HOME -> 沖縄の方言 > か行 -> かりゆし (カリユシ)

かりゆし (カリユシ)

 

「めでたい」と言う意味で使われます。
親戚の太郎が、カリユシ、カリユシといって、
泡盛の一升ビンを持ってきました。
テーブルでもカリユシと言って、さらに、カリーサビラ(乾杯)と言って、
グラスを合わせます。互いに娘の結婚を祝いました。
グラスの泡盛を飲み干し、太郎も、嫁さんを探して、
カリユシの日が訪れることを願います。

「めでたい」と言う意味で使われます。

 

親戚の太郎が、かりゆし、かりゆしといって、

泡盛の一升ビンを持ってきました。

 

テーブルでもかりゆしと言って、さらに、カリーサビラ(乾杯)と言って、

グラスを合わせます。互いに娘の結婚を祝いました。

 

グラスの泡盛を飲み干し、太郎も、嫁さんを探して、

かりゆしの日が訪れることを願います。

 



かりゆし (カリユシ)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介