HOME -> 沖縄の方言 > あ行 -> アマキ (あまき)

アマキ (あまき)

 

 

「ギョボク・フウチョウソウ科の落葉小高木」を言う意味で使われます。

 

アマキ(ギョボク)は、大きな葉に、白い花、花のおしべが長く垂れ下がって

いるのが、アマキの特徴です。

 

アマキは、幹が柔らかく、材として、加工がしやすいことから、魚を釣るための

擬餌え(ルアー)やエギを作るのに適している事から和名がギョボクとなった様です。

 

沖縄でも、昔は、エギ(イカ釣りの擬餌え)を作るのに、アマキを使っていた様です。



アマキ (あまき)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介