HOME -> 沖縄の方言 > ま行 -> マングースー (まんぐーすー)

マングースー (まんぐーすー)

 

「ジャコウネコ科ネコイタチ」の事を言います。
マングースーとは、明治の終わり頃に、ハブ退治の
為に、外国から輸入された外来種になります。
一昔前までは、沖縄の観光スポットで、ハブとマングースの対決と
人気のショーが有りましたが、動物愛護法の関係で今では、
無くなってしまいました。
マングースーは、沖縄の気候条件も良く合い、生命力も強いため
異常に繁殖してしまい、国の天然記念物である、ヤンバルクイナを
絶滅に追いやる等、今では害獣扱いとなってしまいました。

 

 

「ジャコウネコ科ネコイタチ」の事を言います。

 

マングースーとは、明治の終わり頃に、ハブ退治の

為に、外国から輸入された外来種になります。

 

一昔前までは、沖縄の観光スポットで、ハブとマングースの対決と

人気のショーが有りましたが、動物愛護法の関係で今では、

無くなってしまいました。

 

マングースーは、沖縄の気候条件も良く合い、生命力も強いため

異常に繁殖してしまい、国の天然記念物である、ヤンバルクイナを

絶滅に追いやる等、今では害獣扱いとなってしまいました。

 

 

関連記事・ヤンバルクイナ、もご参照下さい。

 



マングースー (まんぐーすー)方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介