HOME -> 沖縄の方言 > あ行 -> アンマーチーチー (あんまーちーちー)

アンマーチーチー (あんまーちーちー)

 

「イヌビワ・クワ科イチジク属の落葉小高木」を言う意味で使われます。
アンマーチーチー(イヌビワ)は、沖縄の沿岸部によく見られる植物で、ビワに似た実を付けますが、あまり美味しくないため、イヌビワと言う和名が付いたそうです。
沖縄の方言名、アンマーチーチーの由来は、実が、
あんまー(お母さん)ちーちー(おっぱい)に似ており、傷が付くと白い樹液を
出すことから、アンマーチーチーと言われるようになったそうです。

 

「イヌビワ・クワ科イチジク属の落葉小高木」を言う意味で使われます。

 

アンマーチーチー(イヌビワ)は、沖縄の沿岸部によく見られる植物で、ビワに似た実を付けますが、

あまり美味しくないため、イヌビワと言う和名が付いたそうです。

 

沖縄の方言名、アンマーチーチーの由来は、実が、

あんまー(お母さん)ちーちー(おっぱい)に似ており、傷が付くと白い樹液を

出すことから、アンマーチーチーと言われるようになったそうです。

 

 

 



アンマーチーチー (あんまーちーちー)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介