HOME -> 沖縄の方言 > あ行 -> イシミーバイ (いしみーばい)

イシミーバイ (いしみーばい)

 

「カンモンハタ・ハタ科の魚」を言う意味で使われます。
イシミーバイは、白っぽい体に茶色の斑点が沢山ある、可愛い
ハタ科の魚で、大きな個体で30センチ程と、ハタ科の魚でも
小型の種類になります。
イシミーバイは、小型の魚ですが、身が多くとても美味しい事から
釣りでも人気ターゲットとなっています。
本土で言うところの、メバルみたいな感じですね。
イシミーバイの釣り方は簡単で、潮が引いたリーフの潮だまり等で
さんまの切り身を餌に狙ったり、小型のルアーで狙ったりすると
簡単に釣ることが出来ます。

「カンモンハタ・ハタ科の魚」を言う意味で使われます。

 

イシミーバイは、白っぽい体に茶色の斑点が沢山ある、可愛い

ハタ科の魚で、大きな個体で30センチ程と、ハタ科の魚でも

小型の種類になります。

 

イシミーバイは、小型の魚ですが、身が多くとても美味しい事から

釣りでも人気ターゲットとなっています。

 

本土で言うところの、メバルみたいな感じですね。

 

イシミーバイの釣り方は簡単で、潮が引いたリーフの潮だまり等で

さんまの切り身を餌に狙ったり、小型のルアーで狙ったりすると

簡単に釣ることが出来ます。

 



イシミーバイ (いしみーばい)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介