HOME -> 沖縄の方言 > あ行 -> イチマブヤー (いちまぶやー)

イチマブヤー (いちまぶやー)

 

「クモガイ」と言う巻貝を言う意味で使われます。
イチマブヤー(クモガイ)は、貝の両端に長い突起が七本づつあるのが
特徴の綺麗な巻貝で、沖縄では古くから、魔除けとして、玄関先や台所等に
置かれています。
イチマブヤーの生息域は、主に珊瑚礁の砂底で、潮が引いたリーフの
潮だまり等で見つけることが出来ます。食用としても美味しく頂けますが、
イチマブヤーは、身を取り出すときに割らなくてはいけないため、土に埋める等して、
貝殻を取る人が多いようです。

「クモガイ」と言う巻貝を言う意味で使われます。

 

イチマブヤー(クモガイ)は、貝の両端に長い突起が七本づつあるのが

特徴の綺麗な巻貝で、沖縄では古くから、魔除けとして、玄関先や台所等に

置かれています。

 

イチマブヤーの生息域は、主に珊瑚礁の砂底で、潮が引いたリーフの

潮だまり等で見つけることが出来ます。食用としても美味しく頂けますが、

イチマブヤーは、身を取り出すときに割らなくてはいけないため、土に埋める等して、

貝殻を取る人が多いようです。

 

 

 



イチマブヤー (いちまぶやー)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介