HOME -> 沖縄の方言 > あ行 -> イシアファー (いしあふぁー)

イシアファー (いしあふぁー)

 

「オニダルマオコゼ・フサカサゴ科の魚」を言う意味で使われます。
イシアファー(オニダルマオコゼ)は、背びれに猛毒を持つ、
オコゼの仲間になります。
イシアファーと言う方言名の由来も、「石」→イシ、「アファー」→唖然
と言う単語の組み合わせで分かるように、石と思っていたら、猛毒の刺をもつ
魚で、顔真っ青、と言うニュアンスになります。
イシアファーは、石の様な体で、海底にいても中々見つけにくく、更に
浅い砂地の海底にもいるため、海水浴客や、ダイバーがイシアファーを
踏んでしまい、死亡した例もあります。
みなさんも海の生き物には、珍しいからといって絶対に触れないようにしましょう。

「オニダルマオコゼ・フサカサゴ科の魚」を言う意味で使われます。

 

イシアファー(オニダルマオコゼ)は、背びれに猛毒を持つ、

オコゼの仲間になります。

 

イシアファーと言う方言名の由来も、「石」→イシ、「アファー」→唖然

と言う単語の組み合わせで分かるように、石と思っていたら、猛毒の刺をもつ

魚で、顔真っ青、と言うニュアンスになります。

 

イシアファーは、石の様な体で、海底にいても中々見つけにくく、更に

浅い砂地の海底にもいるため、海水浴客や、ダイバーがイシアファーを

踏んでしまい、死亡した例もあります。

 

みなさんも海の生き物には、珍しいからといって絶対に触れないようにしましょう。

 

 



イシアファー (いしあふぁー)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介