HOME -> 栃木の方言 -> きし

きし

だけ、のみ という意味です。

 

「これきしない」
(これだけね)

 

という風に使われます。

 

似た言葉では「きしゃご」があります。
これは「おはじき」という意味です。

 

「えんがわだらあったかかんべから、そこできしゃごでものしてあすんべや」
(縁側だったら暖かいだろうから、そこでおはじきでもして遊ぼうよ)

 

という風に使われます。



きし方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介