HOME -> 沖縄の方言 > あ行 -> イーユヌミー (いーゆぬみー)

イーユヌミー (いーゆぬみー)

 

「魚の目」と言う意味で使われます。
「イーユ」→魚、「ミー」→目、で、いーゆぬみー(魚の目)となる感じですね~
意味合い的には、魚の目と言う意味ですが、沖縄の子守唄で、イーユヌミーと言う
歌があります。
「赤田首里殿内」(アカタスンドゥンチ)の赤田村と言う地域の子守唄だそうで
サビの部分が、こんな感じだったと思います。
「シーヤープー シーヤープー ミーミンメー ミーミンメー
ヒージントー ヒージントー イーユヌミー イーユヌミー」
昔の沖縄では、イーユヌミー(魚の目)は、ごちそうで、それを子供がねだっている、
と言う意味合いの子守唄だそうです。

「魚の目」と言う意味で使われます。

 

「イーユ」→魚、「ミー」→目、で、いーゆぬみー(魚の目)となる感じですね~

意味合い的には、魚の目と言う意味ですが、沖縄の子守唄で、イーユヌミーと言う

歌があります。

 

「赤田首里殿内」(アカタスンドゥンチ)の赤田村と言う地域の子守唄だそうで

サビの部分が、こんな感じだったと思います。

 

「シーヤープー シーヤープー ミーミンメー ミーミンメー

ヒージントー ヒージントー イーユヌミー イーユヌミー」

 

昔の沖縄では、イーユヌミー(魚の目)は、ごちそうで、それを子供がねだっている、

と言う意味合いの子守唄だそうです。

 



イーユヌミー (いーゆぬみー)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介