

きんさった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

力む、頑張る という意味です。
「なにそがにきんばっとっだいや」
(何をそんなに力んでいるんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きるむん」があります。
これは「着る物、洋服」という意味です。
「きるむんがにゃーけいけんわい」
(着るものがないので行かないよ)
という風に使われます。

きんばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

マムシ(蝮)という意味です。
「みちにくちなわがでてきてきょうとかった」
(道路にマムシが出てきて恐ろしかった)
「あらあくちなわだがな」
(あれはマムシですよ)
「きょうやまでくちなわにおうた」
(今日、山でマムシに出遭った)
「くちなわはきょうてえが」
(マムシは怖いよ)
という風に使われます。

くちなわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一安心する という意味です。
「むすめをよめにやってやっとくつろぎました」
(娘を嫁がせて、やっと一安心しました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くつわい」があります。
これは「くすぐったい」という意味です。
「くつわいがな、やめいや」
(くすぐったいじゃないか、やめてよ)
という風に使われます。

くつろぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体調が悪い様子、体調が優れない という意味です。
「あいつはかじぇがなおらないでぐやすやしとんなる」
(あの人は風邪が治らなくて体調が優れないでいるようだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くやし」があります。
これは「ゴミなどを集めて焼く」という意味です。

ぐやすや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けえ とも言います。

 

~から、~からね という意味です。
「あしたはやすむけ」
(明日は休みますからね)
「べんきょうせんけえ、しかられっだがな」
(勉強しないから、叱られるんだよ)
「もうねるけえ、でんきけやいといて」
(もう寝ますから、電気は消しておいて)
という風に使われます。

け 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家、宅 という意味です。
「うちげにいかい」
(私の家に行きましょう)
「いま、おばちゃんげにおる」
(今はおばちゃんの家にいます)
「さとうさんげのばらえんいってみてみなれ」
(佐藤さんのお宅のバラ園に行ってみてごらんよ)
という風に使われます。

げ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

消す、消火する、消灯する という意味です。
「たきびをしたら、どがでもみずをかけてけーかせ」
(焚火をしたら、必ず水をかけて消しなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「げーもない」があります。
これは「無駄な、くだらない、無益な」という意味です。

けーかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けっぱんずく とも言います。

 

① つまずく という意味です。
「としとると、ちっしゃないしでもけっぱなずいてもくれる」
(年を取ると、小さな石でも躓いて転ぶ)
という風に使われます。

 

② 失敗する、しくじる という意味です。
「じぎょうにけっぱなずいた」
(事業に失敗した)
という風に使われます。

けっぱなずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肩こり という意味です。
「けんびきがなおらんけ、やいとなとすえるかなあ」
(肩凝りが治らないので、お灸でもすえようかな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~けん」があります。
これは「~から」という意味です。
「あとでいくけん」
(後で行くから)
という風に使われます。

けんびき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒る、立腹する という意味です。
「ひとをそがいにだらにすりゃー、ごーがわくけー」
(人をそんなに馬鹿にすれば腹を立てるだろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぐ」があります。
これは「削る、崩す」という意味です。
「ちぃとこがなもてらあしぇんじぇ」
(少し削らないと持てやしないよ)
という風に使われます。

ごーがわく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小賢しい、利口な という意味です。
「わきゃもんは、こーへーなくちをたたくもんだ」
(若者は小賢しい物言いをするものだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こうじく」があります。
これは「丁寧な」という意味です。
「そげにこうじくにせんでもええけ」
(そんなに丁寧にしなくても良いですよ)
という風に使われます。

こーへーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

値切る という意味です。
「こぎってひゃくえんでかあてきたわい」
(値切って千円で買ってきましたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぐちから」があります。
これは「片っ端から」という意味です。
「こぐちからすら、すぐすむわいや」
(片っ端からやれば、すぐ済むよ)
という風に使われます。

こぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~をしてください、~してくれ、~くれ という意味です。
「ちょっとっつだってごせい」
(ちょっと手伝ってください)
「もうせんけえこらいてごせいや」
(もうしないから許してくださいよ)
という風に使われます。

 

これが「ごす」ですと「~やる」という意味です。
「てつだってごす」
(手伝ってやる)
という風に使われます。

ごせい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① うまく操る、おだてて動かす という意味です。
「こだらかしてさしたらあ」
(上手いことおだてて動させよう)
という風に使われます。

 

② あやす、宥める という意味です。
「きゃーりーことをゆーもんは、てきとうにこだらかしときゃーえー」
(鬱陶しいことを言う者は、適当にあやしておけばいいよ)
という風に使われます。

こだらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大きい、すごく、非常に という意味です。
「なあ、これごっついで」
(ねえ、これ大きいよ)
「おまえのそのてはごっついなあ」
(君のその手は大きいですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごっつぉう」があります。
これは「ご馳走」という意味です。

ごっつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傍、側、わき という意味です。
「そのつくえのこばにおいとけえ」
(その机の傍に置いておきなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こばる」があります。
これは「終わらない、滞っている」という意味です。
「しごとがこばっとる」
(仕事が滞っている)
という風に使われます。

こば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

解体する、取り壊す とも言います。
「もうこぼいちゃっただかいや」
(もう取り壊してしまったんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぶい」があります。
これは「ケチ」という意味です。
「あのひとはこぶいけなあ」
(あの人はケチだからねえ)
という風に使われます。

こぼす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 小さい という意味です。
「このすいか、ちいとこまいで」
(このスイカ、少し小さいね)
という風に使われます。

 

② こまに、こまあに とも言います。
細かい、細かく という意味です。
「もうちいとこまあにきらないけん」
(もう少し細かく切らないといけません)
という風に使われます。

こまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごめ とも言います。

 

まとめて、~ごと、~と一緒に、~とともに とも言います。
「これごめたでなんぼ?」
(これは、まとめて幾らですか?)
「おまいはりんごをかわごめくうだかいや」
(あなたは林檎を皮ごと食べるんですか)
という風に使われます。

ごめた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゴミ という意味です。
「ごもくたをたすときは、なんでもかんでもまぜこぜにしてはいけんよ」
(ゴミを出す時は、何でもかんでも一緒に混ぜてはいけないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こもこもさん」があります。
これは「アリジゴク」という意味です。

ごもくた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

今度 という意味です。
「こんだおれのばんだわい」
(今度は俺の番だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごんたーこく」があります。
これは「暴れる、乱暴する」という意味です。
「がっこでまたごんたーこいて、ろーかにたたされたさあな」
(学校でまた暴れて、廊下に立たされたそうですよ)
という風に使われます。

こんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さあしなかい、さしゅう とも言います。

 

長い間 という意味です。
「さあしみとらんなあ」
(しばらく見ていないね)
「ようきんさった、さあしなかいこんかったなー」
(よくいらっしゃいましたね、長い間来られませんでしたね)
「さしゅうみなんだけど、どこにいっとっただいな」
(長い間姿を見なかったけど、どこに行っていたの)
という風に使われます。

さあし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すぐに、じきに という意味です。
「さあでにかえってきましょうで、まっとってつかんせえ」
(すぐに帰って来ますから、待っていてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さあな」があります。
これは「~らしい」という意味です。
「あのふたりわかれるさあな」
(あの二人は分かれるらしいよ)
という風に使われます。

さあでに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

爽快になる、スッキリする、スーッとする という意味です。
「なんぞさいーっとするのみもんでもごしないな」
(何かスッキリする飲み物でもくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さがい」があります。
これは「傾斜が急、急勾配」という意味です。
「あしこのさかはさがいじぇ」
(あそこの坂は傾斜が急だよ)
という風に使われます。

さい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

逆さま、逆 という意味です。
「さかしにしてほいといてごせ」
(逆さまにして干しておいてちょうだい)
「そのしゃつはさかしだがな」
(そのシャツは(裏表が)逆ですよ)
「そんなびんはさかしにしときない」
(そのような瓶は逆さまにしておきなさい)
という風に使われます。

さかし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にゃくい とも言います。

 

脆(もろ)い、裂けやすい、粘り気がない という意味です。
「このへんのいわはさくいけえようじんせえや」
(この辺りの岩は脆いから気をつけなさいね)
「このながいもはまんださくいけー、よーおれるわ」
(この長芋はまだ粘り気がないから、よく折れるね)
という風に使われます。

さくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物事を仕切る という意味です。
「あしたのしごとをさくまってください」
(明日の仕事を仕切ってください)
「わかいもんがさくまわんでも、としよりにまかしときないな」
(若い人が仕切らなくても、年寄りに任せておきなさいよ)
という風に使われます。

さくまう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物差し、定規 という意味です。
「さしわすれたけ、かあてきてごせいや」
(定規を忘れたから、買って来てくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さしくる」があります。
これは「やりくりする」という意味です。
「さしくっててごしていな」
(やりくりして手伝ってちょうだいよ)
という風に使われます。

さし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ちる という意味です。
「かきをとらかともって、きにのぼりえだがおえてさでくりおった」
(柿を取ろうと思って、木に登り枝が折れて落ちた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さらかう」があります。
これは「苛める」という意味です。
「さらかっちゃあいけん」
(苛めてはいけない)
という風に使われます。

さでくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

掴まる、持っておく、触る という意味です。
「よおにさばっとかなおといちゃうよ」
(ちゃんと掴まっていないと落ちちゃうよ)
「あぶないけ、そこさばっとんなれ」
(危ないから、そこに掴まっていなさい)
「そがなとこさばんなんな」
(そんな所を掴まないで)
という風に使われます。

さばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寒い という意味です。
「きょうはさぶいなあ」
(今日は寒いなあ)
「あのこさぶげななあ」
(あの子、寒そうですね)
「さぶーてかぜをひいちゃいました」
(寒くて風邪を引いてしまいました)
「さぶからあに、なんでそとにいくんだ」
(寒いだろうに、どうして外出するんですか)
という風に使われます。

さぶい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

転倒、宙返り という意味です。
「ひこうきがさんぐりがえしをした」
(飛行機が宙返りをした)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「さでくりこける」があります。
これは「派手に転ぶ、滑って転ぶ」という風に使われます。

さんぐりがえし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

直ぐに、間もなく という意味です。
「こりゃーばらけだけー、じきのまにやむわいや」
(これは夕立ちだから、間もなく止みますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しかけ」があります。
これは「にわか雨」という意味です。
「あなじからくろいくもがくるけん、しかけがくーぞ」
(西の空から黒い雲が来るから、にわか雨が降りますよ)
という風に使われます。

じきのまに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 下ごしらえ、処理する という意味です。
「だいこんのしごせえや」
(大根の下ごしらえをしなさいよ)
「さかなしごしちゃうけえ」
(魚を処理してしまいますから)
という風に使われます。

 

② 懲らしめる という意味です。
「わりいことしたらしごたれーや」
(悪いことをしたら懲らしめてあげなさい)
という風に使われます。

しご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 焼く、素焼きする、炒める という意味です。
「もうちいとようしじらな、うまなからあ」
(もう少しよく焼かないと、美味しくないよ)
という風に使われます。

 

② 煮る という意味です。
「ぎゅうにくはやいてもしじってもまい」
(牛肉は焼いても煮ても美味しい)
という風に使われます。

しじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

している という意味です。
「そんなところでなにしちょうだー」
(そんな所で何をしているんだ)
「このせんどたうえをしちょうなはった」
(この間、田植えをしておられました)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「しなはった」があります。
これは「された」という意味です。
「そげしなはった」
(そのようにされた)
という風に使われます。

しちょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無理を言う、片意地を張る という意味です。
「やつはじぶんのいけんがとおらんといって、いっつもじなくそゆってだだをこねる」
(あの男は、自分の意見通らないと言って、いつも片意地張って駄々をこねる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しぬる」があります。
これは「死ぬ」という意味です。
「そがなことすらしぬるぞ」
(そんなことそすると死ぬよ)
という風に使われます。

じなくそゆー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぶがわるい とも言います。

 

恥ずかしい、きまりが悪い という意味です。
「しびがわりいがな、やめなれな」
(恥ずかしいじゃない、やめてちょうだいよ)
「しびがわりげにくらまかいて、にげたわいな」
(きまりが悪そうな様子で、逃げて行きましたよ)
「そがなんしぶがわりからーがな」
(そんな服、恥ずかしいでしょう)
という風に使われます。

しびがわりい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余計なお節介をする という意味です。
「ひとげのことに、しゃーまこくな」
(人の家の問題に、余計なお節介をするんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃあまけな」があります。
これは「生意気、小憎らしい」という意味です。

しゃあまこく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

失敗した という意味です。
「しゃけた、いえにさいふをわすれた」
(失敗した、家に財布を忘れました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しやける」があります。
これは「片付ける、整理整頓する」という意味です。
「へやしやけてからいかい」
(部屋を片付けてから行きましょう)
という風に使われます。

しゃけた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

常識がない という意味です。
「わのかんがえかたは、ちーとしゃつかがないっちゃ」
(お前の考え方は、ちょっと常識がないよ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「しぇたもんだ」があります。
これは「何考えているのか理解できない、信じられない」という意味です。

しゃつかがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じゃんこと とも言います。

 

たくさん、多く という意味です。
「こげにじゃんことごしなるだー」
(こんなにたくさんくれるんですか)
「ことしゃぶらんが、じゃんことなったけん、えだがぶらさがった」
(今年は枇杷がたくさんなったので、枝が曲がった)
という風に使われます。

じゃん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょうがからい とも言います。

 

腕白な、いたずら という意味です。
「うちのさんなんぼうずはしょうからでなー」
(我が家の三男坊主は腕白でねえ)
「まーた、このしょうからぼうずが」
(まーた、このいたずら坊主が)
「おまいげのこはしょうがからい」
(お宅のお子さんは腕白ですね)
という風に使われます。

しょうから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

始末する、調理する という意味です。
「さかなをとったら、てめーでしょーやくせーよー」
(魚獲ったら、自分で調理しなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょむ」があります。
これは「しみる、しみこむ」という意味です。
「ようあじがしょんどる」
(よく味がしみている)
という風に使われます。

しょーやくする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嫉む、妬む という意味です。
「しょのんでなんぞかんぞいうもんがおっただってなー」
(妬んで何やかやと言う者がいたんだってね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しんわりたんわり」があります。
これは「しぶとく、落ち着いて」という意味です。
「しんわりたなりなんとかやっとりますわい」
(しぶとく何とかやっておりますよ)
という風に使われます。

しょのむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腹がむかむかする という意味です。
「だいこんおろしがからぁてしらしらする」
(大根おろしが辛くて、お腹がむかむかします)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しらみゃあがな」があります。
これは「知らないだろう」という意味です。
「たんじょうびしらみゃあがな」
(誕生日、知らないでしょう)
という風に使われます。

しらしらする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬかるんでいる、水を多く含む という意味です。
「あめでたんぼがじるいわ」
(雨で田んぼがぬかるんでいます)
「みちがじるいけ、とおれん」
(道がぬかるんでいて通れない)
「このはたけはじるいなあ」
(この畑はぬかるんでいるなあ)
という風に使われます。

じるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

噛み切りにくい、噛み切れないほど固い という意味です。
「このするめは、なんちゅーしわいだいや」
(このスルメは、とても噛み切りにくいな)
「このふらんすぱんはしわいなあ」
(このフランスパンは噛み切れないほど固いよ)
という風に使われます。

しわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

好きなように、思うように という意味です。
「おまいのすいたやあにせえ」
(あなたの好きなようにしなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すう」があります。
これは「(汁物を)口にする、食する」という意味です。
「さめんうちにおつゆすわんとうまないで」
(冷めないうちにお吸い物を食さないと美味しくないよ)
という風に使われます。

すいたやあに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① お供えする という意味です。
「おはかにすえたぎょ」
(お墓にお供えしてあげましょう)
という風に使われます。

 

② 腐って酸っぱくなる という意味です。
「れいぞうこにいれといたに、すえとるがな」
(冷蔵庫に入れておいたのに、腐って酸っぱくなってるじゃない)
という風に使われます。

すえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もたれる という意味です。
「めげとるけえ、さくにすかったらいけんよー」
(壊れているから、柵にもたれては駄目ですよ)
「しょうじにすかるな、やぶれるけえ」
(障子にもたれるんじゃないよ、破れるから)
「なんでそがにすかってきなっだいな」
(どうしてそんなにもたれて来るのよ)
という風に使われます。

すかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手を貸す、手伝う という意味です。
「くるまににもつをつむけえ、すけてごせえ」
(車に荷物を積み込むので、手伝ってください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すくむ」があります。
これは「しゃがむ」という意味です。
「すくんでかくれとらい」
(しゃがんで隠れていましょう)
という風に使われます。

すける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

機敏、要領が良い、すばしっこい という意味です。
「あのもんはなかなかすたこいもんだぞ」
(あの人はなかなか機敏だな)
「あんなこはなにさせてもすたこいがえ」
(あんな子は、何をさせても要領が良いね)
「もうちいとすたこうならないけん」
(もう少し揚力が良くならなければいけません)
という風に使われます。

すたこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしない、しまりがない、放縦だ という意味です。
「あのおとこはすてんぽてんだけん」
(あの男はだらしないですから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ずやずや」があります。
これは「ニヤニヤ、ニヤけている」という意味です。
「ずやずやしとう」
(ニヤニヤしてる)
という風に使われます。

すてんぽてん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

滑る という意味です。
「すべくってこけてほねおっただがな」
(滑って転んで骨折したんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すべったこべった」があります。
これは「ああ言えばこう言う、ああだこうだと」という意味です。
「なにすべったこべったいっとっだ」
(何をああだこうだと言っているんだ)
という風に使われます。

すべくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かむ という意味です。
「ええけん、はな、すめいや」
(いいから、鼻をかみなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ずる」があります。
これは「ずれている」という意味です。
「ずぼんずっとるよ」
(ズボンがずれていますよ)
という風に使われます。

すむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

年末、歳末 という意味です。
「せきまで、つけといてごしなれな」
(年末まで、ツケにしておいて下さいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せきとう」があります。
これは「墓、墓石」という意味です。
「せきとうのじかいてごしならんかえ」
(墓石の字を書いていただけませんかね)
という風に使われます。

せき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑固な、お節介な、我侭な という意味です。
「せじゃなろうじんは、きにいらんとなにをいってもいけん」
(頑固な老人は気に入らないと何を言っても駄目だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せけらしい」があります。
これは「羨ましい、妬ましい」という意味です。
「ああ、せけらし」
(ああ、羨ましい)
という風に使われます。

せじゃな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

苦しい という意味です。
「むねがせつないけ、ちいとたばこするけえ」
(胸が苦しいから、少し休憩しますね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せぐ」があります。
これは「吠える」という意味です。
「あがにせいでるのはどこのいぬだいな」
(あんな風に吠えているのはどこの犬かしら)
という風に使われます。

せつない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

進む という意味です。
「このとけいはじゅっぷんせっとる」
(この時計は10分進んでいます)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せれる」があります。
これは「気が急く」という意味です。
「とろくさいけきがせれていけん」
(鈍くさいから、気が急いていけない)
という風に使われます。

せる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せっせと、次々と という意味です。
「はやあせわいてたべっだいな」
(早く次々と食べなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せわやく」があります。
これは「骨を折る、心を砕く、力を尽くす」という意味です。
「おまいにせわあやいてもらわないけんなあ」
(あなたに骨を折ってもらわなければならないね)
という風に使われます。

せわいて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

先日、この間 という意味です。
「このせんどはほんにまあありがとうございまして」
(先日は、本当にまあ、ありがとうございました)
「このせんどけっこんしきをしちょうなはった」
(この間、結婚式をしておられました)
という風に使われます。

せんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そがしょう、そげさいや とも言います。

 

そうしよう、そうしようよ という意味です。
「うちもそがしょう」
(私もそうしよう)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「そがだあぜ」があります。
これは「その通りだよ」という意味です。
「そがだあぜ、せんせいのいいなったとおりだわいや」
(その通りです、先生のおっしゃった通りですよ)
という風に使われます。

そがしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そげな、そがな とも言います。

 

そんな、そのような という意味です。
「そげーなことするけ、いけんだん」
(そんなことをするから、駄目なんだよ)
「そげーなもののいーよーはないわいな」
(そんなものの言い方はないよ)
「きゅうにそげなこといわれてもこまる」
(突然そんなことを言われても困ります)
という風に使われます。

そげーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうそう という意味です。
「あー、そげそげ、それもつかうわねえ」
(ああ、そうそう、それも使うわねえ)
「そげそげ、あなたこんどえいがみにいくよね」
(そうそう、あなた今度映画を観に行くよね)
という風に使われます。

そげそげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

失敗する という意味です。
「あっ!そこべった!」
(あっ!失敗した!)
「きんにょうのしけんそこべった」
(昨日の試験は失敗しました)
「おれ、そこべったこたあにゃあ」
(私は失敗したことはありません)
という風に使われます。

そこべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そさね とも言います。

 

うたた寝、仮眠 という意味です。
「いじょーそそねしとるけーな」
(しょっちゅううたた寝をしていますからね)
「きんにょうそそねしとってかぜひいたがな」
(昨日、うたた寝をしていて風邪を引いてしまったんだよ)
という風に使われます。

そそね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それでも という意味です。
「そっでもうち、よめさんにいきたい」
(それでも私は結婚したい)
「そっでもまだいきている」
(それでもまだ生きている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そげさいや」があります。
これは「そうしようよ」という意味です。

そっでも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆっくり、徐々に という意味です。
「えらいけ、そろいそろいあるかいや」
(疲れちゃうから、ゆっくり歩きましょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「それよか」があります。
これは「それよりも」という意味です。
「それよかこれがええ」
(それよりもこれが良い)
という風に使われます。

そろいそろい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぞんぞがたつ、ぞんぞがはしる とも言います。

 

寒気がする、身震いする、背筋が寒くなる という意味です。
「きょうはあさがひえこんだのでぞんぞがついた」
(今日は朝が冷え込んだので寒気がする)
という風に使われます。

ぞんぞがつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たいぎい とも言います。

 

① 気が進まない という意味です。
「たいぎいけいかんわい」
(気が進まないので、行きません)
という風に使われます。

 

② 疲れた という意味です。
「はしりまわってたいぎになった」
(走り回って疲れてしまいました)
という風に使われます。

たいぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だいや とも言います。

 

~の、~です、~だい という意味です。
「なんだいな」
(なんですか)
「なにないとっだいな」
(何を泣いているのですか)
「あがなほうせき、だれがかあただいや」
(あんな宝石を誰が買ったんですか)
という風に使われます。

だいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だけ という意味です。
「わあだきよけりゃあええだかい」
(自分だけが良ければいいんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だがよ」があります。
これは「なのよ」という意味です。
「あんたがいけんだがよー」
(あなたがいけないのよー)
という風に使われます。

だき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

誰か という意味です。
「だっぞ、かねかしてごさんか」
(誰か、お金を貸してくれませんか)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「だっだ」があります。
これは「誰だい?」という意味です。
「さっききとんなったんはだっだ?」
(さっき来ておられたのは、誰ですか?)
という風に使われます。

だっぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

閉める という意味です。
「ちょっとそこーたっといてえな」
(ちょっとそこを閉めておいてくださいよ)
「しょうじをたててごせ」
(障子を閉めてください)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「たてらかす」があります。
これは「立て掛けておく」という意味です。

たてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

休憩、一休み という意味です。
「ずいぶんあるいたけーここらでたばこしょーか」
(随分と歩いたから、この辺で休憩にしましょうか)
「えらいけ、ちいとたばこするけえなあ」
(疲れたから、少し休憩しましょう)
という風に使われます。

たばこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

虫捕り網 という意味です。
「むしとるけー、たもとって」
(虫を捕るから、虫取り網を取ってください)
「ちょうちょをつかまえるからそのたもかして」
(蝶々を捕まえるから、その虫捕り網を貸して)
という風に使われます。

たも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらあ とも言います。

 

~でしょう という意味です。
「えらいだらあ、もうちょっとだけなあ」
(疲れたでしょう、もう少しだからね)
「あしたはあめだらあか」
(明日は雨でしょうか)
「そがにいいっただらあが」
(そう言ったでしょう)
という風に使われます。

だら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

馬鹿、愚か、馬鹿者、愚か者 という意味です。
「だらず!なにしとるだいや!」
(馬鹿者!何をしているんだ!)
「とろいからといって、だらずあつかいするな」
(のろまだからといって、馬鹿者扱いするな)
「そんなことをいって、だらずじゃないか」
(そんな事を言って、馬鹿じゃないの)
という風に使われます。

だらず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 階段、石段 という意味です。
「あそこのだんだんはさがいけえ、えらいわ」
(あそこの石段は急だから、疲れますよ)
という風に使われます。

 

② ありがとう という意味です。
「おみやげかー、だんだん」
(お土産ですか、ありがとう)
という風に使われます。

だんだん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっちゅう、度々 という意味です。
「あがにたんびたんびどーづかれとったら・・・」
(あんなにしょっちゅう殴られていたら・・・)
という風に使われます。

 

これが「たんびに」ですと「~する度に」という意味です。
「あうたんびにきれえになるなあ」
(会う度に綺麗になりますね)
という風に使われます。

たんびたんび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少しは という意味です。
「ちいたあしぇーせしぇきあがっただかいや」
(少しは成績は上がったのですか)
「ちいたあたばこせえや」
(少しは休憩しなさいね)
という風に使われます。

 

これが「ちいと」ですと「少しだけ」という意味です。
「ちいとねつがあるさあなあ」
(少しだけ熱があるそうです)
という風に使われます。

ちいたあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少しずつ という意味です。
「おかねはちいとわてしかおくらん」
(お金は少しずつしか送りません)
「こんなかねはちいとわてちいとわてつかいないよ」
(こんなお金は少しずつ少しずつ使いなさいよ)
という風に使われます。

ちいとわて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと”腸感冒”となります。

 

胃腸炎 という意味です。
「ちょうかんぼうがはやっとるけんきいつけないや」
(胃腸炎が流行しているから気をつけなさいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょうげん」があります。
これは「危なっかしい状態」という意味です。

ちょうかんぼう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

トイレ、手洗い という意味です。
「さむいとたびたびちょーずにいくなー」
(寒いと何度もトイレに行きますね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょうこ」があります。
これは「蝶々」という意味です。
「かわいさなあけ、そのちょうこにがいたれ」
(可哀想だから、その蝶々を逃がしてあげて)
という風に使われます。

ちょーず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鉛筆の芯がとても尖っている様 という意味です。
「こりゃごっついちょんぴんだわ」
(これは随分と鋭く芯が尖っているね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょんぎす」があります。
これは「キリギリス」という意味です。

ちょんぴん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

癇の虫、ひきつけ という意味です。
「ちりけにゃあやいとがようきくっちゅうさあなで」
(癇の虫にはお灸がよく効くそうですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちりし」があります。
これは「ティッシュ」という意味です。
「はなみずがでるのでちりしがいる」
(鼻水が出るのでティッシュが欲しい)
という風に使われます。

ちりけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

親しい仲、親友 という意味です。
「なんでもいえるちんちんなんだ」
(何でも言い合える親友なんです)
「かれとはいえがつかかったけー、げだごのころからずーっとちんちんだった」
(彼とは家が近かったので、子どもの頃からずっと親しい仲でした)
という風に使われます。

ちんちん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つかんせえ とも言います。

 

~ください という意味です。
「そこのきゃらめるつかーさい」
(そこのキャラメルをください)
「これひとつつかーさい」
(これを1個ください)
「ちいとまっとってつかんせえ」
(少々待っていてください)
という風に使われます。

つかーさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

予定、つもり という意味です。
「こんどのにちようは、ごるふにいくつごうだがやあ」
(今度の日曜日は、ゴルフに行く予定です)
「どらいぶいくつごうだけど、おまいのつごうはどがなだいや」
(ドライブに行くつもりなんだけど、あなたの予定はどうですか)
「そがなことはせんつごうしとるけえ」
(そんなことはしないつもりですから)
という風に使われます。

つごう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(爪を)切る という意味です。
「つめ、つんどけえ」
(爪を切っておきなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つねくる」があります。
これは「抓る」という意味です。
「そがなとこつねくるないや、いちゃあがな」
(そんなところを抓らないでよ、痛いじゃないの)
という風に使われます。

つむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つんちゃあ、つんちゃ、つんたい とも言います。

 

冷たい という意味です。
「わ!このみずつんた!」
(えあ!この水冷たい!)
「えらいつんちゃあみずだないや」
(とても冷たい水ですねえ)
「つんちゃあびーるのんだらおくばがはしる」
(冷たいビールを飲んだら奥歯に痛みが走る)
という風に使われます。

つんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よ という意味です。
「とおくまでようみえるで」
(遠くまでよく見えるよ)
「いっとんなったで」
(言っておられましたよ)
「もうじゅうじだで」
(もう10時だよ)
「あまりもんでよけら、よういしとくで」
(余りもので良ければ、用意をしておくよ)
という風に使われます。

で 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

絵 という意味です。
「でこがじょうずにかけたなあ」
(絵が上手に描けましたね)
「あとでこいちまいかやあええだけ」
(あと絵を1枚描けば良いです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てご」があります。
これは「手伝い」という意味です。
「ちいとてごしてごせいや」
(ちょっと手伝ってくださいよ)
という風に使われます。

でこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大きい という意味です。
「てこい、ちーしゃーなどとつべこべいっても、らちがあかんわ」
(大きい、小さいなどとあれこれ言っても、埒があかないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でーこ、でゃーこ」があります。
これは「大根」という意味です。
「でーこをほして、ほしでーこんをつくろう」
(大根を干して、干し大根を作りましょう)
という風に使われます。

てこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凸凹、でこぼこ という意味です。
「ほそうしてないあのおーかんは、でごへごしとーけんなー」
(舗装してないあの道路は、でこぼこしているよね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でべそ」があります。
これは「出たがりの人、外出好きな人」という意味です。
「おまいはでべそだなあ」
(あなたは外出が好きだね)
という風に使われます。

でごへご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肩車 という意味です。
「うちげのこは、てんぐるまきょうとがる」
(うちの子は、肩車を怖がります)
という風に使われます。

 

似た言葉では「てんとごしょう、てんとうごしょう」があります。
これは「唐辛子」という意味です。

てんぐるま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

前から、早くから という意味です。
「ことしのふいはさぶいと、とーからわかっとった」
(今年の冬は寒いと、前から分かっていました)
「きょうはとうからおきとるけえらい」
(今日は早くから起きていたから疲れた)
「とうからしっとったわい」
(前から知ってたよ)
という風に使われます。

とうから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どがにして、どがにいして とも言います。

 

どのようにして という意味です。
「どがにしてけいさんする?」
(どのようにして計算する?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どがぞして、どがぞーして」があります。
これは「どうにかして、是非とも」という意味です。
「どがぞしてうかるけ」
(どうにかして受かるから)
という風に使われます。

どがして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無理に、強いて、どうしても という意味です。
「いしゃからどがでもたべろといわれりゃーしかたない」
(医者から無理に食べなさいと言われれば仕方がない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どがでもええ」があります。
これは「どうでもいい」という意味です。
「そがなことどがでもええ」
(そんなことどうでもいいよ)
という風に使われます。

どがでも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうだ という意味です。
「このぎょうざうまいとおもうけどどげだ」
(この餃子は美味しいと思うんだけど、どうだ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「どがなあえ」があります。
これは「どうですか」という意味です。
「けいきどがなあえ?」
(景気はどうですか?)
という風に使われます。

どげだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

結末が上手くいかない、筋の通らない という意味です。
「どじくそのわりいことになってしまったがな」
(上手くない結果になってしまいましたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とじくる」があります。
これは「綴じる、縫い合わせる」という意味です。

どじくそのわりい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飛ばす という意味です。
「かみひこうきをとばかいてあそんだ」
(紙飛行機を飛ばして遊んだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とぼす」があります。
これは「点ける、灯す」という意味です。
「ろうそくにひをとぼいといてえ」
(ロウソクに火を点けておいてください)
という風に使われます。

とばかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんべ、どんけつ とも言います。

 

最下位、ビリ という意味です。
「どべでもとうせんすっだかいや、こんどのせんきょは」
(最下位でも当選するんですか、今度の選挙は)
「ことしもどんべだなあ」
(今年も最下位だなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とび」があります。
これは「お返し、お駄賃」という意味です。
「とびはどがしょう」
(お返しはどうしましょう)
という風に使われます。

どべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怒鳴りつける、大声で威圧する という意味です。
「あのひとはじきどまかしなるけきいつけなれよ」
(あの人はすぐに大声で威圧するから気をつけなさいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どまー」があります。
これは「~くらい」という意味です。
「いちまんえんどまーかしてごいたってええだらあがな」
(一万円くらい貸してくれたっていいじゃないの)
という風に使われます。

どまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける、しまう、片付ける という意味です。
「ふとんをとろく」
(布団を片付ける)
「しょっきをとろく」
(食器を片付ける)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とらん、どらん」があります。
これは「~していない」という意味です。
「そがなことしとらん」
(そのようなことはしていません)
という風に使われます。

とろく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雷 という意味です。
「わー、どんどろけだー」
(わー、雷だー)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とんぴらがお」があります。
これは「驚いた顔」という意味です。
「なんだいやそのとんぴらがおは」
(なんだ、その驚いた顔は)
という風に使われます。

どんどろけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① なあ とも言います。
ね、ねえ という意味です。
「ええてんきですなあ」
(良い天気ですねえ)
「おおきなんなったな」
(大きくなられましたねえ)
という風に使われます。

 

② ~なければ という意味です。
「はやいかなおくれるがな」
(早く行かなければ遅れるわよ)
「かかないけん」
(書かなければいけない)
という風に使われます。

な 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ないだろう という意味です。
「そがなこたなからあ」
(そんなことはないだろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なあなる」があります。
これは「無くなる」という意味です。
「こづかいがなあなったけ、かいものにゃいけん」
(小遣いが無くなったから、買い物には行けない)
という風に使われます。

なからあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そのまま放っておいて という意味です。
「そのざぶとんなげといて」
(その座布団はそのまま放っておいて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なげーする」があります。
これは「仕事を片付けてしまう」という意味です。
「もうばんげになったけなげーしようかなあ」
(もう夕方になったから仕事を片付けてしまおうか)
という風に使われます。

なげといて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、すこぶる、非常に という意味です。
「むかしなあ、なにってきれえなおひめさんがおんなっただって」
(昔々、とても綺麗なお姫様がおられたんですって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なと、なっと」があります。
これは「せめて~くらいは」という意味です。
「おちゃなっとのんでいってごしなれな」
(せめてお茶くらいは飲んで行って下さいね)
という風に使われます。

なにって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける という意味です。
「おまえなまけんなよ!」
(おまえ、ふざけるなよ!)
「こがなとこでなまけらいけん」
(こんな場所でふざけては駄目ですよ)
「このこはようなまけっだけ」
(この子はよくふざけるんです)
という風に使われます。

なまける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~される という意味です。
「うちのおとうさんはよくつりにいきなる」
(うちのお父さんはよく釣りに行かれる)
という風に使われます。

 

② なさる という意味です。
「せいとかいちょうがあいさつしなる」
(生徒会長が挨拶をなさる)
「おとうさんがうたいなる」
(お父さんが歌われる)
という風に使われます。

なる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なはれ、なんせえ とも言います。

 

~しなさい、~してください という意味です。
「まっとすぴーどをおとしなれな」
(もっとスピードを落としなさいよ)
「よるうちげにきなれ」
(夜に、我が家にいらっしゃい)
「それかいなんせえ」
(それを買いなさい)
「やめときなんせえ」
(やめておきなさい)
という風に使われます。

なれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何か という意味です。
「なんぞくうもんないかえ」
(何か食べるものはありませんか)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「なんぞかんぞ」があります。
これは「色々、何やかや」という意味です。
「あしたはなんぞかんぞかいにいかにゃいけん」
(明日は色々と買いに行かなくてはなりません)
という風に使われます。

なんぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何なりと、何でも という意味です。
「なんなといってごせ」
(何なりと言ってください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんちゅう」があります。
これは「何という」という意味です。
「なんちゅうだらずだいや」
(何という馬鹿なんだ)
という風に使われます。

なんなと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いくつ、いくら という意味です。
「このりんごなんぼほしい?」
(このリンゴ、いくつ欲しい?)
「ことしでなんぼになんなっただ」
(今年で幾つになったんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんも」があります。
これは「何も」という意味です。
「なんもありゃせん」
(何も無い)
という風に使われます。

なんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何をしているんですか という意味です。
「そんなところにがいにあつまって、なにしとっらー!」
(そんな場所に大勢で集まって、何をしているんですか!)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「なんいっちょーだ」があります。
これは「何を言ってるんだ」という意味です。

なんしとっらー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鈍く痛む という意味です。
「なんだかきょうはいがにがるわ」
(なんだか今日は胃がずしんと鈍く痛むわ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にげる」があります。
これは「転勤する」という意味です。
「こんどせんせいが、にげちゃいなるだって」
(この度、先生が転勤されるそうですよ)
という風に使われます。

にがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねしくる とも言います。

 

塗りつける、なすりつける という意味です。
「にしくりつけとんのみたわいな」
(なすり付けているのを見たよ)
「ほせーこらが、からだにつつをにしくりつけてあそんでた」
(子供達が、体に泥を塗りつけて遊んでいた)
という風に使われます。

にしくりつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

似合う という意味です。
「そのゆかたようにやうがな」
(その浴衣、よく似合いますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にゃあ」があります。
これは「無い」という意味です。
「そがなこたにゃあ」
(そのようなことば無い)
「きょうはさぶにゃあ」
(今日は寒く無い)
という風に使われます。

にやう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

女、女性 という意味です。
「ええにょーばだなー」
(いい女だなあ)
「かわいいにょうばのこ」
(可愛い女の子)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「にょうばおとこ」があります。
これは「女々しい男、女のような男」という意味です。
やや差別的な表現です。

にょーば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

温める という意味です。
「さあはえあからだあぬくめにゃあ」
(さあ、早く身体を温めなければ)
という風に使われます。

 

これが「ぬくい」ですと「暖かい、温かい」という意味です。
「きょうはぬくいなあ」
(今日は暖かいですねえ)
という風に使われます。

ぬくめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家 という意味です。
「かみねにいってくっけ」
(上手の家に行って来ます)
「ひとねでさわがれんじぇ」
(人の家で騒がないでくださいよ)
「しやけた、ねにかばんわすれた」
(しまった、家にカバンを忘れました)
という風に使われます。

ね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にき とも言います。

 

近く という意味です。
「もっとすとーぶのねきにきたらえーが」
(もっとストーブの近くに来たら良いよ)
「ひのにきはあぶないけえ」
(火の近くは危ないですからね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねこさげ」があります。
これは「全部、すっかり、根こそぎ」という意味です。
「ねこさげぬいてもっていきよった」
(根こそぎ抜いて持って行ってしまった)
という風に使われます。

ねき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

舐める という意味です。
「このこはようゆびをねぶっとる」
(この子はよく指を舐めています)
「このあめだまはねぶるとさいだーのあじがする」
(この飴は舐めるとサイダーの味がします)
「ゆびをねぶるのやめんさい」
(指を舐めるのは止めなさい)
という風に使われます。

ねぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

睨む という意味です。
「なんでうちーねらみなっだ」
(どうして私のことを睨むんですか)
「ねらみなんないな」
(睨まないでくださいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねじくる」があります。
これは「回転させる、捻る」という意味です。

ねらむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

拭う という意味です。
「どろのついたてをわしのふくにのごうないや」
(泥の付いた手を私の服で拭うんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のう」があります。
これは「~してすぐの間」という意味です。
「おきのうはえらかった」
(起きてすぐは気分が悪かった)
という風に使われます。

のごう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お調子者、突飛な、調子よく図に乗る という意味です。
「そがなのったりけなかっこすんな」
(そんな突飛な格好をするんじゃないよ)
という風に使われます。

 

これが「のったり」ですと「調子に乗って何でもする人や事」という意味です。
「のったりこくな!」
(調子に乗るな!)
という風に使われます。

のったりけな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしない様子、無作法、横着、不良っぽい という意味です。
「のふーぞなかっこうしてだらずが」
(だらしない格好をして、阿呆が)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「のーてーくーてー」があります。
これは「ダラダラと怠ける」という意味です。
「のーてーくーてーしとらずにしゃきっとせんか」
(ダラダラと怠けていないでしっかりしなさい)
という風に使われます。

のふーぞ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じれったい、もどかしい という意味です。
「はがいいなあ」
(じれったいわねえ)
「べつにはがいないで」
(別にもどかしくないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ばかし」があります。
これは「~ばかり」という意味です。
「ためいきばかししかでん」
(溜め息ばかりしか出ない)
という風に使われます。

はがいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

挟まる という意味です。
「はになんだーはさかっとるわいな」
(歯に何か挟まっているよ)
「おくばにものがはさかったやないいかた」
(奥歯に物が挟まったような言い方)
という風に使われます。

 

これが「はさける」ですと「間に挟む」という意味です。
「ほんにしおりいはさけといた」
(本に栞を挟んでおいた)
という風に使われます。

はさかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ヒリヒリする、ヒリヒリ痛む という意味です。
「しょうどくぬったとこがはしる」
(消毒をした場所がヒリヒリする)
「ゆびにゆがかかってはしった」
(指に熱湯がかかってヒリヒリ痛んだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はじし」があります。
これは「歯茎」という意味です。

はしる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弾ける、破裂する という意味です。
「なんだかはいれたおとがしたぁじぇ」
(何かが破裂した音がしましたよ)
「はなびがはしれた」
(花火が弾けた)
「やいとったらくりいはしれてやけどした」
(焼いていたら、栗が弾けて火傷した)
という風に使われます。

はしれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

元気よく、景気よく という意味です。
「かれはいまでもしょうばいをはたはたよーやっておるそーだ」
(彼は今でも商売を景気よくやっているそうです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はたける」があります。
これは「広げる、開く」という意味です。
「すそはたけてすわっとんなる」
(裾を広げて座っている)
という風に使われます。

はたはた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はつめえな とも言います。

 

利口な、賢い、利発な、活発な という意味です。
「あんなえのこははつめなよ」
(あの家の子は賢いよ)
「うちのまごはははおやににずはつめえなこでなあ」
(我が家の孫は、母親に似ずに利発な子でねえ)
という風に使われます。

はつめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仲間はずれ という意味です。
「はねこにされたっちってほえとったで」
(仲間はずれにされたと言って泣いていたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はなをすむ」があります。
これは「鼻をかむ」という意味です。
「はなをすむけてしっしゅちょうだい」
(鼻をかむからティッシュを頂戴)
という風に使われます。

はねこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はや とも言います。

 

早く という意味です。
「はよせえや!」
(早くしなさいよ)
「はようふろにはいりんさい」
(早く風呂に入りなさい)
「はや、はや、みんなあつまっとんなるで」
(早く早く、皆さん集まっていらっしゃるよ)
「はやしゅくだいしちゃいなれ」
(早く宿題をしてしまいなさい)
という風に使われます。

はよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばらきおとす とも言います。

 

叩き落す、叩き散らす という意味です。
「たかいところのみはなぎゃあさおでばらいておとさいや」
(高い所にある実は長い竿で叩き落しましょうよ)
「うめをたけざおでばらきおといた」
(梅を竹竿で叩き落した)
という風に使われます。

ばらく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばんげ とも言います。

 

夕方、夕暮れ時 という意味です。
「ばんもとのいそがしいやなころにきて」
(夕方の忙しい時間にやって来て)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ばんなりましてなあ」があります。
これは「こんばんは」という意味です。
「ばんなりましてなあ、こうちゃんはもどんなったかえ」
(こんばんは、浩ちゃんは帰られましたか)
という風に使われます。

ばんもと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

泣き虫 という意味です。
「おまいげのこはびすだないや」
(お宅の子供は泣き虫ですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひく」があります。
これは「敷く」という意味です。
「おきゃくさんのふとんをひいてくるけ」
(お客様の布団を敷いてきますので)
という風に使われます。

びす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひとげ とも言います。

 

他人の家、他所の家 という意味です。
「ひとねはみーんなゆうえんちにいっとんなるで」
(他所の家はみんな遊園地に行ってるんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひちべ」があります。
これは「尻」という意味です。

ひとね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よろつく、よろばう とも言います。

 

よろめく、よろける という意味です。
「としのせいかひょろずくよーになったわ」
(年を取ったせいか、よろめくようになってしまったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひょうける」があります。
これは「おどける」という意味です。

ひょろずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 乾く という意味です。
「きょうはてんきがええけ、せんたくもんがようひるじぇ」
(今日は天気が良いから、洗濯物がよく乾くよ)
という風に使われます。

 

②(おならや大便を)する という意味です。
「へをひる」
(放屁する)
「ばばをひる」
(大便をする)
という風に使われます。

ひる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

午前、午前中 という意味です。
「ひるまではなにしとったあ」
(午前中は何をしていたの)
という風に使われます。

 

これが「ひるから」ですと「午後」という意味です。
「ひるからでかける」
(午後から出掛けます)
という風に使われます。

ひるまで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恥ずかしい、体裁が悪い、みっともない という意味です。
「こがなふくようきん、ひんがわりいがな」
(こんな服はとても着られない、恥ずかしいわ)
「ひんがわりいけ、あんたとはもうあるかん」
(体裁が悪いから、あなたとは二度と歩かない)
「さぁなことすらぁひんがわりぃじぇ」
(そんな事をするのはみっともないよ)
という風に使われます。

ひんがわりい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

膨らます、膨らませる という意味です。
「このうきわ、ふくらかいてごしなれ」
(この浮き輪を膨らませてください)
という風に使われます。

 

いた言葉では「ぶーわー」があります。
これは「魚」という意味です。
「いけにぶーわーがおった」
(池に魚がいました)
という風に使われます。

ふくらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

金持ち という意味です。
「さとうさんねはぶげんしゃだけ、うちらとちがうわい」
(佐藤さんの家は金持ちですから、私達とは違いますよ)
「ぶげんしゃだに、きふをちいとわてしかださん」
(金持ちのくせに、寄付を少しずつしか出さない)
「あのいえはぶげんしゃだげなあ、なんぼでもしんちょうしんさるよ」
(あの家は金持ちだからねえ、幾らでも新調されますよ)
という風に使われます。

ぶげんしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凹む、引っ込む という意味です。
「たたいたらへっこんだで」
(叩いたら凹んだよ)
「わりゃあへっこんどれ!」
(おまえは引っ込んでなさい!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぺっちん」があります。
これは「めんこ」という意味です。

へっこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追い出す という意味です。
「いえぼいだされなさったさあななあ」
(家を追い出されたそうですねえ)
「むしがはいってきとるがな、はやぼいだせいや」
(虫が入ってきているじゃないの、早く追い出してよ)
という風に使われます。

ぼいだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鬼ごっこ という意味です。
「ぼいやこしてあそばい」
(鬼ごっこをして遊びましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼう」があります。
これは「追う」という意味です。
「あのくるまをぼうてごしなれ」
(あの車を追ってください)
という風に使われます。

ぼいやこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大声で泣く という意味です。
「あすこでほえとんのはどこのあこだあ」
(あそこで大声で泣いているのはどこの赤ちゃんかな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほぜる」があります。
これは「掘る、穿る」という意味です。
「ここほぜってみい、ええもんでてくるわ」
(ここを掘ってごらん、いい物が出てくるよ)
という風に使われます。

ほえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ビンタ、頬を叩く という意味です。
「そがなわがままいうならほうたかばちはったるで」
(そんな我が侭を言うのなら、ビンタしてやるぞ)
「あいつにほうたかばちかましたったわい」
(あいつの頬を、ビンタしてやったよ)
という風に使われます。

ほおたかばち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる という意味です。
「だいどころのごみをほけといて」
(台所のゴミを捨てておいてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほいた」があります。
これは「乞食」という意味です。
「べんきょうしないとほいたをするようになるでー」
(勉強しないと乞食をする羽目になるよ)
という風に使われます。

ほける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追いかける という意味です。
「なんであがなおとこぼっかけっだ」
(なんであんな男を追いかけるの)
という風に使われます。

 

似たことあでは「ぼちゃ」があります。
「ぼちゃぼちゃ」とも言います。
これは幼児語の「風呂」という意味です。
「はやぼちゃはいっちゃええや」
(早く風呂に入ってしまいなさい)
という風に使われます。

ぼっかける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乱暴、無茶 という意味です。
「ぼっこなうんてんだなあ」
(乱暴な運転ですねえ)
「そんなぼっこにしんさんな」
(そんなに乱暴にしてはいけませんよ)
「こんどのはいしゃさんは、ぼっこだけきょうてえ」
(今度の歯医者さんは、乱暴だから怖いんです)
という風に使われます。

ぼっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それ見ろ、それ見なさい という意味です。
「ほれみい、だけえやめとけいっただらあがな」
(それ見なさい、だからやめておけと言ったじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほんにきやー、ほんにまけぇー」があります。
これは「全くもう、本当にもう」という意味です。
「ほんにまけぇーこのこは」
(本当にもう、この子ったら)
という風に使われます。

ほれみい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい子 という意味です。
「よぉできたなあ、ほんこほんこ」
(よく出来たねえ、いい子いい子)
「ほんこだけーおりこーにしとれーや」
(いい子だから、お利口にしていなさいね)
という風に使われます。

 

これが「ほんこほんこする」ですと「可愛がる、抱きしめる」という意味です。
「ほんこほんこしたるけえ、こっちにこいや」
(抱っこしてあげるから、こちらにおいで)
という風に使われます。

ほんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蕾(つぼみ)という意味です。
「せいようつばきのぼんぼつでだるまさんつくらい」
(西洋椿の蕾でダルマさんを作ろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼっか」があります。
これは「どんこ」という意味です。
「ぼっかがよくつれる」
(どんこがよく釣れる)
という風に使われます。

ぼんぼつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めくれる、ひっくり返る という意味です。
「かさぶたがまくれとるじぇ」
(瘡蓋がめくれているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まえる」があります。
これは「お湯に水を入れて冷ます」ことです。
「あつけりゃみずまえっだん」
(熱ければ水を入れて冷ましなさい)
という風に使われます。

まくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

元気、健康、達者 という意味です。
「おまえとこのじいさんは、まめなかえ」
(あなたのお宅のお爺さんはお元気ですか)
「ありゃりゃ、まめんにあったかえ」
(あらあら、お元気でしたか)
「まめにしてごしなれよ」
(達者でね)
という風に使われます。

まめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごろ寝、服を着たまま寝る という意味です。
「そがなとこまるねせんと、ふとんしいてねーやれ」
(そんな所でごろ寝していないで、布団を敷いて寝なさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まぶれこ」があります。
これは「鈴なり」という意味です。
「みかんがまぶれこだがな」
(ミカンが鈴なりですよ)
という風に使われます。

まるね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

運が悪い、アンラッキー という意味です。
「ふられたさあな、まんがわりいなあ」
(振られたんだって、運が悪いね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まんまんちゃん」があります。
これは「仏様、神様」という意味です。
「まんまんちゃんあんあんしなれ」
(仏様にお祈りしなさい)
という風に使われます。

まんがわりい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そこら中、そこら辺 という意味です。
「ごはんをまんぐるじゅうにちらかして」
(ご飯をそこら中に散らかして)
「まんぐるじゅうそうじしといて」
(そこら辺を掃除しておいてちょうだい)
「まんぐるじゅうほこりだらけだ」
(そこら中が埃まみれです)
という風に使われます。

まんぐるじゅう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まんちゃ とも言います。

 

① 反則、ルール違反 という意味です。
「あのひとぁまんちゃらようこくけきをつけなれ」
(あの人は反則をよくするから気をつけなさい)
という風に使われます。

 

② でたらめ という意味です。
「またまんちゃらこいとっだか」
(またでたらめを言っているの)
という風に使われます。

まんちゃら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一周忌 という意味です。
「うちげのおじいさんのみかえりのほうじですわいな」
(我が家のお祖父さんの一周忌の法事なんですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「みせや」があります。
これは「お店」という意味です。
「みせやのねき」
(お店の近く)
という風に使われます。

みかえり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~のように、~みたいに という意味です。
「さっちゃんみちゃあにおとなしぃしとんなれ」
(さっちゃんみたいに、大人しくしていなさい)
「おまいみちゃあにだらずはようせん」
(あなたのように馬鹿は出来ません)
という風に使われます。

みちゃあに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

簡単 という意味です。
「きょうのしけんみやすかったなあ」
(今日の試験は簡単でしたねえ)
「おけしょうってみやすい?」
(お化粧って簡単なの?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「みられん」があります。
これは「見てはいけない」という意味です。

みやすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全て、全部 という意味です。
「これみんなもらってもええだかえ」
(これ全て貰ってもいいんですか)
「なつやすみのしゅくだいはみんなすんだよ」
(夏休みの宿題は全部終わりましたよ)
という風に使われます。

 

これが「みんなやで」ですと「全員で」という意味です。
「みんなやでくわい」
(全員で食べましょう)
という風に使われます。

みんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ムカデ(百足)という意味です。
「むかぜをつかまえる」
(ムカデを捕まえる)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「むじんそう」があります。
これは「春菊」という意味です。
漢字で書くと「無尽草」になります。
葉を取っても取っても尽きずに出てくるのでこう呼ばれます。

むかぜ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むずかしげな とも言います。

 

険しい という意味です。
「むつかしげなかおしてあるいとんなったで」
(険しい顔をして歩いておられたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「むさんに」があります。
これは「やみくもに、無茶苦茶に」という意味です。

むつかしげな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貰う という意味です。
「このあいしゃどー、なみちゃんにむらった」
(このアイシャドーは、ナミちゃんに貰いました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「むる」があります。
これは「漏れる、漏る」という意味です。
「やねからなんかむっとるで」
(屋根から何やら漏れているよ)
という風に使われます。

むらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① めげる とも言います。
壊す、壊れる という意味です。
「さらがおちてめげたわいな」
(皿が落ちて壊れてしまったよ)
という風に使われます。

 

② 両替する という意味です。
「このいちまんえんさつをせんえんにめいでーなー」
(この一万円札を千円札に両替してくださいよ)
という風に使われます。

めぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お面、仮面 という意味です。
「うるとらまんのめんか、かあてごせえ」
(ウルトラマンのお面を買ってちょうだいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「めーしぶって」があります。
これは「我慢して」という意味です。
「このくすりはにがいけどめーしぶってのみんさい」
(この薬は苦いけど、我慢して飲みなさい)
という風に使われます。

めんか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面倒くさがる、面倒がって邪険に扱う という意味です。
「めんだがらずに、あすんだれえ」
(面倒くさがらないで、遊んであげなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「めんがける」があります。
これは「狙いをつける」という意味です。
「あすこをめんがいていきゃあええ」
(あそこに狙いをつけて行けばいいよ)
という風に使われます。

めんだがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

増える、増す という意味です。
「いでのみずがもえとるで」
(水路の水かさが増していますよ)
「ほっけとったら、あっちゅーまにへこきむしがもえた」
(放って置いたら、あっという間にカメムシが増えた)
という風に使われます。

もえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しながら という意味です。
「あるきもってでんわする」
(歩きながら電話をする)
「てれびみもおってごはんたべるちゃーあなことはぎょうぎがわるいで」
(テレビを観ながらご飯を食べるなんて、行儀が悪いよ)
という風に使われます。

もって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰る という意味です。
「まんだもどってこならんだかえ」
(まだ帰って来られないのですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「もとる」があります。
これは「口が達者」という意味です。
「あいつはくちだけはようもとる」
(あいつは口だけは達者なんだ)
という風に使われます。

もどる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小さくぐちゃぐちゃに丸める という意味です。
「ももちゃぐったこんなかみきれがひちべのしたにあったぞいな」
(小さく丸められたこんな紙切れが尻の下にありましたよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ももしる」があります。
これは「小さくもみちぎる」という意味です。

ももちゃぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むん とも言います。

 

① 者 という意味です。
「まだわきゃあむんにはまけられんだけえ」
(まだ若い者には負けられないからね)
という風に使われます。

 

② 物 という意味です。
「ええもんやらかあ」
(良い物をあげましょうか)
「なんかくうもんないか」
(何か食べるものはありませんか)
という風に使われます。

もん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やあ とも言います。

 

~達、~等(ら)という意味です。
「あのひとやあのせいだけえ」
(あの人達のせいなんですから)
「みんなやあでくわい」
(全員で食べなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やこ」があります。
これは「~し合う」という意味です。
「べんきょうのおしえやこしょう」
(勉強を教え合いっこしましょう)
という風に使われます。

や 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お灸 という意味です。
「いうこときかんと、やいとすえたるけえ」
(言うことを聞かないなら、お灸をすえてあげるからね)
「こしがいちゃーけやいとすえてごせーや」
(腰が痛いので、お灸をすえてくださいな)
という風に使われます。

やいと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やわらしい とも言います。

 

歯応えがなく柔らかい、柔らかい という意味です。
「このかしあ、あんまりやおていけんなー」
(このお菓子は、あまりにも歯応えがなくてやわらか過ぎるから口に合わないね)
「つきたてのもちはやおいで」
(つきたての餅は柔らかいよ)
「やおなったらたべごろ」
(柔らかくなったら食べごろ)
という風に使われます。

やおい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無駄な という意味です。
「いらしじーけん、そがなやくちゃもにゃはなしをすんな」
(忙しいから、そんな無駄話はするな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やっちょーなはった」があります。
これは「やっておられた」という意味です。

やくちゃもにゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やあに とも言います。

 

~ように という意味です。
「さっきせつめいしたやあに」
(先ほど説明したように)
「こんだわすれんやあに、ちゃんとめもしとくけ」
(今度は忘れないように、きちんとメモをしておきますから)
「ちこくせんやに、はやねなれ」
(遅刻しないように、早く寝なさい)
という風に使われます。

やに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

屋根に積もった雪が落ちる という意味です。
「いまのおとは、ゆきずりだ」
(今のは雪が落ちた音だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ゆきおこし」があります。
これは「初雪が降る前触れの雷鳴」という意味です。
「ゆきおこしがなっとるけえ、もうじきゆきがふらあぞい」
(前触れの雷が鳴っているから、もうすぐ初雪が降るよ)
という風に使われます。

ゆきずり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夜、夜中 という意味です。
「もうようさだけ、はよねなれ」
(もう夜中ですから、早く寝なさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よんべ」があります。
これは「昨夜、昨晩」という意味です。
「よんべがいなかじあったさあななあ」
(昨夜、大きな火事があったそうですね)
という風に使われます。

ようさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変、とても、非常に という意味です。
「なんだあようにおちこんどんさったで」
(なんだかとても落ち込んでおられたよ)
「ようにつかれたわいやあ」
(非常に疲れましたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ようけ」があります。
これは「たくさん」という意味です。
「ようけもらってもええかえ」
(たくさん頂いてもいいですか)
という風に使われます。

ように 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

横、横の方 という意味です。
「れいぞうこのよこしにはっとっただけどなあ」
(冷蔵庫の横に貼って置いたんだけどなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ようこそ」があります。
これは「ありがとう」という意味です。
「きてごしてようこそなあ」
(来てくれてありがとうねえ)
という風に使われます。

よこし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良さそう、いいんじゃない? という意味です。
「こんどのせんせいはよさげじゃないか」
(今度の先生は良さそうじゃない?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よからあ」があります。
これは「良いでしょう」という意味です。
「そっでよからあぜ」
(それで良いでしょうよ)
という風に使われます。

よさげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

招待する、招く という意味です。
「ようよんでごしなってなあ」
(お招きいただいてありがとう)
「あのひとをよんだんい、きとんならんな」
(あの人を招待したのに、来ていませんね)
という風に使われます。

 

これが「よばれる」ですと「招かれる、ご馳走になる」という意味です。
「それじゃあよばりょうかい」
(それではご馳走になりましょうかね)
という風に使われます。

よぶ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

らんばいち とも言います。

 

乱雑、散らかっている という意味です。
「おまいのへやらんばだがな。しやけいやあ」
(あなたの部屋は散らかっているじゃないの、片付けなさいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「らむねんたま」があります。
これは「ビー玉」という意味です。
「らむねんたまであすばい」
(ビー玉で遊ぼう)
という風に使われます。

らんば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

膝を崩す、楽にする という意味です。
「まあ、ろくにしてごしなれな」
(まあ、膝を崩して楽になさってくださいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ろーちき」があります。
これは「たくさん」という意味です。
「ろーちきひとがあつまった」
(たくさん人が集まった)
という風に使われます。

ろくにする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ビックリ、驚くさま という意味です。
「ゆきがひとばんにごじゅっせんちふったそうな、わったいなー」
(雪が一晩に50cm降ったんですって、ビックリだねえ)
「わったいなあ、えらいことしとるがあ」
(ビックリしたなあ、大変な事をしているじゃないの)
「であいがしらにそうほうともわったいといった」
(出合い頭に双方とも驚いたと言いました)
という風に使われます。

わったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ずつ という意味です。
「ひとりふたつわてだあぜ」
(1人2個ずつですよ)
「ちいとあてわけたらあか」
(少しずつ分けてあげましょうか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「われ」があります。
これは「おまえ」という意味で、あまり品の良い言葉ではありません。

わて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いたずら、弄くり遊ぶ という意味です。
「わやくしなさんな!」
(いたずらするんじゃないの!)
「こどもがわやくせんやあに、しまっといてえな」
(子供がいたずらしないように、片付けておいてよ)
という風に使われます。

わやく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わやくちゃ とも言います。

 

滅茶苦茶 という意味です。
「きょうのてすとはわやくそだわ」
(今日のテストはもう滅茶苦茶ですよ)
「こがいなひとにわやくちゃにされて」
(こんな人に滅茶苦茶にされて)
「もうあたまんなかわやくちゃだけ」
(もう頭の中が滅茶苦茶だよ)
という風に使われます。

わやくそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪口 という意味です。
「そがなわるいいいけんぜ」
(そんな悪口を言っては駄目だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「わりことしい」があります。
これは「悪戯っこ、悪戯をする子」という意味です。
「あれえ、またわりことしいがなんしょっだいや」
(あら、また悪戯っこが何かしたな)
という風に使われます。

わるいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なさる という意味です。
「ざっしをよみんさる」
(雑誌をお読みになる)
「これはせんせいがかきんさった」
(これは先生がお書きになりました)
「そがなひとは、しりんさらん」
(そんな人は存じあげない)
「えほんをよみんさった」
(絵本をお読みになった)
という風に使われます。

んさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介