HOME -> 富山の方言 

北東の方角 という意味です。

 

これが「あいのかぜ」ですと「北東の方角から吹く風」のことです。

 

「きょうもあいのかぜか」
(今日も北東の方角から風が吹くな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あいごつ、あぐち」があります。
これは「あぐら」という意味です。

 

「あいごつかいてらくにならっしゃい」
(あぐらをかいて楽にしてください)

 

という風に使われます。

あい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一緒、共有、同等 という意味です。

 

「きょうのさかだいはあいこにしとかんまいか」
(今日の酒代は共同にしておきませんか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あいまぐち」があります。
「あいぐい、あいさぐい」とも言います。

これは「間食、おやつ」という意味です。

 

「あいまぐちばっかりして」

(間食ばっかりして)

 

という風に使われます。

あいこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寂しい、淋しい という意味です。

 

「はやかえらっしゃるがけ、あいそんないね」
(もう帰られるんですか、寂しいですね・・・)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あいそらしい」があります。
これは「愛想が良い、かわいい」という意味です。

あいそんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①(物を)いじくる、翻す という意味です。

 

「ごみののったしーとをあおだかすな、きたない」

(ゴミの乗ったシートをバタバタと翻すなよ、汚い)

 

という風に使われます。

 

②(人を)たきつける という意味です。

 

「ひとばっかあおだかいてわりゃあもせんくせに」
(人にばかりたきつけて、自分は何もしないくせに)

 

という風に使われます。

あおだかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あごいい とも言います。

 

使いやすい、やりやすい という意味です。

 

「このくつあがいいなあ」
(この靴は履きやすいなあ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あかいば」があります。

これは「衣装、晴れ着」という意味です。

 

「あかいばきてでかけていった」
(着飾って出かけて行った)

 

という風に使われます。

あがいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あごわるい とも言います。

 

① やりにくい、使いにくい という意味です。

 

「ひだりてではしをもつのはあがわるいなあ」
(左手で箸を持つと使いにくいなあ)

 

という風に使われます。

 

② 決まりが悪い という意味です。

 

「いさかいあいてとばすにのってしもてあがわるかったよ」
(喧嘩をした相手とバスに乗り合わせてしまって決まりが悪かったよ)

 

という風に使われます。

あがわるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

騒がしい、騒々しい という意味です。

 

「おとこでつはあぐらしい」
(男の子は騒がしい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あかす」があります。
これは「薪」という意味です。

 

「あかすわりしろ」
(薪割りしろ)

 

という風に使われます。

あぐらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よく喋る、おしゃべりする という意味です。

 

「あんたはようあごたたくね、くちくたびれんけ」
(あなたはよく喋りますね、口が疲れませんか)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「あごつまむ」があります。
これは「他人の揚げ足を取る」という意味です。

 

「あいつはひとのあごばっかりつまむいやなやつだのう」
(あいつは人の揚げ足ばかりを取って嫌なヤツだな)

 

という風に使われます。

あごたたく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

心配事、心配する という意味です。

 

「ひとりでかいがいりょこうか、あずことやの」
(1人で海外旅行に行ったのか、心配だね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あすみる」があります。
これは「期待する」という意味です。

 

「てったいであすみがもろた」
(手伝いをしたら、期待していなかった御礼を貰った)

 

という風に使われます。

あずこと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

価値、値打ち という意味です。

 

「いまのせんえんちゃあたいないよんなたの」
(今の千円は、価値がなくなったね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あらい」があります。
「あらいうえ」とも言います。
これは「分家」という意味です。

あたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪口、文句 という意味です。

 

「ひとのあたくそいうな」
(他人の悪口を言うんじゃない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あたがやし」があります。
これは「仕返し」という意味です。

 

「きんののあたがやしや」
(昨日の仕返しだ)

 

という風に使われます。

あたくそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

貰える という意味です。

 

「にゅうじょうけんはうけつけであたるよ」
(入場券は受付で貰えますよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あたわる」があります。
これは「与えられる、授かる」という意味です。

 

「ひとりひとりあたわったやくそくやちゃ」
(一人一人に授かった宿命だよ)

 

という風に使われます。

あたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もったいない という意味です。

 

「でかいとのこいてあったらもんの」
(いっぱい食べ残してもったいない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あごおとす」があります。
これは「美味しい」という意味です。

 

「かー、あごおとしてしもうわ」
(あー(顎が落ちるくらいに)美味しいな)

 

という風に使われます。

あったらもんの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あねさ、あねはん とも言います。

 

娘、嫁 という意味です。
未婚・既婚を問わず若い女性を指す場合もあります。

 

「いいあねまきたのー」
(良いお嫁さんが来たねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あのっさん」があります。
これは「あの人」という意味です。

 

「あのっさん、さいきんあそんにこんね」
(あの人、最近遊びに来ませんね)

 

という風に使われます。

あねま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

溺れる、水で溺れる という意味です。

 

「かわであばばついた」
(川で溺れた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あばれもん」があります。
これは「暴れ者」という意味ですが、暴力に限らず
あちらこちらで議論をふっかけて混乱させるような人を指します。

 

「なん、あいつーあばれもんだからだっとでもけんかすんねか」
(本当、あいつは暴れ者だから誰とでも喧嘩をするな)

 

という風に使われます。

あばばつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減に、考えなしに という意味です。

 

「あめもてんなとこいわれん」
(いい加減なことを言うな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あめこく」があります。
これは「お世辞を言う、へつらう」という意味です。

 

「あいつはあめこいてしゅっせしたがやっちゃ」
(あいつはお世辞を言って出世したんだ)

 

という風に使われます。

あめもてん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雑、荒っぽい、粗暴な という意味です。

 

「かれーらいすのじゃがいもあらけなないか?」
(カレーライスに入っているじゃがいもの切り方が雑じゃないか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あれこつ」があります。
これは「雨風」という意味です。

 

「このあれこつにでかけるがかよ」
(このひどい風雨に出かけるのかい)

 

という風に使われます。

あらけない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

着物などをだらしなく着ている様子 という意味です。

 

「あんたそんなにふくあわあわにきられんな」
(あなた、そんなに服をだらしなく着るんじゃありませんよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あわさい」があります。
これは「間(あいだ)」という意味です。

あわあわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんま、あんさま とも言います。

 

長男、兄 という意味です。

 

「あんかもでかなったのー」
(長男も大きくなりましたねー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あんにゃ」があります。

「あんたはん」とも言います。

これは「あなた、君」という意味です。

 

また、「あんたらっちゃ」ですと「あなた達」という意味です。

あんか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もちろん という意味です。

 

「さ、あんたまた、おもしろかったちゃ」
(それはもちろん面白かったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あんばいわるい」があります。
これは「体の具合が悪い、病気」という意味です。

 

「きょうあんばいがわるいのでしごとやすみたいがやけど」
(今日は体の調子が良くないので、仕事を休みたいのだけど)

 

という風に使われます。

あんたまた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいのに、いいですよ、いいですか、いいよ という意味です。

 

「なーん、そんながせんでもいいがに~」
(いいえー、そんなことしなくてもいいのに~)
「さっきのこといいがにしといたよ」
(いいようにしておいたよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「いいかいね、いいがいね」があります。
これは「結構ですね、良いではないですか」という意味です。

いいがに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(子供が)泣き言をいう という意味です。

 

「おもちゃこうてやらんだらいがんでばっか」
(おもちゃを買ってやらなかったらずっと泣き言を言っている)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いがます」があります。
これは「いじめて泣かす」という意味です。

 

「まーたおとうとをいがましとる」
(また弟をいじめている)

 

という風に使われます。

いがむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

天邪鬼、僻みっぽい人、ひねくれた人 という意味です。

 

「あんたぁなんちゅーいがんちょこやろか」
(あなたはなんて天邪鬼なのかしら)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いがんどる」があります。
これは「歪んでいる」という意味です。

 

「そのえちょっとみぎにいがんどっからなおされ」
(その絵、少し右に歪んでいるから直して)

 

という風に使われます。

いがんちょこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いくそる とも言います。

 

驚く、びくりする という意味です。

 

「なーん、きゅうにでてきらはったからいくそってしもうた」
(いやはや、急に出てこられたので驚いてしまいましたよ)
「あのひと、いくそっとったった」
(あの人、驚いていた)

 

という風に使われます。

いきそる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いきしなもどり とも言います。

 

往復 という意味です。

 

「なん、いくしなもどりみたらいたけど、さいふなかったぜ」
(ええっ!往復ずっと見て歩いたけれど、財布は無かったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いかすか」があります。
これは「行こうか」という意味です。

いくしなもどり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

渡す、手渡す という意味です。

 

「これあんたにいくすちゃ」
(これをあなたに渡します)
「いくさんか」
(渡しなさい)
「いくされん」
(渡すわけにはいかない)
「ちょっこもぜんいくすきないからね」
(全くお金を渡すつもりはないからね)

 

という風に使われます。

いくす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらいら という意味です。

 

「あんたのしごとみとったらいじいじしてくっちゃ、かされま」
(あなたの仕事を見ているとイライラしてくるわ、お貸しなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いしな」があります。
これは「石」という意味です。

 

「いしなかっつけるがいぞ」
(石をぶつけてやるぞ)

 

という風に使われます。

いじいじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いじまっしい、いずましい とも言います。

 

妬ましい、羨ましい という意味です。

 

「となりのこぉよーできていじましーなってくっちゃ」
(隣の子は良く出来るので、妬ましくなってくるよ)
「いじましくてあまりすきになれない」
(妬ましくてあまり好きになれない)

 

という風に使われます。

いじましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いずくらしい、いじくらしい とも言います。

 

うるさい、邪魔な、鬱陶しい という意味です。

 

「いずかしい!でんわきこえんがい」
(やかましい!電話が聞こえないじゃないか)
「なんちゅーいじくらしいこぉやろか」
(なんという鬱陶しいことをする子供だろうか)

 

という風に使われます。

いずかしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(気持ちが悪くて)吐く、嘔吐する という意味です。

 

「ねつあっていたいてっしゃっから、おいしゃはんよんで」
(熱があって追うとしているので、医者を呼んでください)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いたまつ」があります。
これは「怪我・捻挫」という意味です。

 

「よういたまつするやっちゃのー」
(よく怪我をする人だねぇ)

 

という風に使われます。

いたく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いちがいもん とも言います。

 

頑固 という意味です。
了見が狭く、頑固一徹で融通の利かない人のことを指します。

 

「としいきゃいちがいになるもんや」
(歳を取れば頑固になるものですよ)

 

という風に使われます。

 

「いちがいはきちがい」とも言ったくらい、面倒な人のことを言ったりもします。

いちがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

幼くて罪が無い、可愛い、愛すべきさま という意味です。

 

「ななつになるこがいたいけなこというた」
(七歳になる子が可愛らしいことを言った)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっちゃ」があります。
これは「一羽、一把」という意味です。

 

「なっぱなぁ、いっちゃくだはれ」
(菜っ葉を一把下さい)

 

という風に使われます。

いちゃけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっけ とも言います。

 

家族、親戚、親族一族の関係 という意味です。

 

「いっけ(ん)ま(っ)つい」
(一族郎党)
「あんたんとことわしとこはいっけんまっついやったがいね」
(あなたの家と私の家は、親戚だったのですね)

 

という風に使われます。

いっき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうにもこうにも という意味です。

 

「いっするかっするうごけなんでの」
(どうにもこうにも動けなくなってね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっこまっこ」があります。
これは「何もかも」という意味です。

 

また、「いっとって」ですと「行っておいて」という意味です。

 

「さきにいっとって」
(先に行っておいて)

 

という風に使われます。

いっするかっする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

一人前 という意味です。

 

「いっちょまえなこというとっけど、やっとるこたぁいいかげんやねか」
(一人前の事を言っているけれど、やっていることはいい加減だ)
「おまえもいっちょまえになったのぉ」
(お前も一人前になりましたね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いっちょらい」があります。
これは「一張羅」という意味です。
つまり、一番良いもののことを指します。
(”羅”はうすぎぬという意味です)

いっちょまえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 困る、仕事などが中断する という意味です。

 

「じゅうたいにはいっぷくしたちゃ」
(渋滞には困ったよ)
「だらなやつのためにちょっこーいっぷくしてしもうた」
(馬鹿な人のために、少し中断してしまった)

 

という風に使われます。

 

② 休憩、休む という意味です。
タバコを吸っても吸わなくても休むことを言います。

 

「いっぷくせんまいけ」
(ちょっと休みましょうよ)

 

という風に使われます。

いっぷくする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずっと前 という意味です。

 

「うまいもんならいつんことになよんなったわ」
(美味しいものなら、ずっと前に無くなったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いつかって」があります。
これは「だって」という意味です。

 

「いつかってそいことなかろぉが」
(だってそんなことないでしょうが)

 

という風に使われます。

いつんこと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いぬく とも言います。

 

動く、移動する という意味です。

 

「そのままいぬかんで」
(そのままじっとしていて)
「それ、いのかさんといて」
(それ、動かさないで)
「ずっといぬかんからしんでしもたがやとおもとった」
(ずっと動かないから死んでしまったのかと思っていた)
「このくるま、なんしてもいのかんが」
(この車、どうやっても移動しないのか)

 

という風に使われます。

いのく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大して必要の無いもの という意味です。

 

「こんないるいらずのもんばっかこうてよわったやっちゃ」
(こんな必要のないものばかり買って、困った人だ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いらはる」があります。
これは「おいでになる、いらっしゃる」という意味です。

 

「こんなにはよう、ごげはんいらはっとはおもとらんだちゃ」
(こんなに早くお坊さんがおいでになるとは思っていなかったよ)

 

という風に使われます。

いるいらず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(そんなことを)言わないで という意味です。

 

「そんなかなしいこといわれんなま」
(そんなに悲しいことを言わないでください)
「おっとろしいこといわれんなま」
(恐ろしい事を言わないでください)

 

という風に使われます。

いわれんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おうい とも言います。

 

だるい、辛い、しんどい、お腹がいっぱい、満腹 という意味です。

 

「あ~、ういや~」
(ああ、だるいー)
「てつやしてうい」
(徹夜してしんどい)
「たべすぎてはらうーなった」
(食べ過ぎて、お腹がいっぱいになった)

 

という風に使われます。

うい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うぉーづ、おーず とも言います。

 

魚津 という意味です。

 

「うぉーづいってきたあ」
(魚津に行ってきた)
「むがし、うぉづでおおかじあってぇ、なみとたんはるうちがはやったが」
(昔、魚津で大火事があって、波トタンを屋根に張る家が流行ったよ)

 

という風に使われます。

うぉづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うしなける とも言います。

 

失くす、無くなる という意味です。

 

「あんた、それうしなかされんな!」
(あなた、それを失くさないようにね!)
「けーたいうしなかいてしもたわ」
(携帯電話を失くしてしまいましたよ)

 

という風に使われます。

うしなかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

目が悪い という意味です。

 

「めえうすい」
(目が悪い」
「としとってめがうすて」
(年を取って目が見えない)
「かもしか、めがうすてひとみてもすぐににげんじゃ」
(カモシカは目が悪くて、人を見てもすぐに逃げないんだよ)

 

という風に使われます。

うすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おぞい とも言います。

 

良くない、汚い、みすぼらしい、劣っている、貧相だ という意味です。

 

「おらもう、としこいたらうぞなった」
(加齢と共に体力等が落ちた)
「うぞいふくやちゃ」
(みすぼらしい服だね)
「おぞいめにおうた」
(酷い目にあった)
「ことしのうんどうかいはおぞかった」
(今年の運動会は(成績が)良くなかった)

 

という風に使われます。

うぞい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

んまそい とも言います。

 

① 美味しそう という意味です。

 

「うまそいかぼちゃ」
(美味しそうなかぼちゃ)

 

という風に使われます。

 

② 成長が良い、見事、立派な という意味です。

 

「うまそいねねまやね」
(丸々と成長した赤ちゃんですね)

 

という風に使われます。

うまそい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うんうんと唸っている という意味です。

 

「かぜひくたんびにうんすかんすゆうとる」
(風邪を引く度に(床に伏せって)うんうんと唸っている)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いんころ、えんころ」があります。
これは「犬」という意味です。

 

「うちのいんころなおとなしいがやぜー」
(我が家の犬は大人しいんですよ)

 

という風に使われます。

うんすかんす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

道路の側溝 という意味です。

道路のきわに流れている小さなコンクリ-ト製の川(側溝)のことです。

 

「えんぞろにおちてけがした」
(道路の側溝に落ちて怪我をした)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「えもんかけ」があります。
これは「ハンガー、衣装掛け」という意味です。

えんぞろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大変だ、辛い、しんどい という意味です。

 

「あー、えらい!」
(あー、しんどい!)
「えらかったねー」
(大変だったねー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いらんが」があります。
これは「いらない?」という意味です。
対して答える場合には「いらんがいぜ」と言います。
これは「いらないよ」という意味です。

えらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おーえ、えいよ とも言います。

 

そうだよ、そうよ、そなんだよ など肯定の返答です。

 

「こんゆきんなかあるいてきたがか?」「おいよ」
(この雪の中を歩いて来たのですか?)(そうだよ)

 

という風に使われます。

 

相槌に使われる言葉で、「えいよ」は主に女性が使います。
一方「おいよ」は主に男性が使います。
これが「おいねよ」になりますと男女ともに使います。
「おいね」とも言いますが、これはほとんど女性しか使いません。

おいよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おうど、おおどばす とも言います。

 

乱暴、大雑把、大袈裟 という意味です。

 

「そんな、おうどなことしたらあかん」
(そんな、乱暴な事をしてはいけない)
「こんなおうどわすなしごとしとりゃつぎからしごとこんからがい」
(こんな大雑把な仕事をしていたら、次から仕事は来ないよ)
「おおどなしごとしかならんがか」
(手の込んでいない大雑把な仕事しか出来ないのか)
「おおどなことばっかりゆうて」
(大袈裟な事ばかり言っている)

 

という風に使われます。

おおど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気分や体調が悪い という意味です。

 

「なんやはらがおかしないわ」
(なんだかお腹の調子が悪いみたいだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おかして」があります。
これは「荷物・物などを置かせて」という意味です。

 

「ここ、おかして」
(ここに置かせて)

 

という風に使われます。

おかしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やめる という意味です。

 

「もうそれでおかれよ」
(もうそれでやめなよ)
「せんたくはおかれ」
(洗濯はやめておきなさい)
「こっで、おいたっ!」
(もう、やーめたっ!)

 

という風に使われます。

 

これが「おわらがす」ですと「終わらせる、済ませる」という意味です。

 

「しゅくだいおわらがされ」
(宿題を済ませなさい)

 

という風に使われます。

おく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おきしい、おこしい、おくしょい とも言います。

 

美人、美しい、きれい、見栄えがいい という意味です。

 

「おくしいねえちゃんやねえ」
(美人なお姉さんですねえ)
「おこしいひとだなあ」
(美しい人だなあ)
「おくしょいはなやね」
(きれいな花ですね)

 

という風に使われます。

おくしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

騒ぐ という意味です。

 

「あめのひはうちんなかでおごってかなわん」
(雨の日は家の中で騒ぐので(うるさくて)たまらない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おーとる」があります。
これは「合う、合っている」という意味です。

 

「これ、ちごがけ?」「なーん、おーとる」
(これ、違うの?)(いいえ、合っていますよ)

 

という風に使われます。

おごる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっじゃ、おーじゃ、おっさま とも言います。

 

次男 という意味です。

 

「おっじゃおっじゃ!」
(次男はいるよ!)
「おまとこのかずおくん、おっじゃやさかいむこにだしたらどうけ?」
(おまえの家の和夫くん、次男なのだから婿に出したらどうですか?)

 

という風に使われます。

おじぼん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おらちゃ、おらっちゃ とも言います。

 

私達、俺たち という意味です。

 

「おちゃもいくよ」
(俺たちも行くよ)
「おらちゃきたがちゅ」
(私達、来たんですよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「おちゃつ、おちゃうつ」があります。
これは「自分の家」という意味です。

 

「おちゃつもばたばたやちゃ」
(私の家もボロボロですよ)

 

という風に使われます。

おちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おつくわいかく とも言います。

 

正座する という意味です。

 

「おちんちんかかんとこっちでひろがらっしゃい」
(正座をしないで、こちらで楽になさい)
「みんな、おちんちんかくちゃ」
(みんな、正座しなさい)
「あんた、ちんとおつくわいしとられま」
(あなた、行儀良く正座しなさい)

 

という風に使われます。

おちんちんかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奥さん、おばさん、女房 という意味です。

 

「おっか、おっか」
(奥さん、いらっしゃいますか?)

 

という風に使われます。

 

これが「おっかはん、おっかちゃん」ですと「お母さん」という意味です。

 

「うちのおっかちゃんな、うるさいことばっかいうがやぜ。やーなるわ」
(うちのお母さんって、うるさい事ばかり言うんだよ。嫌になるわ)

 

という風に使われます。

おっか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

味噌汁 という意味です。

 

「こんおつけ、しっしょんないわー」
(このお味噌汁、味が薄いよ)
「おつけ、おかわりしられぇ」
(お味噌汁、お代わりしてね)
「あらいべのうちでおつけもろたがいけど、しっしょんなかったわぁ」
(分家からお味噌汁頂いたのだけど、味がしなかったわあ)

 

という風に使われます。

おつけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっとっしゃー、おとろしい、おとろしけない とも言います。

 

① 怖い、恐ろしい という意味です。

 

「おとろしいかおしとったわ~」
(恐ろしい顔をしていたよー)

 

という風に使われます。

 

② 非常に、とても という意味です。

 

「おとろしいでかいもんやね」
(ものすごく大きい物だね)

 

という風に使われます。

おっとしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

勿体無い、惜しい という意味です。

 

「これもすてっけ?」「いや、おとましいちゃ~」
(これも捨てますか?)(いいえ、勿体無いですよ)
「おとましいさけ、ほうれん」
(勿体無くて、捨てられない)
「ながぐつにちんこーいあなあいとれど、おとましてまだあたらしいがちゃかわれんちゃ」
(長靴に小さな穴が開いているけれど、勿体無いし、まだ新しいから買えないよ)

 

という風に使われます。

おとましい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お地蔵様 という意味です。

 

「おどうはんがいる」
(お地蔵様がいる)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おどれその」があります。
これは、赤ちゃんをあやす時の「べろべろばあ~」という意味です。

 

また「おぼさん」という言葉もあります。
これは「膝」という意味です。

おどうはん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おもしょい とも言います。

 

① 面白い という意味です。

 

「おもしないえいがやった」
(面白くない映画だった)

 

という風に使われます。

 

② 変、おかしい という意味です。

 

「おもしいことばっかゆう」
(おかしなことばかり言う)

「そいおもしいかっこして」

(そんな変な格好をして)

 

という風に使われます。

おもしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家の南側 という意味です。

 

「おもてばならひがあたってけっこ」
(家の南側なら日が当たって気持ちがいい)

 

という風に使われます。

 

反対の言葉は「うらば」になります。
これは「家の北側」という意味です。

 

また、似たような言葉では「おもや」があります。
これは「本家」という意味です。

おもてば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いる という意味です。

 

「そこにおるわ」
(そこにいますよ)
「おっかおらすけ?」
(奥様、いらっしゃいますか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「おら、おわ」があります。
これは「俺、私」という意味です。

 

「おらとこのいぬなよーたべんがやちゃ」
(俺の家の犬はよく食べるんだよ)

 

という風に使われます。

おる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かぁ とも言います。

 

これは、これ という意味です。

 

「か、なにけ?」
(これは、何ですか?)
「かいいぜ~」
(これはいいじゃない)
「かー、かーかーかかーかぁ」
(母さん、これはこう描くのか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「が」があります。
これは「~だよ」という意味です。

 

「か、わたしのが」
(これ、私のだよ)

 

という風に使われます。

か 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しよう、しなよ という意味です。

 

「はやくせんかい」
(早くしなさいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かいこと」があります。
これは「交換、入れ替え」という意味です。

 

「かいことしょまいけ」
(交換しましょうか)
「あんたうまそいまんじゅうもっとるね、おらのもちとかいことすっか?」
(あなた美味しそうな饅頭を持っていますね、私の餅と交換しませんか?)

 

という風に使われます。

かい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 道路 という意味です。

 

「そこのかいどであいさつされて」
(そこの道で挨拶をされて)

 

という風に使われます。

 

② 外、庭 という意味です。

 

「いえのなかばっかりあそんどらんとかいどいってあそんでこられま」
(家の中でばかり遊んでいないで、外に行って遊んでおいでよ)
「てんきがいいがに、かいどいってあそんでこい」
(天気が良いので、外で遊んで来なさい)

 

という風に使われます。

かいど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がかもー、ががも とも言います。

 

お化け という意味です。

 

「ががもやぞー」
(お化けだぞ~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かかりはてる」があります。
これは「かかりっきりになる」という意味です。

 

「まめこぼいたもんでひろがにかかりはてとった」
(豆を溢したので拾うのにかかりっきりになっていました)

 

という風に使われます。

がかも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

においを嗅ぐ という意味です。

 

「たべもんのかざかいてばっかりおらんとちゃんとたべられんか」
(食べ物のにおいを嗅いでばかりいないで、ちゃんと食べなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「がせろう」があります。
これは「争う、競う、逆らう」という意味です。

 

「そんなにがせろわんとすこしおとなしくしられんか」
(そんなに争わないで少し大人しくしていられないか)

 

という風に使われます。

かざかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

賢い、利口、行儀が良い、人柄が良い という意味です。

 

「きゃまた、なんちゅかたいこながけ」
(これはまた、なんて賢い子なんでしょう)
「かたいもんなっとろーぞ」
(行儀よくしていなさいよ)
「かたいひとやった」
(いい人だった)
「よそのうちいったらかたいもんしとられ」
(他所の家に行ったらお行儀良くしていなさいよ)

 

という風に使われます。

かたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傾く、真っ直ぐでない という意味です。

 

「そこ、かたがっとるやないけ!」
(そこ、傾いてるじゃないか!)
「そのがくちょっこりかたがっとらんけ?」
(その額、少し傾いていませんか?)
「こんかけどけい、ちょっとかたがっとるわぁ」
(この掛け時計、少し傾いているわ)

 

という風に使われます。

かたがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肩車 という意味です。

 

「かたぼんぼしてー」
(肩車してー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かたねる」があります。
これは「担ぐ」という意味です。

 

「こやしかたねてもってきてくれんか」
(これを担いで持ってくれませんか)

 

という風に使われます。

かたぼんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生意気な という意味です。

 

「なんかっさいかおしとんが」
(何を生意気な顔をしているんだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かってくる」があります。
これは「走ってくる」という意味です。

 

「かいどにおったら、おっさまかってきたじゃ」
(道路にいたら、弟が走ってきたよ)

 

という風に使われます。

かっさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かつける とも言います。

 

ぶつける という意味です。

 

「いしなかっつけるがいぞ」
(石をぶつけるぞ)
「かどにあたまかつけた」
(角に頭をぶつけた)

 

という意味です。

 

似た言葉では「かつ」があります。
これは「つく、打つ」という意味です。

 

「もちかたんにぁうしょうがつこんじゃー」
(お餅をつかないと正月はこないですよ)

 

という風に使われます。

かっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

殴りつける という意味です。

 

「かつなぐっぞ」
(殴りつけるぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かっつかつに」があります。
これは「かろうじて、やっとのことで」という意味です。

 

「かっつかつにまにおうてよかったあ」
(かろうじて間に合って良かったー)

 

という風に使われます。

かつなぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恥ずかしい という意味です。

 

「おぞいふくきてきてかなしいわ」
(みすぼらしい服を着て来て恥ずかしいわ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かなんちゅう」があります。
これは「とても、すごく」という意味です。

 

「かなんちゅうめでたいかまぼこ」
(とても御目出度い蒲鉾)

 

という風に使われます。

かなしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 勝てない、敵わない という意味です。

 

「なくこにゃかなわん」
(泣く子には勝てない)

 

という風に使われます。

 

② たまらない という意味です。

 

「いずかしてかなわん」
(うるさくてたまらない)

 

という風に使われます。

かなわん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かねこり、かねこおり、かねこおる とも言います。

 

手足が冷たい状態、氷、氷柱(ツララ)という意味です。

 

「かねころのてぇして」
(冷たい手をしているね)
「あっしゃかねこりになった」
(足が冷たくなった)
「うちのやねにもでっかいかねころできとった」
(我が家の屋根にも大きなツララが出来ていた)

 

という風に使われます。

かねころ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

上の方角、上手(かみて)、上席、川上、南方 という意味です。

 

「かまてからきた」
(上の方から来た)
「じぞうさんのかまてにかきのきいっぽんあろがぁい」
(地蔵様の上の方角に柿の木が一本あるでしょう)
「そのうちなら、このみちのかまてにかわがあって、そのはしをわたったところにあるわいね」
(その家なら、この道の上の方に川があって、その橋を渡った所にありますよ)

 

という風に使われます。

かまて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真剣になっている という意味です。

 

「ぱちんこやでがめしんけなっとったと」
(パチンコ屋で真剣になっていたぞうだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「かめる」があります。
これは「皮膚がただれる」という意味です。

 

「ちゃんとおしめとりかえてやらんとまたがかめてかわいそだがいね」
(きちんとオムツを取り替えてあげないと(赤ちゃんの)股がかぶれて可哀想だよ)

 

という風に使われます。

がめしんけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こむらがえり、手足が攣る という意味です。

 

手足の指や体の一部の筋肉が引き攣ったり痙攣したりして動かなくなることを指します。

 

「きゅうにみずのなかへはいるとからすがいがおこるけに、きつけられや」
(急に水の中へ入ると、筋肉が引き攣ることがあるから、気をつけなさい)

 

という風に使われます。

からすがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かわいや とも言います。

 

可愛い、不憫 という意味です。

 

「あのかわいぼうやな、きからおちてけがしたがやと」
(あの可愛い坊やがね、木から落ちて怪我したんだって)

 

という風に使われます。

 

これが「かわいさげに」ですと「かわいそうに」という意味です。

 

「あんたけがして!かわいさげに」
(あなた怪我しちゃって!かわいそうに)

 

という風に使われます。

かわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

曲がった状態、フック、かぎ状のもの という意味です。

 

「あのがんこのみちはきいつけよ、おいそみえんから」
(あの曲がり道は気を付けろよ、向こうが見えないから)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「がわ」があります。

これは「輪」という意味です。

 

「あれえ、あこにへびゃがわかいとるわ」
(あら、あそこで蛇が輪をつくっているよ)
「とんびがそらでがわをかく」
(鳶が空で輪を描く)

 

という風に使われます。

がんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんにん、かんにして、かんに とも言います。

 

ごめんね、ごめんなさい という意味です。

 

「かりとったほん、かえすがおそなってかんねえ」
(借りていた本を返すのが遅くなってごめんなさいね)
「あんたにもろたさら、ひっこしのときわれてしもて。かんにしてくたはれ」
(あなたに頂いたお皿、引越しの時に割れてしまって・・・。許してください)

 

という風に使われます。

かんねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きがねなねぇ とも言います。

 

気を使ってもらって悪いね、わざわざ~までしてもらって申し訳ない という意味です。

 

「こいいいもんもってきてくれて、きがねな」
(こんな良い物を持って来てくれて、申し訳ありませんね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きのどくな」があります。
これは「ありがとう」という意味です。

 

「こんなにたくさんなしいただいてきのどくなー」
(こんなにたくさんの梨を頂きましてありがとう)

 

という風に使われます。

きがねな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 悪い、我が儘、生意気、人の言う事を聞かない という意味です。

 

「きかんことばっかりいうて」
(気に食わないことばかり言って)
「か、なんちゅうきかんこやろか」
(これ、なんて悪い子なのかしら)

 

という風に使われます。

 

② 賢い という意味です。

 

「なかなかきかんやつやぞ」
(なかなか賢いヤツだぞ)

 

という風に使われます。

きかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

力が強い、我慢強い、達者だ という意味です。

 

「あのこはきっついけに、すもうにでてもとしうえのこにまけんかろわい」
(あの子は力が強いから、相撲を取っても年上の子に負けないだろう)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「きつなる、きっつうなる」があります。
これは「丈夫になる、強くなる」という意味です。

 

「もっときっつうなって、すぐかぜひいたなんどいわんよにせんにゃあかんぜね」
(もっと丈夫になって、すぐ風邪引いたなんていわないようにしないといけないね)

 

という風に使われます。

きっつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

来訪した という意味です。

 

「さっき、きていったばっかりやがね」
(さっき、来訪されたばかりですよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きやす」があります。
これは「消す」という意味です。

 

「すとーぶのひきやされ」
(ストーブの火を消しなさい)

 

という風に使われます。

きていく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

新鮮、生き生きとした、若々しい、混じりけのない という意味です。

 

「きときとのさかなこうてきたぞ」
(活きの良い魚を買って来たぞ)
「あさとれたきときとのさかなですちゃ、こうてかれんか」
(朝獲れたての新鮮な魚ですよ、買って行きませんか?)
「だっやらとだっやらなしんせきやいうはなしになったらきっときとなが」
(誰それと誰それが親戚だという話になったら生き生きしている)

 

という風に使われます。

きときと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① すまない(謝る)という意味です。

 

「うちのむすこがけんかしてきのどくやったちゃ」
(うちの息子が喧嘩してすみませんでした)

 

という風に使われます。

 

② 感謝、お礼、ねぎらい という意味です。

 

「とおいところからきのどくな」
(遠い所から来て頂いてありがとうございます)

 

という風に使われます。

きのどく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かかと(踵)という意味です。

 

「きょうはたくさんはしったけに、きびすがいたいや」
(今日はたくさん走ったから、かかとが痛いよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きびしょ」があります。
これは「急須」という意味です。

 

「だれだ、このきびしょのくちかかいたもんな」
(誰だ、この急須の口を欠けさせたヤツは)

 

という風に使われます。

きびす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きゃーわるい とも言います。

 

病気、気が滅入る という意味です。

 

「あのひと、きゃわるならはったがいと!」
(あの人、病気になったそうですよ!)
「きいたらきゃあわるなっとんたんだと」
(聞いたら病気になったんですって)
「きゃーわるなってにゅーいんしたと」
(病気になって入院したんだって)

 

という風に使われます。

きゃわるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

カエル(蛙)という意味です。

 

「たんぼにみずがはいると、ぎゃわずがにんぎゃかしくなきだすちゃ」
(田んぼに水が入ると、蛙がうるさく鳴きだすぞ)
「そこにぎゃわずおったわ」
(そこに蛙がいたよ)
「ぎゃわずわぁでてきた」
(蛙がいっぱい出てきた)

 

という風に使われます。

 

これが「ぎゃらご」ですと「おたまじゃくし」という意味です。

 

「そこのたんぼにぎゃらごおったわ」
(そこの田んぼにおたまじゃくしがいたよ)

 

という風に使われます。

ぎゃわず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昨日 という意味です。

 

「きんのねーまよめにいった」
(昨日、姉はお嫁に行きました)
「きんのかんだけまでいってきたちゃ」
(昨日、上滝まで行って来たよ)
「きんのはいちにちはれとったがに、きょうはあさからどしゃぶりやちゃ~」
(昨日は一日晴れていたのに、今日は朝から土砂降りだ)

 

という風に使われます。

きんの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

できもの、皮膚に出来る湿疹、吹き出物 という意味です。

 

「うでにくさができて、いいがにうごかんがだちゃ」
(腕にできものが出来て、思うように動かないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くさや」があります。
これは「やんちゃ坊主、へそ曲がり」という意味です。

 

また、「くさっとる」ですと「粗末で役に立たない」という意味です。

くさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(爪・尖ったものなどで)引っ掻く という意味です。

 

「ねこにくじられて、ちーでたー」
(猫に引っ掻かれて、血が出た)
「またかさぶたくじったやろ」
(また瘡蓋を引っ掻いただろう)
「そんなにはなをくじると、きずついてはなぢがでるぜね」
(そんなに鼻を引っ掻くと、傷ついて鼻血が出るからね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぐずにぎり」があります。
これは「わしづかみ」という意味です。

くじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くずす とも言います。

 

蒲鉾 という意味です。

 

「このごろのけっこんしきにはくずしのひきでものすくなくなったねえ」
(この頃の結婚式には、蒲鉾の引き出物が少なくなったねえ)

 

という風に使われます。

 

また、「くずす」には「両替」という意味もあります。

 

「このおさつくずしてくれる?」
(このお札両替してくれる?)

 

という風に使われます。

くずし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行きます という意味です。

 

「あんたんとこへくっちゃ。あんちゃんもいっしょにくっかもしれんちゃ」
(あなたの所へ行きます。兄も一緒に行くかもしれません)
「よるにあんたのところにくっちゃ」
(夜にあなたのところに行きますね)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「くたはれ」があります。
これは「ください」という意味です。

 

「ころっけみっつくたはれ」
(コロッケ3個ください)

 

という風に使われます。

くっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

辛い、塩辛い、濃厚だ という意味です。

 

「このおかず、くどいねえ」
(このおかず、塩辛いねえ)
「このおつけちょっこしくどいがでないけ」
(このお味噌汁、少し塩辛いんじゃないの)
「あら~、きょうのすーぷくどかったわあ」
(あらー、今日のスープ塩辛かったわー)

 

という風に使われます。

くどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くどいとる とも言います。

 

しつこく、ぐちぐちとつまらないことを言う という意味です。

 

「いっつもあのひとくどいとっやぁわ」
(いつもあの人、ぐちぐちとつまらないことを言うよな)
「なにくどくどはなししとんがいね」
(何をしつこく話しているんでしょうね)

 

という風に使われます。

くどくど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暗い時分、暗いうち という意味です。

 

これが「くらがりからくらがりまで」の場合は「早朝から日暮れまで」という意味になります。

 

「むかしはくらがりからくらがりまでようはたらいたもんだ」
(昔は早朝から日暮れまでよく働いたものです)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「くろだし」があります。
これは「崩れた田畑のあぜ際を修繕し、境界をはっきりさせる作業」のことを言います。

くらがり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~の辺り、(わざわざ)~辺りまで という意味です。

 

「とうきょうくんだりからこうしをよばんでも、じもとにどっだけでもおられるがいね」
(東京辺りから講師を呼ばなくても、地元にたくさんいるじゃない)
「かなざわくんだりまででかけていって、なんかいいことあったがかいね」
(金沢の辺りにまで出掛けて行って、何か良い事がありましたか?)

 

という風に使われます。

くんだり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人にものを「尋ねる」場合に使う疑問系の語尾の言葉です。

 

「しゅくだいやったけ?」
(宿題やったのか?)
「そんながいけ?」
(そうなんですか?)
「きゃー、なんけえ?」
(これは、何ですか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けろ」があります。
これは「嫌う」という意味です。

 

「くさやのとうちゃんをみんながけろとる」
(へそ曲がりの旦那を皆が嫌っている)

 

という風に使われます。

け 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

足を捻る、くじく という意味です。

 

「あしげくった~」
(足をくじいたー)
「はしとっとてぇ、あしげくってあやまちいしゃいっとるが」
(走っていたら、足を捻って病院に行っているよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けっころぶ」があります。
これは「蹴躓く」という意味です。

 

「けっころんでしもた」
(蹴躓いてしまった)

 

という風に使われます。

げくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

忌々しい、気持ち悪い、癪にさわる という意味です。

 

「あのっさんはじぶんにふりなことにもうとうのってこんなねえ、けったくそわるいひとだちゃ」
(あの人は自分に不利なことには全然乗ってこないよね、忌々しい人だわ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けった」があります。
これは「自転車」という意味です。

けったくそわるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げっつり とも言います。

 

しゃっくり という意味です。

 

「げっつるしとるぜ、だいじょうぶな?」
(しゃっくりしてるね、大丈夫?)
「げっつりがとまらんがどうしたらよかろね」
(しゃっくりが止まらないのだけど、どうしたらいいかなあ)

 

という風に使われます。

げっつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ち着きの無いさま を表す言葉です。

 

「けとけとあるくところぶから、きつけられ」
(慌てて歩くと転んじゃうから、気をつけなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けっこ」があります。
これは「気持ちいい」という意味です。

 

「ふろはけっこや」
(お風呂は気持ちがいいわ)

 

という風に使われます。

けとけと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けなりい、きなるい とも言います。

 

羨ましい という意味です。

 

「けなるかろぉ」
(羨ましいだろー)
「けなるいかおしられんなま」
(羨ましそうな顔をしないでよ)
「おとこのこできたがだってねえ、あれけなるいや」
(男の子が生まれるんだってねえ、まあ羨ましいこと)
「あんか、いいくるまこうてきなるいなー」
(兄さん、いい車を買って羨ましいなぁ)

 

という風に使われます。

けなるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無愛想なさまや、とげとげしい態度 という意味です。

 

「そんなけんけんものいうもんじゃないがね」
(そのようにとげとげしい言い方をするものじゃないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「けんどん」があります。
これは「ふるい」という意味です。

 

「もっとめのあらいけんどんにかけてみんまいけ」
(もっと目の粗いふるいにかけてみましょうか)

 

という風に使われます。

けんけん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ろくでなし、恥さらし など、人を罵る言葉です。

 

「このごうさらしめ、いつなったらちゃんとはたらくがいね」
(この恥さらしめ、いつになったらちゃんと働くんだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こいとこ」があります。
これは「こういう所」という意味です。

 

「あんたこいとこにすんどったがかいね」
(あなた、こういう所に住んでいたんだね)

 

という風に使われます。

ごうさらし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

器用、利口 という意味です。

 

「こうしゃなひとやて」
(器用な人ですよ)
「このこはなんとこうしゃなこというちゃ」
(この子はなんて利口なことを言うんでしょう)
「あのっさんはなにやらせてもこうしゃにするひとだねえ」
(あの方は何をやらせても器用にこなす人ですねえ)

 

という風に使われます。

こうしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手伝い という意味です。

 

「ひっこしのこうりゃくをせんまいけ」
(引越しの手伝いをしませんか)
「たうえどきになると、こうりゃくどがどれだけおってもたらんちゃ」
(田植えの時期になると、手伝いをする人がどれだけいても足りないよ)

 

という風に使われます。

こうりゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 言う という意味です。

 

「うそこくな」
(嘘を言うな)

 

という風に使われます。

 

②(好ましくない事を)する という意味です。

 

「へーこいた」
(おならをした)
「あめこくな」
(へつらうんじゃないよ)
「そんなだてこいてどこへいくがけ」
(そんな着飾ってどこへ行くのですか)

 

という風に使われます。

 

これは「だてこく」で「着飾る」という意味です。

こく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人を貶す言葉です。

 

「あのごくどかす」
(あの馬鹿者)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こぐ」があります。
これは「草木などを抜き取る、掘り取る」という意味です。

 

「だいこんをこぐ」
(大根を抜く)

 

という風に使われます。

ごくど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぜんぼふる とも言います。

 

(子供が)拗ねる という意味です。

 

「そんなにこじんぼふっとると、どこへもつれていってやらんぞ」
(そんなに拗ねていたら、何処へも連れて行ってあげないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こぜい」があります。
これは「少人数、人数が少ない」という意味です。

 

「うちらみたいにこぜいなとこへでかいともろてもよわっちゃ」
(うちのような人数の少ない所へたくさんいただいても困ります)

 

という風に使われます。

こじんぼふる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こっすい とも言います。

 

ケチ、せこい、金銭に細かい という意味です。

 

「かねあるくせにこすいな」
(金持ちのくせにケチだな)
「ひとからたばこもろてばっかりでこっすいやっちゃ」
(人からタバコを貰ってばかりでせこいヤツだ)
「ここのみせのもんはこっすいぞー、なかなかまけてくれんな」
(ここの店員はケチだぞ、なかなか負けてくれない)

 

という風に使われます。

こすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こちょわしい、ちょこがしい とも言います。

 

くすぐったい という意味です。

 

「せなかにけでもはいったのかちょこがしてならんちゃ」
(背中に毛でも入ったのか、くすぐったくてたまらないよ)
「はなこちょがしてならんな」
(鼻がくすぐったくて仕方ない)
「こちょがすな、こちょがしいが!」
(くすぐるな、くすぐったいだろ!)

 

という風に使われます。

こちょがしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごっしょうさま とも言います。

 

菩提寺(ぼだいじ)、菩提寺の住職 という意味です。

 

「ことしもごっしょうさまにきてもらいたいがだちゃ」
(今年も菩提寺の住職様に来ていただきたいですね)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ごわはん、ごぼはん、ごいさん、ごぼさん」があります。
これは「お坊さん、住職」という意味です。

 

「ごわはんこられたけにぃ、ざしきにあがってもらわんにゃー」
(住職がいらしたから、座敷に上がっていただかなくては)

 

という風に使われます。

ごっしょはん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~るといいよ という意味です。

 

「いってくるこっちゃ」
(行って来ると良いですよ)

 

という風に使われます。

 

② こちら という意味です。

 

「そんなとこおらんと、こっちゃこい」
(そんな所にいないで、こちらにおいで)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごっつぉ」があります。
これは「御馳走」という意味です。

こっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(すっぽりと覆い包むほど)たくさん、十分に という意味です。

 

「きんのはこっぽりゆきふったね」
(昨日はたくさん雪が降ったね)
「さうてさうてこっぽりふとんきてねたちゃ」
(寒くて寒くて十分に布団を重ねて寝たよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こっとーっと」があります。
これは「たっぷりと」という意味です。

 

「こっとーっとつかっとられや」
(たっぷりと(お風呂に)浸かりなさいね)

 

という風に使われます。

こっぽり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体や寝具が温かくなっている様子を表す言葉です。

 

「でんきもうふならことことやろ」
(電気毛布だったら温かいだろう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こどんどま、こどんら」があります。
これは「子供達」という意味です。

 

「きんじょのこどんどま、げんきにあそんどったわ」
(近所の子供達が、元気に遊んでいたよ)

 

という風に使われます。

ことこと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごすむく とも言います。

 

くたばる、死ぬ という意味です。

人が死ぬことを卑しめていう言葉です。

 

「あいつもとうとうごとむいたが、かわいそうなやつだったちゃ」

(あいつもとうとうくたばったか、可哀想なヤツだったな)
「ほんけのおじじなごすむいたがいと」
(本家のじいさんが死んだんだって)

 

という風に使われます。

ごとむく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雪や泥の中に足がはまり込むことを言います。

 

「ゆきみちでごぼってあるきづらてならなんだちゃ」
(雪道で足がはまり込んじゃって歩きにくくて仕方ないよ)
「たんぼにごぼったがいね」
(田んぼに足がはまっちゃったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こびる」があります。
これは「間食、三度の食事のほかに取る軽い食事」という意味です。

 

「ちょっとこびるにしられっか」
(少し間食しましょうか)

 

という風に使われます。

ごぼる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんべた とも言います。

 

額、おでこ という意味です。

 

「こめんばつにできもんできた」
(おでこにおできが出来た)
「こんべたけがしとうがいねー」
(おでこに怪我してるじゃないの)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごまんさんあれ」があります。
これは「風雨や風雪の強い荒れた天候」のことを言います。
”ごまんさん”は「御満座」のことで、
11月28日は東本願寺派の御満座、
1月15日は西本願寺派の御満座をいいます。
両日とも不思議なことに例年よく空が荒れるため「ごまんさんあれ」と言うようです。

こめんばつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かたい(硬い・固い)という意味です。

 

「かー、なんちゅうこわいごはんね」
(まあ、なんて固いご飯なのかしら)
「こわいかみやちゃ」
(硬い髪の毛だね)
「このぱんこわいわー」
(このパンは固いなあ)

 

という風に使われます。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんとくない とも言います。

 

生意気、大人っぽい、こましゃくれている、利口 という意味です。

 

「あのこはなかなかこわくさいこというね」
(あの子はなかなか生意気な事を言うね)
「あんたとこのあんまちゃなんちゅこわくさいがけ」
(あなたの家の息子さん、なんて生意気なのかしら)

 

という風に使われます。

こわくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

両替、お金をくずす、細かい金額に両替する という意味です。

 

「おかねこわしてこんなん」
(お金を(細かく)両替してこなくちゃ)
「せんえんひゃくえんにこわしてくれんけ」
(千円を百円玉に両替してくれない?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「こら」があります。
これは「これは」という意味です。

 

「こらあかんねえ」
(これはダメだね)

 

という風に使われます。

こわす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お人よし という意味です。

 

「おまえもこんじょよしやのー」
(あなたもお人よしですねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ごんべ」があります。
これは「割り勘の宴会、持ち出しの宴会」という意味です。

 

「きょうはしごとをはようしもて、ごんべせんまいか」
(今日は仕事を早く終わらせて、割り勘で宴会しない?)

 

という風に使われます。

こんじょよし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それ、それは という意味です。

 

「さ、どいがけ?」
(それ、どういうこと?)
「さ、すごいわ」
(それは、すごいわ)
「さじゃなくてしゃぁ・・・」
(それじゃなくってさー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さかいに、さからいに」があります。
これは「~から、~ので」という意味です。

 

「いまからんたのところへくるさかいにちゃんとうちにられ」
(今からあなたの家へ伺いますから、ちゃんと家にいてください)

 

という風に使われます。

さ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おかずの材料、食事の副食物の材料 という意味です。

 

「ゆうはんのさいぐさになにこうてこうかな」
(夕飯の食材に何を買っていこうかな)
「なあん、やっすいさいぐさがなあてよわっちゃ」
(なんでしょう、安い材料が無くて困ったわ)

 

という風に使われます。

さいぐさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自分の住んでいる部落 という意味です。

 

「そりゃいいかんがえだね、ざいしょのひとたちによびかけてみんまいけ」
(それは良い考えですね、部落の人達に呼びかけてみましょうか)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ざいご」があります。
これは「田舎」という意味です。

 

「おらっちゃざいごのもんやおもてだらにして!」
(俺たちを田舎者だと思ってバカにして!)

 

という風に使われます。

ざいしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さぶい とも言います。

 

寒い という意味です。

 

「きょうはさういひだね」
(今日は寒い日だね)
「こんなさうけりゃそとへでるがいやになるちゃ」
(こんなに寒いと外に出るのが嫌になるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さぶぼろ」があります。
これは「鳥肌」という意味です。

 

「おとろっしいはなしきいたらさぶぼろでてきたわ」
(怖い話を聞いたら鳥肌立っちゃったよ)

 

という風に使われます。

さうい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

探す、尋ねる、探し回る という意味です。

 

「もっとさがねてみられ、どっかからでてくるちゃ。あきらめられんな」
(もっと探してごらん、どこかから出てくるよ。あきらめなさんな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さくる」があります。

これは「~まくる、ものすごい勢いで何かをする」という意味です。

 

「たべさくって」
(すごい勢いで食べまくって)
「はしっさくる」
(走りまくる)

 

という風に使われます。

さがねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざっこい、ざくらっすい とも言います。

 

汚らしい、汚い、不潔な、みっともない という意味です。

 

「ざくらしいふくきてくんなよ」
(みっともない服を着て来るなよ)
「ざくらっすいてでさわらんといて」
(汚らしい手で触らないで)
「あんた、なんけ!そのざくらしいへや!」
(あんた、何よ!その汚らしい部屋!)

 

という風に使われます。

ざくらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざこつけない とも言います。

 

がさつな、大柄でみっともない という意味です。

 

「ざごつきないおかしばっかだしてみとんない」
(がさつなお菓子ばかり人前に出してみっともない)
「あんなざこつけないひと、すっきなこというとるからいつまでもけっこんできんがや」
(あんな大柄でみっともない(女の)人、好きなこと言ってるから結婚できないのよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ざいごくさい」があります。
これは「垢抜けない、野暮ったい」という意味です。

ざごつきない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さあさって、しゃさって、しゃあさって とも言います。

 

明明後日 という意味です。

今日を1日目として考えての4日目のことです。

 

「そんならささってまでまってあげるから、それまでにちゃんとこのしごとおわってしまわれ」
(それなら明後日まで待ってあげるから、それまでにきちんとこの仕事を終わらせてしまえ)

 

という風に使われます。

ささって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体、なり、背格好、様子 という意味です。

 

「ざまばっかりでかて、まだなんにもならんちゃ」
(体ばかり大きくて、まだ何にもならないな)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「わんぱく、やんちゃな様子」を表す言葉では「えんてこ」があります。

 

「うちのこは、はんさなえんてこでよわっとるがいちゃ」
(うちの子は、とてもわんぱくで弱ってしまいます)

 

という風に使われます。

ざま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

適当に処理する、はねつける、押しのける という意味です。

 

「かいごうでいけんしたのにさらいつけられた」
(会合で意見を言ったのに適当にあしらわれた)
「あたりのひとをさらいつけてしなもんをつかんでいたねかいね」
(周りの人を押しのけて品物を掴んでいたものね)
「すのーたいやもつけとらんやつさらいつけたれ」
(スタッドレスタイヤも履いていないヤツは押しのけてやれ)

 

という風に使われます。

さらいつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

持って来る という意味です。

 

「ばけつさんてきて」
(バケツを持ってきて)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「さんにょ」があります。
これは「計算、勘定、物事の工夫、都合」という意味です。

 

「ちゃんとさんにょしてからしごとにかかるもんだがいね」
(ちゃんと計算してから仕事に掛かるものですけどね)

 

という風に使われます。

さんてくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕事に手間取る という意味です。

 

「さぎょうしころついたぁ」
(作業に手間取ったー)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しさん」があります。
これは「~の方(人物に対して)」という意味です。

 

「そこなちのしさん」
(そこの家の方)

 

という風に使われます。

しころつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急いで という意味です。

 

「しだいてせんなおくれてしもないけ」
(急いで(仕度)しないと遅れてしまうじゃないか)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しとうつ」があります。
これは、もち米などを蒸す際に「少量の水を振り掛ける」ことです。

 

「むしあがるまえにしとうたんといいあかままにならんがいね」
(蒸しあがる前に、少し水を振り掛けないと良い赤飯にはなりませんよ)

 

という風に使われます。

しだいて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

味が無い、味が薄い、不味い という意味です。

 

「このうどんのしる、しっしょんあぁいわ」
(このうどんの汁、味が薄いわ)
「このおつけしっしょんないね」
(この味噌汁味が無いね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しっちょんしっちょん」があります。
これは「雫が落ちる様」のことを指します。

 

「しっちょんしっちょんしずくがおちる」

 

という風に使われます。

しっしょんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

したるこい、したるい とも言います。

 

湿っぽい、じめじめする という意味です。

 

「まだしったるこいわ。もうちょっとほしとかんなんわ」
(まだ湿っぽいわ。もう少し干しておかなくてはなりませんね)
「つゆでしたるこいねー」
(梅雨でジメジメするねー)
「あぜみちあるいてきたので、あしもとしたるくなったちゃ。」
(畦道を歩いてきたので、足元が湿っぽくなっちゃったよ)

 

という風に使われます。

しったるこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長時間 という意味です。

 

「しとよくままくとったじゃ」
(長い時間をかけてご飯を食べていたよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しなんたろ、しなんたろう」があります。
これは「毛虫の一種」という意味です。

 

「あのきーにしなんたろついとる」
(あの木に毛虫が付いている)
「しなんたろにさされていたかったわぁ」
(毛虫に刺されて痛かったよー)

 

という風に使われます。

しとよく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃー とも言います。

 

それは という意味です。

 

「しゃなにもっとられるがけ」
(それは何を持っているんですか)
「しゃー、なにい?」
(それは、何?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃーかす」があります。
これは「水に浸す」という意味です。

 

「ちゃわんままでかぱかぱだけにしゃーかさんなんわ」
(茶碗がご飯粒でカピカピだから水に浸しなさいよ)

 

という風に使われます。

しゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

問題ない、差し支えない という意味です。

 

「さんだるでもじゃまないよ」
(サンダルでも問題ないよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「じゃけら」があります。
これは「派手すぎてけばけばしい」状態を言います。

 

「ちょっとじゃけらなきものだね」
(ちょっと派手すぎる着物だね)

 

という風に使われます。

じゃまない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じょーい とも言います。

 

① 上手 という意味です。

 

「じょいにしごとするな」
(上手に仕事をするね)

 

という風に使われます。

 

② うまくやったものだ、うまくしたものだ という意味です。

 

「いなかでしょうばいやっていけるっちゃじょいなもんやね」
(田舎で商売をやっていけるなんて、うまくやったものだね)

 

という風に使われます。

じょい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じょううこく とも言います。

 

おだてる、褒める という意味です。

 

「じょうずばっかゆう」
(おだててばかりだ)
「じょうずこくがうまいの」
(おだてるのが上手ですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しょうわけ」があります。
これは「遺産の分配、形見分け」という意味です。

 

「このきものはわたしのははのしょうわけでだいじにしとるがです」
(この着物は、私の母の形見分けで、大事にしているのです)

 

という風に使われます。

じょうず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょぉからい、しぉからい とも言います。

 

塩辛い、しょっぱい、塩気が強い という意味です。

 

「このにしめしょっからくないけ、につまったがかね」
(この煮物塩辛くない?煮詰まったんじゃないの)
「このうめぼししょっからいてたべれんわぁ」
(この梅干、塩辛くて食べられないわ)

 

という風に使われます。

しょっからい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しみ込む という意味です。

 

「だしがしょんできた」
(出汁がしみてきた)
「にしめ、しょうゆがしょんでまぁなった」
(煮物に醤油がしみ込んで美味しくなった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しょむない」があります。
これは「元気が無い、(表情が)不景気な」という意味です。

 

「あんたなんちしょむないかおしとんがけ」
(あなた、なんて不景気な顔をしているのよ)

 

という風に使われます。

しょむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せわしない とも言います。

 

うるさい、騒がしい、落ち着きが無い という意味です。

 

「しょわしないな!ちんとしとろ」
(うるさいな!じっとしていろ)
「ちょっとしょわしないぞ、かいどへでてあそんでこられ」
(ちょっとうるさいよ、外に出て遊んで来なさいよ)
「なんちゅしょわしないこなが」
(なんて騒がしい子なのかしら)

 

という風に使われます。

しょわしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しられま、しられんか とも言います。

 

~しなさい、~しなさいよ という意味です。

 

「はやくしられ!」
(早くしなさい!)
「はよこられー」
(早く来なさい)
「はやくしゅくだいしられ」
(早く宿題しなさい)

 

という風に使われます。

しられ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しんがいぜん とも言います。

 

へそくり、内緒のもの(主に金銭)という意味です。

内緒で金品を蓄えることを指します。

 

「うちのばあはんたくさんしんがいしとるらしいわ」
(うちのおばあちゃんはたくさんへそくりしているらしいよ)
「おらとこのばあちゃんもようけしんがいぜんもっとるとおもうわ」
(俺の家のおばあちゃんも、たっぷりへそくり持ってると思うよ)
「しんがいぜんたくさんもっとるけに、ねだってみられ」
(内緒のお金をたくさん持ってるから、おねだりしてみなよ)

 

という風に使われます。

しんがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

酷い目に遭うこと、半死半生、大変な目、辛い目 という意味です。

 

「しんころめにおうたわ」
(酷い目に遭ったよ)
「こんどのきねんぎょうじではかねあつめでしんころめにおうたちゃ」
(今度の記念行事では、集金で酷い目に遭ったよ)

 

という風に使われます。

しんころめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じんだはん とも言います。

 

お巡りさん、警察官 という意味です。

 

「じてんしゃのふたりのりしとったらじんだはんにみつかっておこられた」
(自転車の二人乗りをしていたら、お巡りさんに見つかって怒られた)
「えんころのじんだはん、まいごのまいごのねねねこ、あんにゃのうっちゃーどこながぁ」
(犬のお巡りさん、迷子の迷子の子猫ちゃん、あなたのおうちはどこですか)

 

という風に使われます。

じんださん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

律儀な、義理堅い、丁寧な という意味です。

 

「となりのじいはんおれいにさけもってこられたがいね、じんべなっさんだちゃ」
(隣のお爺さんはお礼にお酒を持って来られたんだよ、律儀な方ですね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しんじゅ」があります。
これは「いつも」という意味です。

 

「しんじゅけんかしとるの」
(しょっちゅう喧嘩しているね)

 

という風に使われます。

じんべな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

末っ子 という意味です。

 

「あんたすえなりひょうたんであまやかしえそだったがだぜ」
(あなたは末っ子で甘やかされて育ったからね)
「あー、あんた、すえなりひょうたんやったんけ?」
(ああ、あなたは末っ子だったんだね?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「すこたんかぶり」があります。
これは「頬かむり」という意味です。

すえなりひょうたん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

適当、いい加減 という意味です。

 

「てすとぜんぜんわからんかったから、すたかんまのこたえかいといた」
(テストが全然分からなかったので、適当な答えを書いておいた)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ずこいきり」があります。
これは「生意気な者、うぬぼれ者、調子に乗ってる者」という意味です。

 

「あいっつずこいきりではなしかけることもできんちゃ」
(あいつ生意気だから話しかける事も出来ないよ)

 

という風に使われます。

すかたんま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

強くこわばる、硬くなる という意味です。

 

「このごろからだがすてこわってならんちゃ、やっぱりとしですちゃ」
(この頃、体が硬くなって仕方ないよ、やっぱり年だなあ)
「あのひとえらいすてこわってはなしとったね」
(あの人、すごく硬くなって話してたよね)

 

という風に使われます。

すてこわる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弄くる、弄る、もてあそぶ という意味です。

 

「そんなにせせってばっかりおると、にんぎょうのくびとれてしまうぞ」
(そんなに弄くってばかりいると、人形の首が取れてしまうぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せわしない」があります。
これは「落ち着きの無い」という意味です。

 

「せわしない、じっとしとられま」
(落ち着きが無い、大人しくしていらっしゃい)

 

という風に使われます。

せせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せーま、せっしゃんか とも言います。

 

しなさい、しましょう、しましょうよ という意味です。

 

「こっちこっしゃいま」
(こちらへ来なさいよ)
「はやくせーま」
(早くしなさい)
「これ、せっしゃんか」
(これ、しましょうよ)
「やきゅうせんまいけ」
(野球しましょうよ)
「あしたぁかんだけいってかうがんにせんまいけ」
(明日、上滝に行って買うことにしましょうよ)

 

という風に使われます。

せっしゃい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しない という意味です。

 

「そいことせんわよ」
(そんなことしないわよ)
「おらっちゃのとこでわ、そいことせんちゃ」
(私の所では、そのようなことは実施しない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「せんまい」があります。
これは「してはいけない」という意味です。

 

「そいこと、せんまい」
(そのようなこと、してはいけない)

 

という風に使われます。

せん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

配偶者 という意味です。

 

「あんたのそいあいがげんきならいっしょにりょこうにいけたがにね」
(あなたの配偶者が元気なら、一緒に旅行に行けたのにね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぞうくさる」があります。
これは「うんざりする」という意味です。

 

「どっだけとってもくさはえて、ぞうくさるわ」
(いくらむしっても草が生えてきてうんざりするわ)

 

という風に使われます。

そいあい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうだじゃ とも言います。

 

そうなんだよ、そうなの、そういうこと、そうなんです という意味です。

 

「そいがそいが」
(そうそう)
「そいがやちゃ」
(そうなのよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そいとこ」があります。
これは「そういうところ」という意味です。

 

「そいとこにはさみおいたらあぶないぜ」
(そういうところにハサミを置いたら危ないよ)

 

という風に使われます。

そいが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

元気 という意味です。

 

「あんたそくさいながけえー?」
(あなた元気ですか?)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「そくさいやったけ」があります。
これは「元気でしたか?」という意味です。

 

「あんたそくさいやったけ?」
(あなた元気でしたか?)
「はいそくさいや~」
(はい、元気ですよ~)

 

という風に使われます。

そくさいなあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんた、あんたの家 という意味です。

 

自分と同格の相手に対する言葉です。

 

「そこんと、にゅういんしとったがやと?」
(あんた、入院していたんだって?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そっこさ」があります。
これは「それこそ」という意味です。

 

「そっこさじょそうざいまかんなんわ」
(それこそ除草剤を撒かなければいけないわ)

 

という風に使われます。

そこんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それ という意味です。

 

「なんや、そっ」
(なに、それ)
「そっ、でじかめや」
(それは、デジカメです)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「そっで」があります。

これは「それで」という意味です。

 

「もうそっでおくこっちゃ」
(もうそれで置きなよ)

 

という風に使われます。

そっ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そびれあがる とも言います。

 

驚く という意味です。

 

「こんなところであってそぼれたちゃー」
(こんな場所で会って驚いたよー)
「きんのう、はたけぇいってきたらくまでてきてぇ、そぼれたちゃ」
(昨日、畑に行って来たら熊が出てきて、驚いたよ)

 

という風に使われます。

そぼれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そういえば という意味です。

 

「そんこたそうかもしれん」
(そういえばそうかもしれない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そんぐり」があります。
これは「そっくりそのまま、全部」という意味です。

 

「ごはんそんぐりしてるよ」
(ご飯が全部残っているよ)
「わししんだらあんたにわしのもっとったもんそんぐりあげるちゃ」
(俺が死んだら、あなたに俺の持っていた物そっくりそのままあげるよ)

 

という風に使われます。

そんこた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なかなか、全然、全く という意味です。

 

「そういわれるけど、わしはあのひとをだいからすきになれんが」
(そう言われるけど、私はあの人を全然好きになれないのだけど)
「いしゃにかかっているが、だいからよくならんのでこまっとるが」
(医者にかかっているのだけど、なかなか良くならないので困っています)

 

という風に使われます。

だいから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たいそう とも言います。

 

面倒、億劫だ、気が進まない、疲れる という意味です。

 

「らくにできるとおもっておったのに、たいそなしごとなったがいね」
(楽に出来ると思っていたのに、面倒な仕事になってしまったね)
「ああたいそや~、しごとやすもかな」
(ああ、億劫だー、仕事休もうかなあ)
「からだがたいそでならんちゃ」
(体が疲れて大変だよ)
「そんなたいそなことしたない」
(そんな面倒なことはしたくない)

 

という風に使われます。

たいそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たいそうど とも言います。

 

大変 という意味です。

 

「このちゃわんわったらたいそど。たかいがやから」
(この茶碗を割ったら大変ですよ。高価ですから)
「ちゃわんてっくりかやしてだいそうど」
(茶碗をひっくり返して大変だ)

 

という風に使われます。

たいそど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしゃれ、垢抜けている という意味です。

 

「あんたのだんなはんだいつなひとだけに、あんたすきながだろう」
(あなたの旦那様はお洒落な人だから、あなたは好きなんでしょう?)
「きょうはだいつして、どこにいくんだ」
(今日はおしゃれして、何処に行くんだい)

 

という風に使われます。

だいつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出して という意味です。

 

「あんたはらだいてねとったら、かぜひくがいね」
(あなた、お腹を出して寝ていたら、風邪を引きますよ)
「きょうはわたしがだいてやる!」
(今日は私が(飲食の代金を)出してあげる!)

 

という風に使われます。

だいて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

着物をはしょる という意味です。

 

「あめあがりのみちだけに、きもんをたくしあげてあるかれや」
(雨上がりの道ですから、着物をはしょって歩きなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たたっくせる」があります。
これは「叩きつける」という意味です。

たくしあげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

簡単に分かる という意味です。

 

「あんたのかんがえとることならただわかるちゃ」
(あなたの考えていることなんて簡単に分かるわよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たかもち」があります。
これは「地主、財産家」という意味です。

 

「むかしはあのっさんとこはたかもちだった」
(昔はあの人の家は地主だった)

 

という風に使われます。

ただわかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だちゃかん とも言います。

 

駄目、いけない、埒があかない という意味です。

 

「せんたくきだちかんようなった」
(洗濯機が(壊れて)使えなくなった)
「いんすたんとばっかたべとってちゃだちかんよ」
(インスタント食品ばかり食べていてはいけないよ)
「さいきんさっぱりだちゃかんわ」
(最近さっぱり駄目だわ)
「あいつになにいうてもだちゃかん」
(あいつに何を言っても埒があかない)

 

という風に使われます。

だちかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

飛ぶ という意味です。

 

「とりがたっていった」
(鳥が飛び立って行った)
「わたげがたってった」
(綿毛が飛んで行った)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たちもん」があります。
これは「建物」という意味です。

 

「えきまえにでっかいたちもんできたねぇ」
(駅前に大きな建物が出来たね)

 

という風に使われます。

たつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

台所、食事をする場所 という意味です。

 

「たなまえにあったみかんどうしたがけ、はやたべてしもたがけ」
(台所にあったみかんどうしたっけ、もう食べてしまったっけかなあ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「たべられんか」があります。
これは「食べなさい」という意味です。

 

「てれびばっかりみとらんとちゃっちゃとたべられんか」
(テレビばかり観ていないで、さっさと食べなさい)

 

という風に使われます。

たなまえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体調が悪い、面倒、だるい という意味です。

 

「きのうちょっとのみすぎて、きょうはだやいなあ」
(昨日ちょっと飲みすぎて、今日は体調が悪いなあ)
「かぜひいてだやいよ」
(風邪を引いて体調が悪いよ)
「ぶかついくがだやいしー」
(部活に行くのが面倒ー)
「またわたしけー、だやーい。ほかのひとおらんがけー」
(また私なの?だるーい。他の人いないのー?)
「きょうはどいがかしらんねど、だやてだやてならん」
(今日はなんだか分からないけど、だるくてだるくて仕方ない)

 

という風に使われます。

だやい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらぶつ、だれぶち、だらぼち とも言います。

 

馬鹿、阿呆、馬鹿野郎 という意味です。

 

「だらかおまえ」
(馬鹿かおまえ)
「このだらめ、だらみたいなこというもんでない」
(この馬鹿め、阿呆みたいな事を言うものじゃない)
「だらばっかりいうとらんといっしょうけんめいせんまいか」
(馬鹿ばかり言っていないで一生懸命やらないか)

 

という風に使われます。

だら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらがかって とも言います。

 

知らん振り という意味です。

 

「ぱそこんのつかいかた、だらふになってきいとったがちゅ」
(パソコンの使い方を(知っているが)知らないふりして聞いていたんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「だらくさい」があります。
これは「馬鹿馬鹿しい、あほらしい」という意味です。

だらふ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

浪費する、贅沢なさま、ゆるい という意味です。

 

「そんなにみずだわだわとつかわれんな」
(そんなに水を贅沢に使うんじゃないよ)
「あんたこのごろだわだわとかねつかうね」
(あなた最近お金をたくさん使う(浪費する)ね)
「このずぼんだわだわだね」
(このズボン、ゆるいね)

 

という風に使われます。

だわだわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

酷い事が続く という意味です。

 

「こうずいでおぞいことのたれかすにおうた」
(洪水でとんでもなく酷い目に遭った)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たんかむす」があります。
これは「短気、気が短い」という意味です。

たれかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

toytだんち とも言います、

 

互い違いになっている という意味です。

 

「あんた、しゃつのぼたんだんこちんこになっとるぜ」
(あなた、シャツのボタンが互い違いになっていますよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「たんたんふむ」があります。
これは「地団太を踏む」という意味です。

だんこちんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だんないん とも言います。

 

差し支えない、構わない、よろしい、心配ない という意味です。

 

「そんなにきつかわんでもだんないちゃ」
(そんなに気を使わなくても差し支えないですよ)
「ひとりでできるけに、てつだってもらわんでもだんないちゃ」
(1人で出来ますから、手伝っていただかなくても構いません)

 

という風に使われます。

だんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうだと言っているのだ という意味です。

 

「うそじゃないちゃ、ほんとうやちが」
(嘘ではありません、本当だと言っているじゃないですか)

 

という風に使われます。

 

これが「ちがいね」ですと「~と言うのか」という意味です。

 

「どーやちがいね」
(何が違うと言うのか)

 

という風に使われます。

ちが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

違う、間違っている という意味です。

 

「ちごことするな」
(間違った事をするな)
「あんただとおもってこえかけたらちごとった」
(あなただと思って声をかけたら、違っていた)
「ちごとるちごとるなんべんいうたらわかるがけ」
(間違っている間違っていると何回言ったら分かるんだ)

 

という風に使われます。

ちご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よ、わ、わよ、だよ という意味です。

 

「そんなもんぐらいわかるちゃ」
(そんなことくらい分かるわよ)
「でも、なんにもいわんちゃ」
(でも、何も言わないよ)
「どいがでもいいちゃ」
(どうでもいいよ)
「そんなら、いいちゃええちゃ」
(それなら、良いお茶がいいよ)

 

という風に使われます。

 

また、「~って」という意味もあります。

 

「これちゃなんけ?」
(これって何?)

 

という風に使われます。

ちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ち着きなく動く という意味です。

 

「ちゃかちゃかしとらんと、もっとでんとかまえとられ」
(そわそわ動いていないで、もっとでんと構えていなさいよ)

 

という風に使われます。

 

そわそわして落ち着かない人を見て批判するときに
「ちゃかちゃかしとる」と言います。

ちゃかちゃかする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まごつかせる、途方にくれさせる という意味です。

 

「ひとをちゃがちゃがにしやがって」
(人をまごつかせやがって)
「あれもこれもやれいうて、ひとをちゃがちゃがにするちゃ」
(あれもこれもやれと言って、人を途方にくれさせるんだ)

 

という風に使われます。

 

目上の人などに色々なことを命ぜられて、
何から手をつけていけばよいか困惑するときなどに
「人をちゃがちゃがにする」と言います。

ちゃがちゃがにする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めちゃくちゃ、むちゃくちゃ という意味です。

 

「へやじゅうちゃちゃくちゃになっとるで、かたづけられや」
(部屋中がめちゃくちゃになっているぞ、片付けなさいよ)
「おまえのいうことはいつもちゃちゃくちゃだ」
(おまえの話すことはいつもめちゃくちゃだ)

 

という風に使われます。

ちゃちゃくちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちゃちゃと、ちゃっちゃと、ちゃっちゃっと とも言います。

 

早く、さっさと という意味です。

 

「ちゃちゃっとしゅくだいしられんか」
(さっさと宿題をやってしまいなさいよ)
「こうこうせいにもなっとって、そんなことぐらいちゃっとせんにゃだめだねかいね」
(高校生にもなって、そんなことくらいさっさとやらなくては駄目だろう)

 

という風に使われます。

ちゃっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 余計な事を言いふらす人、おしゃべり、口が軽い という意味です。

 

「あのっさんちゃべだからきつけられ」
(あの人は余計な事を言いふらす人だから気をつけなさい)
「あいつはちゃべやからいうな」
(あいつは口が軽いから耳に入れるな)

 

という風に使われます。

 

② おせっかい という意味です。

 

「ちゃべこくな」
(おせっかいするな)

 

という風に使われます。

ちゃべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

締めくくる、片付ける という意味です。

 

「もうすこしでちょうつけるからまっとって」
(もう少しで片付けるから待っていて)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゅうとる」があります。
これは「言っている」という意味です。

 

「ちごちゅうとるがいね」
(違うと言っているじゃないの)

 

という風に使われます。

ちょうつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょはい とも言います。

 

里帰り、帰省 という意味です。

 

「あんたんところのよめはんのかおがみえんが、ちょうはいにいかれたがけ」
(あなたの所のお嫁さんの顔が見えないけど、里帰りされたんですか?)
「さとのいえにちょはいにいっとったがけ」
(実家にしばらく帰っていたのですか)

 

という風に使われます。

ちょうはい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっこ、ちょこり、ちょっこし とも言います。

 

少し という意味です。

 

「もうちょっこりしおいれたほうがいいがでないけ」
(もう少し塩を入れた方がいいんじゃないか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょこがしい」があります。
これは「くすぐったい」という意味です。

ちょっこり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 子供をあやす という意味です。

 

「どっだけちょろがしてもなあんなきやまんな」
(どれだけあやしても全然泣き止まないね)

 

という風に使われます。

 

② からかう、愚弄する という意味です。

 

「あんまりちょろがすとおこるぞ」
(あんまり愚弄すると怒るぞ)

 

という風に使われます。

ちょろがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大人しく、きちんと、静かにじっとしている という意味です。

 

「ちんとすわっておられま」
(大人しく座っていなさいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょんご」があります。
これは「いじくる」という意味です。

 

「どろちょんご」
(土いじり=泥遊び)

 

という風に使われます。

ちんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

差し支えない、大丈夫、問題ない という意味です。

 

「らじおかりてもつかえんけ?」
(ラジオを借りても差し支えないですか?)
「なーんつかえんちゃ」
(全然問題ないよ)
「このぱそこんつかってもいいけ?」「つかえんよ」
(このパソコン使ってもいい?)(問題ないよ)

 

という風に使われます。

つかえん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

予感する、虫が知らせる、第六感が働く という意味です。

 

「あんたようこられた、つがさしたやらきんのはあんたのゆめみたが」
(あなたよくいらっしゃいましたね、虫が知らせたのかあなたの夢を見たよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つかえる」があります。
これは「触っている」という意味です。

つがさす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃがむ、うずくまる という意味です。

 

「もっとつくなってさがしてみられ」
(もっとしゃがんで探してみなさいよ)
「そんなとこにつくなっとらんと、こっちへこられませ」
(そんな所でうずくまっていないで、こちらへいらっしゃいよ)

 

という風に使われます。

つくなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乱雑に積み重ねる、整理しないで積み上げておく という意味です。

 

「せんたくもんをこんなにいっぱいとつくねとかんと、はようあらわれんか」
(洗濯物をこんなにたくさん積み上げていないで、早く洗いなさいよ)
「げしゅくにきたないもんつくねられんな。ちゃんとあらわれや」
(下宿に汚い(洗い)物を積み上げておくな。ちゃんと洗いなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つくねあがる」があります。
これは「得意になっていい気になる」という意味です。

つくねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(物を)載せる という意味です。

 

「あとからゆうびんきょくいってくるけにこのこづつみくるまにつけといて」
(後で郵便局へ行って来るから、この小包を車に載せておいて)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つっこむ」があります。
これは「突き指、捻挫」という意味です。

 

「れんしゅうでてつっこんだが」
(練習で突き指したよ)

 

という風に使われます。

つける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

掴まる という意味です。

 

「まいごになるからかあさんのてにつながっておられ」
(迷子になるから、お母さんの手に掴まっていなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「つんだって」があります。
これは「連れ立って」という意味です。

 

「ねえちゃんにつんだっていかれ」
(お姉ちゃんと連れ立って行きなさい)

 

という風に使われます。

つながる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すべすべ、つるつる、つやつや という意味です。

 

「あんたつべつべのかおしとってかって、まだそのうえにけしょうするがかいね」
(あなたすべすべな顔をしているのに、まだその上に化粧するの?)
「くりーむぬったらてがつべつべになったちゃ」
(クリームを塗ったら手がすべすべになったよ)

 

という風に使われます。

つべつべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆっくりと、少しずつ、徐々に という意味です。

 

「あのかたはつまつまとはなしするひとや」
(あの方はゆっくりと話をする人です)
「あわてんとつまつまとやらんまいけ」
(慌てないで少しずつやりなさいよ)
「あのっさんはつまつまとじょうずにはなされっちゃ」
(あの人はゆっくりと上手に話されますね)

 

という風に使われます。

つまつま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つらにくい とも言います。

 

憎らしい、憎たらしい、酷い、意地悪な という意味です。

 

「なんてつらんとくないひとやろ」
(なんて憎らしい人なのかしら)
「そんなつらんとくないこといわんでよ」
(そんな酷い事を言わないでよ)
「あのあくやくつらにくいかおしとるの」
(あの悪役は憎たらしい顔をしているね)

 

という風に使われます。

つらんとくない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てくない とも言います。

 

だるい、切ない、息苦しい、体が辛い という意味です。

 

「きょうはあさからてきなててきなてしごとがはかどらんな」
(今日は朝からだるくてだるくて仕事が捗らないよ)
「なんやらからだがてきのうてならんちゃ」
(なぜか体がだるくて仕方が無いのよ)
「あーてきない、みずいっぱいもらえんけ」
(あー切ない、お水を一杯頂けませんか)
「ちょっとむりしたらてくないわ」
(ちょっと無理したら苦しくなって動けないわ)

 

という風に使われます。

てきない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪たれ、気が強くて言動が荒々しい、乱暴 という意味です。

 

「なんちゅうてっこながいね」
(なんて悪たれなのかしら)
「そんなてっこなことをすると、じんだはんにいうてやるぞ」
(そんな乱暴な事をすると、お巡りさんに言いつけるよ)
「てっこなことしられんな」
(乱暴なことをするんじゃないよ)

 

という風に使われます。

てっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てっしょ とも言います。

 

小皿、手塩皿 という意味です。

 

「てっしゅにとってたべられ」
(小皿に取って食べなさい)
「もうにさんまいてっしゅもってきてくれ」
(もう2~3枚、小皿を持って来て下さい)
「そこのてっしょ、じいちゃんにとってくれ」
(そこの小皿、おじいちゃんに取ってあげて)

 

という風に使われます。

てっしゅ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手に負えない という意味です。

 

「いつつにもなるとてなわんわ」
(5歳にもなると手に負えないよ)
「てなわんこやねー」
(手に負えない子だねー)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「でんぱつ」があります。
これは「きかんぼう」という意味です。

 

「このでんぱつめ」
(このきかん坊め)

 

という風に使われます。

てなわん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頂、てっぺん、山頂 という意味です。

 

「あのやまのてんこまではしってみるけ」
(あの山のてっぺんまで走ってみようか)

 

という風に使われます。

 

これが「てんこもり」ですと「山盛り」という意味です。

 

似た言葉では「てんきまわり」があります。

これは「空模様」という意味です。

 

「きょうのてんきまわりはどうかね」
(今日の空模様はいかがでしょうか)

 

という風に使われます。

てんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てんぽな とも言います。

 

とんでもない、無鉄砲な という意味です。

 

「そんなてんぽげなことあるけー」
(そんなとんでもないことがあるか)
「なんちゅーてんぽなことをするがよ」
(何て無鉄砲なことをするのだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「てんでに」があります。
これは「各自に」という意味です。

てんぽげな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっちゅう という意味です。

 

「かねおくってくれととうしにでんわかかってくるちゃ」
(金を送ってくれとしょっちゅう電話が掛かってくるんだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「どうやらこうやら」があります。
これは「なんとか」があります。

 

「どうやらこうやらてんこまでのぼったね」
(なんとか山頂まで上ったね)

 

という風に使われます。

とうしに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

泥や垢がついて汚れているさま のことを言います。

 

「さっききせたふくをはやどかどかにしてきて」
(さっき着せた服をすぐ泥だらけにして来て)
「じどうしゃがはねをあげて、へいをどかどかにしてしもた」
(自動車が泥を跳ね上げて、塀を汚してしまった)

 

という風に使われます。

どかどか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

極端な事、良くない という意味です。

 

「どくしょなやつや」
(とんでもないヤツだ)
「どくしょなにおい」
(ひどくくさい臭い)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「どす」があります。
これは「酷い、非常に」など罵る言葉の接頭語です。

 

「どすぐろい」
(汚く黒い)

 

という風に使われます。

どくしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とことい とも言います。

 

~だよ という意味です。

 

「しゅくだいしたとこと」
(宿題をしたよ!)
「かぜふいてきたとことい」
(風が吹いてきたよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「どこんでも」があります。
これは「何処にでも」という意味です。

 

「いまどきどこんでもあるわ」
(今どき何処にでもあるよ)

 

という風に使われます。

とこと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どっさる とも言います。

 

寝る、横になった状態 という意味です。

 

「わかいくせにどさってばっかおらんと、すこしはたらけま」
(若いくせに寝てばかりいないで、少しは働けよ)
「うしがみちのまんなかにどっさっとる」
(牛が道の真ん中に横になっている)

 

という風に使われます。

どさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どっぽな とも言います。

 

とても という意味です。

 

「あめふってどったいよわるわい」
(雨が降ってとても困るよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とーど」があります。
これは「とうとう」という意味です。

 

「とーどあめふりだした」
(とうとう雨が降り出した)

 

という風に使われます。

どったい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

豆腐 という意味です。

 

「とっぺのおつけでいいけ?」
(豆腐のお味噌汁でいいですか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「とっち」があります。
これは「よその」という意味の幼児語です。

 

「とっちのおじちゃん」
(よそのおじさん)

 

という風に使われます。

 

これが「とっとこ」になりますと「ニワトリ」という意味の幼児語です。

とっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ととっぱし とも言います。

 

ふくれっつら、鳥のくちばし、口先 という意味です。

 

「なにはらたてとるがいね、ととっぱしとんがらかして」
(何に腹を立てているのよ、ふくれっつらをしちゃって)
「まーたととんばすだいとる」
(またふくれっつらをしている)
「ととっぱしをとんがらしてばっかりおると、だれにもあいてにしてもらえんよになるぞ」
(ふくれっつらばかりしていると、誰にも相手にしてもらえなくなるよ)

 

という風に使われます。

ととんばす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

慌てる、うろたえる、まごつく という意味です。

 

「このあとしまつどうしたらいいか、どまついたちゃ」
(この後始末をどうしたらいいのか、慌ててしまった)
「あんたなにどまついとんがいね、はようしられんか」
(あなた何をまごついているのよ、早くしてくれないかしら)

 

という風に使われます。

どまつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうだって言うんだ、何だと言うんだ という意味です。

 

「かいしゃやすんでどやちゅが」
(会社を休んだからと言ってどうだと言うんだ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「どろくそ」があります。
これは「酷くやんちゃな」様子を指します。
大人を指す場合は「酷く扱いにくい人」のことを言います。

どやちゅが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

尖ったものの先端 という意味です。

 

「あのさおのとんぼになんかとまっとらんけ?」
(あの竿の先端に何か止まっていませんか?)
「あんまりとんぼまでのぼられんぞ。あいまちせんよにきつけられ」
(あんまり先の方まで登らないでね。怪我しないように気をつけなさい)
「だいじなつりざおのとんぼおれてしもた」
(大事な釣竿の先端が折れてしまった)

 

という風に使われます。

とんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんぼすけ、どんぼ とも言います。

 

まぬけ、馬鹿 という意味です。

 

「このどんぼつめ」
(この馬鹿が)
「あのどんぼすけめ」
(あのまぬけめ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉には「どんぼいわし」があります。
これは「うどの大木・邪魔な役立たず」という意味です。

どんぼつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いいえ、ううん という意味です。

 

「あんたえらいね」「なあん、たいしたことないちゃ」
(あなた偉いね)(いいえ、大した事ありません)
「なんなんなん、そんなことないがいちゃ」
(いやいやいや、そんなことありませんよ)
「けさから、なーんはかいっとらん」
(今朝からちっとも捗っていない)
「なーんそぃことでちゃないちゃ」
(いいえ、そういうことではありません)

 

という風に使われます。

なあん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

中身 という意味です。

 

「このさかな、なかずんちぶたいぞ」
(この魚、身の中が冷たいぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ながまし」があります。
これは「大福餅」という意味です。
餡が入った平べったいお餅のことを言います。

 

「となりのよめはんのさとからきたながましだと」
(隣の嫁さんの故郷からの大福餅ですって)

 

という風に使われます。

なかずん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

横になる、寝そべる、寝る という意味です。

 

「ああはんつかれたろがいね、ちょっこりなごなってやすんでくたはれ」
(随分と疲れたでしょう、少し横になって休んでください)
「なごなってたべるもんなどこにおるいね」
(寝そべって食べるヤツがどこにいるんだ!)
「なごならっしゃい」
(横になって休んでください)

 

という風に使われます。

なごなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恋愛結婚 という意味です。

 

「とうちゃんとかあちゃん、なじみぞいながやけど、はんたいされたけどね」
(お父さんとお母さんは恋愛結婚なんだけど、親に反対されたんだよ)

 

という風に使われます。

 

この「ながやけど」は「~なんだけど」という意味です。

 

「あした、ぶかつながやけど」
(明日は部活なんだけど)

 

という風に使われます。

なじみぞい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうってことない という意味です。

 

「あめふりゃなったり」
(雨が降ったってどうってことない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なれる」があります。
これは「魚の鮮度が落ちる」という意味です。

 

「このさかなちょっとなれとらんけ」
(この魚、少し鮮度が落ちていない?)

 

という風に使われます。

なったり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物がなくなる という意味です。

 

「はよはがきもらいにこんとなよなってしもーぞ」
(早くハガキを貰いに来ないとなくなってしまうよ)
「けーきたべたらないよなった」
(ケーキを食べたらなくなっちゃった)

 

という風に使われます。

なよなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんくゎん とも言います。

 

南瓜(かぼちゃ)という意味です。

 

「とうじになんくゎんをたべるとちゅうぶにならんといね」
(冬至にかぼちゃを食べると病気にならないと言いますね)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「なんけ?」があります。
これは「いったい何の御用でしょうか?」という意味です。

なんかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんだって、なんで という意味です。

 

「なんじゃしてー、みみとうてきこえんだ、もういっぺんゆうて」
(なんだって?耳が遠くて聞こえないんだ、もう一度言って)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なんじゃちゅがいら」があります。
これは「何を言っているんだか」という意味です。
相手の言葉に呆れているときに使われる表現です。

なんじゃして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何をしているのですか? という意味です。

 

「かあまたなんすとらんけえ」
(これまた何をしているのですか?)
「こんなとこにおってぇ、なんしとらんけぇ」
(こんな場所にいて、何をしているのですか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なんのせ」があります。
これは「何はともあれ」という意味です。

 

「なんのせそれからやらんなん」
(何はともあれ、それからやらなくては)

 

という風に使われます。

なんすとらんけえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんと という意味です。

 

「なんちゅうこというがいね!」
(なんということを言うのですか!)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「なんちゅいな」があります。
これは「なんということだ」という意味です。

 

「ほったてごやからはじめてだいがいしゃになったと、なんちゅないなー!」
(掘っ立て小屋から始めて大会社になったって、なんとまあ大したものです!)

 

という風に使われます。

なんちゅう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

掴む、握る という意味です。

 

「てでぎゅっとにがむ」
(手でぎゅっと掴む)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「にか」があります。
「ぬか」とも言います。

 

これは「籾殻」という意味です。

 

「むかしはにかがまがあって、それでごはんたいたもんだ」
(昔は籾殻の窯があって、それでご飯を炊いたものです)

 

という風に使われます。

にがむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にぐし とも言います。

 

米のとぎ汁 という意味です。

 

「たけのこのあくぬくにはにごしでゆでるのがいちばんですちゃ」
(筍の灰汁を抜くには、米のとぎ汁で茹でるのが一番ですよ)

 

という風に使われます。

 

また「にご」ですと「(籾を取った後の)藁の穂先」という意味です。

 

「にごでつくったほうきもいまではみられなくなってしもたね」
(藁の穂先で作った箒も、今では見られなくなってしまったね)

 

という風に使われます。

にごし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

似合う という意味です。

 

「そのきもんはあんたにようについとるわ」
(その着物は、あなたにとても似合っていますよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「にたかよったか」があります。
これは「似たり寄ったり」という意味です。

につく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人っ子ひとり という意味です。

 

「にんげんぼろおらん」
(人っ子ひとりいない)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「にーよ」があります。
これは「なんだよ!」などと、苛立ちを表す言葉です。

 

「にーよ、それ!」
(なんだよ、それ!)

 

という風に使われます。

にんげんぼろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねんさい とも言います。

 

腐敗して臭い、臭いがこもってとても臭い、
食べ物などが腐りかかって臭い という意味です。

 

「このたらのにたがねぐさいやね」
(この鱈の煮たものは腐って臭いね)
「あせかいたままおいとったふくがねぐさあなった」
(汗をかいたまま置いておいた服がとても臭くなった)
「ほんなぁねぐさなったもんくうゃーはらいたなるじゃー」
(そんな腐りかけて臭くなった物を食べればお腹が痛くなるよ)

 

という風に使われます。

ねぐさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気になる、心配になる という意味です。

 

「ねになってよるもなんねられんわ」
(気になって夜も寝られないわ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねつこつ」があります。
これは「込み入ってぎゅうぎゅうになっている様子」を表す言葉です。

 

「はつもうではねつこつやった」
(初詣の境内はぎゅうぎゅうに混んでいたよ)

 

という風に使われます。

ねになる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねうか とも言います。

 

ネギ という意味です。

 

「らーめんにねぶかいっぱいいれてー」
(ラーメンにネギをたくさん入れて)
「やくみにするがなら、ねぶかをもっとこまこうきざまれんか」
(薬味にするのなら、ネギをもっと細かく刻みなさいよ)

 

という風に使われます。

ねぶか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にまる とも言います。

 

座る、正座する という意味です。

 

「だいぶんあるいたけに、ここらへんでねまってやすまんまいけ」
(大分歩いたから、この辺りで座って休みませんか)
「そこににまろまいけ」
(そこに正座しなさい)

 

という風に使われます。

 

丁寧に言うと「ねまらっしゃい、ねまられか」になります。

 

「そこ、ねまらっしゃい」
(そこにお座りください)

 

という風に使われます。

ねまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

呪われる という意味です。

 

「へびころいたらねもかかるぞ」
(蛇を殺したら呪われるぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ねーま」があります。
これは「お姉さん、姉さん」という意味です。

 

「きんのねーまよめにいった」
(昨日、お姉さんはお嫁に行きました)

 

という風に使われます。

ねも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねね、ねねま とも言います。

 

赤ちゃん、赤ん坊、幼児、子供 という意味です。

 

「ねんねみたいことせっしゃんなま」
(赤ちゃんみたいなことをするんじゃないよ)
「とうきょうのねねがきとるさけ、きょうはいそがしよ」
(東京から子供が来ているので、今日は忙しいよ)

 

という風に使われます。

ねんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~のもの という意味です。

 

「これはおらのがだ」
(これは私のものです)
「あれあんにゃのがだ」
(あれはあなたのものです)
「これはおれのがいえや」
(これは私の家です)
「そいっつあひとのがかりてきたもんだ」
(それは人から借りてきたものです)

 

という風に使われます。

のが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 土手や道などが崩れること を指す言葉です。

 

「きんののてっぽうみずでこのどてのけとるわ」
(昨日の鉄砲水でこの土手崩れているぞ)

 

という風に使われます。

 

② 逃げて跡をくらます という意味です。

 

「しごとさせよとおもとったがに、はやどっかにのけてってしもたぞ」
(仕事をさせようと思っていたのに、さっさと逃げて跡をくらましてしまったぞ)

 

という風に使われます。

のける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全層雪崩 という意味です。

 

「きょうはてんきがよいので、やねのゆきがのまるからきつけんまいけ」
(今日は天気が良いので、屋根の雪が雪崩を起こすから気をつけなさい)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「のまえる」があります。
これは「小さな川や配水管などで、水が溢れそうになる」ことを言います。

のま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

太陽、お日様 という意味です。

 

「のらはんがでとるがにぃまだねとらんかいよう、はようおっきれまあ」
(太陽が出ているのにまだ寝ているのか、早く起きなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「のりはん」があります。
これは「仏壇」という意味です。

 

「きょうごわはんがきて、のりはんまいっていかはった」
(今日お坊さんが来て、お経を上げて行かれました)

 

という風に使われます。

のらはん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなた、おまえ という意味です。

 

口喧嘩の時に使います。

 

「ば、なにゆうとんがい」
(おまえ、何言ってるんだ!)
「ばーなんすとらんかいね」
(あんた、何してるんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ばあま」があります。
これは「婆さん」という意味です。

ば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はえぼぼ とも言います。

 

(昆虫の)ハエ という意味です。

 

「はいぼぼ、とんどっるじゃ」
(ハエが飛んでるよ)
「なんでまたぁ、はえぼぼがよけいおるがんよ」
(何故、ハエがたくさんいるのですか)

 

という風に使われます。

はいぼぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はかどる、順調に進む という意味です。

 

「きょうのしごとはえらいはかいった」
(今日の仕事はとてもはかどった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はきたおす」があります。
これは「殴り倒す、殴りつける」という意味です。

 

「あんまりなまいきなんで、はきたおしてやろかとおもった」
(あまりにも生意気なので、殴り倒してやろうかと思った)

 

という風に使われます。

はかいく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はがやしくらしい とも言います。

 

じれったい、悔しい、腹立たしい、思い通りにならず心が苛立つ という意味です。

 

「あんた、はがやしいとおもわんがけ!」
(あなた、悔しいと思わないのか!)
「はがやしいやっちゃ」
(腹が立つやつだな)
「あれだけいうとったがに、まだこんちゃ、あがやしいねえ」
(あれだけ言っていたのに、まだ来ない、じれったいなあ)

 

という風に使われます。

はがやしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はんぎりかむ とも言います。

 

頑張る、意気込む という意味です。

 

「もっとはんぎりかんでべんきょうせんにゃだめだねかいね」
(もっと頑張って勉強しないとダメだろう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はごむく」があります。
これは「怒って歯を剥き出す、口答えする」という意味です。

 

「そんなにはごむいとるとだれからもあいてにされんようになるぞ」
(そんなに口答えしていると誰からも相手にされなくなるよ)

 

という風に使われます。

はぎりかむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はしゃぐ という意味です。

 

「ひとさえくりゃはくまいなって」
(お客さんが来るたびにはしゃいじゃって)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ばく」があります。
これは「泥や雪が靴の溝に挟まる」ことを言います。

 

「このげたばくついてあるけんの」
(この下駄の歯に雪がはさまって歩けなくなった)

 

という風に使われます。

はくまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

賢い、頭がいい、むずがゆい、粗い という意味です。

 

「これでひとつはしかなったわ!」
(これで一つ賢くなったわ!)
「あのこはゆうとうせいではしかいこだね」
(あの子は優等生で賢い子だね)
「あいつははしかいやっちゃ~」
(あいつは賢いヤツだ)
「いねこきでからだがはしかてならんちゃ」
(稲こきで体がむずがゆくてたまらない)

 

という風に使われます。

はしかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歯茎、歯肉 という意味です。

 

「かぜひいて、はじしまではれてしもたちゃ」
(風邪を引いて、歯茎まで腫れてしまったよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はちはん」があります。
これは「気兼ねが要らない、大っぴら」という意味です。

 

「どっだけしたしても、なんでもはちはんというわけにはいかんちゃ」
(どれだけ親しくても、何でも大っぴらと言う訳にはいかない)

 

という風に使われます。

はじし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

世話、始末 という意味です。

 

「うちのよめはこどものばっかいでしょうたれとっちゃ」
(うちの嫁は、子供の世話で疲れているよ)
「おらしんだら、じいはんのばっかいなんかだれすっこちゃいね」
(私が死んだら、おじいさんの世話なんて誰がするんだろうね)

 

という風に使われます。

ばっかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

半紙 という意味です。

 

「しょうじもだいぶんやぶれてきたけに、はっすんがみをこうてはりかえんまいけ」
(障子も大分破れてきたから、半紙を買って張り替えなくちゃ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はっさんえー」があります。
これは「じゃんけんぽん」という意味です。

はっすんがみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

家の修繕、増改築や造園など大掛かりな工事をすることを指します。

 

「しょっちゅうばったくやっとるの」
(しょっちゅう家の工事をしているね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はったはった」があります。
これは「どっこいどっこい」という意味です。

 

「ふたつともはったはったやね」
(2つともどっこいどっこいだね)

 

という風に使われます。

ばったく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

割り込み、抜け駆け という意味です。

 

「みんなならんどんがだからばっちゃんこきしられんが!」
(みんな並んでいるのだから割り込みするんじゃない!)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ばっかりならん」があります。
これは「どうにもならない」という意味です。

 

「ばっかいならんよんなってしもた」
(どうにもならなくなってしまった)

 

という風に使われます。

ばっちゃんこき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

先へ言ってはいけない、駄目 という意味です。

 

「はっとばやぞ」
(此処から先へ行ってはいけない)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はっとはりめ」があります。
これは「十分に気をつけて見る」という意味です。

 

「ねんねみるとっきゃはっとはりめでみとらんにゃ」
(赤ちゃんの面倒を見る時は十分に気をつけて見なくては)

 

という風に使われます。

はっとば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

上前をかすめ取る、ピンはねする、削り取る という意味です。

 

「あんたわたしのあたりぶちをはつったがでないがけ」
(あなた私の頭分をピンはねしたんじゃないの?)
「くわであぜはつっとかんとくさだらけになるぞ」
(桑で畔を削り取っておかないと草だらけになるぞ)

 

という風に使われます。

はつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごく少量 という意味です。

 

「もうたんぼもだいぶてばなしてはなくそほどになってしもた」
(もう田んぼも大分手離して、ごく少量になってしまった)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はながする」があります。
これは「においがする」という意味です。

はなくそほど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

離す、距離を置く という意味です。

 

「このきはでっかくなるから、もっとはならかしてうえんとだめだちゃ」
(この木は大きくなるから、もっと離して植えないと駄目だ)
「あのふたりはようはならかさんとあとでこまったことになるぜね」
(あの二人は早く離さないと後で困った事になるからな)

 

という風に使われます。

はならかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はね とも言います。

 

つり銭 という意味です。

 

「おきゃくさんにはねせんちゃんとわたされや」
(お客さんにつり銭をちゃんと渡しなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ばっちゃ」があります。
これは「ざまあみろ」という意味です。

 

「かわへおちたか、ばっちゃ」
(川に落ちたのか、ざまあみろ)

 

という風に使われます。

はねせん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

威張っている、態度が大きい様子 という意味です。

 

「いちねんせいのくせにはばっとる」
(一年生のくせに態度が大きい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はべん」があります。
これは「かまぼこ」という意味です。

 

「けっこんしきででっかいたいのはべんもろたからすこしあげっちゃ」
(結婚式で大きな鯛のかまぼこを貰ったので少し差し上げます)

 

という風に使われます。

はばっとる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奢る という意味です。

 

「きょうはおれがはまるよ」
(今日は俺が奢るよ)
「たまにはひるめしはまったろか?」
(たまには昼飯を奢ってあげようか?)
「いつもあんたにだしてもろとるから、きょうはわしがはまるちゃ」
(いつもあなたに出して貰っているから、今日は私が奢りますよ)

 

という風に使われます。

はまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう という意味です。

 

「はやできたん?」
(もう出来たの?)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「はやんまに」があります。
これは「早いうちに」という意味です。

 

「はやんまにかえってきたな」
(早いうちに帰って来たな)

 

という風に使われます。

はや 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばやくばいた とも言います。

 

めちゃくちゃになっている、散らかっている様子、酷い という意味です。

 

「このへやちらかってばやくやぜ」
(この部屋散らかってめちゃくちゃになってるぞ)
「ばやくばいたなってるにか、またいせられよ」
(散らかっているじゃないの、片付けなさいよ)

 

という風に使われます。

ばやく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

度胸、気前の良いさま、太っ腹 という意味です。

 

「あのっさんはらきなひとだから、いまにえらなられるぞ」
(あの人は気前の良い人だから、今に偉くなるぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はらうい」があります。
これは「お腹いっぱい」という意味です。

 

「ままくうたばっかしでよう、はらうーていのかれんちゃ」
(ご飯を食べたばかりでね、お腹がいっぱいで動けないの)

 

という風に使われます。

はらき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

奮発する、思い切りよく費用をかける という意味です。

 

「あんちゃんのよめどりのしきだけに、とうちゃんはりこまれたちゃ」
(兄の結婚式だけに、父親は思い切りよく費用をかけたよ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「はんじょ」があります。
これは「賑やか」という意味です。

 

「ともだちよってはんじょやね」
(友達が集まって賑やかですね)

 

という風に使われます。

はりこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(ご飯を盛る)しゃもじ という意味です。

 

「はんがいどこにあっかしっとる?」
(しゃもじはどこにあるか知ってる?)
「ままできたけんね、はんがいもってこいまぁ」
(ご飯が出来ましたよ、しゃもじを持ってきてちょうだい)
「ままたべんまいけ、はんがいどこにあんが?」
(ご飯を食べようか、しゃもじはどこにある?)

 

という風に使われます。

はんがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

愚か者、薄馬鹿 という意味です。

 

「あめのなかなんにもかぶらんとあるいてきて、このはんこつめ」
(雨の中、何も被らないで歩いて来て、この愚か者が)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「はんがしい」があります。
これは「腹立たしい」という意味です。

 

「はんがしてなも」
(腹が立って本当に・・・)

 

という風に使われます。

はんこつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひがうらじゅう とも言います。

 

一日中、終日 という意味です。

 

「こんないそがしいときにひがうら(じゅう)あそんできて、てつだいもせんと」
(こんな忙しい時に一日中遊んで来て、手伝いもしないで)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「よがうら」があります。
これは「一晩中、終夜」という意味です。

 

「きんのはよがうらこどもがないてつかれてしもたちゃ」
(昨日は一晩中子供が泣いて疲れてしまったよ)

 

という風に使われます。

ひがうら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のぼせる、上気する という意味です。

 

「うどやせりをたべすぎるとひきたってはなぢがでるわ」
(ウドやセリを食べ過ぎるとのぼせて鼻血が出るな)

 

という風に使われます。

 

共通語の”引き立つ”は、一段と見事に見えるようになるという意味ですが
富山市近在では、頭や顔が熱くなって上気することを指します。

ひきたつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

日中、昼間、真昼間 という意味です。

 

「このいそがしいひざなか、どこあそんであらいたがけ」
(この忙しい日中に、どこで遊んでいるんだか)
「ひざなかから酒飲んでよわったやっちゃ」
(昼間から酒を飲んで困った人だ)

 

という風に使われます。

ひざなか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

消える という意味です。

 

「あかすたしてやらにゃひっきるぞ」
(薪を足してやらないと火が消えるよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひっしゃかす」があります。

これは「水に浸す、浸ける」という意味です。

 

「ごはんちゃわん、ひっしゃかいといて」
(ご飯茶碗を、水に浸けておいて)

 

という風に使われます。

ひっきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かなり長い時間、しばらくの間、ひととき という意味です。

 

「あんたあこでひとせはなしとったが、だれとしとったがけ」
(あなたあそこでかなり長い時間話していたけど、誰と話してたの?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひどい」があります。
これは「とても、素晴らしく」という意味です。
人が何かをしていて、その結果こういう状態であることを
相手に伝える時に使われる事もあります。

ひとせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人見知り という意味です。

 

「もうこのこもひとみずずるようになったちゃ」
(もうこの子も人見知りするようになったな)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ひらがる」があります。
これは「午前中の仕事を終える」という意味です。

 

「さあ、ひらがるにしょまいけ」
(さあ、午前中の仕事を終えよう)

 

という風に使われます。

ひとみず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へねる とも言います。

 

年を取る、盛りを過ぎる、古臭くなる という意味です。

 

「わしもひねてきて、もうわかいもんにあいてにされんよになったちゃ」
(私も年を取ってきて、もう若者に相手にされなくなったよ)

 

という風に使われます。

 

これが「ひねくらしい、へねくらしい」ですと
「年齢より老けている、子供が大人びている、地味だ」という意味です。

ひねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひょこんと、ひょっこんと、ひょっつんと、ひょっと、ひょつなんと とも言います。

 

不意に、突然、ひょっこり という意味です。

 

「あんちゃんからひょつんとたよりがこんようになってしもた」
(兄さんから突然、手紙が届かないようになってしまった)

 

という風に使われます。

ひょつんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひらすんま、へらすま とも言います。

 

昼寝、休憩 という意味です。

 

「ちょっこひらすましりゃどうけ」
(少し昼寝したらどう?)
「しごともはかどったしここらへんでひらすんましょまいか」
(仕事も捗ったし、この辺りで休憩しましょうか)

 

という風に使われます。

ひらすま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体長32~40cm(0.5~1kg)までのブリの子どもの呼名です。

 

「やっぱひみさんのふくらぎのさしみはうんまいわ」
(やはり氷見産のブリの刺身は美味しいね)

 

という風に使われます。

 

”ふくらぎ”は、富山を代表するお魚「ブリ」の子どもで
成長にしたがって呼名が変わっていくことから、出世魚といわれます。

ふくらぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふっだな とも言います。

 

台所にある戸棚 という意味です。

食器や食べ物などを入れておく戸棚のことを指します。

 

「ふだなのなかにあるたべもんいっぺんしまつつけんまいけ」
(台所の戸棚の中にある食べ物を、一度始末してしまいましょう)

 

という風に使われます。

ふだな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふっくら などという意味です。

 

肥えている様子を指して言います。

 

「あれ、かわいらしいこだね。ふたふたにこえて」
(あれ、可愛らしい子だね。ぷくぷくと太って)
「こえてふたふたのかおやはだしとるな」
(太ってふっくらした顔やお肌をしているね)

 

という風に使われます。

 

この表現は決して悪口ではなく、健康的な美しさを表した言い回しのようです。

ふたふた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

カメムシ という意味です。

 

「へくさんぼおる、きもちわるい」
(カメムシがいる、気持ち悪い)
「へくさんぼさわったがだろ、あれくさいやの」
(カメムシを触ったでしょう、あれって臭いよね)
「まどあけまぁ、へくさんぼおろがい、はながすっちゃ」
(窓を開けてよ、カメムシがいるから(外に)放そう)

 

という風に使われます。

へくさんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひしない とも言います。

 

遅い、もどかしい、のろい という意味です。

 

「なにしとるがけ、へしないやね」
(何をしてるんだよ、遅いなあ)
「あいつ、なにさせてもへしないのぉー」
(あいつは何をやらせても遅いなあ)
「へしないやっちゃな、はよあるかんかい」
(のろい人だね、速く歩きなさいよ)

 

という風に使われます。

へしない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

平たい、平べったい という意味です。

 

「もっともちをべっちゃるこくしたら、きりやすいちゃ」
(もっと餅を平べったくしたら、切りやすいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「べっかんこ」があります。
これは「あかんべえ」という意味です。

 

「べっかんこしてやった」
(あかんべえしてやった)

 

という風に使われます。

べっちゃるこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言いがかりをつける、ケチをつける、苦情を言い立てる、訴訟ごとを仕掛ける という意味です。

 

「またあのひとへぼつけとるがけ、だではなしますますむずかしなるわ」
(またあの人が言いがかりをつけているから、話がますます難しくなるよ)

 

という風に使われます。

 

これが「へぼつけ」だけですと「言いがかりをつける人」という意味です。

へぼつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

包丁 という意味です。

 

「そのきゃべつ、ほいちゃできっといて」
(そのキャベツを包丁で切っておいて)
「すいかきるがんにぃ、ほいちゃもってこいまぁ」
(スイカを切るので、包丁を持ってきてくれよ)

 

という風に使われます。

ほいちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうだよ、そうなのね という意味です。

 

「あしたもざんぎょうだよ」「ほいね、ものいねぇ」
(明日も残業だよ)(そうなの、大変だねえ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほいたら、ほったら」があります。
これは「そうしたら」という意味です。

ほいね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 夢中になる という意味です。

 

「このいそがしいのに、どこほうけてきたのけ」
(この忙しい時に、どこに夢中になっていたのよ)

 

という風に使われます。

 

② 犬や猫が発情する という意味です。

 

「このごろよさるねこがほうけてようなくわい」
(この頃、夜中に猫が発情してよく鳴くんだ)

 

という風に使われます。

ほうける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほうげた とも言います。

 

頬、頬っぺ という意味です。

 

「むかしのこどもはふゆになるとようほうたんにゆきやけでかしとったもんだぜ」
(昔の子供は、冬になるとよく頬に雪やけを作っていたものです)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ほうたんかぶり」があります。
これは「頬かむり」のことで、手ぬぐいやタオルを頭にかけ、
端を顎の下で結んだ被り方を言います。

ほうたん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

フェーン現象などで急に気温が上がって暑くなることを言います。

 

「あさからになんかぜでぼかぼかや」
(朝方から南風で急に気温が上がってきたよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ほがやし」があります。
これは「物を持ち上げたり、ひっくり返したりする」という意味です。

 

「このしーとはほがやしならん」
(このシートはひっくり返せないよ)

 

という風に使われます。

ぼかぼか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

細い紐、腰紐、細帯 という意味です。

 

「ちょっとながじゅばんがおおきいようだけに、もういっぽんほそぐりつかったらちゃんとならんけ」
(少し長襦袢が大きいようなので、もう1本細帯を使ったらちゃんとならないかしら)
「まんなかをほそぐりでしばらないとくずれてくるぞ」
(真ん中を細い紐で縛らないと崩れてくるよ)

 

という風に使われます。

ほそぐり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

投げる、投棄する、放置する という意味です。

 

「かわへなんでもほっからんといてね」
(川へ何でも投げないでね)
「そのしごとほっかっといて、なにしとったがいね」
(その仕事を放置したまま、何をしていたんだ)

 

という風に使われます。

 

強調したい場合は「ほっかりつける」を用います。

 

「なんでもかわへほっかりつけるけに、すぐによごれてしまうがだちゃ」
(何でも川へ投棄するから、すぐに汚れてしまうんだよ)

 

という風に使われます。

ほっかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介