HOME -> 沖縄の方言 > あ行 -> アンダグサ (あんだぐさ)

アンダグサ (あんだぐさ)

 

「ジナガワハギ・マメ科の雑草」を言う意味で使われます。
アンダグサ(シナガワハギ)は、日本全国どこでも見られる雑草で、
和名シナガワハギの由来は東京の品川で自生していたから、だそうです。
沖縄の方言名、アンダグサの由来は、先端の葉っぱにアブラムシが沢山ついて、
手で触るとぬるぬるすることから、あんだ(油)ぐさとなった様です。
アンダグサは、葉を乾燥させると、ハーブティーにもなるそうで、
消化不良や、不眠症、筋肉の弛緩作用があるそうです。

「ジナガワハギ・マメ科の雑草」を言う意味で使われます。

 

アンダグサ(シナガワハギ)は、日本全国どこでも見られる雑草で、

和名シナガワハギの由来は東京の品川で自生していたから、だそうです。

 

沖縄の方言名、アンダグサの由来は、先端の葉っぱにアブラムシが沢山ついて、

手で触るとぬるぬるすることから、あんだ(油)ぐさとなった様です。

 

アンダグサは、葉を乾燥させると、ハーブティーにもなるそうで、

消化不良や、不眠症、筋肉の弛緩作用があるそうです。

 

 



アンダグサ (あんだぐさ)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介