HOME -> 山口の方言 

飽きた という意味です。
「そんなことは、もーあいだでよ」
(そんな事は、もう飽きましたよ)
という風に使われます。


これが「あきやす」ですと「飽きっぽい人」という意味です。


似た言葉では「あいたのう」があります。
これは「痛い!」という意味です。
「あいたのう!ゆびをはさんだ」
(痛い!指を挟んだ)
という風に使われます。

あいだ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くろじ とも言います。


青あざ という意味です。
「さっきつくえのかどでぶつけたところがあおじになっとる」
(さっこ机の角でぶつけた箇所が青あざになっています)
「とびらでうったところがくろじになっちょるっちゃ」
(扉で打ったところが青あざになっていますよ)
という風に使われます。

あおじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ああぬく とも言います。


仰向く、見上げる、顔を上に向ける という意味です。
「あおのいてねる」
(仰向けで寝る)
「ねこがあおのいてきもちよさそうにねちょるわ」
(猫が仰向けになって気持ち良さそうに寝ているね)
という風に使われます。

あおのく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

明るい という意味です。
「ほてるのへやがあこーてねむれん」
(ホテルの部屋が明るくて眠れません)
という風に使われます。


似た言葉では「あけてのひ」があります。
これは「翌日」という意味です。
「ありゃああけてのひじゃったのー」
(あれは翌日でしたねえ)
という風に使われます。

あかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動くに動けない、どうにもならない という意味です。
「こねーにせまいところじゃ、あがきがとれんっちゃ」
(こんなに狭いところでは、動くに動けませんよ)
「のーがわるーてとれんっちゃ」
(頭が痛くてどうにもならないよ)
という風に使われます。

あがきがとれん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寝相が悪くて暴れる、ひどく寝返りを打つ という意味です。
「あがいて、こねーなところまでころがっちょるわ」
(寝相が悪くて、こんなところまで転がって来ていますよ)
「あつーてあがいたんか、ふとんけつらかしちょったいね」
(暑くてひどく寝返りを打ったのか、布団を蹴飛ばしていましたよ)
という風に使われます。

あがく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

滅茶苦茶のまま、惨状のまま、ほったらかし という意味です。
「このへやはあぎあばらであしのふみばもないでよ」
(この部屋は滅茶苦茶のままで、足の踏み場もありませんよ)
「ずっとあぎあばらではいけんじゃろう」
(ずっと惨状のままでは駄目でしょう)
という風に使われます。

あぎあばら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あがいな、あがーな、あげな、あんとな ともいいます。


あのような という意味です。
「あげーなこといっちゃいけんじゃろう」
(あのような事を言ってはいけないでしょう)
「あげーなことしてもろーちゃーかなわん」
(あのようなことをされては困ります)
という風に使われます。

あげーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あさのとっぱち とも言います。


朝早く、朝っぱら、早朝 という意味です。
「あさっぱちからげんきじゃのう」
(朝早くから元気ですねえ)
「あさのとっぱちからうるそーすんな」
(朝っぱらから騒々しくするんじゃない)
という風に使われます。

あさっぱち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

手間取る、手こずる、困る、持て余す という意味です。
「あそこであずっとったけーおそくなった」
(あそこで手間取ったから遅くなりました)
「おかしばっかりたべよるけー、あのこにもあずったもんじゃねー」
(お菓子ばかり食べているから、あの子にも困ったものですね)
という風に使われます。

あずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

イライラして物や人を攻撃する、八つ当たり という意味です。
「ものにあたんしーさんな」
(物に当たるんじゃないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「あばひや」があります。
これは「ドキドキ、ヒヤヒヤ」などという意味です。
「ひとがとびだしてきてあばひやしたっちゃ」
(人が飛び出して来てヒヤヒヤしたよ)
という風に使われます。

あたん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あんな風に、あんなに、あのように という意味です。
「あねーにおもーちょったん」
(あんな風に思っていたの)
「あねーいえば、こねーゆーてから!」
(ああ言えば、こう言うんだから!)
「あねーたかいとはおもわんかった」
(あのように高いとは思いませんでした)
という風に使われます。

あねー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

粗雑、粗悪、手抜き という意味です。
「そねーなつくりかたして、ぶちあらましないね」
(そのような作り方をして、とても雑ですね)
という風に使われます。


似た言葉では「あります」があります。
これは「~ございます」という意味です。
「おはよーあります」
(おはようございます)
という風に使われます。

あらまし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あれは という意味です。
「ありゃーおおきいのお」
(あれは大きいですねえ)
という風に使われます。


似たような言葉では「あんに」があります。
これは「あそこに」という意味です。
「にーさまじゃったら、あんにおろーが」
(お兄さんだったら、あそこにいるでしょう)
という風に使われます。

ありゃー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

念を押したり、強調したい時に時に使う言葉です。
「わたしもいね」
(私もですよ)
「そーですいの」
(そうですよ)
「しっちょるいや」
(知ってますよ)
という風に使われます。


似た言葉では「いいえねーた」があります。
これは「どういたしまして、お構いなく」という意味です。

い 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大きい という意味です。
「このさかなはいけぇーのー」
(この魚は大きいなあ)
「こりゃーいかいたんぼじゃのー」
(これは大きい田んぼですねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「いがく」があります。
これは「湯がく」という意味です。
「いがいちょったけぇ」
(栗を茹でておきましたよ)
という風に使われます。

いかい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

唸って大きな声を上げる、大声で騒々しく喚く という意味です。
「あねーいがらんでもねえ」
(あんなに大声を上げなくても良いのにねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「いがむ」があります。
これは「曲がる、歪む」という意味です。
「どあいがんじょらん?」
(扉が歪んでない?)
という風に使われます。

いがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のどに刺さった魚の小骨 という意味です。
「いぎがささって、とれんじゃん」
(小骨が刺さって取れないなあ)
「いぎがのどにささったけえいたいほ」
(魚の小骨がのどに刺さったから痛いんですよ)
という風に使われます。

いぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いきしな とも言います。


行きがけ、行く途中 という意味です。
「いきしにかおうやー」
(行きがけに買いましょうよ)
「いきしによってくれんかね?」
(行く途中で寄ってくれませんか?)
という風に使われます。


これが「いにしな」ですと「帰る途中、帰りがけ」という意味です。
「いにしなにこーちょって」
(帰る途中で買っておいて)
という風に使われます。

いきし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪かった、いけなかった という意味です。
「ちこくしてしもうて、いけだったなあ」
(遅刻してしまって、悪かったなあ)
という風に使われます。


似た言葉では「いきめがいく」があります。
これは「物事が円滑に進む。予想以上に順調な結果を得る」という意味です。

いけだった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いけない、駄目、うまくいかない という意味です。
「やっちゃーいけん」
(やってはいけない)
「そねーなことしたらいけんっちゃ」
(そのような事をしたら駄目ですよ)
「てんでいけん」
(全然うまくいかない)
という風に使われます。

いけん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

動く、動作する という意味です。
「あ、いごきよる」
(あ、動いている)
「ちーと、そこからいごがしちょいて」
(ちょっと、そこから動かしておいて)
「えあこんのりもこんがいごかんよ?」
(エアコンのリモコンが動かないよ?)
という風に使われます。

いごく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お手玉 という意味です。
「いしなごしてあそぼうやー」
(お手玉をして遊びましょうよ)
という風に使われます。


似た言葉では「いぎがましい」があります。
これは「(言い方が)刺々しい」という意味です。
「あのひとはいぎがましいのう」
(あの人は言い方が刺々しいね)
という風に使われます。

いしなご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弄ぶ という意味です。
「そねーいじりよったらめげるでよ」
(そんなに弄んでいたら壊れますよ)
という風に使われます。


似た言葉では「いらう」があります。
これは「触る」という意味です。
「いろうちゃーいけん」
(触ってはいけません)
という風に使われます。

いじる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

余計なこと という意味です。
「いたらんことしーさんな」
(余計なことするんじゃないの)
「あんたはいたらんことばっかりして!」
(あんたは余計なことばかりして!)
「そねーないたらんこときにしちゃーいけんっちゃ」
(そのような余計なことを気にしてはいけませんよ)
という風に使われます。

いたらんこと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 全く、本当に という意味です。
「いっそいけんのお」
(全く駄目だねぇ)
「いっそつまらん」
(全く良くない)
という風に使われます。


② いつも、しょっちゅう、毎度 という意味です。
「いっそそねーなこといいよる」
(いつもそのような事を言っている)
という風に使われます。

いっそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いつでもかつでも、いっつもかっつも とも言います。


いつもいつも、毎回毎回、毎度毎度 という意味です。
「いつもかつも、あのふたりはいっしょにおるね」
(いつもいつも、あの二人は一緒に居ますね)
という風に使われます。


似た言葉では「いぶしこぶし」があります。
これは「凹凸があって悪い状態」という意味です。

いつもかつも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

変、奇妙な という意味です。
「いなげなかっこうをしよってからに」
(変な格好をしていますねえ)
「いなげなもんつくりよったの」
(奇妙なものを作っていましたね)
という風に使われます。


似た言葉では「いびしい」があります。
これは「ブツブツ等、妙に規則的で気持ちが悪い」という意味です。
「かえるのたまごみちょったらいびしい」
(カエルの卵を見ていたら気持ちが悪い)
という風に使われます。

いなげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いのー とも言います。


帰る、帰ろう という意味です。
「はあいぬるど」
(もう帰りますよ)
「はあいにさん」
(もう帰りなさい)
「あれらは、いんだんか」
(あの人たちは、帰ったんですか)
「ねむくなったけーわしもういぬるけー」
(眠くなったので、私はもう帰りますから)
という風に使われます。

いぬる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せっかち という意味です。
「ほんにいらじゃのー」
(本当にせっかちですねえ)
という風に使われます。


似たような言葉では「いらく」があります。
これは「乾く」という意味です。
「もうせんたくものはいらいちょるかね?」
(もう洗濯物は乾いていますかね?)
という風に使われます。

いら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

触る という意味です。
「それにいらうなっちゃ!」
(それに触るんじゃないよ!)
という風に使われます。


似た言葉では「いら」があります。
これは「クラゲ」という意味です。
「ぼんすぎにおよいだら、いらにさされらーね」
(盆過ぎに泳いだら、クラゲに刺されますよ)
という風に使われます。

いらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嘘つき という意味です。
「あんなは、うそいーじゃけぇ」
(あの人は、嘘つきですから)
という風に使われます。


似た言葉では「うんが、いんや」があります。
これは「いいえ」という意味です。
「いんや、それじゃないけぇ」
(いいえ、それではありませんよ)
という風に使われます。

うそいー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水をぶちまける という意味です。
「あめがうつすようにふりよる」
(雨がバケツをひっくり返したように激しく降っている)
という風に使われます。


似た言葉では「うめる」があります。
これは「薄める」という意味です。
「ゆがあつけりゃうめさん」
(お湯が熱かったら(水を足して)薄めなさい)
という風に使われます。

うつす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

良い という意味です。
「えーのーおまえー」
(良いなあ、お前)
「こりゃあ、ええほーせきじゃのお」
(これは、良い宝石ですねえ)
「えーかんじにできちょる」
(良い感じに出来ています)
「きにせんでえーよ」
(気にしないで良いですよ)
という風に使われます。

ええ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大丈夫ですか という意味です。
「そんなことでえーかいのー」
(そんなことで大丈夫ですか)
という風に使われます。


似た言葉では「えかろう」があります。
これは「十分だろう、良いだろう」という意味です。
「これくらいせりゃー、おおかたえかろうでよ」
(これ位すれば、だいたい十分だろう)
という風に使われます。

えーかいのー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほどほど、いい加減に という意味です。
「えーころにしちょけよ」
(ほどほどにしておきなさいよ)
「えーころにかえり」
(いい加減に帰りなさい)
という風に使われます。


同じような言葉では「えーころはちべー」があります。
これは「いい加減な人」という意味です。

えーころ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ようやく という意味です。
「えーやっときたでよ」
(ようやく来ましたよ)
という風に使われます。


同じような言葉では「ええやらやっと」があります。
これは「辛うじて」という意味です。
「ええやらやっとできたっちゃ」
(辛うじて出来ましたよ)
という風に使われます。

ええやっと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頭が良い、賢い、偉い、ずる賢い という意味です。
「ほんとうにえずいこじゃ」
(本当に頭が良い子です)
「ありゃーえずいけえねぇ」
(あの子は賢いからねえ)
「あのこどもはなんでもようしっちょってえずいのう」
(あの子供は何でもよく知っていて賢いですねえ)
という風に使われます。

えずい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あまり無い、たくさん無い という意味です。
「えったーないけどもらっちょきんさい」
(あまりたくさんは無いけれど、貰っておきなさい)
という風に使われます。


これが「えっと」ですと「たくさん」という意味です。
「ひとがえっとおった」
(人が大勢居ました)
という風に使われます。

えったーない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

えぞる、などる とも言います。


なぞる という意味です。
「えどってかきゃーえーわーね」
(なぞって書けば良いじゃないの)
という風に使われます。


似た言葉では「えばる」があります。
これは「自慢する」という意味です。
「なにえばっちょん」
(どうして自慢しているんですか)
という風に使われます。

えどる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疲れた、大変だ という意味です。
「ぶちえらかったのぉ」
(とても疲れましたねえ)
「あーえらい」
(ああ疲れた)
という風に使われます。


似た言葉では「えらめる」があります。
これは「苛める」という意味です。
「どうぶつをえらめちゃいけんよ」
(動物を苛めてはいけませんよ)
という風に使われます。

えらい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急ぐ という意味です。
「そねーおあかんでもええっちゃ」
(そんなに急がなくても大丈夫ですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おうじょうする」があります。
これは「困る、大変な目に遭う」という意味です。
「あめにふられておうじょうしたいね」
(雨が降ってきて困りましたよ)
という風に使われます。

おあく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

多い という意味です。
「このおみせは、ぶちひとがおいいね」
(このお店は、とても人が多いですね)
「きょうはまつりやけーひとがおいいなあ」
(今日は祭りだから、人が多いなあ)
という風に使われます。


似た言葉では「おおかた」があります。
これは「大体、概ね」という意味です。
「おおかたたるじゃろう」
(大体足りるでしょう)
という風に使われます。

おいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 居る という意味です。
「きょうあなたはおうちにおいでるかね」
(今日あなたは家に居ますか)
という風に使われます。


② 行く という意味です。
「おんしゃーはどこにおいでてかね」
(あなたはどこに行かれるんですか)
という風に使われます。


③ 来る という意味です。
「ようおいでましたいのー」
(よくお越しくださいましたね)
という風に使われます。

おいでる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

合う、正解する という意味です。
「へやのかぎ、これでおうちょるんかいね」
(部屋の鍵は、これで合っているんでしょうかね)
という風に使われます。


過去形では「おうた」になります。
これは「合った、会った、遭った」という意味です。
「ぐうぜんここのこうさてんでせんせいにおうたよ」
(偶然ここの交差点で先生に会いましたよ)
という風に使われます。

おう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おおくじくる、おおくじをくられる とも言います。


ひどく怒る、ひどく怒られる という意味です。
「すわっちょったら、おおくじくられたいね」
(座っていたらひどく怒られたよ)
「このまえれーてんとったらおおくじくられたっちゃ」
(この前0点を取ったら、ひどく怒られましたよ)
という風に使われます。

おおくじをくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大失敗 という意味です。
「あんときゃーおおめげしたいね」
(あの時は、大失敗しましたよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おおぼっかいな」があります。
これは「大雑把な、いい加減な」という意味です。
「おおぼっかいなせつめいでようわからんっちゃ」
(大雑把な説明で、よく分かりません)
という風に使われます。

おおめげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おそらしい とも言います。


大人っぽい という意味です。
「わんぴーすをきたら、おせらしくみえるね」
(その服を着たら、大人っぽく見えますね)
という風に使われます。


似た言葉では「おしぴん」があります。
これは「画鋲」という意味です。
「おしぴんおちちょらーね、あぶねーの」
(画鋲が落ちているじゃないの、危ないなあ)
という風に使われます。

おせらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

臆病者 という意味です。
「あんなぁおそれじゃけぇ、よーうんてんせんのよ」
(あの人は臆病者だから、上手に運転出来ないんだよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おそらかす」があります。
これは「恐がらせる」という意味です。
「ごんごしがおそらかすでよ」
(お化けが恐がらせるよ)
という風に使われます。

おそれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おんまあ とも言います。


私 という意味です。
「おだんのことはほっちょいて」
(私のことは放っておいて)
「おんまあ、いやいや」
(私は、嫌ですよ)
という風に使われます。


これが「あなた」のことを言う場合は「おんしゃー」になります。
「おんしゃーなにしちょるほ」
(あなたは何をしているの)
という風に使われます。

おだん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お膳、低いテーブル という意味です。
「おでんふいちょて」
(お膳を拭いておいて)
という風に使われます。


似た言葉では「おてらさん」があります。
これは「僧侶、お坊さん」という意味です。
「これ、おてらさんのすくーたーかいね?」
(これは、お坊さんのスクーターですか?)
という風に使われます。

おでん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

浮腫む、腫れる、膨れあがる という意味です。
「むしにかぶられてぶちてがおばったっちゃ」
(虫に刺されて、とても手が腫れ上がりましたよ)
という風に使われます。


似た言葉では「おばち」があります。
これは「尻尾」という意味です。
「このいぬのおばちはいけえーね」
(この犬の尻尾は大きいね)
という風に使われます。

おばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

共有 という意味です。
「きょうだいでふくをおもやいにする」
(兄弟で洋服を共有する)
という風に使われます。


似た言葉では「おわえる」があります。
これは「追いかける」という意味です。
「おわえてきたけえ、かくもーて」
(追いかけて来たから、匿って)
という風に使われます。

おもやい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

誰も居ない、留守 という意味です。
「あそこのいえはよるにならんとおりてがないけえ」
(あそこの家は夜にならないと誰もいないから)
「おりてがないけえいかれん」
(留守番が居ないから行けません)
という風に使われます。


これが「おる」ですと「居る」という意味です。
「どこにおるん」
(どこに居るの)
という風に使われます。

おりてがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~かな という意味です。
「これつかってもええんかいね」
(これは使っても良いのかな)
という風に使われます。


似たような言葉では「かねえ」があります。
これは~ですか、~ますか」という意味です。
「このりんごなんぼかねえ」
(このリンゴは幾らですか)
という風に使われます。

かいね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引っ掻く、引っかける という意味です。
「のらねこにかぎられた!」
(野良猫に引っ掻かれた!)
「そこ、くぎでかぎっちょら」
(そこ、釘で引っかけていますよ)
「いてーからかぎるな」
(痛いから引っ掻かないで)
という風に使われます。

かぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かきつける とも言います。


髪を櫛で梳く、梳かす という意味です。
「かきつけたらでかけるけぇ」
(髪を梳かしたら出かけますから)
「おふろからあがったら、かみかいちゃげて」
(お風呂からあがったら、髪を櫛で梳いてあげなさい)
という風に使われます。

かく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かもう とも言います。


からかう、相手をする という意味です。
「そねんにかしろうたら、はぶてるけーいけんにーね」
(そんなにからかったら、拗ねちゃうからいけませんよ)
「かもうなっちゅうたじゃろうが」
(相手にするなと言っただろうが)
「あんなんに、かもーちゃいけん」
(あんな人の相手をしてはいけません)
という風に使われます。

かしろう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

水に浸ける、浸けておく という意味です。
「ちゃわんかしちょいて」
(茶碗を水に浸けておいて)
「ごぼうかしちょいて」
(ゴボウを水に浸けておいて)
という風に使われます。


似た言葉では「かしこまる」があります。
これは「正座する」という意味です。
「ちゃーとかしこまってから」
(きちんと正座しているなんて)
という風に使われます。

かす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頭に被る という意味です。
「ぼうしかずいてでーさんよ」
(帽子を被って出掛けなさいね)
という風に使われます。


似た言葉では「かたぐ」があります。
これは「肩に担ぐ、肩に乗せる」という意味です。
「かたいじゃげよ」
(肩に乗せてあげましょう)
という風に使われます。

かずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

半日 という意味です。
「かたひなかもかかったいーね」
(半日もかかりましたよ)
という風に使われます。


似た言葉では「かつかつ」があります。
これは「ギリギリ」という意味です。
「あのたなにはかつかつてがたう」
(あの棚にはギリギリ手が届きます)
という風に使われます。

かたひなか 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かろうじて という意味です。
「かつがつできた」
(かろうじて出来ました)
「くるまのがそりんちいとじゃったけど、かつがつたりたいね」
(車のガソリンが少ししか入って無かったけど、かろうじて足りたね)
という風に使われます。

かつがつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

走る、駆ける という意味です。
「かっけっちこい」
(走って来なさい)
「あんなぁ、かっけっていきよったいね」
(あの人は、走って行きましたよ)
という風に使われます。


似た言葉では「かつえる」があります。
これは「飢える」という意味です。

かっける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

借りた という意味です。
「としょかんでほんとしーでぃーかっちょって」
(図書館で本とCDを借りておいてください)
という風に使われます。


これが「かってくる」ですと「借りてくる」という意味です。
「ぺんちかってこい」
(ペンチを借りて来なさい)
という風に使われます。

かった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仲間に入れる という意味です。
「ねえねえ、わしもかててえね」
(ねえねえ、私も仲間に入れてちょうだいよ)
という風に使われます。


似た言葉では「かせる」があります。
これは「食わせる、食べさせる」という意味です。
「うしにえさをかせる」
(牛に餌を食わせる)
という風に使われます。

かてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

口が達者、減らず口、屁理屈、文句を言う という意味です。
「おのおばーまは、かばちじゃけー」
(あのおばさんは、口達者だから)
「かばちいばっかたれちょらんと、ちいたあてえうごかしーね」
(減らず口ばかり叩いていないで、少しはちゃんと仕事しなさいよ)
「あのひとはかばちたれじゃけー」
(あの人は文句言う人だから)
という風に使われます。

かばち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

刺す、噛む という意味です。
「かにかぶられたー」
(蚊に刺された~)
「このなつはよーかにかぶられるねー」
(この夏はよく蚊に刺されるなぁ)
「かにかぶられて、かいーでよ」
(蚊に刺されて、痒いなあ~)
という風に使われます。

かぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

トカゲ、イモリ、ヤモリ など、小さなトカゲ類のことです。
「かべちょろがおるやん」
(イモリがいるじゃない)
「そとにかべちょろがおったよ」
(外にトカゲがいたよ)
「へやのなかにかべちょろがおる」
(部屋の中にトカゲがいる)
という風に使われます。

かべちょろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

溢す という意味です。
「あーあ、またふくにかやして」
(あーあ、また服に溢してしまって)
という風に使われます。


これが「かやれる」ですと「こぼれる、(コップなどが)倒れる」という意味です。
「そねーなおきかたしたらかやれるよ」
(そんな置き方をしたら、こぼれちゃうよ)
という風に使われます。

かやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

背負う という意味です。
「りゅっくさっくをかるってからどこいくんね」
(リュックサックを背負ってどこへ行くの)
「これかるーてくれんかね」
(これを背負ってくれませんか)
「はよらんどせるかるうてがっこういき!」
(早くランドセルを背負って学校へ行きなさい!)
という風に使われます。

かるう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~かね、~ですか という意味です。
「おんしゃーはどっからきたんかん」
(あなたはどこから来たのかね)
という風に使われます。


② 湯加減 という意味です。
「かんはえーかね?」
(湯加減はいかが(良い)ですか?)
という風に使われます。

かん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がんざき とも言います。


(竹で作られた)熊手 という意味です。
「かってにひとのがんぜきつかうなっちゃ」
(勝手に人の熊手を使うんじゃないよ)
「そこのおちばがんぜきではいとって」
(そこの落ち葉を熊手で履いておいて)
という風に使われます。

がんぜき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

黄色 という意味です。
「きいなんとって」
(黄色いのを取ってください)
「てがまっきいーなよ?」
(手が真っ黄色ですよ?)
という風に使われます。


似た言葉では「きすい」があります。
これは「筋っぽくて硬い、筋っぽくて噛み切りにくい」という意味です。
「このにくはきすいではにはさまるいね」
(このお肉は筋っぽくて歯に挟まるね)
という風に使われます。

きい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 疲れた という意味です。
「ぶちきついっちゃ」
(とても疲れました)
という風に使われます。


② 苦しい、小さい という意味です。
「すーつのずぼん、うえすとがきついっちゃ」
(スーツのズボン、ウエストが苦しいよ)
という風に使われます。

きつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

傷痕 という意味です。
「きっぽになるかもしれん」
(傷痕になるかもしれない)
「あたまのうしろにきっぽができちょーね」
(頭の後ろに傷痕が出来ていますね)
「こないだのけがで、きっぽになったいね」
(この前の怪我で、傷痕になってしまいましたよ)
という風に使われます。

きっぽ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

得意になる、威張る という意味です。
「おまえ、きなるなーや」
(おまえ、得意になるんじゃないよ)
「ちょっとせいせきがえーぐらいで、そねーきなるなーや」
(少し成績がいいぐらいで、そんなに得意になるな)
「なに、そねえに、きなっちょるそかいの」
(何をそんなに威張っているんですか)
という風に使われます。

きなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

昨日 という意味です。
「きにょーかいものにいってきたいね」
(昨日、買い物に行って来ましたよ)
「きにょーあのれすとらんですてーきたべたいね」
(昨日あのレストランでステーキを食べましたよ)
という風に使われます。

きにょー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てねる とも言います。


結ぶ、束ねる、縛る、繋ぐ という意味です。
「ほどけんように、よーきびっちょき」
(解けないように、しっかり結んでおいて)
「ちゃんときびらんにゃー、すぐほどけるっちゃ」
(きちんと結ばないと、すぐに解けてしまいますよ)
という風に使われます。

きびる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頭にくる、腹が立つ という意味です。
「まったくきゃーなるのー」
(全く頭にくるなあ)
という風に使われます。


似た言葉では「きもをやく」があります。
これは「心配をかける」という意味です。
「あんなあきもやきじゃから」
(あの人は人に心配をかける人だから)
という風に使われます。

きゃーなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きしゃない、きしゃな とも言います。


汚い という意味です。
「きゃしゃげなやつにはちかよるな」
(汚い人には近寄るんじゃありません)
「きしゃないから、いろわんの」
(汚いから、触るんじゃありませんよ)
という風に使われます。

きゃしゃげな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つむじ という意味です。
「ぎりがへんなところについちょるっちゃ」
(つむじが変な場所にあるんですよ)
「ぎりがふたつあるけえ、かみのけがたつんよ」
(つむじが2つあるから、髪の毛が立つんですよ)
という風に使われます。

ぎり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

綺麗だった という意味です。
「あのじょゆうさん、すっごくきれいなかったねえ」
(あの女優さん、すごく綺麗だったねえ)
「あのけしきゃー、きれいなかったのー」
(あの景色は、綺麗だったねえ)
という風に使われます。

きれいなかった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~残し、~かけ という意味です。
「のみくさし」
(飲み残し)
「たべくさしなんて、よこしーさんな」
(食べかけなんて、くれないでよ)
という風に使われます。


また、「食べ残し、食べかけ」のことは「くいさし」とも言います。
「ひとのくいさしはたべれんちゃ」
(他人の食べ残しは食べられませんよ)
という風に使われます。

くさし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くじょーくる、くじゅーくる とも言います。


叱る、むずかる という意味です。
これが「おーくじをくる」になると「激しく叱る」という意味です。
「おーくじくられたっちゃ」
(ひどく怒られた)
「いらんことして、おーくじくられたいね」
(つまらないことをして、すごく叱られてしまいましたよ)
という風に使われます。

くじをくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しゃがむ、姿勢を低くする という意味です。
「くずぬいてみたけど、ねこはおらんけぇ」
(しゃがんで見たけど、猫はいないから)
「くずぬいて、さがしいや」
(姿勢を低くして、探しなさい)
「したにおるはずやけど、くずぬいてみてもようみえんちゃ」
(下にいるはずだけど、姿勢を低くして見ても、どこにいるか分かりません)
という風に使われます。

くずぬく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① くえる とも言います。
崩す、崩れる という意味です。
「あめがふりゃあ、いしがきでもくえるんだから」
(雨が降れば、石垣でも崩れるのですから)
という風に使われます。


② 台無しにする という意味です。
「くやすなーやー」
(台無しにするなよ)
という風に使われます。

くやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~から という意味です。


理由を述べる時に使います。
「もうおそいけーねよ」
(もう遅いから寝ましょう)
という風に使われます。


同じような言葉では「けーね」があります。
これは、念を押すときに語尾に付ける言葉です。
「はあいぬるけーね」
(もう帰りますからね)
という風に使われます。

けー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

下品、恥ずかしいこと という意味です。
「げさくなかっこうするな」
(下品な格好をするんじゃない)
という風に使われます。


似た言葉では「げってん」があります。
これは「偏屈、変わり者」という意味です。
「あのひとはげってんじゃけえね」
(あの人は変わり者ですからね)
という風に使われます。

げさく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 蹴る という意味です。
「さっかーぼーるをけつる」
(サッカーボールを蹴る)
という風に使われます。


② 躓く という意味です。
「つくえのあしでけつった」
(机の脚に躓きました))
「きのういしにけつってこけたんちゃ」
(昨日、石に躓いて転んだんですよ)
という風に使われます。

けつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうえば という意味です。
「げんた、きのはあめだったのに」
(そういえば、昨日は雨だったのに)
という風に使われます。


似た言葉では「げな」があります。
これは「~らしい、~だそうだ」という意味です。
「あのひとははいらんげな」
(あの人は入らないらしい)
という風に使われます。

げんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

濃い という意味です。
「このしゅのさかなは、ほかでみられるものよりいろがこいい」
(この種類の魚は、他で見られる物よりも色が濃い)
という風に使われます。


似た言葉では「こいも」があります。
これは「里芋」という意味です。
「こいもにえたけえくーていにさん」
(里芋が煮えたから食べて帰りなさい)
という風に使われます。

こいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

買って という意味です。
「おかしこうたげようか」
(お菓子を買ってあげましょうか)
「こうてもろーた」
(買ってもらいました)
「ちょっとしょうゆこうてきてぇや」
(ちょっと醤油を買ってきてちょうだいよ)
「ぎゅうにゅうこうてくるけ」
(牛乳を買ってきますから)
という風に使われます。

こうて 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こねーな、こがーな とも言います。


このような という意味です。
「こげーなもんいらんっちゃ」
(このような物はいらないですよ)
「こげーなことをしちゃあいけんよ」
(このような事をしてはいけませんよ)
という風に使われます。

こげーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こけ とも言います。


(体の)垢」という意味です。
「からだをこすったら、ようけこけつがでた」
(体を擦ったら、たくさん垢が出ました)
「おふろでちゃーとこけつおとしてきーさん」
(お風呂でちゃんと垢を落としてきなさい)
という風に使われます。

こけつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

擦り落とす、削り取る という意味です。
「おこげをこさいで、きれいにくいさん」
(お焦げを削り取って、綺麗に食べなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「こうしゃく」があります。
これは「理屈、言い訳」という意味です。
「こーしゃくばっかさんな」
(言い訳ばかり言うんじゃないよ)
という風に使われます。

こさぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こさえる とも言います。


作る という意味です。
「きでいすをこしらえた」
(木で椅子を作りました)
「こねーによーけこしらえてから」
(こんなにたくさん作って)
「めしょーこさえちょってよ」
(ご飯を作っておいてちょうだいよ)
という風に使われます。

こしらえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くすぐったい という意味です。
「こそばいけえ、やめーや」
(くすぐったいから、やめてよ)
「そこをいろったらこそばいっちゃ」
(そこを触ったらくすぐったいでしょう)
という風に使われます。


似た言葉では「こすい」があります。
これは「ずる賢い」という意味です。
「ありゃーちーとこすいけえねえ」
(あいつは少しずる賢いからね)
という風に使われます。

こそばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

咳をする という意味です。
「きのうからこつってばっかりっちゃ」
(昨日から咳をしてばかりいます)
「えらいこつりよったね」
(随分と咳をしていましたね)
「かぜひいてこつってばかりじゃったいね」
(風邪をひいて咳をしてばかりでしたよ)
という風に使われます。

こつる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こないだ とも言います。


この間、つい先日、少し前、ちょっと前 という意味です。
「こないだがたこーてきたそ」
(つい先日買って来たんです)
「こないだまであったんじゃが」
(少し前まではあったんですが)
という風に使われます。

こないだがた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

挫く という意味です。
「いてー、あせらすけーあしこねたやろ」
(痛い、焦らせるから、足を挫いたじゃないの)
「あしこねてから、はれあがったいね」
(足を挫いてしまって、腫れ上がりました)
という風に使われます。

こねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小さい という意味です。
「このねじはこまいのお」
(このネジは小さいですねえ)
「こりゃーこまいだいやじゃねー」
(これは小さいダイヤですねえ)
「そんなにこまいとここにゃはいらんよ」
(そんなに小さいとここには入りませんよ)
という風に使われます。


「細かい」という意味ではありません。

こまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 耐える という意味です。
「いたいのをこらえる」
(痛いのを我慢する)
という風に使われます。


② 許す、勘弁する という意味です。
「それくりゃー、こらえちゃりーさん」
(それくらい、許してあげなさい)
「わりいわりい、こらえてーや」
(悪い悪い、勘弁してくださいよ)
という風に使われます。

こらえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ご覧下さい という意味です。
「こちらのえをごろうじませ」
(こちらの絵をご覧下さい)
という風に使われます。


似た言葉では「ごしんぱいです」があります。
これは「ご苦労様です、お疲れ様です」という意味です。
「よーおいでましたのー。ごしんぱいでした」
(よくいらっしゃいましたね。お疲れ様でした)
という風に使われます。

ごろうじませ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ごんごんちー、ごんごじー、ごんごち、ごんごん とも言います。


お化け、妖怪、幽霊、化け物 という意味の幼児語です。
「そねいにいたずらばっかりしちょったら、ごんごしがでるよ!」
(そんなに悪戯ばかりしていたら、お化けが出るよ!)
「ゆうこときかんと、ごんごんちーがでるよ」
(言うことを聞かないとお化けが出るよ)
という風に使われます。

ごんごし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんな感じ、こういう風に という意味です。
「こんとでええ?」
(こんな感じで良い?)
という風に使われます。


似た言葉では「こんなら」があります。
これは「この人達」という意味です。
「こんならのめんどーみんといけんけぇ」
(この人達の面倒を見ないといけないから)
という風に使われます。

こんと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

逆さま という意味です。
「かんばんのもじがさかしになっちょるでよ」
(看板の文字が逆さまになっていますよ)
という風に使われます。


似た言葉では「さかむけ」があります。
これは「ささくれ」という意味です。
「ゆびさきのさかむけがいたい」
(指先のささくれが痛い)
という風に使われます。

さかし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 都合をつける という意味です。
「さしくっていく」
(都合をつけて行きます)
という風に使われます。


② 自分に都合よくする という意味です。
「ようかんをさしくっちゃろー」
(羊羹を自分の分を多めに取ってやろう)
という風に使われます。

さしくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さらばえる とも言います。


かき集める、放り込む という意味です。
「はよせんたくもんさでこみー」
(早く洗濯物を取り込みなさい)
という風に使われます。


また、強調したい時に使われる言葉に「さで」があります。
「さでなげる」
(ぶん投げる)
「さですてーよ」
(ごっそりと捨てなさいよ)
という風に使われます。

さでこむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

さでくりだす とも言います。


捨てる、放り捨てる という意味です。
「ちゃんとなおっしょかんと、さでしてるよ!」
(ちゃんと片づけておかないと、捨てるよ!)
という風に使われます。


これが「さでる」ですと「ぶちまける」という意味です。
「そこへみなさでえ」
(全部そこへぶちまけなさい)
という風に使われます。

さでしてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぶら下がる、飛びつく、くっつく という意味です。
「つりかわにさばってあそぶ」
(つり革にぶら下がって遊ぶ)
「そねーほそいきのえだにさばっちょったら、そりゃおれるいね」
(そんな細い木の枝にぶらさがっていたら、そりゃあ折れますよ)
「うっとーしいけえ、さばらんでっちゃ」
(鬱陶しいから、くっつかないで下さいよ)
という風に使われます。

さばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いちにのさん、せーの という意味です。
「さんしのみっつではしるそ」
(いちにのさんで走るよ)
という風に使われます。


また、地域によって「せーのでみっつ」や「さんのーがーはい」とも言います。
「さんのーがーはいでとりますよ」
(いちにのさんで撮影しますよ)
という風に使われます。

さんしのみっつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

計算 という意味です。
「さんにょーはにがてなんよ」
(計算は苦手なんです)
「よーかんがえてよーさんにょーせーさん」
(よく考えてよく計算しなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「さん」があります。
これは「~しなさい」という意味です。
「いきさん」
(行きなさい)
という風に使われます。

さんにょー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しんさい、せえ、せえや、さん とも言います。


~しなさい という意味です。
「はよーし」
(早くしなさい)
「べんきょうしんさい」
(勉強しなさい)
「はよしゅくだいせえ」
(早く宿題をしなさい)
「はーいきさん」
(もう行きなさい)
という風に使われます。

し 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(大小便を)漏らす という意味です。
「あかちゃん、うんちしかぶっちょる!」
(赤ちゃん、ウンチ漏らしてる!)
「あー、そねーなとこでしかぶるな」
(ああ、そのような所で小便を漏らすんじゃない)
という風に使われます。

しかぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

地元 という意味です。
「あんたじげのもんかいのー」
(あなたは地元の人ですか)
という風に使われます。


似た言葉では「じじ」があります。
これは「魚」という意味です。
「じじごはんをたべり」
(魚の身を混ぜたご飯を食べなさい)
という風に使われます。

じげ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しかける とも言います。


準備する、設置する、仕事する という意味です。
「ばんのしごーせんにゃあいけんけーかえる」
(晩御飯の準備をしないといけないから帰る)
「ごはんしかけるのわすれちょった」
(炊飯器のスイッチを押すのを忘れていました)
という風に使われます。

しごーする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しっちょる とも言います。


知っている という意味です。
「あんたこれしっちょるかね」
(あなたはこれを知っていますか)
という風に使われます。


似た言葉では「しちゃった」があります。
これは「~なさった」という意味の丁寧語です。
「せんせいがきちゃったよ」
(先生が来られましたよ)
という風に使われます。

しっとる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

失敗した、しまった という意味です。
「しもうたのぉ」
(失敗したなあ)
「しもうた!わすれてきたでよ!」
(しまった!忘れてきちゃったよ!)
という風に使われます。


逆の意味の言葉では「しゃんしゃんする」があります。
これは「テキパキする」という意味です。

しもうた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だから という意味です。
「はやおきはさんもんのとくじゃけえ」
(早起きは三文の得だから)
「じゃけえねえ、たべんほうがええちゅうたやろ」
(だからねえ、食べない方がいいって言ったでしょう)
「じゃけぇ、そんなことしたらおこられるっていったじゃろー」
(だから、そんな事をしたら怒られるって言ったでしょう)
という風に使われます。

じゃけえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 毎度、いつも、しょっちゅう という意味です。
「しゃっちそねーなこといいよる」
(いつもそのような事を言っています)
という風に使われます。


② 絶対 という意味です。
「しゃっちせん!」
(絶対にしません!)
という風に使われます。

しゃっち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

①(鼻を)かむ という意味です。
「しゅんでもしゅんでもはながでる」
(かんでもかんでも鼻水が出る)
「はなをつようしゅんだけー、はなぢがでちょう」
(強く鼻をかんだから、鼻血が出てしまいました)
という風に使われます。


② 味がしみこむ という意味です。
「しゅんでおいしい」
(味がしみ込んで美味しい)
という風に使われます。

しゅむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしない、整理整頓が出来ない という意味です。
「まったくおまえはしょうたれやのー」
(まったくお前はだらしないなあ)
という風に使われます。


似た言葉では「じょんじょ」があります。
これは「サンダル、つっかけ」という意味です。

しょうたれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

我が侭、駄々をこねる、ぐずる という意味です。
「じらをくる」
(駄々をこねる)
「あのこはじらばっかりいっちょる」
(あの子は我が侭ばかり言っている)
という風に使われます。


「じら」を言う人のことは「じらくり」「じらくい(むし)」と言います。

じら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

扉などを開けっ放しにすること、またはその人 という意味です。
「とがしりぬけになっちょるっちゃ」
(ドアが開けっ放しになってるってば)
「よいよしりぬけじゃけえな」
(本当に開けっ放しにする人だからね)
という風に使われます。

しりぬけ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しつこい、ケチ という意味です。
「おかあさんはおんなじことばっかりゆーけー、ぶちしわいっちゃ」
(お母さんは同じ事ばかりを言うから、とてもしつこいよ)
「あいつはほんましわいやつじゃのう」
(あいつは本当にケチな奴だなあ)
という風に使われます。


また、「噛み切れない」という意味もあります。
「このにくしわいね」
(この肉は噛み切れないね)
という風に使われます。

しわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しんきな とも言います。


寂しい という意味です。
「しんきなかおしちょるけど、あんた、どねえしたそかね」
(寂しそうな顔をしているけど、あなた、どうしたんですか)
という風に使われます。


似た言葉では「しんや」があります。
これは「分家」という意味です。
「うちはしんやなんよ」
(うちは分家なんですよ)
という風に使われます。

しんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

するな、してはいけない という意味です。
「そねーなことしんな」
(そのような事をしてはいけない)
という風に使われます。


同じような言葉では「しんさい」があります。
これは「~しなさい、~やりなさい」という意味です。
「はようしゅくだいしんさい」
(早く宿題をやりなさい)
という風に使われます。

しんな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

酸っぱい という意味です。
「このぐれーぷふるーつはぶちすいい」
(このグレープフルーツは、とても酸っぱい)
「なんとすいいみかんじゃねぇ」
(なんて酸っぱいミカンなんでしょう)
という風に使われます。


関連する言葉では「すいち」があります。
これは、橙の果汁と醤油を混ぜた、山口県独特の調味料である酢醤油のことを言います。

すいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(木の)棘、小さい棘 という意味です。
「いてー!すいばりがささった」
(痛い!棘が刺さった)
「ゆびにすいばりがささっちょらーね」
(指に棘が刺さっていますよ)
「すいばりがよーけささっちょる」
(小さな棘がたくさん刺さっています)
という風に使われます。

すいばり 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

崩れる という意味です。
「あめがおおいけえ、やまみちがずえりゃーせんかね」
(雨がよく降るから、山道が崩れたりしないかしら)
という風に使われます。


似た言葉では「すえる」があります。
これは「腐る」という意味です。

ずえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寄りかかる、もたれかかる という意味です。
「そんなとこすがったらふくがよごれるっちゃ」
(そんな所に寄り掛かったら服が汚れますよ)
「そんなんにすがったら、たおれるじゃろ」
(そんな物にもたれかかったら、倒れるでしょう)
という風に使われます。

すがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

嫌い、好きではない という意味です。
「わしゃーあいつすかんけえ」
(私はあいつが嫌いだから)
「あのひとはすかん!」
(あの人は嫌い!)
「あのせんせいうるさいやろ、もうすかーん」
(あの先生ってうるさいでしょ、もう嫌ーい)
という風に使われます。

すかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

寒さに震える という意味です。
「すくえちょーらね、はよはいりい」
(寒さに震えているじゃない、早く入りなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「すじゅーひく」があります。
これは「痙攣を起こす、ひきつけを起こす」という意味です。
「あしがすじゅーひーてやれませんにーね」
(足が痙攣して、どうしようもないんですよ)
という風に使われます。

すくえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

すたる という意味です。


無くす、失くす、無くなる という意味です。
「さいふをすててしもーた」
(財布を失くしてしまった)
「ほーたっちょるから、すたったんよ」
(ほったらかしにしているから、無くなったんですよ)
という風に使われます。


”捨てる”では無いので気をつけましょう。

すてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

抜け落ちる という意味です。
「よーきびらんと、すばぬけるよ」
(よく結ばないと、抜け落ちますよ)
という風に使われます。


似た言葉では「すどい」があります。
これは「ずる賢い、抜け目が無い」という意味です。
「ぶちすどいっちゃ」
(すごくずる賢いな)
という風に使われます。

すばぬける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

洗う、流す という意味です。
「おふろでからだをすっちゃろうか」
(お風呂で体を洗ってあげましょうか)
「せなかすっちゃろうか」
(背中を流してあげましょうか)
という風に使われます。


似た言葉では「ずえる」があります。
これは「崩れる」という意味です。

する 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意味が無い、やりがいが無い、仕方が無い という意味です。
「あいそなしじゃけえ、ちゅうもんしてもせいがないっちゃ」
(愛想が無いから、注文してもいいが無いですよね)
「あんたにゆーても、せーがないわ」
(あなたに言っても、意味が無いわ)
という風に使われます。

せいがない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

せごう とも言います。


からかう という意味です。
「こまいこじゃからって、そねーにせがうなっちゃ」
(小さい子だからって、そうやってからかうんじゃないよ)
「そねえとししたのおとこをせがうもんじゃなかろうに」
(そんな風に年下の男をからかうものじゃないですよ)
という風に使われます。

せがう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

しつこい、うるさい という意味です。
「せからしいおなごやのー」
(しつこい女だなあ)
という風に使われます。


似た言葉では「せくらかす」があります。
これは「急がせる」という意味です。
「せくらかせてつれてきーさん」
(急がせて連れて来なさい)
という風に使われます。

せからしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

欲張る、独り占めする、独占する という意味です。
「まだいっぱいあるんじゃけぇ、そねーせばるないや」
(まだたくさんあるんだから、そんなに欲張るんじゃないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「せる」があります。
これは「~する」という意味です。
「そりゃーせられんわ」
(それは出来ないよ)
という風に使われます。

せばる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

忙しい、落ち着かない という意味です。
「きょうはあさからせわしゅーていけん」
(今日は朝から忙しくていけません)
「きょうはせわしないのう(」
(今日は忙しいなあ)
「せわしゅうせんと、ちゃーとしちょき」
(そわそわしないで、ちゃんとしていなさい)
という風に使われます。

せわしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

つまらない、辛い、面倒くさい という意味です。
「あーせんなー」
(ああ、つまらない)
「こがーなしごと、ぶちせんないで」
(こんな仕事、すごく面倒くさいよ)
という風に使われます。


また、「やるせないときの気持ち」を表して使うこともあります。

せんない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お節介、世話 という意味です。
「ひとのせんばらをやくひまがあったら、じぶんのしごとをしーさん」
(人のお節介を焼く暇があったら、自分の仕事をしなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「せわない」があります。
これは「大丈夫、簡単」という意味です。
「こんくらいせわーないけえ」
(これくらい簡単だよ)
という風に使われます。

せんばら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~のんた、~ほ とも言います。


~の、~よ、~か という意味です。
念を押すときに語尾に付けます。
「そーなそ?」
(そうなの?)
「こっちのほうがふるいそ」
(こちらの方が古いんですよ)
「しゅくだいやったそ?」
(宿題はやったの?)
「こねーすりゃーええそ」
(こうしたら良いの)
という風に使われます。

そ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あちこち出歩く、周囲をうろうろする という意味です。
「そーそーしんないや」
(あちこち出歩くんじゃないよ)
「かってにそーそーせんな」
(勝手にうろうろするんじゃない)
という風に使われます。


似た言葉では「そばえる」があります。
これは「じゃれつく」という意味です。
「こいぬがそばえてくる」
(仔犬がじゃれ付いてくる)
という風に使われます。

そーそーする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そこいらじゅう とも言います。


辺り一面、巷、世間一般 という意味です。
「そんなん、そこたらじゅうにあるでよ」
(そんなもの、どこにでもあるよ)
「そこたらじゅうにでまわっとる」
(世間一般に出回っている)
「それじゃったら、そこらにないかね」
(それでしたら、その辺にありませんか)
という風に使われます。

そこたらじゅう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんな、そのような という意味です。
「そねーなことあるかいね」
(そのような事があるわけないじゃないの)
という風に使われます。


これが「そねーに、そんとーに」ですと「そんなに」という意味です。
「そねーにいわんでもえかろー」
(そんなに言わなくてもいいじゃないの)
という風に使われます。

そねーな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そぶく、すそびく とも言います。


引きずる という意味です。
「あのー、すそそびいていますよ」
(あのー、裾を引きずっていますよ)
「そぶくけえ、ずぼんはひざまでたくっちょき」
(引きずるから、ズボンは膝まで捲り上げておきなさい)
という風に使われます。

そびく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それっちゃ とも言います。


そうだね、そうだよね、その通り という意味です。
相手のことばに対して同意・同感を表す言葉です。
「ひまじゃけー、どっかいきたいねー」「それいね」
(暇だから、どこかに行きたいね)(そうだね)
という風に使われます。

それいね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そんと、そげーな とも言います。


そのような という意味です。
「そんとなことゆーちゃーいけん」
(そんなことを言ってはいけない)
という風に使われます。


似た言葉では「そんで、そんでね」があります。
これは「それから」という意味です。
「そんで、あのけんはどーなったかね」
(それからあの件はどうなりましたか)
という風に使われます。

そんとな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たいぎいー とも言います。


面倒くさい、疲れる、考えるのも嫌だ という意味です。
「もーたいぎーけーかえろうやぁ」
(もう面倒くさいから帰ろうよ)
「わしゃ、そねえなたいぎいーなことようせんけーのお」
(私は、そんな面倒くさいことは出来ませんからねえ)
という風に使われます。

たいぎ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だいしょう とも言います。


多少、幾分 という意味です。
「まあだいしょーえかろー」
(まあ多少は良いでしょう)
「さいきんだいしょあるくよーになった」
(最近、多少歩くようになりました)
「きょうはだいしょうきぶんがええ」
(今日は幾分気分が良いです)
という風に使われます。

だいしょ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(長さが)届く という意味です。

否定形は「たわん」になります。
「けーぶるがたわん」
(ケーブルが(長さが短くて)届きません)
「あのたなにはかつかつたう」
(あの棚にはぎりぎり手が届きます)
「せーがひくーてちいとたわんのー」
(背が低いので、少し届かないなあ)
という風に使われます。

たう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(裾などを)捲る、捲り上げる という意味です。
「ずぼんをひざまでたくっちょき」
(ズボン(の裾)を膝まで捲り上げておきなさい)
「ぬれそうやけえ、すかーとのすそたくっちょこ」
(濡れそうだから、スカートの裾を捲っておきましょう)
という風に使われます。

たくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乱雑、無茶苦茶 という意味です。
「いっつもだだんだーにしちょるね」
(いつも無茶苦茶にしていますね)
という風に使われます。


似た言葉では「だった」があります。
これは「~しなかった」という意味です。
「そりゃーしらだったでよ」
(それは知らなかったなあ)
「いかだったいね」
(行かなかったよ)
という風に使われます。

だだんだー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

刺さる という意味です。
「おかーさーん、ゆびにはりがたったけぇぬいてよー」
(お母さ~ん、指に針が刺さっちゃったから抜いてよー)
「そねーなとこあるいたら、あしにすいばりがたつよ」
(そんなところを歩いたら、足に棘が刺さるよ)
という風に使われます。

たつ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

たける とも言います。


叫ぶ、叫んで訴える という意味です。
「そねーたっけらんでもおろーが」
(そんなに叫ばなくても居るでしょうが)
「まだあのへんにみえよるけーそっからたっけってみい」
(まだあの辺りに居られるから、そこから叫んでごらんなさい)
「こねーなよなかにたっけりんなーや」
(こんな夜中に叫ぶんじゃないよ)
という風に使われます。

たっける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

閉める という意味です。
「どあをたてちょって」
(ドアを閉めておいて)
という風に使われます。


これが「たつ」ですと「閉まる、閉まっている」という意味です。
「いりぐちがたっちょる」
(入り口が閉まっていますよ)
という風に使われます。

たてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

驚かせる という意味です。
「ないしょでけーきこーてたまがらせちゃろ」
(内緒でケーキを買って驚かせてやろう)
という風に使われます。


これが「たまげる」では「驚く、ビックリする」という意味です。
「たまがさんで」
(ビックリさせないで)
という風に使われます。

たまがす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だる、だった とも言います。


疲れた、だるい、かったるい という意味です。
「あげっぱなしじゃったら、うでがだるよ?」
(上げっぱなしだと、腕が疲れますよ?)
「まらそんしてあしがだらしい」
(マラソンをして足が疲れた)
「ほら、だったじゃろーが」
(ほら、疲れたでしょうに)
という風に使われます。

だらしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

足りなさそう、足りなくなりそう という意味です。
「めしがたりくさいけぇ、こーていにさんね」
(ご飯が足りなくなりそうだから、買って帰りなさいね」
という風に使われます。


似た言葉では「たたくれる」があります。
これは、布や衣類が皺になったり折れ曲がったりした状態を言います。

たりくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

少しは、ちょっとは という意味です。
「ちいたあひとのはなしをききんさい」
(少しは人の話を聞きなさい)
「あそんでばっかりおらんとちいたあべんきょうせーや」
(遊んでばかりいないで、少しは勉強しなさい)
「ちいたあてつだいーね」
(ちょっとくらい手伝ってよ)
という風に使われます。

ちいたあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちょー、ちびっと とも言います。


ちょっと、少し という意味です。
「もうちいとはようせぇや」
(もうちょっと早くしてくださいよ)
「おかねがちいとたらんでよ」
(お金がちょっと足りないなぁ)
「ちびっとつこーちょるけぇ」
(少しだけ使っているから)
という風に使われます。

ちいと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大事にする、甘やかす という意味です。
「このこはちそうほんそうでそてられたんじゃね」
(この子は大事に育てられたんですね)
という風に使われます。


似た言葉では「ちょうど」があります。
これは「じっと」という意味です。
「ちょうどせえ」
(じっとしていなさい)
という風に使われます。

ちそうほんそう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

磨り減る、磨耗する、丸くなる という意味です。
「たいやがちびとる」
(タイヤが磨り減っています)
「かがとがちびちょらーや」
(踵がすり減っているじゃないですか)
「えんぴつがちびた」
(鉛筆が磨り減った)
という風に使われます。

ちびる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~よ、~ね、~だよ という意味です。
「そうっちゃ」
(そうだよ)
「できんちゃ」
(出来ないよ)
「おちゃっちゃ」
(お茶よ)
「ゆーたっちゃ」
(言ったよ)
「おなかすいたんちゃ」
(お腹が空いたんだよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ちゃぎょう」があります。
これは「~してあげよう」という意味です。

ちゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

っちゃろー とも言います。


~でしょう という意味です。
「あんときなんべんもいうたっちゃろー」
(あの時に、何回も言ったでしょう)
という風に使われます。


似た言葉では「ちゃる?」があります。
これは「~してくれる?」という意味です。
「これあのこにわたしちゃる?」
(これをあの子に渡してくれる?)
という風に使われます。

ちゃろ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

おだてる という意味です。
「あねえなことゆうて、ひとをちょうらかしちゃいけんよ」
(あのようなことを言って、人をおだててはいけませんよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ちゃりこい」があります。
これは「すばしこい」という意味です。
「あのこはちっちゃいころからぶちちゃりこい」
(あの子は小さな頃からとてもすばしこい)
という風に使われます。

ちょうらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しておけ という意味です。
「いまにみちょれ」
(今に見ておけ)
という風に使われます。


これが「ちょる」ですと「~ている」という意味です。
「さいしょからしっちょるよ」
(最初から知っているよ)
という風に使われます。

ちょれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

友達、親友 という意味です。
「あいつとおれはちんぐうじゃけえ」
(あいつと俺は友達ですからね)
「わたしらちんぐうじゃけぇ、いつもいっしょよ」
(私たちは親友だから、いつも一緒ですよ)
「あいつはわしのちんぐうじゃけえのう」
(あいつは俺の親友だからなあ)
という風に使われます。

ちんぐう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

小さい という意味です。
「これじゃちんますぎらーね」
(これでは小さすぎますね)
という風に使われます。


似た言葉では「ちょんがー」があります。
これは「独身」という意味です。
「あんたまだちょんがーかいね」
(あなたはまだ独身なんですか)
という風に使われます。

ちんまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

詰まる、渋滞する という意味です。
「えらいくるまがつかえちょるなあ」
(やけに渋滞していますねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「つく」があります。
これは「押して前進させる」という意味です。
「じてんしゃはついてあるきさん」
(自転車は押して歩きなさい)
という風に使われます。

つかえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疲れ果てる、潰れる、腐る という意味です。
「きょうはしごとがおおくて、つくだったっちゃ」
(今日は仕事が多くて、疲れ果ててしましましたよ)
「あのいえはつくだりかかっちょるのう」
(あの家は潰れかかっていますねえ)
という風に使われます。

つくだる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

だらしなく積み上げる という意味です。
「つくねちょかんで、なおしときんさいよ」
(だらしなく積み上げておかないで、収納しておきなさいよ)
という風に使われます。


似た言葉では「つくなむ」があります。
これは「しゃがむ」という意味です。
「つくなんだら、えらいんちゃ」
(しゃがんだら、苦しいんですよ)
という風に使われます。

つくねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

引き分け、平均、同等、同じ という意味です。
「このしょうぶはつっぺじゃのー」
(この勝負は引き分けですね)
「おたがいあやまったけえ、これでつっぺね」
(お互いに謝ったから、これで引き分けね)
という風に使われます。

つっぺ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ちばける とも言います。


ふざける、じゃれる という意味です。
「ごはんたべよーるときは、つばえるんじゃない」
(ごはんを食べている時はふざけるんじゃない)
「おまえ、ちばけるな!」
(おまえ、ふざけるな!)
という風に使われます。

つばえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

駄目だ、いけない という意味です。
「だいじなことじゃけーわすれちゃつまらんよ」
(大事なことだから忘れてはいけませんよ)
「そねーなもんじゃー、つぁーらん」
(そんな物では、駄目です)
「はよいなんとつぁーらんよ」
(早く帰らないといけませんよ)
という風に使われます。

つまらん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(髪の毛や爪を)切る という意味です。
「そんなにのばしてからー。つめつみーね!」
(そんなに(長く)伸ばして。爪を切りなさいよ!)
という風に使われます。


似た言葉では「つめる」があります。
これは「(扉や窓を)閉める」という意味です。
「さむいけえ、つめちょってよ」
(寒いから、閉めておいて下さいよ)
という風に使われます。

つむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

大きく という意味です。
「このいぬ、まえみたときよりもでこーなっちょらーねえ」
(この犬、以前見た時よりも大きくなっているね)
という風に使われます。


似た言葉では「てご、てごう」があります。
これは「手伝い」という意味です。
「あっちをてごうしい」
(あっちを手伝いなさい)
という風に使われます。

でこー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

束ねる という意味です。
「いねをてねる」
(稲を束ねる)
「そこいらへんのくさをてねっちょってね」
(その辺の草を束ねておいてちょうだいね)
「よーてねっちょってよ」
(しっかり束ねておいてくださいよ)
という風に使われます。

てねる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

放る、放置する、怠ける という意味です。
「そんなん、てぶっちょきー」
(そんなもの放っておきなさいよ)
「あんたーまたほんをてぶっちょるじゃー」
(あなたはまた本を放っているよ)
「それはてぶっちょきー」
(それは放っておいて)
という風に使われます。

てぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しなくても という意味です。
「そんなんせーでもええけぇ」
(そんなことしなくてもいいから)
「こんでもええよ」
(来なくてもいいよ)
「たべいでもしにゃーせん」
(食べなくても死なないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「でぼちん」があります。
これは「額、おでこ」という意味です。

でも 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

てれーぐれー、てれんぱれん とも言います。


ぐずぐずする、ふらふらする という意味です。
「じかんがないけー、てれんこぱれんこするなっちゃ」
(時間がないから、ぐずぐずするんじゃありませんよ)
「てれんぱれんしちょらんで、はようしごとしいさん」
(ぐずぐずしていないで、早く仕事をしなさい)
という風に使われます。

てれんこぱれんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

意地っ張り、頑固 という意味です。
「あのひとはでんきなけーのー」
(あの人は頑固ですからね)
「そんなにでんきをはっちょったら、はなしがすすまん」
(そんなに意固地になっていたら、話が進まない)
という風に使われます。


これが「でんきさく、でんきぼーず」ですと「頑固者」という意味です。
また、「でんきはる」では「意地を張る、我が侭をとおす」という意味です。

でんきな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仕事もなく信用ができない人、嘘、でまかせ という意味です。
「あのひたーてんくらじゃー」
(あの人は信用ができない人です)
「てんくらばっかりいわんちょって」
(いい加減なことばっかり言わないで)
という風に使われます。

てんくら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

いい加減 という意味です。
「やっちょることがおおてんぷら」
(やっていることが、すごくいい加減)
という風に使われます。


似た言葉では「てんで」があります。
これは「全然、全く」という意味です。
「てんくらだめじゃーやー」
(全然駄目ですねえ)
という風に使われます。

てんぷら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どーげんぼーず、どーげん、がんぼー とも言います。


悪ガキ、腕白 という意味です。
「きんじょのどーかんにはまいるっちゃ」
(近所の悪ガキは手に負えません)
「このどーげんぼうずが!」
(この悪ガキが!)
という風に使われます。

どーかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

殴る、どつく という意味です。
「わりゃあどうずいちゃろうか!」
(おまえ、殴ってやろうか!)
という風に使われます。


似た言葉では「どーしん」があります。
これは「同伴する」という意味です。
「どーしんせていこーや」
(一緒に行きましょうよ)
という風に使われます。

どうずく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

荒っぽい という意味です。
「あねえどうらくなことをしちゃあいけん」
(あのように荒っぽいことをしてはいけない)
という風に使われます。


似た言葉では「とうた」があります。
これは「届きましたか」という意味です。
「これでとうた?」
(これで届きましたか?)
という風に使われます。

どうらくな 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

早く、急いで という意味です。
頭に「ぶる」を付けることで強調されます。
「ぶるとっぴんでいくけえ」
(すごく急いで行くから)
という風に使われます。


似た言葉では「とんぎる」があります。
これは「尖る」という意味です。

とっぴん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうですか という意味です。
「さいきんみかけんやったけど、どねえかね」
(最近見かけませんでしたが、どうですか)
という風に使われます。


似た言葉では「どねーに、どんとーに」があります。
これは「どんなに」という意味です。
「どねーにゆーてもだめじゃった」
(どんなに言っても駄目だった)
という風に使われます。

どねえかね 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どねえかこねえか、どねこね とも言います。


なんとか、ようやく、ギリギリ という意味です。
「どねえこねえでふねがかんせいしたっちゃ」
(なんとか船が完成しました)
という風に使われます。


似た言葉では「どげーな」があります。
これは「どのような」という意味です。
「どげーなもんかいねえ」
(どのようなものでしょうか)
という風に使われます。

どねえこねえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

最下位、ビリ、一番最後 という意味です。
「うんどうかいでどべじゃった」
(運動会でビリでした)
「どべでもきにせーさんな」
(最下位でも気にしないでね)
「かけっこでどべになってしもうた」
(かけっこで最下位になってしまいました)
という風に使われます。

どべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どひょうし とも言います。


とても、すごく という意味です。
「どようしたまげちょった」
(とても驚いていました)
という風に使われます。


これが「どひょうしもなあ」ですと「とんでもない」という意味です。
「あんたあ、どひょうしもなあことじゃったなあ」
(あなた、とんでもないことでしたねえ)
という風に使われます。

どようし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふざける、ひょうきんな様子 という意味です。
「とんきょうせんの」
(ふざけるんじゃないの)
「そんなとんきょうしよったらけがするよ」
(そんなふざけていたら怪我をするよ)
「とんきょうなの~」
(ひょうきんな人だなあ)
という風に使われます。

とんきょう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とんばらかして とも言います。


急いで、慌てて という意味です。
「とんばらかしてでていったーね」
(慌てて出て行きましたよ)
「きんきゅうのれんらくがあったんで、とんばらかしてかえってきた」
(緊急の連絡が入ったので、急いで帰って来ました)
という風に使われます。

とんばらかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無くなる という意味です。
「きょうかしょがないなった」
(教科書が無くなった)
という風に使われます。


消耗する という意味ではありません。


似た言葉では「なんばかんこといっとん」があります。
これは「なに馬鹿なことを言っているの」という意味です。

ないなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける という意味です。
「はよー、なおしーさん」
(早く片付けなさい)
「きれいになおした」
(綺麗に片付けた)
「ちゃんとなおしちょって」
(ちゃんと片付けておいて)
「そのふぁいるなおっしょって」
(そのファイルを片付けておいてちょうだい)
という風に使われます。

なおす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

どうして、何故、なんで という意味です。
「なしてそんなことするほ?」
(どうしてそんな事をするの?)
「はいやがこんが、なしてかいのう」
(タクシーが来ないけど、どうしてでしょう)
という風に使われます。


似た言葉では「なそ、なほ」があります。
これは「~なの」という意味です。
「え、そうなそ?」
(え、そうなの?)
という風に使われます。

なして 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きのこ という意味です。
きのこの類は何でも”なば”ということになるようです。
「ええなばがはえちょらーや」
(良いきのこが生えていますよ)
「こんやはなべにするけぇ、なばこうてきてね」
(今日は鍋にするから、きのこを買って来てね)
という風に使われます。

なば 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

幾ら、幾つ という意味です。
「これなんぼ?」
(これ幾らなの?)
という風に使われます。


同じような言葉では「なんなん」があります。
これは「何ですか、どうしたのですか」という意味です。
「さっききたんてね、なんなん?」
(さっき来たんですってね、どうしたのですか?)
という風に使われます。

なんぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なんまんきび とも言います。


とうもろこし という意味です。
「なんまんゆでちょるけえあとでたべさん」
(とうもろこしを茹でているから後で食べなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「なんきん」があります。
これは「カボチャ」という意味です。
「きょうはなんきんによう」
(今日はカボチャを煮よう)
という風に使われます。

なんまん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

強調する終助詞で、強く感情を伝えたい時に使います。
「そねーなことしらんにーね」
(そんなことは知りませんよ)
という風に使われます。


似た言葉では「にいや」があります。
これは「~なあ」という意味です。
「これじゃけえにいや」
(これだからなあ)
という風に使われます。

にー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悪口、文句、皮肉、嫌み という意味です。
「にくじはやめさん」
(悪口を言うのは止めなさい)
「おとうさんはさけをのむと、いっつもにくじばっかりっちゃー」
(お父さんは酒を飲むと、いつも悪口ばかり言うんです)
「おおにくじゆーていにおった」
(大文句を言って帰って行ったよ)
という風に使われます。

にくじ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても似ている という意味です。
「このしょうせつ、にたりくそーない?」
(この小説、すごく似ていない?)
という風に使われます。


似た言葉では「にがる」があります。
これは「痛い、肩凝りの痛み」という意味です。
「かたがにがってやれんいね」
(肩が凝って辛抱できませんよ)
という風に使われます。

にたりくさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~しないと という意味です。
「ちゃんといわんにゃあ」
(ちゃんと言わないと)
という風に使われます。


似た言葉では「にゃんこがでる」があります。
これは「怖いものが来る」という意味です。
「いうこときかんにゃーにゃんこがでるで」
(言うことを聞かないと怖いものが来るよ)
という風に使われます。

にゃあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

温かい、暖かい という意味です。
「きょうはわりかしぬくいな」
(今日はわりと暖かいですね)
という風に使われます。


似たような言葉では「ぬくめる」があります。
これは「温める」という意味です。
「みそしるぬくめちょくけえ」
(味噌汁を温めておきますから)
という風に使われます。

ぬくい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぬする、ぬすくりつける とも言います。


擦り付ける、塗りたくる という意味です。
「くすりをよーぬすくっちょきさん」
(薬を良く擦り付けておきなさい)
「こら!おとうさんのふくにぬすくりつけんで」
(こら!お父さんの服に擦り付けないで)
「ぬすくらんでちゃんとはんかちでふきなさい」
(擦り付けないで、ちゃんとハンカチで拭きなさい)
という風に使われます。

ぬすくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

行動の遅い人、鈍い人 という意味です。
「いまおきたんかね、ぬるさくじゃのー」
(今起きたんですか、のんびり屋さんだねえ)
「はようとらんけぇほかのひとにとられたじゃろうが、このぬるさくが」
(早く取らないから他の人に取られたじゃないの、鈍い奴だな)
という風に使われます。

ぬるさく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

睡眠不足 という意味です。
「ねがたらんで、えれーでよ」
(睡眠不足で、だるいなあ)
という風に使われます。


似た言葉では「ねき」があります。
「へり」とも言います。
これは「側」という意味です。
「ねきにいきんさい」
(側に行きなさい)
という風に使われます。

ねがたらん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねくじをいう とも言います。


(子供が眠くて)我が侭を言う という意味です。
「もうねむいんじゃろ、ねくじをくりはじめた」
(もう眠いんでしょう、我が侭を言い始めました)
「ぐずってるのはねくじじゃろ」
(ぐずっているのは眠いからでしょう)
という風に使われます。

ねくじをくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

熱心な という意味です。
「あんたぁねついけぇのお」
(あなたは熱心ですからね)
という風に使われます。


似た言葉では「ねちこい」があります。
「ねしこい」とも言います。

これは「執念深い、しつこい」という意味です。
「ねちこくでんわかけてきてやれんいね」
(しつこく電話をかけてきて、やってられないわ)
という風に使われます。

ねつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

舐める という意味です。
「あいすばーをべろべろねぶる」
(アイスバーをベロベロと舐める)
「はしはねぶらんことよ」
(箸は舐めるんじゃないのよ)
「そのこにゃああめねぶらしちょき」
(その子には飴を舐めさせておきなさい)
という風に使われます。

ねぶる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ねんごう とも言います。


① 屁理屈、言い訳、文句 という意味です。
「ねんごばっかりゆわんの!」
(屁理屈ばかり言うんじゃないの!)
という風に使われます。


② 寝言 という意味です。
「ねんごばっかりいうな」
(寝言ばかり言うんじゃない)
という風に使われます。

ねんご 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

なあ という意味です。
相手に同調する時に、主に男性が使います。
「ひぐれがはよーなったのー」
(日暮れが早くなったなあ)
「それいのー」
(そうだよなあ)
「いけんのー」
(いけないよなあ)
「ありゃーばかたれじゃのー」
(あれは馬鹿者だなあ)
という風に使われます。

のー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頭痛、頭が痛い という意味です。
「けさからのうがわるい」
(今朝から頭が痛い)
という風に使われます。


似た言葉では「のうなる」があります。
これは「なくなる」という意味です。
「はあかねのうなったっちゃ」
(もう金が無くなったってば)
という風に使われます。

のうがわるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怠け、怠け者 という意味です。
「のーくれちょらんとはたらけ」
(怠けていないで働きなさい)
「のーくれじゃー、つぁーらんよ」
(怠け者では、いけないよ)
という風に使われます。


似た言葉では「のぞける」があります。
これは「出す、見せる」という意味です。

のーくれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

物が無くなる、紛失する という意味です。
「はーかねがのーなった」
(もう金が無くなった)
「どっかにのーなったわ」
(どこかに紛失してしまったよ)
「かーどがのーなったみたいじゃけど」
(カードが無くなったみたいだけど)
「じゅーすがのーなったいね」
(ジュースが無くなったよ)
という風に使われます。

のーなる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

退ける、除ける、避ける という意味です。
また、その場所から移動することを言います。
「じゃまじゃけえ、のきんさい」
(邪魔だから、退けなさい)
「よごれがのかんのんちゃ」
(汚れが取れないんですよ)
という風に使われます。

のく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

のずける とも言います。


① 物を差し出す、手渡す という意味です。
「かいらんばんをとなりにのぞけちょって」
(回覧板を隣に手渡してきて)
という風に使われます。


② 出す、見せる という意味です。
「ちょっとかいぎにかおをのずけてくるわ」
(ちょっと会議に顔を出してくるよ)
という風に使われます。

のぞける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① ~だよ、~だね という意味です。
「あしたはあめじゃのんた」
(明日は雨だねえ)
という風に使われます。


② あなた という意味です。
ねえた とも言います。
「えーことじゃのーた」
(良いことですね、あなた)
という風に使われます。

のんた 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もう という意味です。
「はー、えー」
(もう、いい)
「はーしゅくだいやったん?」
(もう宿題はやったの?)
「はあついたん?」
(もう着いたんですか?)
「はあやっちょれん」
(もうやっていられない)
という風に使われます。


これは「はあ?」ですと「え?、何?」という意味です。
「はあ?もういっかいいって」
(何?もう1回言って)
という風に使われます。

はあ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

悔しい、憎らしい という意味です。
「ええ、はがいい!」
(ああ、悔しい!)
「はがいいやつじゃのう」
(憎らしい奴ですねえ)
「どねーか、はがいかろうが!」
(どうだ、悔しいだろうが!)
という風に使われます。


似た言葉では「ばくだい」があります。
これは「いっぱい、多くの」という意味です。

はがいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

はさげる とも言います。


挟む という意味です。
「ほんとほんのあいだにしおりはさけとくからね」
(本と本の間にしおりを挟んでおきますからね)
という風に使われます。


似た言葉では「はさる」があります。
これは「隙間に物が詰まる」という意味です。

はさける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

歯がゆい、気が短い、落ち着きの無い様子、せっかち という意味です。
「さっさとしいや、はしかいーのー」
(さっさとしなさい、歯がゆいなあ)
「きんちょうしてはしかいくなっちょるよ」
(緊張して落ち着きが無い様子になっているよ)
という風に使われます。

はしかいー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

次々に、順次 という意味です。
「こーてくるはしからこわれよる」
(買って来ても次々に壊れていく)
という風に使われます。


似た言葉では「はしる」があります。
これは「しみる」という意味です。
「さされたところがはしろーがね」
(刺されたところがしみるでしょう)
という風に使われます。

はしから 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 終わりにする という意味です。
「はよはなえようや」
(早く終わりにしましょうよ)
という風に使われます。


② 始まる という意味です。
「そろそろじゅんびせはなえーよ」
(そろそろ準備をし始めなさいよ)
「はああるきはなえたわ」
(もう歩き始めた)
という風に使われます。

はなえる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

乱暴、騒がしい という意味です。
「あいつははばしいけえの~」
(あいつは乱暴だからねえ)
「あいつのすることははばしい」
(あいつのすることは乱暴だ)
「あんたはまことはばしいこじゃねー」
(あはたは本当に騒がしい子ですねえ)
という風に使われます。

はばしい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

拗ねる、いじける という意味です。
「そねーにはぶてんないや」
(そんなに拗ねるんじゃないよ)
「なにはぶてちょるん?」
(なにを拗ねているの?)
「このくらいではぶてんな」
(このくらいで拗ねるんじゃない)
という風に使われます。

はぶてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

マムシ(蝮)という意味です。
「そねーなとこはいったら、はみにかまれるやろ」
(そんな所に入ったら、マムシに咬まれるでしょ)
という風に使われます。


似た言葉では「はね」があります。
これは「仲間はずれ」という意味です。
「はねにせんとめんどーみちゃりーよ」
(仲間はずれにしないで面倒みてあげなさいよ)
という風に使われます。

はみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

満腹になる、お腹がいっぱいになる という意味です。
「あーはらふとったー」
(ああ、お腹いっぱーい)
「はらあふとってうごけんにーね」
(お腹がいっぱいになって動けませんよ)
「はらがふとーてよーくわんで」
(お腹がいっぱいであまり食べられないよ)
という風に使われます。

はらがふとる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(ホウキで)掃く という意味です。
「おもて、ほうきではわいてこ」
(表をホウキで掃いて来ましょう)
「こんなにちらかしてー。はわいとって!」
(こんなに散らかして。掃いておいてちょうだい!)
という風に使われます。

はわく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長い間 という意味です。
「ひいさこんかったけえ、しんぱいしちょったでよ」
(長い間来なかったから、心配していたんですよ)
「そんなにひーさかさんでもええよ」
(そんなに長い間、水に浸さなくても良いですよ)
という風に使われます。

ひいさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひいて、ひてえ とも言います。


一日 という意味です。
「そんなんひいといでできるやろ」
(そのくらい一日で出来るだろう)
「ひいてごしならええかいねー」
(一日おきなら良いでしょうか)
「ひてえーならとまりーさん」
(一日なら泊まりなさい)
という風に使われます。

ひいとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

敷く という意味です。
「ふとんひーちょって」
(布団を敷いておいて)
という風に使われます。


似た言葉では「ひこじる」があります。
これは「(物などを)引きずる」という意味です。
「ひこじったらきずがつくじゃろ」
(引きずったら傷がつくでしょう)
という風に使われます。

ひく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

叩く、平手打ちする という意味です。
「はよういなんとびしゃぐど」
(早く帰らないと叩くよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ひねくる、ひねきる」があります。
これは「抓る」という意味です。
「ほーべたひねくるよ」
(ほっぺた抓るよ)
という風に使われます。

びしゃぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ビシャビシャ という意味です。
「あめでびっしゃになってしもうた」
(雨でビシャビシャになってしまいました)
「あめびっしゃじゃー」
(雨がひどく降っているなあ)
という風に使われます。


これが「びっしゃこ」ですと「ずぶ濡れの状態」のことを言います。

びっしゃ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びんたれ とも言います。


だらしない、不精者 という意味です。
「びったれやねー!」
(だらしないわねえ!)
「いっしゅうかんもかみをあらわんっちゃ、びったれじゃね」
(一週間も髪を洗わないなんて、不精者ですね)
という風に使われます。

びったれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひとつずつ という意味です。
「ひとりひとつったくってええけえ」
(一人ひとつずつ食べて良いですので)
という風に使われます。


似た言葉では「ひっくりかやる」があります。
これは「ひっくり返る」という意味です。
「ひっくりかやらんようにもっていきさん」
(ひっくり返らないように持って行きなさい)
という風に使われます。

ひとつった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

冷たい という意味です。
「こおりはひやい」
(氷は冷たい)
「このみずはひやいのお」
(この水は冷たいですねえ)
「てがひやかった」
(手が冷たかった)
という風に使われます。


また「寒い」という意味もあります。
「けさはひやいのお」
(今朝は寒いですねえ)
という風に使われます。

ひやい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

もみあげ という意味です。
「はーひゃっかんがなごーなっちょる」
(もうもみあげが長くなっている)
「ひゃっかんがなごうなっちょるけぇ、きってもらおう」
(もみあげが長くなっているから、切ってもらおう)
という風に使われます。

ひゃっかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

風で捲れる、翻る、飛ぶ という意味です。
「ぽすたーがひよってきちょる」
(ポスターが飛んで来ている)
「ちゃーととめんけぇ、せんたくもんがひよっちょらーね」
(きちんと留めないから、洗濯物が翻っているじゃないの)
という風に使われます。

ひよる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

拾う という意味です。
「おちたものをひらう」
(落ちた物を拾う)
という風に使われます。


これが「ひらえ」ですと「拾え、拾いなさい」という意味です。
「そのごみひらえよー」
(そのゴミを拾いなさいよ)
という風に使われます。

ひらう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(板が)反る、反り返る、歪む という意味です。
「そねーにおもいもんのせるけー、いたがひわったじゃろ」
(そんなに重たい物を乗せるから、板が反ったじゃないの)
という風に使われます。


似た言葉では「ひるのかかり」があります。
これは「午後一番」という意味です。

ひわる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

びんびく、びんぼく、びんぶくま とも言います。


肩車 という意味の幼児語です。
「びんぶくしちゃげる」
(肩車をしてあげる)
「ようみえるようにびんぶくしちゃろうか」
(よく見えるように肩車してあげましょうか)
という風に使われます。

びんぶく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まん、まんくそ とも言います。


運、巡り合わせ という意味です。
「ふがわるかったねえ」
(運が悪かったねえ)
「あめにふられんで、わしゃーふーがえかったいね」
(雨に降られないで、私は運が良かったですね)
という風に使われます。

ふ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

布巾 という意味です。
「そこのふいきんでてーぶるふいちょってね」
(そこの布巾でテーブルを拭いておいてちょうだいね)
という風に使われます。


似た言葉では「ふいとる」があります。
これは「呆けている」という意味です。

ふいきん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

河豚(フグ)という意味です。
「きゅうりょうびやけーふくたべにいこーか」
(給料日だからフグを食べに行きましょうか)
という風に使われます。


似た言葉では「ぶと」があります。
これは「蚋(ブヨ)」という意味です。
「ぶとにさされていとうていけんっちゃ」
(ブヨに刺されて痛くてたまらない)
という風に使われます。

ふく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とても、すごく、たいそう という意味です。
「きょうはぶちえらかった」
(今日はとても大変でした)
「ぶちえらい」
(たいそう疲れました)
「ぶちかっこえー」
(すごくカッコイイ)
という風に使われます。


もう少し強く言う場合には「ぶり、ぶりくそ」となります。

ぶち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 大きい という意味です。
「あのこがいちばんふといんよ」
(あの子が一番大きいんですよ)
という風に使われます。


② 酷い という意味です。
「ぶちふといことをするのう」
(とても酷いことをしますねえ)
という風に使われます。

ふとい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急いで、フルスピードで という意味です。
「ぶるとっぴんでしたくせーや」
(急いで支度しなさいよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ふる」があります。
これは「放る、出す」という意味です。
「へをふる」
(おならを出す)
という風に使われます。

ぶるとっぴん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そう という意味です。
「へじゃけど」
(そうだけど)
「へでも」
(そうだけど)
「へでさー」
(それでさー)
という風に使われます。


これが「へじゃのう」ですと「そうですね」という意味です。
「あついですね」「へじゃのう」
(暑いですね)(そうですね)
という風に使われます。

へ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そうしたら という意味です。
「へーたらせんせいにぶちしかられた」
(そうしたら先生に酷く叱られた)
という風に使われます。


似た言葉では「へーてから」があります。
これは「それから」という意味です。
「かわへいって、へーてからおよごうや」
(川へ行って、それから泳ごうよ)
という風に使われます。

へーたら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

剥ぐ、剥く という意味です。
「かわぁへいでくいさんよ」
(皮を剥いて食べなさいよ)
という風に使われます。


似た言葉では「へしゃげる」があります。
これは「潰れる」という意味です。
「かみのけがへしゃげちょるよ」
(髪の毛が潰れているよ)
という風に使われます。

へぐ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へつる とも言います。


削る、減らす、節約する という意味です。
「せいせきしだいでおこづかいをへずるけえ」
(成績次第でお小遣いを減らしますから)
という風に使われます。


似た言葉では「へなげな」があります。
これは「変な、つまらない」という意味です。
「へなげなぼうしかぶっちょる」
(変な帽子を被っている)
という風に使われます。

へずる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

あれをしたりこれをしたり という意味です。
「へっぱったこっぱったして、よーあわてちょったわ」
(あれやらこれやらして、本当に慌てていましたよ)
という風に使われます。


似た言葉では「へーたらこーたら」があります。
これは「あれこれの理由、言い訳」という意味です。
「へーたらこーたらいうな」
(あれこれ言うんじゃない)
という風に使われます。

へっぱったこっぱった 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑固、偏屈 という意味です。
「あんなあ、へんくーじゃけえ」
(あの人は、頑固ですから)
という風に使われます。


また「へんくーたれ」とも言います。
これは「屁理屈をいう人、変わり者」という意味です。
「となりのひとはへんくーじゃねえ」
(隣の人は変わった人ですねえ)
という風に使われます。

へんくう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

へちこ とも言います。


あべこべ という意味です。
「へんちこっちいいさんな」
(あべこべな事を言わないでよ)
という風に使われます。


似た言葉では「へんじょーこんごー」があります。
これは「つべこべ言う」という意味です。
「へんじょーこんごーゆーないや」
(つべこべ言うんじゃないよ)
という風に使われます。

へんちこっち 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

念を押すときに語尾に付けます。

さらに強く念を押す場合は「ほっちゃ」になります。
「うち、あんたがすきなほ」
(私、あなたが好きなの)
という風に使われます。


これが「ほいや、ほいね」ですと「ほ」よりもぶっきらぼうな言い方になります。
主に男性が使います。
「たばこかいにいくほいや」
(タバコを買いに行くんだよ)
という風に使われます。

ほ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほいとー とも言います。


乞食、物乞い という意味です。
「そねえなほいとみたいなことしんないね」
(そんな物乞いみたいな事をするんじゃないよ)
「ほいとーみたいなかっこーしんさんな」
(乞食みたいな格好するんじゃないよ)
という風に使われます。

ほいと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほうつくばる、ほつくばる とも言います。


這う という意味です。
「あかちゃんがほうてきよるよ」
(赤ちゃんが這って来てるよ)
という風に使われます。


似た言葉では「ほおべた」があります。
これは「顔の横っ面」という意味です。

ほう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほーかる、ほーくる、ほったる とも言います。


投げる、放り投げる、投げ捨てる という意味です。
「しゅくだいをほーたっちょっちゃーいけんよ」
(宿題を投げ出していてはいけませんよ)
「そねーなもん、ほーかってきーさん」
(そんな物、投げ捨ててきなさい)
という風に使われます。

ほーたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

よーそけない、よーさけない とも言います。


汚い、不潔な、みっともない、だらしない、汚い という意味です。
「ほうとくないやつじゃのー」
(不潔な人ですねえ)
「そんなかっこうしてーほうとくないのー」
(そんな格好をして、だらしないわねえ)
「ほうとくないかっこうせんの」
(みっともない格好をするな)
という風に使われます。

ほうとくない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(穴が)開く という意味です。
「じーぱんあながほげちょる」
(ジーパンに穴が開いている)
「ふくろにあなたほげちょったんやねえー」
(袋に穴が開いていたんですねえ)
という風に使われます。


これが「ほがす、ほぐ」ですと「(穴を)開ける」という意味です。

ほげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

落ちる という意味です。
「たんぼのまわりでつばえちょるとほろけるよ」
(田んぼの周りで騒いでいたら落ちるよ)
「ぼたんがほろけたけー、つけちょってーや」
(ボタンが落ちたから、付けておいて下さいよ)
「そっちいったら、ほろけるよ」
(そっちに行ったら、落ちちゃうよ)
という風に使われます。

ほろける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

蕁麻疹 という意味です。
「あさおきたらほろせがでちょらあね」
(朝起きたら蕁麻疹が出ているじゃないですか)
「もうそねえなほろせがでるようなこといいんなっちゃ」
(もうそんな蕁麻疹が出るような(褒め)言葉を言うんじゃないよ)
という風に使われます。

ほろせ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

可愛い、頼もしい という意味です。
「ほんとにほんそごやねー」
(本当にこの子は可愛いねえ)
という風に使われます。


また、赤ちゃんをあやすときに「よし、よし」と言うところを
「ほんそ、ほんそ」と言ったりもします。

ほんそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ほいから、へてから とも言います。


それから という意味です。
「ほんで、あのけんはどーなったかね」
(それから、あの件はどうなりましたか)
「へてからどねーなったんかっちゃ」
(それからどうなったの?)
という風に使われます。

ほんで 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ぽんにゃ とも言います。


糞、うんこ という意味です。
「いぬのぽんこふんでしもーた」
(犬の糞を踏んでしまった)
という風に使われます。


似た言葉では「ほんか」があります。
これは「本当ですか、本当かい」という意味です。
疑問を感じた時に発する言葉です。

ぽんこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

それでは、それならば という意味です。
「ほんならごはんでもたべようか」
(それではご飯でも食べましょうか)
「ほんなら、いちどいんでくるけぇ」
(それなら、一度帰って来ますから)
という風に使われます。


似た言葉では「ほんま」があります。
これは「真実」という意味です。

ほんなら 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まーや とも言います。


~するまい、~しないでおこう、~ないだろう という意味です。
「そんなこというまーやー」
(そんなことは言わないでおこう)
「まだ、いなまーでよ」
(まだ、帰らないでしょうよ)
「そりゃー、せまー」
(それは、やらないだろう)」
という風に使われます。

まー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

毎日 という意味です。
「まいひにがっこういきよるで」
(毎日学校に行きますよ)
「まいひにみてもろーたらしあわせます」
(毎日見てもらえたら幸いです)
「まいひにゃーいきよらんが」
(毎日は行ってないけど)
という風に使われます。

まいひに 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

掻き混ぜる という意味です。
「ようまぜくってからたべさん」
(よく掻き混ぜてから食べなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「まいがまえん」があります。
これは「やりくりがつかない」という意味です。
「きゅうりょうがすくのうて、まいがまえんでよ」
(給料が少なくて、やりくりがつかないよ)
という風に使われます。

まぜくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

そっくり、瓜二つ、全く同じ という意味です。
「しゃべりかたがまっついじゃーねー」
(喋り方がそっくりですねえ)
「あのおやこは、ほんとかおがまっついっちゃ」
(あの親子は、本当に顔がそっくりなんですよ)
という風に使われます。

まっつい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弁償する、補償する という意味です。
「ぐらすめぎよって。まどえよ」
(グラスを割りやがって。弁償しろよ)
「おもちゃがめいでしもうたけえ、まどうよ」
(おもちゃが壊してしまったから、弁償するよ)
という風に使われます。

まどう 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

眩しい という意味です。
「きょうはてんきがよくてまばいいのー」
(今日は天気が良くて眩しいねえ)
という風に使われます。


似た言葉では「まぶり」という意味です。
これは「ものすごく」という意味です。
「まぶりつよい」
(ものすごく強い)
という風に使われます。

まばいい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

元気、健康 という意味です。
「あんたあまめなほ?」
(あなた元気なの?)
「おばちゃん、まめなかな」
(おばちゃん、元気ですか)
「ぶちひさしぶりやけど、まめなかったー」
(とても久しぶりだけど、元気でしたか)
という風に使われます。

まめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頭にくる という意味です。
「あいつさいきんまんくそがわるいのー」
(あいつ最近、頭にくるよなあ)
という風に使われます。


似た言葉では「まんがわるい」があります。
これは「運が悪い」という意味です。
「そりゃーまんがわりぃーね」
(それは運が悪かったね)
という風に使われます。

まんくそがわるい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

(草などを)むしる という意味です。
「くさみしってこ」
(草むしりをして来よう)
という風に使われます。


似た言葉では「みしゃぐ」があります。
これは「細かく砕く、細かく潰す」という意味です。
「いもをみしゃいじょってよ」
(芋を細かく潰しておいて)
という風に使われます。

みしる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ひとみず とも言います。


人見知り という意味です。
「このこもみずするようになったっちゃ」
(この子も人見知りをするようになりました)
という風に使われます。


似た言葉では「みそくそ」があります。
これは「滅茶苦茶」という意味です。
「そりゃあみそくそじゃーや」
(それでは滅茶苦茶じゃないですか)
という風に使われます。

みず 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

無くなる、だんだん減って無くなる という意味です。
「さとうがもうみてた」
(砂糖がもう無くなっていました)
「もうみそがみてたけー、かいにいかんといけん」
(もう味噌が無くなっていたから、買いに行かなければならない)
という風に使われます。

みてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

易しい、優しい、簡単、容易 という意味です。
「このもんだいはみやすい」
(この問題は易しい)
「みやすいけーよーできた」
(簡単だったので、よく出来ました)
「そんなのみやすいっちゃ」
(そんなの簡単ですよ)
という風に使われます。

みやすい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長持ちする、食べ物の減りが遅い という意味です。
「このいえははしらがふといけえむさいっちゃ」
(この家は柱が太いから長持ちしますよ)
という風に使われます。


似た言葉では「みんさい」があります。
これは「みなさい」という意味です。
「これみてみんさい」
(これを見てみなさい)
という風に使われます。

むさい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ものもらい という意味です。
「きのうから、めいぼができとるんよ」
(昨日から、ものもらいが出来ているんですよ)
という風に使われます。


似た言葉では「めんたし」があります。
これは「ごめんなさい」という意味です。
「めんたし、めんたし」
(ごめん、ごめん)
という風に使われます。

めいぼ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

各々 という意味です。
「めえめえでかんがえんさい」
(各々で考えなさい)
「しゅくだいはめえめえがしい」
(宿題は各々でやりなさい)
「きょうのごはん、めえめえでたべえや」
(今日のご飯は、各々で食べなさい)
という風に使われます。

めえめえ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

壊れる という意味です。
「あーあ、めげたー」
(あーあ、壊れた~)
という風に使われます。


これが「めぐ」ですと「壊す、割る」という意味です。
「こんなとこにおいとったら、たおしてめぐど」
(こんな所に置いておいたら、倒して壊すよ)
という風に使われます。

めげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体裁が悪い という意味です。
「めんどうないけえやめさんせ」
(体裁が悪いから止めなさい)
という風に使われます。


似た言葉では「めんどしない」があります。
これは「煩わしい、大きなお世話」という意味です。
「こげなことさせられてめんどしないこっちゃ」
(こんなことをさせられて煩わしいことです)
という風に使われます。

めんどうない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

めいめ とも言います。


自分、自分自身のこと という意味です。
「めんめのことなんじゃから」
(自分のことなのだから)
「めいめんほうへいね」
(自分の家に帰りなさい)
「どうなろうと、めんめのことよ!」
(どうなろうと、自分自身のことですよ!)
という風に使われます。

めんめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

まみれ という意味です。
「そうじしよったら、ほこりもぐれになったけぇ」
(掃除していたら、埃まみれになりましたよ)
という風に使われます。


似た言葉では「もぶれる」があります。
これは「纏わり付く、付き纏う」という意味です。
「そねーもぶれんこといね」
(そんなに纏わり付かないでよ)
という風に使われます。

もぐれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

外れる、取れる という意味です。
「そんなにひっぱったらもげるど」
(そんなに引っ張ったら外れるよ)
「ふるいらじおのちょうせいつまみがもげてしもうた」
(古いラジオの調整つまみが外れてしまいました)
という風に使われます。

もげる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

長持ちする という意味です。
「あのかばんはようもてる」
(あのカバンは良く長持ちしています)
という風に使われます。


似た言葉では「もとうらん」があります。
これは「はっきりしない、戸惑う」という意味です。
「もとうらんやつじゃの」
(はっきりしない奴だな)
という風に使われます。

もてる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ももぐる とも言います。


くしゃくしゃに丸める という意味です。
「それ、ももくってすてちょって」
(それ、くしゃくしゃに丸めて捨てておいて)
「はんかちをももぐってぽけっとにいれちょこう」
(ハンカチをくしゃくしゃに丸めてポケットに入れておこう)
という風に使われます。

ももくる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

共有、一緒に使う という意味です。
「きょうかしょはふたりでもやいでつかいー」
(教科書は二人で一緒に使いなさい)
「このおもちゃをもやいにして、なかようあそびさん」
(このおもちゃを一緒に使って、仲良く遊びなさい)
という風に使われます。

もやい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

聞き分けの無い、だらしない、面倒を見きれない という意味です。
「うちのまごはやーでないこばっかりでこまっちょる」
(うちの孫は聞き分けの無い子供ばかりで困っています)
という風に使われます。


似た言葉では「やっちもにゃあことじゃのう」があります。
これは「実につまらないことですね」という意味です。

やーでない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

お灸 という意味です。
「こら、やいとするぞ」
(こら、お灸を据えるぞ)
「やいとしたら、からだかるーなったわ」
(お灸したら、体が軽くなったよ)
という風に使われます。


似た言葉では「やうつり」があります。
これは「引越し、転居」という意味です。

やいと 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

柔らかい という意味です。
「このとうふはやおいのお」
(この豆腐は柔らかいなあ)
「こんなやおいにく、はじめてたべたっちゃ」
(こんなに柔らかい肉、初めて食べましたよ)
「きゃらめるがやおーなっちょら」
(キャラメルが柔らかくなっていますよ)
という風に使われます。

やおい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

~だから という意味です。


理由を述べる時に使用されます。
「きゅうりきらいやけーたべん」
(きゅうりは嫌いだから食べません)
という風に使われます。


似た言葉では「やでない」があります。
これは「うるさい、騒がしい」という意味です。
「ぶちやでないっちゃ」
(すごく騒がしいよ)
という風に使われます。

やけー 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

けち とも言います。


ずるい、インチキ、卑怯 という意味です。
「やしじゃー」
(ずるいよ~)
「あーぁ、やししよってぇー」
(あーあ、インチキしちゃってー)
「じゃんけんのおそだししたやろー、やしくりんなーや」
(じゃんけんの後出しをしただろう、インチキするんじゃないよ)
という風に使われます。

やし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

① 鬱陶しい、面倒くさい という意味です。
「やねけーことなったのー」
(面倒くさいことになりましたねえ)
という風に使われます。


② しつこい という意味です。
「やねこいこといいんさんな」
(しつこく言わないでよ)
という風に使われます。

やねこい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ヒリヒリする という意味です。
「おちゃでやけどして、くちのなかがやびやびするっちゃ」
(お茶で火傷をして、口の中がヒリヒリと痛いです)
という風に使われます。


似た言葉では「やっさもっさ」があります。
これは「大騒ぎで~する、せかせかと」という意味です。

やびやびする 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介