HOME -> 栃木の方言 -> つっぺる

つっぺる

つるぺーる、つっぱいる とも言います。

 

(水溜りなどに)はまる、滑る という意味です。

 

「たんぼのあぜみちそんなにはしげでったらつっぺるぞー」
(田んぼのあぜ道をそんなに走って行ったら滑るよー)
「あ、ほ~れほ~れ、ゆうごどきかねからみずったまりにつっぺちまったあ」
(あ!ほらほら、言うことを聞かないから水溜りにはまってしまったじゃない)

 

という風に使われます。



つっぺる方言恋愛が好き!恋愛萌えする方言含め、全国の方言4000語以上を紹介