HOME -> 沖縄の方言 > ま行 -> マブイグミ (まぶいぐみ)

マブイグミ (まぶいぐみ)

 

「魂込め」を言う意味で使われます。
マブイグミとは、子供が原因不明の体調不良を起こしたり、
意味不明な夜泣きが続いた時など、どこかの場所で、驚いた事が
原因で、マブイ(魂)を落としてきたとされ、落としてきたと
思われる場所へ、ユタと言われる沖縄の霊媒師と一緒に行き、
その場所に落ちている、小石等を子供へ抱かせマブイグミを
行います。
マブイグミをすると、数日で子供の原因不明の体調不良は
回復すると言われ、現在でもマブイウトゥシに会ってしまったと
思われる子供たちには、マブイグミをする習慣が残っています。

 

「魂込め」を言う意味で使われます。

 

マブイグミとは、子供が原因不明の体調不良を起こしたり、

意味不明な夜泣きが続いた時など、どこかの場所で、驚いた事が

 

原因で、マブイ(魂)を落としてきたとされ、落としてきたと

思われる場所へ、ユタと言われる沖縄の霊媒師と一緒に行き、

 

その場所に落ちている、小石等を子供へ抱かせマブイグミを

行います。

 

マブイグミをすると、数日で子供の原因不明の体調不良は

回復すると言われ、現在でもマブイウトゥシに会ってしまったと

思われる子供たちには、マブイグミをする習慣が残っています。

 

関連記事・ユタうがんじゅマブイウトシ、もご参照下さい。



マブイグミ (まぶいぐみ)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介