HOME -> 和歌山の方言 

① あれ という意味です。
「あい、とってら」
(あれを取ってください)

という風に使われます。

 


② あの人 という風に使われます。
「あいのこというなよ」
(あの人のことは言わないで)
という風に使われます。

 

③ 鮎 という意味です。
「あいたあいつんにいこら」
(明日、鮎を釣りに行こうよ)
という風に使われます。

あい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つまらない、無愛想、甲斐が無い という意味です。
「あいそないやつやなあ」
(つまらない人ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あいたてない」があります。
これは「頼りない」という意味です。
「あいたてないなあ」
(頼りないなあ)
という風に使われます。

あいそない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

明日 という意味です。
「あいた、はれたらええんやが」
(明日、晴れたら良いのですが)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あいら」があります。
これは「あれら、あの人達」という意味です。
「あいら、きたど」
(あの人達が来たよ)
という風に使われます。

あいた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自分 という意味です。
「あがのこと、いわれたーるともしらんと」
(自分のことを言われてるともしらずに)
という風に使われます。

 

複数形は「あがら」になります。
これは「自分たち」という意味です。
「そんくらい、あがらでしょうらよ」
(そのくらいは、自分たちでしようよ)
「あがらのちーむはどてらいつよいで」
(自分たちのチームは、すごく強いよ)
という風に使われます。

あが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

駄目だ という意味です。
「そんがなことしてもあかせな」
(そんなことをしても駄目だ)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「あかんたれ」があります。
これは「駄目な人」という意味です。
「あいつ、あかな。どてらいあかんたれやで」
(あいつは駄目だ。とても駄目な人だよ)
「この、あかんたれ」
(駄目な奴だな)
という風に使われます。

あかせな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自然に という意味です。
「にわにあがでにはえてきた」
(庭に自然と生えてきた)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あがえ」があります。
これは「自分の家、私の家」という意味です。
「あいらあがえにもきた」
(あの人達が私の家にも来ました)
という風に使われます。

あがでに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あさっぱち とも言います。

 

朝のうち、早朝 という意味です。
「あさげにしごとすましたわ」
(朝のうちに仕事を済ませました)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あせみずく」があります。
これは「汗だく」という意味です。

あさげに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

甘える という意味です。
「えーとしをして、あたくるではない」
(いい年をして甘えてはいけない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あた」があります。
これは「とても、非常に」という意味です。
「あた、あいそない」
(非常につまらない)
という風に使われます。

あたくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

荒々しい、乱暴な という意味です。
「あらくたいことすんなよ」
(乱暴なことをするなよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あかい」があります。
これは「明るい」という意味です。
「そのでんきのたま、ほんまにあかいなー」
(その電球は本当に明るいなあ)
という風に使われます。

あらくたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

整理する、掃除する という意味です。
「せんぞのはかをあらくる」
(先祖の墓を掃除する)
という風に使われます。

 

似た言葉では「あらして」があります。
これは「あるじゃないか」という意味です。
「ここにあらして」
(ここにあるじゃないか)
という風に使われます。

あらくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

居る という意味です。
「あそこのかわ、まえはさかな、よーさんあったんや」
(あそこの川は前は魚がたくさん居たんだよ)
という風に使われます。

 

逆にこれが「いる」ですと「ある」という意味です。
「しゃんぷーはいるかい」
(シャンプーはありますか)
という風に使われます。

ある 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① きちんと、ちゃんと という意味です。
「あんじょうする」
(きちんとする)
という風に使われます。

 

② 上手に という意味です。
「あんじょうできたなあ」
(上手に出来ましたね)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「あんばよう」があります。
これも「上手に、程よく」という意味です。

あんじょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

往路、行きの道 という意味です。
「いきしなはらくやけどいにしなはつらいで」
(行きは楽だけど、帰り道は辛いでしょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いこら」があります。
これは「行きましょう」という意味です。
「ぶたいみにいこら」
(舞台を観に行きましょう)
という風に使われます。

いきしな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動く という意味です。
「いごくな!」
(動くな!)
「みてみ、あのひこうき、いごきだいたわ」
(見てごらん、あの飛行機、動き出したよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いこす」があります。
これは「熾す」という意味です。
「ひをいこす」
(火を熾す)
という風に使われます。

いごく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せっかち という意味です。
「あい、いだちやなあ」
(あの人は、せっかちですねえ)
「うら、いだちやっしょ」
(私は、落ち着きが無いんです)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いろせと」があります。
これは「色々と」という意味です。
「けっこういろせとはいってるな」
(結構色々と入っていますね)
という風に使われます。

いだち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

親戚 という意味です。
「わいとこは、あのいえと、いっけや」
(私の家は、あの家とは親戚だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いっかど」があります。
これは「非常に、(もの)すごく」という意味です。
「いっかどしごとしたな」
(ものすごく仕事をしたね)
という風に使われます。

いっけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

帰る、去る という意味です。
「いね!」
(帰れ!)
「ぜんぜんおもろないし、もういぬわ」
(全然面白くないから、もう帰るよ)
「うっとしから、もういんで」
(うっとうしいから、もう帰ってくれよ)
「はよ、いのらよ」
(早く、帰りましょう)
という風に使われます。

いぬ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

触る という意味です。
「そんなもんいらったら、きちゃないで」
(そんなものを触っては、汚いですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「いらつ」があります。
これは「焦る」という意味です。
「あがなんみたらいらってくる」
(あんなのを見ていたら焦ってくる)
という風に使われます。

いらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面倒だ、面倒くさい、嫌だ という意味です。
「うたといことになったのー」
(面倒なことになりましたねえ)
「うたといことすんなよ」
(面倒なことをするんじゃないよ)
「うたといやつやなあ」
(嫌な奴だなあ)
という風に使われます。

うたとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

夢中になる という意味です。
「あいつ、なにやってもうちょけるなあ」
(あの人は、何をしても夢中になりますねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うとい」があります。
これは「よく知らない、不案内」という意味です。
「うら、ちりにうといさかいなあ」
(私、地理をよく知らないからなあ)
という風に使われます。

うちょける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まずい、美味しくない という意味です。
「これ、うもないな」
(これ、まずいね)
「それうもないからもういらない」
(それは美味しくないからもういらない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「うしのうた」があります。
これは「失くした」という意味です。
「もろうたほんうしのうたわ」
(貰った本、失くしちゃったよ)
という風に使われます。

うもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっし、おら とも言います。

 

私、俺 という意味です。
「うら、うといなあ」
(私はドジだなあ)
「うらのかばん、どこにあるかしらん?」
(私の鞄、どこにあるか知りませんか?)
「あっしらのくらす、おもろいで」
(私たちのクラスは、面白いですよ)
という風に使われます。

うら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 良い、いい という意味です。
「ええなあ、そい」
(いいなあ、それ)
という風に使われます。

 

② 結構、宜しい という意味です。
「それで、ええよ」
(それで、結構です)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ええせん」があります。
これは「~することが出来ない」という意味です。
「さかあがりええせんわ」
(逆上がりが出来ないの)
という風に使われます。

ええ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

情け容赦のない、非人道的な、露骨でいやらしい という意味です。
「そがなえげつないことせんすな」
(そんな非人道的なことをするなよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えんばと、えんばのかわ」があります。
これは「折り悪く、行き違う」という意味です。
「えんばとわかいもんおらんので」
(折り悪く、若い者がいませんので)
という風に使われます。

えげつない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

羨む、羨ましがる という意味です。
「じきにひとをえしむさかかなわん」
(すぐに人を羨ましがるので困ります)
という風に使われます。

 

似た言葉では「えっぽど」があります。
これは「余程、相当、かなり」という意味です。
「えっぽどがんばらんとあかんで」
(相当頑張らなければいけませんよ)
という風に使われます。

えしむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 酷い、きつい という意味です。
「えらいめにおうたよ」
(酷い目に遭いましたよ)
という風に使われます。

 

② 疲れる、大変な、だるい という意味です。
「からだがえらいよう」
(体が疲れたよ)
「あしがえらい」
(脚がだるい)
という風に使われます。

えらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おいさん とも言います。

 

おじさん という意味です。
「おいやん、かだらなっとよ」
(おじさん、体の調子はどうですか)
「おいやん、これなんぼ?」
(おじさん、これは幾らですか?)
「あのおいやん、おもろないなー」
(あのおじさん、面白くないね)
という風に使われます。

おいやん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ありがとう という意味です。
「いつもせわしてもうておおきに」
(いつも世話をしていただいてありがとう)
「きょうはおまいりしてもーて、おおきによ」
(今日はお参りしてもらって、ありがとうございます)
という風に使われます。

おおきに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

変わった、おかしな という意味です。
「おかせなこというなよ」
(おかしなことを言うなよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おかはん、おかやん」があります。
これは「お母さん」という意味です。
「おかはんしんでろくねんや」
(お母さんが亡くなって6年です)
という風に使われます。

おかせな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叫ぶ という意味です。
「だれか、おがっちゃーら」
(誰かが叫んでいるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おじる」があります。
これは「怖がる」という意味です。
「おじてしもてあしがうごかなんだ」
(怖がってしまって、足が動かなかった)
という風に使われます。

おがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

終わりましょう、置きましょう という意味です。
「もうおそいさかしごとおこらよ」
(もう遅いので仕事を終わりましょう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おこし」があります。
これは「いらっしゃい」という意味です。
「よーおこし」
(ようこそいらっしゃいました)
という風に使われます。

おこら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

教える という意味です。
「しゅくだい、おせたってよ」
(宿題を教えてあげてよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おしれ」があります。
これは「押入れ」という意味です。
「おしれにあまあったわ」
(押入れにゴキブリがいたよ)
という風に使われます。

おせる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あぐらをかく という意味です。
「おんなのこは、おたぐらかいたらあかん」
(女の子はあぐらをかいてはいけない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おっぱ」があります。
これは「おんぶ」という意味です。
「おっぱしちゃろか?」
(おんぶしてあげようか?)
という風に使われます。

おたぐらかく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お菓子、おやつ という意味です。
「おちんこうておいたるさかたべときよし」
(お菓子を買っておいてあるから食べていいよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おちょくる」があります。
これは「からかう」という意味です。
「おちょくったらけんかなった」
(からかったら喧嘩になった)
という風に使われます。

おちん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恐ろしい という意味です。
「そんなことして、おとろしよー」
(そんな事をして、恐ろしいよ)
「ゆーれんでた、おとろしよう」
(幽霊が出たら恐ろしいよう)
「どてらい、おとろしかってよー」
(ものすごく怖かったよ~)
という風に使われます。

おとろし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

幼稚、可愛い という意味です。
「まだ、かんがえがおぼこいな」
(まだ、考えが幼稚ですね)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「おとんぼ、おち、おちのこ」があります。
これは「末っ子」という意味です。
「いちばんおとんぼや」
(一番末の子供です)
という風に使われます。

おぼこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

面白い という意味です。
「あー、おもしゃ!」
(ああ、面白い!)
「いつもおもしゃいことばっかりゆーてら」
(いつも面白いことばっかりを言ってるよ)
「このえいが、おもしゃいわー」
(この映画、面白いよ)
という風に使われます。

おもしゃい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごめんください、こんにちは という意味です。
「おゆるしー」
(ごめんくださーい)
という風に使われます。

 

これは”家を訪ねて迷惑をかけますが許して下さい”という意味が込められています。

 

逆の言葉では「おしまいな」があります。
これは「こんばんは」という意味です。

おゆるし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追いかける という意味です。
「はよ、おわなつかめんで」
(早く追いかけないと、捕まえられないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「おっつけ」があります。
これは「間もなく」という意味です。
「おっつけ、でんしゃつくわ」
(間もなく電車が到着します)
という風に使われます。

おわえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おまはん、おまい とも言います。

 

お前、貴様 という意味です。
「ごてごてぬかすな。おんしゃ、なにさらしてけっかんな」
(ごちゃごちゃ言うな。お前、何をしてやがるんだよ)
「こい、おまはんのか」
(これはお前のものか)
「おまいええかげんにせーよ」
(おまえ、いい加減にしなさいよ)
という風に使われます。

おんしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乱暴に、荒っぽい という意味です。
「がいたらくにすんなよ」
(乱暴にしないでよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かいたる」があります。
これは「貸してやる、書いてやる」という意味です。
「こいかいたるわ」
(これを貸してあげよう)
という風に使われます。

がいたらくに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かいだりい とも言います。

 

だるい、疲れた、くたびれる、面倒くさいという意味です。
「あしがかいだるいなあ」
(脚がだるいなあ)
「どいらいかいだりわ」
(とても疲れているんだよ)
「かいだりなあ」
(面倒くさいなあ)
という風に使われます。

かいだるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① たくさん という意味です。
「がいなことじゃがいももろたわあ」
(たくさんじゃがいもを貰いましたよ)
という風に使われます。

 

② 凄い という意味です。
「がいなこというな」
(凄いことを言いますね)
という風に使われます。

がいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① さほど、あまり という意味です。
「がいにええことないで」
(さほど良くはないですよ)
という風に使われます。

 

② 案外、意外と という意味です。
「このへやがいにくらいなあ」
(この部屋、案外暗いですね)
という風に使われます。

がいに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かたいっこ とも言います。

 

頑固 という意味です。
「あいは、かたっこなひとやな」
(あいつは、頑固な人だなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かたっぽ」があります。
これは「片方」という意味です。
「くつかたっぽしらんか」
(靴の片方を知りませんか)
という風に使われます。

かたっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしゃれをする という意味です。
「かたやってどこへいくんな」
(おしゃれをして、どこに行くのですか)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「かたええ」があります。
これは「格好が良い」という意味です。
「そのふくなかなかかたええなあ」
(その服はなかなか格好が良いですねえ)
という風に使われます。

かたやる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体、身体 という意味です。
「かだらふいたるわ」
(身体を拭いてあげるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かたた」があります。
これは「かたつむり」という意味です。
「かたた、よーさんあるで」
(かたつむりがたくさんいるよ)
という風に使われます。

かだら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かまわん とも言います。

 

宜しい という意味です。
「こいもろてもかまんか」
(これを貰っても良いですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「かなわん」があります。
これは「勝てない、困る」という意味です。
「かなわんやつやなあ」
(困った人ですねえ)
という風に使われます。

かまん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疲れる、疲れ弱る という意味です。
「きけてもた」
(疲れちゃったよ)
「はしりまわって、ほんまきけたわ」
(走り回って、本当に疲れ果てたよ)
「はたけがいそがして、ほんまにきけるわ」
(畑仕事が忙しくて、本当に疲れ果ててしまうよ)
という風に使われます。

きける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きちゃなー とも言います。

 

① 汚い という意味です。
「うわ、きちゃなー!」
(うわっ、汚いなあ!)
という風に使われます。

 

② 卑怯 という意味です。
「おんしゃ、きちゃないぞ!」
(おまえ、卑怯だぞ!)
という風に使われます。

きちゃない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫 という意味です。
「きけてないか?きつかいない?」
(疲れてない?大丈夫?)
「きつかいないさかい、きにせんといて」
(大丈夫ですから、気にしないでください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「きってく」があります。
これは「程度が著しいさま」を言います。
「さむきってくね」
(とても寒いね)
という風に使われます。

きつかいない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

許す という意味です。
「きばってらよう」
(許してください)
「そのごうら、いのちとんのきばったらしい」
(その河童は命を取ることを許してくれたらしい)
という風に使われます。

 

また「頑張る」の意味でも使われます。

きばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

着物 という意味です。
「ええきもんきたぁるなあ」
(良い着物を着ておられますね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぎり」があります。
これは「つむじ(旋毛)」という意味です。
「あのこ、ぎりふたつあら」
(あの子はつむじが2個あるよ)
という風に使われます。

きもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐつわりー とも言います。

 

都合が悪い という意味です。
「そいはちょっとぐつわりーなー」
(それはちょっと都合が悪いなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「くさったげな」があります。
これは「くだらない、変な」という意味です。
「くさったげなことすんなよ」
(くだらないことをするなよ)
という風に使われます。

ぐつわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 「けっこや」とも言います。
十分だ、結構だ という意味です。
「そいでけっこや」
(それで十分です)
という風に使われます。

 

② やっと、ようやく という意味です。
「けっこ、できたよ」
(ようやく出来たよ)
という風に使われます。

けっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(非常に)驚く、ビックリする という意味です。
「ほえられたんでけろびくろてにげてきたよ」
(吠えられたので、すごく驚いて逃げて来たよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「けたくそわり」があります。
これは「胸糞悪い、不愉快」という意味です。
「けたくそわりやつやなあ」
(不愉快な奴だなあ)
という風に使われます。

けとびくらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~あげよう、あげるよ という意味です。
「かいたげら」
(書いてあげよう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~くら」があります。
これは「~きます」という意味です。
「ほんないてくら」
(それでは行って来ます)
という風に使われます。

げら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

これ、この人 という意味です。
「こいない、あかんたれや」
(この人ね、駄目な奴だよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ごー」があります。
これは、念を押すための文末詞です。
「それでえーごー」
(それでいいじゃないか)
という風に使われます。

こい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

地味な、地味だ という意味です。
「こーとながらやなー」
(地味な柄だねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こうて」があります。
これは「買って」という意味です。
「たばここうてきて」
(タバコを買って来てください)
という風に使われます。

こーとな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気持ちが悪い という意味です。
「こころわりこといわんといて」
(気持ちの悪いことを言わないで)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ここたし、ここたり」があります。
これは「この辺、この辺り」という意味です。
「ここたしへころがったとおもうよ」
(この辺に転がったと思うよ)
という風に使われます。

こころわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こじ開ける という意味です。
「うしがかんぬきをこたぐる」
(牛がかんぬきをこじ開ける)
という風に使われます。

 

また、「突き上げる」の意でも用いられます。

 

似た言葉では「こさえる」があります。
これは「作る、こしらえる」という意味です。
「ありもせんことこさえていうなよ」
(有りもしないことを作って言わないでよ)
という風に使われます。

こたぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごっつおう とも言います。

 

ご馳走 という意味です。
「えらいごっつおやのう」
(大変なご馳走ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こんこ」があります。
これは「沢庵の漬物」という意味です。
「このこんこうまいなあ」
(この沢庵の漬物美味しいね)
という風に使われます。

ごっつお 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けなす、悪口を言う という意味です。
「あんまりひとのことこなすなよ」
(あまり他人のことを悪く言うんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「こぼつ」があります。
これは「壊す」という意味です。
「ふるーなったさかい、はよこぼったほうがええなあ」
(古くなったから、早く壊した方がいいね)
という風に使われます。

こなす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小さい、細かい という意味です。
「なんやあ、こまいこというなよ」
(なんだよ、細かいことを言うんじゃないよ)
という風に使われます。

 

逆の言葉では「ごつい」があります。
これは「太い」という意味です。
「ごついきやなあ」
(太い木ですね)
という風に使われます。

こまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いらっしゃいよ という意味です。
「そがいにえんりょしやんすな。うちいごんしょ」
(そんなに遠慮しないでよ。わが家にいらっしゃいよ)
「きいつけてにい。はよ、ごんしょ」
(気をつけてね。早く戻っていらっしゃいよ)
という風に使われます。

ごんしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 反対、逆さま という意味です。
「くつさかにはいたぁるやん」
(靴を反対に履いているじゃない)
という風に使われます。

 

② ~から という意味です。
「もうこうたさか」
(もう買ったから)
「ねつあるさか、いかんほーがえーで」
(熱があるから、行かない方がいいよ)
という風に使われます。

さか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だから という意味です。
「そやさかい、いうたろう」
(だから、言ったでしょう)
「これおいしいさかいたべてみなーよ」
(これ美味しいから食べてごらんよ)
「やっちゃるさかいまかしといて」
(やってあげるから任せなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さかばり」があります。
これは「木の棘」という意味です。

さかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

先ほど、さっき という意味です。
「おばやん、さっけにいんだよ」
(おばさんは、先ほど帰りましたよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「さす」があります。
これは「はめる」という意味です。
「ひやこいさか、てふくろさした」
(冷たいから手袋をはめた)
という風に使われます。

さっけに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鳥肌 という意味です。
「このほんよんでみ、さぶいぼでるで」
(この本を読んでごらんよ、鳥肌が立つくらい感動するよ)
「あしのうらいろわんといて!さぶいぼでるわ」
(足の裏を触らないで!鳥肌が立っちゃうよ)
という風に使われます。

さぶいぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さらい とも言います。

 

新しい、新品 という意味です。
「このわんぴーすさらやさかい」
(このワンピースは新しいので)
「けーたいもじけたさか、さらのこおてよ!」
(携帯電話が壊れたので、新しいのを買ってくださいよ!)
という風に使われます。

さら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(ウロウロと)歩き回る という意味です。
「よる、しあるくな!」
(夜に歩き回るんじゃない!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しあんする」があります。
これは「考える」という意味です。
「いましあんしてんのよー」
(今考えているんだよ)
という風に使われます。

しあるく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~している という意味です。
「なにをしいやんなよ」
(何をしているんですか)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「しいもて」があります。
これは「~しながら」という意味です。
「つれもていこらよ」
(連れ立って行きましょうよ)
という風に使われます。

しいやる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~の方が という意味です。

 

これが「しかえー」ですと「~の方が良い」という意味です。
「うら、さけしかえーよ」
(私は日本酒の方が良いよ)
「そら、こっちしかかっこええわ」
(もちろん、こっちの方が格好良いよ)
「そっちよりこっちしかおいしそうやな」
(そっちよりもこっちの方が美味しそうだね)
「しょうちゅうのむしかえーよ」
(焼酎を飲む方が良いよ)
という風に使われます。

しか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

騒ぐ、暴れる という意味です。
「あのこぁなにをしこってんのな」
(あの人は何を騒いでいるんですか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しこう」があります。
これは「支度、準備、用意」という意味です。
「しこうはできたか」
(支度は出来ましたか)
という風に使われます。

しこる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しちゃーる、しやる とも言います。

 

~している という意味です。
「いま、ぱそこんのべんきょうしたある」
(今、パソコンの勉強をしているよ)
「ちゃんと、しちゃーるさかい、しんぱいせんといて」
(ちゃんとしているから、心配しないで)
という風に使われます。

したある 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

真面目、真剣 という意味です。
「まっとじちめにせんかいな」
(もっと真面目にやりなさいよ)
という風に使われます。

 

関連する言葉では「しゅっせいらち」があります。
これは「早く出世したがる人」という意味です。
「てきゃ、しゅっせいらちや」
(あいつは出世したがる人です)
という風に使われます。

じちめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~してほしい という意味です。
「それ、とってけー」
(それを取ってください)
「うらもつれてけーよ」
(私も連れて行ってよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じてこ」があります。
これは「自転車」という意味です。
「じてこのっていってくら」
(自転車に乗って行ってくるよ)
という風に使われます。

してけー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

萎れる、萎びる という意味です。
「ほときさんのはなしなべてるわ」
(仏壇の花、萎れているわ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しぬくい」があります。
これは「難しい」という意味です。
「あのひとはしぬくいひとやさかいなあ」
(あの人は難しい人ですからねえ)
という風に使われます。

しなべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

肌着 という意味です。
「きょうはひえるさかい、じばんきていきな」
(今日は寒くなるから、肌着を着て行きなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じべた」があります。
これは「地面」という意味です。
「よごれるよってじべたにすわったらあかんよ」
(汚れるから地面に座ってはいけないよ)
という風に使われます。

じばん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しながら という意味です。
「あのこははいたつしもてがっこうへかようとるんやと」
(あの子は配達をしながら学校へ通っているんだって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しもとく」があります。
これは「片付ける」という意味です。
「ほん、しもときなよ」
(本を片付けておきなさいよ)
という風に使われます。

しもて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕方がない という意味です。
「しゃーないやろ」
(しかたがないだろう)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しやんし」があります。
これは「しなさい」という意味です。
「はよしやんし」
(早くしなさい)
という風に使われます。

しゃーない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃくばり とも言います。

 

棘 という意味です。
「しもた、きぃいろてたら、しゃくばささってもた」
(しまった!木を触ってたら、 棘が刺さってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しゃっけん」があります。
これは「メンコ、メンコ遊び」という意味です。
「まだむかしのしゃっけんおいたぁるぞ」
(まだ昔のメンコを保存してあるよ)
という風に使われます。

しゃくば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歩く、歩き回る という意味です。
「ちょっとそのへんしゃるいてくるわ」
(ちょっとその辺りを歩いてくるよ)
「まいにちまいにち、えきまでしゃるいた」
(毎日毎日、駅まで歩いた)
という風に使われます。

 

これが「はしゃるく」ですと「走り回る」という意味です。
「そんなはしゃるかんとおちつきよ」
(そんなに走り回っていないで落ち着きなさいよ)
という風に使われます。

しゃるく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~してはいけない という意味です。
「わるさしやれんのやで」
(悪戯をしてはいけないんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しくさっとる」があります。
これは「してやがる」というような意味の悪い印象の言葉です。
「かけごとばかりしくさっとる」
(ギャンブルばかりしてやがる)
という風に使われます。

しやれん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

滲みる、沁みる、染みる という意味です。
「このにもの、あじようしゅんでておいしいわ」
(この煮物、味がよく滲みていて美味しいね)
「しょうどくつけんといて、しゅむもん」
(消毒しないで、沁みるから)
という風に使われます。

 

似た言葉では「じゅう」があります。
これは「時分、頃合」という意味です。

しゅむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

です、ます、でした という意味の語尾の言葉です。
「ええわっしょ」
(良いんじゃない)
「のんでらっしょ」
(飲んでるね)
「ちゃーわっしょ」
(違うよ)
「そうやっしょ」
(そうだね)
「えらいことやっしょ」
(大変な事だよ)
「あつまってらっしょ」
(集まっているね)
という風に使われます。

しょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だ、~ね という意味です。
「そらそうじょ」
(それはそうですね)
「ええおんなじょなー」
(良い女ですよね)
「そうじょなー」
(そうだよねえ)
「かっこええくるまじょ」
(格好良い車だ)
「あ、でんわじょ」
(あ、電話がかかってきた)
という風に使われます。

じょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しよし とも言います。

 

~しなさい という意味です。
「べんきょうしよしよ」
(勉強しなさいね)
「そがなことやめよし」
(そんなことやめなさい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しよら、しょうら」があります。
これは「しましょう」という意味です。
「そうしよらよ」
(そうしましょうよ)
という風に使われます。

しよしよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

根性、気合、性根 という意味です。
「まっとぉ、しょねいれてがんばらなあかんで」
(もっと根性を出して頑張らないといけないよ)
「あいつ、しょねはいっちゃあるな」
(あいつ、根性があるなあ」
「しょねいれてやらなあかなよ」
(気合を入れてやらないと駄目よ)
という風に使われます。

しょね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょうれー とも言います。

 

~しようよ という意味です。
「やきゅうしよれー」
(野球をしましょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しょくにん」があります。
これは「大食漢」という意味です。
「てきゃ、しょくにんや」
(あいつは大食いだ)
という風に使われます。

しよれー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しらな とも言います。

 

分からない、理解できない、することが出来ない という意味です。
「あのこぁがまんするちゅうことしらな」
(あの子は我慢するということが理解できない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「しらこい」があります。
これは「しらじらしい」という意味です。
「しらこいこというなあ」
(しらじらしいことを言うねえ)
という風に使われます。

しらん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

酸っぱい という意味です。
「このみかん、すいなあ」
(このミカン、酸っぱいなあ)
「れもんはやっぱりやにこぉすいなあ」
(レモンはやはりとても酸っぱいなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すかん」があります。
これは「気に食わない」という意味です。
「あい、どうもすかん」
(あの人、どうも気に食わない)
という風に使われます。

すい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 粋、お洒落 という意味です。
「えらいええかっこして、すいなよ」
(随分と素敵な格好をして、粋だね)
「それ、すいななー」
(それ、お洒落だねえ)
という風に使われます。

 

② 変わった、他にない様な という意味です。
「このりょうりはなんとすいなあじやな」
(この料理は、随分と変わった味付けですね)
という風に使われます。

すいな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 腐る という意味です。
「このみかん、すえてしもたぁら」
(このミカン、腐ってしまっているな)
「あで、このにくぁもうすえちゃーら」
(あら、この肉はもう腐っているわ)
という風に使われます。

 

② 置く、設置する という意味です。
「このてれびゃどこへすえら」
(このテレビはどこに置くの)
という風に使われます。

すえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(窓などを)少し開ける という意味です。
「あついさけ、まどすけてよ」
(暑いので、窓を少し開けてくださいよ)
「ちょっとそこのどあ、すけといて」
(ちょっとそこのドア、少し開けておいて)
という風に使われます。

すける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ずるい という意味です。
「すこいまねはするなよ!」
(ずるい真似はするんじゃないぞ!)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「すけない」があります。
これは「少ない」という意味です。
「きょうのごはんすけないな」
(今日のご飯は少ないね)
という風に使われます。

すこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

づつない とも言います。

 

苦しい という意味です。
「むねがずつない」
(胸が苦しい)
「やきにくくいすぎてずつないわあ」
(焼肉を食べ過ぎて、苦しいなあ)
「はらがづつないてよ」
(お腹が苦しいよ)
という風に使われます。

ずつない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

床下、縁の下 という意味です。
「すのこになんどあるど」
(床下に何かありますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「すねこ」があります。
これは「脛(すね)」という意味です。
「いたー、かどにすねこうったー」
(痛い、角に脛を打った)
という風に使われます。

すのこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すみません という意味です。
「ほんまにすまんよう」
(本当にすみません(ありがとう))
という風に使われます。

 

謝罪というよりは、何かをしてもらって申し訳ないと
お礼を言うような感覚で使います。

 

似た言葉では「すわす」があります。
これは「吸わせる、含ませる」という意味です。

すまんよう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つまらない、面白くない という意味です。
「そんがんせえないわ」
(そんなことつまらないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せえ」があります。
これは「~しろ、~しなさい」という意味です。
「はよせえ!」
(早くしなさい!)
という風に使われます。

せえない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せせる とも言います。

 

弄ぶ、いじくる という意味です。
「あんまりひとをせせくるなよ」
(あまり人を弄ばないでよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せせこましい、せまたろこい」があります。
これは「狭苦しい」という意味です。
「せせこましいへややけどはいってや」
(狭苦しい部屋ですがお入りください)
という風に使われます。

せせくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せたろう、せったらう とも言います。

 

背負う という意味です。
「おもいさけ、せたろていきなあ」
(重いですから、背負っていきなさいね)
「せったろたら、いけるよ」
(背負ったら、大丈夫だよ)
「ほんなら、せったろっちゃるわ」
(それならば、背負ってあげますよ)
という風に使われます。

せたらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

からかう、いじめる、苦しめる という意味です。
「あんまりせちごおたら、いぬにかまれるで」
(あまりからかったら、犬に噛まれますよ)
「おとんぼをせちがったらあかんよ」
(末っ子をいじめてはいけないよ)
という風に使われます。

せちがう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急き立てる という意味です。
「そんなにせつかんでもじきにいくよ」
(そんなに急き立てなくてもすぐに行くよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せど」があります。
これは「家の裏」という意味です。
「せどであそびやるわ」
(家の裏で遊んでいます)
という風に使われます。

せつく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

狭い という意味です。
「そんなえばいとこへはいったらでれやんよになるで」
(そんなに狭い場所に入ったら、出られなくなりますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せわない」があります。
これは「簡単だ、易しい」という意味です。

せばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

するな、するんじゃない という意味です。
「ひとのいやがることせんすな」
(人の嫌がることはするんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「せん」があります。
これは「~しなくても」という意味です。
「そいはせんでもいいで」
(それはしなくても良いですよ)
という風に使われます。

せんすな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 十分、思う存分 という意味です。
「せんどあそんできたやろが!」
(十分遊んできたじゃないの!)
という風に使われます。

 

② 前に、何度も という意味です。
「せんど、えらいめにおうたわ」
(前に酷い目にあったよ)
という風に使われます。

せんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そー とも言います。

 

~(です)よね という意味です。
「だいそ、あるか?」
(誰か、居ますか?)
「はよしゅくだいせんかそー」
(早く宿題をしなさいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「そいで」があります。
これは「それで」という意味です。

そ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① それ、その人 という意味です。
「そい、だいなよう」
(その人は、どなたですか)
という風に使われます。

 

②(まさしく)そうですよ という意味です。
同じような言葉では「そうやら」があります。
これは「そうです」という意味です。
「おまいゆうとおり、そうやら」
(あなたの言うとおり、そうです)
という風に使われます。

そい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そこたし とも言います。

 

その辺、その辺り という意味です。
「そこたえにごみちらばってら」
(その辺にゴミが散らばっているよ)
「おまいとこのこ、そこたしにあったよ」
(お宅のお子さん、その辺りに居たよ)
という風に使われます。

そこたえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せやもん、そやから、せやから、そやさか とも言います。

 

そうだから、そうだけれども という意味です。
「そやもんでいそぎやったんよ」
(そうだから急いでいたんですよ)
「そやからいうたやろ」
(だから言ったでしょう)
という風に使われます。

そやもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それは という意味です。
「そら、そや」
(それはそうだ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「そらそうと」があります。
これは「それはそうと」という意味です。
「そらそうと、こなえだのはなし、どうなったん?」
(それはそうと、この間の話はどうなったんですか?)
という風に使われます。

そら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんなこと、そんなの という意味です。
「そんなんあかんわ」
(そんなこと駄目だよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「そやけど」があります。
これは「そうだけど、そうだけれども」という意味です。
「そやけどよう、そんなんおかしいわら」
(そうだけれども、そんな事おかしいですよ)
という風に使われます。

そんなん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

誰 という意味です。
「あいだいな」
(あの人は誰ですか)
「だいかしらんけど、でんわあったで」
(誰か知らないけど、電話がありましたよ)
という風に使われます。

 

これが「誰か」と言う場合は「だいそ」になります。
「だいそ、あるか?」
(誰か、居られますか?)
という風に使われます。

だい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

上に乗る という意味です。
「やきゅうのぼーる、やねへたかっと」
(野球のボールが、屋根に乗ってしまった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たごる」があります。
これは「咳き込む」という意味です。
「ようたごりやるなあ、かぜか」
(ひどく咳き込んでいるね、風邪かい)
という風に使われます。

たかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粗い、雑 という意味です。
「だすいしあげやなー」
(粗い仕上げだねえ)
「だすいやつやなあ」
(粗雑な奴だなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たなもと」があります。
これは「炊事、食器洗い」という意味です。
「たなもとしてくら」
(食器を洗ってくるよ)
という風に使われます。

だすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「たってくる」と使います。

 

あく とも言います。

 

飽きる、嫌になる という意味です。
「おんなじことばっかりでたってくるわ」
(同じことばかりで飽きてくるよ)
「もう、あいてきた」
(もう、飽きてきた)
「たってきと」
(嫌になってきた)
という風に使われます。

たつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たたむ という意味です。
「かさをたとむ」
(傘をたたむ)
「おかん、ふとんたとんどいて」
(お母さん、布団をたたんでおいて)
「とりこんだせんたくもんをたとむ」
(取り込んだ洗濯物をたたむ)
という風に使われます。

たとむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熟す という意味です。
「このかき、ほんまにたなってあるのー」
(この柿は本当に熟しているねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たなもと」があります。
これは「台所、食器洗い」という意味です。
「このさらたなもとにおいといて」
(この皿を台所に戻しておいて)
という風に使われます。

たなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

神仏から供物を下げる という意味です。
「ほときさんにあげてるくだものたばっといて」
(仏様に供えている果物を下げておいて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「たまる」があります
これは「集まる」という意味です。
「さいきんわかいしよう、どーそんたまってらして」
(最近の若い子達がね、ローソンに集まってるんだよ)
という風に使われます。

たばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 飽きる という意味です。
「おんなじことばっかりで、たってくる」
(同じことばかりで飽きてくる)
「きくんたってくるなあ」
(聞くのを飽きてくるよ)
という風に使われます。

 

② 十分、足りる という意味です。
「そいでたるか」
(それで十分ですか)
という風に使われます。

たる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

度、その時々 という意味です。
「たんびたんびおんなじこといわれるなよ」
(度々、同じ事を言われるんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「だんなし」があります。
これは「お金持ち」という意味です。
「むかしからだんなしやで」
(昔からお金持ちだよ)
という風に使われます。

たんび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

違った、間違った という意味です。
「わいのつれやとおもたらちごたわ」
(私の友達かと思ったら違ったよ)
「じかんちごたん」
(時間を間違ったの)
という風に使われます。

 

これが「ちがわいしょ」ですと「違うよ」という意味です。
「そいはちがわいしょ」
(それは違うよ)
という風に使われます。

ちごた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小さい という意味です。
「このきんぎょほかのよりちさいなあ」
(この金魚、他のよりも小さいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちっちりこ」があります。
これは「松かさ」という意味です。
「ちっちりこ、おちちゃーる」
(松かさが落ちている)
という風に使われます。

ちさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっとだけ という意味です。
「なんや、ちったかしやな」
(なんだ、ちょっとだけだね)
「ちったかししってるさかいってえらそうにすんな」
(ちょっとだけ知っているからって偉そうにするな)
という風に使われます。

 

これが「ちった」ですと「もう少し、ちょっと」という意味です。
「ちったどりょくしたらどうよ」
(もう少し努力したらどうなの?)
という風に使われます。

ちったかし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

済んだ、完了している という意味です。
「しゅくだいやっちゃあるんか?」
(宿題は済んだの?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちゃる」があります。
これは「~してあげる」という意味です。
「おくっちゃらよお」
(送ってあげましょう)
という風に使われます。

ちゃある 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちあう とも言います。

 

違う という意味です。
「こんなん、わえのんとちやわれ」
(こんなものは、私のものとは違いますよ)
「あいてにされへんかって、ひがみちやう」
(相手にされないからって、僻みとは違う)
という風に使われます。

ちやう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ついに、とうとう という意味です。
「ちゃっとあかんよーになった」
(とうとう駄目になった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちったかり」があります。
これは「ほんの少し、少しだけ、ほんのちょっと」という意味です。

ちゃっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっと、少しの手間 という意味です。
「ちょーてつだってー」
(ちょっと手伝って)
「ちょー、これとってくれる?」
(ちょっと、これを取ってくれないかしら)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ちょっこり」があります。
これは「なかなか」という意味です。
「ちょっこりいかんな」
(なかなか出来ないね)
という風に使われます。

ちょー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょかちょかする とも言います。

 

① お節介をする という意味です。
「ちょかしなや」
(お節介をやかないでよ)
という風に使われます。

 

② 落ち着き無くうろうろする という意味です。
「ちょかちょかしおすな」
(落ち着き無くうろうろするんじゃないよ)
という風に使われます。

ちょかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひょうきんな、ひょうきんな人、ふざけている という意味です。
「あいつ、ほんまにちょけやなー」
(あいつ、本当にひょうきんだね)
「ちょけたことばっかりいわんと」
(ふざけた事ばかり言わないで)
という風に使われます。

ちょけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

梅雨 という意味です。
「しらんまに、もー、ついりになってしもーて」
(知らない間に、もう梅雨の時期になってしまって)
という風に使われます。

 

似た言葉では「づつない」があります。
これは「満腹で気持ちが悪い」という意味です。

ついり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よだれ(涎)という意味です。
「つう、たらしやる」
(よだれを垂らしている)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つろー」があります。
これは「~ただろう」という意味です。
「きんのー、おまい、えいがみにいっつろー」
(昨日お前は映画を見に行っただろう)
という風に使われます。

つう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

押す、押して歩く という意味です。
「じてんしゃ、つく」
(自転車を押して歩く)
「このさかえらいさけ、ついていか」
(この坂はとてもキツイので、押して行こう)
「ぱんくしたさけ、ついてか」
(パンクしたので、押して行きます)
という風に使われます。

つく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うずくまる、しゃがみこむ という意味です。
「うさぎのちさいの、ようさんつくもってらえ」
(ウサギの子供が、たくさんうずくまっているね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つくねる」があります。
これは「(無造作に)積み上げる」という意味です。

つくもる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つままえる とも言います。

 

(口を)閉じる という意味です。
「くちつまえてたべやんとか」
(口を閉じて、食べずにおきます)
「そんなくちつままえてやんと」
(そんな口を閉じていないで)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つめる」があります。
これは「挟む」という意味です。
「ゆびつめた」
(指を挟んだ)
という風に使われます。

つまえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

混む、混んでいる という意味です。
「みち、つんじゃーる」
(道が混んでいる)
「このみせ、えらいつんじゃあるで」
(この店、すごく混んでるよ)
「えらい、みちつんじゃあるなー」
(すごく道が混んでるね)
という風に使われます。

つむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

吊る、吊り下げる という意味です。
「くしがきよーけつらくっちゃーら」
(串柿がたくさん吊るされているよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「つれもて」があります。
これは「連れ立って、一緒に」という意味です。
「つれもていこら」
(連れ立って行きましょう)
という風に使われます。

つらくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 連れて行く、仲間にする という意味です。
「つれってよ」
(連れて行ってよ)
という風に使われます。

 

② 付き合う という意味です。
「てきゃ、つれたいいうてたん」
(彼が付き合いたいと言っていたのよ)
という風に使われます。

つれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 相手にする という意味です。
「あのやんちゃくれだきゃ、てがえやな」
(あの暴れん坊だけは、相手に出来ないね)
「てごちゃったらおもしゃかろ」
(相手をすると、面白いでしょう)
という風に使われます。

 

② 悪ふざけをする という意味です。
「ちいさいこにてがうなよ」
(小さな子に悪ふざけをするなよ)
という風に使われます。

てがう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① お前 という意味です。
「てき、すまんけど、ちょっとこっちーきてんか」
(お前、すまないがちょっとこちらに来てくれないか)
という風に使われます。

 

② あの人、あいつ という意味です。
「てきゃ、だまってやすむよなこと、せーへんやろ」
(あいつは黙って休むようなことはしないだろう)
という風に使われます。

てき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

非常に、ものすごく、大変 という意味です。
「てちいかりやったで」
(非常に怒っていましたよ)
「てち、はしりがはやい」
(ものすごく走りが早い)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でばつく」があります。
これは「ものもらい」という意味です。
「でばつく、できちゃーら」
(ものもらいが出来ているよ)
という風に使われます。

てち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てたう とも言います。

 

手伝う という意味です。
「ちいと、てとてくれ」
(ちょっと手伝ってください)
「いそがしそうやなあ、てったおかあ」
(忙しそうですね、手伝いましょうか)
「てとちゃりたいのはやまやまやけど」
(手伝ってあげたいのはやまやまなのだけど)
という風に使われます。

てったう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だよ という意味です。
「いたいってよー」
(痛いよ)
「うれしいってよー」
(嬉しい)
「かなしいってよー」
(悲しい)
「あついってよー」
(暑い)
「さむいってよー」
(寒い)
「へぇこいてもたってよー」
(オナラをしてしまった)
という風に使われます。

てよー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪戯、悪戯をする人 という意味です。
「てんごばっかりして!」
(悪戯ばっかりして!)
「あいつ、だいぶてんごじょなー」
(あいつ、かなり悪戯をする奴だね)
「てんごするのも、ええかげんにせーよ」
(悪戯するのも、いい加減にしなさいよ)
という風に使われます。

てんご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きちんと、ちゃんと という意味です。
「あのけん、てんとやっちゃあるさけよー」
(あの件、きちんとやっておいたからね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「でんち」があります。
これは「懐中電灯」という意味です。
「ていでんや、でんちどこやっけ」
(停電だ、懐中電灯はどこだっけ)
という風に使われます。

てんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんがに とも言います。

 

どんなに、どのように という意味です。
「どんがにしてもあかんなあ」
(どんなにしても駄目ですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~とこ」があります。
これは「~(して)おく」という意味です。
「はよやっとこ」
(早くしておこう)
という風に使われます。

どがに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不器用、のろのろした、(動きが)鈍い という意味です。
「なにをやらいても、どぐさいやつや」
(何をやらせても、不器用な奴だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「としいる」があります。
これは「歳を取る」という意味です。

どぐさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どこか という意味です。
「にちようびどこそへいこう」
(日曜日にどこかへ行きましょう)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「どこたり、どこたい」があります。
これは「どの辺り」という意味です。
「ぼーるどこたりへとんだんな」
(ボールはどの辺りに飛んだかな)
という風に使われます。

どこそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全く という意味です。
「どだいはなしにならんわ」
(全く話にならないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とごる」があります。
これは「沈殿する、沈む」という意味です。
「ここあまぜなんだらとごるよ」
(ココアは掻き混ぜないと沈殿するよ)
という風に使われます。

どだい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

途方も無い、とんでもない という意味です。
「とつけもないところへきてしもうたなあ」
(とんでもない場所に来てしまったなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どつく」があります。
これは「殴る、小突く」という意味です。
「どつかれたんや」
(殴られたんだ)
という風に使われます。

とつけもない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どちら という意味です。
「あのしょうぶどっちゃかつかなあ」
(あの勝負、どちらが勝つかなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どしゃんばら」があります。
これは「草むら」という意味です。
「どしゃんばら、よーけある」
(草むらがたくさんある)
という風に使われます。

どっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すごい という意味です。
「どてらい、べっぴんやな」
(すごい美人だね)
「こないだ、どてらいおっきなさかなつってよー」
(この前、すごく大きな魚を釣ったよ)
「このどてら、どてらいぬくいわ」
(この半てん、すごく暖かいよ)
という風に使われます。

 

強調するには「どってらい」と言います。
「どってらい、おもろいで」
(すっごく面白いよ)
という風に使われます。

どてらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かかと(踵)という意味です。
「ずっと、ともいたいんや」
(ずっと、かかとが痛くてね)
という風に使われます。

 

また、「ハイヒールの靴」のことは「ともだか」と言います。

 

似た言葉では「とゆ」があります。
これは「樋」という意味です。
「とゆ、もじけてるわ」
(樋が壊れているよ)
という風に使われます。

とも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意地悪く手に負えない、どうにもならない、仕方が無い という意味です。
「あい、どもならんひとやで」
(あの人は、意地悪くて手に負えない人ですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「どちらいか」があります。
これは「こちらこそ、お互い様です、どういたしまして」という意味です。

どもならん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

崩れる、溢れる という意味です。
「うわっ、どれてった!」
(うわっ、崩れてきた!)
「あみゃー、どれてったど」
(雨が降ってきたよ)
「あそこらへんのやま、どれてるな」
(あの辺りの山、がけ崩れしてるね)
という風に使われます。

どれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とい とも言います。

 

遠い という意味です。
「そんなとわいとこまでいかんでも、ちかばでええわいしょ」
(そんな遠い所まで行かなくても、近場でいいじゃないの)
という風に使われます。

 

似た言葉では「とふ」があります。
これは「豆腐」という意味です。
「このとふうまいな」
(この豆腐美味しいね)
という風に使われます。

とわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんかい とも言います。

 

突然に、急に という意味です。
「そがなこと、とんぼにやってもあかんで」
(そんな事を突然やっても駄目ですよ)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「とんがのえがぬけたよな」があります。
これは「とんでもない、意外な」という意味です。

とんぼに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんてよ とも言います。

 

なんで、どうして という意味です。
「こしがいたむの、なえでやろな」
(腰が痛むのは、なんでなんでしょうね)
「えーなんてよー!」
(えー、どうしてー?)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ない」があります。
これは「ね」という意味です。
「あのない」
(あのね)
「ほいてない」
(それでね)
という風に使われます。

なえで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける、仕舞う という意味です。
「さらふきもてなおしなあ」
(皿は拭きながら片付けなさいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ななこ」があります。
これは「お手玉」という意味です。
「むかしゃ、ななこしてあそんだもんや」
(昔はお手玉をして遊んだものです)
という風に使われます。

なおす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

二人で担ぐ という意味です。
「もっこをなかどる」
(網袋を二人で担ぐ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ないよーなる」があります。
これは「亡くなる」という意味です。
「こないだおとはんないよーなってのう」
(先日、お父さんを亡くしてしまってね)
という風に使われます。

なかどる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんなに、どのように という意味です。
「なっとうしてもあかんな」
(どのようにしても駄目だね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なっとも」があります。
これは「どうにも、どうも」という意味です。
「ほんまになっともならんで」
(本当にどうにもならないよ)
「なっともないか」
(どうもないですか)
という風に使われます。

なっとう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうにか、何とか という意味です。
「なっとかせなあかん」
(どうにかしなくてはならない)
「もうあかんわ、なっとかしてくれ」
(もう駄目だよ、何とかしてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なっとど」があります。
これは「何か」という意味です。
「なっとどおかしい」
(何かがおかしい)
という風に使われます。

なっとか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

格好 という意味です。
「そがななりして、どこへいくんな。ふわわりわ」
(そんな格好をして、どこへ行くんですか。格好悪いよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なれえ、なええ」があります。
これは「何故」という意味です。

なり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんきん ともいいます。

 

かぼちゃ という意味です。
「なんき、たべちゃーる」
(かぼちゃを食べている)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「なんば」があります。
これは「とうもろこし」という意味です。
「このなんばあまいな」
(このとうもろこし甘いね)
という風に使われます。

なんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんしか、なんせかんせ とも言います。

 

何しろ、とにかく、どの道 という意味です。
「なんせかんせ、そいはせなあかんことや」
(とにかく、それはしなければならない事だ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんなと」があります。
これは「何でも、何とでも」という意味です。

なんせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しなかった という意味です。
「なんやあ、きのうじゅぎょうせなんだんかあ」
(何だよ、昨日は授業をしなかったのか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「なんでもかんでも」があります。
これは「何もかも、全部」という意味です。
「なんでもかんでももっていきや」
(何もかも持って行きなさいよ)
という風に使われます。

なんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痣になる、内出血、うっ血する という意味です。
「そこ、にえてるやん」
(そこに痣が出来ているじゃないの)
「いたいおもてようみたら、ここにえてら」
(痛いと思ってよく見てみたら、ここに痣が出来てるよ)
「あしうって、にえてもた」
(足を打って、痣が出来てしまった)
という風に使われます。

にえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

似ている という意味です。
「きょうだいみたいに、ようにたあるなあ」
(兄弟のように、よく似ていますね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「になう」があります。
これは「担ぐ」という意味です。
「えらいおおきかばんにのーちゃら」
(ずいぶんと大きなカバンを担いでいるよ)
という風に使われます。

にたある 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねゃ とも言います。

 

~(だ)ねえ、~(です)ね という意味です。
「あついねゃ」
(暑いですねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「にぃ」があります。
これは「お兄さん、兄」という意味です。
「にぃ、はよ、にげよら!」
(お兄さん、早く逃げましょうよ!)
という風に使われます。

にゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 言う、喋る という意味です。
「なにぬかしやんな」
(何を言っているんだ)
という風に使われます。

 

② 追い越す、抜く という意味です。
「まえのくるまをぬかすなよ」
(前の車を追い越すんじゃないよ)
という風に使われます。

ぬかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

刺さる という意味です。
「もの、ぬがる」
(とげが刺さる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぬごら」があります。
これは「脱ぎましょう」という意味です。
「あついなあ、じゃけっとぬごらよ」
(暑いですねえ、ジャケットを脱ぎましょうよ)
という風に使われます。

ぬがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~にくい、扱いにくい という意味です。
「あいは、しぬくいひとやでえ」
(あの人は、扱いにくい人ですよ)
という風に使われます。

 

② 暖かい、温かい という意味です。
「こころわるいほどぬくいな」
(気持ち悪いほど暖かいですね)
という風に使われます。

ぬくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

横になる、横たわる という意味です。
「ちょっと、ねこけさいてな」
(ちょっと横になって休ませてくださいね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねとぼける」があります。
これは「寝ぼける」という意味です。
「ねとぼけちゃあんのとちゃうか」
(寝ぼけてるんじゃないのか)
という風に使われます。

ねこける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まったく という意味です。
「ねっからおもしゃない」
(まったく面白くない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ねぶち」があります。
これは「値打ち」という意味です。
「おしれにあったこのきもんねぶちあるんやで」
(押入れにあったこの着物は値打ちがあるのよ)
という風に使われます。

ねっから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 眠る という意味です。
「ゆんべ、ようけねたのにねぶたいわ」
(昨夜、たくさん寝たのに眠たいです)
という風に使われます。

 

② ねずる とも言います。
舐める という意味です。
「きちゃないさけ、ねぶんな」
(汚いから、舐めるんじゃない)
という風に使われます。

ねぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寝ないで、眠らないで という意味です。
「ゆうべねやんとべんきょうやったんやでえ」
(昨夜は寝ないで勉強をしたんですよ)
「ねやんでげーむやってたからねぶたいわ」
(寝ないでゲームをしていたから眠たいよ)
という風に使われます。

ねやんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

除ける、退ける という意味です。
「そこのいて」
(そこ退いて)
という風に使われます。

 

似た言葉では「のなる」があります。
「のーなる」とも言います。
これは「無くなる、失くなる」という意味です。
「のなってもと」
(無くなってしまった)
という風に使われます。

のく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のったくる、ぬったくる とも言います。

 

塗りたくる、塗りつぶす、厚化粧している という意味です。
「えらいのったくっちゃーらして、ひびいるど」
(ずいぶんと厚化粧しちゃって、ヒビが入っちゃうわよ)
という風に使われます。

のたくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のーら、のう、のし とも言います。

 

~なあ、(だ)ねえ、(です)ね という意味です。
「きょうはさむいのら」
(今日は寒いなあ)
「なんど、うまーもんくいたいのーら」
(何か、美味しいものを食べたいなあ)
「おまんとこ、みなたっしゃでけっこーやのし」
(あなたのところは皆さん達者で結構ですねえ)
という風に使われます。

のら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めくる という意味です。
「きょうかしょのぺーじをはぐる」
(教科書のページをめくる)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はがい」があります。
これは「悔しい、腹が立つ」という意味です。
「あいつにまけるとは、はがいよ」
(あいつに負けるなんて、悔しいよ)
という風に使われます。

はぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

むず痒い、チクチクする という意味です。
「かぜか、のどはしかいわー」
(風邪か、咽喉がチクチクするよー)
「せなかになんどはいったかいて、はしかいよう」
(背中に何か入ったみたいで、むず痒いよ)
という風に使われます。

はしかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

先端、端 という意味です。
「あのはしっこのせきあいてるみたい」
(あの端の席、空いているみたい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はい」があります。
これは「ハエ」という意味です。
「はいたたきあるか」
(ハエ叩きはありますか)
という風に使われます。

はしっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

走り回る という意味です。
「あのこびょうきなおったとおもたら、もうはしゃるいてら」
(あの子、病気が治ったと思ったら、もう走り回ってるよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「はしりごく」があります。
これは「駆けっこ」という意味です。
「はしりごっこしょうら」
(駆けっこをしようよ)
という風に使われます。

はしゃるく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 気前よく、勢いよく という意味です。
「ちょっとはずんでええもんかおかあ」
(ちょっと気前よく良い物を買おう)
という風に使われます。

 

② 贅沢をする という意味です。
「ちょっとはずんで、ええもんたべよう」
(少し贅沢して、美味しいものを食べましょう)
という風に使われます。

はずむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

轢かれる という意味です。
「そんなとこでぼーっとたってたらくるまにはたれるで」
(そんな所でボーっと立っていたら車に轢かれるよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はた」があります。
これは「近く、側」という意味です。
「まいごにならんよう、はたにおるんやで」
(迷子にならないように、近くにいなさいね)
という風に使われます。

はたれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大股開き(で座る)という意味です。
「はちかりよすな!」
(足を開いて座るんじゃありません!)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ばちもん」があります。
これは「偽物」という意味です。
「そがなばちもんあかんで」
(そんな偽物はいけないよ)
という風に使われます。

はちかる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

敵わない という意味です。
「あいには、はりあわんなあ」
(あの人には敵わないなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「はらおきい」があります。
これは「満腹、お腹いっぱい」という意味です。
「あさからいっぱいくってはらおきいわ」
(朝からたくさん食べて満腹だよ)
という風に使われます。

はりあわん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

30分 という意味です。
「ほな、はんじかんごにしゅうごうな」
(それじゃあ、30分後に集合ね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひいさん」があります。
これは「太陽、お日様」という意味です。
「ひいさんがてちこまぶしいわ」
(太陽がすごく眩しいね)
という風に使われます。

はんじかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(甲高く)叫ぶ、大声を出す という意味です。
「そないひしらんでも」
(そんなに(甲高く)叫ばなくても)
「そがにひしらんかてわかったよ」
(そんな風に大声を出さなくても分かったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひる」があります。
これは「卵を産む、産卵する」という意味です。
「かめがおかいたまごひりにきた」
(亀が陸に卵を産みにきた)
という風に使われます。

ひしる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷たい という意味です。
「うわ、ひやこー」
(うわ、冷たい)
「ひやこいむぎちゃのまいてくれんか」
(冷たい麦茶を飲ませてもらえませんか)
「ぷーるのみず、えらいひやこいなー」
(プールの水、すごく冷たいね)
「あついなあ、ひやこいのちょうだい」
(暑いなあ、冷たいものをください)
という風に使われます。

ひやこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

平たい、平らな という意味です。
「ひらくたいおっきながくやな」
(平たい大きな額ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひらう」があります。
これは「拾う」という意味です。
「もちまきあるさかもちひらいにいこら」
(餅まきがあるから、餅を拾いに行こうよ)
という風に使われます。

ひらくたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疾走する という意味です。
「あまり、ぴりきらすさか、でんぐりかえったんや」
(あんまり早く走らせるからひっくり返ったんだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ひねきる」があります。
これは「抓る」という意味です。
「ひねきっちゃろか!」
(抓ってやろうか!)
という風に使われます。

ぴりきる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余分、不要、無駄 という意味です。
「ふいにもっていく」
(余分に持っていく)
「ふいなことすんなやあ」
(無駄なことするんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふしこ」があります。
これは「鰹節」という意味です。

ふい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふうがわるい、ふわわり とも言います。

 

みっともない、格好悪い という意味です。
「うわっ、ふうわる!」
(うわっ、みっともない!)
「へんなかっこうで、ふーがわるい」
(変な格好でみっともない)
「そんなことばっかりしとったら、ふうわりで」
(そんな事ばかりしていると、格好悪いよ)
という風に使われます。

ふうわり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不器用 という意味です。
「おまいはぶきっちょうなやつや」
(お前は不器用な奴だな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふたかめ」があります。
これは「二重まぶた」という意味です。
「ふたかめになってるで」
(まぶたが二重になってるよ)
という風に使われます。

ぶきっちょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶら下げる という意味です。

「このかばんかべにぶらくっといて」

(このカバンを壁にぶら下げておいてください)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ふろいる」があります。
これは「風呂に入る」という意味です。
「はよふろいっしょいな」
(早くお風呂に入ってしまいなさい)
という風に使われます。

ぶらくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なすすべも無い、お手上げ という意味です。
「あんときはへいふったよ」
(あの時はなすすべが無かったよ)
という風に使われます。

 

似た言葉で「へつる」があります。
これは「削る」という意味です。
「そのいたもうちょっとへつってくれるか」
(その板、もう少し削ってもらえますか)
という風に使われます。

へいふる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余計なこと、でしゃばり という意味です。
「べっこいことせんといて」
(余計なことをするんじゃない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「べっこ」があります。
これは「別々、別口」という意味です。
「そいとはべっこにかんがえんとあかんな」
(それとは別々に考えなければいけませんね)
という風に使われます。

べっこう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ビリ、最後 という意味です。
「いつもべったやった」
(いつもビリだった)
という風に使われます。

 

似た言葉では「へた」があります。
これは「瘡蓋(かさぶた)」という意味です。
「へたはがしたらあかんよ」
(瘡蓋を剥がしてはいけないよ)
という風に使われます。

べった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

人懐こい という意味です。
「あのこ、へらこいこやなー」
(あの子は人懐こい子だねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「べる」があります。
これは「失敗する」という意味です。
「べったらこうたいなー」
(失敗したら交代だからね)
という風に使われます。

へらこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうしたら という意味です。
「ほいたらいえにいのらよ」
(そうしたら家に帰りましょう)
「ほいたら、こい、たのむわ」
(そうしたら、これ、お願いしますね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほんな」があります。
これは「そのような、そんな」という意味です。
「ほんなことできやんで」
(そんなこと出来ないよ)
という風に使われます。

ほいたら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そして という意味です。
「ほいて、なっとしたんよ」
(そして、どうしたのよ)
「ほいて、もじけてもたんやてよー」
(そして壊れてしまったんだってよ)
「あさからびょういんいってほいてかえってきた」
(朝から病院に行って、そして帰って来た)
という風に使われます。

ほいて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほんでも とも言います。

 

それでも、しかし という意味です。
「ほいでもけっきょくこうなるんやな」
(それでも結局こうなるんですね)
「そんがこというても、ほいでもわいはほしんや」
(そんなことを言っても、それでも私は欲しいのです)
という風に使われます。

ほいでも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

辛い、残念だ という意味です。
「ないよになったちゅーはなしやして、ほんとにほいないこっちゃのー」
(亡くなったという話だけど、本当に残念なことだねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほうらしない」があります。
これは「格好悪い、恥ずかしい、みっともない」という意味です。

ほいない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しか という意味です。
「たったいっぽんほかないで」
(たった一本しかないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほーかな」があります。
これは「すばらしい」という意味です。
「あのひと、ほーかなひとやなー」
(あの人はすばらしい事をする人だなあ)
という風に使われます。

ほか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほしよ とも言います。

 

① 欲しい という意味です。
「あい、とってほしよ」
(あれを取って欲しいです)
という風に使われます。

 

② 惜しい という意味です。
「ほしな、もうちょっとやってんけどなあ」
(惜しいね、もう少しだったんだけどなあ)
という風に使われます。

ほし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

騒ぐ、ふざける、暴れる という意味です。
「ほたえんなよ」
(ふざけるんじゃないよ)
「いつも、ほたえてばっかりで、ちょっとはおとなししとけ!」
(いつも騒いでばっかりいて、少しは大人しくしたらどうなの?)
「こら!あんまりほたえよすな」
(こら!あんまり暴れるな)
という風に使われます。

ほたえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほらくる とも言います。

 

放っておく、そのままにしておく、放置する という意味です。
「あいつ、いえのことほったかしてばっかりやな」
(あいつ、家のことは放置してばかりだな)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ぼっつり」があります。
これは「竹などで編んだ籠」という意味です。

ほったかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほんに とも言います。

 

全く、本当に という意味です。
「ほによう、ええやつや」
(本当に良い人です)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほれ」があります。
これは「それ!」という意味です。
「ほれみぃそう」
(それ!見なさいよ)
という風に使われます。

ほに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 投げる という意味です。
「ぼーるほるさかうけてみいよ」
(ボールを投げるから、捕ってごらんよ)
という風に使われます。

 

② 捨てる という意味です。
ほかす とも言います。
「そがなもん、はよほかしなよ」
(そんなもの、早く捨てなさいよ)
という風に使われます。

ほる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても という意味です。
「ほんちっさい」
(とても小さい)
「ほんちっとう」
(とても少ない)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ほな、ほなら」があります。
これは「それでは、それなら」という意味です。
「ほなさいなら」
(それではさようなら)
という風に使われます。

ほん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① もう という意味です。
「まあいっかいやってよ」
(もう1回やって下さい)
「ごはんまーちっとけー」
(ご飯をもう少しください)
という風に使われます。

 

② 強調する言葉です。
「いえのまーはた」
(家のすぐ隣)
「まーこないだ」
(つい最近)
という風に使われます。

まあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~でおく という意味です。
「しごとをせんとまいしょーか」
(仕事をしないでおこうか)
という風に使われます。

 

主に「~せんとまいする」の形で使われます。

 

似た言葉では「まいかけ」があります。
これは「前掛け、エプロン」という意味です。

まいする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ました という意味です。
「さかな、もう、かいまいてんすか」
(魚はもうお買いになりましたか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~まい、~まいな」があります。
これは「~ないでしょうね」という意味です。
「こがなことできまい」
(こんな事出来ないでしょうね)
という風に使われます。

まいてんす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

転ぶ という意味です。
「ふらふらあるいてたらまくれるで」
(フラフラ歩いていたら転ぶよ)
「まくれまくった!」
(何度も転んだ!)
「こないだいしにつまずいて、まくれてもてよー」
(先日、石に躓いて転んでしまってねぇ)
「あしもときいつけな、まくれそうになったわ」
(足下に気をつけなさい、転びそうになったよ)
という風に使われます。

まくれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

股 という意味です。
「さっかーであいてのまたぐらぬくどりぶるうまいなあ」
(サッカーで相手の股を抜くドリブルが上手ですね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まちごた」があります。
これは「間違った」という意味です。
「まちごたことくりかえすな」
(間違ったことを繰り返すな)
という風に使われます。

またぐら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

彼岸花 という意味です。
「まっさけ、さいたなー」
(彼岸花が咲いたねえ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まってんひょー」があります。
これは「~ましょう」という意味です。
「ほれ、かいまってんひょー」
(それを買いましょう)
という風に使われます。

まっさけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もっと という意味です。
「まっとちょうだい」
(もっと下さい)
「まっとしっかりしょうらよ」
(もっとしっかりしようよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「まったい」があります。
これは「とても」という意味です。

まっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眩しい、眩い という意味です。
「にしびがまばいさかかーてんしめてくれるか」
(西日が眩しいからカーテンを閉めてくれますか)
という風に使われます。

 

似たような言葉では「まんだら」があります。
これは「(電気等を)点けっぱなしにする」という意味です。

まばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ビーチサンダル という意味です。
「みずぎとみずせった、よーして」
(水着とビーチサンダルを用意して)
「そのみずせったかっこええな」
(そのビーチサンダル、格好良いね)
という風に使われます。

 

ただのサンダルのことは「せった」と言います。

みずせった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

みどっこ、みぞっこ とも言います。

 

溝、溝川、排水溝 という意味です。
「こないだみどこにちゃりんこでおちたんや」
(この間、溝に自転車で落ちたんだ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「みよら」があります。
これは「見ましょう」という意味です。
「このしゃしん、いっしょにみよら」
(この写真、一緒に見ましょう)
という風に使われます。

みどこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

汚らしい、汚い という意味です。
「むさいとこやな」
(汚らしい所ですね)
「わえのへやむさいわ」
(私の部屋は汚いよ)
「じぃむさいさけ、えどったらよけぇいがんだ」
(字が汚いので、なぞったら余計に歪んだ)
という風に使われます。

むさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

度が過ぎる という意味です。
「あんまりむさんこにすんなよ」
(あまり度が過ぎたことをするんじゃないよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「むせる」があります。
これは「蒸し暑い」という意味です。
「きょうはむせるのう」
(今日は蒸し暑いね)
という風に使われます。

むさんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大体、目分量 という意味です。
「めっそうでええからみかんをさんきろこんてなへいれといてや」
(大体でいいから蜜柑を3kgコンテナへ入れておいてちょうだい)
という風に使われます。

 

似た言葉では「めんめこんこ、めんめこまちまち」があります。
これは「めいめい、ばらばら」という意味です。

めっそう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 回る という意味です。
「くるくるもうてめ、もうたよう」
(くるくると回って、目が回ってしまったよ)
という風に使われます。

 

② 貰った という意味です。
「こい、だいにもうたんよう」
(これ、誰に貰ったんですか)
という風に使われます。

もうた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

壊れる、潰れる という意味です。
「おもちゃ、もじけた」
(おもちゃが壊れた)
「そんなことしてたら、もじけてまうで」
(そんなことしてると、壊れてしまうよ)
「このとけいもじけてもた」
(この時計、壊れてしまった)
という風に使われます。

もじける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もじく とも言います。

 

壊す、破壊する という意味です。
「びるのかべをもじる」
(ビルの壁を破壊する)
「ぱそこん、かいたってもかまんけどもじるなよ」
(パソコン、貸してあげても良いけど壊すなよ)
という風に使われます。

もじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ももない とも言います。

 

まずい、美味しくない、味が悪い という意味です。
「もむないけーき」
(まずいケーキ)
「このまんじゅー、もむないなー」
(この饅頭、美味しくないなあ)
「このみかん、もむない」
(この蜜柑、味が悪い)
という風に使われます。

もむない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~じゃありませんか という意味です。
「えーやいしょ」
(良いじゃありませんか)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「やして」があります。
これは「~じゃないですか」という意味です。
「やっぱりそやして」
(やっぱりそうじゃないですか)
という風に使われます。

やいしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

やけする とも言います。

 

ずるいこと、ずるいことをする という意味です。
「やけすんなよ」
(ずるいことをするんじゃないよ)
という風に使われます。

 

これが「やけもん」になりますと「何をするか分からない人・常識的な話の通じない人」という意味です。
「あいはやけもんやさかい、はなしできへんでぇ」
(あいつは何をするか分からない人だから話が出来ないよ)
という風に使われます。

やけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だ、~なんだよ、~だよね という意味です。
「ええわっしょ」
(良いね)
「こないだ、きょうとにいったんやっしょ」
(この前、京都に行ったんだよ)
「こけたっしょ」
(転んだよ)
「あかなっしょ」
(駄目だ)
という風に使われます。

やっしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めかす、着飾る という意味です。
「きょうはえらいやついて、どこいくんよ」
(今日は随分とおめかしして、どこに行くんだよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やぶつ」があります。
これは「破る」という意味です。
「このかみやぶつで」
(この紙、破るよ)
という風に使われます。

やつす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ものすごい、とても、すごく という意味です。
「やにこいことするなあ」
(ものすごい事をするねえ)
「やにこいなあ」
(すごいなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やねひき」があります。
これは「ナメクジ」という意味です。

やにこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 柔らかい という意味です。

 

やらかい、やらこい とも言います。
「このやきゅうぼーる、やわかい?」
(この野球ボールは軟球ですか?)
「やわやわやで」
(すごく柔らかいよ)
という風に使われます。

 

② 弱い という意味です。
「おまえ、やわいなー」
(君は弱いなあ)
という風に使われます。

やわ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~できない という意味です。
「みやん」
(見られない)
「たべやん」
(食べられない)
「はなせやん」
(離せない)
「ふな、つれやんかったん、ちょっとざんねんやけどなー」
(フナが釣れなかったのは少し残念だけどねえ)
という風に使われます。

やん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頻繁に、何度も という意味です。
「やんだにいいやったのに、ちかごろあんまりいわんなあ」
(何度も言われていたのに、最近ではあまり言わないなあ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「やもん」があります。
これは「だから、ですから」という意味です。
「そうやもん」
(そうだから)
という風に使われます。

やんだに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言いながら という意味です。
「わすれんように、ゆいもていこら」
(忘れないように、言いながら行こうよ)
という風に使われます。

 

同じような言葉では「ゆいやる」があります。
これは「言っている」という意味です。
「なにゆいやるんなよ」
(何を言っているんだよ)
という風に使われます。

ゆいもて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よんべ とも言います。

 

昨夜、夕べ という意味です。
「ゆんべのみすぎてもたわ」
(昨夜は飲みすぎてしまったよ)
「ゆんべ、あまいとこへいったけどなかったな」
(昨夜、あなたの所へ行ったのですが居ませんでしたね)
「よんべ、でんわくれた?」
(昨夜、電話をくれましたか?)
という風に使われます。

ゆんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出来ません という意味です。
「そがなこと、ようせん」
(そのようなことは、出来ません)
「え!ようせんのかよ?」
(え!出来ないんですか?)
という風に使われます。

 

また、「よう~ん」で「~することが出来ない」という意味です。
「そんなんようたべやん」
(そんな物は食べられない)
という風に使われます。

ようせん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つい という意味です。
「ようよさっき」
(つい、さきほど)
「ようよこのあいだやで」
(つい先日ですよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よ」があります。
これは「~だよ」という意味です。
「がいにあるんよ」
(意外に多くあるんだよ)
という風に使われます。

ようよ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よけい とも言います。

 

ますます、一層 という意味です。
「あいつよけわりなったなあ」
(あいつ、ますます悪くなったね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ようけ、ようさん」があります。
これは「たくさん」という意味です。
「くっきー、まっとようけほしいなあ」
(クッキー、もっとたくさん欲しいなあ)
という風に使われます。

よけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~なさい という意味です。
「いきよし」
(行きなさい)
「なんれえあっしせんなんのよう!あがでしよし!」
(なんで私がしないといけないのよ!自分でやりなさい!)
「はよしよし」
(早くしなさい)
という風に使われます。

よし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よじめる とも言います。

 

片付ける、まとめる という意味です。
「ひとくるから、へやよじめといてや」
(人が来られるから、部屋を片付けてください)
「かいこをひとつによじめてしまおー」
(蚕を一つにまとめてしまおう)
という風に使われます。

 

また「集める」という意味もあります。

よじむる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しまった という意味です。
「よわった!だまされた」
(しまった!騙された)
という風に使われます。

 

似た言葉では「よこっちょ」があります。
これは「横」という意味です。
「あのよこっちょのおなごや」
(あの横に居る女性です)
という風に使われます。

よわった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よ という意味です。
「そい、ええなあ。そうしよら」
(それは良いですねえ。そうしましょうよ)
「こんどのりょこう、つれもていこら」
(今度の旅行は一緒に行きましょうよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「ろ」があります。
これは「ぞ」という意味です。
「もういくろ」
(もう行くぞ)
という風に使われます。

ら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出来ない、分からない という意味です。
「それはできれへん」
(それは出来ない)
「もうわかれへん」
(もう分からない)
「なにもみえれへん」
(何も見えない)
「いけれへん」
(行けない)
「もうはしれれへん」
(もう走れない)
という風に使われます。

れへん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わい とも言います。

 

自分 という意味です。
「わえらのつれ」
(自分達の仲間)
「わえのぱそこん、しらんか?」
(私のパソコン、どこにあるか知りませんか?)
「わいはあいときとこや」
(私はあの人と従姉妹です)
「わいらともだちやな」
(私たちは友達ですよね)
という風に使われます。

わえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わせえ、わいとこ とも言います。

 

私の家 という意味です。
「こい、わせのくるまや」
(これは、私の家の車です)
「こい、わせえのやまや」
(これは私の家の山です)
「こんやわいとこへこいよ」
(今夜、私の家にいらっしゃいよ)
という風に使われます。

わせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪い という意味です。
「わりことしたな」
(悪いことをしましたね)
という風に使われます。

 

似た言葉では「わりに」があります。
これは「意外と、案外、外に」という意味です。
「こい、わりにええのう」
(これ、案外良いですね)
という風に使われます。

わり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ますよ という意味です。
「そーかん、わしゃいくわん」
(そうですか、私は行きますよ)
という風に使われます。

 

似た言葉では「われ」があります。
これは「おまえ」という意味です。
「われとはぜっこうや」
(おまえとは絶交だ)
という風に使われます。

わん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~ましょう、~ませんか という意味です。
「はよせんか」
(早くしましょう)
「そうせんか」
(そうしませんか)
という風に使われます。

 

似た言葉では「~んの」があります。
これは「~ないのですか」という意味です。
「そいせんの」
(それをしないのですか)
という風に使われます。

んか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介