HOME -> 沖縄の方言 > あ行 -> うちかび (ウチカビ)

うちかび (ウチカビ)

 

「紙銭・しせん」を言う意味で使われます。
うちかび(紙銭)とは、先祖崇拝の沖縄で、お盆等に、
先祖があの世でお金に困らないようにと、仏壇前で、うちかびを
燃やし、お金を送る、と言う意味合いで、古くから行われる儀式です。
簡単に言うと、うちかびは、あの世のお金って事ですね。
お盆前になると、どこのデパートでもうちかびを売っています。
関連記事・ウークイ、もご参照下さい。

 

「紙銭・しせん」を言う意味で使われます。

 

うちかび(紙銭)とは、先祖崇拝の沖縄で、お盆等に、

先祖があの世でお金に困らないようにと、仏壇前で、うちかびを

燃やし、お金を送る、と言う意味合いで、古くから行われる儀式です。

 

簡単に言うと、うちかびは、あの世のお金って事ですね。

お盆前になると、どこのデパートでもうちかびを売っています。

 

関連記事・ウークイ、もご参照下さい。

 

 



うちかび (ウチカビ)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介