HOME -> 山形の方言 

あえづ とも言います。

 

あれ という意味です。

 

「あいずばこっつさもてきてけろ」
(あれをここに持ってきて下さい)

 

という風に使われます。

 

これが”あいづ”ですと「あの人」という意味に、

”あいづだ、あいづら、あえづら”では「あの人達」という意味になります。

あいず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ハート、ハートマーク という意味です。

 

「めーるさあがももつけておぐってみっか。きくがもすんね」
(メールにハートマークを付けて送ってみようか。効き目あるかもしれない)
「このとらんぷあがももあっが?じぇんじぇんででこね」
(このトランプ、ハート入ってる?全然出ないんだけど)

 

という風に使われます。

あかもも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あがっしゃい、あがらしゃれ、あがてけらっしゃい とも言います。

 

お入りください、召し上がれ という意味です。

 

「よぐきたの~、まずあがてけらっしゃい」
(良く来てくださいましたね、とにかく家にお入りください)
「うまいさげ、たんとあがらっしゃい」
(美味しいから、たくさん召し上がれ)

 

という風に使われます。

あがらっしゃい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かかと(踵)という意味です。

 

「あぐどのたがいくづなのはがんねよ」
(かかとの高い靴なんか履けないよ)
「むがす、えらいだれががこさきたどぎ、あぐどついだどごからみずわいできたんだど」
(昔、偉い誰かがここに来た時に、かかとをついた所から水が湧き出てきたんだって)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「あぐ」があり、これは「灰」という意味です。
共通語で「あく」といえば「灰汁」のことですね。

あぐど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あさげん、あさま とも言います。

 

朝、朝方、朝の時間帯 という意味です。

 

「はやぐすねどあさげさなっては」
(早くしないと朝になっちゃうよ)
「あそんでだら、あさまなたの」
(遊んでいたら、朝になったね)
「あすたのあさげん、おごしてけろ。はやぐかいしゃさんがんなねがら」
(明日の朝、起こして下さい。会社に早出なんです)

 

という風に使われます。

あさげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あざく とも言います。

 

探す、漁る、勝手にいじる という意味です。

 

「ひひだすのながもあざえでみだげんとん、たねらんなえけ」
(引き出しの中も探してみたけど、探し出せなかったよ)
「ほでひひだすあざぐなづ!」
(そんなに引き出し漁らないでよ!)

 

という風に使われます。

あざぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

暖かい、温かい という意味です。

 

「ひーさしてあたかぐなてきたもねぇ」
(日がさして暖かくなってきたね)
「はれてっどえさいるよりそどのほうあたかいなだ」
(晴れていると家の中より外の方が暖かいですね)
「こいず、れんじであためでくたほが、んまいんねがや?」
(これ、レンジで温めて食べた方が、美味しいんじゃない?)

 

という風に使われます。

あたかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あつかい とも言います。

 

対応、世話 という意味です。

 

「あのびょいんとっしょりのあづがいまねだからあんすんだ」
(あの病院はお年寄りへの対応が丁寧だから安心です)
「ずっかのばあちゃんばあづがてんだ~」
(実家のばあちゃんの世話してるんだ~)

 

という風に使われます。

あづがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっちゃ とも言います。

 

あっち という意味です。

 

「こっつのばあっつさいどうしよう」
(こっちの物をあっちに場所移動しよう)
「みんなおっかねごったら、あっちゃむいでろ」
(見るのが怖かったら、あっち向いてなさい)
「あっちゃいだんねが?わがんねげど」
(あっちにいるんじゃない?わからないけど)

 

という風に使われます。

あっつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっづえ とも言います。

 

厚い という意味です。

 

「おまえのけしょお、さいぎんずえぶんあっづいんね?」
(最近あなたのお化粧、随分と厚いんじゃない?)
「ずえぶん、あっづえほんだにゃー」
(随分と、分厚い本ですねえ~)

 

という風に使われます。

あっづい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あっどれ とも言います。

 

あるでしょう、あるじゃない という意味です。

 

「どごみったな、そさあっで」
(どこ見てんの、そこにあるでしょ)
「そごさあっでや!」
(そこにあるでしょ!)
「ほれ、めのめさあっどれ」
(ほら、目の前にあるじゃないの)
「めがねそさあっどれ」
(眼鏡はそこにあるじゃないの)

 

という風に使われます。

あっで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

集まる、集合する という意味です。

 

「こさ、あづばれー!(ここへ集まれー!)
「はなすあっさげあづばれ~」
(話しがあるから集まって~)
「ずいぶんあづべだんねが?」
(随分集めたんじゃないですか?)
「じぇねあづべけねが?」
(お金を集めてくれませんか?)

 

という風に使われます。

あづばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あで、なて とも言います。

 

~なんて、なんちゃって、なんてね という意味です。

 

「かあちゃん”じょすかいさいぐ”あて、ふずんかいだべな」
(母は「女子会に行く」なんて言ってたけど、婦人会のことだろうな)
「かすおりなのずんびさんたていいがらかおだけみしぇでこい」
(菓子折りなんて準備しなくて良いから、顔だけ見せに行って来なさい)
「いたましいごど!さげまがした・・・あて」
(もったいない!お酒溢しちゃった・・・なーんてね)

 

という風に使われます。

あて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなこ とも言います。

 

穴 という意味です。

 

「このずぼん、あなぽごあいではがんねは。べづなのかってけ~」
(このズボン、穴があいてもう履けないよ。別の買ってよ~)
「ちちゃこいあなぽこだとちゃちゃっとぬっでふさぐいよ」
(小さい穴ならちょちょっと縫って塞ぐことが出来るよ)

 

という風に使われます。

あなぽご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あいべは、あべは、あばっしゃい とも言います。

 

行きましょう という意味です。

 

「みさあべ」
(見に行こう)
「んだら、あべはあ」
(それじゃ、行こうよ)
「こんどのみさあいべは~」
(今度飲みに行きましょう)
「いっしょあべは」
(一緒に行きましょう)
「どさがあばっしゃい」
(どこかに行きましょう)

 

という風に使われます。

あべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あまごえ、あんまい とも言います。

 

甘い という意味です。

 

「このすえがん、あまごえにゃー」
(このスイカ、甘いわねー)
「このおがすんーとあまごえみだえだなや。すこすみっだだげだげんとん、よんだれでるずは」
(このお菓子とっても甘いみたいだね。ちょっと見ているだけなんだけれども、涎が出てきてしまうわ)

 

という風に使われます。

あまごい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

吐く、嘔吐する という意味です。

 

「ばすさよってあましたた」
(バスに酔って吐いちゃった)
「あますほどくたっきゃぁ、んまくて!」
(吐き気がする程食べてしまったよ~、美味しくって!」
「くいほだいだがらどてましょがてくったら、くいすぎであましそう」
(食べ放題だからといって次々色々食べたら、食べ過ぎて吐きそう)

 

という風に使われます。

あます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あれ とも言います。

 

元気だ、強い という意味です。

 

「となりのばさま、あらいごど」
(隣のおばあちゃんは、元気だなあ)
「おらえのねえちゃんあらいったらあらいったら!!」
(うちの姉さん強くて強くて!!)

 

という風に使われます。

あらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あったげ、あるたげ、あるったげ とも言います。

 

あるだけ、ある分だけ という意味です。

 

「おつゆは、あるころわげでだな」
(お味噌汁は、ある分だけみんなで分けてくださいね)
「あるたげくってしまったでが!まいったなや」
(あるだけ食べてしまったのですか!参ったなあ~)

 

という風に使われます。

あるころ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あらぐ、あいぶ とも言います。

 

歩く という意味です。

 

「つっかいがらあろぐべはー」
(近いから歩こうよ)
「あすのすじゅづしたら、あらぐいくなていがったべしたん」
(足の手術をしたら、歩ける様になって良かったじゃない)
「あらぁ~このあいだはいはいしったどおもったら、あいぶぐなたんだねぇ~」
(あら~!先日はハイハイしてたと思っていたら、歩けるようになったね)

 

という風に使われます。

あろぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あわいこわい とも言います。

 

たまに、まれに、時折 という意味です。

 

「あわいに、えらいさもござっしやい」
(たまには我が家にも来て下さい)
「あわいにでぱーとのちがさいかいものんぐどしぇーなー」
(まれにデパートの地下に買い物に行くといいわねえ)
「あわいこわいがおるどぎもあるっだす。いぐらまめだて」
(たまに体調不良の時もあるよ。いくら健康だって)

 

という風に使われます。

あわいに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんちゃ、あんにゃ とも言います。

 

兄、お兄さん という意味です。

 

「あんつぁど、なんぼちがうのや?さんさいが?よんさいが」
(兄ちゃんとは幾つ違うの?3歳ですか?4歳ですか」
「あんちゃ、あべ!」
(お兄ちゃん、さあ行こう!)

 

という風に使われます。

あんつぁ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんまし とも言います。

 

あんまり という意味です。

 

「あのひどばあんますいいぐゆてるひどいねずね」
(あの人って、あまり良く言われて無いよね)
「じがんねぐってあんますみねままかえってきたじゃ」
(時間が無くて、あんまり見られないまま帰って来たよ)

 

という風に使われます。

あんます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いあんね、いあんねが とも言います。

 

いいんじゃないの という意味です。

 

「ほいづでいいんねの?」
(それでいいんじゃないの?)
「ほっだらもん、こんでいいんねの?」
(そんなもの、これでいいんじゃないの?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いいんねが」があります。
これは「良いですね」という意味になります。

いいんねの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いがた、いいがった とも言います。

 

良かった という意味です。

 

「いがったごどばこさかいでけろ」
(良かったことをここに書いてください)

 

という風に使われます。

 

これが「いがんべ、いがんべちゃ」ですと
「いいだろう」という意味になります。

いがった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いぎゃう とも言います。

 

行き会う、ばったり会う という意味です。

 

「あさげん、おめのかあちゃんといぎあったっけ」
(今朝、あなたのお母さんとばったり会いましたよ)
「むがしのおどごにいぎゃったていげすけねな」
(元彼にばったり会ったなんて気に食わないよ)

 

という風に使われます。

いぎあう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

生きている という意味です。

 

「まだいぎったずわいがにかってきたなだ。うんまいべ?」
(まだ生きているズワイガニを買って来たんです。美味しいでしょ)
「おらいのあんつぁおどさだないげんどー、いぎったんだべねぇ」
(うちの息子、音沙汰がないけど、生きているんだろうかねぇ)

 

という風に使われます。

いぎった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行ける という意味です。

 

「いぐいよ、あすただごんたら」
(行けるよ、明日だったら)
「こんどのにぢようびおうえんさいぐいが?」
(今度の日曜日応援に行ける?)
「おらいのやろこひとりでおつかいさいぐいべが、おらすんぱいだぁ」
(うちの息子1人でおつかいに行けるかなぁ?心配です)

 

という風に使われます。

いぐい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行こう、行こうよ といういみです。

 

「こんどのみいぐべ」
(今度、飲みに行こう)
「どさがいぐべ」
(どこかに行こう)
「こんだ、あのはやてだめしぇさいぐべ」
(今度、あの流行してる店に行こう)
「んだら、そろそろいぐべが」
(それじゃ、そろそろ行こうか)

 

という風に使われます。

いぐべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いたましい とも言います。

 

もったいない、惜しいことをした という意味です。

 

「いたましいごど!さげまがした~」
(もったいない~!お酒溢した~)
「いだますいげんとすてっぜは、つがわねんだも」
(もったいなけど捨てちゃいますね、使ってないから)
「いだますいくて、よめさなのけでやらんね」
(惜しくて、嫁になんてあげられない)

 

という風に使われます。

いだますい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昔のこと、いつか という意味です。

 

「こいづ、いづがせんにきげんぎれっだどれはぁ~。いだますいったら」
(これ、かなり前に期限切れちゃってる~。もったいなかった)
「いづがせんになたはー」
(遠い昔のことになっちゃったなあ)

 

という風に使われます。

いづがせんに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子に乗る、いい気になる という意味です。

 

「おめ、な~にきいっきつかしてんのや?」
(あんたは、何をいい気になってるのよ?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「いぎづいだ」があります。
これは「満腹になった」という意味ですよ。

いっきつかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いっくらい とも言います。

 

だいたい、適当、ほどほどに、ある程度 という意味です。

 

「いっくれのんだらはぁ、かえっでごいな」
(ある程度飲んだら、帰って来なさいよ)
「おまえだらいっくらいなごどばりゆて!」
(お前ったらいい加減なことばかり言って!)

 

という風に使われます。

いっくれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意地悪する という意味です。

 

「おめあいずばすぎだからいづたげんだべ?」
(きみは彼女を好きだから意地悪するんでしょう)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「いづげる」があります。
これは「言い付ける」という意味になります。

 

「なんぼたのみやすいったて、おれさばりいずげらっだてたいへんなんだず」
(いくら依頼しやすいとはいえ、私にばかり言い付けられても大変なんだけど)

 

という風に使われます。

いづたげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痛い という意味です。

 

「いってがったやあ」
(痛かったよ~)
「なみだながすていってがってだっけ」
(涙を流しながら痛がっていましたよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「いっだぐした」があります。
これは「怪我をする」という意味です。

 

「こいづだとたおっできてもいったぐすね」
(これなら倒れてきても怪我をしない)

 

という風に使われます。

いって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いづだて とも言います。

 

いつも という意味です。

 

「いづんだてきてけらっしゃい」
(いつでもおいで下さい)
「いづだてめんどになっておしょうしなっす」
(いつもお世話になってありがとうございます)
「いづんだてありがどさんです~」
(いつもありがとうございます~)

 

という風に使われます。

いづんだて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

居なくなる という意味です。

 

「うぅーぅ、いねぐなられっどこまるちゃぁー」
(えぇーっ、居なくなってしまうと困るよぉ~)
「おらいのねご、いづのまにかいねぐなった」
(我が家の猫、いつのまにか居なくなってしまった)

 

という風に使われます。

いねぐなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いまっと、まえっと、んまっと とも言います。

 

もっと という意味です。

 

「いまとけでやるよ、おらいさいっぱいあっから」
(もっとあげるよ、我が家にいっぱいあるので)
「んまっとけえずていわっても、もう、かんねず!」
(もっと食べなさいって言われても、もう食べられないよ~)

 

という風に使われます。

いまと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

今の時代 という意味です。

 

「いまなだれでもぱそこんでにっきつけでみなさみしぇるいどなぁ」
(今の時代は誰もがパソコンで日記を書いて他人に見せることが出来るんだってさ)
「いまなわざどしゃぶげたふぐなきるなだかしたぁ」
(今の時代、わざと破けた服なんか着るんですか)

 

という風に使われます。

いまな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いあんばい、いあんべ とも言います。

 

ちょうどいい、いい感じ という意味です。

 

「ゆがげんどげだやー? / いやんばいだー!」
(お湯加減はどうですか? / 丁度良いです)
「ゆさへらっしゃい、いやんばいだったっけ」
(お風呂に入っていらっしゃい、ちょうどいい湯加減だったわよ)

 

という風に使われます。

いやんばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不必要、要らない という意味です。

 

「ぼうしあっがらかさいらねんね?」
(帽子があるから、傘は要らないんじゃない?)
「いらねものばりあづべんなず。がらくたにしかめねず」
(不必要な物ばかり集めないでよ。がらくたにしか見えません)

 

という風に使われます。

いらね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

言わなくてはならない という意味です。

 

「わすんねうづいわんなねよ」
(忘れる前に言わなくちゃダメよ)
「やんだやんだいっだっで、いなんねどぎはいわんねべ」
(嫌だ嫌だと言ったって、言わなきゃダメな時は言わないといけないでしょ)

 

という風に使われます。

いわんなね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うがえ、うかい、うげ とも言います。

 

多い という意味です。

 

「おれより、とすなんぼうがえ?」
(俺よりも、歳いくつ多い?)

 

という風に使われます。

 

また、

 

「うがいよりうっがいの方がうがい」
(多い、もっと多いの方が多い)

 

と言うように
”うっがい”は「とても多い」という意味になります。

 

「このふゆゆぎうっがいずね」
(この冬は雪がとても多いですよね)

 

という風に使われます。

うがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もたれる という意味です。

 

「ほごのかべさうかがてっどよえはげぶったおれっからな、きぃつけろな!」
(そこの壁によもたれていると(その壁は)弱いから倒れるかもしれないからね。気をつけなさい!)
「あそごのしぇがれさんじゅうつっかぐなて、おやさうかがてばりえる」
(あの家の息子は30歳近くなっても、親に持たれかかりきり(頼りっきり)だよ)

 

という風に使われます。

うかがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

合格する という意味です。

 

「おだぐのむすめ、だいがぐうがたったんないの~!」
(お宅の娘、大学、合格したんだってね~!)
「あしたごうかぐはっぴょーあどー。すぼーしったがっこさうがてけっずどええちゃー」
(明日合格発表なんだってね。志望している高校に合格してくれるといいね)
「ほんてん、うがっどええにゃー」
「本当に、合格するといいですねえ)

 

という風に使われます。

うがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あなた、おまえ という意味です。

 

「うさのかみのげさ、なにがついっだぞ」
(あなたの髪の毛に、何かついてましたよ)
「ほんどにうさだもんぐなが?ほだらやんだやんだいうなよ」
(本当におまえ達も行くのかい?それなら嫌だ嫌だって言わないでよね)

 

という風に使われます。

うさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

後ろ という意味です。

 

「ちょっとうっしょむいでみでけろ!」
(ちょっと後ろ向いてみてくださいよ!)
「はいづば うっしょからよんでみっど」
(それを後ろから読んでみると)
「ぱんつうっしょまえにはえっだんねが?」
(パンツ後ろ前に穿いているんじゃない?)

 

という風に使われます。

うっしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

薄い という意味です。

 

「みずわりうっすいなつぐってけろ」
(水割りの薄いものを作ってください)
「したがぎうっすぐかいどけよー」
(下書きは、薄く書いておきなさいよー)
「うっすいかるぴすはんまぐねな」
(薄いカルピスは美味しくないね)

 

という風に使われます。

うっすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うづぐさい とも言います。

 

綺麗、美しい という意味です。

 

「うづぐすい、しゃれだちゃわんだごど」
(綺麗な、しゃれている茶碗だね)
「ないだて、うづぐさいごどー」
(いやいや、綺麗だなぁ)
「うづぐさいあねさまきだ」
(綺麗なお姉さんがやって来た)

 

という風に使われます。

うづぐすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うなう とも言います。

 

耕す という意味です。

 

「とーちゃんだらねでばりいねで、しるまではだげうなてけろなれ~」
(お父さんったら寝てばっかりいないで、お昼までに畑を耕しておいてよね)
「おれうまっではづめではだげうなう」
(私、生まれて初めて畑を耕す)

 

という風に使われます。

うない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

裏側 という意味です。

 

「ほのうらかっつさ、かぐしとぐど、やんばいだ」
(その裏側に隠しておくと、ちょうどいいよ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「うらのぐづ」があります。
これは「裏口、勝手口」という意味になりますよ。

うらかっつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

うるがす、うろがす とも言います。

 

水に浸してふやかす という意味です。

 

「このこんぶ、みずさうるがしてでけろな」
(この昆布を水に浸しておいてくださいね)
「ままくたちゃわんばみずさうるがしておげな」
(ご飯を食べたら茶碗を水で浸しておいてね)
「なべそさうろがしてくれ」
(鍋、そこに浸しておいて)

 

という風に使われます。

うるかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蒸し暑い という意味です。

 

「きょお、えきたえひだどおもたら、へーんげんしょでよんじゅーどつっかえあけどー」
(今日、蒸し暑い日だと思ったら、フェーン現象で40度に近かったんだってね)
「きんなもあっづいがったげんと、きょうもやんだくらいえきたえなぁ」
(昨日も暑かったけど、今日も嫌になるくらいに蒸し暑いね)

 

という風に使われます。

えきたえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

石 という意味です。

 

「ほごのえすころどけでけろ」
(そこの石ころを除けて下さい)
「こいづえすかだな~」
(これは石のように固いなあ)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「えすやらみづ」があります。
これは「砂利道」などの石がゴロゴロしているような道を指します。

えす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

得意 という意味です。

 

「ぱそこんが?おれあんまりえでんねなよー!」
(パソコンですか?自分はあまり得意ではありませんよぉ~)
「おめのえでなごどはなにっすや?」
(あなたの得意なことは何ですか?)

 

という風に使われます。

えで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減、身勝手 という意味です。

 

「えでかって、やめれ!っこの!」
(いい加減にやめろ!この野郎!)
「おやず、えでかってかだづげで、どさしまったがわがらね」
(親父が身勝手に片付けて、どこに仕舞ったのか分からない)

 

という風に使われます。

えでかって 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えもかげ とも言います。

 

ハンガー という意味です。

 

「しぇさかえてきたら、ずぼんばえもんかげさかげねど」
(家に帰ってきたら、ズボンはハンガーにかけないと)
「ほてるさついだらすーつすぐえもかげにかげろ」
(ホテルに着いたら、スーツはすぐにハンガーに掛けなさい)

 

という風に使われます。

えもんかげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いぎらすぐない、いぎらすぐねえ とも言います。

 

憎らしい という意味です。

 

「あのやろこえらすぐなえったらあったもんでねえ。ほのうずばずあだっべな」
(あの男の子憎らしいことといったらこの上ないよ。そのうち罰が当たるだろうね)

 

という風に使われます。

 

語源は”愛らしくない”からと言われています。

えらすぐなえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

育てる という意味です。

 

「どだなごどしてほだいおっけぐおがしたのや?」
(どんな風にしてそんなに大きく育てたの?)
「おごさまおがすのたいへんだべ、こごらはくわばだげなんだっけな」
(蚕を育てるのは大変でしょ、この辺は桑畑だったのよね)

 

という風に使われます。

おがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

調子が悪い、おかしい という意味です。

 

「ないだかぱしょこんおがすぃみだいな」
(何だかパソコンの調子が悪いみたい)
「からだおかすぃどきではていくななー」
(体の調子が悪いときは(無理して)外出しなさんな)
「あいづのかっこ、おがすぐねぇ?」
(あいつの格好、おかしくない?)

 

という風に使われます。

おがすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おかづぐ とも言います。

 

追いつく という意味です。

 

「あすはやくておかつがんね」
(足が早くて追いつけない)
「おっけぐなたなぁ。もうつこしでとぉちゃんさおかづぐんねがは」
(大きくなったねぇ。もう少しでお父さんに追いつくんじゃないの)
「がんばってめのひどさおかづげ」
(頑張って前の人に追いつけ)

 

という風に使われます。

おかつぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

成長する、大きくなる、育つ という意味です。

 

「すばらぐみねうづ、ずいぶんおがたにゃー」
(しばらく見ないうち、ずいぶん大きくなったねー)
「おめえのだいごんずいぶんおがったごど~」
(あなたの家の大根、随分成長しましたね)
「あいや~、おがたなあ」
(うわ~、背が伸びたねえ)

 

という風に使われます。

おがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おさえ とも言います。

 

おかず という意味です。

 

「きょうのおさい、ごっつぉだんねがぁ~」
(今日のおかず、豪華だね~)
「あんまりんまいおさいだがらおだづしたっきゃ~」
(あまりに美味しいおかずだからおかわりしちゃった~)

 

という風に使われます。

おさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おだづ、おだぢ とも言います。

 

おかわり という意味です。

 

「おだずしてあがっておごやい」
(おかわりして食べて下さい)
「すこすおだづしてえまちょぺっとばりくてみっかな」
(もうほんの少しだけおかわりして食べてみようかな)

 

という風に使われます。

おだず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

折れる、骨折する という意味です。

 

「はさみなのつかわねで、てでおだってとんなだ」
(ハサミなんて使わないで、手で折って取るんだよ)
「あだまさきてかべぶなぐたらゆびおだっだ」
(頭にきて壁を殴ったら指が折れた)
「ほねおだて、きんなまでにゅういんしったけなよ」
(骨を折って、昨日まで入院してたのよ)

 

という風に使われます。

おだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっかかる とも言います。

 

寄りかかる、もたれる という意味です。

 

「ほごのはすらさおかがってまってっか?」
(そこの柱により掛かって待ちましょうか?)
「つかっちゃべえ?おれさおっかがってやすんでろな」
(疲れたでしょう?僕に寄りかかって休みなよ)
「ほだいおかがんなず!おもだいったらよ」
(そんなに寄りかかるなよ!重たいんだから)

 

という風に使われます。

おっかがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おづげ とも言います。

 

味噌汁 という意味です。

 

「おづげのみ、こいずへっでけろ」
(味噌汁の具に、これを入れて欲しいです)
「ひさかがったおづげよっぐかましてけろ」
(火にかけてあるお味噌汁をよくかき混ぜてちょうだい)
「んあもくいだくないどき、たまにおづげままくうんだ」
(何も食べたく無い時は、時々味噌汁かけご飯を食べるの)

 

という風に使われます。

おつけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おっつける とも言います。

 

押す、押し付ける という意味です。

 

「ひとばおっつけんな」
(人を押してはいけません)
「ままさんだんぷのはらでぐっとおつけてゆぎのかべつぐれ」
(雪かきダンプの表でグッと押し付けて雪の壁を造りなさい)

 

という風に使われます。

おつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

住職、お坊さん という意味です。

 

「おっさまからちゃんときぃでこい」
(住職からちゃんと聞いてきなさい)
「おっさまだどからおげのこえもありがだぐきこえっずねー」
(和尚さんだとカラオケの声も有り難く聴こえますねー)

 

という風に使われます。

おっさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

庭、庭園 という意味です。

 

「おだぐでは、いっづもおづぼきれいにしてっずね」
(お宅では、いつも庭をキレイにしてますね)
「あそごのでっけえおづぼ、おべっだが?」
(あそこの大きな庭園を覚えていますか?)

 

という風に使われます。

おづぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おどがえ とも言います。

 

顎 という意味です。

 

「ほれほれおどがえさままくっつえったでそ」
(ほら、顎にごはん粒が付いているよ)
「おたぐのあんつぁおどがえしゃくてないだかあいずしったみだいな」
(あなたの息子さん、顎をしゃくって何か合図をしている様子ですよ)

 

という風に使われます。

おどがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おどけでね、おどげだごんでなえ とも言います。

 

大変なこと、気が気でない、とんでもない という意味です。

 

「はえばりょうてでしぇめんなはなっがながおどげでなえなや」
(ハエを両手で捕まえるのは中々大変なことだよねえ)
「んだべずほれ、はえぁてへめられっずどおどげでなえべがらにゃあ」
(そりゃそうだよ、ハエの方だって捕まえられたりすると気が気でないからな)
「ほだなごどゆわれっずどおどげだごんでなえなや」
(そんなことを言われるなんて気が気でない)

 

という風に使われます。

おどげでなえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下ろす、降ろす という意味です。

 

「えのめんねぐてまえのすまっこでおどしてけろ」
(家の前ではなくて手前の角で降ろしてください)
「ぎんこのえーてぃーえむがらかねおどしてきた」
(銀行のATMから貯金をおろしてきました)

 

という風に使われます。

おどす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

覚えている、知っている という意味です。

 

「あんしょばんごおべっだか?わすったんが?」
(暗証番号を憶えてますか?忘れたのですか?)
「まごのなまえみなおべっだがっす?」
(お孫さん全員の名前は憶えておられますか?)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「おべったふり」があります。
これは「しったかぶり、なんでも憶えているような素振り」という意味です。

おべっだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おめがだ とも言います。

 

あなた達 という意味です。

 

「おめださたのんだげんと、たのまねどいがったみだいだ」
(あなた達に頼んだけど、頼まない方が良かったみたいだわ)
「おめだどさんぐなや?」
(あなた達どこへ行くの?)
「おめがだもんぐなが?」
(お前たちも行くのか?)

 

という風に使われます。

おめだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おもしゃい とも言います。

 

面白い、興味深い、愉快だ という意味です。

 

「おもしぇがったが?おもしぇぐねがったが?」
(面白かったですか?面白く無かったですか?)
「このてれびおもしぇのぅ」
(このテレビ面白いね~)

 

という風に使われます。

おもしぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

思いっきり、とてもたくさん という意味です。

 

「ばあちゃんからおもすまごしゃがっだず」
(おばあちゃんから思いきり叱られたよ)
「きょうはわらびおもすまとてきたじぇ」
(今日は蕨、とてもたくさん採って来ましたよ)

 

という風に使われます。

おもすま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おらえ、おらだ、おらほう とも言います。

 

我が家、私の家、自分の家 という意味です。

 

「おらいのねごみねけが?」
(我が家の猫を見なかった?)
「たまにはおらえさ、あすびこいちゃ」
(たまには我が家へ、遊びに来なさいよ)
「おらえさこぉ!」
(私の家に来て下さい!)

 

という風に使われます。

おらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

痒い という意味です。

 

「かーからかっでかいくてわがらね」
(蚊に食われて痒くてたまらない)
「むしがらささっだみでぃだ、かいかいかい~!」
(虫から刺されたみたいだ、痒い痒い痒い~!)
「かいどごにてえとどがね」
(痒いところに手が届かない)

 

という風に使われます。

かい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かいづ、こいづ とも言います。

 

これ という意味です。

 

「かいずけろ~」
(これくださいな)
「かいづ、んーとんまえさげ、くてみろ」
(これ、とっても美味しいから、食べてみなさいよ)
「こいずなんぼや?」
(これは幾らですか?)

 

という風に使われます。

かいず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

困惑・失望などのため気落ちする、人や動物が病気で衰弱する ことを表します。

 

「びょーいんさみまいさいっだら、ずいぶんがおったけ」
(病院に見舞いに行ったら、ずいぶん具合が悪そうだったよ)
「がおらねように、あさみずけでけろな」
(しおれないように、朝は水やりしてね)

 

という風に使われます。

 

語源は「我を折る」からだと言われていますよ。

がおる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 挑む という意味です。

 

「ほれっ、えまとつからだしてかがてんげ!」
(それっ、もっと力を出して挑んでいきなさい!)

 

という風に使われます。

 

② 書ける という意味です。

 

「ほのぺん、かがっか?」
(そのペン、書けますか?)

 

という風に使われます。

かがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かげる とも言います。

 

① 指名する、当てる という意味です。

 

「しぇんしぇがらかげらんなえようおどなすぐしったけはー」
(先生に当てられないように大人しくしていたんです)

 

という風に使われます。

 

②  電源を入れる、点ける という意味です。

 

「てれんびかげでけろ。てんぎよほみんなねがら」
(テレビの電源を入れて下さい。天気予報を見ないといけないから)

 

という風に使われます。

かける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かしぇがね とも言います。

 

働かない という意味です。

 

「あのかちょおだら、かしがねずね」
(あの課長って、働かない人だね)
「あいづだらくぢばりたっしゃで、かしぇがねずね」
(あの人、口だけ達者で働かないですね)

 

という風に使われます。

 

これが「かしがんない、かせがんね」ですと「働けない」、
「かしぐ」で「働く」という意味になります。

かしがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かせね とも言います。

 

食べさせない という意味です。

 

「いだずらばりしてっど、ままかしぇねぞ!」
(いたずらばかりしていると、ご飯食べさせないわよ!)

 

という風に使われます。

 

これが「かしぇる、かせる」になると「食べさせる」、
「かしぇろ」になると「食べさせろ」という意味になります。

かしぇね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かだつら とも言います。

 

不揃い という意味です。

 

「きんなくづしたかだらかだらはいでったけはー」
(昨日、靴下を(左右)不揃いのを履いていってしまったんだよ~)
「あさげんあんまりいそいっだっけもんだがら、くづかだつらはいっだっけずあー」
(今朝のもすごく急いでいたものだから、靴を不揃いで履いていたのよ)

 

という風に使われます。

かだら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かちぇわすね とも言います。

 

うるさい、騒々しい、騒がしい という意味です。

 

「おめだがしぇさくっどかちぇわすね~くてわがらね!」
(あんた達が我家に来ると、うるさくって大変よ!)
「みなあづばたのはうれすいげんと、まごだかちぇわすなくてよ」
(みんなが集まるのはすごく嬉しいんだけど、孫達が騒がしくって・・・)

 

という風に使われます。

かちぇわすない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かちゃもちゃ、かっちゃまぐれ とも言います。

 

逆に という意味です。

 

「わらすだがら、みぢかちゃむちゃおしぇらっだず」
(子供達から、道を逆に教えられちゃったよ)
「ごしゃぎにいったっげ、かっちゃまぐれにながっちよー」
(怒りに行ったら、逆に泣かれてしまったんだよ~)

 

という風に使われます。

かちゃむちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっつける とも言います。

 

他人の所為にする、責任を転嫁する、押し着せる という意味です。

 

「そやっでひどさ、かつけんなずー」
(そうやって、人のせいにするんじゃないよ)
「かつけでばりいだらきにゃわねんだがら」
(責任を転嫁してばかりいたら嫌われるんだから)

 

という風に使われます。

かつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気後れしない、物怖じしない、融通がきかない という意味です。

 

「おらえのやろすだら、がってすねでだえさでもこえかげんのよ」
(うちの息子ったら、気後れしないで誰にでも声をかけるのよ)
「おまえだらがってすねでどんなこーすでもすべてくっずね」
(あなたって物怖じしないでどんなコースででも滑ってくるよね)

 

という風に使われます。

がってすね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっちゃい、かっちゃえ とも言います。

 

反対、裏返し、裏表 という意味です。

 

「しゃっつかっちゃになってだずー」
(シャツが裏返しになっていました)
「おめ、なしててぃーしゃつかっちゃにきてんのや?」
(おまえ、どうしてTシャツを裏表に着てるんだ?)

 

という風に使われます。

かっちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっちゃぐ、かっちゃばぐ とも言います。

 

引っ掻く という意味です。

 

「かっちゃがれでも、しゃねがらな」
(引っ掻かれても、知らないよ)
「けぇくてかっちゃばいですまった」
(痒くて引っ掻いてしまいました)
「ねごからかちゃばがっで、きずだらけだは」
(猫に引っ掻かれて、傷だらけだ)

 

という風に使われます。

かっちゃく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かぶりつく、噛み付く という意味です。

 

「ふどまぎばだまてえほむいでくうどいいごどあんだべ?」
(太巻きを無言で恵方を向いて食べると、良い事あるんでしょ?)
「いぬごこがらかぶづがっじゃ」
(犬に噛み付かれたよ)

 

という風に使われます。

かぶづぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かき混ぜる という意味です。

 

「ふろよっくかましてはいってな~」
(お風呂はよくかき混ぜて入ってね)
「ごますってさどどがいろがいろかまして」
(ゴマをすったら砂糖とまぜてかき混ぜて)
「なすどきゅうりどみょーが、こんまぐはやしたらえっくかましてな」
(茄子とキュウリとミョウガ、細かく刻んだらよーくかき混ぜてね)

 

という風に使われます。

かます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(車などに)轢かれる という意味です。

 

「ほだなごどしてっど、くるまにかまれっぞ」
(そんなことしていると、車に轢かれますよ)
「くるまからかまれっからほどばあるがんなね」
(車に轢かれるから、歩道をあるかなければなりませんよ)

 

という風に使われます。

かまれる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かむぐる とも言います。

 

構う、からかう、ちょっかいを出す という意味です。

 

「いいがらかまねでけろ」
(いいからほっといてよ)
「ほだな、かむごとない」
(そんな(相手)構う必要ありません)
「あんまりかむど、すかねてやれっぞ」
(あまりちょっかいを出すと、嫌いって言われちゃうよ)

 

という風に使われます。

 

かむな」のページも併せてご覧下さい。

かむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

構うな という意味です。

 

「なんぼゆてもわがらねひとさはかむなは~」
(何回言ってもわからない人にはかまうなよ~)

 

という風に使われます。

 

また、「噛むな」と言う場合には「かむなず」と言います。

 

「ほなもんかむなず!」
(そんなもの噛むんじゃない!)

 

という風に使われます。

 

かむ」のページも併せてご覧下さい。

かむな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

空っぽ という意味です。

 

「みんやげもらたばりで、からぽごだどれは!」
(お土産をもらった直後なのに、もう空っぽだわ!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉では「からっぽね」があります。
これは「甲斐性無し」という意味です。

 

また、「からこっぺ」ですと
「こましゃくれた、こなまいきな」という意味になりますよ。

からぽご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急いで、早く という意味です。

 

「がらがらしぇんたぐしてどうにかまにあったちゃー」
(急いで洗濯して、どうにか間に合ったわー)
「だいごんがらがらほってまってだ」
(大根を急いで掘って待っていた)
「ほれ、くらぐなってきたがらがらがらいぇさけっぺ!」
(ほら、暗くなってきたから早く家に帰ろうよ!)

 

という風に使われます。

がらがら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全部、丸ごと という意味です。

 

「ほごのはごがらみもってきてけろ」
(そこの箱ごと全部持って来てください)
「きにいらねっけごんぱはごがらみりさいくるさもってくがら」
(もし気に入らない場合、箱ごとリサイクルに持って行くから)

 

という風に使われます。

がらみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

軽い という意味です。

 

「このいしいがいとかるこいごど」
(この石、意外と軽いわね)
「ずえぶんかるこえんねが?ちゃんとままくたが?」
(随分軽いじゃない?ちゃんとご飯食べたか?)
「ゆぎかるこくてはごぶなはらぐだけっど、やまにすっどおっでくる」
(雪は軽くて運ぶには楽だけれど、山にしようすると落ちてくる)

 

という風に使われます。

かるこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つもり、ふり、そぶり という意味です。

 

「ほだなかんじょんねっけんだっけげっとおぢゃのみいってままごっつぉなってきた」
(そんなつもりじゃ無かったんだけどお茶飲みに行って、ご飯ご馳走になって来ました)
「ほだなかんじょでゆたのんねがら」
(そんなつもりで言ったんじゃないのよ)

 

という風に使われます。

かんじょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かんない、かんにぇ とも言います。

 

食べられない という意味です。

 

「なにがかんねものあっか?」
(何か食べられない物はありますか?)
「しょっぱくてかんね!」
(しょっぱくて食べられないよ!)
「ほんげかんねべ」
(そんなに食べられないでしょう)

 

という風に使われます。

かんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

恥ずかしい という意味です。

 

「おら、あんとぎがんまなくてよー」
(私、あの時はみっともなくて恥ずかしくてね~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「がんしぇない」があります。

これは「弱弱しい」という意味です。

 

「あのやろこがんしぇないなぁ、ままくてんだべが」
(あの男の子弱弱しいわね、食事してるのかしら)

 

という風に使われます。

がんまなえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

配慮が及ばない、気が利かない という意味です。

 

「ごめんなぁ~、きいきがねくて・・・」
(すみません。配慮が及びませんで・・・)

 

という風に使われます。

 

逆に”気が利く”という意味の言葉では”きいきぐ”となります。

 

似た言葉では「きけね」もあります。
これは「聞こえない」という意味です。

きいきがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きかなし とも言います。

 

言うこと聞かない、聞き分けの無い という意味です。

 

「おらえのやろだら、きかなすで、だっでなやろでよ」
(うちの息子ときたら、聞きわけがなくて、どうしようもない奴でさ~)
「あいづだらちちゃこいどぎきかなすやろだっけげんと、いま、しぇえやろこなたずねぇ」
(あの子は小さい頃腕白坊主だったけど、今、いい子になったわねえ)

 

という風に使われます。

 

”きかなすやろ”は”腕白坊主”、
”きかなすへな”は”おてんば” という意味になりますよ。

きかなす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ち着きが無い様子 を表す言葉です。

 

「きちゃきちゃてしぇわすなえごだ」

(ちょろちょろと落ち着きがないですこと)
「あんまりきちゃきちゃしってっどけがすっさげの」
(落ち着きがない状態のままだと怪我しますからね)

 

という風に使われます。

きちゃきちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

思いっきり、しっかりと、力を込めて、強く などどいう意味です。

 

「えんりょすねでぎっぎどあてでみろ」
(遠慮しないで思いっきり当ててみなさい)
「まっとぎっぎどゆつばがねどダメだ」
(もっとギュッと結ばないとダメだよ)
「いでがらあんまりぎっきどしねでけろ」
(痛いからあまり強くしないでよ)

 

という風に使われます。

ぎっぎど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(服などが)きつい という意味です。

 

「せーたーぎっつくてきらんねは」
(セーターがきつくて着られないよ)
「すんまこで、ぎっつぐないがぁ~」
(隅っこの方で、きつくないですか?)
「こごぎっつぐたがてろな」
(ここをきつく(しっかりと)持っていなさいね)

 

という風に使われます。

ぎっつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

渋い、味がいがらっぽい、アクが強い という意味です。

 

「ちゃんとあくぬきさっでねえどれ。きどいず」
(きちんとあく抜きされてないじゃない、渋いよ)
「このやまうど、ずえぶんきどいな」
(この山ウド、随分とアクが強いですね)

 

という風に使われます。

 

これは”きどい”以外に表現するのは難しい言葉でもあります。

きどい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぴったり、ちょうど、きっちり という意味です。

 

「きぱっとはいっどれ」
(ぴったり入るよ)
「つぐえばきぱっとならべでけろ」
(机をきちんと並べてください)
「このすえがんしぇんえんきぱっとだけず」
(この西瓜1000円ちょうどだったよ)

 

という風に使われます。

きぱっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きびす とも言います。

 

急須(きゅうす) という意味です。

 

「ほごさあるきびちょとってけろ」
(そこにある急須を取ってください)
「おぢゃのむがらきびちょもってこい」
(お茶を飲むので急須を持ってきてください)

 

という風に使われます。

きびちょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

気をもむ、焦る という意味です。

 

「まったぐきもめるはなしだ」
(全く気がもめる話だ)
「ばんつぁ、ほだいきもめんのがぁ」
(おばあさん、そんなに気がもめるんですか)
「はやぐあべは〜。きもめできたじゃあ」
(早く行こう。焦ってきたよ)

 

という風に使われます。

きもめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

イカの塩辛 という意味です。

 

「なんだてんまい、きりごみだったら!」
(なんて美味しい塩辛なんでしょう!)
「さげのつまみで、きりごみくだいなぁ」
(お酒のおつまみでイカの塩辛が食べたいな~)

 

という風に使われます。

きりごみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ツルツル という意味です。

 

「どうろきろきろだがら、きぃつけでかえれなぁ~」
(道が凍って滑るので、気をつけて帰って下さい)
「きろきろしったながおもで」
(ツルツルしているのが表です)

 

という風に使われます。

きろきろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昨日 という意味です。

 

「きんなのいまごろ、どさえってだんだ」
(昨日の今頃は、どこへ行っていたんだ)
「きんなはくずらずるくっだ。たまにくうどんまいね」
(昨日は塩くじらの味噌汁を食べたんです。たまに食べると美味しいね)

 

という風に使われます。

きんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くう、くー とも言います。

 

食べる という意味です。

 

「このおがしくうが? /くぅ~! 」
(このお菓子食べるかい? /食べる~! )
「こだいくいたでらんねばな!」
(こんなに食べきれないよ!)
「くあげだらかたづげっびゃ」
(食べ終わったら片付けよう)

 

という風に使われます。

く 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぐいら とも言います。

 

いきなり、急に という意味です。

 

「いつづていしもすねで、ぐいらででくらっだらあぶないっだな!」
(一時停止しないで、いきなり出て来られたら危ないじゃないか!)
「ほっだい、ぐいらむずらねでよ」
(そんなに急に曲がらないでください)
「ないだて、ぐいらおっきぐなったんねが?」
(あら、急に大きくなったんじゃない?)

 

という風に使われます。

ぐえら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あーだこーだ、つべこべと という意味です。

 

「ぐずらもずら、ゆたたてきまたこどだもん、すらんなねっだなぁ~」
(ああだのこうだの言っても決まった事だ!しなければならない事だよ!)
「ぐずらもずらゆってんなず」
(つべこべ言うな)
「ぐずらもずらゆてねで、はやぐすろずー」
(つべこべ言ってないで、早くしろってば)

 

という風に使われます。

ぐずらもずら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くつぐ、がぶづぐ とも言います。

 

噛み付く という意味です。

 

「めんごがってだ、うぢのいぬこがらくつがっだぁ」
(可愛がっている、我が家の犬に噛み付かれたぁ~)
「いぬがらかぶづがっじゃ」
(犬から噛み付かれたよ)

 

という風に使われます。

くっつぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くらつける とも言います。

 

殴る、懲らしめる という意味です。

 

「くらすけっぞ!」
(殴るぞ!)
「あんます、きがねど、くらすけっがらな!」
(あんまり言うこと聞かないと、ぶつからな!)
「おらぁあだまさきだ!あいづんどごくらつけでくっつぉ!」
(俺は頭に来たぞ!あいつを懲らしめて来るぞ!)

 

という風に使われます。

くらすける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くはご とも言います。

 

桑の実 という意味です。

 

「くわごあまごくてんまいんだげんと、くづのまわりあがくなてね」
(桑の実は甘くて美味しいんだけど、口の周りが赤くなってね)
「こどもんころ、みぢぐさしでくわごくっでだなあ」
(子供の頃は、道草しながら桑の実を食べていたなあ)

 

という風に使われます。

くわご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けえ、けは とも言います。

 

食べろ、食べなさい、食え という意味です。

 

「んまえべ~。たんとけー」
(美味しいだろ~。たくさん食べなさい)
「けつぱりだげんどみなけは」
(こればっかりしかないけれど、全部食べなさい)

 

という風に使われます。

け 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お尻 という意味です。

 

「つぐえさすわっどけっつまがる」
(机に座るとお尻が曲がるよ)
「かあちゃんにけっつけっぽられだ」
(お母さんにお尻を蹴られた)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉ですと「けっつでる」があります。

これは「洋服の丈が短いこと」を指します。

けっつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蹴る という意味です。

 

「よぱらっでかべけっぽったっけや、あすおっだ」
(酔っ払って壁を蹴ったら、足を骨折しました)
「あんまりあだまさきてでんきばすらばけっぽったきゃ」
(あんまり頭にきて電柱蹴っちゃったのよ)

 

という風に使われます。

けっぽる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げっぺい とも言います。

 

最下位、ビリ、最後尾、びりっけつ という意味です。

 

「はしりっくらでげっぺしょうだっけ」
(徒競走で最下位賞でした)
「がんばったげっと、げっぺいだったっけ」
(頑張ったんだけど、ビリだったんですよ)

 

という風に使われます。

げっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げらっぱ とも言います。

 

笑い上戸 という意味です。

 

「なぎみすより、げらぱのほがいいやらぁ~」
(泣き虫より、笑い上戸の方が良いなぁ)
「おらいのとうちゃん、のんでもいねのにげらっぱなんだず」
(うちのお父さん、飲んでもいないのに笑い上戸なんです)

 

という風に使われます。

げらぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あげる、差し上げる という意味です。

 

「これ、たいしたもんでないげんと、ける」
(こちら、大した物ではございませんが、差し上げます)
「こいづ、ける」
(これ、あげます)

 

という風に使われます。

 

逆に「あげない」は「けらんない」になります。

 

「ほだなごとだら、けらんないな」
(そんなとこなら、あげられないな)

 

という風に使われます。

ける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こがこ とも言います。

 

桶、漬け物桶 という意味です。

 

「ちぇっとまってろ。こがからだいごんづげもてくっから」
(ちょっと待ってて。漬け物桶から大根漬けを持ってきますから)
「じがせいだとこがこくさぐなったりするべ、ほいずがまだんまいんだ」
(自家製だと桶臭くなったりするんだよね、それがまた美味しいんだ)

 

という風に使われます。

こが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こごさ とも言います。

 

ここに、ここへ という意味です。

 

「こさ、きでみろ」
(ここへ来てみなさい)
「こごさならんでもらわんねべが」
(ここに並んでいただけないでしょうか)
「こさこしかげこしぇだのだれや」
(ここに椅子を作ったのはどなたですか?)

 

という風に使われます。

こさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こせる、こしゃう、こしゃえる とも言います。

 

作る、こしらえる という意味です。

 

「ばんげなっともづこしぇっからこい」
(今晩、納豆餅を作るからおいで)
「みなして、わらわらこしゃえっぺず」
(みんなで早く作ろうよ)
「こいづこしぇだのだれや、こしぇがおしぇえでけろ」
(これ作ったの誰?作り方教えて下さい)

 

という風に使われます。

こしぇる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごしゃらっぱらやげる、ごしゃげる とも言います。

 

怒る、腹が立つ という意味です。

 

「ほだいごしゃぐなず、はんせしったどれ」
(そんなに怒らないで、反省してるじゃない)
「しゅぐだいわすっで、たんとごしゃがっだけやー」
(宿題忘れて、ずいぶん叱られたっけなー)
「あいづのはなすきいでっどごしゃっぱらやげっず」
(あいつの話を聞いてると腹が立つ)

 

という風に使われます。

ごしゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腰 という意味です。

 

「としょても、あすこすじょんぶでつえないらねよー」
(年をとっても、足腰が丈夫で杖なんか要らないよー)
「こすぬがすほどたまげたっけはぁ」
(腰を抜かすほど、驚いちゃったよ~)

 

という風に使われます。

 

さらに、「椅子」のことは「こすかげ」と言います。

こす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こちょばったい、こちょばすえ とも言います。

 

くすぐったい という意味です。

 

「ほだごどゆわれっどこちょびたいず」
(そんなこと言われるとくすぐったいわ)
「わぎっぱらちょすな、こちょぴたえはげやめでけろー」
(脇腹を触らないで~、くすぐったいのからやめてでください)

 

という風に使われます。

こちょびたい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こっちゃ とも言います。

 

こちら という意味です。

 

「いまがら、こっつさくらんねが」
(今からこちらに来られませんか)
「なぁ、こっちゃこいずー」
(ねぇ、こっちに来てよ~)
「こっつでねのが?ちゃんどおしぇろて」
(こっちじゃないのか?ちゃんと教えなさいよ)

 

という風に使われます。

こっつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごっつぉ とも言います。

 

ご馳走 といういです。

 

「いやー、すばらすえごっつぉだな」
(いやー、素晴らしいご馳走だね)
「ごっつぉなた、ごっつぉなた」
(大変ご馳走になりました)
「ないだて、ごっつぉさま。いづあてもらってばりでわるいちゃあ」
(あらあら、ご馳走さま。いつももらってばっかりで悪いわね)

 

という風に使われます。

ごっつおう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

却って(かえって) という意味です。

 

「いしゃさいっだら、なえだが、こっつらぐあいわるぐなたみだいだや」
(医者に行ったら、何だか、却って具合が悪くなったみたいだよ)
「こっつらわれがったなぁ~いろいろしでもらて」
(かえって悪かったね、色々していただいて)

 

という風に使われます。

こっつら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こたえられない、たまらない という意味です。

 

「こいづくたら、んまくてこでらんね。ほがのなかんねは」
(これを食べたら、美味しいくてやめられないよ。他のは食べられないな)
「こいなこどあっから、こでらんねのだ」
(こんなに良い事あるから、たまらない(やめられない)のよ)

 

という風に使われます。

こでらんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こねごんたら、こねごんば とも言います。

 

来ないならば という意味です。

 

「でんきこねげばはやおぎしてなべでままたかんなね」
(電気が来ないならば、早起きして鍋でご飯を炊かなくちゃいけない)

 

という風に使われます。

 

「こね」で「来ない」という意味になります。

こねげば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こぬげ、こぬけ とも言います。

 

眉毛 という意味です。

 

「あのひどこのげこいね!」
(あの人、眉毛濃いですね!)
「こぬげふどいがらってわらわねでくだしぇ」
(眉毛が太いからって笑わないでくださいよ)

 

という風に使われます。

このげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こばくさい とも言います。

 

馬鹿らしい、馬鹿馬鹿しい という意味です。

 

「にさだらいっつもこばがくさいごとばりしてよ~。まずめなどきなのあんのだが?」
(あんたはいつも馬鹿げたことばかりして、真面目な時ってあるの?)
「ちぇっと~!テレビさむがってあいさづしたきゃ~!こばくさいったら!」
(ちょっと~!テレビに向かって挨拶しちゃった~!馬鹿らしいったら!)

 

という風に使われます。

こばがくさい  方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

これっぱり とも言います。

 

これっぽっち、こればっかり という意味です。

 

「こればりのごっでもしょうないがらみなゆでておくが」
(こればっかり残ってもしょうがないから、全部茹でておきましょう)
「たんとける、あてゆったけげんと、こればりがや、がおるやー」
(たくさんくれる、などと言っていたけれど、これっぽっちか。凹むわ~)

 

という風に使われます。

これぱり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疲れた、だるい という意味です。

 

「なえだ、ねづあっでー。こわぐなえが?」
(なんだ、熱があるじゃん。だるくないか?)
「こわいーこわいーどおもったればいんふるえんざだっけど」
(だるい、だるいと思ったらインフルエンザだったそうです)
「あんまりはたげすごどいっしょけんめしだら、こわぐなたはぁ」
(あまりに農作業等を、一生懸命行ったら、疲れちゃった~)

 

という風に使われます。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こわぱすえ、こわっぱすい、こわっぱすえ とも言います。

 

(ご飯などが)硬い という意味です。

 

「きんなのままこわぱすいっけな!だれといですかげだのや?」
(昨日のご飯かたかったなぁ!誰が米を研いで炊飯器にセットしたの?)
「きょうのごはん、ちぇっとこわっぱすいっけんねが?」
(今日のご飯、ちょっと硬めだったね)

 

という風に使われます。

こわぱすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ならば という意味です。

 

「おすてだめだごんたら、しぱってみっか」
(押して駄目ならば、引っぱってみましょうか)
「こっつのだごんたらかいずのほがいいんねが?」
(こっちだったらそちらの方が良いのではありませんか?)

 

という風に使われます。

ごんたら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごんたら とも言います。

 

だったら という意味です。

 

「あすたあめだごんぱ、しぇながでほんばよむぞ」
(明日雨だったら、家の中で本を読むぞ)
「あすたはれだごんたら、はだけさいってたねまぎすっぞ」
(明日晴れだったら、畑に行って種まきをするぞ)

 

という風に使われます。

ごんぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

牛蒡(ゴボウ) という意味です。

 

「しゃあすぶりにごんぼいりつぐっかな」
(久しぶりにきんぴらごぼうを作ろうかな)
「ごんぼのささがきやっでもらういが?」
(牛蒡をささがきにする作業を手伝ってもらえますか?)

 

という風に使われます。

 

”ごんぼ炒り”は、つまり”きんぴらごぼう”のことになります。

ごんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かなづづ、さえずず、かなじじ とも言います。

 

金槌、金づち のことです。

 

「さいづづで、こさ、くぎうっでけろ」
(金槌で、ここに、釘を打ってください)
「ありゃ、さえずずどごがさほろてきだが?」
(あれ?金づちどこかに落としてきてしまったかな)

 

という風に使われます。

さいづづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さがちゃま とも言います。

 

逆さま という意味です。

 

「まごがいだちゅうしょぉがさがぁさまにかざったっけはぁ~」
(孫が描いた抽象画を、逆さまに飾ってしまったよー)
「さがちゃますっど、みずまがっぞ」
(逆さまにすると、水がこぼれますよ)

 

という風に使われます。

さがあさま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さすかいない、さすけねえ とも言います。

 

差し支えない、構わない、大丈夫 という意味です。

 

「さすけね、さすけね、のおぷろぶれむだず」
(大丈夫、大丈夫。ノープロブレムだよ)
「ほだなぐらいさすかいないずぁ~」
(そのくらいかまわないよ~)
「えのめさとめできたげっとも、さすかいないべが?」
(家の前に停めてきたけれども、大丈夫でしょうか?)

 

という風に使われます。

さすけね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっき、さきほど、今しがた という意味です。

 

「さっきだ○○さんからでんわきったっけよ」
(さっき○○さんから電話が入ってましたよ)
「さっきだ、なにがひかたどおもたら、らえさまだけながー」
(さっき、何か光ったと思ったら、雷様だったのか)
「てんぎえぐなたにゃ。さっきだまであめふってだげんとん」
(天気良くなったね。さっきまで雨降っていたのに)

 

という風に使われます。

さっきだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ざざこ とも言います。

 

魚 という意味です。

 

「かわさいってざっこつかまえできた」
(川に行って魚を捕まえてきました)
「ざっこしぇめ、んがねが」
(魚釣りに行きませんか?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ざいご」があります。
これは「田舎」という意味になります。

ざっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あぱっと とも言います。

 

さっぱり、清潔に、リフレッシュ という意味です。

 

「あー、ゆさはえてさっぱどしたいは」
(あー、風呂に入ってさっぱりしたいなあ)
「しゃわーあびでさっぱどした~」
(シャワーを浴びてリフレッシュしました)
「とごやさいって、さぱっとしてこえ」
(床屋に行って、さっぱりしてこい)

 

という風に使われます。

さっぱど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょうづ とも言います。

 

障子 という意味です。

 

「よごっできだがらさまはりさんなね」
(汚れてきたから、障子貼りをしなきゃならない)
「さまふちゃぐなよ」
(障子をやぶくんじゃないよ)
「しょうづはりじょんだごど」
(障子張りがお上手ですこと)

 

という風に使われます。

さま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ハラハラして という意味です。

 

「すんぱいで、さらさらてみっだんだけ」
(心配で、ハラハラしながら見てたんだよ)
「おら、さらさらしながらみっだったべ~」
(私、ハラハラしながら見てたのよー)
「いのぢづなもすねでゆぎおろすしったけはげさらさらてみでらんなねけ」
(命綱もしないで雪下ろししてたのでハラハラして見ていなくてはならなかったです)

 

という風に使われます。

さらさらて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

されかまわねで とも言います。

 

遠慮なく、気にしないで という意味です。

 

「ひどのめなのされかまねですっだいごどしたら」
(人の目なんか気にしないでやりたいことをやったら)
「ざっぱずるんめが?されかまわねでたんとけ」
(鮭のあら汁美味しいですか?遠慮なくたくさん食べなさい)

 

という風に使われます。

されかまね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鍵 という意味です。

 

「とのぐづ、ちゃんと、さんかげだが?」
(玄関、ちゃんと鍵かけたか?)
「でがげるんだがら、さんかめででけろはな~」
(出かけるんだから、鍵をかけておいてね~)

 

という風に使われます。

 

”鍵を掛ける”と表現するときには
「さんかける、さんかげる、さんかめる」という言い方をします。

さん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんにぃ、さんない、すらんね、すらんない とも言います。

 

出来ない という意味です。

 

「おら、ほだごどさんね」
(私、そんなことできないわ)
「おれたっきゅなのさんねもの」
(僕、卓球なんかできないもの)
「ほだなひどさめいわぐかげるようなごどすらんねなだ」
(そのような他人に迷惑かけるようなことは、絶対してはならないよ)
「おら、おかなくて、ほだなごどすらんなえちゃ」
(私、怖くて、そんなことできないわ)

 

という風に使われます。

さんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぇ、しぇー とも言います。

 

良い という意味です。

 

「しぃあんばいあかっぐなったがらけっべはぁ」
(良い具合に(顔が)赤くなったから、帰りましょう)
「おぎろー!しぃあんばいねたんだどれ」
(起きなさい!結構な時間寝たんじゃないですか)
「べっどさねでんのが、しぇーんねが」
(ベッドに寝てるんだね、良いじゃない)

 

という風に使われます。

しぃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

え とも言います。

 

家 という意味です。

 

「はやく、しぇさかえっぺ」
(早く家に帰ろうよ。)
「おらえのばあちゃん、なんでもずぶんでするいがら」
(うちのばあちゃん、何でも自分で出来るから)
「おれえさあべ」
(俺ん家行こう)

 

という風に使われます。

しぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぇでいぐ、しぇでんぐ、てでぐ とも言います。

 

連れて行く という意味です。

 

「しぇでぐがしぇでがねがわがらね」
(連れて行くか、連れて行かないか、わからない)
「こんどのなづやすみ、うみさしぇでんぐさげな」
(今度の夏休み、海へ連れて行くからね)
「なー、てであべー、うみさいぐべずー」
(ねぇ、連れて行ってー、海に行こうよー)

 

という風に使われます。

しぇでぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぇめこら、しぇめっくら、しぇめっこら とも言います。

 

鬼ごっこ という意味です。

 

「しぇめくらすっべ」
(鬼ごっこしようよ)
「しぇめくらしったら、しぇみしぇめっだ!」
(鬼ごっこをしていたら、セミを捕まえた!)

 

という風に使われます。

しぇめくら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じぇんかん、じぇんこ とも言います。

 

正座、行儀良くお座りする という意味です。

 

赤ちゃんや幼児に座るようにや腰掛けるように掛ける言葉ですね。

 

「ちょっとこごさじぇんこしてろなぁ~」
(ちょっとここにお座りしててね~)
「○○ちゃんはちゃんとじぇんかんしてんなぁ」
(○○ちゃんはきちんと行儀よくお座りしてるなぁ)

 

という風に使われます。

じぇんこする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へんへ、しぇんしぇい とも言います。

 

先生 という意味です。

 

「きょうさんずかんめ、しぇんしぇがらえっぱえかげらっだけ」
(今日の3時間目、先生からたくさんあてられたっけ)
「がっこで、へんへがらごげらっだ」
(学校で、先生に怒られた)
「おぐやましぇんしぇ~い」
(奥山先生~)

 

という風に使われます。

しぇんしぇ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せんつ とも言いますよ。

 

トイレ、便所 という意味です。

 

「ちぇっとしぇんつさいってくっからこいづみででけねが!」
(ちょっとトイレに行ってくるので、これを見てて下さいませんか!)
「しぇんつさいってくる」
(トイレに行ってくる)

 

という風に使われます。

しぇんつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少し という意味です。

 

「いましこ~す、ほっちゃいげ」
(もう少しだけ、そっちにいけ)
「かえづ、しこすばりだげんとん、くてけらっしゃえ」
(これ、少しばかりですけど、召し上がってください)
「ほだえしこすばりが?」

(そんなに少しだけなの?)

 

という風に使われます。

しこす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しにぎる とも言います。

 

捻る、拈る、撚る という意味です。

 

「かすこいあだましねてよっぐどかんがえてみろぉ」
(賢い頭を捻って、じっくり考えてみなさいよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「しね」があります。
これは”死ね”ではなく、「乾いていない」という意味です。

しねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しぇめる、へめる とも言います。

 

捕まえる という意味です。

 

「ざっこ、しめだ!」
(魚、捕まえた!)
「ざっこへめいがねが?」
(魚釣りに行きませんか?)
「じんじゃさとんぼしぇめいぐべ!」
(神社にとんぼを捕まえに行こう!)

 

という風に使われます。

しめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

染み込む、沁みる という意味です。

 

「あずしもたがや?」
(味沁みたかな?)
「むすばだかわがんねげんと、ちめだいものではさしもうのよ」
(虫歯なのかわからないけど、冷たい物が歯にしみるのです)
「けんむりめさしもう」
(煙が目に沁みる)

 

という風に使われます。

しもう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

イライラする、手に負えない、困る という意味です。

 

「あんまりゆぎふってしゃーましした」
(あまりにも雪が降るのでイライラしてしまいました)
「あんこただばししゃーますてだめだの」
(あの子ったらイライラしてばかりで駄目ですね)

 

という風に使われます。

しゃーます 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弟 という意味です。

 

「にさなしゃで、こどしなんぼなたんだっけ?」
(あなたの弟は、今年で何歳になったんだっけ?)
「おらいのしゃでだ」
(うちの弟です)

 

という風に使われます。

 

聞きようによっては”舎弟(しゃてい)”と聞こえそうで、怖いですね~。

しゃで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃねんだこまい、しゃねんだけ とも言います。

 

知らないうちに という意味です。

 

「しゃねこめえーごでしゃべるいぐなったっけは」
(知らないうちに英語で話せるようになってたの)
「しゃねんだこまいみしぇでぎっだっけ」
(知らない間に店ができていた)
「あのひどにゅーいんしたあて、しゃねんだけやー」
(あの人が入院したなんて、知らないでいたよー)

 

という風に使われます。

しゃねこめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひしゃます、しゃあます とも言います。

 

もてあます という意味です。

 

「なずえすんべどおもでししゃますしたけ」
(どうしようかと思って気をもてあましたよ)
「こだいこたらぐあっどひしゃますさんなね」
(こんなに沢山あるともて余してしまうよ)
「あだらしいでんわ、つがいがだわがらねくてしゃあますしったのよ」
(新しい携帯電話、使い方分からなくてもてあましてるのよ)

 

という風に使われます。

しゃますする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷たくて という意味です。

 

「たおるばぬらしてくびのうしろさあでっどしゃらっとしてきもづいい」
(タオルを濡らして首の後ろに当てると冷たくて気持ちいい)
「あっづいべ。なんがしゃらっとしたものかねが?」
(暑いでしょう。何か冷たい物食べない?)

 

という風に使われます。

しゃらっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕方ない という意味です。

 

「しょうないっだな、なてすまたごんたら」
(仕方ないよ、なってしまった事なのだから)
「ぼこしたんばしょうないでんだ」
(壊したなら仕方ないよ)
「しょうないごどってあんもね」
(しょうがないことって、あるよね)

 

という風に使われます。

 

しかし、山形と言えば”庄内”、そして”荘内銀行”・・・

どう使い分けているのでしょうね。

しょうない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しょっすい、しょっしい、しょうしい とも言います。

 

恥ずかしい という意味です。

 

「ほったげほんめらいっどしょすでば」
(そんなに褒められちゃうと恥ずかしいですって)
「あのひどのまえだどしょっすいのよ~。んだて すぎなんだもの」
(あの人の前だと恥ずかしいです。だって好きなんですもの)
「おら、しょうしくてそだなごどでぎねえ」
(私には恥ずかしくてそんなことは出来ません)

 

という風に使われます。

しょす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じょうさね、じょさね とも言います。

 

簡単、大したことない、容易だ、手間じゃない という意味です。

 

「えづねんあて、じょさなえもんだな」
(一年なんて、大したことないな(=あっという間だな))
「ほだななにもじょさねよ。やっでける」
(そんなのは大した手間じゃないよ。やってあげましょう)

 

という風に使われます。

じょさなえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じょげだな、じょんだな とも言います。

 

上手、上手ですね という意味です。

 

「うだ、じょんだちゃー」
(歌、上手だことー)
「こさえがだじょんだのぉ」
(作り方が上手ですね)
「いやあー、あのおぼごすげーさっかーじょんだごどー!」
(いやー、あの子はずいぶんサッカーが上手いなあ!)

 

という風に使われます。

じょんだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乾く という意味です。

 

「しんのまえやっだせんだぐものしったべは~、とりごんできてけろは」
(午前中に干した洗濯物、乾いたでしょ~。取り込んできて下さいよ)
「ほだごどしておぐど、しるべよ」
(そんなことしておくと、乾くよ)

 

という風に使われます。

しる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

午前、昼の前、午前中 という意味です。

 

「しんのまえ、あめふってだっけべした、わすっだがは」
(午前は雨が降っていたじゃない、忘れちゃったの?)
「しんのまえ なんかようずあっか?」
(午前中 何か用事ありますか?)

 

という風に使われます。

しんのまえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

交換する という意味です。

 

「はやぐすめすすかえでけねど、つったくてないったどれー」
(早くおむつを交換してあげないと、冷たくて泣いていますよ)
「たいやすかえだがは?」
(もう夏タイヤをスタッドレスタイヤに(もしくはその逆)交換しましたか?)

 

という風に使われます。

すかえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうしようもない、愚図、のろま という意味です。

 

「おらいのばっつ、ずぐだれでよー」
(うちの末っ子はもうどうしようもなくてねえ)

 

という風に使われます。

 

同じような言葉では「ずぐなし」があります。
これは「根性なし、いくじなし」という意味の言葉で
ほとんど似たような使われ方をします。

ずぐだれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じきに、もうじき、まもなく、もうすぐ という意味です。

 

「ずげ、むがえくっからまってろは~」
(じきに迎えに来るから待ってたらいいよ~)
「ずげ、かえっでくるげんと、までるいが?」
(まもなく帰ってきますが、待っていますか?)
「とおちゃんずげかえっでくっがら、まってでけらっしゃい」
(父は、もうすぐ帰って来ますので、お待ち下さい)

 

という風に使われます。

ずげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、たくさん という意味です。

 

「すこだまたのすいいもにがい」
(とても楽しい芋煮会)
「きんなすこだまさげのんでよぱらてふづがよいっだな」
(昨日はたくさん酒を呑みすぎて(今日は)二日酔いですよ)

 

という風に使われます。

すこだま 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ししゃぱげだ、すっぱげた、しらっぱげだ とも言います。

 

色あせた、色の褪せた という意味です。

 

「しゃすんばすこすひーあだっどあだっどさかざってだらしゃねこまえすしゃぱげできたじぇはー」
(写真を少し日の当る所に飾っていたら、知らない間に、色褪せて来てしまったよー)
「がくしぇふぐ、まえにづきでっけはげ、かだあだりししゃぱげでくっけずにゃ」
(学生服は毎日着てたから、肩あたりが色褪せてきたもんだよね)

 

という風に使われます。

すしゃぱげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっけぇ、すっかえ すっけ とも言います。

 

酸っぱい という意味です。

 

「すっかくて、かんなえちゃ」
(酸っぱくて、食べられないわ)
「このみがんすっけ」
(このみかん酸っぱいよ)
「あめぐねよ、すっかえよ、くっでみさい」
(甘くないよ、酸っぱいわよ、食べてみなさい)

 

という風に使われます。

すっかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すなっこい、しなっこい、しなこい、すなこえ とも言います。

 

噛んでも噛んでも噛み切れない、食いちぎれない という意味です。

 

「このせんべぇ、すなこいやら~」
(この煎餅、噛み切れないわ~)
「すなこくてあごいだぐなる」
(噛み千切れないので顎が痛くなります)

 

という風に使われます。

すなこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自然に、ゆっくり、知らぬ間に、徐々に という意味です。

 

「ずねんとなおるっけほっとけぁ」
(自然に治りますから、ほっときなさい)
「ずねんとでねぇどなおらねっだな、ほねおだっだごんたら」
(徐々にでないと治らないでしよ~、骨折なんだから)

 

という風に使われます。

ずねんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すっぱだぐ、すぱづける、すぱだずげる とも言います。

 

ひっぱたく という意味です。

 

「きょぉよぉ、しぇんしぇがらすぱだがっだっきゃ」
(今日ねぇ、先生からひっぱたかれてしまったんだよ)
「このやろこ、あだこだゆうど、すぱづげっがらな」
(この野郎、つべこべ言うと、ひっぱたくぞ)

 

という風に使われます。

すぱだぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すぴったれ とも言います。

 

弱虫、意気地なし、へたれ、臆病 という意味です。

 

「べんじょさいがんねあて、すぴたれだな」
(トイレに行けないなんて、臆病ですねえ)
「よごぐらのかべおりでこらんねなてすびたれたずね」
(横倉の壁を降りて来られないなんて意気地無しね)

 

という風に使われます。

すぴたれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つべこべ、何だかんだ という意味です。

 

「すぺたのこぺたのゆってんなず~」
(つべこべ言ってんじゃないよ)
「すぺたのこぺたのゆてねで、はやぐすろずー」
(つべこべ言ってないで、早くしろってば)
「はづめよっくどせづめしでおかねど、あどがらすぺたのこぺたのやれっがらねー」
(最初に良く説明しておかないと、後から何だかんだ言われるからねー)

 

という風に使われます。

すぺたのこぺたの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

転げ落ちる という意味です。

 

「すぽろぎおぢで、ておだだど」
(転げ落ちて、手を骨折してしまったって)
「あいづたけどごからすぽろぎおぢで、ろっごづおだだどよ」
(あいつったら高い所から転げ落ちて、肋骨を骨折してしまったんですってよ)

 

という風に使われます。

すぽろぎおぢる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

姉妹 という意味です。

 

「おまえだよったりすまいだっけながぁ」
(あなた達は、四人姉妹だったのですねぇ)
「かいづどはいづどすまいひんだらりょうほためしでみっか」
(これとそれと姉妹品ならば、両方を試してみましょうか)

 

という風に使われます。

 

”住まい”ではありませんよ。

すまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

凍る という意味です。

 

「じどしゃのまどすみでがりがりだどれは!」
(自動車の窓、凍ってしまってガリガリになってしまったね)
「かんぷささらしてすみもづばつぐんなだ。ほぞんしょぐったな」
(寒風にさらして凍み餅を作ります。保存食なんです)
「みぢすみでっからきぃつけでんげよ」
(道路が凍っているから気を付けて行きなさいね)

 

という風に使われます。

すみる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おしめ という意味です。

 

「むがすはじぇんぶぬののすめすだったべ」
(昔は全部、布おしめだったでしょ)
「おらえのまごすめすとっだは」
(うちの孫は、おしめとれたよ~)

 

という風に使われます。

すめす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

自分 という意味です。

 

「ずぶんさごほんびちょごかっでけっがな?」
(自分にご褒美のチョコレート、買ってあげようかな?)
「つんまづいたたってずぶんずすんできめだことだとやりとおすい」
(躓いたとしても自分自身で決めた事であれば、やり通すことができる)

 

という風に使われます。

ずぶん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嘘 という意味です。

 

「ずほ!すんずらんね」
(うそ!信じられない!)
「ずほばりこいでっど、すたぬがれんぞ」
(嘘ばっかりついてると、舌抜かれるよ)
「こんのずほこぎめ」
(この嘘つきが)
「すーぐずほこぐがらしんよなんね」
(すぐに嘘をつくから、信用できません)

 

という風に使われます。

ずほ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さんなね、さねばね とも言います。

 

しなければならない、するべきだ という意味です。

 

「すらんなねてわがてでもすっだぐないどきだてあるのっだな」
(するべきだって分かっていても、やりたくない時だってあるのよね)
「さんなねごどはさんなねのだ」
(しなければならないことは、しなければならないのだ)
「そろそろけっこんさねばね」
(そろそろ結婚しなきゃね~)

 

という風に使われます。

すらんなね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すらんない、さんね とも言います。

 

出来ない という意味です。

 

「ほだなひどさめいわぐかげるようなごどすらんねなだ」
(そのような他人に迷惑かけるようなことは、絶対してはならないよ)
「おら、おかなくてほだなごどすらんなえちゃ」
(私、怖くてそんなことできないわ)
「おれたっきゅなのさんねもの」
(ボク、卓球なんかできないもん)

 

という風に使われます。

すらんね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

するい とも言います。

 

出来る という意味です。

 

「よぐほだなごとするえずにゃ」
(よくそんなことができるよね)
「するいがもすんねし、さんねがもすんね」
(出来るかもしれないが、出来ないかもしれない)
「うささがあがり、するえが?」
(おまえは逆上がり、出来るか?)
「ばんちゃどねごばりでるすばんするいがっす?」
(お祖母ちゃん、猫とだけで留守番できますか?)

 

という風に使われます。

するえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ゆっくり という意味です。

 

「どうろすべっから、すんずがいきつけていげな」
(道路が凍結して滑るから、ゆっくり気をつけて行きなさいね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「すんずげ」があります。
これは「気をつけて」という意味です。

 

「すんずげあるいでこいな」
(気をつけて歩いて来てね)

 

という風に使われます。

すんずがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すびた、すぴた とも言います。

 

野菜や果物などのへた という意味です。

 

「なんだず、すんぴたばりのごしてんまいどごくたんだどれやぁ~」
(なんだ、へたや端っこだけ残して、美味しいとこだけ食べちゃって~)
「すびたとってがらけえな。ほのほうんまいがら」
(へたを取ってから食べなさい。その方が美味しいから)
「りんごのすぴた、とってあがっしゃえな」
(りんごのへたは、取って召し上がってくださいね)

 

という風に使われます。

すんぴた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すまっこ、はんずっこ、はすこ、はすっこ とも言います。

 

隅っこ、はじっこ、隅 とも言います。

 

「すんまこで、ぎっつぐないかい?」
(隅(はっじこ)で、きつくありませんか?)

 

という風に使われます。

すんまこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

成人 という意味です。

 

「こどしはせいずぅんすぎどはづいぢかさなったねっす」
(今年は、成人式と初市が重なりましたね)
「せいずぅんのひは、むがしはいぢがつじゅうごだたんだず」
(成人の日って、昔は1月15日だったんだよ)

 

という風に使われます。

せいずぅん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

制服 という意味です。

 

「こえでまっでせーふぐぎっづぐなってこまたっ!」
(太ってしまって制服がキツくなって困った!)
「こりゃ!みっつらせーふぐきろ!みっだぐないったら」
(こら!しっかりと制服を着なさい!みっともないったら)

 

という風に使われます。

せーふぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すいふろ とも言います。

 

お風呂 という意味です。

 

「ちゃちゃどせふろさはいれ」
(さっさと風呂に入りなさい)
「きょうせふろ、たでがえすだが?」
(今日はお風呂は、沸かしなおしですか?)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉には「せんつ」があります。
これは「トイレ、便所」という意味です。

せふろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せんまい、へんまい とも言います。

 

狭い、非常に狭い という意味です。

 

「へやせまこくてひろいどごしぇ~がら、ひっごしすんだは」
(部屋が狭くて広い所が良いから、引っ越しするんです)
「へんまいどごさ、かぐっでだがすんね」
(狭い所に隠れてるかもしれない)

 

という風に使われます。

せまこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雪囲い のことです。

 

「そがぎみごどにはらっで、ばんがさみだいだんねか?」
(雪囲いが見事に張られて、まるで番傘みたいじゃない?)

 

という風に使われます。

 

家の周りに丸太などをめぐらして、
そこに束にした茅などをくくり付けます。
出入り口以外はすべて囲われますよ。

そがぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そずる とも言います。

 

果物などが傷む、損じる、汚れる などと意味です。

服や物などがボロボロになることにも使用されます。

 

「なづばはそじんのはえな」
(夏場は(果物などが)傷むのが早いね)
「そのふぐそじっだなぁ」
(その洋服、ボロボロになってしまったなあ)

 

という風に使われます。

そじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粗末にする、使い古す という意味です。

 

「たいごんのかわもそださねでつがうべ」
(大根の皮も粗末にせずに使いましょう)
「そだなそだすでばりつがってんな、なれ」
(そのように粗末にばかり使ってるんじゃないよ、いいか!)

 

という風に使われます。

そだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そばえる とも言います。

 

甘える という意味です。

 

「うぢのわらしいづまでもおぼごで、そばえでばりえんなよ」
(うちの子ったらいつまでも赤ん坊で、甘えてばかりいるのよ~)

 

という風に使われます。

そべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

似つかわしくない という意味です。

 

「かえずこのめえゆじてもらたあげんとん、あんまりすんばらすくて、おれちゃそびづがねみだえだちゃあ」
(これは先日譲ってもらった物なのですが、余りにも素晴らしいので、私にはちょっと似つかわしくないみたいで)
「そびづがねなんでほだなごどなえどれー。んつくらえにゃうでっすー」
「似つかわしくないだなんて、そんなことないわよ。とってもお似合いですよ~)

 

という風に使われます。

そびづがね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~の側(そば) という意味です。

 

「はいずのそんばさ、ほいずばふっつげでおいでけろ」
(あいつの側に、それをくっつけて置いてください)
「かあっちゃんのそんばさおどなしぐすわてろ」
(おかあさんの側で大人しく座っていなさい)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「そんま」があり、これは「すぐ、じきに」などという意味になります。

そんば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たががんね、たががんなえ とも言います。

 

持てない という意味です。

 

「ほだな、おもだいな、かよえがらたががんないず、おら」
(そんなに重い物、私、力が無くて持てませんわ)
「たがぐえが?おもだくで、たががんなえべ」
(持てるかい?重くて持てないでしょう)

 

という風に使われます。

たががんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

持つ、抱える、持ち上げる という意味です。

 

「きょっがしょどがちゃんとたがいだが?わすれんなよな」
(教科書とかちゃんと持ちましたか?忘れない様にね)
「ござたがっでかわらさいくべ」
(ござを抱えて河原へ行きましょう)
「はんだいのはしっこば、たがってけろー」
(テーブルの端を持ってください)
「ばっくたがてんげな」
(バッグを持っていってね)

 

という風に使われます。

たがぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たずぐ、たづぐ とも言います。

 

掴まる、つかむ、しがみつく、すがる という意味です。

 

「てすりさたごづいであるげはぁ!むりすっどまだわるぐなっぞは」
(手すりにつかまりながら歩きなさいよ!無理をしたら、また悪化するよ)

 

という風に使われます。

たごづく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

絡まる という意味です。

 

「たごあげすっかとおおったれば、いどたごまってらっだ」
(凧揚げをしようと思ったら、糸が絡まってました)
「ほれ、けいど、たごまったどれは」
(ほら、毛糸が絡まっちゃったじゃないの)

 

という風に使われます。

たごまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たでる とも言います。

 

閉める という意味です。

 

「とをたてる」
(戸を閉める)
「さんむえさげ、とたででけろ」
(寒いから、戸を閉めてください)
「ほごのどあたでねどねごはいてくるばな!」
(そこのドアを閉めないと猫がが入って来るってば)

 

という風に使われます。

たてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

探す、たずねる という意味です。

 

「そごらこごらたねだんだげんと、めっけらんねけな」
(そこら中探したのですが、見つかりませんでした)
「んだが?あるはずだげんとんなあ。ちゃんとたねだがや?」
(そうなの?あるはずだけどなあ。ちゃんと探したの?)

 

という風に使われます。

たねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

内緒にしてね という意味です。

 

”黙っていろな”の転訛ですね。

 

「ごっつぉなっだごとだまてろなれ!」
(食事に招待されたことは内緒にしておいてよね!)
「ばーさのみいっだごど、だまてろなす」
(バーに飲みに行ったことは、内緒にしておいて下さいね)

 

という風に使われます。

だまてろな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たくさん、とっても という意味です。

 

「ほだえたんともらて、ありがどさまっす」
(そんなにたくさん頂いて、ありがとうございます)
「たんとあっがら、おかわりしてけえな」
(たくさんあるから、おかわりして食べてね)

 

という風に使われます。

たんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょっと、一寸、少し という意味です。

 

「ちぇっとおへでけろ」
(ちょっと教えてください。)
「ちぇっちぇっどくる」
(時々又は頻繁に来る)
「おまほのたがったほん、ちぇっとめしぇでけねべが?」
(君が持っている本、少しだけ見せてくれないかな)

 

という風に使われます。

ちぇっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さっさと、急いで という意味です。

 

「ちゃっちゃどあるげ」
(さっさと歩け)
「ちゃっちゃどすねどかいしゃさおぐれるはぁ~」
(急がないと会社に遅れてしまいます)
「ちゃっちゃどやらねどひぃくれっじゃ~」
(さっさやらないと、日が暮れてしまいますよ)
「ちゃっちゃどかだづげでえさあべは」
(早く片付けて家に帰ろう)

 

という風に使われます。

ちゃっちゃど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いじる、触る という意味です。

 

「ひどのもんだまってちょすなず!」
(人の物を黙って触るな!)
「かさぴたちょすななぁ。あどのごっさげ」
(かさ蓋はいじっちゃだめよ。跡が残っちゃうからね)
「ちょすな、おれんだず」
(触るな、俺のだぞ)

 

という風に使われます。

ちょす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょど とも言います。

 

おとなしい、じっとして という意味です。

 

「おらいのやろこはちょんどすっこどばしゃねくてこまんなよぉ」
(うちの息子はおとなしくすることを知らなくて困るのよ)
「やがますいな。すこしちょんどしてろ」
(うるさいな。少しじっとしてなさい)
「ちょろちょろしねで、そごでちょどしてろ」
(ちょろちょろしないで、そこでじっとしていなさい)

 

という風に使われます。

ちょんど 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

違う という意味です。

 

「おおだんなもうろぐすねなー。しょばいすだひどつがうなだなぁ」
(大旦那は耄碌しませんね。商売していた人は違うんだなぁ)
「きんなのはなすどつがうどれ」
(昨日の話と違うじゃないの)

 

という風に使われます。

つがう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つけらっと とも言います。

 

平然、知らん顔、愛想の無いさま を表す言葉です。

 

「つけっとすて、っしゃねふりすった」
(知らん顔して、知らないふりをしていました)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「つける」がありますが、
これは「積み込む」という意味になります。

 

「にもづばりやかーさつけであべ」
(荷物をリヤカーに積み込んで行こう)

 

という風に使われます。

つけっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

差し出す という意味です。

 

「ばさまがまごに「ほれ、け」と、まんじゅうをつだすた」
(おばあちゃんが孫に「ほら、食べなさい」と、お饅頭を差し出しました)
「ほだな、つださっでもうげどらんねっだなぁ」
(そんなの、差し出されても受け取れないですよ)

 

という風に使われます。

つだす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つかがる、つっかがっる とも言います。

 

引っかかる という意味です。

 

「たうえでたんぼのどろさあすとらっでつっぱえってしまて、でろまみれだはぁ」
(田植えで足を田んぼの泥にとられて引っかかってしまって、泥だらけになっちゃたよ)
「おらいのえでちょぺっとのだんさで、つかがってずのめっどこだっきゃぁ~」
(私の家で少しの段差に引っ掛かって、前のめりになって転びそうだった)

 

という風に使われます。

つっぱえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つびりこびり とも言います。

 

少しずつ という意味です。

 

「しょうがづれいつびらこびらくられっどたえへんだはげ、いづどぎきてけっどええあげんとなぁ」
(正月礼少しずつ来られると大変なので、一緒に来てくれるといいのになあ)
「たがいさげなもらっでもいだますくてつぴりこぴりしかのまんねず」
(高価なお酒を頂いても、もったいなくって、ちょっとずつしか飲めません)

 

という風に使われます。

つびらこびら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちらほら という意味です。

 

「かあちゃんもつらほらすらがめだづあだまになったな」
(母さんもちらほら白髪が目立つ頭になったね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉には「つらこらて」があります。
これは「うろうろして」という意味です。

つらほら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つぇんぼ、つりぼ、つりんぼ、つえぼ とも言います。

 

杖、スキーのストック という意味です。

 

「しじゃかぶどこしいっだいがら、つれんぽつかわなどあるがんない」
(膝と腰が痛いから、杖が無いと歩けない)
「あぶなくてつぇんぽなえどあるがんなえわ」
(年をとってくると危ないので杖を使わないと歩けないですよ)

 

という風に使われます。

つれんぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

じんつぁ、じさま とも言います。

 

お爺ちゃん という意味です。

 

「あいやーづんつぁがいしゃさもみずはっでうんてんしったじゃ~」
(おやまぁ、お爺さん、外車にもみじマーク貼って運転してるわぁ~)
「づんつぁま、づんべぇにあうごどぉー」
(お爺ちゃん、甚平姿、似合ってますねぇ)

 

という風に使われます。

づんつぁ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手先が器用である という意味です。

 

「ばんちゃてーきぐがらこいなこさえるなだ」
(祖母は器用なのでこういった物を作れるんですよ)

 

という風に使われます。

 

逆に「不器用」は「てぼご」と言います。

 

「おめ、そだいにてぼごだっけが?」
(あなたってそんなに不器用だったっけ?)

 

という風に使われます。

てーきぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

煩わしい、じれったい、うざったい という意味です。

 

「てしょずらすいったら!ちょどしてろ!」
(うざったいわね!じっとしてなさい!)

 

という風に使われます。

 

てしょずらすい とも言います。
これは、手癖が悪い、お節介、余計な手出しをする などという意味もあります。

てしょずらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

外出の準備の着替えなど のことを指す言葉です。

 

「はやぐでだだねど、おぐれるず」
(早く出掛ける準備をしないと、遅れますよ)
「でだづまで、いちずかんもかがるんねが」
(出かける準備(身支度)が整うまで、1時間もかかるんじゃないの)

 

という風に使われます。

でだづ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でっつら、でっちり とも言います。

 

たくさん、いっぱい という意味です。

 

「おがりざがりだべはげ、なんぼくったてはらへんなはえべ。ごはんばでっすらもってけなれ」
(育ち盛りだろうから、いくら食べてもお腹が空くのは早いだろうな。ご飯をたくさん盛って食べなさいねぇ)
「でっつら、ごっつぉうなってすまった」
「まま、でっちりけ」
(ごはんをいっぱい食べなさい)

 

という風に使われます。

でっすら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ででがっだ とも言います。

 

出て行かれた という意味です。

 

「ねごにでてがっだんだはぁ~」
((飼い)猫に出て行かれたんですよー)
「ゆべなうぢのかっちゃさででがっでしまっだ」
(昨晩、うちの奥さんに出て行かれてしまった)

 

という風に使われます。

でてがっだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

出た という意味です。

 

「いまではたどごたがらまてでけろ~」
(今出たところだから待っててね)
「いまではたどごだ~」
(今出たところだよ)
「なんぼかげてもではらねなぁ」
(いくら(電話を)かけても出ないなぁ)
「ほごのみぢのではりのうぢよ」
(そこの道を出たところの家だよ)

 

という風に使われます。

ではた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

でんきばしら、でんきんばすら とも言います。

 

電柱、電信柱 という意味です。

 

「ほどうさでんきんばしらたたってっどごろなんとかならねがぁ?」
(歩道に電柱が建てられてる所、何とかならないかなぁ?)

 

という風に使われます。

でんきんばすら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひたい(額)、おでこ、普通より広く高く張り出た額 という意味です。

 

「おれのでんびのかたつかわっできだみだいな・・・」
(俺のおでこの形、変わってきたみたいな・・・)
「でんびひろぐなってきたっけ」
(額が広くなってきた気がする・・・)

 

という風に使われます。

 

”でびたい(出額)”の転訛でしょうか?

でんび 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とっける とも言います。

 

取り替える、取り換える という意味です。

 

「こいづどほいづとかえっべ」
((私の)これと、(あなたの)それ、取り換えましょうよ)
「ほのかっとばんきたねさげ、てんげとっけれ」
(その絆創膏汚れているから、いい加減取り替えなさい)

 

という風に使われます。

とかえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とがぐ、とっがく、とがい とも言います。

 

遠く、遠い という意味です。

 

「○○ちゃん、とがぐさひっごしすんだどは」
(○○ちゃん、遠くに引っ越ししちゃうんだって)
「とっがくなったにゃー」
(遠くなっちゃったねー)
「とっがくさいがねたてれじゃあのけいがくたてるいべ」
(遠くへ行かなくたってレジャーの計画は立てられるでしょ)
「とがぐさんぐだい」
(遠くへ行きたい)

 

という風に使われます。

とがく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ときび、とうぎみ、とんきみ、とっきび とも言います。

 

とうもろこし のことです。

 

「もいだばっかしのとぎみばむしたのいぢばんうんめ」
(収穫したばっかりのとうもろこしを蒸したのが一番おいしい)
「ほれ、このとうぎみうめがらはやぐけ」
(ほら、このとうもろこしおいしいから早く食べなさい)

 

という風に使われます。

とぎみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どごさ とも言います。

 

何処へ、どちらへ という意味です。

 

「あいづどさえったんだべ」
(あいつどこへ行ったんだろう)
「れんきゅひまだがら、どさがいがねが?」
(連休暇なので、どこかへ行きませんか?)
「ほいづねくさねようにーてどさがしまっでわがらねぐなっだ」
(それを無くさないようにとどこかに仕舞って(所在が)分からなくなりました)
「どさ?」「ほさ」
(どちらにいらっしゃるのですか?/ちょっとそこまでです)
「どさ?」「えさ」
(どちらへ?/家まで)

 

という風に使われます。

どさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

年を取る、歳を取る という意味です。

 

「みなとしょるなだぁ~」
(誰でも皆、年を取るものですよ)

 

という風に使われます。

 

これが「としょり」になりますと「高齢者、お年寄り」という意味になります。

 

「わげひどばりでなぐとしょりもげーむせんたーさいくなだどぉ」
(若い人だけではなく高齢者もゲームセンターへ行くのだそうです)

 

という風に使われます。

としょる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どだえ とも言います。

 

どんなに、どれだけ という意味です。

 

「どだいゆぎつもてもこおっでもこうこしぇだじでんしゃさのっでんなだー」
(どんなに雪が積もろうが凍結しようが、高校生たちは自転車に乗ってるんだよー)
「どだえたんととってきたや?」
(どれほどたくさん採って来たの?)

 

という風に使われます。

どだい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どんげだな とも言います。

 

どのような という意味です。

 

「○○さんて、どだなひどだや」
(○○さんて、どんな人ですか)
「むらやまとぐないまづりって、どだなまづりや?」
(村山徳内祭りって、どんなお祭りなの?)

 

という風に使われます。

どだな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どだな とも言います。

 

どんなだよ、どんだけだよ という意味です。

 

「あんつぁがらすきだいわれでこどわんのっで・・・どだなだず?」
(若い男性から好きだって言われて断るなんて・・・どんなだよ?)
「ほだいもぎっぎどこすってつがわんねぐなったどれはぁ、おまえどだなだず」
(そんなにぎっぎと擦って使えなくなったなんて、あんたどんだけだよ)

 

という風に使われます。

 

つまり、関西弁でいうところの”なんでやねん”に近い表現ですね。

どだなだず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

安心する、肩の荷がおりる という意味です。

 

「いやー、んまぐこさて、どっかどしたやー」
(いやー、上手に作れて、安心しましたよ~)
「どだらばだらすてたっけ、ぶじおわえでどっかどした」
(どたばたとしていたから、無事に終わって安心しました)

 

という風に使われます。

どっかどする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

鳥(インコなどの鳥類)、鶏(にわとり) という意味です。

 

「ととこひどさなれっとかださのしぇてあるくいよ」
(鳥は人に慣れると肩に乗せて歩けますよ)
「となりのととこ、くらいうぢからないででやがますいったら」
(隣の鶏、暗いうちから鳴いてて煩いんだよ)

 

という風に使われます。

ととこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落とし穴 という意味です。

 

「えのうらのみづさ、どふらこしぇすっべ!」
(家の後ろの道に、落とし穴づくりをしようよ!)
「むがす、ゆぎばかだめでみずこしぇだずだえのこどだなっす。どふらばづくっだなや」
(昔、雪を固めて道を作った時代のことです。(雪で)落とし穴を作ったなあ)

 

という風に使われます。

どふら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どだごど、どがえに、どんがえに とも言います。

 

どのように という意味です。

 

「どやんばいしてせづめいすっどわがってもらういべね?」
(どの様にして説明すれば分かっていただけるでしょうか?)

 

という風に使われます。

どやんばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どてら、はんてん、厚く綿を入れた丹前の丈の短いもの のことです。

寒い時期によく使用される防寒着ですね。

 

似た言葉ですと「どんべげ」があります。

これは「肥溜め」のことです。

 

また、「どんぶりこ」という言葉もあります。

これは「小さい丼」また「小鉢」という意味になりますよ。

どんぶく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何言ってるんですか、何してるんですか という意味です。

 

「ないだずぅー、ちぇっとあがっていけずー」
(何を遠慮してるんですか~、ちょっとだけお上がりになってくださいよー)
「ないだずぅ、いまころ」
(何をおっしゃいますか、この期に及んで)

 

という風に使われます。

ないだずう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なえったて、なしても とも言います。

 

どうしても という意味です。

 

「ないったて、んがんなね」
(どうしても、行かなければならないのだ)
「なしてもかうだいんだす」
(どうしても買いたいんです)
「なしてもが?/なしてもだ」
(どうしてもなの?/どうしてもだ)

 

という風に使われます。

ないったて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ないだて とも言います。

 

あらまあ、おやまあ、なんとまあ という意味です。

 

「なえーだて、おっけぐなたにゃー」
(おやまあ、大きくなったねー)
「なえだて、ほだえたんともらて、ありがどさまっす」
(あらまあ、そんなに沢山頂いて、ありがとうございます)
「なえだて、めんごえちゃー」
(何とまあ、可愛いわねえ)

 

という風に使われます。

なえだて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

捨てる、棄てる という意味です。

 

「ごみをなげる」
(ゴミを捨てる)
「それなげでけろ」
(それを捨てくださいよ)

 

という風に使われます。

 

また、「投げる」も、同じく”なげる”と言います。

 

「たまなげ」
(キャッチボール)

 

という風に使われます。

なげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうして、何故 という意味です。

 

「なしてやー、おへじろ、なー、おへろずー」
(どうしてなの、教えてみて、ねぇ、教えてよ)
「なしてほちゃんぐのっしゃ」
(何故そちらに行くんですか)
「なしてほだごどなんな」
(どうしてそんなふうになるの)

 

という風に使われます。

なして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なずえ とも言います。

 

どのように という意味です。

 

「なじょして?」
(どのようにして)
「なずえしたらええべ。なぐだぐなたはー」
(どうしたらいいだろう。泣きたくなっちゃったよー)

 

という風に使われます。

 

これは「なじょした」は「どうした」、「なじょする」は「どうする」

という意味になります。

なじょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 弁償する、補償する という意味。

 

「こんなおれなすさげ、とうちゃさはだんまてで」
(これ私弁償するから、パパには言わないで)

 

② 返す、元に戻す という意味。

 

「あすたまでなさんなねなだ」

(明日まで返さなければならないのです)

 

③(人間・動物が)子供を産む という意味。

 

「かいしゃさんぼこなすあねちゃんいで、たいへんみだいだず」
(会社に若い妊婦さんがいて、大変みたいです)

 

という風に使われます。

なす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 鉈 という意味です。

 

「そごのなだとっでけ」
(そこにある鉈を取って下さい)

 

という風に使われます。

 

② 涙 という意味です。

 

「きんなのどらまみっだら、もつこくて、なだこぼってきたっけゃ~」
(昨日のドラマ見ていたら、かわいそうで涙が流れてきちゃいました)

 

という風に使われます。

なだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

雪崩 という意味です。

 

「なだはおっかねがら、んがねほがいいんねが?」
(雪崩は恐ろしいから、行かない方が良いんじゃないですか?)
「やねのゆぎ、さっきだなでつえだんねが」
(屋根の雪、先ほど雪崩落ちたみたいじゃない)

 

という風に使われます。

なで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

何してるの という意味です。

 

「そごでなにしったの?」
(そこで何してんの?)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なにしたごど~」があり
これは「どうかしたの?」という意味です。

 

また「なにほいづ」では「何よそれ」という意味です。

なにしったの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なにかにつけ という意味です。

 

「なにするたてかにするたてかあちゃんのいげんがとおるなだぁ」
(なにかにつけ(我が家では)母さんの意見が通るんですよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「なにすろかにすろて」があり
これは「あれやってこれやってと」という意味です。

 

「なにすろ~かにすろ~てしずさっでうごいったなだぁー」
(あれやってこれやってって指示されて動いていますわ)

 

という風に使われます。

なにするたてかにするたて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全く、何も という意味です。

 

「なにむぎのごていねんだじゃ!」
(何も残っていないよ!)
「とっしょりのおれさなゆたたてなにむぎわがらねがらよぉ、あどがらまだでんわけろはぁ!」
(老人の私に言われても全くわからないので、後でまた電話していただけますか)

 

という風に使われます。

なにむぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんか という意味です。

 

「おれなの、やぐにただねちゃ」
(俺なんか、役に立たないよ)
「けしょぅなのいつもどおなじでいいがらはやくあべは、かあちゃん!」
(化粧なんかいつもと同じで良いから早く出かけようよ、母さん!)

 

という風に使われます。

なの 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねえ、または、念押しの一言で使われます。

 

「なしてがていうど、なれ、こういうわげだ」
(どうしてかと言うと、ねえ、こういう訳です)
「こばかくさいことばりいってんな、なれ!」
(おかしなことばかり言ってんじゃないぞ、おい!)
「なんがいもいわへんなず、なれ!」
(何度も言わせるな、わかったな!)

 

という風に使われます。

なれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長く という意味です。

 

「はなすなんがくなるっけごんぱこっつからかけなおすが?」
(話が長くなるようならこっちからかけ直そうか?)

 

という風に使われます。

 

これが「なんがぐなる」ですと「寝そべってくつろぐ」という表現になります。

 

「どれ、すこすなんがぐなっかなー」
(さて、少し横になろうかな~)

 

という風に使われます。

なんがく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なじょだっし、なんた、なんたや とも言います。

 

どうですか、いかがですか という意味です。

 

「このじからだんちょうしなんたっす?」
(最近身体の調子はいかがですか?)
「こだなかんじでなんた?」
(このような感じでどうですか?)
「けっこんしぎなんたっけ?」
(結婚式はいかがでしたか?)

 

という風に使われます。

なんたっす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんぼなんだて とも言います。

 

いくらなんでも という意味です。

 

「やんばえしてやめろはー。なんぼなえだてもつこさえべ」
(いい加減やめなさい。いくらなんでも可哀想でしょう)
「いずにずでほいずおわしぇてが。なんぼなんだてむりっだず」
(1日でそれを終わらせなさいって?いくらなんでも無理だよ)

 

という風に使われます。

なんぼなえだて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

随分、幾ら~だろうと という意味です。

 

「なんぼがおもしゃえなだけべにゃー」
(随分と面白かったんでしょうねー)
「なんぼねぷたいたてこんたくとばはずしてねらんなね」
(幾ら眠くても、コンタクトレンズは外して寝ないといけないね)

 

という風に使われます。

なんぼが 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にしゃ とも言います。

 

おまえ、てめえ、あなた という意味です。

 

「にさな、やろ、おぼえでけづがれ」
(てめえ、この野郎、覚えてろよ)
「にさだばりあて、ずりいべや!」
(おまえたちだけなんて、ずるいじゃない!)
「にしゃ、どさんぐなや?」
(あなた、どこへ行くの?)

 

という風に使われます。

にさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にだてだ とも言います。

 

沸騰した という意味です。

 

「おゆにだたぞー」
(お湯が沸騰したよ)
「みそしる、にだたは」
(味噌汁、沸騰しちゃったよ)

 

という風に使われます。

 

「にだづ」で「沸騰する」という意味です。

 

「にだづゆへっでさんぷんまでろ」
(熱湯入れて3分待ってね)

 

という風に使われます。

にだた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にっだくさい とも言います。

 

似ている感じ という意味です。

 

「このめかったんなどにっだくさいんねが?」
(この前買ったものと、感じが似てるんじゃない?)
「にっだくさいもんばりかっでくんな」
(似たような感じのものばっかり買ってこないでよ)

 

という風に使われます。

 

「にっだ」で「似ている」という意味です。

にだくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

標準語の「ね」と同じ意味で、同意する、同意を求める時に使います。

 

「はらへっだにゃぁ~」
(おなか空いたね~)
「んだにゃぁ~」
(そうだね~)
「すごどがんばっだっけくたびっだにゃぁ~」
(畑仕事を頑張ったから、くたびれたね~)

 

という風に使われます。

にゃぁ~ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

にんげ、にんげえ とも言います。

 

苦い という意味です。

 

「このぴーまんにんがくて、かんねもな~」
(このピーマン苦くて食べられないもんな~)
「いいくすりはくぢににんがいもんだ」
(良い薬は苦いものですよ=良薬口に苦し)

 

という風に使われます。

にんがい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

追い越す という意味です。

 

「せえ、のびだなぁ~。ぬがっだは~」
(背が伸びたねえ~。追い越されてしまったよ~)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「ぬがる」があります。
これは「ぬかる」の転訛です。

 

「ゆぎとげだみづばあるえっだら、ぬがてばりえであるぎにぐえったら」
(雪融け道を歩いていたら、雪のぬかるみにはまってばかりいて歩きにくいったら)

 

という風に使われます。

ぬがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

塗る、塗りたくる という意味です。

 

「ほだいぬだぐてもかわらねどれ、もどもどみだぐないなだがら」
(そんなに化粧したってあまり変わらないよ、もともと美人じゃないもん)
「いあんべやげできたらしょーゆぬだぐれの」
(良い具合に焼けてきたら、醤油を塗って下さいね)
「ほだいぬだぐらねたて、わがいだげでうづぐさいなだ」
(そんなに塗りたくらなくても、若いというだけでキレイだよ)

 

という風に使われます。

ぬだぐる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怠け者 という意味です。

 

「あいづよ~、やすんでばりいでわがらねず。ぬるかすだも。」
(あの人ったらさあ、休んでばかりでダメだよ。怠け者だもん)
「おらえのかが、ぬるかすでねでばりいる」
(うちの奥さんは、怠け者で寝てばかりいる)

 

という風に使われます。

ぬるかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

首まですっぽり、思いっきり という意味です。

 

「こだづさねっきりはらばいではいてっど、かめみだいだな」
(コタツに首まですっぽり入って腹這いになっていると、亀のようですね)
「なんだ?こだつさ、ねっきりつこぐて~みんなあしへれらんねさ」
(なによ?コアツに思っ切り潜り込んで、みんな足を入れられないじゃない)

 

という風に使われます。

ねっきり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

根元、~のそば という意味です。

 

「きのねっくす」
(木の根元)
「ねっくすばたがってひっぱっどいいんだ」
(根元を持って引っ張るといいですよ)
「きのねっくすさすわてろ」
(木のそばに座っていなさい)

 

という風に使われます。

ねっくす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねつい、ねっずづ とも言います。

 

粘り強い、熱心、丁寧、しつこい、一生懸命 という意味です。

 

「ねっづぐおしぇてけだせんせのかお、わすらんねね」
(熱心に指導してくれた先生の顔は、忘れられないよね)

 

という風に使われます。

ねっづぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねっびゃー とも言います。

 

寝ましょう という意味です。

 

「けしょのりわれぐなっがらよふかすすねでねっべはぁ」
(化粧乗りが悪くなるから、夜更かししないで寝ましょう)
「あすたはやおぎさんなねがらちゃっちゃどねっびゃー」
(明日早起きしなくちゃいけないから、さっさと寝ましょう)

 

という風に使われます。

ねっべは 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

座る、横になる、寝そべる、くつろぐ という意味です。

 

「つがれだべぇ、ねまってけらっしぇ」
(疲れたでしょう、横なってくつろいでくださいな)
「たってねでねまれ」
(立ってないで座りなさい)
「こっちゃきて、ねまらっしぇ」
(こっちに来て、座ってちょうだい)

 

という風に使われます。

ねまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねぷかけ、ねふかぎ、ねむかけ とも言います。

 

居眠り という意味です。

 

「おめ、いつづかんめねぷかけしったけべ?」
(お前、1時間目居眠りしてたでしょう?)
「じゅぎょちゅねむかぎしったっきゃぁ~、しぇんしぇがらごしゃがれっじゃ」
(授業中居眠りしてしまった、先生から怒られちゃう)

 

という風に使われます。

ねむかぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても眠い という意味です。

 

「うぉー、ねんむい!」
(いやぁー、眠たい!)

 

という風に使われます。

 

関連する言葉では「ねんどご」があります。
これは「寝室、寝床」という意味です。

 

「こだんどごでねでねで、ねんどごさいってねろは」
(こんなところで、寝ていないで、寝室に行って寝なさい)

 

という風に使われます。

ねんむい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熨斗紙 という意味です。

 

「のすがみなぜする?」
(熨斗紙はどうしましょうか?)

 

という風に使われます。

 

”の”が付く単語では他にも

「のきぱ」は「軒先、軒下」という意味に。

また、「のごずり」は「鋸(のこぎり)」という意味になります。

のすがみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬだばる とも言います。

 

うつ伏せ、腹這いするなどして寝っころがる という意味です。

 

「のだばってままくってぁなんね」
(腹這いでご飯食べちゃ駄目でしょ)
「まずほさのだばって!」
(まずは、そこに、腹這いになって)
「のだばてねっだらかおさたたみのあどついだ」
(うつ伏せで寝ていたら、顔に畳の跡がついてしまった)

 

という風に使われます。

のだばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のろのろ という意味です。

 

「みぢこおってはのろらのろらーってつかえったのだ」
(路面が凍結して、のろのろと渋滞しているんだ)
「のわいみづ、のろらのろらとあるっでだ」
(田んぼ道を、のろのろと歩いていました)

 

という風に使われます。

のろらのろら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はいづ、ほいづ、ほえず とも言います。

 

それ という意味です。

 

「はいずはほいずのぶしんだが」
(それはそれの部品なのか)
「はいづははいづっだなー」
(それはそれ、別の話じゃありませんか)
「ほいづとってけろ。ほいづだず、ほいづ・・・。んだ、ありがどさま」
(それ取って下さい。それですよ、それ・・・。そうです、ありがとう)
「わがるぅ~はいづはんだぁ~」
(そうですよねぇ、それはごもっともだぁ)

 

という風に使われます。

はいず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はかどる という意味です。

 

「しずがだがら、しごどはがいぐったら~」
(静かだから、仕事がはかどるよ)
「んまいごっつぉだげて、ままはがいぐず」
(美味しいごちそう(おかず)だから、ご飯が進むよ)
「みんなながいいど、すごどはがいぐずね」
(みんな仲がいいと、仕事がはかどるね)

 

という風に使われます。

はがいぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はすりくら、はすりっくら、はしりっくら、はしっこら とも言います。

 

かけっこ、徒競走 という意味です。

 

「むがし、はしりっくらしたっけね、おれは~、おそいがったげんと」
(昔はかけっこしてたね、自分は遅かったけれど・・・)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「はすってあらぐ」があります。
これは「走り回る」という意味です。

はしくら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はんず、はすこ、はすっこ とも言います。

 

端、端っこ という意味です。

 

「こだなはずぽいでうづってねで、めさででくっどよがったべずやぁ!」
(こんなに端っこで写ってないで、前に出で来れば良かったじゃないの!)
「えましこすはんずさよってけねが?」
(もう少し端に寄って下さいませんか?)

 

という風に使われます。

はずぽい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ばっつこ とも言います。

 

末っ子、兄弟の一番下 という意味です。

 

「あっこさいるやろこがのおられのばっつこだ」
(あっちにいる男の子が、我が家の一番下の子供です)
「おらだのちーむばっつばぁりあづまっだ」
(俺達のチームは末っ子ばっかりが集まった)

 

という風に使われます。

ばっつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

勢いが強い、元気盛んで精力的である という意味の言葉です。

 

水などがほとばしり出る勢いが強いことを、意味することもあります。

 

また、反論を許さないほど意見が迫力的で勢いが強いことにも使われます。

 

「おめ、はっつぉいなあ~」
(あなたは、元気で精力的な方ですね)

 

という風に使われます。

はっつぉい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

話がわからない という意味です。

 

「だんだんはなすめねぐなってきたはぁ~」
(だんだん話が解からなくなってきたなぁ~)

 

という風に使われます。

 

逆に「話が通じる、ボケていない」という意味の言葉では
「はっきりしった」があります。

 

「しょんがつあったとぎはっきりしったっけよー」
(正月に会った時にはボケていなかったよー)

 

という風に使われます。

はなすめね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はばげる、はんばがる とも言います。

 

広げる、開く、跨ぐ という意味です。

 

「へなこなんだがらはばがてあるぐな。みだぐない」
(女の子なんだから、足を広げて歩くんじゃない!みっともない)
「いますこすはんばかってはらさちからへっで」
(もう少し足を広げて立って、お腹に力を入れて)

 

という風に使われます。

はばがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はんばげる とも言います。

 

食べ物などでむせるさま、吐きそうなさま、嘔吐 を指す言葉です。

 

「ぱんのどさつまっではんばげた」
(パンが喉に詰まってむせてしまった)
「のどちんこさゆびつっこむどはんばげっつぉ」
(喉に指を突っ込むとむせちゃうよ)

 

という風に使われます。

はばける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

早々と という意味です。

 

「はやくてねんがじょおわったなか~」
(早々と年賀状を(書き)終わったのですか?)
「はやくてとっちゃねたなか?あすたはやいんだべか」
(早々と父さん寝たの?明日の朝、早いのだろうか)

 

という風に使われます。

はやくて~ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介