HOME -> か行 

とてつもない という意味。

 

「今日の雪はがいだよね」

(今日の雪はとてつもない(量)だよね)

という風に使います。

 

「がいに」 になりますと 「非常に」「桁外れに」 という意味です。

 

「北印のニンジン扱い量だら、がいな数だべや」

(北印のニンジンを扱う量ったら、桁外れな数だ)

 

という風に使われます。

 

「予想外の」「並外れの」の「外」からきているものと思われますが、

「桁違いな」から来ているという説もあります。

がい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

弱る、疲れてやつれる という意味。

 

「おまえ、なしたのよ。なまらがおってるべや」

(おまえ、どうしたんだよ。ずいぶんと疲れてるじゃないか)

「あの人、最近がおった顔してる」

(あの人、最近やつれた顔してる)

 

という風に使われます。

 

語源は 「臥折る」 です。

つまり 「体を曲げるようにして寝るほどのひどい疲れ」 を意味します。

がおる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字にすると ”書かさる” です。

 

書ける という意味になります。

 

「このボールペンもう使わないの?まだ書かかさるのにいたましいしょ」

(このボールペンもう使わないの?まだ書けるのにもったいないでしょう)

 

という風に使われます。

 

”書かされる”と聞き間違えてしまいそうですが、

この「~さる」は「~できる」という意味と

「自然に~してしまう(自発)」という意味の二つの表現に使われます。

かかさる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

体を縮める、しゃがむ という意味です。

 

「年いってかがまって歩いてるね」

(年を取って身体を縮めて歩いているね)

 

という風に使われます。

 

”屈(かが)む” + ”縮こまる” というニュアンスでしょう。

腰痛の方なんかが腰を曲げているような様子を表します。

かがまる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かもめ のことです。

 

「姥神の前に、かごめ島行くべ」

(姥神大神宮の前に、かもめ島に行きましょうよ)

 

という風に使われます。

 

年配の方に 「かもめ島ってどこですか?」 と聞くと

「あ? そったらもの江差さ無ぇ」 と言われてしまうかもしれません。

その時は ”かごめ島” と言ってみましょう。

 

※併せて「ごめ」のページもご覧下さい。

かごめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かたがる、かやる とも言います。

 

漢字で書くと ”傾がる” ですから、傾(かたむ)く という意味です。

 

「地震で家かた(し)がってきたわー」

(地震で家が傾いてきたよー)

「雪の重みで、あそこの倉庫傾がってきてるぞ」

(雪の重みで、あそこの倉庫傾いてきてるぞ)

 

という風に使われます。

 

「傾(かし)げる」 が語源。

例えば、「首をかしがる」 ですと

「首をかしげる」 ということになります。

 

「傾げる」 の受動的表現が 「傾がる」 です。

また、倒れたり、ひっくり返った時も使うようです。

かしがる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

片付ける という意味です。

 

「その本かたして」

(その本片付けて)

「服出しっぱなしてきたからかたしといて」

(洋服を出しっぱなしで出てきたから片付けておいて)

「クローゼットの中かたしなさいよ」

(クローゼットの中を片付けなさいよ)

 

という風に使われます。

かたす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

仲間に入る という意味です。

 

「オレもかたっていいかい?」

(俺も仲間に入ってもいいかい?)

「おお、かたれ、かたれ」

(おお、(仲間に)入れ、入れ)

 

という風に使われます。

 

「加えてやる」の転訛でしょうか?

 

また「かぜる」「かでる」「かせる」とも言います。

この場合は「まぜる」「仲間に入れる」という意味になります。

 

何人かで遊んでいるところに「かぜて!」と言って入れてもらいます。

 

また「がいま」ですと「仲間はずれ」になります。 

「”外”れる」 + 「仲”間”」 ということでしょうか?

かたる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

北海道でしか売っていない乳酸菌飲料のことです。

雪印メグミルクが北海道限定で販売している乳酸菌飲料。

 

「ヤクルト」に似た、ただし非常に甘い飲料でしたが

1979年に名称を「ソフトカツゲン」とし、

風味も薄くさっぱりとしたものに変更され現在に至っているようです。

 

語源は「活源」。

元々「活素(かつもと)」という名前で

「活」は「勝つ」、「素」は「牛乳の素」を意味していたようです。

カツゲン 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

責任転嫁する、理由を他にそらす という意味です。

 

語源は 「被(かず)ける」 で、そこから転訛したものと思われます。

 

「忙しいのにかつけて、お礼もしないでごめんね」

(忙しいのを理由に、お礼もしないでごめんね)

 

という風に使います。

かつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頼りない、貧相だ、貧弱だ、貫録がない という様な意味です。

 

「おいおい。したって、それ持つとこグラグラしてるべや。かちゃっぺないべよ、やめとけって」

(おいおい。だけど、それは持つところがグラついているでしょう。頼りないからやめておきなさいよ)

「あの男、かちゃっぺなくてよ、あったら奴だら娘くれてやれね」

(あの男、貧弱な男でなあ。あんな奴では娘をやれないよ)

 

という風に使われます。

かちゃっぺない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

がっさい、がさい とも言います。

 

みずぼらしい、古びた、出来の悪い、安っぽい という意味になります。

 

「がっちゃい車」

(みすぼらしい車)

「この車安いだけあって内装がなまらがっさいわ」

(この車安いだけあって内装がとても安っぽいわ)

 

という風に使われます。

 

「がさつ」が語源と思われますね。

がっちゃい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

全ての ”痔” のことを指す言葉ですが、特に裂肛痔のことを指すようです。


「佐藤くんはがっちゃきで悶えている」

(佐藤くんは痔(が痛くて)で悶えている)

「がっちゃき悪いくした」

(痔が悪化した)

 

という風に使われます。

 

”かっちゃく”が”引っ掻く”という意味ですから、

”引っ掻き傷”ということでしょうか?

つまり、お尻を引っ掻いた傷=痔 と考えられますね。

がっちゃき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かっちゃます とも言います。

 

引っ掻き回す という意味です。

 

「引き出しの中、かっちゃまかしたべ?」

(引き出しの中、引っ掻き回したでしょ?)

「あいつがいるとすぐ場をかっちゃますもんなあ」

(あいつがいるとすぐ場を引っ掻き回すもんなあ)

 

という風に使われます。

 

「かっちゃく」で「引掻く」という意味になります。

 

「お前の顔かっちゃくぞ」

(お前の顔を引っかくぞ)

「またかっちゃいたっしょ!血でてるよ」

(また引っ掻いたでしょ!血出てるよ)

 

という風に使われます。

かっちゃまかす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かつける とも言います。

 

言いがかりをつける、人のせいにする、押し付ける などという意味です。

 

「何でもかんでも、かっつけんなや!」

(何でもかんでも、言いがかりをつけないでよ!)

「あの人はなんにも悪くないんだけど、あの人にかっつけて帰ってきたの」

(あの人はなんにも悪くないんだけど、あの人に押し付けて帰ってきたの)

「おまえなら、すぐそやって人にかつけるもなー」

(おまえなら、すぐそうやって人に押し付けるもんなあ)

 

などという風に使われます。

 

”ケチつける”の転訛かなと思いましたが

「かこつける」に近いニュアンスのようです。

さらにもう少し狡知に長けた感じですね。

かっつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

激しくひっくり返すというような意味です。

 

はっきりコレ!というニュアンスが伝えにくい言葉です。

勢いが重要なポイントです。

例えば、小さいものをひっくり返すときや、

静かにひっくりかえす時にはあまり使いません。

 

「道さ凍っててよ。滑って両足からかっぱがえったもんよ」

(道路が凍ってて、滑って両足でひっくり返ったのさ)

 

という風に使います。

 

足にバケツを引っかけてひっくり返してしまうときや、

星一徹のような怒った親父が机をひっくり返したり、

畳をえいやっとひっくり返すときなど

「激しくひっくり返す」 ときに使われます。

かっぱがえす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

とてもたくさん という意味です。

 

「やまぼうしのとこに、暴走族が、がっぱし集まってたで」

(山法師のところに、すごい数の暴走族が集まっていたぞ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉で 「がっつり」「がっちし」 があります。

これは 「がっちり」「しっかり」「きつく」 という意味。

 

「いやあ、こないだ先公にがっつり怒られちゃってよ~」

(いやあ、この間先生にきつく怒られてしまってさあ)

 

他にも 「ごそっと」 も 「いっぱい」 という意味です。

 

「これしかないのにごそっともっていった」

(これしかないのにたくさんもっていった)

 

という風に使います。

 

どれも”がっぱし”を使っても、同じ意味になりますね。

がっぱし 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと”竈かやす”。

 

破産する という意味です。

 

「あんな派手な生活してれば、誰だってかまどかやすって」

(あんな派手な生活してれば、誰だって破産するよ)

 

という風に使われます。

 

飯を炊く「かまど」をひっくり返してしまっては、

ご飯が食べられなくなる =すなわち破産する ということのようです。

かまどかやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

盗む という意味の言葉です。

 

「おめ、俺の缶コーヒーがめったべ」

(おまえ、俺の缶コーヒー盗っただろう)

「おめ、それあそこの店からがめってきたんでないべな」

(おまえ、それあそこの店から盗んできたんじゃないだろうな)

 

という風に使われます。

 

「ぎる」のページも併せてご覧ください。

がめる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かえす という意味ですが

これには2つの ”かえす” が、あります。

 

①借りたものを返す。

 

「そ言えば、お前に貸したった本、まだ、かやしてもらってないべや」

(そう言えば、君に貸している本、まだ、返してもらっていないよ)

 

②表のものを裏に返す。

 

「ほら、しゃべってばっかりいないで、肉、かやさないと、こげるって」

(ほら、話をしてばっかりいないで肉を裏返さないと、焦げるよ)

「うるさいって、人にばっかし、かやせってしゃべってないで、お前がかやせっての」

(うるさいよ。ひとにばっかり、裏がえせって言ってないで、自分で裏返しなさい)

 

という風に使い分けます。

かやす 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

怠ける という意味です。

 

「またからっぽやんで仕事やすんでるんだよ」

(また怠けて仕事休んでるんだよ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「がっぽ」があります。

これは「身が締まってなくて空間が空いた状態」をあらわす言葉です。

 

「この芋切ってみたら中ががっぽだべさー、わやでないかい」

(この芋切ってみたら中が空洞じゃないか、すごくない?)

 

という風に使います。

 

”がっぽり穴があいている”の短縮形でしょうか?

からっぽやむ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かける、閉める という意味です。

 

「錠かっといて!」「うん、大丈夫。ちゃんとかったよ」

(鍵かけておいて! うん、大丈夫。ちゃんと(鍵)かけたよ)

 

という風に使われます。

 

もし、「錠かっといて!」と言われたら

「買っといて!」と勘違いしてしまいそうです。

そして鍵はかけないという最悪の事態に・・・。

北海道では知っておいた方がいい言葉のひとつかもしれませんね。

かる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かさぶた(瘡蓋) のことです。

 

「いいふりこきのがんべたかり」 という表現がありますが、

これは 「カッコつけているが少しも格好良くない人(奴)」 ような相手を指します。

 

「なんぼ(いくら)」 表面上だけ格好を付けても、

身体は「がんべ(瘡蓋)」 だらけの 「いいふりこきだべさ」 ということです。

 

白樺の樹皮「がんび」は剥がされても改たに覆う事から

「がんべたかり」には救いの余地がなく(人間として)最低を意味する言葉です・・・。

がんべ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

空き缶 のことです。

 

これが「がんがん」になりますと、

「一斗缶のような比較的大きな缶」 のことになります。

 

漢字で書くと、どちらも ”缶缶” です。

 

小さい缶が「かんかん」で、大きい缶が「がんがん」。

叩いたときの音の大きさでこう表現するようになったのでしょうか?

そう考えると、感覚的にとてもわかりやすく使い分けが出来ますね。

かんかん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

腕白な、乱暴な、気が強い という意味です。

 

「きかない子だねー」

(乱暴な子だねー)

「あいつんちの嫁さんだらホントきかないもなー」

(あいつの家の嫁さんったら、本当に気が強いもんなー)

 

という風に使われます。

 

”きかんぼう(利かん坊・聞かん坊)”は、この言葉からきているのですね。

 

しかし、「云うことをきかない」というよりも

「きつい性格」「負けん気が強い」というニュアンスのようです。

きかない 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

急性腰痛、つまり ギックリ腰 のことです。

 

漢字で書くと「きっくら疝気」になります。

この「疝気」は漢方で腹や腰の痛む症状を言います。

 

“ぎっくら腰” または “ぎっくらせんき” とも言います。

 

「きっくらせんきになっちゃったー」

(ギックリ腰になっちゃったー)

「ぎっくら腰だでー」

(ギックリ腰だよ~)

 

という風に使われます。

きっくらせんき 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

きなさい! という意味です。

 

「はやくきひょ~」

(早く来なさい!)

 

という風に使われます。

 

注意するような、命令するような意味である割りに、

言葉の響きが軽いですね(笑)

いったいどんな風な言われ方をするのでしょう?

「来なさい!」と言われるよりも「きひょ~!」と言われた方が、

言うことを聞きたくなりますね。

きひょ~ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「とうきみ」「きび」 とも言います。

 

とうもろこし のこと。

 

「きみ食べていかないかい」

(とうもろこし食べていかないかい)

 

という風に使われます。

 

”とうきび”と言ったりしますよね。

「とうきび」 は、非常に一般的な呼称ですが

”とうもろこし”は、地域によって呼び名が変わることがある言葉です。

きみ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと 「肝焼ける」 になります。

 

腹たつ、頭にくる、気がかりで落ち着かない、

いらいらして腹立たしい などという意味。

 

「悪口を聞いたんだけど、きもやけた」

(悪口を聞いたんだけど、頭にきた!)

 

という風に使われます。

きもやける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

盗む、盗る という意味です。

どちらかというと若い人の用語で「万引きする事」も意味するようです。

 

「おまえ、おれの消しゴムぎったべ!」

(おまえ、おれの消しゴム盗っただろう!)

 

という風に使われます。

 

同じ意味の言葉では 「がめる」 も、あります。

「がめる」 のページも併せてご覧下さい。

ぎる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

辛い(からい)  という意味です。

 

「これくさいさーじゃ」

(これ辛いよ)

 

という風に使われます。

 

臭いのか辛いのか、どうやって判断したら良いのでしょう・・・。

おそらく、くさい”さ”の”さ”で区別しているのでしょうね.

くさいさ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

漢字で書くと ”口喋る” 。

喋る、ぺちゃくちゃお話をする という意味です。

 

「前から3列目の子、いつまでくっちゃべってるんだ」

(前から3列目の子、いつまでぺちゃくちゃ喋ってるんだ)

「あのおばさん、よくくっちゃべるんだわ」

(あのおばさん、よく喋るんだわ)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では 「ぐったらめく」 が、あります。

これは 「意味もなく言う」 という意味です。

 

「あの人、飲みすぎてぐったらめいてた」

(あの人、飲みすぎて意味の無いこと喋ってた)

 

という風に使われます。

くっちゃべる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

必死になる という意味です。

 

「何熊こいてんのよ!」

(何必死になってんのよ!)

 

という風に使われます。

 

似たような言葉に「くまる」があります。

これは「から(絡)まる」という意味です。

 

「釣り糸がくまった」

(釣り糸がからまった)

 

という風に使われます。

くま(熊)こく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

靴に水が入る という状態を指す言葉です。

 

「またヤチに行ったね、ほれ、靴もなんもけっぱってまって」

(また谷地に行ったね、ほら、靴も何もかもに水が入ってしまって)

 

という風に使われます。

 

また、「けっぱる」には「頑張れ」という意味もありますので、

”けっぱれ”のページも併せてご覧ください。

けっぱる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

頑張れ という意味。

 

「ほれ、けっぱれ、けっぱれ、あと半周!」

(ほら、頑張れ、頑張れ、あと半周だよ!)

 

という風に使われます。

 

「けっぱる」で「頑張る」という意味です。

 

「今日の運動会けっぱれよ」

(今日の運動会頑張れよ)

 

という風に使われます。

 

また、「けっぱる」には他の意味もありますので、

”けっぱる”のページも併せてご覧ください。

けっぱれ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

げっぱ とも言います。

 

最下位、ビリ、ビリけつ、一番最後 という意味です。

 

「うちの子は運動会でいっつもげっぱさぁ」

(うちの子は運動会でいっつも一番最後だ)

「かけっこがげれっぱだったっしょー」

(かけっこビリけつだったでしょう)

「おれたちはげっぱだな」

(俺たちは最下位だな)

 

という風に使われます。

げれっぱ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

「こく」は、かなり用途の広い北海道弁です。

「する」と言う意味で使われる場合や、「状態を表す 場合にも使います。

「こき」「こいた」「こかねぇ」などど変化します。

 

「嘘こいた」

(嘘ついた)

「だはんこく」

(駄々をこねる)

「失敗する」

(失敗こく)

「真似する」

(真似こく)

 

などと使われます。

 

「いいふりこいてたら、へ、こいてまって、どってんこいたべや」

(いいかっこしていたら、おならをしてしまって、びっくりしたよ)

 

以上のように「屁をこく」は、一般的に使われますが、

それ以外の「こく」は北海道ならではの表現と思われます。

こく 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

くすぐったい という意味です。

 

 他に「こちょばしい」とも言います。

「こちょばす(くすぐる)」「こちょばされる(くすぐられる)」などバリエーションも色々あります。

 

「そこ、こちょばいからさわんないで!」

(そこ、くすぐったいから触らないで!)

「足の裏ってこちょばいよね」

(足の裏ってくすぐったいよね)

 

という風に使われます。

 

「こちょばす」は「くすぐる」という意味。

 

「脇をこちょばす」

(脇をくすぐる)

 

という風に使われます。

こちょばい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

子供・卵・雛など小さいものの総称。

主に、サケ、タラなどの卵のことを指す言葉です。

 

「このサケのはらんなかこっこはいってるぞ」

(このサケのお腹の中には卵が入っているぞ)

「カレイのこっこ」

(カレイの卵)

「イクラっていったら、鮭のこっこのことだべさ」

(イクラっていったら、鮭の卵のことじゃないの)

 

という風に使われます。

こっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

わずか、少々、少し、少量 という意味です。

こんな少し、これっぽっち というニュアンスですね。

 

「ねえ、一口残してもいい?」「こったらべっこ食べてしまいなさい」

(ねえ、一口残してもいい? これっぽっち食べてしまいなさい)

 

という風に使われます。

 

”こんなに(こったら)少ない(べっこ?)のだから”ということでしょうか?

こったらべっこ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんな物 という意味です。

「こったら」で「こんな」という意味になります。

 

”あの””その””この”の変化型からきています。

(”あったら””こったら””そったら”となります)

 

「こったらまずいもん食えんわ!」

(こんなまずいもの食べられないわよ!)

「どたったらもこったらもね、朝から晩までなんもしゃべねでずっとしたったわ」

(どうもこうもないよ!朝から晩まで何も話さないでずっとしていたんだよ)

 

という風に使われます。

こったらもん 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

こんまい とも言います。

 

細(こま)かい、小さい という意味です。

 

「おつりがこまい」

(お釣りが細かい)

「こまいもんだいだ」

(小さな問題だ)

 

という風に使われます。

 

「こまかい」の「か」が抜けた形ですが、

「こまかい」とは若干ニュアンスが異なるようです。

こまい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

かもめ のことを指します。

 

「ごめが、しれくそおどしていった」

(かもめが、白い糞を落としていった)

 

という風に使われます。

 

「かもめ」 は、「かごめ」 とも言います。

「かごめ」 のページも併せてご覧下さい。

 

「かもめ」 → 「かごめ」 → 「ごめ」 となったのでしょうか?

 

ちなみに ”か~ごめかごめ” の「かごめ」は、漢字で書くと、「篭目篭目」になります。

これは竹などで編んだ籠の事で、かもめとは関係ありません。

ごめ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

不平・不満、へ理屈 などという意味。

 

また、形容動詞的に、「言う」などの動詞と併用して、

対象の人・物事をこきおろす際に使ったりするようです。

 

「そったらごもくそ並べても、先生は知らねぇからな」

(そんな不平不満を並べても、先生は知りませんよ)

「そんなに△さんのことごもくそに言うことないっしょやー」

(そんなに△さんのことをむちゃくちゃに言うことないでしょう)

 

という風に使われます。

ごもくそ 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

疲れる、くたびれる、だるい、身体の調子が悪い などという意味です。

 

「あ~、こわい。ちょっと休もうや」

(あ~、疲れた。ちょっと休もうよ)

「小樽の坂だら、こわくてさ」

(小樽の坂って、疲れちゃってさ)

「寝不足したからこわい~」

(寝不足だからだるい~)

 

という風に使われます。

 

突然「ああ、こわい」と言われても、

あなたが怖いと言っている訳ではないので

決して怒ってはいけません。

こわい 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

ふてくされる、ふくれる、いじける、すねる などという意味です.

 

「そんなにこんつけんなって」

(そんなにふてくされるなって)

「こんつけて口もきかない」

(いじけて口もきかない)

「なんであの人こんつけてるの?」

(なんであの人すねてるの?)

 

という風に使われます。

こんつける 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介

駄々をこねる という意味です。

 

「あんたいつまでもごんぼほってんじゃないよ!」

(あんたいつまでも駄々をこねてるんじゃないよ!)

 

という風に使われます。

 

これは北海道発祥の言葉ではなく東北の方言が

北海道に入って来たものと思われます。

 

よくおもちゃ売り場などでは、ごんぼほってる子を見かけたりしますね。

ごんぼほる 方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介